タクシー会社おすすめ

【タクシードライバー(乗務員・運転手)の転職】東京都内では家賃補助の会社がおすすめの理由

【タクシードライバー(乗務員・運転手)の転職】東京都内では家賃補助の会社がおすすめの理由

新たな転職先としてタクシードライバーを選ぶ人が増えています。
全国には約40万人ものタクシードライバーが活躍しているのです。今回は東京都内の求人について調査しました。東京都内のタクシードライバーは、地方移住者でも働きやすい環境になっているようです。

地方から上京する人でも安心の「家賃補助」

東京都内のタクシードライバー(乗務員・運転手)は、家賃補助を会社から受けている場合が多いです。特に地方から移住した方は、家賃補助を積極的に利用しています。東京から移住するためには引っ越し費用だけでなく、日用品なども買い揃えなくてはなりません。金銭的な余裕がない中、運転手として活躍するのは大変なことなのです。

家賃補助はこのような事態を解消する制度と言えます。また、東京都内の家賃相場はワンルーム約8万円、ファミリー向き物件はおよそ10万円以上です。静岡や山梨などの地域では、ワンルームの家賃相場が5万円前後になります。相場から見ても、東京都内の家賃は地方よりも高いようです。タクシードライバーの多くは歩合制を採用しており、平均年収は330万円程度となっています。スキルの高いドライバーは年収1000万円以上のため、家賃や生活費を充分に賄えるでしょう。

しかし転職したばかりの人は給与も少なく、家賃の支払いが厳しいことも事実です。そのようなことから、家賃補助のある転職先はおすすめになります。会社によっては年間24万円の家賃補助があるところも。地方から上京したばかりの人でも集中して稼ぐことができる仕組みとなっています。家賃補助があれば、都内の家賃が高くても安心して働けるでしょう。

未経験の地方移住者でも働きやすい

タクシードライバーは資格として「第二種運転免許」が必要です。この免許を取得するには専門的な勉強をしなければなりません。東京23区を運転するためには「地理試験」に合格する必要があるとも言われています。しかし、これらの資格を所有していなくても会社に就職することが可能です。

多くのタクシー会社では入ってから資格を取得できるシステムになっています。業界No.1と言われる会社では、オリジナルの教育や指導を行っているようです。他のタクシー会社からの転職者はスキルも高いですが、社風や教育方針に慣れない場合が多いのだとか。まだ何者にも染まっていない未経験者の方が「指導や教育をしやすい」と感じる現場もあります。資格取得に必要な勉強や費用は、会社が負担するケースも。タクシードライバーは、入社してから運転のスキルアップや接客技術の向上が目指せる職種なのです。未経験の地方移住者でも安心して働ける職場となっています。学歴不問のケースも少なくないため、入社へのハードルも低く設定されている傾向です。けれども「普通自動車第二種」の免許は持っていると優遇されます。地方に居る人は、転職する前に取得しておくと良いでしょう。

家賃補助だけじゃない!タクシー会社のサービス

タクシー会社の中には、不動産会社と契約を結んでいるパターンがあります。こうしたタクシー会社の場合、好条件の物件を紹介してくれる可能性が高いです。家賃の何割かを会社が負担することもあります。自分で不動産会社に出向き、家を探す方法もありますが「タクシー会社に物件を紹介してもらえるか」を確認してからの方が良いでしょう。自分の家賃負担額を減らすことができるかもしれません。このような形式を「借上げ寮」と言います。個室に風呂、トイレが完備されている借上げ寮が多いようです。借上げ寮は原則として、内定が決まってから入れる仕組みとなっています。「まだ住まいが決まっていない」という人や、地方から東京へ出てきたばかりの人は面接時に「入寮できる時期」を聞くことが大切です。

また、すぐに入寮できるタクシー会社を選ぶこともおすすめになります。借上げ寮は会社から近い場合も多いようです。会社から近いところであれば「東京に初めて住む」という人も道に迷いにくいでしょう。借上げ寮の家賃相場は2〜8万円程度となっており、地域や会社によって値段が異なる特徴があります。気になるようであれば、家賃を問い合わせてみると良いです。

自社寮完備のところもある

借上げ寮のように「不動産会社と契約している寮」ではなく「自社で所有している寮」を持つタクシー会社があります。自社寮はマンションタイプやアパートなど、形態も様々です。会社の敷地内に寮が完備されているタクシー会社もあります。こうした寮では通勤時間が0分のため、満員電車に乗る必要がありません。自社寮完備の会社では「タクシードライバーのおよそ6割が、自社寮に住んでいる」とも言われています。寮制度はタクシー会社によってばらつきがあるようです。無期限で入寮できる場所がある一方、3年後に新しい物件を探さなければならない会社もあります。寮に入ることを考えて転職先を探している人は、会社の寮制度を細かくチェックしておくことが重要です

また、ファミリー向けの寮は単身向けよりも少ない傾向にあります。「地方から上京して家族で住みたい」と考えている場合は、ファミリー向けの寮が完備されている会社を転職先にすると良いです。または「家賃補助を使って賃料の安いファミリー物件を探す」という方法がおすすめ。ペットがいる際も入寮は難しくなります。ペットがいる人も家賃補助を利用した物件探しが適しているでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を希望するなら、最大42万円の月給保証が1年間も続く、大手の会社がおすすめ!

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を希望するなら、最大40万円の月給保証が1年間も続く、大手の会社がおすすめ!

これから東京都内で、タクシードライバーへの転職を考えている方もいるはずです。その際、会社選びの基準は人それぞれかもしれませんが、やはり収入面は最も気になるとろでしょう。そこでここでは、おすすめしたい都内の大手タクシー会社について紹介しましょう。

都内大手タクシー会社の給与水準を知ろう!

タクシードライバー(乗務員・運転手)の業界では、基本的に歩合制を採用している会社が大多数です。そのため世間一般では、ドライバーの収入が低いうえ、不安定なものとしてイメージされる傾向があるかもしれません。

しかし東京都内の大手タクシー会社の場合には、このようなイメージは必ずしも当てはまらないと言えるでしょう。まず入社1年目から、既に平均年収が420万円に達します。これは、全国のタクシードライバーの平均年収が285万円であることを考えれば、いかに恵まれた給与水準であるか理解できるでしょう。さらに2年目ではこれが450万円にアップし、6年目になる頃には最高年収で790万円を稼ぐドライバーまで現れます。

ちなみに、他業種の中小企業(従業員100人未満)サラリーマンが平均368万円であるのと比べれば、かなり優位な年収状況であることがうかがえます。そのうえ、都内の大手タクシー会社の中には、初めの1年間は最大42万円の月給保証が与えられるケースもあります。これならばドライバー経験がなく、仕事や地理に不慣れな未経験入社でも、安心して働ける環境と言えるでしょう。ここまでの月給保証がある会社は珍しいのですが、都内にある大手だからこそ可能な優遇制度とも言えそうです。

給与水準の高さを裏付ける、大手の集客力!

