タクシー業界に転職

女性や若い世代でタクシードライバーへの転職を考えている人が増えている?タクシードライバーが人気になっている理由とは!

女性や若い世代でタクシードライバーへの転職を考えている人が増えている?タクシードライバーが人気になっている理由とは!

タクシードライバーが、若者や女性に人気になっているのを知っているでしょうか。

タクシードライバーというと、男性の仕事、稼ぐのが難しいなどのイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、タクシードライバーは他の職種にはない多くのメリットがあるため、転職を考える人が多くなっているのです。

今回は、なぜ女性や若い世代にタクシードライバーが人気になっているのか、その秘密を詳しく解説していきます。

タクシードライバーを目指す女性が増えている理由は?

タクシードライバーというと男性の仕事というイメージがあるかもしれませんが、女性のタクシードライバーも多くなっています。それは女性が働きやすい環境が整ってきているからです。

その理由の1つが、「女性ドライバー応援企業」の認定制度を、国土交通省が創設したことです。この制度は、タクシー事業の労働力不足を解消するために創設されました。

タクシードライバーの数は、平成21年から平成29年にかけて、約10万人近く減少しています。そのため、タクシー業界では人材不足が大きな問題になっていたのです。しかし、女性ドライバーの数は年々上昇傾向にありました。

そこで人材不足を解消するために、もっと女性ドライバーを増やそうと女性ドライバー応援企業の認定制度が創設されたというわけです。女性ドライバー応援企業に認定されるためには、女性ドライバーの雇用目標を設定していることや、女性ドライバーが働きやすい勤務形態、施設の整備などに取り組む必要があります。

女性ドライバーが働きやすい環境を整え、女性ドライバー応援企業に認定されるタクシー会社が増えているため、タクシードライバーになろうとする女性が増えているのです。

女性ドライバーの雇用を積極的に行っているタクシー会社は、子育てとの両立がしやすい労働環境を整えています。従業員のライフスタイルに合わせて労働時間を柔軟に変更したり、育休を取りやすい環境を整えたりしているタクシー会社が多いです。

中には保育園を併設し、子供を預けて安心して働けるようにしているタクシー会社もあります。他にも昼間だけの勤務で週休2日、研修期間中も給与を支払う、女性教官が在籍し研修をしてくれるなど、未経験者の女性でもタクシードライバーに転職しやすい環境が整った会社が増えています。

女性向けサービスを提供しているタクシー会社が増えているのも、女性タクシードライバーが人気になっている理由の1つです。東京都内には子育てタクシーや陣痛タクシーといった、女性の利用者を想定したサービスを提供している会社が多くなっています。

こういったサービスの利用者は、女性ドライバーさんのほうが安心してお願いできると感じる人も多いため、タクシー会社は女性ドライバーを積極的に雇用しています。また、女性ドライバーを指名できるサービスを提供している会社もあり、女性ドライバーの需要が高く求人が見つかりやすいというのも魅力です。

自由度の高い働き方に魅力を感じる若者が多い!

若者の間でタクシードライバーが人気になっている理由の1つが、自由度の高い働き方です。タクシー会社は基本的に24時間営業していますが、当然タクシードライバーが24時間勤務するわけではありません。

タクシードライバーの勤務形態は大きく分けると、日勤、夜勤、隔日勤務の3つに分かれています。日勤は一般的なサラリーマンと同じように日中働く勤務形態で、夜勤は夜から朝にかけて働く勤務形態です。

隔日勤務は知らない人も多いかもしれませんが、勤務日と休日を1日ごとに繰り返す勤務形態で、休みが多くなる代わりに1日に働く勤務時間が長くなります。長くなるとはいっても、しっかり休憩時間は取れるため、1日中働き続けなければならないというわけではありません。

一般的な企業のように働きたければ日勤、夜に働いてがっつり稼ぎたいなら夜勤、休みをしっかり取ってメリハリをつけて働きたいなら隔日勤務といったように、自由度の高い働き方ができるのがタクシードライバーの魅力です。

プライベートもしっかり充実させたいという若者が多くなっているため、自分のライフスタイルに合わせて勤務時間を選べるタクシードライバーは人気となっています。

また、タクシー業界は高齢化が問題となっており、積極的に若い人材を雇用しているというのも、若いタクシードライバーが増えている理由です。新卒はもちろん中途採用や未経験者も積極的に雇用するタクシー会社が多く、他の業種からの転職もしやすい業界です。

求人の数が多く選択肢の幅が広いというのは、転職を考えている人にとって大きな魅力になるでしょう。

多種多様な給与体系も人気の理由!

タクシー業界は他の業界に比べると、多種多様な給与体系の求人が見つかります。まずタクシードライバーで主流になっているのが歩合制ですが、完全歩合制の場合は自分の努力次第で高収入を目指すことも可能です。

若い人でもお客さんをたくさん掴むことができれば、平均年収以上稼ぐことができるということで夢のある給与体系と言えるでしょう。しかし、完全歩合制の場合、給与が安定しにくいというデメリットがあります。そういう人に人気になっているのが、固定給と歩合制を合わせた給与体系です。

A型賃金とも呼ばれる給与体系で、毎月固定給が貰えるため売上が少なかった場合でも、給与が安定しやすいというメリットがあります。特に未経験からタクシードライバーへ転職する場合、いきなり多くのお客さんを掴むのは難しいため、給与が安定しやすいA型賃金の求人が人気です。

他にも完全歩合制とA型賃金を組み合わせたAB型賃金などもあり、自分の希望に合わせて様々な給与体系を選ぶことができるということで、タクシードライバーを目指す若者や女性が多くなっています。

求人選びに拘って自分が働きやすい職場を見つけよう!

子育てしながらでも働きやすい、自由度の高い勤務形態、給与体系の選択肢が多いなどの理由で、タクシードライバーへの転職を考える若者や女性が多くなっています。求人の数が多く、選択肢の幅も広いということで、希望通りの職場が見つかりやすい業界とも言えるでしょう。

タクシードライバーへの転職を考えている方は、求人選びに拘って自分に合った職場を探してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー運転手に転職して安定した給料を稼げる?お客さん対応と稼ぐノウハウを身につけることがポイント

タクシー運転手に転職して安定した給料を稼げる?お客さん対応と稼ぐノウハウを身につけることがポイント

東京エリアのタクシー運転手は安定収入を得られやすいと言われていますが、実情はどうなのでしょうか。ここでは東京エリアでタクシー運転手になるメリット、稼ぐために大切なノウハウ、転職を成功させるコツなどについて紹介しています。

