これまでのスキルや経験が活かせるタクシー運転手は喜びとやりがいのある仕事

これまでのスキルや経験が活かせるタクシー運転手は喜びとやりがいのある仕事

運転手になろうと考える人が増えていると言います。都内なら客も多く、スキルとしても運転免許があればいいし、困った客だけ我慢すればいいだろう、という考えがあるからかもしれません。しかしタクシー運転手にもスキルを活かした特殊なものはあり、簡単な仕事ではありません。むしろ、これまでのスキルや人生経験を活かす仕事であり、そこにやりがいを感じることのできる仕事と言っても良いでしょう。

タクシードライバーへの転職で気を付けるポイント

タクシードライバーはある種の接客業なので、対人スキルが必要になります。また、スーパーのレジなどのように多数の人を相手に数をこなすタイプの接客ではなく、同じ人と30分や1時間同じ空間にいて、なごやかに会話を続ける場合も多くあります。

そういった時に、それまで就いていた仕事での営業トークや雑談力が存分に活かされます。中高年でのタクシードライバーへの転職が多いのは、その部分で人より優れているものを身に着けていると考える人が多いからでしょう。

環境や待遇は、タクシー会社によって異なります。歩合制のイメージが強いタクシードライバーですが、給料保証をした上で、一定以上を歩合制としている会社もあります。

初めてタクシードライバーになる人は、いきなり完全歩合制のところに飛び込むのではなく、慣れて経験を積むまでは給料保証のある会社を探した方が良いかもしれません。客が取れなくて毎日過重労働をしていては体を壊してしまいます。転職する際には条件をしっかりと確認して、自分に合った就業形態の会社を選ぶことが重要です。

ガイドスキルの求められる観光タクシー

タクシードライバーにも、普段街で見掛けるような普通の送迎以外の仕事があります。観光タクシーと呼ばれるものもその一つで、観光バスを小規模にしたサービスと言ったところでしょうか。

バスではないので乗れる人数に限りがありますが、2、3人程度を乗せて観光地をガイドしながら回るサービスです。通常のタクシーと比べると少しだけオシャレをしたタクシーと、そのドライバーが観光地をガイドして回ります。

観光タクシーのドライバーは道だけを知っていれば良いのではなく、観光ガイドも務めなければなりません。そのため、その土地についての詳しい知識が求められます。都内観光では浅草や新宿などの人気スポットのガイドスキルは必須でしょう。

また、トラブルなく客を案内するエスコートスキルも求められます。特定の土地に以前勤めていたり、営業でよく訪れていて詳しかったりしたら、その経験が活かされることになります。

介護やヘルパーと送迎を兼ねたケアタクシー

また、介護やヘルパーとタクシードライバーを併せたようなサービスで、ケアタクシーがあります。主に要介護の客を安全に送迎するサービスです。高齢者や体の不自由な人が使うサービスで、たまの遠出などに使われている他、日常的にも通院が大変だという客に需要があります。

これは介護福祉士などの資格取得をした人がタクシードライバーになった際に、特に向いているサービスです。

要介護者は家族や知り合いに送ってもらえなければタクシーを利用するしかありません。しかし普通のタクシーでは面倒を掛けてしまうこともあるため、どうしても気にしてしまったり、遠慮しながら使ってしまいます。その需要に目を付けて、それに特化したケアタクシーが生まれたのでしょう。

介護が必要な人専用のタクシーにすることで、客に気軽に使ってもらえるサービスとなっています。タクシードライバーになる人で介護方面の資格を持っているのなら、それらを活かす分野も検討してみるといいかもしれません。タクシードライバーは普段からどんな客でも乗せていますが、要介護者としても専用の運転手のいるケアタクシーの方が、安心して使えるサービスと言えるでしょう。

サラリーマンの経験も活かせるタクシードライバー

タクシードライバーでこれまでのスキルを活かす場面は他にもあります。タクシーは人の流れを読む仕事なので、サラリーマンならこういう動きをするだろうな、という予測ができると客を取りやすくなります。例えば電車が止まった、などのニュースがあれば、その路線の駅に急速な需要が生まれます。

雨が降り出した朝9時前の時間帯には、バスが遅れるために念のためタクシーを取るという需要があるかもしれません。

夜の終電後もタクシーの稼ぎどきです。タクシーの需要と言えば飲み会や宴会で、車で帰れなくなった人や、終電を逃して帰れなくなった人がタクシーを求めます。宴会時期というものもあるため、年末年始や4月など、宴会が多いだろうなという時期を予想して上手く客を捕まえることができるでしょう。

これらはサラリーマンを経験していれば予測できる部分が多く、これまでの経験を活かしたタクシードライバーのスキルと言えるでしょう。

これまでの経験とスキルを活かした働き方

ケアタクシーや観光タクシーなど、それほどメジャーではなくてもタクシーの形は増えています。そして需要もまた下がって行くことはないと言われており、タクシードライバーを転職先に考えるのは悪くない選択肢と言えます。

そこに自分なりのプラスアルファを追加できれば、これまでの経験やスキルを活かした有意義な働き方になると言えるでしょう。

タクシードライバーへの転職を考えるなら給与が安定している東京都がおすすめ

タクシードライバーへの転職を考えるなら給与が安定している東京都がおすすめ

転職先としてタクシードライバーを選ぶ人が増えてきました。以前は中高年男性が多いイメージでしたが、時代は移り変わり、20~30代の若年層や女性のタクシードライバーもたくさん活躍しています。しかし転職したからと言って、誰もが成功する訳ではありません。働く場所選びによって状況も変わってくるのです。この記事ではタクシードライバーへの転職が成功しやすい東京に着目し、東京で働くメリットについて紹介していきます。

タクシー利用頻度が高い

日本最大の都市である東京は、元々人口が多い事に加え、地方や海外から出張や旅行でたくさんの人が集まります。もちろん電車やバスなどの公共交通機関も発展していますが、得意先訪問や観光スポット巡りなどは車の方が効率良く移動できるという利点から、タクシー利用頻度も高くなります。

また近場の移動にタクシーを利用する都民も多いです。都会だからこそ駐車場の確保が難しく、自家用車を持ちにくいといった背景があり、例えばお年寄りが病院へ行く、子どもを習い事に連れていくなど、地方では自家用車で送り迎えしている用事をタクシーで済ませる人も少なくないのです。

そしてタクシーの稼ぎ時と言えば、深夜の時間帯です。都内には有数の歓楽街があり、飲食店やレジャー施設は夜遅くまで人が絶えません。公共交通機関が終電になっていると、自宅に帰るにはタクシーを利用するしかなく、割増料金になった時間帯でも多くの利用客が見込めるという訳です。

