タクシードライバー基本情報

転職で後悔や失敗があった東京都のタクシードライバーが教えるタクシー会社の選び方

転職で後悔や失敗があった東京都のタクシードライバーが教えるタクシー会社の選び方

タクシードライバーになっても、思い描いていた通りになるとは限りません。高収入という情報だけで転職してしまうと、実際にはその通りに稼げずに、様々なトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

過去にタクシー会社に転職に失敗した人や、後悔している人をリサーチした情報を元に、タクシー会社の選び方を説明していきます。

タクシー会社によってドライバー人生は大きく変わります

タクシードライバーに転職して、失敗したと後悔することは、収入面です。タクシードライバーは歩合制なので、がんばった分だけ給料になるため、収入が上がることを期待しているからです。

しかし、実際には思ったほど稼げないと、低収入の状態が続くことになります。タクシー会社を退職して、良い条件の会社に移動するドライバーもいれば、途中で挫折してしまい他の業種に転職する方もいます。

努力しても報われない環境に気づかないまま、働き続けるドライバーが多く、会社を変えた途端に収入が上がるケースは珍しくないです。そのように環境を変えることに成功したドライバーだからこそ、稼げない原因は自分の営業不足ではなく、入社したタクシー会社が悪かったということが判明しました。

ですので、タクシー会社を決めるときは、慎重に行った方が良いのです。

もしタクシーで稼げない状態であれば、自分の営業努力の見直しも必要ですが、環境を変えることも大事なことだと考えてください。転職を考えるのなら他の業種ではなくタクシードライバーとして転職することをおすすめします。せっかく得たドライバーのノウハウを、利用し続けるほうが高収入に繋がるからです。

入社は避けたほうがよいタクシー会社の特徴

タクシー会社の選び方で失敗しないためには、選ばないほうがよい会社を確認しておくことです。過去に失敗だった情報をや後悔する会社の傾向を見るなど、選ばないほうがよいポイントを6つにわけて説明します。もしこの項目に該当する会社がある場合は、なるべく避けたほうが良いでしょう。

#稼働率が低い

稼働率とは、会社が所有している全タクシーが日々どのくらいの台数が動いているかの割合です。稼働率が低いという事は、全体の売り上げや利益も低く、ドライバーが少ないことを示します。原因としてはドライバーの定着率が悪いので人材が不足しているためです。そのような会社は内部に問題があるケースが多いでしょう。

#事故補償がない

ドライバーは運転するのが仕事なので、事故にあう可能性が高いです。事故を起こしたときに、全額ドライバーの自腹という会社もありますので事前に確認が必要です。

#小規模の会社

小規模なタクシー会社は大手に比べて、安定した売り上げを出すことは難しいため、財政面に不安があります。もちろん福利厚生や保障の設備がないケースが多いです。

#社員教育がない

社員教育のシステムは、ドライバーのその後の働き方を大きく左右します。もし社員教育がない会社に、タクシードライバー初心者が入社した場合、苦労することになるでしょう。

#営業車の整備・装備が悪い

営業車を見ればタクシー会社のグレードがわかるといわれています。営業車の整備をおろそかにしている会社は、社員の安全を考えていません。ドライバーは不安を感じながら運転することになるでしょう。無線やカーナビが装備されていない営業車もあるので注意しましょう。

#タクシーランクがCランク

タクシーランクは、財団法人東京タクシーセンターが、東京都のタクシーの評価をランク付けしたものです。Cランクというのは、サービスや安全面、経営などの評価が低く、タクシーランクの中でも最低評価のことです。Bランク以上のタクシーランクであれば選んでも安全でしょう。

タクシー会社の探し方のコツ

東京都には400以上のタクシー会社が存在します。その多さのため、自分にぴったりの会社を見つけるのはなかなか難しいですが、タクシー会社を調査する方法が3つあるので紹介します。

#実際にタクシーに乗ってみる

お客としてタクシーを利用すると、営業車やドライバーの質が実際に確認できます。ドライバーに話しかければ、外部の人間が詳しく知る事は通常できない会社内の事情や業界の現状や、働く環境など聞けるかもしれません。

#タクシードライバー転職支援サイトで探す

支援サイトは複数の会社を調べることができます。情報を仕入れることは大事なので活用しましょう。プロのアドバイザーに相談できるサイトもあるので、頼りになります。無料で相談できるサイトもあるので、気軽に連絡してみましょう。

#タクシー会社に直接電話してみる

気に入ったタクシー会社があれば、電話で直接連絡してみるのも良いです。求人情報や、疑問に思っていることを質問できるからです。

後悔しないタクシー会社選びをしましょう

せっかくタクシードライバーに転職してもタクシー会社選びで失敗したら、入社してから後悔します。もちろん他のタクシー会社に転職することは出来ますが、間違った会社を選んでしまうことは、時間、労力、収入のあらゆる面でロスしていることになるでしょう。

自分に合った会社に転職できれば、あとは自分の努力次第で成功できます。情報収集、比較検討をきちんと行いタクシー会社を選ぶことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバー仕事がしたい!タクシー運転手に転職するメリット・デメリットとは

タクシードライバー仕事がしたい!タクシー運転手に転職するメリット・デメリットとは

超高齢社会を迎える日本では移動困難者が増え、移動のニーズが高まっています。求人募集をするタクシー会社の数が増えているので、「タクシー運転手として働いてみたい」と考えている人もいるでしょう。タクシー運転手になる際は、メリットやデメリットについて理解することで「こんなはずじゃなかった」と後悔することがなくなります。

今回は、タクシー運転手に転職するメリット・デメリットをいくつか紹介しましょう。

タクシー運転手に転職するメリット

#人間関係のトラブルが少ない

会社勤めをしていると、上司や先輩、同僚などとの仕事の人間関係で悩んでしまうことも少なくありません。雰囲気が悪い最悪な職場にあたってしまえば、人間関係に疲れて仕事を辞めたいと思ってしまうこともあるでしょう。タクシーの運転手は個人行動が基本なので、だれかに指示されることもありませんし、常に自分のペースで仕事をすることができます。ほかの業務に携わる従業員と関わる機会があまりなく、同僚や上司との人間関係で悩むリスクが低いのです。会社内の複雑怪奇な人間関係に悩まされないというのは、タクシー運転手の大きなメリットです。

