タクシー会社おすすめ

タクシー乗務員に転職するなら東京都内でも圧倒的No.1の人気を誇る業界最大手の日本交通グループを選ぼう

タクシー乗務員に転職するなら東京都内でも圧倒的No.1の人気を誇る業界最大手の日本交通グループを選ぼう

タクシー乗務員として東京都内で働きたいけれど、大手だけでも候補が4社もあるのでどこにすべきかと悩んでしまう人もいるでしょう。

転職して働くからには優れた環境が整っていて、やりがいのある仕事に携われる職場が良いと考えるのがもっともなことです。

その際には日本交通グループが魅力的なので、その理由を詳しく理解しておきましょう。

日本交通グループは業界最大手で人気が高い

東京都内で活躍しているタクシー4社の中でもトップに君臨していて、転職したいと考えている人からも圧倒的No.1の人気があるのが日本交通グループです。

タクシー乗務員として働く上で重要な観点の一つが大手で働くということで、安定して雇用してもらえる基盤があるのは安心して生活していく上で欠かせないことでしょう。

日本交通グループは実績的に考えて業界最大手と言える状況を維持してきているのが特徴で、財務基盤も知名度もしっかりしていることから経営が立ち行かなくなるような心配はありません。

タクシーサービスの質を向上させることを目指し続けてきていて、新しくタクシー乗務員を採用することにも積極的なので転職したいと考えている人から人気が高いのです。

大手だからこそできる手厚い新入社員対応

日本交通グループが圧倒的な人気を誇っている理由として、大手だからこその新入社員への手厚い対応があることが挙げられます。

初心者として入社した人でも安心して働き、一人前になれるような環境を整えているのが日本交通グループの特徴です。

タクシー乗務員として仕事をするために必要な第二種免許の取得を経費で行わせてくれることに加え、その間の給料も支給してもらえます。

また、入社してからは研修を実施してタクシー乗務員としての基礎を学ばせてもらえる仕組みになっています。

地理研修によって東京都内の複雑な地理を学び、どのようにすれば乗客の期待に応えられるのかを学べます。

また、接客マナーなどについて教わることができるため、乗務を開始してから乗客の対応に困ってしまうこともありません。

このような万全の体制で新人を迎え入れてくれるのは日本交通グループを選ぶ大きなメリットです。

継続して成長できる環境があるのも大きな魅力

日本交通グループでタクシー乗務員になって手厚い支援を受けられるのは新入社員だけではありません。業界でも圧倒的No.1の人気を誇っているのは将来的にもキャリアアップやスキルアップを続けられる環境が整っているからです。

定期的に研修を実施して東京都内のタクシー事情やノウハウなどを共有できます。このような機会でなくとも休憩室では他のタクシー乗務員とコミュニケーションを取ることができるので、自分の考え方を教えたり、もっと稼げるようにするコツを教わったりすることが可能です。

質の高いサービスを提供することと加えて、売り上げを伸ばすことを重視しているのは日本交通グループの特色で、真摯な態度で稼ぐ方法を他の人たちと議論できます。

また、キャリアアップの観点では乗務員から別のキャリアを目指せる可能性もあります。

日本交通グループでは現場で培ってきたノウハウを活かし、新しいタクシーサービスの企画や運営、タクシー会社としての宣伝や広告などを担う人材も求めています。

その方が適性があるとわかったときには抜擢を受けることができ、別の角度からタクシー業界に貢献していける道が切り開かれるでしょう。人によってはマネージャークラスへの昇進の機会を得られることもあります。

都内で活躍するための信頼もある

日本交通グループが東京都内でタクシー乗務員になるときに魅力的なのは、東京都の企業との信頼関係を樹立してきているのも理由です。

タクシーを選ぶときにまず日本交通グループを考えるという企業が多く、タクシー4社の中でもトップの地位に君臨してきたからこその状況が生まれています。

選ばれる可能性が高いとなるとそれだけタクシー乗務員としての仕事も多くなり、売り上げを伸ばして自分自身の利益も増やせる可能性が高くなるのが魅力です。

また、企業だけでなく一般の人たちからもよく知られる企業となっていることから、観光タクシーなどでも利用してもらえる機会が豊富にあります。

東京観光をしたいという海外からの旅行者に貸し切りで対応するようなケースもあり、まとまった売り上げを出せる機会がよくあるのです。

このように活躍する機会を得やすいのも日本交通グループに転職するメリットです。

転職して成功したいなら日本交通グループを選ぼう

タクシー乗務員としてどこに転職するかで悩んだときには業界最大手として厚い信頼を獲得している日本交通グループをまず検討しましょう。

手厚い待遇が新入社員に対してだけでなく、ベテランになっても受けられる環境があるのでずっと成長を続けられます。

売り上げを伸ばすために必要な下地も整っているのでやりがいを持って働けるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職先として大注目!タクシードライバーは20代や新卒にも人気!

転職先として大注目!タクシードライバーは20代や新卒にも人気!

タクシードライバーは定年を65歳に設定しているタクシー会社も多く、長く働けるため転職先として人気です。
採用に関しても年齢が不問のケースがほとんどで、50歳や60歳からの転職もできます。タクシードライバーは高い年齢層だけではなく、20代や新卒にも人気です。
20代や新卒がなぜタクシードライバーという職業に魅力を感じているのか、その4つの理由を解説します。

人気の理由その1・スキルを活かせる

タクシードライバーは運転が業務ですから、基本的な運転技術が必要です。しかし、単純にドライブスキルを活かせるだけではありません。タクシーは乗客を目的地まで運ぶのが仕事ですが、そこから派生して様々な新しいサービスが生まれています。移動手段としてタクシーを利用するだけではなく、そこに付加価値をプラスすることでタクシーの利用率を向上しようという試みです。取り組んでいるサービスは各タクシー会社によって異なりますが、具体的な例を挙げると高齢者や介助が必要な方の通院や外出のサポートを行うケアタクシーなどがあります。タクシーの乗り降りを手伝ったり、病院の受付まで付き添うといったサービスです。

その他にも、保護者に変わって塾や習い事に子供を送迎するキッズタクシーなどがあり、これは担当のタクシードライバーが家まで迎えに行き、目的地に着いたらタクシーから降ろして子供を確実に送り届けるので、共働きの保護者に好評です。このようにタクシーサービスは多様化してきているため、自分のスキルを活かせるチャンスが増えています。東京都内は海外からの観光客も多く、英語などの語学スキルを十分に活用することが可能です。観光客以外にも海外からビジネスで来日している方も多数いるため、語学スキルがあれば企業から指名を受けることも期待できます。観光の知識や歴史の造詣が深ければガイドすることができるため、観光タクシーのドライバーとして活躍することも夢ではないでしょう。