ちなみに地方では電話やネットからタクシーを呼ぶというパターンが多いですが、東京は流し営業が主流となっています。流し営業とはタクシーを走らせながら、手を挙げてタクシーを利用しようとしている客を見つけて乗車させていく営業方法です。タクシー利用客が少ない土地では無駄に車を走らせる事になりますが、頻繁に利用客が見つけられる東京だからこそ成り立ちます。

そして基本的にタクシー会社は歩合制を導入している所が大半です。つまり多くの乗客を捕まえられるほど、収入が高くなっていきます。東京で働くタクシードライバーの平均年収と全国の平均値を比べると100万円ほど上回っており、東京なら月収40万円以上を確保する事は決して難しくありません。都内の道を熟知し、時間のロスを無くしていけば、さらに収入アップが望めます。

実際、東京で他業種からタクシードライバーへ転職した人の中には、前職より大幅に収入が増えた事例は数多くあるのです。

圧倒的な求人数

ある程度の年齢になると、正社員で採用される確率が低くなっていきます。若い人材なら育て甲斐もありますが、40代以上の中高年ではよほどの技術を持っていなければ、履歴書選考の段階で落とされてしまう事も少なくありません。

その点、タクシー業界は慢性的な人材不足に悩まされており、特に東京のようなタクシー利用者が多い土地は、タクシードライバーの需要も高く、常に求人募集を出しているような状態です。

またタクシードライバーの魅力は、他業種からの転職で、ドライバー経験が皆無の人でも採用される可能性が高いという点です。実際、タクシードライバーとして活躍しているほとんどの人が他の業界から転職してきた人であり、最初にしっかり教育を受けてドライバーデビューしています。

自分は特に資格もない、未経験だからといって尻込みする必要はなく、熱意があって誠実な対応が出来る人なら面接で落とされる事はありません。タクシー会社としては、少しでも人材を確保しておきたいと切羽詰まった状態でもあるため、東京で正社員を目指すならタクシードライバーが狙い目と言えます。

制度が整った会社が多い

タクシーの需要が高い東京だからこそ、都内にはたくさんのタクシー会社が存在します。ライバル会社に負けないよう、もちろんサービス向上にも力を入れていますが、従業員の確保にも余念がありません。そもそも需要に対してドライバーの数が足りなければ、業績を伸ばすどころか会社存続の危機にも陥ってしまいます。

タクシー会社の数が多いだけに、タクシードライバーへの転職を目指す人達もより良い条件で仕事を探したいと考えるのが当然です。例えばデビューして間もない新人の頃は、給与が歩合制だと思うように稼げない可能性が高いです。この新人の辛い状況を見越して、半年から1年程度の間、保証給を設けている会社もあります。

保証給があれば収入の心配をせず、仕事に慣れる事に集中出来ます。また地方から東京へ出て働きたいと考えている人にとっては、寮が完備されている会社は便利です。

自分で物件を探す必要はなく、家具や家電が取り揃えられている寮なら初期費用も少なく済みます。身一つで東京に出てきて、すぐに住居を見つけて働き始められる仕事は、タクシー会社以外なかなか見つけられるものではありません。

思い切ってタクシー業界に飛び込んでみよう

タクシードライバーの仕事に興味があるならば、思い切って飛び込んでみても良いかもしれません。もちろん仕事に慣れるには自分の努力も必要ですが、タクシードライバーとして働けるように研修もしっかり行われるので、未経験でも安心して挑戦出来る職種です。

特にタクシーの需要が高い東京なら、自分の頑張り次第で前職より大きく収入を上げられるかもしれません。

自分のライフステージに合わせて活躍できる!タクシードライバーへの転職が幅広い世代から人気の理由とは?

自分のライフステージに合わせて活躍できる!タクシードライバーへの転職が幅広い世代から人気の理由とは?

タクシードライバーは幅広い年代で活躍できる仕事です。新卒や第二新卒、30代のキャリアアップを考えた転職、そして定年後の再就職など、自分のライフステージに合わせて活躍することができます。また、タクシードライバーは昼日勤、夜日勤、隔日勤務などを自由に選ぶことができるので、個人の事情に合わせて柔軟な働き方ができるでしょう。今回は、タクシードライバーへの転職が幅広い世代から人気の理由を紹介します。

年代別のタクシードライバーが人気の理由

タクシードライバーへの転職には、世代を問わず人気を集める理由があります。それぞれの年代別に見た、タクシードライバーの仕事がおすすめな理由について紹介しましょう。

#20代にタクシードライバーが人気の理由

タクシードライバーは歩合制を採用しているため、努力次第でたくさん稼ぐことができます。若い間は体力があるので、長時間労働に耐えやすく、頑張れば頑張るほど売り上げを伸ばすこともできるでしょう。また、タクシードライバーの給与は成果主義なので、年功序列による不公平などがありません。

売り上げがダイレクトに給与に反映されるため、若い世代のドライバーも高いモチベーションを維持しやすく、毎日の仕事にやりがいをもって挑むことができます。

#30代にタクシードライバーが人気の理由

会社の中で中堅に位置する30代は、求められるスキルや実績が20代とは全く違います。30代は即戦力となる人材が求められるので、待遇のアップを目指した異業種への転職はとても難しくなるでしょう。しかし、タクシー業界は人手不足にあえぐ分、ほとんどが未経験歓迎の求人なため、経験がなくてもタクシードライバーになることができます。

また、先ほど伝えたようにタクシードライバーは実力主義であり、成果をあげれば年収の上限はなく、スキルさえ身につければ大幅な年収アップも可能です。「未経験でも転職できる」「高収入が目指せる」「煩わしい人間関係がない」などが、タクシードライバーへの転職が30代に人気がある理由です。

#定年後の働き方としてタクシードライバーが人気の理由

老後の生活費が不安だったり、働くことが好きだったりする人は、定年退職後に再就職を希望することもあるでしょう。60歳以上の再就職は難易度が高く、なかなか転職がうまくいかないことが多いです。

しかし、タクシードライバーは年齢上限が高いため、70~80代の方でも雇用している会社は多くあります。現に、タクシードライバーの平均年齢は「60.1歳」となっており、70歳を超えても働ける仕事としてシニアに人気があるのです。昼間の時間帯だけ働く日勤もありますし、休憩を取りつつ自分のペースで働けるので、体力に自信がなくても安心して働けます。

年齢だけでなく性別も不問!タクシードライバーが女性に人気の理由とは?

