タクシー会社おすすめ

東京都でタクシードライバーに転職するなら日本交通グループがおすすめ!

東京都でタクシードライバーに転職するなら日本交通グループがおすすめ!

東京都は日本の首都であり、たくさんの人が集まる場所なのでそれに伴ってタクシーの需要も高いです。そんな東京都にはタクシー会社がたくさん存在していますが、その中でもおすすめなのが日本交通グループでしょう。そこでこの記事では、日本交通グループがどんなタクシー会社か、どうしておすすめなのか解説していきます。

日本交通グループはどんなタクシー会社?

日本交通グループは、東京都に拠点を持つ日本交通株式会社を中心に全国展開しているタクシー会社であり、その規模はタクシー業界の中でもトップクラスです。

運営エリアは関東・関西が中心で「日交」の相性で親しまれています。80年の歴史を持っており、大手なので信頼度が高いタクシー会社と言えるでしょう。

資格を活かせる環境が充実!

タクシー運転手として働くにあたって自分が持っているスキルを活かして働くという選択肢もあります。実際に東京では一般のタクシーとは違うターゲットを絞ったタクシーが複数登場しており、スキルを活かすことで給与アップも狙えます。

日本交通グループの中でも人気なのが、観光タクシーです。観光タクシーでは東京に来た観光客に東京の魅力を伝えながら人気の観光スポットを回ります。

特に東京出身の人だと東京の良さを伝えながら仕事ができるので、地元に貢献しているというやりがいも感じられるでしょう。また、観光タクシーは特に外国人観光客の利用者が多いです。そのため、英語をはじめとする外国語のスキルを活かして働くこともできます。

また、共働き家庭が増えた現代においては、子供の習い事の送り迎えにもタクシーを利用する家庭が増えています。日本交通でもキッズタクシーという名称で事業を展開しており、子育て経験がある人、保育士など子供と関わる仕事を経験している人だとキッズタクシーの運転手として働くという選択肢もあります。

キッズタクシーの場合、稼働時間が基本的に昼間~夕方なので、生活リズムが崩れる心配が無いというメリットもあります。

そして、もう一つ需要が高いのがケアタクシーです。身体が不自由でお出かけに困っている人は少なくありません。そこでケアタクシーでは、通院やお買い物の送り迎えだけでなく、付き添いも行います。

介護福祉士など介護関連の資格を活かして働いている人も多く、介護業界からの転職を考えている人におすすめです。

それ以外にも日本交通グループでは、陣痛が起こってしまった妊婦さんを病院まで送迎する陣痛タクシーも運営しています。陣痛が起こっても旦那さんに連絡が取れないなどといった理由で病院まで行く手段が無くて困ってしまう妊婦さんは少なくありません。

そのため、日本交通の陣痛タクシーは東京都内の妊婦さんのうち3人に1人が利用しています。育児雑誌でも表彰されており、出産の手助けをできるというやりがいも感じられる仕事と言えるでしょう。

ちなみに陣痛タクシーでは医療関係の仕事をしていたり、妊娠・出産の経験のある女性を中心に活躍しています。

初めてタクシー業界で働く人も安心!

一般的なタクシー会社の給与制度は基本給+歩合制であり、基本給よりも歩合の割合が高くなっています。

そのため、お客さんを確保できれば稼げますが、そうでないと基本給に少し歩合が上乗せされる程度なので稼げずに辞めてしまう人も少なくありません。

やはり初心者でいきなりお客さんを確保するのは難しいでしょう。そこで日本交通グループでは最初の3ヶ月間は月40万円、その後9か月間は月35万円という、計1年間の給与保証制度が用意されています。

そのため、タクシー業界で初めて働く人でも安心して働くことができるでしょう。

研修制度も充実しており、都内をはじめとして、通ることが多い道を中心に覚えることが出来る講習や、稼ぎやすいエリア・稼げるノウハウを教えてもらえる講習などがあるので、しっかりと稼げるタクシー運転手を目指すことが可能です。

そのため、地方に住んでいて上京する人や、ペーパードライバーの人でも一人前のタクシー運転手を目指せます。

日本交通グループの歩合率は62%です。この数字は業界トップクラスであり、お客さんを獲得できれば稼ぎやすい環境と言えるでしょう。実際に日本交通グループの未経験1年目の人の平均給与は458万円と高い数字を誇っています。

日本交通グループなら様々な年齢・経歴の人を採用しているから安心!

日本交通グループで働いている人の年齢は20代から60代まで幅広いです。そのため、どんな年齢でも安心してキャリアチェンジができる環境のタクシー会社と言えるでしょう。

それに、働いている人のバックグラウンドも様々です。日本交通グループでは日本人だけでなく外国人採用にも力を入れており、外国人の運転手も多数在籍しています。観光タクシーなど外国語を使いこなせる人材の需要が高いので、外国籍の方でもスキルを活かして活躍できるでしょう。

また、タクシー業界はかつて男性が多い業界でしたが、女性運転手も増えてきています。女性のタクシー運転手は陣痛タクシーやキッズタクシーなどにおいて需要があり、日本交通グループでは女性の採用にも力を入れています。

女性ならではのきめ細やかなサービスで、実際に人気を集めている運転手も多いです。それ以外にも元フリーターなど様々な経歴の人が集まっており、経歴に関係なく応募できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内で稼げるタクシードライバーに転職するための収入を上げやすくするポイント

東京都内で稼げるタクシードライバーに転職するための収入を上げやすくするポイント

東京都内でタクシードライバーになって稼げるようになりたいと考え、転職活動に踏み切ろうとしている人もいるでしょう。
収入を上げられるようにするにはどのようなポイントを押さえておく必要があるのでしょうか。

転職先の選び方は特に重要な要素なので、どんな点を重視して選ぶ必要があるものなのかを把握しておきましょう。

稼ぐためには売り上げが必要

まず押さえておきたいのがタクシードライバーが稼げるようになるための基本です。
タクシードライバーの給料は一般的な職種のように年次昇給や昇進による昇給で上がっていくものではありません。

年次昇給がないわけではありませんが、基本給はもともと高くはないのでそれほど年収に大きな影響を与えない場合がほとんどです。
昇進についても特に定めがない現場がほとんどなので、一般的な昇給制度によって収入を上げるのはタクシードライバーの場合にはあまり現実的ではありません。

タクシードライバーは売り上げを増やすことで稼げるようになるのが特徴として知られています。
月給が月間の売り上げに応じて決まる歩合制になっていて、売り上げの何割かがそのまま自分の収入になるというのが基本的な仕組みです。

