タクシー会社への入社を目指すなら大手を候補にして現役ドライバーへのインタビューを見て決めよう

タクシー会社への入社を目指すなら大手を候補にして現役ドライバーへのインタビューを見て決めよう

タクシー会社に転職したいと思ったときにはできるだけ安心して働き続けられる優良企業を選びたいと思うでしょう。
どの業界にもブラック企業もホワイト企業もあるので、どの会社にしたら良いのかで悩みがちです。この記事ではブラックかホワイトかの判断の仕方を紹介します。何を基準にしたら成功できるかをよく理解しておきましょう。

東京都内の大手タクシー会社を候補にしよう

ホワイト企業に転職したいならまずは大手タクシー会社を候補にするのが良い方法です。大手タクシー会社では福利厚生を充実させて、タクシー乗務員が働きやすい環境を作ろうと努力している傾向があります。タクシーのニーズに対して十分な人数の乗務員を確保できていない状況が続いている影響もあり、無理なく働ける環境整備に投資をしているのです。大手として十分な経済基盤を持っているからこそできることで、設備だけでなく人にも投資しています。
入社してから徹底した研修期間を設けておき、さらにその期間中の給与保証をしているケースが目立ちます。第二種免許を持っていない人も採用して、会社の経費で取得させているのが大手では一般的です。このような待遇があるからこそ、初心者でも安心してタクシー乗務員になれます。

特にタクシー会社の場合には東京都内で会社選びをすると安定して働ける環境を手に入れやすくなります。タクシー乗務員になると不安になりがちなのが、今後ずっと働き続けられるかどうかです。タクシー乗務員の給料は歩合制になっているのが一般的で、きちんと売り上げを出していかないと収入が少なくなってしまいます。その点で優れているのが東京都内でタクシー乗務員になる方法です。ビジネスでも観光でもタクシーの需要が高いのが東京の特徴で、どのシーズンにも安定して利用客がいます。
また、車を持っていない世帯も多いことから、子供や高齢者の送迎にもタクシーがよく用いられています。そのため、タクシー乗務員としては売り上げを出しやすく、今後ずっと働いていく上で安心できる場所なのです。

優良企業かどうかを統計指標と実績から見極めよう

東京都内で大手タクシー会社を選んだとしても全てがホワイト企業というわけではありません。
ブラック企業もあるかもしれないので厳選して求人に応募するのが肝心です。まずは統計指標と実績を客観的な見地から見てみると概ね候補を絞り込めるでしょう。ブラック企業ではタクシー乗務員がつらくなってしまってだんだんと辞めてしまいます。残業時間が長かったり、出勤日が多かったり、ノルマが厳しかったりすると精神的にも体力的にも負担が大きいからです。大手企業であれば月間平均残業時間や有休消化率、離職率などの指標を公開しているでしょう。そのデータに基づいて各社を比較してみると、働きやすい環境が整っているタクシー会社がどこかがわかります。

さらに実績を見てみるとタクシー乗務員が前向きな気持ちで働いているか、仕事をしやすいように会社がサポートしているかも見えてきます。東京都内でどのくらいのシェアがあるか、売り上げの実績があるかを公開資料から見てみましょう。売り上げが大きいということは、それだけタクシー乗務員が頑張って働いていることがわかります。残業などが少ない会社という前提で売り上げを見てみると、やる気を持って効率的に働いているタクシー乗務員が多いかどうかの指標としてとらえることが可能です。
シェアが広ければ競合他社よりも売り上げを出しやすいように会社もサポートをしていることが示唆されます。このような視点で分析してみると魅力的な企業を選び出せます。

現役ドライバーのインタビューを見て決めよう

本当に自分にとっての優良企業を探し出すためには、現役ドライバーのインタビューを見るのが効果的です。実際に現場で働いている人がどう感じているか以上にわかりやすい情報はありません。
様々な公開資料を見てみても推察しかできませんが、インタビューは生の声なので何が魅力で、何がつらいかがはっきりとわかります。ホワイトかブラックかの判断基準も人によって少しずつ違うので、現役ドライバーが感じている印象や受けている待遇などを見て自分なりに判断するのが大切です。

大手のホワイト企業では「先輩が優しくていつも助けられている」「休みを取りやすくて働きやすい」「隔日勤務のお陰でプライベートが充実する」などといった声がよく上がっています。
タクシー会社のオフィシャルサイトで現役ドライバーのインタビュー記事を掲載しているケースがよくあるので見てみましょう。生の声を載せている時点で社員に与えている待遇にも職場環境にも自信を持っているタクシー会社だと考えられるので、よく読んでみるのが大切です。

最終判断は現場の声を聞いてから下そう

タクシー会社への転職では大手を選んでおけば福利厚生が充実していて安心です。経営的にも安定しているので将来的にも働きやすいでしょう。
ただ、本当に魅力的な環境が整っているかどうかは現役ドライバーの声を聞いて判断するのが大切です。自分に最適な環境が整っているホワイト企業を選び出して転職を成功させましょう。

タクシードライバーへの転職を考えている人のための業界の裏側と給与

タクシードライバーへの転職を考えている人のための業界の裏側と給与

タクシードライバーの仕事は働き方次第で多くの収入を得られます。しかも年齢に関係なく仕事をすることが可能です。原則一人で業務を行う関係上人間関係に悩むことが少ないとも言われています。また、勤務時間もシフト制の関係で調整の可能性があります。ここでは、このようなメリットのある仕事をこなす上で知っておくべきこと解説します。

タクシードライバーとして働くために知っておくべき歩合率の裏側

タクシードライバーには歩合制という特有の給与体系があります。一旦会社から出庫した後は自由に車を走らせて会社からの指示を受けずに自由に業務を行う故の給与体系です。タクシー会社は歩合制によって売上げの多い人にはその分を給料として還元する態勢を整えています。しかし、労働基準法の定めによって労働時間に応じた一定額の給与保証をしなければなりません。そのために基本給として最低でも支給される給料が決まっています。気をつけなければいけないのは基本給を受給するための条件です。最低限の出勤日数や売上げノルマなどが受給条件となっていることがあります。この条件を満たさなければ最低限保証されると考えていた額がもらえないことも十分にあり得るのです。

