タクシードライバー基本情報

都内でタクシー運転手になるには

タクシードライバーに転職する

東京都内で、タクシー運転手を目指していますか?

売上=収入に近い業界のため、やはりタクシーを利用する人が多いところは、多くの稼ぎも期待できます。

タクシードライバーになるために、必要なことは何なのかを確認してみましょう。

タクシー運転手になるにはどうしたら良いの?

これから、タクシードライバーを目指す方にとって一番気になるところだと思います。
タクシー運転手になるにはタクシー運転手を募集している所へ求人応募する事が一番早くタクシー運転手になる方法でしょう。 タクシー運転手は会社に所属する形が一番多いのです。

他にも、個人タクシーという方法もあります。
(こちらは、経験と資格が必要になりますので、ここでは省略いたします。)

まずは、応募をする

リクナビやマイナビ、DODAといった転職サイトから
また、最近は各タクシー会社毎に採用のために特設ページを設けている会社もありますね。

そこから、まずは応募をしてみましょう。
気になる会社には、まずは応募をしてみることをお勧めします!!

転職にお勧めのタクシー会社はココ!

応募をしたら、次は面接

タクシー運転手の求人に応募すると、まずは面接があります。
タクシー運転手になる動機などを話します。

この時に、あなた自身でここの会社で働きたいかなども見ることもお勧めいたします。

働くなら、長く働けるところで、給与が良いところが良いですよね。

健康診断を行います。

タクシー運転手は体が資本の仕事です。
ドライバーは座っている事が多いため、腰痛が酷くなる方も多いと聞きます。
事前に健康診断を行う企業が多いのです。

判断の基準として、健康診断を行わない会社は、避けた方が良いかもしれませんね。

書類選考

書類選考を行います。

運転免許証を持っているかの確認だけでけでなく、お持ちの免許証が1種なのか2種なのかの確認もいたします。
これまで、ドライバー経験がなかった方でも、会社で2種免許の取得をサポートしてくれるところもありますので、安心して面接を受けてください。

他にも、今までの経歴等を見る事もあります。

採用!!

これらの試験に合格すると、タクシー運転手になる事ができます!

タクシー運転手になると、様々な資格取得や試験があります。

まずは2種免許を取得しましょう。
2種免許を取得することで、お客様を乗せて運転を行うことができます。

2種免許が終わったら、自動車事故対策センターなどで研修を行います。
東京、大阪などの大きな都市では、地理試験を受ける必要もあります。

その後、いよいよ実務になります。

乗務開始までは、お客様をお乗せしていないため、基本的には給与は発生していません。
しかし、その期間のサポートを行うために、事前に給与を支払ってくれる会社もあります。

会社選びの時は、ここも判断基準にしたいですね。


約一か月から一か月半で、タクシードライバーとして乗務を行うことができます。
2種免許をお持ちの場合は、各試験の過程がないため、約1週間ほどでタクシー運転手になることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー乗務の流れ

タクシー乗務の流れ

タクシードライバーって出社したらまずはなにをするの?

給与や勤務時間などはわかったけど、実際に出社したら何をしているのかよくわからないですよね。

タクシー会社の中でも、よくある流れをご紹介します。
参考にしてみてください。

タクシー運転手の1日の流れってどうなっているの?気になるところを、わかりやすく解説いたします!

ドライバーとして乗務する場合、1日の業務の流れは以下のようになります。

[ 一般的な乗務の流れ ]

1.出社 → 2.アルコール検査 → 3.車両点検 → 4.朝礼 → 5.乗務 → 6.休憩 → 7.乗務 → 8.帰社 → 9.入金 → 10.洗車

乗務の前には、必ずアルコール検査を行います。
飲酒運転だけは起こしてはなりません。最近では規定値よりも厳しい数値を設けることで、事故を最小に抑えている会社が多いそうです。