人気の理由その2・採用の可能性が高い

タクシードライバーが転職先として注目されているのは、採用条件が厳しくないからというのも理由にあります。定年後の再就職先としてタクシードライバーを選ぶ人も多くいます。しかし、その反面でタクシードライバーの高齢化が問題となっています。ドライバー高齢化の影響を受け、タクシードライバーは慢性的な人材不足を起こしている状態です。そのため、多くのタクシー会社は積極的に採用を行っています。採用条件に関して年齢・性別・学歴・経験を問わないケースが多いです。さらに新卒や20代であれば将来性が期待されるため、採用されやすい傾向にあります。

タクシードライバーとして乗務するためには、二種免許が必要です。タクシー会社によっては二種免許取得のための費用を負担してくれる会社もあるため、その場合には免許がなくても不採用の理由にはなりません。タクシー会社の採用試験に落ちる主な理由は、健康面や事故歴です。タクシードライバーは乗客の命を預かる仕事ですから、安全な乗務が求められます。また、重篤な事故や違反を起こしている場合にも、安全な運転ができるのかという不信感を抱かれて不採用になるパターンが多いでしょう。これらの問題点がなければ、タクシー会社はフレッシュなドライバーを切望していることが多いため、採用率は高いと言えます。

人気の理由その3・自分の時間を持てる

タクシードライバーは、勤務スタイルが独特です。主に昼間勤務に就く「日勤」、夜間勤務に就く「夜勤」、1日おきに勤務に就く「隔日勤務」の3つのスタイルがあります。家族との時間を持ちたい場合やプライベートの時間を確保したい場合に、勤務スタイルを選べるのがメリットです。タクシードライバーで最もポピュラーな勤務スタイルは、隔日勤務です。休憩を含みますがほぼ丸一日勤務につき、次の日が明番といって仕事が終わり次第休みになるのが特徴です。1日おきに勤務があるというのが基本的なパターンになります。

この隔日勤務であれば、一般的に月の出勤日数は11~13回程度となり、自分の時間をしっかりと持てるのが人気の理由の一つです。
また、大きなメリットとしてタクシードライバーには残業がありません。勤務形態が隔日勤務の場合には、1回の乗務の拘束時間が21時間以内というルールが厚生労働省より決められています。そのため、このルールを違反して残業を行うことはできません。他にも、隔日勤務は1回の乗務終了後には20時間以上の休息が義務付けられていますので、連続出勤もありません。勤務表以上の労働がないことから、体調管理もしやすいです。

人気の理由その4・人間関係のストレスがない

タクシードライバーは、業務中は基本的にタクシーの車内に1人です。職場の人間関係に悩まされたりすることが少なく、のびのびと乗務をこなしているタクシードライバーも多数います。タクシードライバーは、客待ちの時間など1人の時間を楽しめる性格の人に向いている職業と言えます。仕事でストレスを感じる原因は様々ですが、そもそもタクシードライバーはストレスの原因が少なくなっています。車内の温度は自分が好きなように調節できますし、お気に入りの曲やラジオを聞くことも可能です。
上司や同僚と顔を合わせる時間が短いことから、快適さを感じるタクシードライバーも多くいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内は大手の優良企業が多い?都内で転職をする時のタクシー会社の選び方!

東京都内は大手の優良企業が多い?都内で転職をする時のタクシー会社の選び方!

東京都内には数多くのタクシー会社があります。給与水準が高い、お客さんを獲得しやすいなどの理由で、都内でタクシードライバーとして働きたいと考えている人も多いかもしれません。
その時に重要になるのが、どのタクシー会社で働くかということです。この記事では、都内で転職する時のタクシー会社の選び方について詳しく解説していきます。

優良企業を探しているならまずは大手タクシー会社からチェック!

優良企業で働きたいと考えているなら、まずは大手のタクシー会社からチェックしてみると良いでしょう。大小様々なタクシー会社がありますが、大手には大手ならではのメリットがたくさんあります。まず、大手の大きなメリットになるのが知名度の高さです。タクシードライバーが稼ぐためには、たくさんのお客さんを獲得しなければなりません。給料が歩合制となっているため、お客さんを獲得できなければ収入がアップしないからです。知名度が高ければ利用客も多くなるため、安定して稼ぎやすくなるでしょう。

また、大手のタクシー会社は専用のタクシー乗り場を持っているということもメリットの1つです。専用のタクシー乗り場は、決められたタクシー会社だけしか利用できません。競争率が低くなるため、新人のタクシードライバーでもお客さんを獲得しやすくなります。タクシーチケットを発行しているのも大手タクシー会社が稼ぎやすい理由の1つです。タクシーチケットは様々な企業に対してタクシー会社が発行しているチケットで、それを利用すればお客さんはその場で料金を支払う必要がありません。契約している企業が後から運賃をタクシー会社に対して支払う仕組みになっており、タクシーチケットを持っている人は積極的に契約先のタクシー会社を利用しようとするため、お客さんを獲得しやすくなります。

経営が安定しているのも大手タクシー会社で働く魅力でしょう。タクシー業界は景気に左右されやすいため、経営が安定しているタクシー会社を選ぶことが重要なポイントになります。大手タクシー会社はタクシー以外にハイヤーなど他の事業を行っていることも多く、リスクヘッジがしっかりとできています。経営が安定していれば給与や待遇面が悪くなる心配も少なくなるため、安心して長く働くことができるでしょう。こういった魅力的な大手タクシー会社が多くあるのも都内で働く大きなメリットですから、東京都内で会社選びする時はしっかりとチェックしましょう。

未経験の方は教育制度がしっかりしているタクシー会社を選ぼう

未経験からタクシードライバーへの転職を考えている方は、教育制度がしっかりしているかという点もチェックすることをおすすめします。タクシードライバーが稼ぐためには接客術を身に付けることはもちろん、地理を覚えたり、運転技術を身に付けるなど色々な知識やスキルが必要になります。自分自身で日々勉強することも大切ですが、会社で研修などを行っていればスムーズに必要な技術を身に付けることができます。どのような研修制度を設けているかはタクシー会社によって変わります。未経験の方はタクシードライバーに必要な基本的な知識や技術が身に付けられるように、教育制度や研修制度が充実している会社を選ぶと安心です。

