タクシードライバー基本情報

東京都でタクシードライバーに転職するメリット・デメリット

東京都でタクシードライバーに転職するメリット・デメリット

タクシードライバーへの転職を検討するなら、タクシードライバーとして働くことで生じるメリット・デメリットを把握しておきましょう。
求人探しや会社選び、採用されてからの働き方などに活かすことができます。

今回は、東京都でタクシードライバーに転職する場合のメリットとデメリットについて解説します。
タクシードライバーへの転職に関し、働き始めた後のイメージをつかみたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

タクシードライバーのメリット(1)1人で働くことができ勤務形態も比較的自由

タクシードライバーは、基本的にタクシーで乗客を待ったり、実際乗客を目的地まで送り届けるため走行したり、といった時間が勤務時間のほとんどを占めます。
したがって、勤務時間内は1人で働くことが多い仕事と言えます。

大勢の人に囲まれながら仕事をするより、1人の空間で働きたいという方に適した仕事でしょう。
なお、1人で仕事をすると言っても、車両の予約が入れば事業所から連絡があります。
また、道路状況などは無線で教えてくれます。

また、仕事の始めや終わり、休憩時間などは事業所で過ごすことも可能です。
1人で仕事をする時間が多い仕事ながら、要所要所では社員同士連携しながら働くことができるのです。

また、タクシードライバーの勤務形態は、ほかの会社勤めの仕事などと比較すると自由度が高いこともメリットと言えるでしょう。
細かな部分は会社によって異なりますが、昼間の勤務をメインにする日勤、夜間に働く夜勤、1回の勤務で2回分働き1日休みにする隔日勤務などが主な勤務形態です。

自分のライフスタイルに合わせて働き方を考えることができるため、仕事とプライベートを両立させやすいでしょう。

タクシードライバーのメリット(2)年齢や経験の有無に左右されず働ける

転職者が不安になりがちなポイントとして、転職先の業界の経験がなかったり、年齢が高かったりしても働けるのかということが挙げられます。
その点、東京都では、経験の有無や年齢に関係なく応募者を募っている会社が多く見受けられます。

例えば社内で研修制度を設けている会社が多数あります。
入社後に新人研修を受ければ、未経験でもタクシードライバーに必要な知識などを学べます。

なお、タクシードライバーとして働くには普通免許のほか二種免許を所持していることが絶対条件ですが、入社時点で二種免許を持っていない場合、会社が二種免許の取得をサポートしてくれる場合も珍しくありません。

中には、二種免許取得のために費用を補助してくれる会社もあります。
手厚いサポートがあれば、未経験でも安心してタクシー業界に飛び込んでいけるでしょう。

また、幅広い年代の転職を受け入れているタクシー会社も少なくありません。
50代や60代での転職は難しいのではと感じている方は、間口の広いタクシー業界を検討するのも1つの方法です。

実際、全く違う仕事をしていて、年齢を重ねてから転職したというタクシードライバーは多いものです。
社内にはさまざまな経歴を持った社員がいるので、未経験であっても年齢が高めでも、あまり目立つことはないでしょう。

タクシードライバーのデメリット(1)給与が不安定

タクシードライバーの主な仕事は乗客を目的地まで送り届けることです。
実績が給与に反映されることが特徴の1つと言えます。
つまり、何度もお客さんを乗せて多く稼働すれば実績は上がり、あまり乗客がいない状態が続けば実績は低くなります。

タクシードライバーの給与は歩合給が大きな割合を占める傾向にあるため、実績如何で給与額が変動する可能性があります。
月々決まった金額をもらう仕事ではないので、給与面はやや不安定だと言えるでしょう。

ただし、会社によって未経験の場合、入社後一定の期間は給与の保証制度を設けているところもあります。
まだ仕事に慣れないうちは、決まった給与が保証されていると非常に心強いでしょう。

また、出来高が大きく関わる完全歩合制ではなく、固定給も含む給与体系を採用している会社であれば、比較的給与が安定しやすいと言えます。
給与面にデメリットはありますが、会社選びなどである程度カバーすることも可能です。

タクシードライバーのデメリット(2)交通事故のリスクがある

タクシードライバーは車を運転する仕事であるため、どうしても交通事故のリスクは付きまといます。
もちろん、乗客を安全に目的地まで送り届け、最善の注意を払いながら運転しているタクシードライバーがほとんどでしょう。

しかし、自分でどんなに気を付けていても、交通事故に巻き込まれてしまうことはあり得ます。
また、事故の程度によっては、車の損害だけでなく、誰かを巻き込んだり、自分も大けがを負ってしまう可能性もあります。

なお、交通事故にあった場合、会社がどこまで保障してくれるのかという点は非常に重要です。
例えば、交通事故によって発生した損害の大部分を会社が負ってくれるところもあります。
しかし、全額ドライバー負担と定めるところもあります。

物損や人身事故となると、タクシー車両以外にも莫大な損害賠償を負わなければならない可能性も出てきます。
また、交通事故により自分が怪我などを負った場合は、完治するまで働けず収入が途絶えてしまうということも起こり得ます。

このようなリスクをできる限り避けるため、交通事故には十分注意しながら働くこと、そして交通事故時に補償制度が手厚い会社を選ぶことなどが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー運転手に転職するメリットは?タクシー業界の今後の動向も解説

タクシー運転手に転職するメリットは?タクシー業界の今後の動向も解説

急いでいる時や、終電を逃して家に帰る手段がなくなってしまった時などに便利なのがタクシーです。
では、タクシー運転手の仕事とは一体どのようなものなのでしょうか。

今回は、タクシー運転手のメリットやタクシー運転手に向いている人、タクシー業界の今後の動向について解説していきます。
タクシー運転手への転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

タクシー運転手の働き方は自由度が高い!

タクシー運転手は基本的に歩合制の仕事です。
頑張れば頑張るだけ給与がもらえて、仕事をしないと給与がもらえません。
つまり、稼ぎたい分だけ自分で仕事の量を調整できるというのがメリットです。

勤務体系は主に3種類あります。
1つ目は、2日分の業務を1回の勤務でこなす隔日勤務です。
隔日勤務の特徴は、2日分の業務をまとめて行うので拘束時間が最大21時間と長いことです。
その代わり1日おきの勤務になるので、休みが多くとれます。

2つ目は、サラリーマンの働き方に近い昼勤務です。
体の負担が少ないですが、その分他の勤務体系と比べて給与も少なくなってしまいます。

そして3つ目は夜~明け方に勤務する夜勤務です。
隔日勤務や昼勤務と比べて給与が多いですが、体への負担が最も大きいのも夜勤務になります。

この中で隔日勤務が最もスタンダードな働き方で、最初のうちは大変ですがだんだん体が慣れきます。
1か月のうち約3分の2が休みになるので、自分の趣味や家族のために時間をあてることができる魅力的な働き方です。

タクシー運転手は年齢・経験問わず転職しやすい!