実は、タクシードライバーという仕事は男性だけでなく女性にも人気がある職業です。理由は、この業界特有の柔軟な勤務体系にあります。昼間のみの勤務である日勤勤務、1日働いて1日休みという隔日勤務、夜から翌朝にかけて働く夜日勤、従業員が働く時間を決められるフレックス勤務など、様々な勤務体系の中から自分にあったものを選ぶことができるのです。

結婚や出産、子育てなど、女性のライフステージは目まぐるしく変わり、どのライフステージにいるかによって働き方を変える必要がでてきます。しかし、タクシーでは数多くある勤務体系から働き方を選択できるので、ライフステージの変化に対応しやすいのです。

また、未経験者歓迎が多いため、「出産・育児でのブランクを機に未経験分野にチャレンジ」したい女性にもおすすめできます。タクシードライバーは接客業であり、女性ならではの気づかいやコミュニケーション力がお客さんに喜ばれることは多いです。そのため、女性ドライバーを積極的に募集している会社が増えてきており、女性が転職しやすい環境が整っています。

未経験でタクシードライバーに挑戦する場合どのような経験が活きる?

タクシードライバーに転職する場合、前職で積んだ経験を運転手として活かせる場合もあります。タクシードライバーは、一にも二にもお客さんとのコミュニケーションが大事になる仕事です。タクシードライバーで活躍するためには、初対面の人とも世間話で盛り上がれるような、ある程度のコミュニケーション能力が求められます。

そのため、お客さんをもてなすサービス業や接客業で働いていた人は、人との会話に慣れているのでやりやすいでしょう。

また、タクシードライバーは運転するのが仕事なため、運転技術や安全運転知識を身につけていると転職でも有利です。運送・物流業界でドライバーとして働いていたのであれば、すんなり仕事になじむことができるでしょう。

ドライバー職についたことがなくても、車の運転が好きだったり、無事故・無違反であることは面接の際のアピールポイントになります。前職の経験が活きると感じるものがあれば、面接時の自己PRで上手にアピールしてみましょう。

何歳になっても活躍できるタクシードライバー

ライフステージの変化に合わせて仕事を続けるというのは難しいもの。しかし、タクシードライバーは自分の生活スタイルに合わせて自由な働き方をすることができます。

定年を迎え、ある程度の期間ブランクがあったとしても働ける環境があるので、シニアドライバーとして再就職するのもいいでしょう。過去の経験が活かせそうだったり、腰を据えて長く働ける仕事を目指したりしているならばタクシードライバーへの転職がおすすめです。

シフト制で休日を取りやすく月半分以上休みになるタクシー運転手ならプライベートも充実

シフト制で休日を取りやすく月半分以上K25:M25休みになるタクシー運転手ならプライベートも充実

タクシー運転手ならプライベートを充実させられる、休日がたくさんあって嬉しいという話を聞いたことがある人もいるでしょう。仕事もプライベートも充実させたい人にとって休みを取りやすいかどうかは切実な問題ですが、本当にタクシー運転手になると休日が十分にあるのでしょうか。タクシー運転手の勤務形態や休みの実態について確認してみましょう。

タクシー運転手の一般的な勤務形態

タクシー運転手としてタクシー会社に転職するときには勤務形態について取り決めをして雇用契約をすることになります。一般的なオフィス勤めの会社員であれば9時~18時の平日は勤務で土日祝日は休みといった形になっていることが多いでしょう。しかし、タクシー会社の場合には一般的に隔日勤務での契約を推奨しています。

隔日勤務とは朝から働き始めて翌日の明け方まで働く勤務形態で、例えば朝の7時半から夜中の2時まで働くというのが特徴です。その間に休憩時間も三時間確保することができるので、途中で仮眠を取りながら働いても構いません。早朝まで働いたその日は休みになるので、ゆっくりと休んで次の勤務に備えることもできます。

通常の会社員と同じような昼日勤と呼ばれる勤務形態を認めているタクシー会社もありますが、タクシーサービスは夜間も提供しなければならないという面があります。

その人材確保のために夜日勤のタクシー運転手を雇っていることもありますが、隔日勤務の人を増やすことによって夜日勤はなしでも十分なサービスを提供できるでしょう。そのため、できる限り隔日勤務で人材を確保し、必要な人数を毎日確保できるようにしているのが一般的です。

シフト制で休みを取りやすい

タクシー会社では地域のニーズに応じたサービスを提供できるように、どの時間帯も一定数以上はタクシー運転手が稼働しているようにシフトを組むようにしている場合が多くなっています。

シフト制といってもレストランやファーストフード店などと違い、一時間や二時間ごとに細かく区切って人材を割り振っているわけではありません。大まかには昼間と夜間に必要な人数のタクシー運転手が稼働できるようにシフトを組んでいます。休みを取ってしまう人が同じ日に集中すると人数確保が難しくなるため、調整をする必要があるのです。

隔日勤務の場合には出勤日の翌日が休日になるので、その日には別の人が出勤していなければなりません。また、勤務開けの翌日も休みを取る人が多く、場合によっては三連休や四連休を取得することもあります。

隔日勤務では勤務負担が大きいこともあって、月に11日~13日の勤務が原則になっています。月半分以上が休みなので管理する側としてはパズルのようにしてシフトを決めることになるのは想像できるでしょう。ただ、きちんとした管理をしているので隔日勤務で連続勤務になるようなことはありません。

また、希望を出しておくとその日を休みにできる現場が多く、休みの自由度が高くなっています。

休みが多いからプライベートが充実する

隔日勤務とシフト制の組み合わせによってタクシー運転手は休みがたくさんあります。仕事だけをして生活をするのではあまりに暇になってしまうでしょう。
自然にプライベートが充実するようになり、趣味を楽しみながら生活していくこともできるようになります。今までずっと忙しいからという理由で諦めてしまっていた家族サービスもしやすくなり、一緒に趣味を楽しんだり、旅行に出かけたりしている人も大勢います。

休みを確保しやすい点の見方を変えるとプライベートが忙しい人でも働けることを意味します。主婦では家事や育児が忙しいから働けないということも多いですが、タクシー運転手として働きながら家事の切り盛りをしている人も多くなってきました。隔日勤務で働いている場合には勤務日は夫に家事を任せてしまい、残りの日は自分が引き受けるというのが典型的です。

子育て中は昼日勤で働かせてもらいたいと申請すると受理してもらえるタクシー会社もあります。短時間勤務制度を取り入れている会社も多く、朝から夕方早くまでというスケジュールで上手に働きながら子育てをしている女性もいます。