タクシー会社の中には、二種免許の取得費用を負担してくれるところもあります。タクシードライバーとして働くために欠かせないのが二種免許です。自分で取得することも可能ですが、20万円程度はかかってしまうため、自分で支払うとなるとかなりの負担になってしまいます。教育制度が充実しているタクシー会社は二種免許の取得費用を負担してくれるところも多いため、そういった会社を選べば未経験の方も転職しやすくなるでしょう。

通勤時間も考慮して選ぶことも大切

東京は給与水準が高く、タクシー会社も多いということで他のエリアから東京都内へ転職しようと考えている方もいるでしょう。中には、近隣エリアから通勤するつもりで会社選びをしている方もいるかもしれません。その時は、通勤時間もしっかり考慮しておく必要があります。例えば、片道1時間かかる営業所に通うとなると、毎日往復2時間は通勤のために時間を使うことになってしまいます。身体的な負担も増えますし、勉強するための時間がなくなってしまうこともありますから、なるべく自宅から近い営業所を選ぶ方が良いでしょう。

自宅の近くに営業所がない場合は引っ越すことも選択肢として考えられますが、東京都内は家賃相場も高いため気軽に引っ越しはできないという方もいます。
そういう時は、寮を完備しているタクシー会社を選ぶのも1つの方法です。寮が完備されていれば家賃の負担が少なくなりますし、他のエリアからの転職もしやすくなります。都内には寮を完備しているところや家賃を負担してくれるようなタクシー会社もあるため、チェックしてみましょう。

給与保証があるタクシー会社もおすすめ

タクシードライバーへの転職を考えている人の中には、収入面で不安がある方もいるかもしれません。タクシードライバーは基本的に歩合制で仕事をするため、仕事に慣れないうちは安定した収入を得るのが難しい場合もあります。
そういう場合は、給与保証があるタクシー会社がおすすめです。給与保証があれば、数ヶ月は売上に関係なく一定の給料が貰えるので、生活面の不安も少なくなるでしょう。安定した収入を得ながら都内の地理を覚えたり、営業術を身に付けるなど仕事に慣れることができるので、未経験の方は給与保証があるタクシー会社を選ぶのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都でタクシードライバーに転職するなら日本交通グループがおすすめ!

東京都でタクシードライバーに転職するなら日本交通グループがおすすめ!

東京都は日本の首都であり、たくさんの人が集まる場所なのでそれに伴ってタクシーの需要も高いです。そんな東京都にはタクシー会社がたくさん存在していますが、その中でもおすすめなのが日本交通グループでしょう。そこでこの記事では、日本交通グループがどんなタクシー会社か、どうしておすすめなのか解説していきます。

日本交通グループはどんなタクシー会社?

日本交通グループは、東京都に拠点を持つ日本交通株式会社を中心に全国展開しているタクシー会社であり、その規模はタクシー業界の中でもトップクラスです。

運営エリアは関東・関西が中心で「日交」の相性で親しまれています。80年の歴史を持っており、大手なので信頼度が高いタクシー会社と言えるでしょう。

資格を活かせる環境が充実!

タクシー運転手として働くにあたって自分が持っているスキルを活かして働くという選択肢もあります。実際に東京では一般のタクシーとは違うターゲットを絞ったタクシーが複数登場しており、スキルを活かすことで給与アップも狙えます。

日本交通グループの中でも人気なのが、観光タクシーです。観光タクシーでは東京に来た観光客に東京の魅力を伝えながら人気の観光スポットを回ります。

特に東京出身の人だと東京の良さを伝えながら仕事ができるので、地元に貢献しているというやりがいも感じられるでしょう。また、観光タクシーは特に外国人観光客の利用者が多いです。そのため、英語をはじめとする外国語のスキルを活かして働くこともできます。

また、共働き家庭が増えた現代においては、子供の習い事の送り迎えにもタクシーを利用する家庭が増えています。日本交通でもキッズタクシーという名称で事業を展開しており、子育て経験がある人、保育士など子供と関わる仕事を経験している人だとキッズタクシーの運転手として働くという選択肢もあります。

キッズタクシーの場合、稼働時間が基本的に昼間~夕方なので、生活リズムが崩れる心配が無いというメリットもあります。

そして、もう一つ需要が高いのがケアタクシーです。身体が不自由でお出かけに困っている人は少なくありません。そこでケアタクシーでは、通院やお買い物の送り迎えだけでなく、付き添いも行います。

介護福祉士など介護関連の資格を活かして働いている人も多く、介護業界からの転職を考えている人におすすめです。

それ以外にも日本交通グループでは、陣痛が起こってしまった妊婦さんを病院まで送迎する陣痛タクシーも運営しています。陣痛が起こっても旦那さんに連絡が取れないなどといった理由で病院まで行く手段が無くて困ってしまう妊婦さんは少なくありません。

そのため、日本交通の陣痛タクシーは東京都内の妊婦さんのうち3人に1人が利用しています。育児雑誌でも表彰されており、出産の手助けをできるというやりがいも感じられる仕事と言えるでしょう。

ちなみに陣痛タクシーでは医療関係の仕事をしていたり、妊娠・出産の経験のある女性を中心に活躍しています。

初めてタクシー業界で働く人も安心!

一般的なタクシー会社の給与制度は基本給+歩合制であり、基本給よりも歩合の割合が高くなっています。

そのため、お客さんを確保できれば稼げますが、そうでないと基本給に少し歩合が上乗せされる程度なので稼げずに辞めてしまう人も少なくありません。

やはり初心者でいきなりお客さんを確保するのは難しいでしょう。そこで日本交通グループでは最初の3ヶ月間は月40万円、その後9か月間は月35万円という、計1年間の給与保証制度が用意されています。

そのため、タクシー業界で初めて働く人でも安心して働くことができるでしょう。

研修制度も充実しており、都内をはじめとして、通ることが多い道を中心に覚えることが出来る講習や、稼ぎやすいエリア・稼げるノウハウを教えてもらえる講習などがあるので、しっかりと稼げるタクシー運転手を目指すことが可能です。

そのため、地方に住んでいて上京する人や、ペーパードライバーの人でも一人前のタクシー運転手を目指せます。

日本交通グループの歩合率は62%です。この数字は業界トップクラスであり、お客さんを獲得できれば稼ぎやすい環境と言えるでしょう。実際に日本交通グループの未経験1年目の人の平均給与は458万円と高い数字を誇っています。

日本交通グループなら様々な年齢・経歴の人を採用しているから安心!

