東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すなら教育制度充実が充実していて終身雇用の会社を選べば長く働ける

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すなら教育制度充実が充実していて終身雇用の会社を選べば長く働ける

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すなら教育制度がしっかりしていて終身雇用のタクシー会社を選ぶようにしましょう。今回は教育制度しっかりしていて終身雇用があるタクシー会社にどのようなメリットがあるのかを紹介します。

教育制度が充実している会社を選ぼう

タクシードライバー(乗務員・運転手)は、安全にお客様を目的地へ送り届けるだけでなくお客様が気持ちよく乗車できるようにマナーや接客などさまざまなことを学ばなければなりません。したがって就業する際には教育制度が充実したタクシー会社を選ぶようにしましょう

東京都内で教育制度充実したタクシー会社を探すなら、大手のタクシー会社を中心に探すことがポイントです。大手のタクシー会社ではタクシードライバーに必須の二種免許の取得を会社負担で取得できるところが多いからです。他にもタクシー特有の技能や接客研修などをしっかり受けることができます。タクシー特有の技能とは、タクシー業務に関連する各種法令や道路や交差点、主要施設などの地理の勉強です。地理の勉強をしけおけば最短距離で効率よくお客様を目的地まで案内できるでしょう。

他にもタクシーに備えられている無線機器や料金メーターなどの操作研修もあるので、初めてタクシードライバーになった人も安心です。ここまでの研修が終わったら最終段階として助手席に教育係を乗せて路上研修を行います。大手のタクシー会社はこれらの教育制度が手厚く教育期間中の給与を保証してくれるという特徴があります

終身雇用であれば長く働ける

終身雇用制度があるタクシー会社なら生涯現役で長く働けることができます。一般的にタクシー会社では60歳から65歳前後が定年であるといわれていますが、終身雇用を前提にタクシードライバーを求めている会社なら再雇用制度によって退職後も働くことが可能なところが多いです。タクシードライバーとして長く働きたいのであれば、再雇用制度があるかどうかを事前に確認しておきましょう。その際には再雇用によって給与や手当などの契約条件がどのように変化していくのかも確認することが大切です。

一般的に正社員として採用されれば終身雇用であるといえますが、社会情勢に不安のある現代では終身雇用であるかどうかをしっかり確認してから入職しましょう。終身雇用でないと、不景気の時に突然解雇されてしまうことがあるからです。また契約期間が決まっている場合だと、次の契約を更新してもらえるかどうか不安に思いながら仕事をしなければならなくなってしまいます。タクシードライバー(乗務員・運転手)になるために一生懸命二種免許を取得したり教育訓練を受けたりしたのにすぐに解雇されてしまったら水の泡になってしまいます。そうならない為にも終身雇用制度があるタクシー会社を選びましょう

キャリアップできることも重要

タクシー会社を選ぶ際にはキャリアアップがあるかどうかも重要なポイントです。タクシードライバー(乗務員・運転手)として働き始めた頃は誰でも新人です。始めは新人であってもタクシードライバー(乗務員・運転手)としてさまざまなお客様と接したり一生鶏鳴道を覚えたりして1年ほど過ぎると新人というレベルから脱することができるでしょう。

新人でなくなったら自分がタクシードライバー(乗務員・運転手)としてどのようなキャリアを築いていくかプランを立てることが大切です。タクシードライバー(乗務員・運転手)のキャリアアップ方法には、観光タクシーや外国語要員のドライバー、ハイヤードライバーなどがあります。観光立国を目指している日本には多くの外国人観光客が訪れるので、観光タクシーや外国語要員のドライバーは需要が高いといえます。したがって外国語能力を身に付けて観光タクシーや外国語要員のドライバーとしてキャリアップすれば、高単価な仕事も舞い込んでくるのです。

ハイヤードライバーは大会社の執行役員を乗せることもあるので、マナーや経験が高いレベルで求められます。レベルが高い分、高単価な仕事なのでやりがいがあるでしょう。
このようにさまざまなキャリアアップのプランが立てられる仕事の幅が広いタクシー会社を選ぶことが大切です。

タクシー乗務員以外で働くには?

キャリアアップの方法はタクシードライバー(乗務員・運転手)として働く以外にも方法があります。例えば運行管理者や人事の仕事などです。

運行管理者はタクシー会社での内勤の仕事で、営業所に一定の人数を置かなければなりません。運行管理者になるためには運行管理者試験に合格する必要があります。運行管理者の仕事は、乗務員の勤務時間や健康状態、売上げの管理などを行います。他にも事故の対応や乗務員へのクレーム対応も業務の一つです。タクシードライバー(乗務員・運転手)から運行管理者になると転属直後は給与が下がる傾向です。しかし大手のタクシー会社ならタクシードライバー(乗務員・運転手)から内勤の運行管理者になって責任者へ昇格するケースも少なくありません。

タクシードライバー(乗務員・運転手)はやりがいのある仕事ですが、年齢を重ねるにしたがって体力的にきつくなることが多いです。したがって生涯現役で働きたいと考えているなら、内勤である運行管理者への転属も視野に入れるのがいいでしょう。タクシー会社選びは、タクシー乗務員以外の働き方を目指せるという点もポイントになるのです。

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職するとノルマがきついなどの問題に直面するのか

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職するとノルマがきついなどの問題に直面するのか

今の仕事に不満があって、タクシードライバー(乗務員・運転手)に転職したいと思っている人は、東京都内にたくさんいるでしょう。しかし、その仕事についてノルマがきつい、上司の嫌がらせがあるなどと心配して、転職に二の足を踏んでいる人もいるかも知れません。
実際にそのような問題はあるのでしょうか。

タクシードライバー(乗務員・運転手)のノルマはきつくない

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)への転職を考えている人にとって、特に大きな心配事はノルマに関することでしょう。もしノルマがきついようであれば、その仕事を続けて行くのに大きな精神的な負担がかかってしまう上に、達成できなければ収入がなくなってしまうかも知れないからです。

確かに、タクシードライバー(乗務員・運転手)にノルマが課されている会社は多いのですが、そのノルマは決してきついわけではありません。また、会社の中にはノルマを設定していないところもあります。タクシー業界では、多くの会社が基本給に歩合給と各種手当を加算するという給与制度を採用していて、ノルマはその歩合給に関わってくる要素です。売上からノルマを引いた金額に歩合率をかけたものが歩合給となります。つまり、ノルマを達成できれば歩合給がもらえますが、もし達成できなかったとしても基本給と各種手当は手に入ります