タクシー運転手になって稼げるかどうかは、自分の能力や工夫にかかっています。まずは稼いでいる人のやり方・習慣を真似してみましょう。

東京エリアはタクシー運転手にとって働きやすい場所

タクシーを利用する人は富裕層が中心だと思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。マイカーを所有していない、電車やバスでの移動が苦手などの理由でタクシーを利用する方は少なくないです。

また終電を逃してしまったり、飲み会帰りだったりする場合も利用することが多いでしょう。東京都市部は眠らない街と呼ばれることもあり、タクシーの利用者が多いのでタクシー運転手にとって非常に稼ぎやすい環境にあります。

他の道府県から東京に引っ越し、タクシー運転手になる方が多い現実を見ても、東京エリアの優位性が見えてきます。バブルの時代では全国的に高収入を得られたタクシー運転手ですが、不景気になると利用者は減少する傾向があるのです。

しかし東京に関しては景気の影響は受けにくく、安定的に稼ぐことができます。サラリーマンや自営業からタクシー運転手に転職する方は多いですし、年収で600万円以上を稼ぎ出している方は少なくありません。

安定的に稼いでいるタクシー運転手が実践していること

タクシー運転手が高収入を得るためには、夜勤がポイントになります。終電の前後は稼ぎやすい時間帯ですが、深夜もお客さんをつかみやすいです。タクシー会社が導入する勤務形態は隔日が基本であり、これは最も高収入を得られるからです。

一方で昼勤と比べて体調を崩しやすい傾向があるため、休日は多めに睡眠をとる、勤務日の昼食後に仮眠をとる、集中する時間とそうでない時間帯でメリハリをつける、などの工夫が必要になります。無理をすると疲労・ストレスが溜まり、集中力も低下してくるので稼ぐうえで効率が悪くなります。

新人ドライバーとして入職する方は、先輩たちと積極的にコミュニケーションをとりましょう。会社が主催するクラブやイベントにはなるべく参加し、仲間と交流を図ってください。

基本的にタクシー運転手は、稼げるノウハウを人に教えようとはしない人が多いですが、仲良くなれば色々と教えてくれる人はいるのです。どの時間帯にどこを走れば稼げるのか、また信号につかまりにくいライン取り、などの具体的なノウハウを教えてくれる先輩もいます。

人付き合いが苦手という理由でタクシー運転手を目指す人は少なくありませんが、安定的に高収入を得るならコミュニケーション能力は無視できません。

転職で後悔しないためには情報収集がカギ

タクシー会社はどこも大差ないと考えている方は少なくありませんが、実際は給料や福利厚生・働きやすさなどが大きく違うのです。一般的に事業規模の大きな会社ほど給料・福利厚生はよい傾向があります。

ただ800万円以上可能などと求人票で紹介していても、平均年収は400万円未満といったケースはあります。転職後に後悔してしまう人は、情報収集不足が原因かもしれません。働きやすさや社風などを調べるときは、タクシー業界に特化した口コミサイトが役立ちます。

運転マナーやお客さん対応の指導が徹底している会社は、風通しがよくて働きやすい傾向があります。マナーとルールを守るためには気持ちにゆとりを持つことが大切です。

時間に追われてイライラしている状態だと、交通ルールやマナーを軽視してしまうというドライバーがいますが、一人ひとりのドライバーの対応が会社のイメージになります。会社のイメージをアップさせることは、長期的に見るとお客さんを増やすことにつながります。

コミュニケーション能力が営業力につながる

タクシー運転手という仕事は、運転をしながらお客さん対応をする必要性があります。2つのことを同時に進める必要があり、これは慣れなければ意外と難しいでしょう。運転中は運転に集中するあまり、表情が不愛想になってしまう人がいますが、表情はお客さんから見られていると認識してください。

タクシー運転手は営業・接客業を兼ねているため、コミュニケーション能力が高いほど稼げる傾向があります。笑顔に自信のある人、話が面白い人などは、お得意さんを確保できる可能性が高いです。

地理には詳しい人が好ましいですが、現在はカーナビやスマホを活用しながら覚えていける時代ですから、地理・道路がわからなくても転職できます。東京都内のすべての道路を覚えようとしても無理があります。大切なのは自身の営業エリア内を中心に覚えていくことです。

最初は狭い範囲内で営業しながら、周辺地理に詳しくなったら活動範囲を広げるという手もあります。

東京はタクシー運転手に転職したい人に適したエリア

タクシー運転手になって安定した収入を得たい人は、東京エリアの会社に応募してみましょう。東京は数多くのタクシー会社があり、自分に合った会社が見つかりやすいです。

自分なりに稼ぐ工夫をすることは大切ですが、働きやすい環境の職場を見つけることも重要です。お客さんや同僚とよりよい関係を築くことも、安定した給料を稼ぐうえでのポイントになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの影響で満員電車や人混みを避ける世の中だからこそ東京ではタクシー利用客を獲得しやすい

新型コロナウイルスの影響で満員電車や人混みを避ける世の中だからこそ東京ではタクシー利用客を獲得しやすい

新型コロナウイルスの蔓延によって多くの業界では大打撃を受けてしまい、企業も売り上げを落として苦境の時期を乗り越えるための方策を練っています。

しかし、タクシー業界にはメリットもあるということを知っているでしょうか。

特に東京ではタクシー乗務員が成功しているケースもあるので、どのような事情があるのかを紹介します。

新型コロナウイルスの影響で電車が避けられている

新型コロナウイルスは日本でもかなりの範囲に広がって大きな社会問題を引き起こすことになりました。この影響は東京に限ったことではなく、全国的に消費経済に多大なダメージが生じる結果になっています。

タクシー業界について目を向けてみると、重要なのが移動に関する問題でしょう。国が感染拡大防止策を色々な角度から講じたことによって、基本的には公共交通機関である電車や地下鉄、バスなどの利用を避けるような方針になっており、通勤や通学などを含めたすべての移動が難しい状態となっています。

それでもなお、必要な人も多いからという理由で交通サービスの提供は止めないことにしているのが現状ですが、消費者としては満員電車を避けたい、混み合う時間帯を避けて移動したいという動きが強まっています。

公共交通機関が主な移動手段の東京では影響が大きい

このような移動の制限の影響が大きいのが東京の特徴です。東京では電車と地下鉄を中心とする公共交通機関が標準的で、マイカーを持っていない人も大勢います。東京の中心地にはオフィス街が広がっていて、周辺の埼玉県や千葉県、神奈川県などからも通勤している人が多いのも特徴です。

感染拡大防止策の策定に伴って企業ではリモートワークを推進したり、オフピーク通勤を奨励したりするなどの対策を立てましたが、それでもなお通勤時間帯には満員電車に乗らざるを得ない人たちが多いのが実態です。

