タクシードライバー基本情報

タクシードライバーの給料と平均年収!東京で稼ぐタクシードライバーとは?

タクシードライバーの給料と平均年収!東京で稼ぐタクシードライバーとは?

タクシードライバーの全国平均年収は、およそ300万円ほどとなっています。
もちろん、勤務するタクシー会社や地域によっても大きく異なってきますが、例えば東京では平均年収で400万円ほどあります。
タクシードライバーは収入の個人差が極めて大きな職種です。

稼ぐことができるタクシードライバーはどのように働いているのかを確認していきます。

タクシードライバーの年収事情と給与体系

タクシードライバーの全国平均年収に比べて、東京都内で勤務しているタクシードライバーの平均年収は100万円ほど高くなっています。
地方と比べて東京都内はタクシー利用率が高いことなどがその要因として考えられます。

タクシードライバーの給与体系は大きく2種類に分けられます。

1つは固定給制度、もう1つは歩合制です。
とりわけ多くのタクシー会社で導入されているのが、歩合制の給与体系です。
歩合制といっても完全歩合制というわけではなく、毎月基本給は最低限保証されていて、その上に頑張った分だけ上乗せされていくという仕組みです。

ですからタクシードライバーとして転職を考えているのなら、まずこの給与体系をしっかりと確認することが大切です。
基本給はいくら保証されるのか、上乗せされる歩合の取り分が50%なのか、60%なのかをきちんと確認しなければなりません。

稼ぐタクシードライバーは場所と時間を見極めている

タクシードライバーの給料を左右するのは、上乗せされる歩合の部分です。
つまりより多くの売り上げを獲得したタクシードライバーがより多くの給料を手にすることができるというシンプルなシステムです。
ということは、より多くの人数を乗せることができれば自分の収入アップに直結しますから、どの場所で客待ちをするのか、どの時間帯で働くのか、といった勤務内容を自分の裁量で考える必要があります。

終電以降の時間帯の方がタクシー利用率は高まりますから、働く時間帯に深夜を選択することが収入アップの近道のようですが、当然そう考えるライバルも多いので、タクシーを利用しようとする客の争奪戦になります。
特に都内でも激戦になるエリアでは、タクシーを利用する人がたくさんいても、タクシーの数も多いので単位時間あたりに乗せることができる客の人数は決して多くはなりません。
それであれば逆に昼間の都内で買い物客などを見込んで客待ちをしている方が結果として売り上げが上がる場合もあります。

稼ぐタクシードライバーは天気予報も見逃さない

降雨の方が晴天時よりタクシー利用率が高まります。
ですから天気予報をまめに確認して、どの時間帯から雨が降り始めるのかを予測し、そこへ合わせて出勤することも有効な手段です。

ただし朝から雨が降っている、もしくは前日から引き続き雨が降っているなどといった場合は多くの人が傘を持っていて雨のなか帰宅する前提ですから、タクシーを利用する客の数は多くないかもしれません。

逆に急に降り出したというときには手持ちの傘がない人も多く、また終バス以降の時間帯であれば、たとえ駅から徒歩20分から30分といった近距離圏内でもタクシーを利用しようとする人の数は普段より多くなる可能性があります。

むしろこの距離ならワンメーターほどでタクシーを利用することができますから、気軽にタクシーを使ってくれる利用者が増えることが期待できます。
たとえ短い距離でもピストン運動のように何度も往復すれば単位時間あたりの乗車率が上がり、結果として売り上げの向上に結びつくこともあります。

稼ぐタクシードライバーは状況変化を先読みする

稼ぐタクシードライバーは常に頭を使って、自分の仕事を行っています。
以前うまくいった方法が、いつまでも変わらずに通用するわけではありません。
街の中に企業や工場などが移転してくると移動する人たちの層が変わります。

また大型のショッピングセンターやモール、映画館などの複合施設が開業したり、テーマパークやアウトレットモールなどが新規に営業を始めると、人の流れは一変します。
もちろんスポーツイベントやコンサートなどがある日とない日とでも状況は大きく異なります。

稼ぐタクシードライバーになるためには常に情報収集を怠らずに、それが自分の売り上げアップにどう影響するのかを考えていかなくてはなりません。

このような状況の変化からタクシー利用者の心理や行動を先読みする能力が、稼ぐことができるタクシードライバーになれるかどうかの決め手となります。
もちろんこの素質ははじめから備わっているものではありません。
先輩ドライバーに話を聞いたり、自分で試行錯誤をして徐々に感覚として身についていくものです。

特に東京は街の状況が目まぐるしく変わる都市ですから、その変化を見逃さずに、その日最も稼ぐことができる働き方を選択していく必要があります。

稼ぐタクシードライバーは常に考えながら仕事をしている

稼ぐことができるタクシードライバーは、タクシーを走らせる場所や時間帯を考えながら勤務しています。

また降雨や酷暑など天気の変化にも柔軟に対応してタクシー利用率が高まるタイミングを逃さないようにしています。
とくに東京ではイベントなども数多く行われていますから、そのような情報にも敏感に反応して、需要を先回りして稼いでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーへの転職が不安な人はまず読んでみよう!転職して続かない人と後悔する人の特徴

タクシードライバーへの転職が不安な人はまず読んでみよう!転職して続かない人と後悔する人の特徴

タクシードライバーは未経験者でも始めやすい仕事の一つです。異業種から転職することも珍しいことではありません。
しかし、その一方で転職したことを後悔する人やすぐに辞めてしまう人がいるのも事実です。

転職してから後悔しないためにも、続かない人とはどんな人なのか、特徴や転職に見られる傾向について解説していきます。

タクシードライバーを辞めたいと感じる理由で多いものとは?