ではなぜ大手のタクシー会社ならば、こんなに恵まれた給与水準を実現できるのでしょうか。それは一言でいえば、充実した幅広い集客システムをそろえているからです。

例えば都内に30箇所以上の専用乗り場を設けているので、お客様を見つけるための流し営業などで、無駄な時間を費やす必要がありません。しかも専用乗り場は、駅前ターミナルや観光スポットのような、人の流れの多い拠点に設置されているため、切れ目なく効率的にお客様を乗せることが可能です。

さらに、大手ならではのタクシーチケットの存在も、見逃せない集客システムの1つです。官公庁や大企業をはじめとして、約1万社以上の法人とチケット契約を結んでいることで、特定のお客様をコンスタントに乗車させることができます。しかもチケット契約のお客様は、利用頻度や客単価が高くなる傾向があり、高収入につながりやすい特徴があります。このようなチケット契約を実現できるのも、大手の安心感や信頼性があってこそと言えるでしょう。

また月間約45万件にも達する、無線配車での集客力も無視できません。無線配車であれば、スピーディにピンポイントでお客様のもとへアクセスできるので、時間を浪費することなく乗車回転率を伸ばし、結果的には売上の向上にもプラスになります

収入だけはない!大手ならではの職場環境!

いくら収入に恵まれていても、毎日仕事に無理があるようでは、長く働き続けることはできないでしょう。この点、都内の大手タクシー会社には、女性や高齢者の方であっても、余裕をもって無理なく働ける環境があります。

まずオーソドックスな勤務パターンは、深夜勤を含めて15.5~18時間の隔日勤務が基本です。これだけを聞くと大変なように感じますが、月平均に換算すれば、出社するのはおよそ半月程度で済む計算になります。また、勤務翌日は必ず明番や公休日になるように設定されているので、十分に身体を休ませることができます。さらに事前申告を原則とした完全シフト制であれば、突発的な休日出勤を命じられる心配もありません。家族や知人とのプライベートな時間も、しっかりと確保することが可能です。

なお乗務時間中には、必ず3時間の休息や仮眠を取るように定められています。もちろん、法定外の残業も一切ありません。法定遵守の大手であれば、この点でも安心してよいでしょう。体力のある男性だけではなく、女性や高齢者の方でも余裕をもってマイペースで働ける環境を備えているのは、大手ならではの魅力と言えるでしょう。

充実の研修制度が、未経験者をしっかりサポート!

ここまで読んでも、まだ不安の残る方がいるかもしれません。特にドライバー未経験者の方であれば、なおさらでしょう。この点、充実した研修制度のある大手のタクシー会社であれば、未経験入社でも安心です。まず入社して約1ヶ月は、会社所有の施設でじっくりと研修を受けることになります。ここではタクシードライバーに必須の第二種免許取得をはじめ、座学による地理講習や各営業所での実地研修など、ドライバーとして必要なスキルを一通り学びます

なお第二種免許取得にあたっては、必要経費は会社が負担してくれるので経済的な心配はありません。ここで注目すべきは、研修期間中は常に一貫して、売上に結びつく観点から研修が進むことです。例えば座学での地理講習では、単に地理をマスターするだけではなく、お客の多いエリアや、スピーディに目的地に運べる道順などを、みっちり教え込まれます。また各営業所での実地研修では熟練の教官が同乗し、都内地理の理解をはじめ、売上につながる接客マナーや運転スキルなどを、十分に指導されます。さらに、各営業所の集客データに基づいた社内の勉強会や、朝礼での班長による具体的指導などにより、未経験の新人でも素早くプロのドライバーに育つ環境が整っています

このような充実した準備期間があるのも、大手ならではメリットと言えるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーは感動を与えることができる仕事!おもてなしとホスピタリティ力次第でお客様に喜んでもらえる

タクシードライバーは感動を与えることができる仕事!おもてなしとホスピタリティ力次第でお客様に喜んでもらえる

タクシードライバーと言うと、車を使って乗客を目的地まで送迎するのが仕事ですが、そのやりがいは単なる運転手以上のものがあります。乗客に感動を与えるような仕事をすることも可能なので、働きがいのある職業をお探しの場合は、検討してみることにしましょう。

経験を活かして、やりがいもある転職先

 タクシードライバーは乗客を安全に目的地まで送迎するのが役割です。貨物輸送と違って人を車に乗せますから、コミュニケーションをはかることも重要となります。何気ない会話を通してお客様が笑顔になれたり、タクシーに乗ってよかったと感じたりしてもらえるケースも少なくは有りません。漫然と車を運転するだけではなく、人と人の繋がりを感じられる仕事でもあるわけです。

 転職の際には、これまでやってきた仕事の経験を活かしやすいのも魅力となります。経験談やエピソードを披露するだけではなく、営業職ならば営業スキルが役立つ場面も出てくるでしょう。特別な経験がなくても、例えば受験勉強の思い出や、子育ての体験談などの日常的な話題だって、トーク力次第では、充分に乗客を楽しませることも可能です。

 現役のタクシードライバーの中には、乗客が悩みを抱えていたりしても、束の間の会話を通して元気づけることができた時、大きなやりがいを感じたと言う方がしばしば見たります。人の役に立つ仕事がしたいと言う方や、お客様に喜んでもらえる仕事を探している方には、ぴったりの職業となるでしょう。色々な人との出会いがあり、多くの経験を積める職場です。

社会に求められる仕事

 近年は様々な社会問題が持ち上がっていますが、タクシーはこのような時代での中で地域社会への貢献をしている側面があります。行政サービスとしては鉄道やバスなどの公共交通機関が整備されていますが、これらは誰にでも優しいわけではありません。例えば足が不自由であったりする方には、電車は使い勝手が良いものではないです。タクシーは小回りが利きますから、外出が困難な方の自宅まで送迎することも可能となります。電車でしたら時間厳守で運行する必要がありますが、タクシーは必ずしもそうではなく、お客様に対して柔軟なサービスを行えるのが特徴と言えるでしょう。