健康管理には気を付けよう

休日がたくさんあって嬉しい働き方ができるのはタクシー運転手の魅力ですが、転職してからしばらくの間は健康管理に気を付けるようにしましょう。

慣れないうちは朝から深夜過ぎまでの長時間勤務が体力的に負担になることがあります。最初のうちは隔日勤務明けの日はゆっくりと休息を取った方が元気を維持できます。

いつも元気を維持できるようにすることで仕事もプライベートも充実させられるようになるので、慣れるまでは休日に遊び過ぎないように辛抱しましょう。

休日が多いタクシー運転手になってプライベートも充実させよう

タクシー運転手は隔日勤務が一般的で、シフト制を組んであることから休日がたくさんあって比較的自由に休む日を選べます。趣味にも家族サービスにも時間を費やせるようになるので、プライベートも充実するのが魅力です。

東京で活躍しているタクシー運転手には主婦もいるので、仕事も家事も育児も充実させたい人もタクシー運転手になることを考えてみましょう。

タクシー運転手に転職するならUターンIターンするよりも都心のタクシー会社の方が高給与が狙える

タクシー運転手に転職するならUターンIターンするよりも都心のタクシー会社の方が高給与が狙える

プライベートの時間を確保しやすいということで転職先として人気のあるタクシードライバーですが、より慣れ親しんだ環境で働こうとUターンやIターンした先で就職しようと考える人が多いようです。しかし、高給与を狙うのであれば、地方よりもむしろ都心のタクシー会社に就職した方がよいのです。以下では、タクシー会社の給与事情について見ていきますので、参考にしてください。

なぜ都心のタクシー運転手は高給与なのか

最初に、なぜ都心のタクシー会社でタクシー運転手として働く方が、地方に比べて高い給与が得られる背景について見ていくことにしましょう。何といっても、都心には地方と比べて圧倒的に多くの人がおり、常にタクシーに対する大きいニーズが存在しています。

また、公共交通機関が動いていない夜間から明け方にかけてオープンしている飲食店なども多いため、必然的にタクシーを利用しなければ家に帰れないという人もかなりの数がいるのです。さらに、国内外から観光で都心を訪れる人も後を絶たず、そのような観光客がタクシーを使って移動するケースも少なくありません。

これらの状況が相まって、都心でタクシー運転手として働く方が、地方で働く場合と比べて、圧倒的に多くの利用客をゲットしやすくなっています。基本的にタクシー運転手の給与は歩合制である場合がほとんどですので、利用客が多ければ多いほど、得られる金額は大きくなるというわけです。

本当に都心のタクシー運転手の給与は高いのか

理論上は都心のタクシー運転手の方が高い給与を得やすいということが分かったとしても、実際に得られている給与は本当に都心と地方で大きな差があるのでしょうか。この点について確かめるために、ここでは厚生労働省が公表している賃金構造基本統計調査において示されている都道府県別のタクシー運転手の給与水準を見ていきます。

まず、2017年の調査結果によると、都心がある東京都のタクシー運転手の平均年収は420万円弱となっています。平均的なサラリーマンの給与水準と比べると、概ね同じくらいであると考えてよいでしょう。また、東京に次ぐ都市部である神奈川や大阪、愛知を見てみると、350万円から380万円程度となっており、こちらも東京ほどではないにしても、それほど悪くない水準であると言えます。

一方、それ以外の多くのエリアでは、200万円台から高くても300万円台前半くらいが平均的な年収の水準ですので、これを見てもいかに都心でタクシー運転手として働いた方がより多くの給与を得られるということが分かるのではないでしょうか。また、都心のタクシー会社の中には半年から1年ほど給与保証があるところもあるため、未経験で転職した場合でも安心です。

都心でタクシー運転手をする際に注意すべきこと

都心でタクシー運転手として働く場合には、いくつかの点に注意する必要があります。

まず一つ目は、地方の利用客と違って、都心の利用客は目的地の住所を言わずにビル名だけを告げる場合が多いという点です。特に、地方から上京してタクシー運転手として働き始めた人が驚くポイントなのですが、都心の利用客はタクシー運転手はそこそこ名の知られたビルについてはすべて頭に入っているものと考える傾向にあります。

そのため、いきなりビル名を告げられてあたふたしないためにも、まずは目的地として指定されやすいビルについてはその位置関係を徹底的に頭に叩き込むようにするといった地道な努力が効率よく稼働するためには重要となるのです。

また、二つ目に注意すべきポイントは、同じ都心であっても、エリアごとに利用客の特性が大きく異なるということです。東京であれば中央区や千代田区などはビジネス目的でタクシーを利用する人が中心であるのに対し、台東区や品川区などでは観光目的の利用客も多くいます。

そのため、前者を中心に営業するのであればオフィスビルの場所を覚えておくべきですが、後者の場合には有名な観光スポットの場所を優先的に頭に入れた方がよいでしょう。

都心のタクシー運転手の年収例

では最後に、都心のタクシー運転手の年収例を見ておくことにしましょう。給与の計算方法はタクシー会社によって異なるため、一律には言えませんが、都心の場合にはほとんどの場合が完全歩合制となっています。イメージとしては、営業によって得られた運賃の半額程度が自分の取り分になり、そこから社会保険料などが控除されて残りが手取りになるという感じです。

そのため、なるべく多くの年収を得るためには、可能な限り効率よく稼働する必要があるのですが、それができるタクシー運転手の場合には、700万以上の年収を稼ぐことも決して難しくはありません。

実際、稼いでいるタクシー運転手の年収を見てみると、1,000万超えは珍しくなく、なかには2,000万円近く稼いでいる高給取りも存在しています。

そこまでの大きな給与を得るのは地方ではほとんど不可能に近いため、この年収例だけ見てもいかに都心の方が稼ぎやすいということが分かるのではないでしょうか。

都心で稼げるタクシー運転手になろう

以上で見てきたように、収入を増やすことを目的にするのであれば、都心でタクシー運転手に転職するというのは有力な選択肢となります。

もちろん、転職しただけですぐに高給が得られるようになるわけではありませんが、努力次第で大企業に勤めるサラリーマンよりも大きな収入を得られる可能性もありますので、少しでも高い給与を目指したい方はぜひ一度チャレンジしてみるとよいでしょう。

