東京都内でタクシー乗務員になるなら、教育制度充実で終身雇用のタクシー会社が長く働けるのでお勧め

東京都内でタクシー乗務員になるなら、教育制度充実で終身雇用のタクシー会社が長く働けるのでお勧め

東京都内で、タクシー乗務員に転職することを考えている場合には、教育制度が充実していて、終身雇用のあるタクシー会社を選ぶなら、長く働けるなどメリットが大きいと言えます。

具体的にどのようなポイントに注意してタクシー会社を選べば良いか、まとめてみました。

教育制度が充実したタクシー会社を選ぶ

東京都内でタクシー乗務員に転職するなら、教育制度充実のタクシー会社を選ぶ方が良いでしょう。
教育制度の一つとして、タクシードライバーには必須となる資格の第二種自動車免許の取得があります。二種免許を持っていない人でも転職しやすいように、多くのタクシー会社では、会社の費用負担で教習所に通って、二種免許を取得することができるようにしています。二種免許に合格するためには、運転免許試験場での学科試験に合格したり、大都市圏でタクシードライバーとして働く場合には、タクシーセンターが実施する地理試験に合格することが求められる場合もあるでしょう。

タクシー会社によっては、これらの試験に合格する対策として、車内で研修を行なったりしているところもあります。二種免許取得後も、タクシー業務に関する法令や地理を学ぶ研修や、タクシーに備えられている機器の操作を学ぶ研修、接客研修などがあれば、タクシードライバーとして働く能力を身に付けることができるでしょう。

最終的には、助手席に教育係を乗せて実際に街の中を走り、路上研修を受けることによって、実地での働き方を学んでいくことができます。

終身雇用で長く働けるタクシー会社を選ぶ

タクシー乗務員に転職するのであれば、終身雇用で長く働けるタクシー会社を選びましょう。
求人情報を見て、終身雇用を約束しているタクシー会社を選ぶことができます。正社員として採用されれば、ほとんど終身雇用になりますので、高齢になっても安定した生活を送れる可能性が高いと言えるでしょう。

多くのタクシー会社では、60歳から65歳前後が定年となっていますが、本人が希望すれば再雇用してもらえるケースが多くなっています。再雇用されると、75歳まで働けるようになっているタクシー会社もあります。
再雇用に関しては、タクシー会社によって色々と違いがありますので、事前によく確認しておくことが重要です。

例えば、再雇用後の待遇は確認しておくべきポイントの一つと言えるでしょう。再雇用になると、一般的にそれまでと待遇が変わり、正社員だったのが1年ごとに契約を更新するアルバイトや契約社員に変わることもあります。

また再雇用後には給料の額や各種手当の内容が変わるケースも少なくありません。生涯現役で働きたい思う50代、60代の方がタクシードライバーに転職する場合には特に、定年や再雇用のシステムがどうなっているかを確認しておいた方が良いでしょう。

キャリアアップができるタクシー会社を選ぶ

タクシー乗務員に転職する場合には、キャリアアップがあるタクシー会社を選ぶのも重要です。

具体的には黒タクシードライバーになったり、ハイヤードライバーになるというキャリアアップが挙げられるでしょう。
黒タクシーは、全てのタクシー会社で採用されているわけではありませんが、タクシーのいわばビジネスクラスのようなものです。

乗務経験や接客サービス、運転スキルが一定レベルに達したドライバーだけに乗務資格が与えられます。通常のタクシーよりも無線での配車指示がたくさん受けられるので、収入アップも期待できるでしょう。ハイヤードライバーの場合には、高級車を運転して、通常のタクシーのように流し営業は行ないません。

外国人の要人や、企業の重役、各界の著名人などを送迎するという業務になります。タクシードライバーとしての経験を積めば、個人タクシードライバーになることも将来的に可能です。個人ドライバーになるためには、新規に許可を得る方法や、既存の個人タクシー事業者から事業を譲り受けたり、相続したりする方法があります。

それぞれに審査基準や年齢、運転経歴、資金計画などの条件があり、すべてクリアすれば、申請を行ない、試験を受けることができます。

タクシー乗務員以外の働き方を目指せるタクシー会社を選ぶ

タクシードライバーとしてキャリアアップを図ると、タクシー乗務員以外の働き方を目指せるようにもなります。

例えば、「運行管理者」と呼ばれる仕事が挙げられます。

これは、乗務員の健康状態や勤務時間、売上金の管理を行なったりする仕事です。乗務員が事故を起こした時や、クレームが来た時にはその対応をすることも仕事に含まれます。
内勤ですので、給料は固定給になり、タクシードライバーの歩合給と比較すると、給料が安定するという利点があります。

また、運行管理者以外にも、管理職としてキャリアアップが用意されていることもあります。係長、主任、課長と通常の企業のようにキャリアアップを目指していきます。管理職の場合には、営業車の稼働率を上げる方法を考えていくことが求められます。

また、人事に関わる仕事も行なうことになるでしょう。このように、タクシードライバーとして働くのなら、教育制度が充実していたり、終身雇用のタクシー会社を選んだ方が早く仕事に慣れ、長い期間働くことができます。

資格や経験はないけれども、正社員として長く働ける仕事がしたいという人は、タクシードライバーの仕事を検討してみる価値があるでしょう。

東京都内のタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職したい方必見!タクシードライバーって本当にノルマがきついの?

タクシードライバーへ転職を考えているけれど、きついノルマがあるのではないかと不安に思ってしまうことはないでしょうか。
確かにタクシーは早朝から深夜まで街中を走っているので、一体いつ休んでいるのか気になるでしょう。

今回はそんなタクシードライバーの働く環境について紹介します。

タクシードライバーのノルマとは?上司の嫌がらせはある?

