稼げるタクシードライバー

都内のタクシー運転手が付け待ちするためのコツ

都内のタクシー運転手が付け待ちをするためのコツ

タクシー運転手の営業形態は、主に3つに分かれており、「流し」「付け待ち」「無線配車」となります。流しは、街中を走りながらタクシーに乗りたがっているお客さんを探すことです。
付け待ちは、駅前やホテル、病院前などに設けられたタクシー乗り場で車を止めてお客様を待つことをいいます。無線配車は街中や駅前でタクシーを拾わずに、タクシー会社に電話をかけて迎車という形の営業を指します。
タクシー利用者の一般的なイメージは、駅前で待機している付け待ちのタクシーだと思います。タクシーで稼ぎたい方は、流し営業を極めるべしということが多いのですが、付け待ち営業もコツを掴めば売上や自分の健康をきちんと調整できるのです。
付け待ちを覚えれば、効率が良い仕事が出来るようになり、仕事が楽になるし売上も上がるという好循環の仕事できるというメリットがあります、今回は、付け待ち営業について詳しく掘り下げていきます。

タクシー運転手を始めてつまずく問題の原因とは

タクシーをやったけど売上が中々上がらない…
肉体労働でとても疲れる…
勤務時間が長くて集中力が続かない…

タクシー運転手を始めたものの、実際働き始めるとこう言った悩みが出てくる方もいるのではないでしょうか。そういった方は、多分本当にそう感じているし、仕事が辛くて大変で仕方がないと思います。
ただ、おそらくそれは、付け待ちを効率的にする術を知らないのです。付け待ちを効率的に行わないで売り上げを上げようとすると、止まると死んでしまう回遊魚の様に運転し続けなければなりません。
そんな営業の仕方では、疲れるに決まっています。売上が上がっていない人ほど、付け待ちが下手で疲れて売り上げが上がらないと言っている人ほど、何なぜか付け待ちをしません。
理由を聞くと、待っているだけでは時間を無駄にしている気がして、仕事をしている気がしないという理由が多いです。お客様に乗っていただけて売上が上がれば良い訳なので、仕事が出来る人はそういった考えを持って仕事をしています。

付け待ちにも上手と下手がある?!

効率的なつけ待ちの仕方と、やってはダメな付け待ちの仕方があります。まず、付け待ちのメリットとしては、車を停車させて待っている状態であるため、精神的にも身体的にもの負担が少なく済ませることができます。
しかし下手に付け待ちをしてしまうと楽なのは良いですが、全くお客が乗らずに売上が上がらないということがことが結構あります。いくら疲れないからといっても、売上が上がらないのであればタクシー運転手は歩合制のため自分の実績になりません。そこで、付け待ちを上手に行う3つのポイントをお伝えしたいと思います。

付け待ちを上手に行うための3つのポイント

上手な付け待ちを行うには、この3点を気をつけるとかなり良いでしょう。

①台数で見ないで回転率で見ること
数で見ないで回転率で見るという事について一番大事なことは、『付け待ちをする場所は、お客様がどれぐらいの頻度で乗ってくるのか』を把握することです。
頻度が多けれ多いほど、沢山のお客様に乗ってもらう事が出来るわけで、そういったスポットをどれだけ多く知っているかというのは、タクシー運転手で効率良く稼ぐ上では重要なことです。
そして必ず、台数と時間をセットで見る様にしておきましょう。初めのうちは回転率のよさそうな場所にテスト的に付けてみて、1台につき約何分で進むのかを計ってみるといいと思います。
5分程であればかなり優良な付け待ちポイントとなります。

②車の向きに気をつけること
効率的に売上を上げるためには、お客様を下ろした後の行動が非常に重要となります。そのため、遠くへ行った時に車の向きを自分の得意なエリアがある方向に付け待ちをしていくと、得意エリアへ行く確率が高くなるので次の仕事に繋げやすくということです。そのためには土地勘をマスターすることが必要になってきますが、この付け待ちを覚えると本当に楽に仕事が出来るようになります。早めに地理を覚えて、仕事の効率化を図ってより自由にタクシー運転手という仕事をしましょう。