東京都内で良いタクシー会社を探そう!優良企業の見分け方や大手に転職するメリットとは

東京都内で良いタクシー会社を探そう!優良企業の見分け方や大手に転職するメリットとは

実力主義のタクシー業界ですが、どこの会社を選ぶかによって、働き方、給料の額、福利厚生の充実度など、様々なものが変わってきます。

東京都だけでも、タクシー会社はかなりの数があります。悔いが残らないよう、希望や条件をしっかり吟味し、働きやすく稼ぎやすいタクシー会社への転職を目指しましょう。

今回は、転職で後悔しないために、大手に転職するメリットや優良企業の見分け方について紹介します。

大手のタクシー会社に転職するメリットとは

大手のタクシー会社に転職するメリットに、「売り上げを確保しやすい」というのがあります。大手のタクシードライバーが売り上げを確保しやすい要素に、「専用タクシー乗り場」と「タクシーチケット」の存在があります。

専用タクシー乗り場とは、駅前や施設のロータリーに設けられている、特定の会社の車両しかつけることができない専用の乗り場のことです。専用のタクシー乗り場があれば、顧客の囲い込みに有効なので、売り上げアップに繋がります。

東京都内の大手の4社は、「東京4社」のタクシーを利用する際に使用できる共通のタクシーチケットを取り扱っています。東京4社は数多くの企業とタクシーチケット契約を結んでおり、チケットを持っている社員は必然的にこれらの会社のタクシーを利用することになるので、売り上げを確保しやすくなるでしょう。

また、経営が安定しているというのも大手のタクシー会社に転職するメリットです。大手タクシー会社は事業の規模が大きく、安定した経営を行っているため、倒産のリスクも少ないです。

景気に左右されやすいタクシー業界ですが、大手は多角的な事業展開をしていることが多く、リスクを分散させ安定的な収益を期待することができます。大手は福利厚生に力を入れている企業も多く、社員が働きやすい職場環境を整えているので、従業員の満足度が高い傾向にあります。

優良企業の見極め方

優良企業かどうか見極めるポイントに、研修、教育制度が充実しているかどうかというのがあります。右も左も分からないタクシードライバーにとって、未経験で完全歩合制の企業で働くことには大きなリスクが伴います。

一日も早く優秀なタクシードライバーとして活躍するためには、研修や教育制度が充実している会社で働くのが一番の近道です。せっかく育てた人材とノウハウが競合他社に渡ると企業にとっては大きな損失となってしまいます。

そのため、教育制度が充実している会社は、できるだけ長く働いてもらえるよう従業員を大切にする傾向があります。東京都内でタクシードライバーとして営業するためには、二種免許の取得と地理試験の合格が欠かせません。

未経験ならば、新人ドライバーが活躍できる環境を整えている企業を選ぶようにしてみましょう。

会社選びでは、乗務中に事故が起きた際の保証制度がどうなっているのかもしっかり確認しましょう。ほとんどのタクシー会社に事故補償が設けられていますが、事故時の対応や負担率は会社によって様々です。

転職する前に、物損、人身、過失の3種類の事故の補償内容や、事故で怪我して働けなくなった場合に休業補償が出るかどうかなどを必ずチェックしなければなりません。補償の内容が厚いほど、従業員のことを大切にしようとしている会社であることがわかります。

タクシードライバーは、普通の人の数十倍もの時間を車の運転に費やすことになるので、万一のことを考えるならば事故補償がしっかりしている所を選ぶと安心です。

優良企業に転職するコツ

優良企業を見つけても、面接に受からなければ意味がないので、しっかりと面接対策をすることが大切です。タクシードライバーは接客業でもあるため、面接時は「身だしなみを整える」ことが特に大事になります。

黒・紺・グレーなど、派手じゃないスーツを着て、男性ならばちゃんと髭を剃り、髪の毛を整えて面接に挑むようにしましょう。第一印象を良くするために、しっかりと相手の目を見て、笑顔で明るくハキハキと受け答えをすることが重要です。

また、面接で受かるために、「何故うちの会社を選んだか」という志望理由をきちんと答えられるようにしておきましょう。「運転が好き」「頑張り次第でたくさん稼げる」というのも立派な志望理由ですが、これでは面接官に「他の会社でも良いのでは」と思われてしまいます。

志望する企業の特徴や理念を調べ、介護タクシーに力を入れている企業だったならば、「自分の持っている介護の資格を活かせると思い御社の求人に応募しました」と伝えると面接官に熱意が伝わります。

これまで培ったスキルを整理し、その中でタクシードライバーとして役立つものがある場合、それを応募企業の特徴に紐づけて伝えることでよいアピールポイントとなるでしょう。

自分に合った会社を選ぼう

タクシードライバーは、自分の頑張り次第で給料が跳ね上がる夢のような職業です。しかし、会社選びに失敗すると「ここでは働きたくない」と転職を考えてしまうこともあります。

給与体系、福利厚生、勤務体系などは会社によって異なっています。仕事で自分が何を求めているのかしっかり自己分析し、豊富な求人の中から長く働くことができる優良企業を選ぶようにしましょう。

タクシードライバーに転職するなら?給与が良く平均年収が高い東京都がおすすめ!

タクシードライバーに転職するなら?給与が良く平均年収が高い東京都がおすすめ!

タクシードライバーへの転職を考えている人は、働く場所を真剣に考えてみましょう。

そしてもし転職の理由が「稼ぎたい」というものであるなら、東京都がおすすめです。他のどの道府県よりも稼げる東京都は、隣接する県に比べても平均年収も飛びぬけて高いためです。

他にも東京都でタクシードライバーをするメリットを紹介していきます。

東京のタクシードライバーは給与が高い!

東京都内でタクシードライバーをするメリットとして、「給料が高い」ということが真っ先に挙げられます。転職理由の中に「たくさんお金を稼ぎたい」という理由がある人は、東京都でタクシードライバーをすることを選択肢に入れてみましょう。

平成29年に行われた調査では、全国のタクシードライバーの平均年収が348万円なのにたいして、東京都のタクシードライバーの平均年収は470万円と、平均年収が120万円以上高くなっています。

それではなぜ、東京都でタクシードライバーをすると、これだけの高収入を得られるのでしょうか。それは「人口の多さ」が大きな要因となっています。1,000万人を超える東京都の人口は、他の道府県を圧倒する人口の多さを誇ります。人口が多ければ、お客様の数も多くなるため、乗車率も高くなります。

タクシードライバーの給与は、最低保証の給与+歩合というケースがほとんどです。つまり給与の多寡は乗せたお客様の数と走った距離で決まります。お客様の数が多くタクシー乗車率が高い東京都内では、歩合部分の収入が多くなるため、他の道府県に比べて収入が多くなるのです。

効率的にお金を稼げる!