タクシー運転手への転職は比較的しやすく、中高年や未経験でも問題ありません。
一般企業では40代や50代になると転職が厳しくなりますが、タクシー会社は60歳以上でも応募可能で中高年の人を積極的に採用しています。

タクシー会社への応募条件は第一種普通運転免許を取得して3年以上なので、それを満たしていれば性別や年齢は関係ありません。
また、多くのタクシー会社は教育体制がしっかりしているので、未経験でも安心して転職することが可能です。

さらに、タクシーにお客さんを乗せるには第二種普通運転免許が必要ですが、免許取得のための費用はタクシー会社が負担してくれる場合がほとんどです。
入社して3か月~1年は給与保証がある場合が多いので、未経験だから稼げないといった心配もいらず最初から安定して稼げるのも魅力の1つです。

また、タクシー会社は応募から面接、入社までの期間が短く、早ければ応募から数日で入社できることもあります。
そのため、転職活動に多くの時間や労力を費やさなくて良いのです。

タクシー運転手に向いている人は?

タクシー運転手に転職しようと考えている人は、自分がタクシー運転手に向いているのか気になると思います。
確かにタクシー運転手は転職しやすいですが、向いている人とそうではない人がいます。
タクシー運転手に向いている人は大きく分けて3つです。

まず1つ目は周りへの観察力や想像力がある人です。
タクシーの魅力といえば早く目的地まで連れて行ってくれることなので、周りの交通状況を観察して瞬時に目的地までのルートを決めなければなりません。

そして、全く人がいないところで待機していても乗客は来ないので、人が多そうな場所や時間帯を想像して動くことも大切になります。

2つ目は周りへの気配りができる人です。
タクシー運転手は人を目的地まで運ぶのが仕事ですが、リピート客や今後の乗客を増やすためには乗客への気配りが大切です。

会話をしたい乗客、仕事をしたい乗客、寝たい乗客など様々な人が乗ってくるので、その人に合わせた対応が必要になります。

3つ目は自己管理ができる人です。
タクシー運転手は人の命を預かる仕事なので、安全運転をするために常に健康管理をし、健康状態を万全にしておかなければなりません。
さらに、仕事は主に1人で行うのでスケジュール管理も必須になります。

タクシー業界は今後どうなるの?

タクシー運転手の高齢化や人工知能(AI)の発展など、タクシー業界を取り巻く環境は大きく変化しています。
そんな中でタクシー運転手への転職を考えている人は、タクシー業界の今後の動向はどうなのか気になることでしょう。

タクシー運転手の人手不足や高齢化が深刻な問題になっていて、2019年時点でのタクシー運転手の平均年齢は59.9歳です。
これは若い人材を確保できないのが原因で、タクシー会社ごとに様々な取り組みを強化しています。

また、人工知能が発展しタクシーも自動運転化が進んでいます。
これによりタクシー運転手がいなくなるのではないかと心配が多いですが、タクシー運転手にしかできないことがあります。

重い荷物をタクシーまで運んだり、妊婦や子どもへのサービス、観光案内や臨機応変な対応などは人工知能にはできません。
さらに、相乗りタクシーを導入しているタクシー会社が増えたことで、気軽にタクシーを利用する人も増えているのです。

相乗りタクシーは同じタクシーに目的地が同じ方向の人同士で乗り込むというもので、1人でタクシーに乗るより料金が抑えられるのがメリットです。
このように、タクシー業界は時代に合わせて様々な新しい取り組みをしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内で稼げるタクシードライバーに転職するための収入を上げやすくするポイント

東京都内で稼げるタクシードライバーに転職するための収入を上げやすくするポイント

東京都内でタクシードライバーになって稼げるようになりたいと考え、転職活動に踏み切ろうとしている人もいるでしょう。
収入を上げられるようにするにはどのようなポイントを押さえておく必要があるのでしょうか。

転職先の選び方は特に重要な要素なので、どんな点を重視して選ぶ必要があるものなのかを把握しておきましょう。

稼ぐためには売り上げが必要

まず押さえておきたいのがタクシードライバーが稼げるようになるための基本です。
タクシードライバーの給料は一般的な職種のように年次昇給や昇進による昇給で上がっていくものではありません。

年次昇給がないわけではありませんが、基本給はもともと高くはないのでそれほど年収に大きな影響を与えない場合がほとんどです。
昇進についても特に定めがない現場がほとんどなので、一般的な昇給制度によって収入を上げるのはタクシードライバーの場合にはあまり現実的ではありません。

タクシードライバーは売り上げを増やすことで稼げるようになるのが特徴として知られています。
月給が月間の売り上げに応じて決まる歩合制になっていて、売り上げの何割かがそのまま自分の収入になるというのが基本的な仕組みです。

歩合率は高ければ6割くらいになっていますが、会社によってどの程度にしているかは異なります。
稼げるようになるには歩合率が高い会社に転職し、さらに売り上げを伸ばしていくことが必要なのです。

売り上げを伸ばすには基礎を身につけることが必須

売り上げで収入が決まるなら乗客をうまく獲得して稼げるようになれば良いと考えることができるのは確かです。
ただ、売り上げを伸ばすのは決して簡単なことではありません。

タクシードライバーに転職して間もなくの頃はどうしたら乗客が見つかるのかがわからずに悩んでしまうこともあります。
駅前で乗客が来るのを待っているのが良いのか、適当に街中を走っていた方が稼げるのかと迷ってしまうことも少なくありません。

どういうやり方が良いのかについては基礎を身につけることでわかるようになります。
地理や需要の状況などについて知ることにより、自分なりに売り上げを伸ばす方法を考えられるようになるのが通例です。

特にタクシードライバーになりたてのときには知識があまりにも少なくて何をしたら良いかわからなくなりがちです。
そのため、新人のための研修制度が整っている会社に転職するのが重要になります。

手厚い研修を長期間にわたって行ってくれる会社を選ぶことで将来的にも成長していけるようになり、大きく収入を上げられる可能性が高まるのです。

東京都内の事情を把握するのも肝心

さらに稼げるタクシードライバーになるためには東京都内の様々な事情を把握することが必要です。
日や時間帯によってタクシーの需要は変動するので、高い需要があるところに行って乗客を獲得するのが重要になります。