③個人タクシーの付けている場所をよく見ること
他のタクシーの真似をするということが、実が手軽に良い付け待ちの場所を見つける方法の一つです。それには、個人タクシーや大手のタクシーが付けている所に真似して付けるとかなりお客様を乗せることができます。
そもそも個人タクシーは、厳しい条件を満たした方のみがなる事ができるタクシー業界のエリートなので付け待ちの場所もよく知っています。なのでその個人タクシーの真似をすることによって簡単に優良な付け待ち場所を見つけることができるのです。特に、あまり得意ではないエリアや新しく開拓しようとしているエリアなどに行った時は、真似して損はありません。これは、道を走っている流し営業でも同じことが言えるので、ベテランのタクシーの真似を積極的にする様にしましょう。

都内のタクシーで効率よくタクシー運転手をするには

要点をまとめると「回転率」「付け待ちをする向き」「ベテランタクシーの真似をする」この3つを押さえて意識しておけば、大きくハズレると言うことはありません。
付け待ちを上手にする事によって、本当に日々の仕事が楽になるので是非取り入れてみてください。体力を温存しながら無理なく売上を上げるために、上手な付け待ちの仕方を覚えましょう。

そして付け待ちは、所属している会社の看板も大きく関係してきます。無名のタクシーと、大手の黒いタクシーが付けている場合は、お客様は後者を選ぶ事が多いです。
そのため、タクシー運転手をするにも慎重にタクシー会社を選ぶことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

都内23区で高歩合の大手タクシー会社で稼ごう

都内23区で高歩合の大手タクシー会社で稼ごう

タクシー業界で働く理由

タクシー運転手で働き口を考えている人は、
共通した悩みを持っています。

・高歩合で年収アップをめざしたい
・日勤のみのシフトで働きたい
・次の仕事にチャレンジするため勉強のための時間がほしい
・子供の学費のためにお金が必要になった  …等

人それぞれに希望はありますが、大まかには『収入と時間』を解消したという方が多くいます。これはどの転職市場にも言えますが、どちらかを犠牲にしないと良い会社を見つけられなかったりします。ですがタクシー運転手は、そのどちらも両立可能な職業なのです。限られた時間内の勤務で、自分の工夫次第で収入アップやプライベートの時間が自由に組めるなどのメリットがあります。

タクシー運転手は歩合要素が高い

タクシー運転手の給料は、歩合制の部分がウエイトを締めています。基本給もあることはありますが、しっかり仕事をするのであれば完全歩合制の仕事をしているのと同じ感覚で行うことが大事です。全国的にいえば、売上の50%が給料として支給されるところが多く、都内などでは、売上の60%前後が給料として支給されるのが多いです。またタクシー運転手は、年収が高い人・低い人の差が激しいのは、歩合の割合が大きい事にあることが一番の理由です。そのため、”歩合率60%以上の会社はば確実に高歩合で稼げる!”ということになってきます。ただしいくら高歩合であっても、結局は各自の努力次第だが基礎が高い方が飛躍する楽しみも大いにあると言えます。そのため意識を高く持っている運転手が多いと、他の皆も自然と上を目指すようになっていくのです。稼げる理由にはそこの部分も関係があるでしょう。

大手4社をご紹介

高収入を目指すには、タクシー市場の需要が一番高い東京23区で勤務することをお勧めします。
そのなかでも、有名な大手4社を簡単にご紹介いたします。

※給与例(最新の情報は各社の求人情報をご確認ください。)

≪日本交通≫
・月給18万2000円+歩合/月給40万円完全保障(乗務開始後、3ヶ月間)
※研修期間中:日給1万円+交通費
研修が終わって配属されると18万2000円+歩合給だが、研修後の3ヶ月は40万円の月給保証制度が完備されているのが特徴。

≪大和自動車交通≫
・月給18万円+歩合/月収目安は25万円~
※研修期間中:日給1万円
東京都23区内営業所では、年内4ヶ月間40万、もしくは6ヶ月間35万円という給与保証を行っている。

≪帝都自動車交通≫
・月給19万7,000円(14万7,000円+一部手当)+歩合給+諸手当+交通費最高3万円まで支給
※研修期間中:日給1万円(一部7,000円の場合あり)+交通費最高3万円まで支給

≪国際自動車≫
・月給170,500円~201,500円+成果手当+能率手当(新卒の場合)/全営業職の平均年収は467万円

こう一覧で見てみると基本給はどこも大差がないため、完全に歩合率で決まると言えます。
大手のタクシー会社は、常に会社説明会をしているところも多いため自分で実際に足を運んで聞いてみたりあとはそういったことを聞きにくいのであれば、タクシー業界に詳しいエージェントを利用するのも1つの方法である。ぜひこの情報を参考に、タクシー運転手で稼げる会社を見つけていただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人タクシーを目指すための準備期間と目指せる年収

タクシー運転手って?

