稼げるタクシードライバー

東京都内の新卒タクシー乗務員はメリットが多い!早期に出世ができるキャリアパスが魅力です

東京都内の新卒タクシー乗務員はメリットが多い!早期に出世ができるキャリアパスが魅力です

新卒で東京都内のタクシー会社に就職をすると、いろいろなメリットが得られます。
実のところ、東京都内は大卒のタクシードライバーが多く、若い女性のドライバーも増えています。

ここでは、東京都内の新卒ドライバーのメリットを具体的にご紹介しましょう。

東京都内の新卒ドライバーのメリット1「早く出世ができる」

東京都内でタクシー乗務員として働いた場合、早期の出世が見込めるというメリットがあります。東京都内では、大手タクシー会社が大卒採用をしているケースが目立ちます。このような事情から、都内では新卒でタクシー会社に入社する大卒ドライバーが増えている状況です。大卒採用をしている東京の大手タクシー会社では、採用した大卒ドライバーに魅力的なキャリアパスを用意していることが多いです。例えば、入社後の数年間はタクシー乗務員として現場で働き、その後は営業所で管理業務に携わる、などは典型的なキャリアパスのパターンです。営業所で一定の経験を積んだ後は、本社に移動してさらにキャリアに磨きをかけていきます。

大卒ドライバーの場合、営業所や本社でも管理職のポストにつくケースが少なくありません。業績を上げて順調にステップアップができた場合、入社してから数年ほどで管理職につける可能性があるわけです。こういった点は、東京都内の大卒ドライバーの大きなメリットと言えるでしょう。東京都の大手タクシー会社には、年齢に関係なく出世ができる職場も見られます。新卒で入社をすれば、若い年齢で責任ある地位につくことも可能です。

東京都内の新卒ドライバーのメリット2「給与が高い」

若くして高い給与が得られることも、東京都内で新卒のドライバーとして働くメリットです。タクシー乗務員の給与は、一般的に基本給に歩合給がプラスされる仕組みになっています。歩合給のみの完全歩合制の会社もありますが、このような会社の場合は新人のドライバーに給与保証の制度を用意していることが多いです。歩合給がある場合、新人のドライバーでも業績を上げさえすれば給与の額が大幅にアップする可能性があります。実際、同年代の平均収入を超える賃金を得ている大卒ドライバーが東京都内にはたくさんいます。

出世をして管理職になった場合は、管理職手当などがプラスされますので、現場を離れてからも引き続き高い給与が得られるわけです。歩合給がある職場では、仕事へのモチベーションが上がるのが一般的です。努力した成果がそのまま給与に反映されてくるため、スキルアップに向けての意欲もアップするでしょう。収入が増えれば、マイホームの購入なども実現しやすくなります。新卒で働き始めた場合、より早くマンションや一戸建てを手に入れられるかもしれません。新卒で高収入が得られるタクシー乗務員の仕事は、理想のライフスタイルを実現するのにもプラスになることがあります。

東京都内の新卒ドライバーのメリット3「休日が多い」

東京都内のタクシー乗務員は、自分のライフスタイルに合わせて働けるのが魅力。大手タクシー会社で働くタクシー乗務員の場合、いくつかの勤務形態から選べることが多いです。例えば、昼間を中心に働きたいときには、朝から夕方まで勤務をする日勤のスタイルを選べばよいわけです。タクシー乗務員の場合、夕方から翌日の午前中まで勤務する隔日勤務というスタイルもあります。このスタイルを選ぶと、1回の勤務時間は少し長くなりますが、1カ月間の休日が増えます。実際、東京都内のタクシー会社に勤務する大卒ドライバーには、あえて隔日勤務を選んでプライベートを充実させている人が少なくありません。

新卒の場合、休日が多い職場は収入が低くなるのが一般的です。また、新卒で高収入が得られる職場は、「休日がほとんどない」などの問題がつきもの。その点、東京都内の大手タクシー会社に勤務する大卒ドライバーは、高い給与を得ながら十分な休日を確保できるわけです。休日が多くなれば、余った時間を活用して資格取得をすることもできるでしょう。若い年齢で将来に向けての準備ができるところも、東京都内で新卒ドライバーとして働くメリットです。

人間力が磨かれる職場環境は経営者を目指す人にとってもメリットがある

東京都内の大手タクシー会社では、幅広い世代の社員がタクシー乗務員として働いています。入社する年齢もさまざまであり、タクシー乗務員の職場環境は年功序列で出世が決まる職場とは少し異なるケースが多いです。社員の年齢層やバッググラウンドにも幅があるため、自由な雰囲気の職場が多いのが1つの特徴と言えるでしょう。タクシー乗務員の場合、基本的に仕事は1人で行います。このような職場では、乗務員の結び付きがかえって強くなることがあります。実際、東京都のタクシー会社では、社内のイベントなどを通じて同僚と積極的に交流をはかる社員も見られます。

幅広い世代の社員と交流しながら成長できる環境が、東京都のタクシー会社の場合は整っているわけです。このような環境で新卒のときから伸び伸びと働いていれば、人間力も磨かれる可能性があります。若い年齢で人間力が身につくと、独立して経営者になる、などの夢を実現できる確率も高くなるでしょう。大卒ドライバーが増えている背景には、このようなプラスアルファのメリットがあることも少なからず関係しています。入社してから数年で管理職になれる東京都の大卒ドライバーの仕事は、経営者を目指す人にとっても考えてみる価値があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバー(乗務員・運転手)が東京のタクシー会社に転職する場合に失敗しない方法は、将来性のある会社を選択することが重要

