東京エリアでタクシードライバーに転職したい。平均年収・給料や稼ぐコツとは

東京エリアでタクシードライバーに転職したい。平均年収・給料や稼ぐコツとは

タクシー会社に転職したい気持ちはあるものの、給与形態や稼ぎ方が気になる方は多いのではないでしょうか。不安な点があると、なかなか転職活動に踏み出せませんよね。この記事では東京エリアでタクシー会社に勤務した場合の平均年収、給与形態や売上を増やす方法について解説しています。転職を検討している方は、是非チェックしてみて下さいね。

東京のタクシードライバーの平均年収・給料は高め

全国のタクシードライバーの平均年収は348万円です。それに対し東京エリアのタクシードライバーの平均年収は470万円。約120万円高い計算になります。

月収も東京エリアは38万円と高い数値が出ています(すべて2018年度のデータによる)。東京都の人口の多さや観光客の多さもあって、稼ぎやすい傾向にあるようです。

この数値はあくまで平均値なので、人によって給料に差が出ることがあります。何故かというと、タクシー業界では歩合制を設けている会社がほとんどだからです。

東京エリアでは、平均で60%の歩合給となります。売上の半分以上がもらえると考えると多い金額に感じますが、未経験で歩合制はハードルが高いのではと心配になってしまいますよね。

しかし、歩合給に加えて、基本給が支給される会社ももちろんあるので、未経験で転職を考えている方でも安心です。タクシー業界は給与形態が大きく分けて3つあるので、自分の経験やライフスタイルに合わせた給与形態の会社を選ぶといいでしょう。

タクシー業界の給与形態は3種類

タクシー業界の給与形態はA型賃金、B型賃金、AB型賃金の3つに分けられます。

まずA型賃金とは、基本給(手当含む)+歩合給+賞与が支給される形態です。固定給があることで、売上が不十分な場合でもしっかりと給料が支給されるメリットがあります。

その分営業成績が反映される金額は少なくなりますが、安定的な収入を得たいという方には適した給与形態といえます。しかし現在では、勤続年数に応じて基本給を上げることが難しく、基本給が売り上げを上回るリスクもあることから、この形態を取る会社はほとんどありません。

次のB型賃金とは、完全歩合制(支給されるのが歩合給のみ)となっている形態です。頑張れば頑張っただけ給料が上がる、やる気次第で一番稼げる成功報酬型の形態です。

タクシードライバー経験者から最も需要があることから、経験豊富で多くの売上をあげられる自信がある方には適しているでしょう。給与の変動は多くなってしまいますが、その分営業成績が良かった場合に得られる給料も多くなります。

最後のAB型賃金は、基本給(手当含む)+歩合給+賞与(積立)が支給される給与形態です。タクシー会社で最も導入されており、A型賃金とB型賃金の特徴を併せ持ったメリットの多い給与形態です。

A型賃金の安定性、B型賃金の成功報酬がどちらも得られる上、月々の売上の一部が賞与として貯蓄されます。営業成績次第で賞与が積み立てられていくので、やりがいを感じられる点も魅力ですよね。

また1年を通して月収が平均的になることから保険料が安くなるというメリットもあります。変動が少ない分、お金の使い過ぎも防ぐことができそうですね。

このAB型賃金は、同じAB型賃金であってもタクシー会社によって多少の違いがあります。A型賃金に近い形態を取っていたり、B型賃金に近い形態を取っていたりするため注意が必要です。入社前に給与形態についてしっかりと把握しておきましょう。

タクシー会社によっては、未経験のタクシードライバーに対し、一定期間給与保証を設けている場合があります。月収40万円保証、と掲載された求人を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

ドライバー未経験者とっては嬉しい制度ですよね。給与保証の期間は3ヶ月~6ヶ月と会社によって異なるので、求人を確認しましょう。

未経験ドライバーでも稼ぐ方法とは

タクシー業界ではほとんどの場合歩合給が採用されていますが、未経験でも売上を増やすためにはどのようにしたらいいのでしょうか。

まずは、場数を踏むことです。短い走行距離で客単価が低かったとしても落ち込まず、こつこつと数字を増やすことで経験になります。

未経験の場合はその短い距離の間に土地勘が鍛えられますし、1日の乗客数が多くなればその分接客スキルも磨かれていきます。何事も初めは基礎が肝心という気持ちで、ひとつひとつの業務を丁寧に行っていきましょう。

勤務時間を少しだけ長くし、その分乗客数を増やすことも可能です。自分の体調と相談しながらスケジュールを組んでいきましょう。

経験を積んでいく中で、乗客が多い場所の特徴や時間・曜日を把握していくことも大切です。ただ運転するのではなく、多くの売上をあげられそうな場所を日々チェックしていきましょう。

そうすることで多くの街の特徴を知ることができ、運転できるエリアが広がり乗せられるお客も増えていきます。

土地に関する理解を深めることももちろん重要ですが、タクシードライバーはただ運転すれば良いのではなく、接客も重視されます。笑顔、丁寧な言葉遣いなど基本的なところから取り組んでいきましょう。

乗客の中には急いでいる方や妊婦の方もいるので、時には相手に合わせて接客の仕方を変えることも必要になってきます。流れ作業にはせず、丁寧に仕事をすることでその姿勢が相手に伝わり、また乗りたい、と感じてもらえリピーターを獲得できるかもしれません。

自分に合った給与形態でいきいきと働こう

同じタクシー業界でも給与形態には大きな違いがあります。賞与の有無や歩合率など、求人を見る際はくまなくチェックする必要があるでしょう。

会社の説明会を設けているところもあるので、業界の知識をつける意味でも、少しでも興味があれば足を運んでみましょう。自分が満足のいく職場で勤務するために、不明な点は入社前に明らかにすることが大切です。

東京都でタクシードライバーに転職するなら日本交通グループがおすすめ!

東京都でタクシードライバーに転職するなら日本交通グループがおすすめ!

東京都は日本の首都であり、たくさんの人が集まる場所なのでそれに伴ってタクシーの需要も高いです。そんな東京都にはタクシー会社がたくさん存在していますが、その中でもおすすめなのが日本交通グループでしょう。そこでこの記事では、日本交通グループがどんなタクシー会社か、どうしておすすめなのか解説していきます。

日本交通グループはどんなタクシー会社?

日本交通グループは、東京都に拠点を持つ日本交通株式会社を中心に全国展開しているタクシー会社であり、その規模はタクシー業界の中でもトップクラスです。

運営エリアは関東・関西が中心で「日交」の相性で親しまれています。80年の歴史を持っており、大手なので信頼度が高いタクシー会社と言えるでしょう。

資格を活かせる環境が充実!