歩合率は高ければ6割くらいになっていますが、会社によってどの程度にしているかは異なります。
稼げるようになるには歩合率が高い会社に転職し、さらに売り上げを伸ばしていくことが必要なのです。

売り上げを伸ばすには基礎を身につけることが必須

売り上げで収入が決まるなら乗客をうまく獲得して稼げるようになれば良いと考えることができるのは確かです。
ただ、売り上げを伸ばすのは決して簡単なことではありません。

タクシードライバーに転職して間もなくの頃はどうしたら乗客が見つかるのかがわからずに悩んでしまうこともあります。
駅前で乗客が来るのを待っているのが良いのか、適当に街中を走っていた方が稼げるのかと迷ってしまうことも少なくありません。

どういうやり方が良いのかについては基礎を身につけることでわかるようになります。
地理や需要の状況などについて知ることにより、自分なりに売り上げを伸ばす方法を考えられるようになるのが通例です。

特にタクシードライバーになりたてのときには知識があまりにも少なくて何をしたら良いかわからなくなりがちです。
そのため、新人のための研修制度が整っている会社に転職するのが重要になります。

手厚い研修を長期間にわたって行ってくれる会社を選ぶことで将来的にも成長していけるようになり、大きく収入を上げられる可能性が高まるのです。

東京都内の事情を把握するのも肝心

さらに稼げるタクシードライバーになるためには東京都内の様々な事情を把握することが必要です。
日や時間帯によってタクシーの需要は変動するので、高い需要があるところに行って乗客を獲得するのが重要になります。

例えば、今日はここでコンサートがあるから、その開演前と終演後は近くに行くと乗客を拾える可能性が高いと考えられるでしょう。
お花見のピークなのでお花見スポットの近くなら日夜を問わず乗客がいるはずだという想像をすることもできます。

このような推察に加えて、実際にどのくらいの需要があったかのデータもあればどこに行くべきかがはっきりとします。

会社によっては需要の変動に関する情報を収集していてタクシードライバーに提供している場合もあります。
組織的に全体として売り上げを伸ばせるようにしようという試みを積極的に行っている会社を選ぶのは合理的でしょう。

個人として稼ぎやすくなるだけでなく、会社としての実績も伸びるのでボーナスが大きくなる可能性も高いのが魅力です。
情報収集にかかる時間や労力を削減できるという意味でも重要なポイントでしょう。

稼ぎやすい働き方ができるのも大切

タクシードライバーは働き方によって稼ぎやすさが左右されるのも特徴です。
単純に同じ距離と時間、乗客を乗せたとしても夜であれば割増料金になるので昼間に比べて稼げます。

夜勤ができるのは稼げる条件の一つですが、夜勤続きでは体力的に辛い場合もあるでしょう。
隔日勤務が可能なタクシー会社は東京都内には多いので検討してみる価値があります。

朝から翌日の早朝まで働き、早朝まで働いた日は残りは休みになるのが隔日勤務の特徴です。
休む時間も十分に確保できるので体力的にも続けやすい働き方の一つでしょう。

東京都内では貸切タクシーの需要も高いので、その担い手として活躍できる職場に転職するのも稼ぎやすくするためのポイントです。
観光やビジネスの目的で長期間、長距離の運転を任せてもらえるケースが多く、乗客をつかまえるために色々な場所を探し回る必要なく大きな売り上げを出すことができます。

大手のタクシー会社には貸切タクシーの依頼が豊富にあるので、そのドライバーとして働ける機会も多いでしょう。
観光ガイドをする観光タクシーも魅力的な候補で、東京都内の観光や食事のスポットに詳しい人は活躍しやすい働き方です。

得手不得手はあるので自分に合っている稼ぎ方が可能な職場を選び出すようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー運転手に興味がある人必見!タクシー会社へ転職するメリットや魅力とは

タクシー運転手に興味がある人必見!タクシー会社へ転職するメリットや魅力とは

残業や飲み会で終電が無くなってしまい、タクシーを利用した事のある人も多いのではないでしょうか。
普段何気なく利用しているこのタクシー会社、実は転職先として人気が高いのです。

一般的なサラリーマンとは違った働き方をするタクシー運転手という職業には、この仕事にしかない様々な魅力が詰まっています。
今回はタクシー会社へ転職する事で期待出来るメリットや、タクシー運転手という仕事の魅力を見ていきましょう。

タクシー運転手は働き方の幅が広い

タクシー運転手は始業時と終業時に営業所へ立ち寄る必要こそあるものの、勤務時間中は基本的に自分のペースで仕事する事が出来ます。
バリバリ稼ぎたい時には積極的に働けますし、調子が悪い時にはペースを抑える事も可能です。

運転中は上司や同僚とも顔を合わせる機会がほとんど無いので、職場の人間関係や上下関係に悩まされたくないという人には働きやすい環境であると言えるでしょう。

タクシーは深夜営業も行っているため世間的に残業が多いというイメージがありますが、これは誤解です。
タクシー運転手の勤務スタイルは一日中働き次の日を休みにするという「隔日勤務」という形式が一般的となっています。

勤務翌日の休みは「明番」とも呼ばれ、公休とは別にカウントされるのです。
明番と公休を合わせると月の半分以上が休みとなり、出勤日数は11~13日程度になります。

隔日勤務は慣れるまで少し時間がかかりますが、仕事とプライベートの切り替えがしやすく時間を有効に使える働き方なのです。
趣味や資格の勉強、家族サービスなどにかける時間が作りやすいという点はタクシー運転手という仕事の大きな魅力と言えるでしょう。

もちろん、タクシー会社によっては日勤や夜勤を募集しているところもあるので自分のスタイルに合わせる事は可能です。

観光名所や穴場スポットに詳しくなれる

タクシー運転手は日々、様々な乗客を目的地まで送り届けています。
中には運転手が知らない土地まで乗せて行って欲しいという乗客も少なくありません。
そういった場合はカーナビを駆使して目的地まで行く事になりますが、こうした機会が多ければ多いほど自分の土地感が磨かれ、地理的な知識が増えるとも言えます。

特に東京のような観光名所が多い地域では、頻繁に観光客を乗せる事で観光スポットに詳しくなるというケースも珍しくありません。
仕事で知った観光名所へ休日に出かけてみるも良し、経験と知識を積んで観光タクシー会社へ転職するという道もあるでしょう。

頑張った分だけ給与が上がる

一般的なサラリーマンは月給制で働いているため、毎月安定した収入を得る事が出来ます。
しかしその反面、昇給・昇進がなければ大幅な年収アップが見込めないというデメリットも挙げられるでしょう。
これに対してタクシー運転手の収入は、乗客を乗せた数やメーター数に応じて給与が決まる歩合制を採用している企業が多いです。

