タクシー会社おすすめ

タクシー運賃値下げで、ドライバーへの影響は?

タクシーの初乗り運賃が安くなることが検討されているというニュースを聞いて、タクシー業界への転職を考えていた人は複雑な思いの方もいるかもしれません。早ければ、来年2017年の4月にも施行されることになるそうです。タクシードライバーにとっては、「儲けが減ってしまうのではないか?」という疑問もわいてくるかもしれません。そんな不安な気持ちをお持ちの方も安心できるように、今回の値下げの概要と今後のタクシー業界でますます安定して稼ぎやすい会社をご紹介していきたいと思います。

タクシーの初乗り運賃が安くなる

日本の初乗り運賃は高いのか

nesage_sub
タクシーを利用する人にとって、都内のタクシー初乗り運賃730円は、やはり高くて身近ではないイメージがあったようです。バスの運賃がああまり値上げしないのに比べて、物価の高騰や増税に合わせて、タクシー初乗り運賃は度々値上げをしてきました。諸外国の初乗りの料金と比べても東京のタクシーは高いようで、ニュース等でも「外国人観光客は日本のタクシーが高いからあまり使わない」と取り上げられています。2020年の東京オリンピックに向けて、このような認識を改めたいという事やタクシー需要の低下を受けて、業界全体で値下げの提案が多数あがっています。日本交通グループでも、「もっと気軽にタクシーを使ってほしい」ということで今年2015年4月に値下げの提言をしました。業界売上ナンバー1の日本交通グループ、その他多くの事業者が提案をしたことで、タクシー運賃を値下げするための審査に入ることとなりました。

初乗り運賃が短く安くなる

では、具体的に運賃はどのようにかわるのでしょうか。日本交通グループで提案しているのは、初乗り運賃が短く・安くなるというものです。現行の運賃は、乗車してから最初の2kmを初乗り運賃で730円と設定し、その後280メートルごとに90円加算していく方式でした。新しい提案では、最初の1km強を初乗り運賃として設定して410円に引き下げて、その後237メートルごとに80円を加算していく方式です。新しい提案でも、2km走るとおよそ730円程度となります。値下げと言うことで、タクシードライバーにとってどうなのかと心配になった方もいるかもしれませんが、このように詳しく見ていくとタクシーに乗るハードルを下げるための値下げであることが推測できます。

タクシー料金値下げで、タクシードライバーの給料は?

タクシードライバーの給料は、月給プラス歩合であることがほとんどです。たくさんのお客様を乗せて空車を作らないことが大切になります。初乗り料金が下がることにより、よりたくさんのお客様が気軽に利用されることになるかもしれません。そうすると、チャンスに乗れれば成果が出やすい状況になる可能性があります。日本交通グループでは、歩合制を取っている会社の中でも高い水準で売上を社員に還元しているため、平均給与の水準が高いです。値下げのチャンスを最大限に活かして、たくさんのお客様を乗せて高収入を目指せます。

タクシー料金値下げ後のタクシー会社でおすすめは

特におすすめの会社は、業界大手で安定の日本交通グループである蔦交通です。タクシーを利用する方が増えると、その分お客様のサービスに対する目線も厳しくなりがちです。その中で、サービス業【ハイヤー・タクシー部門】で4年連続1位を受賞している日本交通グループなら安心です。また蔦交通では未経験入社後、1年間は月給35万円が保障されますので、自分のペースで成長できます。日本交通グループのLINEでタクシーが呼べるLINEタクシーや、タクシー配車アプリでの配車等、稼げる後押しがたくさんあります。営業所は、葛飾・柴又エリアにあるので「観光にちょっと利用しようかな」というお客様の需要にもすぐに答えられる立地です。蔦交通で安心安定した生活を実現して、高収入を目指してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サービス業への転職

サービス業への転職が不安

ser_top今まで一般の会社員だった場合、サービス業に不安がある方もいるでしょう。ですが、どの仕事も最初はみんな初心者です。不安に思っている分、仕事を始めてからの伸びしろも大きいのではないでしょうか。お客様からの「ありがとう」が直接頂ける場所で働いてみたいな、という純粋な気持ちを大切に、未経験からでも楽しく自分のペースで働けるお仕事をご紹介していきたいと思います。サービス業への転職が不安な方も、きっと安心できる職場です。