歩合制の歩合率はタクシー会社によって異なります。その仕組みはさまざまです。売上げに段階をつけて売上が高いほど歩合率が高くなるように定めている会社、特定額を超えた時に高い歩合率となるように定めている会社、一定の額までは一律に低い歩合率を定めている会社、出勤日に応じて休日出勤に歩合率が上がるような仕組みの会社などがあります。歩合率が分からなければ、同じ業務内容・時間で同じ売上げを出した時の給与を他社と比較できません。そのために売上げによる歩合率の変動やその率、勤務日数と歩合率の関係などをしっかりと把握しておく必要があります。会社の担当者に確認したり、求人担当者のサポートを受けることが不可欠です。

努力次第で高給を稼げるとタクシードライバーへの転職を考えている人が理解しておくべきこと

タクシードライバーすべてが簡単に稼いでいるわけではありません。給与体系は歩合制です。勤務時間に応じて変化する乗客の状況や場所を把握しておくなどのしっかりとした準備と計画的な運行を実践しなければなりません。現在の収入に満足できなかったり、当座の運転資金を稼ぐ目的だったりといった単純な理由だけでタクシードライバーに転職しても思ったより収入が少なくなることもあり得るのです。

タクシードライバーは健康に注意する必要があります。タクシードライバーの仕事は勤務形態が特殊です。その働き方には夜中に働く夜勤、日中だけ働く日勤、時間単位で働く定時制、労働基準法の一日拘束時間が21時間以内との規則に基づいて一日おきに勤務する隔日勤務などがあります。運動不足や睡眠不足もあり得るので、しっかりとした管理が必要です。

タクシードライバーにはクレームなどの対応場面が多々あります。乗客の文句、乗車賃支払拒否、酔っ払い対応、暴力などです。最近はドライブレコーダーなどの完備で減ってはいますがゼロではありません。接客不慣れの間はこのようなクレーム事案による精神的苦痛を受ける可能性もあります。
車を運転するドライバーという仕事で交通事故は無い越したことはありません。しかし、事故が起こるときには起こります。事故が起こった後の会社の対応について担当者に確認しておいた方が良いでしょう。

どんな仕事も慣れるまではサポートが必要です。タクシードライバーにはしっかりとした計画と運行技術が求められています。そういった稼ぐためのスキルは一朝一夕に出来上がるものではありません。転職にあたっては会社のサポート態勢も確認が必要です。

タクシードライバーとして高い年収を得るためのコツ

タクシードライバーの平均年収は地域によって大きな差があり、個人差もあります。全国で最も平均年収が高いのは都内です。地域によって差があるものの工夫と努力次第で平均年収を上げることができます。タクシードライバーの給与は歩合制です。乗車率が高ければ、売上げが上がるわけですから稼げます。人通りが多ければ乗車率が高くなる可能性がありますから、都内タクシードライバーの平均年収が高いのも納得です。

そんな都内のタクシードライバーの中でも高い平均年収を得ているのは長距離の客を多く乗せている人だと言われています。そのような集客は的確な情報収集によって実現可能です。情報収集は常日頃接しているイベント情報やカレンダーで大安吉日となっている土日の情報、過去の自分の営業収入記録、乗客や街で聞いた話などのすべてを記録して整理しておきます。
これを続けることは大変です。しかし、続けることによって刻々と変化する人の流れが見えてきます。人の流れが見えることで分かるのは乗客を探すときに狙うべき時間と場所です。高い平均年収を得るためには地道な情報収集が欠かせません。

タクシードライバーとして働くためには会社の歩合制やサポート態勢を知ることが大切

タクシードライバーは働き方次第で時間を有効に活用しながら高収入を得られる仕事です。希望する額の収入を得るためには会社の給与体系について理解しておく必要があります。
早く仕事に慣れるためには会社のサポートも大切です。転職にあたっては会社の担当者に給与の歩合制やサポート態勢などについてしっかりと確認しておく必要があります。

タクシー会社に転職するなら良い会社と悪い会社の特徴を体験談などから学ぼう

タクシー会社に転職するなら良い会社と悪い会社の特徴を体験談などから学ぼう

タクシードライバーに転職して活躍したいと思ったときに、どのタクシー会社を選ぶべきかで悩んでしまうことがよくあります。
どの業界でも良い会社と悪い会社があるので、本当に自分に合っている魅力的な会社を選び出したいと思うでしょう。この記事では体験談などを参考にして、良い会社と悪い会社の特徴についてわかりやすく解説します。

働き方の自由について検討してみよう

タクシードライバーに転職するときの会社の選び方として、まず働き方について見てみるのが大切です。タクシードライバーの勤務形態は一般的な会社と同じ昼日勤だけではありません。
夜専門の夜日勤もあれば、隔日勤務と呼ばれる働き方もあります。隔日勤務は朝から働き始めて、深夜過ぎから翌早朝くらいまで働く長時間勤務です。ただ、夜を明けたその日は休みになるので、プライベートの時間を満喫することができます。夜も働ける人なら仕事もプライベートも頑張れる環境を手に入れられるでしょう。昼や夜に限定せずに働き方を選べるのは良い会社だと考えられます。

長時間勤務がつらいのではないかと懸念する人もいますが、実際にタクシードライバーとして働いている人は隔日勤務を選んでいることが多くなっています。体験してみると「休憩を取りながら働けるから意外なほどに楽だった」という声が多いのが隔日勤務です。「仕事とプライベートのメリハリができて生活が充実するようになった」という声もあります。
多くのタクシー会社が隔日勤務を取り入れているので転職のときには前向きに検討してみましょう。実際にそのタクシー会社で隔日勤務をしている人の体験談を見てみると本当に自由があって働きやすいのかどうかがよくわかります。

給料の仕組みを比較してみよう

どのタクシー会社が良いのかを見極めるときには収入について考えている人も多いでしょう。タクシー会社の良し悪しは給与の仕組みに基づいて考えることも大切で、人によって大きく異なる可能性があります。タクシードライバーの給料は大きく分けると三つのパターンがあります。
固定給、歩合制、そして固定給と歩合制を組み合わせたものです。歩合制の場合にはタクシードライバーが乗務をこなして出した売り上げの一部が給料になります。そのため、大きな売り上げを出せば給料も増えるのでモチベーションが上がりやすいでしょう。ただ、売り上げが低いとそれだけ給料が減ってしまうのでプレッシャーにもなるのは確かです。

固定給の場合には売り上げがあってもなくても同じ給料を受け取れます。利用者が本当に少なくて困ってしまったときにも生活に困ることがないのは魅力ですが、漫然としてしまって仕事のやりがいを見失ってしまうリスクがあることが知られています。
一方、固定給と歩合制を組み合わせている給与体系は人気が高いものです。最低限の生活ができるような基本給が定められていて、上乗せで歩合を受け取れることからモチベーションも上がりやすいからです。「頑張れば稼げる環境にして良かった」という声を上げている固定給の会社から歩合も支給される会社に転職した人もいるので参考にしておきましょう。