マイカーによる移動をできるだけ心がけるようにと言われても、新たに車を購入してコロナウイルスの影響があるときだけしか使わないのでは、多大な出費になってしまいます。そのため、東京では公共交通機関を使いづらい状況でどのようにして移動するかが課題となり、タクシーの利用客が多くなっているのです。

コロナウイルスに伴う緊急事態宣言が終了してからは東京にショッピングや観光に訪れる人も増えてきました。その際にも感染拡大を恐れて電車や地下鉄の利用を避けている傾向が強く、タクシーの利用客が増える要因となっています。

このようにもともと車社会の地方とは違って、東京では新型コロナウイルスの広がりが移動手段に大きく影響を与えているのです。

タクシードライバーにとっては利用客を獲得しやすい

このような移動手段の考え方の変化はタクシードライバーにとって有利な環境を生み出しました。タクシードライバーにとっては東京では利用客を獲得しやすくなっているのです。

タクシードライバーは利用客を獲得して乗務をこなすことにより出した売り上げが給料に反映される仕組みになっています。一般的に歩合制と呼ばれる給与体系で、売り上げが増えれば増えるほど個人の収入が大きくなるのが魅力です。

そのため、東京ではタクシードライバーが新型コロナウイルスによるネガティブな影響をあまり受けることがなく、むしろ稼ぎやすい状況になっているのが現状です。

さらにだんだんと東京では夜も遅くまで働く人や、居酒屋に飲みに行く人も増えてきました。夜間の割増料金の時間にも利用客を見つけやすくなってきたのも稼ぎやすくなっている理由です。

タクシードライバーは隔日勤務を選べば昼間から夜、そして早朝まで働くことができます。昼間に仮眠を取って夜に備え、割増料金の時間帯に必死に働くといった戦略も立てられるのが隔日勤務の魅力です。この状況下でも東京ならメリットを生かした働き方をすることができるでしょう。

転職を考えているならタクシードライバーを候補にしよう

東京ではタクシーの需要が伸びているとなるとタクシー会社としてもニーズに応えられるような数のタクシードライバーを確保しなければなりません。もともとタクシードライバーの数が不足していた影響もあり、各社が積極的に求人を出しています。

転職を考えている人は採用してもらえるチャンスになっているので、東京でタクシードライバーを目指してみましょう。タクシー会社では初心者でも研修をしてきちんと一人前に育て上げる仕組みを作っている場合がほとんどで経験を問わずに歓迎されています。東京の地理に詳しくないという人も一から教わることができるので安心です。

手厚い待遇をしているタクシー会社なら第二種免許を取得する費用を負担してくれたり、研修期間中も高めの給与を保証してくれたりしていることもあります。東京で稼げるタクシードライバーになるにはまたとない機会かもしれないので、前向きに転職を検討してみましよう。

新型コロナウイルスの影響を逆手に取ってタクシードライバーになろう

新型コロナウイルスは各地で公共交通機関による移動を自粛するように働きかけることにつながりました。その影響が大きい東京ではタクシーの需要が高まっています。

タクシードライバーになりたい人にとってはコロナの影響を逆手に取れるチャンスなので、待遇がきちんと整っているタクシー会社を選んで転職を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内でタクシードライバーに転職するなら優良企業な大手タクシー会社を選ぼう

東京都内でタクシードライバーに転職するなら優良企業な大手タクシー会社を選ぼう

東京都内で、タクシードライバーになることを考えてはいませんか?東京都内にはタクシー会社が多く、ドライバーの求人も豊富です。

それはよいのですが、問題になるのがタクシー会社の選び方。というのは、選び方次第でその後のドライバーとしての生活が、大きく変わってくるからです。

そこでこの記事では、東京都内のタクシー会社の選び方について詳しくご紹介していきます。

東京都内でタクシードライバーになるためには

東京都内は慢性的にタクシードライバー不足で、ドライバーの需要が高いとされています。そのため希望すれば、比較的簡単に転職ができると考えてしまうかもしれません。

しかし転職者の条件によっては、すぐにはドライバーになれないこともあるので注意が必要です。タクシードライバーになるには「普通二種免許」の取得が必須ですが、実はこの免許は普通免許を取ってから、3年以上経過していなければ取得することができません。

また、21歳以上という年齢制限も設けられています。そのため普通免許を取立てだったり、21歳になっていなかったりする人は、すぐにはタクシードライバーにはなれないのです。

ほとんどのタクシー会社は、ドライバーの募集に「普通免許取得後3年以上」という条件を設けています。普通二種免許の取得は入社後でもOKという会社が多いので、自動車の運転歴が短い人は3年になるまで待つのが賢明です。

また東京都の場合には、もう1つクリアしておかなければならない試験があります。それは「地理試験」です。東京23区と三鷹市、そして武蔵野市でタクシードライバーになるためには、該当する地区の地理に関する知識が必要です。

地理に対する自信がないようなら、地理試験の勉強をフォローしてくれるタクシー会社を選びましょう。

タクシー会社の選び方

転職者が東京都内でタクシー会社を選ぶ際、重要視しておきたい項目には幾つかあります。それらの中でも特に優先しておきたいのが、次の3つの項目です。

年収

転職の際に一番こだわるのは、年収ではないでしょうか。タクシードライバーは、頑張り次第で年収が増えるのが魅力の1つ。

東京都内は繁華街が多く、夜遅くまで人が出歩いているのも珍しくありません。そのため、タクシーの利用者にとても恵まれています。

地方と比較すると、東京都のタクシードライバーの年収は多い傾向にあります。とはいえ東京都の全てのタクシー会社が、高い給与を支払うというわけではありません。

タクシードライバーの求人をチェックしてみると、年収に開きがあるのが分かります。最高で1,000万円という会社もありますが、中には多くても500万円以内という会社も。

年収はモチベーションにも関わってくるものなので、会社選びの際にはよく比較して検討するのが大事です。年収に直結するものに、歩合の数値があります。希望する会社の歩合が分からない場合には、問い合わせておくようにしましょう。

支援体制

勤務時間が深夜遅くまでだったり、酔っ払いの相手をしたりすることで「タクシードライバーは大変な仕事だ」という印象があるかもしれません。確かにタクシードライバーは、ある意味特殊な仕事です。

しかしほとんどのタクシー会社では、きちんとした支援体制がとられているので初心者でも安心です。具体的には経験豊富な先輩からの指導だったり、マニュアルを使用しての教育体制だったりが整っています。

また、2種免許の取得に関しては、取得費用を全額負担してくれる会社も少なくありません。中には入社後すぐに、9日間の合宿で免許を取得させてくれる会社もあります。

2種免許をすでに取得済だったり、東京都の地理に詳しかったりなどして、入社後すぐにバリバリ稼げる人もいることでしょう。しかしそういう人は少数なものです。

ほとんどの人は、最初の数か月は稼げるか不安になるのではないでしょうか。多くのタクシー会社は、その点を考慮してくれています。たとえば最初の3ヶ月を、固定給にしてくれる会社もあります。