さらに、東京都内はお客さんが多いので、普通に働ければノルマを達成することは難しくないと言われています。それどころか、自分なりの工夫をすることでノルマよりもずっと多くの売り上げを達成して、多くの歩合給を手にしている人もいるほどです。したがって、ノルマについて心配する必要はまずないと言えるのです

上司の嫌がらせについて心配する必要はない

タクシードライバー(乗務員・運転手)への転職に二の足を踏ませてしまう理由の一つは、上司の嫌がらせがあるのではないかという心配事であると考えられます。特に、現在の職場への不満が上司との関係が悪いことである人や、上司の嫌がらせを受けて精神的につらい経験をしたことがある人にとっては、この点は大きな不安を覚える問題となってしまうでしょう。

しかし、タクシードライバー(乗務員・運転手)の働き方を考えてみると、その点に関しても心配する必要はまずないと言えます。なぜなら、タクシードライバー(乗務員・運転手)は基本的に自分一人で働くので、そもそも上司と接する時間が極めて短いからです。上司の嫌がらせに悩まされるのは、多くの場合職場で長い時間上司と接する必要がある人ですが、タクシードライバー(乗務員・運転手)が会社を訪れるのは基本的に出庫と入庫の時くらいです。

近年では職場でのパワハラが大きな社会問題となっていますが、タクシー業界ではそのような問題ははほとんどないと言われています。上司の嫌がらせを受けたくないと強く思っているのなら、むしろその業界へ転職した方が良いと言えるでしょう

タクシードライバー(乗務員・運転手)の職場は働きやすい

タクシードライバー(乗務員・運転手)への転職に関して多くの人が不安に思う、ノルマや上司の嫌がらせについては心配する必要がないとわかっても、その職場が働きやすいとは限らないと思う人もいるかも知れません。

しかし、実際にタクシードライバー(乗務員・運転手)として働いている人たちの声を見ると、その職場は働きやすいという評判が目立ちます。タクシードライバー(乗務員・運転手)と言うと、長時間働き続けなければならないとか、なかなか休みが取れないといったイメージを持つ人もいるようですが、近年では人手不足になっていることも手伝って、かなり働きやすい職場となってきているのです。

確かに一日の勤務時間が長い傾向はあるものの、事故を防ぐために勤務中に休憩を取ることが義務付けられているので、長時間働きづめになるようなことはありません。また、タクシードライバー(乗務員・運転手)は基本的に1日働くと1日休みになる隔日勤務ですし、さらに公休日や有給休暇もあるため、休みが取れないどころか普通の職場よりもかなり多いのです。特に大手は風通しの良い環境となっているので、大変働きやすい職場だと言えます。

タクシードライバー(乗務員・運転手)にはメリットが多い

タクシードライバー(乗務員・運転手)への転職を決める前に、その仕事にはどのようなメリットがあるのかを知りたいと思う人は大勢いるでしょう。そのメリットとしてまず挙げられるのは、人間関係に悩まされる恐れが小さいという点です。

上でも挙げたように会社にいる時間がわずかなので、上司や同僚との関係に心を煩わせることはありません。もちろんお客さんに対応する必要はありますが、上司や同僚とは異なり一時的な関係に過ぎないため、例え嫌なお客さんを乗せたとしても大きな問題にはならないでしょう。そのように、常に色々なお客さんと接することで、接客のスキルが上がることが期待できるという点もメリットの一つです。

また、タクシー業界では定年後でも働ける再雇用制度を採用している会社が多いため、終身雇用で働けるという点は特に重要なメリットとなります。タクシードライバー(乗務員・運転手)に転職することによって、自分だけではなく家族も安心していると言う人が多いのは、この終身雇用で働けるという点が大きな理由となっています。このように色々なメリットがあり、東京都内なら特に需要が多いと思われるタクシードライバー(乗務員・運転手)は、転職を考える人に適した仕事だと言えるでしょう。

東京都内でのタクシードライバー(乗務員・運転手)への転職で失敗しない方法は?将来性を見極めよう!

東京都内でのタクシードライバー(乗務員・運転手)への転職で失敗しない方法は?将来性を見極めよう!

東京は、多くのタクシー会社が集まる地域です。
タクシードライバーの数も多く、求人もコンスタントにあります。ただ、こういった東京でドライバーの求人に応募をするときには、しっかりと会社の将来性を確認しておくのがベスト。タクシードライバーへの転職で、失敗しないための方法を今回はお伝えしていきます。

タクシードライバーへの転職でよくある失敗のパターンとは?

東京都内のように大小さまざまなタクシー会社が混在している地域では、転職サイトなどにアップされる求人も多くなります。このようなサイトに掲載されている求人の中には、高収入をアピールするタクシー会社の求人も少なくありません。給与の高さに惹かれて、会社の情報をよく確認せずに応募してしまう、などは、タクシードライバー(乗務員・運転手)への転職でとくに多い失敗のパターンです。

例えば、誇大広告に惹かれてブラック企業などに引っかかってしまうと、実際に手にした給料が広告で宣伝していた金額と大分違っていた、ということもあるでしょう。実のところ、タクシードライバーの給与には歩合給という制度があるため、広告の内容だけでは実際の給与の額が分かりにくいこともあります。残業や突然の呼び出しが多く、求人内容よりも明らかに休みが少ない、なども1つの失敗のパターンと言えるかもしれません。また、零細企業などに就職してしまった場合は、給料の減額やリストラはもちろん、パワハラなどの被害に遭う可能性も無きにしも非ずです

東京都内はタクシー会社が多いだけに、会社の選び方が重要になってきます。

失敗を避けたいときには企業の規模や売上に注目!

タクシードライバー(乗務員・運転手)への転職で失敗しないためには、まずその会社の規模や売上をチェックしておくのが1つの方法になるでしょう。

東京都内で長年営業を続けてきた老舗企業や大企業は、一般的に得意先も多く、社会的にも一定の信頼を獲得していることが多いです。経営態勢もしっかりと確立されており、概してドライバーが安心して働けるような環境が築かれているのが、このような老舗企業や大企業の特徴です。労働組合や従業員専用の相談窓口などが設けられている場合もあり、問題を1人で抱え込まずに済むような態勢が整えられています。
また、会社の売上も職場環境に少なからず影響を与える要素です。例えば売上が高い会社は、給料の不払いや残業代のカットといった問題が生じにくく、やはり安心して働くことができます。また、競合他社が多い東京で一定の売上を維持しているということは、それだけ顧客からの評判が良いということになりますので、働くドライバーの質も高いと予想されます