職場環境を比べておこう

良い会社と悪い会社を区別する上では職場環境の特徴を確認するのが大切です。働きやすい待遇を与え、環境を整えているかは会社によってかなり違いがあります。良い会社では残業時間も短く、有給休暇の消化率も高い傾向があり、職場の雰囲気も良くて協力して働いていこうという様子があるのが特徴です。悪い会社では残業が多いだけでなくシフトの自由度も低くて自分が希望するワークスタイルを実現できない傾向があります。
また、職場も殺伐としていて競争するような雰囲気が強いケースがあります。このような職場環境でも頑張れる人もいますが、落ち着いて働けるようにしたい人にとっては厳しいと言わざるを得ないでしょう。このような環境があるのが原因で転職しているタクシードライバーも少なくありません。

実際にどのような環境から抜け出して他のタクシー会社に転職したのかを見てみると、どの会社を選ぶと良いかがわかりやすくなるでしょう。タクシー会社では宣伝も兼ねてタクシードライバーへのインタビュー記事を掲載していることがあります。転職サイトなどでも実際に転職した人がどのような体験をしたかを紹介していることがあるでしょう。
このような口コミを通して自分に合っている環境がある職場を選び出すのが大切です。複数のタクシー会社を比べてみると魅力も問題点も浮き彫りにされるので選びやすくなります。タクシードライバーが集まってきていて、実績も伸びているのは良い職場環境があることを示唆しているので、詳しく調べる会社の候補を決めるときには従業員数や実績も参考にしましょう。

社員が喜んでいる会社を選ぼう

良い会社と悪い会社の判断は最終的には自分自身で行わなければなりません。タクシードライバーに与えられている待遇は向上してきているので、ここに挙げたような特徴をよく考えて自分に合う条件を考えてみましょう。
働きやすい職場環境を積極的に整えていて、社員からの喜びの声が目立つ会社を選べばきっと充実した生活を送れるようになります。

タクシードライバーの働き方は?休日や勤務時間、出勤方法など

タクシードライバーの働き方は?休日や勤務時間、出勤方法など

タクシーは24時間街を走っています。それを見ているとドライバーはどんな働き方をしているのか気になってくるもの。この記事では、そんなドライバーの勤務時間について解説しています。
合わせて具体的な仕事内容や安定性についても解説しているので、是非参考にしてみてください。運転以外のドライバーの役割とは、何なのでしょうか。

タクシードライバーの仕事内容

タクシードライバーの仕事は、お客さんを目的地に運ぶことです。しかし運転だけしていれば良いという訳ではありません。丁寧なお客さん対応はもちろんですが、必要に応じてコミュニケーションを取ったり、お客さんの要望を汲み取ったルートを構築したり、混雑する道を避けたりすることも必要になります。また、介護タクシーのドライバーになると、乗客の乗り降りを手伝うこともあります。
多くの乗客は当然できるだけ早く目的地に着きたいと思っているので、タクシー運転手は必然的に地理に詳しくなければなりません。もちろんナビが仕事を手伝ってくれますが、機械に頼りきりではいけないのです。特に都心部である東京、神奈川、大阪でタクシードライバーになるには「地理試験」に合格しなければなりません。運転以外にも、いろいろなことを考えて仕事をする必要があるのです。

タクシー運転手の働き方とは

タクシーは24時間町中を走っていますが、もちろん1人の運転手が24時間働いているわけではありません。タクシードライバーの勤務形態は、主に「昼日勤」「夜日勤」「隔日勤務」の3つがあります。「昼日勤」は、一般的な会社員のように、朝出勤して夕方まで働く勤務スタイルです。
1日の拘束時間は13時間以内、長くても16時間となっており、夜遅くまで働く必要がないため、高齢ドライバーや女性ドライバーに人気の勤務スタイルとなっています。外回りをするビジネスマンの移動や、一般客のちょっとした移動に利用されることが多いです。ただこの昼日勤を採用しているタクシー会社は少ないため、このスタイルで働きたい場合はしっかり調べる必要があります。

「夜日勤」は夜勤をイメージすると分かりやすいでしょう。夕方5時頃から夜中2時頃までが勤務時間です。拘束時間は昼日勤と同じで、13時間以内、長くても16時間となっています。
夜日勤は、終電やバスを逃してしまった人、繁華街に向かう人などがメインのお客さんになっており、昼日勤と比べると長距離移動が多くなります。また深夜割増料金を取れるので売り上げが上がる傾向にあり、いわゆる「稼ぎたい」ドライバーがこの勤務スタイルを好んでいます。

「隔日勤務」は、多くのタクシー会社が採用している勤務形態です。朝の8時から夜中の2時まで働きます。拘束時間は2日間で最大21時間とされており、勤務終了後は継続して20時間の休息時間を取る必要があります。1回の勤務時間が18時間ほど働くことになりますが、休憩時間が3時間設けられているので、実質は15時間勤務です。
休憩時間はドライバーが自由に取ることができるので、合間合間に休憩を挟んで体力を回復させる必要があるでしょう。転職したての人は、慣れるまで体力的に辛いと感じることが多いようです。

タクシー運転手の出勤方法

タクシー運転手も、通常のサラリーマンと同じように会社に出勤する必要があります。タクシー会社の多くは寮を完備していることが多く、徒歩圏内に寮があるなら徒歩通勤も可能です。
車やバイクでの通勤を認めているところも多いですが、従業員全員分の駐車スペースを確保できない場合、順番待ちになっている可能性があります。入社してすぐ駐車場が使えるのか、しっかり確認しておくことが大切です。またタクシードライバーは勤務時間が長いため、終業後はかなり体が疲れています。そこから車やバイクを運転して帰宅するので、事故には十分気をつけなければなりません。

電車やバスといった公共交通機関を使用して通勤する場合、気になるのが帰宅方法です。深夜に仕事が終わって家に帰ろうと思っても、もう電車やバスが終わっている。そんなときはどうしたらいいのでしょうか。解決策の1つとして、出勤時間を調節するという方法があります。
昼頃出勤するように調節すれば、仕事が終わる頃には電車やバスが動いています。その他には、仮眠室や休憩室で始発を待つ、同業者に送ってもらうなどの方法があります。通勤方法についてはしっかり確認しておきましょう。

運転手は安定している?

