稼げるタクシードライバー

東京でタクシードライバーに転職するうえでよく噂される不安や心配は問題ない?

東京でタクシードライバーに転職するうえでよく噂される不安や心配は問題ない?

タクシー業界にも高齢化の波は押し寄せており、ドライバーの数は不足気味です。
特に東京は人口が多い都市なのでタクシーを利用する人の数も多く、ドライバー不足は大きな問題になっています。

しかし、これからタクシードライバーとして働くうえで「年収」や「就労環境」などは、ほとんどの人が気になるのではないでしょうか。

そこで、東京でタクシードライバーに転職する人が感じやすい不安や心配と対策について紹介します。

東京のタクシードライバーの平均年収はどれぐらい?

ほとんどの人が転職にあたって気にする項目が「平均年収」でしょう。

結論から言うと、東京のタクシードライバーの平均年収は400~500万円程度です。この金額が多いかどうかについては前職の年収にもよるので人それぞれですが、1つだけ言えるのは400~500万円程度という平均年収は比較的高いほうだということです。

東京のタクシードライバーの平均年収は、そのほかの都市よりも1~2割程度高いといわれています。

たとえば、西日本の中心都市である大阪で働いているタクシードライバーの平均年収は400万円弱だといわれているのです。一般的にタクシードライバーの平均年収は人口の少ない地域に行くほど安くなる傾向にあるので、地方都市はさらに少ない可能性があります。

その点を考えると、平均年収400~500万円程度は恵まれていると言えるでしょう。

また、平均年収はあくまで平均値でしかありません。タクシードライバーになりたての人も含まれていて、平均年収を押し下げています。

タクシードライバーの収入は一般的に「基本給+歩合給」になっているため、働けば働くほど年収アップも期待できます。

実際に東京で働くタクシードライバーのなかには年収1000万円を超える人もいるのです。
がんばっただけ年収が増えるというのは、年功序列型のサラリーマンでは味わえないやりがいのある職場だと言えます。

勤務体系はドライバーの事情に合わせてくれることも

タクシードライバーの就業環境をよく知らない人のなかには「勤務時間が不規則になって体調管理が大変そう」だと思っている人もいるでしょう。

しかし、実際にはそれほど不規則な就業体系ではありません。就業体系は勤務する会社によって異なりますが、一般的に早朝に出勤してそのまま夜勤をこなし、翌日の朝に帰宅するパターンがほとんどです。

そして、その日と翌日が休みとなって、また出勤というサイクルを繰り返します。おおよそ1日半の出勤と休みを交互に繰り返すイメージです。

このような勤務体系でも平均年収ぐらいは稼げますし、乗客が見つかりやすいエリアを知っているベテランであれば月収60万円近く稼ぐ人も珍しくありません。

また、タクシー会社によってはドライバーを確保するために、複数の就業体系を用意しているケースもあります。
たとえば、子どものいる世帯向けに「昼勤のみ」、稼ぎを多くしたい人のために「夜勤がメイン」といった具合です。

2019年時点ではタクシードライバーの需要が高い、いわゆる売り手市場になっています。

そのため、ドライバーの事情やプライベートに配慮してくれる可能性は高いので、できるだけ交渉してみるとよいでしょう。

二種免許や地理試験は難しい?

タクシードライバーになるには、二種免許を取得しなければいけません。まだ試験を受けていない人のなかには、どの程度難しいか不安を抱えている人もいるでしょう。

二種免許を取得するための流れは、一種免許を取得したときと基本的には同じです。筆記試験を合格したあとで、実技試験に臨みます。実技試験は緊張するかもしれませんが、慎重に運転すれば合格することは難しくありません。平常心を保って試験に挑むことが大切です。

また、面接時点では二種免許を取得していなくても、タクシー会社に採用してもらえるケースも多いです。その場合は、採用後に二種免許を取得することが求められますが、費用はタクシー会社が支払ってくれることもあります。求人情報をよく確認して応募しましょう。

そのほかにも、タクシードライバーになるには、タクシー会社が実施する地理試験に合格しなければいけないケースもあります。

ほとんどのタクシーにはカーナビが付いているでしょうが、運転するエリアの地理をそれなりに覚えておかないと目的地を入力できないケースもあるからです。

採用されたタクシー会社が主に活動するエリアに土地勘のない人には少し難しいかもしれませんが、暗記科目なのでがんばって覚えるしかありません。
転職するタクシー会社のエリアについては、ある程度勉強しておきましょう。

タクシー会社によって万が一のときの保障は異なるのでチェックしておこう

タクシードライバーは長時間自動車を運転しなければいけないので、交通事故のリスクは高くなります。
特に東京のような大都市では車の交通量も多く、車線の数もたくさんあるので地方都市と比べると注意しなければいけないポイントも多いです。

しかし、実際に交通事故を起こしているのはタクシーばかりではありません。大切なのは、体調を管理してスッキリした状態で運転することです。
不健康な生活をして、寝不足や頭がぼーっとしているような状態で運転すると交通事故のリスクが高まるので避けましょう。業務の合間に適度に休憩を取る柔軟さも大切です。

また、特に高齢ドライバーに多い事故例としては、突発的な発作によって意識障害を起こし、交通事故を起こすケースが挙げられます。日頃の健康診断を怠ることなく受けて、もしも問題があるようだったら医師や勤務先の上司に相談しながら業務を続けることが重要です。

そのほかにも、勤務先によって万が一のときの保険の加入有無や保障内容は違います。給与や勤務体系とともに、求人情報をチェックするときは確認しておくとよいでしょう。

条件のよいタクシー会社を探して応募しよう

タクシードライバーは、自分の努力や工夫しだいでたくさん稼げる可能性のある仕事です。

しかし、地域によって年収に差があったり、会社によって取り分の割合が違ったりするので、注意が必要です。

タクシードライバーは決められたルールのない自由度が高い仕事なので、向上心を持って仕事に取り組むことで、年収アップの可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未経験からタクシードライバーに!タクシー業界への転職で失敗しない方法

未経験からタクシードライバーに!タクシー業界への転職で失敗しない方法

タクシードライバーは年齢に関係なくできる仕事なので、未経験でも転職先として適しています。
ただし、タクシー業界には求人が多いので、ライバルよりに採用過程で印象を残さなくてはいけません。
確実に転職できるよう、準備は入念に行いましょう。