歩合制と言っても完全な出来高制ではなく、ある程度の基本給に歩合制で得られる収入が加算されるというケースが一般的になっています。
自分が頑張れば頑張った分だけ給与に反映されるので、仕事のモチベーション維持もしやすいと言えるでしょう。

タクシー運転手の年収は初乗り料金や人口密度など様々な要素によって地域差が生じます。
最も平均年収が高いのは東京都で、約418万円となっています。

日本人全体の平均年収が420万円程度と言われているので、一般的なサラリーマンと比較しても遜色ない収入が得られると言って良いでしょう。
また、中には年収800万円を超えるタクシードライバーも居るので、頑張り次第では高給取りとなる事も十分可能です。

未経験からタクシー運転手に転職する場合には、最初のうちは歩合制で稼ぐことが出来ないのではないかと不安に思う人も多いでしょう。
しかし一般的なタクシー会社では「最低給与保証」という制度を設けている場合が多いです。

最低給与保証とは新人として配属されたドライバーに対して、一定期間歩合制の他に固定給として収入を保証するという内容になっています。
月々の保証額や保証期間は企業によって異なるため、応募前によく確認しておく事が重要です。

また、給与保証ばかりに気を取られてしまうのも考え物と言えます。
歩合制の給与を左右する「歩率」や福利厚生など、待遇面をしっかりと見極めて就職先を選びましょう。

未経験や中高年でも積極的に受け入れている

日本企業の多くは35歳以下という条件を設けて採用活動を行っています。
また、職種によっては実務経験やスキル・資格がないと面接にすら辿り着けないというケースも珍しくありません。

その点でタクシー運転手の求人はほどんど年齢制限が設けられておらず、60歳の人でも未経験から仕事を始める事が出来ます。
特殊なスキルが必要になる事もなく、普通免許を取得して3年以上であれば原則的に年齢や性別に関係なく応募出来るのです。

また、タクシー会社の多くは未経験者に対して手厚い研修制度を用意しています。
タクシー運転手として働くにあたっては第二種普通運転免許が必要になりますが、取得費用はタクシー会社が負担するというケースが一般的です。

第二種普通運転免許を取得する期間は研修期間として見なされるため給与が発生します。
タクシーに搭載されているメーターや無線の使い方、電子マネーやクレジットカードを含む決済方法、車両点検の方法などはそれぞれのタクシー会社で教育制度が整っているので安心です。

また、東京・大阪・神奈川の一部で道路事情が複雑な地域においては地理試験による研修が行われる事もあります。
このようにあらゆる側面から未経験者をサポートする体制が整っているのも、タクシー業界の魅力と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーに転職する際の参考に!東京で働くタクシードライバーの給料や平均年収について

タクシードライバーに転職する際の参考に!東京で働くタクシードライバーの給料や平均年収について

仕事選びは人生で最も力を入れるべきポイントです。
人々の生活は給料や年収によって支えられているので、就職先を選ぶ時は平均年収を重視する人も多いでしょう。

タクシードライバーの平均給与を知ることで、自分がタクシー会社に就職した時にどれくらい稼げるのかある程度把握することができます。
今回は、タクシードライバーに転職する際の参考になるよう、東京で働くタクシードライバーの給料や年収について紹介していきます。

タクシードライバーの気になる平均年収について

政府の統計によると、2018年のタクシードライバーの平均年収は、348万円となっているようです。
これを月給換算すると、29万円になります。
これは、一般のサラリーマンと比べるとかなり低めになっています。
ただ、タクシードライバーは働く地域によって稼げる額が大きく変わるという特徴があるのです。

人口や観光地が少ない地域だと戦略を立てないと稼ぐのは難しいですが、東京などのインバウンドが多い所では年収も高くなります。
東京のタクシードライバーの給料は他の都道府県と比べて一番高く、平均年収は470万円となっており、これを月収に換算すると約39万円になります。

タクシードライバーの年収を紹介しましたが、タクシードライバーの給料は歩合制を採用しているので、給与は人によって非常に差が大きくなるのが特徴です。
現に、東京で働いているタクシードライバーの中には、年収が800万を超えている人も少なくありません。

タクシードライバーが年収を上げるために大事なのは、向上心を持ち、売上を上げる努力をひたすら続けるということです。
「やってやる」という気持ちを持つことで、それが成果に繋がり、タクシードライバーの平均年収を大きく上回ることも可能になってきます。

タクシードライバーが年収を上げるためにできること

タクシードライバーの年収は地域によって異なります。
タクシードライバーの年収が最も高いのは東京、次いで神奈川県、愛知県、岡山県、岐阜県の順に高くなっています。

これらの県に共通しているのは、人気の観光地があったり、人口が多かったり、タクシーニーズが高かかったりということです。
「年収を上げたい」、そんな時はニーズや利用者数が多い地域で転職することで、自然と給料は上がっていくでしょう。

また、給料を上げたいのならば、「稼げる会社を選ぶ」ということも必要になります。
当たり前ですが、就職先のタクシー会社によって、待遇や福利厚生の内容は違ってきます。
給料の歩合率も業界で50%~65%と差が生じており、適当に選ぶと「歩合率が低くてあまり稼げない」ということになってしまうこともあるでしょう。

大手のタクシー会社に就職すれば、専用乗り場があったり、一定数の固定客がついていたりなど、営業面での恩恵を受けられる場面も多いです。
同じ時間、量の仕事をこなしても、タクシー会社によって給料は異なります。
タクシードライバーになって給料を多く貰いたいというのであれば、できるだけ優良なタクシー会社を選ぶようにしなければなりません。

都心に近いと家賃が高くなる傾向があるので、首都圏でタクシードライバーの就職先を探す時は、寮付きの求人を狙うのもおすすめです。
寮完備ならば生活費を抑えることができるだけでなく、寮はタクシー会社に近い所に建てられることが多いので交通費も節約できます。

稼いでいるタクシードライバーの特徴とは

タクシードライバーは実力主義の世界です。
働く地域や会社によって給料が変わりますが、タクシードライバーとして成功するために一番大切なのはやはり「実力」。
実力がなく、稼ぎたいという気持ちがなければ、いつまでたっても年収は低いままでしょう。

稼ぐタクシードライバーは情報収集に余念がなく、何時から何時の間にどの地域にお客さんが集まるのかというのをしっかりと把握しています。
稼げるタクシードライバーは、乗車率が高いというのが特徴です。
タクシーの利用率が高い場所や、地域のイベントなどを調べておくことで効率よく乗車率をあげ、給料アップにつなげることができます。

