タクシードライバー口コミ

タクシードライバーに転職しても不安や後悔を感じて長く続かない人の特徴について

タクシードライバーに転職しても不安や後悔を感じて長く続かない人の特徴について

転職はより多く稼ぎたい、自身のキャリアアップを図りたいなど様々な理由で行います。中でもタクシードライバーへの転職は個人の頑張りが収入の増加という形で分かりやすく反映されるので、達成感を得られるのが大きな魅力です。その一方でせっかく転職しても長く続かない人がいる事実も否定できません。ドライバーとして頑張るためにも、転職して後悔する人や長く続かない人の特徴を学びましょう。

タクシードライバーの仕事は責任が非常に大きい

#お客様の安全を第一に考えることが大切
タクシードライバーは頑張れば頑張るほど収入が増える仕事として人気があります。多く稼ぐことを目的に他の業種から転職する人も少なくありませんが、タクシードライバーはお客様を目的地まで安全に送る仕事であることを忘れてはいけません。タクシー会社では他のタクシー会社で長く働いたベテランドライバーであっても、まずは安全運転に関する厳しい研修を行います。信号や標識を厳守する他、運転中は常に周囲の状態に気を配ることを徹底するなど、安全運転の基本的な知識や心得を教えるのが研修の目的です。タクシードライバーの仕事は初めてという初心者はもちろん、運転に慣れているベテランドライバーも安全運転は必須条件と言えます。

#交通ルールも必ず守る
タクシーは路上でお客様を乗降させるのが普通ですが、場合によっては交通量が多い道路や交差点の近くに停車させることがあります。お客様の安全を最優先するのは当然ですが、それ以外にも交通ルールを守ることも忘れてはいけません。スピードの出し過ぎや信号無視などの交通違反は論外ですが、他の車の走行を妨げるような停車も避けることが重要になります。法律違反ではないものの、他の車の邪魔になってしまうような行為を繰り返すとタクシー会社の評判が悪くなってしまうのです。お客様の安全を確保すると共に、交通ルールに沿った運転を行うのも優良ドライバーの条件と言えるでしょう。

タクシードライバーに転職したことを後悔する理由

#イメージと実際の仕事のギャップが大きい
タクシードライバーに転職した人のすべてが満足して働いているとは限りません。中には「こんなはずではなかった」などと後悔する人も稀に存在します。自分の意思で転職したのに後悔する人の多くは、タクシードライバーの仕事に対するイメージと現実とのギャップにショックを受けているという共通点があります。自分のペースで気ままにタクシーを運転し、適当にお客様を乗せれば多く稼げると甘い考えを持っている人は決して珍しくありません。実際、乗務中は車内に一人だけという状態なので、気楽に働くことができるのではと安易に考えてしまう傾向があると言えます。しかし実際は狭い車内でお客様とマンツーマンで接することになります。

自分の一挙一動をお客様に見られている形になるので、他人の視線が気になる人はドライバーの仕事を辛く感じてしまうケースが少なくありません。また、思ったほどお客様を乗せることができず、転職前に見込んでいた収入アップが実現できないのではと不安に感じることもあります。このような理想と現実とのギャップの大きさが転職を後悔する理由と言えるでしょう。

#生活リズムが乱れやすい
タクシードライバーの仕事は転職先として人気がある一方、離職率が高いのも事実です。せっかく転職したのに仕事が続かないのは生活リズムが乱れ、体調不良に陥ってしまうためです。タクシー会社の多くは隔日勤務という特殊なシフトを組んでいます。会社によって多少の違いはありますが、丸一日勤務して次の日は休みというシフトであり、一回の勤務で二十時間ほどハンドルを握り続ける形になります。すべてのドライバーの勤務時間を均一にすることを目的としたシフトですが、疲れやすい事実は否定できません。ドライバーの仕事が続かない人の多くは生活リズムの乱れを想定した体調管理ができなかった可能性があります。

ドライバーの経験が豊富な人が長く続かない理由

運転経験が豊富な人がタクシードライバーに転職してもそのすべてが長続きするとは限りません。特に集配業務など、車の運転を仕事にしていた人がタクシードライバーに転職しても研修途中で辞めてしまうケースがあります。
運転に慣れているからタクシーの仕事も大丈夫だろうと思いがちですが、荷物を運ぶ運転とお客様を乗せる運転は緊張の程度が大きく異なる事実は無視できません。
どちらも自分の運転に責任を持つ仕事なのは変わりませんが、タクシードライバーは人命がかかっている仕事です。
一日に何度もお客様を乗せるので、その都度大きな責任を感じながら運転することになります。車の扱いに慣れている人は事故を起こした際の問題の大きさも熟知しています。

そのため、お客様を何度も乗降させる行為に対して不安を感じるようになり、遂には転職したことを後悔して辞めてしまうのです。運転に責任を持つのはドライバーとして当たり前の考えですが、仕事に不安を感じるほどに考え込むのは良くないと言えるでしょう。

タクシードライバーの仕事は情報収集が上手でポジティブな思考の人ほど長続きする

タクシードライバーの仕事はたくさん稼げるイメージがありますが、それは個人の働き方次第です。また、お客様の安全を最優先する必要があるので責任が大きい仕事でもあります。
不安に感じてしまうのも仕方ありませんが、転職前の情報収集を入念に行い、
仕事への責任を認識しつつも前向きに取り組むポジティブな姿勢を持つ人がタクシードライバーに最適な人材と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内で転職する人が知っておきたいタクシー乗務員のメリット・デメリット

東京都内で転職する人が知っておきたいタクシー乗務員のメリット・デメリット

転職を考えている人の中には、運転しながら稼げる「タクシー乗務員」を検討する人もいるのではないでしょうか?高齢ドライバーから、最近は女性ドライバーまで、年齢・性別を問わない窓口の広い職種です。また、都内では観光や仕事、娯楽などの用途でタクシーを利用する人が多いため、働きがいがありそうにもみえます。メリット・デメリット双方を知って、都内でのタクシー乗務員への転職を考えてみてはどうでしょうか?