ドライバーの質が良いタクシー会社は、教育制度が充実している、社内の雰囲気が良い、といったポジティブな特徴があるケースが多く、職場環境も概して良好です。

タクシーランクや設備の充実度も重要なチェックポイント

東京都のタクシー会社は、公益財団法人である東京タクシーセンターのタクシー評価委員会によってランク分けがされています。接客やサービス、安全や運行管理、経営姿勢の3つの項目ごとに各タクシー会社を評価しているのが、こちらの専門機関のタクシーランクです。観光タクシー運転者評価やIT機器導入評価などの加点項目もあり、ランクが高いほど優良なタクシー会社として評価されます。

ドライバーの求人に応募するときには、ブラック企業などを避ける上でも、タクシーランクBランク以上の会社を選ぶのが1つの方法になるでしょう。ちなみにタクシーランクBランク以上は、こちらのランク付けで61点以上の評価を得ていることが条件になっています。例えば、顧客へのサービスが充実している、安全運転が徹底されている、といったタクシー会社は、ランクが高くなる傾向があります。ドライバーの過労を防ぐ態勢があるかどうかといった点もチェックされますので、ランクが高いほど職場環境も良いケースが多いです

また、女性の場合は、女子更衣室や休憩室、託児所などの設備が十分に整っている会社を選ぶのも、失敗を避けるための方法になるでしょう。

失敗を避ける上でも把握しておきたいのが会社の将来性

タクシー業界は景気の影響を受けやすく、東京都内でも売上には各社で大きな開きがあります。売上が高い大企業などは、最新の配車システムなどを次々に導入し始めており、さらに顧客を獲得できるような態勢を整えています。各社の競争が激しい東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職をする場合は、将来性がある会社を選ぶことも重要なポイントになるでしょう。

タクシー業界に普及しつつあるITシステムに対応しているかどうかや、今後増加が見込まれている高齢者向けのサービスを行っているか、などは会社の将来性をチェックするときに1つの参考になります。マナー研修や介護研修を設けるなど、今後の方向を見据えてドライバーのスキルを上げる試みをしているタクシー会社も、将来性があると言えるかもしれません。

20代や30代でタクシードライバーに転職をするときには、とくに会社の将来性をチェックしておきたいところ。将来性がある会社なら、60代の定年になるまで長く働くことも可能です。働く上でのモチベーションを上げるためにも、東京都内でタクシードライバーの求人を探す際には、将来性があるかどうかをチェックして会社を選んでいきましょう

【タクシードライバー(乗務員・運転手)の転職】東京都内では家賃補助の会社がおすすめの理由

【タクシードライバー(乗務員・運転手)の転職】東京都内では家賃補助の会社がおすすめの理由

新たな転職先としてタクシードライバーを選ぶ人が増えています。
全国には約40万人ものタクシードライバーが活躍しているのです。今回は東京都内の求人について調査しました。東京都内のタクシードライバーは、地方移住者でも働きやすい環境になっているようです。

地方から上京する人でも安心の「家賃補助」

東京都内のタクシードライバー(乗務員・運転手)は、家賃補助を会社から受けている場合が多いです。特に地方から移住した方は、家賃補助を積極的に利用しています。東京から移住するためには引っ越し費用だけでなく、日用品なども買い揃えなくてはなりません。金銭的な余裕がない中、運転手として活躍するのは大変なことなのです。

家賃補助はこのような事態を解消する制度と言えます。また、東京都内の家賃相場はワンルーム約8万円、ファミリー向き物件はおよそ10万円以上です。静岡や山梨などの地域では、ワンルームの家賃相場が5万円前後になります。相場から見ても、東京都内の家賃は地方よりも高いようです。タクシードライバーの多くは歩合制を採用しており、平均年収は330万円程度となっています。スキルの高いドライバーは年収1000万円以上のため、家賃や生活費を充分に賄えるでしょう。

しかし転職したばかりの人は給与も少なく、家賃の支払いが厳しいことも事実です。そのようなことから、家賃補助のある転職先はおすすめになります。会社によっては年間24万円の家賃補助があるところも。地方から上京したばかりの人でも集中して稼ぐことができる仕組みとなっています。家賃補助があれば、都内の家賃が高くても安心して働けるでしょう。

未経験の地方移住者でも働きやすい

タクシードライバーは資格として「第二種運転免許」が必要です。この免許を取得するには専門的な勉強をしなければなりません。東京23区を運転するためには「地理試験」に合格する必要があるとも言われています。しかし、これらの資格を所有していなくても会社に就職することが可能です。

多くのタクシー会社では入ってから資格を取得できるシステムになっています。業界No.1と言われる会社では、オリジナルの教育や指導を行っているようです。他のタクシー会社からの転職者はスキルも高いですが、社風や教育方針に慣れない場合が多いのだとか。まだ何者にも染まっていない未経験者の方が「指導や教育をしやすい」と感じる現場もあります。資格取得に必要な勉強や費用は、会社が負担するケースも。タクシードライバーは、入社してから運転のスキルアップや接客技術の向上が目指せる職種なのです。未経験の地方移住者でも安心して働ける職場となっています。学歴不問のケースも少なくないため、入社へのハードルも低く設定されている傾向です。けれども「普通自動車第二種」の免許は持っていると優遇されます。地方に居る人は、転職する前に取得しておくと良いでしょう。

家賃補助だけじゃない!タクシー会社のサービス

タクシー会社の中には、不動産会社と契約を結んでいるパターンがあります。こうしたタクシー会社の場合、好条件の物件を紹介してくれる可能性が高いです。家賃の何割かを会社が負担することもあります。自分で不動産会社に出向き、家を探す方法もありますが「タクシー会社に物件を紹介してもらえるか」を確認してからの方が良いでしょう。自分の家賃負担額を減らすことができるかもしれません。このような形式を「借上げ寮」と言います。個室に風呂、トイレが完備されている借上げ寮が多いようです。借上げ寮は原則として、内定が決まってから入れる仕組みとなっています。「まだ住まいが決まっていない」という人や、地方から東京へ出てきたばかりの人は面接時に「入寮できる時期」を聞くことが大切です。

また、すぐに入寮できるタクシー会社を選ぶこともおすすめになります。借上げ寮は会社から近い場合も多いようです。会社から近いところであれば「東京に初めて住む」という人も道に迷いにくいでしょう。借上げ寮の家賃相場は2〜8万円程度となっており、地域や会社によって値段が異なる特徴があります。気になるようであれば、家賃を問い合わせてみると良いです。

自社寮完備のところもある

借上げ寮のように「不動産会社と契約している寮」ではなく「自社で所有している寮」を持つタクシー会社があります。自社寮はマンションタイプやアパートなど、形態も様々です。会社の敷地内に寮が完備されているタクシー会社もあります。こうした寮では通勤時間が0分のため、満員電車に乗る必要がありません。自社寮完備の会社では「タクシードライバーのおよそ6割が、自社寮に住んでいる」とも言われています。寮制度はタクシー会社によってばらつきがあるようです。無期限で入寮できる場所がある一方、3年後に新しい物件を探さなければならない会社もあります。寮に入ることを考えて転職先を探している人は、会社の寮制度を細かくチェックしておくことが重要です

また、ファミリー向けの寮は単身向けよりも少ない傾向にあります。「地方から上京して家族で住みたい」と考えている場合は、ファミリー向けの寮が完備されている会社を転職先にすると良いです。または「家賃補助を使って賃料の安いファミリー物件を探す」という方法がおすすめ。ペットがいる際も入寮は難しくなります。ペットがいる人も家賃補助を利用した物件探しが適しているでしょう。

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を希望するなら、最大42万円の月給保証が1年間も続く、大手の会社がおすすめ!