タクシー運転手として働くにあたって自分が持っているスキルを活かして働くという選択肢もあります。実際に東京では一般のタクシーとは違うターゲットを絞ったタクシーが複数登場しており、スキルを活かすことで給与アップも狙えます。

日本交通グループの中でも人気なのが、観光タクシーです。観光タクシーでは東京に来た観光客に東京の魅力を伝えながら人気の観光スポットを回ります。

特に東京出身の人だと東京の良さを伝えながら仕事ができるので、地元に貢献しているというやりがいも感じられるでしょう。また、観光タクシーは特に外国人観光客の利用者が多いです。そのため、英語をはじめとする外国語のスキルを活かして働くこともできます。

また、共働き家庭が増えた現代においては、子供の習い事の送り迎えにもタクシーを利用する家庭が増えています。日本交通でもキッズタクシーという名称で事業を展開しており、子育て経験がある人、保育士など子供と関わる仕事を経験している人だとキッズタクシーの運転手として働くという選択肢もあります。

キッズタクシーの場合、稼働時間が基本的に昼間~夕方なので、生活リズムが崩れる心配が無いというメリットもあります。

そして、もう一つ需要が高いのがケアタクシーです。身体が不自由でお出かけに困っている人は少なくありません。そこでケアタクシーでは、通院やお買い物の送り迎えだけでなく、付き添いも行います。

介護福祉士など介護関連の資格を活かして働いている人も多く、介護業界からの転職を考えている人におすすめです。

それ以外にも日本交通グループでは、陣痛が起こってしまった妊婦さんを病院まで送迎する陣痛タクシーも運営しています。陣痛が起こっても旦那さんに連絡が取れないなどといった理由で病院まで行く手段が無くて困ってしまう妊婦さんは少なくありません。

そのため、日本交通の陣痛タクシーは東京都内の妊婦さんのうち3人に1人が利用しています。育児雑誌でも表彰されており、出産の手助けをできるというやりがいも感じられる仕事と言えるでしょう。

ちなみに陣痛タクシーでは医療関係の仕事をしていたり、妊娠・出産の経験のある女性を中心に活躍しています。

初めてタクシー業界で働く人も安心!

一般的なタクシー会社の給与制度は基本給+歩合制であり、基本給よりも歩合の割合が高くなっています。

そのため、お客さんを確保できれば稼げますが、そうでないと基本給に少し歩合が上乗せされる程度なので稼げずに辞めてしまう人も少なくありません。

やはり初心者でいきなりお客さんを確保するのは難しいでしょう。そこで日本交通グループでは最初の3ヶ月間は月40万円、その後9か月間は月35万円という、計1年間の給与保証制度が用意されています。

そのため、タクシー業界で初めて働く人でも安心して働くことができるでしょう。

研修制度も充実しており、都内をはじめとして、通ることが多い道を中心に覚えることが出来る講習や、稼ぎやすいエリア・稼げるノウハウを教えてもらえる講習などがあるので、しっかりと稼げるタクシー運転手を目指すことが可能です。

そのため、地方に住んでいて上京する人や、ペーパードライバーの人でも一人前のタクシー運転手を目指せます。

日本交通グループの歩合率は62%です。この数字は業界トップクラスであり、お客さんを獲得できれば稼ぎやすい環境と言えるでしょう。実際に日本交通グループの未経験1年目の人の平均給与は458万円と高い数字を誇っています。

日本交通グループなら様々な年齢・経歴の人を採用しているから安心!

日本交通グループで働いている人の年齢は20代から60代まで幅広いです。そのため、どんな年齢でも安心してキャリアチェンジができる環境のタクシー会社と言えるでしょう。

それに、働いている人のバックグラウンドも様々です。日本交通グループでは日本人だけでなく外国人採用にも力を入れており、外国人の運転手も多数在籍しています。観光タクシーなど外国語を使いこなせる人材の需要が高いので、外国籍の方でもスキルを活かして活躍できるでしょう。

また、タクシー業界はかつて男性が多い業界でしたが、女性運転手も増えてきています。女性のタクシー運転手は陣痛タクシーやキッズタクシーなどにおいて需要があり、日本交通グループでは女性の採用にも力を入れています。

女性ならではのきめ細やかなサービスで、実際に人気を集めている運転手も多いです。それ以外にも元フリーターなど様々な経歴の人が集まっており、経歴に関係なく応募できます。

東京都内のタクシードライバーは稼げる!と転職して失敗するケースと高収入を得るための対策の詳細

東京都内のタクシードライバーは稼げる!と転職して失敗するケースと高収入を得るための対策の詳細

タクシードライバーは個人の頑張りが収入に直結する仕事として、古くから理想の転職先とされていました。実際に異業種から転職して収入が数倍に増加した人もいますが、すべての人が多く稼げるわけではありません。中には収入が減ってしまい、転職したことを後悔するケースもあります。タクシードライバーへの転職で失敗する理由や多く稼ぐための方法について学びましょう。

歩合制の給料特有の不安定さが失敗と感じる理由のひとつ

#必ず客が乗るとは限らない

タクシードライバーの求人広告を読むと、個人の頑張りでいくらでも稼げるという内容がほとんどです。確かに多くの客を乗せればそれだけ収入も増えますが、どんなドライバーでも必ず稼げるわけではありません。

客商売は利用客の都合に左右されることが多いので、昨日は何人も乗せたのに今日はひとりも乗せていないということがあります。歩合制の給料なら客を乗せなければ収入を得ることはできません。

これは初心者もベテランも変わらない事実です。他の仕事の多くは拘束時間分の基本給が支払われますが、タクシードライバーはそのようにはなりません。そのため、多く稼げる一方で客側の都合に左右される、収入が不安定な仕事と言えます。

#人口が多いから多く稼げるわけではない

東京都内のタクシードライバーは他の地域よりも多く稼げるイメージがあります。日本でもっとも人口が多い地域であり、人口密度も高いことから短時間で何人も客を乗せることも不可能ではありません。

しかし、人口が多い地域はタクシー会社の数も多く、必然的に客を取り合う形になります。駅前など人の行き来が多い場所ではタクシー会社同士の競争が激しく、人が多いのにまったく客を乗せることができない日も珍しくありません。

時間ばかりを浪費してしまい、希望した高収入には至らない結果に終わってしまうのです。

生活サイクルの変化で体調不良になってしまうことがある

#タクシードライバーは夜勤が本番とされる理由

タクシードライバーで稼ぐなら夜勤に力を入れるのが最適とされています。

これは夜間の業務は割増料金が設定されているためです。同じ人数を乗せても日中より夜間の方が売上金額が多く、その分だけドライバーの収入も増えます。

また、夜間は公共の交通機関が動いていないため、タクシーの乗車率が上がります。日中よりも客を乗せやすいと言えるので、多く稼ぐには絶好の時間帯です。

#ドライバーの生活リズムが不安定になりやすい

その一方で夜間の運転は日中以上に緊張を強いられます。視界が狭く、疲労や眠気に襲われやすいためです。タクシー会社の多くは日勤と夜勤を一日で行い、翌日を休日とする隔日勤務を採用しています。

