稼げるタクシードライバー

最長で1年間もの期間にわたって月給保証をしてくれるタクシー会社に転職して東京都内のタクシー乗務員として活躍しよう

最長で1年間もの期間にわたって月給保証をしてくれるタクシー会社に転職して東京都内のタクシー乗務員として活躍しよう

転職してからは給与が下がってしまうことはよくあります。
歩合制になっているとしっかり稼げるまで時間がかかりがちで、タクシー乗務員になると歩合制だから収入がほとんどなくなりそうで怖いという人もいます。
しかし、月給保証があれば心配はないのでどんな仕組みになっているのかを確認しておきましょう。

タクシー会社で働くと月給保証を受けられることがある

転職をしようと思っている人にとって、新しい職場でどの程度の収入が得られるのかは大きな問題でしょう。今までよりも稼ぎたい、少なくとも同じ水準で給与が欲しいという人が多いのは確かです。そのような理想的な転職を遂げられる人もいますが、なかなか好待遇の求人が見つからずに苦労する人も多いでしょう。東京都内となるとさらに状況は切実で、好待遇の求人は優秀な人にほとんど取られてしまいがちです。しっかりと稼ぎたいという人にとって魅力的なのが歩合制の仕事で、十分に習熟して売り上げを伸ばせれば年収は飛躍的に上がるでしょう。しかし、歩合制は入社直後にほとんど給料をもらえないこともあり、転職をためらう原因になっています。

その点でタクシー会社には魅力があり、会社によっては充実した月給保証があります。売り上げがどのくらいであっても関係なく、少なくともこの程度は月給を出すという契約をしてくれるのです。いつまでもその月給というわけではなく、入社してから一定期間のみに限定はされますが、十分な能力を身につけるための準備期間があると考えられるでしょう。このような制度があれば安心して転職することができます。

東京都内では稀な好待遇が得られる

東京都内で探してみると歩合制の仕事は他にもあります。しかし、月給保証がある会社は珍しいのが実態で、あったとしてもあまり高い金額設定になっていなかったり、たった1ヶ月程度だったりするのが通例です。ところが、タクシー乗務員として働くと状況が違います。タクシー会社によってどのような月給保証をしているかには違いがありますが、最大40万円もの月給保証をしている会社もあるのです。期間でも長いところなら1年間もの保証をしています。未経験入社でも安心してノウハウを学び、売り上げを出せるようになるような期間があると言えるでしょう。

さらに好待遇な会社の場合にはこの給与保証の期間中に社費で第二種免許の取得をすることもできます。東京都内の入り組んだ交通網を理解したり、観光スポットなどの位置を把握したりできる地理研修も受けられる会社が多くなりました。ただ給与保証によって準備期間があるだけでなく、その期間に必要なことを学べる下地も整っているのは未経験の人にとって大きな魅力でしょう。逆に、安心して働けるようになるためには転職先で受けられる待遇をよく比較吟味することが重要です。

大手を選んでおくと安心

どのタクシー会社でも月給保証をしているわけでもなければ、充実した研修などを行っているわけでもありません。東京都内にはかなりの数のタクシー会社があり、それぞれの会社が入社してきた未経験者に対して違う待遇を整えています。ただ、どのタクシー会社でも乗務員が不足しがちなので求人を出しているでしょう。そして、未経験の人も歓迎するという売り文句になっているのが通例です。ただその言葉に惹かれて決めてしまうのではなく、細かな待遇まで比較してより良い会社を選び出した方が安心です。理想的には実際にタクシー乗務員として働いている人の話も聞いて納得した上で転職した方が良いでしょう。

ただ、そこまで行おうとすると苦労も大きくなりがちです。人によってはすぐにでも転職先を決めたいと考えていることもあるでしょう。悩んだなら大手を選んでおくと安心できます。大手のタクシー会社なら経済的にも余力があり、給与保証を行っていることが多いからです。また、未経験入社の人にも手厚い待遇を出して多くの乗務員を確保し、充実したサービスを世の中に提供できるように心がけています。このような姿勢を持っているので大手の安心感を感じ取ることができるでしょう。

新しいことに東京都内でチャレンジするならタクシー乗務員

未経験のことにチャレンジしたいと思って転職を検討する人は大勢います。しかし、そのときにネックになりやすいのが給与の問題で、転職直後はかなり給料が下がってしまいがちです。職種によってはその後も年収が伸びる保証はなく、いくら努力をしても収入が少ないままになってしまうこともあります。歩合制が標準になっているタクシー乗務員の場合には現場経験を積み、新しい知識をつけることによって着実に売り上げを伸ばすことが可能です。

東京都内ではタクシーの需要が高く、ビジネスでも観光でもよく利用されています。転職して新しいことにチャレンジしたいと思っている人にはうってつけな職業でしょう。自分の成長が給与に直結するのでモチベーションを上げやすいからです。自力で稼げるようになるまでに時間がかかることを考慮して月給保証を充実させているタクシー会社が多くなっています。最初は学ぶことが多くて大変でも、板についてしまえばベテランとして活躍できるようになります。十分な月給を長期にわたって保証してくれる会社を選び、満足できる準備期間を経てタクシー乗務員として活躍できるようになりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

希ではあるが東京都内で働けて月給保証が1年間も最大42万円という金額が出るタクシードライバー

希ではあるが東京都内で働けて月給保証が1年間も最大40万円という金額が出るタクシードライバー

タクシードライバーは未経験では難しいのではないかと考える人もいますが、実は全くタクシーに関わる仕事をしたことがない人でも安心して働けるようになっています。
東京都内で働ける仕事なので詳細を知っておきましょう。