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を希望するなら、最大40万円の月給保証が1年間も続く、大手の会社がおすすめ!

これから東京都内で、タクシードライバーへの転職を考えている方もいるはずです。その際、会社選びの基準は人それぞれかもしれませんが、やはり収入面は最も気になるとろでしょう。そこでここでは、おすすめしたい都内の大手タクシー会社について紹介しましょう。

都内大手タクシー会社の給与水準を知ろう!

タクシードライバー(乗務員・運転手)の業界では、基本的に歩合制を採用している会社が大多数です。そのため世間一般では、ドライバーの収入が低いうえ、不安定なものとしてイメージされる傾向があるかもしれません。

しかし東京都内の大手タクシー会社の場合には、このようなイメージは必ずしも当てはまらないと言えるでしょう。まず入社1年目から、既に平均年収が420万円に達します。これは、全国のタクシードライバーの平均年収が285万円であることを考えれば、いかに恵まれた給与水準であるか理解できるでしょう。さらに2年目ではこれが450万円にアップし、6年目になる頃には最高年収で790万円を稼ぐドライバーまで現れます。

ちなみに、他業種の中小企業(従業員100人未満)サラリーマンが平均368万円であるのと比べれば、かなり優位な年収状況であることがうかがえます。そのうえ、都内の大手タクシー会社の中には、初めの1年間は最大42万円の月給保証が与えられるケースもあります。これならばドライバー経験がなく、仕事や地理に不慣れな未経験入社でも、安心して働ける環境と言えるでしょう。ここまでの月給保証がある会社は珍しいのですが、都内にある大手だからこそ可能な優遇制度とも言えそうです。

給与水準の高さを裏付ける、大手の集客力!

ではなぜ大手のタクシー会社ならば、こんなに恵まれた給与水準を実現できるのでしょうか。それは一言でいえば、充実した幅広い集客システムをそろえているからです。

例えば都内に30箇所以上の専用乗り場を設けているので、お客様を見つけるための流し営業などで、無駄な時間を費やす必要がありません。しかも専用乗り場は、駅前ターミナルや観光スポットのような、人の流れの多い拠点に設置されているため、切れ目なく効率的にお客様を乗せることが可能です。

さらに、大手ならではのタクシーチケットの存在も、見逃せない集客システムの1つです。官公庁や大企業をはじめとして、約1万社以上の法人とチケット契約を結んでいることで、特定のお客様をコンスタントに乗車させることができます。しかもチケット契約のお客様は、利用頻度や客単価が高くなる傾向があり、高収入につながりやすい特徴があります。このようなチケット契約を実現できるのも、大手の安心感や信頼性があってこそと言えるでしょう。

また月間約45万件にも達する、無線配車での集客力も無視できません。無線配車であれば、スピーディにピンポイントでお客様のもとへアクセスできるので、時間を浪費することなく乗車回転率を伸ばし、結果的には売上の向上にもプラスになります

収入だけはない!大手ならではの職場環境!

いくら収入に恵まれていても、毎日仕事に無理があるようでは、長く働き続けることはできないでしょう。この点、都内の大手タクシー会社には、女性や高齢者の方であっても、余裕をもって無理なく働ける環境があります。

まずオーソドックスな勤務パターンは、深夜勤を含めて15.5~18時間の隔日勤務が基本です。これだけを聞くと大変なように感じますが、月平均に換算すれば、出社するのはおよそ半月程度で済む計算になります。また、勤務翌日は必ず明番や公休日になるように設定されているので、十分に身体を休ませることができます。さらに事前申告を原則とした完全シフト制であれば、突発的な休日出勤を命じられる心配もありません。家族や知人とのプライベートな時間も、しっかりと確保することが可能です。

なお乗務時間中には、必ず3時間の休息や仮眠を取るように定められています。もちろん、法定外の残業も一切ありません。法定遵守の大手であれば、この点でも安心してよいでしょう。体力のある男性だけではなく、女性や高齢者の方でも余裕をもってマイペースで働ける環境を備えているのは、大手ならではの魅力と言えるでしょう。

充実の研修制度が、未経験者をしっかりサポート!

ここまで読んでも、まだ不安の残る方がいるかもしれません。特にドライバー未経験者の方であれば、なおさらでしょう。この点、充実した研修制度のある大手のタクシー会社であれば、未経験入社でも安心です。まず入社して約1ヶ月は、会社所有の施設でじっくりと研修を受けることになります。ここではタクシードライバーに必須の第二種免許取得をはじめ、座学による地理講習や各営業所での実地研修など、ドライバーとして必要なスキルを一通り学びます

なお第二種免許取得にあたっては、必要経費は会社が負担してくれるので経済的な心配はありません。ここで注目すべきは、研修期間中は常に一貫して、売上に結びつく観点から研修が進むことです。例えば座学での地理講習では、単に地理をマスターするだけではなく、お客の多いエリアや、スピーディに目的地に運べる道順などを、みっちり教え込まれます。また各営業所での実地研修では熟練の教官が同乗し、都内地理の理解をはじめ、売上につながる接客マナーや運転スキルなどを、十分に指導されます。さらに、各営業所の集客データに基づいた社内の勉強会や、朝礼での班長による具体的指導などにより、未経験の新人でも素早くプロのドライバーに育つ環境が整っています

このような充実した準備期間があるのも、大手ならではメリットと言えるのではないでしょうか。

タクシードライバーは感動を与えることができる仕事!おもてなしとホスピタリティ力次第でお客様に喜んでもらえる

タクシードライバーは感動を与えることができる仕事!おもてなしとホスピタリティ力次第でお客様に喜んでもらえる

タクシードライバーと言うと、車を使って乗客を目的地まで送迎するのが仕事ですが、そのやりがいは単なる運転手以上のものがあります。乗客に感動を与えるような仕事をすることも可能なので、働きがいのある職業をお探しの場合は、検討してみることにしましょう。

