タクシー会社おすすめ

ベテランドライバーに学ぶ!転職後、稼げるタクシードライバーになるためのポイントとは

ベテランドライバーに学ぶ!転職後、稼げるタクシードライバーになるためのポイントとは

タクシードライバーと聞くと世間一般的には夜中じゅう車を走らせ続けなければいけない、激務な職業のようなイメージがありますが、決してそんなことはなく、ポイントを押さえておけば普通のサラリーマンよりもずっと高収入を得ることができます。

ここではベテランドライバーにタクシードライバーが実践している、稼ぐための5つのポイントを解説します。

できれば都内への就職が理想

タクシードライバーはお客さんを乗せて指定された位置まで走行し、運賃を受け取ることによってはじめて成り立つ商売です。そのため確実に稼げるタクシードライバーになりたいのであれば、やはり人が多いところで仕事ができるかどうかというのは大きなポイントとなります。

いくらベテランドライバーだったとしても、人がほとんどいない地方での営業となるとなかなか高収入を得ることは難しいでしょう。ですから転職してタクシードライバーになろうと考えているのであれば、できるだけ人口の多いところでの勤務、できれば東京都内での就職を目指しておいたほうがいいです。

しかし東京都内ならどこでもいいというわけではありません。東京23区と一部の市以外の場所は思っているほどタクシーを利用するお客さんが多いわけではないため、なかなかお客さんを見つけられないといったことになってしまいがちです。本気で稼ぎたいのであれば、事前にタクシーの利用者が多いところを調べてから転職活動をしましょう。

需要の変化をしっかりと把握しておく

稼げるベテランドライバーはタクシーの需要というのをしっかりと把握できています。例えばいつも流しているエリアで大きなイベントが開催されているような場合は、そこにお客さんがたくさん集まります。

するとそれに比例してタクシーを利用するお客さんも増えるで、その日はそのエリアを集中してタクシーを流します。そうすることで、いつも以上の売り上げを得ることができるのです。そのほかにも季節や時間帯、天候などによってどのエリアでタクシーを利用するお客さんが多くなるのかを分析する能力を、稼げるベテランドライバーは持っています。同じ場所を同じように流していたとしても同じような収入しか得ることはできません。

転職してすぐはなかなか把握するのは難しいかもしれませんが、意識しながら仕事することによってだんだんと人の流れは把握できるようになります。

営業スタイルを臨機応変に変える

タクシーでの営業スタイルには「付け待ち営業」「流し営業」「配車」の3つに分かれます。「付け待ち営業」というのは特定の場所に停車してタクシーを利用するお客さんを待つという営業スタイルで、「流し営業」というのは走りながらタクシーを利用するお客さんを探すという営業スタイルです。

最後の「配車」はお客さんからタクシーを利用したいという要望を受け、その場所へ行ってお客さんを乗せる営業スタイルとなります。稼げるベテランドライバーは付け待ち営業ばかりではなく、その時に応じて流し営業をし、タクシーを利用したいというお客さんを分け隔てなく乗せて売り上げを確保しています。せっかく乗せたお客さんがたったワンメーターしか利用しないとついがっかりしてしまいがちですが、そういった気持ちで乗せるのではなく「乗ってもらっただけで有難いという気持ちで、精一杯のサービスをするように心がけましょう。

もちろん付け待ち営業がダメだというわけではありません。駅やホテルなど、人が多い場所や帰宅時間のオフィスビル街などで付け待ちをすることで効率よく運賃を稼ぐことができます。

稼げるタクシードライバーの心得

そのほか、タクシードライバーとしての心得をベテランドライバーに学ぶことも高収入を得るための大きなポイントです。

例えばタクシーでお客さんを乗せているとチップを受け取ることがあります。チップは、おつりの小銭が多い際に受け取ることが多く、運賃が1,700円で、お客さんが2,000円支払った際に、おつりの300円をチップとして受け取るということがよくあるシチュエーションです。渡されたチップは基本的にすべてドライバーの取り分なので、チップをもらえるドライバーになれればほかのドライバーよりも多く稼ぐことができます。チップを受け取るためにはお客さんに気持ちよく乗車してもらえるよう、きめ細かなサービスを提供するようにするのがコツです。

また、稼げるベテランドライバーは長距離のお客さんばかりを狙うのではなく、近距離のお客さんでも利用したいという人は率先して乗車させます。全くお客さんが見つからない場合は、一度休憩してリフレッシュし、集中力を回復させたりしたりしますし、ベテランドライバーというのはそれぞれ自分だけの得意なエリアというのを持っていて、そこへ行ったりしています。できるだけ早く自分の得意エリアを作っておくのも、稼ぐための重要なポイントです。

常に意識して営業するのが稼ぐための近道

ただ何も考えず同じエリアを流していたのでは稼げるタクシードライバーになることはできません。

高収入のベテランドライバーはその時の天候や季節などに応じて走行するエリアを臨機応変に変えていますし、自分の得意なエリアというのをそれぞれ持っています。

またお客さんを選り好みせず、利用したいという要望があれば乗車させるというのも大切なポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内で転職したいタクシードライバーにおすすめ!タクシー会社ランキング・ベスト3

東京都内で転職したいタクシードライバーにおすすめ!タクシー会社ランキング・ベスト3

首都圏で働いているタクシードライバーの方には、もっと好条件の会社で勤務したいと思うこともあるでしょう。

また、東京以外の地域から都内に転職したいと思う方もいるでしょうし、他の職種からタクシードライバーに方向転換しようかと検討している方もいるかもしれません。

そんなときに役立つ、都内で転職したいタクシードライバーにおすすめのタクシー会社ベスト3を発表します。

働きやすさが業界トップクラスの国際自動車株式会社

国際自動車株式会社は、KM(Kokusai motorcars)グループとして自動車運動にまつわるあらゆるサービスを提供しています。その中の一つであるタクシー事業は、KMタクシーの名称でも知られています。ホスピタリティをモットーとしたタクシーサービスには、様々なオリジナルプランがあるのが特徴です。

例えば、所要時間や距離に関わらず羽田空港や成田空港に定額で送迎するサービス、緊急時にも便利な妊娠中の送迎サービス、細やかな移動が可能な東京観光タクシーなど、勤務するタクシードライバーにとっても得意分野のサービスを選べます。

国際自動車のタクシードライバーは、年収も社内制度も業界トップクラスの待遇です。お客様に喜びを与えることを第一としているため、研修制度も業界トップクラスの充実度。転職組も未経験組も、安心して働ける教育制度が整っています。全く異なる職種からタクシードライバーに転職して成功を実感している先輩ドライバーが多い理由は、豊富な教育ノウハウがあるからでしょう。

道を知らなくても稼げる方法、英語や中国語などの外国語を活かして働く方法、ペーパードライバーが運転上手になる方法など、国際自動車で働いてきた先輩達が数々のノウハウを作っています。