日本交通グループで働いている人の年齢は20代から60代まで幅広いです。そのため、どんな年齢でも安心してキャリアチェンジができる環境のタクシー会社と言えるでしょう。

それに、働いている人のバックグラウンドも様々です。日本交通グループでは日本人だけでなく外国人採用にも力を入れており、外国人の運転手も多数在籍しています。観光タクシーなど外国語を使いこなせる人材の需要が高いので、外国籍の方でもスキルを活かして活躍できるでしょう。

また、タクシー業界はかつて男性が多い業界でしたが、女性運転手も増えてきています。女性のタクシー運転手は陣痛タクシーやキッズタクシーなどにおいて需要があり、日本交通グループでは女性の採用にも力を入れています。

女性ならではのきめ細やかなサービスで、実際に人気を集めている運転手も多いです。それ以外にも元フリーターなど様々な経歴の人が集まっており、経歴に関係なく応募できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内で稼げるタクシードライバーに転職するための収入を上げやすくするポイント

東京都内で稼げるタクシードライバーに転職するための収入を上げやすくするポイント

東京都内でタクシードライバーになって稼げるようになりたいと考え、転職活動に踏み切ろうとしている人もいるでしょう。
収入を上げられるようにするにはどのようなポイントを押さえておく必要があるのでしょうか。

転職先の選び方は特に重要な要素なので、どんな点を重視して選ぶ必要があるものなのかを把握しておきましょう。

稼ぐためには売り上げが必要

まず押さえておきたいのがタクシードライバーが稼げるようになるための基本です。
タクシードライバーの給料は一般的な職種のように年次昇給や昇進による昇給で上がっていくものではありません。

年次昇給がないわけではありませんが、基本給はもともと高くはないのでそれほど年収に大きな影響を与えない場合がほとんどです。
昇進についても特に定めがない現場がほとんどなので、一般的な昇給制度によって収入を上げるのはタクシードライバーの場合にはあまり現実的ではありません。

タクシードライバーは売り上げを増やすことで稼げるようになるのが特徴として知られています。
月給が月間の売り上げに応じて決まる歩合制になっていて、売り上げの何割かがそのまま自分の収入になるというのが基本的な仕組みです。

歩合率は高ければ6割くらいになっていますが、会社によってどの程度にしているかは異なります。
稼げるようになるには歩合率が高い会社に転職し、さらに売り上げを伸ばしていくことが必要なのです。

売り上げを伸ばすには基礎を身につけることが必須

売り上げで収入が決まるなら乗客をうまく獲得して稼げるようになれば良いと考えることができるのは確かです。
ただ、売り上げを伸ばすのは決して簡単なことではありません。

タクシードライバーに転職して間もなくの頃はどうしたら乗客が見つかるのかがわからずに悩んでしまうこともあります。
駅前で乗客が来るのを待っているのが良いのか、適当に街中を走っていた方が稼げるのかと迷ってしまうことも少なくありません。

どういうやり方が良いのかについては基礎を身につけることでわかるようになります。
地理や需要の状況などについて知ることにより、自分なりに売り上げを伸ばす方法を考えられるようになるのが通例です。

特にタクシードライバーになりたてのときには知識があまりにも少なくて何をしたら良いかわからなくなりがちです。
そのため、新人のための研修制度が整っている会社に転職するのが重要になります。

手厚い研修を長期間にわたって行ってくれる会社を選ぶことで将来的にも成長していけるようになり、大きく収入を上げられる可能性が高まるのです。

東京都内の事情を把握するのも肝心

さらに稼げるタクシードライバーになるためには東京都内の様々な事情を把握することが必要です。
日や時間帯によってタクシーの需要は変動するので、高い需要があるところに行って乗客を獲得するのが重要になります。

例えば、今日はここでコンサートがあるから、その開演前と終演後は近くに行くと乗客を拾える可能性が高いと考えられるでしょう。
お花見のピークなのでお花見スポットの近くなら日夜を問わず乗客がいるはずだという想像をすることもできます。

このような推察に加えて、実際にどのくらいの需要があったかのデータもあればどこに行くべきかがはっきりとします。

会社によっては需要の変動に関する情報を収集していてタクシードライバーに提供している場合もあります。
組織的に全体として売り上げを伸ばせるようにしようという試みを積極的に行っている会社を選ぶのは合理的でしょう。

個人として稼ぎやすくなるだけでなく、会社としての実績も伸びるのでボーナスが大きくなる可能性も高いのが魅力です。
情報収集にかかる時間や労力を削減できるという意味でも重要なポイントでしょう。

稼ぎやすい働き方ができるのも大切

タクシードライバーは働き方によって稼ぎやすさが左右されるのも特徴です。
単純に同じ距離と時間、乗客を乗せたとしても夜であれば割増料金になるので昼間に比べて稼げます。

夜勤ができるのは稼げる条件の一つですが、夜勤続きでは体力的に辛い場合もあるでしょう。
隔日勤務が可能なタクシー会社は東京都内には多いので検討してみる価値があります。

朝から翌日の早朝まで働き、早朝まで働いた日は残りは休みになるのが隔日勤務の特徴です。
休む時間も十分に確保できるので体力的にも続けやすい働き方の一つでしょう。

東京都内では貸切タクシーの需要も高いので、その担い手として活躍できる職場に転職するのも稼ぎやすくするためのポイントです。
観光やビジネスの目的で長期間、長距離の運転を任せてもらえるケースが多く、乗客をつかまえるために色々な場所を探し回る必要なく大きな売り上げを出すことができます。

大手のタクシー会社には貸切タクシーの依頼が豊富にあるので、そのドライバーとして働ける機会も多いでしょう。
観光ガイドをする観光タクシーも魅力的な候補で、東京都内の観光や食事のスポットに詳しい人は活躍しやすい働き方です。

得手不得手はあるので自分に合っている稼ぎ方が可能な職場を選び出すようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー運転手に興味がある人必見!タクシー会社へ転職するメリットや魅力とは

タクシー運転手に興味がある人必見!タクシー会社へ転職するメリットや魅力とは

残業や飲み会で終電が無くなってしまい、タクシーを利用した事のある人も多いのではないでしょうか。
普段何気なく利用しているこのタクシー会社、実は転職先として人気が高いのです。