サービス業への転職なら蔦交通のドライバーが良い

サービス業と聞いて、もしかしたら意外かもしれませんが、タクシードライバーへの転職がおすすめです。なぜなら蔦交通のタクシードライバーになると、収入面でも飲食店等で働くより安定しています。そして自分の時間もしっかりと確保できる上、業界売上ナンバー1のしっかりとした接客・売上アップ研修やマニュアルがあり、やる気が成長につながる環境があるからです。とはいえ、いきなりサラリーマンや、フリーター、主婦、様々な背景で働いていた人が新しいことを始めるにあたって、「何故、蔦交通ならサービス業デビューにもおすすめなの?まだ不安!」と思う方もいるでしょう。以下は、サービス業で実現したい生活を、いかに蔦交通で実現できるかご紹介していきます。

接客が未経験

ser_subタクシードライバーは、接客サービス業です。ただ、レストランやホテルの接客と違い、お客様と接するポイントが大きく異なります。「しゃべるのが苦手で、そんなに初対面の人とお話できない」という方がいるかもしれませんが、中にはお疲れでお話をするのも苦しいお客様もいます。そんなお客様それぞれの事情に合わせて、臨機応変な態度をとれるのも良いサービスマンと言えます。実は、良いサービスマンと呼ばれるような方達には「元々は人見知りでした。」という方も多いです。お客様とのお話も、自分のペースでゆっくりと進んでいけば良いのです。笑顔は緊張してもなるべく忘れずに、楽しい雰囲気を作りましょう。蔦交通なら、未経験初心者でも同乗研修など、充実した研修がありますので安心してスタートできます。

サービス業って稼げるの?

色々調べていると、サービス業全体の給料がとても安いことに気が付くと思います。確かに、全体的にお給料が安い会社も多いようです。でも蔦交通のタクシードライバーは、稼げるドライバーになるようにフォローしていく体制なので高収入が目指せます。その証拠に、未経験入社1年間
は、月35万円の月給保障があります。これは、「1年かけて育てていきます、一緒に頑張りましょう!」ということです。一人前になっても、蔦交通は日本交通グループなのでそのバックアップを受けながら稼ぐことができます。例えば、月16万回の無線配車や、LINEでタクシーが呼べるLINEタクシー、全国1万社との法人タクシーチケット契約等、大手ならではの仕組みがたくさんあります。

運転が初心者だけれど大丈夫?

運転技術に不安を持っている人も、普通自動車免許があればチャレンジできます。教育制度で、最短18日間でプロの乗務員として乗務できるようになります。二種免許取得も、費用会社負担で取得できます。合格率は100%なので今心配している人も、大丈夫です。先輩ドライバーの中には、女性で入社前はペーパードライバーだった方や、地図や地理が苦手だった方もいます。地理に関しても研修・講習がありますし、皆が活躍できる体制を整えています。

サービス業のやりがい

サービス業では、たくさんの「ありがとう」をお客様から直接頂く事ができるでしょう。今まで社内で「毎日同じことの繰り返し」と思っていた日々が、毎回様々な人に出会える刺激的で華やかなものになります。蔦交通で、是非活き活きと毎日を楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEからの転職

SEからの転職でおすすめは?

sejob_topSE,システムエンジニアから転職を考える時、どのような仕事を選ぶか迷いますね。退職の理由は人それぞれだと思いますが、お仕事に疲れている方も多いのではないでしょうか。SEの仕事は、会社にもよりますが長時間労働や残業が多く、一般的にきつい仕事と分類されがちな仕事です。もしかすると、小さい会社で、制度も整っていないところで働いていた方は、サービス残業や度重なる休日出勤で身体を壊されているかもしれません。次に転職する仕事は、元気に長く働ける職場を選びたいですね。
そんなSEからの転職を考える頑張り屋な方に、活き活きと活躍できる会社をご紹介していきたいと思います。

ブラック企業の見分け方

se_sub仕事を選ぶのに最重要なのは、法定外の残業をきちんと禁止している会社であることですね。日本交通グループの蔦交通のタクシードライバーなら、法定外の残業はありません。日本交通グループは、業界売上ナンバー1で、業界のリーディングカンパニーです。無理なノルマも無く、しっかりとした体制があるので安心です。また、勤務態勢は1乗務14時間15分で、3時間程度の休憩をとります。休憩時間は、それぞれ自由にご飯を食べたり、ゆっくり休んだりすることができます。先輩ドライバーの意見では、普通のサラリーマンのように働くより隔日勤務でシフト制の方が慣れたら圧倒的に楽だという声もあります。勤務のスタート時間等は相談ができますので、とても守られた環境といえるのではないでしょうか。