会社員と同じように安定した収入や保証がある

一見、安定しない職種のようにみえるタクシー乗務員ですが、メリットはいろいろとあります。

#福利厚生が充実
まず、タクシー乗務員への転職を考える際、福利厚生が整っているかどうか気になりませんか。その点については、会社員と同じように社会保険や労災保険、雇用保険等充実しているタクシー会社もあるので安心です。
また、タクシー乗務員になるためには、「普通免許」に加えて「普通自動車第二種運転免許」の取得が必要です。免許取得にかかる費用を一部、もしくは全額負担してくれるタクシー会社もあるので、未経験からでも問題はありません。
「歩合制」が一般的なタクシー乗務員の給料制について、不安に感じる人も多いようですが、安定した収入が得られるまで給料が保証される制度が整っているタクシー会社もあります。

#ライフスタイルに合わせて勤務時間を選べる
勤務形態が不規則なのでは?と心配な人もいるでしょうが、「隔日勤務」(朝8時から翌朝4時まで最大20時間(休憩3時間含む)長時間連続で勤務して、翌日は必ず「明け番」という休みが1日入る)・「昼勤務」(8時から17時(休憩1時間)勤務で夜勤なし)・「夜勤務」(19時から明け方5時(休憩1時間)の夜勤務)の中から、勤務形態を選ぶことが可能です。
休日をたくさんとりたい人は「隔日勤務」、子育てをしながら働きたい女性や体への負担が気になる高齢者は「昼勤務」、夜の時間帯にたくさん稼ぎたい人は「夜勤務」と、自分に合わせて勤務時間を選べるといったメリットもあります。
また、勤務中は休憩時間のとり方も自分で決めて、基本的にマイペースに働くことができます。人間関係のトラブルやストレスもフリーです。

デメリットは予期できない事故や乗客とのトラブル

マイペースに働けて、比較的自由な職種ではありますが、タクシー乗務員への転職を希望する場合は以下の点に気を付けてください。

#事故のリスクが高くなる
勤務中は車に乗っている時間が長いため、交通事故に遭うリスクは自然と高くなってしまいます。乗客からの行き先に関する急な注文に焦ったり、意図しない出来事が起きて無茶な運転をしてしまったりして、取り返しのつかない事故を起こさないように気を付けましょう。また、疲労がたまっていると、集中力も低下します。休憩は忘れずとるようにしてください。交通ルールの遵守も必須です。

#乗客とのトラブルも
会社勤めで起こりがちな人間関係のストレスはほとんどありませんが、乗客とトラブルになる可能性はあります。丁寧な応対を心がけることである程度の問題は避けられますが、なかにはタチの悪いトラブルを起こす乗客もいないわけではないため、注意が必要です。「道が間違ってる」「遠回りした」など難癖を付けてくる乗客や、酔っ払いなど扱い難い乗客もいて、都内の繁華街などでは特に注意が必要です。まずは、乗客からのクレームに対応できるように案内する道を覚えたり、適切に接客できるように心がけましょう。

#東京都内勤務では地理試験あり
都市部の東京都(23区・蔵野市・三鷹市)では、タクシー乗務員になるために地理試験の合格も必要です。地理試験はタクシー会社に入社後の研修でも受験できますが、難易度が高いため、地理に詳しくなるような対策をとりましょう。

タクシー会社を選ぶ際に気を付けたいこと

タクシー乗務員にも、さまざまなメリット・デメリットがあります。それを踏まえたうえで転職を希望する人は、どのような点に気を付けてタクシー会社を選べばよいのでしょうか?

#福利厚生や給料保証がしっかりしている
給与体系が「歩合制」のため、転職後すぐに安定した収入が得られるかどうかわかりません。一定期間に限り給料を保証してくれる「給料保証」が整っているかどうか必ず確認しましょう。
また、結婚、出産、傷病見舞金や葬祭料等の給付金制度から、スポーツや施設やさまざまなサービス特典を利用できる制度まで整っているタクシー会社もあるので、調べてみるとよいでしょう。

#事故のリスクに備えている
タクシー乗務員への安全な運転を促す指導、健康管理(労働時間・休憩時間の管理)や飲酒チェック等を定期的に行うなど、未然に事故を防ぐ取り組みをしているかどうかが重要なポイントです。
万が一、タクシー乗務員が事故を起こしてしまった場合、タクシー会社側で事故補償や違反金の立て替えなどの対応をしてくれるかどうかも確認してください。

思いやりのあるタクシー乗務員に

タクシー乗務員への転職を検討されている人は、以上の点に気を付けて、自分でピックアップした気になるタクシー会社について更に詳しく調べてみてください。
とくに、学歴など必要がなく、未経験から始められる職種ではありますが、タクシー乗務員には「乗客への要望に誠実に対応できる」「交通ルールを守って思いやりのある運転ができる」といった資質が必要でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー会社への転職、タクシードライバーは未経験でも稼げるのか?

タクシー会社への転職、タクシードライバーは未経験でも稼げるのか?

タクシードライバーへの転職を考えた時、多くの人が気になるのが未経験でも稼げるのか?という点です。実際のところ歩合制にしているタクシー会社が多く、歩合の仕組みについてよくわからないと不安に感じるかもしれません。
この記事ではタクシードライバーについて、未経験で働ける理由や歩合の仕組み、しっかり稼ぐコツなどについて紹介していきます。

タクシードライバーへの転職は未経験でも可能

他業種への転職は簡単ではありません。未経験では即戦力として期待できないため、正社員として採用されるのは限りなく難しいのです。そんな中、タクシードライバーは未経験でも転職可能な仕事です。
多くのタクシー会社では未経験者を積極的に受け入れており、タクシードライバーとして活躍しているほとんどの人が他業種から転職してきた人達が占めています。

タクシードライバーが未経験でも可能な理由は、教育プラグラムや研修制度が整っているからです。一般的な企業の新入社員教育のように一からしっかりと教育が受けられるので、何も知らない状態で入社しても心配いりません。
実際のところ経験者には会社の経営方針や営業方法などを改めて教えるのが難しいとあって、経験者より未経験者の方を優遇している会社も多いです。
例えばタクシードライバーとして働くには第二種運転免許の取得が必須ですが、教習所に通う費用を会社側が全額、または一部を負担したり、研修中の賃金を支給するなど様々なサポートを行っています。