東京都内のタクシードライバーは、他のエリアで働くタクシードライバーに比べて、効率的にお金を稼ぐことができます。お客様が多く、どこにいても乗車率が高くなるため、特定の場所に車を付けて待つ必要がないためです。都内を流しているだけでお客様を乗せることができるため、行き帰りなどを考えず、いつでも効率的にお客様を乗せることができます。

一日の目標金額を達成するのにも時間がかからないため、短時間で仕事を終えて休憩に入ることもできるでしょう。無理をせずに効率的にお金を稼ぐことで、体力や気力を温存し、長くタクシードライバーとして活躍することが可能になります。

一方で、地方都市のタクシードライバーの場合は、駅前などの特定の場所にタクシーを付けて、お客様が乗車するのを待つ必要があります。1時間、2時間、タクシーの行列に並んでようやく乗せたお客様が、ワンメーターで降りてしまうこともあります。お客様を降ろした後、流しで新規のお客様を乗せる機会も少ないため、移動先でお金を稼ぐことも難しいでしょう。

その気なら24時間稼げる!

都内で働く人は遅くまで仕事をすることが多いため、深夜でもお客様を乗せることができます。昼間も社用で利用する会社員のお客様や、高齢者のお客様の利用が多いため、日中ももちろんお客様を乗せることができます。

このように東京都にはライフスタイルの違う老若男女が住んでいて、それぞれがタクシーを利用してくれるため、24時間お金を稼ぐことが可能です。稼ぐ気さえあれば、勤務時間を伸ばして、徹底的にお金を稼ぐモードで働くこともできます。

また東京には、埼玉県や千葉県、神奈川県から通勤している方も多く、遠距離のお客様も少なくありません。そのため終電が終わった時間帯に、オフィス街を流していると、遠距離移動のお客様を乗せることができます。

さらに東京には、浅草や秋葉原、六本木や銀座といった、外国人観光客に人気の観光スポットが点在しています。タクシーで都内の複数の観光スポットを巡る外国人観光客も多いため、このようなお客様を乗せることで、まとまったお金を稼ぐことが可能になります。

寮や福利厚生が充実している!

東京都内のタクシー会社は、福利厚生が充実した会社が多いです。まず東京都内はお客様が多いわりに、タクシードライバーが少ないため、慢性的な人手不足だという事情があります。売り手市場のため、できるだけ良い人材を確保したいタクシー会社は、条件を良くすることで人材確保に努めています。

また地方出身者も歓迎しているため、寮完備のタクシー会社も少なくありません。寮に入れば生活費を大幅に抑えることができます。高収入を得たうえで、支出が少なくなれば、まとまった貯金をすることも可能でしょう。

他の道府県のタクシー会社は、東京ほど福利厚生が充実しておらず、寮まで完備しているケースは少ないでしょう。さらに地方出身者が都内の道を覚えるための研修を実施している会社も多いため、地方出身のタクシードライバー未経験者でも、無理なく働き始めることができるはずです。

東京都内のタクシードライバーは稼げる環境が整っている!

東京都内でタクシードライバーをすると、まず「給与が高い」というメリットがあります。圧倒的な人口の多さが、高い乗車率を生み、高い給与を実現しているためです。

他にも効率的に働ける、稼ぐ気さえあれば24時間ビジネスチャンスがあるなどのメリットがあります。さらに福利厚生が充実していて、寮完備のタクシー会社が多いため、地方出身者でも働きやすい環境が整っています。

女性や若い世代でタクシードライバーへの転職を考えている人が増えている?タクシードライバーが人気になっている理由とは!

女性や若い世代でタクシードライバーへの転職を考えている人が増えている?タクシードライバーが人気になっている理由とは!

タクシードライバーが、若者や女性に人気になっているのを知っているでしょうか。

タクシードライバーというと、男性の仕事、稼ぐのが難しいなどのイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、タクシードライバーは他の職種にはない多くのメリットがあるため、転職を考える人が多くなっているのです。

今回は、なぜ女性や若い世代にタクシードライバーが人気になっているのか、その秘密を詳しく解説していきます。

タクシードライバーを目指す女性が増えている理由は?

タクシードライバーというと男性の仕事というイメージがあるかもしれませんが、女性のタクシードライバーも多くなっています。それは女性が働きやすい環境が整ってきているからです。

その理由の1つが、「女性ドライバー応援企業」の認定制度を、国土交通省が創設したことです。この制度は、タクシー事業の労働力不足を解消するために創設されました。

タクシードライバーの数は、平成21年から平成29年にかけて、約10万人近く減少しています。そのため、タクシー業界では人材不足が大きな問題になっていたのです。しかし、女性ドライバーの数は年々上昇傾向にありました。

そこで人材不足を解消するために、もっと女性ドライバーを増やそうと女性ドライバー応援企業の認定制度が創設されたというわけです。女性ドライバー応援企業に認定されるためには、女性ドライバーの雇用目標を設定していることや、女性ドライバーが働きやすい勤務形態、施設の整備などに取り組む必要があります。

女性ドライバーが働きやすい環境を整え、女性ドライバー応援企業に認定されるタクシー会社が増えているため、タクシードライバーになろうとする女性が増えているのです。

女性ドライバーの雇用を積極的に行っているタクシー会社は、子育てとの両立がしやすい労働環境を整えています。従業員のライフスタイルに合わせて労働時間を柔軟に変更したり、育休を取りやすい環境を整えたりしているタクシー会社が多いです。

中には保育園を併設し、子供を預けて安心して働けるようにしているタクシー会社もあります。他にも昼間だけの勤務で週休2日、研修期間中も給与を支払う、女性教官が在籍し研修をしてくれるなど、未経験者の女性でもタクシードライバーに転職しやすい環境が整った会社が増えています。

女性向けサービスを提供しているタクシー会社が増えているのも、女性タクシードライバーが人気になっている理由の1つです。東京都内には子育てタクシーや陣痛タクシーといった、女性の利用者を想定したサービスを提供している会社が多くなっています。

こういったサービスの利用者は、女性ドライバーさんのほうが安心してお願いできると感じる人も多いため、タクシー会社は女性ドライバーを積極的に雇用しています。また、女性ドライバーを指名できるサービスを提供している会社もあり、女性ドライバーの需要が高く求人が見つかりやすいというのも魅力です。

自由度の高い働き方に魅力を感じる若者が多い!