東京都内で働けるタクシードライバーの魅力

東京都内で働きたいけれど就職先が見つからないと嘆く人はしばしばいます。都会での生活を希望している人や、地方で仕事を探しても良いものが見つからずに上京した人など、都内で仕事探しをする人のシチュエーションは多種多様です。しかし、現実的にはなかなか採用してもらえずに苦労することが多いでしょう。求人は豊富にあっても、経験や能力に対する要求が高いものが大半を占めているからです。しかし、タクシードライバーはやや状況が異なります。東京都内での勤務ができる条件でたくさんの募集が出されているだけでなく、未経験でも大勢の人が採用されているのです。

東京都内ではタクシーの需要が高く、人材もそれに比例するようにして数を確保しなければなりません。タクシー会社としては東京都内で働いてくれる人をむしろ渇望しているのが現状です。そのため、今までタクシードライバーとして働いたことがない人でも手厚い待遇を準備して迎え入れてくれるようになっています。運転免許証を持っていることは求められるのが一般的ですが、二種免許を持っていなくても社費で取得させてもらえるほどに待遇が良くなっているのです。

未経験でも安心できる教育研修体制が有用

タクシードライバーには未経験入社をしている人が大勢います。これは単純に東京都内で働ける稀な仕事だということだけが理由ではありません。入社してからしっかりと稼げるようになるために必要な教育を受けられる体制が整えられているからです。タクシードライバーとして乗客を獲得して希望に応じるためには地理に詳しいことや接客のノウハウがあることが必須です。それに加えて、いかにして乗客を見つけるかも重要で、業界で知られている基本的なノウハウを習得することが必要になります。このような教育を入社後に速やかに実施してもらうことができ、現場で実践的に訓練しながら能力を磨けるようになっています。

また、このような準備期間が終わった後も定期的に研修を行い、いかにして営業利益を上げられるようにするか、乗客の満足度を高めるにはどうしたら良いかといったことを学べます。東京都内の勤務なら、東京の状況がどのように変化しているかに基づき、乗客獲得のための方法論を習得することが可能です。入社してから長期的に成長を遂げていくための基盤ができているので、安心して働くことができるでしょう。

月給保証があるから焦らずに働けるのもメリット

タクシードライバーは乗客を乗せて売り上げを出さないと給料がかなり少なくなってしまうのが一般的です。未経験入社の場合にはずっと薄給のまま働かなければならないのではないかという懸念を抱く人もいるでしょう。確かにベテランに比べたら年収は低くなってしまいがちですが、給料が少なくて困るということは当面はありません。タクシー会社の中には月給保証をしているところがあるからです。希ではありますが毎月最大42万円もの月給を保証してもらうことができ、準備期間も含めて給料をもらうことができるところもあります。そして、保証期間も最長で1年にもわたっているところもあるのです。このように、じっくりと腰を据えて色々なことを学び、成長していける余裕があります。

ただし、どのタクシー会社で働くかによって月給保証の詳細には違いがあります。保証してもらえる金額が大きいけれど期間が短かったり、逆に金額は少ないけれど1年間は保証してもらえたりといった形で、金額と期間を比較してどこが良いかを考えると良いでしょう。期間が長い方が焦らずに働くことができ、金額が大きい方が当面の生活費に困らないというメリットがあるので、自分なりに魅力的な待遇のところを探すのが大切です。

大手で働けばいつまでも安心

東京都内で働けて、入社直後からベテランになるまで充実した教育研修を受けることができ、さらに手厚い月給保証があるような会社はなかなかありません。タクシー業界であっても全てが揃っているような会社は稀で、タクシードライバーになれば必ず受けられる待遇だというわけではないので注意しましょう。このような恵まれた条件を提示してくれるのは大手のタクシー会社です。大手なら資金的に余力があるからこそ長期的な視野を持って人材を成長させる方針を立てることができるからです。

それに加えて、大手だからこそ東京都内で利益を上げやすいからという理由もあります。東京では各企業がタクシーのチャーターを依頼することがよくありますが、その際に高い確率で選ばれるのが大手のタクシーです。質の高いサービスを提供することで地位を作り上げてきた大手の安心感があるからこそ依頼をたくさん獲得できるのです。いくつもの大手企業と提携していて頻繁にチャーターを依頼されている大手会社もあります。このような会社で働けば仕事に困ることもなく、タクシードライバーとしていつまでも安心して働くことができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーに転職したい人必見、東京都内のおすすめ休憩場所

タクシードライバーに転職したい人必見、東京都内のおすすめ休憩場所

お客様の命を預かるタクシードライバーは、休憩を取ることは重要です。
しかし安易に駐車禁止の区間に車を停車していると、道路交通法の罰則の対象になってしまいます。

ゆったりと安全に休憩をするために、休憩場所を探すことが大切です。
東京都内での休憩場所の探し方と、おすすめスポットを紹介します。

タクシードライバーの休息時間の目安は?

会社に勤務するサラリーマンの働く時間は平均約9時間で、休憩時間は平均1時間が一般的となっています。東京都内のタクシードライバーは20時間以上の乗務が平均と言われています。乗務している時間だけ見てしまうと辛い仕事だと勘違いするひともいるでしょうが、意外とそうでもないのです。タクシードライバーは隔日勤務の場合が多く、殆どの会社では乗務した分休める勤務体系が取られています。つまり、丸一日働いたら次の日は休日になるような勤務体系で、そのため1日の乗務時間が長くなっているようです。

休憩時間の長さは各会社の勤務体系によって変わってきます。上記のような場合は労働基準法に基づき休憩時間はそれぞれ決まっているようで、3時間位が目安となっています。タクシードライバーに転職したい人も、安全に乗務できると思われます。このようにタクシードライバーは、基本的に休むことも仕事なのです。タクシー会社の新人タクシードライバー研修では交通ルールの指導だけでなく、休憩を取ることを徹底して指導しています。安全安心の休憩所でキチンと休憩を取ることにより、日夜タクシー利用客の安全を守っているのです。

タクシードライバーの休憩場所はどんな所が最適?

