タクシー会社への入社を目指すなら大手を候補にして現役ドライバーへのインタビューを見て決めよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシー会社への入社を目指すなら大手を候補にして現役ドライバーへのインタビューを見て決めよう

タクシー会社に転職したいと思ったときにはできるだけ安心して働き続けられる優良企業を選びたいと思うでしょう。
どの業界にもブラック企業もホワイト企業もあるので、どの会社にしたら良いのかで悩みがちです。この記事ではブラックかホワイトかの判断の仕方を紹介します。何を基準にしたら成功できるかをよく理解しておきましょう。

東京都内の大手タクシー会社を候補にしよう

ホワイト企業に転職したいならまずは大手タクシー会社を候補にするのが良い方法です。大手タクシー会社では福利厚生を充実させて、タクシー乗務員が働きやすい環境を作ろうと努力している傾向があります。タクシーのニーズに対して十分な人数の乗務員を確保できていない状況が続いている影響もあり、無理なく働ける環境整備に投資をしているのです。大手として十分な経済基盤を持っているからこそできることで、設備だけでなく人にも投資しています。
入社してから徹底した研修期間を設けておき、さらにその期間中の給与保証をしているケースが目立ちます。第二種免許を持っていない人も採用して、会社の経費で取得させているのが大手では一般的です。このような待遇があるからこそ、初心者でも安心してタクシー乗務員になれます。

特にタクシー会社の場合には東京都内で会社選びをすると安定して働ける環境を手に入れやすくなります。タクシー乗務員になると不安になりがちなのが、今後ずっと働き続けられるかどうかです。タクシー乗務員の給料は歩合制になっているのが一般的で、きちんと売り上げを出していかないと収入が少なくなってしまいます。その点で優れているのが東京都内でタクシー乗務員になる方法です。ビジネスでも観光でもタクシーの需要が高いのが東京の特徴で、どのシーズンにも安定して利用客がいます。
また、車を持っていない世帯も多いことから、子供や高齢者の送迎にもタクシーがよく用いられています。そのため、タクシー乗務員としては売り上げを出しやすく、今後ずっと働いていく上で安心できる場所なのです。

優良企業かどうかを統計指標と実績から見極めよう

東京都内で大手タクシー会社を選んだとしても全てがホワイト企業というわけではありません。
ブラック企業もあるかもしれないので厳選して求人に応募するのが肝心です。まずは統計指標と実績を客観的な見地から見てみると概ね候補を絞り込めるでしょう。ブラック企業ではタクシー乗務員がつらくなってしまってだんだんと辞めてしまいます。残業時間が長かったり、出勤日が多かったり、ノルマが厳しかったりすると精神的にも体力的にも負担が大きいからです。大手企業であれば月間平均残業時間や有休消化率、離職率などの指標を公開しているでしょう。そのデータに基づいて各社を比較してみると、働きやすい環境が整っているタクシー会社がどこかがわかります。

さらに実績を見てみるとタクシー乗務員が前向きな気持ちで働いているか、仕事をしやすいように会社がサポートしているかも見えてきます。東京都内でどのくらいのシェアがあるか、売り上げの実績があるかを公開資料から見てみましょう。売り上げが大きいということは、それだけタクシー乗務員が頑張って働いていることがわかります。残業などが少ない会社という前提で売り上げを見てみると、やる気を持って効率的に働いているタクシー乗務員が多いかどうかの指標としてとらえることが可能です。
シェアが広ければ競合他社よりも売り上げを出しやすいように会社もサポートをしていることが示唆されます。このような視点で分析してみると魅力的な企業を選び出せます。

現役ドライバーのインタビューを見て決めよう

本当に自分にとっての優良企業を探し出すためには、現役ドライバーのインタビューを見るのが効果的です。実際に現場で働いている人がどう感じているか以上にわかりやすい情報はありません。
様々な公開資料を見てみても推察しかできませんが、インタビューは生の声なので何が魅力で、何がつらいかがはっきりとわかります。ホワイトかブラックかの判断基準も人によって少しずつ違うので、現役ドライバーが感じている印象や受けている待遇などを見て自分なりに判断するのが大切です。

大手のホワイト企業では「先輩が優しくていつも助けられている」「休みを取りやすくて働きやすい」「隔日勤務のお陰でプライベートが充実する」などといった声がよく上がっています。
タクシー会社のオフィシャルサイトで現役ドライバーのインタビュー記事を掲載しているケースがよくあるので見てみましょう。生の声を載せている時点で社員に与えている待遇にも職場環境にも自信を持っているタクシー会社だと考えられるので、よく読んでみるのが大切です。

最終判断は現場の声を聞いてから下そう

タクシー会社への転職では大手を選んでおけば福利厚生が充実していて安心です。経営的にも安定しているので将来的にも働きやすいでしょう。
ただ、本当に魅力的な環境が整っているかどうかは現役ドライバーの声を聞いて判断するのが大切です。自分に最適な環境が整っているホワイト企業を選び出して転職を成功させましょう。