また、稼げるタクシードライバーは道をしっかりと覚えています。
道を覚えることで近道を通ってお客さんの密集している所に素早く移動したり、渋滞を避けたりということに繋がり、「効率の良い立ち回り」を行うことができるのです。
向上心を高く持ち、売り上げを上げるための努力を怠らない、それが高収入を得ているタクシードライバーに共通していることです。

歩合制のタクシードライバーは自分次第でいくらでも稼げる

タクシー業界は年功序列の業界ではないので、タクシードライバーは同じ会社に長く勤めても給料が上がることはありません。
その代わり給料は年齢に関係なく、頑張り次第では入社一年目から平均を大きく上回る年収を稼ぐことも可能です。

稼ぐための知識をしっかりと身につけていけば、結果に波がなくなり、年をとっても安定して高い営業収入を得ることができるでしょう。
タクシードライバーの給料は結局の所自分次第であり、工夫や努力すればどんな人でも年収を上げていくことは可能です。

そして、タクシードライバーの平均を大きく上回った高年収を獲得するためには、東京エリアでの転職を考えたり、稼ぐタクシードライバーを参考したりすることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大手タクシー会社の転職!東京都の転職におすすめの優良企業4選!

大手タクシー会社の転職!東京都の転職におすすめの優良企業4選!

東京都のタクシー会社は、稼ぎやすい業種の一つとなってきています。
理由の一つとして、年々サービス内容が豊富になっている点が挙げられます。
タクシーの運転だけでなく、英会話や介護、ホスピタリティなど様々なスキルを磨けるようになっています。

タクシー会社の中でも大手企業は、会社選びに重要となる働きやすい環境が整っています。
ここからは、転職におすすめの大手タクシー会社についてご紹介します。

おすすめタクシー会社①日本交通株式会社

日本交通株式会社は、創業90年以上の東京都最大手のタクシー・ハイヤー会社です。
日本交通は通常のタクシー業務の他に、観光タクシー、キッズタクシー、ケアタクシー、陣痛タクシー、配車アプリなどの幅広いサービスを提供しています。

観光タクシーでは、観光地への移動をサポートするだけでなく、観光ガイドも行われています。
英語が得意な人にはぴったりのサービスです。
また、介護の資格や経験を生かせるケアタクシーというサービスも展開されています。
ケアタクシーでは、通院や買い物などのサポート・付き添いが行われています。

日本交通株式会社は、社員へのサポート体制が充実しています。
秘書検定・ホームヘルパー・TOEICなどの資格取得支援制度、英会話手当、マイカー車検修理割引制度など、様々な福利厚生が用意されています。
英会話や介護について学べば、未経験でも観光タクシーやケアタクシー等のサービスを担当できるでしょう。

休日は月7〜10日で、シフト制勤務となります。
しかしハイヤー業務で特定のお客様の担当になると、お客様のスケジュールに合わせてシフトを決めるため、土日休みになることも多いようです。
週末に休みたいなどの要望がある場合、会社に相談することもできそうです。

おすすめタクシー会社②大和自動交通株式会社

次に転職におすすめなタクシー会社は、大和自動交通株式会社です。
大和自動車交通は、創業80年の大手タクシー会社。
働きやすい環境が整っている優良企業です。

東京各地にタクシー営業所があり、大田区、江東区、立川市、北区、西東京市などの中から、自分が働きたい場所を選べます。
ハイヤー乗務員の場合は、銀座、日比谷などの勤務地があります。

大和自動車交通の求人には、1種免許取得後3年以上又は2種免許所持者であれば、誰でも申し込みが可能となります。
福利厚生の中に育児休暇や産休制度があることから、女性ドライバーが活躍できる職場となっています。

女性ドライバーにとって、女性が働きやすい環境が整っていることは、会社選びの大きなポイントになるでしょう。
また、勤務体系を選べるため、自分のライフスタイルに合わせて勤務が可能になります。

おすすめタクシー会社③帝都自動車交通株式会社

帝都自動車交通株式会社は、京成電鉄グループのタクシー・ハイヤー会社です。
東京都を中心に営業所が点在しており、墨田、大森、板橋、日暮里などから好きな勤務地が選べるようになっています。

帝都自動車交通では、東京観光タクシーや妊婦支援サービスなどが展開されています。
東京観光タクシードライバー認定制度があり、一定レベルの基準を満たしたタクシー乗務員が観光案内をおこなっています。
東京早回りコースや女子旅コース、下町満喫コースなど、利用者が観光したい場所に合わせてコースを選べるため、幅広い世代の人に大変人気です。

また、病院への通院や陣痛などのサポートをしている妊婦支援サービスもおこなっています。
24時間365日いつでも対応できるような体制をとっています。

帝都自動車交通の勤務時間は、1ヶ月変形労働時間制で、休日は月に8〜9日です。
勤務シフトは年単位で組まれており、プライベートの計画が立てやすくなる工夫がされています。
有給休暇の他には、育児休暇や介護休暇を取得可能です。
各社員の事情に合わせて勤務ができるので、長期間活躍する方も多いようです。

福利厚生も充実しており、入社祝い金合計30万円の支給や社員寮が用意されています。
入社後も生活しやすいように、様々なサポート体制が整っているようです。

おすすめタクシー会社④国際自動車株式会社

国際自動車株式会社は、タクシー業界最大手の一つです。
様々なサービスが展開されており、羽田空港・成田空港までの定額タクシーやアプリ・Webサイトでの予約サービスなどを利用できるタクシー会社です。
法人タクシーチケットを1万1000以上の会社と契約していたり、乗車アプリのフルクルを展開するなど、幅広いニーズに対応しています。

国際自動車は、タクシードライバーの他、ハイヤードライバーやバスドライバーとして就職することができます。
東京に営業所が点在しているので、自宅から近い場所に勤務が可能です。

勤務時間は9時〜17時45分までの日勤と、1業務15.5時間の隔日勤務から選べます。
休日は7日〜9日で、隔日勤務の場合は、乗務の次の日も明け番という休みが取得できます。

福利厚生については、選べる福利厚生「ベネフィット・ステーション」、旅行補助、福利厚生施設などを利用できます。
また、営業所施設内には大浴場、仮眠室や休憩室の利用が可能になっており、女性が働きやすい環境が整っています。
女性専用の設備も完備されているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内でタクシー乗務員へ転職するなら、大手の優良企業で決まり!

東京都内でタクシー乗務員へ転職するなら、大手の優良企業で決まり!