新入社員に対する、そういった面での支援体制も見逃せないポイントです。求人情報をよくチェックし、支援体制の整った会社を選ぶようにしましょう。

勤務時間

タクシー会社の勤務時間は、一般的な会社のそれとは違うもの。朝8時くらいから深夜3時くらいまで勤務で、翌日は休みというシフトを採用しているタクシー会社がほとんどです。

このシフトで月に11~12回ほど乗務するのですが、転職者の中には昼の勤務のみを希望する、という人もいるかもしれません。会社によっては、そういった希望が通るところもあります。生活の都合で長い乗務ができないような場合には、それが可能なタクシー会社を最初から選ぶのが肝心です。

女性ドライバーの割合が多いタクシー会社では、女性に合わせたシフト体制にしているところも。もちろん深夜まで、がっちり稼ぎたいという人に向いたタクシー会社も存在します。勤務時間は会社によってまちまちなので、できるだけ自分の希望に合ったシフトのところを探しましょう。

総合的に判断すると大手のタクシー会社がおすすめ

自分が何を一番重要視するかで、タクシー会社の選び方は違ってきます。とはいっても、最終的に大事になってくるのは総合的な判断です。

そういった意味でおすすめなのが、大手のタクシー会社。大手会社は優良企業であることが多く、支援体制が整っています。

また、専用のタクシー乗り場を設けているところもあり、比較的安定した年収が見込めます。社員が豊富なため、シフトが選べる場合も。タクシー会社を選ぶなら、総合的に優れた大手をまずチェックしてみましょう。

大手タクシー会社の中から自分に合った会社を選ぼう

東京都内のタクシー会社は数が多いので、大手と目される会社も複数存在します。それぞれ所在地や規模、シフト体制や福利厚生が違います。

また、募集しているドライバーの年齢に違いがあることも。60代でもOKなところもあれば、35歳以内という制限を設けている会社もあります。

東京都内の大手タクシー会社を比較検討し、自分に1番適した会社を選択しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地方と都心で給与に差が出る!タクシードライバーに転職するなら平均年収が高い東京都がおすすめ

地方と都心で給与に差が出る!タクシードライバーに転職するなら平均年収が高い東京都がおすすめ

タクシードライバーへの転職を考えている人は勤務地を慎重に選ぶことが大切です。特に、給与面に好待遇を求める場合はなおさらです。

タクシードライバーは都心部と地方で給与に差が出る傾向があります。もっとも給与がよいのが東京になります。

そこで今回は、東京のタクシードライバーがしっかりと稼げておすすめな理由を紹介していきます。

タクシードライバーの給与は歩合制

タクシードライバーの給与が東京と地方で差が出る理由は、タクシー運転手の給与には基本給のほかに歩合給が含まれるためです。歩合給は自分が稼いだ一ヵ月の売上×歩合率で決まる給与です。

そのため、お客さんを多く乗せて売上を伸ばしていけば、給与も上がっていきます。1年目であっても順調に売り上げを伸ばしていけば高い年収を得ることができます。

タクシーというのは接客サービスなので、たくさん人がいる土地であれば、多くの売上が見込めます。日本でもっとも人口が多い都道府県はもちろん東京です。特に、朝から晩まで人が行きかう都内でタクシードライバーをやれば、他の勤務地よりも高い給与が望めるのです。

東京と地方でどれだけ差がある?タクシードライバーの平均年収

それでは、タクシードライバーの全国の平均年収と東京の平均年収ではどれほどの差があるのか見ていきましょう。

交通新聞社が発表した統計データでは、2018年の全国のタクシードライバーの平均年収は約348万円でした。対して東京のドライバーの平均年収は約470万円で、120万円以上の開きがあります。

しかも、全国の平均年収は東京を含めた額なので、実際のところは東京と地方ではもっと年収に差があることになります。

これほどの差が生まれるのはただ単に人口の関係だけではありません。東京のタクシードライバーが稼げる理由は他にもあるのです。

流し営業がしやすい

東京はオフィス街や観光地など人が集まる場所がたくさんあります。人が集まる箇所では流し営業がしやすくなり、売上アップにつながるのです。なぜ流し営業で売上が上がるかというと、流し営業はつけ待ちに比べて効率がいいからです。

つけ待ちはタクシー乗り場にタクシーを停めてお客さんを待つ営業です。タクシー乗り場は駅などの人が多い場所にあり、お客さんを乗せやすいと思うかもしれません。

しかし、タクシー乗り場には他のタクシーも数多く停まっているため、お客さんを乗せるためには他のタクシーと並んで順番待ちをしなければなりません。タクシーが長い列をなしているタクシー乗り場では、お客さんを乗せるまでに1時間かかるというのも珍しくはないのです。

しかも、長い間待っていたからといって、必ずその時間に見合った売上になるとは限りません。自分の番のお客さんの行き先が近場であれば、1時間待って売上が1000円にもならないということになります。

一方で、流し営業はつけ待ちよりも数をこなせる可能性が高く、近距離のお客さんであっても回数を重ねることで売上を伸ばしていけるのです。地方では効果的な流し営業ができる場所は限られますが、都心では流し営業で稼げる場所がたくさんあります。

県外から通勤している人も多い

東京は県外から通勤している人も多く、そうした人が飲み会などの帰りでタクシーを利用することもあります。その場合は、東京から県境を越えた長距離の移動となります。

タクシーは短距離よりも長距離のほうが効率的に稼げるので、こうしたお客さんはドライバーにとってはありがたい存在です。移動に高速道路を使うとしても、タクシードライバーの帰りの分の高速料金もお客さんが負担するので売上には影響を及ぼしません。

東京都内の会社ならどこでもいいの?タクシー会社はココを見て選ぼう!

タクシードライバーでしっかり稼ぎたいなら東京がいいと説明してきましたが、転職の際は会社選びを怠らないことが大切です。タクシー会社選びで見るべきポイントは次の通りです。

歩合率は低すぎないか?

歩合率はタクシー会社によって異なります。多くのタクシー会社では歩合率が50%程度に設定されています。東京のタクシー会社では高いところでは、歩合率は60%前後に設定されています。歩合率は給与に直結する数値なので、相場を知ったうえで会社選びをするようにしましょう。

研修制度が整っているか?