はじめに、タクシードライバーになって後悔しやすい理由について紹介していきます。

一つは、予想していたよりも給料が少なかったという場合です。
タクシー会社によって給料形態は異なるため、すべてに該当するわけではありませんが、中には歩合制を採用しているタクシー会社もあります。
そうなると乗客数に応じて給料が変動するのは当然のことです。その結果、後悔する人も出てくるでしょう。

もう一つは拘束時間の長さです。顧客が少ないときでもタクシーは待機していなければなりません。
顧客を待つ時間も仕事のうちですが、間延びしてしまい、辛いと感じる人もいます。
また、タクシーを使う時間帯は一般の人が仕事を終えた時間や休日などが多く、他人が遊んでいる時間帯に拘束されていることが辛くなる場合もあります。

他にも、理不尽なできごとに遭遇したり不安を感じたりすることも後悔する理由の一つです。
例えば事故を起こしてしまったときや、乗客のトラブルに巻き込まれたときなどがあげられます。
夜間は飲酒した顧客を乗車させることも多く、中にはタクシードライバーに愚痴をこぼす人もいるでしょう。
走行中に眠ってしまって起きない人や、泥酔して行き先がわからない人なども困るものです。
または、高圧的な態度を取る顧客を乗せてしまうこともあります。
タクシードライバーは顧客を選べない仕事でもあるので、嫌な顧客を乗せたときにはネガティブな気分になるのは仕方ないかもしれません。

タクシードライバーを辞めたいと感じたときの対処方法

身体上にも支障が出てくるような場合は早めに辞めるのも正しい選択の一つですが、辞めずに回避できる場合もあります。
「このままでは続かない」と感じたときは、いくつか対処方法を試してみましょう。

タクシー会社は一定の期間を決めて給料保証をしているケースが多いものです。
給料面で不安を感じたときには、保証されている期間を活用して自分の得意なルートを探ってみましょう。
地道な努力で顧客数アップが見込めるかもしれません。

拘束時間については、可能であればときにはシフトを変えてもらうのも良い方法です。
時間帯が少しずれるだけで辛い気分が解消されることもあります。
利用する客層も変わることが多く、理不尽な扱いをする顧客に嫌な思いをしていたときもこの方法で解決できるかもしれません。

ただし、あまりにも扱いの酷い顧客や犯罪に近いレベルの扱いを受けたときには警察や会社に相談しましょう。
まじめに対処してくれない会社なら転職を検討するのも方法の一つです。

転職前にチェック!タクシードライバーに向いていない人の特徴

タクシードライバーは接客業です。
中には車の運転が好きという理由でタクシードライバーに転職する人もいるかもしれません。
しかし、実際には運転そのものよりも顧客の世話が苦にならない人が求められます。

タクシーを利用する人には行き先がよくわからない人や、公共交通機関を1人で利用できない状況の人などが多いものです。
このいずれの場合もタクシードライバーが世話をする必要性が出てくると考えておいた方がいいでしょう。
他人の世話が面倒と感じる人はタクシードライバーには向いていません。

ストレスに弱い人もタクシードライバーに向かない人です。
顧客の中には乱暴な言い方をする人もいます。
理不尽な顧客を乗せた後もその場で流し、ストレスを溜めないような精神力がタクシードライバーには必要です。

他にも、待ち時間ができたときに1人で過ごすのが苦手な人もタクシードライバーには不向きと言えるでしょう。
すぐに誰かに電話してしまう人や、知り合いの店などにひんぱんに立ち寄りたくなってしまう人は、顧客を逃すことにつながります。

後悔しないためのタクシー会社を選ぶポイントと注意点

タクシードライバーに転職しても続かないと意味がありません。
どのような仕事に就いても、慣れるまでは不安を抱えることもありますし、後悔をすることはあるものです。
できるだけ不安に感じることがなく続けていくには、まず自分がタクシードライバーに向いているかどうかを考えてみましょう。

そして、慌てずにじっくりいろいろなタクシー会社の情報を集め、自分に合った会社を選んでみましょう。
給料保証はどうなっているのか、シフトの交替は可能なのかどうかは大切なポイントです。

福利厚生や教育体制がどうなっているかも忘れてはいけません。
万が一退職したときの退職金制度や失業保険なども押さえておきたい大切なことです。
トラブルが起こったときの対処や勤務中の事故についての対応や給料保証なども確認しておきましょう。

どんなタクシー会社がいいか自分で探す時間が作れない人は、転職サイトやエージェントを利用するのもいいかもしれません。

タクシードライバーは接客業!人の世話が苦手な人には不向きな職業

タクシードライバーは接客業です。
運転が好きである前に人の世話が面倒と感じる人には向いていないでしょう。
理不尽な言動の顧客が利用することもあるので、ストレスに弱い人も向いていないと言えます。

タクシードライバーへの転職で後悔せずに長く続けるためには、まず自分が向いているかどうかを判断し、自分に合った条件のよいタクシー会社を選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内でタクシー乗務員に転職を考えている人はメリット・デメリットについて知っておこう

東京都内でタクシー乗務員に転職を考えている人はメリット・デメリットについて知っておこう

少子高齢化の影響などで人手不足が顕著になってきた日本では、タクシー乗務員の求人も多く募集されています。
そのため、転職先としてタクシー乗務員を考えている人もいるでしょう。
しかし、転職するときはその業界のことを知っておかないと、後悔する可能性もあります。

そこで、この記事では転職を考えている人に向けて、タクシー乗務員のメリットとデメリットを紹介します。

タクシー乗務員のメリット1:年齢に関係なく転職活動しやすい

タクシー乗務員に転職するメリットとして、まず挙げられるのは「運転免許さえあればだれでも応募できること」です。
一般的に転職にあたっては過去の経歴や保持している資格の有無、年齢などが重要視されます。

しかし、タクシー乗務員では、それらの能力を重視する会社はそれほどありません。
なぜなら、タクシー乗務員として働くうえで大切なスキルは、「乗客とコミュニケーションを取りつつ、目的地まで安全に運ぶこと」だからです。
そのためには、特別な資格や年齢などはほとんど関係ないといえます。

転職者にとって特に大きなメリットとして挙げられるのは、「年齢要件に制限がないケースが多いこと」でしょう。
一般的な会社員として転職を考えるケースでは、求人に「35歳未満」などの年齢要件が付いている場合が多いです。

しかし、タクシー乗務員では40代や50代でも問題なく、求人を出している会社が多いのが特徴だといえます。
実際にタクシー乗務員として働く人のなかには、40代以上で未経験から転職をした人も多くいるのです。
ある程度の年齢になると一般的に転職先を探すのに苦労することが多いですが、そういう心配をしなくてよいというのはタクシー乗務員ならではのメリットです。

タクシー乗務員のメリット2:歩合給があるので働けば働くほど稼げる!