東京都内には数多くのタクシー会社があります。
そのため、これからタクシー乗務員への転職を考えている人は、会社選びに迷うかもしれません。
そんな方には大手のタクシー会社がおすすめです。

給与や研修制度あるいは勤務条件など、様々な面で転職者に優しい環境があるからです。
そんな大手のタクシー会社を選ぶポイントについて、ここから詳しく紹介していきます。

大手の優良企業なら、未経験者にも優しい給与サポートがある!

タクシー乗務員として働く会社選びでは、まずタクシー会社や求人サイトのホームページを比較しながら、自分に有利な転職先を絞っていくはずです。
その際の基準は人それぞれですが、誰でも必ず1度はチェックするのが収入条件ではないでしょうか。

この点、タクシー業界では歩合給制度を採用する会社が一般的。
東京都内にあるタクシー会社の給与制度でも、基本給に歩合給を加算していくケースが数多くあります。

ここで注意すべきポイントは、基本給の高さだけを見て会社を選ばないこと。
稼げるタクシー乗務員になりたければ、いかに歩合給をアップできるのかということが重要だからです。

とはいえ、タクシーの未経験者や、地方から上京したばかりで地理に不慣れな転職者にとっては、最初はなかなか売上を伸ばせないのが現実。
そこでおすすめするのが、優良企業として知られる大手のタクシー会社です。

タクシーの未経験者にも優しい、充実したサポートがたくさんあります。
特に注目したいのが、手厚い給与保証制度。会社によっては入社してから1年間も、基本給の3倍以上という恵まれた保証があります。

そのタクシー会社には稼ぎやすい環境がありますか?大手の優良企業なら大丈夫!

先述したように、タクシー乗務員になったら歩合給で稼ぐ必要があります。
もちろんそのためには、自分の努力や熱意は不可欠です。

同時に会社選びでは、いかに稼ぎやすい環境がそろっているのか、よくチェックするのも重要なポイント。
稼ぎやすい環境さえあれば、タクシー未経験者であっても短期間のうちに、バリバリ稼げる乗務員として活躍できるからです。

この点、大手のタクシー会社には、売上に直結する様々なシステムが充実しています。
その1つが、都内の数十箇所に設置された専用タクシー乗り場です。
設置場所は有名な商業施設やビジネス街、あるいは大きな駅前や観光スポットなど、大勢の人々が集まる主要拠点にあります。
入社したばかりのタクシー乗務員でも、ここで待機していれば直ぐにお客さんを拾うことができます。

そしてもう1つ見逃せないシステムが、法人チケットです。
大手タクシー会社では、官公庁や企業など数多くの法人とチケット契約を結んでいます。
会社によってはその数が1万2000千社以上にものぼります。

法人チケットの魅力は、何といっても客単価が高いこと。
このチケットのお客さんは長距離利用する傾向が強いので、1回あたりの運行でも必然的に客単価が高くなるのです。
しかも特定の法人関係者が繰り返し利用するため、コンスタントに高い売上を実現できます。

とにかく転職してから後悔しないためにも、このような稼ぎやすい環境のある会社を選ぶことが、大切なポイントになります。

直ぐに稼げる乗務員になりたい?それなら大手の優良企業の研修制度をチェック!

タクシー会社を選ぶにあたっては、研修制度の充実度もチェックする必要があります。
特にタクシーの未経験者にとっては、これは最も重視すべきポイントになるはずです。

運転技術や接客スキルあるいは東京都内の地理など、研修期間でいかにマスターできるのかが、稼げる乗務員への第一歩になるからです。
この点、大手のタクシー会社には長年培ってきた独自のノウハウによって、短期間のうちに効率よく人材を育成する環境があります。

その中でも見逃せない特徴が、常に売上向上につながる視点から研修が進むことです。
例えば座学による地理講習であっても、単にテキストを読み進めるのではなく、売上に結びつくルートやエリアもしっかり教えます。

また営業所での実地研修においても、運転技術はもちろん、売上向上に役立つ営業ノウハウについても、熟練教官が車両に同乗しながらマンツーマンで指導します。
タクシーの未経験者でも即戦力に育て上げる、優れた研修制度が大手のタクシー会社にはあります。

体力に自信がなくても大丈夫!大手の優良企業ならマイペースで働ける!

タクシー乗務員への転職を検討している人の中には、女性やシニア世代の方もいることでしょう。
タクシー乗務員の仕事は深夜勤務が基本なので、体調管理がとても重要になります。

体力に自信のない方であれば、無理なく働ける会社を選ぶことが肝心です。
そこで会社選びのポイントとしては、まず休憩時間や休暇制度の充実度をチェックすべきでしょう。

この点、優良企業と呼ばれる大手の会社なら安心です。
深夜勤務のあった仕事の翌日は、必ず明番や公休日になるようにシフトが組まれています。
月単位でみると、約半分も休める計算になります。

これなら心身を十分に癒せる他、家族や友人とプライベートの時間もたっぷり確保することが可能です。
また乗務時間中においても、必ず3時間の休憩を取るように徹底されています。

いつでも都合のよいタイミングや場所で車両を停めて、仮眠や軽食をしっかり取ることができます。
もちろん法定外の残業も一切なし。
このようにマイペースで働ける環境の有無も、会社選びには欠かせないチェックポイントになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベテランドライバーに学ぶ!タクシードライバーに転職して稼げるようになるための五つのポイント

ベテランドライバーに学ぶ!タクシードライバーに転職して稼げるようになるための五つのポイント

タクシードライバーに転職して稼げるようになりたいけれど、一体どうしたら良いのかがわからず転職すら躊躇してしまう人もいるでしょう。

高年収になっているベテランドライバーはたくさんのノウハウを持っています。
ベテランドライバーがどんなやり方で稼げるようになっているのかを理解して転職に踏み切れるようになりましょう。

前提条件として押さえておくべき給与体系

まず前提条件としてタクシードライバーの給与体系について理解しておきましょう。
基本的にはどの会社でも歩合制で月給が支払われるようになっていて、売り上げに比例して収入が多くなります。

基本給はかなり低い会社が多いものの、歩合率が高くて売り上げの半分以上が給料になるというのが一般的です。
そのため、タクシードライバーに転職して稼げるようになりたいと思ったら、いかにして歩合を増やすかを考えるのが肝心です。

給料を上げるための三つのポイント

具体的にどのようなやり方をすれば給料を上げられるのかを知るにはベテランドライバーに学ぶのが簡単な方法です。
ベテランドライバーなら大抵の人がやっているポイントをまず三つ押さえておきましょう。