一般的なサラリーマンとは違った働き方をするタクシー運転手という職業には、この仕事にしかない様々な魅力が詰まっています。
今回はタクシー会社へ転職する事で期待出来るメリットや、タクシー運転手という仕事の魅力を見ていきましょう。

タクシー運転手は働き方の幅が広い

タクシー運転手は始業時と終業時に営業所へ立ち寄る必要こそあるものの、勤務時間中は基本的に自分のペースで仕事する事が出来ます。
バリバリ稼ぎたい時には積極的に働けますし、調子が悪い時にはペースを抑える事も可能です。

運転中は上司や同僚とも顔を合わせる機会がほとんど無いので、職場の人間関係や上下関係に悩まされたくないという人には働きやすい環境であると言えるでしょう。

タクシーは深夜営業も行っているため世間的に残業が多いというイメージがありますが、これは誤解です。
タクシー運転手の勤務スタイルは一日中働き次の日を休みにするという「隔日勤務」という形式が一般的となっています。

勤務翌日の休みは「明番」とも呼ばれ、公休とは別にカウントされるのです。
明番と公休を合わせると月の半分以上が休みとなり、出勤日数は11~13日程度になります。

隔日勤務は慣れるまで少し時間がかかりますが、仕事とプライベートの切り替えがしやすく時間を有効に使える働き方なのです。
趣味や資格の勉強、家族サービスなどにかける時間が作りやすいという点はタクシー運転手という仕事の大きな魅力と言えるでしょう。

もちろん、タクシー会社によっては日勤や夜勤を募集しているところもあるので自分のスタイルに合わせる事は可能です。

観光名所や穴場スポットに詳しくなれる

タクシー運転手は日々、様々な乗客を目的地まで送り届けています。
中には運転手が知らない土地まで乗せて行って欲しいという乗客も少なくありません。
そういった場合はカーナビを駆使して目的地まで行く事になりますが、こうした機会が多ければ多いほど自分の土地感が磨かれ、地理的な知識が増えるとも言えます。

特に東京のような観光名所が多い地域では、頻繁に観光客を乗せる事で観光スポットに詳しくなるというケースも珍しくありません。
仕事で知った観光名所へ休日に出かけてみるも良し、経験と知識を積んで観光タクシー会社へ転職するという道もあるでしょう。

頑張った分だけ給与が上がる

一般的なサラリーマンは月給制で働いているため、毎月安定した収入を得る事が出来ます。
しかしその反面、昇給・昇進がなければ大幅な年収アップが見込めないというデメリットも挙げられるでしょう。
これに対してタクシー運転手の収入は、乗客を乗せた数やメーター数に応じて給与が決まる歩合制を採用している企業が多いです。

歩合制と言っても完全な出来高制ではなく、ある程度の基本給に歩合制で得られる収入が加算されるというケースが一般的になっています。
自分が頑張れば頑張った分だけ給与に反映されるので、仕事のモチベーション維持もしやすいと言えるでしょう。

タクシー運転手の年収は初乗り料金や人口密度など様々な要素によって地域差が生じます。
最も平均年収が高いのは東京都で、約418万円となっています。

日本人全体の平均年収が420万円程度と言われているので、一般的なサラリーマンと比較しても遜色ない収入が得られると言って良いでしょう。
また、中には年収800万円を超えるタクシードライバーも居るので、頑張り次第では高給取りとなる事も十分可能です。

未経験からタクシー運転手に転職する場合には、最初のうちは歩合制で稼ぐことが出来ないのではないかと不安に思う人も多いでしょう。
しかし一般的なタクシー会社では「最低給与保証」という制度を設けている場合が多いです。

最低給与保証とは新人として配属されたドライバーに対して、一定期間歩合制の他に固定給として収入を保証するという内容になっています。
月々の保証額や保証期間は企業によって異なるため、応募前によく確認しておく事が重要です。

また、給与保証ばかりに気を取られてしまうのも考え物と言えます。
歩合制の給与を左右する「歩率」や福利厚生など、待遇面をしっかりと見極めて就職先を選びましょう。

未経験や中高年でも積極的に受け入れている

日本企業の多くは35歳以下という条件を設けて採用活動を行っています。
また、職種によっては実務経験やスキル・資格がないと面接にすら辿り着けないというケースも珍しくありません。

その点でタクシー運転手の求人はほどんど年齢制限が設けられておらず、60歳の人でも未経験から仕事を始める事が出来ます。
特殊なスキルが必要になる事もなく、普通免許を取得して3年以上であれば原則的に年齢や性別に関係なく応募出来るのです。

また、タクシー会社の多くは未経験者に対して手厚い研修制度を用意しています。
タクシー運転手として働くにあたっては第二種普通運転免許が必要になりますが、取得費用はタクシー会社が負担するというケースが一般的です。

第二種普通運転免許を取得する期間は研修期間として見なされるため給与が発生します。
タクシーに搭載されているメーターや無線の使い方、電子マネーやクレジットカードを含む決済方法、車両点検の方法などはそれぞれのタクシー会社で教育制度が整っているので安心です。

また、東京・大阪・神奈川の一部で道路事情が複雑な地域においては地理試験による研修が行われる事もあります。
このようにあらゆる側面から未経験者をサポートする体制が整っているのも、タクシー業界の魅力と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーに転職する際の参考に!東京で働くタクシードライバーの給料や平均年収について

タクシードライバーに転職する際の参考に!東京で働くタクシードライバーの給料や平均年収について

仕事選びは人生で最も力を入れるべきポイントです。
人々の生活は給料や年収によって支えられているので、就職先を選ぶ時は平均年収を重視する人も多いでしょう。

タクシードライバーの平均給与を知ることで、自分がタクシー会社に就職した時にどれくらい稼げるのかある程度把握することができます。
今回は、タクシードライバーに転職する際の参考になるよう、東京で働くタクシードライバーの給料や年収について紹介していきます。

タクシードライバーの気になる平均年収について

政府の統計によると、2018年のタクシードライバーの平均年収は、348万円となっているようです。
これを月給換算すると、29万円になります。
これは、一般のサラリーマンと比べるとかなり低めになっています。
ただ、タクシードライバーは働く地域によって稼げる額が大きく変わるという特徴があるのです。

人口や観光地が少ない地域だと戦略を立てないと稼ぐのは難しいですが、東京などのインバウンドが多い所では年収も高くなります。
東京のタクシードライバーの給料は他の都道府県と比べて一番高く、平均年収は470万円となっており、これを月収に換算すると約39万円になります。