東京都内のタクシー乗務員の平均年収は全国平均に比べると、基本的には高いです。
そのため、タクシー乗務員として転職することを考えているなら、年収の高い東京都で働くのは合理的だといえます。

株式会社交通新聞が公表している資料によると、2018年のタクシー乗務員の推定年収は全国平均で348万円です。
しかし、東京都だけに限ると、タクシー乗務員の推定年収は470万円となっています。
全国平均に比べるとおよそ35%も高い年収を稼げる可能性があるのです。

また、タクシー乗務員の給与体系は一般的に「固定給+歩合給」です。
歩合給が導入されているということは、働けば働くほど収入をアップさせるチャンスがあるといえます。
実際に東京都で働くタクシー乗務員のなかには、年収800万円以上稼いでいる人もいるぐらいです。
「働いた分だけ手取り収入が上がる」というのは、仕事をするうえで大きなモチベーションになることでしょう。

ただし、タクシー会社によって固定給と歩合給の割合が異なる点には注意が必要です。
希望するタクシー会社の給与体系については、よく調べてから応募するようにしましょう。

タクシー乗務員のメリット3:プライベートを充実させやすい!

タクシー乗務員は夜勤が多くて激務だと考えている人もいるのではないでしょうか。
しかし、タクシー乗務員の勤務体系は比較的しっかり決まっているので、その気になればプライベートな時間を多く確保できるのもメリットだといえます。
タクシー乗務員の働き方には、大きく分けて昼勤と夜勤がありますが、基本的には丸1日働いたあとの翌日は休日になるケースが多いのが特徴です。
いわゆる隔日勤務と呼ばれる働き方で大変そうに思えるかもしれませんが、実際には休憩時間がしっかりと確保されているので、慣れてしまえば問題ないという人も多いです。

歩合給との兼ね合いもあるので、どれぐらい休みを取るかは人それぞれですが、月の半分程度を休日にしている人もたくさんいます。
一般的なサラリーマンと比べると休日の数は増えることが多いでしょう。

また、サラリーマンでは休日にすることが難しかった平日に休みを取りやすくなることもメリットです。
平日に休みが取れることで公的機関の手続きがしやすくなりますし、観光地や商業施設などで混雑する土日を避けて遊べるようになります。

タクシー乗務員はプライベートを充実させやすいという点を覚えておきましょう。

タクシー乗務員のデメリットは「事故のリスク」と「最初のうちは収入が不安定になりやすい」

タクシードライバーのデメリットとして挙げられるのは、「事故に遭うリスクがある」「給与が安定しない可能性がある」の2つです。

休憩時間が適切に確保されているといっても、長時間に及ぶ自動車の運転は判断ミスにつながりかねない疲労を蓄積させることがあります。
歩合給だからとあまり頑張りすぎると、取り返しのつかない事故を起こしてしまう危険性があるのは十分認識して、常に安全運転を心がける気持ちが大切です。
また、万が一事故を起こしてしまった場合に備えて、必ず事故補償をしてくれるタクシー会社を選ぶようにしましょう。

2つ目のデメリットである「給与が安定しない可能性」については、歩合給が影響しています。
歩合給は働けば働くほど収入がアップするという点ではメリットですが、タクシー乗務員の場合、いくら働いても乗客が見つからないと売り上げにつながりません。
特に転職してすぐは乗客が見つかりやすい場所や時間帯などのノウハウがない状態なので、給与が不安定になりやすいです。

タクシー会社によっては採用してから実際に業務をこなす前に、しっかりとした研修を実施しているところもありますので、未経験者はそのような会社に応募するとよいです。

デメリットはタクシー会社の情報を確認することで補える!

タクシー乗務員として働くメリットには、「年齢に関係なく転職しやすい」「働くほど収入アップが期待できる」「プライベートを充実させやすい」の3つがあります。
一方で、デメリットは「事故のリスク」と「歩合給なので収入が不安定になりやすいこと」の2つです。

タクシー会社によっては補償や研修などで、デメリットを減らす努力をしている企業もあるので、情報をよく確認したうえで応募先を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーに転職すると未経験でも稼げるの?タクシーの歩合給の仕組みとは

タクシードライバーに転職すると未経験でも稼げるの?タクシーの歩合給の仕組みとは

転職を考えている人にとって年収はとても重要な項目でしょう。
ただし、タクシードライバーは歩合給を採用している会社も多いので、注意が必要です。
タクシードライバーに転職を考えている人は歩合給の詳細について知っておくとよいでしょう。

そこで、この記事ではタクシーの歩合についての解説と、未経験者でも稼げるのかどうかについて紹介します。

タクシー会社の給与体系にはA型とB型がある

歩合とは簡単にいうと成果報酬制です。
つまり、売上を上げれば上がるほど、手取り収入が上がる給与体系だといえます。

一般的な会社員は自分がどれだけの成果を上げても、決められた基本給が毎月支払われる固定給制度を採用している会社が多いです。
それに対して、歩合給は自分が稼げば稼ぐほど収入も増えるので、働きがいのある給与体系だといえます。

とはいうものの、タクシー会社に勤務する場合、完全歩合制というのはあり得ません。
雇用主と従業員という雇用関係にある以上、タクシードライバーは最低時給をもらう権利があるからです。
つまり、どれだけ歩合の割合が大きいタクシー会社でも「最低時給+歩合制」という給与体系になります。
タクシー会社におけるこの給与体系を一般的にB型賃金と呼びます。

それに対して、「基本給+歩合給」といった給与体系をA型賃金と呼ぶので覚えておきましょう。
タクシー会社によって基本給の内容は異なりますが、なかには一般のサラリーマンと同様に基本給が毎年昇給していくパターンもあります。
A型賃金のメリットはなんといっても、働くうえで安心感があることです。

