タクシー会社への転職、タクシードライバーは未経験でも稼げるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシー会社への転職、タクシードライバーは未経験でも稼げるのか?

タクシードライバーへの転職を考えた時、多くの人が気になるのが未経験でも稼げるのか?という点です。実際のところ歩合制にしているタクシー会社が多く、歩合の仕組みについてよくわからないと不安に感じるかもしれません。
この記事ではタクシードライバーについて、未経験で働ける理由や歩合の仕組み、しっかり稼ぐコツなどについて紹介していきます。

タクシードライバーへの転職は未経験でも可能

他業種への転職は簡単ではありません。未経験では即戦力として期待できないため、正社員として採用されるのは限りなく難しいのです。そんな中、タクシードライバーは未経験でも転職可能な仕事です。
多くのタクシー会社では未経験者を積極的に受け入れており、タクシードライバーとして活躍しているほとんどの人が他業種から転職してきた人達が占めています。

タクシードライバーが未経験でも可能な理由は、教育プラグラムや研修制度が整っているからです。一般的な企業の新入社員教育のように一からしっかりと教育が受けられるので、何も知らない状態で入社しても心配いりません。
実際のところ経験者には会社の経営方針や営業方法などを改めて教えるのが難しいとあって、経験者より未経験者の方を優遇している会社も多いです。
例えばタクシードライバーとして働くには第二種運転免許の取得が必須ですが、教習所に通う費用を会社側が全額、または一部を負担したり、研修中の賃金を支給するなど様々なサポートを行っています。

タクシードライバーの歩合制の仕組み

タクシードライバー=歩合制というイメージを持つ人も多いかもしれません。そもそもタクシーの歩合とは、客を乗せて支払いを受けた運賃から給料が支払われるようになっており、客を乗せれば乗せるほど稼ぐ事が出来ます。
つまり客を捕まえられなければ収入はゼロとなる可能性もある訳ですが、ひとえに歩合制と言っても「A型賃金」「B型賃金」「AB型賃金」の3種類の給与形態に分かれており、タクシー会社によって採用している形態も異なります。

まずA型賃金とは、基本給に歩合給と賞与が加わる形態です。一般企業の営業職に多い給料システムでタクシー業界ではあまり採用されていませんが、固定給があるため比較的安定した収入が得られます。
ちなみに固定給に定められた部分を超えた売上額が歩合の対象となりますが、他の給与形態に比べると歩合率が低く設定されているため、売上が高くても給料はあまり上がりません。またB型賃金は完全歩合制で、売上に歩合率を掛け合わせたものが給与となります。A型賃金に比べて歩合率も高く、ドライバーの頑張りがわかりやすい形で反映される給与形態と言えます。
高給も狙える一方、体調を崩すなど働けない時期があると月収は不安定になる可能性もあります。

そしてタクシー会社で最も多く導入しているのがAB型賃金です。固定給に歩合給と賞与が加わるのでA型賃金とよく似ていますが、歩合給と賞与の算出方法が異なります。
固定給と歩合給を合算させた額のうち一定の割合を賞与として積み立て、年2~3回に分けて支給される仕組みになっているのです。A型賃金の安定さ、B型賃金の歩合率の高さと良い部分を組み合わせた形態で、歩合の一部を賞与に分散できるので、賞与が上がりやすいという点もメリットと言えます。
ただしタクシー会社によっては「ほぼA型」または「ほぼB型」といった実情もあるため、事前にしっかり確認しておく必要があります。

効率良く稼ぐためのコツ

タクシー会社によって様々ですが、歩合制を取り入れている所が多いため、勤務時間は多くの客を乗せて1日1日しっかり稼いでいくのが理想です。未経験者で仕事に慣れていない頃は客を捕まえるのにも一苦労ですが、「客がいない」と嘆いていても仕方ありません。タクシー利用者が多いスポットを探すべく、日頃から綿密な情報収集が必要となります。
例えば電車の終電時刻、イベント・大会の開催日時や場所、終了時間、大手企業の場所などは事前に調べておきたいポイントです。

そして一日の稼働時間の中で、客を乗せて走る時間をいかに増やせるかも重要な課題です。
コンスタントに客を見つける事が出来れば、空車の時間が減り、効率良く稼げるようになるのです。人から情報を集めるのはもちろん、実際に自分で色々な場所を走ってみてリサーチしていく努力も必要で、何度も繰り返していけば自然と道やスポットに詳しくなり、裏道や抜け道も見つけられるかもしれません。
また短時間で稼ぎたいと考えるなら、夜勤専門の勤務形態を選ぶのも一つの方法です。慣れない頃は体が辛いかもしれませんが、夜の繁華街はタクシー利用客が多く、深夜料金もつくため効率良く売上を伸ばせるのです。

自分に合った会社を見つける事から始めよう

タクシードライバーは教育制度がきちんと整えられているため、未経験でもすぐに慣れてしっかり稼ぐ事が出来ます。ただタクシー会社によって給与形態や勤務形態は違うため、事前のリサーチが必要となります。また二種免許取得費用負担、勤務開始から一定期間の給与保証、寮完備など社員に対してのサポートも会社によって様々で、自分が働きやすい職場を見つける事も長くタクシードライバーとして活躍できるコツとなります。