会社に縛られずのびのびと自由に働きたい人にとっては、タクシードライバーはうってつけの仕事と言えるでしょう。

#やる気があればどんどん稼げる

タクシー運転手は、歩合制という給料形態を採用している会社がほとんどです。歩合制とは、自身の成績や売り上げに応じて給与が支給される仕組みのことです。タクシーの運転手は一般的な会社員のように毎月決まった額の給料をもらうわけでなく、たくさん売上を上げるとそれが自身の給料アップにつながります。

そのため、タクシー運転手という職業は、やる気や働き方次第で高収入が狙える仕事です。この歩合制という制度によって、年収800万円以上を稼ぐ凄腕の運転手もいます。誰でもこれぐらい稼げるようになるわけではありませんが、挑戦しがいのある仕事だということには間違いありません。

また、歩合制という制度は学歴や経験年数に関係なく、20代などの若い年齢層からでも高収入を目指せるというのも魅力的な部分です。タクシードライバーは根気とやる気さえあれば、年齢や性別に関係なく誰でも高収入を目指すことができます。

#学歴や経験、職務歴などが問われない

タクシーの運転手になるために必要になるのは、車を運転する資格である運転免許のみです。学歴や資格などを持っていなくても、運転免許さえ持っていれば応募することができます。タクシーの運転手やバスドライバーのように人を乗せて料金をいただく場合は「二種免許」が必要になりますが、これはタクシーの運転手として採用された後でも取得することができます。就職活動の成否を決める重要な要素である学歴や経験などが問われず、未経験でも転職しやすいのがタクシードライバーのメリットです。

また、タクシー運転手は基本的に年齢制限がありません。28歳~35歳の年齢が転職する最後のチャンスと言われており、この年齢を超えると転職先を探すのがとても大変になります。
しかし、タクシーの運転手の求人は年齢制限が緩く、中高年の人でも採用で不利になることはあまりないです。他の職種に比べて長く働けますし、経験を積んで個人タクシーを開業してしまえば老後の収入も確保することができます。

タクシー運転手に転職するデメリット

#交通事故や乗客とのトラブルが起こる場合がある

ドライバーとして働いている場合、交通事故に遭遇する危険性がどうしてもつきまといます。交通事故は自分自身だけでなく相手の人生も狂わせてしまうので、決して事故を起こすことがないように常に安全運転を心がけなければなりません。乗客を安全に届けるためには、徹底的な健康管理や適切な対処法を身につけることが大切でしょう。

また、タクシードライバー仕事は接客業であるため、客とのトラブルが起きるリスクがあります。丁寧な接客を心がけることでトラブルは起きにくくなりますが、中には常識が一切通じないタチの悪い客もいるので注意しなければなりません。

#収入が安定しない

上記で紹介したように、多くのタクシー会社は歩合制を多く採用しているため、一般的な会社員と比べ生活が安定しません。売り上げを伸ばせなければ、平均年収よりもかなり下回ってしまうことも考えられます。「稼いでいる運転手はえらい」という風潮があるため、成績が悪いと肩身の狭い思いをしてしまうこともあるでしょう。

また、タクシーの運転手になりたての頃はまだあまり道を覚えてなかったり、乗務員として必要なスキルがそんなに身についてなかったりするため、給与が安定しない可能性が高いです。

タクシー運転手になる時は会社選びも重要

タクシー運転手にはメリットやデメリットがありますが、それらは会社によって大きく変わることもあります。例えば研修制度が充実している会社では、様々なノウハウが身につけられるので収入の安定や高収入につなげることができるでしょう。

また、会社によって事故後の保証がしっかりしている所とそうでない所があります。万が一事故を起こしてもしっかり対処、補償してくれる会社を選べば、安心して長い間働くことができるはずです。働きやすい会社を選べば、タクシーの運転手になった時に生じるであろうデメリットも少なくなります。就職してから後悔しないために、会社を比較しながら自分に合う会社を選んでみましょう。

タクシー運転手を目指す時はメリットだけでなくデメリットも押さえておこう

その仕事の良いところばかり見て選ぶと、就職してからミスマッチに気づき「この仕事は自分に合わないな」と後悔することになります。タクシー運転手を目指す時はメリットだけでなくデメリットの部分も理解し、仕事選びの参考にしてみましょう。

また、会社の選び方によってはタクシー運転手のデメリットをカバーすることができる場合もあるので、タクシー会社は慎重に選ぶことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職前にチェックしておきたいのが給与と待遇!東京都のタクシードライバーの傾向を大公開!

転職前にチェックしておきたいのが給与と待遇!東京都のタクシードライバーの傾向を大公開!

タクシードライバーに転職する場合、現場で働くドライバーたちの給与や待遇などはあらかじめ知っておいたほうが安心です。タクシードライバーの給与形態や雇用のスタイルは一般のサラリーマンとは少し異なることがあるため、求人を見比べるときに戸惑うかもしれません。

今回は、東京都の転職求人の傾向をもとに、タクシードライバーの給与や待遇について解説していきます。

タクシードライバーの給与形態には複数のスタイルがある

同じ正社員として働く場合でも、会社によって少しずつ変わることがあるのがタクシードライバーの給与形態です。東京都の求人でも、掲載されている給与形態は会社ごとに若干違いがあるようです。タクシードライバーの場合、基本給や手当、賞与のほかに歩合給と呼ばれる給料があります。

歩合給は、売上に応じて発生する給料のことです。売上が多いドライバーはこの歩合給が増えるため、収入が大幅にアップすることがあります。タクシー会社の給与形態で多いのが、定額の基本給や手当に歩合給が加算されて1カ月分の給料が支給されるスタイルです。

このような形態を取り入れるタクシー会社は、東京都にも多く見られます。基本給があるスタイルは、売上が余り伸びない月でも一定額の収入が得られるのがメリットです。

ただ、タクシー会社によっては、基本給がなくすべて歩合給で毎月の給料が支給される完全歩合制の場合もあります。完全歩合制は、ドライバーの営業力やスキルによって収入に大きな差がでます。実際、完全歩合制の求人をだしているタクシー会社は、経験のあるベテランのドライバーを募集しているケースが少なくありません。

タクシードライバーの求人に多い待遇1「給与保証」

東京都のタクシードライバーの求人では、待遇面の条件に給与保証を掲げているタクシー会社が多いです。給与保証は、売上に関係なく一定期間はドライバーに定額の収入を支給する制度です。保証の期間はタクシー会社ごとに違いますが、東京都の場合は3カ月から半年前後に設定しているところが多いようです。保証の期間中は、思うように乗客を獲得できなくても収入が減る心配はありません。