実は、入社する90%以上がタクシードライバー未経験からのスタートです。女性のドライバーも100名以上在職しており、遠方からの応募も歓迎しています。東京都内では、台東・羽田・三鷹・吉祥寺・板橋・東雲・世田谷・落合に営業所を設置している国際自動車。1年単位の変形労働時間制で、昼日勤・夜日勤・隔日勤と3種類の勤務時間の中から選択できます。

研修期間中にも給与が出るため、安心して入社できるでしょう。

高額給与保証が嬉しい大和自動車交通株式会社

国内大手タクシー会社のトップ4に数えられている大和自動車交通は、1945年創業の会社です。国際自動車と同じく歴史の長い会社だけに一流のサービスを提供する伝統が大事にされ、充実した研修制度が用意されています。研修制度の他、高額給与保証や福利厚生なども整っています。

遠方から都内に転居してくる人向けには、低額の家賃で利用できる上京者用の単身寮を用意。事業所内には清潔な仮眠室や大浴場があり、女性ドライバー向けにはセキュリティーが完備された女性専用ルームがあります。

各種制度の中でも好待遇なのが、給与保証です。タクシードライバー未経験者限定ですが、入社祝金や乗務開始後3ヶ月間の月給保証額には魅力を感じる人が多いでしょう。これから転職先を探している人にとって気が早い話かもしれませんが、大和自動車交通は業界でも珍しい退職金制度があるのも特徴です。また、東京トップ4とされる大手タクシー会社の中で唯一の上場企業という特徴も持っています。

会社としての信頼度が高いからこそ、別業種からチャレンジする人が多いのです。羽田・江東・王子・立川・保谷などに事業所を持つ大和自動車交通への転職は、希望する勤務地から検討してみるのもおすすめです。

業界最大手グループのアットホームな鳶交通

蔦交通は、1951年創業のタクシー会社です。歴史は古いものの、営業所は葛飾区金町1ヶ所のみ。にもかかわらず都内で働く人におすすめのベスト3として紹介したいのは、業界最大手と称される日本交通グループに属しているからです。売上高9年連続日本一を誇るグループの一員ですから、稼ぐためのフィールドが用意されているようなもの。

とはいえ、蔦交通自体はアットホームな会社です。90%以上という新人ドライバーの定着率からも、居心地の良さが窺えます。売上トップドライバーから直接ノウハウを伝授してもらえる機会が多く、雑談法・流し方レッスンなどすぐに役立つ技術が身に付きやすいです。

勤務体系は、メインとなる隔日勤務の他に日勤と夜勤が用意されています。隔日勤務の出勤時間は、朝の6・7・8時と午後2時というパターンです。個別のライフスタイルや稼げる時間に合わせて、勤務時間を選択できます。

実際、蔦交通で働き始めて家族と交流する時間が増えたと語っている先輩社員もいます。スピーディーかつスムーズに、仕事を始められるのもポイントです。普通1種免許しか持っていないという人は、最短8日間で2種免許を取得可能です。合格率は、100%。普通2種免許を持っている人なら、最短10日間の研修で乗務員デビューできます。

都内で満足できるタクシー会社に転職するには

東京都内での転職におすすめのタクシー会社ベスト3、参考になりましたでしょうか?
納得のいく仕事に就くには、好条件の待遇が用意され、なおかつ先輩社員から評価の高い会社を選ぶことが大切です。タクシードライバーになって成功したと実感できるように、じっくりとタクシー会社を検討する情報源として役立ててください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーに転職したい!東京都で後悔しない転職をするなら会社選びが重要

タクシードライバーに転職したい!東京都で後悔しない転職をするなら会社選びが重要

中には、今の仕事を辞めてタクシードライバーに転職したいと考えている人もいるでしょう。しかし、何も考えずに転職先を選んでしまうと後悔してしまう可能性が高くなります。

この記事では、東京都でタクシードライバーに転職したい人に向けて、失敗や後悔をしてしまう原因や転職する際の会社選びなどについて解説していきます。

タクシードライバーに転職して感じる後悔1「思ったように稼げない」

タクシードライバーに転職して後悔してしまうポイントとして挙げられるのが、思ったように稼げないことです。タクシー業界は一般的に固定給ではなく、歩合給で稼ぐ仕事だと言われています。

つまり、売上が上がれば上がるほど月の給料も増えていくということです。しかし、売上を上げることができなければ思ったように稼げず、給料が少なくなってしまう場合もあります。タクシーに乗ってくれる人が見つからなければ、給料の大部分は固定給ということになるでしょう。

タクシードライバーとしてのノウハウがなければ、うまくお客さんを捕まえられないことも多いです。歩合給が積み重ならないと、前職よりも給料が安くて生活が厳しくなることも考えられます。

夜勤をしないと稼ぎにくいのも後悔しやすいポイントです。タクシーは夜間や終電の時間が過ぎた時間帯に需要が高まります。また、夜間になれば割増料金が発生します。そのため、夜勤をすることで効率的に稼ぐことができます。逆の見方をすれば、夜勤をしないとなかなか稼ぎにくいと言えるでしょう。

昼に稼ぎたいと思っても東京は鉄道網が発達しているため、割高なタクシーはあまり利用されません。夜に働くのが辛い人にとっては、苦痛を感じてしまうケースも多いようです。

タクシードライバーに転職して感じる後悔2「長時間の勤務になりがち」

タクシードライバーは長時間勤務になることも珍しくありません。中には18~20時間程度の連続勤務が入る場合もあります。もちろん、連続勤務の場合には数回の休憩時間が設けられますが、慣れない間は休憩があったとしても辛く感じてしまうでしょう。

また、お客さんを乗せて走るという性質上、神経を使って運転することになります。そのため、タクシードライバーにまだ慣れていない時期は8時間程度の勤務でも疲れを感じやすいようです。

勤務時間が不規則であることから、睡眠不足になりがちなのも気になる点でしょう。夜勤をする回数が増えたり、連続勤務が増えたりすれば売上は増えますが、睡眠時間が思ったように取れなくなります。連続勤務の場合には昼時や深夜を迎える前に仮眠を取ることにはなりますが、しっかりと眠ることは難しいでしょう。

夜勤の場合には昼夜逆転の生活になりますから、慣れるまでは睡眠不足に悩まされる人も多いです。質の高い睡眠が取れないことによって、疲れが抜けにくいといった弊害もあります。

他にも、タクシードライバーは勤務時間のほとんどを座って過ごします。同じ姿勢が長時間続くので、腰痛や肩こりを発症してしまうケースも珍しくありません。

大手タクシー会社を選ぶ

タクシードライバーに転職して後悔しないためには、会社選びが重要になります。稼ぎやすい環境で働きたいと思うのなら、大手のタクシー会社を選ぶと良いでしょう。効率よく稼ぐためには、多くのお客さんを乗せなければいけません。大手タクシー会社は単価の高いお客さんを捕まえるための対策を取っているため、効率良く稼ぐことが可能です。