この記事では、タクシー業界への転職を心配しない方法について解説します。

転職の山場は面接!志望動機や身だしなみに気をつけよう

タクシー業界への転職では、書類審査を経て面接が行われます。
面接は企業側に直接自己PRをできるチャンスです。

逆を言えば、面接の印象が悪いと落とされる可能性が高くなります。
企業が求める理想象を意識しながら、自分の長所を伝えましょう。

まず「志望動機」を明確にしておくのは大前提です。なぜタクシードライバーになりたいのか、はっきりと理由を説明します。
「免許があるから」「給料がいいから」程度では、志望動機として弱いと言えます。
「車の運転が好きで、やりがいを持って働けるから」などと、やる気を押し出しましょう。

また、面接では身だしなみも重要です。
なぜなら、タクシードライバーは大枠で「接客業」にあたる職種だからです。

乗客に不快な思いをさせるような人間を企業は雇ってくれません。
服装や髪型から漂う第一印象はとても大切です。シャツやネクタイにはアイロンをかけ、靴は磨いておくなど清潔感を意識しましょう。
基本ながら、散髪に行ったり髭を剃ったりするのも必須です。

タクシー業界に入社してから後悔しないために!社風を見極めよう

転職者にとって、タクシードライバーにさえなれればなんでもいいというわけではありません。
タクシー業界にはさまざまな会社があります。

自分に合った職場を選ばないと、入社後に後悔してしまうでしょう。
ありがちな失敗が「社内での孤立」です。

タクシードライバーは大半の時間を個人で過ごしているため、団結力が希薄になることも少なくありません。
新人を気づかうシステムのない会社に入ると、仕事を覚えるまでに苦労します。ま
た、人間関係の悩みも出てくるでしょう。

人あたりの厳しい先輩社員がいるような会社では、出勤するだけでストレスを抱えなくてはいけません。
こうした職場を避けるためには、企業研究を欠かさないことです。
単なる印象や給与面だけで志望先を決めず、口コミなどの評判もチェックしましょう。

また、説明会や面談で事務所を訪れる際には、社風を体感するチャンスです。
面接官の人間性、事務所の雰囲気などを観察して「やっていけるかどうか」を判断します。
面接とは、自分が会社を選ぶ場でもあるのです。

本当に稼げる?勤務地や認知度を確認しよう

タクシードライバーの多くは歩合制で働いています。
多くの乗客に出会えるほど給料に換算されるシステムなので、努力次第で高収入も夢ではありません。

ただし、応募要項ではどのタクシー会社もプラスの側面ばかりアピールしているので注意しましょう。
実際に稼げるかどうかは、本人の実力以外でも「勤務地」や「認知度」に左右されるからです。

どんなにやる気があるドライバーでも、人気のない地域に配属されたのなら乗客を見つけられません。

たとえば関西エリアであれば、梅田、難波、京都市内といった繁華街で働きたいところです。
そのほか、終電を逃した会社員を見つけやすい、深夜帯の駅周辺なども稼げる場所です。

どんなところに配属されるのかは、面接の段階で確認しておきましょう。
次に、タクシー会社は乗客から呼び出しを受けることでも利益を上げられます。

しかし、そもそも会社の名前が浸透していないと呼び出してもらえません。
大企業に就職することがすべてではないものの、ある程度は地域に密着している会社を選びましょう。

適性を自覚していれば転職で失敗する可能性も減る

そもそも、自分にタクシードライバーの適性があるかどうかもポイントです。適性に低い職業に転職してしまうと、思うような成果を出せません。

歩合制の世界では収入も減り、生活が苦しくなることもありえます。応募要項の甘い文言を信用しすぎず、冷静に自分の性格やスキルを分析しましょう。

たとえば、タクシードライバーとして成功するには「コミュニケーション能力」が不可欠です。いろいろなタイプの乗客とストレスなく話せると、仕事が苦痛でなくなりモチベーションも高まるでしょう。

次に「根気」も大事です。短期間で効率的に稼ぎたいタイプはタクシードライバーに向きません。

長時間にわたって集中を保ち、乗客を求めて運転できる人は収入を増やせます。

そして「自己管理」も重要でしょう。タクシードライバーは基本的に1人で働く仕事です。

自分で自分のスケジュールを決め、業務に取り組まなければなりません。時には、自分に厳しくできないとタクシードライバーとして成功は難しいでしょう。

タクシードライバーに転職するならシミュレーションが大切!

転職に失敗しないためには、将来のシミュレーションが重要です。その業界でがんばれるイメージを持てるかどうかを考え、自分の適性と向き合いましょう。タクシードライバーであれば、根気強く自分に厳しい人が向いていると言えます。

そのうえで、志望先をしっかり研究するなどして入社後に後悔がないよう転職活動に励みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京でタクシードライバーとして転職したい!失敗しないための秘訣とは?

東京でタクシードライバーとして転職したい!失敗しないための秘訣とは?

終身雇用へのこだわりが薄らいだいま、いろいろな可能性が広がってきました。
そのため、車やコミュニケーションが好きな人にとって、タクシードライバーは適職のひとつと言えるでしょう。

タクシードライバーとして働くには、失敗しないための秘訣を知ることが大切です。
また、その土地ならではの特徴を知る必要があります。

ここでは、東京でタクシードライバーとして働きたい人に役立つ情報をまとめました。

資格取得のサポートが受けられること

これまでタクシードライバーとして働いてきた人は、スムーズな転職が可能なことが大きな強みです。
一方、タクシードライバー未経験の人がタクシードライバーになるには、資格の取得から始める必要があります。

その一つ「二種免許」(第二種運転免許)の取得は避けられません。
二種免許を取るためには、一種免許を取得後3年以上経っていることが条件になります。

つまり、普通自動車の免許証を満18歳で取得した場合、最低でも満21歳まで待つ必要があるのです。
もちろん、そのあいだに免許停止期間があると、二種免許取得の機会が遅くなります。

また、東京・大阪・神奈川エリアで営業するタクシー会社で働く場合、「地理試験」の合格が必須になることもあります。
東京の場合は、23区・三鷹市・武蔵野市が地理試験の対象エリアです。

そのため、上京してタクシードライバーとして働くときは、タクシー会社の営業場所を考慮するとよいかもしれません。
地理試験なしで働けるタクシー会社のなかから仕事先を探すと、よりスムーズに仕事が始められるからです。

なお、タクシー会社の求人情報を収集するときは、二種免許や地理試験取得に必要なサポートが受けられるところを条件に入れましょう。
研修制度の充実はもちろん、二種免許取得まで日給がもらえる会社に就職できると安心ではないでしょうか。