 いわゆる交通弱者と呼ばれる方にとって、タクシードライバーの果たす役割は大きなものになっています。タクシーがあるからこそ買い物や通院などが行えるお客様も少なくはありません。日常生活にとどまらず、映画館やコンサート会場などに訪れたいと言う希望を叶えられるケースも有り、本人や家族に感動を与えることができる仕事としての一面も持ち合わせています。

 今ではタクシードライバーは、社会的に必要とされる仕事と言っても過言ではなさそうです。社会形成の一助になっていくことを目標にできるので、人の役に立ちたいと言う考えを持っている方には、マッチする職場となると考えられます。

公共性の高い輸送手段としても注目

 タクシーは民間企業が運営するサービスではありますが、社会にすっかり定着した交通手段であることや、輸送する乗客数の多さから、公共性の高い輸送機関の一つとして認識されています。国民に広く共通利益をもたらすと言う意味で、タクシーの存在意義は高まっていると考えられるでしょう。

 この公共性の高さは交通手段が限られているような、移動に不便な地域でも活かす試みも行われてきました。電車やバスは採算がとれないと継続するのは厳しいのですが、タクシーは代替措置として活用できるのではと注目されたのです。タクシーは純然たる公共交通機関ではないものの、それだけ信頼性の高さが評価されていることになるでしょう。

 公共性の高い交通手段として、安全で利便性が良く、安心できる乗り物であり続けることが社会的役割の一つであり、タクシーに欠かせない大切な要素です。それを実現するためには、交通法規をしっかりと遵守して、事故も起こさずに乗客を目的地まで送り届けると言う、責任感と安全意識の高い人材が欠かせないと言えるでしょう。安全運転と冷静な判断が可能なドライバーこそ、タクシー業界に求められる存在ではないでしょうか。

広がりつつあるタクシーの役割

 安全で利便性の高い交通手段であるタクシーは、色々な場面で活躍の場が広がりつつあります。日本では人口減少が問題となっていますが、現在高齢者は増えていますし、子供の安全への意識も高まっており、タクシーに求められるものは小さくはありません。

 例えば、近年では外国人観光客を各地にエスコートする役割も担うようになってきました。この場合では、外国人の日本に対する印象も、タクシードライバーのホスピタリティやおもてなしの精神によって左右されてくる可能性もあるはずです。インバウンド事業を支える役割を担っているとも言えるかも知れません。

 外国人相手の場合、語学力がある方は、そのスキルを存分に活かすことができるでしょう。海外に興味があって色々と話を聞いたり、逆に日本の良さを紹介したりしたいと言う方にもうってつけかと考えられます。

 また、子供の塾や習い事の送迎にも、タクシーが活用されるケースが増えてきました。特に夜間の送り迎えは親御さんにとって一大事ですから、代わりにタクシーが活用されています。子供好きな方や子育て経験のある方は、このような子供を送迎する役割には適正が高いはずです。

 他にも、女性ドライバーであったり、乗客に話しかけない無言のドライバーが求められたりなど、多彩な人物がタクシー業界で必要とされています。会社ごとに色々な特徴があるので、自分に合った職場を探してみるのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーの実に9割が未経験からスタート!国の規定で働きやすいタクシードライバーなら長く働ける環境と安心安定が手に入る!?

タクシードライバーの実に9割が未経験からスタート!国の規定で働きやすいタクシードライバーなら長く働ける環境と安心安定が手に入る!?

東京都内でこれからタクシードライバーに転職を希望しているなら、業界や各タクシー会社の研修システムが助かります。そこで、免許取得や給料面でのサポート、さらに長く安心してタクシードライバーとして働ける労働環境などを詳しく紹介します。

タクシードライバーの9割が未経験からスタート!?

 タクシードライバーとして活躍している9割が未経験からの転職者です。タクシー会社では新人ドライバーが職場にスムーズに馴染めるための対策や工夫を準備しています。普通自動車二種免許は、これからタクシードライバーとして活躍するために欠かせない資格です。例えば、指定教習所を卒業すると技能教習を免除されます。その後、免許センターで学科試験に合格すれば、普通自動車二種免許を取得できます。タクシー会社によっては、この二種免許取得の費用を負担してくれることもあるので、転職希望者にとっても嬉しいポイントでしょう。

 東京都内のタクシー会社で働くためには、「公益財団法人 東京タクシーセンター」に登録する必要があります。特に、新人ドライバーの場合、新規講習が義務付けられていて、交通法規や地理、接客マナーなど、タクシードライバーとしての基礎的な知識を4日間かけて学びます。これで正式にタクシードライバーとして働けるのですが、さらに所属しているタクシー会社で、より本番に近い実務研修が始まります。ベテランのドライバーが同乗し、直接指導を受けながらプロのドライバーとしての技能を身につけます。充実した教育制度が随所に取り入れられているので、新人ドライバーもしっかりと基本から学ぶことができます。

タクシードライバー特有の勤務体系とは?

 タクシードライバーの勤務形態は、大きく3つのタイプに分けられます。

 1つ目は、昼日勤と呼ばれている時間帯で、午前7時〜夕方4時まで、または午前8時〜夕方5時までというのが一般的です。途中に1時間の休憩を挟み、実働は8時間になります。女性ドライバーや高齢ドライバーなど、プライベートに合わせて働きたい人に人気が高い勤務形態です。

 2つ目は、夜日勤と呼ばれる勤務でちょうど昼日勤の真逆になります。午後6時〜午前2時、または午後7時〜午前3時などがあります。東京都では午後10時〜午前5時までの時間帯は深夜割増となり、運賃が2割増になるのでしっかり稼ぎたいドライバーにとっては魅力的でしょう。特に、深夜は繁華街などからの客や終電を逃した長距離客も期待できます。

 3つ目の勤務が、隔日勤務と呼ばれるもので、昼日勤と夜日勤を連続して勤務する働き方です。タクシー会社によって勤務時間は様々ですが、午前7時〜翌朝3時まで、夕方4時〜翌日の正午までなどがあります。20時間ほどの勤務となりますが、内3時間が休憩時間です。この隔日勤務の特徴は、勤務した翌日は、明け番といって勤務がありません。多くの場合、隔日勤務では1カ月あたりの勤務は11〜13回です。労働時間の厳守が徹底されているので、タクシードライバーなら安心安定が手に入る働き方ができるでしょう。

新人ドライバーが長く安心して働ける工夫

 タクシードライバーの1日は、身だしなみと運転免許の携帯、アルコール検査などから始まります。特に、アルコール検査は、交通事故を予防する上でも大切です。万が一、ドライバーが死亡事故を多発してしまうと、タクシー会社は営業停止処分を受けることもあります。それだけに、会社はメンタルチェックを重要視していて、勤務を始めるドライバーの管理を厳重に行っています。国の規定で働きやすいのもタクシードライバーにとって大切なポイントです。