タクシードライバーになるためには第二種運転免許が必要です。二種免許を持っていない場合は、タクシー会社の研修に免許の取得が含まれているか、その費用は会社負担になっているかどうかチェックしましょう。

また、タクシードライバーは土地を熟知していなければ務まらない職業です。営業所に配属される前に、実際に車を走らせる路上研修がある会社ならば、配属されたあとのトラブルが少なくて済みます。

ハイテク技術を導入している会社は狙い目

東京のタクシー会社には、乗車率を高めるためにIT技術の導入を進めているところもあります。2018年3月にはビッグデータとAIを利用したタクシー配車アプリが登場しました。

そのアプリでは人口動態や気象といったデータを分析し、エリアと時間帯ごとのタクシー需要を予測します。そのアプリを試験導入した会社は、アプリを利用したタクシーの1日当たりの売上高が、前の月よりも20.4%向上したと発表しました。

タクシードライバーになりたての頃は、どこでお客さんを見つけやすいのかわからず手探り状態ですが、こうした情報技術によるサポートがあることで、最初から売上を伸ばしていくことが望めます。

東京でしっかりと稼げる優秀なタクシードライバーを目指そう

東京のタクシードライバーの平均年収は全国1位です。歩合率の高い会社やハイテク技術を導入している会社もありますが、しっかり稼ぐためには優秀なタクシードライバーを目指しましょう。

流し営業を真面目にやり、短距離・長距離関係なくお客さんを送り届けましょう。そうすることで毎月の売上にムラがなくなり、社内での評価も上がります。また、安全運転ができるように、休憩をしっかりととって身体を休めるのも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都のタクシードライバー転職!若い世代や女性に人気の理由

東京都のタクシードライバー転職!若い世代や女性に人気の理由

ひと昔前までは、タクシードライバーといえば中高年の男性というイメージが強かったのではないでしょうか。

しかし現在では、若い世代や女性のタクシードライバーが増えてきており、幅広い年齢や性別の人から人気の職業になっています。

今回は、タクシードライバーへの転職が若い世代や女性に人気の理由についてご紹介します。

未経験でも安心して働ける

教育制度が充実している

若い世代や女性からタクシードライバー転職が人気の理由は、未経験でも安心して転職できるからです。タクシー業界は、しっかりした教育制度を持つ会社が多いのが特徴です。

東京でタクシードライバーになるには、二種免許を取得し地理試験に合格しなければなりません。そのため、タクシー会社の多くは、試験に早く合格できるように社内研修を実施しています。

営業前のサポート体制も充実しており、接客や営業の仕方などを教えてくれてから、実際に路上での勤務がスタートします。また、各タクシードライバーの営業成績は会社の売上に直結しているため、売上アップのための研修も随時実施されています。

常に研修や勉強会で新しい知識を身につけられる環境が整っているので、特に若い世代に向いている職場だと言えます。

入社時に給与保証がある

タクシー会社によっては入社してからの数ヶ月間、一定の給与額を保証している会社があります。新人タクシードライバーに対して、最低限の収入を保証するという制度です。期間や給与額は各社によって異なります。

例えば、入社してから3ヶ月間は40万円の給与保証がもらえるといった内容です。未経験の間は道路を覚えられなかったり接客に慣れていないため、先輩ドライバーのように営業することができません。しかし給与保証が設定されていれば、金銭面を心配することなく新しい業務に取り組めます。

高収入が狙える給与形態

ほとんどのタクシー会社は、固定給と歩合制を合わせたAB型賃金という給与形態を採用しています。AB型賃金には固定給があるのですが、それに加えて歩合給も支払われます。

歩合給には売上成績が反映されるため、頑張ったら頑張っただけ稼ぐことができます。努力した分だけ給与が上がっていくので、やりがいがありモチベーションをキープしやすい仕事です。

多彩な働き方

需要に合わせた業務拡大

タクシードライバーの仕事は、ただ運転するだけではありません。観光タクシーや介護タクシーなどの幅広いサービスを提供するタクシー会社が増えてきています。

例えば、観光タクシーの場合、観光スポットへ送迎するだけでなく、観光ガイドも行います。そのため、タクシードライバーは、観光ガイドのスキルが必要になります。また、東京都では外国人観光客を乗せる機会が多いため、語学の習得も必要不可欠です。

高齢者の外出をサポートする介護タクシーは、通院や買い物などの付き添いサービスが実施されています。簡単な介護をすることもあるので、介護の資格を取得しなければいけません。

このように、タクシードライバーの業務の幅は広がりをみせています。一口にタクシー会社に就職・転職するといっても、運転だけでなくバラエティ豊かな業務に携われる可能性が高いです。

自分の好きな分野に取り組めるので、常に向上心を持ってスキルアップを目指せます。入社後にやりたいことが見つかった場合も、通常業務をしながら勉強すれば、観光タクシーや介護タクシーの業務ができるようになるでしょう。

柔軟な勤務体系

働き方を選べるという点も、若い世代や女性の転職者が多い理由の一つです。タクシードライバーの働き方は、隔日勤務、日勤、夜日勤の3種類に分けることができます。

隔日勤務の場合、夕方頃から翌日昼まで勤務すると次の日が休みになります。勤務が長時間になる代わりに、休日も多めに確保できるのが特徴です。プライベートも充実させられるので、若い世代から人気が高い働き方です。

また若い世代には、高収入が狙える夜日勤も人気があります。女性の場合は、規則的に働ける日勤を選ぶ人が多いです。通常の会社員のように朝から夕方まで働けます。夜間走行は必ず安全だとは言えないため、昼間に働く女性が多い傾向にあります。

働きやすい設備が整っている

社員寮や仮眠室、休憩室などの設備が整っていることも、若い世代や女性から支持されています。

東京都のタクシー会社の中には、若い世代や地方出身から引っ越してきた人のために、格安の社員寮を用意しているところがあります。普通にアパートやマンションを借りるよりお金をセーブできるという利点があります。

また、女性専用の仮眠室や休憩室などを整えている会社が増えてきています。子どもがいる女性が働きやすいよう、社内の託児所を利用できる会社もあります。

タクシー会社では、若い世代や女性に働いてもらうために、働きやすい設備が整ってきています。その結果、幅広い年齢や性別の求職者が増加傾向にあります。

働きやすいタクシー会社に転職しよう!

タクシードライバーは、若い世代や女性からの人気が高まってきています。自由度が高い働き方や頑張れば頑張った分だけ給与がアップするなどが主な人気の理由です。

働き方によっては、休みを十分確保できプライベートを充実させることができます。また、サポート体制や職場環境が整っているため、年齢や性別関係なく働きやすい業界だと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーにも向き不向きがある!初めてタクシードライバーへ転職する人の不安や転職後の後悔とは?

タクシードライバーにも向き不向きがある!初めてタクシードライバーへ転職する人の不安や転職後の後悔とは?