まず、大手のタクシー会社はタクシーチケットを発行しています。都内には大手タクシー会社と業務契約を結び、役員や社員などのタクシーチケットを配布している企業も多いです。そのため、タクシーチケットを保有している人は大手タクシー会社を選んで利用することが多くなります。タクシーチケットを利用する人は長距離の移動に使うことも多いので客単価が上がり、効率よく売上をアップさせることが可能です。

専用の乗り場があることもポイントの一つです。大手タクシー会社は都内に専用のタクシー乗り場を保有しています。人が多く乗る場所に設けられているので時間帯にもよりますが、待っているだけでお客さんを捕まえられることも少なくありません。そのため、タクシードライバーに転職したてでもある程度稼ぐことができるような仕組みになっています。

また、空港やホテルといった長距離移動をする人が多い場所にも専用の乗り場があるので、長距離移動のお客さんを捕まえやすいこともメリットでしょう。

待遇面や設備がしっかりしている会社を選ぶ

待遇面を確認することも大事です。例えば、二種免許取得制度あり、研修制度がしっかりしているなどが判断基準になります。タクシードライバーになるためには二種免許が必要になります。二種免許取得制度ありの会社なら、会社が費用を立て替えて提携の教習所で取得することが可能です。

夜勤が辛い場合には、日勤と夜勤で分かれている会社を探すのも良いでしょう。中には、日勤のみも勤務可といった求人もありますから、自分のライフスタイルなどに合わせて探してみるのも1つの方法です。

設備面もしっかりとチェックすることが大切です。タクシードライバーは長時間勤務になることも多いため、仮眠室などの設備が整っていた方が働きやすくなります。また、早朝に帰社することも少なくありませんから、勤務先近くに寮があると出社時や帰宅時に便利です。

車両設備についても確認しておくと安心でしょう。カーナビ全車搭載の会社なら、未経験からの転職でも地理の面での不安が減らせます。

良いタクシー会社を見つけて、後悔の少ない転職を!

タクシードライバーはうまくいけば収入を増やすことができる職業です。しかし、お客さんを捕まえられなければ売上はアップしません。また、不規則な勤務や夜勤なども多くなります。

後悔しない転職をするためには、タクシー会社選びが重要です。しっかり稼げるシステムが整っているか、待遇や設備に力を入れているかどうかなど、自分が重視するポイントをチェックして選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京のタクシードライバーの平均年収や給料・稼ぐためのコツとは?

東京のタクシードライバーの平均年収や給料・稼ぐためのコツとは?

タクシードライバーは、数ある仕事のなかでも特に自分のペースで働ける、自由度の高い職業です。1人でいる時間が長く、お客さんと接することはあってもその場かぎりの関係であるため、精神的にも楽であるという声もあります。

では、タクシードライバーはいったいどのくらいの給料をもらっているのでしょうか。
ここでは、タクシードライバーの平均年収や、タクシードライバーとして稼ぐためのコツについて解説します。

タクシードライバーの平均年収はいくらなのか

タクシードライバーの平均年収は、約300万円といわれています。といっても、この金額は全国的に見た場合の平均であるため、地域によって変わってくるでしょう。

たとえば、東京の都内であればタクシーの利用者も多いため、この金額より高くなる傾向にあるようです。逆に、人があまりいないような地域では、これより低くなります。また、タクシードライバー個人によっても変わってくるでしょう。

売上があると、その50~60%ほどがタクシードライバーの取り分となり、残りは会社の売上となるのです。

タクシードライバーの年収といえば「低い」「高い」というイメージが両極端に存在しています。このようなイメージがつくのは、タクシードライバー個人の工夫や努力によって、もらえる給料の金額が大きく変わってくるからでしょう。

実は、タクシードライバーは他の仕事と比べても、個人によって年収の差が大きく出る職業なのです。
これは、自分次第ではたくさん稼ぐことができるとも言えます。

タクシードライバーが稼ぐコツ

タクシードライバーの給料は、ほとんどの場合「歩合制」となっています。なかには固定給の会社もありますが、全体としては少ないでしょう。

歩合制で稼ぐには、タクシードライバーがそれぞれに努力や工夫をすることが重要になってきます。会社に何かしてもらうのを待つのではなく、自分から動いていく必要があるのです。「どのようにすれば稼げるのか」ということを常日頃考えることが大切でしょう。

その際には、待機する場所を工夫するのがたくさん稼ぐためのコツです。これまで待機していた場所であまり稼げないのであれば、人通りが多い場所に変えてみましょう。

また、お客さんが利用しやすい場所であることもポイントです。そのためにも、日頃から周囲を観察しておくといいでしょう。

タクシードライバーとして稼ぐためには、知恵を絞ることが重要です。なかには単純に勤務日数や時間を増やして稼いでいる人もいます。それも、その人が工夫した結果と言えるでしょう。

稼げるタクシードライバーは何をしているか

タクシードライバーがもらえる取り分の割合は、ほとんどの場合は会社で決まっているものなので、自分で変えることはできません。たくさん稼ぐためには売上を伸ばす必要があり、そのために稼げるタクシードライバーはさまざまな工夫をしているのです。

それは1日の勤務がスタートするところから始まっており、その日どのように動くかをしっかりとシミュレーションします。
そして、どのように車を移動させ、どこで待機するかを計算しながら動いていくのです。

お客さんがタクシーを拾いやすい場所で待つことはもちろん、ニーズがありそうなタイミングを見逃さずに動きます。

また、そのエリアのお客さんはどのような人が多いのかということまでしっかりと把握しているのです。
たとえば、コンサートなど何か大きなイベントがあるときには、タクシーを利用する人が多くなります。

稼げるタクシードライバーは、そのような情報を事前にしっかりとキャッチして、タイミングよくお客さんの前に現れるのです。

こうした努力や工夫をしっかりとできているのが、年収の高いタクシードライバーの特徴と言えます。

もちろん、こうした判断ができるのは「長い経験があるからだ」とも言えるでしょう。しかし、たとえ経験が浅くても、努力でカバーできる部分はあるのです。

タクシードライバーになるメリット

タクシードライバーになるメリットは、まず「ややこしい職場の人間関係から解放される」ことが挙げられます。タクシードライバーは基本的に1人で仕事をするため、職場の人間同士でやりとりすることがないのです。

そのため、人間関係で悩むこともほとんどなくなります。人との関係性で悩みやすい人には、ぴったりの仕事でしょう。

また、すぐ近くに上司がいるわけではないので、気楽に働けると感じる人も多いようです。もちろん、最初のうちは先輩と一緒に行動することになりますが、研修が終われば完全に1人となります。