 日勤の場合、メンタルチェックを受けた後、出発前の車両点検に入ります。カーナビ装備車輌も増えたので、新人ドライバーにとって安心感があるでしょう。流し営業をしたり本部からの無線を受けて配車したり、お客さまを安全に目的地まで運びます。乗車状況に応じて、昼休憩を取りましょう。評判の店に足を運んでみたり持参した弁当を食べたりして午後の勤務に備えます。午後からの勤務は、配車指示も増える時間帯です。昼日勤であれば夕方までなので、そのまま会社に帰り勤務は終了です。隔日勤務の場合、夕方から深夜にかけて夜の仕事で利用するお客さまも増えるので、待機場所に移動したり本部からの指示を待ったりします。タクシードライバーの勤務は、休憩をこまめに取るなど、長く働ける環境が整っています。

タクシードライバーとして活躍するために

 タクシー会社では、従業員が長く安心して働けるように、様々な福利厚生を実施しています。賞与を設ける他、社会保険の完備や各種手当、さらに、借上社宅や社員寮を用意していたり家賃補助制度を設けていたりするなど手厚い待遇が魅力です。

 特に、新人のタクシードライバーにとっては、給与保証制度があると安心でしょう。固定給を選ぶと、基本給に加えてその他の手当、特に売れ上げが多い時に歩合給も加算されて支払われます。固定給が約束されているので、月々の収入が安定します。新人ドライバーの場合には、検討しておくと心強い給与制度です。一方、完全歩合制を選ぶことも可能です。月間の売上に歩合率を掛け、給料が決定します。経験のあるベテランドライバーなどに人気の高いシステムです。他にも、両方の中間的な給与制度もあり、固定給も確保しながら頑張り次第でしっかりと稼げる欲張りな制度もタクシー会社によっては導入されています。

 女性のタクシードライバーや若いドライバーがタクシー業界に増えてきました。この背景には、カーナビの導入などタクシー業界の労働環境が大きく改善したことも関係しています。また、タクシードライバーは新人教育が充実しているので、転職しても安心して働くことができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

隔日勤務を選ぶとプライベートを充実できる!2日分まとめて働くと休日が多い職業になるタクシードライバーの実情とは?

隔日勤務を選ぶとプライベートを充実できる!2日分まとめて働くと休日が多い職業になるタクシードライバーの実情とは?

 休日を十分に取得してプライベートを充実させたいと考えている人はタクシードライバーとして働くことを検討してみましょう。ワークスタイルの選び方によっては、他の業種ではなかなか獲得できないような年間休日数にすることができます。

タクシードライバーの代表的なワークスタイル

 タクシードライバーはワークスタイルの選び方次第で休日が多い職業になります。タクシーは24時間体制でサービスを提供する必要があるため、勤務体系が一般的な職種とは異なるのが特徴です。

 代表的なワークスタイルとして知られているものには昼日勤、夜日勤、隔日勤務の三種類があります。勤務先の企業や雇用契約の内容によってどのスタイルで働くかが決まります。昼日勤は早朝から夕方まで、夜日勤は夜勤とも呼ばれる場合がありますが、夕方から早朝までの勤務として昼日勤と相補的な形で働くワークスタイルです。これらを合わせて2日分まとめて働く形になっているのが隔日勤務であり、早朝から働き始めて翌日の早朝まで働く仕組みになっています。勤務先の企業や担当エリアによっては午後から働き始めて翌日の午後までというスタイルになっている場合もありますが、休憩を含めておよそ20時間の連続勤務を行うのが特徴です。

 このような長時間労働は体力的に負担が大きいことから翌日は休みを与えられる仕組みになっているのが一般的であり、年間休日約233日という年間の半分以上が休みという働き方を実現できます。

隔日勤務をしたときの一日の流れ

 隔日勤務をするのは大変なのではないかと考えてしまいがちですが、一日の流れを確認してみると負担はそれほど大きくないことがわかり、長く働ける仕事だと理解できます。典型的な例として挙げられるのが次のようなパターンです。

 7時に出勤して8時からタクシードライバーとして街中での流しやタクシー乗場での客待ちなどを行います。そして、適宜休憩を取りながら翌早朝まで営業活動を続けるのが基本です。連続してドライブするのは安全上好ましくないことから3時間程度を目安として休憩時間を取ることが認められています。休憩時間中には食事をするだけでなく、仮眠を取ることもできるので体力的な負担も十分に軽減することが可能です。また、営業を終えてオフィスに戻ってきた後にはサウナやシャワーなどを使ってその場で疲れを癒せるように福利厚生を整えている企業も多くなっています。隔日勤務は十分に休憩を取って英気を養いつつ働けるので、リズムに慣れてしまえば楽しく仕事ができるという人も大勢いるワークスタイルです。

 プライベートを充実できるように休日を十分に確保しながら働きたい人にとっては理想的な働き方の一つとなります。

隔日勤務のメリットとデメリット

 隔日勤務は昼日勤や夜日勤と比較するとメリットもデメリットもあります。

 隔日勤務を選ぶとタクシードライバーは休みも給与もたくさんもらえる仕事になるのが最大のメリットです。勤務をした日だけでなく、翌日の休みも公休扱いになるので実際には働いていないのに給料を支払われることになります。そのため、年間休日約233日という状況であっても、年間休日が100日少々しかないような人と同じ程度に働いた場合と同等の給与を手に入れられる場合も少なくありません。また、隔日勤務の場合には必ず夜間料金の時間帯も働くことになるため、その分の手当も支給してもらうことができます。昼日勤をするのに比べて給与が高くなりやすく、夜間の需要が大きいエリアを担当すれば特に大きく稼げるのがメリットです。

 しかし、隔日勤務にはデメリットもないわけではなく、一回の勤務時間が長くなるので体力的な負担は大きくなります。ただ、自分のペースで働けるという面もあり、トータルの休憩時間は企業によって3時間程度として定められていますが、休憩の取り方は自由なのが基本です。自分なりに負担が小さい形で休憩しながら働けるので慣れてしまえば大きな問題にはならないでしょう。

ライフワークバランスを大切にしたい人は隔日勤務

 現代社会では仕事をする上でプライベートを充実できるかどうかが大きな問題として取り上げられるようになってきました。ライフワークバランスを整えながら、自分なりに楽しく仕事ができるようになりたいと考えている人はタクシードライバーとして隔日勤務をするのに向いています。タクシードライバーほどに休日を増やせる職種は少ないからです。

 タクシードライバー以外にも夜勤があって2日分まとめて働くことができる職業もあります。しかし、コンスタントに隔日勤務をすることが認められている業種はほとんどありません。人とのコミュニケーションが得意な人であれば接客や営業を通していつも楽しく働くことができるでしょう。多くの人と出会える機会があるのもタクシードライバーの魅力であり、その出会いから知ったグルメや観光などの情報に基づいて休日を楽しむことも可能です。

 都心部を中心としてタクシーの需要が高まっていることから、タクシードライバーの求人も豊富にあります。ライフワークバランスを大切にして働ける仕事を探して転職したいと考えている人は、タクシードライバーとして働くことを検討してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)へ転職するなら、最大42万円の月給保証が1年間も続く、大手のタクシー会社がおすすめ!

