稼げるタクシードライバー

未経験からでも稼げる?タクシードライバーへの転職を考えている人必見!タクシーの歩合など給与形態について

未経験からでも稼げる?タクシードライバーへの転職を考えている人必見!タクシーの歩合など給与形態について

タクシードライバーは経験や年齢、性別を問わず比較的採用されやすい職種であるため、転職先として検討している人も多いのではないでしょうか。しかし、タクシーの歩合制の仕組みがよくわからない、未経験でも稼げるのかなど疑問や不安の声もよく聞かれます。

ここでは特に東京都内でタクシードライバーとして転職を検討している人を対象に、歩合の仕組みなどについてご紹介します。

歩合給って何だろう?タクシー会社の給与形態について

タクシー会社の求人票を見ると、給料の項目の中に「基本給+諸手当+歩合給」または「AB型賃金」、「B型賃金」と書かれていることがあります。歩合給とは、個人の成績や売り上げに応じて計算した給与のことです。

タクシーの売り上げはタクシードライバーの能力によるところが大きいので、ほとんどの会社で歩合給制度を採用しています。タクシー会社の給与形態は、この歩合給を給与計算に組み入れたA型賃金、B型賃金、AB型賃金の3種類のうちのいずれかを採用しているところが多くなっています。

A型賃金は、基本給に歩合給や諸手当、賞与が加わった給与形態です。月収のうち基本給の割合が高くなっており安定していますが、その分歩合率(歩率)が低く設定されています。成果報酬の考え方が浸透したことや基本給が高いと不況や燃料代が高騰した際に会社の負担が大きくなることから、都内のタクシー会社ではほとんど採用されていません。

B型賃金は、ほぼ完全歩合給制の給与形態です。売り上げに歩合率を乗じた歩合給が給与になるため、タクシードライバーの能力次第では高い給与を狙うことができます。ただし、不況などでタクシーの利用者数が減少すると月収が大幅にダウンすることもあります。

また、完全歩合制を採用していても、実際に労働した時間があるにもかかわらず給料がまったく支払われなかったり、時間に換算した額が地域別最低賃金額に達していなかったりする場合は労働基準法上違法となるため、転職する際によく確認しましょう。

AB型賃金は都内の多くのタクシー会社で採用されている給与形態です。基本給に歩合給や諸手当、賞与が加わったA型賃金と似たような形態ですが、基本給を抑えてその分歩合率を高くしています。

この給与形態ではタクシードライバーの売り上げに応じて歩合給が高くなり、かつ売り上げが少なかった月でも基本給の分は保証されるので給与が安定するというメリットがあります。また、毎月の売り上げのうち数パーセントを積み立て、年数回賞与という形で支給するのもAB型賃金の大きな特徴です。

未経験者でも安心!給与保証について

前述したように、都内のタクシー会社の多くでは基本給を抑えて歩合率を高く設定したAB型賃金を採用しています。しかし、歩合給はタクシードライバーの能力や経験によるところが大きく、売り上げがなかなか上がらない未経験者には大変不利な制度です。

そこでタクシー会社によっては乗務開始から一定期間の間、給与を保証する給与保証制度を導入している会社もあります。

給与保証期間中はかなり高い固定給が支給されるので、タクシードライバーはその期間中に生活を安定させて売り上げを出すノウハウをゆっくり学ぶことができます。保証期間は数カ月~1年のところが多く、保証期間を過ぎると基本給はぐっと下がり、代わりに歩合給が支給されます。

未経験からタクシー会社に転職する場合、この給与保証期間がどれくらいあるか、またひと月あたりどれくらい支給されるのかは確認しておいた方が良いでしょう。未経験者であれば、半年~1年以上の給与保証があると安心です。

未経験者でも大丈夫!東京都内のタクシードライバー年間平均給与

未経験からタクシードライバーとして転職する場合、給与保証制度や研修制度がしっかりとしたタクシー会社に入社しても自分は果たして稼げるのかどうか不安になるものです。

しかし、東京都内に限っていえば、平成29年度の東京都のタクシードライバーの平均的な年間給与(推計額)は418万5,100円であり、全国平均の333万2,900円を大きく上回っています(全国ハイヤー・タクシー連合会「平成29年タクシー運転者の賃金・労働時間の現況」より)。

これは都内ということもあり、駅前や病院で待つ付け待ちでもタクシーを利用するお客さんを探す流しでも、お客さんを乗せる機会が他の地方よりも圧倒的に多いためと言われています。そのため、未経験者であっても都内であればある程度稼げるものと推測されます。

未経験者でも稼ぐ秘訣とは?何事も情報収集から

このように未経験者であってもある程度は稼げる可能性があることはわかりましたが、給与をアップするためには営業努力が不可欠です。未経験者であってもベテランであっても、タクシードライバーとして活躍するためには一人でも多くのお客さんを乗せ、売り上げをどれだけ上げられるかがカギになります。

そのためには電車の終電時刻や人が集まるイベント、飲み屋が多い場所などについての情報収集を欠かさないこと、タクシーを必要としているお客さんをすばやく見つけることなどが大事です。

情報収集については、どの時間帯のどの場所にタクシーの需要があるのか把握しておけば、流しでお客さんを乗せることにつながります。例えば、駅の終電時刻をあらかじめ調べておけば電車に乗り遅れた人を乗せることができますし、ビッグイベントがあるとわかっていれば電車やバスの混雑を避けてタクシーを利用したいお客さんをつかまえることもできます。

また、なるべく広い地域で情報収集をしておくとお客さんを長距離乗車させた際に別のお客さんを乗せて戻ってくることもできるでしょう。

流しでお客さんをすばやく見つけるコツは、なるべく速度を落として歩道のお客さんを見逃さないようにすることです。ただし、過去には歩道に気を取られて重大事故につながったこともあるため注意が必要です。タクシードライバーにとって無事故無違反は重要なことであり、事故を起こすと会社によってはかなり厳しいペナルティを課されることもあります。

働いた分だけ給料がアップするのがタクシードライバーの魅力ですが、タクシーに乗車したお客さんを目的地まで安全に送迎することが使命と心得て、常に安全運転を心がけましょう。

未経験でもタクシードライバーとして成功することは十分可能!

今回紹介したように、一定期間の給与保証制度を導入しているタクシー会社もあること、また東京都内はタクシー利用者が多いことなどから、都内であれば未経験者でも稼げると言えるでしょう。

ただし、給与保証制度の内容や福利厚生、稼ぐためのノウハウを学ぶ研修制度は会社によって異なるため、転職する際はその点についての情報収集をしっかりと行いましょう。自分に合ったタクシー会社を選ぶことが転職を成功させる秘訣です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーの給料と平均年収!東京で稼ぐタクシードライバーとは?

タクシードライバーの給料と平均年収!東京で稼ぐタクシードライバーとは?