タクシードライバーの歩合制の仕組み

タクシードライバー=歩合制というイメージを持つ人も多いかもしれません。そもそもタクシーの歩合とは、客を乗せて支払いを受けた運賃から給料が支払われるようになっており、客を乗せれば乗せるほど稼ぐ事が出来ます。
つまり客を捕まえられなければ収入はゼロとなる可能性もある訳ですが、ひとえに歩合制と言っても「A型賃金」「B型賃金」「AB型賃金」の3種類の給与形態に分かれており、タクシー会社によって採用している形態も異なります。

まずA型賃金とは、基本給に歩合給と賞与が加わる形態です。一般企業の営業職に多い給料システムでタクシー業界ではあまり採用されていませんが、固定給があるため比較的安定した収入が得られます。
ちなみに固定給に定められた部分を超えた売上額が歩合の対象となりますが、他の給与形態に比べると歩合率が低く設定されているため、売上が高くても給料はあまり上がりません。またB型賃金は完全歩合制で、売上に歩合率を掛け合わせたものが給与となります。A型賃金に比べて歩合率も高く、ドライバーの頑張りがわかりやすい形で反映される給与形態と言えます。
高給も狙える一方、体調を崩すなど働けない時期があると月収は不安定になる可能性もあります。

そしてタクシー会社で最も多く導入しているのがAB型賃金です。固定給に歩合給と賞与が加わるのでA型賃金とよく似ていますが、歩合給と賞与の算出方法が異なります。
固定給と歩合給を合算させた額のうち一定の割合を賞与として積み立て、年2~3回に分けて支給される仕組みになっているのです。A型賃金の安定さ、B型賃金の歩合率の高さと良い部分を組み合わせた形態で、歩合の一部を賞与に分散できるので、賞与が上がりやすいという点もメリットと言えます。
ただしタクシー会社によっては「ほぼA型」または「ほぼB型」といった実情もあるため、事前にしっかり確認しておく必要があります。

効率良く稼ぐためのコツ

タクシー会社によって様々ですが、歩合制を取り入れている所が多いため、勤務時間は多くの客を乗せて1日1日しっかり稼いでいくのが理想です。未経験者で仕事に慣れていない頃は客を捕まえるのにも一苦労ですが、「客がいない」と嘆いていても仕方ありません。タクシー利用者が多いスポットを探すべく、日頃から綿密な情報収集が必要となります。
例えば電車の終電時刻、イベント・大会の開催日時や場所、終了時間、大手企業の場所などは事前に調べておきたいポイントです。

そして一日の稼働時間の中で、客を乗せて走る時間をいかに増やせるかも重要な課題です。
コンスタントに客を見つける事が出来れば、空車の時間が減り、効率良く稼げるようになるのです。人から情報を集めるのはもちろん、実際に自分で色々な場所を走ってみてリサーチしていく努力も必要で、何度も繰り返していけば自然と道やスポットに詳しくなり、裏道や抜け道も見つけられるかもしれません。
また短時間で稼ぎたいと考えるなら、夜勤専門の勤務形態を選ぶのも一つの方法です。慣れない頃は体が辛いかもしれませんが、夜の繁華街はタクシー利用客が多く、深夜料金もつくため効率良く売上を伸ばせるのです。

自分に合った会社を見つける事から始めよう

タクシードライバーは教育制度がきちんと整えられているため、未経験でもすぐに慣れてしっかり稼ぐ事が出来ます。ただタクシー会社によって給与形態や勤務形態は違うため、事前のリサーチが必要となります。また二種免許取得費用負担、勤務開始から一定期間の給与保証、寮完備など社員に対してのサポートも会社によって様々で、自分が働きやすい職場を見つける事も長くタクシードライバーとして活躍できるコツとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エキスパートなタクシードライバーの需要と活躍・よろこびを感じる瞬間とは?

エキスパートなタクシードライバーの需要と活躍・よろこびを感じる瞬間とは?

エキスパートドライバーと呼ばれるタクシードライバーは、これまでタクシーとは関係ない仕事をしていたという人でも、スキルや経験を活かして活躍できる可能性の高い職種です。
ここでは、主に介護タクシーのエキスパートドライバーの需要についてや活躍できる場所、よろこびを感じる瞬間や仕事へのやりがいなどを紹介しています。

エキスパートドライバーの需要

タクシー会社やサービスによって多少の違いはありますが、エキスパートドライバーとは付加価値の高いタクシーサービスを提供できるタクシードライバーのことをいいます。
一般に広く知られているのは観光スポットを案内できる観光タクシーのドライバーです。
ほかにも子供の送迎を専門としたキッズタクシー、高齢者のちょっとした買い物や外出などを手伝うタクシーサービスなどがあります。さまざまなエキスパートドライバーが求められるなか、需要が高まりつつあるのは高齢者や体の不自由な人の外出をサポートするサービスです。

介護系のエキスパートドライバーに必要なスキル

エキスパートと付く通り、エキスパートドライバーにはただタクシーの運転ができる第二種免許を持っているだけではなれません。タクシーの運転資格があることはもちろん、サービスに合わせた資格やスキルを習得している必要があります。
例えば東京の観光タクシードライバーになるには、多くの場合東京シティーガイド検定の取得が必要です。また、英語や中国語などが話せるとさらに役立つ人材となれるでしょう。
キッズタクシーのドライバーは子供に接することが得意といったスキルはもちろん、メディック・ファースト・エイドの資格や普通救命講習の受講など、意外なスキルが必要とされます。

介護タクシードライバーのやりがいやよろこび

高齢者や体の不自由な方は、家族や知人に送迎を頼まないと1人で外出することは困難です。
一緒に暮らしていて気軽に頼めるならいいですが、なかには離れて暮らしている方や家族にあまり迷惑はかけたくないから、と遠慮してしまう方もいます。それでもちょっと買い物に行きたい、墓参りや観光にも出かけたいと考える方は少なくありません。
そんなとき1人でも出かけられるのがタクシーを利用する方法です。しかし普通のタクシーを利用すると、乗り降りの際ドライバーに手伝ってもらう必要があるため、人によってはやはり遠慮したり気にしたりしてしまいます。