タクシードライバーは丸一日車両を運転して翌日に休む勤務スケジュールですが、このような生活は疲労が溜まりやすいのが問題です。仕事に従事する時間そのものは決して長くありませんが、変則的な勤務スケジュールなので心身を十分に休めることができません。

多く稼ごうとする前に体調を崩してしまい、転職に失敗したと後悔してしまいます。

サポート体制が充実している会社を選ぶことが大切

#転職者には適切な研修が不可欠

イメージ通りの収入を得られないと転職に失敗したと考えがちです。しかし希望する収入が得られないのはドライバー本人の技量よりも、タクシー会社のサポートが十分ではないことが理由の多くを占めます。

異業種から転職した人のほとんどは客を乗せて目的地まで運ぶ仕事のノウハウを持っていません。タクシー会社は多く稼げる人材を育成するためにも、この時点で適切な研修を行う必要があります。

しかし稀に、短時間の座学や運転指導を行っただけで現場に放り出す悪質な会社もあります。そのような会社ではタクシードライバーとして必要な姿勢を学ぶことができず、仕事の質も低いものになりがちです。

希望する収入を得ることも難しく、仕事へのやりがいも感じられずに離職に至ってしまう可能性も否定できません。タクシードライバーとして長く働くには最初の研修が非常に重要と言えます。

#健康管理もサポート

生活リズムが不安定になりがちなタクシードライバーの健康管理を支援するため、様々なサポートを行っている会社もあります。

半年に一度の健康診断を行ったり、会社に産業医を配置して健康管理についてのアドバイスをしたりと、会社によってその体制は様々ですので、積極的な取り組みを行っている会社を選択することがカギとなるでしょう。

タクシーを利用する客の気持ちを理解することが高収入への第一歩

タクシードライバーとして働く人の多くはどうやって客の数を増やすかに苦心しています。人通りが多い場所を流しても必ずタクシーに乗ってくれるとは限りません。

その一方で短時間に何人もの客を乗せ、多くの収入を得るドライバーがいるのも事実です。多く稼ぐには闇雲に車を流すのではなく、どのような時にタクシーを利用するのかを客観的に考えることが重要と言えます。

時間帯や場所に限らず、短距離でもタクシーに乗りたいと考える人はどのような状況に置かれているのかを把握することが高収入を得るための最低条件です。また、接客態度にも十分に注意しなければいけません。

タクシーにおける接客は車内でのマンツーマンが普通なので、身だしなみや言葉遣いに気を配ります。

多く稼げるドライバーは多くの固定客を持っている傾向があります。このドライバーの車に乗りたいと客の側から指名されることで、タクシー会社からも一目置かれるようになります。

客に好かれ、信頼されるドライバーになることが転職後の目標と言っても過言ではありません。

歩合給で稼ぐタクシードライバーが多い日本交通グループなら年収アップも夢じゃない!メリットと魅力を徹底解説!

歩合給で稼ぐタクシードライバーが多い日本交通グループなら年収アップも夢じゃない!メリットと魅力を徹底解説!

転職をするにあたって、年収アップが見込める仕事を探している人もいるかもしれません。このような目標を持つ人から人気があるのが、日本交通グループのタクシードライバーです。タクシードライバーの場合、働き方や給与体系などで年収が大きく変わります。ここでは、日本交通グループを例に挙げてタクシー会社で働くメリットや魅力を紹介していきます。

タクシードライバーの給与の種類

東京都の場合も、タクシードライバーの給与体系は所属するタクシー会社によってそれぞれ決まっています。タクシードライバーの給与を構成しているのが、基本給や歩合給です。

タクシー会社では基本給と歩合給を合算して給与を支払っているケースが多いですが、なかには歩合給だけの完全歩合制のタクシー会社もあります。

#基本給

基本給は、業績に関係なく支給される固定給です。思うように乗客を獲得できずに業績が上がらない月でも、基本給は通常通り受け取れるケースが多いです。

基本給があるタクシー会社は、歩合給でなかなか稼げないドライバーでも安定した報酬を得て働くことができます。

#歩合給

歩合給は、ドライバーの売上に応じて支払われる給与です。売上が多いドライバーは歩合給が増えて多くの収入が得られますが、売上が少ないドライバーは収入が減ります。

自分の仕事ぶりが給与に反映されやすいところは、歩合給のひとつの特徴です。

日本交通グループでは基本給と歩合給を導入している

基本給に歩合給を足して給与を支払うケースが多いのが、日本交通グループのタクシー会社の特徴です。

#入社1年目のタクシードライバーの平均給与

日本交通グループのタクシー会社は、入社1年目のドライバーの平均年収が高いです。平均年収が400万円以上となるケースも多く、新人ドライバーでもおおむね高い給与を得ています。

ちなみに、同グループのタクシー会社で働く新人ドライバーの平均月収は35万円前後です。入社して数年たつと、平均年収はより上がります。

多くの場合、基本給は入社1年目と余り変わりませんが、歩合給が増えることで平均月収がアップします。入社してすぐに400万円以上の年収が得られるところは、転職で稼ぎたい人にとっても大きなメリットになるかもしれません。

#新人ドライバーは給与保証がある

日本交通グループのタクシー会社では、入社したばかりの新人ドライバーを対象に3カ月から1年前後の給与保証の期間を設けています。歩合給がある場合、業務に不慣れな新人ドライバーが高収入を得るのは難しいのが現実です。

しかしながら、日本交通グループのタクシー会社のように一定期間の給与保証があると、新人ドライバーでも予想を上回る高収入が得られることがあります。転職した後の給与が心配な人も、このような制度があるタクシー会社なら、幸先のよいスタートが切れるでしょう。

歩合給が稼ぎやすい工夫をしている日本交通グループ

業界でも高収入とうわさがある日本交通グループのタクシー会社は、いろいろな工夫をして歩合給が稼ぎやすい環境を整えています。

#病院やホテル、テレビ局などに専用の乗り場を用意

同グループのタクシー会社は、東京都内でもタクシーの利用者がとくに多い総合病院や高級ホテル、テレビ局などに専用の乗り場を設けています。専用の乗り場があると、ドライバーはその場所で待機しているだけでスムーズに乗客を獲得することができます。

同グループの専用であれば、他のタクシーは基本的に乗り入れができません。そのため、半ば独占的に営業をすることが可能です。このような環境が整っていることは、タクシードライバーの歩合給が増える一因と言えます。