タクシードライバーの全国平均年収は、およそ300万円ほどとなっています。
もちろん、勤務するタクシー会社や地域によっても大きく異なってきますが、例えば東京では平均年収で400万円ほどあります。
タクシードライバーは収入の個人差が極めて大きな職種です。

稼ぐことができるタクシードライバーはどのように働いているのかを確認していきます。

タクシードライバーの年収事情と給与体系

タクシードライバーの全国平均年収に比べて、東京都内で勤務しているタクシードライバーの平均年収は100万円ほど高くなっています。
地方と比べて東京都内はタクシー利用率が高いことなどがその要因として考えられます。

タクシードライバーの給与体系は大きく2種類に分けられます。

1つは固定給制度、もう1つは歩合制です。
とりわけ多くのタクシー会社で導入されているのが、歩合制の給与体系です。
歩合制といっても完全歩合制というわけではなく、毎月基本給は最低限保証されていて、その上に頑張った分だけ上乗せされていくという仕組みです。

ですからタクシードライバーとして転職を考えているのなら、まずこの給与体系をしっかりと確認することが大切です。
基本給はいくら保証されるのか、上乗せされる歩合の取り分が50%なのか、60%なのかをきちんと確認しなければなりません。

稼ぐタクシードライバーは場所と時間を見極めている

タクシードライバーの給料を左右するのは、上乗せされる歩合の部分です。
つまりより多くの売り上げを獲得したタクシードライバーがより多くの給料を手にすることができるというシンプルなシステムです。
ということは、より多くの人数を乗せることができれば自分の収入アップに直結しますから、どの場所で客待ちをするのか、どの時間帯で働くのか、といった勤務内容を自分の裁量で考える必要があります。

終電以降の時間帯の方がタクシー利用率は高まりますから、働く時間帯に深夜を選択することが収入アップの近道のようですが、当然そう考えるライバルも多いので、タクシーを利用しようとする客の争奪戦になります。
特に都内でも激戦になるエリアでは、タクシーを利用する人がたくさんいても、タクシーの数も多いので単位時間あたりに乗せることができる客の人数は決して多くはなりません。
それであれば逆に昼間の都内で買い物客などを見込んで客待ちをしている方が結果として売り上げが上がる場合もあります。

稼ぐタクシードライバーは天気予報も見逃さない

降雨の方が晴天時よりタクシー利用率が高まります。
ですから天気予報をまめに確認して、どの時間帯から雨が降り始めるのかを予測し、そこへ合わせて出勤することも有効な手段です。

ただし朝から雨が降っている、もしくは前日から引き続き雨が降っているなどといった場合は多くの人が傘を持っていて雨のなか帰宅する前提ですから、タクシーを利用する客の数は多くないかもしれません。

逆に急に降り出したというときには手持ちの傘がない人も多く、また終バス以降の時間帯であれば、たとえ駅から徒歩20分から30分といった近距離圏内でもタクシーを利用しようとする人の数は普段より多くなる可能性があります。

むしろこの距離ならワンメーターほどでタクシーを利用することができますから、気軽にタクシーを使ってくれる利用者が増えることが期待できます。
たとえ短い距離でもピストン運動のように何度も往復すれば単位時間あたりの乗車率が上がり、結果として売り上げの向上に結びつくこともあります。

稼ぐタクシードライバーは状況変化を先読みする

稼ぐタクシードライバーは常に頭を使って、自分の仕事を行っています。
以前うまくいった方法が、いつまでも変わらずに通用するわけではありません。
街の中に企業や工場などが移転してくると移動する人たちの層が変わります。

また大型のショッピングセンターやモール、映画館などの複合施設が開業したり、テーマパークやアウトレットモールなどが新規に営業を始めると、人の流れは一変します。
もちろんスポーツイベントやコンサートなどがある日とない日とでも状況は大きく異なります。

稼ぐタクシードライバーになるためには常に情報収集を怠らずに、それが自分の売り上げアップにどう影響するのかを考えていかなくてはなりません。

このような状況の変化からタクシー利用者の心理や行動を先読みする能力が、稼ぐことができるタクシードライバーになれるかどうかの決め手となります。
もちろんこの素質ははじめから備わっているものではありません。
先輩ドライバーに話を聞いたり、自分で試行錯誤をして徐々に感覚として身についていくものです。

特に東京は街の状況が目まぐるしく変わる都市ですから、その変化を見逃さずに、その日最も稼ぐことができる働き方を選択していく必要があります。

稼ぐタクシードライバーは常に考えながら仕事をしている

稼ぐことができるタクシードライバーは、タクシーを走らせる場所や時間帯を考えながら勤務しています。

また降雨や酷暑など天気の変化にも柔軟に対応してタクシー利用率が高まるタイミングを逃さないようにしています。
とくに東京ではイベントなども数多く行われていますから、そのような情報にも敏感に反応して、需要を先回りして稼いでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内でタクシー乗務員に転職を考えている人はメリット・デメリットについて知っておこう

東京都内でタクシー乗務員に転職を考えている人はメリット・デメリットについて知っておこう

少子高齢化の影響などで人手不足が顕著になってきた日本では、タクシー乗務員の求人も多く募集されています。
そのため、転職先としてタクシー乗務員を考えている人もいるでしょう。
しかし、転職するときはその業界のことを知っておかないと、後悔する可能性もあります。

そこで、この記事では転職を考えている人に向けて、タクシー乗務員のメリットとデメリットを紹介します。

タクシー乗務員のメリット1:年齢に関係なく転職活動しやすい

タクシー乗務員に転職するメリットとして、まず挙げられるのは「運転免許さえあればだれでも応募できること」です。
一般的に転職にあたっては過去の経歴や保持している資格の有無、年齢などが重要視されます。

しかし、タクシー乗務員では、それらの能力を重視する会社はそれほどありません。
なぜなら、タクシー乗務員として働くうえで大切なスキルは、「乗客とコミュニケーションを取りつつ、目的地まで安全に運ぶこと」だからです。
そのためには、特別な資格や年齢などはほとんど関係ないといえます。

転職者にとって特に大きなメリットとして挙げられるのは、「年齢要件に制限がないケースが多いこと」でしょう。
一般的な会社員として転職を考えるケースでは、求人に「35歳未満」などの年齢要件が付いている場合が多いです。

しかし、タクシー乗務員では40代や50代でも問題なく、求人を出している会社が多いのが特徴だといえます。
実際にタクシー乗務員として働く人のなかには、40代以上で未経験から転職をした人も多くいるのです。
ある程度の年齢になると一般的に転職先を探すのに苦労することが多いですが、そういう心配をしなくてよいというのはタクシー乗務員ならではのメリットです。

タクシー乗務員のメリット2:歩合給があるので働けば働くほど稼げる!

東京都内のタクシー乗務員の平均年収は全国平均に比べると、基本的には高いです。
そのため、タクシー乗務員として転職することを考えているなら、年収の高い東京都で働くのは合理的だといえます。

株式会社交通新聞が公表している資料によると、2018年のタクシー乗務員の推定年収は全国平均で348万円です。
しかし、東京都だけに限ると、タクシー乗務員の推定年収は470万円となっています。
全国平均に比べるとおよそ35%も高い年収を稼げる可能性があるのです。

また、タクシー乗務員の給与体系は一般的に「固定給+歩合給」です。
歩合給が導入されているということは、働けば働くほど収入をアップさせるチャンスがあるといえます。
実際に東京都で働くタクシー乗務員のなかには、年収800万円以上稼いでいる人もいるぐらいです。
「働いた分だけ手取り収入が上がる」というのは、仕事をするうえで大きなモチベーションになることでしょう。

ただし、タクシー会社によって固定給と歩合給の割合が異なる点には注意が必要です。
希望するタクシー会社の給与体系については、よく調べてから応募するようにしましょう。

タクシー乗務員のメリット3:プライベートを充実させやすい!