地域の事情を把握できること

タクシードライバーとして働くためには、その地域の事情を把握することが大切です。
タクシー会社があるエリアの地理に明るいことは言うまでもないでしょう。

また、お客様から遠方までの移動を頼まれることもでてくるため、各方面の最適なルートの把握も欠かせません。
通行止めの場所や、道路が渋滞する時間帯などの情報に触れることで、お客様のスムーズな移動にもつながります。

最寄り駅や病院など、生活圏にある施設の場所も知っておきましょう。
タクシーの利用客には地域の高齢者や子ども連れの人など、いろいろな人がいます。

また、観光客を乗せることもあるかもしれません。
もし、お客様から観光名所やグルメ店などを聞かれたときは、しっかり答えられることが大切です。

東京は、ほかの地域に比べて交通量の多いことが大きな特徴です。
また、複数の車線があり、車線変更に大変な思いをするかもしれません。

テレビニュースなどで都内の道路が映し出されることもあるため、交通事情をイメージできるのではないでしょうか。
そのようななかで、目的地までスムーズに行けるためにも、日頃からルート確認を徹底しておきましょう。

体調管理ができること

どのような仕事をするにも体調管理は大きな課題になります。
体調がよくないと仕事でミスをしてしまい、取引先に迷惑を掛けることも少なくないからです。

もちろん、職場の先輩や同僚への影響も避けられません。また、体を使って仕事をする人は、常に危険と隣り合わせです。
お客様を乗せて走るタクシードライバーは、より重責を担うことを知っておきましょう。

お客様に快適な場を提供するには、接客マナーを心得るのは言うまでもありません。
目的地まで運転してお金をもらうだけでなく、お客様を笑顔にすることが大事なのです。

このような理由から、タクシードライバーにはコミュニケーション好きの人が向いているでしょう。
しかし、いくら話好きの人でも体調が悪いと会話が苦痛になります。
また、運転に集中できないため、事故を起こすリスクも高くなってきます。

タクシードライバーには夜勤もあるため、勤務時間が不規則になりがちです。
そのようななかで、常にベストな状態で仕事をする必要性がでてきます。

心身ともに余裕を持ってハンドルを握ることで、お客様を事故から守ることにもつながります。
そのためには、体調管理に徹することがタクシードライバーに課せられた条件です。
これは、東京に限らず、どこで働く場合にも通じるのではないでしょうか。

無理なく生活できること

転職先によっては引越しや単身赴任が必要なケースもでてきます。
タクシードライバーも例外ではありません。

東京でタクシードライバーとして働く場合、自宅から職場まで近い人は通勤することも可能です。
しかし、通勤による体力の消耗を避けるためには近場へ引っ越したほうがよいでしょう。

ただし、東京は家賃が高いことを考える必要があります。
独身者はワンルームマンションから探せますが、同じ条件の物件でも地方都市よりは高くなります。

東京で無理なく生活するには、少しでも給与のよいタクシー会社を探しましょう。
タクシー業界は歩合制のところが少なくありません。
つまり、営業成績が収入に直結するのです。

もし、仕事で伸び悩む時期が続くと、生活への支障は避けられません。
そうならないためにも、給与保証のあるタクシー会社に就職すると安心です。

なお、タクシードライバーの求人を探すときは、会社情報をきちんと確認することが転職に失敗しないための秘訣です。
そのためには、タクシー会社の求人を扱うサイトの利用も検討しましょう。

東京ならではの事情を把握しよう

タクシードライバーとして東京で働くためには、東京ならではの事情を把握することが大切です。
たとえば、交通量の多さや家賃の高さは、東京にみられる大きな特徴と言えるでしょう。
また、タクシードライバーならではの注意点も見逃せません。

タクシードライバーとしての転職に失敗しないためにも、ここで紹介した秘訣について確認をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイント

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイント

1.需要の分析ができる

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイントタクシーの営業成績が良い人は、なぜ売り上げが伸びたのか、減ったのかに対して自分で分析して考える力を持っています。例えば、大きなイベントがあるから沢山のお客様を乗せる事が出来た、や人の出入りのある会社の前で待機していたから、等です。日々タクシーの営業で廻る際に、仮説を立ててから運転することが、少しづつ着実に売り上げを伸ばしていくコツです。たとえ仮説がうまくはまらず売り上げが伸びなくても、これは稼げないという結果が分かったことになります。どれだけ考えて「やってみて」データを自分の中に貯めていくかが大切なのだそうです。事前準備として地域に何のイベントがあるか、どんな会社があるかをリサーチするのもスキルのうちです。

2.お客様を見つける集中力

根気のいる事ではありますが、運転している間は歩行者の動きに常に集中する事が大切だそうです。いつ、遠くまで乗ってくれるお客様に出会うかはわかりません。ベテランドライバーになると、手を挙げていないのにさっと近くまで来て乗せることもあるのだそうです。お客様からしてみたら、「何故分かったの?」といったところでしょうが、これは集中力と経験の賜物かもしれません。

3.道路状況の判断ができる

タクシーで売り上げを上げるには、お客様をなるべく早く送り届ける必要があります。早く送り届けた分回転率が上がり、その日の売り上げもアップします。早さを実現するためには、渋滞の少ない道を記憶しておくことに加えて、どのように車をコントロールするのかも大事です。前にゆっくりと走る路線バスやトラックが居るなら車線変更をスムーズに行って回避すると、信号待ちに当たらないように早く走ることができます。ちなみに、都内は信号が多いので信号待ちに度々当たっていると莫大な時間がとられてしまいます。

4.タクシードライバーにもチームワークが役立つ

vete3タクシードライバーの仕事は個人である程度の裁量を持って働く仕事ですが、チームワークを持って助け合いで稼ぐのも有効なのだそうです。ドライバー同士で情報を交換するグループやネットワークを作って、稼げる時間帯や場所の共有をしていることもあるようです。LINEでグループを作ったり、違う時間帯のシフトの人からの情報にも目を通したりして情報を回して個人のレベルアップに活かしているようです。

5.稼ぎたいと思う力、やる気

そもそもの話になりますが、やる気が無いと何も始まりません。やる気のあるドライバーなら、走っている最中も「あのお客様はどうかな」と常にアンテナを張りながら走ります。単にダラダラと走っているだけでは、沢山稼ぐドライバーになることは難しいのではないでしょうか。人の流れは些細な事ですぐに変わります。雨が降ったり季節が変われば、人がいなかったところに急に需要が出たりします。また、イベントのスケジュール等を調べておけば、人の流れはつかみやすくなります。