転職直後は乗客の多い場所や時間帯といった知識があまりなく、売上が安定しないこともあるでしょう。
しかし、基本給がしっかりと払われるタクシー会社を選んでおけば、そのような心配は軽減されるはずです。
ただし、基本給がしっかりしている会社ほど、歩合における取り分は少ないケースが多いです。
タクシードライバーに転職後、すぐの段階から稼げる自信のある人は歩合給の割合が高い会社を探すとよいでしょう。

タクシー会社によって歩合率や待遇は全然違うので気を付けよう

タクシードライバーの給与体系には大きく分けてA型とB型の2つがあります。
しかし、同じ給与体系でもそれぞれのタクシー会社によって歩合率は異なるので、気を付けましょう。

たとえば、A型賃金を採用しているタクシー会社A(基本給17万円+歩合給60%)と、タクシー会社B(基本給18万円+歩合給55%)があったとします。
基本給部分についてはB社のほうが高いですが、歩合給はA社のほうが高い状況です。
このケースでは、毎月20万円を超える売上を稼げれば、B社へ転職したほうが有利になります。
希望する会社へ応募するときは、できるだけ事前に給与体系を調べておき、どちらが有利になりそうかをイメージしておくほうがよいでしょう。

また、給与面からタクシー会社を選ぶときは、待遇も加味して考えることが重要です。
タクシー会社の求人では入社祝い金がもらえたり、2種免許の取得費用を会社が負担してくれたりするケースも多いです。
入社祝い金や資格に取得費用を会社が負担してくれることは、実質的に収入と変わりません。
それらと給与のトータルを合計して、総合的に判断することが重要だといえます。

タクシードライバーは未経験者でも稼げるの?

結論からいうと、タクシードライバー未経験者でも最初からたくさん稼いでいる人は多くいます。
なぜなら、タクシードライバーの仕事は、安全に目的地まで乗客を乗せていくことだからです。
つまり、タクシードライバーの仕事には特別な知識や資格は必要なく、乗客を見つけるノウハウさえあれば、だれでも最初から稼げる可能性はあるといえます。

ただし、全員が稼げるというわけではありません。
タクシーを利用する乗客の多い場所や時間帯というのは、ある程度決まっているからです。
それらの知識もなく、闇雲に街をさまよっていても、効率よく稼ぐことは難しいでしょう。
しかし、転職してすぐのタクシードライバーにはその知識がありません。

そこで、大切になってくるのが、タクシー会社の研修です。
タクシー会社によっては、採用後に顧客対応だけでなくベテランドライバーから稼ぐためのノウハウを教えてもらえる講習を実施しているケースがあります。
未経験者で最初から稼ぐ自信がないという人は、しっかりした研修体制が整っているタクシー会社へ応募するとよいでしょう。

タクシードライバーで稼ぐための3つのポイント

タクシードライバーとして稼ぐための1つ目のポイントは「勘だけの流し営業はしないこと」です。
流し営業はタクシーを運転しながら乗客を探す営業方法で、運よく乗客が見つかることもあります。

しかし、このような営業方法を取っていると、乗客が見つかるかどうかは運に大きく左右されるでしょう。
確実性を高めるためにも流し営業ではなく、人通りが多くて、いつもタクシーを利用する人の多いポイントを見つけて待つ方が得策です。

2つ目のポイントは「周辺のイベントにアンテナを張っておくこと」が挙げられます。
コンサートや野球、サッカーの試合などは、開場前と終わった後に多くの人が移動を開始します。
タクシードライバーにとって、そのときが乗客を見つけるチャンスです。
興味のないイベントであっても仕事につながる可能性はないか、常にアンテナを張っておく姿勢が必要だといえます。

最後のポイントは「長距離の乗客にこだわらないこと」です。
タクシードライバーのなかには効率的に稼げるというメリットがあるので、長距離を利用する乗客を狙う人もいます。
たしかに、長距離利用の乗客というのは、時給ベースで考えると非常に魅力的です。
しかし、実際にはそんな都合の良い乗客に出会える確率はそれほど高くありません。
そのため、売上が不安定になる可能性が高くなります。安定して稼ぐためには距離にこだわらず、乗客をこまめに乗せて走るほうがよいでしょう。

タクシードライバーは未経験でも稼げる可能性はある!歩合給をどう考えるかは自分次第

タクシードライバーで稼ぐためには、特別な資格は必要ありません。
乗客を安全に目的地まで送り届ければ売上が稼げるので、未経験者でも収入を増やすチャンスは大いにあります。

歩合制には大きく分けてA型賃金とB型賃金の2つがありますが、どちらがいいかは人それぞれです。

基本的には最初から稼ぐ自信のある人は歩合給の割合が多いB型賃金、あまり自信のない人はA型賃金を採用しているタクシー会社を選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未経験だけど大丈夫?東京都内でタクシー乗務員に転職して成功する方法とは

未経験だけど大丈夫?東京都内でタクシー乗務員に転職して成功する方法とは

転職を決めたときはどんな職種であっても、成功するかどうかの不安が伴います。しかも、それが未経験の職種であればなおさらです。
未経験の人がタクシー乗務員に転職しようとするときも然り、本当にタクシー乗務員として成功するのか不安になるでしょう。

今回は、未経験でも東京都内でタクシー乗務員に転職して、成功する方法を紹介します。

東京都内でタクシー乗務員になるには

未経験者の人が転職して東京都内でタクシー乗務員になるには、まず普通自動車第二種免許が必要です。
これは一般の人が車の運転をするために持つ第一種免許とは違い、乗客(旅客)を運ぶために必要な免許となります。

タクシーのほかにバス、ハイヤー、民間救急車などの車を運転するために必要な免許です。

もう1つ、東京都内の特に東京都23区と三鷹市、武蔵野市の地域でタクシー乗務員として働くためには「タクシーセンター」と呼ばれる場所で講習を受けて、地理試験に合格する必要があります。
試験の内容は都内の道路の名前や地名、有名な建造物の名前などが出題されます。

講習は4日間あり、その3日目の地理試験に合格しなければなりません。

講習に対して何も対策をしていない場合は、2日間で営業エリア内に幹線道路の名前や交差点の名前、駅や有名な施設をすべて頭に叩き込まなければならないのです。

また、ある地点から目的地までに向かう最短の道のりや、その道のりの走行距離、タクシー料金、所要時間が出題されることがあります。
この地理試験の合格率は40%から50%で難しい試験となっており、何度も試験を受けたり、何度受けても受からないので地理試験の無い地域に行ってしまったりする人もいるのです。

こうして見ると東京都内でタクシー乗務員になるのは大変だと思われがちですが、ほとんどのタクシー会社で、採用されると二種免許も取らせてもらえますし、地理試験に関しても地理試験専門のスタッフがいる会社も多くあります。

また、それぞれの会社が独自の対策をして、全面的に研修生をサポートしてくれています。

タクシー乗務員として成功するには良い会社を選ぼう!