タクシードライバーの年収を紹介しましたが、タクシードライバーの給料は歩合制を採用しているので、給与は人によって非常に差が大きくなるのが特徴です。
現に、東京で働いているタクシードライバーの中には、年収が800万を超えている人も少なくありません。

タクシードライバーが年収を上げるために大事なのは、向上心を持ち、売上を上げる努力をひたすら続けるということです。
「やってやる」という気持ちを持つことで、それが成果に繋がり、タクシードライバーの平均年収を大きく上回ることも可能になってきます。

タクシードライバーが年収を上げるためにできること

タクシードライバーの年収は地域によって異なります。
タクシードライバーの年収が最も高いのは東京、次いで神奈川県、愛知県、岡山県、岐阜県の順に高くなっています。

これらの県に共通しているのは、人気の観光地があったり、人口が多かったり、タクシーニーズが高かかったりということです。
「年収を上げたい」、そんな時はニーズや利用者数が多い地域で転職することで、自然と給料は上がっていくでしょう。

また、給料を上げたいのならば、「稼げる会社を選ぶ」ということも必要になります。
当たり前ですが、就職先のタクシー会社によって、待遇や福利厚生の内容は違ってきます。
給料の歩合率も業界で50%~65%と差が生じており、適当に選ぶと「歩合率が低くてあまり稼げない」ということになってしまうこともあるでしょう。

大手のタクシー会社に就職すれば、専用乗り場があったり、一定数の固定客がついていたりなど、営業面での恩恵を受けられる場面も多いです。
同じ時間、量の仕事をこなしても、タクシー会社によって給料は異なります。
タクシードライバーになって給料を多く貰いたいというのであれば、できるだけ優良なタクシー会社を選ぶようにしなければなりません。

都心に近いと家賃が高くなる傾向があるので、首都圏でタクシードライバーの就職先を探す時は、寮付きの求人を狙うのもおすすめです。
寮完備ならば生活費を抑えることができるだけでなく、寮はタクシー会社に近い所に建てられることが多いので交通費も節約できます。

稼いでいるタクシードライバーの特徴とは

タクシードライバーは実力主義の世界です。
働く地域や会社によって給料が変わりますが、タクシードライバーとして成功するために一番大切なのはやはり「実力」。
実力がなく、稼ぎたいという気持ちがなければ、いつまでたっても年収は低いままでしょう。

稼ぐタクシードライバーは情報収集に余念がなく、何時から何時の間にどの地域にお客さんが集まるのかというのをしっかりと把握しています。
稼げるタクシードライバーは、乗車率が高いというのが特徴です。
タクシーの利用率が高い場所や、地域のイベントなどを調べておくことで効率よく乗車率をあげ、給料アップにつなげることができます。

また、稼げるタクシードライバーは道をしっかりと覚えています。
道を覚えることで近道を通ってお客さんの密集している所に素早く移動したり、渋滞を避けたりということに繋がり、「効率の良い立ち回り」を行うことができるのです。
向上心を高く持ち、売り上げを上げるための努力を怠らない、それが高収入を得ているタクシードライバーに共通していることです。

歩合制のタクシードライバーは自分次第でいくらでも稼げる

タクシー業界は年功序列の業界ではないので、タクシードライバーは同じ会社に長く勤めても給料が上がることはありません。
その代わり給料は年齢に関係なく、頑張り次第では入社一年目から平均を大きく上回る年収を稼ぐことも可能です。

稼ぐための知識をしっかりと身につけていけば、結果に波がなくなり、年をとっても安定して高い営業収入を得ることができるでしょう。
タクシードライバーの給料は結局の所自分次第であり、工夫や努力すればどんな人でも年収を上げていくことは可能です。

そして、タクシードライバーの平均を大きく上回った高年収を獲得するためには、東京エリアでの転職を考えたり、稼ぐタクシードライバーを参考したりすることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大手タクシー会社の転職!東京都の転職におすすめの優良企業4選!

大手タクシー会社の転職!東京都の転職におすすめの優良企業4選!

東京都のタクシー会社は、稼ぎやすい業種の一つとなってきています。
理由の一つとして、年々サービス内容が豊富になっている点が挙げられます。
タクシーの運転だけでなく、英会話や介護、ホスピタリティなど様々なスキルを磨けるようになっています。

タクシー会社の中でも大手企業は、会社選びに重要となる働きやすい環境が整っています。
ここからは、転職におすすめの大手タクシー会社についてご紹介します。

おすすめタクシー会社①日本交通株式会社

日本交通株式会社は、創業90年以上の東京都最大手のタクシー・ハイヤー会社です。
日本交通は通常のタクシー業務の他に、観光タクシー、キッズタクシー、ケアタクシー、陣痛タクシー、配車アプリなどの幅広いサービスを提供しています。

観光タクシーでは、観光地への移動をサポートするだけでなく、観光ガイドも行われています。
英語が得意な人にはぴったりのサービスです。
また、介護の資格や経験を生かせるケアタクシーというサービスも展開されています。
ケアタクシーでは、通院や買い物などのサポート・付き添いが行われています。

日本交通株式会社は、社員へのサポート体制が充実しています。
秘書検定・ホームヘルパー・TOEICなどの資格取得支援制度、英会話手当、マイカー車検修理割引制度など、様々な福利厚生が用意されています。
英会話や介護について学べば、未経験でも観光タクシーやケアタクシー等のサービスを担当できるでしょう。

休日は月7〜10日で、シフト制勤務となります。
しかしハイヤー業務で特定のお客様の担当になると、お客様のスケジュールに合わせてシフトを決めるため、土日休みになることも多いようです。
週末に休みたいなどの要望がある場合、会社に相談することもできそうです。

おすすめタクシー会社②大和自動交通株式会社

次に転職におすすめなタクシー会社は、大和自動交通株式会社です。
大和自動車交通は、創業80年の大手タクシー会社。
働きやすい環境が整っている優良企業です。

東京各地にタクシー営業所があり、大田区、江東区、立川市、北区、西東京市などの中から、自分が働きたい場所を選べます。
ハイヤー乗務員の場合は、銀座、日比谷などの勤務地があります。

大和自動車交通の求人には、1種免許取得後3年以上又は2種免許所持者であれば、誰でも申し込みが可能となります。
福利厚生の中に育児休暇や産休制度があることから、女性ドライバーが活躍できる職場となっています。

女性ドライバーにとって、女性が働きやすい環境が整っていることは、会社選びの大きなポイントになるでしょう。
また、勤務体系を選べるため、自分のライフスタイルに合わせて勤務が可能になります。