休みの日

勤務を1回すると、次の日は基本的にお休みになります。月のうち、半分程度が自由な時間になるので、お休みも色々な事に時間を使えます。もちろん、有給休暇をつなげて長いお休みにすることも相談可能なので、融通が利きやすい仕事です。基本的に休日出勤のような事態は起こりづらいですし、SEとして働く会社の中のブラック企業にありがちな、つらい激務にはなりません。お休みの時間の充実も、仕事に良い影響を与える大事な要素です。

生活レベルを落とさない

蔦交通では、未経験からでも高収入を目指せる仕組みがあります。他社の3倍である月に16万回の無線での配車に加えて、スマホアプリからタクシーを呼べる「全国タクシー」等、業界大手の強みがあり、未経験からでも稼げるバックアップがあります。仕事に慣れるまで、勤務スタート1年間は月35万円の月額保証があり、生活レベルを落とすことなくスタートできます。

未経験からタクシードライバー

初心者でも、教育がしっかりあるので大丈夫です。普通自動車免許を持っていれば、最短18日間でプロの乗務員として乗務できるようになります。二種免許取得も合格率100%で、初心者も心配ありません。スタートの時は、皆が初心者です。緊張したりする気持ちは入社する人、皆にありますので気にすることはありません。

一生、安定して働ける仕事

蔦交通のタクシードライバーは、正社員採用で福利厚生もしっかりしています。生活の基盤ができるので、安定してはたらきたい人にはぴったりです。キャリアは、ドライバーとしてこの先経験を積んでいくと観光ドライバーやケアドライバー、キッズドライバーの専門分野に特化した道もあります。時には観光ガイドのようなことをしたり、高齢の方のお出かけをサポートしたり、お子様の成長を優しく見守ったり、経験を積んだエキスパートとしての業務は多岐にわたります。会社で経験を積みながら、東京シティガイド検定や介護や救命救急、認知症サポーター等、一生もののスキルを身につける先輩ドライバーが多くいます。SEとして、勉強をしながら働いてきた方なら、日本交通グループの「ドライバーだけにとどまらないサービス」の実現にもぴったりなのではないでしょうか。一生プライベートも大切に、楽しみながら成長し、活躍していけると良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代・50代、最後の転職を成功させる簡単な方法

40代以降で転職を考えたときに一番考えるのは、「これを最後の転職にすること」ですね。最後の転職を成功させるには、今までの会社生活で不満に思ってきた事を改善できる道を選んでいくことです。家族と過ごす時間も取れずに働く生活、社内にこもってプレッシャーを感じながら過ごす生活は、積極的に変えていきましょう。そんなポジティブな転職希望者の方にぴったりのお仕事があります。時間も取れて、自分の裁量で稼ぐことができ、安定した生活も手に入る、そんな最後の転職にしてくださいね。

40代・50代、最後の転職を成功させる仕事とは?

皆さんは、タクシードライバーのお仕事について知っていますか?あまり知られていないかもしれませんが、実は前述のような「時間も取れて、自分の裁量で稼ぐことができ、安定した生活も手に入る」お仕事です。

タクシードライバーになったら実現できる生活

40_contents_right
日本交通グループの蔦交通では、乗務の日は1乗務が14時間で月間12回です。これは、一度出勤したら次の日はお休みなので月のうち約50%がお休みということになります。日曜は定休にすることも可能です。普通の会社員であれば月曜日から金曜日まで毎日出勤が基本なので、今までの会社員生活より時間的な拘束も自由になり、家族と過ごせる時間もしっかりと確保することができます。
もちろん、収入面でも稼げる環境が整っています。
タクシードライバーは歩合制でお給料が増えていきますので、それを後押しする仕組みがたくさんあります。例えばスマートフォンアプリ「全国タクシー」での配車や、LINEとの提携「LINE TAXI(ラインタクシー)」、六本木ヒルズ・東京ミッドタウン・日本テレビタワーなどの日本交通専用乗車場の確保、ポカリスエットとのコラボレーション・ポカリタクシー、ファブリーズで本格消臭した「ファブタク」のような取り組みがされています。蔦交通は葛飾エリアに営業所があり、東京スカイツリー周辺の観光地にも近く、お客様をお乗せしやすい条件です。それでも収入面が不安な転職者の方に嬉しいのが、入社して1年間は最低月給月給35万円を保証してくれる制度があることです。慣れるまできちんと助けてくれるので、不安無く転職ができますね。

40代・50代が転職しやすいのか?