タクシードライバー(乗務員・運転手)が東京のタクシー会社に転職する場合に失敗しない方法は、将来性のある会社を選択することが重要

東京都内には多くのタクシー会社があり、常にたくさんのドライバーが勤務しています。

頑張れば頑張るだけ収入が増えるという給与体系に魅力を感じることで、大企業勤務や公務員からの転職者も少なくありません。
失敗しないタクシー会社選びが重要といえるでしょう。

タクシードライバーの転職!チェックすべきポイント

東京にも数多くのタクシー会社がありますが、その全てが優良企業といえるとも限りませんので、転職活動をする際には、留意することが必要といえるでしょう。
タクシードライバー(乗務員・運転手)の転職は、決して珍しいことではありません。

多くの人が、現状の仕事と比較してみた場合に、好条件が期待できると思えば、転職に打って出るというケースも多くあります。

タクシードライバー(乗務員・運転手)に限った話ではありませんが、現代社会を取り巻く環境では、転職することを決してネガティブにとらえない傾向にあります。
むしろ、明確なビジョンや計画性を持つことで、転職自体をポジティブに考える風潮が出ています。

昔とは全く流れが変わったといっても良いのではないでしょうか。
しかしながら、転職をするにあたっては、注意しなければならない点もありますので、その点についてはしっかりとおさえておく必要があります。

意気揚々と転職をしても、いわゆるブラック企業などというケースも往々にしてあるものです。

タクシードライバー(乗務員・運転手)の仕事を見つけるために東京に出てきたという人にとっても、しっかりとチェックしておくべきといえます。

大企業勤務にも匹敵する収入もあり得る

では、タクシードライバー(乗務員・運転手)が東京での転職活動を失敗しないためには、どのような点に注意することが必要なのでしょうか。

結論からいえば、将来性のあるタクシー会社に転職することが重要といえます。

将来性といっても漠然とし過ぎていてわかりにくいという声もあがってくるかもしれません。
わかりやすくいえば、十年後二十年後もしっかりと勤務することができるようなタクシー会社を転職先として選択することが大事なのです。

タクシードライバー(乗務員・運転手)に転職してくる人の中には、日本を代表するような大企業や公務員を退職した経験がある人も大勢います。
一般的な見解からいえば、タクシードライバー(乗務員・運転手)として勤務するよりも、大企業や公務員としての勤務の方が安定しているといえます。

わざわざ、あらゆる面において雇用条件が良くないとされるタクシー業界に飛び込んでくるということにはいささか疑問を持つことにもなります。
確かに、タクシードライバー(乗務員・運転手)として東京で活躍する人の中には、大企業に勤務する人と遜色ないほどの収入を得るという人も多くいます。

タクシーランクなども参考に!

東京都内にあるタクシー会社の中にも、いわゆるブラック企業と呼ばれる会社は多くあります。
そのようなタクシー会社に就職しないための方法としてタクシーランクBランク以上の会社に絞って活動することが得策といえるでしょう。

このタクシーランクは、信頼性の高さで知られていますので、転職活動をする際には、覚えておきたいものです。

タクシー会社としての口コミや評判を細かくチェックするということも大切かもしれませんが、客観的な基準に基づいた数値などを参考にすることが重要といえるのではないでしょうか。

都内にあるタクシー会社の多くが、ネット上でのサービス提供に注力しているのも現実です。
利用者の多くもスマホやタブレット、パソコンなどを使っての情報収集をすることが当たり前になってきました。タクシー会社では、タクシードライバー(乗務員・運転手)の求人活動でもネット上での取り組みに重きをおいています。転職活動をする人が気をつけなければならないのは、ネット上の謳い文句などを安易に信用すべきではないという点です。

「月収40万円以上」などの好条件ぶりをアピールするなどして求職者の目を惹こうとするタクシー会社も多くあります。

タクシー会社選びの際の留意点とは

多くのタクシードライバー(乗務員・運転手)が転職先として求めるのは、設備が十分、売上が高い、福利厚生面が充実しているなどの点ではないでしょうか。
この点についても、東京にあるタクシー会社の全てが満たしているわけではありませんので注意しましょう。

タクシー会社の中には、残念ながらタクシードライバー(乗務員・運転手)のことを使い捨て要員としての位置づけとしか見ていないというケースも少なくありません。
この点については、ドライバーの勤務状況や収入などの実態を見ればわかることです。

東京のタクシー会社でも、その多くが人手不足の現状に悩んでいます。
年収が低いことなどが主な理由となっています。

東京都内に事務所を構えるタクシー会社に転職を果たすことで、必ずしも高収入を得ることができるということはありません。
いかに高い志とやる気を持って勤務することが重要です。多くの収入を得るドライバーに共通しているのは、自分なりの稼ぎ方を確立している点です。

そんなタクシードライバーの活動をしっかりと支えてくれるようなタクシー会社を選択することが何よりも大切です。

タクシー会社選びをする際には、そのような視点を持つことも忘れてはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都のベストな高収入の会社とは?稼げるタクシー会社はベンチャー志向の若者に向いている?

