東京都内でタクシー乗務員になるなら、教育制度充実で終身雇用のタクシー会社が長く働けるのでお勧め

東京都内でタクシー乗務員になるなら、教育制度充実で終身雇用のタクシー会社が長く働けるのでお勧め

東京都内で、タクシー乗務員に転職することを考えている場合には、教育制度が充実していて、終身雇用のあるタクシー会社を選ぶなら、長く働けるなどメリットが大きいと言えます。

具体的にどのようなポイントに注意してタクシー会社を選べば良いか、まとめてみました。

教育制度が充実したタクシー会社を選ぶ

東京都内でタクシー乗務員に転職するなら、教育制度充実のタクシー会社を選ぶ方が良いでしょう。
教育制度の一つとして、タクシードライバーには必須となる資格の第二種自動車免許の取得があります。二種免許を持っていない人でも転職しやすいように、多くのタクシー会社では、会社の費用負担で教習所に通って、二種免許を取得することができるようにしています。二種免許に合格するためには、運転免許試験場での学科試験に合格したり、大都市圏でタクシードライバーとして働く場合には、タクシーセンターが実施する地理試験に合格することが求められる場合もあるでしょう。

タクシー会社によっては、これらの試験に合格する対策として、車内で研修を行なったりしているところもあります。二種免許取得後も、タクシー業務に関する法令や地理を学ぶ研修や、タクシーに備えられている機器の操作を学ぶ研修、接客研修などがあれば、タクシードライバーとして働く能力を身に付けることができるでしょう。

最終的には、助手席に教育係を乗せて実際に街の中を走り、路上研修を受けることによって、実地での働き方を学んでいくことができます。

終身雇用で長く働けるタクシー会社を選ぶ

タクシー乗務員に転職するのであれば、終身雇用で長く働けるタクシー会社を選びましょう。
求人情報を見て、終身雇用を約束しているタクシー会社を選ぶことができます。正社員として採用されれば、ほとんど終身雇用になりますので、高齢になっても安定した生活を送れる可能性が高いと言えるでしょう。

多くのタクシー会社では、60歳から65歳前後が定年となっていますが、本人が希望すれば再雇用してもらえるケースが多くなっています。再雇用されると、75歳まで働けるようになっているタクシー会社もあります。
再雇用に関しては、タクシー会社によって色々と違いがありますので、事前によく確認しておくことが重要です。

例えば、再雇用後の待遇は確認しておくべきポイントの一つと言えるでしょう。再雇用になると、一般的にそれまでと待遇が変わり、正社員だったのが1年ごとに契約を更新するアルバイトや契約社員に変わることもあります。

また再雇用後には給料の額や各種手当の内容が変わるケースも少なくありません。生涯現役で働きたい思う50代、60代の方がタクシードライバーに転職する場合には特に、定年や再雇用のシステムがどうなっているかを確認しておいた方が良いでしょう。

キャリアアップができるタクシー会社を選ぶ

タクシー乗務員に転職する場合には、キャリアアップがあるタクシー会社を選ぶのも重要です。

具体的には黒タクシードライバーになったり、ハイヤードライバーになるというキャリアアップが挙げられるでしょう。
黒タクシーは、全てのタクシー会社で採用されているわけではありませんが、タクシーのいわばビジネスクラスのようなものです。

乗務経験や接客サービス、運転スキルが一定レベルに達したドライバーだけに乗務資格が与えられます。通常のタクシーよりも無線での配車指示がたくさん受けられるので、収入アップも期待できるでしょう。ハイヤードライバーの場合には、高級車を運転して、通常のタクシーのように流し営業は行ないません。

外国人の要人や、企業の重役、各界の著名人などを送迎するという業務になります。タクシードライバーとしての経験を積めば、個人タクシードライバーになることも将来的に可能です。個人ドライバーになるためには、新規に許可を得る方法や、既存の個人タクシー事業者から事業を譲り受けたり、相続したりする方法があります。

それぞれに審査基準や年齢、運転経歴、資金計画などの条件があり、すべてクリアすれば、申請を行ない、試験を受けることができます。

タクシー乗務員以外の働き方を目指せるタクシー会社を選ぶ

タクシードライバーとしてキャリアアップを図ると、タクシー乗務員以外の働き方を目指せるようにもなります。

例えば、「運行管理者」と呼ばれる仕事が挙げられます。

これは、乗務員の健康状態や勤務時間、売上金の管理を行なったりする仕事です。乗務員が事故を起こした時や、クレームが来た時にはその対応をすることも仕事に含まれます。
内勤ですので、給料は固定給になり、タクシードライバーの歩合給と比較すると、給料が安定するという利点があります。

また、運行管理者以外にも、管理職としてキャリアアップが用意されていることもあります。係長、主任、課長と通常の企業のようにキャリアアップを目指していきます。管理職の場合には、営業車の稼働率を上げる方法を考えていくことが求められます。

また、人事に関わる仕事も行なうことになるでしょう。このように、タクシードライバーとして働くのなら、教育制度が充実していたり、終身雇用のタクシー会社を選んだ方が早く仕事に慣れ、長い期間働くことができます。

資格や経験はないけれども、正社員として長く働ける仕事がしたいという人は、タクシードライバーの仕事を検討してみる価値があるでしょう。

家賃補助がある会社を選ぶのがおすすめ!東京都内でタクシー乗務員へ転職する方法

家賃補助がある会社を選ぶのがおすすめ!東京都内でタクシー乗務員へ転職する方法

東京都内は仕事が多いとはわかっていても家賃が高い分だけ出費も多いと思っていませんか?

タクシー乗務員に転職すれば毎月家賃補助が受けられるのです。
タクシー乗務員への転職は会社選びで稼ぎ方も大きく変わります。

今回は都内で上手にタクシー乗務員として転職する方法を紹介します。

東京都内でタクシー乗務員として働くメリット

日本の首都として機能している東京には日本の人口の約10%が集まっていることもあり、タクシーを利用する人が非常に多い地域です。
そのため、タクシー乗務員の給与に関しても全国平均が約300万円であるのに対し、東京都内では約400万円前後であると言われています。

大阪や名古屋といった地方の主要都市でさえ、タクシー乗務員の平均年収が約250万円であることを考えても、東京都内は稼ぎやすい土壌が整っているともいえるでしょう。
その背景には、東京都内にはさまざまな生活スタイルを持った人が暮らしていることがあります。あまり人が出歩いていない早朝や、深夜であってもタクシーを利用する人がいるのです。勤務時間がどれだけ長くても乗客がいないと売上げにつながらないタクシー乗務員にとって、東京都内はどんな時間帯でも乗客が獲得できますので売上げにつなげられます。
さらに東京は人口が多い分だけ、人が集まり安い場所やタクシーを利用する確率が高い場所が分かりやすいのも特徴です。

確実に乗客がつかめるコツが掴みやすいことで乗車率があがり、集中して稼ぐことができる地域であるともいえるでしょう。

都内の高い家賃も家賃補助があれば安心!