例えば、今日はここでコンサートがあるから、その開演前と終演後は近くに行くと乗客を拾える可能性が高いと考えられるでしょう。
お花見のピークなのでお花見スポットの近くなら日夜を問わず乗客がいるはずだという想像をすることもできます。

このような推察に加えて、実際にどのくらいの需要があったかのデータもあればどこに行くべきかがはっきりとします。

会社によっては需要の変動に関する情報を収集していてタクシードライバーに提供している場合もあります。
組織的に全体として売り上げを伸ばせるようにしようという試みを積極的に行っている会社を選ぶのは合理的でしょう。

個人として稼ぎやすくなるだけでなく、会社としての実績も伸びるのでボーナスが大きくなる可能性も高いのが魅力です。
情報収集にかかる時間や労力を削減できるという意味でも重要なポイントでしょう。

稼ぎやすい働き方ができるのも大切

タクシードライバーは働き方によって稼ぎやすさが左右されるのも特徴です。
単純に同じ距離と時間、乗客を乗せたとしても夜であれば割増料金になるので昼間に比べて稼げます。

夜勤ができるのは稼げる条件の一つですが、夜勤続きでは体力的に辛い場合もあるでしょう。
隔日勤務が可能なタクシー会社は東京都内には多いので検討してみる価値があります。

朝から翌日の早朝まで働き、早朝まで働いた日は残りは休みになるのが隔日勤務の特徴です。
休む時間も十分に確保できるので体力的にも続けやすい働き方の一つでしょう。

東京都内では貸切タクシーの需要も高いので、その担い手として活躍できる職場に転職するのも稼ぎやすくするためのポイントです。
観光やビジネスの目的で長期間、長距離の運転を任せてもらえるケースが多く、乗客をつかまえるために色々な場所を探し回る必要なく大きな売り上げを出すことができます。

大手のタクシー会社には貸切タクシーの依頼が豊富にあるので、そのドライバーとして働ける機会も多いでしょう。
観光ガイドをする観光タクシーも魅力的な候補で、東京都内の観光や食事のスポットに詳しい人は活躍しやすい働き方です。

得手不得手はあるので自分に合っている稼ぎ方が可能な職場を選び出すようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー運転手に興味がある人必見!タクシー会社へ転職するメリットや魅力とは

タクシー運転手に興味がある人必見!タクシー会社へ転職するメリットや魅力とは

残業や飲み会で終電が無くなってしまい、タクシーを利用した事のある人も多いのではないでしょうか。
普段何気なく利用しているこのタクシー会社、実は転職先として人気が高いのです。

一般的なサラリーマンとは違った働き方をするタクシー運転手という職業には、この仕事にしかない様々な魅力が詰まっています。
今回はタクシー会社へ転職する事で期待出来るメリットや、タクシー運転手という仕事の魅力を見ていきましょう。

タクシー運転手は働き方の幅が広い

タクシー運転手は始業時と終業時に営業所へ立ち寄る必要こそあるものの、勤務時間中は基本的に自分のペースで仕事する事が出来ます。
バリバリ稼ぎたい時には積極的に働けますし、調子が悪い時にはペースを抑える事も可能です。

運転中は上司や同僚とも顔を合わせる機会がほとんど無いので、職場の人間関係や上下関係に悩まされたくないという人には働きやすい環境であると言えるでしょう。

タクシーは深夜営業も行っているため世間的に残業が多いというイメージがありますが、これは誤解です。
タクシー運転手の勤務スタイルは一日中働き次の日を休みにするという「隔日勤務」という形式が一般的となっています。

勤務翌日の休みは「明番」とも呼ばれ、公休とは別にカウントされるのです。
明番と公休を合わせると月の半分以上が休みとなり、出勤日数は11~13日程度になります。

隔日勤務は慣れるまで少し時間がかかりますが、仕事とプライベートの切り替えがしやすく時間を有効に使える働き方なのです。
趣味や資格の勉強、家族サービスなどにかける時間が作りやすいという点はタクシー運転手という仕事の大きな魅力と言えるでしょう。

もちろん、タクシー会社によっては日勤や夜勤を募集しているところもあるので自分のスタイルに合わせる事は可能です。

観光名所や穴場スポットに詳しくなれる

タクシー運転手は日々、様々な乗客を目的地まで送り届けています。
中には運転手が知らない土地まで乗せて行って欲しいという乗客も少なくありません。
そういった場合はカーナビを駆使して目的地まで行く事になりますが、こうした機会が多ければ多いほど自分の土地感が磨かれ、地理的な知識が増えるとも言えます。

特に東京のような観光名所が多い地域では、頻繁に観光客を乗せる事で観光スポットに詳しくなるというケースも珍しくありません。
仕事で知った観光名所へ休日に出かけてみるも良し、経験と知識を積んで観光タクシー会社へ転職するという道もあるでしょう。

頑張った分だけ給与が上がる

一般的なサラリーマンは月給制で働いているため、毎月安定した収入を得る事が出来ます。
しかしその反面、昇給・昇進がなければ大幅な年収アップが見込めないというデメリットも挙げられるでしょう。
これに対してタクシー運転手の収入は、乗客を乗せた数やメーター数に応じて給与が決まる歩合制を採用している企業が多いです。

歩合制と言っても完全な出来高制ではなく、ある程度の基本給に歩合制で得られる収入が加算されるというケースが一般的になっています。
自分が頑張れば頑張った分だけ給与に反映されるので、仕事のモチベーション維持もしやすいと言えるでしょう。

タクシー運転手の年収は初乗り料金や人口密度など様々な要素によって地域差が生じます。
最も平均年収が高いのは東京都で、約418万円となっています。

日本人全体の平均年収が420万円程度と言われているので、一般的なサラリーマンと比較しても遜色ない収入が得られると言って良いでしょう。
また、中には年収800万円を超えるタクシードライバーも居るので、頑張り次第では高給取りとなる事も十分可能です。

未経験からタクシー運転手に転職する場合には、最初のうちは歩合制で稼ぐことが出来ないのではないかと不安に思う人も多いでしょう。
しかし一般的なタクシー会社では「最低給与保証」という制度を設けている場合が多いです。

最低給与保証とは新人として配属されたドライバーに対して、一定期間歩合制の他に固定給として収入を保証するという内容になっています。
月々の保証額や保証期間は企業によって異なるため、応募前によく確認しておく事が重要です。

