東京都内で1年間最大40万円の月給保証があるタクシー会社はタクシードライバー(乗務員・運転手)にとっておすすめ

東京都内で1年間最大40万円の月給保証があるタクシー会社はタクシードライバー(乗務員・運転手)にとっておすすめ

東京都内で営業活動をするタクシー会社の中には、さまざまな好条件を打ち出して、人材確保に努める動きが見られます。特に注目を集めるのが月給保証制度です。

初めてタクシードライバーとして勤務するような人にとっては、申し分ない条件といえるでしょう。

タクシー会社の危機感も背景に

東京都内には多くのタクシー会社がありますが、その中でも最大40万円の月給保証が1年間もあるというような会社は、極めて珍しいといえるのではないでしょうか。タクシードライバー(乗務員・運転手)には願ってもない好条件といえるのかもしれません。

最大40万円の月給保証があることは、タクシードライバー(乗務員・運転手)として一人前に稼げるための準備期間があるともいえますので、未経験入社でも安心といえるでしょう。
40万円という金額については、確かに魅力的な金額といえます。
一般的な会社員であっても、40万円の月収を稼いでいる人は決して多くはありません。

そんな好条件をいきなり提示してくれるタクシー会社があれば、やはり多くの人が注目するのも当然かもしれません。
ましてタクシードライバー(乗務員・運転手)という職種に興味がある人にとっては、見逃すことができないポイントです。

でもなぜそこまでの好条件を提示してまで、タクシードライバー(乗務員・運転手)の確保に努めることに注力しているのかと不思議に思う人も多いはずです。
この点については、やはり、人手不足を回避したいというタクシー会社の危機感がうかがえます。

至れり尽くせりともいえる環境

タクシードライバー(乗務員・運転手)にとっては何とも心強い月給保証ですが、その金額が最大40万円でしかも1年間も続くというような月給保証がある会社は珍しいのが実態です。
とりわけ、地方から東京都内に出てきてタクシードライバー(乗務員・運転手)の仕事を始めたばかりという人にとっては、申し分ない条件といえるのではないでしょうか。40万円という月給保証があることによって、安心して働けるというメリットもあります。タクシードライバー(乗務員・運転手)としのスキルやテクニックを身につけるための準備期間としてとらえることもできます。

東京都内に事務所を構えるタクシー会社の中には、月給保証もさることながら、家賃補助や社員寮完備などの住まいに関するサポートを充実させるところも増えています。
家賃をはじめ、さまざまな物価水準が高い東京都内の生活を支えるための取り組みを強化しているのです。

タクシー会社によっては、月給保証プラス家賃補助や社宅完備などという至れり尽くせりともいえるような条件でタクシードライバー(乗務員・運転手)を迎えてくれるというところも散見されます。

大手が選ばれる傾向に

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すという人にとっては、いかにして自らの希望する条件にあったタクシー会社を見つけるということも必要といえるでしょう。
収入や休日数、福利厚生面などのさまざまな条件がある中でもやはり、収入面の充実を求める人が多いのも現実といえるのではないでしょうか。多くの人材を確保したいタクシー会社にしてみれば、多少の無理をしてでも給与水準を上げることで人員の確保に努めるのです。

最大40万円の月給保証という手厚い条件を打ち出すことができるようなタクシー会社は、上場企業や資本力のある大手が中心です。タクシードライバー(乗務員・運転手)にとっても、大手の安心感という点が決め手となったというケースも多くあります。転職サイトや転職エージェントなども上手く使いながら、大手タクシー会社だけをターゲットにして転職活動をしたという人も少なくありません。

確かに大手企業であれば、全て安心ということはいえませんが、色々な面で優位性を持っているのは事実です。

百戦錬磨というような人であれば、話は別かもしれませんが、初めてタクシードライバー(乗務員・運転手)になるという人にとっては、研修制度なども充実している大手が安心です。

ブラックもあるから注意が必要

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)としての勤務を希望する人にとって最も重要になるのが、就職するタクシー会社選びといえるでしょう。
自らの思い描くような理想の働き方ができるような会社に就職することができれば、それに越したことはありません。

東京都内には、実に多くのタクシー会社がありますが、その中には、ブラックと呼ばれる会社もありますので注意が必要です。
具体的には、サービス残業が当たり前であったり、休日が確保できない、長時間労働を強いる、などが挙げられます。

このようなことがないようにするためにも、多くの情報などに目を向けるなどの取り組みが必要といえるのではないでしょうか。

最大40万円の月給保証が1年間も続くというのは、夢のような話とも思えるかもしれませんが、現実にそのような環境下で勤務をするタクシードライバー(乗務員・運転手)もたくさんいます。タクシードライバー(乗務員・運転手)として慣れるための1年間という期間、収入が保証されることで、生活の基盤づくりもできることになります。

そういう意味では月給保証制度は極めて有意義な取り組みといえます。

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すなら教育制度充実と終身雇用で長く働けることがポイント

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すなら教育制度充実と終身雇用で長く働けることがポイント

タクシードライバー(乗務員・運転手)を目指す人の中には、他の業種からの転職という人も多いようですが、東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職をするなら、教育制度が充実していて、終身雇用である会社を選ぶと安心です。

転職をしてから後悔しない為に、選ぶ際のポイントをおさえておくことが大切です。

タクシードライバーとして働くまでに必要なこと

タクシードライバー(乗務員・運転手)には、普通自動車一種免許の他に、乗客を乗せるために必要な第二種自動車免許の取得が必要です。
面接や入社の際に取得していなくても、ほとんどタクシー会社では、入社後に取得をすることが可能となっています。

乗客を乗せるために必要な免許ですので普通自動車一種免許よりも、さらに専門的で難易度が高いともいわれています。

第二種免許を取得するために、一般的に教習所に通うことが多いようです。
教習所に通う費用はある程度まとまった金額になりますが、会社によっては負担してくれるところもありますので、事前に確認しておきましょう。

また、東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すなら、教育制度充実の会社を選ぶことが重要です。
東京23区などの指定地域では、二種免許取得の他にも、タクシーセンターが実地する地理試験に合格をしなければならないからです。地理試験は、道路の名前や、地名、有名な建造物、公園、駅などの位置や、タクシー業務に関する法令など、タクシーに関わるあらゆる面から出題されるので、一回で合格するのは難しいといわれている、難易度の高い試験です。