やる気が高収入に繋がる会社で働くなら

これら、5つのポイントを活かして、高収入を狙うなら、日本交通グループの蔦交通がおすすめです。蔦交通では、業界最高水準の売り上げ還元率で、やる気と頑張りを後押しします。また、葛飾区にある会社なので、浅草エリアやスカイツリー、柴又などにも出やすい環境です。人の流れがつかみやすい環境で、稼げるドライバーを目指してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

給料のいい業界ランキングトップ10

稼げる仕事

給与が高い仕事は実はたくさんあります。
みんなが知っているお仕事や会社はもちろんのこと、「え?あの仕事が!?」と意外性のあるものまであります。

1位 総合商社

■平均年収
1,129万円

■どんな企業があるの?
5大商社と呼ばれる、三菱商事・三井物産・伊藤忠商事・丸紅が総合商社の主要企業。ほかにはトヨタ系大手商社の豊田通商や2003年に日商岩井とニチメンが統合した双日という企業があります。

■一口メモ
20代で年収500~800万円、30代で年収1000万円を超える方が多いようです。ただし高給な業界だけあって、仕事内容も厳しいのも事実です。全国転勤・海外赴任は当たり前の仕事。発展途上国や治安の悪い国にいかなければならない仕事でもありますので、家族がいる場合は家族の理解が必要となるでしょう。英語を使った仕事をしたい人、億単位のお金を動かすダイナミックな仕事がしたい人にはおすすめの業界です。

2位 コンサル

■平均年収
1,063万円

■どんな企業があるの?
日系企業であれば野村総合研究所、船井総合研究所、三菱総合研究所、外資系企業であればGCAサヴィアン、アクセンチュア、デロイトトーマツコンサルティングなどが有名なコンサルティング会社です。

■一口メモ
高給な反面、労働環境は厳しいです。徹夜・週睡眠時間10時間なんてこともざらにあります。業界としては、2008年のリーマンショック後に企業の経費削減のあおりを受け売上が下落しましたが、2010年以降は増加傾向にあります。このように景気に左右される業界であるため、各社海外展開や販路拡大など次の一手を模索している状況です。

3位 メガバンク

■平均年収
1,004万円

■どんな企業があるの?
一般的にメガバンクは、三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行の3社を指します。銀行は合併・統合の歴史を繰り返している業界ですので、今後もメガバンクの名称が変わることがあるかもしれません。

■一口メモ
40歳での年収は1,000万円を超える高給ですが、20代・30代のころからここまで年収が高いかというとそうでもありません。20代で約400~500万円、30代で約500~800万円が相場で、40代になると年収1,000万円以上になる人が多くなります。働いている人もこの業界が年功序列であることを理解しているため、多少の不平不満があっても転職せず、キャリアを着実に積む中で年収が上がるのを待っている方が多いです。年次を重ねるにつれ、年収・役職をこつこつ上げていきたい方にはおすすめの業界です。

4位 生保・損保

■平均年収
948万円

■どんな企業があるの?
・生保企業:日本生命、第一生命、明治安田生命、アフラック、メットライフアリコなど
・損保企業:東京海上日動火災、三井住友海上火災、損保ジャパン日本興亜損保など

■一口メモ
年収の上がり方は日系企業・外資系企業で大きく異なります。日系企業は年収ランキング3位のメガバンクと同様、年次を経るごとに年収も上がっていきます。一方、外資系企業は業績次第で年収が大きく異なります。30代で年収が低い人だと400万円の人もいれば、年収が高い人だと1,500万円を超える人もいます。自分の努力・実績を年収にダイレクトに反映させたい人は外資系企業に進むことをおすすめします。

5位 放送・新聞・出版

■平均年収
906万円

■どんな企業があるの?
・放送:フジテレビ、日本テレビ、TBS、テレビ朝日、テレビ東京など
・新聞:朝日新聞社、読売新聞グループ本社、日本経済新聞社、毎日新聞社など
・出版:KADOKAWA、集英社、講談社、小学館、日経BP社、文藝春秋など

■一口メモ
放送・新聞・出版ともに業界としては、スマホが普及した影響もあり売上が減少傾向で、今後の見通しも厳しい状況です。ではなぜ今も年収が高いのか?それはテレビや新聞からわかるとおり、参入障壁が高い、つまりやろうと思ってすぐにできるビジネスではないからです。そのため競合が少なく、ある程度の利益は確保できるのです。ただ今後も売上減少が続けば年収も下がっていくと予測されます。

6位 通信キャリア

■平均年収
893万円

■どんな企業があるの?
NTTドコモ、KDDIやソフトバンクなどの携帯電話事業者とNTT東日本やNTT西日本などの固定電話・インターネット回線事業者がこの業界に含まれます。

■一口メモ
20代で400~600万円、30代で600~700万円ほどの年収の人が多いです。通信キャリア事業者の年収が高い理由は、5位の放送・新聞・出版と同様、この業界の参入障壁が高く、競合が寡占状態だからです。この寡占状態を政府は問題視しているため、今後新たな事業者が参加することで、売上・年収に変化があるかもしれません。

7位 石油

■平均年収
859万円

■どんな企業があるの?
「エネオス」を展開しているJX日鉱日石エネルギー、出光興産、コスモ石油や昭和シェル石油など

■一口メモ
石油資源は今のペースで使い続けると残り約50年分しかないといわれています。そのためシェールガスや水素など石油に代替する燃料の利用されはじめており、石油業界は右肩下がりの産業だという論調もあります。ただ、現状まだまだ石油が活用され、業績も高いので給料のいい業界といえます。

8位 医薬品

■平均年収
836万円

■どんな企業があるの?
武田薬品、アステラス製薬、第一三共、ファイザー、ノバルティス、メルクなど

■一口メモ
医薬品業界の特徴は
・新薬の製造が許認可制であること
・新薬には特許権があること
が挙げられます。これらにより医薬品業界では莫大な利益をあげ、年収も高く維持しています。

ただ、2010年ごろに大型新薬の特許が続々と切れ、それ以降新薬の開発ペースは低調です。そのため各社生き残りをかけて、合併・統合を繰り返しています。新薬の開発状況によって売上が大きく異なるため、今後新薬をうみだしそうな企業に入ることで高い年収を得ることができる可能性が大きいです。