タクシー乗務員は夜勤が多くて激務だと考えている人もいるのではないでしょうか。
しかし、タクシー乗務員の勤務体系は比較的しっかり決まっているので、その気になればプライベートな時間を多く確保できるのもメリットだといえます。
タクシー乗務員の働き方には、大きく分けて昼勤と夜勤がありますが、基本的には丸1日働いたあとの翌日は休日になるケースが多いのが特徴です。
いわゆる隔日勤務と呼ばれる働き方で大変そうに思えるかもしれませんが、実際には休憩時間がしっかりと確保されているので、慣れてしまえば問題ないという人も多いです。

歩合給との兼ね合いもあるので、どれぐらい休みを取るかは人それぞれですが、月の半分程度を休日にしている人もたくさんいます。
一般的なサラリーマンと比べると休日の数は増えることが多いでしょう。

また、サラリーマンでは休日にすることが難しかった平日に休みを取りやすくなることもメリットです。
平日に休みが取れることで公的機関の手続きがしやすくなりますし、観光地や商業施設などで混雑する土日を避けて遊べるようになります。

タクシー乗務員はプライベートを充実させやすいという点を覚えておきましょう。

タクシー乗務員のデメリットは「事故のリスク」と「最初のうちは収入が不安定になりやすい」

タクシードライバーのデメリットとして挙げられるのは、「事故に遭うリスクがある」「給与が安定しない可能性がある」の2つです。

休憩時間が適切に確保されているといっても、長時間に及ぶ自動車の運転は判断ミスにつながりかねない疲労を蓄積させることがあります。
歩合給だからとあまり頑張りすぎると、取り返しのつかない事故を起こしてしまう危険性があるのは十分認識して、常に安全運転を心がける気持ちが大切です。
また、万が一事故を起こしてしまった場合に備えて、必ず事故補償をしてくれるタクシー会社を選ぶようにしましょう。

2つ目のデメリットである「給与が安定しない可能性」については、歩合給が影響しています。
歩合給は働けば働くほど収入がアップするという点ではメリットですが、タクシー乗務員の場合、いくら働いても乗客が見つからないと売り上げにつながりません。
特に転職してすぐは乗客が見つかりやすい場所や時間帯などのノウハウがない状態なので、給与が不安定になりやすいです。

タクシー会社によっては採用してから実際に業務をこなす前に、しっかりとした研修を実施しているところもありますので、未経験者はそのような会社に応募するとよいです。

デメリットはタクシー会社の情報を確認することで補える!

タクシー乗務員として働くメリットには、「年齢に関係なく転職しやすい」「働くほど収入アップが期待できる」「プライベートを充実させやすい」の3つがあります。
一方で、デメリットは「事故のリスク」と「歩合給なので収入が不安定になりやすいこと」の2つです。

タクシー会社によっては補償や研修などで、デメリットを減らす努力をしている企業もあるので、情報をよく確認したうえで応募先を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーに転職すると未経験でも稼げるの?タクシーの歩合給の仕組みとは

タクシードライバーに転職すると未経験でも稼げるの?タクシーの歩合給の仕組みとは

転職を考えている人にとって年収はとても重要な項目でしょう。
ただし、タクシードライバーは歩合給を採用している会社も多いので、注意が必要です。
タクシードライバーに転職を考えている人は歩合給の詳細について知っておくとよいでしょう。

そこで、この記事ではタクシーの歩合についての解説と、未経験者でも稼げるのかどうかについて紹介します。

タクシー会社の給与体系にはA型とB型がある

歩合とは簡単にいうと成果報酬制です。
つまり、売上を上げれば上がるほど、手取り収入が上がる給与体系だといえます。

一般的な会社員は自分がどれだけの成果を上げても、決められた基本給が毎月支払われる固定給制度を採用している会社が多いです。
それに対して、歩合給は自分が稼げば稼ぐほど収入も増えるので、働きがいのある給与体系だといえます。

とはいうものの、タクシー会社に勤務する場合、完全歩合制というのはあり得ません。
雇用主と従業員という雇用関係にある以上、タクシードライバーは最低時給をもらう権利があるからです。
つまり、どれだけ歩合の割合が大きいタクシー会社でも「最低時給+歩合制」という給与体系になります。
タクシー会社におけるこの給与体系を一般的にB型賃金と呼びます。

それに対して、「基本給+歩合給」といった給与体系をA型賃金と呼ぶので覚えておきましょう。
タクシー会社によって基本給の内容は異なりますが、なかには一般のサラリーマンと同様に基本給が毎年昇給していくパターンもあります。
A型賃金のメリットはなんといっても、働くうえで安心感があることです。

転職直後は乗客の多い場所や時間帯といった知識があまりなく、売上が安定しないこともあるでしょう。
しかし、基本給がしっかりと払われるタクシー会社を選んでおけば、そのような心配は軽減されるはずです。
ただし、基本給がしっかりしている会社ほど、歩合における取り分は少ないケースが多いです。
タクシードライバーに転職後、すぐの段階から稼げる自信のある人は歩合給の割合が高い会社を探すとよいでしょう。

タクシー会社によって歩合率や待遇は全然違うので気を付けよう

タクシードライバーの給与体系には大きく分けてA型とB型の2つがあります。
しかし、同じ給与体系でもそれぞれのタクシー会社によって歩合率は異なるので、気を付けましょう。

たとえば、A型賃金を採用しているタクシー会社A(基本給17万円+歩合給60%)と、タクシー会社B(基本給18万円+歩合給55%)があったとします。
基本給部分についてはB社のほうが高いですが、歩合給はA社のほうが高い状況です。
このケースでは、毎月20万円を超える売上を稼げれば、B社へ転職したほうが有利になります。
希望する会社へ応募するときは、できるだけ事前に給与体系を調べておき、どちらが有利になりそうかをイメージしておくほうがよいでしょう。

また、給与面からタクシー会社を選ぶときは、待遇も加味して考えることが重要です。
タクシー会社の求人では入社祝い金がもらえたり、2種免許の取得費用を会社が負担してくれたりするケースも多いです。
入社祝い金や資格に取得費用を会社が負担してくれることは、実質的に収入と変わりません。
それらと給与のトータルを合計して、総合的に判断することが重要だといえます。

タクシードライバーは未経験者でも稼げるの?