東京都のベストな高収入の会社とは?稼げるタクシー会社はベンチャー志向の若者に向いている?

タクシーは稼げない?
あなたは、タクシー業界と聞いて、”給料が少なくて激務”と思ったことはないでしょうか。

現在、タクシー業界は超高齢化が進み、人材不足に悩まされている会社が沢山あります。その最な原因は、古くからある上記のような誤解されたイメージにあると思われます。でも実際に人材不足といっても、街中には多くのタクシードライバーが働いています。一般社団法人ハイヤー・タクシー連合会のデータによると、タクシーの従業員は41万2,962人で、その内、37万1,245人が運転者なのです。ではタクシードライバーの年収が気になるところだが、平均すると300万円となる。そこを境界線として稼げない人は300万円にも満たなく、稼げるトップの人は年収1,000万円クラスのドライバーもいます。よく、メディアでもタクシー業界が悲鳴をあげているなどのニュースが取り上げられるが、それはほんの一部で、普通のサラリーマンと同等または、もっと多い収入を貰っている人もいます。そのため、一概にもタクシードライバー=稼げないとは言えないのです。

稼げる人と稼げない人の違い

では、なぜそんなに年収に開きがあるのかというとタクシードライバーは、固定給+歩合制という、成果報酬の給与体系が主流なため自分の頑張り次第でいくらでも給与が上がります。

タクシーは、走らせない限りお客さんを拾えないため、稼いでいる人はまずひたすらタクシーを走らせお客様を探す。基本、駅や空港などで待っている”待ち”はあまりせず、体力バランスを考えて少し休憩する際にするなど休憩と待ちを上手く状況に応じて実施しているという。ただ待ちをするにしても、タクシー待ちの列が最大25が分までで回転するような、回転率がいい大きめの駅ので待つこともポイントのようだ。それと、終電が終わったあとの駅のタクシー待ちの列には基本参加しない。なぜなら、終電が終わったあとに拾ったお客様を乗せていったとしても、その人を下ろした後は、終電が終わっている郊外の住宅地では誰もいないので次につながらないということなのである。そのため、待つとしたら繁華街で待っている方がよりお客様に多く利用してもらえるという法則があるそうです。

タクシー業界に向いている人

そういった自分から仕事を取りに行く姿勢の人は、どの業界でも必ずいます。特に言われたことをそのままやるだけの指示待ち人間でなく、自発的な人が多いのはベンチャー企業ではないだろうか。自分が置かれた環境を分析して、自分なりの手法を編み出し、実践して、改善していくという常にPDCAサイクルを考えながら仕事をする。こういった人は、タクシーのドライバーではなくても、どんな業種をやっても、すごい成果をあげているのです。

ただタクシードライバーは基本的に一人で行うため、客待ちの間に勉強をしたりイヤホンでリスティング勉強をするのに最適だというメリットがある反面、一人で頑張るというのは非常にきついものがあるので限界はある。そういった時は、複雑な人間関係に悩まされることがないが、仕事仲間や友達と仕事をしながら電話などをしてモチベーションを高めるのも必要となります。また、今までは考えられないような人脈が出来る場合もあるため人間性や収入を良い方にもっていきたいと思う方であれば、気軽に始められるのでせひチャレンジしてみてはどうでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

稼げるタクシー運転手は、何をやっている? 未経験のタクシードライバ―がすべきこと

稼げるタクシー運転手は、何をやっている? 未経験のタクシードライバ―がすべきこと

これから、タクシードライバーをやろうと思っているけど、売上が上がるかどうか心配だし、自分に向いている職業なのかどうかが心配…このページを見てくれている貴方には、そういった悩みがありませんか?

タクシードライバーという職業が、どれだけの年収を稼ぎだすかご存知ですか?なんと、稼ぐ人で年収800万円以上! 一般的なサラリーマンと比べてかなりの高収入だと言えるでしょう。

そう聞くと「じゃあ、タクシードライバーになるか!」と思われる方もいるかもしれません。だけど、タクシードライバーには年収800万円の人もいれば、年収250万円にも満たない人もいるのです。稼げるドライバーとそうでないドライバーの差は、一体どこで生まれるのでしょうか?タクシードライバーの収入や、稼げるドライバーの条件などについてご紹介します。

タクシードライバーとして稼げる人の条件

運転と接客が好きな人に向いている仕事と言えばタクシードライバーです。タクシードライバーとして活躍するには、お客さんを一人でも多く乗せて日々の売上を稼いでいかなければなりません。車一台あれば、自分の努力とアイデアでいくらでも上の収入を狙える仕事だと言えます。

では、どんな人がこういった稼げるタクシードライバーになれるかというと、最低限次の4つを備えている人でなくてはいけません。

・コツコツ頑張るまじめさがある
・売上を上げる気力がある
・ひとつのやり方に固執せず柔軟な考え方ができる
・稼ぐために必要な情報を積極的に集める能力がある

出勤前に情報収集することが大事

単に道路を走行しているだけで多くの人がタクシーを利用してくれれば良いのでですが、タクシードライバーの仕事はそんなに甘くはありません。そこで重要になってくるのが、どこの顧客が集まっているのかを調べる情報収集です。例えば、週末に大きなイベントがあるなら事前にその情報を調べておき、イベントの終盤に会場付近で待機しておきます。