また、給与保証ばかりに気を取られてしまうのも考え物と言えます。
歩合制の給与を左右する「歩率」や福利厚生など、待遇面をしっかりと見極めて就職先を選びましょう。

未経験や中高年でも積極的に受け入れている

日本企業の多くは35歳以下という条件を設けて採用活動を行っています。
また、職種によっては実務経験やスキル・資格がないと面接にすら辿り着けないというケースも珍しくありません。

その点でタクシー運転手の求人はほどんど年齢制限が設けられておらず、60歳の人でも未経験から仕事を始める事が出来ます。
特殊なスキルが必要になる事もなく、普通免許を取得して3年以上であれば原則的に年齢や性別に関係なく応募出来るのです。

また、タクシー会社の多くは未経験者に対して手厚い研修制度を用意しています。
タクシー運転手として働くにあたっては第二種普通運転免許が必要になりますが、取得費用はタクシー会社が負担するというケースが一般的です。

第二種普通運転免許を取得する期間は研修期間として見なされるため給与が発生します。
タクシーに搭載されているメーターや無線の使い方、電子マネーやクレジットカードを含む決済方法、車両点検の方法などはそれぞれのタクシー会社で教育制度が整っているので安心です。

また、東京・大阪・神奈川の一部で道路事情が複雑な地域においては地理試験による研修が行われる事もあります。
このようにあらゆる側面から未経験者をサポートする体制が整っているのも、タクシー業界の魅力と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーに転職する際の参考に!東京で働くタクシードライバーの給料や平均年収について

タクシードライバーに転職する際の参考に!東京で働くタクシードライバーの給料や平均年収について

仕事選びは人生で最も力を入れるべきポイントです。
人々の生活は給料や年収によって支えられているので、就職先を選ぶ時は平均年収を重視する人も多いでしょう。

タクシードライバーの平均給与を知ることで、自分がタクシー会社に就職した時にどれくらい稼げるのかある程度把握することができます。
今回は、タクシードライバーに転職する際の参考になるよう、東京で働くタクシードライバーの給料や年収について紹介していきます。

タクシードライバーの気になる平均年収について

政府の統計によると、2018年のタクシードライバーの平均年収は、348万円となっているようです。
これを月給換算すると、29万円になります。
これは、一般のサラリーマンと比べるとかなり低めになっています。
ただ、タクシードライバーは働く地域によって稼げる額が大きく変わるという特徴があるのです。

人口や観光地が少ない地域だと戦略を立てないと稼ぐのは難しいですが、東京などのインバウンドが多い所では年収も高くなります。
東京のタクシードライバーの給料は他の都道府県と比べて一番高く、平均年収は470万円となっており、これを月収に換算すると約39万円になります。

タクシードライバーの年収を紹介しましたが、タクシードライバーの給料は歩合制を採用しているので、給与は人によって非常に差が大きくなるのが特徴です。
現に、東京で働いているタクシードライバーの中には、年収が800万を超えている人も少なくありません。

タクシードライバーが年収を上げるために大事なのは、向上心を持ち、売上を上げる努力をひたすら続けるということです。
「やってやる」という気持ちを持つことで、それが成果に繋がり、タクシードライバーの平均年収を大きく上回ることも可能になってきます。

タクシードライバーが年収を上げるためにできること

タクシードライバーの年収は地域によって異なります。
タクシードライバーの年収が最も高いのは東京、次いで神奈川県、愛知県、岡山県、岐阜県の順に高くなっています。

これらの県に共通しているのは、人気の観光地があったり、人口が多かったり、タクシーニーズが高かかったりということです。
「年収を上げたい」、そんな時はニーズや利用者数が多い地域で転職することで、自然と給料は上がっていくでしょう。

また、給料を上げたいのならば、「稼げる会社を選ぶ」ということも必要になります。
当たり前ですが、就職先のタクシー会社によって、待遇や福利厚生の内容は違ってきます。
給料の歩合率も業界で50%~65%と差が生じており、適当に選ぶと「歩合率が低くてあまり稼げない」ということになってしまうこともあるでしょう。

大手のタクシー会社に就職すれば、専用乗り場があったり、一定数の固定客がついていたりなど、営業面での恩恵を受けられる場面も多いです。
同じ時間、量の仕事をこなしても、タクシー会社によって給料は異なります。
タクシードライバーになって給料を多く貰いたいというのであれば、できるだけ優良なタクシー会社を選ぶようにしなければなりません。

都心に近いと家賃が高くなる傾向があるので、首都圏でタクシードライバーの就職先を探す時は、寮付きの求人を狙うのもおすすめです。
寮完備ならば生活費を抑えることができるだけでなく、寮はタクシー会社に近い所に建てられることが多いので交通費も節約できます。

稼いでいるタクシードライバーの特徴とは

タクシードライバーは実力主義の世界です。
働く地域や会社によって給料が変わりますが、タクシードライバーとして成功するために一番大切なのはやはり「実力」。
実力がなく、稼ぎたいという気持ちがなければ、いつまでたっても年収は低いままでしょう。

稼ぐタクシードライバーは情報収集に余念がなく、何時から何時の間にどの地域にお客さんが集まるのかというのをしっかりと把握しています。
稼げるタクシードライバーは、乗車率が高いというのが特徴です。
タクシーの利用率が高い場所や、地域のイベントなどを調べておくことで効率よく乗車率をあげ、給料アップにつなげることができます。

また、稼げるタクシードライバーは道をしっかりと覚えています。
道を覚えることで近道を通ってお客さんの密集している所に素早く移動したり、渋滞を避けたりということに繋がり、「効率の良い立ち回り」を行うことができるのです。
向上心を高く持ち、売り上げを上げるための努力を怠らない、それが高収入を得ているタクシードライバーに共通していることです。

歩合制のタクシードライバーは自分次第でいくらでも稼げる

タクシー業界は年功序列の業界ではないので、タクシードライバーは同じ会社に長く勤めても給料が上がることはありません。
その代わり給料は年齢に関係なく、頑張り次第では入社一年目から平均を大きく上回る年収を稼ぐことも可能です。

稼ぐための知識をしっかりと身につけていけば、結果に波がなくなり、年をとっても安定して高い営業収入を得ることができるでしょう。
タクシードライバーの給料は結局の所自分次第であり、工夫や努力すればどんな人でも年収を上げていくことは可能です。

そして、タクシードライバーの平均を大きく上回った高年収を獲得するためには、東京エリアでの転職を考えたり、稼ぐタクシードライバーを参考したりすることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都でドライバーとして働く場合の転職方法や給与などの待遇について