また「労働時間が短い」のもメリットでしょう。タクシードライバーは、基本的に24時間勤務となります。そう聞くとあまりイメージできないかもしれませんが、実際の労働時間はそれより短いのです。

そのなかには休憩時間が3時間含まれており、お客さんを乗せていない間にも休憩をすることができます。また、人によっては仮眠をとるという人もいるのです。24時間勤務と聞くと「長い」と感じてしまいがちですが、24時間ずっと働くというわけではありません。

効率よく働いてたくさん稼ぐためにも、こうした休憩時間をしっかり取ることは重要だと考えられています。また、月の出勤日数で言うと11~13日という場合が多く、他の仕事と比べても少なくなっているのです。

それから「収入が増える」のもメリットといわれています。一般的に、毎月の給料はそれほど大きく変わりません。インセンティブや残業がある場合は別ですが、そうでなければほぼ同じような金額になってくるでしょう。

しかし、タクシードライバーであれば自分のがんばり次第で翌月の給料が大きく上がる可能性があるのです。自分で努力や工夫をしていける人は、年収が上がる可能性がぐっと高くなるでしょう。

タクシードライバーはがんばり次第で稼ぐことのできる仕事

タクシードライバーは、自分の努力や工夫しだいでたくさん稼げる可能性のある仕事です。しかし、地域によって年収に差があったり、会社によって取り分の割合が違ったりするので、注意が必要です。

タクシードライバーは決められたルールのない自由度が高い仕事なので、向上心を持って仕事に取り組むことで、年収アップの可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京でタクシードライバーに転職するうえでよく噂される不安や心配は問題ない?

東京でタクシードライバーに転職するうえでよく噂される不安や心配は問題ない?

タクシー業界にも高齢化の波は押し寄せており、ドライバーの数は不足気味です。
特に東京は人口が多い都市なのでタクシーを利用する人の数も多く、ドライバー不足は大きな問題になっています。

しかし、これからタクシードライバーとして働くうえで「年収」や「就労環境」などは、ほとんどの人が気になるのではないでしょうか。

そこで、東京でタクシードライバーに転職する人が感じやすい不安や心配と対策について紹介します。

東京のタクシードライバーの平均年収はどれぐらい?

ほとんどの人が転職にあたって気にする項目が「平均年収」でしょう。

結論から言うと、東京のタクシードライバーの平均年収は400~500万円程度です。この金額が多いかどうかについては前職の年収にもよるので人それぞれですが、1つだけ言えるのは400~500万円程度という平均年収は比較的高いほうだということです。

東京のタクシードライバーの平均年収は、そのほかの都市よりも1~2割程度高いといわれています。

たとえば、西日本の中心都市である大阪で働いているタクシードライバーの平均年収は400万円弱だといわれているのです。一般的にタクシードライバーの平均年収は人口の少ない地域に行くほど安くなる傾向にあるので、地方都市はさらに少ない可能性があります。

その点を考えると、平均年収400~500万円程度は恵まれていると言えるでしょう。

また、平均年収はあくまで平均値でしかありません。タクシードライバーになりたての人も含まれていて、平均年収を押し下げています。

タクシードライバーの収入は一般的に「基本給+歩合給」になっているため、働けば働くほど年収アップも期待できます。

実際に東京で働くタクシードライバーのなかには年収1000万円を超える人もいるのです。
がんばっただけ年収が増えるというのは、年功序列型のサラリーマンでは味わえないやりがいのある職場だと言えます。

勤務体系はドライバーの事情に合わせてくれることも

タクシードライバーの就業環境をよく知らない人のなかには「勤務時間が不規則になって体調管理が大変そう」だと思っている人もいるでしょう。

しかし、実際にはそれほど不規則な就業体系ではありません。就業体系は勤務する会社によって異なりますが、一般的に早朝に出勤してそのまま夜勤をこなし、翌日の朝に帰宅するパターンがほとんどです。

そして、その日と翌日が休みとなって、また出勤というサイクルを繰り返します。おおよそ1日半の出勤と休みを交互に繰り返すイメージです。

このような勤務体系でも平均年収ぐらいは稼げますし、乗客が見つかりやすいエリアを知っているベテランであれば月収60万円近く稼ぐ人も珍しくありません。

また、タクシー会社によってはドライバーを確保するために、複数の就業体系を用意しているケースもあります。
たとえば、子どものいる世帯向けに「昼勤のみ」、稼ぎを多くしたい人のために「夜勤がメイン」といった具合です。

2019年時点ではタクシードライバーの需要が高い、いわゆる売り手市場になっています。

そのため、ドライバーの事情やプライベートに配慮してくれる可能性は高いので、できるだけ交渉してみるとよいでしょう。

二種免許や地理試験は難しい?

タクシードライバーになるには、二種免許を取得しなければいけません。まだ試験を受けていない人のなかには、どの程度難しいか不安を抱えている人もいるでしょう。

二種免許を取得するための流れは、一種免許を取得したときと基本的には同じです。筆記試験を合格したあとで、実技試験に臨みます。実技試験は緊張するかもしれませんが、慎重に運転すれば合格することは難しくありません。平常心を保って試験に挑むことが大切です。

また、面接時点では二種免許を取得していなくても、タクシー会社に採用してもらえるケースも多いです。その場合は、採用後に二種免許を取得することが求められますが、費用はタクシー会社が支払ってくれることもあります。求人情報をよく確認して応募しましょう。

そのほかにも、タクシードライバーになるには、タクシー会社が実施する地理試験に合格しなければいけないケースもあります。

ほとんどのタクシーにはカーナビが付いているでしょうが、運転するエリアの地理をそれなりに覚えておかないと目的地を入力できないケースもあるからです。

採用されたタクシー会社が主に活動するエリアに土地勘のない人には少し難しいかもしれませんが、暗記科目なのでがんばって覚えるしかありません。
転職するタクシー会社のエリアについては、ある程度勉強しておきましょう。

タクシー会社によって万が一のときの保障は異なるのでチェックしておこう

タクシードライバーは長時間自動車を運転しなければいけないので、交通事故のリスクは高くなります。
特に東京のような大都市では車の交通量も多く、車線の数もたくさんあるので地方都市と比べると注意しなければいけないポイントも多いです。

しかし、実際に交通事故を起こしているのはタクシーばかりではありません。大切なのは、体調を管理してスッキリした状態で運転することです。
不健康な生活をして、寝不足や頭がぼーっとしているような状態で運転すると交通事故のリスクが高まるので避けましょう。業務の合間に適度に休憩を取る柔軟さも大切です。

また、特に高齢ドライバーに多い事故例としては、突発的な発作によって意識障害を起こし、交通事故を起こすケースが挙げられます。日頃の健康診断を怠ることなく受けて、もしも問題があるようだったら医師や勤務先の上司に相談しながら業務を続けることが重要です。