東京都内のタクシー乗務員は年収も高いとは言えますが、都内で暮らしていくのにはそれなりにお金もかかります。
特に地方出身者にとって都内の家賃の高さには驚く人も多く、いくら給与がよくても暮らしていけないと感じてしまう人もみられます。

しかし、タクシー会社によっては、家賃補助が支給されるところもありますので、都内の家賃が高くても安心して働けるといえるでしょう。
会社によっては年間24万円の家賃補助があるところもみられ、その会社に勤務しているだけで年間24万円も節約ができるのです。また、上京するのに必要な交通費も会社が負担してくれるところもあります。

その他にも未経験者の乗務員に対して乗務開始から一定期間の給与保証をしてくれる場合には、初めての仕事で稼げるか心配な人にも安心して働けるといえるでしょう。さらにタクシー乗務員として必要な二種免許の取得や、都内でタクシー乗務員として働くために欠かせない地理試験に関してもしっかりとサポートしてくれる会社もあります。

乗務開始前にはしっかりとした研修がありますので、タクシー乗務員としてのノウハウもしっかりと学べます。

他にも働きやすい、稼ぎやすい制度が充実!

タクシー乗務員としての仕事は休みが多いのも特徴であり、業界No.1といわれるような大手の会社に転職すると日曜日に休むことも可能です。
また、大型連休を取得することも可能であり、海外旅行を楽しむ乗務員も多くみられます。勤務形態も自分の生活スタイルに合わせられることから、主婦や高齢の方であっても無理なく仕事が続けられるともいえるでしょう。特に女性はパートに出るよりもしっかり稼げ、子供がいても休みが取りやすいため、非常におすすめです。勤務地の融通もきき、自分のペースで働けることも魅力です。

さらに仕事を続けていくことでタクシー乗務員だけでなく運行管理や職員などといった部署への移動もできます。
管理職として他の社員をまとめ上げることも可能であるため、明確なキャリアパスを描きながら目標に向かって働けます。また、タクシー乗務員は年齢や経験に関係なくどれだけの売上げをあげたかという実力で評価される仕事です。

自分の努力が給与という形で明確に評価され、自分の頑張りを実感することができます。努力次第で次第でステップアップが可能で、毎日の業務にやりがいを感じながら働けるといえるでしょう。

稼ぐなら大手のタクシー会社を選ぼう!

東京都内でタクシー乗務員として転職するのであれば大手のタクシー会社を選びましょう。大手のタクシー会社であれば家賃保証や、上京資金を負担してくれるなど地方出身者にも安心の制度が整えられています。

また、大手のタクシー会社には稼ぎやすい仕組みが出来上がっているのも魅力のひとつでしょう。というのもタクシーチケットを多くの会社と契約することや、たくさんの専用乗り場を設置することで、タクシー乗務員が顧客を獲得しやすくなるのです。タクシーチケットは、会社がタクシー料金を負担してくれるため、利用客の距離が延びます。長距離を利用する乗客が自分のタクシーを選んでくれるのですから、必然的に売上げも上がりやすくなるのです。さらに、大手であればブランド力もあることから、安定したサービスが受けられることを理由に乗客がすすんで大手のタクシー会社を利用する傾向にもあります。

タクシー乗務員として転職を考える際には、待遇のよさと稼ぎやすさの両方の面から判断しても大手のタクシー会社がおすすめです。

業界No.1と呼ばれるような大規模な会社であれば、自分にとっての理想的な転職が実現できます。

ノルマがあってきついなんてウソ!東京でタクシー乗務員としての転職のススメ

ノルマがあってきついなんてウソ!東京でタクシー乗務員としての転職のススメ

東京のタクシー乗務員の仕事はノルマがきつくて大変というイメージを持っていませんか。
ノルマという言葉だけに惑わされてはいけません。

今回はタクシー乗務員とノルマについて説明し、上手に転職する方法を紹介します。

タクシー乗務員とノルマの関係

タクシー乗務員として転職する際に気になるのは、どのくらいのノルマが課せられるのかといった点でしょう。
タクシー業界においてノルマは「足切り」と表現され、実際に多くの会社で取り入れられています。タクシー乗務員の賃金の計算方法は「基本給+歩合給+各種手当」です。歩合給は売上からノルマを引いた額に歩合率をかけたものであり、ノルマを達成して初めて支払われます。言いかえればノルマを達成することを大前提として給与体系が作られているのです。しかしながら、ノルマを達成できなかった場合でも基本給と各種の手当ては支給されます。そのためノルマを達成できなかったからと言って給与がもらえないというわけではありません。

基本給と歩合給の割合はタクシー会社によって異なります。基本給が高い会社であれば歩合給の割合は少なくなると考えましょう。基本給が低い会社ではリスクは上がりますが頑張り次第で稼げる金額が多いともいえます。

ただ、タクシードライバーというのは個々の頑張りが評価される仕事ですので、ノルマ達成にむけてプレッシャーをかけられることや、上司の嫌がらせなどもありません。そのため働きやすい職場であるといえます。
また、大手のタクシー会社ではノルマが設定されていないところもあります。

ノルマの達成は可能?

ノルマがある仕事は「きつい仕事」と感じる人も人もいるでしょう。
しかし、タクシー乗務員としてのノルマは、まじめに仕事をしていれば達成が可能です。例えば乗客をタクシー乗り場や駅で付け待ちすることや、無線での配車依頼への対応、流しでお客さんを上手に獲得するなどの当たり前の業務をきちんとこなしていれば難しいことではありません。
また、ノルマ達成後にもさらに売上げを伸ばし高い収入を得ているタクシー乗務員というのは、付け待ちの場所や時間、流しで現れるタイミングや場所などをしっかりと研究しています。

いかに効率よく乗客を獲得して売上げにつなげるかというポイントを良く知っているのです。

そのためタクシー乗務員の仕事は頑張れば頑張るほどに評価されるといえるでしょう。評価されることで仕事へのモチベーションが維持でき、働く楽しみを感じられます。さらに一般的な会社では給料の天井は40~50才くらいで訪れますが、タクシー乗務員の場合には経験を積めば積むほど給料を上げ続けることも可能です。
経験値が増えるとともに指名客も獲得できるようになり、さらなるやりがいを感じながら働き続けられます。