東京都でドライバーとして働く場合の転職方法や給与などの待遇について

東京都で働くために地方から転職する人は多いですが、中でもタクシードライバーは人気のある仕事です。
個人の頑張り次第でいくらでも稼ぐことができるイメージがあるのが理由ですが、ドライバー業務に転職するには給与の支払い方法や福利厚生の有無など待遇について知っておく必要があります。

高収入を目指すためにも、東京都のタクシードライバーの仕事について学びましょう。

安全運転第一がタクシードライバーに求められる技能

東京都での転職は他の地域よりも給与の金額が高く、稼ぐのに適しているとされています。
中でもタクシードライバーは働き方次第で大きく稼ぐことができるイメージがあり、ドライバー業務に就くことを目的として地方から転職する人も少なくありません。

また、地方でタクシードライバーとして働いていた人が高待遇を期待して東京都の会社に転職するケースもあります。
東京都で営業する会社の多くは地方と比べると給与が高いのは事実です。
大手の会社なら福利厚生が充実しているのでより高待遇と言えますが、その一方で東京都は日本でもっとも人口が多く、自動車の台数も群を抜いていることを忘れてはいけません。

自動車の台数の多さはそれだけ事故に遭うリスクも大きいことを意味しています。
特にタクシー業務は利用者の安全を最優先しなければいけません。

タクシードライバーとして転職する場合、運転や接客の経験が重視されるイメージがあります。
そのようなスキルが必要な仕事ではありますが、何よりも安全運転を遵守することがドライバーに求められる最低限の条件です。
いくら運転が上手で接客に慣れている人でも安全を疎かにするようではドライバーの仕事は務まりません。

タクシー会社の多くは基本給に歩合を加算して給与の金額を決める

タクシードライバーは稼ぐことができる仕事というイメージがあります。
これはタクシー会社の多くは歩合で給与計算を行っているのが理由です。

一日にどれだけの人数を乗せ、運賃を得たかで給与の金額が決まります。
この計算方法なら仕事ができるドライバーほど給与の金額が高くなります。
働き方次第で他のドライバーの数倍は稼ぐことも不可能ではありません。

特に東京都は人口が多い地域なのでタクシーを利用する人の数も他の地域より多くなります。
地方のタクシードライバーが東京都に移住して転職するのは客数の違いが主な理由です。
人口が多ければそれだけタクシーに乗る人も増える形になるので、地方よりも稼ぎやすいと言えるのです。

タクシー会社の多くは完全歩合制ではなく、基本給に歩合を加えた方法で給与計算を行っています。
仮にひとりも乗客を乗せなかったとしても、毎月の基本給は支給されるので収入がゼロになることはありません。

しかし基本給は少額なのでそれだけでは生活ができないのも事実です。
そのため、ドライバーはより多くの乗客を乗せ、歩合計算で得られる収入を増やすことに尽力します。

また、歩合計算は基本的に毎月の売り上げ金額を基に算出されます。
稼いだ金額が大きいほどドライバーの取り分も増えますが、逆に金額が少なければドライバーも少ししか貰えません。
単に人数を多くするのではなく、売り上げを増やすのが上手な働き方になります。

大手会社は未経験者を対象にした研修を行ってドライバーを育成する

タクシーは商業運転なので二種免許が無ければドライバー業務に就くことはできません。
しかしタクシー会社によっては二種免許を持っていない、ドライバー業務が未経験の人を採用する所があります。
これは採用後に免許を取得させてから業務に従事させる仕組みを取っているのが理由です。

既に二種免許を持っている人は即戦力になるイメージがありますが、実際は必ずしもそうとは限りません。
過去のドライバー業務の習慣や癖が抜けず、転職先での業務方針に馴染めないケースが稀に存在するのです。

タクシー会社はむしろまったくの未経験者を雇用し、免許取得のサポートやドライバー業務に必要な心得を教える研修などを経て、優秀なドライバーを育成する傾向があります。
この傾向は大手ほど顕著です。

大手のタクシー会社が未経験者の雇用に積極的なのは、予備知識を持っていない人ほど会社の業務方針に順応しやすいのが大きな理由です。
免許を取りたての未経験者はタクシー業界については素人なので、会社の方針には素直に従います。

会社にとっては多少の出費が生じてもドライバーを育成する方が長期的に見て得なのです。
ドライバーの方も免許の取得をサポートしてくれる他、タクシー業界のノウハウについて学ぶことができるメリットがあります。

生活拠点を提供するタクシー会社も多い

地方からの転職者が多いタクシー会社の中には社員寮を管理している所があります。
生活拠点と仕事の両方が得られる形になるので、地方在住の人にとっては非常に便利です。

大手会社の中にはドライバー本人以外にその家族も生活ができる家族寮を利用できる所もあるので、家族全員が東京都へ移住するというケースも少なくありません。
生活拠点を東京都に移したことによって仕事への取り組みもより真剣なものになります。

多く稼ぐために働き方を工夫することを覚えれば、やがては会社に大きな利益をもたらす優良ドライバーになるのは間違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー運転手に転職するメリットとは?タクシー会社で働く人の実際の声も!

タクシー運転手に転職するメリットとは?タクシー会社で働く人の実際の声も!

タクシー運転手は今や年配の人だけではなく、若者の転職先としても非常に人気が高い職種です。
今も昔もタクシー業界に進む人が後を絶たない理由は一体何なのでしょうか?
そしてこの仕事にはどのような魅力があるのでしょうか?

そこでこの記事では、タクシー運転手に転職するメリットを、タクシー会社で働く人の実際の声を交えながらご紹介していきます。

タクシー運転手は自分のペースで働けるって本当?気になる勤務体系について

#好きな働き方が選べる
タクシー運転手に転職した人がまず最初に驚くであろうことは、その自由度の高さです。
会社勤めのサラリーマンとは異なり、職場で働く時間はほとんどありません。

営業時間中は基本的に個人行動となるため、周囲に合わせる必要がなく、自分のペースで働くことができます。
勤務体系も選べるので、無理のないスタイルで仕事が続けられることもタクシー運転手のメリットと言えます。

「昼日勤」は一般的な会社員と同じように、朝出勤して夕方に帰宅する勤務形態です。
「夜日勤」はその逆で、夜間のみ働く形態です。
深夜割増料金が付くため、昼日勤に比べると売上を上げやすくなります。

そしてタクシー業界で最も主流の働き方が、「隔日勤務」という勤務形態です。
朝から夜まで約20時間ほど働き、翌日は「明番」という形で休みます。
簡単に言うと、2日分目一杯働いて1日休む、を繰り返す仕事スタイルです。