東京都内で未経験者がタクシー乗務員として成功するためには、良いタクシーが会社を選ぶことが必須となります。
まずは、やはり二種免許費用を負担してくれる会社を選ぶと良いでしょう。

しかし、免許費用を負担してくれる会社は1年から2年程度は会社を退職してはいけないというルールがあるので気を付けましょう。
万が一その期間に退職した場合は、ほとんどが二種免許取得時の費用の返却を求めてきます。

次に、タクシー乗務員の給与形態はほとんどが歩合制となりますので、未経験者だと不安になりがちです。
一定期間の給料が保障されている会社を選びましょう。

そして、車両設備や会社自体の設備が整っていることも重要となります。
未経験者の場合は試験には合格したものの地理に不安が残りやすいため、全車両にカーナビが搭載されていると安心です。

また、ETCやクレジットカード決済機能が付いていると、カードだけしか持っていない客や長距離で料金が高額となる客の対応も可能となります。会社自体の設備は、会社に仮眠室やシャワー室などが付いていると働きやすいです。

女性のタクシー乗務員のための専用施設もあると、福利厚生について前向きな会社であることの目安になります。

成功には無理のない勤務形態で働くことが不可欠!

タクシー乗務員の勤務形態は大きく3つに分かれます。
日勤と夜勤、そしてタクシー乗務特有の1日に19時間から21時間ほど働いて1日休むという隔日日勤です。
タクシー乗務員の経験のない人が、乗務員として成功するためには無理のない勤務形態で働くことが大切となります。

たとえば、タクシー乗務員に転職する前の仕事が1日8時間の日勤の場合、転職したあとに急に隔日日勤での勤務になると体への負担が大きいです。タクシー乗務員はずっと1人で運転し、さまざまな人を相手にする仕事ですのでストレスも溜まります。

それに加えて、今までに経験のない夜勤や隔日日勤での勤務が続くと体調を崩しかねません。体を壊してしまっては、タクシー乗務員としての成功以前の問題となってしまいます。

タクシー乗務員の経験のない人は、自分の体に合った勤務形態で働きましょう。

安全運転とサービス精神を忘れないことが成功への秘訣!

タクシー乗務員として働くにあたり、成功の基本的な秘訣は安全運転になります。
事故を起こしても補償してくれる会社もありますが、将来的にタクシー乗務員から個人タクシーやハイヤー、黒タクシーの運転手になることを考えている人にとって、無事故無違反は重要です。

また、事故を起こすと会社からの信用もなくなり、無線配車での仕事が回ってこなくなるおそれも。始めのうちは客を探すことに集中しすぎて運転に身が入らなくなりがちですので、気を引き締めて運転しましょう。

また、タクシー乗務員としてのサービス精神が成功の元になります。その基本が挨拶です。

多くのタクシーにはアンケート用紙が設置されています。客に対して挨拶が疎かになったり、愛想がない態度をしたりするとアンケートに書かれてしまい会社からの信用がなくなるおそれがあります。
タクシー乗務員の仕事はただの運送業ではなく、客に癒しを与えるサービス業であることも忘れてはいけません。

未経験で成功するには向上心を常に持とう!

タクシー乗務員に限ったことではなく、未経験で始める仕事で成功するには常に向上心を持ち続けることが大切です。
タクシー乗務員は一見、車を運転して客を目的地まで運ぶだけの仕事だと思われがちですが、そうではありません。
客に心地よい空間と、安らぎのひとときを与えながら目的地まで運ぶという仕事です。

未経験の仕事は始めから上手くいかないものですが、常に向上心を持ってコツコツとがんばることが成功につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内では数少ない1年間で最大40万円もの月給保証があるタクシー乗務員の求人を探し出そう

東京都内でタクシー乗務員の募集を探しているときに給与保証に着目する人も多いでしょう。未経験の人がタクシー乗務員に転職しようと考えているときに重要な観点ですが、どのくらいの期間、どの程度の金額を保証してくれるかは会社によって異なります。その事情をよく理解した上で、どのようにして求人を選んだら良いかを検討しましょう。

給与保証があれば未経験でも安心

タクシー乗務員は未経験の人が転職して働き始めても、比較的短期間で稼げるようになる可能性が高いことが知られています。しかし、給与保証がないタクシー会社に転職してしまうとかなり厳しい状況に置かれてしまいがちです。タクシー会社に転職してから稼げるようになるまでには月日が必要となることが多いからです。いかにして乗客を獲得するかはノウハウとテクニックに基づいて考えられるようになるものであり、エリア情報の分析力や活用力によってさらに差が生じます。未経験で入社してからすぐに売り上げを伸ばせるわけではないのです。タクシー乗務員の給与は売り上げによる歩合制になっているのが通例なので、ベテランにならないとなかなか稼げないのも確かでしょう。

しかし、月給保証があれば十分に能力を伸ばせる時間を確保できます。一定期間は最低月給が定められているのが月給保証制度の特徴で、その間に十分に知識や技術を身につけ、ノウハウを習得して稼げるようになれば問題ありません。転職してから生活費に困ってしまうようなことがなくなるどころか、その保証額が高ければ年収アップになってしまうことすらあります。未経験の人が安心して働けるようにするには月給保証が充実しているタクシー会社を選び出すことが肝心です。

