タクシードライバーに転職しても不安や後悔を感じて長く続かない人の特徴について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシードライバーに転職しても不安や後悔を感じて長く続かない人の特徴について

転職はより多く稼ぎたい、自身のキャリアアップを図りたいなど様々な理由で行います。中でもタクシードライバーへの転職は個人の頑張りが収入の増加という形で分かりやすく反映されるので、達成感を得られるのが大きな魅力です。その一方でせっかく転職しても長く続かない人がいる事実も否定できません。ドライバーとして頑張るためにも、転職して後悔する人や長く続かない人の特徴を学びましょう。

タクシードライバーの仕事は責任が非常に大きい

#お客様の安全を第一に考えることが大切
タクシードライバーは頑張れば頑張るほど収入が増える仕事として人気があります。多く稼ぐことを目的に他の業種から転職する人も少なくありませんが、タクシードライバーはお客様を目的地まで安全に送る仕事であることを忘れてはいけません。タクシー会社では他のタクシー会社で長く働いたベテランドライバーであっても、まずは安全運転に関する厳しい研修を行います。信号や標識を厳守する他、運転中は常に周囲の状態に気を配ることを徹底するなど、安全運転の基本的な知識や心得を教えるのが研修の目的です。タクシードライバーの仕事は初めてという初心者はもちろん、運転に慣れているベテランドライバーも安全運転は必須条件と言えます。

#交通ルールも必ず守る
タクシーは路上でお客様を乗降させるのが普通ですが、場合によっては交通量が多い道路や交差点の近くに停車させることがあります。お客様の安全を最優先するのは当然ですが、それ以外にも交通ルールを守ることも忘れてはいけません。スピードの出し過ぎや信号無視などの交通違反は論外ですが、他の車の走行を妨げるような停車も避けることが重要になります。法律違反ではないものの、他の車の邪魔になってしまうような行為を繰り返すとタクシー会社の評判が悪くなってしまうのです。お客様の安全を確保すると共に、交通ルールに沿った運転を行うのも優良ドライバーの条件と言えるでしょう。

タクシードライバーに転職したことを後悔する理由

#イメージと実際の仕事のギャップが大きい
タクシードライバーに転職した人のすべてが満足して働いているとは限りません。中には「こんなはずではなかった」などと後悔する人も稀に存在します。自分の意思で転職したのに後悔する人の多くは、タクシードライバーの仕事に対するイメージと現実とのギャップにショックを受けているという共通点があります。自分のペースで気ままにタクシーを運転し、適当にお客様を乗せれば多く稼げると甘い考えを持っている人は決して珍しくありません。実際、乗務中は車内に一人だけという状態なので、気楽に働くことができるのではと安易に考えてしまう傾向があると言えます。しかし実際は狭い車内でお客様とマンツーマンで接することになります。

自分の一挙一動をお客様に見られている形になるので、他人の視線が気になる人はドライバーの仕事を辛く感じてしまうケースが少なくありません。また、思ったほどお客様を乗せることができず、転職前に見込んでいた収入アップが実現できないのではと不安に感じることもあります。このような理想と現実とのギャップの大きさが転職を後悔する理由と言えるでしょう。

#生活リズムが乱れやすい
タクシードライバーの仕事は転職先として人気がある一方、離職率が高いのも事実です。せっかく転職したのに仕事が続かないのは生活リズムが乱れ、体調不良に陥ってしまうためです。タクシー会社の多くは隔日勤務という特殊なシフトを組んでいます。会社によって多少の違いはありますが、丸一日勤務して次の日は休みというシフトであり、一回の勤務で二十時間ほどハンドルを握り続ける形になります。すべてのドライバーの勤務時間を均一にすることを目的としたシフトですが、疲れやすい事実は否定できません。ドライバーの仕事が続かない人の多くは生活リズムの乱れを想定した体調管理ができなかった可能性があります。

ドライバーの経験が豊富な人が長く続かない理由

運転経験が豊富な人がタクシードライバーに転職してもそのすべてが長続きするとは限りません。特に集配業務など、車の運転を仕事にしていた人がタクシードライバーに転職しても研修途中で辞めてしまうケースがあります。
運転に慣れているからタクシーの仕事も大丈夫だろうと思いがちですが、荷物を運ぶ運転とお客様を乗せる運転は緊張の程度が大きく異なる事実は無視できません。
どちらも自分の運転に責任を持つ仕事なのは変わりませんが、タクシードライバーは人命がかかっている仕事です。
一日に何度もお客様を乗せるので、その都度大きな責任を感じながら運転することになります。車の扱いに慣れている人は事故を起こした際の問題の大きさも熟知しています。

そのため、お客様を何度も乗降させる行為に対して不安を感じるようになり、遂には転職したことを後悔して辞めてしまうのです。運転に責任を持つのはドライバーとして当たり前の考えですが、仕事に不安を感じるほどに考え込むのは良くないと言えるでしょう。

タクシードライバーの仕事は情報収集が上手でポジティブな思考の人ほど長続きする

タクシードライバーの仕事はたくさん稼げるイメージがありますが、それは個人の働き方次第です。また、お客様の安全を最優先する必要があるので責任が大きい仕事でもあります。
不安に感じてしまうのも仕方ありませんが、転職前の情報収集を入念に行い、
仕事への責任を認識しつつも前向きに取り組むポジティブな姿勢を持つ人がタクシードライバーに最適な人材と言えるでしょう。