大手のタクシー会社であれば働きやすいメリットがいっぱい

東京でタクシー乗務員として転職を考えるのであれば、大手のタクシー会社に転職をするのがおすすめです。
ノルマに関しても比較的寛容な傾向にあり、大手は風通しの良い環境であるといえるでしょう

。また大手のタクシー会社であれば平均年収が中小規模のタクシー会社に比べて高いともいえます。大手で働くことは安定感があり、それなりの収入も期待できるのです。

また、タクシー会社の名前がブランド力を持っているため、顧客から選ばれやすいともいえます。その他にもタクシーチケットの契約を多くの企業と結んでいる場合も多くみられます。

タクシー代が会社持ちになることから優先してタクシーチケットのあるタクシーに乗る乗客も多いのです。さらに大手のタクシー会社は、積極的に顧客を獲得するよう力を入れていますので、専用の乗り場や配車アプリなどの充実させています。タクシー乗務員が乗客を獲得しやすいシステムが作り上げられていますので安心して仕事ができるといえるでしょう。また、福利厚生も非常に充実しているのが特徴で、まとまった休みをとることも可能です。

これまでの職場において休みが取りづらかった人からは、タクシー業界への転職で自由に使える時間が増えるようになったという声も聞かれています。

安定を求めるなら終身雇用は絶対条件

タクシー乗務員の平均年齢は非常に高いといわれています。
その背景にあるのが社員として働いている乗務員の定年が65歳という点でしょう。さらに定年になっても本人が希望すれば仕事を続けられ、定年後に再雇用されるケースも多くみられます。健康状態に問題がなく、安全運転が可能であれば70歳を過ぎても現役で働けるため、終身雇用で働ける仕事であるともいえるでしょう。また、研修期間をすぎ、一定期間仕事をすれば正社員として登用されやすいといったメリットもあります。そのため年を取ってからの転職であっても安定した仕事が得られ、これまでと変わらない暮らしができることから家族も安心していると答える転職成功者も多くみられます。

ただ、再雇用のシステムに関してはタクシー会社によって異なります。定年してからも長く働きたいと考えている人は求人をしっかりチェックしておくのがおすすめです。また、面接でも長く働く意思があるということを伝えておくのもいいでしょう。

人口の多い東京ではタクシーを利用する人が非常に多いため、タクシー乗務員は安定して稼ぐことができる職業です。

ノルマをきちんこなし、意欲的に働くことで多くの収入が期待できます。

語学力を活かして働くなんてかっこいい!社会から求められるタクシー乗務員への転職は、日本交通グループがおすすめ

語学力を活かして働くなんてかっこいい!社会から求められるタクシー乗務員への転職は、日本交通グループがおすすめ

外国語が話せるスキルを持っているのであれば、それを仕事に活かしてみてはいかがでしょう。
外国人旅行者とのコミュニケーションが多いタクシー乗務員は、女性にもおすすめの職業です。

今回は語学が活かせるタクシー乗務員の仕事を紹介します。

語学が得意ならタクシー乗務員がおすすめ

男性と比べてもコミュニケーションスキルに優れているといわれる女性は、話すのが好きな人も多くボキャブラリーの幅も男性より多いといわれています。
また、女性の中には外国語にも長けている人が多く、英語や韓国語、中国語といった外国語が得意な人も多くみられます。

そのように人とのコミュニケーションが好きで、さらに外国語が得意な女性にタクシー乗務員はおすすめです。タクシー乗務員であれば海外からの旅行者を乗せることも多く、英語や中国語、韓国語を活かすことができる仕事であるといえます。
せっかく培った語学のスキルを持っているのであれば語学力を活かして働くのがいいでしょう。日本交通グループにはエキスパート・ドライバー・サービスをいう新たな取り組みがあり、観光タクシーとして観光名所を案内するサービスを展開しています。観光タクシーはお客さまを単に目的地に送り届けるだけでなく、観光地に同行しガイドとして観光案内も行うのです。
そのため外国語を活かして海外からのお客さまに観光案内役なども兼任できるチャンスであるといえるでしょう。

タクシー乗務員は語学力が活かせることであなたにしかできないサービスを作れる仕事です。

タクシー乗務員は女性が活躍できる職場です

タクシー乗務員は運転するのが仕事ではありますが、仕事内容のほとんどは接客です。タクシーを利用されるお客さまをいかに快適に目的地まで送り届けるかが重要な仕事であるため、おもてなしの精神が求められます。そのため、女性ならではの気配りができる女性乗務員は非常に求められています。特に女性のお客さまからの要望が多く、夜間に一人でタクシーに乗るのが不安だと感じる人や、人見知りの激しい小さい子供連れのママなども女性ドライバーを選ぶ傾向にあります。そうしたお客さまから選ばれ、ありがとうの言葉をもらいながら仕事を続けると社会から求められる存在であると感じることも多いでしょう。
さらに日本交通グループでは、キッズタクシーのサービスも人気があります。これは子供たちを学校から塾、塾から自宅へと送り届ける仕事であり、子育て経験者や保育士の資格を持った乗務員が優先的に選ばれています。キッズタクシーのドライバーに選ばれることで、効率よく稼ぐこともできますので、安定して働くことができるともいえるでしょう。

キッズタクシーなどは知名度のある最大手ならではのサービスだからできることであり、女性乗務員として転職するにはタクシー会社選びも重要です。

子どもがいても働きやすい環境も魅力

女性にタクシー乗務員の仕事がおすすめな理由には、勤務体系にもあるといえます。
タクシー乗務員の勤務体系は、通常の会社員のように働く「昼日勤」と夜の時間帯のみに働く「夜日勤」、昼日勤と夜日勤が合わさったスタイルで翌日に休みが来る「隔日勤務」の3種類があります。子供がいる女性には昼日勤が最適です。昼日勤では朝8時に保育園に子供を預けてから出勤し、16時には帰庫すれば17時にはお迎えに行くことができます。さらにタクシー乗務員の仕事は休みが取りやすいため、子どもの急な発熱など場合においても慌てることがないでしょう。

また隔日勤務や夜勤を選ぶと、夜間割増料金を利用してしっかり稼げます。
そのため、子供が大きくなって手が離れるようになった女性にもおすすめできます。そのうえ隔日勤務であれば1カ月の出勤日数は12日程度であり、休みが多いのも魅力です。これは労働法で定められていますので、それ以上は働けません。ですので十分に休んだからこそいい仕事ができるとのモットーのもと、しっかりとリフレッシュができる休日制度が設けられています。