そのほかにも、勤務先によって万が一のときの保険の加入有無や保障内容は違います。給与や勤務体系とともに、求人情報をチェックするときは確認しておくとよいでしょう。

条件のよいタクシー会社を探して応募しよう

タクシードライバーは、自分の努力や工夫しだいでたくさん稼げる可能性のある仕事です。

しかし、地域によって年収に差があったり、会社によって取り分の割合が違ったりするので、注意が必要です。

タクシードライバーは決められたルールのない自由度が高い仕事なので、向上心を持って仕事に取り組むことで、年収アップの可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未経験だけど大丈夫?東京都内でタクシー乗務員に転職して成功する方法とは

未経験だけど大丈夫?東京都内でタクシー乗務員に転職して成功する方法とは

転職を決めたときはどんな職種であっても、成功するかどうかの不安が伴います。しかも、それが未経験の職種であればなおさらです。
未経験の人がタクシー乗務員に転職しようとするときも然り、本当にタクシー乗務員として成功するのか不安になるでしょう。

今回は、未経験でも東京都内でタクシー乗務員に転職して、成功する方法を紹介します。

東京都内でタクシー乗務員になるには

未経験者の人が転職して東京都内でタクシー乗務員になるには、まず普通自動車第二種免許が必要です。
これは一般の人が車の運転をするために持つ第一種免許とは違い、乗客(旅客)を運ぶために必要な免許となります。

タクシーのほかにバス、ハイヤー、民間救急車などの車を運転するために必要な免許です。

もう1つ、東京都内の特に東京都23区と三鷹市、武蔵野市の地域でタクシー乗務員として働くためには「タクシーセンター」と呼ばれる場所で講習を受けて、地理試験に合格する必要があります。
試験の内容は都内の道路の名前や地名、有名な建造物の名前などが出題されます。

講習は4日間あり、その3日目の地理試験に合格しなければなりません。

講習に対して何も対策をしていない場合は、2日間で営業エリア内に幹線道路の名前や交差点の名前、駅や有名な施設をすべて頭に叩き込まなければならないのです。

また、ある地点から目的地までに向かう最短の道のりや、その道のりの走行距離、タクシー料金、所要時間が出題されることがあります。
この地理試験の合格率は40%から50%で難しい試験となっており、何度も試験を受けたり、何度受けても受からないので地理試験の無い地域に行ってしまったりする人もいるのです。

こうして見ると東京都内でタクシー乗務員になるのは大変だと思われがちですが、ほとんどのタクシー会社で、採用されると二種免許も取らせてもらえますし、地理試験に関しても地理試験専門のスタッフがいる会社も多くあります。

また、それぞれの会社が独自の対策をして、全面的に研修生をサポートしてくれています。

タクシー乗務員として成功するには良い会社を選ぼう!

東京都内で未経験者がタクシー乗務員として成功するためには、良いタクシーが会社を選ぶことが必須となります。
まずは、やはり二種免許費用を負担してくれる会社を選ぶと良いでしょう。

しかし、免許費用を負担してくれる会社は1年から2年程度は会社を退職してはいけないというルールがあるので気を付けましょう。
万が一その期間に退職した場合は、ほとんどが二種免許取得時の費用の返却を求めてきます。

次に、タクシー乗務員の給与形態はほとんどが歩合制となりますので、未経験者だと不安になりがちです。
一定期間の給料が保障されている会社を選びましょう。

そして、車両設備や会社自体の設備が整っていることも重要となります。
未経験者の場合は試験には合格したものの地理に不安が残りやすいため、全車両にカーナビが搭載されていると安心です。

また、ETCやクレジットカード決済機能が付いていると、カードだけしか持っていない客や長距離で料金が高額となる客の対応も可能となります。会社自体の設備は、会社に仮眠室やシャワー室などが付いていると働きやすいです。

女性のタクシー乗務員のための専用施設もあると、福利厚生について前向きな会社であることの目安になります。

成功には無理のない勤務形態で働くことが不可欠!

タクシー乗務員の勤務形態は大きく3つに分かれます。
日勤と夜勤、そしてタクシー乗務特有の1日に19時間から21時間ほど働いて1日休むという隔日日勤です。
タクシー乗務員の経験のない人が、乗務員として成功するためには無理のない勤務形態で働くことが大切となります。

たとえば、タクシー乗務員に転職する前の仕事が1日8時間の日勤の場合、転職したあとに急に隔日日勤での勤務になると体への負担が大きいです。タクシー乗務員はずっと1人で運転し、さまざまな人を相手にする仕事ですのでストレスも溜まります。

それに加えて、今までに経験のない夜勤や隔日日勤での勤務が続くと体調を崩しかねません。体を壊してしまっては、タクシー乗務員としての成功以前の問題となってしまいます。

タクシー乗務員の経験のない人は、自分の体に合った勤務形態で働きましょう。

安全運転とサービス精神を忘れないことが成功への秘訣!

タクシー乗務員として働くにあたり、成功の基本的な秘訣は安全運転になります。
事故を起こしても補償してくれる会社もありますが、将来的にタクシー乗務員から個人タクシーやハイヤー、黒タクシーの運転手になることを考えている人にとって、無事故無違反は重要です。

また、事故を起こすと会社からの信用もなくなり、無線配車での仕事が回ってこなくなるおそれも。始めのうちは客を探すことに集中しすぎて運転に身が入らなくなりがちですので、気を引き締めて運転しましょう。

また、タクシー乗務員としてのサービス精神が成功の元になります。その基本が挨拶です。

多くのタクシーにはアンケート用紙が設置されています。客に対して挨拶が疎かになったり、愛想がない態度をしたりするとアンケートに書かれてしまい会社からの信用がなくなるおそれがあります。
タクシー乗務員の仕事はただの運送業ではなく、客に癒しを与えるサービス業であることも忘れてはいけません。

未経験で成功するには向上心を常に持とう!

タクシー乗務員に限ったことではなく、未経験で始める仕事で成功するには常に向上心を持ち続けることが大切です。
タクシー乗務員は一見、車を運転して客を目的地まで運ぶだけの仕事だと思われがちですが、そうではありません。
客に心地よい空間と、安らぎのひとときを与えながら目的地まで運ぶという仕事です。

未経験の仕事は始めから上手くいかないものですが、常に向上心を持ってコツコツとがんばることが成功につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未経験からタクシードライバーに!タクシー業界への転職で失敗しない方法

未経験からタクシードライバーに!タクシー業界への転職で失敗しない方法

タクシードライバーは年齢に関係なくできる仕事なので、未経験でも転職先として適しています。
ただし、タクシー業界には求人が多いので、ライバルよりに採用過程で印象を残さなくてはいけません。
確実に転職できるよう、準備は入念に行いましょう。