エキスパートドライバーに転職する際に気をつけること

ケアタクシーや介護タクシーの需要は、高齢化社会において高まっていくと予想されます。これまで介護やヘルパーといった仕事をしていた人は、エキスパートドライバーとして資格や経験を活かし、活躍できる可能性もあるでしょう。
ただし、幅広い支援ができるといっても、生活介助や医療行為をしてはいけないといった決まりもあります。あくまでもタクシードライバーとして、外出の際のサポートを中心にサービスを提供する仕事だということを理解しておく必要があるでしょう。

これまでの経験やスキルを活かせるエキスパートドライバーの仕事

エキスパートドライバーの中でも介護タクシーのドライバーは、外出したいけれど気軽にできないといった方をサポートし社会に必要とされる仕事です。
介護職やホームヘルパーをしていたという人は、特にスキルや経験を活かして働くことができるでしょう。需要も下がっていく可能性は低く、むしろこれからの社会に求められる仕事になりつつあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スキルや経験によって得られるタクシー運転手のやりがいをご紹介

スキルや経験によって得られるタクシー運転手のやりがいをご紹介

タクシー運転手として働くときには今までに培ってきたスキルや経験を活かすことができるのを知っているでしょうか。
人によって得意としているものや経験してきたものが違い、その内容によって何にやりがいを感じるか、どんな場面で活躍できるかも違うでしょう。この記事では意外な形で発見できるタクシー運転手のやりがいを紹介します。

タクシー運転手に求められるのは運転スキルだけではない

タクシー運転手として活躍するためには運転スキルが必要だと考えている人もいるでしょう。
確かに利用客が安心してくれるような運転技術があるのは望ましいですが、それだけでは心から喜んでもらうことはできません。利用客が何を求めているかはケースバイケースで、寂しい気持ちを持っていて乗車中はゆっくりと話をしたいと思っていることもあるでしょう。
コミュニケーションスキルはタクシー運転手に全般的に求められるものです。特に営業や接客などで働いてきた人はそのスキルを活かせるでしょう。初めての人ともスムーズに話すことができ、相手の意図を理解して的確に受け答えをすることができるからです。

一般的なタクシーサービスの場合には乗客の様子に応じてコミュニケーションのスタンスをうまく変えて快適な空間を提供しつつ、無駄な時間を過ごさないように目的地に到着できるようにすることが大切です。
しかし、タクシーサービスの種類によっては全く別のスキルや経験を有効活用できる場合があります。
どんなスキルや経験も使い方次第でタクシー運転手として働くやりがいにつなげられる可能性があるので、具体例を通じてどのような活用の仕方があるのかを確認しておきましょう。

経験やスキルを生かして手に入れる仕事のやりがい

タクシーサービスの種類として観光タクシーは典型的なものです。観光タクシーは一般的には予約制になっていて、数時間から一日を目安に観光旅行のナビゲーター兼運転手としてサービスを提供します。観光地や飲食店などに詳しいと当日のプラン変更にも柔軟に対応できるため、東京のマイナースポットにも詳しいくらいに東京散策をしてきた経験がある人は本領を発揮できるでしょう。
また、東京には外国人観光客も大勢集まるようになりました。観光スポットを公共交通機関で巡るよりもタクシーが安心と考える人も多いのでよく予約が入ります。海外の人とのコミュニケーションでは語学を活かすことができるでしょう。語学に強いことを会社に知られていると、海外から予約が入ったときに任せてもらうことができ、期待に応えて活躍している実感を得られます。

一方、子育てをしている家庭のためのキッズタクシーのサービスを提供するタクシー会社もあります。
子供を保育園などに送迎するのが仕事で、専任になることで保護者にも子供にも安心してもらえるようになります。子育てをしてきた人は経験を生かせるだけでなく、利用者からも安心して任せてもらえるでしょう。保育士の資格がある人なら喜んで両親から子供を預けてもらうことができ、保育の一端を担っていることがやりがいにもなります。

また、介護タクシーの需要も高くなってきています。介護職の資格を持っている人なら身体の不自由な人に直接手を貸してサービスをすることができるのでとても喜ばれるでしょう。身体介護の仕方も理解している人に対応してもらえると家族としても安心できます。
資格がなくても自宅で親の介護をしてきた人なら、利用者の不安や悩みがわかるので的確なサービスを提供することが可能です。きっと行き届いたサービスに心から感謝してもらえるでしょう。

不足している能力も転職したら補える

このように色々な種類の経験を生かして働けるタクシーサービスがありますが、本当にタクシー運転手になって活躍できるようになるのか心配になる人もいるでしょう。語学に自信があっても接客の経験がない、保育士として働いていたけれど運転に自信がない、介護なら任せて下さいと言えるけれど東京の地理は複雑でよくわからないという人も多いのは確かです。
しかし、タクシー会社ではこのような人たちにも安心してタクシーサービスの担い手に成長してもらえるように充実した教育研修制度を設けています。
職場によって内容こそ異なるものの、東京の地理や接客マナーなどタクシー運転手として一人前になるためのノウハウを入社直後から教わることができます。

不足している能力は入社してから補っていくことができるので、むしろ強みがあるかどうかが重要になっています。生かせたら自分にとって大きなやりがいになるようなスキルや経験があるときにはタクシー運転手を目指してみましょう。意欲さえあれば、転職してからすぐに一人前と言えるくらいまで成長することができます。

今までの経験をタクシー運転手として生かそう

タクシー運転手には語学や保育、介護などの様々なスキルや経験を生かせる業務があります。自分なりにやりがいを感じてきたものがあるなら、タクシー運転手として最大限に活用してみましょう。
今までの経験を振り返ってみて各種タクシーサービスの内容と照らし合わせてみると意外な発見があるかもしれません。
まずは自己分析をしてみて、やりがいにつながるようなスキルや経験を探してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都でタクシードライバーに転職すると年収が高くても大変だというのは本当なのか

東京都でタクシードライバーに転職すると年収が高くても大変だというのは本当なのか

タクシードライバーとして働くときには東京都は大変だから避けたいという印象を持っている人もいるでしょう。確かにイメージとして仕事が忙しくて厳しいのではないかというのが先行してしまいがちですが、本当につらい現場なのでしょうか。
この記事では東京都でタクシードライバーになるとどうなるのかについて実態を紹介します。