若者の間でタクシードライバーが人気になっている理由の1つが、自由度の高い働き方です。タクシー会社は基本的に24時間営業していますが、当然タクシードライバーが24時間勤務するわけではありません。

タクシードライバーの勤務形態は大きく分けると、日勤、夜勤、隔日勤務の3つに分かれています。日勤は一般的なサラリーマンと同じように日中働く勤務形態で、夜勤は夜から朝にかけて働く勤務形態です。

隔日勤務は知らない人も多いかもしれませんが、勤務日と休日を1日ごとに繰り返す勤務形態で、休みが多くなる代わりに1日に働く勤務時間が長くなります。長くなるとはいっても、しっかり休憩時間は取れるため、1日中働き続けなければならないというわけではありません。

一般的な企業のように働きたければ日勤、夜に働いてがっつり稼ぎたいなら夜勤、休みをしっかり取ってメリハリをつけて働きたいなら隔日勤務といったように、自由度の高い働き方ができるのがタクシードライバーの魅力です。

プライベートもしっかり充実させたいという若者が多くなっているため、自分のライフスタイルに合わせて勤務時間を選べるタクシードライバーは人気となっています。

また、タクシー業界は高齢化が問題となっており、積極的に若い人材を雇用しているというのも、若いタクシードライバーが増えている理由です。新卒はもちろん中途採用や未経験者も積極的に雇用するタクシー会社が多く、他の業種からの転職もしやすい業界です。

求人の数が多く選択肢の幅が広いというのは、転職を考えている人にとって大きな魅力になるでしょう。

多種多様な給与体系も人気の理由!

タクシー業界は他の業界に比べると、多種多様な給与体系の求人が見つかります。まずタクシードライバーで主流になっているのが歩合制ですが、完全歩合制の場合は自分の努力次第で高収入を目指すことも可能です。

若い人でもお客さんをたくさん掴むことができれば、平均年収以上稼ぐことができるということで夢のある給与体系と言えるでしょう。しかし、完全歩合制の場合、給与が安定しにくいというデメリットがあります。そういう人に人気になっているのが、固定給と歩合制を合わせた給与体系です。

A型賃金とも呼ばれる給与体系で、毎月固定給が貰えるため売上が少なかった場合でも、給与が安定しやすいというメリットがあります。特に未経験からタクシードライバーへ転職する場合、いきなり多くのお客さんを掴むのは難しいため、給与が安定しやすいA型賃金の求人が人気です。

他にも完全歩合制とA型賃金を組み合わせたAB型賃金などもあり、自分の希望に合わせて様々な給与体系を選ぶことができるということで、タクシードライバーを目指す若者や女性が多くなっています。

求人選びに拘って自分が働きやすい職場を見つけよう!

子育てしながらでも働きやすい、自由度の高い勤務形態、給与体系の選択肢が多いなどの理由で、タクシードライバーへの転職を考える若者や女性が多くなっています。求人の数が多く、選択肢の幅も広いということで、希望通りの職場が見つかりやすい業界とも言えるでしょう。

タクシードライバーへの転職を考えている方は、求人選びに拘って自分に合った職場を探してみてください。

タクシー運転手に転職して安定した給料を稼げる?お客さん対応と稼ぐノウハウを身につけることがポイント

タクシー運転手に転職して安定した給料を稼げる?お客さん対応と稼ぐノウハウを身につけることがポイント

東京エリアのタクシー運転手は安定収入を得られやすいと言われていますが、実情はどうなのでしょうか。ここでは東京エリアでタクシー運転手になるメリット、稼ぐために大切なノウハウ、転職を成功させるコツなどについて紹介しています。

タクシー運転手になって稼げるかどうかは、自分の能力や工夫にかかっています。まずは稼いでいる人のやり方・習慣を真似してみましょう。

東京エリアはタクシー運転手にとって働きやすい場所

タクシーを利用する人は富裕層が中心だと思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。マイカーを所有していない、電車やバスでの移動が苦手などの理由でタクシーを利用する方は少なくないです。

また終電を逃してしまったり、飲み会帰りだったりする場合も利用することが多いでしょう。東京都市部は眠らない街と呼ばれることもあり、タクシーの利用者が多いのでタクシー運転手にとって非常に稼ぎやすい環境にあります。

他の道府県から東京に引っ越し、タクシー運転手になる方が多い現実を見ても、東京エリアの優位性が見えてきます。バブルの時代では全国的に高収入を得られたタクシー運転手ですが、不景気になると利用者は減少する傾向があるのです。

しかし東京に関しては景気の影響は受けにくく、安定的に稼ぐことができます。サラリーマンや自営業からタクシー運転手に転職する方は多いですし、年収で600万円以上を稼ぎ出している方は少なくありません。

安定的に稼いでいるタクシー運転手が実践していること

タクシー運転手が高収入を得るためには、夜勤がポイントになります。終電の前後は稼ぎやすい時間帯ですが、深夜もお客さんをつかみやすいです。タクシー会社が導入する勤務形態は隔日が基本であり、これは最も高収入を得られるからです。

一方で昼勤と比べて体調を崩しやすい傾向があるため、休日は多めに睡眠をとる、勤務日の昼食後に仮眠をとる、集中する時間とそうでない時間帯でメリハリをつける、などの工夫が必要になります。無理をすると疲労・ストレスが溜まり、集中力も低下してくるので稼ぐうえで効率が悪くなります。

新人ドライバーとして入職する方は、先輩たちと積極的にコミュニケーションをとりましょう。会社が主催するクラブやイベントにはなるべく参加し、仲間と交流を図ってください。

基本的にタクシー運転手は、稼げるノウハウを人に教えようとはしない人が多いですが、仲良くなれば色々と教えてくれる人はいるのです。どの時間帯にどこを走れば稼げるのか、また信号につかまりにくいライン取り、などの具体的なノウハウを教えてくれる先輩もいます。

人付き合いが苦手という理由でタクシー運転手を目指す人は少なくありませんが、安定的に高収入を得るならコミュニケーション能力は無視できません。

転職で後悔しないためには情報収集がカギ

タクシー会社はどこも大差ないと考えている方は少なくありませんが、実際は給料や福利厚生・働きやすさなどが大きく違うのです。一般的に事業規模の大きな会社ほど給料・福利厚生はよい傾向があります。

ただ800万円以上可能などと求人票で紹介していても、平均年収は400万円未満といったケースはあります。転職後に後悔してしまう人は、情報収集不足が原因かもしれません。働きやすさや社風などを調べるときは、タクシー業界に特化した口コミサイトが役立ちます。

運転マナーやお客さん対応の指導が徹底している会社は、風通しがよくて働きやすい傾向があります。マナーとルールを守るためには気持ちにゆとりを持つことが大切です。

時間に追われてイライラしている状態だと、交通ルールやマナーを軽視してしまうというドライバーがいますが、一人ひとりのドライバーの対応が会社のイメージになります。会社のイメージをアップさせることは、長期的に見るとお客さんを増やすことにつながります。

