稼げるタクシードライバー

個人タクシードライバーの年収は?

タクシードライバーの転職を考える方の中には、個人タクシーのドライバーになることを考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。未経験からでも個人タクシーのドライバーとして独立を目指すにはどのような道筋をたどれば良いのでしょうか。そして、実際年収や生活はどうなのでしょうか。今回は、個人タクシードライバーの年収や生活について、また個人タクシーになる方法についてご紹介していきます。

個人タクシードライバーの年収は?

個人タクシードライバーになるために資格はいるのか?

sub個人タクシードライバーには、資格というより条件が必要になります。まず二種免許を保有し、年齢が65歳未満であること、そして法人タクシードライバーとして会社で雇用されていた経験が10年以上あること、一定期間無事故無違反であることなどがあげられます。年齢や申請する要件によって資格が異なりますので、自分の該当する条件を個人タクシー協会等で問い合わせると良いでしょう。開業するにあたって、実際に使用する車や、車の整備やメンテナンスに必要な経費が自己負担になるため、そのための資金を用意しておくことも重要です。資金は、一般的に約200万円程度が必要になるといわれています。

個人タクシードライバーの収入

個人タクシーのドライバーは稼げるのでしょうか。テレビで見るような、駅等でインタビューを受けているドライバーは、一様に「景気が悪いのか、稼げないよ。」と話していたりしますが、実際には稼げている人もいます。タクシー会社に所属しているドライバーと比べて、収入の振れ幅が大きいという事はあるかもしれません。稼いでいる人の特徴としては、戦略的にタクシーで走り、お客様がたくさんいそうなとところに狙いを定めています。1人でしっかりと独立して、戦略を立てて実行できる人が強いようですね。中には年収1000万円を稼ぐドライバーもいると言われていますが、固定給が無いため収入がゼロになるリスクもあります。

個人タクシーの車種

個人タクシーの場合、会社の社用車を利用するわけではないので、自由に車種を決定することができます。高級感のある車を使っても良いですし、個人タクシーの利点を活かして自由に決めることができます。都内の個人タクシーでは、高級感を演出したいドライバーは、クラウンコンフォートを使うことが多く、色のついたタクシーの場合は、ティアナ、フーガ、カムリ、セルシオ等が多いようです。まれにプリウスを使う個人タクシードライバーの方もいるようです。他にもベンツやレクサス、驚くような車種を使っているドライバーもいます。

個人タクシードライバーになるための方法

前述したように、個人タクシーのドライバーになるにはいくつか資格や条件が必要になりますので、法人タクシードライバーとして経験を積むことがほぼ必須になります。具体的な会社選びですが、将来独立を考えるなら大手の教育がしっかりした会社で経験を積むことが一番です。6年連続業界売上ナンバー1の日本交通グループの蔦交通では、しっかりした教育と福利厚生が充実しています。日本交通グループは、1人1人のドライバーの売り上げが高いため、業界ナンバー1の実績をあげることができています。そのノウハウを、勤務して経験を積むうちに身につけていくとスムーズに独立も考えれるのではないでしょうか。また、業界最高水準の高還元率で売り上げが給与に反映されるので、資金を貯めるという意味でも良い条件です。また、後々独立せずに法人タクシードライバーとして働いていこうと思った場合も安定と高収入があり、安心です。ドライバー初心者から働いていこうと考えた場合、入社後1年間は35万円の給与保障がありますので初心者からでも挑戦できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーは稼げないのか?東京都内勤務の場合

「タクシーは稼げない」「儲からなくてきつい仕事」とよく聞きますよね。
誰がそのイメージを作りあげたのでしょうか?

タクシードライバーのイメージがどのようなものなのか、ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【特集】 資格が活かせるタクシー会社

資格を活かせる求人

タクシードライバーのお仕事は、実は資格を活かすことができるんです。
しかも、それが売り上げに直結するため、かなり有利ですよ!