途中で「公休」という完全な休日も挟むため、月間勤務日数はおよそ12日となり、意外と休みが多くあるのが特徴です。
一見すると勤務時間が長く見えますが、間に3時間の休憩が入るので実働は17時間程度となります。

特にノルマが設けられているわけでもないので、自分の好きなタイミングで客待ちをしたり、休息時間を入れたりできます。

#「タクシー運転手は激務」は誤った認識?
法定規則によりタクシー運転手の最長拘束時間は21時間までと定められており、仕事を終えた後は必ず20時間以上休まなければなりません。
これを超過して働かせたタクシー会社は国から罰せられることもあるため、運行管理は遵守されています。

そのため隔日勤務のタクシー運転手は激務であるように見えて、本当のところはそこまでハードではないと言われています。
タクシー運転手に転職した人の実際の声としても、「前の仕事より休みが多く取れるようになった」や「勤務形態に慣れてしまえば快適」といったポジティブな反応が聞こえてきます。

丸1日働けば最大で2日連続の休日が取れるので、趣味や家族サービスの時間を作ることも容易です。
タクシー運転手は働き詰めの人生に嫌気がさしている人や、仕事に振り回されるのが嫌いな人ほどメリットを感じる職種ではないでしょうか。

また、職場で人間関係の悩みを抱えやすい人にも利点が多い転職先です。
というのも個人行動がメインのタクシー業界では他の従業員と接する機会が少なく、上司や同僚との関係に特段配慮する必要がないからです。

タクシー運転手に転職できるのは何歳まで?必要な資格は?

タクシー運転手へ転職する際に必要となるのは運転免許証のみで、特別な資格は一切不要です。
過去の職歴や学歴なども問われることがなく、年齢も若い人から高齢者まで、老若男女が採用の対象となります。

転職の求人で最もネックとなるのが年齢による制限で、40代にもなると採用される確率がかなり下がってしまいます。
しかしタクシー会社であればそのような年齢制限は設けられていないため、何歳から転職しても歓迎してもらえます。

また、一般的な会社と比べて定年が遅いので、長期間にわたって働くことができるのもタクシー運転手の魅力です。
70歳を超えるベテランドライバーも珍しくなく、元気と活力に溢れた業界と言えます。

タクシーの運転が未経験なら給与保証の付いた求人を選ぼう!

タクシー会社の給料形態は歩合制が大半なので、仕事で好成績を残せばその分だけ給与が支給されます。
つまり、本人のモチベーションと働き方次第ではいきなり前職以上の高収入が得られるようになる可能性を秘めているということです。

また、東京都のタクシー会社の場合は「給与保証」という待遇が付いているケースが多いです。
給与保証とは一定期間、仕事の売上に左右されずに定額の給与を支給する制度のことで、保証期間はだいたい3ヶ月から半年と言われています。

この給与保証があれば一定の収入を得ながら運転技術を身につけることができるため、タクシードライバー未経験の人にとってはメリットの大きな制度と言えます。

未経験の状態からタクシー運転手への転職を果たした人からは、「給与保証のおかげで安心して働くことができた」という声も挙がっています。
逆に言えば、給与保証が付いていないタクシー会社の求人は避けた方が無難でしょう。

タクシー運転手はライフスタイルに合わせた働き方ができる!

タクシー運転手は一般的なサラリーマンと比較しても自由度が高い職種であり、自分のライフスタイルに適した働き方を選ぶことができます。

隔日勤務の場合は実働17時間ですが、まとまった休みが取りやすいので自由な時間が大幅に増えることもメリットの一つです。

給与保証の待遇が付いている求人はタクシーの運転が未経験の人でも働きやすく、また歩合制なのでやりがいのある仕事となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都でタクシードライバー転職を考えている人へ!気になるドライバーの給与と待遇を紹介

東京都でタクシードライバー転職を考えている人へ!気になるドライバーの給与と待遇を紹介

転職を検討していて、いままでやってきた業種をガラリと変えようと思っている人は、未知の仕事に対する不安を抱くこともあるのではないでしょうか。
東京都でタクシードライバーに転職しようと思っているけれど、やっていけるかどうか不安という人は、まず給与や待遇を把握しましょう。

今回は、東京都のタクシードライバーの給与と待遇面がどのようになっているか紹介します。

東京のタクシードライバーの平均年収は470万円

まず、タクシードライバーの給与は歩合制なので、お客さんをたくさん乗せるだけ給与も上がります。
だから、たくさん稼ぎたいならお客さんをどれだけ多く乗せられるかが重要になるのです。

その点を考慮すると、東京はタクシードライバーをするのに最適な場所と言えます。
東京都は人口が密集しているため、タクシー利用者も多く、その分高い給与が期待できます。
その証拠に、交通新聞社の発表によると、2018年度のタクシードライバーの平均年収は、全国では348万円でしたが、東京は470万円という結果でした。年収が120万円以上も高いのです。

あくまで平均年収なので、東京都のタクシードライバーのなかでも儲けている人とそうでない人がいます。
儲けの少ない人は東京でも年収が300万円以下というデータがあります。
しかし、これは他のドライバーとの競争に負けているからというよりも、営業努力が足りないためと言えるでしょう。

東京ハイヤー・タクシー協会の調査によると、東京都では一日に約85万人がタクシーを利用しています。
それに対して一日に稼働しているタクシーの台数は約2万2千台なので、理論上ではタクシー1台あたりに30人以上のお客さんがいるわけです。

東京では大勢のタクシードライバーがぎりぎりのところでお客さんの取り合いをしているわけではありません。
きちんと努力さえすれば、平均年収ほどの額は稼げるのです。

東京都ではタクシードライバーは稼げると紹介してきましたが、たくさん儲けられるのはベテランドライバーで、転職したばかりの頃は稼ぎが少ないのではと思う人もいるかもしれません。
しかし、そんな心配は不要です。

これはある大手タクシー会社の統計情報ですが、未経験者の1年目の平均年収は458万円で、68%の人が400万~600万円の年収を稼いでいます。
このデータからもわかるように、タクシードライバーは新人だからといって稼ぎが少ないとは限らないのです。

タクシードライバーは1日じゅう働いても明番があるからゆっくりできる

給与以外に気になるのが待遇です。
タクシードライバーの勤務形態は、昼勤、夜勤、隔日勤の3パターンがあります。

昼勤は、会社によって異なりますが、だいたい朝7時から16時くらいまで働くのが一般的です。
朝は早いですが、あがりも早いので、労働時間は普通のサラリーマンと変わりません。