経験を活かして、やりがいもある転職先

 タクシードライバーは乗客を安全に目的地まで送迎するのが役割です。貨物輸送と違って人を車に乗せますから、コミュニケーションをはかることも重要となります。何気ない会話を通してお客様が笑顔になれたり、タクシーに乗ってよかったと感じたりしてもらえるケースも少なくは有りません。漫然と車を運転するだけではなく、人と人の繋がりを感じられる仕事でもあるわけです。

 転職の際には、これまでやってきた仕事の経験を活かしやすいのも魅力となります。経験談やエピソードを披露するだけではなく、営業職ならば営業スキルが役立つ場面も出てくるでしょう。特別な経験がなくても、例えば受験勉強の思い出や、子育ての体験談などの日常的な話題だって、トーク力次第では、充分に乗客を楽しませることも可能です。

 現役のタクシードライバーの中には、乗客が悩みを抱えていたりしても、束の間の会話を通して元気づけることができた時、大きなやりがいを感じたと言う方がしばしば見たります。人の役に立つ仕事がしたいと言う方や、お客様に喜んでもらえる仕事を探している方には、ぴったりの職業となるでしょう。色々な人との出会いがあり、多くの経験を積める職場です。

社会に求められる仕事

 近年は様々な社会問題が持ち上がっていますが、タクシーはこのような時代での中で地域社会への貢献をしている側面があります。行政サービスとしては鉄道やバスなどの公共交通機関が整備されていますが、これらは誰にでも優しいわけではありません。例えば足が不自由であったりする方には、電車は使い勝手が良いものではないです。タクシーは小回りが利きますから、外出が困難な方の自宅まで送迎することも可能となります。電車でしたら時間厳守で運行する必要がありますが、タクシーは必ずしもそうではなく、お客様に対して柔軟なサービスを行えるのが特徴と言えるでしょう。

 いわゆる交通弱者と呼ばれる方にとって、タクシードライバーの果たす役割は大きなものになっています。タクシーがあるからこそ買い物や通院などが行えるお客様も少なくはありません。日常生活にとどまらず、映画館やコンサート会場などに訪れたいと言う希望を叶えられるケースも有り、本人や家族に感動を与えることができる仕事としての一面も持ち合わせています。

 今ではタクシードライバーは、社会的に必要とされる仕事と言っても過言ではなさそうです。社会形成の一助になっていくことを目標にできるので、人の役に立ちたいと言う考えを持っている方には、マッチする職場となると考えられます。

公共性の高い輸送手段としても注目

 タクシーは民間企業が運営するサービスではありますが、社会にすっかり定着した交通手段であることや、輸送する乗客数の多さから、公共性の高い輸送機関の一つとして認識されています。国民に広く共通利益をもたらすと言う意味で、タクシーの存在意義は高まっていると考えられるでしょう。

 この公共性の高さは交通手段が限られているような、移動に不便な地域でも活かす試みも行われてきました。電車やバスは採算がとれないと継続するのは厳しいのですが、タクシーは代替措置として活用できるのではと注目されたのです。タクシーは純然たる公共交通機関ではないものの、それだけ信頼性の高さが評価されていることになるでしょう。

 公共性の高い交通手段として、安全で利便性が良く、安心できる乗り物であり続けることが社会的役割の一つであり、タクシーに欠かせない大切な要素です。それを実現するためには、交通法規をしっかりと遵守して、事故も起こさずに乗客を目的地まで送り届けると言う、責任感と安全意識の高い人材が欠かせないと言えるでしょう。安全運転と冷静な判断が可能なドライバーこそ、タクシー業界に求められる存在ではないでしょうか。

広がりつつあるタクシーの役割

 安全で利便性の高い交通手段であるタクシーは、色々な場面で活躍の場が広がりつつあります。日本では人口減少が問題となっていますが、現在高齢者は増えていますし、子供の安全への意識も高まっており、タクシーに求められるものは小さくはありません。

 例えば、近年では外国人観光客を各地にエスコートする役割も担うようになってきました。この場合では、外国人の日本に対する印象も、タクシードライバーのホスピタリティやおもてなしの精神によって左右されてくる可能性もあるはずです。インバウンド事業を支える役割を担っているとも言えるかも知れません。

 外国人相手の場合、語学力がある方は、そのスキルを存分に活かすことができるでしょう。海外に興味があって色々と話を聞いたり、逆に日本の良さを紹介したりしたいと言う方にもうってつけかと考えられます。

 また、子供の塾や習い事の送迎にも、タクシーが活用されるケースが増えてきました。特に夜間の送り迎えは親御さんにとって一大事ですから、代わりにタクシーが活用されています。子供好きな方や子育て経験のある方は、このような子供を送迎する役割には適正が高いはずです。

 他にも、女性ドライバーであったり、乗客に話しかけない無言のドライバーが求められたりなど、多彩な人物がタクシー業界で必要とされています。会社ごとに色々な特徴があるので、自分に合った職場を探してみるのがおすすめです。

タクシードライバーの実に9割が未経験からスタート!国の規定で働きやすいタクシードライバーなら長く働ける環境と安心安定が手に入る!?

タクシードライバーの実に9割が未経験からスタート!国の規定で働きやすいタクシードライバーなら長く働ける環境と安心安定が手に入る!?

東京都内でこれからタクシードライバーに転職を希望しているなら、業界や各タクシー会社の研修システムが助かります。そこで、免許取得や給料面でのサポート、さらに長く安心してタクシードライバーとして働ける労働環境などを詳しく紹介します。

タクシードライバーの9割が未経験からスタート!?

 タクシードライバーとして活躍している9割が未経験からの転職者です。タクシー会社では新人ドライバーが職場にスムーズに馴染めるための対策や工夫を準備しています。普通自動車二種免許は、これからタクシードライバーとして活躍するために欠かせない資格です。例えば、指定教習所を卒業すると技能教習を免除されます。その後、免許センターで学科試験に合格すれば、普通自動車二種免許を取得できます。タクシー会社によっては、この二種免許取得の費用を負担してくれることもあるので、転職希望者にとっても嬉しいポイントでしょう。

 東京都内のタクシー会社で働くためには、「公益財団法人 東京タクシーセンター」に登録する必要があります。特に、新人ドライバーの場合、新規講習が義務付けられていて、交通法規や地理、接客マナーなど、タクシードライバーとしての基礎的な知識を4日間かけて学びます。これで正式にタクシードライバーとして働けるのですが、さらに所属しているタクシー会社で、より本番に近い実務研修が始まります。ベテランのドライバーが同乗し、直接指導を受けながらプロのドライバーとしての技能を身につけます。充実した教育制度が随所に取り入れられているので、新人ドライバーもしっかりと基本から学ぶことができます。

タクシードライバー特有の勤務体系とは?