タクシー運転手は仕事がきつそう、というイメージを持っている人も多いでしょう。タクシードライバーの給料は歩合制のところが多く、稼げる人とそうでない人の差は大きいです。
またエリアによってもタクシー料金は異なるので、勤務地も給料を決める重要な要素となります。そういう意味では、安定しているとは言いがたい職種かもしれません。ただ労働時間については厚生労働省によって厳しく管理されているため、慣れてくると働きやすいと言われています。働き始めてから後悔しないためにも、しっかり確認しておきましょう。

仕事内容を精査し後悔のない転職を

タクシードライバーは通常の会社員とは違う勤務スタイルで働く場合が多いです。そのため慣れるまでは苦労しますが、努力が収入に返ってくるのでやりがいは高いと言えます。業界の人手不足を解消するため免許取得を支援している会社も増えているので、興味があるのであれば転職先として検討し業界研究をしてみるのがおすすめです。

タクシードライバーとしての勤務は忙しい?休憩の平均時間とスケジュール管理

タクシードライバーとしての勤務は忙しい?休憩の平均時間とスケジュール管理

自分で仕事のペースを管理できるのは、タクシードライバーとして働く大きなメリットでしょう。
ただし、休憩のタイミングや時間を念頭に置かなければ、勤務中に気が抜けてしまうこともありえます。オンとオフを切り替えながら、充実した仕事をこなしたいところです。この記事では、タクシードライバーの休憩について解説していきます。

タクシードライバーの休憩時間は?平均と時間帯を紹介

#休憩時間は法律で決められている
労働基準法によって、労働者の休憩時間は定められています。具体的には、6時間を超える勤務で45分以上、8時間を超える勤務で1時間以上の休憩が与えられる仕組みです。タクシードライバーも例外ではありません。原則的に、労働時間に応じた休憩時間がシフトの中に組み込まれています。そして、タクシードライバーは隔日勤務で、続けて働き続けることも珍しくない仕事です。タクシードライバーが会社外でとる休憩時間の上限は3時間と決められています。会社の方針にもよるものの、タクシードライバーの休憩の平均は3時間前後と考えておいていいでしょう。

#いつどこで休憩する?
タクシードライバーには、昼間に働く「日勤」と、深夜帯に運転する「夜勤」の2種類のシフトがあります。そして、勤務時間中に仕事の様子を見ながら、自主的に休憩をとるパターンがほとんどです。
タクシードライバーは体力が勝負なので、営業所まで戻ってきてしっかり睡眠をとる人もたくさんいます。

ただし、営業所から離れた場所で仕事をしているときは、自分で休憩できる場所を見つけなければなりません。お店に入って食事や仮眠をとる人もいれば、駐車が認められているスポットで休むドライバーもいます。休憩のタイミング、場所はドライバーによってさまざまであり、働きながら安らげる方法を探していくことになります。

タクシードライバーにとって休憩は大切!新型コロナウイルスとの関係も

#事故防止のためにも睡眠を
東京都のオフィス街を走っていると、休憩をしたくても無料で長時間駐車できる場所を見つけられないことがあります。また、仕事に集中するあまり、休憩をおろそかにしてしまうドライバーもいるでしょう。しかし、空腹を覚えたり睡魔に襲われたりした状態で長時間運転していると、どうしても集中力は低下します。仮に大きな事故を起こしてしまえば、職場での立場を悪くしかねません。タクシードライバーを続けられるかどうかもわからなくなります。非効率的に思える場合でも、しっかり休憩をとって気分転換しながら働くのが、タクシードライバーとしてのキャリアアップにつながるのです。

#コロナ対策と休憩
2020年初頭から新型コロナウイルスの感染が拡大したことも、タクシードライバーの生活に影響を及ぼしています。車内ではドライバーと乗客が至近距離になってしまうため、マスク着用やこまめな手洗いなど、感染拡大防止策を義務付けている会社も増えてきました。
そして、ドライバーの健康状態も大きなポイントです。体が弱っている状態で運転していては、ウイルスに感染する危険が高くなってしまいます。

そもそも、微熱があるタクシードライバーは、職場での検温によって出勤を拒否されるようになっています。健康を保ち、決められたシフトをこなしていくには十分な休憩が不可欠なのです。

タクシードライバーが休憩を効率的にとるコツ

#食事の時間をスムーズに
隔日勤務の場合、タクシードライバーは21時間ほど働かなければなりません。この中に、休憩の3時間が含まれています。ただ、体力が低下しないよう、できる限り休憩時間を仮眠にあてたいところです。そのため、食事時間を削って仮眠を増やす必要が出てきます。東京なら有名なグルメスポットがあるものの、人気店で行列に並んで時間を使うより、空いている店に入りましょう。うどんやそばなど、食べやすく消化にいいメニューを頼んで、スムーズに仮眠をとりたいところです。

#先輩に相談して穴場を見つける
キャリアの長いタクシードライバーは、自分なりの「穴場」を知っています。駐車料金をとられず、それでいて静かな場所で休憩をしているのです。タクシー会社にドライバーとして入ったら、先輩に穴場を聞いてみるのが得策です。エリアを知り尽くしているベテランドライバーほど、意外な場所を教えてくれるでしょう。

#稼げる時間帯を避ける
東京都内であれば、ランチタイムから夕方にかけてビジネスパーソンの移動が活性化します。あるいは、深夜の繁華街でもタクシーを利用する人が増えるはずです。これらの時間帯はいわゆる「稼ぎ時」です。休憩を入れてしまうと、せっかくの乗客を逃してしまいます。タクシードライバーは、自分のエリアで忙しくなる時間帯をしっかり把握しておきましょう。そして、そこから逆算して休憩をとるのが成功するコツです。

休憩をしっかりとりながらタクシードライバーの仕事を充実させよう

体力と気力、両方を養うためにタクシードライバーの休憩は重要です。営業所の仮眠室を利用したり、担当エリアで穴場を見つけたりして、質の高い休憩をとれるように工夫しましょう。そうすれば、常にスタミナが満ち溢れている状態で仕事をこなせます。長時間勤務が多い仕事だけに、休憩のペースを的確につかむことが大事です。

東京で働くタクシードライバーの給料は?平均年収や稼ぐタクシードライバーの特徴などを紹介!

東京で働くタクシードライバーの給料は?平均年収や稼ぐタクシードライバーの特徴などを紹介!

タクシー業界は人材不足が問題になっているということもあり、タクシードライバーの需要は高くなっています。全国各地でタクシードライバーの仕事がありますが、中でも人気になっているエリアが東京です。今回は東京で転職を考えている人に向けて、働くタクシードライバーの平均年収や、稼いでいる人の特徴など役立つ情報を紹介していきます。

タクシードライバーの平均年収はどのくらい?