コミュニケーション能力が営業力につながる

タクシー運転手という仕事は、運転をしながらお客さん対応をする必要性があります。2つのことを同時に進める必要があり、これは慣れなければ意外と難しいでしょう。運転中は運転に集中するあまり、表情が不愛想になってしまう人がいますが、表情はお客さんから見られていると認識してください。

タクシー運転手は営業・接客業を兼ねているため、コミュニケーション能力が高いほど稼げる傾向があります。笑顔に自信のある人、話が面白い人などは、お得意さんを確保できる可能性が高いです。

地理には詳しい人が好ましいですが、現在はカーナビやスマホを活用しながら覚えていける時代ですから、地理・道路がわからなくても転職できます。東京都内のすべての道路を覚えようとしても無理があります。大切なのは自身の営業エリア内を中心に覚えていくことです。

最初は狭い範囲内で営業しながら、周辺地理に詳しくなったら活動範囲を広げるという手もあります。

東京はタクシー運転手に転職したい人に適したエリア

タクシー運転手になって安定した収入を得たい人は、東京エリアの会社に応募してみましょう。東京は数多くのタクシー会社があり、自分に合った会社が見つかりやすいです。

自分なりに稼ぐ工夫をすることは大切ですが、働きやすい環境の職場を見つけることも重要です。お客さんや同僚とよりよい関係を築くことも、安定した給料を稼ぐうえでのポイントになります。

新型コロナウイルスの影響で満員電車や人混みを避ける世の中だからこそ東京ではタクシー利用客を獲得しやすい

新型コロナウイルスの影響で満員電車や人混みを避ける世の中だからこそ東京ではタクシー利用客を獲得しやすい

新型コロナウイルスの蔓延によって多くの業界では大打撃を受けてしまい、企業も売り上げを落として苦境の時期を乗り越えるための方策を練っています。

しかし、タクシー業界にはメリットもあるということを知っているでしょうか。

特に東京ではタクシー乗務員が成功しているケースもあるので、どのような事情があるのかを紹介します。

新型コロナウイルスの影響で電車が避けられている

新型コロナウイルスは日本でもかなりの範囲に広がって大きな社会問題を引き起こすことになりました。この影響は東京に限ったことではなく、全国的に消費経済に多大なダメージが生じる結果になっています。

タクシー業界について目を向けてみると、重要なのが移動に関する問題でしょう。国が感染拡大防止策を色々な角度から講じたことによって、基本的には公共交通機関である電車や地下鉄、バスなどの利用を避けるような方針になっており、通勤や通学などを含めたすべての移動が難しい状態となっています。

それでもなお、必要な人も多いからという理由で交通サービスの提供は止めないことにしているのが現状ですが、消費者としては満員電車を避けたい、混み合う時間帯を避けて移動したいという動きが強まっています。

公共交通機関が主な移動手段の東京では影響が大きい

このような移動の制限の影響が大きいのが東京の特徴です。東京では電車と地下鉄を中心とする公共交通機関が標準的で、マイカーを持っていない人も大勢います。東京の中心地にはオフィス街が広がっていて、周辺の埼玉県や千葉県、神奈川県などからも通勤している人が多いのも特徴です。

感染拡大防止策の策定に伴って企業ではリモートワークを推進したり、オフピーク通勤を奨励したりするなどの対策を立てましたが、それでもなお通勤時間帯には満員電車に乗らざるを得ない人たちが多いのが実態です。

マイカーによる移動をできるだけ心がけるようにと言われても、新たに車を購入してコロナウイルスの影響があるときだけしか使わないのでは、多大な出費になってしまいます。そのため、東京では公共交通機関を使いづらい状況でどのようにして移動するかが課題となり、タクシーの利用客が多くなっているのです。

コロナウイルスに伴う緊急事態宣言が終了してからは東京にショッピングや観光に訪れる人も増えてきました。その際にも感染拡大を恐れて電車や地下鉄の利用を避けている傾向が強く、タクシーの利用客が増える要因となっています。

このようにもともと車社会の地方とは違って、東京では新型コロナウイルスの広がりが移動手段に大きく影響を与えているのです。

タクシードライバーにとっては利用客を獲得しやすい

このような移動手段の考え方の変化はタクシードライバーにとって有利な環境を生み出しました。タクシードライバーにとっては東京では利用客を獲得しやすくなっているのです。

タクシードライバーは利用客を獲得して乗務をこなすことにより出した売り上げが給料に反映される仕組みになっています。一般的に歩合制と呼ばれる給与体系で、売り上げが増えれば増えるほど個人の収入が大きくなるのが魅力です。

そのため、東京ではタクシードライバーが新型コロナウイルスによるネガティブな影響をあまり受けることがなく、むしろ稼ぎやすい状況になっているのが現状です。

さらにだんだんと東京では夜も遅くまで働く人や、居酒屋に飲みに行く人も増えてきました。夜間の割増料金の時間にも利用客を見つけやすくなってきたのも稼ぎやすくなっている理由です。

タクシードライバーは隔日勤務を選べば昼間から夜、そして早朝まで働くことができます。昼間に仮眠を取って夜に備え、割増料金の時間帯に必死に働くといった戦略も立てられるのが隔日勤務の魅力です。この状況下でも東京ならメリットを生かした働き方をすることができるでしょう。

転職を考えているならタクシードライバーを候補にしよう

東京ではタクシーの需要が伸びているとなるとタクシー会社としてもニーズに応えられるような数のタクシードライバーを確保しなければなりません。もともとタクシードライバーの数が不足していた影響もあり、各社が積極的に求人を出しています。

転職を考えている人は採用してもらえるチャンスになっているので、東京でタクシードライバーを目指してみましょう。タクシー会社では初心者でも研修をしてきちんと一人前に育て上げる仕組みを作っている場合がほとんどで経験を問わずに歓迎されています。東京の地理に詳しくないという人も一から教わることができるので安心です。

手厚い待遇をしているタクシー会社なら第二種免許を取得する費用を負担してくれたり、研修期間中も高めの給与を保証してくれたりしていることもあります。東京で稼げるタクシードライバーになるにはまたとない機会かもしれないので、前向きに転職を検討してみましよう。

新型コロナウイルスの影響を逆手に取ってタクシードライバーになろう

新型コロナウイルスは各地で公共交通機関による移動を自粛するように働きかけることにつながりました。その影響が大きい東京ではタクシーの需要が高まっています。

タクシードライバーになりたい人にとってはコロナの影響を逆手に取れるチャンスなので、待遇がきちんと整っているタクシー会社を選んで転職を目指しましょう。