 タクシードライバーの勤務形態は、大きく3つのタイプに分けられます。

 1つ目は、昼日勤と呼ばれている時間帯で、午前7時〜夕方4時まで、または午前8時〜夕方5時までというのが一般的です。途中に1時間の休憩を挟み、実働は8時間になります。女性ドライバーや高齢ドライバーなど、プライベートに合わせて働きたい人に人気が高い勤務形態です。

 2つ目は、夜日勤と呼ばれる勤務でちょうど昼日勤の真逆になります。午後6時〜午前2時、または午後7時〜午前3時などがあります。東京都では午後10時〜午前5時までの時間帯は深夜割増となり、運賃が2割増になるのでしっかり稼ぎたいドライバーにとっては魅力的でしょう。特に、深夜は繁華街などからの客や終電を逃した長距離客も期待できます。

 3つ目の勤務が、隔日勤務と呼ばれるもので、昼日勤と夜日勤を連続して勤務する働き方です。タクシー会社によって勤務時間は様々ですが、午前7時〜翌朝3時まで、夕方4時〜翌日の正午までなどがあります。20時間ほどの勤務となりますが、内3時間が休憩時間です。この隔日勤務の特徴は、勤務した翌日は、明け番といって勤務がありません。多くの場合、隔日勤務では1カ月あたりの勤務は11〜13回です。労働時間の厳守が徹底されているので、タクシードライバーなら安心安定が手に入る働き方ができるでしょう。

新人ドライバーが長く安心して働ける工夫

 タクシードライバーの1日は、身だしなみと運転免許の携帯、アルコール検査などから始まります。特に、アルコール検査は、交通事故を予防する上でも大切です。万が一、ドライバーが死亡事故を多発してしまうと、タクシー会社は営業停止処分を受けることもあります。それだけに、会社はメンタルチェックを重要視していて、勤務を始めるドライバーの管理を厳重に行っています。国の規定で働きやすいのもタクシードライバーにとって大切なポイントです。

 日勤の場合、メンタルチェックを受けた後、出発前の車両点検に入ります。カーナビ装備車輌も増えたので、新人ドライバーにとって安心感があるでしょう。流し営業をしたり本部からの無線を受けて配車したり、お客さまを安全に目的地まで運びます。乗車状況に応じて、昼休憩を取りましょう。評判の店に足を運んでみたり持参した弁当を食べたりして午後の勤務に備えます。午後からの勤務は、配車指示も増える時間帯です。昼日勤であれば夕方までなので、そのまま会社に帰り勤務は終了です。隔日勤務の場合、夕方から深夜にかけて夜の仕事で利用するお客さまも増えるので、待機場所に移動したり本部からの指示を待ったりします。タクシードライバーの勤務は、休憩をこまめに取るなど、長く働ける環境が整っています。

タクシードライバーとして活躍するために

 タクシー会社では、従業員が長く安心して働けるように、様々な福利厚生を実施しています。賞与を設ける他、社会保険の完備や各種手当、さらに、借上社宅や社員寮を用意していたり家賃補助制度を設けていたりするなど手厚い待遇が魅力です。

 特に、新人のタクシードライバーにとっては、給与保証制度があると安心でしょう。固定給を選ぶと、基本給に加えてその他の手当、特に売れ上げが多い時に歩合給も加算されて支払われます。固定給が約束されているので、月々の収入が安定します。新人ドライバーの場合には、検討しておくと心強い給与制度です。一方、完全歩合制を選ぶことも可能です。月間の売上に歩合率を掛け、給料が決定します。経験のあるベテランドライバーなどに人気の高いシステムです。他にも、両方の中間的な給与制度もあり、固定給も確保しながら頑張り次第でしっかりと稼げる欲張りな制度もタクシー会社によっては導入されています。

 女性のタクシードライバーや若いドライバーがタクシー業界に増えてきました。この背景には、カーナビの導入などタクシー業界の労働環境が大きく改善したことも関係しています。また、タクシードライバーは新人教育が充実しているので、転職しても安心して働くことができるでしょう。

隔日勤務を選ぶとプライベートを充実できる!2日分まとめて働くと休日が多い職業になるタクシードライバーの実情とは?

隔日勤務を選ぶとプライベートを充実できる!2日分まとめて働くと休日が多い職業になるタクシードライバーの実情とは?

 休日を十分に取得してプライベートを充実させたいと考えている人はタクシードライバーとして働くことを検討してみましょう。ワークスタイルの選び方によっては、他の業種ではなかなか獲得できないような年間休日数にすることができます。

タクシードライバーの代表的なワークスタイル

 タクシードライバーはワークスタイルの選び方次第で休日が多い職業になります。タクシーは24時間体制でサービスを提供する必要があるため、勤務体系が一般的な職種とは異なるのが特徴です。

 代表的なワークスタイルとして知られているものには昼日勤、夜日勤、隔日勤務の三種類があります。勤務先の企業や雇用契約の内容によってどのスタイルで働くかが決まります。昼日勤は早朝から夕方まで、夜日勤は夜勤とも呼ばれる場合がありますが、夕方から早朝までの勤務として昼日勤と相補的な形で働くワークスタイルです。これらを合わせて2日分まとめて働く形になっているのが隔日勤務であり、早朝から働き始めて翌日の早朝まで働く仕組みになっています。勤務先の企業や担当エリアによっては午後から働き始めて翌日の午後までというスタイルになっている場合もありますが、休憩を含めておよそ20時間の連続勤務を行うのが特徴です。

 このような長時間労働は体力的に負担が大きいことから翌日は休みを与えられる仕組みになっているのが一般的であり、年間休日約233日という年間の半分以上が休みという働き方を実現できます。

隔日勤務をしたときの一日の流れ

 隔日勤務をするのは大変なのではないかと考えてしまいがちですが、一日の流れを確認してみると負担はそれほど大きくないことがわかり、長く働ける仕事だと理解できます。典型的な例として挙げられるのが次のようなパターンです。