タクシードライバーは長時間乗務しなくてはならないので、適度な休憩は必要で義務化されています。長時間の乗務により疲労が蓄積して注意力が散漫になり、最悪居眠りなどをしてしまったら重大な交通事故になりかねません。利用客にも怪我をさせ、会社にも多大な損害を与えることになってしまいます。利用客を目的地まで安全に送り届ける仕事ですから、できるだけ疲労が残らないように休憩を的確に取ることが必要です。ここで最も必要になるのが、休憩場所を見つけることです。

勤務している会社に戻って休憩するドライバーもいますが、利用客を送り届けてから、その帰りに道の駐車できる路肩にタクシーを停車させて休憩することもあります。担当エリアが営業所から近いときは、戻って休憩を取ればトイレの利用の心配もしないで済むでしょう。食事の際に休憩を長くとり無料駐車場がある大型温泉施設で、入浴した後仮眠するドライバーもいるようです。また東京都内でも都心から離れた郊外の大型スーパーやパチンコ店などは、駐車場が無料な所が多くトイレや食事などに困ることはなく、下手に路肩に停車させてお客にトントンと起こされる心配も無いでしょう。

ここがおすすめ!東京都内の休憩場所

タクシードライバーの休憩場所としておすすめなのが東京都内の青山霊園です。青山霊園がおすすめスポットの訳は、一般道の路上駐車ではなく青山霊園敷地内に駐車できるからです。霊園の周りや敷地内は木々が植えてあり、夏の暑い日は日よけに最適でトイレも困ることはありません。しかし駐車スペースは台数の制限があり、東京都内では絶好調スポットなので競争率が激しいのが現状で、運が良くないと休憩することは難しいかもしれません。短い時間にしっかり休憩を取りたい場合は、有料パーキングを利用した方が良いでしょう。2時間位であれば料金も安く、お客に起こされる心配も無く静かに休憩をすることができます。

路上駐車がやはり手っ取り早いと思うタクシードライバーは裏技があり、パーキングメーターのある場所では、表示されている時間外であれば料金が掛からず無料なのです。いずれも夜遅くから朝までなので、夜に仮眠を取りたいドライバーには最適の場所と言えます。パーキングがある区間は東京都内に数多く点在していて、中でも浅草通り、江戸川橋通り、早稲田通りなどがおすすめです。時間帯や表示を確認してトラブルにならないように、効率よく利用しましょう。

休憩場所を見つけるのに気を付けること

タクシードライバーは職業上、東京都内の地理や道路の情報を熟知しておく必要があります。最近ではカーナビやグーグルナビなどで簡単に位置情報は分かりますが、一方通行などまで詳しくは出ません。そのような情報を予め頭に入れておけば、休憩場所を見つけるのにも苦労することは無いでしょう。自分が休憩する場所の近くにトイレがり、なおかつ飲み物やお弁当などが買えるコンビニなどが近くにあれば、効率的に休憩を取ることができます。

ベテランのタクシードライバー達は、大体ゆっくりできる常連の店を何件か知っていて休息を取っているようで、道路状況や周辺地理が頭に入っているからこそ成せる業なのです。転職したばかりの新人のタクシードライバーは、まずベテランドライバーに聞いてみるのも良いのかもしれません。またタクシーが多く集まる場所を、予めリサーチしておくのも良いでしょう。タクシードライバーが集まるところは、上記の青山墓地のように好条件の休憩場所と言えます。そのような場所を数多く知っておけば、場所取りの競争率が激しくてもどこか1つ位は空いているかもしれないからです。東京都内の地理を把握して、より良い休憩場所を見つけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正規雇用の正社員と派遣の契約社員では将来の不安が異なる

正規雇用の正社員と派遣の契約社員では将来の不安が異なる

タクシー運転手は、自分自身の頑張り次第で給与の大幅アップを見込めます。
高収入を期待できる職種として注目されていますが、勤務形態によっては将来の生活に不安が出てくる可能性があります。

そこで今回は、タクシー会社における正規雇用の正社員と派遣の契約社員の違いについて調べました。

正社員として働くメリット

タクシー業界では、年齢や学歴にとらわれることなく活躍できます。但し、雇用形態のメリットデメリットを理解しておかなければ、生活が困窮する事態へと陥りかねません。

正規雇用のタクシー運転手の働き方は、隔日勤務が最も一般的です。隔日勤務の場合、1昼夜乗務した後、1日休みをとれます。1ヶ月間の乗務日数は13日程度、休日数は17日程度です。但し、自分の要望に応じて勤務体系を選択することも可能です。

朝8時から夕方5時までの昼勤務は、子育て中の方、家庭を持っている女性に適しています。

夜7時から翌朝5時までの夜間勤務では、短時間で大金を稼げる可能性が高いです。
隔日勤務と夜間勤務は高額な給与を期待できるものの、体力が必要です。ライフスタイルや体調を考慮した上で、勤務体系を決定しましょう。

また、正社員は安定した生活を送ることができる点が大きな魅力の一つとなっています。
勤務開始と同時に、健康保険をはじめとする社会保険に加入するため、将来の不安を感じにくいです。退職金制度などを導入して福利厚生を充実させている会社もあり、生活の安定化を図りやすいです。計画的に貯金して老後に備えられます。

正社員として働く際に覚悟しておくこと

正社員のタクシー運転手は、1回の乗務時間が長時間に及ぶケースが一般的です。長時間の運転を楽しめる方にとっては天職ですが、車の運転が嫌いな方には向いていません。
ドライバーとしての素質があるか否かを考えてから、転職を決意しましょう。

給与アップを目指してタクシー運転手に転職する方が多いですが、お客様を獲得できなければ昇給を望めません。運転する際には、お客様への気遣いが大切です。
お客様を楽しませる会話術やコミュニケーション能力が求められる場合もあります。安全運転で目的地へ送り届けるだけでなく、お客様が居心地良く過ごせる空間づくりを心掛けましょう。