使える資格一覧と、その資格を使いやすい会社の職種をまとめした。

英語検定 / 中国語検定 / 韓国語検定 / フランス語検定 / TOEIC その他、語学スキル

英語スキル

英語のスキルが高いだけで、お客様に多くご乗車いただけるようになります。
都内だけでなく、全国の観光地で海外からの方をお乗せした時に必要になります。

対策をしよう!と、どこの会社も注力していますが、十分に対応できていないのが現状ではないでしょうか。

そのため、「英語が話せる!」というだけで、採用に繋がるのはもちろんのこと、売上が伸びる=給与がアップするというメリットがあります。

特に活かせる職種は、日本交通さんなどの[ 観光タクシー ]です。

都内を中心に、霞が関や六本木、スカイツリーなどを回るコースを用意しています。
他にも、いろいろなプランがあるみたいです。

さらに、このコースプランは、ドライバーさん自身が提案してコースを作ることもできるようで、旅行会社で働いていた方や企画を行うことが好きな方には、とても魅力的なお仕事ではないでしょうか。

一度、気に入っていただいて何度もリピートしてもらえたら、とても嬉しいですよね。

英語の資格が活かせる会社を見てみる

介護資格

ヘルパー2級 (現 介護職員初任者研修)

介護職の資格も十分に活かすことができます。

ケアタクシーと呼ばれるような、タクシーが全国で走っています。
ご高齢やお身体の不自由な方が、外出をサポートするためのサービスです。

ちょっとしたお買い物にも体に負担を感じられる方もいらっしゃるため、軽い荷物を持つだけでも、喜んでいただけるケースは少なくないそうですよ。

これまでは無理だと諦めていた、様々なスポットへの外出を叶えることが、このサービスの本質だそうで、とても素敵ですよね。

介護の知識や資格が活かせるのはもちろんのこと、お客様のお話を伺ったり、お買い物のお手伝いをするなど“おもてなし”の心があれば、活躍できる環境であるのも嬉しいですよね。

特にこの資格は、日常生活でも使う機会が多いため、会社で取得をサポートしているところもあるようです。

お持ちでない場合も、取得をすることで、仕事にも普段の生活にも役立つことが嬉しいですよね。

介護職の経験が活かせる会社を見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と知られていない高給なお仕事3つ

年収を上げる転職

世の中には、華やかではないけれど(どちらかというと地味だけれでも)、しっかりと稼げて安定している仕事があります。
本当に目指すべきはこういった働き方ではないでしょうか。

世の中を落ち着いて見たときに、本当に目指すべき目標が見えてくるはずです。

馬の調教師

競走馬の調教が仕事です。

調教師の収入は自分が管理している馬をレースに出走させることで得る収入、管理している馬がレースで勝利したことで得る収入、馬主から馬を管理するのに支払われる収入からなります。
JRAに所属している調教師の平均年収は約1,200万円です。その業界で有名になれば年収もその数倍と言われています。
ですがその分、自分の厩舎に関わる馬や人に対して重い責任を背負っています。

初生ひな鑑別師

初生ひな鑑別師とは孵化したひよこの性別を瞬時に判別する仕事です。

れっきとした国家資格で難易度が高く、毎年の合格者はごくわずかです。試験の難易度が高いせいか、初生ひな鑑別師の収入は高い部類に入り、平均収入は600万とされています。
この金額は居候弁護士つまり雇われ弁護士の平均収入と同じと言われています。

電車運転士

勤務時間が不規則なため、その分福利厚生制度は整っている場合が多いです。
特にJR各社や大手私鉄のように会社の規模が大きいほど制度がしっかりしています。
電車運転士の平均年収は30歳で600万前後(都市部の大手鉄道会社)地方の私鉄でも400万前後とされています。

儲かる仕事にはそれだけ責任やリスクがある

「儲かる仕事がしたい」と思っても普通はなかなか見つかりません。しかも将来的に稼げてもその道のりが長かったりします。

早く儲けようと思ったら経営者になることが一番でしょうか。
しかし簡単に「起業しよう」と思える人は、リスクやそれ相応の度胸がいるため、そこまで動ける人はいませんよね。