#多数の企業と法人チケットの契約を結んでいる

法人とのチケット契約が多いことも、歩合給が稼ぎやすい理由に挙げられるでしょう。

同グループのタクシー会社では、多くの法人とチケット契約を結んでいます。タクシーチケットを利用する法人からコンスタントに予約が入れば、タクシードライバーたちの稼働率も格段にアップする可能性があります。

#教育制度を充実させてドライバーを育てる

同グループのタクシー会社では、新人ドライバーでもしっかりと歩合給が得られるような教育制度を用意しています。たとえば、入社したドライバーは、自社の研修センターなどで接客や運転を基礎から学びます。

初営業の際に先輩の同乗指導が受けられるなど、新人ドライバーが仕事に早くなじめる工夫をしているのが同グループのタクシー会社です。周辺の地理や車両の流し方を学ぶ機会があることも、魅力のひとつです。

タクシードライバーの職場環境

日本交通グループのタクシー会社は、ドライバーの職場環境にも気を配っています。タクシー会社によっては、女性にとっても働きやすい環境が整っているようです。

#法定外の残業がなく働きやすい

同グループのタクシー会社の場合、法定外のドライバーの残業は基本的に行っていません。労働基準法のルールを意識して労働時間を決めているため、ドライバーが過重労働に陥る心配は少ないです。

隔日勤務を選んだ場合、1回の勤務時間は増えますが、1カ月に働く回数は少なく抑えられます。連休をたびたび取ることが可能になるため、タクシー会社への転職は旅行が好きな人にとってもメリットが期待できます。

#キャリアパスが用意されている

日本交通グループのような大手のタクシー会社は、ドライバーのキャリアパスがしっかりと用意されているケースが少なくありません。実際、同グループのタクシー会社には、一般のドライバーとして入社してから本社の管理部門に移動するまでのさまざまなキャリアパスがあります。

人事や総務の仕事をしたいと思っている人も、タクシー会社への転職がきっかけで希望する仕事に就けるケースがあるかもしれません。

タクシー会社に転職するのなら東京でのタクシー運転手としての適性を把握する

タクシー会社に転職するのなら東京でのタクシー運転手としての適性を把握する

タクシー運転手への転職や就職は、比較的ほかの職業と比べてしやすいといわれていますが、どのような人であっても同じ程度に働くことができるわけではありません。タクシー運転手にも向き不向きがあるので、それらを把握したうえで転職を考えることが重要です。東京でタクシー会社に転職する際に考えられる適正について紹介します。

東京の地理に詳しいかどうかは重要?!

タクシー運転手になるために必要な適正は何かと考えた場合、多くの人々がタクシー運転手としての優れた運転技術と、担当エリアにおける優れた方向感覚と地図情報を持っていることをあげます。どのような道であっても進むことができる運転技術を持っていることや東京ならば東京の主要道路以外の裏道などについて詳しいこと、方向感覚が優れていることが必要な能力と思っている人が多いです。

そのため、ごく一般的な自家用車しか運転したことがないといった人や地図を読むことが苦手な人はどうしてもタクシー運転手への転職には二の足を踏んでしまいます。しかし、タクシー運転手になるためには、必ずしもこれらの技術が必要というわけではありません。

タクシー運転手は、確かに乗客を安全に目的地に送り届けるための運転技術は必要ですが、一般よりもはるかに優れた運転技術が必要なわけではないです。タクシー運転手の運転に求められることは、素早く目的地に到着する運転技術よりも安全に目的地に到着するための運転技術です。

そのため、大丈夫だろうという過信のもと運転するのではなく、もしかしたら危ないかもしれないといった慎重な運転をすることが最も重要となります。運転技術は、はじめはつたなかったとしても感覚が徐々に身についていくものなので転職の際に必要以上に不安に思う必要はないです。また地理情報についても同様です。

地図を読むことができない、方向音痴であるといったことは、タクシー運転手にとって大きな障害になることはないでしょう。確かに担当エリアについての地理情報は必要となりますが、街中の建物の位置や景色は繰り返し走行することで徐々に覚えていくものです。

経験によって担当エリアの情報は蓄積されていくほか、カーナビなどの機器の能力も向上しているので、不安に思う必要はないでしょう。

タクシー運転手の適性はコミュニケーション力

タクシー運転手に必要となる適性とは、優れたコミュニケーション能力を持っているかどうかということです。ただし、コミュニケーション能力が優れているということは、人を楽しませる話術に優れ、話のタネを数多く持っているということではありません。

タクシーの乗客に合わせて、その人が望む接客をすることができるということです。タクシーを利用する人には、様々なタイプの人がいます。

それらの人々と乗客の目的地まで、同じ車の中で過ごすこととなるので、その時間が双方にとって苦痛にならないためのコミュニケーション能力が重要です。自分が話すことが好きな乗客もいれば、静かに目的地まで過ごしたい乗客もいます。

その人が何を望んでいるのかを見極めて対応することが優れたコミュニケーション能力といえるでしょう。そのため、洞察力が優れて、気配りができるということが、この場においての優れたコミュニケーション能力ということができます。

相手が望む対応を察し、乗客が心地よく過ごせるような気配りを見せることができれば適性があります。会話の能力は必要最低限あれば問題ありません。

しっかりと返事を返し、わかりやすい会話をすることができればいいでしょう。反対に、人との会話が苦痛で、常におどおどとした態度で接してしまうという人にはあまり向いていません。

そのほかのタクシー運転手の適性

タクシー運転手に必要となる適性は、コミュニケーション能力以外にもあります。そのひとつがまじめでやる気があるということです。タクシー運転手の給与は、おおよその場合は歩合制がとりいれられています。

そのため、どのようにタクシーを走らせれば稼ぐことができるのかということをまじめに考え、やる気をもって働くことができなければ、なかなか稼ぐことはできないでしょう。

また、自己管理ができて、ストレスに強いということも必要な適正です。タクシー運転手の勤務体制は様々ありますが、一回の勤務時間が長時間にわたることが多いです。

その長い時間の中で、いつ休憩を取り入れるのかといったことを自分で考えて配分していかなければなりません。

自分の体調と時間配分をしっかりと管理することができ、ストレスに強い人でなければ、きつい仕事となってしまいます。このほか、一人で過ごすことが苦にならないということも重要です。

タクシー運転手は、乗客を乗せている以外の時間は、基本的に一人で働くことになります。会社内で大勢の従業員と協力して仕事をするということはないので、一人の時間を苦痛に感じるようでは長く働くことは難しいでしょう。

長く働くために選ぶべきタクシー会社

タクシー運転手には、いくつかの適性がありますが、適性がなければタクシー運転手になることができないかというとそうではありません。また、適性があるかどうかわからない人はタクシー運転手になることができないということでもなく、タクシー会社をしっかりと選べば、未経験や初心者であっても転職して長く働き続けることは可能です。