充実した教育制度のあるタクシー会社では、地理試験に合格するために、社内研修を行っている場合もあります。
また、最終的には助手席に教育係を乗せて、路上研修まで行ってくれる会社もありますので、実際に働き始める時にも安心です。

タクシードライバーのキャリアアップ

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すには、タクシー乗務員以外の働き方を目指せるキャリアチェンジや、より高い知識や能力を身につけることができるキャリアアップがあることも、会社選びのポイントです。
一般的にタクシードライバー(乗務員・運転手)でキャリアアップを目指すには、いくつかの方法があります。

例えば、乗車経験や接客サービス、運転スキルなどが評価され、認められたタクシードライバー(乗務員・運転手)だけが乗車できる特別なタクシーや、高級ハイヤーに乗車することがあげられます。
これによって、通常のタクシーよりも配車指示が多くなり、結果的に収入アップすることが可能です。また、ドライバーとしての経験を積んで、運行管理者の資格を取得するという方法があります。

運行管理者は、事業用自動車の運行のために設けられた国家資格で、一定以上の事業用自動車を所有している営業所では、一定数以上の運行管理者を置くことが法律で義務付けられています。
とくに、大手のタクシー会社などでは、なくてはならない貴重な人材となりますので、給料も安定し、キャリアアップへの近道です。

その他にも、会社によっては人事や経理などの職務にキャリアチェンジ出来たり、個人タクシーへの独立や開業を応援してくれるという会社もありますので、頑張り次第でさまざまなキャリアアップを目指すことが可能です。

長く働ける会社選びが大切

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)として生涯現役でいるためには、終身雇用制度のある会社を選ぶことが大切です。
万が一、不景気だからと言って突然解雇になったり、契約期間が決まっていたりすると安心して働くことが出来ません。

タクシードライバー(乗務員・運転手)になるために、苦労して二種免許を取得したり、地理試験に合格したからには、長く働ける会社に勤めるためにも終身雇用は重要です。

一般的に、正社員であれば、ほとんど終身雇用といえますが、今の社会情勢では不安もありますので、事前に確認をしておくことが大切です。

その他にも、定年の年齢や退職金制度について、退職後の再雇用実績など、気になる事はすべて確認をしておく必要があります。
また、タクシー業界でも、女性のタクシードライバー(乗務員・運転手)の活躍が期待されてきています。
それに伴い、女性のタクシードライバー(乗務員・運転手)を目指す女性が増えてきています。

入職を決める前に、育休や産休取得実績、復帰後のサポート体制など、ライフスタイルに関わらずに長く働ける会社かどうかも確認しておくことが大切です。

タクシードライバーとして成功するためには会社選びが大切

ある程度社会経験を積んで、他の業種からタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職する人や、新卒からタクシー業界に入る若者まで、さまざまな人が目指すことができるのも、タクシードライバー(乗務員・運転手)の特徴です。
いずれにしても、タクシードライバー(乗務員・運転手)としてハンドルを握るのは、とても緊張するものです。
それに加えて、生き残りをかけた競争が激化しているタクシー業界では、乗客を安全に目的地まで運ぶという基本的な目的だけでなく、サービス面や接客面なども重要視されています。一般的に、タクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すこと自体には、特別な資格や学歴は必要ありませんが、入職してタクシードライバー(乗務員・運転手)として実際に仕事をするには、二種免許取得や、地理試験などがあり、その他の勉強も必要となってきます。

生涯現役で長く働けるタクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すためにも、教育制度充実、キャリアアップがある、終身雇用のタクシー会社を選ぶことがポイントです。

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)として成功するためには、まずはしっかりと会社選びをすることが重要です。

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)への転職を目指すなら、家賃補助があるタクシー会社がおすすめ

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)への転職を目指すなら、家賃補助があるタクシー会社がおすすめ

地方から上京した人にとっての最大の関心事といえば、住まい探しではないでしょうか。
日本でも最も利便性の高いエリアということもあり、高額な家賃がかかることも珍しくありません。

都内のタクシー会社には、家賃補助や社宅寮完備などの会社もあります。

家賃補助や社員寮などが充実しているタクシー会社は人気

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)としての勤務を希望するのであれば、家賃補助制度が充実しているタクシー会社を選ぶことが得策といえるのではないでしょうか。
多くの人におすすめできるといわれるようなタクシー会社では、年間24万円の家賃補助があります。

タクシードライバー(乗務員・運転手)としての勤務に夢や憧れの気持ちを抱き、上京するという人も少なくありません。
都内に親戚縁者などがいるなどという人を除けば、住まいの確保に苦労することになります。

東京都内で営業をするタクシー会社には、家賃補助を支給したり社員寮などの確保をしたりなどしているケースも多くあります。

タクシードライバー(乗務員・運転手)を多く雇い入れるためとして、住まいにまつわる費用負担をしようという会社も増えているのです。
タクシー会社によっては、社長やマネージャーなどが保証人になってくれるということも少なくありません。通常であれば、親兄弟が保証人となるのが普通かもしれませんが、さまざま事情で保証人を頼むことができないという場合もあり得ます。そんな時にも融通を利いてくれるタクシー会社もあるのです。

従業員が安心して働けるのが理想

他の業界から転職して、タクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すという人も大勢います。
タクシードライバー(乗務員・運転手)として働くためには、特段のスキルやテクニックを持ち合わせていなくてもできる仕事内容というのが、転職先として選ばれる理由といえるのではないでしょうか。多くのタクシー会社が、未経験でもオッケーや乗り始めてから一定の期間は収入の保証をするなどの安心して働ける環境づくりに努めています。
従業員が集中して稼ぐことができるようになれば、タクシー会社としても理想的といえるでしょう。

東京都内に事務所を構えるタクシー会社は多くあります。
株式上場を果たしているような企業もあれば、こぢんまりとした会社も存在します。

転職先選びなどをする際に注意しなければならないのは、年収の多さもさることながら、福利厚生面や休日数、家賃補助などの制度がしっかりとしているタクシー会社を見つけることが重要といえます。求人情報などに掲載された派手な謳い文句などだけで転職先を決定するのは極めてハイリスクといわざるを得ません。

