東京都でタクシードライバーへの転職を検討しているときに知っておきたい給与や待遇の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京都でタクシードライバーへの転職を検討しているときに知っておきたい給与や待遇の実態

東京都で転職をしようと考えたときにタクシードライバーに興味を持った人もいるでしょう。タクシードライバーへの転職を検討しているときにはやや特殊な部分もあるので給与や待遇について詳しく理解しておくことが大切です。
漠然としたイメージしか持っていなかった人も実態がわかるともっと魅力を感じることが多いので参考にして下さい。

タクシードライバーの給与はどのようにして決まるのか

転職するときには給与がどのようにして決まるのかを知りたいという人が多いでしょう。一般的な企業では基本給が定められていて、毎月の給料は基本給に各種手当を足したものになります。
この他に大手企業を中心として日本の企業ではボーナスを年に2回程度、基本給に基づいて支給する仕組みが典型的です。タクシードライバーの場合にも大手で働くと月給とボーナスという形で支給してもらえるシステムになっています。
しかし、月給の決め方が一般的な職種とは異なり、基本給と手当に歩合を加えたものになっているのが通例です。

歩合制は営業職などの場合には一般企業でしばしば取り入れられているもので、売り上げを出したときにその一部を給与に還元する仕組みです。
例えば、タクシードライバーなら自分がハンドルを握って乗客を目的地に送り届けたら、自分の売り上げができるでしょう。その金額に歩合率をかけた金額がそのまま基本給に上乗せされるのが歩合制の特徴です。
つまり、必死に働いて売り上げを増やすと自分の懐も豊かになっていくことになります。企業によっては完全歩合制で働ける場合もありますが、東京都では基本給と歩合に基づく給与の支給という形が普通です。
ただ、基本給や歩合率の高さは企業によって異なるので、転職先を選ぶときには注目しておくと良い点でしょう。

歩合制は売り上げにこだわって働くモチベーションを上げられるのが魅力です。頑張って勤め先に貢献すれば、それだけ自分にも還元されるというのが明らかな仕組みだからです。給料をもらえるのをやりがいにして働くのはもっともなことなので、転職してから仕事のモチベーションを重視したい人にとってタクシードライバーはメリットが大きいでしょう。

タクシードライバーの一般的な待遇の実態

東京都で働くタクシードライバーの給与以外の待遇については勤め先によって差がありますが、全般的に見ると安心して働ける待遇が整っている傾向があります。社会保険完備で損害賠償についても補償されることから安心して働けます。
また、有給休暇、育児休暇、リフレッシュ休暇などが充実していて休みを取りやすい職場が多いのも魅力でしょう。
福利厚生については大手ほど充実している傾向がありますが、概して仕事とプライベートの両立を目指しやすいように配慮されています。女性に配慮した環境整備に力を注いでいる企業もあり、女性専用車両を用意する、男女別のシャワールームを提供するといったこともよくおこなわれているのが現状です。

タクシードライバーに特徴的な待遇としては入社時の不安を払拭する対応がある点でしょう。入社してから第二種免許を経費で取得できるようになっていることが多くなっています。その期間中も含めて、入社後の数ヶ月間は給与保証をしている企業も少なくありません。
転職してから当面は収入で悩んでしまうのではないかという心配が多いことを考慮した待遇になっています。また、入社後には地理研修も受けられるので東京都の地理にあまり詳しくない人も乗務を始める頃には安心して働けるようになるでしょう。
その後も定期研修で様々なノウハウを学べる仕組みになっている現場がほとんどで、将来的な成長機会についても心配はありません。

隔日勤務が一般的な勤務形態

タクシードライバーになる上では勤務形態が隔日勤務になるのが一般的だということも理解しておくと良いでしょう。隔日勤務とは出勤した翌日は休みになる勤務形態で、その代わりに出勤した日は朝から翌早朝まで常務をこなすのが特徴です。
一日の労務負担は大きいのは確かですが、隔日勤務では月間で11日程度しか出勤する必要がありません。
そのため、頑張る日は仕事に集中し、残りの日はプライベートを楽しむというメリハリのある生活をすることができます。
勤務時間中には休憩時間も設けられるようになっているので運転し続けなければならないわけでもありません。無理のない働き方だからこそ多くのタクシードライバーが隔日勤務で働いています。

隔日勤務は稼ぎたいタクシードライバーにとって大きな魅力があります。隔日勤務では夜通し働くことになるので深夜料金の時間帯も働くことができるのです。売り上げが給与に反映される仕組みがわかっていると、割増料金の夜間は時間単価を上げやすいのが想像できるでしょう。この観点からも喜んで隔日勤務で働いている人が多いのです。

給与や待遇について十分に理解してから転職しよう

タクシードライバーは歩合制の給与体系になっているのが他の職種との違いで、売り上げを出すと自分の給与が上がるのがモチベーションになります。
全体として東京都ではタクシードライバーの待遇は高く、働きやすい環境が整っているので安心です。稼ぎやすくてプライベートも充実させやすい隔日勤務で働けることも念頭に置いて転職を検討してみましょう。