東京都内で高い待遇を得るのは簡単ではない

現実的な問題として東京都内では手厚い月給保証があるタクシー会社を見つけるのは簡単ではありません。全国的に見ると金額で言えば最大40万円もの月給保証をしているタクシー会社もありますが、20万円前後にしているタクシー会社もあり、金額については千差万別なのです。また、月給保証をしてくれる期間についても同様で、最長で1年間も保証してくれるタクシー会社もある一方、三ヶ月程度しか保証してくれない会社もあります。実は東京都内では月給保証がある会社は珍しいのが実態で、1年間にわたって最大40万円もの保証をしてくれる会社に転職するのは簡単ではありません。ただ、必死に探せば見つけられないこともないので、諦めずに求人を参照してみましょう。

準備期間がある大手を選び出そう

月給保証を行うためには経済的な基盤が十分にできていなければなりません。一般的な傾向として企業規模が大きくなるほど月給保証が手厚くなる傾向があり、特にタクシー乗務員を大勢確保して社内で成長させようという方針を立てている会社ではかなり高い金額と長い期間を保証しています。つまり、未経験入社でも安心できるタクシー会社は基本的には大手だと考えられるのです。確かに東京都内には多くの大手会社があるので、タイミングが良ければ手厚い月給保証を受けられる求人を見つけられる可能性があります。

大手の安心感はただ準備期間があることだけではありません。新人として働き始めてなかなか売り上げが増えていかないというときにサポートを受けられたり、定期的に研修で能力向上を図れたりするのも一般的です。また、大手として多くのハイヤーなどの依頼を受けられるというメリットもあり、ベテランになってからもかなり稼げるようになると期待できます。働き始めた直後も、ベテランになってからも満足できる給与を獲得できると考えられるのが大手の魅力です。どのタクシー会社に転職すべきかで悩んだなら、まずは大手の会社から候補にして応募していくのが賢明と言えます。

どうしても見つからないときにはどうするか

大手会社からのタクシー乗務員の募集を探していても、東京都内ではなかなか40万円もの月給保証をしている会社を見つけるのは困難です。もう少し月給が低くても期間が長ければ良いという人も、1年間も保証してくれる会社が見つからずに苦労することもあります。特に未経験の場合にはこのような悩みに直面してしまいがちですが、少し方針を転換すれば良い企業が見つかる可能性もあるので諦めないようにしましょう。

東京都内ではもともとタクシーのニーズが高く、初心者でも比較的短期間で売り上げを伸ばせるようになる傾向があります。そのため、給与保証をあまり手厚くしていない企業も多いのです。しかし、他のエリアになるとノウハウを手に入れるのが重要になる傾向が強く、手厚い月給保証をして長く働いてもらおうと考えている企業がたくさんあります。ただ、あまり地方になってしまうと需要が低く、やはり売り上げを伸ばすのが難しくなりがちです。関西エリアでは40万円、1年間といった手厚い月給保証をしている会社もあり、大手会社も少なくありません。東京都内で保証が充実しているタクシー会社が見つからないときには関西エリアにも目を向けて候補を探してみるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内でタクシー乗務員に転職するなら家賃補助のある会社がおすすめ

老若男女だれであっても働くことができるタクシー乗務員に転職する人は数多くいます。タクシー乗務員の仕事は、福利厚生が心配だという人もいますが、そのようなことはありません。様々な福利厚生があるほか、働きやすい環境をそろえているタクシー会社が多いです。この中でも特に都内で働く際に大いに役立つ家賃補助について紹介します。

東京都内の家賃事情とタクシー乗務員

東京都内で暮らすうえで、最もネックになることは、家賃が高いということです。これは、タクシー業界に転職するのではなくとも、都内で働く人のだれであっても悩む問題です。地方に比べると、東京都内ははるかに地価が高いため、時に地方の倍以上の家賃を支払わなければならないということも間々あります。地方でのワンルームの家賃相場がおよそ5万円前後であることに対して、東京都内のワンルームの家賃相場はおよそ8万円前後で、高ければ10万円を超すことも珍しくありません。ファミリータイプの物件に暮らせば、家賃は安くても10万円程度で、上を見ればどんどん高くなっていきます。家族連れで転職したならば、大いに負担となります。

タクシー乗務員は一日中タクシーに乗って働き、家に帰る時間はそれほどないと考えて、物件の質にこだわらなければ大した負担にならないと考えている人もいますが、そのようなことはありません。タクシー乗務員の働き方は、日勤と夜勤のほかにも隔日勤務など様々ありますが、そのいずれにおいても一回の働く時間は長くても、次に勤務するまでの休日・休憩時間も長いということが特徴です。一度に働く時間が長いからこそ、休憩・休日で体をしっかりと休めて備えることが重要となるので、物件の質を侮ってはいけません。そのこともあり、東京都内でタクシー乗務員として働くと、家賃の負担は大きいです。

タクシー乗務員になるならば都会で

東京都内で働くと家賃負担が大きいならば、東京都内で働かずに地方で働く方がよいと感じる人もいますが、おすすめできません。多く稼ぐためには東京都内をはじめとする都心部を担当することを選ぶことがおすすめです。というのも、東京都内・都心部は地方に比べて圧倒的に人が多く、それに比例するようにタクシーを利用する人も数多くいるからです。東京都内に住んでいなかったとしても、東京郊外に住み、終電やバスを逃したためにタクシーを利用する人は多くいます。金曜日の夜などは特に顕著でしょう。

また、東京都内には様々な施設があり、多種多様なイベントも行われるため、土日祝日などはそれを目的とした人々もタクシーを大いに利用します。観光客の増加もあり、都内でのタクシー利用者は増加することは予想されています。
このほか、東京都内ではタクシーの初乗り運賃の見直しなども行われています。会社のみならず、業界全体でタクシーの利用を気軽に行えるように対策を立てているようです。
これらのことから、タクシー乗務員に転職するならば、地方ではなく東京都内がよいといえます。