一つ目は乗客をたくさん獲得すればそれだけ稼げるので需要の分析を徹底して行うことです。
いつどこでどのくらいの乗客が出てくるかを地域の情報から推定すると稼げるようになります。

単純なのは終電後の駅前や閉店前後のデパートの前などです。
また、イベントがあるときには終了時間になると周囲でタクシーの需要が高まります。
開会少し前には近くの駅からタクシーで向かう人も多いので駅前で待機するのも効果的です。

このような需要の分析をしてどこで乗客の獲得を目指すかを判断できるようになるとコンスタントに大きな売り上げを達成可能になります。

二つ目は単価の高い働き方をすることです。
ハイヤーは貸切で長時間、長距離の走行が可能なので稼ぎやすく単価も高めになっています。
ベテランドライバーに任されることが多いのが特徴で、キャリアを積んで実績も上げていくとハイヤーを担えるようになるでしょう。

観光タクシーもまとまった売り上げを出せるので優れています。
地元情報に詳しいことが求められるので勉強して観光案内役も担えるようになるのが大切です。

また、深夜料金の時間帯に働くのも効果的な方法で、隔日勤務で働くのに人気があります。
隔日勤務では夜間の仕事をした翌日は休日になるので体を休めやすく、集中力や判断力に問題が生じにくいのがメリットです。

三つ目は勤務先の会社の選び方のコツで、歩合率が高い会社を選ぶことです。
会社によって歩合率は違うので、必死に出した売り上げを無駄にしないためにも歩合率重視で会社を選んでいるベテランドライバーも大勢います。

ベテランになってからもっと稼げるようになるために転職するというケースでもよく注目されているポイントです。

会社の環境についての二つのポイント

タクシードライバーが稼げるようになるには会社によって提供されている環境も重要な意味合いを持ちます。
その観点から二つのポイントを押さえておきましょう。

一つ目は会社が顧客からしっかりと信頼されていることです。
ハイヤーや観光タクシーなどは顧客からのオーダーがなければ需要がなく、どんなベテランドライバーだったとしても担い手になることはできません。
企業や団体、個人などから厚い信頼を得ているタクシー会社を選ぶと稼ぎやすくなります。

二つ目はやる気が出やすい職場環境があることです。
売り上げが個人の収入に直結する給与体系になっているとタクシードライバー同士がライバルになるのは確かでしょう。

互いに手の内を隠してしまうような職場もありますが、チームワークを発揮して皆で稼ごうという雰囲気があるとモチベーションが上がります。
情報共有によって誰もが稼げる環境を作り出すことができるでしょう。

このような環境を作り上げるために会社の方から定期的に地域情報を全員宛に伝えたり、研修で情報交換を促したりしている会社もあります。
社員全員でより良いタクシーサービスを提供しようという方針を掲げていると、互いに協力しようという人が集まっているでしょう。

この二つのポイントには実は関連性があります。
顧客には一般消費者が含まれているので、消費者からの信頼が厚い企業では働きたいというドライバーも多いでしょう。
結果として優秀なベテランドライバーがたくさん集まっていることが多いのです。

その間でしっかりと情報共有をしてチームワークを発揮できれば、素人だったドライバーも速やかに稼げるようになれると期待できます。
この二つのポイントには相乗効果があるということも押さえておきましょう。

やる気が出る職場でしっかりと働いて稼げるようになろう

ベテランドライバーは需要の分析をして的確な判断を下すことにより乗客をしっかりと獲得しています。
一方、チームワークを発揮できる良好な環境が整っている会社を選んで働いているのが一般的です。

このような職場環境があるとやる気が出るというメリットもあるので、ここでしっかり働きたいと思える会社を見つけて転職しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒でタクシードライバーに就職!若手社員が都内に集まる理由

新卒でタクシードライバーに就職!若手社員が都内に集まる理由

タクシードライバーを想像してくださいというと、たいていの人が「おじさん」を思い浮かべるのではないでしょうか。
確かに、タクシードライバーは年配の男の人がやっていることが多いです。
しかし、2019年現在では、新卒で東京都内のタクシードライバーになる人も増えているのです。

今回は、新卒が続々とタクシードライバーを仕事に選ぶ理由を紹介していきます。

増加する新卒タクシードライバー

かつてはタクシードライバーの採用は中途がメインでしたが、2010年代後半から新卒採用枠を広げる会社も増えてきました。
東京のある大手タクシー会社では、2012年には10人だった新卒ドライバーが、2015年には109人まで大幅増加した記録もあります。

この新卒ドライバー増加の背景には、タクシー業界の事情が絡んでいます。
タクシー業界では、ドライバーの高齢化が進んでいて、多くのドライバーが引退をして、数がどんどん減っていたのです。

それに対して、日本に訪れる観光客の増加などでタクシーの需要は高まっていました。
そのため複数のタクシー会社では、業界の若返りを図るために新卒採用を強化したのです。

また、タクシー業界にもIT化の波が来ており、ソフトウェアやスマホアプリなどを利用した業務の効率化などが進んでいました。
この最先端技術をうまく活用するために、若い世代が必要とされるようになったのです。

新卒が都内でタクシードライバーになる理由

タクシードライバーは基本給プラス歩合制だったり、完全歩合制だったりと、とにかく実績が給与に直結します。
年収を上げたいなら、1日にたくさんのお客さんを乗せることです。
その点を考慮すると、東京都内はまさにしっかりと稼げる場所といえるでしょう。

東京は日本一の人口数を誇り、その数は他の追随を許しません。
会社や飲食店の数も膨大で、昼は会社員、夜はお酒を飲んだ人がお客さんとして見込めます。
また、外国人観光客は、タクシーをよく移動手段に使うので、彼らからも収益が期待できます。

具体的にどれほどの儲けになるかというと、都内にある大手タクシー会社が公開している年収情報を見ると、未経験1年目の人の平均年収は458万円という数値になっています。
タクシードライバーは歩合制なので、たくさんのお客さんを乗せれば平均を大きく超えることも可能です。

1年目からたくさん稼ぎたいけれど、2種免許を持っていないという人もいるでしょう。
免許がなくても心配することはありません。
多くのタクシー会社は、社員の免許取得の費用を負担してくれるのです。

免許取得後は徹底した路上研修もあります。
入社後のサポートが厚いので、安心してタクシー会社に入社できるのです。

タクシードライバーの働き方は、朝から夕方まで乗務する日勤と、夕方から深夜まで働く夜勤、そして朝から深夜まで働く隔日勤があります。

隔日勤は1日の労働時間が長い代わりに、次の日が明番という休みの日になります。
明番は次の乗務に支障がでないように体調を整えるための休日です。
公休も含めれば、隔日勤だとひと月の勤務日数は11~13日となり、プライベートの時間をたっぷり確保することができます。