タクシードライバーの平均年収は、315万円ほどです。これは全国平均で、働くエリアによって平均年収は変わってきます。地方では平均年収230万円程度のエリアもあり、タクシードライバーで稼ぐためにはどこのエリアで働くかも重要になります。
東京だけで見るとタクシードライバーの平均年収は約400万円と非常に高い水準です。平均月収も約33万円と高く、全国的に見ても東京は稼ぎやすいエリアと言えるでしょう。
また、タクシードライバーは歩合制で働く人が多く、売上次第で給料は上下します。中には年収1,000万円以上稼ぐ人もいる程で、働き方次第で平均年収の倍以上を稼ぐことも可能な職業です。

稼ぐタクシードライバーの特徴は?

東京都内で働いているタクシードライバーでも、人によって稼いでいる額は大きく変わります。では、稼ぐタクシードライバーはどのようなポイントを意識して仕事しているのでしょうか。ここからは、稼ぐタクシードライバーの特徴を紹介していきます。

#実車率を上げることを意識している
稼いでいるタクシードライバーは、常に実車率を意識して仕事している人が多いです。実車率というのは、総走行距離に対してどのくらいの割合で、客を乗せていたかを示すものです。
例えば総走行距離が100kmだった場合、そのうち50kmの間客を乗せていたのなら、実車率は50%になります。歩合制で働くタクシードライバーは、売上が多くなればなるほど給料もアップします。
1日に走行できる距離には限りがあるため、実車率を高めることが給料アップに繋がるというわけです。
1ヶ月に同じ距離走っているタクシードライバーでも、実車率30%のドライバーと60%のドライバーでは給料は大きく変わります。タクシードライバーが稼ぐためには、実車率を意識することが重要です。

#客単価を上げて効率的に稼いでいる
タクシードライバーが稼ぐためには、客単価のことも考える必要があります。客単価は客1人あたりの売上です。もし1日に20人の客を乗せて、売上が4万円だった場合は単価が2,000円になります。同じ20人の客を乗せた場合でも、客単価2,000円のドライバーと1,500円のドライバーでは、売上も変わってくるというわけです。
客単価が高い乗客をたくさん乗せるほうが、効率的に稼ぎやすくなります。客単価を上げる方法は色々ありますが、一番は長距離の客を乗せることです。
短距離の客を何回も乗せるのが悪いわけではありませんが、次の客を乗せるまで空車の時間が長くなります。長距離の客なら空車の時間がなくなるため、実車率も上がり効率的に稼ぐことができます。

#得意なエリアをいくつも持っている
タクシードライバーは、人によって稼ぎやすいエリアが変わります。繁華街で客を掴むのが得意な人、駅を中心に稼いでいる人など様々な人がいます。
しかし、平均年収以上稼ぐような人は特定のエリアだけではなく、いくつも得意なエリアを持っているものです。例えば新宿区を中心に稼いでいる人の場合、他のエリアへ客を運んだ後にまた自分が得意な新宿区まで戻らなければなりません。
その間は空車になってしまうため、無駄な時間ができてしまいます。
得意なエリアをいくつも持っていれば、客を運んだ先でさらに新しい客を掴むことができ、効率的に稼ぐことが可能になります。

タクシードライバーの収入は給与体系によっても変わる!

タクシードライバーは基本的に歩合制で働いていますが、歩合制にもいくつか種類があります。どのような給与体系で働くかによっても収入は変わるため、タクシー会社を選ぶ時は給与体系に注目することも大切です。
歩合制というと、完全歩合制をイメージする方も多いでしょう。完全歩合制は、自分が稼いだ額によって給与が決まる給与体系です。たくさん売上があればその分給料も増えますが、売上が少ないと給料も下がるため不安定になりやすいというデメリットもあります。

歩合制でも固定給が貰える給与体系も多くなっています。固定給と合わせて歩合給も支給されるシステムで、自分が稼いだ分が固定給に上乗せされます。売上に関わらず一定の給与が貰えるため、収入が安定しやすい給与体系です。
ただし、固定給があるため完全歩合制よりは歩合率が低くなります。
稼ぐ自信があり高収入を得たい人は完全歩合制、安定性を求める人は固定給+歩合制というように、自分にあった給与体系を選ぶとよいでしょう。

稼ぎやすい環境が整った東京は転職に向いている!

東京はタクシードライバーの平均年収が高く、大手タクシー会社も多いということでタクシードライバーに転職するのに適したエリアです。
稼ぐためのポイントを知り、給与体系のことも考えて転職すれば、平均年収以上稼ぐことも十分可能でしょう。稼げるタクシードライバーになりたいと考えている方は、東京で転職活動を進めてみてはどうでしょうか。

タクシードライバーに転職しても不安や後悔を感じて長く続かない人の特徴について

タクシードライバーに転職しても不安や後悔を感じて長く続かない人の特徴について

転職はより多く稼ぎたい、自身のキャリアアップを図りたいなど様々な理由で行います。中でもタクシードライバーへの転職は個人の頑張りが収入の増加という形で分かりやすく反映されるので、達成感を得られるのが大きな魅力です。その一方でせっかく転職しても長く続かない人がいる事実も否定できません。ドライバーとして頑張るためにも、転職して後悔する人や長く続かない人の特徴を学びましょう。

タクシードライバーの仕事は責任が非常に大きい

#お客様の安全を第一に考えることが大切
タクシードライバーは頑張れば頑張るほど収入が増える仕事として人気があります。多く稼ぐことを目的に他の業種から転職する人も少なくありませんが、タクシードライバーはお客様を目的地まで安全に送る仕事であることを忘れてはいけません。タクシー会社では他のタクシー会社で長く働いたベテランドライバーであっても、まずは安全運転に関する厳しい研修を行います。信号や標識を厳守する他、運転中は常に周囲の状態に気を配ることを徹底するなど、安全運転の基本的な知識や心得を教えるのが研修の目的です。タクシードライバーの仕事は初めてという初心者はもちろん、運転に慣れているベテランドライバーも安全運転は必須条件と言えます。

#交通ルールも必ず守る
タクシーは路上でお客様を乗降させるのが普通ですが、場合によっては交通量が多い道路や交差点の近くに停車させることがあります。お客様の安全を最優先するのは当然ですが、それ以外にも交通ルールを守ることも忘れてはいけません。スピードの出し過ぎや信号無視などの交通違反は論外ですが、他の車の走行を妨げるような停車も避けることが重要になります。法律違反ではないものの、他の車の邪魔になってしまうような行為を繰り返すとタクシー会社の評判が悪くなってしまうのです。お客様の安全を確保すると共に、交通ルールに沿った運転を行うのも優良ドライバーの条件と言えるでしょう。