営業職を経験した方であれば、ノルマを達成させるのが大変なことをご存知でしょう。
ノルマを達成できなければ上司の嫌がらせを受けることもあるのではないでしょうか。

タクシードライバー(乗務員・運転手)の場合、ノルマという言葉ではなく「足切り制度」というものがあります。

足切りとは会社が設定した売上の目標金額のノルマラインのことです。
この足切りの金額を上回れば歩合制が発生し、売上に応じて給料がアップします。逆に足切りの金額を下回った場合は、給料が0になるわけではなく、最低限の固定給をもらうことができます。この足切り制度はすべてタクシー会社が導入しているわけではありません。

サポート体制が充実している東京都内の大手タクシー会社の中には、入社後3ヶ月間の月給を40万円以上保証してくれるところもあります。

この月給保証制度は、タクシードライバー未経験の方や養う家族がいる方とって安心感を与えてくれるでしょう。
入社後3ヶ月が過ぎても大手のタクシー会社はきついノルマや足切りが発生することはありません。ノルマがないので上司の嫌がらせなどはなく、配車システムが充実した環境で、安定した収入が得ることができます。

タクシードライバーの働く環境はどんな感じなの?

きつい仕事と思われがちなタクシードライバーですが、意外にも休みが多い職種です。
タクシードライバーの勤務形態は隔日勤務という形態が多いです。隔日勤務だと勤務時間が20時間程と多いのですが、勤務日の翌日は必ず休みになります。

この休みのことを明番といい、出勤日を出番といいます。隔日勤務だとこの出番と明番を2~3回繰り返した後に公休になることが多く、シフト制であれば自由に組み合わせることも可能です。したがって家族の予定や自分の趣味に合わせて休むこともできます。また勤務時間中も必ず3時間の休憩や仮眠をとらなければならないなどの指導があります。

「そうはいっても、本当はそんなに休めないんじゃないの?」と疑いたくなりますが、タクシードライバーの労働時間は厚生労働省によって厳しく管理されているので、従業員を長時間労働で働かせるブラック企業のような会社は、タクシー会社にはありません。

他にも大手のタクシー会社であれば、タクシードライバーを正社員で雇用し終身雇用で働ける環境です。
したがってタクシードライバーとして働くことによって家族も安心していることが多いです。

未経験でタクシー会社に転職するなら大手が最適

未経験でタクシードライバーに転職しようと考えている場合、ちゃんと働くことができるのか不安になるのではないでしょうか。
特に東京都内のタクシードライバーになろうと考えた場合、複雑な都内の道に迷わないか不安に思うでしょう。

そんな不安を解消させたいのであれば、大手タクシー会社に転職するのが最適です。

大手タクシー会社であれば研修制度が充実しているので、タクシードライバー未経験でも安心して働くことができます。
研修内容は、地理講習会やマナー講習会を行うことが多いです。営業所に配属されてからも都内の道を実際に運転しながら教えてもらったり、売上を上げるためのノウハウを教えてもらったりしてもらえます。

タクシードライバーになりたいけど、タクシードライバーになるために必要な第2種免許を持っていないと悩んでいるのであれば、やはり大手タクシー会社に転職するのがいいでしょう。大手タクシー会社では第2種免許を取得するためのサポート体制が充実しており、免許取得費用の全額負担や教習期間中の手当てをもらうこともできるのです。

このように大手タクシー会社は研修制度や手当が充実していますが、それ以外にも大手は風通しの良い環境です。未経験の方には働きやすい職場だといえるでしょう。

大手なら女性ドライバーも働きやすい環境です

女性でタクシードライバーを目指すのであれば、女性ドライバーが働きやすい大手タクシー会社がいいでしょう。
大手タクシー会社であれば設備から勤務体制まで女性に働きやすい職場になっていることが多いです。

例えば、営業所に更衣室などの女性専用スペースがあるので、勤務前後にゆったり過ごすことができます。
また車内には防犯カメラや緊急通報システムが設置されているので、安心して乗務することが可能です。

タクシー業界には、乗務員がペアになって同じタクシーを利用する相乗り制度があるのですが、大手であればなるべく女性同士をペアにしてくれるので、ニオイなどを気にせず乗車することができます。また大手は福利厚生もしっかりしているので、育休や産休を取っても復帰しやすく子育て中も働きやすい環境です。

最近では女性ドライバーのニーズが高く、特に女性客が安心して乗車できる女性ドライバーを希望することが多いです。また女性ドライバーのきめ細かな気遣いが、高齢者の方にも好評です。

これからますます女性ドライバーの需要が増えていくと思われる中で、女性ドライバーに働きやすい大手で働くのはいかがでしょうか。

タクシー乗務員の求人情報はここをチェック!東京都内で転職におすすめの会社はどこ?

タクシー乗務員の求人情報はここをチェック!東京都内で転職におすすめの会社はどこ?

東京都はタクシー乗務員の募集が非常に多いため、応募先を決める際には求人情報を隅々までチェックしておくのがおすすめです。求人情報を見比べるときに、ここだけは絶対に見ておきたい!というポイントをご紹介してみましょう。

ビギナーにとって特に重要になるのが給与保証の有無

タクシー乗務員の仕事は、全くドライバーの経験がなくても応募できる場合が多いです。給与保証の制度があれば、就業直後から安定した収入が得られるようになりますので、経済的な心配も不要です。タクシー乗務員として長年経験がある方は別として、慣れない業務に新たに転職する方は、その会社の給与保証制度について調べておきましょう。

月々の固定給の金額と給与保証が受けられる期間は、特に重要なチェックポイント。保証される金額が大きくても、期間が短いと就業後のプレッシャーが大きくなってきます。給与保証の期間は平均3か月から1年となっており、各社で差があります。従って、求人情報でしっかりと確認することが大切。ドライバー経験がない方におすすめなのは、半年から1年前後の給与保証があるタクシー会社です。このような会社であれば、研修を受けながら少しずつ業務に慣れていけるでしょう。期間を区切って段階的に給与保証の額を変える会社もあるため、細かいところまで各社の待遇を比較するのが良い方法です。一部の会社では、未経験者に限定して保証を適用しています。このような場合は、条件に該当するかどうかも事前に確かめましょう。