隔日勤の労働時間は長いですが、ドライバーが事故を起こさないように3時間の休憩が設けられています。
このように、労働条件がいいのも、新卒がタクシードライバーを選ぶ理由の1つです。

タクシードライバーはキャリアアップも狙える

タクシー会社に長く勤めていれば、他の会社同様にキャリアアップも可能です。
会社によってキャリアアップの過程は異なりますが、一般ドライバーとして経験を積んだあとは、ハイヤー乗務員などの上級ドライバーに昇格したり、営業所勤務や運行管理を任されることが多いです。

会社によっては、そこからさらに目覚ましい活躍をすれば、幹部クラスにまで昇り詰めることできます。
キャリアアップも望めるので、新卒は希望を持ってタクシー会社に入社することができるのです。

新人の定着率が高い蔦交通

数あるタクシー会社のなかで、とりわけ若手社員が生き生きと働けている職場が「蔦交通」です。
蔦交通は、新人ドライバーの定着率が非常に高いのが特徴です。
その数値は90%以上になっており、業界で平均68%と言われている新卒の定着率と比べると、高い水準であることがわかります。

蔦交通では、20代から70代までの幅広い世代のドライバーが所属していますが、世代による垣根が低いのが特徴です。
若手社員がベテランドライバーと話しやすい環境ができており、日々の雑談のなかでいろいろなアドバイスがもらえます。

また、タクシーを走らせながらお客さんを効率よく探すレッスンが随時開催されていて、新人のスキルが上がるのも早いのです。
こうしたレッスンや先輩との交流のなかで、営業力や接客サービスが1年目からぐんぐん身につくため、若手社員が仕事に自信を持てるようになって高い定着率に繋がっています。

タクシードライバーはきつい仕事というのはもう古いイメージ

タクシードライバーは、やる気があるなら新卒からでもどんどん稼げます。
ベテラン・新人関係なく実績が評価されるのも、新卒がタクシードライバーを選ぶ理由といえます。

隔日勤で働けば年間の休みは200日以上になります。
会社によっては仮眠室もあるので、長時間労働でもしっかりと休息がとれます。

ドライバーの労働環境が悪いというのは古いイメージです。
正しい認識が進むことで、今後も新卒ドライバーが増えていくことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職で後悔や失敗があった東京都のタクシードライバーが教えるタクシー会社の選び方

転職で後悔や失敗があった東京都のタクシードライバーが教えるタクシー会社の選び方

タクシードライバーになっても、思い描いていた通りになるとは限りません。高収入という情報だけで転職してしまうと、実際にはその通りに稼げずに、様々なトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

過去にタクシー会社に転職に失敗した人や、後悔している人をリサーチした情報を元に、タクシー会社の選び方を説明していきます。

タクシー会社によってドライバー人生は大きく変わります

タクシードライバーに転職して、失敗したと後悔することは、収入面です。タクシードライバーは歩合制なので、がんばった分だけ給料になるため、収入が上がることを期待しているからです。

しかし、実際には思ったほど稼げないと、低収入の状態が続くことになります。タクシー会社を退職して、良い条件の会社に移動するドライバーもいれば、途中で挫折してしまい他の業種に転職する方もいます。

努力しても報われない環境に気づかないまま、働き続けるドライバーが多く、会社を変えた途端に収入が上がるケースは珍しくないです。そのように環境を変えることに成功したドライバーだからこそ、稼げない原因は自分の営業不足ではなく、入社したタクシー会社が悪かったということが判明しました。

ですので、タクシー会社を決めるときは、慎重に行った方が良いのです。

もしタクシーで稼げない状態であれば、自分の営業努力の見直しも必要ですが、環境を変えることも大事なことだと考えてください。転職を考えるのなら他の業種ではなくタクシードライバーとして転職することをおすすめします。せっかく得たドライバーのノウハウを、利用し続けるほうが高収入に繋がるからです。

入社は避けたほうがよいタクシー会社の特徴

タクシー会社の選び方で失敗しないためには、選ばないほうがよい会社を確認しておくことです。過去に失敗だった情報をや後悔する会社の傾向を見るなど、選ばないほうがよいポイントを6つにわけて説明します。もしこの項目に該当する会社がある場合は、なるべく避けたほうが良いでしょう。

#稼働率が低い

稼働率とは、会社が所有している全タクシーが日々どのくらいの台数が動いているかの割合です。稼働率が低いという事は、全体の売り上げや利益も低く、ドライバーが少ないことを示します。原因としてはドライバーの定着率が悪いので人材が不足しているためです。そのような会社は内部に問題があるケースが多いでしょう。

#事故補償がない

ドライバーは運転するのが仕事なので、事故にあう可能性が高いです。事故を起こしたときに、全額ドライバーの自腹という会社もありますので事前に確認が必要です。

#小規模の会社

小規模なタクシー会社は大手に比べて、安定した売り上げを出すことは難しいため、財政面に不安があります。もちろん福利厚生や保障の設備がないケースが多いです。

#社員教育がない

社員教育のシステムは、ドライバーのその後の働き方を大きく左右します。もし社員教育がない会社に、タクシードライバー初心者が入社した場合、苦労することになるでしょう。

#営業車の整備・装備が悪い

営業車を見ればタクシー会社のグレードがわかるといわれています。営業車の整備をおろそかにしている会社は、社員の安全を考えていません。ドライバーは不安を感じながら運転することになるでしょう。無線やカーナビが装備されていない営業車もあるので注意しましょう。

#タクシーランクがCランク

タクシーランクは、財団法人東京タクシーセンターが、東京都のタクシーの評価をランク付けしたものです。Cランクというのは、サービスや安全面、経営などの評価が低く、タクシーランクの中でも最低評価のことです。Bランク以上のタクシーランクであれば選んでも安全でしょう。

タクシー会社の探し方のコツ

東京都には400以上のタクシー会社が存在します。その多さのため、自分にぴったりの会社を見つけるのはなかなか難しいですが、タクシー会社を調査する方法が3つあるので紹介します。

#実際にタクシーに乗ってみる

お客としてタクシーを利用すると、営業車やドライバーの質が実際に確認できます。ドライバーに話しかければ、外部の人間が詳しく知る事は通常できない会社内の事情や業界の現状や、働く環境など聞けるかもしれません。