このような待遇が用意されている求人は、未経験者でも応募が可能です。

収入の保証がある間に、ドライバーにしっかりと技術を習得してもらうのが会社側の1つの狙いです。保証があれば、新米のドライバーがゆっくりとスキルを身に付けていくことができます。東京都で人気があるタクシー会社の場合、保証される給料は月額25万円から40万円前後です。

タクシー会社によっては、保証の期間を自分で選べる場合もあります。
こういった会社なら、経験やスキル、希望する収入などに合わせてドライバー自身が好きなスタイルを選択できます。

タクシードライバーの求人に多い待遇2「資格取得のサポート」

ドライバーの転職求人では、資格取得のサポートが入社後の待遇として紹介されているケースも少なくありません。東京のドライバーの求人でも、第二種運転免許などの取得をサポートしているタクシー会社が多いです。第二種運転免許は、タクシーをはじめとする旅客自動車を運転するときに必須の資格です。

このような待遇を用意するタクシー会社では、会社側が費用を負担して転職者に第二種運転免許を取得させることも多々あります。こういったサポートがあるタクシー会社なら、応募する時点で第二種運転免許をもっていなくても、ドライバーとして採用される可能性がでてくるでしょう。

運転免許以外では、旅客自動車運送事業運行管理者や東京シティガイド検定などの取得をサポートしているタクシー会社があります。運行するエリアの地理研修や英会話研修、介護研修などを用意して、ドライバーのスキルアップをサポートする会社も多く見られるようになっています。

ドライバーのスキルが上がると顧客からの評判がよくなる可能性があるため、タクシー会社側でもいろいろなサポート制度を用意しているようです。

タクシードライバーの求人に多い待遇3「独身寮や社宅を完備」

独身寮や社宅を完備している会社が多いのも、東京のタクシードライバー求人の特徴です。タクシードライバーには、日勤や夜勤、隔日勤務などの複数の勤務スタイルがあります。隔日勤務は、「夕方から翌日の昼」や「朝から翌日の深夜」といった長時間の勤務になるため、職場に近い場所に寮や社宅があることは大きなメリットになります。このような待遇が用意されている場合、すぐに入社して仕事をスタートできるのもメリットです。

入社後の数カ月間は寮や社宅の費用を無料にしているタクシー会社もあるため、お金の心配をせずに落ち着いて仕事に取り掛かることができます。

食事つきだったり、入居の際の引っ越し費用まで負担してくれたりする会社もあり、入社したドライバーが働きやすい環境を整えているのが東京のタクシー会社の傾向です。

タクシードライバーの求人をチェックするときには給与や待遇を見比べてみよう

タクシードライバーの求人には、給与や入社してからの待遇が簡単に紹介されているのが一般的です。

いろいろな求人を見比べてみると、違いもおのずと見えてきます。

自分が希望する条件に合うかどうかは、応募をする前にしっかりとチェックしておいたほうがよいかもしれません。募集要項などを比較して、働きやすいタクシー会社を見つけていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベテランドライバーに学ぶ!転職後、稼げるタクシードライバーになるためのポイントとは

ベテランドライバーに学ぶ!転職後、稼げるタクシードライバーになるためのポイントとは

タクシードライバーと聞くと世間一般的には夜中じゅう車を走らせ続けなければいけない、激務な職業のようなイメージがありますが、決してそんなことはなく、ポイントを押さえておけば普通のサラリーマンよりもずっと高収入を得ることができます。

ここではベテランドライバーにタクシードライバーが実践している、稼ぐための5つのポイントを解説します。

できれば都内への就職が理想

タクシードライバーはお客さんを乗せて指定された位置まで走行し、運賃を受け取ることによってはじめて成り立つ商売です。そのため確実に稼げるタクシードライバーになりたいのであれば、やはり人が多いところで仕事ができるかどうかというのは大きなポイントとなります。

いくらベテランドライバーだったとしても、人がほとんどいない地方での営業となるとなかなか高収入を得ることは難しいでしょう。ですから転職してタクシードライバーになろうと考えているのであれば、できるだけ人口の多いところでの勤務、できれば東京都内での就職を目指しておいたほうがいいです。

しかし東京都内ならどこでもいいというわけではありません。東京23区と一部の市以外の場所は思っているほどタクシーを利用するお客さんが多いわけではないため、なかなかお客さんを見つけられないといったことになってしまいがちです。本気で稼ぎたいのであれば、事前にタクシーの利用者が多いところを調べてから転職活動をしましょう。

需要の変化をしっかりと把握しておく

稼げるベテランドライバーはタクシーの需要というのをしっかりと把握できています。例えばいつも流しているエリアで大きなイベントが開催されているような場合は、そこにお客さんがたくさん集まります。

するとそれに比例してタクシーを利用するお客さんも増えるで、その日はそのエリアを集中してタクシーを流します。そうすることで、いつも以上の売り上げを得ることができるのです。そのほかにも季節や時間帯、天候などによってどのエリアでタクシーを利用するお客さんが多くなるのかを分析する能力を、稼げるベテランドライバーは持っています。同じ場所を同じように流していたとしても同じような収入しか得ることはできません。

転職してすぐはなかなか把握するのは難しいかもしれませんが、意識しながら仕事することによってだんだんと人の流れは把握できるようになります。

営業スタイルを臨機応変に変える

タクシーでの営業スタイルには「付け待ち営業」「流し営業」「配車」の3つに分かれます。「付け待ち営業」というのは特定の場所に停車してタクシーを利用するお客さんを待つという営業スタイルで、「流し営業」というのは走りながらタクシーを利用するお客さんを探すという営業スタイルです。

最後の「配車」はお客さんからタクシーを利用したいという要望を受け、その場所へ行ってお客さんを乗せる営業スタイルとなります。稼げるベテランドライバーは付け待ち営業ばかりではなく、その時に応じて流し営業をし、タクシーを利用したいというお客さんを分け隔てなく乗せて売り上げを確保しています。せっかく乗せたお客さんがたったワンメーターしか利用しないとついがっかりしてしまいがちですが、そういった気持ちで乗せるのではなく「乗ってもらっただけで有難いという気持ちで、精一杯のサービスをするように心がけましょう。

もちろん付け待ち営業がダメだというわけではありません。駅やホテルなど、人が多い場所や帰宅時間のオフィスビル街などで付け待ちをすることで効率よく運賃を稼ぐことができます。

