東京都でドライバーとして働く場合の転職方法や給与などの待遇について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京都でドライバーとして働く場合の転職方法や給与などの待遇について

東京都で働くために地方から転職する人は多いですが、中でもタクシードライバーは人気のある仕事です。
個人の頑張り次第でいくらでも稼ぐことができるイメージがあるのが理由ですが、ドライバー業務に転職するには給与の支払い方法や福利厚生の有無など待遇について知っておく必要があります。

高収入を目指すためにも、東京都のタクシードライバーの仕事について学びましょう。

安全運転第一がタクシードライバーに求められる技能

東京都での転職は他の地域よりも給与の金額が高く、稼ぐのに適しているとされています。
中でもタクシードライバーは働き方次第で大きく稼ぐことができるイメージがあり、ドライバー業務に就くことを目的として地方から転職する人も少なくありません。

また、地方でタクシードライバーとして働いていた人が高待遇を期待して東京都の会社に転職するケースもあります。
東京都で営業する会社の多くは地方と比べると給与が高いのは事実です。
大手の会社なら福利厚生が充実しているのでより高待遇と言えますが、その一方で東京都は日本でもっとも人口が多く、自動車の台数も群を抜いていることを忘れてはいけません。

自動車の台数の多さはそれだけ事故に遭うリスクも大きいことを意味しています。
特にタクシー業務は利用者の安全を最優先しなければいけません。

タクシードライバーとして転職する場合、運転や接客の経験が重視されるイメージがあります。
そのようなスキルが必要な仕事ではありますが、何よりも安全運転を遵守することがドライバーに求められる最低限の条件です。
いくら運転が上手で接客に慣れている人でも安全を疎かにするようではドライバーの仕事は務まりません。

タクシー会社の多くは基本給に歩合を加算して給与の金額を決める

タクシードライバーは稼ぐことができる仕事というイメージがあります。
これはタクシー会社の多くは歩合で給与計算を行っているのが理由です。

一日にどれだけの人数を乗せ、運賃を得たかで給与の金額が決まります。
この計算方法なら仕事ができるドライバーほど給与の金額が高くなります。
働き方次第で他のドライバーの数倍は稼ぐことも不可能ではありません。

特に東京都は人口が多い地域なのでタクシーを利用する人の数も他の地域より多くなります。
地方のタクシードライバーが東京都に移住して転職するのは客数の違いが主な理由です。
人口が多ければそれだけタクシーに乗る人も増える形になるので、地方よりも稼ぎやすいと言えるのです。

タクシー会社の多くは完全歩合制ではなく、基本給に歩合を加えた方法で給与計算を行っています。
仮にひとりも乗客を乗せなかったとしても、毎月の基本給は支給されるので収入がゼロになることはありません。

しかし基本給は少額なのでそれだけでは生活ができないのも事実です。
そのため、ドライバーはより多くの乗客を乗せ、歩合計算で得られる収入を増やすことに尽力します。

また、歩合計算は基本的に毎月の売り上げ金額を基に算出されます。
稼いだ金額が大きいほどドライバーの取り分も増えますが、逆に金額が少なければドライバーも少ししか貰えません。
単に人数を多くするのではなく、売り上げを増やすのが上手な働き方になります。

大手会社は未経験者を対象にした研修を行ってドライバーを育成する

タクシーは商業運転なので二種免許が無ければドライバー業務に就くことはできません。
しかしタクシー会社によっては二種免許を持っていない、ドライバー業務が未経験の人を採用する所があります。
これは採用後に免許を取得させてから業務に従事させる仕組みを取っているのが理由です。

既に二種免許を持っている人は即戦力になるイメージがありますが、実際は必ずしもそうとは限りません。
過去のドライバー業務の習慣や癖が抜けず、転職先での業務方針に馴染めないケースが稀に存在するのです。

タクシー会社はむしろまったくの未経験者を雇用し、免許取得のサポートやドライバー業務に必要な心得を教える研修などを経て、優秀なドライバーを育成する傾向があります。
この傾向は大手ほど顕著です。

大手のタクシー会社が未経験者の雇用に積極的なのは、予備知識を持っていない人ほど会社の業務方針に順応しやすいのが大きな理由です。
免許を取りたての未経験者はタクシー業界については素人なので、会社の方針には素直に従います。

会社にとっては多少の出費が生じてもドライバーを育成する方が長期的に見て得なのです。
ドライバーの方も免許の取得をサポートしてくれる他、タクシー業界のノウハウについて学ぶことができるメリットがあります。

生活拠点を提供するタクシー会社も多い

地方からの転職者が多いタクシー会社の中には社員寮を管理している所があります。
生活拠点と仕事の両方が得られる形になるので、地方在住の人にとっては非常に便利です。

大手会社の中にはドライバー本人以外にその家族も生活ができる家族寮を利用できる所もあるので、家族全員が東京都へ移住するというケースも少なくありません。
生活拠点を東京都に移したことによって仕事への取り組みもより真剣なものになります。

多く稼ぐために働き方を工夫することを覚えれば、やがては会社に大きな利益をもたらす優良ドライバーになるのは間違いありません。