夜勤は、18時から深夜3時まで働く形態です。
深夜は割り増し料金でお客さんを乗せられるので、乗車料も高くなり、歩合制のタクシードライバーにとっては収入アップにつながります。

また、東京は繁華街も多く、飲み会帰りの人などのお客さんが数多く見込めます。
昼勤と夜勤の場合は、ひと月の勤務日数は22~24日であることが多いです。
昼勤と夜勤は時間帯こそ違いますが、労働時間は同じです。

1日の労働時間が長いのが隔日勤になります。
隔日勤は、朝から深夜まで働く勤務形態です。
1日の労働時間はだいたい16~18時間です。

しかし、その間はずっと働きっぱなしというわけではなく、3時間の休憩があります。
また、隔日勤は、1日働くと翌日は明番という会社に出社しない日が設けられています。
明番は、次の日のために疲れをとる日なので、厳密にいえば休日ではないのですが、それでも乗務しなくていいことにかわりはありません。

さらに、明番とは別に公休もあるので、ひと月の乗務は11~13回程度で済みます。
隔日勤の働き方はやや変則的ですが、明番があるのでタクシードライバーの仕事量が、他の職業と比べて特別多いということはありません。

タクシードライバーはその他待遇も良好

タクシードライバーに転職する際には、2種免許取得が必要です。
免許取得には当然お金がかかりますが、タクシー会社に就職してから免許をとる場合は、タクシー会社がその費用を負担してくれることがほとんどです。
ドライバーは免許のお金の心配をする必要はありません。

また、タクシードライバーは乗客を迅速に目的地に送り届ける以前に、車に乗せる以上その命を預かる重要な仕事です。
そのためタクシー会社は、労働環境をよくしてドライバーに負担がかからないように気をつけています。

タクシー会社によっては、仮眠室や大浴場を用意して、ドライバーに疲労が蓄積されないようにしています。
こうした施設がある会社に入れば、充実した休憩時間が持てるでしょう。

ほかにも、ドライバーにレストランで使える割引券が配られたり、自社工場にマイカーを持って行けば、車検や修理の割引をする会社もあります。

東京都のタクシードライバーは稼ぎを十分期待できるし、待遇もいい

タクシードライバーは頑張るほど給与が上がる仕事です。
東京は人が多いので乗客には困りません。
仕事を効率よくこなしていけば、年収600万円以上も十分狙えるのです。

またタクシー会社は、隔日勤なら翌日1日が休養日という具合に、ドライバーの労働環境にも気を使っています。
無理な労働を押し付けられないどころか、免許取得の費用負担などのいろいろなサポートを受けられるため待遇もよいと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベテランドライバーに学ぶ!タクシードライバーに転職して稼げるようになるための五つのポイント

ベテランドライバーに学ぶ!タクシードライバーに転職して稼げるようになるための五つのポイント

タクシードライバーに転職して稼げるようになりたいけれど、一体どうしたら良いのかがわからず転職すら躊躇してしまう人もいるでしょう。

高年収になっているベテランドライバーはたくさんのノウハウを持っています。
ベテランドライバーがどんなやり方で稼げるようになっているのかを理解して転職に踏み切れるようになりましょう。

前提条件として押さえておくべき給与体系

まず前提条件としてタクシードライバーの給与体系について理解しておきましょう。
基本的にはどの会社でも歩合制で月給が支払われるようになっていて、売り上げに比例して収入が多くなります。

基本給はかなり低い会社が多いものの、歩合率が高くて売り上げの半分以上が給料になるというのが一般的です。
そのため、タクシードライバーに転職して稼げるようになりたいと思ったら、いかにして歩合を増やすかを考えるのが肝心です。

給料を上げるための三つのポイント

具体的にどのようなやり方をすれば給料を上げられるのかを知るにはベテランドライバーに学ぶのが簡単な方法です。
ベテランドライバーなら大抵の人がやっているポイントをまず三つ押さえておきましょう。

一つ目は乗客をたくさん獲得すればそれだけ稼げるので需要の分析を徹底して行うことです。
いつどこでどのくらいの乗客が出てくるかを地域の情報から推定すると稼げるようになります。

単純なのは終電後の駅前や閉店前後のデパートの前などです。
また、イベントがあるときには終了時間になると周囲でタクシーの需要が高まります。
開会少し前には近くの駅からタクシーで向かう人も多いので駅前で待機するのも効果的です。

このような需要の分析をしてどこで乗客の獲得を目指すかを判断できるようになるとコンスタントに大きな売り上げを達成可能になります。

二つ目は単価の高い働き方をすることです。
ハイヤーは貸切で長時間、長距離の走行が可能なので稼ぎやすく単価も高めになっています。
ベテランドライバーに任されることが多いのが特徴で、キャリアを積んで実績も上げていくとハイヤーを担えるようになるでしょう。

観光タクシーもまとまった売り上げを出せるので優れています。
地元情報に詳しいことが求められるので勉強して観光案内役も担えるようになるのが大切です。

また、深夜料金の時間帯に働くのも効果的な方法で、隔日勤務で働くのに人気があります。
隔日勤務では夜間の仕事をした翌日は休日になるので体を休めやすく、集中力や判断力に問題が生じにくいのがメリットです。

三つ目は勤務先の会社の選び方のコツで、歩合率が高い会社を選ぶことです。
会社によって歩合率は違うので、必死に出した売り上げを無駄にしないためにも歩合率重視で会社を選んでいるベテランドライバーも大勢います。

ベテランになってからもっと稼げるようになるために転職するというケースでもよく注目されているポイントです。

会社の環境についての二つのポイント

タクシードライバーが稼げるようになるには会社によって提供されている環境も重要な意味合いを持ちます。
その観点から二つのポイントを押さえておきましょう。

一つ目は会社が顧客からしっかりと信頼されていることです。
ハイヤーや観光タクシーなどは顧客からのオーダーがなければ需要がなく、どんなベテランドライバーだったとしても担い手になることはできません。
企業や団体、個人などから厚い信頼を得ているタクシー会社を選ぶと稼ぎやすくなります。

二つ目はやる気が出やすい職場環境があることです。
売り上げが個人の収入に直結する給与体系になっているとタクシードライバー同士がライバルになるのは確かでしょう。

互いに手の内を隠してしまうような職場もありますが、チームワークを発揮して皆で稼ごうという雰囲気があるとモチベーションが上がります。
情報共有によって誰もが稼げる環境を作り出すことができるでしょう。