結論からいうと、タクシードライバー未経験者でも最初からたくさん稼いでいる人は多くいます。
なぜなら、タクシードライバーの仕事は、安全に目的地まで乗客を乗せていくことだからです。
つまり、タクシードライバーの仕事には特別な知識や資格は必要なく、乗客を見つけるノウハウさえあれば、だれでも最初から稼げる可能性はあるといえます。

ただし、全員が稼げるというわけではありません。
タクシーを利用する乗客の多い場所や時間帯というのは、ある程度決まっているからです。
それらの知識もなく、闇雲に街をさまよっていても、効率よく稼ぐことは難しいでしょう。
しかし、転職してすぐのタクシードライバーにはその知識がありません。

そこで、大切になってくるのが、タクシー会社の研修です。
タクシー会社によっては、採用後に顧客対応だけでなくベテランドライバーから稼ぐためのノウハウを教えてもらえる講習を実施しているケースがあります。
未経験者で最初から稼ぐ自信がないという人は、しっかりした研修体制が整っているタクシー会社へ応募するとよいでしょう。

タクシードライバーで稼ぐための3つのポイント

タクシードライバーとして稼ぐための1つ目のポイントは「勘だけの流し営業はしないこと」です。
流し営業はタクシーを運転しながら乗客を探す営業方法で、運よく乗客が見つかることもあります。

しかし、このような営業方法を取っていると、乗客が見つかるかどうかは運に大きく左右されるでしょう。
確実性を高めるためにも流し営業ではなく、人通りが多くて、いつもタクシーを利用する人の多いポイントを見つけて待つ方が得策です。

2つ目のポイントは「周辺のイベントにアンテナを張っておくこと」が挙げられます。
コンサートや野球、サッカーの試合などは、開場前と終わった後に多くの人が移動を開始します。
タクシードライバーにとって、そのときが乗客を見つけるチャンスです。
興味のないイベントであっても仕事につながる可能性はないか、常にアンテナを張っておく姿勢が必要だといえます。

最後のポイントは「長距離の乗客にこだわらないこと」です。
タクシードライバーのなかには効率的に稼げるというメリットがあるので、長距離を利用する乗客を狙う人もいます。
たしかに、長距離利用の乗客というのは、時給ベースで考えると非常に魅力的です。
しかし、実際にはそんな都合の良い乗客に出会える確率はそれほど高くありません。
そのため、売上が不安定になる可能性が高くなります。安定して稼ぐためには距離にこだわらず、乗客をこまめに乗せて走るほうがよいでしょう。

タクシードライバーは未経験でも稼げる可能性はある!歩合給をどう考えるかは自分次第

タクシードライバーで稼ぐためには、特別な資格は必要ありません。
乗客を安全に目的地まで送り届ければ売上が稼げるので、未経験者でも収入を増やすチャンスは大いにあります。

歩合制には大きく分けてA型賃金とB型賃金の2つがありますが、どちらがいいかは人それぞれです。

基本的には最初から稼ぐ自信のある人は歩合給の割合が多いB型賃金、あまり自信のない人はA型賃金を採用しているタクシー会社を選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京のタクシードライバーの平均年収や給料・稼ぐためのコツとは?

東京のタクシードライバーの平均年収や給料・稼ぐためのコツとは?

タクシードライバーは、数ある仕事のなかでも特に自分のペースで働ける、自由度の高い職業です。1人でいる時間が長く、お客さんと接することはあってもその場かぎりの関係であるため、精神的にも楽であるという声もあります。

では、タクシードライバーはいったいどのくらいの給料をもらっているのでしょうか。
ここでは、タクシードライバーの平均年収や、タクシードライバーとして稼ぐためのコツについて解説します。

タクシードライバーの平均年収はいくらなのか

タクシードライバーの平均年収は、約300万円といわれています。といっても、この金額は全国的に見た場合の平均であるため、地域によって変わってくるでしょう。

たとえば、東京の都内であればタクシーの利用者も多いため、この金額より高くなる傾向にあるようです。逆に、人があまりいないような地域では、これより低くなります。また、タクシードライバー個人によっても変わってくるでしょう。

売上があると、その50~60%ほどがタクシードライバーの取り分となり、残りは会社の売上となるのです。

タクシードライバーの年収といえば「低い」「高い」というイメージが両極端に存在しています。このようなイメージがつくのは、タクシードライバー個人の工夫や努力によって、もらえる給料の金額が大きく変わってくるからでしょう。

実は、タクシードライバーは他の仕事と比べても、個人によって年収の差が大きく出る職業なのです。
これは、自分次第ではたくさん稼ぐことができるとも言えます。

タクシードライバーが稼ぐコツ

タクシードライバーの給料は、ほとんどの場合「歩合制」となっています。なかには固定給の会社もありますが、全体としては少ないでしょう。

歩合制で稼ぐには、タクシードライバーがそれぞれに努力や工夫をすることが重要になってきます。会社に何かしてもらうのを待つのではなく、自分から動いていく必要があるのです。「どのようにすれば稼げるのか」ということを常日頃考えることが大切でしょう。

その際には、待機する場所を工夫するのがたくさん稼ぐためのコツです。これまで待機していた場所であまり稼げないのであれば、人通りが多い場所に変えてみましょう。

また、お客さんが利用しやすい場所であることもポイントです。そのためにも、日頃から周囲を観察しておくといいでしょう。

タクシードライバーとして稼ぐためには、知恵を絞ることが重要です。なかには単純に勤務日数や時間を増やして稼いでいる人もいます。それも、その人が工夫した結果と言えるでしょう。

稼げるタクシードライバーは何をしているか

タクシードライバーがもらえる取り分の割合は、ほとんどの場合は会社で決まっているものなので、自分で変えることはできません。たくさん稼ぐためには売上を伸ばす必要があり、そのために稼げるタクシードライバーはさまざまな工夫をしているのです。

それは1日の勤務がスタートするところから始まっており、その日どのように動くかをしっかりとシミュレーションします。
そして、どのように車を移動させ、どこで待機するかを計算しながら動いていくのです。

お客さんがタクシーを拾いやすい場所で待つことはもちろん、ニーズがありそうなタイミングを見逃さずに動きます。

また、そのエリアのお客さんはどのような人が多いのかということまでしっかりと把握しているのです。
たとえば、コンサートなど何か大きなイベントがあるときには、タクシーを利用する人が多くなります。

稼げるタクシードライバーは、そのような情報を事前にしっかりとキャッチして、タイミングよくお客さんの前に現れるのです。

こうした努力や工夫をしっかりとできているのが、年収の高いタクシードライバーの特徴と言えます。

もちろん、こうした判断ができるのは「長い経験があるからだ」とも言えるでしょう。しかし、たとえ経験が浅くても、努力でカバーできる部分はあるのです。

タクシードライバーになるメリット

タクシードライバーになるメリットは、まず「ややこしい職場の人間関係から解放される」ことが挙げられます。タクシードライバーは基本的に1人で仕事をするため、職場の人間同士でやりとりすることがないのです。

そのため、人間関係で悩むこともほとんどなくなります。人との関係性で悩みやすい人には、ぴったりの仕事でしょう。

また、すぐ近くに上司がいるわけではないので、気楽に働けると感じる人も多いようです。もちろん、最初のうちは先輩と一緒に行動することになりますが、研修が終われば完全に1人となります。

また「労働時間が短い」のもメリットでしょう。タクシードライバーは、基本的に24時間勤務となります。そう聞くとあまりイメージできないかもしれませんが、実際の労働時間はそれより短いのです。

そのなかには休憩時間が3時間含まれており、お客さんを乗せていない間にも休憩をすることができます。また、人によっては仮眠をとるという人もいるのです。24時間勤務と聞くと「長い」と感じてしまいがちですが、24時間ずっと働くというわけではありません。