もしも、アルコールが検出された場合はその日の乗務を行うことだできません。
前日の飲酒量や飲酒時間には、十分に気をつけたいですね。

次に、車両の点検を行います。
これもお客様の安全のため、そして運転するドライバーの安全のためですね。

そして、朝礼を行うところが多いです。
お客様を乗せたときの「ありがとうございます」の挨拶など接客に必要な声出しを行っていきます。

乗務を開始すると、基本的には自由にお客様を探していきます。
時間帯によって、お客様の層や乗車するエリアも変わってきます。あなたなりのルートを見つけて回ることで、効率良く稼いでいきましょう。

もちろん合間に、昼食やトイレ休憩などをはさみながら仕事をしていきましょう。
決まった時間に、休憩や昼食時間がないため、自由に取ることができます。

また、お客様をお乗せしていない時も、一人の時間で休憩時間に近いため、役者や声優志望の方は、社内でセリフや発声の仕事をしているという話も聞きます。
時間を自由に使えるのは、とても良いですね!

勤務時間が終わる1時間前には、帰社できるように準備していきます。
途中で、お客様をお乗せする場合もあるので、早めの帰社準備が必要ですね。

帰社したら、その日の売上分を会社に入金いします。

最後に、車を洗車して、終わりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

都内のタクシードライバーは必須 地理試験とは?

地理試験

地理試験は本当に難しいです。
100点を取るのは、不可能に近いことです。

でも東京にはたくさんのタクシーが走っていませんか?
全員、試験に合格したからドライバーとして活躍できているんです。

東京のタクシードライバーは全員合格しているという事実・・・。つまり、合格するための傾向と対策があるのです。

タクシー運転手になるためには、地理試験を受けないといけないというけど、どんなものなの?

東京都でタクシー運転手になるためには、地理試験を受けなければならない地域があります。

地理試験受験が必要な地域

  • 東京都 [23区、武蔵野市、三鷹市]
  • 神奈川県
  • 大阪府

上記の、一都一府一県は、乗車率も高く、道路も混みあうため、運転が難しい地域とされています。
そのため、他にはない試験を受ける必要があります。

試験内容

  • 道路に関すること
  • 地名の読み方
  • 署名建造物について
  • 公園、名所、旧跡等について
  • 鉄道駅の所在

上記等の筆記試験になります。

問題数は、40問です。
32/40の正解で合格です! 正解率が80パーセント以上ですが、一般的な試験なので、事前に準備を行っていれば問題なく合格できます。
試験は、マークシート方式で、それぞれのタクシーセンターで受けることができます。

詳しくは、こちらのサイトをご確認ください。 → 東京タクシーセンター

地理試験のコツ

マークシート方式の試験のため、感で当てることができる!と考えることもできますが、意外と難しい問題もあるため、事前の予習が大切になってきます。

【過去問題】
下記のサイトに過去問題も配布されているため、一度見ておくことをお勧めします!

過去問題

タクシー運転手になるために、地理試験をパスしなければなりません。

乗務が始まると、人の多い地域や様々な地域にお客様を送り届けなければならないため、事前に地域について知っておくことは、とても重要なことです。
効率的な乗務のためには、しっかりと勉強しておきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーになるときの流れ 面接通過後の流れ

面接後の流れ

面接通過後に、実際に乗務を開始するまでの流れをまとめました。

各社少しの差はありますが、大枠は同じような流れで初めての乗務まで進んでいきます。

面接を通過 その後やることは?

健康診断を行います。

正式には、健康診断をクリアしないと正式には採用となりませんので注意してください。
せっかく働けることになったのに、普段の不摂生が原因で断念することになったり、事前にわかっていた内容であればもっと他の転職方法を考えたのにとなってしまいます。
説明会や面接時に確認をしてください。

また合わせて、免許の点数も判断します。
主な業務は「運転」が軸になっているため、これまで減点の多い方はやはり人柄は良くても不採用となってしまいます。

健康もこれまでの運転歴も、両方とも注意してください。

正式に内定が出た!