9位 プラント

■平均年収
784万円

■どんな企業があるの?
日揮、千代田化工建設、東洋エンジニアリング、東芝プラントシステム、粟田工業など

■一口メモ
20代で450万円、30代で550万円ほどの年収の人が多いです。年収は高めですが、年収以外の待遇はいいとはいえません。休みは日曜日のみが当たり前ですし、転勤は日本全国、時には海外に2年間赴任ということもあります。企業によっては転勤のない働き方ができるところもありますので、各社の情報を調べてみてはいかがでしょうか。

10位 映画・アニメ・音楽

■平均年収
764万円

■どんな企業があるの?
・映画:東宝、東映、松竹、ワーナー・ブラザーズ、ソニー・ピクチャーズなど
・アニメ:東映アニメーション、IGポート、サンライズ、シタジオジブリなど
・音楽:ソニー、エイベックス、ユニバーサルミュージック、ワーナーミュージックなど

■一口メモ
この業界の収益はヒット作がでるかどうかに依存しているのが現状です。そのため企業によって売上に大きな開きがあります。各社の過去の実績を確認し、よりヒット作をうみだす可能性の高い企業に入ることで高い年収を得ることができるかもしれません。

また、スマホの台頭により、Youtubeで一部映画やアニメが気軽にみることができるようになったり、ガラケー時代に人気のあった「着うた」が利用されなくなったりと変化の激しい業界です。このような動きに対応できる企業かどうかも、今後売上をあげることができる企業かの見極めポイントですので、各社の動きは要チェックです。

引用先:転職HACKShttps://ten-navi.com/hacks/salary-3437

日本交通のタクシードライバーは、年収790万円を目指せる環境です。

上記のランキングでいくと、8位、9位の位置に入れる好成績を残せます。
タクシードライバーって実は年収が高いんです。稼げる仕事なんです。

日本交通の中でも蔦交通の場合は、浅草やスカイツリーなど観光地へのアクセスが早いため観光需要で稼ぎやすい環境でもあります。

稼げる環境で活躍するチャンスです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最長で1年間もの期間にわたって月給保証をしてくれるタクシー会社に転職して東京都内のタクシー乗務員として活躍しよう

最長で1年間もの期間にわたって月給保証をしてくれるタクシー会社に転職して東京都内のタクシー乗務員として活躍しよう

転職してからは給与が下がってしまうことはよくあります。
歩合制になっているとしっかり稼げるまで時間がかかりがちで、タクシー乗務員になると歩合制だから収入がほとんどなくなりそうで怖いという人もいます。
しかし、月給保証があれば心配はないのでどんな仕組みになっているのかを確認しておきましょう。

タクシー会社で働くと月給保証を受けられることがある

転職をしようと思っている人にとって、新しい職場でどの程度の収入が得られるのかは大きな問題でしょう。今までよりも稼ぎたい、少なくとも同じ水準で給与が欲しいという人が多いのは確かです。そのような理想的な転職を遂げられる人もいますが、なかなか好待遇の求人が見つからずに苦労する人も多いでしょう。東京都内となるとさらに状況は切実で、好待遇の求人は優秀な人にほとんど取られてしまいがちです。しっかりと稼ぎたいという人にとって魅力的なのが歩合制の仕事で、十分に習熟して売り上げを伸ばせれば年収は飛躍的に上がるでしょう。しかし、歩合制は入社直後にほとんど給料をもらえないこともあり、転職をためらう原因になっています。

その点でタクシー会社には魅力があり、会社によっては充実した月給保証があります。売り上げがどのくらいであっても関係なく、少なくともこの程度は月給を出すという契約をしてくれるのです。いつまでもその月給というわけではなく、入社してから一定期間のみに限定はされますが、十分な能力を身につけるための準備期間があると考えられるでしょう。このような制度があれば安心して転職することができます。

東京都内では稀な好待遇が得られる

東京都内で探してみると歩合制の仕事は他にもあります。しかし、月給保証がある会社は珍しいのが実態で、あったとしてもあまり高い金額設定になっていなかったり、たった1ヶ月程度だったりするのが通例です。ところが、タクシー乗務員として働くと状況が違います。タクシー会社によってどのような月給保証をしているかには違いがありますが、最大40万円もの月給保証をしている会社もあるのです。期間でも長いところなら1年間もの保証をしています。未経験入社でも安心してノウハウを学び、売り上げを出せるようになるような期間があると言えるでしょう。

さらに好待遇な会社の場合にはこの給与保証の期間中に社費で第二種免許の取得をすることもできます。東京都内の入り組んだ交通網を理解したり、観光スポットなどの位置を把握したりできる地理研修も受けられる会社が多くなりました。ただ給与保証によって準備期間があるだけでなく、その期間に必要なことを学べる下地も整っているのは未経験の人にとって大きな魅力でしょう。逆に、安心して働けるようになるためには転職先で受けられる待遇をよく比較吟味することが重要です。

大手を選んでおくと安心

どのタクシー会社でも月給保証をしているわけでもなければ、充実した研修などを行っているわけでもありません。東京都内にはかなりの数のタクシー会社があり、それぞれの会社が入社してきた未経験者に対して違う待遇を整えています。ただ、どのタクシー会社でも乗務員が不足しがちなので求人を出しているでしょう。そして、未経験の人も歓迎するという売り文句になっているのが通例です。ただその言葉に惹かれて決めてしまうのではなく、細かな待遇まで比較してより良い会社を選び出した方が安心です。理想的には実際にタクシー乗務員として働いている人の話も聞いて納得した上で転職した方が良いでしょう。

ただ、そこまで行おうとすると苦労も大きくなりがちです。人によってはすぐにでも転職先を決めたいと考えていることもあるでしょう。悩んだなら大手を選んでおくと安心できます。大手のタクシー会社なら経済的にも余力があり、給与保証を行っていることが多いからです。また、未経験入社の人にも手厚い待遇を出して多くの乗務員を確保し、充実したサービスを世の中に提供できるように心がけています。このような姿勢を持っているので大手の安心感を感じ取ることができるでしょう。

新しいことに東京都内でチャレンジするならタクシー乗務員

未経験のことにチャレンジしたいと思って転職を検討する人は大勢います。しかし、そのときにネックになりやすいのが給与の問題で、転職直後はかなり給料が下がってしまいがちです。職種によってはその後も年収が伸びる保証はなく、いくら努力をしても収入が少ないままになってしまうこともあります。歩合制が標準になっているタクシー乗務員の場合には現場経験を積み、新しい知識をつけることによって着実に売り上げを伸ばすことが可能です。