リスクを負いたくないのであれば、1つの会社で執行役員や給与の高い働き方ができるよう努力するしかありません。

どんなことがあっても、あなたはお金を得るために頑張らなければなりません。

皆それぞれに責任やリスクをおって仕事をしています。

儲かる仕事タクシードライバー

頑張れば頑張るほど給料がもらえるのがタクシードライバーの魅力です!
日本交通では年収800万円近くを目指せる環境のため、少しずつあなたのペースでがんばれば順調に高い年収を得ることができます。

働きやすい環境があることもちろんですが、
・無線配車の割合が高いこと
・タクシーチケット契約社数が多いこと
・自社配車アプリ「全国タクシー」の普及(250万ダウンロード突破)
・LINEタクシーを使って、インフラツールからのタクシー配車

上記の、稼ぎやすい条件がそろっていることが最大のメリットと強みです。

特に、国内外問わずに観光客の多い浅草寺やスカイツリーの近くに営業所がある蔦交通なら、
さらに稼ぎやすい条件が揃っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動が苦戦している時に考える解決策とは

転職活動をしていて、なかなか内定が取れないと、落ち込んでしまうことが良くあると思います。長引いてしまうと負担も増えてしまいます。ズルズルと負のスパイラルに落ちていかないよう、ここで冷静に見つめ直してみてはいかがでしょうか。

転職活動が苦戦している時に考える解決策とは

面接で「企業が聞きたいこと」に答えられているか考える

面接で面接官が何を求めているのかを考えることは、営業のスキルに似ています。自分に何を求めているのかを読んで元気良く簡潔に答えていきます。とはいえ、営業が得意な人ばかりではないし、迷ってしまいますね。
ただ、なかなか面接を突破できなくて困っている人多いのが、面接官の聞きたいことをきちんと把握してないケースです。例えば、「あなたの名前は?」と聞かれたら「山田一郎です」とか、シンプルに聞かれたことを答えればよいのです。それが、なぜか「うちの会社を志望する理由は何ですか」と聞かれると余計なことを話す人が多いのです。転職した理由に、前職を退職した(する)理由ばかり答えてしまい、長々と話して前職のグチのように捉えられてしまい悪印象、というケースが非常に多いです。転職理由を聞かれている場合には、あなたが『これから』『この会社で』何をしたいのか、という「転職で実現したいこと」というポジティブな意味で理由を聞きたいからです。面接における質問の真意をしっかり理解したうえで答えられるように心得ておきましょう。

転職理由の答え方

b_sub
前述のとおり、転職理由とは、「○○が嫌だったから、転職します」ということを聞いているわけではありません。それは退職理由であり、「転職によって実現したいこと」を含んだ「転職理由」とは違います。退職を決めたきっかけという過去の話ではない、これから何をしたいと考えているのかという未来の話をする必要があります。そのため、この回答だと「うちでも残業が発生したらすぐに辞めてしまうのでは?」と企業に捉えられ、活躍の可能性を信じてもらえないばかりか、マイナスの印象を与える可能性があります。

転職理由は、退職理由からポジティブに自己分析して考える

・なぜ残業を減らして早く帰りたいのか?
・なぜ会社に長く働き続けたいのか?
・自分にとって長く働ける会社とは?

ポジティブに退職理由に対して自問して考えてみましょう。「残業を減らして早く帰った分、社外の人脈を持って刺激にしたい。そこで得た経験を自社の仕事に還元していきたい」「長く働き続けることで、より高い専門性を身に付け、会社に貢献し続けることができる」転職によって実現したい理想の自分の姿がだんだん見えてきます。これは、本音のあなたの転職理由になります。
志望動機や企業でやりたいことに関しても、転職理由と転職で実現したいことがしっかり考えきれていれば、派生して簡単に答えることができます。

本音を語ろう あなたが仕事において何を重視しているのか

転職理由をする動機が何であっても、前職を辞めたということは、そこではあなたが仕事に対して求めるものに相違があったということですよね。
同時にそれが、次の仕事で叶えたいことでもありますよね。
面接官は、あなたの仕事に対する考え方を知り、応募している企業・職種とマッチするかどうかを判断しようとしているのと、実際に雇用したときに活躍してくれるかを見ています。