タクシードライバーへの転職を考える場合、初めてタクシー業界で働く人は不安もあるでしょう。自分はタクシードライバーとして働くことができるのかと悩むかもしれません。

そこでこの記事では、タクシードライバーに向いている人にはどんな特徴があるのかを説明します。また、タクシードライバーになって後悔したり、タクシードライバーで活かせたりする経験なども合わせて紹介します。

タクシードライバーになるには

タクシードライバーとして転職をするには、「普通自動車第二種運転免許」の資格が必要です。この資格を取得できないと、タクシードライバーにはなれません。

また、すべてのタクシー会社というわけではありませんが、東京などの一部の地域では、「地理試験」の合格が義務づけられている場合もあります。必要な資格は、基本的にこの2つと言っていいでしょう。

後は、初心者でもタクシードライバーになれるように、タクシー会社で運転技術や接客マナーなどを学びます。この研修に合格ができれば、タクシードライバーとしてデビューできるでしょう。タクシードライバーとしての経験がなくて不安に感じる人でも、しっかりとした研修をしてくれるので安心できます。

タクシードライバーに向いている人とは

タクシードライバーの経験が無い方にとって、自分が本当に向いているのか悩む人もいるでしょう。タクシードライバーに向いている人には、いくつかの特徴があります。

運転が好きな人

タクシードライバーの仕事は、お客様を目的地まで運ぶことです。仕事の時間のほとんどを車の中で過ごして運転するため、長時間運転をしても苦にならない人が良いでしょう。もし、車の運転があまり好きでないなら、タクシードライバーには向いていません。

一人で過ごす時間が苦痛にならない人

運転は自分一人で行うのが基本で、同僚などと会話をすることはほぼありません。もちろん、お客様と会話をする場合もありますが、それ以外は一人になります。そのため、一人で過ごすのが好きな人は、タクシードライバーに向いていると言えるでしょう。

体調管理ができる人

タクシードライバーは基本的に一人で業務を行うので、休憩などは自分で決める必要があります。しっかりとした休みを取らないと疲労が蓄積してしまい、体調を崩す場合があるため、休憩などをしっかりと取るなど、体調管理ができる人でないといけません。

コミュニケーションが得意な人

タクシードライバーの業務は一人ですが、様々なお客様を乗せて触れ合うこともあります。人見知りをするなど、会話が苦手な人は難しいでしょう。コミュニケーションが得意で、お客様と触れ合うのが苦痛では無い人に向いています。

真面目でやる気がある人

タクシー会社にもよりますが、給料が歩合制になっている場合もあるので、成果によってはその収入に差が生じてしまいます。一人になってもサボらないで真面目に働ける人でないと、収入が減ってしまうリスクがあります。一人でも計画的に動ける人が向いているでしょう。

タクシードライバーに向いていない人とは

タクシードライバーになったとしても、後で後悔をしてしまう人もいます。その結果、続かないで辞めてしまう人もいるので、タクシードライバーになる前に、どんな人が後悔をしてしまうのかを知ることも必要です。

座り続けるのが辛い人

タクシードライバーは運転をするのが基本となり、仕事中は休憩以外の時間は歩くことがほとんどありません。そのため、長時間座り続けるのが苦痛な人には向きません。

方向音痴な人

お客様を目的地まで送り届けるのが仕事なので、指定された場所へスムーズに行けない人には向きません。ただし、タクシー会社によってはカーナビを装備している場合もあるため、地理などに自信が無いなら、カーナビを標準装備しているタクシー会社を選ぶのもひとつの方法です。

安全運転ができない人

タクシードライバーは車を運転するのが基本で、お客様を安全に目的地へ送り届ける必要があります。運転が荒かったり、周囲への配慮ができなかったりする人には向きません。運転中は常に集中する必要があり、精神的にも疲れます。その集中力が持続できない人も、タクシードライバーには向かないでしょう。

タクシードライバーで活かせる経験

タクシードライバーの経験が無かったとしても、過去の仕事の経験が活かせる場合もあります。例えば、飲食店などの接客業や営業職です。タクシードライバーは、お客様をただ乗せるだけではなく、接客もかねているため接客業をしていた方は、その経験を活かせるでしょう。

言葉遣いや態度もタクシードライバーにとっては重要なので、接客に慣れている人にはおすすめの職業です。また、地理などが趣味で周辺の地域に詳しい場合も、その経験を活かすことができるでしょう。

タクシードライバーには向き不向きがある

タクシードライバーへの転職を考えているなら、この仕事の特徴を理解して、自分に向いているのかどうかを判断する必要があります。特に車を運転するのが仕事となるため、お客様のことを考えて事故を起こさずに安全運転ができる人でないと難しいでしょう。

また、転職前に自分が向いていない人の特徴に当てはまっているなら、その部分を克服するために努力もできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

的確なお客さん対応が重要!?タクシー運転手の転職で給料を安定させるコツとは

的確なお客さん対応が重要!?タクシー運転手の転職で給料を安定させるコツとは

タクシー運転手は歩合制という制度を採用しているため、成果を上げることができなければ給料は下がってしまいます。

あらかじめ給料が定められている固定給と違い、歩合給は安定性に欠けるので、安定志向が強い人はタクシー運転手への転職をためらうこともあるでしょう。

ただ、工夫次第ではタクシー運転手でも安定した環境で働くこともできます。今回は、タクシー運転手が給料を安定させるコツについて紹介します。

タクシー運転手に転職して給与を安定させる方法2つ

給与が不安定と考えられがちなタクシー業界ですが、毎月の収入を安定させる方法というのもあります。タクシー運転手として腰を据えて働いていくために特に重要なのが、「どこのタクシー会社に所属するか」ということです。

ここからは、転職後に後悔することのないよう、タクシー運転手として安定的な収入を得る方法を2つ紹介します。

できるだけ大手のタクシー会社に転職する

タクシー会社は歩合制で実力主義な業界というイメージが強く、「どこで働いても給料が変わらないのでは」と思われがちです。しかし実際は、働く会社によってかなり違いが出てきます。基本的に、会社の規模が大きいほど、社員のライフスタイルをサポートする待遇や福利厚生が充実しているでしょう。

また、東京のタクシー大手4社は、大企業と契約し、「共通タクシーチケット」や「共通プリペイドカード」などを取り扱っています。チケットを持っている利用者は、ほぼこの4社のタクシーを選ぶので、大手に就職すれば安定してお客さんを乗せることができるようになるのです。

それだけでなく、東京の大手タクシー会社は、そのグループの車両しか乗り入れることができない「専用のタクシー乗り場」を都内数箇所に設けています。これらのことから、大手のタクシー会社に転職すれば、中小の乗務員よりも安定して稼ぐことができます。