実際に勤務する従業員の声を聞くなどして慎重に選ぶことが大切なのです。

地方出身者の関心事は住まい探し

業界No.1といわれるようなタクシー会社では、実に多くの地方出身者がいることも特徴的といえるのではないでしょうか。地方には仕事が少ないなどの理由で、都内に引っ越してくる人の中には、タクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すという人も多いのです。全くの異業種からの転職という人も少なくありません。二種免許さえ取得してしまえば、手っ取り早く稼ぐことができるなどの理由から、タクシードライバー(乗務員・運転手)になるという人も目立ちます。
地方から出てきた人にとっての一番の大きな課題といえば、住まいの確保といえるでしょう。都内には多くの賃貸マンションや賃貸アパートがありますが、その家賃の高さには定評があります。賃貸契約を結ぶともなれば、少なくとも数十万円の費用がかかることも不思議ではありません。東京都内で営業をするタクシー会社では、その点に目をつけて、タクシードライバーの囲い込みに注力する動きも見られます。家賃補助や社宅完備などのタクシー会社に就職することで、都内の家賃が高くても安心という気持ちになれるのかもしれません。それほどまでに都内の住まい事情については、注目度が高いのです。

資本力を持ったタクシー会社がお勧め

年間24万円の家賃補助があるなどの好条件のタクシー会社を見つけることが重要といえるでしょう。

今では、たくさんのタクシー会社が、ハローワークや求人サイトなどを使っての採用活動を進めています。地方から東京都内に引っ越して、タクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すという人には、耳寄りな情報の一つといえるのではないでしょうか。

資本力のあるタクシー会社であれば、家賃補助や社宅完備などの費用を捻出することも可能ですが、中小規模のタクシー会社にとっては、厳しいと言わざるを得ません。
タクシー会社の求人情報を見る際には、必ず住まいに関する情報もチェックした方が良いといえます。

地方から東京に家族を送り出す際には、家賃補助や社宅完備のタクシー会社への就職を望むことも当然といえるかもしれません。

就職してタクシードライバーという仕事に慣れるまでには、それ相応の時間もかかります。
家賃などの費用負担が少なくなることで、貯金もしやすくなるなどの効果も期待できます。

通常の不動産で手続きを取れば数十万円は必要となるところを、わずかな金額の負担で済むというのも大きなメリットです。

東京都内のタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職したい方必見!タクシードライバーって本当にノルマがきついの?

タクシードライバーへ転職を考えているけれど、きついノルマがあるのではないかと不安に思ってしまうことはないでしょうか。
確かにタクシーは早朝から深夜まで街中を走っているので、一体いつ休んでいるのか気になるでしょう。

今回はそんなタクシードライバーの働く環境について紹介します。

タクシードライバーのノルマとは?上司の嫌がらせはある?

営業職を経験した方であれば、ノルマを達成させるのが大変なことをご存知でしょう。
ノルマを達成できなければ上司の嫌がらせを受けることもあるのではないでしょうか。

タクシードライバー(乗務員・運転手)の場合、ノルマという言葉ではなく「足切り制度」というものがあります。

足切りとは会社が設定した売上の目標金額のノルマラインのことです。
この足切りの金額を上回れば歩合制が発生し、売上に応じて給料がアップします。逆に足切りの金額を下回った場合は、給料が0になるわけではなく、最低限の固定給をもらうことができます。この足切り制度はすべてタクシー会社が導入しているわけではありません。

サポート体制が充実している東京都内の大手タクシー会社の中には、入社後3ヶ月間の月給を40万円以上保証してくれるところもあります。

この月給保証制度は、タクシードライバー未経験の方や養う家族がいる方とって安心感を与えてくれるでしょう。
入社後3ヶ月が過ぎても大手のタクシー会社はきついノルマや足切りが発生することはありません。ノルマがないので上司の嫌がらせなどはなく、配車システムが充実した環境で、安定した収入が得ることができます。

タクシードライバーの働く環境はどんな感じなの?

きつい仕事と思われがちなタクシードライバーですが、意外にも休みが多い職種です。
タクシードライバーの勤務形態は隔日勤務という形態が多いです。隔日勤務だと勤務時間が20時間程と多いのですが、勤務日の翌日は必ず休みになります。

この休みのことを明番といい、出勤日を出番といいます。隔日勤務だとこの出番と明番を2~3回繰り返した後に公休になることが多く、シフト制であれば自由に組み合わせることも可能です。したがって家族の予定や自分の趣味に合わせて休むこともできます。また勤務時間中も必ず3時間の休憩や仮眠をとらなければならないなどの指導があります。

「そうはいっても、本当はそんなに休めないんじゃないの?」と疑いたくなりますが、タクシードライバーの労働時間は厚生労働省によって厳しく管理されているので、従業員を長時間労働で働かせるブラック企業のような会社は、タクシー会社にはありません。

他にも大手のタクシー会社であれば、タクシードライバーを正社員で雇用し終身雇用で働ける環境です。
したがってタクシードライバーとして働くことによって家族も安心していることが多いです。

未経験でタクシー会社に転職するなら大手が最適

未経験でタクシードライバーに転職しようと考えている場合、ちゃんと働くことができるのか不安になるのではないでしょうか。
特に東京都内のタクシードライバーになろうと考えた場合、複雑な都内の道に迷わないか不安に思うでしょう。

そんな不安を解消させたいのであれば、大手タクシー会社に転職するのが最適です。

大手タクシー会社であれば研修制度が充実しているので、タクシードライバー未経験でも安心して働くことができます。
研修内容は、地理講習会やマナー講習会を行うことが多いです。営業所に配属されてからも都内の道を実際に運転しながら教えてもらったり、売上を上げるためのノウハウを教えてもらったりしてもらえます。

タクシードライバーになりたいけど、タクシードライバーになるために必要な第2種免許を持っていないと悩んでいるのであれば、やはり大手タクシー会社に転職するのがいいでしょう。大手タクシー会社では第2種免許を取得するためのサポート体制が充実しており、免許取得費用の全額負担や教習期間中の手当てをもらうこともできるのです。

このように大手タクシー会社は研修制度や手当が充実していますが、それ以外にも大手は風通しの良い環境です。未経験の方には働きやすい職場だといえるでしょう。

大手なら女性ドライバーも働きやすい環境です

女性でタクシードライバーを目指すのであれば、女性ドライバーが働きやすい大手タクシー会社がいいでしょう。
大手タクシー会社であれば設備から勤務体制まで女性に働きやすい職場になっていることが多いです。

例えば、営業所に更衣室などの女性専用スペースがあるので、勤務前後にゆったり過ごすことができます。
また車内には防犯カメラや緊急通報システムが設置されているので、安心して乗務することが可能です。

タクシー業界には、乗務員がペアになって同じタクシーを利用する相乗り制度があるのですが、大手であればなるべく女性同士をペアにしてくれるので、ニオイなどを気にせず乗車することができます。また大手は福利厚生もしっかりしているので、育休や産休を取っても復帰しやすく子育て中も働きやすい環境です。

最近では女性ドライバーのニーズが高く、特に女性客が安心して乗車できる女性ドライバーを希望することが多いです。また女性ドライバーのきめ細かな気遣いが、高齢者の方にも好評です。

これからますます女性ドライバーの需要が増えていくと思われる中で、女性ドライバーに働きやすい大手で働くのはいかがでしょうか。

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職、失敗しないために将来性のある会社を選ぼう

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職、失敗しないために将来性のある会社を選ぼう

タクシー会社はどこでも同じ?会社によって違いはあまりないのでは?

そんなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、そうではありません。会社によって、待遇も平均年収も様々です。転職して失敗した、ということにならないよう、慎重に会社選びを行いましょう。

将来性はあるか?

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)へ転職したいと考えたときに、数あるタクシー会社の中からどのように選べばいいのでしょうか。

まずは、その会社に将来性があるかどうか見極める必要があります。

将来性のない会社は、会社自体に余裕がないことになります。
そうすると、例えば二種免許取得期間中の手当てが出ない、免許取得にかかる費用さえ自己負担しなければならない、給与が上がらない、整っていない設備の中で働かなければならないなど、金銭的にも精神的にも負担を抱えて新しい仕事を始めることになりかねません。

逆に言うと、将来性のある会社であれば、会社に人を育てるだけの余裕があることになります。
そのため、二種免許を取るまでの間も(もしかしたらその後も一定期間は)充実した研修を実施し、もちろん手当ても支給し、免許取得費用も負担してくれる会社もあるということです。その他、長く働き続ける上で重要になってくる給与体系についてや、設備、福利厚生などにも差は出てきます。

たまたま探したある会社での待遇が全ての会社共通だと思わずに、正しい知識を持って、失敗しない就職先として将来性のある会社を見極められるようにしてください。

大企業なら安心?タクシーランクは?

将来性のある会社を見極める1つのポイントとして、会社の規模があります。大企業であるということは、そこまで会社を大きくしてきた実績があるということです。
また、大きい会社を維持するにはそれなりの数の従業員が必要であり、その数の従業員を雇って管理できるだけの余裕と体制が整っているということでもあります。

会社としての基盤がしっかりしているに越したことはないので、会社の規模も会社選びの基準の1つに入れて検討しましょう。

また、もう1つのポイントとして、タクシーランクという評価制度があります。
東京タクシーセンターという機関が行っている評価のことで、接客・サービス、安全・運行管理、経営姿勢、加点措置の各評価項目の合計評価点数により、タクシー評価委員会がタクシーランクを決定するものです。法人タクシー事業者は、優良、B、Cの三段階で評価され、その結果は公表されます。タクシー会社の評判は、顧客獲得にもそのままつながってくるので、評価のいい会社は必然的に顧客も多くなるということです。
もちろん優良が一番ですが、評価Cの会社は避け、少なくともタクシーランクBタンク以上の会社を選ぶようにしましょう。

会社の売上が高いところが一番?

タクシーランクBタンク以上の会社の中でも、売上には差があります。タクシードライバーの給与体系は、多くが歩合制なので、会社の売上が高いということはそれだけ給与も高い可能性があるということです。ただし、あくまで可能性があるということで、会社の売上が高いからという理由だけで入社を決めてしまうのは危険です。

売上が高くても、それが社員に還元されていない会社もあるからです。
その売上が、自分の給与にどのように還元されるのかを事前に確かめておく必要があります。

つまり、売上のうちどれくらいが会社に渡り、どれくらいを自分の給与とできるのか、両者の取り分の割合が重要になるということです。

また、タクシー会社の多くが歩合制と言っても、いくつかの種類に分かれます。
固定給のない完全歩合制(売上がなければ給与もなし)の会社から、固定給が定められ、それに加えて月々の歩合給と年数回の賞与も支給される会社まで様々です。

会社の売上だけでなく、自分に合った給与体系はどれなのかを検討し、入社したあとに安定して稼ぎ続けられる会社なのかどうか、具体的な数字で計算してみるといいでしょう。

設備は整っている?

会社の規模や売上だけでなく、働く環境が整っているかどうかも将来性を見極める大切なポイントです。
ストレスを抱えずに安心して働き続けることができるかどうかには、設備の充実も関わってきます。

例えば、安くておいしい食堂があるか、仮眠を取れる場所があるかなど、長時間の勤務になりがちなタクシードライバーにとっては重要です。

会社によっては大浴場も完備しているところもあります。
また、自前のガソリンスタンドや洗車機など、商売道具である車を維持するために必要な設備が十分であるかどうかもポイントです。

普段の業務で使用するための設備だけでなく、保養所があったりお祝い金、お見舞金などの福利厚生が充実しているかどうかも確認しておくと、その会社がどれだけ従業員を大切にしているかがわかるはずです。

居心地の良い整った環境で働くことができれば、自然とそこで働く人たちのモチベーションも高くなります。
そういう人たちに接客されるお客さまも、気持ちよくタクシーを利用することができ、会社の評判も良くなります。

会社の評判が良くなればお客さまも増え、働く人の給与も増え、良い循環になっていくということです。

タクシードライバーになって正解だったと思えるよう、そういう良い循環を生み出せるような会社に入社してください。

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を希望する方は必見!最大40万円の月給保証を1年間もしてくれる会社があります!

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を希望する方は必見!最大40万円の月給保証を1年間もしてくれる会社があります!

様々な事情により、これから都内でタクシードライバーへの転職を考えている方もいるはずです。
ただしドライバー未経験であったり、地方から移ってきたばかりの方にはとっては、仕事の収入や安定性など何かと不安がつきものです。

ここではそんな方に、安心と信頼ある業界最大手のタクシー会社を紹介します。

業界最大手だからこそ、給与はこんなに有利で高待遇!