内定が出た会社で、入社手続き等を行います。

ここで大きく道が分かれるのは、二種免許を持っているか/持っていないか

持っていない場合は、二種免許取得のために[一種教習][二種教習]を行います。
最短10日で全ての教習を終わらせて、乗務員デビューできます。

※東京都の場合は、地理試験の合格が必須になります。

地理試験とは?

地理試験はハッキリ言って、「難しい」です。

ただ都内にはたくさんのタクシーが走っています。
ということは、多くのドライバーが試験に合格したという結果です。

地理試験にはコツがあります!
学校のテストと同じで、傾向と対策があるので、ポイントを押さえて勉強をすれば確実に合格できます。

地理試験に出題される問題

地理試験では、道路の名称、交差点の名称、著名な建造物、公園、名所、旧跡、鉄道の駅の所在などの問題が40問出題されて、32問以上(80%以上)の正解で合格です。

過去に出題された問題を見てみると、試験の出題方法はほぼパターン化されていて、配分は次のとおりです。

問題1・・・15問
問題2・・・10問
問題3・・・5問
問題4・・・5問
問題5・・・5問
合計で40問が出題されます。

問題1は幹線道路名と交差点名の問題、問題2は施設名の問題、問題3~問題5は、交差点の名称、首都高の名称と入口・出口、著名な建造物、公園、名所、旧跡、ホテル、病院、鉄道の駅の所在などの問題が出題されます。

問題3~問題5の1つの問題で、乗車地と降車地が示されて、その間に通過する交差点を順番に回答する難問が出題されます。

この難問は1週間程度の勉強では、とても回答出来るような問題ではありません。
この問題は回答出来ないという前提で臨むしかありません。

つまり、実際には40問出題されるのですが、この難問を除いた35問中32問以上に正解できるように準備する必要があります。間違っていい問題は3問だけということです。

地理試験の勉強方法

東京タクシーセンターの地理試験は、地理試験対策の勉強を行わないと合格が難しい試験です。
そのため、新人タクシードライバーが普通自動車二種免許を取得すると、ほとんどのタクシー会社やタクシー協同組合では、試験に特化した研修を準備しているはずです。

その研修で、上述したような地理試験の出題傾向や、合格するための勉強方法が示されるます。
各タクシー会社や共同組合では、会社や共同組合の威信を懸けて勉強方法を伝授すると思うので、その勉強方法に従って勉強すれば合格ができるはずです。

具体的には、過去の「問題1」と「問題2」で出題されている幹線道路・交差点・施設名を全て暗記します。

ここで出題される幹線道路・交差点・施設名は、過去の問題の分析でほぼ推定されているので、それらを全て覚えてしまいます。

「問題3」「問題4」「問題5」についても、上述した難問以外の問題に関しては、各会社や共同組合による過去の問題の分析で、出題される問題の範囲がほぼ推定されていると思うので、これらの問題が全て正解できるように丸暗記します。

また、東京タクシーセンターが作成している練習問題集にも、実際に出題される問題が多数含まれているので、この練習問題を全て正解できるまで勉強する、つまり全て丸暗記します。

地理試験合格後の流れ

地理試験に合格した人には、東京タクシーセンターの「新規講習」第4日目の終了後に、「講習修了証」「地理試験合格証」とともに、「運転者証」が交付されます。

「運転者証」は、タクシーの助手席の前にあり、写真・氏名などが表示されているで、見たことがある方も多いと思います。

翌日からは、実際に乗務する前に会社で行う研修が待っているはすです。

残念ながら地理試験に合格出来なかった方は、次回以降の地理試験に再度チェレンジすることになります。

面接合格後も油断できません!

一人前のタクシードライバーになるためには、たくさんの壁があります!