タクシーは、法人タクシーと個人タクシーという2種類にわかれています。乗客として利用する側としては、どちらも大差ないように感じるかもしれませんが、実は色々と違いがあります。会社で例えると、法人タクシーは会社員、個人タクシーは自営業だとイメージする方もいるでしょう。
一般の法人タクシーは、第2種免許を取得していればタクシー運転手として働くことが可能です。しかし個人タクシーは、すぐ始められるわけではありません。年齢によって異なりますが、基本的には、タクシーなどの運転を主体とする職業を10年以上経験していることが必須など様々な条件があるのです。

個人タクシーってどうなの?

個人タクシーとは、1台の車両を用いて経営するタクシー事業のことを言います。目指すには様々な条件が必要となりますが、その厳しい条件がある中でも、タクシー車両全体の約17%ほどが個人タクシーです。法人タクシーよりも、休日・給与の面で遥かにメリットがあります。
タクシードライバーは一般的に月間勤務日数は平均11~13日、そして歩合要素が高く全国的に言えば売り上げの50%が給料として支給されるところが多い現状です。それが個人タクシーとなるとその縛りがないため、走行距離や走行時間・売り上げなどのノルマがなく、自分の裁量次第で、年収を上限なくあげることができます。実際、個人タクシーの年収を調べると驚きの結果が…

個人タクシー業の平均年収は? 驚きの結果が…

タクシー業界には転職しない方が良い?
トップの年収を知る前に、まず個人タクシーの年収はどのくらいなのかをご紹介します。全国ハイヤータクシー連合会では、平均年収が342万円程となっています。ただし一概には言えず、地域により差があるため平均年収の範囲は約350~600万円の幅となります。
実際に全国でどこでも開業できますが、地域で一番需要が高いのは東京都で年収500万円以上の個人タクシーも多く、平均750万円との調査結果もあります。ちなみに、大学卒業後の22歳か始めて、60歳の定年までと考えると年収500万円×38年=1億9000万円、つまりは生涯年収の平均は約1億9000万円という驚きの計算になります。

年収1000万円クラスの人は、何をしている?

年収だけ聞くと一般的に、弁護士・医者・タレント等、どれも学歴や特別な才能がないと手が届かない職業というイメージがあります。ではどうやって、タクシー運転手で1000万円以上を稼げるのでしょうか。
それはお客様をただ受け身で待つのではなく、自分から取りに行っている方です。そのため駅で客待ちなどは滅多にせず、常に走り回っているとのこと。そして業務において、どうすればより稼げるか、どの時間にどこに行けば効率よくいいお客様がいるなど常に研究熱心なのである。そういった努力を怠らないことが、年収1000万円以上を出せているカギといえます。

個人タクシーを目指すことを迷っている方へ

個人タクシー事業者になって開業するには、法人で10年間乗務、個人タクシー開業のための地理試験が免除になります。そのため法人タクシーで着実に実務経験を積み、豊富な運転経験や地理的な能力を身につけておくこと良いでしょう。
もし普通1種免許をお持ちの方で個人タクシーを目指したいと思っている方は、3年経っていれば法人タクシーの勤務が可能です。大手のタクシー会社では2種免許の資格を最短で9日で取得できる制度や、さらに個人タクシーになりたい運転手を支援するところもあるため安心して自分の希望条件にあった会社を探してみると良いでしょう。また説明会を実施しているところも多いので、まずは実際に聞いてみることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京のタクシードライバーの転職情報(給与・求人・稼ぎ方)