 7時に出勤して8時からタクシードライバーとして街中での流しやタクシー乗場での客待ちなどを行います。そして、適宜休憩を取りながら翌早朝まで営業活動を続けるのが基本です。連続してドライブするのは安全上好ましくないことから3時間程度を目安として休憩時間を取ることが認められています。休憩時間中には食事をするだけでなく、仮眠を取ることもできるので体力的な負担も十分に軽減することが可能です。また、営業を終えてオフィスに戻ってきた後にはサウナやシャワーなどを使ってその場で疲れを癒せるように福利厚生を整えている企業も多くなっています。隔日勤務は十分に休憩を取って英気を養いつつ働けるので、リズムに慣れてしまえば楽しく仕事ができるという人も大勢いるワークスタイルです。

 プライベートを充実できるように休日を十分に確保しながら働きたい人にとっては理想的な働き方の一つとなります。

隔日勤務のメリットとデメリット

 隔日勤務は昼日勤や夜日勤と比較するとメリットもデメリットもあります。

 隔日勤務を選ぶとタクシードライバーは休みも給与もたくさんもらえる仕事になるのが最大のメリットです。勤務をした日だけでなく、翌日の休みも公休扱いになるので実際には働いていないのに給料を支払われることになります。そのため、年間休日約233日という状況であっても、年間休日が100日少々しかないような人と同じ程度に働いた場合と同等の給与を手に入れられる場合も少なくありません。また、隔日勤務の場合には必ず夜間料金の時間帯も働くことになるため、その分の手当も支給してもらうことができます。昼日勤をするのに比べて給与が高くなりやすく、夜間の需要が大きいエリアを担当すれば特に大きく稼げるのがメリットです。

 しかし、隔日勤務にはデメリットもないわけではなく、一回の勤務時間が長くなるので体力的な負担は大きくなります。ただ、自分のペースで働けるという面もあり、トータルの休憩時間は企業によって3時間程度として定められていますが、休憩の取り方は自由なのが基本です。自分なりに負担が小さい形で休憩しながら働けるので慣れてしまえば大きな問題にはならないでしょう。

ライフワークバランスを大切にしたい人は隔日勤務

 現代社会では仕事をする上でプライベートを充実できるかどうかが大きな問題として取り上げられるようになってきました。ライフワークバランスを整えながら、自分なりに楽しく仕事ができるようになりたいと考えている人はタクシードライバーとして隔日勤務をするのに向いています。タクシードライバーほどに休日を増やせる職種は少ないからです。

 タクシードライバー以外にも夜勤があって2日分まとめて働くことができる職業もあります。しかし、コンスタントに隔日勤務をすることが認められている業種はほとんどありません。人とのコミュニケーションが得意な人であれば接客や営業を通していつも楽しく働くことができるでしょう。多くの人と出会える機会があるのもタクシードライバーの魅力であり、その出会いから知ったグルメや観光などの情報に基づいて休日を楽しむことも可能です。

 都心部を中心としてタクシーの需要が高まっていることから、タクシードライバーの求人も豊富にあります。ライフワークバランスを大切にして働ける仕事を探して転職したいと考えている人は、タクシードライバーとして働くことを検討してみると良いでしょう。

サラリーマンの平均年収より高い仕事に最短で就職したいならタクシードライバー!高収入を目指せる環境があるから転職者が多い業界

サラリーマンの平均年収より高い仕事に最短で就職したいならタクシードライバー!高収入を目指せる環境があるから転職者が多い業界

 タクシードライバーは、サラリーマンよりも平均年収が高く、転職先として人気のある職業です。転職者がスムーズに業務を開始できる体制が整っており、未経験者でも1年目から安定して稼ぐことができます。
 今回は、タクシー会社への転職の流れや未経験者でも安心な転職先である理由について解説します。

研修が充実しているのでペーパードライバーでも問題なし!

 タクシードライバーとして働くためには、普通二種免許の取得と東京タクシーセンターが実施する地理試験に合格する必要があります。わざわざ転職のために教習所へ通って二種免許を取得するのは時間もお金もかかるという理由から、タクシードライバーへの転職を最初から諦めてしまう方もいます。でも実は、ほとんどのタクシー会社は二種免許を保有していることを入社条件としていません。充実した研修制度と社内設備が整っている会社が多く、未経験者でも業務に必要な技術や知識を身に着けることができるからです。普通免許を一定期間以上持っているならペーパードライバーでも大丈夫ですし、地理がわからなくても大丈夫です。

 二種免許の取得については、指定された教習所であれば会社が費用を負担してくれる場合がほとんどなので、経済面での不安もありません。また、研修期間中でも給料を払ってくれるタクシー会社も多いです。

 実際に一人で業務をするにあたっては、運転技術だけでなく接客スキル、地理的な知識などを身に着けなければなりません。タクシー会社の研修は実務的な部分についても丁寧に実施されます。そのため、タクシードライバーは転職者が多い業界でその9割以上が未経験者ですが、ほとんどの方が問題なく業務を開始することができています。

転職後、すぐに稼ぎたいならタクシードライバー!

 タクシードライバーは、給料が完全歩合制である会社が多いです。つまり、人によって年収が異なります。当然、タクシードライバーとしての能力が上がれば、たくさん稼ぐことができますが、一方で収入が安定しないというリスクはあります。となると、まだまだ技術が未熟な1年目のタクシードライバーは経済的に苦しくなると思われがちですが、タクシー会社には一定の期間、給与保証を定めているところが多いのでそのシステムがある会社を選んで入社できれば心配ありません。もちろん、頑張り次第で収入は増えていきます。この給与保証の制度の影響もあり、タクシードライバーには1年目で430万円以上の年収を得る人も少なくありません。給与保証を受けている間にしっかりとコツをつかむことができるのでその後の収入を安定させることも難しくありません。数はあまり多くありませんが事実として、1,000万円以上の年収を稼ぐタクシードライバーも存在します。

 転職後の収入が不安なので、なるべく、最初から安定して稼ぎたいと考える人にこそタクシードライバーは適していると言えます。前職の年収を超えるところに最短で就職したいならタクシードライバーがおすすめです。

隔日勤務でプライベートもしっかり!

 タクシードライバーは、過酷な労働環境で働いているというイメージを抱いている人は少なくありませんが、実際はライフスタイルに合わせて働き方ができる職業です。平均勤務日数を見ると、月々11~12日と決して多くありません。タクシードライバーの特殊な勤務体系がそれを可能としています。それが「隔日勤務」という働き方です。

 隔日勤務とは、ある日の午前から、その日が明けた深夜まで働き、仕事を終えた日はそのまま休みになるという働き方です。当番の日を終えたら、次に働き始めるのは最短でも次の日の朝ということになります。フリーな日中の時間帯を多く作ることができる働き方なので、趣味を楽しんだり、家族との時間を満喫したりすることも可能です。また、公休日もあるので例えば、土日を連休にするといったシフトの組み方も交渉次第では可能になります。

 休日が多い分、1日の勤務時間が長い働き方ではありますが、ランチタイムの休憩や、会社によっては義務付けられている仮眠の時間もあるので体力的に隔日勤務が難しくなるというケースはあまりありません。多くのタクシードライバーが隔日勤務という働き方を選んでおり、満足のいくプライベートを送ることができているのが事実です。

自分のペースで高収入を目指せる!