ただどれも必要で、超えなければならない壁のため、落ち着いて一つずつクリアしていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーの勤務時間

長時間働いているイメージのあるタクシードライバーの勤務時間はどのような種類があるのでしょうか。
会社によって多少変わってきますが、だいたい同じような時間帯となります。
これから働こうという方には気になる勤務体系を見ていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動が苦戦している時に考える解決策とは

転職活動をしていて、なかなか内定が取れないと、落ち込んでしまうことが良くあると思います。長引いてしまうと負担も増えてしまいます。ズルズルと負のスパイラルに落ちていかないよう、ここで冷静に見つめ直してみてはいかがでしょうか。

転職活動が苦戦している時に考える解決策とは

面接で「企業が聞きたいこと」に答えられているか考える

面接で面接官が何を求めているのかを考えることは、営業のスキルに似ています。自分に何を求めているのかを読んで元気良く簡潔に答えていきます。とはいえ、営業が得意な人ばかりではないし、迷ってしまいますね。
ただ、なかなか面接を突破できなくて困っている人多いのが、面接官の聞きたいことをきちんと把握してないケースです。例えば、「あなたの名前は?」と聞かれたら「山田一郎です」とか、シンプルに聞かれたことを答えればよいのです。それが、なぜか「うちの会社を志望する理由は何ですか」と聞かれると余計なことを話す人が多いのです。転職した理由に、前職を退職した(する)理由ばかり答えてしまい、長々と話して前職のグチのように捉えられてしまい悪印象、というケースが非常に多いです。転職理由を聞かれている場合には、あなたが『これから』『この会社で』何をしたいのか、という「転職で実現したいこと」というポジティブな意味で理由を聞きたいからです。面接における質問の真意をしっかり理解したうえで答えられるように心得ておきましょう。

転職理由の答え方

b_sub
前述のとおり、転職理由とは、「○○が嫌だったから、転職します」ということを聞いているわけではありません。それは退職理由であり、「転職によって実現したいこと」を含んだ「転職理由」とは違います。退職を決めたきっかけという過去の話ではない、これから何をしたいと考えているのかという未来の話をする必要があります。そのため、この回答だと「うちでも残業が発生したらすぐに辞めてしまうのでは?」と企業に捉えられ、活躍の可能性を信じてもらえないばかりか、マイナスの印象を与える可能性があります。

転職理由は、退職理由からポジティブに自己分析して考える

・なぜ残業を減らして早く帰りたいのか?
・なぜ会社に長く働き続けたいのか?
・自分にとって長く働ける会社とは?

ポジティブに退職理由に対して自問して考えてみましょう。「残業を減らして早く帰った分、社外の人脈を持って刺激にしたい。そこで得た経験を自社の仕事に還元していきたい」「長く働き続けることで、より高い専門性を身に付け、会社に貢献し続けることができる」転職によって実現したい理想の自分の姿がだんだん見えてきます。これは、本音のあなたの転職理由になります。
志望動機や企業でやりたいことに関しても、転職理由と転職で実現したいことがしっかり考えきれていれば、派生して簡単に答えることができます。

本音を語ろう あなたが仕事において何を重視しているのか

転職理由をする動機が何であっても、前職を辞めたということは、そこではあなたが仕事に対して求めるものに相違があったということですよね。
同時にそれが、次の仕事で叶えたいことでもありますよね。
面接官は、あなたの仕事に対する考え方を知り、応募している企業・職種とマッチするかどうかを判断しようとしているのと、実際に雇用したときに活躍してくれるかを見ています。

仕事に責任感を持って取り組めるか

転職先でも責任感をもってしっかり仕事をしてくれる人材かどうかは重要なポイントです。
具体的に分解すると、

・業務に支障が出るような問題を起こさないか
・仕事にきちんと取り組み、いい加減な仕事をしないか
・組織適応力があるか
・ストレス耐性があるか
・すぐに辞めてしまわないか

つまり面接官は、仕事に責任感を持って向き合い、企業に貢献してくれる人材かどうかを見極めています。
前職を辞めた理由から仕事に対するいい加減な態度が透けて見えるような人材には、次の職場でも信頼して仕事を任せることはできません。そのため、例えば「人間関係のトラブル」や「前職の仕事に飽きた」など、この点が不安に思われるような転職理由はそのまま話すべきではなく、言い方に工夫が必要です。