東京のタクシードライバー

タクシー業界には転職しない方が良い?
全国の都道府県にタクシードライバーは必ずいます。その中でも首都である東京は人口が一番多く、そして都心のためタクシー利用者も断トツで多い都市となり、その使用者は年間3.3億人との統計があります。また東京ハイタク協会によると、タクシーの台数は3万台と言われています。ただし、故障や事故、人員の確保が出来ないということもあり、3万台すべてが動いているわけではありません。およその見積だと全体の90%の2.7万台が毎日稼働していると仮定できます。

そして1日に乗車をしてくるお客様の数は90万人とし、それを2.7万台で割ると、一台当たり33人が乗車している事がわかります。実際に働いている現役タクシー運転手から見てもこの数字は妥当だと言われています。そういった大都市東京で働くタクシードライバーは、利用するお客様と需要とチャンスが多い分、その反面で多くの競争に勝ち残っていかなければなく、ライバルも沢山います。ただし、個人の頑張りや工夫次第でそれなりの見返りや、やりがいが給料として如実に表れる場所だと言えます。

平均の給与はいくらなのか

東京都で働くタクシードライバーの平均年収は、東京都の「乗務員登録者」によると約410万円で、65歳以上の高齢者除けば、平均して年収は480万円にまでとなるそうです。
しかしそこで終わらず、頑張り次第では年収・給料がアップするのがこのタクシードライバーの仕事の魅力です。中には、年収が800万円~1000万円以上というトップの驚きの年収を稼ぎ出している方もいます。

都内のタクシーで稼ぐ方法

そもそも、タクシードライバーの立場に立って考えると一番大事なことは、売上をあげるという事です。ただタクシー運転手には稼げる人間と、稼げない人間がいます。タクシードライバー歴が長い人や、ファンが多いまたは常連客がいる運転手は、平均年収以上を稼ぐ強者がいます。それは、都内の道を熟知しており、どの時間帯にどのくらいの人がタクシーを利用するかなどを経験的にわかっているということが根本にあります。近年はカーナビの普及により、知らない土地でも利用が増えていますが、正規ルートでなく裏の路地をいくと信号待ちせずに進むことができて時短になります。

またイベント行事や災難時などそういったタクシー利用者が多くいる場所などの時事的や社会的な情報も常に知っておく必要があると言えます。そういったことを実施し、効率良く仕事をして1時間あたりの乗車回数を上げる事が出来れば売り上げは、必然的に上がっていきます。そして売り上げが上がると同時に日給や月給、年収もあがってくるのです。実際に1時間あたりの平均効率を1.2倍にするだけで、月給が約65000円も変わってくるということを、大半のタクシードライバーは知らないというのが現状です。

タクシードライバーの転職・求人情報

業界関係者内では、東京都内のタクシー大手4社のことを≪大日本帝国≫と呼んでいます。大手4社とは大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の各グループのことを言います。その頭文字である「大」「日本」「帝」「国」をつなげると「大日本帝国」ということです。中でも日本交通は、日本交通グループとして都内最大級で、自社タクシー車両1,463台に加え、タクシー会社30社との業務提携により約4,200台で運行しています。

大手のため研修制度も充実しており、タクシーに限らずハイヤーなど各種車種も取り扱いがあります。またその他、タクシー業界での新しい取り組みで「陣痛タクシー」や「お花見タクシー」、「キッズタクシー」など用途により専門のタクシー運転手の職種があります。他のグループ内の会社もそれぞれ特色があり、常に求人は募集しているるため、自分が働きやすい職場が必ず見つけることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

都内で勤めたいタクシー会社ランキング、ベスト3

東京都内で、タクシー会社はたくさんあります。その中で、どの会社に務めれば良いのか、疑問に思っている方も多いでしょう。今回は、都内の勤めたいタクシー会社をランキング形式にしてご紹介していきます。

都内で勤めたいタクシー会社ランキング、ベスト3

1位:蔦交通(日本交通グループ)

【蔦交通のタクシードライバーとは】
・給与保証が1年間最大42万円/月
・月収40万円以上を稼ぐことができる
・日曜完全定休(月半分以上は休み)
・家賃負担24万円/年上京交通費も全額支給
・大型連休の休日あり
・タクシー会社では珍しい連休の相談もしやすい環境。家族の時間も確保できる!
・20~70代の幅広い年代が活躍している
・定年後も定時制雇用として70歳まで雇用することができる。
・安定の日本交通グループに属しており、6年連続業界売り上げ高No.1
・エキスパートドライバーサービス(EDS)といって「観光」「子育て」「介護」など専門分野に特化したタクシーサービスを展開している
・未経験でも、最短9日間でプロの乗務員として乗務