今までの社会人生活で培ってきた効率的に段取りを考える力や、丁寧な応対や、20代にはない気配りの力や、人生経験を営業とお客様とのお話に活かす事ができるので、40代・50代も歓迎の職場です。定年後も定時性雇用としては、70歳まで働いている環境です。年齢を考えて、躊躇してしまうのは勿体無いですね。40代で転職活動をしていると正社員の会社が少なくなっていく中、蔦交通のタクシードライバーなら安定の正社員雇用です。また、タクシードライバー未経験からのスタートが8割という状況ですので、二種免許の取得から売り上げをサポートする教育まで手厚くサポートしてくれます。5年連続業界売り上げ1位の日本交通グループなので、安心して働くことができます。

タクシードライバーは長くモチベーションを持って働ける仕事なのか?

40dai_contents_left蔦交通では新人乗務員の定着率が90%と非常に高く、72歳のベテランドライバーまで勤務しています。長く働ける環境があるからなのですが、仕事にモチベーションを持って長く続けるためには、給与・勤務時間などの待遇面に加えて目標があることも大切です。
日本交通グループでは、エキスパート・ドライバー・サービスという精鋭達がつくるサービスがあります。都内の観光地を中心にご案内をする観光タクシードライバーの部門・お子様の習い事のなどの送り迎えのお手伝いや妊婦さんを送迎をする部門・介護用のタクシーを運行したり、ご高齢の方のお買い物をアテンドする部門、に分かれたサービスのプロとしてお客様に接しています。蔦交通には、エキスパート・ドライバーになるために、東京観光の知識をつけたり、介護や救命救急、仕事でも日常生活でも輝けるような知識を身につけて、自己成長し続ける社員が居ます。仕事に慣れてからも、ただ運転するだけには留まらず、モチベーションを持って長く働ける仕事です。

この転職を最後で最高の転職にするために

今までの仕事で実現出来なかった、家族との時間や安定した将来像をしっかりと持てるような仕事・会社を選んでいきたいですね。蔦交通なら、そんな皆様にぴったり合う環境が整っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京で観光タクシーのドライバーになるには

最近話題の観光タクシー、
「ドライバーになったら、東京のいろいろな所に行けて刺激的で楽しそうだな」と思いませんか?
今回は観光タクシードライバーの仕事について、どうやったらなれるのかについてご紹介します。

東京の観光タクシー

観光タクシードライバー

現在、ドライバーは一日に3~4件の定期または臨時の輸送を行っています。
日本交通では、お客様の観光プランに沿って動くこともありますし、いくつかのモデルコースが用意されていて、その中から選ぶお客様もいます。
期間限定で桜を巡るプランや、スカイツリーやショッピングのプランなどがあります。
ドライバーは案内をしたり、会話をしながらご一緒します。3~5時間程度と、お客様のプランによって時間は変わってきます。
これからオリンピックに向けて、訪日外国人旅客も増えます。
日本らしさを感じられる場所に案内したり、コミュニケーションを取ることも増えていくことが予想されますね。

やりがいってどんなところ?

日本交通の精鋭から構成される、エキスパートドライバーサービス(EDS)の観光部門のドライバーからは「東京の観光と出会いの一期一会を楽しめるところ。日々、食・文化・歴史など新しいネタを仕入れています。」との声が上がっています。
ただ送迎するだけではなくご案内してお話をして、お客様の思い出の一部になれる喜びがあります。中には、外国語を話せるドライバーもいたり、業界大手の日本交通グループのエキスパートドライバーは、とてもレベルが高くお客様からの評判も良いです。

観光タクシーのドライバーになるには?

日本交通グループの蔦交通では、エキスパートドライバー候補として、ドライバーを募集しています。
スタートは普通免許しか持っていない初心者でも大丈夫です。
2種免許を会社負担で取得でき、研修を受講(接客・カーナビ操作・地理・同乗教習)して現場に配属されます。最初はドライバーとして経験を積みます。日本交通グループなので、スマートフォンアプリからの配車等もありますし、営業所が観光地から近いのでお客様を乗せやすい環境にあります。観光タクシードライバーになるために必要な東京シティーガイド資格の費用も会社が負担してくれます。ここでドライバーとしての経験を2~3年しっかりと積んで、観光のエキスパートドライバーを目指します。観光が好きな方なら、楽しみながら日々勉強しそれが仕事に活かされて、とても充実感のある毎日がすごせるようになるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蔦交通株式会社

数多くあるタクシー会社。
タクシー会社ってどのように決めたらいいのでしょうか。
その中でもおすすめのタクシー会社をご紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加