そういった働きやすい環境では家族と過ごす時間も十分に取れ、プライベートが充実させられるといえます。

女性乗務員も働きやすい設備も充実

女性乗務員の需要の高まりともに、タクシー会社でも女性乗務員の獲得に力を入れている傾向がみられます。そのなかでも日本交通グループは車内に防犯カメラを設置し、女性ドライバーの安全を守っています。
さらに万が一にも備えて緊急通報システムが備えられ、無線会社センターに危険を知らせることも可能です。また充実した社員研修が行われていますので、タクシー乗務員としての基礎を一から学ぶこともできます。地理に不安がある場合でもカーナビが全車に装備されているため、安心して乗務が可能です。

これまで育児のために家庭に入っていた女性にとって、社会に出てもう一度輝けるのがタクシー乗務員の仕事です。お客さまから感謝されることで、自分が社会から必要とされていることを実感できます。外国語が得意な人にとって、得意分野で働けるチャンスであるともいえるでしょう。

タクシー乗務員に転職し、新たな自分に挑戦してみるのがおすすめです。

東京都内でタクシー乗務員の中途募集を選ぶ時には、働きやすい環境や営業しやすい環境を重視するのが良い理由

東京都内でタクシー乗務員の中途募集を選ぶ時には、働きやすい環境や営業しやすい環境を重視するのが良い理由

東京都内で、タクシードライバーとして転職を考えた時に、ただ単に家の近くにあるからといった理由で選ぶのではなく、そのタクシー会社が働きやすい環境か、また営業しやすい環境はあるかといったことを基準に選んだ方が良いと言えます。その理由や、中途募集でも目指せるキャリアアップの方法を紹介します。

中途採用の場合、働きやすい環境を選んだ方が良い

東京都内でタクシー乗務員の中途募集を選択する時には、なるべく働きやすい環境を基準に選んだ方が良いでしょう。そうするなら、入社後、余計なストレスを抱えることなく、快適に働くことができます。働きやすい環境を持つ会社の具体的な特徴には、事故や違反をした時の補償や立て替えを行なってくれるということがあります。中には全額自腹という会社もありますが、初心者のうちは特に事故を起こす確率も高いので、いざという時にバックアップしてくれるかどうかをきちんと調べておくようにしましょう。

社員教育がしっかりしている会社かどうかも、働きやすい環境を持っている会社か見極めるのに重要なポイントです。二種免許の取得費用を出してくれたり、取得期間中の日当を補填してくれたりするなら生活も助かりますし、新しく業界に入る人に分かりやすく親切に教えてくれたり、売上の出し方を丁寧に教えてくれるようであれば、入社後も短い期間で馴染めて、働きやすさを実感できるでしょう。

他にも設備がしっかり整っている会社かどうかも確認するとよいでしょう。寮や仮眠室などがあるか、自前のガソリンスタンドや、洗車機などがあるかといったポイントに注目してみます。

営業しやすい環境

次に収入に繋がるポイントも確認する必要がありますが、営業しやすい環境かどうかも重要だと言えます。タクシー会社によって、営業の仕方も違いがあります。基本的にタクシードライバーの営業の仕方は、駅や乗り場にタクシーを留めて客を待つ「待ち受け営業」、道路を走りながら客を見つける「流し営業」、客の要請に応じて迎えに行く「配車」の3種類です。

ファンや固定客が多い会社ですと、必然的に配車が多くなりますので、安定した売上につながります。
また、法人などと提携している会社の場合には、タクシーチケットを使用してくれたりして、長距離の乗務なども多くなり、やはり売上はアップします。待ち受け営業に関しては、会社のランクも関係してくることがあります。タクシーランクは、財団法人東京タクシーセンターが推進している制度で、そのタクシー事業者のサービスの質などを評価するものです。評価がBランク以上のタクシー会社の場合、優良会社の専用乗場に乗り入れることが可能になってくるので、売上アップにつながる大事な要素になります。というわけで、タクシーランクもタクシー会社選択の基準の一つすることができます。

タクシードライバーとしてキャリアアップする方法

タクシードライバーとしてキャリアアップするには、東京都の場合、東京観光タクシードライバーを目指すという方法があります。これは、東京シティガイド検定という試験に合格し、ユニバーサルドライバー研修と、東京観光タクシードライバー認定研修という2つの研修を受けることによって認定される資格です。資格を取得すると、タクシーの車体に観光ステッカーを貼って、東京都内観光の客を案内することができるようになります。

他には、黒タクシードライバーになるというキャリアアップもあります。タクシー会社によって異なるところもありますが、黒タクシーは、タクシーのビジネスクラスのようなもので、乗務経験や接客サービス、運転スキルが一定レベルに達したドライバーが乗務資格を取得することができるようになります。無線での配車指示をよりたくさん受けることができるようになるので、収入アップにも繋がります。

別のキャリアアップとしては、ハイヤードライバーになるという方法もあります。これは、高級車を運転して外国人の要人や、各界の著名人などの送迎を行なうというもので、タクシー会社によっては、自社で行なっているところもありますし、ハイヤー専門の会社に転職するという方法もあります。

ドライバー以外のステップアップもある

タクシードライバーに転職すれば、ドライバー以外の道が開かれることもあります。例えば、会社内の運行管理者になるという道です。運行管理者は、乗務員の勤務時間や健康状態、売上金の管理などを行なう仕事です。事故の対応をしたり、乗務員にクレームが来た時にはそれにも対応しなければなりません。内勤になるため、給料は固定給となりますので、タクシードライバーの歩合給に比べれば、稼ぎが安定するというメリットはあります。

ドライバー以外のステップアップには、タクシー会社内での管理職になるという道もあります。
係長や主任、課長へとキャリアアップしていきます。タクシー会社では、いかに営業車をたくさん走らせて、客を乗せるかかが売上にかかわってくるため、管理職には、稼働率を上げるために何をすれば良いか考えることが求められます。また、人事に関する仕事にも関わっていくようになります。
乗務員のモチベーション向上に務めたり、離職の防止のための対策を講じること、メンタルヘルス不調の予防を行なうとこなども求められます。自分自身がタクシードライバーとして培ってきた経験を活かすことができます。

求人情報からはこれを読み取るのがおすすめ!東京都内でタクシードライバーに転職しよう

求人情報からはこれを読み取るのがおすすめ!東京都内でタクシードライバーに転職しよう

タクシードライバーとしての転職はタクシー会社を選ぶことが大切です。どこも同じだろうなんて思っていては、転職は成功しません。自分に合った会社を選べば長く働くこともできます。ここではタクシードライバーに転職する際の、求人情報の正しい見方について説明します。

タクシー会社はどこも同じじゃない!