住まいのサポートがあればさらに安心

地方の方が東京都内でタクシー乗務員として働く場合、住居についても考える必要が出てくるでしょう。最大手のタクシー会社では、乗務員向けの寮や社宅を用意していることが少なくありません。この手の住居は、大概はリーズナブルな賃料で利用ができます。多くの場合、賃料の一部を会社側が負担する形になるため、経済的な負担が減るのが魅力です。家賃補助というスタイルで手当を支給するタクシー会社も見られ、住居に関するサポートはその会社によってさまざまです。

求人情報で詳細が分からないときには、各社のホームページや情報サイト等を利用して実態を把握しましょう。寮や社宅の場合には、負担の割合や建物の外観などもできれば調べておきたいところです。口コミサイトなどを見ると、実際にその会社で働いているタクシー乗務員のコメントなどが見られます。また、一部のタクシー会社では、入社が決まったタクシー乗務員にお祝い金を支給しています。10万円から40万円前後のお祝い金を贈る会社が増えており、引越し費用や新生活の準備に充てることが可能。求人情報を参考にして、自分に合った待遇が受けられる会社を選びましょう。

定年や再雇用制度の内容を見ておこう!

他の仕事に比べると、タクシー乗務員の仕事は長く続けられるというメリットがあります。定年を設ける会社でも、再雇用という形で同じタクシー乗務員を長期間雇用しているようです。正社員として採用されれば半ば終身雇用になりますので、高齢になっても安定した生活が見込める仕事と言えるでしょう。社員として働いているタクシー乗務員の定年は、65歳が一般的です。定年になっても、本人が希望をすればその後も再雇用されるケースが多いです。健康状態などに特に問題がない場合は、70歳を過ぎても現役で働けるのがタクシー乗務員の仕事です。

再雇用のシステムはタクシー会社ごとに違いがありますので、定年後も引き続き働きたいときには、自分が希望する条件かどうか見ておくことをおすすめします。再雇用される際の待遇も、要チェックのポイントです。再雇用の場合は、一般的にそれまでとは若干待遇が変わります。アルバイトやパート労働者として雇用する会社も少なくなく、給与の額はもちろん各種手当の内容も変わる可能性が。50代、60代の方がタクシー乗務員に応募をする際には、特に定年や再雇用のシステムをチェックしましょう。

配車システムで変わる業務形態

携帯端末や専用機器の扱いに抵抗がない方は、配車システムを取り入れているかどうかを基準にタクシー会社を探してみるのも1案です。タクシー業界に徐々に普及し始めているのが、専用のアプリを使った配車システムです。この新しい配車システムの場合は、コンピューターを通じて指示がだされます。ドライバーの位置や勤務状況などを瞬時にコンピューターが判断して指示をだすため、時間のロスが少ないのが大きな特徴です。配車場所が地図情報でガイドされるので、エリアの地理をまだ覚えていなくても移動がしやすいという利点が。携帯端末などを通じて寄せられた配車の依頼がドライバーに順に割り振られていきますので、顧客をつかまえにくいビギナーでも仕事を得やすくなります。

顧客の獲得という難関をクリアしやすくしてくれるのが、配車システムの魅力。共同配車システムの場合は、タクシー会社の枠を超えて指示が出されるため、さらにチャンスが倍増するでしょう。採用している配車システムの種類については求人情報でも簡単に紹介されていることが多く、チェックしておくと今後の業務形態がイメージできるようになります。

稼げるタクシー運転手は、何をやっている? 未経験のタクシードライバ―がすべきこと

稼げるタクシー運転手は、何をやっている? 未経験のタクシードライバ―がすべきこと

これから、タクシードライバーをやろうと思っているけど、売上が上がるかどうか心配だし、自分に向いている職業なのかどうかが心配…このページを見てくれている貴方には、そういった悩みがありませんか?

タクシードライバーという職業が、どれだけの年収を稼ぎだすかご存知ですか?なんと、稼ぐ人で年収800万円以上! 一般的なサラリーマンと比べてかなりの高収入だと言えるでしょう。

そう聞くと「じゃあ、タクシードライバーになるか!」と思われる方もいるかもしれません。だけど、タクシードライバーには年収800万円の人もいれば、年収250万円にも満たない人もいるのです。稼げるドライバーとそうでないドライバーの差は、一体どこで生まれるのでしょうか?タクシードライバーの収入や、稼げるドライバーの条件などについてご紹介します。

タクシードライバーとして稼げる人の条件

運転と接客が好きな人に向いている仕事と言えばタクシードライバーです。タクシードライバーとして活躍するには、お客さんを一人でも多く乗せて日々の売上を稼いでいかなければなりません。車一台あれば、自分の努力とアイデアでいくらでも上の収入を狙える仕事だと言えます。

では、どんな人がこういった稼げるタクシードライバーになれるかというと、最低限次の4つを備えている人でなくてはいけません。

・コツコツ頑張るまじめさがある
・売上を上げる気力がある
・ひとつのやり方に固執せず柔軟な考え方ができる
・稼ぐために必要な情報を積極的に集める能力がある

出勤前に情報収集することが大事

単に道路を走行しているだけで多くの人がタクシーを利用してくれれば良いのでですが、タクシードライバーの仕事はそんなに甘くはありません。そこで重要になってくるのが、どこの顧客が集まっているのかを調べる情報収集です。例えば、週末に大きなイベントがあるなら事前にその情報を調べておき、イベントの終盤に会場付近で待機しておきます。

そうすることでイベント帰りの人やスタッフなどの利用を見込めることになります。頻繁にタクシー会社へ連絡のくる飲食店などの記録を付けておき、終電がなくなる頃にその飲食店付近を走行しておくというのも稼ぐテクニックの一つです。そこで捕まえた顧客がもし近隣のエリアしか利用せずにあまり売り上げにつながらなかった時には、すぐに同じ場所に戻り別の顧客の利用を待つと効率が良いでしょう。

休憩時間を工夫して取る

日中に勤務する場合にも深夜に勤務する場合にも、休憩を取る時間については工夫する必要があります。稼げるタクシードライバーは「どの時間帯に多く顧客を乗せることができるか」を把握しています。