効率よく働いてたくさん稼ぐためにも、こうした休憩時間をしっかり取ることは重要だと考えられています。また、月の出勤日数で言うと11~13日という場合が多く、他の仕事と比べても少なくなっているのです。

それから「収入が増える」のもメリットといわれています。一般的に、毎月の給料はそれほど大きく変わりません。インセンティブや残業がある場合は別ですが、そうでなければほぼ同じような金額になってくるでしょう。

しかし、タクシードライバーであれば自分のがんばり次第で翌月の給料が大きく上がる可能性があるのです。自分で努力や工夫をしていける人は、年収が上がる可能性がぐっと高くなるでしょう。

タクシードライバーはがんばり次第で稼ぐことのできる仕事

タクシードライバーは、自分の努力や工夫しだいでたくさん稼げる可能性のある仕事です。しかし、地域によって年収に差があったり、会社によって取り分の割合が違ったりするので、注意が必要です。

タクシードライバーは決められたルールのない自由度が高い仕事なので、向上心を持って仕事に取り組むことで、年収アップの可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京でタクシードライバーに転職するうえでよく噂される不安や心配は問題ない?

東京でタクシードライバーに転職するうえでよく噂される不安や心配は問題ない?

タクシー業界にも高齢化の波は押し寄せており、ドライバーの数は不足気味です。
特に東京は人口が多い都市なのでタクシーを利用する人の数も多く、ドライバー不足は大きな問題になっています。

しかし、これからタクシードライバーとして働くうえで「年収」や「就労環境」などは、ほとんどの人が気になるのではないでしょうか。

そこで、東京でタクシードライバーに転職する人が感じやすい不安や心配と対策について紹介します。

東京のタクシードライバーの平均年収はどれぐらい?

ほとんどの人が転職にあたって気にする項目が「平均年収」でしょう。

結論から言うと、東京のタクシードライバーの平均年収は400~500万円程度です。この金額が多いかどうかについては前職の年収にもよるので人それぞれですが、1つだけ言えるのは400~500万円程度という平均年収は比較的高いほうだということです。

東京のタクシードライバーの平均年収は、そのほかの都市よりも1~2割程度高いといわれています。

たとえば、西日本の中心都市である大阪で働いているタクシードライバーの平均年収は400万円弱だといわれているのです。一般的にタクシードライバーの平均年収は人口の少ない地域に行くほど安くなる傾向にあるので、地方都市はさらに少ない可能性があります。

その点を考えると、平均年収400~500万円程度は恵まれていると言えるでしょう。

また、平均年収はあくまで平均値でしかありません。タクシードライバーになりたての人も含まれていて、平均年収を押し下げています。

タクシードライバーの収入は一般的に「基本給+歩合給」になっているため、働けば働くほど年収アップも期待できます。

実際に東京で働くタクシードライバーのなかには年収1000万円を超える人もいるのです。
がんばっただけ年収が増えるというのは、年功序列型のサラリーマンでは味わえないやりがいのある職場だと言えます。

勤務体系はドライバーの事情に合わせてくれることも

タクシードライバーの就業環境をよく知らない人のなかには「勤務時間が不規則になって体調管理が大変そう」だと思っている人もいるでしょう。

しかし、実際にはそれほど不規則な就業体系ではありません。就業体系は勤務する会社によって異なりますが、一般的に早朝に出勤してそのまま夜勤をこなし、翌日の朝に帰宅するパターンがほとんどです。

そして、その日と翌日が休みとなって、また出勤というサイクルを繰り返します。おおよそ1日半の出勤と休みを交互に繰り返すイメージです。

このような勤務体系でも平均年収ぐらいは稼げますし、乗客が見つかりやすいエリアを知っているベテランであれば月収60万円近く稼ぐ人も珍しくありません。

また、タクシー会社によってはドライバーを確保するために、複数の就業体系を用意しているケースもあります。
たとえば、子どものいる世帯向けに「昼勤のみ」、稼ぎを多くしたい人のために「夜勤がメイン」といった具合です。

2019年時点ではタクシードライバーの需要が高い、いわゆる売り手市場になっています。

そのため、ドライバーの事情やプライベートに配慮してくれる可能性は高いので、できるだけ交渉してみるとよいでしょう。

二種免許や地理試験は難しい?

タクシードライバーになるには、二種免許を取得しなければいけません。まだ試験を受けていない人のなかには、どの程度難しいか不安を抱えている人もいるでしょう。

二種免許を取得するための流れは、一種免許を取得したときと基本的には同じです。筆記試験を合格したあとで、実技試験に臨みます。実技試験は緊張するかもしれませんが、慎重に運転すれば合格することは難しくありません。平常心を保って試験に挑むことが大切です。

また、面接時点では二種免許を取得していなくても、タクシー会社に採用してもらえるケースも多いです。その場合は、採用後に二種免許を取得することが求められますが、費用はタクシー会社が支払ってくれることもあります。求人情報をよく確認して応募しましょう。

そのほかにも、タクシードライバーになるには、タクシー会社が実施する地理試験に合格しなければいけないケースもあります。

ほとんどのタクシーにはカーナビが付いているでしょうが、運転するエリアの地理をそれなりに覚えておかないと目的地を入力できないケースもあるからです。

採用されたタクシー会社が主に活動するエリアに土地勘のない人には少し難しいかもしれませんが、暗記科目なのでがんばって覚えるしかありません。
転職するタクシー会社のエリアについては、ある程度勉強しておきましょう。

タクシー会社によって万が一のときの保障は異なるのでチェックしておこう

タクシードライバーは長時間自動車を運転しなければいけないので、交通事故のリスクは高くなります。
特に東京のような大都市では車の交通量も多く、車線の数もたくさんあるので地方都市と比べると注意しなければいけないポイントも多いです。

しかし、実際に交通事故を起こしているのはタクシーばかりではありません。大切なのは、体調を管理してスッキリした状態で運転することです。
不健康な生活をして、寝不足や頭がぼーっとしているような状態で運転すると交通事故のリスクが高まるので避けましょう。業務の合間に適度に休憩を取る柔軟さも大切です。

また、特に高齢ドライバーに多い事故例としては、突発的な発作によって意識障害を起こし、交通事故を起こすケースが挙げられます。日頃の健康診断を怠ることなく受けて、もしも問題があるようだったら医師や勤務先の上司に相談しながら業務を続けることが重要です。

そのほかにも、勤務先によって万が一のときの保険の加入有無や保障内容は違います。給与や勤務体系とともに、求人情報をチェックするときは確認しておくとよいでしょう。

条件のよいタクシー会社を探して応募しよう

タクシードライバーは、自分の努力や工夫しだいでたくさん稼げる可能性のある仕事です。

しかし、地域によって年収に差があったり、会社によって取り分の割合が違ったりするので、注意が必要です。

タクシードライバーは決められたルールのない自由度が高い仕事なので、向上心を持って仕事に取り組むことで、年収アップの可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未経験からタクシードライバーに!タクシー業界への転職で失敗しない方法

未経験からタクシードライバーに!タクシー業界への転職で失敗しない方法

タクシードライバーは年齢に関係なくできる仕事なので、未経験でも転職先として適しています。
ただし、タクシー業界には求人が多いので、ライバルよりに採用過程で印象を残さなくてはいけません。
確実に転職できるよう、準備は入念に行いましょう。

