タクシードライバー口コミ

40代・50代、最後の転職を成功させる簡単な方法

40代以降で転職を考えたときに一番考えるのは、「これを最後の転職にすること」ですね。最後の転職を成功させるには、今までの会社生活で不満に思ってきた事を改善できる道を選んでいくことです。家族と過ごす時間も取れずに働く生活、社内にこもってプレッシャーを感じながら過ごす生活は、積極的に変えていきましょう。そんなポジティブな転職希望者の方にぴったりのお仕事があります。時間も取れて、自分の裁量で稼ぐことができ、安定した生活も手に入る、そんな最後の転職にしてくださいね。

40代・50代、最後の転職を成功させる仕事とは?

皆さんは、タクシードライバーのお仕事について知っていますか?あまり知られていないかもしれませんが、実は前述のような「時間も取れて、自分の裁量で稼ぐことができ、安定した生活も手に入る」お仕事です。

タクシードライバーになったら実現できる生活

40_contents_right
日本交通グループの蔦交通では、乗務の日は1乗務が14時間で月間12回です。これは、一度出勤したら次の日はお休みなので月のうち約50%がお休みということになります。日曜は定休にすることも可能です。普通の会社員であれば月曜日から金曜日まで毎日出勤が基本なので、今までの会社員生活より時間的な拘束も自由になり、家族と過ごせる時間もしっかりと確保することができます。
もちろん、収入面でも稼げる環境が整っています。
タクシードライバーは歩合制でお給料が増えていきますので、それを後押しする仕組みがたくさんあります。例えばスマートフォンアプリ「全国タクシー」での配車や、LINEとの提携「LINE TAXI(ラインタクシー)」、六本木ヒルズ・東京ミッドタウン・日本テレビタワーなどの日本交通専用乗車場の確保、ポカリスエットとのコラボレーション・ポカリタクシー、ファブリーズで本格消臭した「ファブタク」のような取り組みがされています。蔦交通は葛飾エリアに営業所があり、東京スカイツリー周辺の観光地にも近く、お客様をお乗せしやすい条件です。それでも収入面が不安な転職者の方に嬉しいのが、入社して1年間は最低月給月給35万円を保証してくれる制度があることです。慣れるまできちんと助けてくれるので、不安無く転職ができますね。

40代・50代が転職しやすいのか?

今までの社会人生活で培ってきた効率的に段取りを考える力や、丁寧な応対や、20代にはない気配りの力や、人生経験を営業とお客様とのお話に活かす事ができるので、40代・50代も歓迎の職場です。定年後も定時性雇用としては、70歳まで働いている環境です。年齢を考えて、躊躇してしまうのは勿体無いですね。40代で転職活動をしていると正社員の会社が少なくなっていく中、蔦交通のタクシードライバーなら安定の正社員雇用です。また、タクシードライバー未経験からのスタートが8割という状況ですので、二種免許の取得から売り上げをサポートする教育まで手厚くサポートしてくれます。5年連続業界売り上げ1位の日本交通グループなので、安心して働くことができます。

タクシードライバーは長くモチベーションを持って働ける仕事なのか?

40dai_contents_left蔦交通では新人乗務員の定着率が90%と非常に高く、72歳のベテランドライバーまで勤務しています。長く働ける環境があるからなのですが、仕事にモチベーションを持って長く続けるためには、給与・勤務時間などの待遇面に加えて目標があることも大切です。
日本交通グループでは、エキスパート・ドライバー・サービスという精鋭達がつくるサービスがあります。都内の観光地を中心にご案内をする観光タクシードライバーの部門・お子様の習い事のなどの送り迎えのお手伝いや妊婦さんを送迎をする部門・介護用のタクシーを運行したり、ご高齢の方のお買い物をアテンドする部門、に分かれたサービスのプロとしてお客様に接しています。蔦交通には、エキスパート・ドライバーになるために、東京観光の知識をつけたり、介護や救命救急、仕事でも日常生活でも輝けるような知識を身につけて、自己成長し続ける社員が居ます。仕事に慣れてからも、ただ運転するだけには留まらず、モチベーションを持って長く働ける仕事です。

この転職を最後で最高の転職にするために

今までの仕事で実現出来なかった、家族との時間や安定した将来像をしっかりと持てるような仕事・会社を選んでいきたいですね。蔦交通なら、そんな皆様にぴったり合う環境が整っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーは休みが多い

タクシードライバーになって一番驚いたことは、休み(休日)が多いこと!
なんで休みが多いのでしょうか。
その仕組みについて見ていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加