そうすることでイベント帰りの人やスタッフなどの利用を見込めることになります。頻繁にタクシー会社へ連絡のくる飲食店などの記録を付けておき、終電がなくなる頃にその飲食店付近を走行しておくというのも稼ぐテクニックの一つです。そこで捕まえた顧客がもし近隣のエリアしか利用せずにあまり売り上げにつながらなかった時には、すぐに同じ場所に戻り別の顧客の利用を待つと効率が良いでしょう。

休憩時間を工夫して取る

日中に勤務する場合にも深夜に勤務する場合にも、休憩を取る時間については工夫する必要があります。稼げるタクシードライバーは「どの時間帯に多く顧客を乗せることができるか」を把握しています。

顧客の少ない時間帯に休憩時間を取ることで、効率よく稼ぐ仕組みを作り出しているのです。いつが稼ぎ時か判断ができないという人は、顧客を乗せた際に簡単なメモを取って時間ごとに整理していけば稼げる時間帯が自然と見えてきます。また、付け待ちを休憩にあてる仕事に貪欲なタクシードライバーもいます。

一番重要なのは、お客様第一の気持ち

成功しているタクシー運転手、つまり稼いでいるタクシー運転手に共通しているのは乗って頂いているお客様にどれだけ心地よい空間を作れるかを意識しています。安全に目的地まで最短でお送りするのはもちろん、スムーズなブレーキ・スムーズな発進、社内での会話も含めて、移動時間が快適になるようにすることです。
そうすることで、お客様に気に入って頂き、次の乗車の時には指名をもらうことができます。そういった固定客を持つことで、より高いレベルで安定した売上をつくることができるのです。

上記のことから分かるように、いかに考えて日々の業務に取り組んでいくかということが重要です。これはタクシー運転手に限らずですが、何も考えずに毎日働いている人とは雲泥の差が出てきます。ぜひ事前準備と日々の分析をしながらタクシーライフを楽しんでいただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職、失敗しないために将来性のある会社を選ぼう

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職、失敗しないために将来性のある会社を選ぼう

タクシー会社はどこでも同じ?会社によって違いはあまりないのでは?

そんなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、そうではありません。会社によって、待遇も平均年収も様々です。転職して失敗した、ということにならないよう、慎重に会社選びを行いましょう。

将来性はあるか?

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)へ転職したいと考えたときに、数あるタクシー会社の中からどのように選べばいいのでしょうか。

まずは、その会社に将来性があるかどうか見極める必要があります。

将来性のない会社は、会社自体に余裕がないことになります。
そうすると、例えば二種免許取得期間中の手当てが出ない、免許取得にかかる費用さえ自己負担しなければならない、給与が上がらない、整っていない設備の中で働かなければならないなど、金銭的にも精神的にも負担を抱えて新しい仕事を始めることになりかねません。

逆に言うと、将来性のある会社であれば、会社に人を育てるだけの余裕があることになります。
そのため、二種免許を取るまでの間も(もしかしたらその後も一定期間は)充実した研修を実施し、もちろん手当ても支給し、免許取得費用も負担してくれる会社もあるということです。その他、長く働き続ける上で重要になってくる給与体系についてや、設備、福利厚生などにも差は出てきます。

たまたま探したある会社での待遇が全ての会社共通だと思わずに、正しい知識を持って、失敗しない就職先として将来性のある会社を見極められるようにしてください。

大企業なら安心?タクシーランクは?

将来性のある会社を見極める1つのポイントとして、会社の規模があります。大企業であるということは、そこまで会社を大きくしてきた実績があるということです。
また、大きい会社を維持するにはそれなりの数の従業員が必要であり、その数の従業員を雇って管理できるだけの余裕と体制が整っているということでもあります。

会社としての基盤がしっかりしているに越したことはないので、会社の規模も会社選びの基準の1つに入れて検討しましょう。

また、もう1つのポイントとして、タクシーランクという評価制度があります。
東京タクシーセンターという機関が行っている評価のことで、接客・サービス、安全・運行管理、経営姿勢、加点措置の各評価項目の合計評価点数により、タクシー評価委員会がタクシーランクを決定するものです。法人タクシー事業者は、優良、B、Cの三段階で評価され、その結果は公表されます。タクシー会社の評判は、顧客獲得にもそのままつながってくるので、評価のいい会社は必然的に顧客も多くなるということです。
もちろん優良が一番ですが、評価Cの会社は避け、少なくともタクシーランクBランク以上の会社を選ぶようにしましょう。

会社の売上が高いところが一番?

タクシーランクBランク以上の会社の中でも、売上には差があります。タクシードライバーの給与体系は、多くが歩合制なので、会社の売上が高いということはそれだけ給与も高い可能性があるということです。ただし、あくまで可能性があるということで、会社の売上が高いからという理由だけで入社を決めてしまうのは危険です。

売上が高くても、それが社員に還元されていない会社もあるからです。
その売上が、自分の給与にどのように還元されるのかを事前に確かめておく必要があります。

つまり、売上のうちどれくらいが会社に渡り、どれくらいを自分の給与とできるのか、両者の取り分の割合が重要になるということです。

また、タクシー会社の多くが歩合制と言っても、いくつかの種類に分かれます。
固定給のない完全歩合制(売上がなければ給与もなし)の会社から、固定給が定められ、それに加えて月々の歩合給と年数回の賞与も支給される会社まで様々です。

会社の売上だけでなく、自分に合った給与体系はどれなのかを検討し、入社したあとに安定して稼ぎ続けられる会社なのかどうか、具体的な数字で計算してみるといいでしょう。

設備は整っている?