タクシー会社の大半は基本給や家族手当てなどを含めた固定給、売り上げ金額に応じて算出した歩合給を支払っています。自身の頑張りが給与に反映されるため、大きなやりがいを感じられます。自身の努力を給与に直結させたい方には正社員のタクシー運転手がピッタリです。
但し、月収が変動しやすいので、浪費癖がある方は月々の支出金額に要注意です。

因みに、歩合給の一部を積み立てて賞与として支給しているタクシー会社もあります。就職活動の際には、給与の算定基準や支払い方法について確認しましょう。

契約社員のデメリット

タクシー運転手は、正規雇用の正社員が一般的ですが、派遣の契約社員として勤務している方もいます。契約社員は、雇用期間が定められており、正社員のように半永久的に勤務できない場合があります。
タクシー利用者の急激な減少など、社会状況によって契約期間が満了を迎える前に、解雇を言い渡される可能性を否めません。いつ無職になるか分からないことを覚悟しておきましょう。

また、大半の会社は契約社員のタクシー運転手に対して昇給制度を設けていません。
どれだけ頑張って正社員以上に売り上げ金額を伸ばしたとしても、給与アップを期待しにくいです。高額給与を目指している方は正社員として勤務する方法を模索しましょう。

因みに、退職金制度が適用されないケースが多いです。一定期間勤務して社会保険に加入していたとしても退職金を受け取れなければ、老後の生活が窮屈になります。年金にも関係してくるので、要注意です。

さらに、福利厚生を用意している会社も少なく、住宅費や交通費が支給されている契約社員は僅かです。
契約社員は自分の要望と合致する勤務条件を選べる一方、デメリットがあることを理解しておきましょう。

経済的に余裕がない状態に陥りやすいため、将来設計を立ててしっかりと貯蓄する必要があります。

より良い環境の職場を探しやすい

タクシー運転手は、自分のペースで自由に働ける点が大きな魅力となっているものの、同僚との付き合いが悩みの種になることがあります。正社員は人間関係に苦痛を感じながら勤務しなければなりませんが、契約社員は配属先の変更を派遣会社に依頼できます。自分に合わない職場環境で、我慢して勤続する必要がありません。派遣会社の専門スタッフと話し合い、自分自身にピッタリの職場を探し出せます。

さらに、希望する勤務条件を派遣会社に伝え、勤務時間や給与の交渉をスムーズに行えます。職場でトラブルが発生した時でも、派遣会社が介入して対処するケースが一般的です。勤務上の問題を派遣会社に解決してもらえるので、悩みや不満を抱かずに無理なく働けます。

また、売り上げ金額によっては正社員で働くことができる場合があります。一時は正規雇用を諦めていた方でも真摯にタクシー運転手の仕事に取り組む中で実績が認められれば、正社員として登用される可能性が高いです。
但し、勤務体系や給与形態を確認した上で、正社員になるか否かを決めましょう。

正社員登用に伴ってノルマが発生することもあるので、その点は確認が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

売れっ子タクシードライバーに聞く!高収入を稼ぐポイント!

img0908
タクシー運転手には稼げる人間と、稼げない人間がいます。稼げる人は年収500~1000万以上貰える人がいます。なぜそんなに差が出来るのでしょうか?この記事では、稼げない方と稼げる方の違いを書いていきたいと思います。

情報・考え方・根気の3原則

アンテナを張り、仕掛ける

taxi_3運転手で稼げる人というのは、自分を仕掛けられる人。タクシーで言う【仕掛ける】というのは、「お金を多く使ってくれるお客さんが沢山集まる場所で、効率良く立ちまわる」という事です。仕掛けるとは、『都会のオフィス街』といった人が集中しているような場所など情報にアンテナを常に張り巡らせ利用客が多く集まる所へ移動をする。車がお客様待ちの時間帯を作らないようにする。
このように、お客様が多くいる場所で常に待っているor走る事。とにかく、お客様が乗ってくる可能性を上げる事。そのために自分が仕掛けるポイントを常に考える事。こういった基本的な考え方が重要になってきます。

効率の良い立ち回り方とは?

「お客様が乗車してくれる可能性が高い場所に、如何に効率よく仕掛けることが出来るのか?」
田舎町のような人通りの少ない場所で待つよりも、港区や高級住宅地で待つほうが、お金をたくさん使ってくれるお客様が集まる場所で待つほうが効率が良いに決まってます。時間帯・交通状況によって場所を変え、よりお客様の多い場所を考えて移動する。常に、効率を踏まえた行動をすることが最も大事なことです。

どんな人が向いてるの?

taxi_2・釣りが好き
理由:待ち時間などイライラしない
どんな魚が釣れるかなとワクワクしながらできる方。

・ゲームをしているのが好き。
理由:一人でもくもくと考えてゲームをしている時の頭の使い方と、タクシーで売上を追いかけている時の頭の使い方はほぼ同じです。
現に、若いタクシードライバーの方にはゲーマーが多いですね。

・分析思考・戦略思考の人
理由:常に、何処にどんな人がいて、
どうやって動けば効率的に売上を伸ばすことが出来るかをしっかりと考えられる事ができるので。
囲碁とか将棋とか、あとはパズルゲームが得意な人とかはセンスが良く、稼げる人が多いように感じます。

・瞬発力がある。
理由:瞬発力がある人は沢山のお客さんに反応が出来るからです。
この業界あるあるなのですが、おじいちゃんが多い為にお客様が手を上げているのに反応できないという事も多々あります。
逆に若くて反応の良い方はサッとお客様を乗せる事ができるので、売上を高く持っていく事が出来ます。