東京都ではタクシードライバーは大変と思われている根拠

東京都でタクシードライバーになるときついと考えられているのには明確な根拠があります。都内における利用客の状況について東京ハイヤー・タクシー協会が行った調査によると、東京都では1日に約87万人、年間にすると3億人以上もの利用者がいることが判明しています。
日本の人口が1憶3千万人くらいということを考慮しても莫大な数の人がタクシーを利用していることがわかるでしょう。これはあくまで述べの利用人数なので同じ人が何度も利用していることもあります。
東京都の法人タクシー数がおよそ3万程度で推移していることを考慮すると、1台あたり1日29人ほどの輸送を担わなければならないということになります。

東京都でこのように大勢の利用客がいるのはただビジネスや観光、学業や医療などの拠点として人が大勢集まっていることだけが理由ではありません。昼間のタクシー利用については確かにその影響が大きいですが、東京都では夜遅くまで人が絶えないという事情もあります。
飲食店産業も発達していて夜中まで飲んでいる人も少なくありません。観光のために訪れた人の場合には夜中に夜景を楽しんでいることもあるでしょう。
ビジネスでは深夜過ぎまで働いて終電を逃してしまうこともあります。このような事情があるため、夜間のタクシーの需要も高いのが東京都の実態です。そのため、タクシードライバーになると夜の仕事も増えるから大変だという印象が持たれています。

東京都では本当に仕事がきついのか

都内の状況を考えると確かにタクシードライバーになるときついと考えることもできるでしょう。しかし、本当に大変なのかどうかは今一度よく考えてみる必要があります。
タクシードライバーは一般的には隔日勤務を取り入れていて、朝から働き始めて翌早朝か深夜過ぎまで働き、夜勤明けの日は休日になるという仕組みになっています。
長時間の勤務にはなるものの、三時間の休憩を取ることが認められているので休憩をしながら働くことが可能です。また、この勤務時間内にどのくらい必死に働くかも個人に委ねられている場合が多く、必ずしも大勢の乗客を乗せて売り上げを出さなければならないわけではありません。

基本的に東京都内に限らずタクシードライバーの給与は歩合制になっていて、売り上げを出した人は収入が大きくなり、あまり売り上げを出せなかった人は相応の給与になります。必死に稼ぎたいという気持ちがある場合には大変かもしれませんが、ほどほどに働いて必要な収入を得られれば良いという場合には希望する水準の給与をもらえるように働けば良いと考えられるでしょう。そのため、きついと感じたら勤務負担をもう少し軽くするといった調整をすることができます。
タクシードライバーは東京都内では利用客が多くて仕事を得やすいのは確かですが、必死に乗務をこなさなくても問題はなく、自分なりのペースを守れるようになっています。

東京都のタクシードライバーは稼ぎやすい

考え方を変えると東京都では自分なりの働き方を確保しながら稼ぎやすい環境が整っていると言えます。地域によっては利用客が少なく、稼ぎたいけれど利用客が見つからなくて苦労するということも少なくありません。しかし、東京都では利用客が溢れているので、コツをつかんでしまえば比較的簡単に乗客を獲得できます。
つまり、効率的に売り上げを出して稼げる基盤ができている地域と考えられるのです。実際に東京都で働いているタクシードライバーの平均年収は都道府県別で見ると全国一位の地位をずっと維持し続けています。これは、うまく働いて稼ぐのに成功しているタクシードライバーが多いということを意味していると考えられるでしょう。

実は業務を強いられていて結果的に年収が高くなっているのではないかと考える人もいるかもしれません。業務環境が厳しいとタクシードライバーとして働き続けるのが体力的にも精神的にも難しくなってしまいます。
しかし、実際にはタクシードライバーに転職してからずっと働き続けている人が多く、安定して自分のペースで稼げる仕事として選ばれています。
他の地域でタクシードライバーとして働いていた人が東京都で職場を探して転職している事例もあるので、魅力が大きい地域だと考えられるでしょう。

東京都ならタクシードライバーは効率的に稼げる

東京都はタクシーの利用者が多く、夜間も乗務を求められているので大変だと考えられてしまいがちです。しかし、自分のペースで働ける環境が整えられていて、自分なりに納得できる稼ぎ方を実現できます。需要が高いことから乗客を獲得しやすく、効率的に稼げる点でも魅力があるので東京都でタクシードライバーを目指してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための転職のポイントとは?

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための転職のポイントとは?

タクシードライバーへの転職を考えるにあたって、「本当に稼げるかどうか」というのは気になるところです。
タクシードライバーとして成功するためには、自分の希望に合った転職先をきちんと見極めることが大切です。この記事では、ベテランドライバーのアドバイスを参考に、転職する際にチェックしたいポイントを紹介します。

タクシードライバー未経験なら、給与体系は転職前にしっかりチェックして

多くの場合、タクシー会社の給与体系は歩合制です。個人の努力や工夫で稼げる金額が多くなるのが歩合制の魅力ですが、未経験からタクシードライバーになる場合、仕事に慣れるまでは、ベテランドライバーと同じように稼ぐのは難しいものです。
そのため、転職するタクシー会社の給与体系はきちんとチェックしておくべきです。

タクシー会社の給与体系は、「B型賃金」と呼ばれる完全歩合制の場合と、「AB型賃金」と呼ばれる、基本給に歩合給と賞与がプラスされる場合があります。完全歩合制は、頑張れば頑張った分だけ給与に反映されるのがメリットです。
しかしその一方、時期によっては収入が不安定になる場合もあります。
「AB型賃金」は、基本給としてある程度の固定収入が見込めるのがメリット。ただし、基本給の額はタクシー会社によって違うので、確認が必要です。

なお、固定給に歩合給がプラスされる「A型賃金」というものも存在しますが、取り入れている会社はほとんどありません。
ここで紹介した給与体系の名称は一般的なものですが、呼び方が同じでも、タクシー会社によってそれぞれ内容は異なります。
転職の前にしっかり確認する必要があるでしょう。