タクシー会社の求人を見る際に覚えておかないといけないのは、タクシー会社にはそれぞれの特徴があるという点です。お客さまへのサービス内容が異なるように、タクシードライバーの待遇についても違いがあります。

タクシードライバーとして働くためには二種免許が必要です。しかし、会社によっては取得のための費用を負担してくれるところもあり、タクシードライバーになるための費用が大きく変わります。さらに社員へ登用されるまでの期間の長さや、社員となってからの福利厚生の内容なども会社によって差があります。また、入社するとお祝い金が出るところもありますので、探してみるのがいいでしょう。東京都内の大手のタクシー会社であれば、地方出身のドライバーのための寮を完備しているところもあります。その他にも家賃補助が出る会社もありますので、業界No.1と言われている会社は必ずチェックするのがおすすめです。

ただ、未経験でタクシードライバーへの転職を考えている人は、「未経験者歓迎」という表記がある会社を選ぶ必要があります。タクシー会社の中には、経験者しか募集していないところもありますので、その点をしっかりとおさえておきましょう。

求人情報を見る際には自分がどのような働き方をしたいか、どのくらいの給与が欲しいかといった点をあらかじめはっきりさせておくことか大切です。そうしておくと自分に合った会社はどれであるかが分かりやすくなります。

いったいいくらもらえるの?まずは給与をチェック

転職の際に最も気になるのは、やはり給与に関することでしょう。タクシードライバーの給与形態は多く大きくわけて「A型賃金」「B型賃金」「AB型賃金」の3種類があります。

A型賃金の場合には基本給にプラスして歩合給がもらえます。B型賃金は売上に歩合率をかけた完全な出来高制です。AB型賃金も出来高制ではありますが、歩合の一部は賞与として年3回支給されます。基本給があれば一定の保証があるため、未経験のドライバーには安心です。しかし、もっと稼ぎたいと考えるのであれば出来高制を選ぶのがいいでしょう。

ただ、未経験のドライバーが乗務を開始するまでには研修が必要です。その研修の間に関しても給与が保証される会社もあります。研修は約一カ月前後続くため、その間も給与がもらえると不安がありません。求人情報においてもその点はしっかりと記載されていますので、そういった会社を選ぶと安心です。さらに研修を終えて乗務を開始しても、はじめのうちには売上をあげるのが難しいことから、慣れるまでの間には給与保証がある会社もみられます。保障期間や、保障される金額もさまざまですので、しっかりと比べておくのがおすすめです。

働きやすさもポイント!勤務形態は?

転職の際には、自分のライフスタイルに合った働き方ができるのかという点も重要です。小さい子供がいる女性であれば、昼間の時間帯のみ働ける環境が好まれ、趣味の多い人などはできるだけ多くの休みが欲しいでしょう。そういった勤務形態や休日の取りかたもしっかりと確認しておくことが大切です。

タクシードライバーの勤務形態には3種類あり「昼日勤」「夜日勤」「隔日勤務」から選べます。昼日勤は通常の会社員と同じように昼間の時間帯で、休憩を1時間はさみながら8時間勤務します。昼間であれば防犯の面からも安心で、女性にとっても働きやすい時間帯です。夜日勤は、交通機関の運行が終了した夜間に仕事をします。割増料金があることから、売上げがあがりやすいためしっかり稼ぎたい人にはおすすめです。最も一般的な働き方は隔日勤務で、朝から深夜まで仕事をすると次の日は必ず休みになります。1回の拘束時間は長いものの稼ぎのいい働き方です。さらには休みが多いため、プライベートを充実させることもできます。

自分にとって働きやすいと感じる勤務形態を選ぶと、無理をせず長く働けるといえるでしょう。そのため希望する勤務形態で働く人材を募集している会社を選ぶのがおすすめです。

設備にもこだわればさらに売上げアップも!

業界No.1などといった大手のタクシー会社では、さまざまな設備を導入して顧客の獲得を目指しています。そのため、大手タクシー会社で働くと顧客を得やすく、売上げにつながりやすいのが特徴です。その中でもスマホから簡単にタクシーを配車できる「配車アプリ」を導入している会社は、利用客を大幅に伸ばしています。求人情報においても、その会社が顧客を獲得するためのサービスが載せられていますので、どのサービスがより顧客を獲得しやすいかを検討するのもいいでしょう。

さらに防犯カメラやドライブレコーダーが全車に設置されている会社であれば、犯罪に巻き込まれる心配も少なくなります。そのほかにもナビが導入されていれば、慣れない道でも安心です。その他にもクレジットカードでの支払いに対応していれば、遠距離などで手持ちの現金が足りなくなる心配があるお客さまからも選ばれます。
タクシー会社の設備は、ドライバーの売上げに直結しているのです。そのため、その会社の設備内容をしっかりと内容を把握しておく必要があります。

自分に合ったタクシー会社を選ぶことは、タクシードライバーとしての転職を成功させる秘訣であるともいえるでしょう。

東京都内の第二新卒におすすめ!キャリアパスを描いて出世も可能!タクシー乗務員としての転職

東京都内の第二新卒におすすめ!キャリアパスを描いて出世も可能!タクシー乗務員としての転職

第二新卒の転職は難しいと言われていますが、タクシー乗務員としての仕事は非常におすすめです。というのもタクシー乗務員であれば、出世への道も近く、将来的には経営者になれる可能性もあります。そこで今回は第二新卒におすすめのタクシー乗務員の仕事を紹介します。

タクシードライバーなら第二新卒でも転職可能

大変な就職活動を乗り越え入社した会社でも、自分に合わないことで悩みながら働いている人も多いようです。ただ、入社して間もないころに辞めてしまうと、転職活動では不利になると感じる人もいるでしょう。

しかし、若い第二新卒には将来の可能性が大いに秘められているのです。特にタクシー乗務員の仕事は、第二新卒の採用を積極的に行っています。大手タクシー会社においては大卒採用も多く、たくさんの大卒ドライバーが活躍中です。さらにタクシー乗務員は、基本的には個人行動であるため人間関係のわずらわしさを感じることもありません。これまでの会社において、人間関係のトラブルで悩まされていた人にとっては最適な職場であるでしょう。

また、頑張った分だけ稼ぎにつながる仕事でもあります。明確な目標を持ち、それに向かって仕事に取り組むため、常に仕事へのモチベーションが保てます。これまで目標が見つけられずただ言われるままに仕事をこなしていた日々が一転し、充実した毎日が過ごせるでしょう。頑張れば頑張った分だけ給与として評価されますので、高い年収が期待でき、自分の実力も思う存分試せる仕事です。