転職は日本交通グループの蔦交通で決まり

タクシー業界も競争が激化が予想されます。タクシーのサービス面や質が重要視されるようなり、常にお客様の目線に立ったサービスを考えなくてはなりません。日本交通グループは、8年連続業界売上ナンバー1の会社です。これからもお客様目線を持ち、良質なサービスの提供に取り組みます。タクシードライバーへの転職を考えている方は、安定・安心で働きたいなら日本交通グループの蔦交通を選んでみてはいかがでしょうか。大手のグループでありながら、アットホームな雰囲気で楽しく働ける蔦交通では、一緒に働く新たな仲間をお待ちしております。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内の新卒タクシー乗務員はメリットが多い!早期に出世ができるキャリアパスが魅力です

東京都内の新卒タクシー乗務員はメリットが多い!早期に出世ができるキャリアパスが魅力です

新卒で東京都内のタクシー会社に就職をすると、いろいろなメリットが得られます。
実のところ、東京都内は大卒のタクシードライバーが多く、若い女性のドライバーも増えています。

ここでは、東京都内の新卒ドライバーのメリットを具体的にご紹介しましょう。

東京都内の新卒ドライバーのメリット1「早く出世ができる」

東京都内でタクシー乗務員として働いた場合、早期の出世が見込めるというメリットがあります。東京都内では、大手タクシー会社が大卒採用をしているケースが目立ちます。このような事情から、都内では新卒でタクシー会社に入社する大卒ドライバーが増えている状況です。大卒採用をしている東京の大手タクシー会社では、採用した大卒ドライバーに魅力的なキャリアパスを用意していることが多いです。例えば、入社後の数年間はタクシー乗務員として現場で働き、その後は営業所で管理業務に携わる、などは典型的なキャリアパスのパターンです。営業所で一定の経験を積んだ後は、本社に移動してさらにキャリアに磨きをかけていきます。

大卒ドライバーの場合、営業所や本社でも管理職のポストにつくケースが少なくありません。業績を上げて順調にステップアップができた場合、入社してから数年ほどで管理職につける可能性があるわけです。こういった点は、東京都内の大卒ドライバーの大きなメリットと言えるでしょう。東京都の大手タクシー会社には、年齢に関係なく出世ができる職場も見られます。新卒で入社をすれば、若い年齢で責任ある地位につくことも可能です。

東京都内の新卒ドライバーのメリット2「給与が高い」

若くして高い給与が得られることも、東京都内で新卒のドライバーとして働くメリットです。タクシー乗務員の給与は、一般的に基本給に歩合給がプラスされる仕組みになっています。歩合給のみの完全歩合制の会社もありますが、このような会社の場合は新人のドライバーに給与保証の制度を用意していることが多いです。歩合給がある場合、新人のドライバーでも業績を上げさえすれば給与の額が大幅にアップする可能性があります。実際、同年代の平均収入を超える賃金を得ている大卒ドライバーが東京都内にはたくさんいます。

出世をして管理職になった場合は、管理職手当などがプラスされますので、現場を離れてからも引き続き高い給与が得られるわけです。歩合給がある職場では、仕事へのモチベーションが上がるのが一般的です。努力した成果がそのまま給与に反映されてくるため、スキルアップに向けての意欲もアップするでしょう。収入が増えれば、マイホームの購入なども実現しやすくなります。新卒で働き始めた場合、より早くマンションや一戸建てを手に入れられるかもしれません。新卒で高収入が得られるタクシー乗務員の仕事は、理想のライフスタイルを実現するのにもプラスになることがあります。

東京都内の新卒ドライバーのメリット3「休日が多い」

東京都内のタクシー乗務員は、自分のライフスタイルに合わせて働けるのが魅力。大手タクシー会社で働くタクシー乗務員の場合、いくつかの勤務形態から選べることが多いです。例えば、昼間を中心に働きたいときには、朝から夕方まで勤務をする日勤のスタイルを選べばよいわけです。タクシー乗務員の場合、夕方から翌日の午前中まで勤務する隔日勤務というスタイルもあります。このスタイルを選ぶと、1回の勤務時間は少し長くなりますが、1カ月間の休日が増えます。実際、東京都内のタクシー会社に勤務する大卒ドライバーには、あえて隔日勤務を選んでプライベートを充実させている人が少なくありません。

新卒の場合、休日が多い職場は収入が低くなるのが一般的です。また、新卒で高収入が得られる職場は、「休日がほとんどない」などの問題がつきもの。その点、東京都内の大手タクシー会社に勤務する大卒ドライバーは、高い給与を得ながら十分な休日を確保できるわけです。休日が多くなれば、余った時間を活用して資格取得をすることもできるでしょう。若い年齢で将来に向けての準備ができるところも、東京都内で新卒ドライバーとして働くメリットです。

人間力が磨かれる職場環境は経営者を目指す人にとってもメリットがある

東京都内の大手タクシー会社では、幅広い世代の社員がタクシー乗務員として働いています。入社する年齢もさまざまであり、タクシー乗務員の職場環境は年功序列で出世が決まる職場とは少し異なるケースが多いです。社員の年齢層やバッググラウンドにも幅があるため、自由な雰囲気の職場が多いのが1つの特徴と言えるでしょう。タクシー乗務員の場合、基本的に仕事は1人で行います。このような職場では、乗務員の結び付きがかえって強くなることがあります。実際、東京都のタクシー会社では、社内のイベントなどを通じて同僚と積極的に交流をはかる社員も見られます。

幅広い世代の社員と交流しながら成長できる環境が、東京都のタクシー会社の場合は整っているわけです。このような環境で新卒のときから伸び伸びと働いていれば、人間力も磨かれる可能性があります。若い年齢で人間力が身につくと、独立して経営者になる、などの夢を実現できる確率も高くなるでしょう。大卒ドライバーが増えている背景には、このようなプラスアルファのメリットがあることも少なからず関係しています。入社してから数年で管理職になれる東京都の大卒ドライバーの仕事は、経営者を目指す人にとっても考えてみる価値があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバー(乗務員・運転手)が東京のタクシー会社に転職する場合に失敗しない方法は、将来性のある会社を選択することが重要