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)へ転職するなら、最大42万円の月給保証が1年間も続く、大手のタクシー会社がおすすめ!

未経験からタクシードライバーへ転職するに当たっては、何かと不安があるものです。

特に歩合制であるドライバーの場合、入社後しばらくは仕事に不慣れなため、なかなか売上げに結びつかないことも珍しくありません。そこで、未経験者にも優しい月給保証のある大手のタクシー会社ついて、ここでは紹介しましょう。

準備期間の必要な未経験者には、大手のタクシー会社がピッタリ!

タクシードライバー(乗務員・運転手)にとっては、東京都内は稼ぎやすい環境がそろっている優良エリアと言えるでしょう。タクシー業界では歩合制を採用している会社がほとんどなので、努力や情熱次第でどんどん稼ぐことができます。

その一方で、運転スキルに自信のないドライバー未経験者の方や、地方から上京したばかりで地理に詳しくない方にとっては、当初なかなか売上げに結びつかないのもまた現実です。

そんな方におすすめしたいのが、大手のタクシー会社です。その理由は何といっても、ドライバー未経験者など運転に不慣れな方への、手厚いサポートに恵まれているからです。入社直後の研修カリキュラムをはじめ、勤務シフトから福利厚生、さらにはキャリアアップ形成まで、会社がしっかりとバックアップしてくれます。

さらには入社から1年間は最大42万円の月給保証が続くという、未経験入社でも安心の特典が付いた、大手ならではの会社もあります。ここまで月給保証がある会社は珍しいかもしれません。特に仕事に慣れない未経験者の方にとっては、収入を気にせずに安心して働ける準備期間があるので、集中して日々の業務に励むことができます。まさに大手の安心感がここにあると言えるでしょう。

充実した研修プログラムで、未経験者でも稼げるドライバーへ!

大手タクシー会社では、一人前のドライバーになるためには欠かせない、充実した研修体制があります。タクシードライバーに必須の第二種免許の取得をはじめ、交通法規から地理条件、あるいは運転スキルや接客マナーに至るまで、入社直後からわずか約1ヶ月間ほどで、一通りをマスターします。

特に大手のタクシー会社には専用の総合研修施設があるので、熟練の教官による丁寧できめ細かい指導により、短期間のうちに一人前のドライバーへと成長できます。そして研修期間中の早い段階から、売上げ向上につながる観点で指導が行われるのも、大手タクシー会社の特徴と言えるでしょう。

例えば地理講習については、都内周辺部の地理マスターはもちろん、お客を見つけやすいルートやエリア、あるいは乗車率を上げるための近道や早道など、密度の濃い講義を受けることになります。さらに各営業所に配属後の実地研修においても、指導教官が隣に乗車しながらマンツーマンで、売上げに直結する営業スキルを学びます。

この他にも営業所ごとに蓄積されたデータに基づいて、お客の多い時間帯やコース、客単価の高いエリアやスポットなども、幅広くレクチャーしてもらえます。このように未経験者の方でも即戦力として稼げるような、優れた研修体制が大手にはあります。

入社1年目でバリバリ稼げる、大手ならではの集客システム!

研修期間が終われば、いよいよプロのドライバーとしてスタートすることになります。ただし運転スキルの未熟さや、地理に不慣れな新入社員の場合、なかなか安定した売上げにつながらないのが悩みどころ。この点、集客力のある大手のタクシー会社であれば安心です。都内各所の主要ポイントに専用乗り場を設置しているので、わざわざお客を探すための流し営業で、無駄な時間を浪費する必要がありません。

もちろん専用乗り場のある主要ポイントは、人の流れの多い駅前ターミナルや有名ビジネス街、あるいは休日の乗車が見込めるレジャースポットや観光地など、乗車率のアップを期待できるエリアばかりです。これなら地理に不慣れな未経験者ドライバーでも、余裕をもって楽に集客することができます。

もう1つ大手の集客力について注目すべきは、タクシーチケット契約の豊富な実績です。官公庁や大企業をはじめとした、約1万社以上もの法人とチケット契約を結んでいるため、客単価の高い遠距離ニーズの固定客を、スムーズかつコンスタントに集客できます。

これらの他にも、業界トップクラスの無線配車を誇る大手タクシー会社であれば、効率良くダイレクトにお客の所在地へ直行可能です。このように大手には未経験者の方でもしっかり稼げる、魅力的な集客システムがそろっています。

ドライバーの将来を見据えたキャリアアッププランも豊富!

せっかくタクシードライバーになったのであれば、その道のプロとして極めたいものです。大手のタクシー会社では、そんな望みもしっかりとサポートする、充実のキャリアアップ制度があります。

例えば英語を活用して働きたい方には、観光専門のエキスパートドライバーとして、ステップアップすることが可能です。また医療や介護業界の経験がある方であれば、介護専門のサポートタクシー乗務員への道もあります。あるいは塾や習い事など子どもの送迎を専門とする、キッズタクシーの乗務員もいいでしょう。

特にホスピタリティの高さが求められる分野では、女性ドライバーの活躍する機会も沢山あります。なおキャリアアップに必要な資格や講習の経費あるいは時間は、会社が全面的にサポート。観光分野であれば、東京観光タクシードライバー認定研修や東京シティガイド検定。介護分野であれば、介護職員初任者研修やユニバーサルドライバー研修などが対象となります。

このような専門のエキスパートドライバーになれば、お客様からの受注をはじめ運行計画や商談、さらには実際の送迎に至るまでをトータルに担当できます。そしてやがては管理職の道も開けることで、昇進や収入のアップも見込めるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すなら。終身雇用で教育制度充実の長く働ける会社を探そう