【蔦交通の先輩社員の声】
家賃補助があったのが蔦交通に入ろうと思ったきっかけです。私は東北で訪問営業をしていたのですが、もっと稼げる環境で働きたいと思い上京を決めました。東京の賃料が不安でしたが、月2万円も家賃補助があるなら大丈夫だと思いました。地理についても先輩たちが優しく教えてくれてすぐに覚えることができました。若い年齢を活かして私にしかできない仕事を探しています。十分に稼げるようになり、次はステップアップを課題に日々取り組んでいます。
月収:53万2000円(勤続2年)

2位:大国自動車交通(日本交通グループ)

【大国自動車交通のタクシードライバーとは】
・明確なキャリアパス
・選べる勤務時間(日勤、夜勤、隔日)
・日曜完全定休
・三鷹駅、吉祥寺エリアに近く環境が良い

【大国自動車交通の先輩社員の声】
子どもを生んだ後、社会復帰したい、せっかくなら自分の経験が活かしたい…と考えていた時に出会ったのがこの仕事です。ドライバーは初めてでしたが、お客様に喜ばれるのは大きなやりがい。日曜完全定休なので、プライベートも大事にできるのはありがたいですね。
月収:月収43万8960円(勤続1年)

3位:東京ひかり交通株式会社(日本交通グループ)

【東京ひかり交通のタクシードライバーとは】
・全車:禁煙・カーナビ搭載・各種カード&電子マネー対応
・2016年11月から2017年1月まで、配属後 3ヶ月間40万円 または 6ヶ月間35万円 の選択補償制度あり
・JR京浜東北線蒲田駅から徒歩10分なので、電車通勤のアクセスが良い
・羽田空港への配車も楽に行ける

都内でタクシー会社に転職なら蔦交通がおすすめ

rank_sub
都内で勤めたいタクシー会社ランキング、ベスト3をご紹介しましたが、蔦交通のタクシードライバーがおすすめです。蔦交通では、大手日本交通グループで得られるメリットに加え、営業もしやすい環境です。葛飾区にある会社のため、浅草や柴又、スカイツリーなどの観光地が近くタクシーを利用する方が多くいらっしゃいます。流し営業の場合もすぐにお客様をお乗せすることができ、初めての方でも十分に稼ぐことができます。2種免許取得サポートや入社後のスキルアップも充実しているので、タクシー業界が初めての方でも、きちんと乗務できるようになります。また2種免許を持っていなくても普通1種免許を取得後、3年経っていれば大丈夫です(AT限定も可)。入社後、提携先の公認教習所で2種免許を最短8日間で取得できます。もちろん免許取得費用は全額会社が負担です。
タクシードライバーへの転職でお悩みの方、日本交通グループの蔦交通にはメリットがたくさんあるようです。安定した会社で、のびのびと活躍してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人タクシードライバーの年収は?

タクシードライバーの転職を考える方の中には、個人タクシーのドライバーになることを考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。未経験からでも個人タクシーのドライバーとして独立を目指すにはどのような道筋をたどれば良いのでしょうか。そして、実際年収や生活はどうなのでしょうか。今回は、個人タクシードライバーの年収や生活について、また個人タクシーになる方法についてご紹介していきます。

個人タクシードライバーの年収は?

個人タクシードライバーになるために資格はいるのか?

sub個人タクシードライバーには、資格というより条件が必要になります。まず二種免許を保有し、年齢が65歳未満であること、そして法人タクシードライバーとして会社で雇用されていた経験が10年以上あること、一定期間無事故無違反であることなどがあげられます。年齢や申請する要件によって資格が異なりますので、自分の該当する条件を個人タクシー協会等で問い合わせると良いでしょう。開業するにあたって、実際に使用する車や、車の整備やメンテナンスに必要な経費が自己負担になるため、そのための資金を用意しておくことも重要です。資金は、一般的に約200万円程度が必要になるといわれています。