おすすめタクシー会社③帝都自動車交通株式会社

帝都自動車交通株式会社は、京成電鉄グループのタクシー・ハイヤー会社です。
東京都を中心に営業所が点在しており、墨田、大森、板橋、日暮里などから好きな勤務地が選べるようになっています。

帝都自動車交通では、東京観光タクシーや妊婦支援サービスなどが展開されています。
東京観光タクシードライバー認定制度があり、一定レベルの基準を満たしたタクシー乗務員が観光案内をおこなっています。
東京早回りコースや女子旅コース、下町満喫コースなど、利用者が観光したい場所に合わせてコースを選べるため、幅広い世代の人に大変人気です。

また、病院への通院や陣痛などのサポートをしている妊婦支援サービスもおこなっています。
24時間365日いつでも対応できるような体制をとっています。

帝都自動車交通の勤務時間は、1ヶ月変形労働時間制で、休日は月に8〜9日です。
勤務シフトは年単位で組まれており、プライベートの計画が立てやすくなる工夫がされています。
有給休暇の他には、育児休暇や介護休暇を取得可能です。
各社員の事情に合わせて勤務ができるので、長期間活躍する方も多いようです。

福利厚生も充実しており、入社祝い金合計30万円の支給や社員寮が用意されています。
入社後も生活しやすいように、様々なサポート体制が整っているようです。

おすすめタクシー会社④国際自動車株式会社

国際自動車株式会社は、タクシー業界最大手の一つです。
様々なサービスが展開されており、羽田空港・成田空港までの定額タクシーやアプリ・Webサイトでの予約サービスなどを利用できるタクシー会社です。
法人タクシーチケットを1万1000以上の会社と契約していたり、乗車アプリのフルクルを展開するなど、幅広いニーズに対応しています。

国際自動車は、タクシードライバーの他、ハイヤードライバーやバスドライバーとして就職することができます。
東京に営業所が点在しているので、自宅から近い場所に勤務が可能です。

勤務時間は9時〜17時45分までの日勤と、1業務15.5時間の隔日勤務から選べます。
休日は7日〜9日で、隔日勤務の場合は、乗務の次の日も明け番という休みが取得できます。

福利厚生については、選べる福利厚生「ベネフィット・ステーション」、旅行補助、福利厚生施設などを利用できます。
また、営業所施設内には大浴場、仮眠室や休憩室の利用が可能になっており、女性が働きやすい環境が整っています。
女性専用の設備も完備されているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内でタクシー乗務員へ転職するなら、大手の優良企業で決まり!

東京都内でタクシー乗務員へ転職するなら、大手の優良企業で決まり!

東京都内には数多くのタクシー会社があります。
そのため、これからタクシー乗務員への転職を考えている人は、会社選びに迷うかもしれません。
そんな方には大手のタクシー会社がおすすめです。

給与や研修制度あるいは勤務条件など、様々な面で転職者に優しい環境があるからです。
そんな大手のタクシー会社を選ぶポイントについて、ここから詳しく紹介していきます。

大手の優良企業なら、未経験者にも優しい給与サポートがある!

タクシー乗務員として働く会社選びでは、まずタクシー会社や求人サイトのホームページを比較しながら、自分に有利な転職先を絞っていくはずです。
その際の基準は人それぞれですが、誰でも必ず1度はチェックするのが収入条件ではないでしょうか。

この点、タクシー業界では歩合給制度を採用する会社が一般的。
東京都内にあるタクシー会社の給与制度でも、基本給に歩合給を加算していくケースが数多くあります。

ここで注意すべきポイントは、基本給の高さだけを見て会社を選ばないこと。
稼げるタクシー乗務員になりたければ、いかに歩合給をアップできるのかということが重要だからです。

とはいえ、タクシーの未経験者や、地方から上京したばかりで地理に不慣れな転職者にとっては、最初はなかなか売上を伸ばせないのが現実。
そこでおすすめするのが、優良企業として知られる大手のタクシー会社です。

タクシーの未経験者にも優しい、充実したサポートがたくさんあります。
特に注目したいのが、手厚い給与保証制度。会社によっては入社してから1年間も、基本給の3倍以上という恵まれた保証があります。

そのタクシー会社には稼ぎやすい環境がありますか?大手の優良企業なら大丈夫!

先述したように、タクシー乗務員になったら歩合給で稼ぐ必要があります。
もちろんそのためには、自分の努力や熱意は不可欠です。

同時に会社選びでは、いかに稼ぎやすい環境がそろっているのか、よくチェックするのも重要なポイント。
稼ぎやすい環境さえあれば、タクシー未経験者であっても短期間のうちに、バリバリ稼げる乗務員として活躍できるからです。

この点、大手のタクシー会社には、売上に直結する様々なシステムが充実しています。
その1つが、都内の数十箇所に設置された専用タクシー乗り場です。
設置場所は有名な商業施設やビジネス街、あるいは大きな駅前や観光スポットなど、大勢の人々が集まる主要拠点にあります。
入社したばかりのタクシー乗務員でも、ここで待機していれば直ぐにお客さんを拾うことができます。

そしてもう1つ見逃せないシステムが、法人チケットです。
大手タクシー会社では、官公庁や企業など数多くの法人とチケット契約を結んでいます。
会社によってはその数が1万2000千社以上にものぼります。

法人チケットの魅力は、何といっても客単価が高いこと。
このチケットのお客さんは長距離利用する傾向が強いので、1回あたりの運行でも必然的に客単価が高くなるのです。
しかも特定の法人関係者が繰り返し利用するため、コンスタントに高い売上を実現できます。

とにかく転職してから後悔しないためにも、このような稼ぎやすい環境のある会社を選ぶことが、大切なポイントになります。

直ぐに稼げる乗務員になりたい?それなら大手の優良企業の研修制度をチェック!

タクシー会社を選ぶにあたっては、研修制度の充実度もチェックする必要があります。
特にタクシーの未経験者にとっては、これは最も重視すべきポイントになるはずです。

運転技術や接客スキルあるいは東京都内の地理など、研修期間でいかにマスターできるのかが、稼げる乗務員への第一歩になるからです。
この点、大手のタクシー会社には長年培ってきた独自のノウハウによって、短期間のうちに効率よく人材を育成する環境があります。

その中でも見逃せない特徴が、常に売上向上につながる視点から研修が進むことです。
例えば座学による地理講習であっても、単にテキストを読み進めるのではなく、売上に結びつくルートやエリアもしっかり教えます。

また営業所での実地研修においても、運転技術はもちろん、売上向上に役立つ営業ノウハウについても、熟練教官が車両に同乗しながらマンツーマンで指導します。
タクシーの未経験者でも即戦力に育て上げる、優れた研修制度が大手のタクシー会社にはあります。

体力に自信がなくても大丈夫!大手の優良企業ならマイペースで働ける!