仕事に責任感を持って取り組めるか

転職先でも責任感をもってしっかり仕事をしてくれる人材かどうかは重要なポイントです。
具体的に分解すると、

・業務に支障が出るような問題を起こさないか
・仕事にきちんと取り組み、いい加減な仕事をしないか
・組織適応力があるか
・ストレス耐性があるか
・すぐに辞めてしまわないか

つまり面接官は、仕事に責任感を持って向き合い、企業に貢献してくれる人材かどうかを見極めています。
前職を辞めた理由から仕事に対するいい加減な態度が透けて見えるような人材には、次の職場でも信頼して仕事を任せることはできません。そのため、例えば「人間関係のトラブル」や「前職の仕事に飽きた」など、この点が不安に思われるような転職理由はそのまま話すべきではなく、言い方に工夫が必要です。

日本交通グループの蔦交通では人柄や可能性を重視して採用

vete2
初心者でも安心して働けるように、蔦交通では入社1年間は最大月給42万円を保証しています。しっかりと稼げるようになる期間を設けるために1年間の保証制度を用意しています。少しずつ経験を積み、先輩社員からアドバイスをもらう中でマイペースに成長してください。その間のフォローは会社がしてくれます。2種免許取得サポートや入社後のスキルアップも充実しているので、タクシー業界が初めての方でも十分に乗務できるようになります。これまで重ねてきた年齢が経験となり、お客様に喜んでもらえるチャンスになります。イベントや地域柄に特化して乗務したらお客様と仲良くなり、それ以来指名していただけたという嬉しい事もあります。 それぞれ個性に合わせて、誰でも伸ばすことができる長所があります。蔦交通で、安定して長く活躍していきませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【葛飾エリア】タクシー会社の求人おすすめランキングベスト3

東京都内には、タクシー会社がたくさんあります。今回は、その中でも葛飾区や柴又エリア周辺の会社に絞ってご紹介していきたいと思います。

【葛飾エリア】タクシー会社の求人おすすめランキングベスト3

1位:蔦交通(日本交通グループ)


【蔦交通のタクシードライバーとは】
・給与保障が1年間、35万円/月
・月収40万円以上を稼ぐことができる
・日曜完全定休(月半分以上は休み)
・家賃負担24万円/年上京交通費も全額支給
・大型連休の休日あり
・タクシー会社では珍しい連休の相談もしやすい環境。家族の時間も確保できる!
・20~70代の幅広い年代が活躍している
・定年後も定時制雇用として70歳まで雇用することができる。
・安定の日本交通グループに属しており、6年連続業界売り上げ高No.1
・エキスパートドライバーサービス(EDS)といって「観光」「子育て」「介護」など専門分野に特化したタクシーサービスを展開している
・未経験でも、最短18日間でプロの乗務員として乗務

【蔦交通の先輩社員の声】
前職は食品会社の営業として10年以上働いていました。東京の歴史が好きでそれを活かせる仕事をしたいと探している時に見つけたのが日本交通のタクシードライバーでした。「N」のロゴは昔から知っていたので働くならここかなと、中でも蔦交通は給与保証があり安心して入社できました。この年で経験のないことをやるのは不安に思いますが、制度に安心できたため自信を持って入社しました。今は十分に稼げるようになり、もっと上を目指したいです。
月収:49万3000円(勤続3年)

2位:森永タクシー(国際グループ)


【森永タクシーのタクシードライバーとは】
・親睦会・社員旅行等
・アットホームな雰囲気
・社員価格で温泉に入れる
・福祉ドライバーの募集がある

【森永タクシーの先輩社員の声】
先輩社員の声に関しては、情報公開がまだありませんでした。ただ、森永タクシーのドライバ―を選んだ理由としては以下のようなことが挙げられるようです。

・運転が好きな事 
・年齢は一切関係なく実力で稼げる事
・明番を有意義に活用できる事

3位:三葉交通

【森永タクシーのタクシードライバーとは】
・羽田空港定額タクシーがある
・昼勤・夜勤・隔日勤務・定時制の勤務形態あり
・ヘルパー資格の取得を推進

【三葉交通の先輩社員の声】
先輩社員の声に関しては、情報公開がまだありませんでした。三葉交通の特徴として以下が挙げられていました。

三葉交通では、お客様に愛されるタクシーを目指し様々な取り組みをしております。
接客教育はもとより、高齢化社会での需要を見込んだヘルパー資格の取得を推進、自社工場での点検など安全を第一によりよいサービスを致します。

