新型コロナウイルスの影響で満員電車や人混みを避ける世の中だからこそ東京ではタクシー利用客を獲得しやすい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルスの影響で満員電車や人混みを避ける世の中だからこそ東京ではタクシー利用客を獲得しやすい

新型コロナウイルスの蔓延によって多くの業界では大打撃を受けてしまい、企業も売り上げを落として苦境の時期を乗り越えるための方策を練っています。

しかし、タクシー業界にはメリットもあるということを知っているでしょうか。

特に東京ではタクシー乗務員が成功しているケースもあるので、どのような事情があるのかを紹介します。

新型コロナウイルスの影響で電車が避けられている

新型コロナウイルスは日本でもかなりの範囲に広がって大きな社会問題を引き起こすことになりました。この影響は東京に限ったことではなく、全国的に消費経済に多大なダメージが生じる結果になっています。

タクシー業界について目を向けてみると、重要なのが移動に関する問題でしょう。国が感染拡大防止策を色々な角度から講じたことによって、基本的には公共交通機関である電車や地下鉄、バスなどの利用を避けるような方針になっており、通勤や通学などを含めたすべての移動が難しい状態となっています。

それでもなお、必要な人も多いからという理由で交通サービスの提供は止めないことにしているのが現状ですが、消費者としては満員電車を避けたい、混み合う時間帯を避けて移動したいという動きが強まっています。

公共交通機関が主な移動手段の東京では影響が大きい

このような移動の制限の影響が大きいのが東京の特徴です。東京では電車と地下鉄を中心とする公共交通機関が標準的で、マイカーを持っていない人も大勢います。東京の中心地にはオフィス街が広がっていて、周辺の埼玉県や千葉県、神奈川県などからも通勤している人が多いのも特徴です。

感染拡大防止策の策定に伴って企業ではリモートワークを推進したり、オフピーク通勤を奨励したりするなどの対策を立てましたが、それでもなお通勤時間帯には満員電車に乗らざるを得ない人たちが多いのが実態です。

マイカーによる移動をできるだけ心がけるようにと言われても、新たに車を購入してコロナウイルスの影響があるときだけしか使わないのでは、多大な出費になってしまいます。そのため、東京では公共交通機関を使いづらい状況でどのようにして移動するかが課題となり、タクシーの利用客が多くなっているのです。

コロナウイルスに伴う緊急事態宣言が終了してからは東京にショッピングや観光に訪れる人も増えてきました。その際にも感染拡大を恐れて電車や地下鉄の利用を避けている傾向が強く、タクシーの利用客が増える要因となっています。

このようにもともと車社会の地方とは違って、東京では新型コロナウイルスの広がりが移動手段に大きく影響を与えているのです。

タクシードライバーにとっては利用客を獲得しやすい

このような移動手段の考え方の変化はタクシードライバーにとって有利な環境を生み出しました。タクシードライバーにとっては東京では利用客を獲得しやすくなっているのです。

タクシードライバーは利用客を獲得して乗務をこなすことにより出した売り上げが給料に反映される仕組みになっています。一般的に歩合制と呼ばれる給与体系で、売り上げが増えれば増えるほど個人の収入が大きくなるのが魅力です。

そのため、東京ではタクシードライバーが新型コロナウイルスによるネガティブな影響をあまり受けることがなく、むしろ稼ぎやすい状況になっているのが現状です。

さらにだんだんと東京では夜も遅くまで働く人や、居酒屋に飲みに行く人も増えてきました。夜間の割増料金の時間にも利用客を見つけやすくなってきたのも稼ぎやすくなっている理由です。

タクシードライバーは隔日勤務を選べば昼間から夜、そして早朝まで働くことができます。昼間に仮眠を取って夜に備え、割増料金の時間帯に必死に働くといった戦略も立てられるのが隔日勤務の魅力です。この状況下でも東京ならメリットを生かした働き方をすることができるでしょう。

転職を考えているならタクシードライバーを候補にしよう

東京ではタクシーの需要が伸びているとなるとタクシー会社としてもニーズに応えられるような数のタクシードライバーを確保しなければなりません。もともとタクシードライバーの数が不足していた影響もあり、各社が積極的に求人を出しています。

転職を考えている人は採用してもらえるチャンスになっているので、東京でタクシードライバーを目指してみましょう。タクシー会社では初心者でも研修をしてきちんと一人前に育て上げる仕組みを作っている場合がほとんどで経験を問わずに歓迎されています。東京の地理に詳しくないという人も一から教わることができるので安心です。

手厚い待遇をしているタクシー会社なら第二種免許を取得する費用を負担してくれたり、研修期間中も高めの給与を保証してくれたりしていることもあります。東京で稼げるタクシードライバーになるにはまたとない機会かもしれないので、前向きに転職を検討してみましよう。

新型コロナウイルスの影響を逆手に取ってタクシードライバーになろう

新型コロナウイルスは各地で公共交通機関による移動を自粛するように働きかけることにつながりました。その影響が大きい東京ではタクシーの需要が高まっています。

タクシードライバーになりたい人にとってはコロナの影響を逆手に取れるチャンスなので、待遇がきちんと整っているタクシー会社を選んで転職を目指しましょう。