このような環境を作り上げるために会社の方から定期的に地域情報を全員宛に伝えたり、研修で情報交換を促したりしている会社もあります。
社員全員でより良いタクシーサービスを提供しようという方針を掲げていると、互いに協力しようという人が集まっているでしょう。

この二つのポイントには実は関連性があります。
顧客には一般消費者が含まれているので、消費者からの信頼が厚い企業では働きたいというドライバーも多いでしょう。
結果として優秀なベテランドライバーがたくさん集まっていることが多いのです。

その間でしっかりと情報共有をしてチームワークを発揮できれば、素人だったドライバーも速やかに稼げるようになれると期待できます。
この二つのポイントには相乗効果があるということも押さえておきましょう。

やる気が出る職場でしっかりと働いて稼げるようになろう

ベテランドライバーは需要の分析をして的確な判断を下すことにより乗客をしっかりと獲得しています。
一方、チームワークを発揮できる良好な環境が整っている会社を選んで働いているのが一般的です。

このような職場環境があるとやる気が出るというメリットもあるので、ここでしっかり働きたいと思える会社を見つけて転職しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒でタクシードライバーに就職!若手社員が都内に集まる理由

新卒でタクシードライバーに就職!若手社員が都内に集まる理由

タクシードライバーを想像してくださいというと、たいていの人が「おじさん」を思い浮かべるのではないでしょうか。
確かに、タクシードライバーは年配の男の人がやっていることが多いです。
しかし、2019年現在では、新卒で東京都内のタクシードライバーになる人も増えているのです。

今回は、新卒が続々とタクシードライバーを仕事に選ぶ理由を紹介していきます。

増加する新卒タクシードライバー

かつてはタクシードライバーの採用は中途がメインでしたが、2010年代後半から新卒採用枠を広げる会社も増えてきました。
東京のある大手タクシー会社では、2012年には10人だった新卒ドライバーが、2015年には109人まで大幅増加した記録もあります。

この新卒ドライバー増加の背景には、タクシー業界の事情が絡んでいます。
タクシー業界では、ドライバーの高齢化が進んでいて、多くのドライバーが引退をして、数がどんどん減っていたのです。

それに対して、日本に訪れる観光客の増加などでタクシーの需要は高まっていました。
そのため複数のタクシー会社では、業界の若返りを図るために新卒採用を強化したのです。

また、タクシー業界にもIT化の波が来ており、ソフトウェアやスマホアプリなどを利用した業務の効率化などが進んでいました。
この最先端技術をうまく活用するために、若い世代が必要とされるようになったのです。

新卒が都内でタクシードライバーになる理由

タクシードライバーは基本給プラス歩合制だったり、完全歩合制だったりと、とにかく実績が給与に直結します。
年収を上げたいなら、1日にたくさんのお客さんを乗せることです。
その点を考慮すると、東京都内はまさにしっかりと稼げる場所といえるでしょう。

東京は日本一の人口数を誇り、その数は他の追随を許しません。
会社や飲食店の数も膨大で、昼は会社員、夜はお酒を飲んだ人がお客さんとして見込めます。
また、外国人観光客は、タクシーをよく移動手段に使うので、彼らからも収益が期待できます。

具体的にどれほどの儲けになるかというと、都内にある大手タクシー会社が公開している年収情報を見ると、未経験1年目の人の平均年収は458万円という数値になっています。
タクシードライバーは歩合制なので、たくさんのお客さんを乗せれば平均を大きく超えることも可能です。

1年目からたくさん稼ぎたいけれど、2種免許を持っていないという人もいるでしょう。
免許がなくても心配することはありません。
多くのタクシー会社は、社員の免許取得の費用を負担してくれるのです。

免許取得後は徹底した路上研修もあります。
入社後のサポートが厚いので、安心してタクシー会社に入社できるのです。

タクシードライバーの働き方は、朝から夕方まで乗務する日勤と、夕方から深夜まで働く夜勤、そして朝から深夜まで働く隔日勤があります。

隔日勤は1日の労働時間が長い代わりに、次の日が明番という休みの日になります。
明番は次の乗務に支障がでないように体調を整えるための休日です。
公休も含めれば、隔日勤だとひと月の勤務日数は11~13日となり、プライベートの時間をたっぷり確保することができます。

隔日勤の労働時間は長いですが、ドライバーが事故を起こさないように3時間の休憩が設けられています。
このように、労働条件がいいのも、新卒がタクシードライバーを選ぶ理由の1つです。

タクシードライバーはキャリアアップも狙える

タクシー会社に長く勤めていれば、他の会社同様にキャリアアップも可能です。
会社によってキャリアアップの過程は異なりますが、一般ドライバーとして経験を積んだあとは、ハイヤー乗務員などの上級ドライバーに昇格したり、営業所勤務や運行管理を任されることが多いです。

会社によっては、そこからさらに目覚ましい活躍をすれば、幹部クラスにまで昇り詰めることできます。
キャリアアップも望めるので、新卒は希望を持ってタクシー会社に入社することができるのです。

新人の定着率が高い蔦交通

数あるタクシー会社のなかで、とりわけ若手社員が生き生きと働けている職場が「蔦交通」です。
蔦交通は、新人ドライバーの定着率が非常に高いのが特徴です。
その数値は90%以上になっており、業界で平均68%と言われている新卒の定着率と比べると、高い水準であることがわかります。

蔦交通では、20代から70代までの幅広い世代のドライバーが所属していますが、世代による垣根が低いのが特徴です。
若手社員がベテランドライバーと話しやすい環境ができており、日々の雑談のなかでいろいろなアドバイスがもらえます。

また、タクシーを走らせながらお客さんを効率よく探すレッスンが随時開催されていて、新人のスキルが上がるのも早いのです。
こうしたレッスンや先輩との交流のなかで、営業力や接客サービスが1年目からぐんぐん身につくため、若手社員が仕事に自信を持てるようになって高い定着率に繋がっています。

タクシードライバーはきつい仕事というのはもう古いイメージ

タクシードライバーは、やる気があるなら新卒からでもどんどん稼げます。
ベテラン・新人関係なく実績が評価されるのも、新卒がタクシードライバーを選ぶ理由といえます。

隔日勤で働けば年間の休みは200日以上になります。
会社によっては仮眠室もあるので、長時間労働でもしっかりと休息がとれます。

ドライバーの労働環境が悪いというのは古いイメージです。
正しい認識が進むことで、今後も新卒ドライバーが増えていくことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加