稼げるタクシードライバーの心得

そのほか、タクシードライバーとしての心得をベテランドライバーに学ぶことも高収入を得るための大きなポイントです。

例えばタクシーでお客さんを乗せているとチップを受け取ることがあります。チップは、おつりの小銭が多い際に受け取ることが多く、運賃が1,700円で、お客さんが2,000円支払った際に、おつりの300円をチップとして受け取るということがよくあるシチュエーションです。渡されたチップは基本的にすべてドライバーの取り分なので、チップをもらえるドライバーになれればほかのドライバーよりも多く稼ぐことができます。チップを受け取るためにはお客さんに気持ちよく乗車してもらえるよう、きめ細かなサービスを提供するようにするのがコツです。

また、稼げるベテランドライバーは長距離のお客さんばかりを狙うのではなく、近距離のお客さんでも利用したいという人は率先して乗車させます。全くお客さんが見つからない場合は、一度休憩してリフレッシュし、集中力を回復させたりしたりしますし、ベテランドライバーというのはそれぞれ自分だけの得意なエリアというのを持っていて、そこへ行ったりしています。できるだけ早く自分の得意エリアを作っておくのも、稼ぐための重要なポイントです。

常に意識して営業するのが稼ぐための近道

ただ何も考えず同じエリアを流していたのでは稼げるタクシードライバーになることはできません。

高収入のベテランドライバーはその時の天候や季節などに応じて走行するエリアを臨機応変に変えていますし、自分の得意なエリアというのをそれぞれ持っています。

またお客さんを選り好みせず、利用したいという要望があれば乗車させるというのも大切なポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内で転職したいタクシードライバーにおすすめ!タクシー会社ランキング・ベスト3

東京都内で転職したいタクシードライバーにおすすめ!タクシー会社ランキング・ベスト3

首都圏で働いているタクシードライバーの方には、もっと好条件の会社で勤務したいと思うこともあるでしょう。

また、東京以外の地域から都内に転職したいと思う方もいるでしょうし、他の職種からタクシードライバーに方向転換しようかと検討している方もいるかもしれません。

そんなときに役立つ、都内で転職したいタクシードライバーにおすすめのタクシー会社ベスト3を発表します。

働きやすさが業界トップクラスの国際自動車株式会社

国際自動車株式会社は、KM(Kokusai motorcars)グループとして自動車運動にまつわるあらゆるサービスを提供しています。その中の一つであるタクシー事業は、KMタクシーの名称でも知られています。ホスピタリティをモットーとしたタクシーサービスには、様々なオリジナルプランがあるのが特徴です。

例えば、所要時間や距離に関わらず羽田空港や成田空港に定額で送迎するサービス、緊急時にも便利な妊娠中の送迎サービス、細やかな移動が可能な東京観光タクシーなど、勤務するタクシードライバーにとっても得意分野のサービスを選べます。

国際自動車のタクシードライバーは、年収も社内制度も業界トップクラスの待遇です。お客様に喜びを与えることを第一としているため、研修制度も業界トップクラスの充実度。転職組も未経験組も、安心して働ける教育制度が整っています。全く異なる職種からタクシードライバーに転職して成功を実感している先輩ドライバーが多い理由は、豊富な教育ノウハウがあるからでしょう。

道を知らなくても稼げる方法、英語や中国語などの外国語を活かして働く方法、ペーパードライバーが運転上手になる方法など、国際自動車で働いてきた先輩達が数々のノウハウを作っています。

実は、入社する90%以上がタクシードライバー未経験からのスタートです。女性のドライバーも100名以上在職しており、遠方からの応募も歓迎しています。東京都内では、台東・羽田・三鷹・吉祥寺・板橋・東雲・世田谷・落合に営業所を設置している国際自動車。1年単位の変形労働時間制で、昼日勤・夜日勤・隔日勤と3種類の勤務時間の中から選択できます。

研修期間中にも給与が出るため、安心して入社できるでしょう。

高額給与保証が嬉しい大和自動車交通株式会社

国内大手タクシー会社のトップ4に数えられている大和自動車交通は、1945年創業の会社です。国際自動車と同じく歴史の長い会社だけに一流のサービスを提供する伝統が大事にされ、充実した研修制度が用意されています。研修制度の他、高額給与保証や福利厚生なども整っています。

遠方から都内に転居してくる人向けには、低額の家賃で利用できる上京者用の単身寮を用意。事業所内には清潔な仮眠室や大浴場があり、女性ドライバー向けにはセキュリティーが完備された女性専用ルームがあります。

各種制度の中でも好待遇なのが、給与保証です。タクシードライバー未経験者限定ですが、入社祝金や乗務開始後3ヶ月間の月給保証額には魅力を感じる人が多いでしょう。これから転職先を探している人にとって気が早い話かもしれませんが、大和自動車交通は業界でも珍しい退職金制度があるのも特徴です。また、東京トップ4とされる大手タクシー会社の中で唯一の上場企業という特徴も持っています。

会社としての信頼度が高いからこそ、別業種からチャレンジする人が多いのです。羽田・江東・王子・立川・保谷などに事業所を持つ大和自動車交通への転職は、希望する勤務地から検討してみるのもおすすめです。

業界最大手グループのアットホームな鳶交通

蔦交通は、1951年創業のタクシー会社です。歴史は古いものの、営業所は葛飾区金町1ヶ所のみ。にもかかわらず都内で働く人におすすめのベスト3として紹介したいのは、業界最大手と称される日本交通グループに属しているからです。売上高9年連続日本一を誇るグループの一員ですから、稼ぐためのフィールドが用意されているようなもの。

とはいえ、蔦交通自体はアットホームな会社です。90%以上という新人ドライバーの定着率からも、居心地の良さが窺えます。売上トップドライバーから直接ノウハウを伝授してもらえる機会が多く、雑談法・流し方レッスンなどすぐに役立つ技術が身に付きやすいです。

勤務体系は、メインとなる隔日勤務の他に日勤と夜勤が用意されています。隔日勤務の出勤時間は、朝の6・7・8時と午後2時というパターンです。個別のライフスタイルや稼げる時間に合わせて、勤務時間を選択できます。

実際、蔦交通で働き始めて家族と交流する時間が増えたと語っている先輩社員もいます。スピーディーかつスムーズに、仕事を始められるのもポイントです。普通1種免許しか持っていないという人は、最短8日間で2種免許を取得可能です。合格率は、100%。普通2種免許を持っている人なら、最短10日間の研修で乗務員デビューできます。

都内で満足できるタクシー会社に転職するには

東京都内での転職におすすめのタクシー会社ベスト3、参考になりましたでしょうか?
納得のいく仕事に就くには、好条件の待遇が用意され、なおかつ先輩社員から評価の高い会社を選ぶことが大切です。タクシードライバーになって成功したと実感できるように、じっくりとタクシー会社を検討する情報源として役立ててください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーへの転職で失敗しないための給料や待遇に関する求人の見極め方