この記事では、タクシー業界への転職を心配しない方法について解説します。

転職の山場は面接!志望動機や身だしなみに気をつけよう

タクシー業界への転職では、書類審査を経て面接が行われます。
面接は企業側に直接自己PRをできるチャンスです。

逆を言えば、面接の印象が悪いと落とされる可能性が高くなります。
企業が求める理想象を意識しながら、自分の長所を伝えましょう。

まず「志望動機」を明確にしておくのは大前提です。なぜタクシードライバーになりたいのか、はっきりと理由を説明します。
「免許があるから」「給料がいいから」程度では、志望動機として弱いと言えます。
「車の運転が好きで、やりがいを持って働けるから」などと、やる気を押し出しましょう。

また、面接では身だしなみも重要です。
なぜなら、タクシードライバーは大枠で「接客業」にあたる職種だからです。

乗客に不快な思いをさせるような人間を企業は雇ってくれません。
服装や髪型から漂う第一印象はとても大切です。シャツやネクタイにはアイロンをかけ、靴は磨いておくなど清潔感を意識しましょう。
基本ながら、散髪に行ったり髭を剃ったりするのも必須です。

タクシー業界に入社してから後悔しないために!社風を見極めよう

転職者にとって、タクシードライバーにさえなれればなんでもいいというわけではありません。
タクシー業界にはさまざまな会社があります。

自分に合った職場を選ばないと、入社後に後悔してしまうでしょう。
ありがちな失敗が「社内での孤立」です。

タクシードライバーは大半の時間を個人で過ごしているため、団結力が希薄になることも少なくありません。
新人を気づかうシステムのない会社に入ると、仕事を覚えるまでに苦労します。ま
た、人間関係の悩みも出てくるでしょう。

人あたりの厳しい先輩社員がいるような会社では、出勤するだけでストレスを抱えなくてはいけません。
こうした職場を避けるためには、企業研究を欠かさないことです。
単なる印象や給与面だけで志望先を決めず、口コミなどの評判もチェックしましょう。

また、説明会や面談で事務所を訪れる際には、社風を体感するチャンスです。
面接官の人間性、事務所の雰囲気などを観察して「やっていけるかどうか」を判断します。
面接とは、自分が会社を選ぶ場でもあるのです。

本当に稼げる?勤務地や認知度を確認しよう

タクシードライバーの多くは歩合制で働いています。
多くの乗客に出会えるほど給料に換算されるシステムなので、努力次第で高収入も夢ではありません。

ただし、応募要項ではどのタクシー会社もプラスの側面ばかりアピールしているので注意しましょう。
実際に稼げるかどうかは、本人の実力以外でも「勤務地」や「認知度」に左右されるからです。

どんなにやる気があるドライバーでも、人気のない地域に配属されたのなら乗客を見つけられません。

たとえば関西エリアであれば、梅田、難波、京都市内といった繁華街で働きたいところです。
そのほか、終電を逃した会社員を見つけやすい、深夜帯の駅周辺なども稼げる場所です。

どんなところに配属されるのかは、面接の段階で確認しておきましょう。
次に、タクシー会社は乗客から呼び出しを受けることでも利益を上げられます。

しかし、そもそも会社の名前が浸透していないと呼び出してもらえません。
大企業に就職することがすべてではないものの、ある程度は地域に密着している会社を選びましょう。

適性を自覚していれば転職で失敗する可能性も減る

そもそも、自分にタクシードライバーの適性があるかどうかもポイントです。適性に低い職業に転職してしまうと、思うような成果を出せません。

歩合制の世界では収入も減り、生活が苦しくなることもありえます。応募要項の甘い文言を信用しすぎず、冷静に自分の性格やスキルを分析しましょう。

たとえば、タクシードライバーとして成功するには「コミュニケーション能力」が不可欠です。いろいろなタイプの乗客とストレスなく話せると、仕事が苦痛でなくなりモチベーションも高まるでしょう。

次に「根気」も大事です。短期間で効率的に稼ぎたいタイプはタクシードライバーに向きません。

長時間にわたって集中を保ち、乗客を求めて運転できる人は収入を増やせます。

そして「自己管理」も重要でしょう。タクシードライバーは基本的に1人で働く仕事です。

自分で自分のスケジュールを決め、業務に取り組まなければなりません。時には、自分に厳しくできないとタクシードライバーとして成功は難しいでしょう。

タクシードライバーに転職するならシミュレーションが大切!

転職に失敗しないためには、将来のシミュレーションが重要です。その業界でがんばれるイメージを持てるかどうかを考え、自分の適性と向き合いましょう。タクシードライバーであれば、根気強く自分に厳しい人が向いていると言えます。

そのうえで、志望先をしっかり研究するなどして入社後に後悔がないよう転職活動に励みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京でタクシードライバーとして転職したい!失敗しないための秘訣とは?

東京でタクシードライバーとして転職したい!失敗しないための秘訣とは?

終身雇用へのこだわりが薄らいだいま、いろいろな可能性が広がってきました。
そのため、車やコミュニケーションが好きな人にとって、タクシードライバーは適職のひとつと言えるでしょう。

タクシードライバーとして働くには、失敗しないための秘訣を知ることが大切です。
また、その土地ならではの特徴を知る必要があります。

ここでは、東京でタクシードライバーとして働きたい人に役立つ情報をまとめました。

資格取得のサポートが受けられること

これまでタクシードライバーとして働いてきた人は、スムーズな転職が可能なことが大きな強みです。
一方、タクシードライバー未経験の人がタクシードライバーになるには、資格の取得から始める必要があります。

その一つ「二種免許」(第二種運転免許)の取得は避けられません。
二種免許を取るためには、一種免許を取得後3年以上経っていることが条件になります。

つまり、普通自動車の免許証を満18歳で取得した場合、最低でも満21歳まで待つ必要があるのです。
もちろん、そのあいだに免許停止期間があると、二種免許取得の機会が遅くなります。

また、東京・大阪・神奈川エリアで営業するタクシー会社で働く場合、「地理試験」の合格が必須になることもあります。
東京の場合は、23区・三鷹市・武蔵野市が地理試験の対象エリアです。

そのため、上京してタクシードライバーとして働くときは、タクシー会社の営業場所を考慮するとよいかもしれません。
地理試験なしで働けるタクシー会社のなかから仕事先を探すと、よりスムーズに仕事が始められるからです。

なお、タクシー会社の求人情報を収集するときは、二種免許や地理試験取得に必要なサポートが受けられるところを条件に入れましょう。
研修制度の充実はもちろん、二種免許取得まで日給がもらえる会社に就職できると安心ではないでしょうか。

地域の事情を把握できること

タクシードライバーとして働くためには、その地域の事情を把握することが大切です。
タクシー会社があるエリアの地理に明るいことは言うまでもないでしょう。

また、お客様から遠方までの移動を頼まれることもでてくるため、各方面の最適なルートの把握も欠かせません。
通行止めの場所や、道路が渋滞する時間帯などの情報に触れることで、お客様のスムーズな移動にもつながります。