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すなら。終身雇用で教育制度充実の長く働ける会社を探そう

タクシードライバー(乗務員・運転手)は他業種には無い魅力がある仕事ですが、就職を考える際にはチェックしておきたい会社選びのポイントがあります。

以下ではタクシードライバー(乗務員・運転手)の仕事が持つ魅力や、どのようなタクシー会社を探すべきかを説明します。

タクシードライバーは将来現役で働くことができる仕事です

タクシードライバー(乗務員・運転手)の仕事で最も魅力的なポイントは、生涯現役で働くことができるということです。

若いうちはともかく、年齢を重ねてからの職探し、ましてや新しい技能を身につけることは楽なことではありません。ですが、タクシードライバー(乗務員・運転手)ならば、今まで培ってきた技術をそのまま活かして働き続けることができます。多くののタクシー会社では再雇用制度があるため、定年退職後でもドライバーの仕事を続けることができます。また、個人タクシーを開業するというセカンドキャリアも可能です。

タクシードライバー(乗務員・運転手)は未経験からスタートできる仕事であることも魅力です。現役のタクシードライバーも前職は違う仕事をしていた方がほとんどです。タクシードライバー(乗務員・運転手)は直接にお客様と対峙して、安全に目的地まで送り届けなければなりません。

お客様に満足してもらうためには、ドライバー自身が接客やサービスに優れている必要があります。そのような仕事柄のため、新人教育を重視している会社が多く、業界未経験であっても安心して仕事を始めることができます。

長く働ける会社かをチェック。終身雇用のタクシー会社を選ぼう

タクシードライバー(乗務員・運転手)は1人でする仕事のため、どの会社を選んでも同じだと考える人が少なくありません。しかし、タクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すのであれば、選ぶ会社には2つの重要なポイントがあります。それは終身雇用であることと、教育制度充実な会社であるかの2点です。

他の職種に比べてタクシードライバー(乗務員・運転手)は年齢も性別も経験も問われることが少ない仕事です。ですが生涯の仕事にするためには、研修や資格取得など、多くの事を学ぶ必要があります。そのためには、安心して仕事を続けられる環境と、スキルアップのための制度が必要です。

終身雇用であれば長く働けるだけでなく、じっくりと営業などのスキルを身につけることができるため、個人タクシーを開業するなどの道も開けてきます。特に終身雇用を前提にタクシードライバー(乗務員・運転手)を求めている場合は、再雇用制度によって退職後も働くことができる会社が多いので、事前に確認しておくとよいでしょう。再雇用制度はそれまでの契約条件が変更される場合があります。給与や手当などがどのように変化をするかについても合わせて確認するようにしましょう。

教育制度充実の会社を選ぶことでキャリアアップを目指す

タクシードライバー(乗務員・運転手)には、様々なキャリアアップの道があります。例えばハイヤードライバーやビジネスクラスを運ぶ黒タクシーのドライバーなどです。そのようなキャリアアップのための制度が充実している会社を選ぶことも大切です。

また、教育制度充実の会社を選ぶことでタクシー乗務員以外の働き方を目指せることがあります。ドライバーとしての仕事から内勤の「運行管理者」になるのもその1つです。それ以外にも、管理職として人事や経理などの業務を担当することができるきようなキャリアアップ制度がある会社を選ぶ事で、様々な職場で活かせるスキルを身につける事ができます。

また、タクシー業界で初めて仕事をする方は、必ず教育制度充実な会社を選ぶようにしましょう。タクシードライバー(乗務員・運転手)の仕事は非常にシンプルですが、接客マナーなどの営業スキルが大きく売上に影響を与える仕事です。新人教育がままならない職場では、それらを身につけることができないまま現場に出るため、しっかりと稼げるタクシードライバー(乗務員・運転手)になるまで時間がかかってしまうからです。

優良な求人を探しだすコツ

終身雇用制度と教育制度充実の2点を踏まえた優良なタクシー会社を探すことが、タクシードライバー(乗務員・運転手)として成功し、生涯現役で働くためのポイントです。

タクシードライバー(乗務員・運転手)の求人は、ハローワークや求人情報誌や求人サイトなどで見つけることができます。しかし、求人情報の中から会社の実態を把握することは難しいです。そのため、わからないことがあれば、タクシーに実際に乗って、それとなくドライバーに質問をしてみるとよいかもしれません。

また、東京都内でタクシー会社を探す際には、タクシーランクを活用するとよいでしょう。タクシーランクとは「タクシー事業者ランク評価制度」のことです。良質なタクシーサービスを促進するために財団法人東京タクシーセンターにより作られました。東京のタクシー会社を「接客サービス」「安全性」「事業者の法令遵守」の3点から評価しています。この中でAAやAといった優良な会社は、教育制度などでも充実していることが多いです。

タクシードライバー(乗務員・運転手)という仕事を目指すなら、生涯現役で働き続けられることが理想的といえます。そのためにも、終身雇用制度を持った、キャリアアップがある教育制度充実の会社を選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内で転職先を探すタクシードライバー(乗務員・運転手)には家賃補助がある会社がおすすめ!

東京都内で転職先を探すタクシードライバー(乗務員・運転手)には家賃補助がある会社がおすすめ!

地方から東京都内に出てくる人にとっては、都内の生活費の高さに驚かされることになります。とりわけ高いとされる家賃に悩まされる人も少なくありません。

タクシードライバーとしての生活をスタートさせるには、家賃補助支給のタクシー会社に就職することが必要といえるでしょう。

夢の東京生活!家賃補助がある会社がおすすめ

地方エリアから東京都内に出てきてタクシードライバー(乗務員・運転手)の職業に就くなら、家賃補助があるタクシー会社を選択することが良いといえるでしょう。

東京は、日本の首都でもあり利便性の良さという点では申し分ありませんが、物価が高いという点がネックとなります。当然ながら家賃も地方と比較した場合に高くなる傾向があります。

敷金や礼金、不動産手数料などと数十万単位の資金を用意しなければならないことも事実です。ただでさえ、東京へと出てくるためには、交通費などの費用負担があることも考えれば、居住にまつわる費用は安く抑えたいというのが、タクシードライバー(乗務員・運転手)という職業に就く人の本音ではないでしょうか。

とにかく転職したいということで、東京都内に出てくるという人も少なくありません。そのような人の中には、社員寮完備の会社への就職を求める傾向があります。結果としてタクシードライバー(乗務員・運転手)としての新たな人生をスタートさせるということになるのです。そういう意味では、社員寮完備や家賃補助があるタクシー会社の存在は極めて重要といえるのかもしれません。

タクシー会社によっては、かなりの家賃補助支給も!