タクシードライバーへの転職で失敗しないための給料や待遇に関する求人の見極め方

タクシードライバーに転職しようと考えている人は、失敗しないための秘訣を知っておくことをおすすめします。タクシードライバーの求人には大きな特徴があります。その見極めができないと入社してしばらくしてから別の求人に応募すれば良かったと後悔してしまうかもしれません。

何をきちんと確認しておけば、転職して成功の道を歩めるのでしょうか。

タクシードライバーの給与は歩合制!注意すべき点とは

タクシードライバーの給与体系は売上に応じて決まる歩合制になっているのが一般的です。基本給が低めでも、しっかりと売上を出せば月収はかなり高くなる仕組みになっています。

ただ、売上に対してどのくらいの金額が給料に反映されるかは会社によって違います。求人の給与に関する規定を見るときには歩合率がどのくらいかを確認しましょう。高い歩合率になっていれば、それだけ売上を伸ばしていくことに対してモチベーションを上げられます。

一方、タクシー会社でもボーナスを出しているところはたくさんあります。ボーナスを年に何回出していて、総額が給与何ヶ月分くらいになっているかを確認しておくことは大切です。

基本給が低い会社であっても、ボーナスがたくさん出るのであれば安定して収入を得られます。単純に基本給が高いかどうかで求人を選んでしまうと、後々しっかりと計算してみたら実は別の会社の方が稼げたということはよくありますので気をつけましょう。

勤務体系についても意識しよう

タクシードライバーの求人を選ぶときには勤務体系の確認をしておくことも大切です。タクシードライバーは一般的な会社員とは違い、特殊な時間の使い方をして働いていることが多いからです。

よく行われているのが隔日勤務と呼ばれる勤務体系で、朝から夜を経て早朝まで働き、その日は休日になるという働き方です。勤務している間も休むことなく働かされるわけではなく、長時間の連続勤務は避けて途中で数時間の休憩を取れるようになっているのが基本です。

隔日勤務は一日おきに働く形になるため、仕事のない日をたくさん確保できる点で優れています。それに加え、夜中の深夜料金時間帯に十分に働けるため、売上が伸びやすいのも特徴です。

その他、タクシードライバーの求人をよく探してみると昼日勤、夜日勤という勤務体系のものも見つかります。昼日勤は一般的な会社員と同じ働き方で、朝から夕方まで働きます。生活リズムを普通の社会人と同じようにしたいという希望がある人に向いているでしょう。

夜日勤は一般には夜勤と呼ばれているもので、夕方から朝まで働く形になります。昼間は別のことをしたい、深夜料金の時間帯を中心にして働きたいといった考え方を持っている人に適している働き方です。

このような勤務体系の中から好みのものを選んで転職することで、成功したという実感が得られるでしょう。

入社直後の待遇について比較しよう

タクシー会社に転職するときに気をつけておきたいのが入社直後の待遇です。売上が伸びず、知識や経験もなくて苦労することは珍しくありません。また、第二種免許をまだ持っていない人もいるでしょう。

入社後の数ヶ月間は給与保証があり、売上にかかわらず一定以上の給料を出してくれる会社なら稼げない時期も生活費の工面で困ることはないでしょう。また、入社後に社費で第二種免許を取得させてくれる制度が整っていると、免許不保持の人も安心してタクシードライバーになれます。

そして、入社後は徹底した研修を実施してもらうことができ、一人前のタクシードライバーに育て上げてくれる環境が整っているのが理想です。このような制度について求人で確認し、他社とも比較してより良いものを選び出すことが肝心です。

安心してキャリアアップできるかを確認しよう

入社直後の不安な時期に手厚い待遇があるのはとても重要なことですが、その後も高いモチベーションを持ってタクシードライバーとして働いていける環境が整っているかも確認しておきましょう。

求人を見ると定期的に社員研修が行われていて、地域情報や業界の動き、利用者の動向などについて情報提供をしてもらえるシステムが整っている会社も見つかります。また、タクシードライバーとして何年か働いてベテランとなった暁にはハイヤーの担い手となったり、観光タクシーのドライバーとなったりすることができるケースもあるでしょう。

漫然と街中でタクシードライバーをしているだけでは年収も伸び悩んでしまい、仕事へのやりがいもだんだんと失われてしまうことは否めません。もっと稼げるようにするためのノウハウを伝授してくれたり、稼げるサービスの担い手として活躍する機会を与えてくれたりするタクシー会社を選ぶとずっと意欲的に働いていくことができます。その社内体制が整っているかを求人から確認しておきましょう。

失敗しないためには求人の特徴を理解しよう

タクシードライバーへの転職で失敗しないためには求人の特徴を理解し、自分にとってメリットを最大化できるように転職先を選び出すことが肝心です。

歩合率の高さを重視してモチベーションを上げられるようにし、給与保証があって研修も充実している会社を選ぶことで初心者でも成長できる環境を手に入れるのが基本と考えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

給与や待遇は?東京都でタクシードライバーに転職する際に知っておきたいことをご紹介!

給与や待遇は?東京都でタクシードライバーに転職する際に知っておきたいことをご紹介!

タクシードライバーが東京都内で転職を検討している場合、給与や待遇については事前に知っておくことが大切です。接客業になることから新人研修やマナー講座などもあり、しっかりとタクシードライバーとして働ける環境も整っています。

また、給与を計算する際は歩合を採用している会社もありますから、算出方法も知っていると良いでしょう。ここでは、タクシードライバーの給与や待遇についてご紹介します。

タクシードライバーの平均給与はどのくらい?

平成29年に行われた全国ハイヤー・タクシー連合会の調査によると、男性のタクシードライバーの平均年収は約333万円です。月給だと約27万円~28万円になります。

全国の中でも東京都で働くタクシードライバーの給与は高く、平均年収が約418万円、平均月収は約35万円になっています。そのため、タクシードライバーに転職したい場合は全国で1番平均年収が高い東京都を選択するのも良いでしょう。

東京都で働くタクシードライバーの平均年収が高いのは利用者が多いからです。東京都は居住している人も多いですが、地方や近隣県から働きに来る人、観光客なども多いです。

また、東京都に住んでいる人は、他の都道府県よりも車の保有率が少なくなっています。つまり、車を保有していない人は東京都内の移動で電車だけでなく、タクシーを選択することもあるでしょう。そのため、東京都でのタクシー稼働率は高く、それに伴いタクシードライバーの平均年収も高くなっています。

タクシードライバーは社会保険や福利厚生も充実している!