まず東京都内で働くタクシー会社を選ぶ際に、最も重視する基準はやはり給与面ではないでしょうか。
通常、タクシードライバー(乗務員・運転手)は歩合制を採用する会社がほとんどです。

そのため世間一般では、給与面が不安定というイメージが先行しがちです。
この点、業界最大手のタクシー会社であれば、心配する必要がありません。

ある最大手の給与データを見ると、1年目の平均年収が420万円、2年目は平均450万円とアップし、入社6年目にもなると最高年収が790万円というケースも見受けられるようになります。

このように努力や能力次第で、いくらでも収入に反映できるのが、この仕事の魅力と言えるかもしれません。ただしそうは言っても、仕事に慣れるための準備期間がある入社1年目では、なかなか収入に結びつかないのもまた事実です。この点、新入社員に対して月給保証制度を採用しているタクシー会社は、東京都内には意外と多くあるものです。月給保証がある会社は珍しいというのは、都内に限っては当てはまりません。しかも業界最大手のタクシー会社になれば、最大40万円の月給をまるまる1年間も保証してくれるケースさえあります。通常のタクシー会社の月給保証が30万円クラスで、期間も3ヶ月から半年であることに比べると、いかに恵まれた給与保証であるのか理解できるでしょう。これならば未経験入社でも安心して1年目から働くことができます。

業界最大手で入社1年目から安定して稼げるこれだけの理由!

収入面において業界最大手のタクシー会社が優れているのは、月給保証だけではありません。
入社1年目からでも安定してどんどん稼げる、手厚いサポート体制が充実している点も見逃せないでしょう。

未経験者で入社した場合、最初の1ヶ月はじっくりと研修を受けることになります。
そこでは運転スキルはもちろん、タクシードライバーに必須の第二種免許の取得対策や接客サービスの習得、都内地理のマスターなどを徹底してインプットします。

ちなみに第二種免許の取得費用は会社が負担してくれるので、経済的にも余裕が生まれます。

そして何よりも注目すべき点は、単に基本的なスキルを漠然と学ぶのではなく、常に売上げ向上と結びついた研修環境があることです。

例えば地理講習であれば効率的な道順をはじめ、お客の多いエリアや時間帯まで、テキストによる座学や実地研修でしっかりマスターします。
また各営業所に配属された後も、先輩から売上げ向上のためのノウハウを学んだり、営業所独自の研究会や自主的な勉強会などで、売上げノウハウの伝授や情報共有を随時実践しています。

このように未経験入社でも1年目から安定して稼げる環境が、業界最大手のタクシー会社では研修段階から充実しています。

コンスタントに高い売上げを継続できる、恵まれた営業環境!

いくら月給保証や研修制度が充実していても、やはり何年も継続して安定的に収入に結びつかなければ意味がありません。

この点、業界最大手のタクシー会社であれば心配ありません。
最大手ならではの幅広く多彩な集客システムが整備されているので、入社1年目からでもコンスタントに効率よく稼ぐことが可能です。

例えば、都内の主要拠点に幾つもの専用乗り場を完備していることも、誇れる集客システムの1つ。大規模な駅前ターミナルや有名ホテルなど、人々の流動性が高くお客が集まりやすいエリアにあるので、流し営業のように無駄な時間を消費することなく、効率的にお客を拾うことができます。

また信頼と実績ある業界最大手では、官公庁や企業など数多くの法人とチケット契約していることが普通です。

そのため客単価の高い長距離ニーズのお客に出会える確率が、格段とアップします。さらにネット社会に対応すべく独自の配車アプリを導入しているため、ピンポイントでお客の場所へ直行して、スピーディーに売上げにつなげることもできます。

このように業界トップクラスの専用乗り場や無線配車など、未経験者でも安心して働ける営業環境がそろっています。

業界最大手ならではの、手厚い職場環境がある!

せっかくタクシードライバー(乗務員・運転手)として働くなら、いつまでも安心できる環境で長く勤めたいものです。

業界最大手のタクシー会社では、勤務体制から福利厚生サービスまで、充実した職場環境が用意されています。
例えば勤務日の翌日は必ず休めるように、明番や公休日が設定されています。また事前申告によるシフト体制を採用しているため、突発的な休日出勤などは一切ありません。

さらに営業時間中は3時間の休憩や仮眠が徹底されているので、長時間の深夜帯でも無理なく運転することができます。
これならば身体に自信のないシニアや女性の方でも、マイペースで働くことが可能です。

福利厚生サービスについても、年金保険や健康保険など各種社会保険はもちろん、年次有給休暇をはじめ育児休業や介護休業など、特別有給休暇制度も幅広く備えています。

そのうえ財形貯蓄制度や慶弔見舞い、さらにはマイカー車検修理割引制度や無事故表彰制度など、社員への経済的サポートやモチベーション向上にもしっかりと配慮されています。

日頃から社内ではサッカーや野球をはじめ、囲碁将棋や園芸など、サークル活動が活発です。

職場の仲間とプライベートでも楽しめる機会が沢山あります。
このように最大手の安心感を享受できる、充実した職場環境が用意されています。

東京都内で仕事をするなら、家賃補助がある会社がおすすめ!転職してタクシードライバー(乗務員・運転手)として稼ぐ方法

東京都内で仕事をするなら、家賃補助がある会社がおすすめ!転職してタクシードライバー(乗務員・運転手)として稼ぐ方法

タクシードライバーは地方よりも東京都内の方が稼げるというのを知っている人も多いようです。

しかし都内の高い家賃を考えると上京を躊躇ってしまうこともあるでしょう。
ただ、会社が家賃補助をしてくれるのであれば安心です。

そこで今回は上手に上京し、タクシードライバーとしてしっかり稼ぐ方法を紹介します。

東京は稼ぎやすい条件が揃っている

全国のタクシードライバー(乗務員・運転手)の平均年収は約300万円であるのに対し、東京都内のタクシードライバーの平均年収はなんと約400万円です。
同じ職業であっても年間100万円以上多く稼げる理由には歩合率の良さがあげられます。

地方では平均して売上の40~50%ほどしか支給されないことに対し、東京都内であれば売上の60%が給与として支給されています。

そのため同じ売上を上げているドライバーであっても、もらえる給与に差がみられます。

さらに人口も東京都内はけた違いに多いため、タクシーを利用する人もおのずと増加します。
タクシーはお客さまを乗せて走らないことには売上が上がりませんので、乗車率が高いことは高収入につながります。

そのうえ東京ではさまざまな職業の人が働いていることから、深夜や早朝であってもタクシーを利用する人が多いのです。

深夜料金が発生する時間帯は売上が伸ばしやすい時間帯でもありますので、この時間帯にどれだけ稼げるかで売上には大きな差が出るといえるでしょう。

そういった理由から一日中利用客があり歩合率のいい東京は、タクシー乗務員として稼ぎたい人にはおすすめの土地です。

都内の高い家賃もタクシー会社なら補助がある!