日本交通グループの蔦交通では人柄や可能性を重視して採用

vete2
初心者でも安心して働けるように、蔦交通では入社1年間は最大月給42万円を保証しています。しっかりと稼げるようになる期間を設けるために1年間の保証制度を用意しています。少しずつ経験を積み、先輩社員からアドバイスをもらう中でマイペースに成長してください。その間のフォローは会社がしてくれます。2種免許取得サポートや入社後のスキルアップも充実しているので、タクシー業界が初めての方でも十分に乗務できるようになります。これまで重ねてきた年齢が経験となり、お客様に喜んでもらえるチャンスになります。イベントや地域柄に特化して乗務したらお客様と仲良くなり、それ以来指名していただけたという嬉しい事もあります。 それぞれ個性に合わせて、誰でも伸ばすことができる長所があります。蔦交通で、安定して長く活躍していきませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【体験談】個人タクシーは苦情が多い?

個人タクシーでは、利用者の方が不快な思いをして苦情を入れるケースが多数あるそうです。なぜそのようなことが散見されてしまうのでしょうか。個人タクシーを開業して運行している方の中には、プロ意識とサービスマインド、高い志を持っている方もいます。悪い話が先行してしまうのは悲しい事ですが、その理由や苦情の内容などを考えていきたいと思います。

【体験談】個人タクシーは苦情が多い?

個人タクシーの苦情、体験談

・タクシーに乗った瞬間から、すごい勢いでタバコの臭いがして、気分が悪くなってしまった。
・クーラーが寒すぎて、乗っている間が辛かった
・1万円を出したらとても嫌な顔をされた
・近い距離だったのだが、行先を告げたら舌打ちをされた

個人タクシーには、上記のような苦情が寄せられているようです。もちろん、全てのドライバーの方がそうという訳ではありません。むしろ、丁寧で親切なドライバーさんの方が多いという声がほとんどです。良い思いをしましたという利用者もたくさんいるはずです。ただ、ここで一つ疑問になるのが、お客様として苦情を言いたい時どこに言えば良いのかという問題です。

個人タクシーの苦情の窓口は

個人タクシ―の場合は、所属している会社が無く個人事業主として働いているので、苦情が言えないと思われています。所属の会社はありませんが、窓口としては、個人タクシー協会や国土交通省に行くのが良いでしょう。体験談として蓄積されて、業界の質の向上にも繋がります。

個人タクシーの苦情が多い理由

やはり、所属している会社が無いという所に起因してしまうのかもしれません。また、サービスや接客のスキルも人によってばらつきがあるのは当然です。車両に関しても、会社が管理しているものと個人が管理しているものでは、差が出てきますね。もちろん個人タクシーは個性があるのが良い所でもあります。

大きな会社というのは、やはり教育がしっかりしているので大きな苦情に繋がるようなことは少ない傾向にあります。新卒の方や、初めてのドライバー転職の方は、最初は是非大きな会社で経験を積んでみることをおすすめします。個人タクシーのドライバーには経験を積まないとなれないので、大きな会社でサービスや接客に関しても学んでおくとプロへの近道です。

サービススキルのあるタクシードライバーになる方法

まずは、サービスに定評のある会社に入ることが大事です。日本交通グループは、サービス品質に高い評判があるのでお勧めです。サービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」に選ばれた優良企業であり、全車禁煙、カーナビ搭載・各種クレジットカード・電子マネー決済対応で働きやすさを重視しています。

タクシードライバーの求人でおすすめの会社

タクシードライバ―の求人でおすすめの会社は、日本交通グループの蔦交通です。未経験の方でも、最短18日間でプロの乗務員として乗務できるようにサポートがあります。二種免許取得も弊社は合格率は100%、きっと合格できます。介護や救命救急、認知症サポーターなど、普段の生活に活かせる研修や東京観光に関する知識の勉強など乗務をサポートする知識や売上に直結するスキルを学ぶ機会を会社がサポートしてくれます。