顧客の少ない時間帯に休憩時間を取ることで、効率よく稼ぐ仕組みを作り出しているのです。いつが稼ぎ時か判断ができないという人は、顧客を乗せた際に簡単なメモを取って時間ごとに整理していけば稼げる時間帯が自然と見えてきます。また、付け待ちを休憩にあてる仕事に貪欲なタクシードライバーもいます。

一番重要なのは、お客様第一の気持ち

成功しているタクシー運転手、つまり稼いでいるタクシー運転手に共通しているのは乗って頂いているお客様にどれだけ心地よい空間を作れるかを意識しています。安全に目的地まで最短でお送りするのはもちろん、スムーズなブレーキ・スムーズな発進、社内での会話も含めて、移動時間が快適になるようにすることです。
そうすることで、お客様に気に入って頂き、次の乗車の時には指名をもらうことができます。そういった固定客を持つことで、より高いレベルで安定した売上をつくることができるのです。

上記のことから分かるように、いかに考えて日々の業務に取り組んでいくかということが重要です。これはタクシー運転手に限らずですが、何も考えずに毎日働いている人とは雲泥の差が出てきます。ぜひ事前準備と日々の分析をしながらタクシーライフを楽しんでいただきたいです。

タクシー運転手になるには?資格や平均年収のお役立ち情報をご紹介

タクシー運転手になるには?

タクシーの運転手になるためには、タクシー会社に就職するか自分で個人タクシーを運営する方法があります。個人タクシーをするにはまず、タクシー会社に就職して10年法人タクシーの経験を積む必要があります。
ではタクシー会社にどうすれば就職できるのか、簡単にいうと身体的に健康的で、普通免許を取得して3年以上であれば業界未経験でも大丈夫ということです。また普通自動車第二種免許をお持ちの方であれば、間違いなく就職可能です。

どんな資格が必要?

タクシー業界には転職しない方が良い?
では、普通免許だけ持っていてタクシー会社に就職したけどタクシー運転手になるには、いずれにしても第二種運転免許が必要となります。正式名称は普通第二種免許で、道路交通法の第八十六条に規定されています。
二種免許と一言でいっても、実は4種類の二種免許があり、タクシー乗務に必要な「普通第二種免許」、中型自動車や大型自動車の場合にはそれぞれ「中型第二種免許」、「大型第二種免許」が必要となっています。ちなみに普通二種は、普通自動車しか運転することができません。

なるための方法や、費用はかかるの?

二種免許を受験するために必要な受験資格は3点あります。まず1つ目は、満21歳以上であることです。次に第一種免許を取得してから3年が経過している事が条件で、途中免許取り消しなどにあっていた場合、停止されていた期間は除いた期間の累積となります。3つ目は視力(視力が、片目それぞれ0.5以上かつ両目0.8以上(眼鏡可)聴力など、普通免許を取得した時と同じ条件がクリアしていることです。

二種免許を取得する流れとしては、まず学科試験、そして技能試験、それぞれ合格した後は、二種類の講習(応急救護処置講習・旅客者講習)を受講して晴れて免許証が交付となっています。では普通第二種免許を取得するには、一般的に自分で受けると合宿所や通いなどにもよりますが平均して、22万円~25万円前後となります。ただタクシー会社に入社したあとでも、資格の取得は可能です。費用は、180,000円~200,000円前後で大半が合宿、そして費用はタクシー会社負担というところが多いです。

お役立ち情報

タクシー運転手になるにも、どのタクシー会社に入るかは悩みどころ。そういった時は、転職サイトでタクシー会社を検索し知っているタクシー会社を覚えましょう。タクシー業界の求人が多いサイトは、リクナビ・DODA・マイナビなど、最近はindeedでも多くの求人情報が検索可能です。

そして興味をもつ会社があればその場で応募、またはその会社のHPを調べてみるのもベターです。まず普通免許を持っていて未経験の方は、大手で教育体制がしっかりしているところや普通第二種免許の取得支援と費用全額負担のところを探すのも良いかと思われます。

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職、失敗しないために将来性のある会社を選ぼう

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職、失敗しないために将来性のある会社を選ぼう

タクシー会社はどこでも同じ?会社によって違いはあまりないのでは?

そんなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、そうではありません。会社によって、待遇も平均年収も様々です。転職して失敗した、ということにならないよう、慎重に会社選びを行いましょう。

将来性はあるか?

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)へ転職したいと考えたときに、数あるタクシー会社の中からどのように選べばいいのでしょうか。

まずは、その会社に将来性があるかどうか見極める必要があります。

将来性のない会社は、会社自体に余裕がないことになります。
そうすると、例えば二種免許取得期間中の手当てが出ない、免許取得にかかる費用さえ自己負担しなければならない、給与が上がらない、整っていない設備の中で働かなければならないなど、金銭的にも精神的にも負担を抱えて新しい仕事を始めることになりかねません。

逆に言うと、将来性のある会社であれば、会社に人を育てるだけの余裕があることになります。
そのため、二種免許を取るまでの間も(もしかしたらその後も一定期間は)充実した研修を実施し、もちろん手当ても支給し、免許取得費用も負担してくれる会社もあるということです。その他、長く働き続ける上で重要になってくる給与体系についてや、設備、福利厚生などにも差は出てきます。

たまたま探したある会社での待遇が全ての会社共通だと思わずに、正しい知識を持って、失敗しない就職先として将来性のある会社を見極められるようにしてください。

大企業なら安心?タクシーランクは?

将来性のある会社を見極める1つのポイントとして、会社の規模があります。大企業であるということは、そこまで会社を大きくしてきた実績があるということです。
また、大きい会社を維持するにはそれなりの数の従業員が必要であり、その数の従業員を雇って管理できるだけの余裕と体制が整っているということでもあります。

会社としての基盤がしっかりしているに越したことはないので、会社の規模も会社選びの基準の1つに入れて検討しましょう。

また、もう1つのポイントとして、タクシーランクという評価制度があります。
東京タクシーセンターという機関が行っている評価のことで、接客・サービス、安全・運行管理、経営姿勢、加点措置の各評価項目の合計評価点数により、タクシー評価委員会がタクシーランクを決定するものです。法人タクシー事業者は、優良、B、Cの三段階で評価され、その結果は公表されます。タクシー会社の評判は、顧客獲得にもそのままつながってくるので、評価のいい会社は必然的に顧客も多くなるということです。
もちろん優良が一番ですが、評価Cの会社は避け、少なくともタクシーランクBランク以上の会社を選ぶようにしましょう。

会社の売上が高いところが一番?