タクシードライバー(乗務員・運転手)を雇い入れるタクシー会社は、少しでも多くの人材を確保することを求めています。常にタクシーを走らせておくことで、収益があがることになるのです。激化する競争に打ち勝つためにも人材確保は急務といえるでしょう。

業界No.1と呼ばれるタクシー会社では、年間24万円の家賃補助があるという好条件が話題を呼んでいます。数多くのタクシー会社が家賃補助の支給をしていますが、年間24万円というのは、かなりの好条件といえるのではないでしょうか。

地方から出てきたばかりで「貯金がない」という人にも安心して働けると評判です。タクシードライバー(乗務員・運転手)として稼いだ給料については、他のことに充てることが可能となります。給料の大部分が家賃に消えてしまう事態を回避できるのも魅力といえます。

タクシードライバー(乗務員・運転手)の求人情報を専門的に取り扱う求人サイトの中には、社員寮や社宅完備、家賃補助の有無などについての情報を特集として取り上げるなども見られます。それほどまでに、東京都内に住まいを持つことによる費用負担の大きさが関心事になっているのです。

二種免許取得費用の支給や給与保証も。至れり尽くせりの会社

数多くのタクシー会社がある東京都内でも、家賃補助が充実している会社がおすすめということは間違いないといえるのではないでしょうか。

未経験者歓迎や学歴不問などと他にも好条件ぶりをアピールするタクシー会社もありますが、タクシー会社への転職を目指す人にとっては、社員寮や社宅完備、家賃補助の有無などを重要視する傾向があるのも確かです。毎日の生活をしっかりとするためにも住環境を安定させることが必要になります。

地方から東京都内への転職を希望する人の中にも、都内の住居費の高さがネックとなり、上京することに二の足を踏むというケースも多くあります。そんな人にとっても家賃補助が充実していることで、都内の家賃が高くても安心という気持ちが生まれることになるでしょう。

そしてその結果として、タクシードライバー(乗務員・運転手)になることを決意できるのです。タクシー会社によっては家賃補助支給に加えて、二種免許取得費用の支給や一定期間の給与保証などもしてくれるというところも散見されます。タクシードライバー(乗務員・運転手)への転職を目指す人は、就職を決める前に詳細をチェックすることが大切です。

安心して働くには会社選びも重要!

地方から東京都内に出てくる人の中には、さまざまな事情を抱えているケースもあります。「とにかくお金を稼がなければならない」という人も決して少なくありません。そんなタクシードライバー(乗務員・運転手)にとっても、家賃補助などの条件があることで、住居費などを心配することなく集中して稼ぐことができるという環境が整うことになります。余計な心配をすることなく、仕事に集中できることで、安全運転にもつながるのではないでしょうか。

東京都内に出てきて転職先を探すという人の数は増加傾向にあります。外国人観光客の増加や高齢化社会の進行によるタクシー需要増大などと、都内で営業するタクシー会社への期待の大きさは並々ならぬものとなってきました。タクシードライバー(乗務員・運転手)の道を志す人にとっては願ってもないチャンスが到来したといえるでしょう。

とはいえ、タクシー会社の一部には、まだまだブラックと呼ばれる劣悪な勤務体制を強いるところもあります。地方出身者にとっては、より良いタクシー会社を見つけることから始めることが必要です。口コミや評判なども参考にしながら、失敗しない会社選びが求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内で1年間最大40万円の月給保証があるタクシー会社はタクシードライバー(乗務員・運転手)にとっておすすめ

東京都内で1年間最大40万円の月給保証があるタクシー会社はタクシードライバー(乗務員・運転手)にとっておすすめ

東京都内で営業活動をするタクシー会社の中には、さまざまな好条件を打ち出して、人材確保に努める動きが見られます。特に注目を集めるのが月給保証制度です。

初めてタクシードライバーとして勤務するような人にとっては、申し分ない条件といえるでしょう。

タクシー会社の危機感も背景に

東京都内には多くのタクシー会社がありますが、その中でも最大40万円の月給保証が1年間もあるというような会社は、極めて珍しいといえるのではないでしょうか。タクシードライバー(乗務員・運転手)には願ってもない好条件といえるのかもしれません。

最大40万円の月給保証があることは、タクシードライバー(乗務員・運転手)として一人前に稼げるための準備期間があるともいえますので、未経験入社でも安心といえるでしょう。
40万円という金額については、確かに魅力的な金額といえます。
一般的な会社員であっても、40万円の月収を稼いでいる人は決して多くはありません。

そんな好条件をいきなり提示してくれるタクシー会社があれば、やはり多くの人が注目するのも当然かもしれません。
ましてタクシードライバー(乗務員・運転手)という職種に興味がある人にとっては、見逃すことができないポイントです。

でもなぜそこまでの好条件を提示してまで、タクシードライバー(乗務員・運転手)の確保に努めることに注力しているのかと不思議に思う人も多いはずです。
この点については、やはり、人手不足を回避したいというタクシー会社の危機感がうかがえます。

至れり尽くせりともいえる環境

タクシードライバー(乗務員・運転手)にとっては何とも心強い月給保証ですが、その金額が最大40万円でしかも1年間も続くというような月給保証がある会社は珍しいのが実態です。
とりわけ、地方から東京都内に出てきてタクシードライバー(乗務員・運転手)の仕事を始めたばかりという人にとっては、申し分ない条件といえるのではないでしょうか。40万円という月給保証があることによって、安心して働けるというメリットもあります。タクシードライバー(乗務員・運転手)としのスキルやテクニックを身につけるための準備期間としてとらえることもできます。

東京都内に事務所を構えるタクシー会社の中には、月給保証もさることながら、家賃補助や社員寮完備などの住まいに関するサポートを充実させるところも増えています。
家賃をはじめ、さまざまな物価水準が高い東京都内の生活を支えるための取り組みを強化しているのです。

タクシー会社によっては、月給保証プラス家賃補助や社宅完備などという至れり尽くせりともいえるような条件でタクシードライバー(乗務員・運転手)を迎えてくれるというところも散見されます。

大手が選ばれる傾向に

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すという人にとっては、いかにして自らの希望する条件にあったタクシー会社を見つけるということも必要といえるでしょう。
収入や休日数、福利厚生面などのさまざまな条件がある中でもやはり、収入面の充実を求める人が多いのも現実といえるのではないでしょうか。多くの人材を確保したいタクシー会社にしてみれば、多少の無理をしてでも給与水準を上げることで人員の確保に努めるのです。