東京都で働くタクシードライバーの平均年収は約418万円ですが、手取り額ではありません。その中から社会保険料や住民税・所得税などを差し引くため、実際の手取り額は2割ほど低くなります。

ただ、しっかりと社会保険に加入していて、充実した福利厚生なども用意されていることが多いです。また、怪我をした時の労災保険、事故を起こした時の自動車保険などにも加入しています。タクシー会社が加入していることから、事故やトラブルがあってもタクシードライバーが自己負担することは少ないでしょう。

タクシードライバーの給与形態とは?

タクシー会社の多くが給与で歩合制を採用しています。歩合制とは、売上を出せば出すほどそれに見合った給与がもらえることです。歩合制だけでは仕事がない時に給与が少なくなるため、基本給は支払われるタイプもあります。

一般的にタクシー会社の給与形態は3つあり、1つ目が基本給と歩合制+賞与です。この方法は基本的には基本給のみが支払われます。例えば、約30万円の基本給が保証されているところもあります。

もし、多くの売上を出した時や表彰されることを行った時には基本給にプラスして、歩合給と賞与が上乗せされます。固定された基本給が多ければ、経験が浅いタクシードライバーでも一定の給与がもらえるでしょう。

2つ目の給与形態が、完全歩合型です。給与を算出する時は、基本給+月間売上×歩合率になります。歩合率はタクシー会社によって異なりますが、約60%が多いです。この方法では、基本給は約5万円など低く設定されています。そして、歩合率をかけて出た数値を足して給与を計算しているのです。

例えば、基本給が5万円で月間売上は30万円だった場合、5万円+30万円×60%で23万円の給与になります。完全歩合型のメリットは、売上を出したら出しただけ給与が上がることです。もし、100万円の売上があった場合は歩合として約60万円が入ってきます。完全歩合型の場合、賞与はないことが多いです。

3つ目が基本給と歩合制+賞与、完全歩合型の2つを合わせたものです。東京都にある多くのタクシー会社ではこの給与形態を採用しています。

会社を運営する側は歩合制にすれば、損をすることはありません。なぜなら低い基本給を支払い、それに追加する歩合給は売上から支払えるからです。ただし、基本給が低いと給与が少ししかもらえない人も出てきます。給与保証をするためにも、2つを合わせた方法を採用しているのです。

この方法では一定の基本給が保証され、働けば働くほど歩合給も追加されます。また、歩合として支払う分を賞与に回せるため、賞与も保証できることが特徴です。

頻繁に研修を行っているため、タクシードライバーとしての技術を上げられる!

新人タクシードライバーや転職したばかりの人には、研修会などで知識や技術を習得する機会があります。例えば、座学や実技演習による勉強会を開き、運転マナーや交通ルール・接客マナーなどを学べるようにしています。

特に交通ルールは違反すると仕事を継続できなくなる場合もあるため、しっかりと勉強する必要があります。また、地域によっては「この時間帯にこの道は通れない」などのルールがあり、それも理解しておくことが大切です。具体的には、学校近くの通学路は通れない時間帯を設定していることもあるので知っておくと良いでしょう。

給与形態や待遇を確認してから、転職先を探してみよう!

東京都内のタクシードライバーは全国でも平均年収が高く、しっかりと働いていれば一定の年収は期待できます。ただし、それぞれの会社で給与形態や待遇は異なるため、応募する前に確認しておきましょう。

それぞれの働き方やスキルによって、合う給与形態があります。これを参考に、タクシードライバーへの転職を成功させてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーの転職は不安だらけ?後悔しやすい・続かない人の特徴

タクシードライバーの転職は不安だらけ?後悔しやすい・続かない人の特徴

タクシードライバー―は学歴や職歴を問わないことから、年齢や性別を問わず活躍できる貴重な職業です。しかし、仕事内容をよく知らないと転職後に後悔したり、仕事が続かなかったりするのも事実です。

ここでは転職を考えているなら知っておきたい、タクシードライバーへ転職して後悔しやすい・続かない人の特徴をご紹介します。

1人での仕事が不安な人

今まで複数の人と同じ空間で働くのが普通だった場合、1人ぼっちの空間に耐えきれずに転職したことを後悔するというケースがあります。

タクシードライバーの仕事はお客さん以外、同じ会社の同僚と話す機会はなかなかありません。朝出庫したら事務所に帰るまで自分1人きりでの仕事です。仮に困ったことが起きても、同じ場所にいてすぐに手を差し伸べてくれる同僚はいません。失敗も成功も自分1人の責任という状況で、地道に頑張っていかなければならないのがタクシードライバーの仕事です。

お客さんを乗せるまではタクシーの中という狭い空間にずっと自分1人で、ふとお客さんの愚痴や出来事を話したくても車内にその相手はいません。1人きりで仕事をするのに慣れていない人にとっては苦痛に感じることがあるかもしれませんが、逆に今まで1人で仕事するのが当たり前だった人や同僚とのコミュニケーションがわずらわしいと感じていた人にとっては、タクシードライバーの仕事がしっくりくることもあります。

自分がどのような環境で働くのが最もストレスフリーなのか、考えてみると良いでしょう。

体力勝負の仕事がイヤな人

働く時間帯や日数、地域にもよりますが、タクシードライバーの仕事は体力勝負な面が大きいです。そのため、体力の有無がその日の売り上げにも影響してきます。

売り上げアップには時間帯や交通状況を把握して効率良く仕事をすることも大切ですが、絶え間なくお客さんを探したり休憩時間を削りながら走り回ったりできる方が売り上げアップにつながりやすいのが現実です。

タクシードライバーは長時間労働になりやすいこともあり、体力があって長時間労働に耐えることができるかどうかが重要になってきます。

さらに、勤務可能な時間が24時間というタクシードライバーにとって、深夜に働くことができるかどうかはとても重要な問題です。もちろん深夜に働くことができる方が売り上げアップしやすいですが、そうでなくても十分仕事は務まります。

体力に不安のある人は朝型か夜型かどうか自分のライフスタイルを見つめ直し、自分に合った時間帯に働けるようにするのも賢い方法の一つです。

ルーチンワークに飽きやすい人

毎日同じことの繰り返しに耐えられない人にとって、タクシードライバーは続きにくい仕事の一つです。ルーチンワークは数あれど、その中でもタクシードライバーの仕事は特に単調だと言えます。