タクシードライバーに転職したことを後悔する理由

#イメージと実際の仕事のギャップが大きい
タクシードライバーに転職した人のすべてが満足して働いているとは限りません。中には「こんなはずではなかった」などと後悔する人も稀に存在します。自分の意思で転職したのに後悔する人の多くは、タクシードライバーの仕事に対するイメージと現実とのギャップにショックを受けているという共通点があります。自分のペースで気ままにタクシーを運転し、適当にお客様を乗せれば多く稼げると甘い考えを持っている人は決して珍しくありません。実際、乗務中は車内に一人だけという状態なので、気楽に働くことができるのではと安易に考えてしまう傾向があると言えます。しかし実際は狭い車内でお客様とマンツーマンで接することになります。

自分の一挙一動をお客様に見られている形になるので、他人の視線が気になる人はドライバーの仕事を辛く感じてしまうケースが少なくありません。また、思ったほどお客様を乗せることができず、転職前に見込んでいた収入アップが実現できないのではと不安に感じることもあります。このような理想と現実とのギャップの大きさが転職を後悔する理由と言えるでしょう。

#生活リズムが乱れやすい
タクシードライバーの仕事は転職先として人気がある一方、離職率が高いのも事実です。せっかく転職したのに仕事が続かないのは生活リズムが乱れ、体調不良に陥ってしまうためです。タクシー会社の多くは隔日勤務という特殊なシフトを組んでいます。会社によって多少の違いはありますが、丸一日勤務して次の日は休みというシフトであり、一回の勤務で二十時間ほどハンドルを握り続ける形になります。すべてのドライバーの勤務時間を均一にすることを目的としたシフトですが、疲れやすい事実は否定できません。ドライバーの仕事が続かない人の多くは生活リズムの乱れを想定した体調管理ができなかった可能性があります。

ドライバーの経験が豊富な人が長く続かない理由

運転経験が豊富な人がタクシードライバーに転職してもそのすべてが長続きするとは限りません。特に集配業務など、車の運転を仕事にしていた人がタクシードライバーに転職しても研修途中で辞めてしまうケースがあります。
運転に慣れているからタクシーの仕事も大丈夫だろうと思いがちですが、荷物を運ぶ運転とお客様を乗せる運転は緊張の程度が大きく異なる事実は無視できません。
どちらも自分の運転に責任を持つ仕事なのは変わりませんが、タクシードライバーは人命がかかっている仕事です。
一日に何度もお客様を乗せるので、その都度大きな責任を感じながら運転することになります。車の扱いに慣れている人は事故を起こした際の問題の大きさも熟知しています。

そのため、お客様を何度も乗降させる行為に対して不安を感じるようになり、遂には転職したことを後悔して辞めてしまうのです。運転に責任を持つのはドライバーとして当たり前の考えですが、仕事に不安を感じるほどに考え込むのは良くないと言えるでしょう。

タクシードライバーの仕事は情報収集が上手でポジティブな思考の人ほど長続きする

タクシードライバーの仕事はたくさん稼げるイメージがありますが、それは個人の働き方次第です。また、お客様の安全を最優先する必要があるので責任が大きい仕事でもあります。
不安に感じてしまうのも仕方ありませんが、転職前の情報収集を入念に行い、
仕事への責任を認識しつつも前向きに取り組むポジティブな姿勢を持つ人がタクシードライバーに最適な人材と言えるでしょう。

東京都内で転職する人が知っておきたいタクシー乗務員のメリット・デメリット

東京都内で転職する人が知っておきたいタクシー乗務員のメリット・デメリット

転職を考えている人の中には、運転しながら稼げる「タクシー乗務員」を検討する人もいるのではないでしょうか?高齢ドライバーから、最近は女性ドライバーまで、年齢・性別を問わない窓口の広い職種です。また、都内では観光や仕事、娯楽などの用途でタクシーを利用する人が多いため、働きがいがありそうにもみえます。メリット・デメリット双方を知って、都内でのタクシー乗務員への転職を考えてみてはどうでしょうか?

会社員と同じように安定した収入や保証がある

一見、安定しない職種のようにみえるタクシー乗務員ですが、メリットはいろいろとあります。

#福利厚生が充実
まず、タクシー乗務員への転職を考える際、福利厚生が整っているかどうか気になりませんか。その点については、会社員と同じように社会保険や労災保険、雇用保険等充実しているタクシー会社もあるので安心です。
また、タクシー乗務員になるためには、「普通免許」に加えて「普通自動車第二種運転免許」の取得が必要です。免許取得にかかる費用を一部、もしくは全額負担してくれるタクシー会社もあるので、未経験からでも問題はありません。
「歩合制」が一般的なタクシー乗務員の給料制について、不安に感じる人も多いようですが、安定した収入が得られるまで給料が保証される制度が整っているタクシー会社もあります。

#ライフスタイルに合わせて勤務時間を選べる
勤務形態が不規則なのでは?と心配な人もいるでしょうが、「隔日勤務」(朝8時から翌朝4時まで最大20時間(休憩3時間含む)長時間連続で勤務して、翌日は必ず「明け番」という休みが1日入る)・「昼勤務」(8時から17時(休憩1時間)勤務で夜勤なし)・「夜勤務」(19時から明け方5時(休憩1時間)の夜勤務)の中から、勤務形態を選ぶことが可能です。
休日をたくさんとりたい人は「隔日勤務」、子育てをしながら働きたい女性や体への負担が気になる高齢者は「昼勤務」、夜の時間帯にたくさん稼ぎたい人は「夜勤務」と、自分に合わせて勤務時間を選べるといったメリットもあります。
また、勤務中は休憩時間のとり方も自分で決めて、基本的にマイペースに働くことができます。人間関係のトラブルやストレスもフリーです。

デメリットは予期できない事故や乗客とのトラブル

マイペースに働けて、比較的自由な職種ではありますが、タクシー乗務員への転職を希望する場合は以下の点に気を付けてください。

#事故のリスクが高くなる
勤務中は車に乗っている時間が長いため、交通事故に遭うリスクは自然と高くなってしまいます。乗客からの行き先に関する急な注文に焦ったり、意図しない出来事が起きて無茶な運転をしてしまったりして、取り返しのつかない事故を起こさないように気を付けましょう。また、疲労がたまっていると、集中力も低下します。休憩は忘れずとるようにしてください。交通ルールの遵守も必須です。