六本木ヒルズや東京汐留ビル・日テレVIP玄関・東京ミッドタウン・大学病院等・お台場周辺など、計38もの専用乗り場を用意しています。そのため、お客様を見つけるのではなく、お客様がお待ちの場所に行けば良いので、難しい技術は必要ありません。全車が効率的に乗車することができるため、あなたも乗務当初から、高水準の乗車率を得ることができます。

プロのサービスマンとして高いスキルを持った素敵な人になるために、蔦交通でチャレンジしてみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー運転手の定年はあるのか

タクシー運転手の方は、長く続ける方が多そうですが、定年はどうなっているのでしょうか。これから転職を考える方も、どのくらいまで活躍できるのかの目安として知っておきたいところですね。今回は、タクシードライバ―の定年について考えていきたいと思います。

タクシー運転手の定年はあるのか

タクシー運転手の定年は何歳くらい?

近年、タクシードライバーの高齢化が叫ばれていました。ただ、最近はタクシドライバ―の仕事に若い人がどんどん増えているようで、新卒採用も盛んに行われています。夢のために貯金をしたい方が頑張りが金額に現れる仕事を選ぶというケースや、将来自分で経営をしたい人が自ら戦略的に考えて売上を上げることが出来るこのタクシードライバーの仕事に興味を持つケースなど、新たなタクシー業界の流れが来ています。

タクシードライバーは、長く働ける仕事ですが、どの会社も60歳~65歳で定年を設けることが一般的なようです。ただそのあとは1年更新のアルバイト(嘱託)として働ける事業所がほとんどで、将来的な収入へのリスクも軽減できる仕事と言えます。通常であれば、なかなか定年を過ぎてから働く場所を見つけるのは難しいという方が多いようですし、長く働ける業界です。

タクシー運転手の定年後はどうするの?

1年更新のアルバイトや契約社員として定年後も働く方は多いのだそうです。また、個人タクシーの乗務員となっていれば少し違ってきます。ちなみに個人タクシーの場合でも、個人タクシーの申請を行えるのは35歳以上65歳未満となっており、75歳で定年と決められています。

タクシー運転手は女性でも定年まで働ける


タクシードライバーの女性は、年々増えています。女性ドライバーの採用に向けた取組、子育て中の女性が働き続けることのできる環境整備を行っているタクシー会社を、国土交通省が「女性ドライバー応援企業」と認定することにしました。平成27年に、女性ドライバーの数を倍増する計画(2013年 約6,700 人 → 2021年 約14,000 人)があるとも発表されています。

もちろん、女性に対する配慮や設備、待遇も整えられてきています。日勤勤務で働いている主婦の方もいます。「主人と高校生の息子を見送った後に出社するので、朝食やお弁当の準備もしっかりとできます。車の運転は好きだったので、働きだしてすぐに慣れることができました。」という意見もあります。女性でも長く定年まで安定して働くことが出来るのです。

タクシー運転手は免許を取れば手に職

タクシー会社は、日本中にたくさんあります。二種免許を持っていれば経験者として優遇されますし、手に職をつけたい人にとっては考える価値のある仕事だと思います。未経験スタートでも、大手日本交通グループ等のしっかりした教育がある会社なら安心して始めることが出来ます。

日本交通グループ蔦交通なら、未経験の方でも、最短18日間でプロの乗務員として乗務できるようにサポートがあります。二種免許取得も合格率は100%なので、きっと合格できます。

タクシー運転手に転職するなら蔦交通


タクシードライバ―になるのに不安な方は、収入面で思い悩んでいる方もいるのではないでしょうか。「私にも稼げるかな。」蔦交通なら、乗務を開始して全員がすぐに稼げなくても心配することはありません。安心して働いてもらえるよう、またしっかりと稼げるようになるための準備期間として1年間も給与保証があります。その間の期間は、35万円の月給が保証されます。