タクシー会社の中には、入社してすぐはある程度の給与を保証してくれる「給与保証サポート制度」を取り入れている会社もあります。サポートの期間や金額は会社によって異なるため、転職先を選ぶ指標の1つにすると良いでしょう。

タクシー需要の多い、稼ぎやすいエリアで働ける会社を選ぶ

タクシードライバーとして稼げるかどうかは、営業する場所とも深い関係があります。
東京都内でも、タクシー業界で「東京都特別区・武三交通圏」と呼ばれる東京23区・武蔵野市・三鷹市のエリアは、タクシーの利用客が特に多いといわれています。

ただ、東京都でタクシードライバーになれば、誰でもこの「東京都特別区・武三交通圏」で営業ができるわけではありません。
タクシーには「営業区域」というものがあり、道路運送法という法律によって営業できるエリアが決められているのです。多くの場合、タクシーの「乗車ボタン」と「空車ボタン」を押すとGPS機能によって運転日報に記録されます。
そのため、営業区域違反をしていないかどうか、自分自身でも気を付ける必要があるのです。仮に違反してしまった場合、タクシードライバー個人だけではなく、タクシー会社も行政処分の対象となってしまいます。

転職の前に、タクシー会社の営業エリアを調べ、稼ぎやすいエリアかどうか判断するのも、タクシードライバーとして収入を伸ばすコツの1つです。

研修の内容もしっかりチェックして

タクシー会社に入社すると、新人ドライバーは研修を受けます。これは、普通自動車二種免許や地理試験といったタクシードライバーになるために必須の資格取得、タクシーの機械や無線の取り扱い、法令や事故防止についての知識、ロールプレイング方式の接客研修など多岐にわたります。
入社時の研修費用は、タクシー会社が負担することがほとんどです。研修期間は会社によりますが、20日~30日ほどのことが多いようです。転職する際には、入社後の研修がどんなものなのかもチェックしておきましょう。

ただし、研修を受ければ誰でも稼げるようになるわけではありません。研修内容は、実務に生かせるものが多いので、内容を確実に自分のものにできるよう、努力が必要です。

自分自身のスキルアップも大切

転職する際、タクシー会社選びはとても大切ですが、稼ぐドライバーになるためには他にも大切なポイントがあります。それは、自分自身が努力してスキルアップしようという「やる気」です。
研修終了後も、毎日実務記録をつけ、反省点をメモしたり、先輩ドライバーにアドバイスを求めたりと、スキルを上げる努力を続けることが大切です。特に、記録をつけることは、需要の分析をし、今後の走行計画を立てる上でもとても重要。
記録内容をきちんと振り返り、次の仕事につなげましょう。また、先輩とこまめにコミュニケーションを取ることで、さまざまなコツや心がけを、ベテランドライバーに学ぶことができます。

さらに、接客スキルを向上させることも必要です。気持ちの良い対応や挨拶をすることはもちろんですが、英会話の勉強をしたり、周辺のイベント情報や観光情報を仕入れておいたりと、タクシードライバーとしてスキルアップできることはたくさんあります。プラスアルファの努力をすることで、リピートされるドライバーになれるはずです。

タクシードライバーとして稼ぐために!きちんと下調べして転職しよう

タクシードライバーは、自分の努力やスキルアップが収入に直結する仕事です。ただし、タクシー会社によって給与体系や営業エリア、研修制度が異なります。転職する前には、自分の求める環境があるかどうか、しっかりと下調べしたいもの。
転職後は先輩ドライバーとうまくコミュニケーションを取りながら、アドバイスをもらって日々の業務に生かしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

都内でタクシードライバーに転職したい!おすすめのタクシー会社の選び方は?

都内でタクシードライバーに転職したい!おすすめのタクシー会社の選び方は?

都内での転職先としてタクシードライバーが人気を集めています。タクシー業界は、海外観光客の増加などの影響で慢性的な人材不足を起こしているのが特徴です。そのため人材へのニーズが高まり積極的に採用を行っている会社が多くあります。都内でタクシードライバーに転職するメリットやタクシー会社の選び方を紹介します。

タクシードライバーへの転職が人気の理由

タクシードライバーへの転職が人気を集めている理由は大きく分けて3つあります。給料・勤務スタイル・職場環境です。タクシー会社の多くは歩合制を取り入れているため、頑張りしだいで高収入を目指すこともできます。
転職によって収入を増やしたいという方にとって、タクシードライバーへの転職はマッチしているのです。
また勤務スタイルも一日おきに出勤する隔日勤務・昼間出勤する日勤・夜間出勤する夜勤があり、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。家族との時間を大切にしたい人や自分の時間をしっかりと確保したい人に最適です。

またタクシードライバーは、勤務中は基本的に一人です。会社の上司や同僚などと一緒に働く時間が少ないため、人間関係に悩まされるなどのストレスを減らすことができます。特に前職で人間関係のトラブルを経験した人は、タクシードライバーに転職後のびのびと仕事ができると感じているケースも多いです。
働く時間に融通が利く上に、仕事は原則的に個人プレーなのでタクシードライバーは自由度の高い職業だといえます。

都内でタクシードライバーに転職するメリット

タクシードライバーは転職先として有望視されていますが、その中でも都内での転職はメリットが高いです。第一のメリットとして東京エリアはタクシーの利用率が高いという利点を持っています。
東京エリアは日本の中心であり、観光やビジネスで訪れる人も多いです。人が集中するエリアであり海外からの観光客も多いため、他のエリアよりも多くの人がタクシーを利用することを望めます。タクシーを利用する人が多いということは、それだけビジネスチャンスがあるということです。
タクシー会社の多くは歩合制を導入しているため、多くの乗客を乗せる可能性が高い都内は高収入を目指すことができます。

歩合制の場合、どんなに仕事を頑張っても客を乗せることができなければ収入は伸びません。都内は繁華街も多数あり、終電後など深夜の時間帯でのタクシー利用が見込めるのも特徴です。
早朝から深夜まで一日を通じてコンスタントに乗客をゲットでき安定した収入を見込めることも、都内でタクシードライバーに転職するメリットになります。
さらに東京エリアはコンサートや世界的なスポーツ大会など大きなイベントが開催されることも多く、イベント時には各地から人が集うのもポイントです。イベントに合わせてうまく行動すれば会場や駅などで乗客を次々と拾うこともできます。