#乗客とのトラブルも
会社勤めで起こりがちな人間関係のストレスはほとんどありませんが、乗客とトラブルになる可能性はあります。丁寧な応対を心がけることである程度の問題は避けられますが、なかにはタチの悪いトラブルを起こす乗客もいないわけではないため、注意が必要です。「道が間違ってる」「遠回りした」など難癖を付けてくる乗客や、酔っ払いなど扱い難い乗客もいて、都内の繁華街などでは特に注意が必要です。まずは、乗客からのクレームに対応できるように案内する道を覚えたり、適切に接客できるように心がけましょう。

#東京都内勤務では地理試験あり
都市部の東京都(23区・蔵野市・三鷹市)では、タクシー乗務員になるために地理試験の合格も必要です。地理試験はタクシー会社に入社後の研修でも受験できますが、難易度が高いため、地理に詳しくなるような対策をとりましょう。

タクシー会社を選ぶ際に気を付けたいこと

タクシー乗務員にも、さまざまなメリット・デメリットがあります。それを踏まえたうえで転職を希望する人は、どのような点に気を付けてタクシー会社を選べばよいのでしょうか?

#福利厚生や給料保証がしっかりしている
給与体系が「歩合制」のため、転職後すぐに安定した収入が得られるかどうかわかりません。一定期間に限り給料を保証してくれる「給料保証」が整っているかどうか必ず確認しましょう。
また、結婚、出産、傷病見舞金や葬祭料等の給付金制度から、スポーツや施設やさまざまなサービス特典を利用できる制度まで整っているタクシー会社もあるので、調べてみるとよいでしょう。

#事故のリスクに備えている
タクシー乗務員への安全な運転を促す指導、健康管理(労働時間・休憩時間の管理)や飲酒チェック等を定期的に行うなど、未然に事故を防ぐ取り組みをしているかどうかが重要なポイントです。
万が一、タクシー乗務員が事故を起こしてしまった場合、タクシー会社側で事故補償や違反金の立て替えなどの対応をしてくれるかどうかも確認してください。

思いやりのあるタクシー乗務員に

タクシー乗務員への転職を検討されている人は、以上の点に気を付けて、自分でピックアップした気になるタクシー会社について更に詳しく調べてみてください。
とくに、学歴など必要がなく、未経験から始められる職種ではありますが、タクシー乗務員には「乗客への要望に誠実に対応できる」「交通ルールを守って思いやりのある運転ができる」といった資質が必要でしょう。

タクシー会社への転職、タクシードライバーは未経験でも稼げるのか?

タクシー会社への転職、タクシードライバーは未経験でも稼げるのか?

タクシードライバーへの転職を考えた時、多くの人が気になるのが未経験でも稼げるのか?という点です。実際のところ歩合制にしているタクシー会社が多く、歩合の仕組みについてよくわからないと不安に感じるかもしれません。
この記事ではタクシードライバーについて、未経験で働ける理由や歩合の仕組み、しっかり稼ぐコツなどについて紹介していきます。

タクシードライバーへの転職は未経験でも可能

他業種への転職は簡単ではありません。未経験では即戦力として期待できないため、正社員として採用されるのは限りなく難しいのです。そんな中、タクシードライバーは未経験でも転職可能な仕事です。
多くのタクシー会社では未経験者を積極的に受け入れており、タクシードライバーとして活躍しているほとんどの人が他業種から転職してきた人達が占めています。

タクシードライバーが未経験でも可能な理由は、教育プラグラムや研修制度が整っているからです。一般的な企業の新入社員教育のように一からしっかりと教育が受けられるので、何も知らない状態で入社しても心配いりません。
実際のところ経験者には会社の経営方針や営業方法などを改めて教えるのが難しいとあって、経験者より未経験者の方を優遇している会社も多いです。
例えばタクシードライバーとして働くには第二種運転免許の取得が必須ですが、教習所に通う費用を会社側が全額、または一部を負担したり、研修中の賃金を支給するなど様々なサポートを行っています。

タクシードライバーの歩合制の仕組み

タクシードライバー=歩合制というイメージを持つ人も多いかもしれません。そもそもタクシーの歩合とは、客を乗せて支払いを受けた運賃から給料が支払われるようになっており、客を乗せれば乗せるほど稼ぐ事が出来ます。
つまり客を捕まえられなければ収入はゼロとなる可能性もある訳ですが、ひとえに歩合制と言っても「A型賃金」「B型賃金」「AB型賃金」の3種類の給与形態に分かれており、タクシー会社によって採用している形態も異なります。

まずA型賃金とは、基本給に歩合給と賞与が加わる形態です。一般企業の営業職に多い給料システムでタクシー業界ではあまり採用されていませんが、固定給があるため比較的安定した収入が得られます。
ちなみに固定給に定められた部分を超えた売上額が歩合の対象となりますが、他の給与形態に比べると歩合率が低く設定されているため、売上が高くても給料はあまり上がりません。またB型賃金は完全歩合制で、売上に歩合率を掛け合わせたものが給与となります。A型賃金に比べて歩合率も高く、ドライバーの頑張りがわかりやすい形で反映される給与形態と言えます。
高給も狙える一方、体調を崩すなど働けない時期があると月収は不安定になる可能性もあります。

そしてタクシー会社で最も多く導入しているのがAB型賃金です。固定給に歩合給と賞与が加わるのでA型賃金とよく似ていますが、歩合給と賞与の算出方法が異なります。
固定給と歩合給を合算させた額のうち一定の割合を賞与として積み立て、年2~3回に分けて支給される仕組みになっているのです。A型賃金の安定さ、B型賃金の歩合率の高さと良い部分を組み合わせた形態で、歩合の一部を賞与に分散できるので、賞与が上がりやすいという点もメリットと言えます。
ただしタクシー会社によっては「ほぼA型」または「ほぼB型」といった実情もあるため、事前にしっかり確認しておく必要があります。

効率良く稼ぐためのコツ

タクシー会社によって様々ですが、歩合制を取り入れている所が多いため、勤務時間は多くの客を乗せて1日1日しっかり稼いでいくのが理想です。未経験者で仕事に慣れていない頃は客を捕まえるのにも一苦労ですが、「客がいない」と嘆いていても仕方ありません。タクシー利用者が多いスポットを探すべく、日頃から綿密な情報収集が必要となります。
例えば電車の終電時刻、イベント・大会の開催日時や場所、終了時間、大手企業の場所などは事前に調べておきたいポイントです。