一日出勤したら、次の日はお休み。月間16日の勤務でOKです!つまり月の半分(50%)がお休みということになります。たくさん稼げて、たくさん休める会社が蔦交通です。長く、安定した環境で高い収入を目指していきませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本交通グループ、中国人向け決済「WeChat Pay」開始

株式会社新生銀行のグループ会社、株式会社アプラスは、都内最大手のタクシー会社である日本交通グループのJapanTaxi株式会社と、中国人向けモバイル決済サービス「WeChat Pay(微信支付)」を、1月27日(金)から開始します。日本交通株式会社の東京23区、武蔵野市、三鷹市で運行するタクシー全車両約3,500台に設置するデジタルサイネージ端末でWeChat Payの取り扱いを開始します。

日本交通グループ、都内タクシーに、中国人向け決済サービス「WeChat Pay」の取り扱いを開始

WeChat Payとは

女性中国ではスマートフォンとWeChat(微信)が広く支持されています。ちなみにWeChat(微信)とは、日本でいうところのLINEのような存在です。その急速な普及で、スマートフォン等のモバイル端末を利用した決済が急増しています。
中でもこの「WeChat Pay」は、中国国内だけではなく、海外にも進出するほど規模を広げています。日本でも導入され、その利用者数を伸ばし続けています。「WeChat Pay」の利用方法ですが、銀行情報を登録が必要です。オンライン上の決済はもちろん、実際の店舗での決済もこちらで可能です。
店舗での利用手順としては、設置されているタブレットのQRコードをスマートフォンで読み取るだけで完了です。(WeChat(微信)がスマートフォンにダウンロードされている必要があります。)「WeChat Pay」は、デビットカード利用時のようにすぐに引き落とされる仕組みになっています。
中国では、日本に比べてスマートフォンを始めとした、モバイル端末を使った便利な決済サービスが、急速に浸透しています。

WeChat Payは、日本で普及しているのか

買い物
マスコミなどでも報道されていますが、訪日中国人の消費が日本の経済にとって大きな影響力を及ぼしています。中国人が日本を訪れた時に、普段よく利用している「WeChat Payment」が使えることにより購買が促進されると期待されています。日本では、入ってきたばかりで、徐々に導入が進んでいる最中です。
ただ、「WeChat Payment」は決済をするだけにとどまらず、多彩な可能性があるため今後にますます期待ができると言われています。
「WeChat Payment」で決済した場合、店舗のWeChatアカウントを自動でフォローするような仕組みが組み込まれています。例えば、WeChatアカウントを通して購入者と交流したり、クーポンを配布したり、お知らせを送ったり、ネットショップの宣伝を送ったりという仕組みになっています。また同時に、店舗や事業主が欲しいマーケティング情報も取ることができます。購入者の性別、年齢、居住地といったWeChat(微信)の登録データを活用できます。

国際的に活躍できるタクシードライバーなら日本交通グループ蔦交通がおすすめ


このように、増加する訪日外国人への対応やサービスの向上など、日本交通グループでは、常に新しい取り組みを行っています。
日本交通グループでは、「エキスパートドライバーサービス」という新しいタクシーの形を作っています。「エキスパートドライバーサービス」とは、観光・子育て・介護分野のそれぞれに特化したサービスです。
日本交通のタクシードライバーは運転だけにとどまりません。国際的に活躍したい観光が好き、人と話すのが好き、そんな方におすすめしたいのが「エキスパート観光ドライバー」です。
少人数で東京観光を楽しむお客様へ、東京観光ガイドを含めた最上のおもてなしを提供するのがこの仕事です。お客様だけの旅の思い出を演出する仕事です。
海外からいらっしゃるお客様も少なくないため、語学力やコミュニケーションスキルをお持ちであれば、活躍の場をさらに広げることが可能です。(現在は英語・中国語・フランス語・ドイツ語・アラビア語に対応)
もちろん、ドライバーとしての所作・立ち居振舞いや観光知識などを身に付けられるしっかりとした研修体制を整えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホ決済サービス、日本交通タクシーに導入へ