タクシードライバー(乗務員・運転手)が東京のタクシー会社に転職する場合に失敗しない方法は、将来性のある会社を選択することが重要

東京都内には多くのタクシー会社があり、常にたくさんのドライバーが勤務しています。

頑張れば頑張るだけ収入が増えるという給与体系に魅力を感じることで、大企業勤務や公務員からの転職者も少なくありません。
失敗しないタクシー会社選びが重要といえるでしょう。

タクシードライバーの転職!チェックすべきポイント

東京にも数多くのタクシー会社がありますが、その全てが優良企業といえるとも限りませんので、転職活動をする際には、留意することが必要といえるでしょう。
タクシードライバー(乗務員・運転手)の転職は、決して珍しいことではありません。

多くの人が、現状の仕事と比較してみた場合に、好条件が期待できると思えば、転職に打って出るというケースも多くあります。

タクシードライバー(乗務員・運転手)に限った話ではありませんが、現代社会を取り巻く環境では、転職することを決してネガティブにとらえない傾向にあります。
むしろ、明確なビジョンや計画性を持つことで、転職自体をポジティブに考える風潮が出ています。

昔とは全く流れが変わったといっても良いのではないでしょうか。
しかしながら、転職をするにあたっては、注意しなければならない点もありますので、その点についてはしっかりとおさえておく必要があります。

意気揚々と転職をしても、いわゆるブラック企業などというケースも往々にしてあるものです。

タクシードライバー(乗務員・運転手)の仕事を見つけるために東京に出てきたという人にとっても、しっかりとチェックしておくべきといえます。

大企業勤務にも匹敵する収入もあり得る

では、タクシードライバー(乗務員・運転手)が東京での転職活動を失敗しないためには、どのような点に注意することが必要なのでしょうか。

結論からいえば、将来性のあるタクシー会社に転職することが重要といえます。

将来性といっても漠然とし過ぎていてわかりにくいという声もあがってくるかもしれません。
わかりやすくいえば、十年後二十年後もしっかりと勤務することができるようなタクシー会社を転職先として選択することが大事なのです。

タクシードライバー(乗務員・運転手)に転職してくる人の中には、日本を代表するような大企業や公務員を退職した経験がある人も大勢います。
一般的な見解からいえば、タクシードライバー(乗務員・運転手)として勤務するよりも、大企業や公務員としての勤務の方が安定しているといえます。

わざわざ、あらゆる面において雇用条件が良くないとされるタクシー業界に飛び込んでくるということにはいささか疑問を持つことにもなります。
確かに、タクシードライバー(乗務員・運転手)として東京で活躍する人の中には、大企業に勤務する人と遜色ないほどの収入を得るという人も多くいます。

タクシーランクなども参考に!

東京都内にあるタクシー会社の中にも、いわゆるブラック企業と呼ばれる会社は多くあります。
そのようなタクシー会社に就職しないための方法としてタクシーランクBランク以上の会社に絞って活動することが得策といえるでしょう。

このタクシーランクは、信頼性の高さで知られていますので、転職活動をする際には、覚えておきたいものです。

タクシー会社としての口コミや評判を細かくチェックするということも大切かもしれませんが、客観的な基準に基づいた数値などを参考にすることが重要といえるのではないでしょうか。

都内にあるタクシー会社の多くが、ネット上でのサービス提供に注力しているのも現実です。
利用者の多くもスマホやタブレット、パソコンなどを使っての情報収集をすることが当たり前になってきました。タクシー会社では、タクシードライバー(乗務員・運転手)の求人活動でもネット上での取り組みに重きをおいています。転職活動をする人が気をつけなければならないのは、ネット上の謳い文句などを安易に信用すべきではないという点です。

「月収40万円以上」などの好条件ぶりをアピールするなどして求職者の目を惹こうとするタクシー会社も多くあります。

タクシー会社選びの際の留意点とは

多くのタクシードライバー(乗務員・運転手)が転職先として求めるのは、設備が十分、売上が高い、福利厚生面が充実しているなどの点ではないでしょうか。
この点についても、東京にあるタクシー会社の全てが満たしているわけではありませんので注意しましょう。

タクシー会社の中には、残念ながらタクシードライバー(乗務員・運転手)のことを使い捨て要員としての位置づけとしか見ていないというケースも少なくありません。
この点については、ドライバーの勤務状況や収入などの実態を見ればわかることです。

東京のタクシー会社でも、その多くが人手不足の現状に悩んでいます。
年収が低いことなどが主な理由となっています。

東京都内に事務所を構えるタクシー会社に転職を果たすことで、必ずしも高収入を得ることができるということはありません。
いかに高い志とやる気を持って勤務することが重要です。多くの収入を得るドライバーに共通しているのは、自分なりの稼ぎ方を確立している点です。

そんなタクシードライバーの活動をしっかりと支えてくれるようなタクシー会社を選択することが何よりも大切です。

タクシー会社選びをする際には、そのような視点を持つことも忘れてはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都のベストな高収入の会社とは?稼げるタクシー会社はベンチャー志向の若者に向いている?

東京都のベストな高収入の会社とは?稼げるタクシー会社はベンチャー志向の若者に向いている?