そして一日の稼働時間の中で、客を乗せて走る時間をいかに増やせるかも重要な課題です。
コンスタントに客を見つける事が出来れば、空車の時間が減り、効率良く稼げるようになるのです。人から情報を集めるのはもちろん、実際に自分で色々な場所を走ってみてリサーチしていく努力も必要で、何度も繰り返していけば自然と道やスポットに詳しくなり、裏道や抜け道も見つけられるかもしれません。
また短時間で稼ぎたいと考えるなら、夜勤専門の勤務形態を選ぶのも一つの方法です。慣れない頃は体が辛いかもしれませんが、夜の繁華街はタクシー利用客が多く、深夜料金もつくため効率良く売上を伸ばせるのです。

自分に合った会社を見つける事から始めよう

タクシードライバーは教育制度がきちんと整えられているため、未経験でもすぐに慣れてしっかり稼ぐ事が出来ます。ただタクシー会社によって給与形態や勤務形態は違うため、事前のリサーチが必要となります。また二種免許取得費用負担、勤務開始から一定期間の給与保証、寮完備など社員に対してのサポートも会社によって様々で、自分が働きやすい職場を見つける事も長くタクシードライバーとして活躍できるコツとなります。

お客さん対応にやりがいがあるタクシー運転手!転職すると仕事も給料も安定するの?

お客さん対応にやりがいがあるタクシー運転手!転職すると仕事も給料も安定するの?

これからずっと安定して働ける仕事を選んで転職したいと思ったときに、タクシー運転手はどうなのだろう?と考えた人もいるでしょう。タクシー運転手なら転職できそうだけれど、仕事の内容や業界の将来性、給料の高さといったことを考えてみるとよくわからずに悩んでしまう人もいます。タクシー運転手になると安定的な仕事を続けられるのでしょうか。

タクシー業界の将来は明るい?

タクシー運転手に転職するかどうかを決める上ではタクシー業界の将来がまず不安になる人もいるでしょう。タクシー運転手のニーズが減っていってしまったら安定的に雇用してもらうことはできません。
しかし、タクシーの需要は高い水準になっていて、業界ではタクシー運転手が不足していて困っている状況が続いています。
積極的な採用活動を進め、初心者でも社内で育てて一人前にするというやり方をしないと世の中のニーズに応えられなくなっているのです。特に東京ではビジネス目的での利用に加え、観光客も大勢集まってきています。
国内からだけでなく海外からもビジネスパーソンや観光客が来るのでタクシーの利用者がとても多いのが実態です。

この他にも東京ではイベントが豊富で、日本全国から人が集まってくるのでタクシーの需要は年中を通して高いのです。
さらに、保育園や学校、介護施設や病院などへの送迎にもタクシーが活用されるケースが増えてきました。教育や福祉、医療などは時代を問わずに必要とされるものなので、その送迎にもよくタクシーが利用されているとなると将来的にも安泰だと考えられるでしょう。

タクシー運転手はお客さん対応を楽しめる

タクシー業界は将来的にもニーズがあるから安心だとしても、仕事にやりがいがないと続けられなくて後悔するのではないかと不安になる人もいるでしょう。タクシー運転手のやりがいが何なのかをよく理解しておくことは大切です。
タクシー運転手にとっての楽しみはお客さん対応です。タクシーはお客さんにとっては移動手段の一つですが、同時に、「地元に詳しいタクシー運転手かもしれないからおいしいご飯を食べられる穴場を教えて欲しい」、「地域の人だからこそ知っている観光スポットを知りたい」といった要望をもっている人もいるでしょう。仕事に疲れていて愚痴を聞いて欲しいと思う人や、最近のニュースで気になっている話をしたいと考える人もいます。
タクシー運転手にとってはお客さんとのコミュニケーションも仕事なのです。

タクシー運転手として仕事をしていると毎日、毎回まるで違う人たちを乗せて運転することになります。それぞれの人が違う興味関心を持っていて、聞きたいことも話したいことも違います。
色々な人との出会いとコミュニケーションをいつも楽しめるのはタクシー運転手の醍醐味なのです。語学が得意な人なら外国人のお客さん対応をするのにもやりがいがあるでしょう。今まで培ってきたスキルや経験を生かしてお客さん対応をする機会もたくさんあります。
自分だからこそできるサービスを提供しているという実感が湧き、さらにお客さんからはお礼の言葉ももらえるでしょう。このような形でお客さん対応を楽しめる人はタクシー運転手としていつまでもやりがいを持って働くことができます。

給料重視の人にもやりがいがある

最後に給料についても安定するのかを確認しておきましょう。タクシー運転手の給料は歩合制が一般的になっているので、安定するとは言えない可能性があります。歩合制とは毎月同じ金額の給料を支給してもらえるわけではなく、個人が出した売り上げに応じた給料が出る仕組みです。
タクシー運転手の給料では歩合率が高いので、給料重視の人はいかにして売り上げを出すかを考えて働く必要があります。毎月安定した売り上げを出せるようになれば給料も安定するため、そのくらいまで成長してベテランにならないと安心はできません。ただ、タクシー会社では教育研修を徹底していて、売り上げを出せるタクシー運転手に育て上げてくれます。
初心者でも比較的短い期間で安定して売り上げを出せるようになる可能性が高いので、安心です。

タクシーの利用者が少ない地域では売り上げが安定しなくなるリスクがありますが、先ほども紹介したように、東京では年間を通してタクシーの需要が高い傾向にあります。
東京でタクシー運転手として無事に成長できたら、安定的に稼げる見込みは高いでしょう。また、タクシー会社によっては初心者がタクシー運転手に転職しやすいように、入社後の数ヶ月間は給与保証をしている場合もあります。
保証期間中は売り上げがなくても比較的高い給料を払ってもらえるので、入社してから当面は貧窮してしまうのではないかという心配をする必要もありません。転職してから給料の不安がないように、取り計らってくれるタクシー会社もあるのです。

安定的な仕事としての魅力が集まるタクシー運転手

タクシーの需要は高く衰える様子がないので、今後も業界の安定性は高い傾向にあります。タクシー運転手の仕事のやりがいについては考え方次第な部分もありますが、お客さん対応が好きならずっと楽しんでいけるでしょう。
給料も売り上げを出すほど増えるのでやりがいがあり、仕事に慣れたら金額も安定する可能性が高いです。安定的な仕事をしたいなら、タクシー運転手という仕事には魅力が詰まっているのです。