日本交通グループのタクシーに、現金の出し入れをすることなく、スマートフォンのみで決済できる「Origami Pay」(オリガミペイ)、「Alipay」(アリペイ)が導入されます。日本交通グループ、Japantaxiの「IT×交通、モビリティ・イノベーション」に則り、ユーザエクスペリエンスを徹底的に追求するという理念と、Origamiの 「コマースを通じて、消費者とお店をより近づける。」という理念が、互いに共感したことで、今回実現にいたりました。タクシーがますます便利になることで、国内外の利用者の拡大を見込んでいます。

スマホ決済サービス、日本交通タクシーに導入へ

スマホ決済、導入キャンペーンの実施

takushi01-sub東京23区内、対象3,500台の「Origami Pay」が導入されたタクシー車両にて、「Origami Pay」を利用してタクシー乗車料金をお支払い頂くと、2017年1月27日(金)から2017年3月31日(金)の期間、その場でOrigamiより乗車料金の10%分を優待してくれるそうです。

スマホ決済サービス、タクシーでの操作方法

タクシー内の助手席後部に設置されている「TokyoPrime」端末で、タクシーの乗車料金お支払時にお支払金額と決済方法の選択画面を表示、Origami Payを選択するとQRコードが表示され、OrigamiアプリにてQRコードを読み取ることによりお支払い完了できます。Alipayを選択する場合は、反対にQRコード読み取り画面が表示され、Alipayアプリに表示されるQRコードを読み取らせることでお支払いが完了します。
また、「TokyoPrime」端末上では、Origamiアプリのインストール方法や利用方法を紹介しています。

Origami Payとは

スマホ
スマホ決済サービス「Origami Pay」とは、スマートフォン内に財布を持つ感覚で、便利でお得な決済手段として利用できます。店舗に関してはオンライン、オフラインの区別なく販促支援をスムーズに行う仕組みとして、ご利用いただけるサービスです。
店舗での、導入も簡単です。広く流通しているPOSレジをそのまま活用できます。Origamiが独自に開発したiPadベースのアプリケーション「Origami for Business」をインストールして、かんたんな設定をするだけでサービスの導入が可能です。利用者は、「Origami」アプリに、クレジットカードを登録するだけで決済が可能になります。
今ではほとんどの人が持っているスマートフォン一つで、支払いが全て済むという形は、これから、ますます広がっていきそうです。

Alipay、アリペイとは

支付宝(アリペイ)とは世界的に有名な「アリババグループ」の中国最大のオンライン決済サービスです。中国では元々、クレジットカードも文化や習慣の違いによりそこまで浸透していませんでした。中国では、クレジットカードではなくデビットカード「銀聯」が一般的に使われていて、日本でも空港や銀座等の一部店舗では支払が可能です。そして、近年急激に普及しているのがこのAlipay、アリペイです。
Alipay、アリペイの仕組みは、チャージしたお金から支払いを行うというものです。中国の人口の多さもありますが、その取引量は今や膨大な金額になっています。

日本交通グループとは

男性
日本交通グループは、サービス業【ハイヤー・タクシー部門】で7年連続1位を獲得しています。前年比5.5%の増益となっています。一人一人の売上が高い=給与額も大きいことが、高い業績に繋がっています。(「日経MJ」2016発行掲載データより)労働環境が一流である証のサービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」に選ばれた優良企業であり、全車禁煙、カーナビ搭載・各種クレジットカード・電子マネー決済対応で働きやすさを重視しています。業界に先駆け黒タクやアイドリングストップ車を導入し車両装備も充実しています。メディア掲載実績(TBS、テレビ東京、日経ビジネス系)も多数があり、認知度も高く、高い成長性のある、いま勢いのある会社です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加