タクシー乗務員への転職を検討している人の中には、女性やシニア世代の方もいることでしょう。
タクシー乗務員の仕事は深夜勤務が基本なので、体調管理がとても重要になります。

体力に自信のない方であれば、無理なく働ける会社を選ぶことが肝心です。
そこで会社選びのポイントとしては、まず休憩時間や休暇制度の充実度をチェックすべきでしょう。

この点、優良企業と呼ばれる大手の会社なら安心です。
深夜勤務のあった仕事の翌日は、必ず明番や公休日になるようにシフトが組まれています。
月単位でみると、約半分も休める計算になります。

これなら心身を十分に癒せる他、家族や友人とプライベートの時間もたっぷり確保することが可能です。
また乗務時間中においても、必ず3時間の休憩を取るように徹底されています。

いつでも都合のよいタイミングや場所で車両を停めて、仮眠や軽食をしっかり取ることができます。
もちろん法定外の残業も一切なし。
このようにマイペースで働ける環境の有無も、会社選びには欠かせないチェックポイントになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベテランドライバーに学ぶ!タクシードライバーに転職して稼げるようになるための五つのポイント

ベテランドライバーに学ぶ!タクシードライバーに転職して稼げるようになるための五つのポイント

タクシードライバーに転職して稼げるようになりたいけれど、一体どうしたら良いのかがわからず転職すら躊躇してしまう人もいるでしょう。

高年収になっているベテランドライバーはたくさんのノウハウを持っています。
ベテランドライバーがどんなやり方で稼げるようになっているのかを理解して転職に踏み切れるようになりましょう。

前提条件として押さえておくべき給与体系

まず前提条件としてタクシードライバーの給与体系について理解しておきましょう。
基本的にはどの会社でも歩合制で月給が支払われるようになっていて、売り上げに比例して収入が多くなります。

基本給はかなり低い会社が多いものの、歩合率が高くて売り上げの半分以上が給料になるというのが一般的です。
そのため、タクシードライバーに転職して稼げるようになりたいと思ったら、いかにして歩合を増やすかを考えるのが肝心です。

給料を上げるための三つのポイント

具体的にどのようなやり方をすれば給料を上げられるのかを知るにはベテランドライバーに学ぶのが簡単な方法です。
ベテランドライバーなら大抵の人がやっているポイントをまず三つ押さえておきましょう。

一つ目は乗客をたくさん獲得すればそれだけ稼げるので需要の分析を徹底して行うことです。
いつどこでどのくらいの乗客が出てくるかを地域の情報から推定すると稼げるようになります。

単純なのは終電後の駅前や閉店前後のデパートの前などです。
また、イベントがあるときには終了時間になると周囲でタクシーの需要が高まります。
開会少し前には近くの駅からタクシーで向かう人も多いので駅前で待機するのも効果的です。

このような需要の分析をしてどこで乗客の獲得を目指すかを判断できるようになるとコンスタントに大きな売り上げを達成可能になります。

二つ目は単価の高い働き方をすることです。
ハイヤーは貸切で長時間、長距離の走行が可能なので稼ぎやすく単価も高めになっています。
ベテランドライバーに任されることが多いのが特徴で、キャリアを積んで実績も上げていくとハイヤーを担えるようになるでしょう。

観光タクシーもまとまった売り上げを出せるので優れています。
地元情報に詳しいことが求められるので勉強して観光案内役も担えるようになるのが大切です。

また、深夜料金の時間帯に働くのも効果的な方法で、隔日勤務で働くのに人気があります。
隔日勤務では夜間の仕事をした翌日は休日になるので体を休めやすく、集中力や判断力に問題が生じにくいのがメリットです。

三つ目は勤務先の会社の選び方のコツで、歩合率が高い会社を選ぶことです。
会社によって歩合率は違うので、必死に出した売り上げを無駄にしないためにも歩合率重視で会社を選んでいるベテランドライバーも大勢います。

ベテランになってからもっと稼げるようになるために転職するというケースでもよく注目されているポイントです。

会社の環境についての二つのポイント

タクシードライバーが稼げるようになるには会社によって提供されている環境も重要な意味合いを持ちます。
その観点から二つのポイントを押さえておきましょう。

一つ目は会社が顧客からしっかりと信頼されていることです。
ハイヤーや観光タクシーなどは顧客からのオーダーがなければ需要がなく、どんなベテランドライバーだったとしても担い手になることはできません。
企業や団体、個人などから厚い信頼を得ているタクシー会社を選ぶと稼ぎやすくなります。

二つ目はやる気が出やすい職場環境があることです。
売り上げが個人の収入に直結する給与体系になっているとタクシードライバー同士がライバルになるのは確かでしょう。

互いに手の内を隠してしまうような職場もありますが、チームワークを発揮して皆で稼ごうという雰囲気があるとモチベーションが上がります。
情報共有によって誰もが稼げる環境を作り出すことができるでしょう。

このような環境を作り上げるために会社の方から定期的に地域情報を全員宛に伝えたり、研修で情報交換を促したりしている会社もあります。
社員全員でより良いタクシーサービスを提供しようという方針を掲げていると、互いに協力しようという人が集まっているでしょう。

この二つのポイントには実は関連性があります。
顧客には一般消費者が含まれているので、消費者からの信頼が厚い企業では働きたいというドライバーも多いでしょう。
結果として優秀なベテランドライバーがたくさん集まっていることが多いのです。

その間でしっかりと情報共有をしてチームワークを発揮できれば、素人だったドライバーも速やかに稼げるようになれると期待できます。
この二つのポイントには相乗効果があるということも押さえておきましょう。

やる気が出る職場でしっかりと働いて稼げるようになろう

ベテランドライバーは需要の分析をして的確な判断を下すことにより乗客をしっかりと獲得しています。
一方、チームワークを発揮できる良好な環境が整っている会社を選んで働いているのが一般的です。

このような職場環境があるとやる気が出るというメリットもあるので、ここでしっかり働きたいと思える会社を見つけて転職しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加