若いタクシードライバーが人気の秘密

これまでのタクシー業界では年配のドライバーが多く、タクシー乗務員は若者の仕事ではないと思われがちでした。しかし近年タクシー業界では新卒の採用を強化し、若いドライバーを積極的に取り入れています。若いうちから大手タクシー会社に勤務し、しっかりとしたサービス教育を受けた乗務員による接客は顧客満足にもつながっているのです。そういったドライバーは観光ドライバーとしても活躍し、キッズドライバーやケアドライバーなどといった専門的なドライバーとしての地位も確立していきます。自分の専門分野を見いだし、タクシー乗務員としての可能性を広げていけるのです。さらに英語が話せるドライバーであると、外国人観光客にも喜ばれます。若い大卒ドライバーであれば外国語にも堪能な人も多く、活躍できるチャンスが大いにひろがるといえるでしょう。

タクシー乗務員の仕事は多様化し、若いパワ―を必要としています。第二新卒で転職活動を行う人にとっても将来的に可能性の多い仕事であるといえるでしょう。接客業としてしっかりとしたサービスを身につけることで、正しい言葉遣いや振る舞いが身につき、自分磨きにもなる仕事です。

サラリーマンからタクシードライバーになるメリット

サラリーマンは常に雇われる立場であり、上司や雇用主の業務命令に従わなければいけないことも多いでしょう。さらに出世するためには周囲との人間関係を上手く保つ必要があり、ストレスを感じる人もみられます。そのうえ、出世には自分の能力だけでなく運も必要です。勤めている会社によっても将来の待遇が決まることもあり、会社が倒産してしまえば職を失ってしまいます。これまでであれば勤続年数によって上がってた給料も、最近では簡単に上がらなくなってしまっている傾向にもあります。

そんなサラリーマンとタクシー乗務員の大きな違いは、歩合制として働くことで頑張りが給与として評価されることです。年齢給こそはありませんが、どの世代においても頑張り次第で高い年収を得ることができます。そのため20代でも高い年収を得ているドライバーは多く、非常にやりがいがあるといえるでしょう。

また、勤めているタクシー会社の経営がうまくいかなくなったとしても、タクシー乗務員としてのキャリアを活かして他のタクシー会社に転職も可能です。その他にもサラリーマンと比べて休みが多い仕事であるため、趣味などを充実させることもできます。

接客が好きで運転が好きという人であれば、タクシー乗務員としての仕事は、早期の出世の可能性も見いだせます。

将来は経営も視野に入れられる

タクシー乗務員としてタクシー会社に勤務していれば、設備などの面で不安はないでしょう。しかしながら会社に所属しているタクシー乗務員は、利用客の多い東京都内でも年収1000万円を稼ぎ出すのは難しいと言われています。そのため、タクシー乗務員としてさらに可能性を広げたいと考える人は、将来的に経営者として会社の設立を視野に入れるのもいいでしょう。タクシー乗務員への転職は経営者を目指せる環境であるといえます。

タクシー会社に転職し多くの経験を積むことで個人タクシーとして独立することができます。個人タクシーであれば年収1000万円を稼ぎ出すことも可能です。会社を大きくすればさらに多くの収入も手に入るでしょう。それだけでなく経営者として自分の会社を運営できる喜びも得られます。
自分が将来タクシー業界でどのように働きたいのかをしっかりと考え、どのようなスキルや専門性を身につけるべきであるのかをしっかりと考えましょう。明確なキャリアパスを描くことで、経営者として独立する夢が実現しやすくなります。これまでにないユニークなサービスの導入や、安定した長距離の固定客を得るためのアイディアを今のうちから考えておくのもいい方法でしょう。アイディアさえあれば無限の可能性のある職業です。

タクシー乗務員への転職はさまざまなチャンスがあるため、第二新卒の転職先として最適であるといえるでしょう。

東京でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職して、これまでより年収を増やしたり、月35万円以上稼ぐためにできること

東京でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職して、これまでより年収を増やしたり、月35万円以上稼ぐためにできること

以前は中高年のリストラの受け皿のように考えられていたタクシードライバーへの転職ですが、最近は年収を増やすために積極的にタクシードライバーに転職する人も少なくありません。東京で働くタクシードライバーとして、どうすれば月35万円以上を稼ぐことができるのか、具体的な方法を紹介します。

タクシー会社選びが鍵

東京でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職して月35万円以上稼ぐためには、どのタクシー会社に転職するかが大きな鍵になってきます。自分がタクシーに客として乗る場合を考えると良く分かりますが、全く聞いたことも見たこともないようなタクシー会社のタクシーに乗るよりも、よく見かけたり、名前が知られているタクシー会社の方が乗りやすいと感じるものです。乗る人が増えれば、それだけ売上を増えますので、人気のあるタクシー会社に転職した方が、収入アップの可能性が高くなると言えます。

大手のタクシー会社は知名度があるために稼ぎやすいのは確かですが、他にも事故や違反をした時の補償や立て替えを会社が行なってくれるかということも事前に確認しておく必要があります。中には全額自腹という会社もありますが、初心者のうちは事故を起こす可能性も高く、事故を起こす度にお金を払っているようですと、月35万円以上稼ぐのは到底難しくなってしまうでしょう。

東京は、日本一人口が多い都市ですので、十分に年収800万円以上稼げる環境であると言えます。まずは、より稼げる可能性の高いタクシー会社を選ぶところから始めましょう。

流し営業で売上を上げるためにできること

初心者のうちは、給与保証があるので、仮に稼げなくても大丈夫という安心感がありますが、それに頼りきっていては、いつまでたっても月収35万円以上のステージには上がれません。

まずは、タクシー営業の基本となる、流し営業で売上を上げることから始めてみましょう。
そのためには、いかにたくさんの客を自分のタクシーに乗せるかということが重要になってきます。客数が増えれば、売上が安定し、日によって大きく売上が下がってしまうという事態を回避することができるからです。客数を増やすためには、とにかく色々な場所を走って道を良く覚えること、次に客が良く見つかる道と時間帯を覚えることが必要です。

稼げない人のパターンとして、客が良く見つかるポイントをあまり知らないということがあります。一旦客を乗せて、目的地で降ろしてから、また元のポイントまで戻らなければならないので、効率が悪いということになります。

一方、客が見つかりやすいポイントをたくさん覚えていれば、客を降ろしてから、次の客が見つかりやすいポイントに行くまでの距離が短くなり、効率的に稼ぐことができるようになるわけです。