東京都内でタクシードライバーへと転職すると稼ぎやすいとはわかっていても、地方から上京し都内で暮らすとなれば住む場所を確保しなくてはいけません。

右も左もわからない都内での物件探しに不安がある人もいるでしょう。
さらに東京都内の家賃は驚くような値段であり、ニューヨークやサンフランシスコの家賃にも匹敵するともいわれています。

さらにその家賃は年々あがりつづけている傾向も見られているのです。これではどれだけ東京で稼げたとしても手元に残るお金が少なくなってしまうと考えることもあるでしょう。

転職してお金が必要な時に、敷金や礼金などを支払うだけの余裕がないと考え得る人も多く、東京都内のタクシードライバーへの転職に躊躇してしまう人もみられます。

しかし、業界No.1などの大手のタクシー会社であれば年間24万円の家賃補助があるのを知っていますか。

大手のタクシー会社に転職をすると、東京都内であっても安心して働ける環境が整えられています。

そのため、初めての仕事であっても集中して稼ぐことができるといえるでしょう。
さらに地方出身者には面接日の交通費などが支給されることもありますので、求人票で確認してみるのがおすすめです。

未経験であっても問題なし!

東京都内のタクシー会社は家賃補助をしてくれるところもありますので、都内の家賃が高くても安心して仕事ができますが、それだけではありません。

これまで別の業種で働いてきた未経験のドライバーにもしっかりとした新人研修が用意されています。

この新人研修ではお客さまを目的地まで送迎するための地理や、接客内容、車内の機器の扱いかたなどについてもしっかりと学ぶことが可能です。
そのためタクシードライバーとしての知識を身につけてから乗務が始められます。さらに東京都内でタクシードライバーとして働くためには地理検定に合格する必要もありますが、会社が研修をしてくれることで自信を持って検定を受験できます。

そのうえ研修中にはタクシードライバーとして仕事をするために必要な二種免許の取得も、会社が費用を出してくれる場合が多くみられますので、初期費用の心配もいりません。その他にも乗務を開始してからの一定期間は給与保証がありますので、仕事に慣れるまでの期間の生活費を心配する必要もないでしょう。

仕事のコツさえ掴むと集中して稼ぐことができるため、楽しみながら働けるようになります。

大手のタクシー会社なら安心して稼げる!

東京都内でタクシー乗務員として働く際、より多くを稼ぐということの他に働きやすさも求めるのであれば、業界No.1などの大手のタクシー会社を選ぶのがおすすめです。

大手のタクシー会社であれば、家賃補助をはじめとし、福利厚生や事故補償なども充実しています。
さらに、顧客の獲得に向けてさまざまなサービスやシステムを導入しているケースも多くみられることから、乗車率をあげやすいともいえるでしょう。

例えばタクシーチケットをより多くの会社と契約しているところや、専用のタクシー乗り場をもっている会社などは、乗客を獲得しやすいと言えます。
また、大手であれば安定したサービスを提供してくれると考えるお客さまも多く、お客さまから自分のタクシーを選んでもらえるのです。

そういった理由からも大手のタクシー会社は稼ぎやすい環境が整っているといえ、年収500万円や600万円を稼ぐことも夢ではありません。

コツを知っているドライバーであれば年収1000万円を稼いでいる人もみられます。
自分の努力や頑張りが給与となって評価されますので、自分に合った働きやすいタクシー会社を選び上手な転職を目指しましょう。

東京のタクシードライバー(乗務員・運転手)は転職に向いてないきつい仕事?ノルマはあるの?

東京のタクシードライバー(乗務員・運転手)は転職に向いてないきつい仕事?ノルマはあるの?

タクシー乗務員は未経験者でも歓迎され、いつの時代でも需要がある安定した職種です。そのため転職を考えている方も少なくないですが、未経験者にとって気になるのがその職場環境です。今回はタクシー業界の職場環境について紹介します。

タクシードライバーへ転職したい理由

タクシードライバー(乗務員・運転手)への転職を考えている方は、転職を希望する理由に「今の仕事の労働環境」をあげる方がいます。

仕事量の多さや拘束時間の長さに反映されない低い給料、社内の人間関係や上司のパワハラなどが辛い、という理由から転職を考えているという方が一部ではいます。
また営業職をされている方で「毎日のノルマに追われるのが嫌になったので転職を考えている」とタクシードライバーへの転職を考えている方も中にはいるようです。

ノルマが達成できないと給料にも反映され、ノルマが達成できない社員に対しては、上司の嫌がらせ、叱咤が行われている職場も営業の世界ではあるといわれています。

また各種保険制度がない、あるいは色々な必要経費が会社持ちでなく自身での負担という職場も一部にはあるようです。

タクシードライバーが転職に選ばれる理由の一つに「余計な人間関係に悩まされることはないのでは」という理由をあげる方もいます。

タクシードライバーという仕事は車の中で一人で行う仕事なので、仕事中は社内の人間に会うことはありません。

しかし他の職場同様に同僚、先輩、上司がいるのは事実です。東京のタクシードライバーは社内の人間関係で悩まされることはあるのでしょうか。

会社の人間との付き合いは、ほとんどなし!

タクシードライバーは、基本的に一人で行う仕事です。
仕事前と仕事を終えた後に、所属している営業所に顔を出す必要がありますが、同僚や上司との付き合いはなく営業所で顔を合わせる程度です。

接客業なのでお客様とのコミュニケーションはありますが、基本的に一人で行い自分のペースでできるのがタクシードライバーの特徴です。

他の職場のように1日中同僚や先輩・後輩、上司と顔を合わせる必要がなく、余計な人間関係に付き合う必要がない仕事がタクシードライバーなのです。
またタクシー業界は常に求人が出ていることからわかるように、いつの時代でもニーズのある仕事です。そのため常に安定している業界なので職場環境もしっかりと整備されています。

各種保険の加入や必要経費は会社がしっかりと面倒を見てくれ、万が一の事故が起きても会社が負担をしてくれます。

家庭持ちの方の場合、家族も安心している職場、という信頼が得られるのがタクシー業界なのです。
また未経験者には研修や先輩からの指導がありますが、スパルタ式、パワハラが横行する指導ではありません。