この記事では、タクシー業界への転職を心配しない方法について解説します。

転職の山場は面接!志望動機や身だしなみに気をつけよう

タクシー業界への転職では、書類審査を経て面接が行われます。
面接は企業側に直接自己PRをできるチャンスです。

逆を言えば、面接の印象が悪いと落とされる可能性が高くなります。
企業が求める理想象を意識しながら、自分の長所を伝えましょう。

まず「志望動機」を明確にしておくのは大前提です。なぜタクシードライバーになりたいのか、はっきりと理由を説明します。
「免許があるから」「給料がいいから」程度では、志望動機として弱いと言えます。
「車の運転が好きで、やりがいを持って働けるから」などと、やる気を押し出しましょう。

また、面接では身だしなみも重要です。
なぜなら、タクシードライバーは大枠で「接客業」にあたる職種だからです。

乗客に不快な思いをさせるような人間を企業は雇ってくれません。
服装や髪型から漂う第一印象はとても大切です。シャツやネクタイにはアイロンをかけ、靴は磨いておくなど清潔感を意識しましょう。
基本ながら、散髪に行ったり髭を剃ったりするのも必須です。

タクシー業界に入社してから後悔しないために!社風を見極めよう

転職者にとって、タクシードライバーにさえなれればなんでもいいというわけではありません。
タクシー業界にはさまざまな会社があります。

自分に合った職場を選ばないと、入社後に後悔してしまうでしょう。
ありがちな失敗が「社内での孤立」です。

タクシードライバーは大半の時間を個人で過ごしているため、団結力が希薄になることも少なくありません。
新人を気づかうシステムのない会社に入ると、仕事を覚えるまでに苦労します。ま
た、人間関係の悩みも出てくるでしょう。

人あたりの厳しい先輩社員がいるような会社では、出勤するだけでストレスを抱えなくてはいけません。
こうした職場を避けるためには、企業研究を欠かさないことです。
単なる印象や給与面だけで志望先を決めず、口コミなどの評判もチェックしましょう。

また、説明会や面談で事務所を訪れる際には、社風を体感するチャンスです。
面接官の人間性、事務所の雰囲気などを観察して「やっていけるかどうか」を判断します。
面接とは、自分が会社を選ぶ場でもあるのです。

本当に稼げる?勤務地や認知度を確認しよう

タクシードライバーの多くは歩合制で働いています。
多くの乗客に出会えるほど給料に換算されるシステムなので、努力次第で高収入も夢ではありません。

ただし、応募要項ではどのタクシー会社もプラスの側面ばかりアピールしているので注意しましょう。
実際に稼げるかどうかは、本人の実力以外でも「勤務地」や「認知度」に左右されるからです。

どんなにやる気があるドライバーでも、人気のない地域に配属されたのなら乗客を見つけられません。

たとえば関西エリアであれば、梅田、難波、京都市内といった繁華街で働きたいところです。
そのほか、終電を逃した会社員を見つけやすい、深夜帯の駅周辺なども稼げる場所です。

どんなところに配属されるのかは、面接の段階で確認しておきましょう。
次に、タクシー会社は乗客から呼び出しを受けることでも利益を上げられます。

しかし、そもそも会社の名前が浸透していないと呼び出してもらえません。
大企業に就職することがすべてではないものの、ある程度は地域に密着している会社を選びましょう。

適性を自覚していれば転職で失敗する可能性も減る

そもそも、自分にタクシードライバーの適性があるかどうかもポイントです。適性に低い職業に転職してしまうと、思うような成果を出せません。

歩合制の世界では収入も減り、生活が苦しくなることもありえます。応募要項の甘い文言を信用しすぎず、冷静に自分の性格やスキルを分析しましょう。

たとえば、タクシードライバーとして成功するには「コミュニケーション能力」が不可欠です。いろいろなタイプの乗客とストレスなく話せると、仕事が苦痛でなくなりモチベーションも高まるでしょう。

次に「根気」も大事です。短期間で効率的に稼ぎたいタイプはタクシードライバーに向きません。

長時間にわたって集中を保ち、乗客を求めて運転できる人は収入を増やせます。

そして「自己管理」も重要でしょう。タクシードライバーは基本的に1人で働く仕事です。

自分で自分のスケジュールを決め、業務に取り組まなければなりません。時には、自分に厳しくできないとタクシードライバーとして成功は難しいでしょう。

タクシードライバーに転職するならシミュレーションが大切!

転職に失敗しないためには、将来のシミュレーションが重要です。その業界でがんばれるイメージを持てるかどうかを考え、自分の適性と向き合いましょう。タクシードライバーであれば、根気強く自分に厳しい人が向いていると言えます。

そのうえで、志望先をしっかり研究するなどして入社後に後悔がないよう転職活動に励みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京でタクシードライバーとして転職したい!失敗しないための秘訣とは?

東京でタクシードライバーとして転職したい!失敗しないための秘訣とは?

終身雇用へのこだわりが薄らいだいま、いろいろな可能性が広がってきました。
そのため、車やコミュニケーションが好きな人にとって、タクシードライバーは適職のひとつと言えるでしょう。

タクシードライバーとして働くには、失敗しないための秘訣を知ることが大切です。
また、その土地ならではの特徴を知る必要があります。

ここでは、東京でタクシードライバーとして働きたい人に役立つ情報をまとめました。

資格取得のサポートが受けられること

これまでタクシードライバーとして働いてきた人は、スムーズな転職が可能なことが大きな強みです。
一方、タクシードライバー未経験の人がタクシードライバーになるには、資格の取得から始める必要があります。

その一つ「二種免許」(第二種運転免許)の取得は避けられません。
二種免許を取るためには、一種免許を取得後3年以上経っていることが条件になります。

つまり、普通自動車の免許証を満18歳で取得した場合、最低でも満21歳まで待つ必要があるのです。
もちろん、そのあいだに免許停止期間があると、二種免許取得の機会が遅くなります。

また、東京・大阪・神奈川エリアで営業するタクシー会社で働く場合、「地理試験」の合格が必須になることもあります。
東京の場合は、23区・三鷹市・武蔵野市が地理試験の対象エリアです。

そのため、上京してタクシードライバーとして働くときは、タクシー会社の営業場所を考慮するとよいかもしれません。
地理試験なしで働けるタクシー会社のなかから仕事先を探すと、よりスムーズに仕事が始められるからです。

なお、タクシー会社の求人情報を収集するときは、二種免許や地理試験取得に必要なサポートが受けられるところを条件に入れましょう。
研修制度の充実はもちろん、二種免許取得まで日給がもらえる会社に就職できると安心ではないでしょうか。

地域の事情を把握できること

タクシードライバーとして働くためには、その地域の事情を把握することが大切です。
タクシー会社があるエリアの地理に明るいことは言うまでもないでしょう。

また、お客様から遠方までの移動を頼まれることもでてくるため、各方面の最適なルートの把握も欠かせません。
通行止めの場所や、道路が渋滞する時間帯などの情報に触れることで、お客様のスムーズな移動にもつながります。