家賃補助のあるタクシー会社

東京都内でタクシー乗務員となり、どんどん稼ぎたいとしても、都内の高価な家賃の負担をなるべく避けたいと思うものです。いくら稼いでいたとしても、家賃で給料の大半を消費してしまっていては、結局のところ稼げていないということになります。そのような場合には、家賃補助制度のあるタクシー会社を選んで就職することがおすすめです。タクシー会社の多くは、都内で就職している人々の家賃負担を軽減させるために、家賃補助制度を備えています。どの程度の家賃補助がなされているかは、タクシー会社によって異なりますが、家賃補助が業界No.1の会社では、年間24万円の家賃補助があるとされています。

このような家賃補助があれば、都内の家賃が高くても安心して働き続けることができます。家賃補助以外にも様々な補助・福利厚生を備えている会社があり、その代表例が寮の完備です。独身者に向けての独身寮があるほか、家族向けの家族寮が設置されている場合もあります。寮の場合、自分で選んだ物件とは異なり、間取りの自由などは少ないですが、その分家賃を大きく安く抑えることが可能です。また、寮の場合、タクシー会社の拠点との位置が近く、通勤が楽になるといったメリットがあることもあります。

その他の福利厚生も忘れずに

タクシー乗務員に東京都内で転職する場合は、生活の負担を抑えるために家賃補助のある会社に勤めることがおすすめですが、家賃補助にばかりとらわれてはいけません。求人情報をしっかりと確認して、給与や待遇においてどのような条件があるのかをしっかりと確認してから転職することが重要です。いくら家賃補助があっても、完全歩合制の給与形態ならば、初心者・未経験のうちは稼ぐことができないといった問題に突き当たる可能性があります。研修制度・資格支援制度がなければ、稼ぐことができるようになるまで、長く時間がかかってしまうかもしれません。

これらのことを考えて、固定給と歩合給を組み合わせた給与形態で、給与保証がある会社を選んだり、二種免許の資格取得の支援・研修制度がしっかりとある会社を選んだりすることが必要です。また、体を壊してタクシー乗務員をできなくなった場合も考え、内勤もできる会社を選ぶという道もあります。将来と働き方のこだわりを考えて、しっかりと求人情報を精査することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイント

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイント

1.需要の分析ができる

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイントタクシーの営業成績が良い人は、なぜ売り上げが伸びたのか、減ったのかに対して自分で分析して考える力を持っています。例えば、大きなイベントがあるから沢山のお客様を乗せる事が出来た、や人の出入りのある会社の前で待機していたから、等です。日々タクシーの営業で廻る際に、仮説を立ててから運転することが、少しづつ着実に売り上げを伸ばしていくコツです。たとえ仮説がうまくはまらず売り上げが伸びなくても、これは稼げないという結果が分かったことになります。どれだけ考えて「やってみて」データを自分の中に貯めていくかが大切なのだそうです。事前準備として地域に何のイベントがあるか、どんな会社があるかをリサーチするのもスキルのうちです。

2.お客様を見つける集中力

根気のいる事ではありますが、運転している間は歩行者の動きに常に集中する事が大切だそうです。いつ、遠くまで乗ってくれるお客様に出会うかはわかりません。ベテランドライバーになると、手を挙げていないのにさっと近くまで来て乗せることもあるのだそうです。お客様からしてみたら、「何故分かったの?」といったところでしょうが、これは集中力と経験の賜物かもしれません。

3.道路状況の判断ができる

タクシーで売り上げを上げるには、お客様をなるべく早く送り届ける必要があります。早く送り届けた分回転率が上がり、その日の売り上げもアップします。早さを実現するためには、渋滞の少ない道を記憶しておくことに加えて、どのように車をコントロールするのかも大事です。前にゆっくりと走る路線バスやトラックが居るなら車線変更をスムーズに行って回避すると、信号待ちに当たらないように早く走ることができます。ちなみに、都内は信号が多いので信号待ちに度々当たっていると莫大な時間がとられてしまいます。

4.タクシードライバーにもチームワークが役立つ

vete3タクシードライバーの仕事は個人である程度の裁量を持って働く仕事ですが、チームワークを持って助け合いで稼ぐのも有効なのだそうです。ドライバー同士で情報を交換するグループやネットワークを作って、稼げる時間帯や場所の共有をしていることもあるようです。LINEでグループを作ったり、違う時間帯のシフトの人からの情報にも目を通したりして情報を回して個人のレベルアップに活かしているようです。

5.稼ぎたいと思う力、やる気

そもそもの話になりますが、やる気が無いと何も始まりません。やる気のあるドライバーなら、走っている最中も「あのお客様はどうかな」と常にアンテナを張りながら走ります。単にダラダラと走っているだけでは、沢山稼ぐドライバーになることは難しいのではないでしょうか。人の流れは些細な事ですぐに変わります。雨が降ったり季節が変われば、人がいなかったところに急に需要が出たりします。また、イベントのスケジュール等を調べておけば、人の流れはつかみやすくなります。

やる気が高収入に繋がる会社で働くなら

これら、5つのポイントを活かして、高収入を狙うなら、日本交通グループの蔦交通がおすすめです。蔦交通では、業界最高水準の売り上げ還元率で、やる気と頑張りを後押しします。また、葛飾区にある会社なので、浅草エリアやスカイツリー、柴又などにも出やすい環境です。人の流れがつかみやすい環境で、稼げるドライバーを目指してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【すぐわかる!】転職の志望動機、例文と作り方

転職の志望動機、考えるときに迷いますよね。空白の履歴書を前に頭を抱えていませんか。人事採用担当者は、中途採用であれば職務経歴書を中心に見た後、志望動機をしっかり確認するという人が多いそうです。今回は、転職における志望動機の書き方や例をご紹介していきます。