東京都内ではタクシーの需要が高く、ビジネスでも観光でもよく利用されています。転職して新しいことにチャレンジしたいと思っている人にはうってつけな職業でしょう。自分の成長が給与に直結するのでモチベーションを上げやすいからです。自力で稼げるようになるまでに時間がかかることを考慮して月給保証を充実させているタクシー会社が多くなっています。最初は学ぶことが多くて大変でも、板についてしまえばベテランとして活躍できるようになります。十分な月給を長期にわたって保証してくれる会社を選び、満足できる準備期間を経てタクシー乗務員として活躍できるようになりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

希ではあるが東京都内で働けて月給保証が1年間も最大42万円という金額が出るタクシードライバー

希ではあるが東京都内で働けて月給保証が1年間も最大40万円という金額が出るタクシードライバー

タクシードライバーは未経験では難しいのではないかと考える人もいますが、実は全くタクシーに関わる仕事をしたことがない人でも安心して働けるようになっています。
東京都内で働ける仕事なので詳細を知っておきましょう。

東京都内で働けるタクシードライバーの魅力

東京都内で働きたいけれど就職先が見つからないと嘆く人はしばしばいます。都会での生活を希望している人や、地方で仕事を探しても良いものが見つからずに上京した人など、都内で仕事探しをする人のシチュエーションは多種多様です。しかし、現実的にはなかなか採用してもらえずに苦労することが多いでしょう。求人は豊富にあっても、経験や能力に対する要求が高いものが大半を占めているからです。しかし、タクシードライバーはやや状況が異なります。東京都内での勤務ができる条件でたくさんの募集が出されているだけでなく、未経験でも大勢の人が採用されているのです。

東京都内ではタクシーの需要が高く、人材もそれに比例するようにして数を確保しなければなりません。タクシー会社としては東京都内で働いてくれる人をむしろ渇望しているのが現状です。そのため、今までタクシードライバーとして働いたことがない人でも手厚い待遇を準備して迎え入れてくれるようになっています。運転免許証を持っていることは求められるのが一般的ですが、二種免許を持っていなくても社費で取得させてもらえるほどに待遇が良くなっているのです。

未経験でも安心できる教育研修体制が有用

タクシードライバーには未経験入社をしている人が大勢います。これは単純に東京都内で働ける稀な仕事だということだけが理由ではありません。入社してからしっかりと稼げるようになるために必要な教育を受けられる体制が整えられているからです。タクシードライバーとして乗客を獲得して希望に応じるためには地理に詳しいことや接客のノウハウがあることが必須です。それに加えて、いかにして乗客を見つけるかも重要で、業界で知られている基本的なノウハウを習得することが必要になります。このような教育を入社後に速やかに実施してもらうことができ、現場で実践的に訓練しながら能力を磨けるようになっています。

また、このような準備期間が終わった後も定期的に研修を行い、いかにして営業利益を上げられるようにするか、乗客の満足度を高めるにはどうしたら良いかといったことを学べます。東京都内の勤務なら、東京の状況がどのように変化しているかに基づき、乗客獲得のための方法論を習得することが可能です。入社してから長期的に成長を遂げていくための基盤ができているので、安心して働くことができるでしょう。

月給保証があるから焦らずに働けるのもメリット

タクシードライバーは乗客を乗せて売り上げを出さないと給料がかなり少なくなってしまうのが一般的です。未経験入社の場合にはずっと薄給のまま働かなければならないのではないかという懸念を抱く人もいるでしょう。確かにベテランに比べたら年収は低くなってしまいがちですが、給料が少なくて困るということは当面はありません。タクシー会社の中には月給保証をしているところがあるからです。希ではありますが毎月最大42万円もの月給を保証してもらうことができ、準備期間も含めて給料をもらうことができるところもあります。そして、保証期間も最長で1年にもわたっているところもあるのです。このように、じっくりと腰を据えて色々なことを学び、成長していける余裕があります。

ただし、どのタクシー会社で働くかによって月給保証の詳細には違いがあります。保証してもらえる金額が大きいけれど期間が短かったり、逆に金額は少ないけれど1年間は保証してもらえたりといった形で、金額と期間を比較してどこが良いかを考えると良いでしょう。期間が長い方が焦らずに働くことができ、金額が大きい方が当面の生活費に困らないというメリットがあるので、自分なりに魅力的な待遇のところを探すのが大切です。

大手で働けばいつまでも安心

東京都内で働けて、入社直後からベテランになるまで充実した教育研修を受けることができ、さらに手厚い月給保証があるような会社はなかなかありません。タクシー業界であっても全てが揃っているような会社は稀で、タクシードライバーになれば必ず受けられる待遇だというわけではないので注意しましょう。このような恵まれた条件を提示してくれるのは大手のタクシー会社です。大手なら資金的に余力があるからこそ長期的な視野を持って人材を成長させる方針を立てることができるからです。

それに加えて、大手だからこそ東京都内で利益を上げやすいからという理由もあります。東京では各企業がタクシーのチャーターを依頼することがよくありますが、その際に高い確率で選ばれるのが大手のタクシーです。質の高いサービスを提供することで地位を作り上げてきた大手の安心感があるからこそ依頼をたくさん獲得できるのです。いくつもの大手企業と提携していて頻繁にチャーターを依頼されている大手会社もあります。このような会社で働けば仕事に困ることもなく、タクシードライバーとしていつまでも安心して働くことができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーに転職したい人必見、東京都内のおすすめ休憩場所

タクシードライバーに転職したい人必見、東京都内のおすすめ休憩場所

お客様の命を預かるタクシードライバーは、休憩を取ることは重要です。
しかし安易に駐車禁止の区間に車を停車していると、道路交通法の罰則の対象になってしまいます。

ゆったりと安全に休憩をするために、休憩場所を探すことが大切です。
東京都内での休憩場所の探し方と、おすすめスポットを紹介します。

タクシードライバーの休息時間の目安は?