最寄り駅や病院など、生活圏にある施設の場所も知っておきましょう。
タクシーの利用客には地域の高齢者や子ども連れの人など、いろいろな人がいます。

また、観光客を乗せることもあるかもしれません。
もし、お客様から観光名所やグルメ店などを聞かれたときは、しっかり答えられることが大切です。

東京は、ほかの地域に比べて交通量の多いことが大きな特徴です。
また、複数の車線があり、車線変更に大変な思いをするかもしれません。

テレビニュースなどで都内の道路が映し出されることもあるため、交通事情をイメージできるのではないでしょうか。
そのようななかで、目的地までスムーズに行けるためにも、日頃からルート確認を徹底しておきましょう。

体調管理ができること

どのような仕事をするにも体調管理は大きな課題になります。
体調がよくないと仕事でミスをしてしまい、取引先に迷惑を掛けることも少なくないからです。

もちろん、職場の先輩や同僚への影響も避けられません。また、体を使って仕事をする人は、常に危険と隣り合わせです。
お客様を乗せて走るタクシードライバーは、より重責を担うことを知っておきましょう。

お客様に快適な場を提供するには、接客マナーを心得るのは言うまでもありません。
目的地まで運転してお金をもらうだけでなく、お客様を笑顔にすることが大事なのです。

このような理由から、タクシードライバーにはコミュニケーション好きの人が向いているでしょう。
しかし、いくら話好きの人でも体調が悪いと会話が苦痛になります。
また、運転に集中できないため、事故を起こすリスクも高くなってきます。

タクシードライバーには夜勤もあるため、勤務時間が不規則になりがちです。
そのようななかで、常にベストな状態で仕事をする必要性がでてきます。

心身ともに余裕を持ってハンドルを握ることで、お客様を事故から守ることにもつながります。
そのためには、体調管理に徹することがタクシードライバーに課せられた条件です。
これは、東京に限らず、どこで働く場合にも通じるのではないでしょうか。

無理なく生活できること

転職先によっては引越しや単身赴任が必要なケースもでてきます。
タクシードライバーも例外ではありません。

東京でタクシードライバーとして働く場合、自宅から職場まで近い人は通勤することも可能です。
しかし、通勤による体力の消耗を避けるためには近場へ引っ越したほうがよいでしょう。

ただし、東京は家賃が高いことを考える必要があります。
独身者はワンルームマンションから探せますが、同じ条件の物件でも地方都市よりは高くなります。

東京で無理なく生活するには、少しでも給与のよいタクシー会社を探しましょう。
タクシー業界は歩合制のところが少なくありません。
つまり、営業成績が収入に直結するのです。

もし、仕事で伸び悩む時期が続くと、生活への支障は避けられません。
そうならないためにも、給与保証のあるタクシー会社に就職すると安心です。

なお、タクシードライバーの求人を探すときは、会社情報をきちんと確認することが転職に失敗しないための秘訣です。
そのためには、タクシー会社の求人を扱うサイトの利用も検討しましょう。

東京ならではの事情を把握しよう

タクシードライバーとして東京で働くためには、東京ならではの事情を把握することが大切です。
たとえば、交通量の多さや家賃の高さは、東京にみられる大きな特徴と言えるでしょう。
また、タクシードライバーならではの注意点も見逃せません。

タクシードライバーとしての転職に失敗しないためにも、ここで紹介した秘訣について確認をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内でタクシー乗務員に転職するなら家賃補助の出る会社がおすすめ!

taxidriver_tensyoku_yachinhojo

タクシー乗務員は、転職して東京で新しい仕事を見つけたい人におすすめの職業です。
タクシー乗務員というと「仕事が大変そう」「福利厚生がちゃんとしているか心配」と思う人もいるかもしれません。
しかし、多くのタクシー会社は安心して働ける制度が整っています。

タクシー乗務員の働き方

多くの人がタクシーを利用したことがあると思いますが、タクシー乗務員の勤務体系についてご存知でしょうか?日勤のみ、夜勤のみという働き方もありますが、一般的には朝から深夜まで休憩をはさみながら働き、その翌日は一日休むという隔日勤務が多いです。一日の労働時間は長いですが、次の日は必ず休みになるため、月の半分は休むことができます。そのため、プライベートを充実させることも可能です。隔日勤務のリズムに慣れるまでは少し大変かもしれませんが、慣れてしまえば規則的な生活リズムをキープでき、健康管理もしやすいでしょう。

タクシー乗務員として働く上で大切なのは、運転技術とホスピタリティです。とはいっても、転職時に特別なスキルを持っている必要はありません。旅客運送に必要な第二種自動車免許は入社後に取得すればOKで、普通自動車免許を取得してから3年以上経っていればタクシー乗務員に応募することができます。ほとんどはAT車なので、AT限定でも問題ありません。また、ホスピタリティに関しても、接客の経験は必須ではありません。入社後の研修にて接客サービスの心得を学ぶことが可能です。

東京でタクシー乗務員として働くメリット

東京で働くタクシー乗務員は、地方のタクシー乗務員と比較すると稼ぎやすいと言えるでしょう。なぜなら東京は人口がとても多く、タクシーの利用者数が地方より格段に多いからです。特に金曜日の夜や土日・祝日は、飲み会で終電をなくした人たちや遊びに出かけていた人たちが帰りにタクシーをよく利用しています。さらに、近年は海外からの観光客が増えており、さまざまな観光地へのアクセスにタクシーが利用されています。都心では地方よりも車の所有率が低いのも、タクシーの利用者が多い理由のひとつでしょう。

また、東京都23区、武蔵野市、三鷹市のタクシーは2017年1月に初乗り運賃の見直しを行っています。それまでは初乗り2キロで730円でしたが、見直しによって1.052キロで410円になりました。これは、短い距離の「ちょい乗り」でもタクシーを気軽に利用してもらえるようにと講じられた施策です。このように、東京は地方よりタクシーの利用者が多い上に、さらに利用者を増やすための施策も講じています。東京でタクシー乗務員として働けば、安定して多くのお客様を乗せることを期待でき、集中して稼ぐことができるでしょう。

地方から出てきても家賃補助があれば安心

地方から東京に出てきて生活する上で一番の懸念事項は、東京の家賃の高さではないでしょうか。都心は地方に比べて地価が高く、ワンルームでも家賃が10万円を超えるところもあります。いくら東京のタクシー乗務員が稼ぎやすいといっても、稼いだお金が毎月の家賃に消えてしまっては意味がありません。そこでおすすめするのが、家賃補助制度を導入している会社への就職です。現在、多くのタクシー会社で家賃補助制度が導入されています。補助金額は会社によって異なりますが、例えば業界No.1と言われる会社では、年間24万円の家賃補助があるのです。手厚い家賃補助を受けられれば、都内の家賃が高くても安心して生活することができるでしょう。家賃が節約できた分、将来に向けて貯金することもできますし、趣味や旅行などにお金を使うこともできます。