A型賃金やAB型賃金の給与体系の会社を選ぶ

タクシー運転手の歩合制には、実は3つの種類があり、それは、「A型賃金」「B型賃金」「AB型賃金」です。A型賃金は、固定給+歩合(+賞与)という営業系の職種に多くある給与体系で、B型賃金は稼いだ分だけ取り分になる完全歩合制と呼ばれるものです。AB型賃金は、A型とB型の2つを合わせ持つ、ハイブリッド型の給与体系となっています。

A型賃金やAB型賃金は固定給がついている分、未経験でも安心して業界に飛び込むことができるのがメリットです。しかし、完全歩合制だからと言って安定していないかと言えば、必ずしもそうではありません。

固定給が高い所でしっかり経験を積み、稼ぐためのコツやノウハウをたくさん身につければ、完全歩合給でも安定して高収入が稼げるパターンもあります。自分の能力や仕事量に合った賃金体系を選ぶことが、タクシー運転手として安定して稼ぐために最も大切でしょう。

東京で働けば安定感がアップする

厚生労働省によるデータによると、2019年の男性タクシー運転手の平均年収は348万円でした。ただ、東京のタクシー業界の平均年収は450万円となっており、東京は全国平均よりも100万円近く給料が多いです。

このように、タクシー運転手という職業は、地域によって年収の差額が大きくでます。安定して稼いでいくためには、タクシーの利用客が多い、自動車の所有率が低い、有名な観光スポットがたくさんあるなど、タクシー運転手の需要が高い地域で働くことがとても重要となるのです。

しかし、東京は他の地域よりも家賃や物価が高いので、毎月の生活費の支出が多くなりやすいというデメリットがあります。このようなリスクを回避するために、「寮完備」の求人に応募するという方法もあります。

寮ありの生活は、会社が家賃や光熱費などの何割かを負担してくれるケースも多く、毎月の生活費を節約することができるのです。また、寮の多くが会社の近くに建てられているので、通勤の費用や手間がかからず、通勤の辛さがないことで高いモチベーションを維持したまま仕事に励むことができます。

こういった生活は収入だけでなく精神的な安定にも繋がるため、地方から転職する場合は寮があるかどうかチェックするのも重要です。

ファンを作ることが安定した収入へとつながる

タクシー運転手は接客業でもあるので、接客を上手くできるようになるほど、ファンや馴染みの客を増やすことに繋がります。タクシーは高価なものというイメージを持っている人もおり、実際にタクシーを利用する人というのは限られています。

しかし、中には毎日通勤や仕事のためにタクシーを使っているという人もいるのです。そのような人は、違う日に同じ場所でまたタクシーに乗る可能性があります。次回の営業に繋げるために、「いつもあの場所でタクシーに乗るのですか?」と情報を収集したり、しっかり自分の顔を覚えてもらったりすることが大切です。

相手から受けた行為に対し、「お返ししたい」と感じる心理のことを、返報性の原理と言います。笑顔で、真心を込めて丁寧にお客さん対応をすることにより、「またあなたの運転するタクシーに乗りたい」「売り上げに貢献したい」と、利用者に思ってもらうことができます。タクシー運転手として安定して稼ぐためには、「リピーターをどれだけ増やすことができるか」ということが大切です。

安定するかしないかは全て自分次第

完全歩合制というイメージにより、安定しない職業だと勘違いされやすいタクシー運転手。しかし、実際は歩合制の他に固定給がついている給与体系もありますし、完全歩合制だったとしても、実力さえ備われば安定した収入を得ることができます。

また、タクシー運転手として安定して稼ぐためには、ファンの存在を忘れないということが大切です。丁寧な接客を心掛け、リピーターを増やすことができれば、収入も安定していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職をするのなら将来性のある会社に就職をすれば失敗しない

東京でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職をするのなら将来性のある会社に就職をすれば失敗しない

タクシードライバーはお客様を目的地まで届ける職業です。

東京にもいくつかのタクシー業者があるのですが、それぞれのサービスによって待遇などが違います。

タクシードライバーに転職をするときには失敗しないように、各会社の特徴や待遇を調べておく必要があります。

どのような内容のタクシー会社が良いのか理解しておくと就職先を選びやすいです。

サポート力のあるタクシー会社が便利

事故補償のあるタクシー会社は安心感がある

東京には多くのタクシー会社があります。どのような会社に転職をすれば仕事を行いやすいのかというと、事故補償のあるところにしましょう。

タクシー業務は運転をして利用者を目的地までエスコートします。そのため業務を行っているときは常に車を運転しないといけないので、事故に遭ってしまう危険性も考えられます。

事故はなるべく起こさないように運転をするのはタクシードライバー(乗務員・運転手)の基本ですが、万一の事態を想定すると事故補償のあるタクシー会社が安全です。事故補償は会社が社員を守るための手段として用意されている対策です。

しっかりしたバックアップ体制を設けているなら長期的にタクシードライバー(乗務員・運転手)をするにあたって信頼感があります。

免許取得のサポートを行っている会社が良い

タクシードライバー(乗務員・運転手)として働くには二種免許というものが必要です。正式には第二種運転免許と呼ばれていて、乗客を目的地まで運ぶ仕事をするときに必須になるものです。

タクシードライバー以外に民間の救急車やバスなどの運転手も第二種運転免許を取得しないと対象業務をすることができません。

第二種運転免許を取得するには費用が必要です。自分で費用を出すのが難しい場合は第二種運転免許の取得をサポートしてくれるタクシー会社を利用しましょう。

一部のタクシー会社では未経験の方に対して第二種運転免許の取得費用を全額出しているところがあります。

評価の高いタクシー会社を選ぼう

大企業と取引のあるタクシー会社が安心

タクシー会社ではハイヤーサービスというものも行っています。ハイヤーサービスは一般的なタクシーとは違い、クライアントと打ち合わせをして運行計画を立てます。

年間契約などを行うことによって定期的にタクシーを利用してもらえるといった内容です。タクシー会社に転職を希望しているのなら大企業にハイヤーサービスを提供しているところを選びましょう。

大企業との取引を行っているタクシー会社は、信頼感を得ている可能性が高いです。多くの企業が利用しているサービスなら将来性もあるので安心して仕事ができます。

タクシーランクに注目しよう

タクシーランクは公益財団法人東京タクシーセンターが行っているタクシー会社の評価制度です。東京都に絞ってランク付けを行っていて、タクシーの安全性やサービスなどを細かく評価しています。

タクシーランク上位のタクシー会社は顧客からの評判が良いことを表します。そのためタクシーランクの高い会社に転職をすれば売上も上げやすくなるでしょう。

ちなみにタクシーランクの高い会社は優良タクシーのステッカーを車両に貼ることができます。ステッカーを車両に貼っておけば乗客に選ばれやすくなる可能性もあります。

タクシーランクはタクシー会社選びで失敗しないように素人でも指標にできる要素なので、各会社のランクを確認してから求人案件に応募をしましょう。

働きやすい設備が整っている会社が便利

寮や仮眠室などがあるタクシー会社は働きやすい

タクシー会社で働くときには設備が整っているところを選びましょう。例えば仮眠室があれば疲れたとき、すぐに休むことができます。また寮がある場合は自分でアパートやマンションを借りる必要がないので生活もしやすいです。