タクシー運転手として長く働き続けるためには、タクシー会社の制度や待遇をしっかりと調べることが重要となります。タクシー運転手として、早く安定して働くことができるようになりたいのならば、接客研修やエリアの地理に関する研修などをしっかりと行ってくれる会社、キャリアアップの道がしっかりと確立されている会社を選ぶとよいでしょう。

また、給与保証があると、研修中も含めて安心して働くことができます。このほか、育児や介護に合わせた制度があるのか、福利厚生はしっかりしているのか、交通事故の際の対応がどうなっているのかといったことを考えて会社を選ぶと、長くタクシー運転手として活躍できます。

東京都でタクシードライバーに転職するメリット・デメリット

東京都でタクシードライバーに転職するメリット・デメリット

タクシードライバーへの転職を検討するなら、タクシードライバーとして働くことで生じるメリット・デメリットを把握しておきましょう。
求人探しや会社選び、採用されてからの働き方などに活かすことができます。

今回は、東京都でタクシードライバーに転職する場合のメリットとデメリットについて解説します。
タクシードライバーへの転職に関し、働き始めた後のイメージをつかみたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

タクシードライバーのメリット(1)1人で働くことができ勤務形態も比較的自由

タクシードライバーは、基本的にタクシーで乗客を待ったり、実際乗客を目的地まで送り届けるため走行したり、といった時間が勤務時間のほとんどを占めます。
したがって、勤務時間内は1人で働くことが多い仕事と言えます。

大勢の人に囲まれながら仕事をするより、1人の空間で働きたいという方に適した仕事でしょう。
なお、1人で仕事をすると言っても、車両の予約が入れば事業所から連絡があります。
また、道路状況などは無線で教えてくれます。

また、仕事の始めや終わり、休憩時間などは事業所で過ごすことも可能です。
1人で仕事をする時間が多い仕事ながら、要所要所では社員同士連携しながら働くことができるのです。

また、タクシードライバーの勤務形態は、ほかの会社勤めの仕事などと比較すると自由度が高いこともメリットと言えるでしょう。
細かな部分は会社によって異なりますが、昼間の勤務をメインにする日勤、夜間に働く夜勤、1回の勤務で2回分働き1日休みにする隔日勤務などが主な勤務形態です。

自分のライフスタイルに合わせて働き方を考えることができるため、仕事とプライベートを両立させやすいでしょう。

タクシードライバーのメリット(2)年齢や経験の有無に左右されず働ける

転職者が不安になりがちなポイントとして、転職先の業界の経験がなかったり、年齢が高かったりしても働けるのかということが挙げられます。
その点、東京都では、経験の有無や年齢に関係なく応募者を募っている会社が多く見受けられます。

例えば社内で研修制度を設けている会社が多数あります。
入社後に新人研修を受ければ、未経験でもタクシードライバーに必要な知識などを学べます。

なお、タクシードライバーとして働くには普通免許のほか二種免許を所持していることが絶対条件ですが、入社時点で二種免許を持っていない場合、会社が二種免許の取得をサポートしてくれる場合も珍しくありません。

中には、二種免許取得のために費用を補助してくれる会社もあります。
手厚いサポートがあれば、未経験でも安心してタクシー業界に飛び込んでいけるでしょう。

また、幅広い年代の転職を受け入れているタクシー会社も少なくありません。
50代や60代での転職は難しいのではと感じている方は、間口の広いタクシー業界を検討するのも1つの方法です。

実際、全く違う仕事をしていて、年齢を重ねてから転職したというタクシードライバーは多いものです。
社内にはさまざまな経歴を持った社員がいるので、未経験であっても年齢が高めでも、あまり目立つことはないでしょう。

タクシードライバーのデメリット(1)給与が不安定

タクシードライバーの主な仕事は乗客を目的地まで送り届けることです。
実績が給与に反映されることが特徴の1つと言えます。
つまり、何度もお客さんを乗せて多く稼働すれば実績は上がり、あまり乗客がいない状態が続けば実績は低くなります。

タクシードライバーの給与は歩合給が大きな割合を占める傾向にあるため、実績如何で給与額が変動する可能性があります。
月々決まった金額をもらう仕事ではないので、給与面はやや不安定だと言えるでしょう。

ただし、会社によって未経験の場合、入社後一定の期間は給与の保証制度を設けているところもあります。
まだ仕事に慣れないうちは、決まった給与が保証されていると非常に心強いでしょう。

また、出来高が大きく関わる完全歩合制ではなく、固定給も含む給与体系を採用している会社であれば、比較的給与が安定しやすいと言えます。
給与面にデメリットはありますが、会社選びなどである程度カバーすることも可能です。

タクシードライバーのデメリット(2)交通事故のリスクがある

タクシードライバーは車を運転する仕事であるため、どうしても交通事故のリスクは付きまといます。
もちろん、乗客を安全に目的地まで送り届け、最善の注意を払いながら運転しているタクシードライバーがほとんどでしょう。

しかし、自分でどんなに気を付けていても、交通事故に巻き込まれてしまうことはあり得ます。
また、事故の程度によっては、車の損害だけでなく、誰かを巻き込んだり、自分も大けがを負ってしまう可能性もあります。

なお、交通事故にあった場合、会社がどこまで保障してくれるのかという点は非常に重要です。
例えば、交通事故によって発生した損害の大部分を会社が負ってくれるところもあります。
しかし、全額ドライバー負担と定めるところもあります。

物損や人身事故となると、タクシー車両以外にも莫大な損害賠償を負わなければならない可能性も出てきます。
また、交通事故により自分が怪我などを負った場合は、完治するまで働けず収入が途絶えてしまうということも起こり得ます。

このようなリスクをできる限り避けるため、交通事故には十分注意しながら働くこと、そして交通事故時に補償制度が手厚い会社を選ぶことなどが重要です。

タクシー運転手に転職するメリットは?タクシー業界の今後の動向も解説

タクシー運転手に転職するメリットは?タクシー業界の今後の動向も解説

急いでいる時や、終電を逃して家に帰る手段がなくなってしまった時などに便利なのがタクシーです。
では、タクシー運転手の仕事とは一体どのようなものなのでしょうか。

今回は、タクシー運転手のメリットやタクシー運転手に向いている人、タクシー業界の今後の動向について解説していきます。
タクシー運転手への転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

タクシー運転手の働き方は自由度が高い!