会社の規模や売上だけでなく、働く環境が整っているかどうかも将来性を見極める大切なポイントです。
ストレスを抱えずに安心して働き続けることができるかどうかには、設備の充実も関わってきます。

例えば、安くておいしい食堂があるか、仮眠を取れる場所があるかなど、長時間の勤務になりがちなタクシードライバーにとっては重要です。

会社によっては大浴場も完備しているところもあります。
また、自前のガソリンスタンドや洗車機など、商売道具である車を維持するために必要な設備が十分であるかどうかもポイントです。

普段の業務で使用するための設備だけでなく、保養所があったりお祝い金、お見舞金などの福利厚生が充実しているかどうかも確認しておくと、その会社がどれだけ従業員を大切にしているかがわかるはずです。

居心地の良い整った環境で働くことができれば、自然とそこで働く人たちのモチベーションも高くなります。
そういう人たちに接客されるお客さまも、気持ちよくタクシーを利用することができ、会社の評判も良くなります。

会社の評判が良くなればお客さまも増え、働く人の給与も増え、良い循環になっていくということです。

タクシードライバーになって正解だったと思えるよう、そういう良い循環を生み出せるような会社に入社してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

都内のタクシー運転手が付け待ちするためのコツ

都内のタクシー運転手が付け待ちをするためのコツ

タクシー運転手の営業形態は、主に3つに分かれており、「流し」「付け待ち」「無線配車」となります。流しは、街中を走りながらタクシーに乗りたがっているお客さんを探すことです。
付け待ちは、駅前やホテル、病院前などに設けられたタクシー乗り場で車を止めてお客様を待つことをいいます。無線配車は街中や駅前でタクシーを拾わずに、タクシー会社に電話をかけて迎車という形の営業を指します。
タクシー利用者の一般的なイメージは、駅前で待機している付け待ちのタクシーだと思います。タクシーで稼ぎたい方は、流し営業を極めるべしということが多いのですが、付け待ち営業もコツを掴めば売上や自分の健康をきちんと調整できるのです。
付け待ちを覚えれば、効率が良い仕事が出来るようになり、仕事が楽になるし売上も上がるという好循環の仕事できるというメリットがあります、今回は、付け待ち営業について詳しく掘り下げていきます。

タクシー運転手を始めてつまずく問題の原因とは

タクシーをやったけど売上が中々上がらない…
肉体労働でとても疲れる…
勤務時間が長くて集中力が続かない…

タクシー運転手を始めたものの、実際働き始めるとこう言った悩みが出てくる方もいるのではないでしょうか。そういった方は、多分本当にそう感じているし、仕事が辛くて大変で仕方がないと思います。
ただ、おそらくそれは、付け待ちを効率的にする術を知らないのです。付け待ちを効率的に行わないで売り上げを上げようとすると、止まると死んでしまう回遊魚の様に運転し続けなければなりません。
そんな営業の仕方では、疲れるに決まっています。売上が上がっていない人ほど、付け待ちが下手で疲れて売り上げが上がらないと言っている人ほど、何なぜか付け待ちをしません。
理由を聞くと、待っているだけでは時間を無駄にしている気がして、仕事をしている気がしないという理由が多いです。お客様に乗っていただけて売上が上がれば良い訳なので、仕事が出来る人はそういった考えを持って仕事をしています。

付け待ちにも上手と下手がある?!

効率的なつけ待ちの仕方と、やってはダメな付け待ちの仕方があります。まず、付け待ちのメリットとしては、車を停車させて待っている状態であるため、精神的にも身体的にもの負担が少なく済ませることができます。
しかし下手に付け待ちをしてしまうと楽なのは良いですが、全くお客が乗らずに売上が上がらないということがことが結構あります。いくら疲れないからといっても、売上が上がらないのであればタクシー運転手は歩合制のため自分の実績になりません。そこで、付け待ちを上手に行う3つのポイントをお伝えしたいと思います。

付け待ちを上手に行うための3つのポイント

上手な付け待ちを行うには、この3点を気をつけるとかなり良いでしょう。

①台数で見ないで回転率で見ること
数で見ないで回転率で見るという事について一番大事なことは、『付け待ちをする場所は、お客様がどれぐらいの頻度で乗ってくるのか』を把握することです。
頻度が多けれ多いほど、沢山のお客様に乗ってもらう事が出来るわけで、そういったスポットをどれだけ多く知っているかというのは、タクシー運転手で効率良く稼ぐ上では重要なことです。
そして必ず、台数と時間をセットで見る様にしておきましょう。初めのうちは回転率のよさそうな場所にテスト的に付けてみて、1台につき約何分で進むのかを計ってみるといいと思います。
5分程であればかなり優良な付け待ちポイントとなります。

②車の向きに気をつけること
効率的に売上を上げるためには、お客様を下ろした後の行動が非常に重要となります。そのため、遠くへ行った時に車の向きを自分の得意なエリアがある方向に付け待ちをしていくと、得意エリアへ行く確率が高くなるので次の仕事に繋げやすくということです。そのためには土地勘をマスターすることが必要になってきますが、この付け待ちを覚えると本当に楽に仕事が出来るようになります。早めに地理を覚えて、仕事の効率化を図ってより自由にタクシー運転手という仕事をしましょう。