最寄り駅や病院など、生活圏にある施設の場所も知っておきましょう。
タクシーの利用客には地域の高齢者や子ども連れの人など、いろいろな人がいます。

また、観光客を乗せることもあるかもしれません。
もし、お客様から観光名所やグルメ店などを聞かれたときは、しっかり答えられることが大切です。

東京は、ほかの地域に比べて交通量の多いことが大きな特徴です。
また、複数の車線があり、車線変更に大変な思いをするかもしれません。

テレビニュースなどで都内の道路が映し出されることもあるため、交通事情をイメージできるのではないでしょうか。
そのようななかで、目的地までスムーズに行けるためにも、日頃からルート確認を徹底しておきましょう。

体調管理ができること

どのような仕事をするにも体調管理は大きな課題になります。
体調がよくないと仕事でミスをしてしまい、取引先に迷惑を掛けることも少なくないからです。

もちろん、職場の先輩や同僚への影響も避けられません。また、体を使って仕事をする人は、常に危険と隣り合わせです。
お客様を乗せて走るタクシードライバーは、より重責を担うことを知っておきましょう。

お客様に快適な場を提供するには、接客マナーを心得るのは言うまでもありません。
目的地まで運転してお金をもらうだけでなく、お客様を笑顔にすることが大事なのです。

このような理由から、タクシードライバーにはコミュニケーション好きの人が向いているでしょう。
しかし、いくら話好きの人でも体調が悪いと会話が苦痛になります。
また、運転に集中できないため、事故を起こすリスクも高くなってきます。

タクシードライバーには夜勤もあるため、勤務時間が不規則になりがちです。
そのようななかで、常にベストな状態で仕事をする必要性がでてきます。

心身ともに余裕を持ってハンドルを握ることで、お客様を事故から守ることにもつながります。
そのためには、体調管理に徹することがタクシードライバーに課せられた条件です。
これは、東京に限らず、どこで働く場合にも通じるのではないでしょうか。

無理なく生活できること

転職先によっては引越しや単身赴任が必要なケースもでてきます。
タクシードライバーも例外ではありません。

東京でタクシードライバーとして働く場合、自宅から職場まで近い人は通勤することも可能です。
しかし、通勤による体力の消耗を避けるためには近場へ引っ越したほうがよいでしょう。

ただし、東京は家賃が高いことを考える必要があります。
独身者はワンルームマンションから探せますが、同じ条件の物件でも地方都市よりは高くなります。

東京で無理なく生活するには、少しでも給与のよいタクシー会社を探しましょう。
タクシー業界は歩合制のところが少なくありません。
つまり、営業成績が収入に直結するのです。

もし、仕事で伸び悩む時期が続くと、生活への支障は避けられません。
そうならないためにも、給与保証のあるタクシー会社に就職すると安心です。

なお、タクシードライバーの求人を探すときは、会社情報をきちんと確認することが転職に失敗しないための秘訣です。
そのためには、タクシー会社の求人を扱うサイトの利用も検討しましょう。

東京ならではの事情を把握しよう

タクシードライバーとして東京で働くためには、東京ならではの事情を把握することが大切です。
たとえば、交通量の多さや家賃の高さは、東京にみられる大きな特徴と言えるでしょう。
また、タクシードライバーならではの注意点も見逃せません。

タクシードライバーとしての転職に失敗しないためにも、ここで紹介した秘訣について確認をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイント

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイント

1.需要の分析ができる

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイントタクシーの営業成績が良い人は、なぜ売り上げが伸びたのか、減ったのかに対して自分で分析して考える力を持っています。例えば、大きなイベントがあるから沢山のお客様を乗せる事が出来た、や人の出入りのある会社の前で待機していたから、等です。日々タクシーの営業で廻る際に、仮説を立ててから運転することが、少しづつ着実に売り上げを伸ばしていくコツです。たとえ仮説がうまくはまらず売り上げが伸びなくても、これは稼げないという結果が分かったことになります。どれだけ考えて「やってみて」データを自分の中に貯めていくかが大切なのだそうです。事前準備として地域に何のイベントがあるか、どんな会社があるかをリサーチするのもスキルのうちです。

2.お客様を見つける集中力

根気のいる事ではありますが、運転している間は歩行者の動きに常に集中する事が大切だそうです。いつ、遠くまで乗ってくれるお客様に出会うかはわかりません。ベテランドライバーになると、手を挙げていないのにさっと近くまで来て乗せることもあるのだそうです。お客様からしてみたら、「何故分かったの?」といったところでしょうが、これは集中力と経験の賜物かもしれません。

3.道路状況の判断ができる

タクシーで売り上げを上げるには、お客様をなるべく早く送り届ける必要があります。早く送り届けた分回転率が上がり、その日の売り上げもアップします。早さを実現するためには、渋滞の少ない道を記憶しておくことに加えて、どのように車をコントロールするのかも大事です。前にゆっくりと走る路線バスやトラックが居るなら車線変更をスムーズに行って回避すると、信号待ちに当たらないように早く走ることができます。ちなみに、都内は信号が多いので信号待ちに度々当たっていると莫大な時間がとられてしまいます。

4.タクシードライバーにもチームワークが役立つ

vete3タクシードライバーの仕事は個人である程度の裁量を持って働く仕事ですが、チームワークを持って助け合いで稼ぐのも有効なのだそうです。ドライバー同士で情報を交換するグループやネットワークを作って、稼げる時間帯や場所の共有をしていることもあるようです。LINEでグループを作ったり、違う時間帯のシフトの人からの情報にも目を通したりして情報を回して個人のレベルアップに活かしているようです。

5.稼ぎたいと思う力、やる気

そもそもの話になりますが、やる気が無いと何も始まりません。やる気のあるドライバーなら、走っている最中も「あのお客様はどうかな」と常にアンテナを張りながら走ります。単にダラダラと走っているだけでは、沢山稼ぐドライバーになることは難しいのではないでしょうか。人の流れは些細な事ですぐに変わります。雨が降ったり季節が変われば、人がいなかったところに急に需要が出たりします。また、イベントのスケジュール等を調べておけば、人の流れはつかみやすくなります。

やる気が高収入に繋がる会社で働くなら

これら、5つのポイントを活かして、高収入を狙うなら、日本交通グループの蔦交通がおすすめです。蔦交通では、業界最高水準の売り上げ還元率で、やる気と頑張りを後押しします。また、葛飾区にある会社なので、浅草エリアやスカイツリー、柴又などにも出やすい環境です。人の流れがつかみやすい環境で、稼げるドライバーを目指してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

給料のいい業界ランキングトップ10

稼げる仕事

給与が高い仕事は実はたくさんあります。
みんなが知っているお仕事や会社はもちろんのこと、「え?あの仕事が!?」と意外性のあるものまであります。

1位 総合商社

■平均年収
1,129万円

■どんな企業があるの?
5大商社と呼ばれる、三菱商事・三井物産・伊藤忠商事・丸紅が総合商社の主要企業。ほかにはトヨタ系大手商社の豊田通商や2003年に日商岩井とニチメンが統合した双日という企業があります。