整備された職場環境による働きやすい職場で、ギスギスした人間関係や上司、先輩からのパワハラなどの心配はありません。
親切かつ丁寧に仕事のノウハウを教えてくれます。

ノルマに関して

タクシードライバー未経験者にとって「タクシーの仕事はノルマがあるのか」という不安要素を持つ方も中にはいるようです。

タクシードライバーの転職前に営業職をやっていた方は、特に不安に思う問題です。

ノルマが原因で起こるパワハラに耐えられず退社したのに、転職したタクシーの仕事でまたノルマ制度があった場合、前職と同じ苦しみを味わうことになります。
しかしタクシーの仕事では基本的にノルマはありません。

歩合制なのである程度の稼ぎがないとその分収入は低くなりますが、頑張り次第で高収入を得ることも可能です。
ノルマにストレスを感じることなく、のびのびと仕事ができるのがタクシードライバーの魅力です。

ただし一部のタクシー会社ではノルマをもうけているところもあります。
「足切り」と呼ばれる歩合制のパーセンテージに影響するタクシー業界独特のノルマ法です。

その日の売上目標である「足切り」の金額を設定し、足切りを達成できなかった場合、歩合のパーセンテージが低くなり給料も安くなるという仕組みです。
このようなノルマを設定している会社もあるので、ノルマが嫌な場合は面接前に確認することが大事です。

職場環境の良いタクシー会社を見つける方法

タクシー業界は終身雇用で働ける、あるいは定年後にタクシー会社に就職が可能という業界です。

しかし数多いタクシー会社すべてが、きついノルマなし、パワハラなし、人間関係のストレスもなしという良い職場環境ばかりとは限りません。
その際にタクシー会社を選ぶ方法として安心なのが、大手の有名タクシー会社を選び、名前も聞いたこともないタクシー会社は選ばないということです。

大手は風通しの良い環境で、あらゆる制度が整っているので安心して仕事ができます。
また大手ということはそれだけ多くのお客様から信頼をされている証拠なので、仕事量も安定しています。

そしてタクシー会社の求人を見て不安な点があったら、事前に電話などで質問をして確認をすることも重要です。
職場環境が不安定な会社ほど、求人では「高収入」など都合の良いことばかり強調して、各種保証や手当については曖昧な記述をしていることが多いです。

就職をしてから職場環境の悪さに気づくということがないように、事前の確認をしましょう。

またタクシー会社によっては会社説明会をひんぱんに行っている会社もあります。
説明会に顔を出すことで社員の方の雰囲気などをチェックできます。基本的にタクシー業界は、常にニーズがあり自分のペースで仕事ができ、面倒な人間関係、パワハラに悩まされることのない業界です。

そして努力しだいで高収入も可能なのが、タクシードライバーという仕事なのです。

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すなら教育制度充実と終身雇用で長く働けることが大切

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すなら教育制度充実と終身雇用で長く働けることが大切

東京都内でタクシードライバーを目指すには、取得しなけらばならない免許があり、覚えることもたくさんあるので教育制度が充実している会社を選ぶ事が大切です。

また、長く働けるように終身雇用制度のある会社を選ぶとさらに安心といえます。
安心できる会社選びのポイントとその理由についてご説明します。

タクシー会社への転職を目指すなら教育制度が必要な理由

タクシードライバー(乗務員・運転手)になる為には、一般的に車を運転する際に必要とされる普通自動車1種免許の他にも、乗客を乗せて運転するために必要とされる普通自動車2種免許が必要です。
また、この普通自動車2種免許は、1種免許よりもさらに高度な知識を必要とします。

そのため、通常は教習所などに通いながら取得することが多いようです。
また、入社後に取得するケースが多いため、教育制度が充実している会社であれば2種免許の取得の際に必要とされる費用の補助があります。

会社によっては、かかる費用の全額を負担してくれる場合もあるので安心です。

また、教習所に通っている期間中にも、一定の給与保証が受けられる会社もあります。
さらに、東京都内の一部の地域では、公益社団法人東京タクシーセンターが実地する「新規講習」を受講して、「地理試験」に合格をすることが必要です。
「地理試験」は道路の名前や地名、駅の場所などが問題に出ますが、難易度が高く一度で合格するのも難しいといわれています。

このように、東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)になる為には、新たに取得をしなけれならない免許もありますし、合格をしなければならない試験もありますので、転職先を決める際のポイントのひとつとして、教育制度充実が挙げられます。

タクシードライバーの仕事はキャリアアップを目指すことも可能

タクシードライバー(乗務員・運転手)として勤務を続けているうちに、一定の評価をされるとキャリアアップがあるタクシー会社もあります。
とくに大手タクシー会社などでは、例えばタクシードライバー(乗務員・運転手)から、配車担当などの内勤経験などを経て、やがて昇格し責任者へステップというケースも珍しくはありません。

いずれ、責任者を目指したいという向上心のある人は、国土交通大臣指定試験機構が行っている、運行管理者試験を取得して運行管理者になりキャリアアップを目指していくことがおすすめです。

タクシードライバー(乗務員・運転手)の仕事は、基本的に歩合制の要素が強いので頑張った分だけ報酬を稼ぐことが出来るというやりがいのある仕事ではありますが、生涯現役でいるためにも、いずれは運行管理者などの責任者を目指すことが良いかもしれません。

このように、タクシー会社によっては、タクシー乗務員以外の働き方を目指せる場合がありますので、自分の考え方次第では、働き方の選択肢を増やすことが可能といえます。
また、そのためには長く働けることが重要で、キャリアアップがある会社を選ぶ事が大切です。

気になる運行管理者の仕事やその他のキャリアアップ

タクシードライバー(乗務員・運転手)からのキャリアアップといわれる運行管理者とはどういった仕事を行うのでしょうか。
運行管理者の仕事には、従業員の管理や売り上げの管理、タクシードライバー(乗務員・運転手)が起こしてしまった事故の処理、クレームの処理など幅広い業務がありますが、基本的に内勤となります。給与面では固定給が主流ですので、収入が安定するというメリットもあります。

また、運行管理者以外にも、会社の人事に関わる重要な仕事を任せられたり、会社によっては黒タクシードライバーやハイヤードライバーなどの特別なタクシーに乗車するというキャリアアップの道もあります。
特別なタクシーに乗車出来るのは、接客サービスや運転スキルなどが優れているドライバーだけですので、通常のドライバーよりも配車機会が多かったり、高級車専門に運転を行うことができます。
それによって期待できるのが収入のアップです。

このように、キャリアアップを目指すなら、そのための環境が整っていることが大切といえます。
また、教育制度充実の会社は比較的そういった環境を整えている傾向にありますので、タクシードライバー(乗務員・運転手)の転職を目指すなら、そういった会社を目指すことがポイントです。