会社に勤務するサラリーマンの働く時間は平均約9時間で、休憩時間は平均1時間が一般的となっています。東京都内のタクシードライバーは20時間以上の乗務が平均と言われています。乗務している時間だけ見てしまうと辛い仕事だと勘違いするひともいるでしょうが、意外とそうでもないのです。タクシードライバーは隔日勤務の場合が多く、殆どの会社では乗務した分休める勤務体系が取られています。つまり、丸一日働いたら次の日は休日になるような勤務体系で、そのため1日の乗務時間が長くなっているようです。

休憩時間の長さは各会社の勤務体系によって変わってきます。上記のような場合は労働基準法に基づき休憩時間はそれぞれ決まっているようで、3時間位が目安となっています。タクシードライバーに転職したい人も、安全に乗務できると思われます。このようにタクシードライバーは、基本的に休むことも仕事なのです。タクシー会社の新人タクシードライバー研修では交通ルールの指導だけでなく、休憩を取ることを徹底して指導しています。安全安心の休憩所でキチンと休憩を取ることにより、日夜タクシー利用客の安全を守っているのです。

タクシードライバーの休憩場所はどんな所が最適?

タクシードライバーは長時間乗務しなくてはならないので、適度な休憩は必要で義務化されています。長時間の乗務により疲労が蓄積して注意力が散漫になり、最悪居眠りなどをしてしまったら重大な交通事故になりかねません。利用客にも怪我をさせ、会社にも多大な損害を与えることになってしまいます。利用客を目的地まで安全に送り届ける仕事ですから、できるだけ疲労が残らないように休憩を的確に取ることが必要です。ここで最も必要になるのが、休憩場所を見つけることです。

勤務している会社に戻って休憩するドライバーもいますが、利用客を送り届けてから、その帰りに道の駐車できる路肩にタクシーを停車させて休憩することもあります。担当エリアが営業所から近いときは、戻って休憩を取ればトイレの利用の心配もしないで済むでしょう。食事の際に休憩を長くとり無料駐車場がある大型温泉施設で、入浴した後仮眠するドライバーもいるようです。また東京都内でも都心から離れた郊外の大型スーパーやパチンコ店などは、駐車場が無料な所が多くトイレや食事などに困ることはなく、下手に路肩に停車させてお客にトントンと起こされる心配も無いでしょう。

ここがおすすめ!東京都内の休憩場所

タクシードライバーの休憩場所としておすすめなのが東京都内の青山霊園です。青山霊園がおすすめスポットの訳は、一般道の路上駐車ではなく青山霊園敷地内に駐車できるからです。霊園の周りや敷地内は木々が植えてあり、夏の暑い日は日よけに最適でトイレも困ることはありません。しかし駐車スペースは台数の制限があり、東京都内では絶好調スポットなので競争率が激しいのが現状で、運が良くないと休憩することは難しいかもしれません。短い時間にしっかり休憩を取りたい場合は、有料パーキングを利用した方が良いでしょう。2時間位であれば料金も安く、お客に起こされる心配も無く静かに休憩をすることができます。

路上駐車がやはり手っ取り早いと思うタクシードライバーは裏技があり、パーキングメーターのある場所では、表示されている時間外であれば料金が掛からず無料なのです。いずれも夜遅くから朝までなので、夜に仮眠を取りたいドライバーには最適の場所と言えます。パーキングがある区間は東京都内に数多く点在していて、中でも浅草通り、江戸川橋通り、早稲田通りなどがおすすめです。時間帯や表示を確認してトラブルにならないように、効率よく利用しましょう。

休憩場所を見つけるのに気を付けること

タクシードライバーは職業上、東京都内の地理や道路の情報を熟知しておく必要があります。最近ではカーナビやグーグルナビなどで簡単に位置情報は分かりますが、一方通行などまで詳しくは出ません。そのような情報を予め頭に入れておけば、休憩場所を見つけるのにも苦労することは無いでしょう。自分が休憩する場所の近くにトイレがり、なおかつ飲み物やお弁当などが買えるコンビニなどが近くにあれば、効率的に休憩を取ることができます。

ベテランのタクシードライバー達は、大体ゆっくりできる常連の店を何件か知っていて休息を取っているようで、道路状況や周辺地理が頭に入っているからこそ成せる業なのです。転職したばかりの新人のタクシードライバーは、まずベテランドライバーに聞いてみるのも良いのかもしれません。またタクシーが多く集まる場所を、予めリサーチしておくのも良いでしょう。タクシードライバーが集まるところは、上記の青山墓地のように好条件の休憩場所と言えます。そのような場所を数多く知っておけば、場所取りの競争率が激しくてもどこか1つ位は空いているかもしれないからです。東京都内の地理を把握して、より良い休憩場所を見つけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正規雇用の正社員と派遣の契約社員では将来の不安が異なる

正規雇用の正社員と派遣の契約社員では将来の不安が異なる

タクシー運転手は、自分自身の頑張り次第で給与の大幅アップを見込めます。
高収入を期待できる職種として注目されていますが、勤務形態によっては将来の生活に不安が出てくる可能性があります。

そこで今回は、タクシー会社における正規雇用の正社員と派遣の契約社員の違いについて調べました。

正社員として働くメリット

タクシー業界では、年齢や学歴にとらわれることなく活躍できます。但し、雇用形態のメリットデメリットを理解しておかなければ、生活が困窮する事態へと陥りかねません。

正規雇用のタクシー運転手の働き方は、隔日勤務が最も一般的です。隔日勤務の場合、1昼夜乗務した後、1日休みをとれます。1ヶ月間の乗務日数は13日程度、休日数は17日程度です。但し、自分の要望に応じて勤務体系を選択することも可能です。

朝8時から夕方5時までの昼勤務は、子育て中の方、家庭を持っている女性に適しています。

夜7時から翌朝5時までの夜間勤務では、短時間で大金を稼げる可能性が高いです。
隔日勤務と夜間勤務は高額な給与を期待できるものの、体力が必要です。ライフスタイルや体調を考慮した上で、勤務体系を決定しましょう。

また、正社員は安定した生活を送ることができる点が大きな魅力の一つとなっています。
勤務開始と同時に、健康保険をはじめとする社会保険に加入するため、将来の不安を感じにくいです。退職金制度などを導入して福利厚生を充実させている会社もあり、生活の安定化を図りやすいです。計画的に貯金して老後に備えられます。

正社員として働く際に覚悟しておくこと

正社員のタクシー運転手は、1回の乗務時間が長時間に及ぶケースが一般的です。長時間の運転を楽しめる方にとっては天職ですが、車の運転が嫌いな方には向いていません。
ドライバーとしての素質があるか否かを考えてから、転職を決意しましょう。