事務所から予約を回してもらえるようになる

タクシー会社によっては、予約を受け付けている会社がありますが、それらの予約は当然タクシー運転手に手配されていきます。この予約を自分に回してもらえるようにお願いすることができます。タクシー会社としては、特に常連客に対して失礼なことがあってはいけないので、ベテランドライバーや、接客、地理などの評価が高い人に予約を回すことになります。それで、運転や接客が上達し、地理にも詳しくなってきた頃に、予約を回して欲しいという希望をそれとなくアピールしてみると良いでしょう。

もし順調に予約の手配をこなしていけば、やがてロング客と呼ばれる長距離の依頼客を任されるようになる可能性が高くなります。予約客の場合、わざわざ予約するというだけあって、ロングの場合が多いですが、事務所もロング客の手配には気を遣っていますので、安心して手配してもらえる運転手を目指すのは大切なことです。もし、ロング客を手配されて、その時の対応が良ければ、指名で予約が入るようになることもあります。このようにして、さらに売上を上げる道が開かれていくでしょう。地道に運転技術や接客技術を磨いたり、地理情報に精通することが売上アップの近道になります。

同僚から情報を集めて、売上を上げる

同じタクシー会社の同僚からの情報も売上を上げるのに重要な要素になります。集めると良い情報には、お客さんの情報や事務所からの無線、予約の情報、乗り場や付け待ち場所の情報などがあります。抜け道や近道の情報なども役に立つことがあります。待機場所や事務所に帰ってからの雑談の時などに情報を収集することができるでしょう。仲間にもこちらの情報を教えてあげて良い関係を築いておくなら、事故や故障、クレームなど困ったことがあった時、近くを通っている仲間が助けてくれることもあります。仲間の売上を聞いて自分も頑張ろうというモチベーションが上がることもありますし、仲間との良い関係も売上アップには重要な要素です。同僚からの情報だけに頼るのではなく、自分でも情報を集めるように努力することも大切です。

例えば、電車が故障で運転見合わせといった、路線の運行情報をいち早く知ることは売上アップに繋がります。また、天気の情報も重要です。雨の日など天気の悪い日はタクシーに乗る人も増えます。最近では雨が降り出す時間なども分かるようになってきていますので、休憩時間を雨が降る前に取っておこうという具合に調整して、たくさんの客を乗せるチャンスを失わないようにすることができます。

東京でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職する時に失敗しないようにするには、将来性のあるタクシー会社に就職するのが重要

東京でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職する時に失敗しないようにするには、将来性のあるタクシー会社に就職するのが重要

東京でタクシードライバーに転職しようと考えている場合、家から近ければどこでもいいと考えていると、失敗する可能性があります。将来性のあるタクシー会社に就職することによって、失敗のリスクを減らすことができます。その理由と、どうすれば将来性のある会社に就職できるか、見極め方を紹介します。

転職するなら、将来性のある会社に就職すべき理由

東京でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職する時に失敗しないためには、将来性のある会社に就職することが重要ですが、タクシードライバー不足が叫ばれる現状や今後を考えると、その重要性はますます高まってくると考えられています。将来性のないタクシー会社に就職してしまうと、会社自体に余裕がないために、入社祝いや免許取得の費用が出なかったり、給料も上がらなかったり、設備も整っていない環境でストレスを抱えながら働いたりしなければならず、最終的には会社が潰れてしまうという憂き目にもあいかねません。

逆に将来性の高い会社に就職できれば、設備が充実した環境で働けるので、ストレスなく快適に働けますし、売上も上がり、もっと頑張ろうとモチベーションも高まります。会社自体もどんどん成長していくことになり、その利益が社員にも還元されて、ますますモチベーションがアップするという好循環が生まれていきます。将来性の高い会社は、会社の評判も良く、その会社のタクシーを利用したいと考える人や、予約をする人も多い傾向がありますから、就職した当初から高い売上を獲得できる可能性が高いと言えます。

大企業に就職する必要は必ずしもありませんが、会社の将来性を就職の条件にするのは、転職を成功させる上で重要なポイントです。

タクシーランクが目安になる

将来性のあるタクシー会社かどうかを見極める上で参考になるのは、タクシーランクです。これは、第三者機関である東京タクシーセンターが2001年から推進しているタクシー事業者の評価制度に基づくランクのことです。学識経験者や有識者タクシー利用者代表などから構成されるタクシー評価委員会が、タクシー事業者の安全やサービスを評価し、100点満点からの減点法で評価点数を算出しています。点数は、AA、A、B、Cの4段階に分類され、優良法人タクシーとして認定されれば、利用者にも分かるように車両に「優良」と記載されたステッカーを貼ることができます。このタクシーランクは、タクシー会社の内勤の管理能力がどれほどかを示す目安になりますので、タクシーランクが高ければ、しっかりと管理をされていて、従業員も働きやすい会社だということが分かります。

そうしたことから、タクシーランクBタンク以上のタクシー会社が、転職するタクシー会社としてはお勧めと言えます。タクシーランクが高ければ、優良乗り場に入ることも可能になり、売上も上げやすくなりますし、優良ステッカーが貼ってあることから、お客さんにも選ばれやすくなります。

設備が十分かどうかも将来性の参考になる

転職しようとするタクシー会社の設備が十分かどうかも、その会社の将来性を見る上で大事な要素になります。寮や仮眠室などがあるかどうかや、自前のガソリンスタンドがあるかどうか、洗車機は置いてあるかどうかなどをチェックしておくことができます。こうした設備が充実している会社は、それだけ会社に余力があるということになりますし、社員のこともよく考えているということですので、働きやすい環境を整えてもらいやすいと言えます。また設備だけでなく、事故補償や違反金の立て替えを行なってくれるかといったところにも注目した方が良いでしょう。事故は起こさないに越したことはありませんが、いざという時の事故補償があると安心して仕事を行なうことができます。

他にも、二種免許の取得費用を出してくれるか、取得期間中の日当などをきちんと補填してくれるかどうかなども事前に確認しておく必要もあります。社員へのボーナスや、出産祝い、結婚祝いなどを出してくれるかどうか、高速代やカード手数料を社員に払わせるといったことをやらない会社かなど見るべき点はいろいろとあります。

全ての条件を満たしている会社はなかなか見つからないかもしれませんが、少しでも多くの条件に合う会社を探してみるようにお勧めします。

売上が高いか

転職しようとしている会社の平均売上もチェックしてみると、その会社の将来性がある程度分かります。平均売上が高いということは、社員の平均収入が高いということですので、稼げる会社であるという一つの証拠になります。