タクシー運転手は基本的に歩合制の仕事です。
頑張れば頑張るだけ給与がもらえて、仕事をしないと給与がもらえません。
つまり、稼ぎたい分だけ自分で仕事の量を調整できるというのがメリットです。

勤務体系は主に3種類あります。
1つ目は、2日分の業務を1回の勤務でこなす隔日勤務です。
隔日勤務の特徴は、2日分の業務をまとめて行うので拘束時間が最大21時間と長いことです。
その代わり1日おきの勤務になるので、休みが多くとれます。

2つ目は、サラリーマンの働き方に近い昼勤務です。
体の負担が少ないですが、その分他の勤務体系と比べて給与も少なくなってしまいます。

そして3つ目は夜~明け方に勤務する夜勤務です。
隔日勤務や昼勤務と比べて給与が多いですが、体への負担が最も大きいのも夜勤務になります。

この中で隔日勤務が最もスタンダードな働き方で、最初のうちは大変ですがだんだん体が慣れきます。
1か月のうち約3分の2が休みになるので、自分の趣味や家族のために時間をあてることができる魅力的な働き方です。

タクシー運転手は年齢・経験問わず転職しやすい!

タクシー運転手への転職は比較的しやすく、中高年や未経験でも問題ありません。
一般企業では40代や50代になると転職が厳しくなりますが、タクシー会社は60歳以上でも応募可能で中高年の人を積極的に採用しています。

タクシー会社への応募条件は第一種普通運転免許を取得して3年以上なので、それを満たしていれば性別や年齢は関係ありません。
また、多くのタクシー会社は教育体制がしっかりしているので、未経験でも安心して転職することが可能です。

さらに、タクシーにお客さんを乗せるには第二種普通運転免許が必要ですが、免許取得のための費用はタクシー会社が負担してくれる場合がほとんどです。
入社して3か月~1年は給与保証がある場合が多いので、未経験だから稼げないといった心配もいらず最初から安定して稼げるのも魅力の1つです。

また、タクシー会社は応募から面接、入社までの期間が短く、早ければ応募から数日で入社できることもあります。
そのため、転職活動に多くの時間や労力を費やさなくて良いのです。

タクシー運転手に向いている人は?

タクシー運転手に転職しようと考えている人は、自分がタクシー運転手に向いているのか気になると思います。
確かにタクシー運転手は転職しやすいですが、向いている人とそうではない人がいます。
タクシー運転手に向いている人は大きく分けて3つです。

まず1つ目は周りへの観察力や想像力がある人です。
タクシーの魅力といえば早く目的地まで連れて行ってくれることなので、周りの交通状況を観察して瞬時に目的地までのルートを決めなければなりません。

そして、全く人がいないところで待機していても乗客は来ないので、人が多そうな場所や時間帯を想像して動くことも大切になります。

2つ目は周りへの気配りができる人です。
タクシー運転手は人を目的地まで運ぶのが仕事ですが、リピート客や今後の乗客を増やすためには乗客への気配りが大切です。

会話をしたい乗客、仕事をしたい乗客、寝たい乗客など様々な人が乗ってくるので、その人に合わせた対応が必要になります。

3つ目は自己管理ができる人です。
タクシー運転手は人の命を預かる仕事なので、安全運転をするために常に健康管理をし、健康状態を万全にしておかなければなりません。
さらに、仕事は主に1人で行うのでスケジュール管理も必須になります。

タクシー業界は今後どうなるの?

タクシー運転手の高齢化や人工知能(AI)の発展など、タクシー業界を取り巻く環境は大きく変化しています。
そんな中でタクシー運転手への転職を考えている人は、タクシー業界の今後の動向はどうなのか気になることでしょう。

タクシー運転手の人手不足や高齢化が深刻な問題になっていて、2019年時点でのタクシー運転手の平均年齢は59.9歳です。
これは若い人材を確保できないのが原因で、タクシー会社ごとに様々な取り組みを強化しています。

また、人工知能が発展しタクシーも自動運転化が進んでいます。
これによりタクシー運転手がいなくなるのではないかと心配が多いですが、タクシー運転手にしかできないことがあります。

重い荷物をタクシーまで運んだり、妊婦や子どもへのサービス、観光案内や臨機応変な対応などは人工知能にはできません。
さらに、相乗りタクシーを導入しているタクシー会社が増えたことで、気軽にタクシーを利用する人も増えているのです。

相乗りタクシーは同じタクシーに目的地が同じ方向の人同士で乗り込むというもので、1人でタクシーに乗るより料金が抑えられるのがメリットです。
このように、タクシー業界は時代に合わせて様々な新しい取り組みをしています。

東京都内で稼げるタクシードライバーに転職するための収入を上げやすくするポイント

東京都内で稼げるタクシードライバーに転職するための収入を上げやすくするポイント

東京都内でタクシードライバーになって稼げるようになりたいと考え、転職活動に踏み切ろうとしている人もいるでしょう。
収入を上げられるようにするにはどのようなポイントを押さえておく必要があるのでしょうか。

転職先の選び方は特に重要な要素なので、どんな点を重視して選ぶ必要があるものなのかを把握しておきましょう。

稼ぐためには売り上げが必要

まず押さえておきたいのがタクシードライバーが稼げるようになるための基本です。
タクシードライバーの給料は一般的な職種のように年次昇給や昇進による昇給で上がっていくものではありません。

年次昇給がないわけではありませんが、基本給はもともと高くはないのでそれほど年収に大きな影響を与えない場合がほとんどです。
昇進についても特に定めがない現場がほとんどなので、一般的な昇給制度によって収入を上げるのはタクシードライバーの場合にはあまり現実的ではありません。

タクシードライバーは売り上げを増やすことで稼げるようになるのが特徴として知られています。
月給が月間の売り上げに応じて決まる歩合制になっていて、売り上げの何割かがそのまま自分の収入になるというのが基本的な仕組みです。

歩合率は高ければ6割くらいになっていますが、会社によってどの程度にしているかは異なります。
稼げるようになるには歩合率が高い会社に転職し、さらに売り上げを伸ばしていくことが必要なのです。

売り上げを伸ばすには基礎を身につけることが必須

売り上げで収入が決まるなら乗客をうまく獲得して稼げるようになれば良いと考えることができるのは確かです。
ただ、売り上げを伸ばすのは決して簡単なことではありません。

タクシードライバーに転職して間もなくの頃はどうしたら乗客が見つかるのかがわからずに悩んでしまうこともあります。
駅前で乗客が来るのを待っているのが良いのか、適当に街中を走っていた方が稼げるのかと迷ってしまうことも少なくありません。

どういうやり方が良いのかについては基礎を身につけることでわかるようになります。
地理や需要の状況などについて知ることにより、自分なりに売り上げを伸ばす方法を考えられるようになるのが通例です。

特にタクシードライバーになりたてのときには知識があまりにも少なくて何をしたら良いかわからなくなりがちです。
そのため、新人のための研修制度が整っている会社に転職するのが重要になります。