転職の志望動機、例文と作り方

志望動機を聞く理由

志望動機を聞く理由は、転職者のその企業に対する認識が正しいものか、この仕事で自己実現できるのか確かめることです。事前にミスマッチを防ぐことも狙いです。たとえ熱意があったとしても、その会社で出来ることと転職者がしたいことが違う場合は辞められてしまったりする可能性があるからです。
また、これは新卒採用にも共通ですが、転職希望者の意欲を確認し、内定を出した後に辞退せずに本当に入社してくれるかを知る狙いがあります。企業のコストを割いているため、もし内定辞退や選考辞退があると、時間もお金も無駄になってしまいます。
新卒の時と違うのは、転職希望者の場合、面接担当者は新卒とは違う目線で志望動機を聞いています。なぜ前職を退職する(した)のか、この会社で働いていける人材なのかを見極めようとしています。できれば、具体的な話を頭に入れておいて、面接の際に話すようにしましょう。

志望動機の例文

志望動機の例文を使って、具体的に志望動機の作り方をご説明していきます。自分で作成してこその志望動機なので、このまま転用して利用するのはやめましょう。

【タクシードライバーの志望動機の例】
私は「選ばれるタクシードライバー」になりたいと思い、タクシードライバーを志望いたしました。以前貴社のタクシーを利用した時、ドライバーさんの接客対応が非常に良く、感動いたしました。これをきっかけに、元々運転が好きだった私は、安全運転だけではなく、お客様にとって快適な空間を提供する仕事がしたいと考えるようになりました。
私は前職で接客業をしておりました。毎日違うお客様とお話をする仕事なので、延べ1000人を超える方とお会いしてきました。前職で培った、初対面のお客様とすぐに打ち解けてお話しができるというスキルをタクシードライバーとして更に磨いて活かしていける考えるため、貴社を志望いたしました。

この例では、タクシードライバーになろうと思ったきっかけ、自分の培ってきた今あるスキルでタクシードライバーに関係があるもの、を中心に構成しています。ポイントは、志望動機でありながらも自己PRの要素を少し交えるというところです。企業側としても、なるべく優秀で自社で活躍してくれる存在が欲しいと考えるため、「私はこんなに~できて、御社にピッタリの人材なんですよ」というメッセージをこめることが大事です。その仕事に必要な要素は何でしょうか。分かりにくい場合は、まずはその洗い出しから始めるのも良いでしょう。
タクシードライバーであれば、安全運転と接客の二軸なので、その要素には触れていくと良い志望動機ができます。
こういった接客業関係の志望動機に意外とありがちなのが、接客ばかりに偏った自己PRや志望動機になってしまう事です。タクシードライバーは接客業ですが、それはまず安全運転あっての事です。公共交通に従事する者として、安全に関する意識は常に高いものである必要があります。安全に対する意識の有無は、面接官によっては合否を左右するポイントにもなります。

志望動機の注意点

前述の例では、志望動機を書面に書く時の物を想定しました。面接などの口語は「御社」、書類では「貴社」と使い分けをしましょう。また志望動機に関する注意点として、以下が挙げられますので注意してみてください。

・「前職の経験が生かせると思いました」「御社の事業内容に興味を感じました」のみの記載
具体的に前職のどのような経験なのか、事業内容のどこに興味を感じたのかを記載しましょう。

・御社でなら、いろいろ学び、成長できると思いました
会社で勝手に成長させてくれるような言い方や書き方は、良くないです。自分でどのように成長したいかを言う方が好印象です。

・会社の将来性。福利厚生にひかれ、志望しました
とても自己中心的な印象になります。会社は、スキルや能力を活かして活躍してくれる人材を求めていますので、待遇が良かったからというような理由の人は避けます。本音がそうだったとしても、そこは言わずに別の角度からの志望動機を考えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー運転手になるには?資格や平均年収のお役立ち情報をご紹介

タクシー運転手になるには?

タクシーの運転手になるためには、タクシー会社に就職するか自分で個人タクシーを運営する方法があります。個人タクシーをするにはまず、タクシー会社に就職して10年法人タクシーの経験を積む必要があります。
ではタクシー会社にどうすれば就職できるのか、簡単にいうと身体的に健康的で、普通免許を取得して3年以上であれば業界未経験でも大丈夫ということです。また普通自動車第二種免許をお持ちの方であれば、間違いなく就職可能です。

どんな資格が必要?

タクシー業界には転職しない方が良い?
では、普通免許だけ持っていてタクシー会社に就職したけどタクシー運転手になるには、いずれにしても第二種運転免許が必要となります。正式名称は普通第二種免許で、道路交通法の第八十六条に規定されています。
二種免許と一言でいっても、実は4種類の二種免許があり、タクシー乗務に必要な「普通第二種免許」、中型自動車や大型自動車の場合にはそれぞれ「中型第二種免許」、「大型第二種免許」が必要となっています。ちなみに普通二種は、普通自動車しか運転することができません。

なるための方法や、費用はかかるの?

二種免許を受験するために必要な受験資格は3点あります。まず1つ目は、満21歳以上であることです。次に第一種免許を取得してから3年が経過している事が条件で、途中免許取り消しなどにあっていた場合、停止されていた期間は除いた期間の累積となります。3つ目は視力(視力が、片目それぞれ0.5以上かつ両目0.8以上(眼鏡可)聴力など、普通免許を取得した時と同じ条件がクリアしていることです。

二種免許を取得する流れとしては、まず学科試験、そして技能試験、それぞれ合格した後は、二種類の講習(応急救護処置講習・旅客者講習)を受講して晴れて免許証が交付となっています。では普通第二種免許を取得するには、一般的に自分で受けると合宿所や通いなどにもよりますが平均して、22万円~25万円前後となります。ただタクシー会社に入社したあとでも、資格の取得は可能です。費用は、180,000円~200,000円前後で大半が合宿、そして費用はタクシー会社負担というところが多いです。

お役立ち情報

タクシー運転手になるにも、どのタクシー会社に入るかは悩みどころ。そういった時は、転職サイトでタクシー会社を検索し知っているタクシー会社を覚えましょう。タクシー業界の求人が多いサイトは、リクナビ・DODA・マイナビなど、最近はindeedでも多くの求人情報が検索可能です。

そして興味をもつ会社があればその場で応募、またはその会社のHPを調べてみるのもベターです。まず普通免許を持っていて未経験の方は、大手で教育体制がしっかりしているところや普通第二種免許の取得支援と費用全額負担のところを探すのも良いかと思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加