タクシー運転手に転職して安定した給料を稼げる?お客さん対応と稼ぐノウハウを身につけることがポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシー運転手に転職して安定した給料を稼げる?お客さん対応と稼ぐノウハウを身につけることがポイント

東京エリアのタクシー運転手は安定収入を得られやすいと言われていますが、実情はどうなのでしょうか。ここでは東京エリアでタクシー運転手になるメリット、稼ぐために大切なノウハウ、転職を成功させるコツなどについて紹介しています。

タクシー運転手になって稼げるかどうかは、自分の能力や工夫にかかっています。まずは稼いでいる人のやり方・習慣を真似してみましょう。

東京エリアはタクシー運転手にとって働きやすい場所

タクシーを利用する人は富裕層が中心だと思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。マイカーを所有していない、電車やバスでの移動が苦手などの理由でタクシーを利用する方は少なくないです。

また終電を逃してしまったり、飲み会帰りだったりする場合も利用することが多いでしょう。東京都市部は眠らない街と呼ばれることもあり、タクシーの利用者が多いのでタクシー運転手にとって非常に稼ぎやすい環境にあります。

他の道府県から東京に引っ越し、タクシー運転手になる方が多い現実を見ても、東京エリアの優位性が見えてきます。バブルの時代では全国的に高収入を得られたタクシー運転手ですが、不景気になると利用者は減少する傾向があるのです。

しかし東京に関しては景気の影響は受けにくく、安定的に稼ぐことができます。サラリーマンや自営業からタクシー運転手に転職する方は多いですし、年収で600万円以上を稼ぎ出している方は少なくありません。

安定的に稼いでいるタクシー運転手が実践していること

タクシー運転手が高収入を得るためには、夜勤がポイントになります。終電の前後は稼ぎやすい時間帯ですが、深夜もお客さんをつかみやすいです。タクシー会社が導入する勤務形態は隔日が基本であり、これは最も高収入を得られるからです。

一方で昼勤と比べて体調を崩しやすい傾向があるため、休日は多めに睡眠をとる、勤務日の昼食後に仮眠をとる、集中する時間とそうでない時間帯でメリハリをつける、などの工夫が必要になります。無理をすると疲労・ストレスが溜まり、集中力も低下してくるので稼ぐうえで効率が悪くなります。

新人ドライバーとして入職する方は、先輩たちと積極的にコミュニケーションをとりましょう。会社が主催するクラブやイベントにはなるべく参加し、仲間と交流を図ってください。

基本的にタクシー運転手は、稼げるノウハウを人に教えようとはしない人が多いですが、仲良くなれば色々と教えてくれる人はいるのです。どの時間帯にどこを走れば稼げるのか、また信号につかまりにくいライン取り、などの具体的なノウハウを教えてくれる先輩もいます。

人付き合いが苦手という理由でタクシー運転手を目指す人は少なくありませんが、安定的に高収入を得るならコミュニケーション能力は無視できません。

転職で後悔しないためには情報収集がカギ

タクシー会社はどこも大差ないと考えている方は少なくありませんが、実際は給料や福利厚生・働きやすさなどが大きく違うのです。一般的に事業規模の大きな会社ほど給料・福利厚生はよい傾向があります。

ただ800万円以上可能などと求人票で紹介していても、平均年収は400万円未満といったケースはあります。転職後に後悔してしまう人は、情報収集不足が原因かもしれません。働きやすさや社風などを調べるときは、タクシー業界に特化した口コミサイトが役立ちます。

運転マナーやお客さん対応の指導が徹底している会社は、風通しがよくて働きやすい傾向があります。マナーとルールを守るためには気持ちにゆとりを持つことが大切です。

時間に追われてイライラしている状態だと、交通ルールやマナーを軽視してしまうというドライバーがいますが、一人ひとりのドライバーの対応が会社のイメージになります。会社のイメージをアップさせることは、長期的に見るとお客さんを増やすことにつながります。

コミュニケーション能力が営業力につながる

タクシー運転手という仕事は、運転をしながらお客さん対応をする必要性があります。2つのことを同時に進める必要があり、これは慣れなければ意外と難しいでしょう。運転中は運転に集中するあまり、表情が不愛想になってしまう人がいますが、表情はお客さんから見られていると認識してください。

タクシー運転手は営業・接客業を兼ねているため、コミュニケーション能力が高いほど稼げる傾向があります。笑顔に自信のある人、話が面白い人などは、お得意さんを確保できる可能性が高いです。

地理には詳しい人が好ましいですが、現在はカーナビやスマホを活用しながら覚えていける時代ですから、地理・道路がわからなくても転職できます。東京都内のすべての道路を覚えようとしても無理があります。大切なのは自身の営業エリア内を中心に覚えていくことです。

最初は狭い範囲内で営業しながら、周辺地理に詳しくなったら活動範囲を広げるという手もあります。

東京はタクシー運転手に転職したい人に適したエリア

タクシー運転手になって安定した収入を得たい人は、東京エリアの会社に応募してみましょう。東京は数多くのタクシー会社があり、自分に合った会社が見つかりやすいです。

自分なりに稼ぐ工夫をすることは大切ですが、働きやすい環境の職場を見つけることも重要です。お客さんや同僚とよりよい関係を築くことも、安定した給料を稼ぐうえでのポイントになります。