東京都のタクシードライバーは転職に向いている?給与や待遇がどうなっているか徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京都のタクシードライバーは転職に向いている?給与や待遇がどうなっているか徹底解説

タクシードライバーへの転職を考える際に、気になるのが給与や待遇に関してではないでしょうか。
少しでも給与水準が高く、待遇も良いタクシー会社で働きたいと考えるのは自然なことです。
色々なエリアがありますが、東京都はタクシードライバーが稼ぎやすいという話を聞いたことがある方もいるかもしれません。
今回は東京都がタクシードライバーの転職に本当に向いている場所なのか、平均年収や待遇に関して詳しくご紹介します。

タクシードライバーの給与事情はどうなっている?東京都は給与水準が高い!

#タクシードライバーの平均年収は?
平成29年のデータでは、タクシードライバーの全国平均年収は330万円程度となっています。これは月収換算すると約28万円程度となるため、他の職業と比べても見劣りしない給与水準と言えるでしょう。ただし、これは全国平均ですから、エリアによって給与水準には差があります。例えば、北海道は約260万円、大阪は約320万円と数十万円の差があることから、給与水準の高さを重視して転職する場合はどのエリアで転職活動をするかが重要になるでしょう。

#東京都は全国でもトップクラスの給与水準
東京都だけに絞ってタクシードライバーの平均年収を見てみると、約420万円となっています。全国平均が約330万円ですから、100万円近く高い数字です。タクシー業界は、利用者が多くなればなるほど給与水準も高くなります。東京は地方に比べると利用客が多いため、他のエリアよりも平均年収が高くなっているというわけです。また、タクシー会社によっても給与水準は変わりますし、腕のあるタクシードライバーはより多くのお客さんを乗せることができるため、平均以上の年収を得ている方も多くいます。中には1000万円近く稼ぐドライバーもいるため、東京都はタクシードライバーが転職するには最適なエリアと言えるでしょう。

収入は給与体系によっても変わるため注意が必要!

東京都内で働くタクシードライバーの給与水準は高いですが、注意しなければならない点があります。それが給与体系についてです。タクシードライバーは一般的な職業とは違い、基本的に歩合制になっています。歩合制ということは、成果次第で給与が大きく変わってくるということです。東京都のタクシードライバーの平均年収は高いですが、お客さんをたくさん獲得できなければ収入が下がってしまうという点には注意した方が良いでしょう。また、同じ歩合制でもタクシー会社によってその割合などが違うため、どのような給与体系の会社に就職するかでも得られる収入が変わります。

一般的には、A型賃金もしくはB型賃金という給与体系のタクシー会社が多いです。A型賃金というのは歩合制と固定給を合わせた給与体系で、歩合給以外に基本給やその他の手当、賞与などを受け取ることができます。タクシードライバーになりたての人の場合、なかなかお客さんを獲得できず歩合制だけではまとまった収入が得られないケースもあります。そういう人にとって、成果に関わらず固定給が貰えるのは大きなメリットでと言えるでしょう。ただし、固定給が貰える反面、歩合の割合は小さくなってしまう点には注意が必要です。

B型賃金というのは完全歩合制のことで、タクシードライバーの中では一般的な給与体系で毎月の売上次第で収入が決まります。固定給は貰えませんが、頑張り次第で大きく稼ぐことができる料金体系です。ただし、当然売上が少なければ給与も少なくなるため、人によっては安定して稼ぐのが難しい場合もある点は知っておいた方が良いでしょう。他にも、A型賃金とB型賃金を組み合わせたAB型賃金を取り入れているタクシー会社もあることから、給与体系がどうなっているのかしっかりチェックしてタクシー会社を選ぶことが大切です。

タクシードライバー未経験の方には嬉しい待遇!

#未経験からの転職に嬉しい給与保証
タクシー会社によって待遇は変わりますが、未経験からタクシードライバーへの転職を考えている方が注目したいのが給与保証です。タクシー会社は基本的に歩合制となりますが、中には給与保証が受けられるタクシー会社もあります。これは入社してから数ヶ月間は一定の給与を保証するというものです。例えば、入社してから4ヶ月間は売上に関わらず35万円の給与が保証されるといったもので、期間や金額はタクシー会社によって違います。新人のタクシードライバーは安定して稼ぐことが難しいため、給与保証があるかないかは重要なポイントになるでしょう。東京都には給与保証が受けられる大手のタクシー会社が多いというのも魅力の1つです。

#資格取得をサポートしてくれる会社も多い
タクシードライバーとして働くためには二種免許を取得しなければなりません。まだ持っていないという方は働く前に二種免許を取得することになりますが、この費用を負担してくれるタクシー会社もあります。通学や合宿で免許を取得するためには20万円程度の費用が必要です。これを会社側で負担してもらえるのは大きなメリットになるでしょう。
他にも、衛生管理者や運行管理者など様々な資格取得のサポートをしてくれる会社が都内には多くあるため、そういった資格取得に関する福利厚生が充実しているかもチェックしておくと良いでしょう。

他のエリアから都内へ転職する時に嬉しい寮完備のタクシー会社

都内のタクシー会社には、寮を完備しているところも多くあります。都内は家賃相場が他のエリアに比べると高いため、都内でタクシードライバーとして働きたいけれど、気軽に引っ越すことができないという方もいるでしょう。
そういった場合も会社が寮を用意してくれていれば、安心して都内のタクシー会社に転職できます。