タクシー会社の選び方

都内でタクシードライバーへ転職する際には、どのタクシー会社に転職するのかが重要です。タクシー会社によって給料や優遇、サポート内容が異なります。転職後に「こんなはずではなかった」と後悔するようなことがないように、しっかりとタクシー会社を選びましょう。大手だからといって必ずしも自分の希望にマッチするとは限りません。
できる限り多くのタクシー会社の情報を集めて検討するのがおすすめです。ネット上の情報だけではなく、会社説明会などに参加して自分の目で会社の雰囲気などを確認してください。

自分の希望する収入額が得られるタクシー会社かどうかチェックします。給与形態が完全歩合制なのか、基本給がある歩合制なのかによっても収入の安定度が変わりますので要注意です。
次に日勤や夜勤など希望する勤務の時間帯がある場合には、対応している会社かどうかを明確にします。授業参観や運動会など子供の学校行事などに参加したい場合には、休みの取りやすさなども重要です。
自分の生活リズムに適している勤務スタイルで働けるかどうか考えてみましょう。タクシードライバーの経験がない場合には、新人研修などの制度が充実している会社がベストです。

タクシードライバーとして働くためには普通第二種免許が必要になります。タクシー会社の中には、免許を所持していなくても就職後に会社の費用で取得することが可能なケースもあります。
必要な免許がない場合には取得費用を負担してくれる会社がおすすめです。合わせて未経験者に対しての研修体制が整っている会社かどうかもチェックしましょう。
いくつかのタクシー会社に絞れたら、実際にその会社のタクシーに乗るのも一つの方法です。ネットではわからないリアルな情報を入手することができます。

都内のタクシードライバーはチャンスに恵まれている!

都内は日本の中心であり、多くの人が集うエリアです。海外からも観光やビジネス目的で多くの人が訪れています。公共交通機関も発達していますが、目的地にダイレクトでたどり着けるタクシーは便利なため需要が高いです。
都内はタクシーの利用率が高く、収入を伸ばすチャンスに恵まれているため、タクシードライバーへの転職に向いているエリアといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都でタクシードライバーに転職、失敗と後悔から見出すべき事

東京都でタクシードライバーに転職、失敗と後悔から見出すべき事

自由に働ける、頑張り次第で年収がアップするなどの理由から、タクシードライバーへ転職を検討する人も増えてきています。
ただ転職をした人全てが満足している訳ではなく、中には失敗と感じている人がいます。

今回はタクシードライバーへの転職で後悔や失敗と感じる具体例、さらにはどんな点に注意して仕事を探すべきか調べてみました。

タクシードライバーへの転職が失敗だったと感じる理由

タクシードライバーへの転職後、失敗だったと感じるのは人によって理由も様々です。
例えばよく言われるのが、「思ったより給料が少なかった」という理由です。
求人票などを見ると夢のような年収が稼げると記載されていても、実際はその額には到底及ばず、前職より給料が下がってしまうケースもあります。

そもそもタクシードライバーは歩合制であり、頑張れば頑張るほど稼げるイメージがありますが、客を確保できなければ儲けられません。
地域によっても差があり、あまりタクシーの利用が無い土地であれば客を捕まえる事が出来ず、生活に困窮するほど給料が少なくなるケースもあるのです。

また長時間勤務や夜勤が辛いと感じる人もいます。
これまで日勤で働いてきた人にとっては、仕事のローテーションに慣れるまで夜勤は体に堪えます。

しかしタクシーが利用されるのは、主に終電がなくなった時間帯で夜間こそ稼ぎ時なのです。
また18~20時間の連続勤務は当たり前の仕事であり、長時間車に乗っていると腰痛や眠気に悩まされる事も多いです。

その他にも仕事が単調で飽きる、話し相手がいない、酔っぱらった客に絡まれるなど、根本的にタクシードライバーの仕事が合わないと後悔するパターンが多いですが、一方で会社選びに失敗して悩む人もいます。
会社の方針や働き方が合わないと感じれば、肉体的にも精神的にも辛く、離職を決断せざる負えない状況となります。

ブラック企業と優良企業の見極め方

東京都にはたくさんのタクシー会社がありますが、中にはブラック企業と呼ばれる会社も含まれます。
ブラック企業の見極め方としては、まず会社の売り上げだけではなく、ドライバーの歩合率や稼働率をチェックしておく必要があります。

東京にあるタクシー会社の平均的な歩合率は40~60%とされていますが、この数値より極端に低ければブラック企業が疑われます。
また稼働率も低ければ人手不足が懸念され、仕事もハードになる恐れがあります。

そして事故を起こした時にも会社によって差があり、全く補償が出ないと車の修理代も自分で出さなければいけません。
さらに事故によって自分自身が怪我をして働けなくなった場合も、休業制度が設けられていなければ退職せざるを得なくなります。

一方で優良企業とされるのが、会社の売り上げが良いのはもちろん、歩合率や稼働率も高い事です。
歩合率が高ければ効率良くお金を稼ぐ事ができ、余裕をもって働けるようになります。
そして万が一事故を起こした際も会社からのフォローがあり、事故補償が受けられるようになっていると安心です。

また社員が働きやすいように設備や環境が整えられているのも良い会社の特徴です。
例えば女性ドライバーの需要が高まりつつあり、積極的に女性ドライバーを受け入れる会社も増えてきましたが、女性専用の更衣室や休憩室も必須となります。

設備が整えられている会社はしっかりアピール出来ますが、中途半端な状態で済ませている会社は隠したがる傾向にあります。
給与面や福利厚生の充実などに注目しがちですが、いかに会社が社員の事を考えてくれているかに着目して会社を探す事も大切なのです。

失敗しない転職活動の方法

会社選びに失敗しないコツは、自分でしっかりとタクシー会社の情報を掴む事です。
仕事を探すためにはサイトや雑誌などが便利で、もちろん基本的な情報をチェックする事は出来ますが、細かい部分まではわかりません。

会社の事を知るためには、例えば大手の会社であれば説明会を開催している事もあるため、積極的に参加して情報収集に努めます。
仕事や勤務形態についての質問が直接会社に出来るので、自分のライフスタイルに合わせて働きやすい職場であるのかを判断する事が出来ます。