タクシーランクBランク以上の会社の中でも、売上には差があります。タクシードライバーの給与体系は、多くが歩合制なので、会社の売上が高いということはそれだけ給与も高い可能性があるということです。ただし、あくまで可能性があるということで、会社の売上が高いからという理由だけで入社を決めてしまうのは危険です。

売上が高くても、それが社員に還元されていない会社もあるからです。
その売上が、自分の給与にどのように還元されるのかを事前に確かめておく必要があります。

つまり、売上のうちどれくらいが会社に渡り、どれくらいを自分の給与とできるのか、両者の取り分の割合が重要になるということです。

また、タクシー会社の多くが歩合制と言っても、いくつかの種類に分かれます。
固定給のない完全歩合制(売上がなければ給与もなし)の会社から、固定給が定められ、それに加えて月々の歩合給と年数回の賞与も支給される会社まで様々です。

会社の売上だけでなく、自分に合った給与体系はどれなのかを検討し、入社したあとに安定して稼ぎ続けられる会社なのかどうか、具体的な数字で計算してみるといいでしょう。

設備は整っている?

会社の規模や売上だけでなく、働く環境が整っているかどうかも将来性を見極める大切なポイントです。
ストレスを抱えずに安心して働き続けることができるかどうかには、設備の充実も関わってきます。

例えば、安くておいしい食堂があるか、仮眠を取れる場所があるかなど、長時間の勤務になりがちなタクシードライバーにとっては重要です。

会社によっては大浴場も完備しているところもあります。
また、自前のガソリンスタンドや洗車機など、商売道具である車を維持するために必要な設備が十分であるかどうかもポイントです。

普段の業務で使用するための設備だけでなく、保養所があったりお祝い金、お見舞金などの福利厚生が充実しているかどうかも確認しておくと、その会社がどれだけ従業員を大切にしているかがわかるはずです。

居心地の良い整った環境で働くことができれば、自然とそこで働く人たちのモチベーションも高くなります。
そういう人たちに接客されるお客さまも、気持ちよくタクシーを利用することができ、会社の評判も良くなります。

会社の評判が良くなればお客さまも増え、働く人の給与も増え、良い循環になっていくということです。

タクシードライバーになって正解だったと思えるよう、そういう良い循環を生み出せるような会社に入社してください。

サラリーマンの平均年収より高い仕事に最短で就職したいならタクシードライバー!高収入を目指せる環境があるから転職者が多い業界

サラリーマンの平均年収より高い仕事に最短で就職したいならタクシードライバー!高収入を目指せる環境があるから転職者が多い業界

 タクシードライバーは、サラリーマンよりも平均年収が高く、転職先として人気のある職業です。転職者がスムーズに業務を開始できる体制が整っており、未経験者でも1年目から安定して稼ぐことができます。
 今回は、タクシー会社への転職の流れや未経験者でも安心な転職先である理由について解説します。

研修が充実しているのでペーパードライバーでも問題なし!

 タクシードライバーとして働くためには、普通二種免許の取得と東京タクシーセンターが実施する地理試験に合格する必要があります。わざわざ転職のために教習所へ通って二種免許を取得するのは時間もお金もかかるという理由から、タクシードライバーへの転職を最初から諦めてしまう方もいます。でも実は、ほとんどのタクシー会社は二種免許を保有していることを入社条件としていません。充実した研修制度と社内設備が整っている会社が多く、未経験者でも業務に必要な技術や知識を身に着けることができるからです。普通免許を一定期間以上持っているならペーパードライバーでも大丈夫ですし、地理がわからなくても大丈夫です。

 二種免許の取得については、指定された教習所であれば会社が費用を負担してくれる場合がほとんどなので、経済面での不安もありません。また、研修期間中でも給料を払ってくれるタクシー会社も多いです。

 実際に一人で業務をするにあたっては、運転技術だけでなく接客スキル、地理的な知識などを身に着けなければなりません。タクシー会社の研修は実務的な部分についても丁寧に実施されます。そのため、タクシードライバーは転職者が多い業界でその9割以上が未経験者ですが、ほとんどの方が問題なく業務を開始することができています。

転職後、すぐに稼ぎたいならタクシードライバー!

 タクシードライバーは、給料が完全歩合制である会社が多いです。つまり、人によって年収が異なります。当然、タクシードライバーとしての能力が上がれば、たくさん稼ぐことができますが、一方で収入が安定しないというリスクはあります。となると、まだまだ技術が未熟な1年目のタクシードライバーは経済的に苦しくなると思われがちですが、タクシー会社には一定の期間、給与保証を定めているところが多いのでそのシステムがある会社を選んで入社できれば心配ありません。もちろん、頑張り次第で収入は増えていきます。この給与保証の制度の影響もあり、タクシードライバーには1年目で430万円以上の年収を得る人も少なくありません。給与保証を受けている間にしっかりとコツをつかむことができるのでその後の収入を安定させることも難しくありません。数はあまり多くありませんが事実として、1,000万円以上の年収を稼ぐタクシードライバーも存在します。

 転職後の収入が不安なので、なるべく、最初から安定して稼ぎたいと考える人にこそタクシードライバーは適していると言えます。前職の年収を超えるところに最短で就職したいならタクシードライバーがおすすめです。

隔日勤務でプライベートもしっかり!