三葉交通:http://www.mitsuba-taxi.jp/feature.html

葛飾エリアの特徴

都内の中でも、特に注目のスポットが集まっている葛飾エリアでは、浅草や柴又、スカイツリーなどの観光地が近くタクシーを利用する方が多くいらっしゃる環境です。流し営業の場合もすぐにお客様をお乗せすることができ、初めての方でも十分に稼ぐことができると言われています。

葛飾エリアでタクシードライバーになるなら、日本交通グループの蔦交通のドライバーを目指してみてはいかがでしょうか。待遇や、福利厚生面はもちろん、収入を上げたい人にとって大切な還元率もトップクラスです。一人一人の売上が高い=給与額も大きいことが、高い業績に繋がっています。(「日経MJ」2016発行掲載データより)

労働環境が一流である証のサービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」に選ばれた優良企業であり、全車禁煙、カーナビ搭載・各種クレジットカード・電子マネー決済対応で働きやすさを重視しています。業界に先駆け黒タクやアイドリングストップ車を導入し車両装備も充実しています。メディア掲載実績(TBS、テレビ東京、日経ビジネス系)も多数あります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本交通タクシーにCOOLCHOICEステッカー、エコドライブとは

日本交通株式会社は、環境省が推進する温暖化対策の国民運動「COOL CHOICE」に賛同し、2月より日本交通グループのタクシー全車(約5,000台)にステッカーを掲示することとなったそうです。COOLCHOICEとは何か、車のエコや、エコドライブについて合わせてご紹介しています。

日本交通タクシーにCOOLCHOICEステッカー、エコドライブとは

日本交通COOLCHOICEステッカー概要

日本交通が「COOL CHOICE」へ賛同したのを機会に、タクシー車両の左後部ドア窓部分に、COOL CHOICEのロゴマークと「エコドライブ実施中」の文字を配したステッカーを掲示、これを通じて、運動を盛り上げ、低炭素社会の実現、地球環境にやさしい未来を創ろうとしています。

COOLCHOICEとは


日本交通が賛同しているこのCOOLCHOICEとは、以下のようなものです。

2030年度に温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという目標達成のために、低炭素型の製品・サービス・ライフスタイルなど、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動です。
例えば、エコカーを買う、エコ住宅を建てる、エコ家電にするという「選択」、高効率な照明に替える、公共交通機関を利用するという「選択」、クールビズをはじめ、低炭素なアクションを実践するというライフスタイルの「選択」を促し、政府を上げて「次世代の暮らし方」を推進しています。

環境省「COOL CHOICE」: https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/

ライフスタイルの選択から促していこうとする取り組みのようですね。車だけでなく、様々な業種・業態の会社が賛同して活動しています。

日本交通の環境への取り組み

日本交通は2008年に「チームマイナス6%」に参加、もちろんクールビズ・ウォームビズも推進しています。エアコンや服装を、5~10月、12~3月で切り替えします。日本交通グループでは、環境省が推進する、エコドライブ10も実施しています。

【エコドライブ10】
1. ふんわりアクセル「eスタート」
2. 車間距離にゆとりをもって、加速・減速の少ない運転
3. 減速時は早めにアクセルを離そう
4. エアコンの使用は適切に
5. ムダなアイドリングはやめよう
6. 渋滞を避け、余裕をもって出発しよう
7. タイヤの空気圧から始める点検・整備
8. 不要な荷物はおろそう
9. 走行の妨げとなる駐車はやめよう
10.自分の燃費を把握しよう

社会に貢献できる会社なら日本交通グループの蔦交通


日本交通グループの蔦交通のタクシードライバ―は、ただ運転するだけではなく社会に貢献できる仕事です。蔦交通には、「エキスパートドライバーサービス」というサービスがあります。「エキスパートドライバーサービス」とは、観光・子育て・介護分野のそれぞれに特化したサービスです。