終身雇用制度や再雇用制度のある会社で生涯現役を目指す

どんな業種でも転職をするなら、終身雇用制度がある会社を選ぶと長く働けるので安心です。
しかし、タクシー会社に限らず、いろいろな理由で終身雇用制度が必ずしも約束されているという会社は少なくなっている傾向にあります。

多くのタクシー会社では、60歳から65歳前後が定年となっていることが一般的ですが、本人の希望次第では定年後にも再雇用をしてくれる会社もあるようです。

しかし、会社によって条件が異なりますので事前に確認をしておくことが大切です。一方で、高齢になってからの運転は不安というタクシードライバー(乗務員・運転手)の方も少なくありません。
タクシー会社で生涯現役で働くことを目指すためには、キャリアアップをして内勤などの仕事が出来るように選択肢を用意しておくと安心です。

タクシードライバー(乗務員・運転手)になるためには、他の職種に比べて学歴や年齢、性別を問わないことが多いので転職をしやすいといえますが、覚えることや試験、研修もたくさんありますので簡単になれるというわけではありません。

また、こういったことを乗り越えて晴れてタクシードライバー(乗務員・運転手)になったら、生涯現役で長く働けることが理想的といえます。
また、理想を実現するためには、教育制度充実や終身雇用に着目した会社選びが大切といえるでしょう。

タクシードライバー(乗務員・運転手)が東京のタクシー会社に転職する場合に失敗しない方法は、将来性のある会社を選択することが重要

タクシードライバー(乗務員・運転手)が東京のタクシー会社に転職する場合に失敗しない方法は、将来性のある会社を選択することが重要

東京都内には多くのタクシー会社があり、常にたくさんのドライバーが勤務しています。

頑張れば頑張るだけ収入が増えるという給与体系に魅力を感じることで、大企業勤務や公務員からの転職者も少なくありません。
失敗しないタクシー会社選びが重要といえるでしょう。

タクシードライバーの転職!チェックすべきポイント

東京にも数多くのタクシー会社がありますが、その全てが優良企業といえるとも限りませんので、転職活動をする際には、留意することが必要といえるでしょう。
タクシードライバー(乗務員・運転手)の転職は、決して珍しいことではありません。

多くの人が、現状の仕事と比較してみた場合に、好条件が期待できると思えば、転職に打って出るというケースも多くあります。

タクシードライバー(乗務員・運転手)に限った話ではありませんが、現代社会を取り巻く環境では、転職することを決してネガティブにとらえない傾向にあります。
むしろ、明確なビジョンや計画性を持つことで、転職自体をポジティブに考える風潮が出ています。

昔とは全く流れが変わったといっても良いのではないでしょうか。
しかしながら、転職をするにあたっては、注意しなければならない点もありますので、その点についてはしっかりとおさえておく必要があります。

意気揚々と転職をしても、いわゆるブラック企業などというケースも往々にしてあるものです。

タクシードライバー(乗務員・運転手)の仕事を見つけるために東京に出てきたという人にとっても、しっかりとチェックしておくべきといえます。

大企業勤務にも匹敵する収入もあり得る

では、タクシードライバー(乗務員・運転手)が東京での転職活動を失敗しないためには、どのような点に注意することが必要なのでしょうか。

結論からいえば、将来性のあるタクシー会社に転職することが重要といえます。

将来性といっても漠然とし過ぎていてわかりにくいという声もあがってくるかもしれません。
わかりやすくいえば、十年後二十年後もしっかりと勤務することができるようなタクシー会社を転職先として選択することが大事なのです。

タクシードライバー(乗務員・運転手)に転職してくる人の中には、日本を代表するような大企業や公務員を退職した経験がある人も大勢います。
一般的な見解からいえば、タクシードライバー(乗務員・運転手)として勤務するよりも、大企業や公務員としての勤務の方が安定しているといえます。

わざわざ、あらゆる面において雇用条件が良くないとされるタクシー業界に飛び込んでくるということにはいささか疑問を持つことにもなります。
確かに、タクシードライバー(乗務員・運転手)として東京で活躍する人の中には、大企業に勤務する人と遜色ないほどの収入を得るという人も多くいます。

タクシーランクなども参考に!

東京都内にあるタクシー会社の中にも、いわゆるブラック企業と呼ばれる会社は多くあります。
そのようなタクシー会社に就職しないための方法としてタクシーランクBランク以上の会社に絞って活動することが得策といえるでしょう。

このタクシーランクは、信頼性の高さで知られていますので、転職活動をする際には、覚えておきたいものです。

タクシー会社としての口コミや評判を細かくチェックするということも大切かもしれませんが、客観的な基準に基づいた数値などを参考にすることが重要といえるのではないでしょうか。

都内にあるタクシー会社の多くが、ネット上でのサービス提供に注力しているのも現実です。
利用者の多くもスマホやタブレット、パソコンなどを使っての情報収集をすることが当たり前になってきました。タクシー会社では、タクシードライバー(乗務員・運転手)の求人活動でもネット上での取り組みに重きをおいています。転職活動をする人が気をつけなければならないのは、ネット上の謳い文句などを安易に信用すべきではないという点です。

「月収40万円以上」などの好条件ぶりをアピールするなどして求職者の目を惹こうとするタクシー会社も多くあります。

タクシー会社選びの際の留意点とは

多くのタクシードライバー(乗務員・運転手)が転職先として求めるのは、設備が十分、売上が高い、福利厚生面が充実しているなどの点ではないでしょうか。
この点についても、東京にあるタクシー会社の全てが満たしているわけではありませんので注意しましょう。

タクシー会社の中には、残念ながらタクシードライバー(乗務員・運転手)のことを使い捨て要員としての位置づけとしか見ていないというケースも少なくありません。
この点については、ドライバーの勤務状況や収入などの実態を見ればわかることです。

東京のタクシー会社でも、その多くが人手不足の現状に悩んでいます。
年収が低いことなどが主な理由となっています。

東京都内に事務所を構えるタクシー会社に転職を果たすことで、必ずしも高収入を得ることができるということはありません。
いかに高い志とやる気を持って勤務することが重要です。多くの収入を得るドライバーに共通しているのは、自分なりの稼ぎ方を確立している点です。

そんなタクシードライバーの活動をしっかりと支えてくれるようなタクシー会社を選択することが何よりも大切です。

タクシー会社選びをする際には、そのような視点を持つことも忘れてはいけません。