 タクシードライバーの業務は、基本的に一人で行います。研修の段階で、基本的な業務の流れや、稼ぐための簡単なノウハウなどは教えてくれますがその後の工夫は自分次第となります。日々の経験から学び、次に活かすことができる職業なので、やりがいを求めて転職を検討している人におすすめです。また、人間関係に悩んだ末の転職でタクシードライバーになった人も多いです。タクシードライバーは、先輩から技術を学ぶことはあっても仕事の時は1人なので複雑な人間関係の中で働くという環境からは逃れることができる仕事です。その分、自分のことにしっかり責任を持てる人が適しています。

 タクシードライバーは、歩合給の割合が多い職業で、中には完全歩合制というところもあります。収入面での安定を求めるよりは高収入を目指せる環境がある職業であると言えるでしょう。ただ、研修制度も充実しているうえに、給与保証期間が設けられているなど、未経験者による新規参入も難しくない職業です。平均収入も東京都内のタクシー会社の中にはサラリーマンの平均年収より高いデータも出ており、転職してから、安定して稼ぎつつ仕事以外の自分のための時間も作れるようになって満足しているという人は数多くいます。

観光ガイドなど訪日向けに仕事ができるタクシードライバーは好きを仕事にできるからおすすめ

観光ガイドなど訪日向けに仕事ができるタクシードライバーは好きを仕事にできるからおすすめ

 タクシードライバーの仕事の基本は、乗客を目的地まで安全に運ぶことです。
 しかし、タクシー会社によっては、観光ガイドができたり語学が堪能であったりするとさらに有利な仕事となっています。

 得意なことや、好きなことを仕事にできるタクシードライバーの仕事の魅力についてご紹介します。

海外観光客の増加とタクシー業界

 ここ数年、観光やショッピングを目的として日本を訪れる外国人の数が急増しています。東京都内でも、外国人を見かける機会が一段と増えました。外国人観光客が増加した理由としては、社会的背景などもありますが、その他にも、日本の由緒ある観光地を見学することをはじめとして、アニメやゲームなど日本の商品に対する興味などがあります。加えて、健康にも良いとされている日本の食文化への関心が高まっていることなども追い風となっています。

 急激な海外観光客の増加に伴い、ホテルやデパート、飲食店などの接客サービス業においては、比較的早い段階から外国人対策を講じてきました。それに対してタクシー業界においては、やや出遅れた感がありました。

 しかし最近では、タクシー会社によっては、英語や中国語などの外国語を得意とするタクシードライバーに対して特別な手当を支給するという制度を導入したり、語学力を活かせるタクシードライバーの雇用や育成に力を入れたりしているケースも見られるようになりました。したがって、他の業界と同じように、タクシー業界においても、訪日向けに仕事をしたいという人がドライバーとして求められてきていると言えます。

外国語を得意とするタクシードライバーの必要性

 外国人観光客が日本を訪れた際、道行く人に分からないことを尋ねても十分には伝わらないことがあり、コミュニケーションの面について不便を感じるケースも少なくないありません。また、観光案内のパンフレットや地図などを見ても多言語表示がない場合は、無事に目的地にたどり着くことができるか不安になることもあるでしょう。

 そのような状況の中、スムーズに目的地へ移動するためにタクシーを利用することが少なくありません。なぜなら、タクシーは、ドライバーに目的地まで連れて行ってもらえるという安心できる方法であると言えるからです。そのような場合に、乗車したタクシーのドライバーが外国語を話すことが出来たら、目的地まで連れて行ってもらえることに加えて、会話を通じて質問に答えてくれたり、観光ガイドをしてくれたりすることができるため、外国人観光客の乗客にとって、有意義な時間を過ごすことができます。

 したがって、外国語を得意とするタクシードライバーは、より多くの外国人観光客に必要とされる仕事であるといえます。この事から、これから需要が増える仕事であり、語学力を持つ人にとってタクシードライバーはおすすめです。

旅行が好きな人におすすめ観光タクシーの仕事

 世の中には、旅行が好きという人が多いですが、タクシードライバーは旅行好きが活かせる仕事でもあります。タクシー会社によっては、運転をメインとしながらも、東京の観光スポットなどを案内することができる観光タクシーを運転する「観光ドライバー」という仕事があるからです。観光ドライバーになるために特別な資格を設けていない会社もありますが、観光ドライバーとしての信頼を得るために、認定制度を受けることも出来ます。認定制度を受けることによって、観光ドライバーとしてのより高いスキルを目指すことが可能ですので、勤める会社によっては給与アップの可能性もあります。

 さらに、観光タクシーは多くの場合、予約制や貸し切りの利用であることが一般的です。したがって、一日に何人もの乗客を乗せる必要がないため、乗客が捕まらないという心配がありません。また、お客様に集中して向き合うことができるため、感謝をされることも多くやりがいがあるといえます。通常のドライバーの仕事に比べて報酬が高いケースも少なくありません。旅行が好き、日本の歴史や建造物が好きで詳しいという人は、好きを仕事にできるタクシードライバーがおすすめです。

長く働くためにタクシードライバーがおすすめ

 語学力を活かせたり、歴史や建造物の知識や旅行好きを活かせたりと、運転をすること以外にも仕事の可能性が広がっているタクシードライバーの仕事ですが、長く働ける仕事としてもおすすめです。

 一般企業では、およそ60歳で定年退職になるということが多いですが、タクシードライバーの仕事は、一般企業の人たちの定年退職後の再就職先として選ばれることも少なくありません。したがって、タクシードライバーとして就職をすれば、年齢を重ねても長い期間働くことが可能です。このように、好きなことを仕事にしながらも、定年を気にすることなく安心して働けるタクシードライバーの仕事はとても魅力的と言えるでしょう。そのため、ある程度の年齢を過ぎても、健康なうちは長く働きたいという人は、タクシードライバーとして活躍してみることも良いかもしれません。

 このような理由によって、タクシードライバーの仕事は、今後も活躍の場を広げることができる可能性があると考えられています。また、観光ガイドとして訪日向けに仕事がしたい人などにとっては、需要が増える仕事の一つとして期待されている業種であるとも言えます。