例えばキッスドライバ―なら、定期健診の送迎や通塾・習い事への送迎、里帰りのお手伝いなど、安心・安全でゆったりとした空間を楽しめる送迎サービスをご提供する仕事です。いつも顔なじみのドライバーがお迎えにあがるので、お子様だけでも安心してご乗車いただけます。また、これからママになる方には、出産のタイミングに合わせて、迅速な配車を行う「陣痛タクシー」といったサービスもご用意。

現在はなんと都内の約2割のお客様にご利用いただき、その社会貢献度から消防庁の感謝状もいただいています。保育士等の資格をお持ちの方や、育児の経験をお持ちの方、そして何よりこどもと接することが好きな方も、ぜひご応募ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育てママの仕事に、タクシードライバーがおすすめな理由

日本交通株式会社は、東京23区・武蔵野市・三鷹市において業界大手の飛鳥交通グループとフランチャイズ提携をすることになりました。飛鳥交通は、これまで東京無線協同組合に加盟していましたが、日本交通グループへ移行します。これにより日本交通グループは、都内最大のグループになります。東京23区・武蔵野市・三鷹市エリアにおいて、4,157台体制、都内法人タクシーのシェア約15%を占めるグル―プになります。

子育てママの仕事に、タクシードライバーがおすすめな理由

タクシードライバーの仕事とは

takushi01-subタクシードライバーの仕事は、ご存知の通り、お客様をタクシーに乗せて目的地まで早く安全に送り届けることです。最近では、サービスの差別化という事で、接客や車内空間の快適さに力を入れている会社が多いです。勤務時間は、一気に長く働いて翌日休みというスタイルが一般的なイメージです。実は他にも、昼勤務のみ、夜勤務のみ、パートタイムという働き方の方もいます。
収入は、頑張りが給与に反映される『歩合制』が多いです。ただ働き方によっては、固定給、時給という場合もあります。
タクシードライバーになるには、21歳以上で普通自動車免許取得後、3年経過していることが条件であることがほとんどです。配属されてドライバーとして勤務するには、二種免許の取得が必要です。ただしここは、会社が費用を負担して、研修なども行っていることが多いです。カーナビ等の普及により、道に詳しくなかった人でもドライバーになることのハードルが下がっていますので、自信のない方でも安心してチャレンジできます。

タクシードライバーが子育てママにオススメな理由

意外に思われるかもしれませんが、タクシードライバーは、子育てに合わせて働き方が柔軟に変えられます。「タクシードライバーって長時間労働でキツそう、男性の仕事じゃないの?」と思うママも多いのではないでしょうか。実は昼のみ、夜のみの勤務、子育てに合わせてパートタイム制を導入しているなどのタクシー会社も多いです。他の会社には、なかなかこういった制度のある所は少ないですよね。子育てが落ち着いたら、しっかりと働く体制に切り替えることも出来ますし、長く働ける職業ですので資格を手に一生活躍することも可能です。
また、女性ドライバーだからこそ、活躍できる場所があります。まだ現状、女性ドライバーの数は少ないです。お客様が珍しがって優しくしてもらったというお得な話も、女性ドライバーには多いようです。自分の事を指名されたりすることもあるようで、やりがいを感じるという方が活き活きと活躍されています。

国土交通省もママドライバーを支援、ママLOVESタクシー

タクシードライバーが働くママにおすすめなのは、国土交通省でも言っていることです。ママ向けに、国土交通省がフリーペーパー「ママLOVESタクシー」を発行しています。働くママドライバーの意見や、女性が活躍できるタクシーサービスの紹介等、たくさんの情報が掲載されています。一例として、子育てタクシーのサービスも紹介しています。赤ちゃんの定期健診、新生児の退院をはじめ、学校や塾への送迎など子育てで大変なお客様をサポートします。サービスをご利用されるご家族と顔なじみにもなる仕事で、子供の成長を家族同様に見守っていく、女性にぴったりの仕事です。働くママの声としては、勤務時間の管理がしやすく時間を上手に使える、収入が思ったよりも良い、というポジティブな意見がたくさん寄せられています。これからの人生計画に、わくわくする情報が詰まっています。

子育てママにオススメの会社は?