■一口メモ
20代で年収500~800万円、30代で年収1000万円を超える方が多いようです。ただし高給な業界だけあって、仕事内容も厳しいのも事実です。全国転勤・海外赴任は当たり前の仕事。発展途上国や治安の悪い国にいかなければならない仕事でもありますので、家族がいる場合は家族の理解が必要となるでしょう。英語を使った仕事をしたい人、億単位のお金を動かすダイナミックな仕事がしたい人にはおすすめの業界です。

2位 コンサル

■平均年収
1,063万円

■どんな企業があるの?
日系企業であれば野村総合研究所、船井総合研究所、三菱総合研究所、外資系企業であればGCAサヴィアン、アクセンチュア、デロイトトーマツコンサルティングなどが有名なコンサルティング会社です。

■一口メモ
高給な反面、労働環境は厳しいです。徹夜・週睡眠時間10時間なんてこともざらにあります。業界としては、2008年のリーマンショック後に企業の経費削減のあおりを受け売上が下落しましたが、2010年以降は増加傾向にあります。このように景気に左右される業界であるため、各社海外展開や販路拡大など次の一手を模索している状況です。

3位 メガバンク

■平均年収
1,004万円

■どんな企業があるの?
一般的にメガバンクは、三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行の3社を指します。銀行は合併・統合の歴史を繰り返している業界ですので、今後もメガバンクの名称が変わることがあるかもしれません。

■一口メモ
40歳での年収は1,000万円を超える高給ですが、20代・30代のころからここまで年収が高いかというとそうでもありません。20代で約400~500万円、30代で約500~800万円が相場で、40代になると年収1,000万円以上になる人が多くなります。働いている人もこの業界が年功序列であることを理解しているため、多少の不平不満があっても転職せず、キャリアを着実に積む中で年収が上がるのを待っている方が多いです。年次を重ねるにつれ、年収・役職をこつこつ上げていきたい方にはおすすめの業界です。

4位 生保・損保

■平均年収
948万円

■どんな企業があるの?
・生保企業:日本生命、第一生命、明治安田生命、アフラック、メットライフアリコなど
・損保企業:東京海上日動火災、三井住友海上火災、損保ジャパン日本興亜損保など

■一口メモ
年収の上がり方は日系企業・外資系企業で大きく異なります。日系企業は年収ランキング3位のメガバンクと同様、年次を経るごとに年収も上がっていきます。一方、外資系企業は業績次第で年収が大きく異なります。30代で年収が低い人だと400万円の人もいれば、年収が高い人だと1,500万円を超える人もいます。自分の努力・実績を年収にダイレクトに反映させたい人は外資系企業に進むことをおすすめします。

5位 放送・新聞・出版

■平均年収
906万円

■どんな企業があるの?
・放送:フジテレビ、日本テレビ、TBS、テレビ朝日、テレビ東京など
・新聞:朝日新聞社、読売新聞グループ本社、日本経済新聞社、毎日新聞社など
・出版:KADOKAWA、集英社、講談社、小学館、日経BP社、文藝春秋など

■一口メモ
放送・新聞・出版ともに業界としては、スマホが普及した影響もあり売上が減少傾向で、今後の見通しも厳しい状況です。ではなぜ今も年収が高いのか?それはテレビや新聞からわかるとおり、参入障壁が高い、つまりやろうと思ってすぐにできるビジネスではないからです。そのため競合が少なく、ある程度の利益は確保できるのです。ただ今後も売上減少が続けば年収も下がっていくと予測されます。

6位 通信キャリア

■平均年収
893万円

■どんな企業があるの?
NTTドコモ、KDDIやソフトバンクなどの携帯電話事業者とNTT東日本やNTT西日本などの固定電話・インターネット回線事業者がこの業界に含まれます。

■一口メモ
20代で400~600万円、30代で600~700万円ほどの年収の人が多いです。通信キャリア事業者の年収が高い理由は、5位の放送・新聞・出版と同様、この業界の参入障壁が高く、競合が寡占状態だからです。この寡占状態を政府は問題視しているため、今後新たな事業者が参加することで、売上・年収に変化があるかもしれません。

7位 石油

■平均年収
859万円

■どんな企業があるの?
「エネオス」を展開しているJX日鉱日石エネルギー、出光興産、コスモ石油や昭和シェル石油など

■一口メモ
石油資源は今のペースで使い続けると残り約50年分しかないといわれています。そのためシェールガスや水素など石油に代替する燃料の利用されはじめており、石油業界は右肩下がりの産業だという論調もあります。ただ、現状まだまだ石油が活用され、業績も高いので給料のいい業界といえます。

8位 医薬品

■平均年収
836万円

■どんな企業があるの?
武田薬品、アステラス製薬、第一三共、ファイザー、ノバルティス、メルクなど

■一口メモ
医薬品業界の特徴は
・新薬の製造が許認可制であること
・新薬には特許権があること
が挙げられます。これらにより医薬品業界では莫大な利益をあげ、年収も高く維持しています。

ただ、2010年ごろに大型新薬の特許が続々と切れ、それ以降新薬の開発ペースは低調です。そのため各社生き残りをかけて、合併・統合を繰り返しています。新薬の開発状況によって売上が大きく異なるため、今後新薬をうみだしそうな企業に入ることで高い年収を得ることができる可能性が大きいです。

9位 プラント

■平均年収
784万円

■どんな企業があるの?
日揮、千代田化工建設、東洋エンジニアリング、東芝プラントシステム、粟田工業など

■一口メモ
20代で450万円、30代で550万円ほどの年収の人が多いです。年収は高めですが、年収以外の待遇はいいとはいえません。休みは日曜日のみが当たり前ですし、転勤は日本全国、時には海外に2年間赴任ということもあります。企業によっては転勤のない働き方ができるところもありますので、各社の情報を調べてみてはいかがでしょうか。

10位 映画・アニメ・音楽

■平均年収
764万円

■どんな企業があるの?
・映画:東宝、東映、松竹、ワーナー・ブラザーズ、ソニー・ピクチャーズなど
・アニメ:東映アニメーション、IGポート、サンライズ、シタジオジブリなど
・音楽:ソニー、エイベックス、ユニバーサルミュージック、ワーナーミュージックなど

■一口メモ
この業界の収益はヒット作がでるかどうかに依存しているのが現状です。そのため企業によって売上に大きな開きがあります。各社の過去の実績を確認し、よりヒット作をうみだす可能性の高い企業に入ることで高い年収を得ることができるかもしれません。

また、スマホの台頭により、Youtubeで一部映画やアニメが気軽にみることができるようになったり、ガラケー時代に人気のあった「着うた」が利用されなくなったりと変化の激しい業界です。このような動きに対応できる企業かどうかも、今後売上をあげることができる企業かの見極めポイントですので、各社の動きは要チェックです。

引用先:転職HACKShttps://ten-navi.com/hacks/salary-3437

日本交通のタクシードライバーは、年収790万円を目指せる環境です。

上記のランキングでいくと、8位、9位の位置に入れる好成績を残せます。
タクシードライバーって実は年収が高いんです。稼げる仕事なんです。

日本交通の中でも蔦交通の場合は、浅草やスカイツリーなど観光地へのアクセスが早いため観光需要で稼ぎやすい環境でもあります。

稼げる環境で活躍するチャンスです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加