 タクシードライバーは、過酷な労働環境で働いているというイメージを抱いている人は少なくありませんが、実際はライフスタイルに合わせて働き方ができる職業です。平均勤務日数を見ると、月々11~12日と決して多くありません。タクシードライバーの特殊な勤務体系がそれを可能としています。それが「隔日勤務」という働き方です。

 隔日勤務とは、ある日の午前から、その日が明けた深夜まで働き、仕事を終えた日はそのまま休みになるという働き方です。当番の日を終えたら、次に働き始めるのは最短でも次の日の朝ということになります。フリーな日中の時間帯を多く作ることができる働き方なので、趣味を楽しんだり、家族との時間を満喫したりすることも可能です。また、公休日もあるので例えば、土日を連休にするといったシフトの組み方も交渉次第では可能になります。

 休日が多い分、1日の勤務時間が長い働き方ではありますが、ランチタイムの休憩や、会社によっては義務付けられている仮眠の時間もあるので体力的に隔日勤務が難しくなるというケースはあまりありません。多くのタクシードライバーが隔日勤務という働き方を選んでおり、満足のいくプライベートを送ることができているのが事実です。

自分のペースで高収入を目指せる!

 タクシードライバーの業務は、基本的に一人で行います。研修の段階で、基本的な業務の流れや、稼ぐための簡単なノウハウなどは教えてくれますがその後の工夫は自分次第となります。日々の経験から学び、次に活かすことができる職業なので、やりがいを求めて転職を検討している人におすすめです。また、人間関係に悩んだ末の転職でタクシードライバーになった人も多いです。タクシードライバーは、先輩から技術を学ぶことはあっても仕事の時は1人なので複雑な人間関係の中で働くという環境からは逃れることができる仕事です。その分、自分のことにしっかり責任を持てる人が適しています。

 タクシードライバーは、歩合給の割合が多い職業で、中には完全歩合制というところもあります。収入面での安定を求めるよりは高収入を目指せる環境がある職業であると言えるでしょう。ただ、研修制度も充実しているうえに、給与保証期間が設けられているなど、未経験者による新規参入も難しくない職業です。平均収入も東京都内のタクシー会社の中にはサラリーマンの平均年収より高いデータも出ており、転職してから、安定して稼ぎつつ仕事以外の自分のための時間も作れるようになって満足しているという人は数多くいます。

ノルマがあってきついなんてウソ!東京でタクシー乗務員としての転職のススメ

ノルマがあってきついなんてウソ!東京でタクシー乗務員としての転職のススメ

東京のタクシー乗務員の仕事はノルマがきつくて大変というイメージを持っていませんか。
ノルマという言葉だけに惑わされてはいけません。

今回はタクシー乗務員とノルマについて説明し、上手に転職する方法を紹介します。

タクシー乗務員とノルマの関係

タクシー乗務員として転職する際に気になるのは、どのくらいのノルマが課せられるのかといった点でしょう。
タクシー業界においてノルマは「足切り」と表現され、実際に多くの会社で取り入れられています。タクシー乗務員の賃金の計算方法は「基本給+歩合給+各種手当」です。歩合給は売上からノルマを引いた額に歩合率をかけたものであり、ノルマを達成して初めて支払われます。言いかえればノルマを達成することを大前提として給与体系が作られているのです。しかしながら、ノルマを達成できなかった場合でも基本給と各種の手当ては支給されます。そのためノルマを達成できなかったからと言って給与がもらえないというわけではありません。

基本給と歩合給の割合はタクシー会社によって異なります。基本給が高い会社であれば歩合給の割合は少なくなると考えましょう。基本給が低い会社ではリスクは上がりますが頑張り次第で稼げる金額が多いともいえます。

ただ、タクシードライバーというのは個々の頑張りが評価される仕事ですので、ノルマ達成にむけてプレッシャーをかけられることや、上司の嫌がらせなどもありません。そのため働きやすい職場であるといえます。
また、大手のタクシー会社ではノルマが設定されていないところもあります。

ノルマの達成は可能?

ノルマがある仕事は「きつい仕事」と感じる人も人もいるでしょう。
しかし、タクシー乗務員としてのノルマは、まじめに仕事をしていれば達成が可能です。例えば乗客をタクシー乗り場や駅で付け待ちすることや、無線での配車依頼への対応、流しでお客さんを上手に獲得するなどの当たり前の業務をきちんとこなしていれば難しいことではありません。
また、ノルマ達成後にもさらに売上げを伸ばし高い収入を得ているタクシー乗務員というのは、付け待ちの場所や時間、流しで現れるタイミングや場所などをしっかりと研究しています。

いかに効率よく乗客を獲得して売上げにつなげるかというポイントを良く知っているのです。

そのためタクシー乗務員の仕事は頑張れば頑張るほどに評価されるといえるでしょう。評価されることで仕事へのモチベーションが維持でき、働く楽しみを感じられます。さらに一般的な会社では給料の天井は40~50才くらいで訪れますが、タクシー乗務員の場合には経験を積めば積むほど給料を上げ続けることも可能です。
経験値が増えるとともに指名客も獲得できるようになり、さらなるやりがいを感じながら働き続けられます。

大手のタクシー会社であれば働きやすいメリットがいっぱい

東京でタクシー乗務員として転職を考えるのであれば、大手のタクシー会社に転職をするのがおすすめです。
ノルマに関しても比較的寛容な傾向にあり、大手は風通しの良い環境であるといえるでしょう

。また大手のタクシー会社であれば平均年収が中小規模のタクシー会社に比べて高いともいえます。大手で働くことは安定感があり、それなりの収入も期待できるのです。

また、タクシー会社の名前がブランド力を持っているため、顧客から選ばれやすいともいえます。その他にもタクシーチケットの契約を多くの企業と結んでいる場合も多くみられます。

タクシー代が会社持ちになることから優先してタクシーチケットのあるタクシーに乗る乗客も多いのです。さらに大手のタクシー会社は、積極的に顧客を獲得するよう力を入れていますので、専用の乗り場や配車アプリなどの充実させています。タクシー乗務員が乗客を獲得しやすいシステムが作り上げられていますので安心して仕事ができるといえるでしょう。また、福利厚生も非常に充実しているのが特徴で、まとまった休みをとることも可能です。