③個人タクシーの付けている場所をよく見ること
他のタクシーの真似をするということが、実が手軽に良い付け待ちの場所を見つける方法の一つです。それには、個人タクシーや大手のタクシーが付けている所に真似して付けるとかなりお客様を乗せることができます。
そもそも個人タクシーは、厳しい条件を満たした方のみがなる事ができるタクシー業界のエリートなので付け待ちの場所もよく知っています。なのでその個人タクシーの真似をすることによって簡単に優良な付け待ち場所を見つけることができるのです。特に、あまり得意ではないエリアや新しく開拓しようとしているエリアなどに行った時は、真似して損はありません。これは、道を走っている流し営業でも同じことが言えるので、ベテランのタクシーの真似を積極的にする様にしましょう。

都内のタクシーで効率よくタクシー運転手をするには

要点をまとめると「回転率」「付け待ちをする向き」「ベテランタクシーの真似をする」この3つを押さえて意識しておけば、大きくハズレると言うことはありません。
付け待ちを上手にする事によって、本当に日々の仕事が楽になるので是非取り入れてみてください。体力を温存しながら無理なく売上を上げるために、上手な付け待ちの仕方を覚えましょう。

そして付け待ちは、所属している会社の看板も大きく関係してきます。無名のタクシーと、大手の黒いタクシーが付けている場合は、お客様は後者を選ぶ事が多いです。
そのため、タクシー運転手をするにも慎重にタクシー会社を選ぶことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

都内23区で高歩合の大手タクシー会社で稼ごう

都内23区で高歩合の大手タクシー会社で稼ごう

タクシー業界で働く理由

タクシー運転手で働き口を考えている人は、
共通した悩みを持っています。

・高歩合で年収アップをめざしたい
・日勤のみのシフトで働きたい
・次の仕事にチャレンジするため勉強のための時間がほしい
・子供の学費のためにお金が必要になった  …等

人それぞれに希望はありますが、大まかには『収入と時間』を解消したという方が多くいます。これはどの転職市場にも言えますが、どちらかを犠牲にしないと良い会社を見つけられなかったりします。ですがタクシー運転手は、そのどちらも両立可能な職業なのです。限られた時間内の勤務で、自分の工夫次第で収入アップやプライベートの時間が自由に組めるなどのメリットがあります。

タクシー運転手は歩合要素が高い

タクシー運転手の給料は、歩合制の部分がウエイトを締めています。基本給もあることはありますが、しっかり仕事をするのであれば完全歩合制の仕事をしているのと同じ感覚で行うことが大事です。全国的にいえば、売上の50%が給料として支給されるところが多く、都内などでは、売上の60%前後が給料として支給されるのが多いです。またタクシー運転手は、年収が高い人・低い人の差が激しいのは、歩合の割合が大きい事にあることが一番の理由です。そのため、”歩合率60%以上の会社はば確実に高歩合で稼げる!”ということになってきます。ただしいくら高歩合であっても、結局は各自の努力次第だが基礎が高い方が飛躍する楽しみも大いにあると言えます。そのため意識を高く持っている運転手が多いと、他の皆も自然と上を目指すようになっていくのです。稼げる理由にはそこの部分も関係があるでしょう。

大手4社をご紹介

高収入を目指すには、タクシー市場の需要が一番高い東京23区で勤務することをお勧めします。
そのなかでも、有名な大手4社を簡単にご紹介いたします。

※給与例(最新の情報は各社の求人情報をご確認ください。)

≪日本交通≫
・月給18万2000円+歩合/月給40万円完全保障(乗務開始後、3ヶ月間)
※研修期間中:日給1万円+交通費
研修が終わって配属されると18万2000円+歩合給だが、研修後の3ヶ月は40万円の月給保証制度が完備されているのが特徴。

≪大和自動車交通≫
・月給18万円+歩合/月収目安は25万円~
※研修期間中:日給1万円
東京都23区内営業所では、年内4ヶ月間40万、もしくは6ヶ月間35万円という給与保証を行っている。

≪帝都自動車交通≫
・月給19万7,000円(14万7,000円+一部手当)+歩合給+諸手当+交通費最高3万円まで支給
※研修期間中:日給1万円(一部7,000円の場合あり)+交通費最高3万円まで支給

≪国際自動車≫
・月給170,500円~201,500円+成果手当+能率手当(新卒の場合)/全営業職の平均年収は467万円

こう一覧で見てみると基本給はどこも大差がないため、完全に歩合率で決まると言えます。
大手のタクシー会社は、常に会社説明会をしているところも多いため自分で実際に足を運んで聞いてみたりあとはそういったことを聞きにくいのであれば、タクシー業界に詳しいエージェントを利用するのも1つの方法である。ぜひこの情報を参考に、タクシー運転手で稼げる会社を見つけていただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人タクシーを目指すための準備期間と目指せる年収

タクシー運転手って?