タクシードライバーでママにおすすめの会社は、日本交通グループの蔦交通です。日本交通グループでは、都内38カ所への専用タクシー乗り場の設置、他を圧倒する無線配車実績、人気沸騰中のスマートフォン配車アプリなど、お客様に「えらばれる」ための下地づくりには余念がありません。他社と比較しても、乗務開始から数年後には売上に大きな差が生まれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップダウン、ボトムアップではない、
日本交通の経営

一概にどちらが良いとは言えませんが、「トップダウンでスピーディに意思決定を進めていきます」逆に「現場から変化をつかんでそれを経営陣に上げます」。それぞれメリットやデメリットがあるので、究極的にはケースバイケースです。今回は、トップダウンなのか、ボトムアップなのかそれぞれのメリットデメリットと、日本交通グループのコミュニティ経営についてご紹介していきます。

トップダウン、ボトムアップではない、日本交通の経営

トップダウン経営のメリット・デメリット

上から、経営側の意思をストレートに伝えるのがトップダウンです。双方の信頼関係があり、意思疎通がスムーズにいけば、トップダウンはスピード感があり非常に有効といえます。
一方で、トップの圧力が強ければ強いほど、信頼がなければ現場は反発し、ひどい場合はボイコットやストライキ、退職などに進んでしまいます。

ボトムアップ経営のメリット・デメリット

現場の肌感覚でないとわからないことはたくさんあります。営業であれば、顧客担当者の好みや人格、裏に抱えた問題点など。商品開発であれば、ノウハウ、開発者間の人間関係など。これらをくみ取り、ひとつに集約できれば、底から組織を持ち上げる力となり、それがボトムアップになります。
しかし、向かう方向性が一定でない場合は、気持ちもノウハウもバラバラになってしまいます。

トップダウン・ボトムアップに求められるもの

どちらの方法を採用するにしても、放置してしまうとまずい方向に向かいます。
トップダウン経営では、経営者が合理的でないと判断されれば、現場はついてきません。そのため、よりトップが有能でカリスマ性があることが求められます。
一方ボトムアップ経営は、会社の明確なビジョンと全員のコミュニケーションが強く求められます。これらが無い場合、現場は何に向けて成果を上げるべきかわかりません。
トップと現場が同じ方向を向いたとき、下からの力は、トップダウンよりも大きくなり得ます。
いずれにせよ、トップがやらねばならないことがありますし、一長一短でその組織に合った形態をとれば良いという事です。

日本交通のコミュニティによる意思決定

takushi01-subトップダウン・ボトムアップではない、日本交通のコミュニティ経営を例にとって見てみましょう。日本交通ではFacebookを通じて意見交換や意思決定がなされていきます。トップが意思決定を行う一方で、現場がからのボトムによる意思決定も多く存在します。情報の回転スピードの速さもあります。Facebook上では常に情報が上がり、トップもボトムも関係なくコメントを挟んでいきます。このようなことから、トップダウンなのかボトムアップなのかは関係なく、情報を素早く回転させることにより、全員のコミュニティで意思を決めている、と言う形に見えます。これからの経営には、双方の良さを利用したこのような形がふさわしいのかもしれませんね。働く身として、何も意見が言えないのも辛いですし、会社側も貴重な意見になるかもしれない声を聴く機会を損失しています。
日本社会は、大手で古い体質であるほど出る杭は打たれるという風潮があるように思います。日本交通のような経営スタイルの会社で、活き活きと仕事をしてみたいですね。

自分が活躍できる会社なら日本交通グループの蔦交通

未経験の方でも、最短18日間でプロの乗務員として乗務できるようにサポートがあります。二種免許取得合格率は100%なので、きっと合格できます。介護や救命救急、認知症サポーターなど、普段の生活に活かせる研修や東京観光に関する知識の勉強など乗務をサポートする知識や売上に直結するスキルを学べます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車、次世代タクシーを共同開発!