タクシードライバーの仕事は、お客さんを乗せて目的地まで安全に運ぶことです。それを毎日ひたすら繰り返すことが売り上げアップへの近道です。そのため、いかに効率良く運転するか、その地域の交通事情をしっかり把握できるか等で効率アップを狙うのも仕事の一つですが、それはあくまで仕事をより良くするためのものです。

お客さんを運ぶのが第一のため、あまり重きを置くことはできません。地域によっては、どのお客さんも同じようなルートで同じ場所へ向かうため、毎日同じ道しか通らないということもあるでしょう。毎日同じことの繰り返しだからといって、気が緩んでしまうと事故やクレームの原因になります。同じ仕事の繰り返しでも決して気を緩めることなく仕事を続けていける覚悟がないと、転職したことを後悔してしまうかもしれません。

逆に、毎日同じことの繰り返しでも苦痛に感じず、真面目にコツコツと積み重ねることができる人なら続けやすい仕事と言えます。何てことのない仕事でも、普段から緊張感を持って取り組むようにすると、タクシードライバー―に転職しても無理なく続けることができるでしょう。

根気強くお客さんとコミュニケーションが取れない人

お客さんを乗せて目的地まで安全に運ぶことがタクシードライバーの仕事ですが、お客さんと適切にコミュニケーションを取ることも必要です。

特に深夜の時間帯には終電を逃してやむなくタクシーを利用する酔っ払ったお客さんが増えます。意識がはっきりとしていれば良いですが、泥酔して行き先もちゃんと伝えられず、怒鳴ったり車内で吐いたりするお客さんも少なからずいます。

そのようなお客さんを連続して乗せているとうんざりすることもあるでしょう。中には酔っ払ったお客さんの対応に疲れて、タクシードライバーの仕事が続かない人もいます。

タクシーを利用するお客さんには酔っ払い以外にも、さまざまな事情を抱えたお客さんがいます。ささいなことで文句を言うお客さんもいれば、通院や体調不良で利用するお客さんもいます。それぞれの状況に合わない対応をしていると、すぐにクレームの原因となってしまうでしょう。

タクシードライバーの仕事はそういうものだと早い段階で割り切って、1人ひとりに誠意を持って対応することが大切です。

タクシードライバー―の仕事を長く続けるために

転職後のタクシードライバー―の仕事には、転職前とのギャップが付きものです。ギャップが大きすぎて後悔していては仕事を長く続けられません。

転職してから後悔しないためにも、ある程度仕事のデメリットについては理解しておいた方が良いでしょう。後悔しやすい・続かない人の特徴を理解して、自分にタクシードライバーの仕事が向いているかどうかしっかりと見極めてから転職するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーの給料と平均年収!東京で稼ぐタクシードライバーとは?

タクシードライバーの給料と平均年収!東京で稼ぐタクシードライバーとは?

タクシードライバーの全国平均年収は、およそ300万円ほどとなっています。
もちろん、勤務するタクシー会社や地域によっても大きく異なってきますが、例えば東京では平均年収で400万円ほどあります。
タクシードライバーは収入の個人差が極めて大きな職種です。

稼ぐことができるタクシードライバーはどのように働いているのかを確認していきます。

タクシードライバーの年収事情と給与体系

タクシードライバーの全国平均年収に比べて、東京都内で勤務しているタクシードライバーの平均年収は100万円ほど高くなっています。
地方と比べて東京都内はタクシー利用率が高いことなどがその要因として考えられます。

タクシードライバーの給与体系は大きく2種類に分けられます。

1つは固定給制度、もう1つは歩合制です。
とりわけ多くのタクシー会社で導入されているのが、歩合制の給与体系です。
歩合制といっても完全歩合制というわけではなく、毎月基本給は最低限保証されていて、その上に頑張った分だけ上乗せされていくという仕組みです。

ですからタクシードライバーとして転職を考えているのなら、まずこの給与体系をしっかりと確認することが大切です。
基本給はいくら保証されるのか、上乗せされる歩合の取り分が50%なのか、60%なのかをきちんと確認しなければなりません。

稼ぐタクシードライバーは場所と時間を見極めている

タクシードライバーの給料を左右するのは、上乗せされる歩合の部分です。
つまりより多くの売り上げを獲得したタクシードライバーがより多くの給料を手にすることができるというシンプルなシステムです。
ということは、より多くの人数を乗せることができれば自分の収入アップに直結しますから、どの場所で客待ちをするのか、どの時間帯で働くのか、といった勤務内容を自分の裁量で考える必要があります。

終電以降の時間帯の方がタクシー利用率は高まりますから、働く時間帯に深夜を選択することが収入アップの近道のようですが、当然そう考えるライバルも多いので、タクシーを利用しようとする客の争奪戦になります。
特に都内でも激戦になるエリアでは、タクシーを利用する人がたくさんいても、タクシーの数も多いので単位時間あたりに乗せることができる客の人数は決して多くはなりません。
それであれば逆に昼間の都内で買い物客などを見込んで客待ちをしている方が結果として売り上げが上がる場合もあります。

稼ぐタクシードライバーは天気予報も見逃さない

降雨の方が晴天時よりタクシー利用率が高まります。
ですから天気予報をまめに確認して、どの時間帯から雨が降り始めるのかを予測し、そこへ合わせて出勤することも有効な手段です。

ただし朝から雨が降っている、もしくは前日から引き続き雨が降っているなどといった場合は多くの人が傘を持っていて雨のなか帰宅する前提ですから、タクシーを利用する客の数は多くないかもしれません。

逆に急に降り出したというときには手持ちの傘がない人も多く、また終バス以降の時間帯であれば、たとえ駅から徒歩20分から30分といった近距離圏内でもタクシーを利用しようとする人の数は普段より多くなる可能性があります。

むしろこの距離ならワンメーターほどでタクシーを利用することができますから、気軽にタクシーを使ってくれる利用者が増えることが期待できます。
たとえ短い距離でもピストン運動のように何度も往復すれば単位時間あたりの乗車率が上がり、結果として売り上げの向上に結びつくこともあります。

稼ぐタクシードライバーは状況変化を先読みする

稼ぐタクシードライバーは常に頭を使って、自分の仕事を行っています。
以前うまくいった方法が、いつまでも変わらずに通用するわけではありません。
街の中に企業や工場などが移転してくると移動する人たちの層が変わります。

また大型のショッピングセンターやモール、映画館などの複合施設が開業したり、テーマパークやアウトレットモールなどが新規に営業を始めると、人の流れは一変します。
もちろんスポーツイベントやコンサートなどがある日とない日とでも状況は大きく異なります。