また、家賃補助以外にも、独身寮を完備している会社もあります。独身寮の場合、自分で間取りを選んだり住むエリアを選んだりする自由はありませんが、その分家賃をかなり安く抑えることができるのが魅力と言えます。まだ同居者がいない場合は、独身寮を活用するのもよいでしょう。

未経験者でも安心して働ける仕事

タクシー乗務員は、未経験者でも安心して働ける仕事です。多くの会社は、普通自動車免許さえ持っていれば就職でき、第二種自動車免許については入社後に会社側で費用を負担して取得を支援する仕組みが整っています。自動車教習所の受講費用は高額なので、会社が負担してくれるのはとても助かります。また、東京に慣れておらず地理に詳しくないという人でも大丈夫です。会社が地理の研修をしてくれますし、それでも道がわからない場合はカーナビを使用することも可能となっています。お客様に一言、「このあたりに詳しくないので、カーナビを使ってもいいでしょうか?」と断れば、ほとんどのお客様は許容してくれるでしょう。

また、歩合制なので初めは稼げるか心配な人もいると思いますが、入社してから一定期間は会社が月給を保証してくれるため、慣れるまでの間もしっかり収入を得ることができます。アプリを使用した配車サービスを取り入れている会社もあり、より効率よくお客さんを乗せることができる点も安心です。
地方を出て東京都内で仕事がしたい!という場合には、ぜひタクシー乗務員を検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地方から転職し、東京都内でタクシードライバーをするなら家賃補助がある会社がおすすめ

地方から転職し、東京都内でタクシードライバーをするなら家賃補助がある会社がおすすめ

地方から出てきて東京で働こうと考えた際、特に資格がなくても稼げる仕事の1つにタクシードライバーがあります。もし東京でタクシードライバーとして働くことを検討しているのであれば、家賃補助ありの会社を選ぶのがおすすめです。

東京はタクシードライバーとして稼ぎやすい場所

東京都内は転職してタクシードライバーとなり、集中して稼ぐにはピッタリの場所です。タクシードライバーとして稼ぎやすいとされる最大の理由は、東京都内の人口の多さです。特に週末のアフター5や土日祝日の繁華街は多くの人でごった返しています。そういった人たちの中には旅行で東京都内に来ていて次に行く場所がよくわからない観光客や、ついつい深夜まで飲み過ぎて最終電車に乗り遅れた人たちも数多くいる事でしょう。このようなことから東京でタクシードライバーをしていると地方で勤務するよりも圧倒的にお客さんを捕まえやすいです。

そして冒頭でも解説した通り、タクシードライバーとして勤務するために事前に必要な資格は一切ありません。もちろんタクシードライバーとしてお客さんを乗せて目的地まで運び、運賃を受け取るためには第二種運転免許が必要です。しかし事前に運転免許を持っていなくてもタクシードライバーになるとまずは講習を受けて第二種免許を取得することになっているので、持っていない人でも問題なく就職することが可能なのです。取得のための費用を全額会社が負担してくれるところも多いので、地方から出てきていろいろと物入りの人にとってはとてもありがたい勤務場所です。

東京都の賃貸の家賃は高い

地方から東京都内に出てくるといろいろと驚かされることがあるものですが、その中でも驚く人が多いのが東京都内の家賃ではないでしょうか。今まで住んでいた地方の賃貸物件と比べると、同じような間取りでも明らかに高いです。例えば都心に近い一等地などは単身者向けのワンルームマンションでさえ一か月の家賃が10万円を超える場合もあります。もちろん地方と同様に東京都内であっても繁華街から少し離れたところや、築年数が古い賃貸物件などは家賃が安くはなっています。

しかし都心部から離れれば離れるほど利便性は悪くなりますし、地方から出てきた人たちは周りに知り合いが全く居ない状況から生活をスタートさせることになります。いざというときに助けを求める人が居ないので自分の身は自分で守るという気概で住まなければいけない部分もあるため、セキュリティ面で不安を感じるところに住むことはあまりおすすめできません。特に地方から出てきたばかりの時は周辺の環境が良く、マンションも防犯設備が整っている比較的新しいマンションに住んだほうが良いでしょう。しかしセキュリティ面や利便性を重視すると当然家賃は高くなるというデメリットがあるので、地方から東京に出てきた人にとって住居探しはかなり難航することが多いのです。

タクシー会社は家賃補助をしてくれるところが多い

地方から東京に出てきている人たちの中にはなんらかの夢を東京でかなえるために出てきている人も多いのですが、そういった人たちに当面の収入を得るための手段として特におすすめできるのがタクシードライバーです。タクシードライバーの労働環境というのはそういった夢を実現させようとしている人たちに適している労働環境となっているのです。夢を実現させやすい理由の1つとして、タクシー会社には家賃補助を出してくれるところが多いという点があります。

人間が生きていくためには衣食住の出費はかならず発生するわけですが、この3つの中で最も大きなウエイトを占める出費が住居費です。先ほども触れたとおり東京都内の賃貸物件の家賃は軒並み高額なことが多く、地方から出てきた人たちにとっては家賃の高さが悩みの種となっているのですが、家賃補助をしてもらえる会社に就職できればその負担を大幅に減らすことが可能です。家賃補助によってお金に余裕が出来た分、夢を実現するために必要な資格の勉強などに割り当てることができます。家賃補助がいくら支払われるのかは会社によって異なりますが、業界No.1と呼ばれるタクシー会社の場合年間24万円もの家賃補助をうけることができます。

タクシーの業務は思いのほかたいへんな業務でもない

世間一般的にタクシードライバーは労働環境が極めて悪いというイメージがありますが、それは完全に間違った認識です。確かにタクシー会社の中には一部にブラックと呼ばれる会社もありますが、それはほかの職業であっても変わりありません。きちんとした会社を選ぶことが出来ればタクシードライバーの労働環境は一般的な企業とそれほど変わりありません。むしろ休日だけを考えれば一般的な企業よりもずっと休みが多いです。

1日の労働時間自体は20時間を超えるときもありますが勤務が終われば必ずまる1日休みを取ることが義務付けられているので、実質月の半分近くは休みに割り当てられます。休みの間に夢を実現したい人は資格などの勉強ができますし、趣味に費やす時間も十分に確保できるでしょう。それでいて給料も業績を上げれば一般的な企業以上にもらえるとあって、タクシードライバーは働き甲斐がある職業なのです。

地方から東京に出てきてタクシードライバーとしてずっと働こうと考えている人も、夢を実現するためのステップだと考え、限定的にタクシードライバーとして当面の収入を確保しようとしている人も、東京都内でタクシードライバーとして勤務するのであれば家賃の負担が大きく減少し、安心して働ける家賃補助付きのタクシー会社を選ぶのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加