タクシー会社の中には女性に考慮して女性専用の設備を整えているところもあります。女性が働きやすいように配慮した専用の更衣室や仮眠室などがあるので安心です。他にも子供のいる主婦が働きやすいように託児所が設置されている会社もあります。

ガススタンドや洗車場があると便利

一部のタクシー会社では自社でガススタンドや洗車場を設置しているところがあります。

自社で運営を行っているガススタンドは一般的なガソリンスタンドよりも料金が安価です。そのためタクシー業務を行う際にかかるガソリン代を削減できるのがメリットです。

また自前の洗車場があるタクシー会社なら、業務を終えてからすぐに洗車をすることができるので便利です。別の洗車場までタクシーを持っていく必要がないので、余計な時間もかかりません。なお大きなタクシー会社だと自社に洗車スタッフがいて、代わりにタクシーを洗ってくれます。

評判や待遇を総合的に見てタクシー会社を選ぼう

東京でタクシードライバーに転職をするときは、タクシー会社の待遇をチェックしましょう。

事故補償や免許取得をサポートしてくれる会社は安心です。またガススタンドや仮眠室などの設備が整っているところも働きやすいです。

他にも大手企業と契約をして仕事をしているところや、タクシーランクの高い会社なら将来性もあるので安心でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内でタクシー乗務員を目指すなら教育制度充実、終身雇用制度で長く働ける会社を選ぶべし

東京都内でタクシー乗務員を目指すなら教育制度充実、終身雇用制度で長く働ける会社を選ぶべし

人口密度の高い東京は、タクシー利用率が高く、多くのタクシードライバーが活躍しています。

タクシードライバーへの転職を目指す人は、まず勤務するタクシー会社を探していかなければいけませんが、どのようなポイントに絞って会社を探していけば良いのでしょうか?

この記事では転職を成功させるべく、働きやすい会社の見極めポイントを紹介します。

東京はタクシードライバーが活躍出来る場所

タクシー乗務員は自由に働ける、頑張れば頑張るだけ収入がアップするなどの理由から、年齢問わず人気の職業になっています。

ただ収入に関しては働く地域によって差が生じます。人口が少ない過疎地であればタクシー利用客を見つける事も困難で、そもそも自家用車所有率も高いため、タクシーを呼ぶという習慣もあまりありません。

一方、東京のような都会は人口が多く、旅行や出張で地方から訪れる人も多いため、必然的にタクシー利用客も多くなります。また繁華街も多く、終電を逃した人が自宅に帰るのにタクシーを利用する際は、深夜料金も加算されます。

もちろん東京都内には多くのライバル会社が存在し、稼ぐにはそれなりのコツが必要です。基本的に流し営業がメインで、いかに空車時間を少なくして乗客を効率良く捕まえられるかがポイントとなりますが、色んな道を熟知して運転技術を上げれば高収入も期待出来ます。

また中高年でも長く働き続けられるのがタクシードライバーの魅力でもありますが、収入面より安定性を重視している場合は、教育制度充実や終身雇用に着目して転職先を探すようにします。

教育制度が充実した会社なら未経験でも安心

タクシードライバーへの転職の人気が高まっているのは、未経験でも転職可能であるためです。未経験でも転職可能という事は、それだけ教育制度がしっかりしている事を示しています。

ただしタクシー会社によって内容に差があるため、入社前にはどのような教育制度が設けられているのかを見極めておく必要があります。

まずタクシードライバーとしてデビューするには、二種免許取得が必須となりますが、免許取得のためには教習所に通わなければならず、その費用は25万円前後かかります。

難易度の高い試験であり、なかなか合格できないとなるとプレッシャーも大きくなりますが、二種免許の取得費用を負担してくれるタクシー会社は多数存在します。費用負担の有無は求人票に掲載されている事が多いので、必ずチェックしておきたいものです。

また東京都内で働く場合は、地理試験にも合格しなければいけません。地理試験も難易度が高い試験ですが、会社によっては早期に合格出来るよう、社内で地理研修を実施したり、独自の問題集を作成してサポートしている所もあります。

無事に二種免許と地理試験に合格しても、まだドライバーとしては一人前ではありません。それぞれの会社で研修が行われるのですが、タクシー業務に関連する各種法令、無線や料金メーターなどの機器操作、接客や事故防止の研修などが主な内容です。

そして最終段階として助手席に教育係を乗せ、実際に路上を走る路上研修へと進みます。無事に合格すれば、タクシードライバーとしてのデビューが決まる訳です。

タクシードライバーは路上に出れば1人で行う仕事です。どんなトラブルがあっても冷静に対応できるよう、最初にきっちり教育を受けておく事が大切です。そもそもタクシー会社にとってもドライバーの失態は信用問題に関わるため、評判の良い会社は教育制度も充実しているのです。

ちなみに新人の頃は思うように乗客を捕まえられず、なかなか売上も伸びません。歩合制となると収入の心配をしなければいけませんが、社員の事を考えている会社では入社後3か月程度は給与保証制度を設けています。

その期間は収入面の心配をする必要もなく、一人前のタクシードライバーを目指して仕事に集中出来るようになるため、給与保証の有無も事前に確認しておいた方が安心です。

生涯現役を目指すなら雇用制度に注目

長く働ける職場を探しているなら、終身雇用を採用している会社を選ぶようにします。

元々タクシードライバーは、年齢に関する制限がないことから中高年が多く活躍していますが、終身雇用なら定年前に突然リストラを言い渡される心配もありません。さらに定年後も再雇用によって働き続ける事が可能です。

もちろん定年以降は正社員ではなく嘱託社員として、視力や身体的な衰えが出てくると仕事を続けるのも難しくなりますが、安全運転でしっかり接客応対も出来るドライバーなら生涯現役も夢ではありません。

若い世代とはまた違う働き方になりますが、周りは既に仕事を引退している中で稼ぎが得られると、老後の生活にも余裕が出来ます。

転職するなら居心地の良い職場を見つけよう

せっかくタクシードライバーへ転職しても、居心地が悪い職場であれば長続きしません。収入面も大事ですが、売上の事ばかり重視されるのも辛いものです。

長くタクシードライバーとして働きたいなら、まず入社前にはしっかりと教育が受けられる所、そして終身雇用を採用している事で定年まで、または定年以降も働き続けられる職場を探す事が大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加