タクシーは、法人タクシーと個人タクシーという2種類にわかれています。乗客として利用する側としては、どちらも大差ないように感じるかもしれませんが、実は色々と違いがあります。会社で例えると、法人タクシーは会社員、個人タクシーは自営業だとイメージする方もいるでしょう。
一般の法人タクシーは、第2種免許を取得していればタクシー運転手として働くことが可能です。しかし個人タクシーは、すぐ始められるわけではありません。年齢によって異なりますが、基本的には、タクシーなどの運転を主体とする職業を10年以上経験していることが必須など様々な条件があるのです。

個人タクシーってどうなの?

個人タクシーとは、1台の車両を用いて経営するタクシー事業のことを言います。目指すには様々な条件が必要となりますが、その厳しい条件がある中でも、タクシー車両全体の約17%ほどが個人タクシーです。法人タクシーよりも、休日・給与の面で遥かにメリットがあります。
タクシードライバーは一般的に月間勤務日数は平均11~13日、そして歩合要素が高く全国的に言えば売り上げの50%が給料として支給されるところが多い現状です。それが個人タクシーとなるとその縛りがないため、走行距離や走行時間・売り上げなどのノルマがなく、自分の裁量次第で、年収を上限なくあげることができます。実際、個人タクシーの年収を調べると驚きの結果が…

個人タクシー業の平均年収は? 驚きの結果が…

タクシー業界には転職しない方が良い?
トップの年収を知る前に、まず個人タクシーの年収はどのくらいなのかをご紹介します。全国ハイヤータクシー連合会では、平均年収が342万円程となっています。ただし一概には言えず、地域により差があるため平均年収の範囲は約350~600万円の幅となります。
実際に全国でどこでも開業できますが、地域で一番需要が高いのは東京都で年収500万円以上の個人タクシーも多く、平均750万円との調査結果もあります。ちなみに、大学卒業後の22歳か始めて、60歳の定年までと考えると年収500万円×38年=1億9000万円、つまりは生涯年収の平均は約1億9000万円という驚きの計算になります。

年収1000万円クラスの人は、何をしている?

年収だけ聞くと一般的に、弁護士・医者・タレント等、どれも学歴や特別な才能がないと手が届かない職業というイメージがあります。ではどうやって、タクシー運転手で1000万円以上を稼げるのでしょうか。
それはお客様をただ受け身で待つのではなく、自分から取りに行っている方です。そのため駅で客待ちなどは滅多にせず、常に走り回っているとのこと。そして業務において、どうすればより稼げるか、どの時間にどこに行けば効率よくいいお客様がいるなど常に研究熱心なのである。そういった努力を怠らないことが、年収1000万円以上を出せているカギといえます。

個人タクシーを目指すことを迷っている方へ

個人タクシー事業者になって開業するには、法人で10年間乗務、個人タクシー開業のための地理試験が免除になります。そのため法人タクシーで着実に実務経験を積み、豊富な運転経験や地理的な能力を身につけておくこと良いでしょう。
もし普通1種免許をお持ちの方で個人タクシーを目指したいと思っている方は、3年経っていれば法人タクシーの勤務が可能です。大手のタクシー会社では2種免許の資格を最短で9日で取得できる制度や、さらに個人タクシーになりたい運転手を支援するところもあるため安心して自分の希望条件にあった会社を探してみると良いでしょう。また説明会を実施しているところも多いので、まずは実際に聞いてみることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京のタクシードライバーの転職情報(給与・求人・稼ぎ方)

東京のタクシードライバー

タクシー業界には転職しない方が良い?
全国の都道府県にタクシードライバーは必ずいます。その中でも首都である東京は人口が一番多く、そして都心のためタクシー利用者も断トツで多い都市となり、その使用者は年間3.3億人との統計があります。また東京ハイタク協会によると、タクシーの台数は3万台と言われています。ただし、故障や事故、人員の確保が出来ないということもあり、3万台すべてが動いているわけではありません。およその見積だと全体の90%の2.7万台が毎日稼働していると仮定できます。

そして1日に乗車をしてくるお客様の数は90万人とし、それを2.7万台で割ると、一台当たり33人が乗車している事がわかります。実際に働いている現役タクシー運転手から見てもこの数字は妥当だと言われています。そういった大都市東京で働くタクシードライバーは、利用するお客様と需要とチャンスが多い分、その反面で多くの競争に勝ち残っていかなければなく、ライバルも沢山います。ただし、個人の頑張りや工夫次第でそれなりの見返りや、やりがいが給料として如実に表れる場所だと言えます。

平均の給与はいくらなのか

東京都で働くタクシードライバーの平均年収は、東京都の「乗務員登録者」によると約410万円で、65歳以上の高齢者除けば、平均して年収は480万円にまでとなるそうです。
しかしそこで終わらず、頑張り次第では年収・給料がアップするのがこのタクシードライバーの仕事の魅力です。中には、年収が800万円~1000万円以上というトップの驚きの年収を稼ぎ出している方もいます。

都内のタクシーで稼ぐ方法

そもそも、タクシードライバーの立場に立って考えると一番大事なことは、売上をあげるという事です。ただタクシー運転手には稼げる人間と、稼げない人間がいます。タクシードライバー歴が長い人や、ファンが多いまたは常連客がいる運転手は、平均年収以上を稼ぐ強者がいます。それは、都内の道を熟知しており、どの時間帯にどのくらいの人がタクシーを利用するかなどを経験的にわかっているということが根本にあります。近年はカーナビの普及により、知らない土地でも利用が増えていますが、正規ルートでなく裏の路地をいくと信号待ちせずに進むことができて時短になります。