稼ぐタクシードライバーになるためには常に情報収集を怠らずに、それが自分の売り上げアップにどう影響するのかを考えていかなくてはなりません。

このような状況の変化からタクシー利用者の心理や行動を先読みする能力が、稼ぐことができるタクシードライバーになれるかどうかの決め手となります。
もちろんこの素質ははじめから備わっているものではありません。
先輩ドライバーに話を聞いたり、自分で試行錯誤をして徐々に感覚として身についていくものです。

特に東京は街の状況が目まぐるしく変わる都市ですから、その変化を見逃さずに、その日最も稼ぐことができる働き方を選択していく必要があります。

稼ぐタクシードライバーは常に考えながら仕事をしている

稼ぐことができるタクシードライバーは、タクシーを走らせる場所や時間帯を考えながら勤務しています。

また降雨や酷暑など天気の変化にも柔軟に対応してタクシー利用率が高まるタイミングを逃さないようにしています。
とくに東京ではイベントなども数多く行われていますから、そのような情報にも敏感に反応して、需要を先回りして稼いでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーへの転職が不安な人はまず読んでみよう!転職して続かない人と後悔する人の特徴

タクシードライバーへの転職が不安な人はまず読んでみよう!転職して続かない人と後悔する人の特徴

タクシードライバーは未経験者でも始めやすい仕事の一つです。異業種から転職することも珍しいことではありません。
しかし、その一方で転職したことを後悔する人やすぐに辞めてしまう人がいるのも事実です。

転職してから後悔しないためにも、続かない人とはどんな人なのか、特徴や転職に見られる傾向について解説していきます。

タクシードライバーを辞めたいと感じる理由で多いものとは?

はじめに、タクシードライバーになって後悔しやすい理由について紹介していきます。

一つは、予想していたよりも給料が少なかったという場合です。
タクシー会社によって給料形態は異なるため、すべてに該当するわけではありませんが、中には歩合制を採用しているタクシー会社もあります。
そうなると乗客数に応じて給料が変動するのは当然のことです。その結果、後悔する人も出てくるでしょう。

もう一つは拘束時間の長さです。顧客が少ないときでもタクシーは待機していなければなりません。
顧客を待つ時間も仕事のうちですが、間延びしてしまい、辛いと感じる人もいます。
また、タクシーを使う時間帯は一般の人が仕事を終えた時間や休日などが多く、他人が遊んでいる時間帯に拘束されていることが辛くなる場合もあります。

他にも、理不尽なできごとに遭遇したり不安を感じたりすることも後悔する理由の一つです。
例えば事故を起こしてしまったときや、乗客のトラブルに巻き込まれたときなどがあげられます。
夜間は飲酒した顧客を乗車させることも多く、中にはタクシードライバーに愚痴をこぼす人もいるでしょう。
走行中に眠ってしまって起きない人や、泥酔して行き先がわからない人なども困るものです。
または、高圧的な態度を取る顧客を乗せてしまうこともあります。
タクシードライバーは顧客を選べない仕事でもあるので、嫌な顧客を乗せたときにはネガティブな気分になるのは仕方ないかもしれません。

タクシードライバーを辞めたいと感じたときの対処方法

身体上にも支障が出てくるような場合は早めに辞めるのも正しい選択の一つですが、辞めずに回避できる場合もあります。
「このままでは続かない」と感じたときは、いくつか対処方法を試してみましょう。

タクシー会社は一定の期間を決めて給料保証をしているケースが多いものです。
給料面で不安を感じたときには、保証されている期間を活用して自分の得意なルートを探ってみましょう。
地道な努力で顧客数アップが見込めるかもしれません。

拘束時間については、可能であればときにはシフトを変えてもらうのも良い方法です。
時間帯が少しずれるだけで辛い気分が解消されることもあります。
利用する客層も変わることが多く、理不尽な扱いをする顧客に嫌な思いをしていたときもこの方法で解決できるかもしれません。

ただし、あまりにも扱いの酷い顧客や犯罪に近いレベルの扱いを受けたときには警察や会社に相談しましょう。
まじめに対処してくれない会社なら転職を検討するのも方法の一つです。

転職前にチェック!タクシードライバーに向いていない人の特徴

タクシードライバーは接客業です。
中には車の運転が好きという理由でタクシードライバーに転職する人もいるかもしれません。
しかし、実際には運転そのものよりも顧客の世話が苦にならない人が求められます。

タクシーを利用する人には行き先がよくわからない人や、公共交通機関を1人で利用できない状況の人などが多いものです。
このいずれの場合もタクシードライバーが世話をする必要性が出てくると考えておいた方がいいでしょう。
他人の世話が面倒と感じる人はタクシードライバーには向いていません。

ストレスに弱い人もタクシードライバーに向かない人です。
顧客の中には乱暴な言い方をする人もいます。
理不尽な顧客を乗せた後もその場で流し、ストレスを溜めないような精神力がタクシードライバーには必要です。

他にも、待ち時間ができたときに1人で過ごすのが苦手な人もタクシードライバーには不向きと言えるでしょう。
すぐに誰かに電話してしまう人や、知り合いの店などにひんぱんに立ち寄りたくなってしまう人は、顧客を逃すことにつながります。

後悔しないためのタクシー会社を選ぶポイントと注意点

タクシードライバーに転職しても続かないと意味がありません。
どのような仕事に就いても、慣れるまでは不安を抱えることもありますし、後悔をすることはあるものです。
できるだけ不安に感じることがなく続けていくには、まず自分がタクシードライバーに向いているかどうかを考えてみましょう。

そして、慌てずにじっくりいろいろなタクシー会社の情報を集め、自分に合った会社を選んでみましょう。
給料保証はどうなっているのか、シフトの交替は可能なのかどうかは大切なポイントです。

福利厚生や教育体制がどうなっているかも忘れてはいけません。
万が一退職したときの退職金制度や失業保険なども押さえておきたい大切なことです。
トラブルが起こったときの対処や勤務中の事故についての対応や給料保証なども確認しておきましょう。

どんなタクシー会社がいいか自分で探す時間が作れない人は、転職サイトやエージェントを利用するのもいいかもしれません。

タクシードライバーは接客業!人の世話が苦手な人には不向きな職業

タクシードライバーは接客業です。
運転が好きである前に人の世話が面倒と感じる人には向いていないでしょう。
理不尽な言動の顧客が利用することもあるので、ストレスに弱い人も向いていないと言えます。

タクシードライバーへの転職で後悔せずに長く続けるためには、まず自分が向いているかどうかを判断し、自分に合った条件のよいタクシー会社を選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加