他にも営業所が都内にあるかどうかも重要です。都心に営業所があれば、車庫を出てからすぐにお客さんを拾える可能性が高くなりますし、帰庫にも時間がかかりません。

一方、郊外に営業所があると、最初に利用客に会えるまでの時間にロスが生じてしまいますし、万が一、車両が故障して修理が必要な場合や急に営業所に戻らなくてはならなくなった時にも時間がかかってしまいます。

タクシー会社の将来性に関する要素には様々な要素が関係していますが、最近ではタクシー専門の求人情報などもありますし、口コミや評判なども参考になります。実際に就職してみなければ分からないこともありますが、ある程度就職したいタクシーの目星がついているという場合には、最終確認として実際にそのタクシー会社のタクシーに乗ってみて、直接タクシー運転手に聞いてみるという方法もあります。実際の声を聞くことができるので、かなり正確な所まで知ることができるでしょう。

出世へのキャリアパスと待遇の良さ!新卒で東京都内のタクシー乗務員になるべき理由とは

出世へのキャリアパスと待遇の良さ!新卒で東京都内のタクシー乗務員になるべき理由とは

タクシードライバーというと学歴や年齢に関係なく採用されるというイメージが強いのですが、現在、新卒でタクシーの乗務員になる人が増えています。

大卒でドライバーになる人もいますが、なぜ、彼ら彼女らは、タクシー会社への就職を選んだのでしょうか。

なぜタクシー会社は新卒採用を増やす?

新卒採用でタクシー乗務員になる若い人が増えています。タクシー会社も、大学や短大・専門学校などの新卒採用を積極的に進めています。大学卒業予定の学生たちに入社を勧めるために、社長自らが就職説明会にも赴くこともあり、合同の就職説明会の会場で、ライバル関係にあるタクシー会社の社長が出会ってしまうこともあるほどです。

100名以上の新卒者を採用した会社もあり、今後も新卒採用の波は続くと思われます。

なぜ、タクシー会社は、新卒採用を増やしているのでしょうか。

今後、訪日外国人客の増加が見込まれますから、外国語に堪能なドライバーが望まれています。また、高齢者や児童の送迎のためにタクシーが注目されていますので、細やかな気配りのできるドライバーも必要とされています。タクシードライバーに求められる資質がより高くなっているのです。

さらに、現在のドライバーの主軸である中高年ドライバーが引退する時期が来ると、労働力不足が深刻になると思われます。

今後のタクシー業界の変化を予想すると、新時代に活躍できる優れた人材の確保がどうしても必要になってきます。現場にやる気のある若い人材を送り込んで、社員の士気を高めるというねらいもあります。

現在、東京都内の大手タクシー会社の中には、地方で経営に行き詰まった中小のタクシー会社を次々に買収する動きがあります。この子会社の経営にも、新卒で採用して自社で育てた社員を送り込む計画を持っています。

大卒でタクシードライバーになる学生の華麗なるキャリアプラン

では、新卒でタクシー会社に入社する学生側の理由は何でしょうか。

まず、タクシー会社には出世への道筋、キャリアパスができているということがあげられます。
タクシー会社の仕事は乗務員だけではありません。「総合職」と言われる事務や労務管理などを行う職種もあり、その仕事の要員として採用される人もいます。

ある大手タクシー会社では、最初はタクシードライバーとして現場の経験を積み、数年後からはプロジェクトリーダーとして、会社の経営の根幹に関わる採用や広報などの仕事の責任者になるというキャリアパスを作っています。

しかも、その後は子会社の経営者になるルートもあり、現に入社9年目にしてグループ会社の経営を任された人もいます。他の業界では考えられない早期の出世でしょう。

大卒社員の少ないタクシー業界では、大卒採用された時点で将来の幹部候補生として認めらており、スピーディーな出世ができる可能性が高いのです。
ドライバーの仕事を続けても、一般のドライバーからプロフェッショナルドライバーやハイヤードライバーという、より上級のタクシー乗務員となる道も開けています。さらにドライバーから総合職への職種変更制度もありますので、自分のキャリアプランによってステップアップしていくことが可能なのです。

タクシー会社はホワイト会社!

タクシードライバーという職業に対して、良くないイメージを持っている人もいますが、実際はそんなに悪くない、いや、むしろ良い待遇の仕事だという事実も、新卒で入社する学生が増えている理由の一つです。

勤務体系に関しては「日勤」「夜勤」「隔日勤務」を自分の希望で選べる会社もあります。選ぶ人の多い「隔日勤務」ならば、勤務日は月に12日前後で、休日が多いのです。まとまった休みを取ることもできます。

収入は最低保証の固定給の上に、実力によって歩合給が加算されていきますので、語学力や洗練された接客術を生かして高い評価を得て、高収入のドライバーになる人もいます。休日の多さや給与の実態を知れば、タクシー乗務員は、世間に浸透しているイメージとはかけ離れた「ホワイト」な仕事だといえます。もちろん正社員として採用されますから、福利厚生面は申し分ありません。

会社も新卒採用に当たっては、研修制度をより充実させるとともに、車両や会社の設備を改善して働きやすい環境を整えています。

男女が平等に働けるタクシードライバーに魅力を感じ、新卒で入社する女性も増えていますので、会社も車両に防犯設備を付ける、女性専用の休憩室を作るなどの配慮をしています。

「なぜタクシーなの?」という声に負けない!

大卒ドライバーになる際、障害となるものは無いのでしょうか。

これまでは学生本人が入社を希望しても、「親の反対」という理由で内定を辞退するケースがありました。「大卒でなぜドライバーなのか」という偏見に満ちた目が、実は最大の障害と言えるのかもしれません。そこで、ある大手タクシー会社では、内定者の親などを招いて説明会を開き、社長自らが会社の方針や社員の健康を大切にしていることを十分に説明し、家族に理解してもらえるように心を砕いています。

会社が新卒入社の社員にかける期待は大です。期待の大きさを説明できる一例をあげると、短大や専門学校を卒業して21歳未満で入社するケースがあります。

タクシー乗務員に必要な第2種免許は、満21歳以上でなければ取得できませんので、入社後すぐにドライバーになることはできないのですが、そういう場合でも会社は採用します。即戦力というよりは時間をかけて会社で育てて、将来の会社を背負う人材となってほしいと願っているからです。

今後、タクシーは公共交通機関としての重要性が増すと考えられています。このタクシー業界を変革し、未来を創出していく新卒者のやる気と可能性に、熱い視線が向けられています。