給与アップを目指してタクシー運転手に転職する方が多いですが、お客様を獲得できなければ昇給を望めません。運転する際には、お客様への気遣いが大切です。
お客様を楽しませる会話術やコミュニケーション能力が求められる場合もあります。安全運転で目的地へ送り届けるだけでなく、お客様が居心地良く過ごせる空間づくりを心掛けましょう。

タクシー会社の大半は基本給や家族手当てなどを含めた固定給、売り上げ金額に応じて算出した歩合給を支払っています。自身の頑張りが給与に反映されるため、大きなやりがいを感じられます。自身の努力を給与に直結させたい方には正社員のタクシー運転手がピッタリです。
但し、月収が変動しやすいので、浪費癖がある方は月々の支出金額に要注意です。

因みに、歩合給の一部を積み立てて賞与として支給しているタクシー会社もあります。就職活動の際には、給与の算定基準や支払い方法について確認しましょう。

契約社員のデメリット

タクシー運転手は、正規雇用の正社員が一般的ですが、派遣の契約社員として勤務している方もいます。契約社員は、雇用期間が定められており、正社員のように半永久的に勤務できない場合があります。
タクシー利用者の急激な減少など、社会状況によって契約期間が満了を迎える前に、解雇を言い渡される可能性を否めません。いつ無職になるか分からないことを覚悟しておきましょう。

また、大半の会社は契約社員のタクシー運転手に対して昇給制度を設けていません。
どれだけ頑張って正社員以上に売り上げ金額を伸ばしたとしても、給与アップを期待しにくいです。高額給与を目指している方は正社員として勤務する方法を模索しましょう。

因みに、退職金制度が適用されないケースが多いです。一定期間勤務して社会保険に加入していたとしても退職金を受け取れなければ、老後の生活が窮屈になります。年金にも関係してくるので、要注意です。

さらに、福利厚生を用意している会社も少なく、住宅費や交通費が支給されている契約社員は僅かです。
契約社員は自分の要望と合致する勤務条件を選べる一方、デメリットがあることを理解しておきましょう。

経済的に余裕がない状態に陥りやすいため、将来設計を立ててしっかりと貯蓄する必要があります。

より良い環境の職場を探しやすい

タクシー運転手は、自分のペースで自由に働ける点が大きな魅力となっているものの、同僚との付き合いが悩みの種になることがあります。正社員は人間関係に苦痛を感じながら勤務しなければなりませんが、契約社員は配属先の変更を派遣会社に依頼できます。自分に合わない職場環境で、我慢して勤続する必要がありません。派遣会社の専門スタッフと話し合い、自分自身にピッタリの職場を探し出せます。

さらに、希望する勤務条件を派遣会社に伝え、勤務時間や給与の交渉をスムーズに行えます。職場でトラブルが発生した時でも、派遣会社が介入して対処するケースが一般的です。勤務上の問題を派遣会社に解決してもらえるので、悩みや不満を抱かずに無理なく働けます。

また、売り上げ金額によっては正社員で働くことができる場合があります。一時は正規雇用を諦めていた方でも真摯にタクシー運転手の仕事に取り組む中で実績が認められれば、正社員として登用される可能性が高いです。
但し、勤務体系や給与形態を確認した上で、正社員になるか否かを決めましょう。

正社員登用に伴ってノルマが発生することもあるので、その点は確認が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

売れっ子タクシードライバーに聞く!高収入を稼ぐポイント!

img0908
タクシー運転手には稼げる人間と、稼げない人間がいます。稼げる人は年収500~1000万以上貰える人がいます。なぜそんなに差が出来るのでしょうか?この記事では、稼げない方と稼げる方の違いを書いていきたいと思います。

情報・考え方・根気の3原則

アンテナを張り、仕掛ける

taxi_3運転手で稼げる人というのは、自分を仕掛けられる人。タクシーで言う【仕掛ける】というのは、「お金を多く使ってくれるお客さんが沢山集まる場所で、効率良く立ちまわる」という事です。仕掛けるとは、『都会のオフィス街』といった人が集中しているような場所など情報にアンテナを常に張り巡らせ利用客が多く集まる所へ移動をする。車がお客様待ちの時間帯を作らないようにする。
このように、お客様が多くいる場所で常に待っているor走る事。とにかく、お客様が乗ってくる可能性を上げる事。そのために自分が仕掛けるポイントを常に考える事。こういった基本的な考え方が重要になってきます。

効率の良い立ち回り方とは?

「お客様が乗車してくれる可能性が高い場所に、如何に効率よく仕掛けることが出来るのか?」
田舎町のような人通りの少ない場所で待つよりも、港区や高級住宅地で待つほうが、お金をたくさん使ってくれるお客様が集まる場所で待つほうが効率が良いに決まってます。時間帯・交通状況によって場所を変え、よりお客様の多い場所を考えて移動する。常に、効率を踏まえた行動をすることが最も大事なことです。

どんな人が向いてるの?

taxi_2・釣りが好き
理由:待ち時間などイライラしない
どんな魚が釣れるかなとワクワクしながらできる方。

・ゲームをしているのが好き。
理由:一人でもくもくと考えてゲームをしている時の頭の使い方と、タクシーで売上を追いかけている時の頭の使い方はほぼ同じです。
現に、若いタクシードライバーの方にはゲーマーが多いですね。

・分析思考・戦略思考の人
理由:常に、何処にどんな人がいて、
どうやって動けば効率的に売上を伸ばすことが出来るかをしっかりと考えられる事ができるので。
囲碁とか将棋とか、あとはパズルゲームが得意な人とかはセンスが良く、稼げる人が多いように感じます。

・瞬発力がある。
理由:瞬発力がある人は沢山のお客さんに反応が出来るからです。
この業界あるあるなのですが、おじいちゃんが多い為にお客様が手を上げているのに反応できないという事も多々あります。
逆に若くて反応の良い方はサッとお客様を乗せる事ができるので、売上を高く持っていく事が出来ます。

転職は日本交通グループの蔦交通で決まり

タクシー業界も競争が激化が予想されます。タクシーのサービス面や質が重要視されるようなり、常にお客様の目線に立ったサービスを考えなくてはなりません。日本交通グループは、8年連続業界売上ナンバー1の会社です。これからもお客様目線を持ち、良質なサービスの提供に取り組みます。タクシードライバーへの転職を考えている方は、安定・安心で働きたいなら日本交通グループの蔦交通を選んでみてはいかがでしょうか。大手のグループでありながら、アットホームな雰囲気で楽しく働ける蔦交通では、一緒に働く新たな仲間をお待ちしております。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加