手厚い研修を長期間にわたって行ってくれる会社を選ぶことで将来的にも成長していけるようになり、大きく収入を上げられる可能性が高まるのです。

東京都内の事情を把握するのも肝心

さらに稼げるタクシードライバーになるためには東京都内の様々な事情を把握することが必要です。
日や時間帯によってタクシーの需要は変動するので、高い需要があるところに行って乗客を獲得するのが重要になります。

例えば、今日はここでコンサートがあるから、その開演前と終演後は近くに行くと乗客を拾える可能性が高いと考えられるでしょう。
お花見のピークなのでお花見スポットの近くなら日夜を問わず乗客がいるはずだという想像をすることもできます。

このような推察に加えて、実際にどのくらいの需要があったかのデータもあればどこに行くべきかがはっきりとします。

会社によっては需要の変動に関する情報を収集していてタクシードライバーに提供している場合もあります。
組織的に全体として売り上げを伸ばせるようにしようという試みを積極的に行っている会社を選ぶのは合理的でしょう。

個人として稼ぎやすくなるだけでなく、会社としての実績も伸びるのでボーナスが大きくなる可能性も高いのが魅力です。
情報収集にかかる時間や労力を削減できるという意味でも重要なポイントでしょう。

稼ぎやすい働き方ができるのも大切

タクシードライバーは働き方によって稼ぎやすさが左右されるのも特徴です。
単純に同じ距離と時間、乗客を乗せたとしても夜であれば割増料金になるので昼間に比べて稼げます。

夜勤ができるのは稼げる条件の一つですが、夜勤続きでは体力的に辛い場合もあるでしょう。
隔日勤務が可能なタクシー会社は東京都内には多いので検討してみる価値があります。

朝から翌日の早朝まで働き、早朝まで働いた日は残りは休みになるのが隔日勤務の特徴です。
休む時間も十分に確保できるので体力的にも続けやすい働き方の一つでしょう。

東京都内では貸切タクシーの需要も高いので、その担い手として活躍できる職場に転職するのも稼ぎやすくするためのポイントです。
観光やビジネスの目的で長期間、長距離の運転を任せてもらえるケースが多く、乗客をつかまえるために色々な場所を探し回る必要なく大きな売り上げを出すことができます。

大手のタクシー会社には貸切タクシーの依頼が豊富にあるので、そのドライバーとして働ける機会も多いでしょう。
観光ガイドをする観光タクシーも魅力的な候補で、東京都内の観光や食事のスポットに詳しい人は活躍しやすい働き方です。

得手不得手はあるので自分に合っている稼ぎ方が可能な職場を選び出すようにしましょう。

タクシー運転手に興味がある人必見!タクシー会社へ転職するメリットや魅力とは

タクシー運転手に興味がある人必見!タクシー会社へ転職するメリットや魅力とは

残業や飲み会で終電が無くなってしまい、タクシーを利用した事のある人も多いのではないでしょうか。
普段何気なく利用しているこのタクシー会社、実は転職先として人気が高いのです。

一般的なサラリーマンとは違った働き方をするタクシー運転手という職業には、この仕事にしかない様々な魅力が詰まっています。
今回はタクシー会社へ転職する事で期待出来るメリットや、タクシー運転手という仕事の魅力を見ていきましょう。

タクシー運転手は働き方の幅が広い

タクシー運転手は始業時と終業時に営業所へ立ち寄る必要こそあるものの、勤務時間中は基本的に自分のペースで仕事する事が出来ます。
バリバリ稼ぎたい時には積極的に働けますし、調子が悪い時にはペースを抑える事も可能です。

運転中は上司や同僚とも顔を合わせる機会がほとんど無いので、職場の人間関係や上下関係に悩まされたくないという人には働きやすい環境であると言えるでしょう。

タクシーは深夜営業も行っているため世間的に残業が多いというイメージがありますが、これは誤解です。
タクシー運転手の勤務スタイルは一日中働き次の日を休みにするという「隔日勤務」という形式が一般的となっています。

勤務翌日の休みは「明番」とも呼ばれ、公休とは別にカウントされるのです。
明番と公休を合わせると月の半分以上が休みとなり、出勤日数は11~13日程度になります。

隔日勤務は慣れるまで少し時間がかかりますが、仕事とプライベートの切り替えがしやすく時間を有効に使える働き方なのです。
趣味や資格の勉強、家族サービスなどにかける時間が作りやすいという点はタクシー運転手という仕事の大きな魅力と言えるでしょう。

もちろん、タクシー会社によっては日勤や夜勤を募集しているところもあるので自分のスタイルに合わせる事は可能です。

観光名所や穴場スポットに詳しくなれる

タクシー運転手は日々、様々な乗客を目的地まで送り届けています。
中には運転手が知らない土地まで乗せて行って欲しいという乗客も少なくありません。
そういった場合はカーナビを駆使して目的地まで行く事になりますが、こうした機会が多ければ多いほど自分の土地感が磨かれ、地理的な知識が増えるとも言えます。

特に東京のような観光名所が多い地域では、頻繁に観光客を乗せる事で観光スポットに詳しくなるというケースも珍しくありません。
仕事で知った観光名所へ休日に出かけてみるも良し、経験と知識を積んで観光タクシー会社へ転職するという道もあるでしょう。

頑張った分だけ給与が上がる

一般的なサラリーマンは月給制で働いているため、毎月安定した収入を得る事が出来ます。
しかしその反面、昇給・昇進がなければ大幅な年収アップが見込めないというデメリットも挙げられるでしょう。
これに対してタクシー運転手の収入は、乗客を乗せた数やメーター数に応じて給与が決まる歩合制を採用している企業が多いです。

歩合制と言っても完全な出来高制ではなく、ある程度の基本給に歩合制で得られる収入が加算されるというケースが一般的になっています。
自分が頑張れば頑張った分だけ給与に反映されるので、仕事のモチベーション維持もしやすいと言えるでしょう。

タクシー運転手の年収は初乗り料金や人口密度など様々な要素によって地域差が生じます。
最も平均年収が高いのは東京都で、約418万円となっています。

日本人全体の平均年収が420万円程度と言われているので、一般的なサラリーマンと比較しても遜色ない収入が得られると言って良いでしょう。
また、中には年収800万円を超えるタクシードライバーも居るので、頑張り次第では高給取りとなる事も十分可能です。

未経験からタクシー運転手に転職する場合には、最初のうちは歩合制で稼ぐことが出来ないのではないかと不安に思う人も多いでしょう。
しかし一般的なタクシー会社では「最低給与保証」という制度を設けている場合が多いです。

