タクシードライバーの転職は不安だらけ?後悔しやすい・続かない人の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシードライバーの転職は不安だらけ?後悔しやすい・続かない人の特徴

タクシードライバー―は学歴や職歴を問わないことから、年齢や性別を問わず活躍できる貴重な職業です。しかし、仕事内容をよく知らないと転職後に後悔したり、仕事が続かなかったりするのも事実です。

ここでは転職を考えているなら知っておきたい、タクシードライバーへ転職して後悔しやすい・続かない人の特徴をご紹介します。

1人での仕事が不安な人

今まで複数の人と同じ空間で働くのが普通だった場合、1人ぼっちの空間に耐えきれずに転職したことを後悔するというケースがあります。

タクシードライバーの仕事はお客さん以外、同じ会社の同僚と話す機会はなかなかありません。朝出庫したら事務所に帰るまで自分1人きりでの仕事です。仮に困ったことが起きても、同じ場所にいてすぐに手を差し伸べてくれる同僚はいません。失敗も成功も自分1人の責任という状況で、地道に頑張っていかなければならないのがタクシードライバーの仕事です。

お客さんを乗せるまではタクシーの中という狭い空間にずっと自分1人で、ふとお客さんの愚痴や出来事を話したくても車内にその相手はいません。1人きりで仕事をするのに慣れていない人にとっては苦痛に感じることがあるかもしれませんが、逆に今まで1人で仕事するのが当たり前だった人や同僚とのコミュニケーションがわずらわしいと感じていた人にとっては、タクシードライバーの仕事がしっくりくることもあります。

自分がどのような環境で働くのが最もストレスフリーなのか、考えてみると良いでしょう。

体力勝負の仕事がイヤな人

働く時間帯や日数、地域にもよりますが、タクシードライバーの仕事は体力勝負な面が大きいです。そのため、体力の有無がその日の売り上げにも影響してきます。

売り上げアップには時間帯や交通状況を把握して効率良く仕事をすることも大切ですが、絶え間なくお客さんを探したり休憩時間を削りながら走り回ったりできる方が売り上げアップにつながりやすいのが現実です。

タクシードライバーは長時間労働になりやすいこともあり、体力があって長時間労働に耐えることができるかどうかが重要になってきます。

さらに、勤務可能な時間が24時間というタクシードライバーにとって、深夜に働くことができるかどうかはとても重要な問題です。もちろん深夜に働くことができる方が売り上げアップしやすいですが、そうでなくても十分仕事は務まります。

体力に不安のある人は朝型か夜型かどうか自分のライフスタイルを見つめ直し、自分に合った時間帯に働けるようにするのも賢い方法の一つです。

ルーチンワークに飽きやすい人

毎日同じことの繰り返しに耐えられない人にとって、タクシードライバーは続きにくい仕事の一つです。ルーチンワークは数あれど、その中でもタクシードライバーの仕事は特に単調だと言えます。

タクシードライバーの仕事は、お客さんを乗せて目的地まで安全に運ぶことです。それを毎日ひたすら繰り返すことが売り上げアップへの近道です。そのため、いかに効率良く運転するか、その地域の交通事情をしっかり把握できるか等で効率アップを狙うのも仕事の一つですが、それはあくまで仕事をより良くするためのものです。

お客さんを運ぶのが第一のため、あまり重きを置くことはできません。地域によっては、どのお客さんも同じようなルートで同じ場所へ向かうため、毎日同じ道しか通らないということもあるでしょう。毎日同じことの繰り返しだからといって、気が緩んでしまうと事故やクレームの原因になります。同じ仕事の繰り返しでも決して気を緩めることなく仕事を続けていける覚悟がないと、転職したことを後悔してしまうかもしれません。

逆に、毎日同じことの繰り返しでも苦痛に感じず、真面目にコツコツと積み重ねることができる人なら続けやすい仕事と言えます。何てことのない仕事でも、普段から緊張感を持って取り組むようにすると、タクシードライバー―に転職しても無理なく続けることができるでしょう。

根気強くお客さんとコミュニケーションが取れない人

お客さんを乗せて目的地まで安全に運ぶことがタクシードライバーの仕事ですが、お客さんと適切にコミュニケーションを取ることも必要です。

特に深夜の時間帯には終電を逃してやむなくタクシーを利用する酔っ払ったお客さんが増えます。意識がはっきりとしていれば良いですが、泥酔して行き先もちゃんと伝えられず、怒鳴ったり車内で吐いたりするお客さんも少なからずいます。

そのようなお客さんを連続して乗せているとうんざりすることもあるでしょう。中には酔っ払ったお客さんの対応に疲れて、タクシードライバーの仕事が続かない人もいます。

タクシーを利用するお客さんには酔っ払い以外にも、さまざまな事情を抱えたお客さんがいます。ささいなことで文句を言うお客さんもいれば、通院や体調不良で利用するお客さんもいます。それぞれの状況に合わない対応をしていると、すぐにクレームの原因となってしまうでしょう。

タクシードライバーの仕事はそういうものだと早い段階で割り切って、1人ひとりに誠意を持って対応することが大切です。

タクシードライバー―の仕事を長く続けるために

転職後のタクシードライバー―の仕事には、転職前とのギャップが付きものです。ギャップが大きすぎて後悔していては仕事を長く続けられません。

転職してから後悔しないためにも、ある程度仕事のデメリットについては理解しておいた方が良いでしょう。後悔しやすい・続かない人の特徴を理解して、自分にタクシードライバーの仕事が向いているかどうかしっかりと見極めてから転職するようにしましょう。