個人タクシードライバーの収入

個人タクシーのドライバーは稼げるのでしょうか。テレビで見るような、駅等でインタビューを受けているドライバーは、一様に「景気が悪いのか、稼げないよ。」と話していたりしますが、実際には稼げている人もいます。タクシー会社に所属しているドライバーと比べて、収入の振れ幅が大きいという事はあるかもしれません。稼いでいる人の特徴としては、戦略的にタクシーで走り、お客様がたくさんいそうなとところに狙いを定めています。1人でしっかりと独立して、戦略を立てて実行できる人が強いようですね。中には年収1000万円を稼ぐドライバーもいると言われていますが、固定給が無いため収入がゼロになるリスクもあります。

個人タクシーの車種

個人タクシーの場合、会社の社用車を利用するわけではないので、自由に車種を決定することができます。高級感のある車を使っても良いですし、個人タクシーの利点を活かして自由に決めることができます。都内の個人タクシーでは、高級感を演出したいドライバーは、クラウンコンフォートを使うことが多く、色のついたタクシーの場合は、ティアナ、フーガ、カムリ、セルシオ等が多いようです。まれにプリウスを使う個人タクシードライバーの方もいるようです。他にもベンツやレクサス、驚くような車種を使っているドライバーもいます。

個人タクシードライバーになるための方法

前述したように、個人タクシーのドライバーになるにはいくつか資格や条件が必要になりますので、法人タクシードライバーとして経験を積むことがほぼ必須になります。具体的な会社選びですが、将来独立を考えるなら大手の教育がしっかりした会社で経験を積むことが一番です。6年連続業界売上ナンバー1の日本交通グループの蔦交通では、しっかりした教育と福利厚生が充実しています。日本交通グループは、1人1人のドライバーの売り上げが高いため、業界ナンバー1の実績をあげることができています。そのノウハウを、勤務して経験を積むうちに身につけていくとスムーズに独立も考えれるのではないでしょうか。また、業界最高水準の高還元率で売り上げが給与に反映されるので、資金を貯めるという意味でも良い条件です。また、後々独立せずに法人タクシードライバーとして働いていこうと思った場合も安定と高収入があり、安心です。ドライバー初心者から働いていこうと考えた場合、入社後1年間は35万円の給与保障がありますので初心者からでも挑戦できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーは稼げないのか?東京都内勤務の場合

「タクシーは稼げない」「儲からなくてきつい仕事」とよく聞きますよね。
誰がそのイメージを作りあげたのでしょうか?

タクシードライバーのイメージがどのようなものなのか、ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【特集】 資格が活かせるタクシー会社

資格を活かせる求人

タクシードライバーのお仕事は、実は資格を活かすことができるんです。
しかも、それが売り上げに直結するため、かなり有利ですよ!

使える資格一覧と、その資格を使いやすい会社の職種をまとめした。

英語検定 / 中国語検定 / 韓国語検定 / フランス語検定 / TOEIC その他、語学スキル

英語スキル

英語のスキルが高いだけで、お客様に多くご乗車いただけるようになります。
都内だけでなく、全国の観光地で海外からの方をお乗せした時に必要になります。

対策をしよう!と、どこの会社も注力していますが、十分に対応できていないのが現状ではないでしょうか。

そのため、「英語が話せる!」というだけで、採用に繋がるのはもちろんのこと、売上が伸びる=給与がアップするというメリットがあります。

特に活かせる職種は、日本交通さんなどの[ 観光タクシー ]です。

都内を中心に、霞が関や六本木、スカイツリーなどを回るコースを用意しています。
他にも、いろいろなプランがあるみたいです。

さらに、このコースプランは、ドライバーさん自身が提案してコースを作ることもできるようで、旅行会社で働いていた方や企画を行うことが好きな方には、とても魅力的なお仕事ではないでしょうか。

一度、気に入っていただいて何度もリピートしてもらえたら、とても嬉しいですよね。

英語の資格が活かせる会社を見てみる

介護資格

ヘルパー2級 (現 介護職員初任者研修)