最低給与保証とは新人として配属されたドライバーに対して、一定期間歩合制の他に固定給として収入を保証するという内容になっています。
月々の保証額や保証期間は企業によって異なるため、応募前によく確認しておく事が重要です。

また、給与保証ばかりに気を取られてしまうのも考え物と言えます。
歩合制の給与を左右する「歩率」や福利厚生など、待遇面をしっかりと見極めて就職先を選びましょう。

未経験や中高年でも積極的に受け入れている

日本企業の多くは35歳以下という条件を設けて採用活動を行っています。
また、職種によっては実務経験やスキル・資格がないと面接にすら辿り着けないというケースも珍しくありません。

その点でタクシー運転手の求人はほどんど年齢制限が設けられておらず、60歳の人でも未経験から仕事を始める事が出来ます。
特殊なスキルが必要になる事もなく、普通免許を取得して3年以上であれば原則的に年齢や性別に関係なく応募出来るのです。

また、タクシー会社の多くは未経験者に対して手厚い研修制度を用意しています。
タクシー運転手として働くにあたっては第二種普通運転免許が必要になりますが、取得費用はタクシー会社が負担するというケースが一般的です。

第二種普通運転免許を取得する期間は研修期間として見なされるため給与が発生します。
タクシーに搭載されているメーターや無線の使い方、電子マネーやクレジットカードを含む決済方法、車両点検の方法などはそれぞれのタクシー会社で教育制度が整っているので安心です。

また、東京・大阪・神奈川の一部で道路事情が複雑な地域においては地理試験による研修が行われる事もあります。
このようにあらゆる側面から未経験者をサポートする体制が整っているのも、タクシー業界の魅力と言えるでしょう。

タクシードライバーに転職する際の参考に!東京で働くタクシードライバーの給料や平均年収について

タクシードライバーに転職する際の参考に!東京で働くタクシードライバーの給料や平均年収について

仕事選びは人生で最も力を入れるべきポイントです。
人々の生活は給料や年収によって支えられているので、就職先を選ぶ時は平均年収を重視する人も多いでしょう。

タクシードライバーの平均給与を知ることで、自分がタクシー会社に就職した時にどれくらい稼げるのかある程度把握することができます。
今回は、タクシードライバーに転職する際の参考になるよう、東京で働くタクシードライバーの給料や年収について紹介していきます。

タクシードライバーの気になる平均年収について

政府の統計によると、2018年のタクシードライバーの平均年収は、348万円となっているようです。
これを月給換算すると、29万円になります。
これは、一般のサラリーマンと比べるとかなり低めになっています。
ただ、タクシードライバーは働く地域によって稼げる額が大きく変わるという特徴があるのです。

人口や観光地が少ない地域だと戦略を立てないと稼ぐのは難しいですが、東京などのインバウンドが多い所では年収も高くなります。
東京のタクシードライバーの給料は他の都道府県と比べて一番高く、平均年収は470万円となっており、これを月収に換算すると約39万円になります。

タクシードライバーの年収を紹介しましたが、タクシードライバーの給料は歩合制を採用しているので、給与は人によって非常に差が大きくなるのが特徴です。
現に、東京で働いているタクシードライバーの中には、年収が800万を超えている人も少なくありません。

タクシードライバーが年収を上げるために大事なのは、向上心を持ち、売上を上げる努力をひたすら続けるということです。
「やってやる」という気持ちを持つことで、それが成果に繋がり、タクシードライバーの平均年収を大きく上回ることも可能になってきます。

タクシードライバーが年収を上げるためにできること

タクシードライバーの年収は地域によって異なります。
タクシードライバーの年収が最も高いのは東京、次いで神奈川県、愛知県、岡山県、岐阜県の順に高くなっています。

これらの県に共通しているのは、人気の観光地があったり、人口が多かったり、タクシーニーズが高かかったりということです。
「年収を上げたい」、そんな時はニーズや利用者数が多い地域で転職することで、自然と給料は上がっていくでしょう。

また、給料を上げたいのならば、「稼げる会社を選ぶ」ということも必要になります。
当たり前ですが、就職先のタクシー会社によって、待遇や福利厚生の内容は違ってきます。
給料の歩合率も業界で50%~65%と差が生じており、適当に選ぶと「歩合率が低くてあまり稼げない」ということになってしまうこともあるでしょう。

大手のタクシー会社に就職すれば、専用乗り場があったり、一定数の固定客がついていたりなど、営業面での恩恵を受けられる場面も多いです。
同じ時間、量の仕事をこなしても、タクシー会社によって給料は異なります。
タクシードライバーになって給料を多く貰いたいというのであれば、できるだけ優良なタクシー会社を選ぶようにしなければなりません。

都心に近いと家賃が高くなる傾向があるので、首都圏でタクシードライバーの就職先を探す時は、寮付きの求人を狙うのもおすすめです。
寮完備ならば生活費を抑えることができるだけでなく、寮はタクシー会社に近い所に建てられることが多いので交通費も節約できます。

稼いでいるタクシードライバーの特徴とは

タクシードライバーは実力主義の世界です。
働く地域や会社によって給料が変わりますが、タクシードライバーとして成功するために一番大切なのはやはり「実力」。
実力がなく、稼ぎたいという気持ちがなければ、いつまでたっても年収は低いままでしょう。

稼ぐタクシードライバーは情報収集に余念がなく、何時から何時の間にどの地域にお客さんが集まるのかというのをしっかりと把握しています。
稼げるタクシードライバーは、乗車率が高いというのが特徴です。
タクシーの利用率が高い場所や、地域のイベントなどを調べておくことで効率よく乗車率をあげ、給料アップにつなげることができます。

また、稼げるタクシードライバーは道をしっかりと覚えています。
道を覚えることで近道を通ってお客さんの密集している所に素早く移動したり、渋滞を避けたりということに繋がり、「効率の良い立ち回り」を行うことができるのです。
向上心を高く持ち、売り上げを上げるための努力を怠らない、それが高収入を得ているタクシードライバーに共通していることです。

歩合制のタクシードライバーは自分次第でいくらでも稼げる

タクシー業界は年功序列の業界ではないので、タクシードライバーは同じ会社に長く勤めても給料が上がることはありません。
その代わり給料は年齢に関係なく、頑張り次第では入社一年目から平均を大きく上回る年収を稼ぐことも可能です。

稼ぐための知識をしっかりと身につけていけば、結果に波がなくなり、年をとっても安定して高い営業収入を得ることができるでしょう。
タクシードライバーの給料は結局の所自分次第であり、工夫や努力すればどんな人でも年収を上げていくことは可能です。

そして、タクシードライバーの平均を大きく上回った高年収を獲得するためには、東京エリアでの転職を考えたり、稼ぐタクシードライバーを参考したりすることが大切です。