タクシーは稼げない?
あなたは、タクシー業界と聞いて、”給料が少なくて激務”と思ったことはないでしょうか。

現在、タクシー業界は超高齢化が進み、人材不足に悩まされている会社が沢山あります。その最な原因は、古くからある上記のような誤解されたイメージにあると思われます。でも実際に人材不足といっても、街中には多くのタクシードライバーが働いています。一般社団法人ハイヤー・タクシー連合会のデータによると、タクシーの従業員は41万2,962人で、その内、37万1,245人が運転者なのです。ではタクシードライバーの年収が気になるところだが、平均すると300万円となる。そこを境界線として稼げない人は300万円にも満たなく、稼げるトップの人は年収1,000万円クラスのドライバーもいます。よく、メディアでもタクシー業界が悲鳴をあげているなどのニュースが取り上げられるが、それはほんの一部で、普通のサラリーマンと同等または、もっと多い収入を貰っている人もいます。そのため、一概にもタクシードライバー=稼げないとは言えないのです。

稼げる人と稼げない人の違い

では、なぜそんなに年収に開きがあるのかというとタクシードライバーは、固定給+歩合制という、成果報酬の給与体系が主流なため自分の頑張り次第でいくらでも給与が上がります。

タクシーは、走らせない限りお客さんを拾えないため、稼いでいる人はまずひたすらタクシーを走らせお客様を探す。基本、駅や空港などで待っている”待ち”はあまりせず、体力バランスを考えて少し休憩する際にするなど休憩と待ちを上手く状況に応じて実施しているという。ただ待ちをするにしても、タクシー待ちの列が最大25が分までで回転するような、回転率がいい大きめの駅ので待つこともポイントのようだ。それと、終電が終わったあとの駅のタクシー待ちの列には基本参加しない。なぜなら、終電が終わったあとに拾ったお客様を乗せていったとしても、その人を下ろした後は、終電が終わっている郊外の住宅地では誰もいないので次につながらないということなのである。そのため、待つとしたら繁華街で待っている方がよりお客様に多く利用してもらえるという法則があるそうです。

タクシー業界に向いている人

そういった自分から仕事を取りに行く姿勢の人は、どの業界でも必ずいます。特に言われたことをそのままやるだけの指示待ち人間でなく、自発的な人が多いのはベンチャー企業ではないだろうか。自分が置かれた環境を分析して、自分なりの手法を編み出し、実践して、改善していくという常にPDCAサイクルを考えながら仕事をする。こういった人は、タクシーのドライバーではなくても、どんな業種をやっても、すごい成果をあげているのです。

ただタクシードライバーは基本的に一人で行うため、客待ちの間に勉強をしたりイヤホンでリスティング勉強をするのに最適だというメリットがある反面、一人で頑張るというのは非常にきついものがあるので限界はある。そういった時は、複雑な人間関係に悩まされることがないが、仕事仲間や友達と仕事をしながら電話などをしてモチベーションを高めるのも必要となります。また、今までは考えられないような人脈が出来る場合もあるため人間性や収入を良い方にもっていきたいと思う方であれば、気軽に始められるのでせひチャレンジしてみてはどうでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

稼げるタクシー運転手は、何をやっている? 未経験のタクシードライバ―がすべきこと

稼げるタクシー運転手は、何をやっている? 未経験のタクシードライバ―がすべきこと

これから、タクシードライバーをやろうと思っているけど、売上が上がるかどうか心配だし、自分に向いている職業なのかどうかが心配…このページを見てくれている貴方には、そういった悩みがありませんか?

タクシードライバーという職業が、どれだけの年収を稼ぎだすかご存知ですか?なんと、稼ぐ人で年収800万円以上! 一般的なサラリーマンと比べてかなりの高収入だと言えるでしょう。

そう聞くと「じゃあ、タクシードライバーになるか!」と思われる方もいるかもしれません。だけど、タクシードライバーには年収800万円の人もいれば、年収250万円にも満たない人もいるのです。稼げるドライバーとそうでないドライバーの差は、一体どこで生まれるのでしょうか?タクシードライバーの収入や、稼げるドライバーの条件などについてご紹介します。

タクシードライバーとして稼げる人の条件

運転と接客が好きな人に向いている仕事と言えばタクシードライバーです。タクシードライバーとして活躍するには、お客さんを一人でも多く乗せて日々の売上を稼いでいかなければなりません。車一台あれば、自分の努力とアイデアでいくらでも上の収入を狙える仕事だと言えます。

では、どんな人がこういった稼げるタクシードライバーになれるかというと、最低限次の4つを備えている人でなくてはいけません。

・コツコツ頑張るまじめさがある
・売上を上げる気力がある
・ひとつのやり方に固執せず柔軟な考え方ができる
・稼ぐために必要な情報を積極的に集める能力がある

出勤前に情報収集することが大事

単に道路を走行しているだけで多くの人がタクシーを利用してくれれば良いのでですが、タクシードライバーの仕事はそんなに甘くはありません。そこで重要になってくるのが、どこの顧客が集まっているのかを調べる情報収集です。例えば、週末に大きなイベントがあるなら事前にその情報を調べておき、イベントの終盤に会場付近で待機しておきます。

そうすることでイベント帰りの人やスタッフなどの利用を見込めることになります。頻繁にタクシー会社へ連絡のくる飲食店などの記録を付けておき、終電がなくなる頃にその飲食店付近を走行しておくというのも稼ぐテクニックの一つです。そこで捕まえた顧客がもし近隣のエリアしか利用せずにあまり売り上げにつながらなかった時には、すぐに同じ場所に戻り別の顧客の利用を待つと効率が良いでしょう。

休憩時間を工夫して取る

日中に勤務する場合にも深夜に勤務する場合にも、休憩を取る時間については工夫する必要があります。稼げるタクシードライバーは「どの時間帯に多く顧客を乗せることができるか」を把握しています。

顧客の少ない時間帯に休憩時間を取ることで、効率よく稼ぐ仕組みを作り出しているのです。いつが稼ぎ時か判断ができないという人は、顧客を乗せた際に簡単なメモを取って時間ごとに整理していけば稼げる時間帯が自然と見えてきます。また、付け待ちを休憩にあてる仕事に貪欲なタクシードライバーもいます。