最大40万円の月給保証という手厚い条件を打ち出すことができるようなタクシー会社は、上場企業や資本力のある大手が中心です。タクシードライバー(乗務員・運転手)にとっても、大手の安心感という点が決め手となったというケースも多くあります。転職サイトや転職エージェントなども上手く使いながら、大手タクシー会社だけをターゲットにして転職活動をしたという人も少なくありません。

確かに大手企業であれば、全て安心ということはいえませんが、色々な面で優位性を持っているのは事実です。

百戦錬磨というような人であれば、話は別かもしれませんが、初めてタクシードライバー(乗務員・運転手)になるという人にとっては、研修制度なども充実している大手が安心です。

ブラックもあるから注意が必要

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)としての勤務を希望する人にとって最も重要になるのが、就職するタクシー会社選びといえるでしょう。
自らの思い描くような理想の働き方ができるような会社に就職することができれば、それに越したことはありません。

東京都内には、実に多くのタクシー会社がありますが、その中には、ブラックと呼ばれる会社もありますので注意が必要です。
具体的には、サービス残業が当たり前であったり、休日が確保できない、長時間労働を強いる、などが挙げられます。

このようなことがないようにするためにも、多くの情報などに目を向けるなどの取り組みが必要といえるのではないでしょうか。

最大40万円の月給保証が1年間も続くというのは、夢のような話とも思えるかもしれませんが、現実にそのような環境下で勤務をするタクシードライバー(乗務員・運転手)もたくさんいます。タクシードライバー(乗務員・運転手)として慣れるための1年間という期間、収入が保証されることで、生活の基盤づくりもできることになります。

そういう意味では月給保証制度は極めて有意義な取り組みといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)への転職を目指すなら、家賃補助があるタクシー会社がおすすめ

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)への転職を目指すなら、家賃補助があるタクシー会社がおすすめ

地方から上京した人にとっての最大の関心事といえば、住まい探しではないでしょうか。
日本でも最も利便性の高いエリアということもあり、高額な家賃がかかることも珍しくありません。

都内のタクシー会社には、家賃補助や社宅寮完備などの会社もあります。

家賃補助や社員寮などが充実しているタクシー会社は人気

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)としての勤務を希望するのであれば、家賃補助制度が充実しているタクシー会社を選ぶことが得策といえるのではないでしょうか。
多くの人におすすめできるといわれるようなタクシー会社では、年間24万円の家賃補助があります。

タクシードライバー(乗務員・運転手)としての勤務に夢や憧れの気持ちを抱き、上京するという人も少なくありません。
都内に親戚縁者などがいるなどという人を除けば、住まいの確保に苦労することになります。

東京都内で営業をするタクシー会社には、家賃補助を支給したり社員寮などの確保をしたりなどしているケースも多くあります。

タクシードライバー(乗務員・運転手)を多く雇い入れるためとして、住まいにまつわる費用負担をしようという会社も増えているのです。
タクシー会社によっては、社長やマネージャーなどが保証人になってくれるということも少なくありません。通常であれば、親兄弟が保証人となるのが普通かもしれませんが、さまざま事情で保証人を頼むことができないという場合もあり得ます。そんな時にも融通を利いてくれるタクシー会社もあるのです。

従業員が安心して働けるのが理想

他の業界から転職して、タクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すという人も大勢います。
タクシードライバー(乗務員・運転手)として働くためには、特段のスキルやテクニックを持ち合わせていなくてもできる仕事内容というのが、転職先として選ばれる理由といえるのではないでしょうか。多くのタクシー会社が、未経験でもオッケーや乗り始めてから一定の期間は収入の保証をするなどの安心して働ける環境づくりに努めています。
従業員が集中して稼ぐことができるようになれば、タクシー会社としても理想的といえるでしょう。

東京都内に事務所を構えるタクシー会社は多くあります。
株式上場を果たしているような企業もあれば、こぢんまりとした会社も存在します。

転職先選びなどをする際に注意しなければならないのは、年収の多さもさることながら、福利厚生面や休日数、家賃補助などの制度がしっかりとしているタクシー会社を見つけることが重要といえます。求人情報などに掲載された派手な謳い文句などだけで転職先を決定するのは極めてハイリスクといわざるを得ません。

実際に勤務する従業員の声を聞くなどして慎重に選ぶことが大切なのです。

地方出身者の関心事は住まい探し

業界No.1といわれるようなタクシー会社では、実に多くの地方出身者がいることも特徴的といえるのではないでしょうか。地方には仕事が少ないなどの理由で、都内に引っ越してくる人の中には、タクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すという人も多いのです。全くの異業種からの転職という人も少なくありません。二種免許さえ取得してしまえば、手っ取り早く稼ぐことができるなどの理由から、タクシードライバー(乗務員・運転手)になるという人も目立ちます。
地方から出てきた人にとっての一番の大きな課題といえば、住まいの確保といえるでしょう。都内には多くの賃貸マンションや賃貸アパートがありますが、その家賃の高さには定評があります。賃貸契約を結ぶともなれば、少なくとも数十万円の費用がかかることも不思議ではありません。東京都内で営業をするタクシー会社では、その点に目をつけて、タクシードライバーの囲い込みに注力する動きも見られます。家賃補助や社宅完備などのタクシー会社に就職することで、都内の家賃が高くても安心という気持ちになれるのかもしれません。それほどまでに都内の住まい事情については、注目度が高いのです。

資本力を持ったタクシー会社がお勧め

年間24万円の家賃補助があるなどの好条件のタクシー会社を見つけることが重要といえるでしょう。

今では、たくさんのタクシー会社が、ハローワークや求人サイトなどを使っての採用活動を進めています。地方から東京都内に引っ越して、タクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すという人には、耳寄りな情報の一つといえるのではないでしょうか。

資本力のあるタクシー会社であれば、家賃補助や社宅完備などの費用を捻出することも可能ですが、中小規模のタクシー会社にとっては、厳しいと言わざるを得ません。
タクシー会社の求人情報を見る際には、必ず住まいに関する情報もチェックした方が良いといえます。

地方から東京に家族を送り出す際には、家賃補助や社宅完備のタクシー会社への就職を望むことも当然といえるかもしれません。

就職してタクシードライバーという仕事に慣れるまでには、それ相応の時間もかかります。
家賃などの費用負担が少なくなることで、貯金もしやすくなるなどの効果も期待できます。

通常の不動産で手続きを取れば数十万円は必要となるところを、わずかな金額の負担で済むというのも大きなメリットです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加