介護職の資格も十分に活かすことができます。

ケアタクシーと呼ばれるような、タクシーが全国で走っています。
ご高齢やお身体の不自由な方が、外出をサポートするためのサービスです。

ちょっとしたお買い物にも体に負担を感じられる方もいらっしゃるため、軽い荷物を持つだけでも、喜んでいただけるケースは少なくないそうですよ。

これまでは無理だと諦めていた、様々なスポットへの外出を叶えることが、このサービスの本質だそうで、とても素敵ですよね。

介護の知識や資格が活かせるのはもちろんのこと、お客様のお話を伺ったり、お買い物のお手伝いをするなど“おもてなし”の心があれば、活躍できる環境であるのも嬉しいですよね。

特にこの資格は、日常生活でも使う機会が多いため、会社で取得をサポートしているところもあるようです。

お持ちでない場合も、取得をすることで、仕事にも普段の生活にも役立つことが嬉しいですよね。

介護職の経験が活かせる会社を見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と知られていない高給なお仕事3つ

年収を上げる転職

世の中には、華やかではないけれど(どちらかというと地味だけれでも)、しっかりと稼げて安定している仕事があります。
本当に目指すべきはこういった働き方ではないでしょうか。

世の中を落ち着いて見たときに、本当に目指すべき目標が見えてくるはずです。

馬の調教師

競走馬の調教が仕事です。

調教師の収入は自分が管理している馬をレースに出走させることで得る収入、管理している馬がレースで勝利したことで得る収入、馬主から馬を管理するのに支払われる収入からなります。
JRAに所属している調教師の平均年収は約1,200万円です。その業界で有名になれば年収もその数倍と言われています。
ですがその分、自分の厩舎に関わる馬や人に対して重い責任を背負っています。

初生ひな鑑別師

初生ひな鑑別師とは孵化したひよこの性別を瞬時に判別する仕事です。

れっきとした国家資格で難易度が高く、毎年の合格者はごくわずかです。試験の難易度が高いせいか、初生ひな鑑別師の収入は高い部類に入り、平均収入は600万とされています。
この金額は居候弁護士つまり雇われ弁護士の平均収入と同じと言われています。

電車運転士

勤務時間が不規則なため、その分福利厚生制度は整っている場合が多いです。
特にJR各社や大手私鉄のように会社の規模が大きいほど制度がしっかりしています。
電車運転士の平均年収は30歳で600万前後(都市部の大手鉄道会社)地方の私鉄でも400万前後とされています。

儲かる仕事にはそれだけ責任やリスクがある

「儲かる仕事がしたい」と思っても普通はなかなか見つかりません。しかも将来的に稼げてもその道のりが長かったりします。

早く儲けようと思ったら経営者になることが一番でしょうか。
しかし簡単に「起業しよう」と思える人は、リスクやそれ相応の度胸がいるため、そこまで動ける人はいませんよね。

リスクを負いたくないのであれば、1つの会社で執行役員や給与の高い働き方ができるよう努力するしかありません。

どんなことがあっても、あなたはお金を得るために頑張らなければなりません。

皆それぞれに責任やリスクをおって仕事をしています。

儲かる仕事タクシードライバー

頑張れば頑張るほど給料がもらえるのがタクシードライバーの魅力です!
日本交通では年収800万円近くを目指せる環境のため、少しずつあなたのペースでがんばれば順調に高い年収を得ることができます。

働きやすい環境があることもちろんですが、
・無線配車の割合が高いこと
・タクシーチケット契約社数が多いこと
・自社配車アプリ「全国タクシー」の普及(250万ダウンロード突破)
・LINEタクシーを使って、インフラツールからのタクシー配車

上記の、稼ぎやすい条件がそろっていることが最大のメリットと強みです。

特に、国内外問わずに観光客の多い浅草寺やスカイツリーの近くに営業所がある蔦交通なら、
さらに稼ぎやすい条件が揃っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動が苦戦している時に考える解決策とは

転職活動をしていて、なかなか内定が取れないと、落ち込んでしまうことが良くあると思います。長引いてしまうと負担も増えてしまいます。ズルズルと負のスパイラルに落ちていかないよう、ここで冷静に見つめ直してみてはいかがでしょうか。