これまでの職場において休みが取りづらかった人からは、タクシー業界への転職で自由に使える時間が増えるようになったという声も聞かれています。

安定を求めるなら終身雇用は絶対条件

タクシー乗務員の平均年齢は非常に高いといわれています。
その背景にあるのが社員として働いている乗務員の定年が65歳という点でしょう。さらに定年になっても本人が希望すれば仕事を続けられ、定年後に再雇用されるケースも多くみられます。健康状態に問題がなく、安全運転が可能であれば70歳を過ぎても現役で働けるため、終身雇用で働ける仕事であるともいえるでしょう。また、研修期間をすぎ、一定期間仕事をすれば正社員として登用されやすいといったメリットもあります。そのため年を取ってからの転職であっても安定した仕事が得られ、これまでと変わらない暮らしができることから家族も安心していると答える転職成功者も多くみられます。

ただ、再雇用のシステムに関してはタクシー会社によって異なります。定年してからも長く働きたいと考えている人は求人をしっかりチェックしておくのがおすすめです。また、面接でも長く働く意思があるということを伝えておくのもいいでしょう。

人口の多い東京ではタクシーを利用する人が非常に多いため、タクシー乗務員は安定して稼ぐことができる職業です。

ノルマをきちんこなし、意欲的に働くことで多くの収入が期待できます。

転職を検討中のタクシードライバー(乗務員・運転手)におすすめな東京都内の休憩場所

転職を検討中のタクシードライバー(乗務員・運転手)におすすめな東京都内の休憩場所

タクシードライバーにとって、休憩を取ることは必須です。しかし、道路法に抵触してしまう場所で休憩を取ると違反行為と見なされてしまうことに。

そのため、安心安全の休憩場所を探すことが重要です。今回は、東京都内でタクシードライバーが休憩場所を探す際のポイントと、おすすめの休憩場所を紹介します。

タクシードライバー(乗務員・運転手)の休憩時間は?

一般的な会社に勤務する人の場合は、一日に働く時間は9時間前後で休憩は約1時間のケースが多いですが、タクシードライバーの場合は一日に20時間前後の拘束時間が主流です。拘束時間だけに着目すると過酷な仕事と想像する人がいるかもしれませんが、決してそうではありません。

タクシードライバー(乗務員・運転手)の業界では、「隔日勤務」と呼ばれる勤務体系が採用されている場合が多くなっています。そのため、逆に一回の勤務における拘束時間が長く設定されている訳です。
休憩時間の具体的な長さに関しては、タクシー会社によって異なります。例えば、数時間に一回の休憩や一日あたり3時間前後など、休憩時間が労働基準法によって設定されていますので、転職を希望する人も安心して働くことができます。つまり、タクシー運転手は休むことも仕事と言えるでしょう。

先ほども触れた通り、隔日勤務になる場合は一回の連続勤務時間の中で、最低でも3時間は休憩時間を取らなければならないとされています。休憩を確実に取ることに関しては、転職先のタクシー会社に就業する際や、研修中などに先輩のドライバーから指導があるはずです。

タクシー運転手が休息場所に選ぶのはどんな場所?

タクシードライバー(乗務員・運転手)は、長い時間継続して運転しなければならない仕事なので、適切にリフレッシュすることが不可欠です。疲労を溜めたまま居眠り運転をしてしまったり、集中力が切れれば交通事故につながる可能性も。乗客の安全に目的地に運ぶ職業ですから、極力疲れを蓄積しないように休憩を確実に取ることが大切です。

そこで重要になるのが、交通ルールを守って休む場所を確保すること。勤務先の会社の車庫に戻って休憩する運転手もいますが、目的地へ乗客を連れて行ってから、路肩を探して車を停めて休む場合もあります。
担当地域が勤務先の営業所からさほど離れていない場合は、営業所に帰って仮眠室で眠ったり、シャワーを浴びることも可能。

また、昼食あるいは夕食を取ったついでに、銭湯を探してリフレッシュするドライバーも。
そして、やはり一番多いのは基本的に車の周辺で待機しながら休憩を取る方法です。車内で仮眠を取ったり、目を閉じて眼精疲労を緩和させたり、運転手によって休憩の方法は様々。また、トイレ休憩も必要なので、トイレの利用ができる休憩エリアを確認しておくと安心です。

東京都内でおすすめの休憩場所

タクシー運転手におすすめな東京都内の休憩場所として有名なのが青山霊園です。なぜ青山霊園が指示されているかと言うと、路上駐車の形ではなく敷地内への駐車が可能だからです。

しかし、駐車ができる台数には制限がありますから、東京都内のタクシードライバーにとっては、いわば激戦地。そのため、青山霊園での休憩が難しい場合は他の場所を探しましょう。
短時間で安全に休憩したい時におすすめなのが、やはりパーキングの利用です。

時間を厳守して休憩することになるので、集中して休むこともできるでしょう。路上駐車の場合は、永大通りや浅草通り、蔵前橋通りや江戸川橋通り、目白通りや早稲田通りなどのパーキングを利用すると効率的に休めるはずです。
もちろん、休憩時間はただ漫然と休めばいいという訳ではありません。休憩を取っていても仕事中ですから、臨戦態勢は必須。必要に応じて、携帯用の枕や水分補給用の水筒など、休憩アイテムも必要です。

なお、短時間で休憩する際には、アラームの設定が欠かせません。気分転換が必要な時は、近くの飲食店に立ち寄って食事をしながら休むなど、リフレッシュしやすい方法で休憩を取りましょう。

休憩場所を探す際の豆知識

職業上、タクシードライバーは様々な道路に関する事情に精通していることが求められます。このことは、自分自身が休憩する上でも重要な要素。つまり、どこにパーキングがあるかだけでなく、パーキング付近の諸事情も知っておくことが必要です。

その時に大切なのが、コンビニやトイレの情報。パーキングの近くにコンビニや公衆トイレがあるか、あるいはトイレの利用が可能な施設について知っておけば安心です。これらの情報を得ることは、運転手に役立つだけでなく乗客への情報提供にも繋がります。道路事情に加えて周辺地域の特色や事情を把握しておけば、乗客からのリクエストにも応えやすくなるはずです。