また気になる会社についてネットで評判をチェックしてみるのも1つの方法です。
特にブラック企業と呼ばれる会社は悪い噂がネット上に出回っており、これを無視するのは危険です。

もちろんネットの情報が全てではないですが、社員や元社員が書き込んでいるケースが多いので、参考にする価値はあります。
そして実際にタクシーを利用してみて、ドライバーに直接話を聞いてみると、思いがけない情報が得られるかもしれません。

どんな会社なのか、どんな人が働いているのか、またタクシードライバーの仕事は楽しいかなど質問すると、それについての本音を教えて貰えます。先輩ドライバーの声は今後の転職活動にも有意義に活かせるものなのです。

じっくり考えてから転職活動をしよう

タクシードライバーは儲かると安易に考えず、本当に自分に合っている仕事なのかを検討する必要があります。
その上で転職を決意したのであれば、慎重に会社を選び、自分が働きやすい職場に就職する事が大事です。

良い会社に就職出来れば、後は自分が頑張るだけです。
地理や接客応対などに出来るだけ早く慣れ、信頼できるドライバーと認識されれば、自ずとお給料も上がっていくものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職で後悔や失敗があった東京都のタクシードライバーが教えるタクシー会社の選び方

転職で後悔や失敗があった東京都のタクシードライバーが教えるタクシー会社の選び方

タクシードライバーになっても、思い描いていた通りになるとは限りません。高収入という情報だけで転職してしまうと、実際にはその通りに稼げずに、様々なトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

過去にタクシー会社に転職に失敗した人や、後悔している人をリサーチした情報を元に、タクシー会社の選び方を説明していきます。

タクシー会社によってドライバー人生は大きく変わります

タクシードライバーに転職して、失敗したと後悔することは、収入面です。タクシードライバーは歩合制なので、がんばった分だけ給料になるため、収入が上がることを期待しているからです。

しかし、実際には思ったほど稼げないと、低収入の状態が続くことになります。タクシー会社を退職して、良い条件の会社に移動するドライバーもいれば、途中で挫折してしまい他の業種に転職する方もいます。

努力しても報われない環境に気づかないまま、働き続けるドライバーが多く、会社を変えた途端に収入が上がるケースは珍しくないです。そのように環境を変えることに成功したドライバーだからこそ、稼げない原因は自分の営業不足ではなく、入社したタクシー会社が悪かったということが判明しました。

ですので、タクシー会社を決めるときは、慎重に行った方が良いのです。

もしタクシーで稼げない状態であれば、自分の営業努力の見直しも必要ですが、環境を変えることも大事なことだと考えてください。転職を考えるのなら他の業種ではなくタクシードライバーとして転職することをおすすめします。せっかく得たドライバーのノウハウを、利用し続けるほうが高収入に繋がるからです。

入社は避けたほうがよいタクシー会社の特徴

タクシー会社の選び方で失敗しないためには、選ばないほうがよい会社を確認しておくことです。過去に失敗だった情報をや後悔する会社の傾向を見るなど、選ばないほうがよいポイントを6つにわけて説明します。もしこの項目に該当する会社がある場合は、なるべく避けたほうが良いでしょう。

#稼働率が低い

稼働率とは、会社が所有している全タクシーが日々どのくらいの台数が動いているかの割合です。稼働率が低いという事は、全体の売り上げや利益も低く、ドライバーが少ないことを示します。原因としてはドライバーの定着率が悪いので人材が不足しているためです。そのような会社は内部に問題があるケースが多いでしょう。

#事故補償がない

ドライバーは運転するのが仕事なので、事故にあう可能性が高いです。事故を起こしたときに、全額ドライバーの自腹という会社もありますので事前に確認が必要です。

#小規模の会社

小規模なタクシー会社は大手に比べて、安定した売り上げを出すことは難しいため、財政面に不安があります。もちろん福利厚生や保障の設備がないケースが多いです。

#社員教育がない

社員教育のシステムは、ドライバーのその後の働き方を大きく左右します。もし社員教育がない会社に、タクシードライバー初心者が入社した場合、苦労することになるでしょう。

#営業車の整備・装備が悪い

営業車を見ればタクシー会社のグレードがわかるといわれています。営業車の整備をおろそかにしている会社は、社員の安全を考えていません。ドライバーは不安を感じながら運転することになるでしょう。無線やカーナビが装備されていない営業車もあるので注意しましょう。

#タクシーランクがCランク

タクシーランクは、財団法人東京タクシーセンターが、東京都のタクシーの評価をランク付けしたものです。Cランクというのは、サービスや安全面、経営などの評価が低く、タクシーランクの中でも最低評価のことです。Bランク以上のタクシーランクであれば選んでも安全でしょう。

タクシー会社の探し方のコツ

東京都には400以上のタクシー会社が存在します。その多さのため、自分にぴったりの会社を見つけるのはなかなか難しいですが、タクシー会社を調査する方法が3つあるので紹介します。

#実際にタクシーに乗ってみる

お客としてタクシーを利用すると、営業車やドライバーの質が実際に確認できます。ドライバーに話しかければ、外部の人間が詳しく知る事は通常できない会社内の事情や業界の現状や、働く環境など聞けるかもしれません。

#タクシードライバー転職支援サイトで探す

支援サイトは複数の会社を調べることができます。情報を仕入れることは大事なので活用しましょう。プロのアドバイザーに相談できるサイトもあるので、頼りになります。無料で相談できるサイトもあるので、気軽に連絡してみましょう。

#タクシー会社に直接電話してみる

気に入ったタクシー会社があれば、電話で直接連絡してみるのも良いです。求人情報や、疑問に思っていることを質問できるからです。

後悔しないタクシー会社選びをしましょう

せっかくタクシードライバーに転職してもタクシー会社選びで失敗したら、入社してから後悔します。もちろん他のタクシー会社に転職することは出来ますが、間違った会社を選んでしまうことは、時間、労力、収入のあらゆる面でロスしていることになるでしょう。

自分に合った会社に転職できれば、あとは自分の努力次第で成功できます。情報収集、比較検討をきちんと行いタクシー会社を選ぶことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加