トヨタ自動車とタクシー業界が共同開発、事故防止のための自動ブレーキ等が目玉となっている次世代タクシーについて、詳しくご紹介していきます。未来のタクシーへ、自動車業界大手のトヨタ自動車はどのような変革をもたらしてくれるのでしょうか。

トヨタ自動車、次世代タクシーを共同開発!

ロンドンタクシーにも負けない世界最先端のタクシーとは

ロンドンのブラックキャブ、ニューヨークのイエローキャブと言えば、世界中で有名なタクシーです。日本のタクシーサービスが、これに匹敵するようなものになるように変わり始めています。次世代タクシーは、高齢者・障害者にも使いやすい構造であるうえ、一般客にとっても日常のタクシー利用が大幅に便利になりそうです。さらに2020年開催の東京五輪に向けて訪日外国人客が増えている状況にも、サービス向上で対応します。都内を中心に、街の景観も大きく変わることになりそうです。

タクシーの自動ブレーキ、ハイブリッド、ウオークスルー方式とは

次世代タクシーの概要の中で特に注目されているのが、自動ブレーキです。この自動ブレーキは走行中に障害物などをセンサーで感知し、自動的に停止・減速するシステムです。この搭載により安全性の向上、事故の被害の抑制を期待しています。
次世代タクシーでは、LPガスのハイブリッドエンジンを搭載して燃費を向上させることもポイントになっています。たくさんの人が利用することを考慮して、ウオークスルー方式を採用しています。ウオークスルー方式とは、車内の床を低く平らにした方式です。背の高いワゴン型でウオークスルー方式のタクシーは、欧米でも増えつつある人気の高い車体です。乗客の乗り降りや荷物の出し入れ、高齢者や障害者の利用などの利便性が大幅に増します。

トヨタが開発する理由とは

この次世代タクシーの開発は、実はトヨタ自動車にとって「採算が取りにくいプロジェクト」と言われていたそうです。車輌自体を売っても購入者がタクシー会社のみであれば、買い替えの時期を考慮しても市場規模が小さく儲けに繋がりにくいのではないかということだったのだそうです。
しかしながら、広告効果、対外PR効果の大きさがこの不安要素を上回ると考えたようです。特にこれから東京五輪開催に向けて国内外の注目が東京の都内に集まりやすい時期です。日本と言えばトヨタ車、というイメージ基盤をしっかりと固めてアピールしていきたいのではないでしょうか。

日本交通グループとトヨタの関係

kosotsu_highincome
実は、業界売上高7年連続ナンバー1の日本交通グループと、トヨタ自動車は密接な関係がありました。日本のタクシー会社は創業時に、技術面で上回っていた外国産の自動車を使うことが多く、日本交通では川鍋秋蔵氏が創業した時には米国車(ビュイック)を使っていました。その際に、外国車ではなく国産車を向上させようということから、タクシー業界がトヨタと手を組みトヨタ車をタクシー車両として使い始めました。そのため、タクシー業界とトヨタ自動車には深いつながりがあるのです。現在のタクシー車両に至るまで、タクシーの厳しい走行条件に耐えられるように技術革新をくり返して進歩してきたという想いが強くあるようです。実際に、トヨタ自動車の豊田章男社長が「タクシー業界との長年の協力関係」という事を主張されていますので企業の技術として成長する道において欠かせない存在であったと考えられます。

日本交通グループ蔦交通で、新しいタクシードライバーのカタチを実現

歴史、そして売り上げも7年連続ナンバー1の日本交通では、今までにない新しいタクシードライバーとして働くことができます。エキスパートドライバーサービスというサービスがあります。このサービスは、「キッズ」「ケア」「観光」という3チームに分かれ、送迎だけでなくそれ以上の付加価値の高いタクシーサービスです。 時間制運賃を導入することで、ご依頼があると安定してまとまった収益を得ることができます。また、乗務員自らがコースを考えご案内する東京観光タクシーは、自分の好きなコースをお客様に紹介して売上を作ることができるため、とてもやりがいのある仕事になります。あなたがこれまで重ねてきた年齢が経験となり、お客様に喜んでもらえるチャンスになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加