タクシードライバー(乗務員・運転手)にとって、路上駐車など道路法に触れることをすると、業務にも支障が出る可能性があります。仮に免許停止処分になれば死活問題なので、細心の注意が必要です。東京都内で安心して休める場所を探す時は、タクシー仲間が多く集まる場所を探すと良いでしょう。

青山公園以外に有栖川公園も、周辺にトイレがあって便利。利用者も多いという点でもおすすめな休憩スポットです。自分が気兼ねなく車を停められる安全安心の休憩所を探してみましょう。

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すなら教育制度充実と終身雇用で長く働けることが大切

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すなら教育制度充実と終身雇用で長く働けることが大切

東京都内でタクシードライバーを目指すには、取得しなけらばならない免許があり、覚えることもたくさんあるので教育制度が充実している会社を選ぶ事が大切です。

また、長く働けるように終身雇用制度のある会社を選ぶとさらに安心といえます。
安心できる会社選びのポイントとその理由についてご説明します。

タクシー会社への転職を目指すなら教育制度が必要な理由

タクシードライバー(乗務員・運転手)になる為には、一般的に車を運転する際に必要とされる普通自動車1種免許の他にも、乗客を乗せて運転するために必要とされる普通自動車2種免許が必要です。
また、この普通自動車2種免許は、1種免許よりもさらに高度な知識を必要とします。

そのため、通常は教習所などに通いながら取得することが多いようです。
また、入社後に取得するケースが多いため、教育制度が充実している会社であれば2種免許の取得の際に必要とされる費用の補助があります。

会社によっては、かかる費用の全額を負担してくれる場合もあるので安心です。

また、教習所に通っている期間中にも、一定の給与保証が受けられる会社もあります。
さらに、東京都内の一部の地域では、公益社団法人東京タクシーセンターが実地する「新規講習」を受講して、「地理試験」に合格をすることが必要です。
「地理試験」は道路の名前や地名、駅の場所などが問題に出ますが、難易度が高く一度で合格するのも難しいといわれています。

このように、東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)になる為には、新たに取得をしなけれならない免許もありますし、合格をしなければならない試験もありますので、転職先を決める際のポイントのひとつとして、教育制度充実が挙げられます。

タクシードライバーの仕事はキャリアアップを目指すことも可能

タクシードライバー(乗務員・運転手)として勤務を続けているうちに、一定の評価をされるとキャリアアップがあるタクシー会社もあります。
とくに大手タクシー会社などでは、例えばタクシードライバー(乗務員・運転手)から、配車担当などの内勤経験などを経て、やがて昇格し責任者へステップというケースも珍しくはありません。

いずれ、責任者を目指したいという向上心のある人は、国土交通大臣指定試験機構が行っている、運行管理者試験を取得して運行管理者になりキャリアアップを目指していくことがおすすめです。

タクシードライバー(乗務員・運転手)の仕事は、基本的に歩合制の要素が強いので頑張った分だけ報酬を稼ぐことが出来るというやりがいのある仕事ではありますが、生涯現役でいるためにも、いずれは運行管理者などの責任者を目指すことが良いかもしれません。

このように、タクシー会社によっては、タクシー乗務員以外の働き方を目指せる場合がありますので、自分の考え方次第では、働き方の選択肢を増やすことが可能といえます。
また、そのためには長く働けることが重要で、キャリアアップがある会社を選ぶ事が大切です。

気になる運行管理者の仕事やその他のキャリアアップ

タクシードライバー(乗務員・運転手)からのキャリアアップといわれる運行管理者とはどういった仕事を行うのでしょうか。
運行管理者の仕事には、従業員の管理や売り上げの管理、タクシードライバー(乗務員・運転手)が起こしてしまった事故の処理、クレームの処理など幅広い業務がありますが、基本的に内勤となります。給与面では固定給が主流ですので、収入が安定するというメリットもあります。

また、運行管理者以外にも、会社の人事に関わる重要な仕事を任せられたり、会社によっては黒タクシードライバーやハイヤードライバーなどの特別なタクシーに乗車するというキャリアアップの道もあります。
特別なタクシーに乗車出来るのは、接客サービスや運転スキルなどが優れているドライバーだけですので、通常のドライバーよりも配車機会が多かったり、高級車専門に運転を行うことができます。
それによって期待できるのが収入のアップです。

このように、キャリアアップを目指すなら、そのための環境が整っていることが大切といえます。
また、教育制度充実の会社は比較的そういった環境を整えている傾向にありますので、タクシードライバー(乗務員・運転手)の転職を目指すなら、そういった会社を目指すことがポイントです。

終身雇用制度や再雇用制度のある会社で生涯現役を目指す

どんな業種でも転職をするなら、終身雇用制度がある会社を選ぶと長く働けるので安心です。
しかし、タクシー会社に限らず、いろいろな理由で終身雇用制度が必ずしも約束されているという会社は少なくなっている傾向にあります。

多くのタクシー会社では、60歳から65歳前後が定年となっていることが一般的ですが、本人の希望次第では定年後にも再雇用をしてくれる会社もあるようです。

しかし、会社によって条件が異なりますので事前に確認をしておくことが大切です。一方で、高齢になってからの運転は不安というタクシードライバー(乗務員・運転手)の方も少なくありません。
タクシー会社で生涯現役で働くことを目指すためには、キャリアアップをして内勤などの仕事が出来るように選択肢を用意しておくと安心です。

タクシードライバー(乗務員・運転手)になるためには、他の職種に比べて学歴や年齢、性別を問わないことが多いので転職をしやすいといえますが、覚えることや試験、研修もたくさんありますので簡単になれるというわけではありません。

また、こういったことを乗り越えて晴れてタクシードライバー(乗務員・運転手)になったら、生涯現役で長く働けることが理想的といえます。
また、理想を実現するためには、教育制度充実や終身雇用に着目した会社選びが大切といえるでしょう。