一番重要なのは、お客様第一の気持ち

成功しているタクシー運転手、つまり稼いでいるタクシー運転手に共通しているのは乗って頂いているお客様にどれだけ心地よい空間を作れるかを意識しています。安全に目的地まで最短でお送りするのはもちろん、スムーズなブレーキ・スムーズな発進、社内での会話も含めて、移動時間が快適になるようにすることです。
そうすることで、お客様に気に入って頂き、次の乗車の時には指名をもらうことができます。そういった固定客を持つことで、より高いレベルで安定した売上をつくることができるのです。

上記のことから分かるように、いかに考えて日々の業務に取り組んでいくかということが重要です。これはタクシー運転手に限らずですが、何も考えずに毎日働いている人とは雲泥の差が出てきます。ぜひ事前準備と日々の分析をしながらタクシーライフを楽しんでいただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職、失敗しないために将来性のある会社を選ぼう

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職、失敗しないために将来性のある会社を選ぼう

タクシー会社はどこでも同じ?会社によって違いはあまりないのでは?

そんなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、そうではありません。会社によって、待遇も平均年収も様々です。転職して失敗した、ということにならないよう、慎重に会社選びを行いましょう。

将来性はあるか?

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)へ転職したいと考えたときに、数あるタクシー会社の中からどのように選べばいいのでしょうか。

まずは、その会社に将来性があるかどうか見極める必要があります。

将来性のない会社は、会社自体に余裕がないことになります。
そうすると、例えば二種免許取得期間中の手当てが出ない、免許取得にかかる費用さえ自己負担しなければならない、給与が上がらない、整っていない設備の中で働かなければならないなど、金銭的にも精神的にも負担を抱えて新しい仕事を始めることになりかねません。

逆に言うと、将来性のある会社であれば、会社に人を育てるだけの余裕があることになります。
そのため、二種免許を取るまでの間も(もしかしたらその後も一定期間は)充実した研修を実施し、もちろん手当ても支給し、免許取得費用も負担してくれる会社もあるということです。その他、長く働き続ける上で重要になってくる給与体系についてや、設備、福利厚生などにも差は出てきます。

たまたま探したある会社での待遇が全ての会社共通だと思わずに、正しい知識を持って、失敗しない就職先として将来性のある会社を見極められるようにしてください。

大企業なら安心?タクシーランクは?

将来性のある会社を見極める1つのポイントとして、会社の規模があります。大企業であるということは、そこまで会社を大きくしてきた実績があるということです。
また、大きい会社を維持するにはそれなりの数の従業員が必要であり、その数の従業員を雇って管理できるだけの余裕と体制が整っているということでもあります。

会社としての基盤がしっかりしているに越したことはないので、会社の規模も会社選びの基準の1つに入れて検討しましょう。

また、もう1つのポイントとして、タクシーランクという評価制度があります。
東京タクシーセンターという機関が行っている評価のことで、接客・サービス、安全・運行管理、経営姿勢、加点措置の各評価項目の合計評価点数により、タクシー評価委員会がタクシーランクを決定するものです。法人タクシー事業者は、優良、B、Cの三段階で評価され、その結果は公表されます。タクシー会社の評判は、顧客獲得にもそのままつながってくるので、評価のいい会社は必然的に顧客も多くなるということです。
もちろん優良が一番ですが、評価Cの会社は避け、少なくともタクシーランクBランク以上の会社を選ぶようにしましょう。

会社の売上が高いところが一番?

タクシーランクBランク以上の会社の中でも、売上には差があります。タクシードライバーの給与体系は、多くが歩合制なので、会社の売上が高いということはそれだけ給与も高い可能性があるということです。ただし、あくまで可能性があるということで、会社の売上が高いからという理由だけで入社を決めてしまうのは危険です。

売上が高くても、それが社員に還元されていない会社もあるからです。
その売上が、自分の給与にどのように還元されるのかを事前に確かめておく必要があります。

つまり、売上のうちどれくらいが会社に渡り、どれくらいを自分の給与とできるのか、両者の取り分の割合が重要になるということです。

また、タクシー会社の多くが歩合制と言っても、いくつかの種類に分かれます。
固定給のない完全歩合制(売上がなければ給与もなし)の会社から、固定給が定められ、それに加えて月々の歩合給と年数回の賞与も支給される会社まで様々です。

会社の売上だけでなく、自分に合った給与体系はどれなのかを検討し、入社したあとに安定して稼ぎ続けられる会社なのかどうか、具体的な数字で計算してみるといいでしょう。

設備は整っている?

会社の規模や売上だけでなく、働く環境が整っているかどうかも将来性を見極める大切なポイントです。
ストレスを抱えずに安心して働き続けることができるかどうかには、設備の充実も関わってきます。

例えば、安くておいしい食堂があるか、仮眠を取れる場所があるかなど、長時間の勤務になりがちなタクシードライバーにとっては重要です。

会社によっては大浴場も完備しているところもあります。
また、自前のガソリンスタンドや洗車機など、商売道具である車を維持するために必要な設備が十分であるかどうかもポイントです。

普段の業務で使用するための設備だけでなく、保養所があったりお祝い金、お見舞金などの福利厚生が充実しているかどうかも確認しておくと、その会社がどれだけ従業員を大切にしているかがわかるはずです。

居心地の良い整った環境で働くことができれば、自然とそこで働く人たちのモチベーションも高くなります。
そういう人たちに接客されるお客さまも、気持ちよくタクシーを利用することができ、会社の評判も良くなります。

会社の評判が良くなればお客さまも増え、働く人の給与も増え、良い循環になっていくということです。

タクシードライバーになって正解だったと思えるよう、そういう良い循環を生み出せるような会社に入社してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加