またイベント行事や災難時などそういったタクシー利用者が多くいる場所などの時事的や社会的な情報も常に知っておく必要があると言えます。そういったことを実施し、効率良く仕事をして1時間あたりの乗車回数を上げる事が出来れば売り上げは、必然的に上がっていきます。そして売り上げが上がると同時に日給や月給、年収もあがってくるのです。実際に1時間あたりの平均効率を1.2倍にするだけで、月給が約65000円も変わってくるということを、大半のタクシードライバーは知らないというのが現状です。

タクシードライバーの転職・求人情報

業界関係者内では、東京都内のタクシー大手4社のことを≪大日本帝国≫と呼んでいます。大手4社とは大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の各グループのことを言います。その頭文字である「大」「日本」「帝」「国」をつなげると「大日本帝国」ということです。中でも日本交通は、日本交通グループとして都内最大級で、自社タクシー車両1,463台に加え、タクシー会社30社との業務提携により約4,200台で運行しています。

大手のため研修制度も充実しており、タクシーに限らずハイヤーなど各種車種も取り扱いがあります。またその他、タクシー業界での新しい取り組みで「陣痛タクシー」や「お花見タクシー」、「キッズタクシー」など用途により専門のタクシー運転手の職種があります。他のグループ内の会社もそれぞれ特色があり、常に求人は募集しているるため、自分が働きやすい職場が必ず見つけることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

都内で勤めたいタクシー会社ランキング、ベスト3

東京都内で、タクシー会社はたくさんあります。その中で、どの会社に務めれば良いのか、疑問に思っている方も多いでしょう。今回は、都内の勤めたいタクシー会社をランキング形式にしてご紹介していきます。

都内で勤めたいタクシー会社ランキング、ベスト3

1位:蔦交通(日本交通グループ)

【蔦交通のタクシードライバーとは】
・給与保証が1年間最大42万円/月
・月収40万円以上を稼ぐことができる
・日曜完全定休(月半分以上は休み)
・家賃負担24万円/年上京交通費も全額支給
・大型連休の休日あり
・タクシー会社では珍しい連休の相談もしやすい環境。家族の時間も確保できる!
・20~70代の幅広い年代が活躍している
・定年後も定時制雇用として70歳まで雇用することができる。
・安定の日本交通グループに属しており、6年連続業界売り上げ高No.1
・エキスパートドライバーサービス(EDS)といって「観光」「子育て」「介護」など専門分野に特化したタクシーサービスを展開している
・未経験でも、最短9日間でプロの乗務員として乗務

【蔦交通の先輩社員の声】
家賃補助があったのが蔦交通に入ろうと思ったきっかけです。私は東北で訪問営業をしていたのですが、もっと稼げる環境で働きたいと思い上京を決めました。東京の賃料が不安でしたが、月2万円も家賃補助があるなら大丈夫だと思いました。地理についても先輩たちが優しく教えてくれてすぐに覚えることができました。若い年齢を活かして私にしかできない仕事を探しています。十分に稼げるようになり、次はステップアップを課題に日々取り組んでいます。
月収:53万2000円(勤続2年)

2位:大国自動車交通(日本交通グループ)

【大国自動車交通のタクシードライバーとは】
・明確なキャリアパス
・選べる勤務時間(日勤、夜勤、隔日)
・日曜完全定休
・三鷹駅、吉祥寺エリアに近く環境が良い

【大国自動車交通の先輩社員の声】
子どもを生んだ後、社会復帰したい、せっかくなら自分の経験が活かしたい…と考えていた時に出会ったのがこの仕事です。ドライバーは初めてでしたが、お客様に喜ばれるのは大きなやりがい。日曜完全定休なので、プライベートも大事にできるのはありがたいですね。
月収:月収43万8960円(勤続1年)

3位:東京ひかり交通株式会社(日本交通グループ)

【東京ひかり交通のタクシードライバーとは】
・全車:禁煙・カーナビ搭載・各種カード&電子マネー対応
・2016年11月から2017年1月まで、配属後 3ヶ月間40万円 または 6ヶ月間35万円 の選択補償制度あり
・JR京浜東北線蒲田駅から徒歩10分なので、電車通勤のアクセスが良い
・羽田空港への配車も楽に行ける

都内でタクシー会社に転職なら蔦交通がおすすめ

rank_sub
都内で勤めたいタクシー会社ランキング、ベスト3をご紹介しましたが、蔦交通のタクシードライバーがおすすめです。蔦交通では、大手日本交通グループで得られるメリットに加え、営業もしやすい環境です。葛飾区にある会社のため、浅草や柴又、スカイツリーなどの観光地が近くタクシーを利用する方が多くいらっしゃいます。流し営業の場合もすぐにお客様をお乗せすることができ、初めての方でも十分に稼ぐことができます。2種免許取得サポートや入社後のスキルアップも充実しているので、タクシー業界が初めての方でも、きちんと乗務できるようになります。また2種免許を持っていなくても普通1種免許を取得後、3年経っていれば大丈夫です(AT限定も可)。入社後、提携先の公認教習所で2種免許を最短8日間で取得できます。もちろん免許取得費用は全額会社が負担です。
タクシードライバーへの転職でお悩みの方、日本交通グループの蔦交通にはメリットがたくさんあるようです。安定した会社で、のびのびと活躍してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加