転職活動が苦戦している時に考える解決策とは

面接で「企業が聞きたいこと」に答えられているか考える

面接で面接官が何を求めているのかを考えることは、営業のスキルに似ています。自分に何を求めているのかを読んで元気良く簡潔に答えていきます。とはいえ、営業が得意な人ばかりではないし、迷ってしまいますね。
ただ、なかなか面接を突破できなくて困っている人多いのが、面接官の聞きたいことをきちんと把握してないケースです。例えば、「あなたの名前は?」と聞かれたら「山田一郎です」とか、シンプルに聞かれたことを答えればよいのです。それが、なぜか「うちの会社を志望する理由は何ですか」と聞かれると余計なことを話す人が多いのです。転職した理由に、前職を退職した(する)理由ばかり答えてしまい、長々と話して前職のグチのように捉えられてしまい悪印象、というケースが非常に多いです。転職理由を聞かれている場合には、あなたが『これから』『この会社で』何をしたいのか、という「転職で実現したいこと」というポジティブな意味で理由を聞きたいからです。面接における質問の真意をしっかり理解したうえで答えられるように心得ておきましょう。

転職理由の答え方

b_sub
前述のとおり、転職理由とは、「○○が嫌だったから、転職します」ということを聞いているわけではありません。それは退職理由であり、「転職によって実現したいこと」を含んだ「転職理由」とは違います。退職を決めたきっかけという過去の話ではない、これから何をしたいと考えているのかという未来の話をする必要があります。そのため、この回答だと「うちでも残業が発生したらすぐに辞めてしまうのでは?」と企業に捉えられ、活躍の可能性を信じてもらえないばかりか、マイナスの印象を与える可能性があります。

転職理由は、退職理由からポジティブに自己分析して考える

・なぜ残業を減らして早く帰りたいのか?
・なぜ会社に長く働き続けたいのか?
・自分にとって長く働ける会社とは?

ポジティブに退職理由に対して自問して考えてみましょう。「残業を減らして早く帰った分、社外の人脈を持って刺激にしたい。そこで得た経験を自社の仕事に還元していきたい」「長く働き続けることで、より高い専門性を身に付け、会社に貢献し続けることができる」転職によって実現したい理想の自分の姿がだんだん見えてきます。これは、本音のあなたの転職理由になります。
志望動機や企業でやりたいことに関しても、転職理由と転職で実現したいことがしっかり考えきれていれば、派生して簡単に答えることができます。

本音を語ろう あなたが仕事において何を重視しているのか

転職理由をする動機が何であっても、前職を辞めたということは、そこではあなたが仕事に対して求めるものに相違があったということですよね。
同時にそれが、次の仕事で叶えたいことでもありますよね。
面接官は、あなたの仕事に対する考え方を知り、応募している企業・職種とマッチするかどうかを判断しようとしているのと、実際に雇用したときに活躍してくれるかを見ています。

仕事に責任感を持って取り組めるか

転職先でも責任感をもってしっかり仕事をしてくれる人材かどうかは重要なポイントです。
具体的に分解すると、

・業務に支障が出るような問題を起こさないか
・仕事にきちんと取り組み、いい加減な仕事をしないか
・組織適応力があるか
・ストレス耐性があるか
・すぐに辞めてしまわないか

つまり面接官は、仕事に責任感を持って向き合い、企業に貢献してくれる人材かどうかを見極めています。
前職を辞めた理由から仕事に対するいい加減な態度が透けて見えるような人材には、次の職場でも信頼して仕事を任せることはできません。そのため、例えば「人間関係のトラブル」や「前職の仕事に飽きた」など、この点が不安に思われるような転職理由はそのまま話すべきではなく、言い方に工夫が必要です。

日本交通グループの蔦交通では人柄や可能性を重視して採用

vete2
初心者でも安心して働けるように、蔦交通では入社1年間は最大月給42万円を保証しています。しっかりと稼げるようになる期間を設けるために1年間の保証制度を用意しています。少しずつ経験を積み、先輩社員からアドバイスをもらう中でマイペースに成長してください。その間のフォローは会社がしてくれます。2種免許取得サポートや入社後のスキルアップも充実しているので、タクシー業界が初めての方でも十分に乗務できるようになります。これまで重ねてきた年齢が経験となり、お客様に喜んでもらえるチャンスになります。イベントや地域柄に特化して乗務したらお客様と仲良くなり、それ以来指名していただけたという嬉しい事もあります。 それぞれ個性に合わせて、誰でも伸ばすことができる長所があります。蔦交通で、安定して長く活躍していきませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加