#タクシードライバー転職支援サイトで探す

支援サイトは複数の会社を調べることができます。情報を仕入れることは大事なので活用しましょう。プロのアドバイザーに相談できるサイトもあるので、頼りになります。無料で相談できるサイトもあるので、気軽に連絡してみましょう。

#タクシー会社に直接電話してみる

気に入ったタクシー会社があれば、電話で直接連絡してみるのも良いです。求人情報や、疑問に思っていることを質問できるからです。

後悔しないタクシー会社選びをしましょう

せっかくタクシードライバーに転職してもタクシー会社選びで失敗したら、入社してから後悔します。もちろん他のタクシー会社に転職することは出来ますが、間違った会社を選んでしまうことは、時間、労力、収入のあらゆる面でロスしていることになるでしょう。

自分に合った会社に転職できれば、あとは自分の努力次第で成功できます。情報収集、比較検討をきちんと行いタクシー会社を選ぶことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバー仕事がしたい!タクシー運転手に転職するメリット・デメリットとは

タクシードライバー仕事がしたい!タクシー運転手に転職するメリット・デメリットとは

超高齢社会を迎える日本では移動困難者が増え、移動のニーズが高まっています。求人募集をするタクシー会社の数が増えているので、「タクシー運転手として働いてみたい」と考えている人もいるでしょう。タクシー運転手になる際は、メリットやデメリットについて理解することで「こんなはずじゃなかった」と後悔することがなくなります。

今回は、タクシー運転手に転職するメリット・デメリットをいくつか紹介しましょう。

タクシー運転手に転職するメリット

#人間関係のトラブルが少ない

会社勤めをしていると、上司や先輩、同僚などとの仕事の人間関係で悩んでしまうことも少なくありません。雰囲気が悪い最悪な職場にあたってしまえば、人間関係に疲れて仕事を辞めたいと思ってしまうこともあるでしょう。タクシーの運転手は個人行動が基本なので、だれかに指示されることもありませんし、常に自分のペースで仕事をすることができます。ほかの業務に携わる従業員と関わる機会があまりなく、同僚や上司との人間関係で悩むリスクが低いのです。会社内の複雑怪奇な人間関係に悩まされないというのは、タクシー運転手の大きなメリットです。

会社に縛られずのびのびと自由に働きたい人にとっては、タクシードライバーはうってつけの仕事と言えるでしょう。

#やる気があればどんどん稼げる

タクシー運転手は、歩合制という給料形態を採用している会社がほとんどです。歩合制とは、自身の成績や売り上げに応じて給与が支給される仕組みのことです。タクシーの運転手は一般的な会社員のように毎月決まった額の給料をもらうわけでなく、たくさん売上を上げるとそれが自身の給料アップにつながります。

そのため、タクシー運転手という職業は、やる気や働き方次第で高収入が狙える仕事です。この歩合制という制度によって、年収800万円以上を稼ぐ凄腕の運転手もいます。誰でもこれぐらい稼げるようになるわけではありませんが、挑戦しがいのある仕事だということには間違いありません。

また、歩合制という制度は学歴や経験年数に関係なく、20代などの若い年齢層からでも高収入を目指せるというのも魅力的な部分です。タクシードライバーは根気とやる気さえあれば、年齢や性別に関係なく誰でも高収入を目指すことができます。

#学歴や経験、職務歴などが問われない

タクシーの運転手になるために必要になるのは、車を運転する資格である運転免許のみです。学歴や資格などを持っていなくても、運転免許さえ持っていれば応募することができます。タクシーの運転手やバスドライバーのように人を乗せて料金をいただく場合は「二種免許」が必要になりますが、これはタクシーの運転手として採用された後でも取得することができます。就職活動の成否を決める重要な要素である学歴や経験などが問われず、未経験でも転職しやすいのがタクシードライバーのメリットです。

また、タクシー運転手は基本的に年齢制限がありません。28歳~35歳の年齢が転職する最後のチャンスと言われており、この年齢を超えると転職先を探すのがとても大変になります。
しかし、タクシーの運転手の求人は年齢制限が緩く、中高年の人でも採用で不利になることはあまりないです。他の職種に比べて長く働けますし、経験を積んで個人タクシーを開業してしまえば老後の収入も確保することができます。

タクシー運転手に転職するデメリット

#交通事故や乗客とのトラブルが起こる場合がある

ドライバーとして働いている場合、交通事故に遭遇する危険性がどうしてもつきまといます。交通事故は自分自身だけでなく相手の人生も狂わせてしまうので、決して事故を起こすことがないように常に安全運転を心がけなければなりません。乗客を安全に届けるためには、徹底的な健康管理や適切な対処法を身につけることが大切でしょう。

また、タクシードライバー仕事は接客業であるため、客とのトラブルが起きるリスクがあります。丁寧な接客を心がけることでトラブルは起きにくくなりますが、中には常識が一切通じないタチの悪い客もいるので注意しなければなりません。

#収入が安定しない

上記で紹介したように、多くのタクシー会社は歩合制を多く採用しているため、一般的な会社員と比べ生活が安定しません。売り上げを伸ばせなければ、平均年収よりもかなり下回ってしまうことも考えられます。「稼いでいる運転手はえらい」という風潮があるため、成績が悪いと肩身の狭い思いをしてしまうこともあるでしょう。

また、タクシーの運転手になりたての頃はまだあまり道を覚えてなかったり、乗務員として必要なスキルがそんなに身についてなかったりするため、給与が安定しない可能性が高いです。

タクシー運転手になる時は会社選びも重要

タクシー運転手にはメリットやデメリットがありますが、それらは会社によって大きく変わることもあります。例えば研修制度が充実している会社では、様々なノウハウが身につけられるので収入の安定や高収入につなげることができるでしょう。

また、会社によって事故後の保証がしっかりしている所とそうでない所があります。万が一事故を起こしてもしっかり対処、補償してくれる会社を選べば、安心して長い間働くことができるはずです。働きやすい会社を選べば、タクシーの運転手になった時に生じるであろうデメリットも少なくなります。就職してから後悔しないために、会社を比較しながら自分に合う会社を選んでみましょう。

タクシー運転手を目指す時はメリットだけでなくデメリットも押さえておこう

その仕事の良いところばかり見て選ぶと、就職してからミスマッチに気づき「この仕事は自分に合わないな」と後悔することになります。タクシー運転手を目指す時はメリットだけでなくデメリットの部分も理解し、仕事選びの参考にしてみましょう。

また、会社の選び方によってはタクシー運転手のデメリットをカバーすることができる場合もあるので、タクシー会社は慎重に選ぶことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加