タクシードライバー基本情報

日本交通グループ、中国人向け決済「WeChat Pay」開始

株式会社新生銀行のグループ会社、株式会社アプラスは、都内最大手のタクシー会社である日本交通グループのJapanTaxi株式会社と、中国人向けモバイル決済サービス「WeChat Pay(微信支付)」を、1月27日(金)から開始します。日本交通株式会社の東京23区、武蔵野市、三鷹市で運行するタクシー全車両約3,500台に設置するデジタルサイネージ端末でWeChat Payの取り扱いを開始します。

日本交通グループ、都内タクシーに、中国人向け決済サービス「WeChat Pay」の取り扱いを開始

WeChat Payとは

女性中国ではスマートフォンとWeChat(微信)が広く支持されています。ちなみにWeChat(微信)とは、日本でいうところのLINEのような存在です。その急速な普及で、スマートフォン等のモバイル端末を利用した決済が急増しています。
中でもこの「WeChat Pay」は、中国国内だけではなく、海外にも進出するほど規模を広げています。日本でも導入され、その利用者数を伸ばし続けています。「WeChat Pay」の利用方法ですが、銀行情報を登録が必要です。オンライン上の決済はもちろん、実際の店舗での決済もこちらで可能です。
店舗での利用手順としては、設置されているタブレットのQRコードをスマートフォンで読み取るだけで完了です。(WeChat(微信)がスマートフォンにダウンロードされている必要があります。)「WeChat Pay」は、デビットカード利用時のようにすぐに引き落とされる仕組みになっています。
中国では、日本に比べてスマートフォンを始めとした、モバイル端末を使った便利な決済サービスが、急速に浸透しています。

WeChat Payは、日本で普及しているのか

買い物
マスコミなどでも報道されていますが、訪日中国人の消費が日本の経済にとって大きな影響力を及ぼしています。中国人が日本を訪れた時に、普段よく利用している「WeChat Payment」が使えることにより購買が促進されると期待されています。日本では、入ってきたばかりで、徐々に導入が進んでいる最中です。
ただ、「WeChat Payment」は決済をするだけにとどまらず、多彩な可能性があるため今後にますます期待ができると言われています。
「WeChat Payment」で決済した場合、店舗のWeChatアカウントを自動でフォローするような仕組みが組み込まれています。例えば、WeChatアカウントを通して購入者と交流したり、クーポンを配布したり、お知らせを送ったり、ネットショップの宣伝を送ったりという仕組みになっています。また同時に、店舗や事業主が欲しいマーケティング情報も取ることができます。購入者の性別、年齢、居住地といったWeChat(微信)の登録データを活用できます。

国際的に活躍できるタクシードライバーなら日本交通グループ蔦交通がおすすめ


このように、増加する訪日外国人への対応やサービスの向上など、日本交通グループでは、常に新しい取り組みを行っています。
日本交通グループでは、「エキスパートドライバーサービス」という新しいタクシーの形を作っています。「エキスパートドライバーサービス」とは、観光・子育て・介護分野のそれぞれに特化したサービスです。
日本交通のタクシードライバーは運転だけにとどまりません。国際的に活躍したい観光が好き、人と話すのが好き、そんな方におすすめしたいのが「エキスパート観光ドライバー」です。
少人数で東京観光を楽しむお客様へ、東京観光ガイドを含めた最上のおもてなしを提供するのがこの仕事です。お客様だけの旅の思い出を演出する仕事です。
海外からいらっしゃるお客様も少なくないため、語学力やコミュニケーションスキルをお持ちであれば、活躍の場をさらに広げることが可能です。(現在は英語・中国語・フランス語・ドイツ語・アラビア語に対応)
もちろん、ドライバーとしての所作・立ち居振舞いや観光知識などを身に付けられるしっかりとした研修体制を整えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホ決済サービス、日本交通タクシーに導入へ

日本交通グループのタクシーに、現金の出し入れをすることなく、スマートフォンのみで決済できる「Origami Pay」(オリガミペイ)、「Alipay」(アリペイ)が導入されます。日本交通グループ、Japantaxiの「IT×交通、モビリティ・イノベーション」に則り、ユーザエクスペリエンスを徹底的に追求するという理念と、Origamiの 「コマースを通じて、消費者とお店をより近づける。」という理念が、互いに共感したことで、今回実現にいたりました。タクシーがますます便利になることで、国内外の利用者の拡大を見込んでいます。

スマホ決済サービス、日本交通タクシーに導入へ

スマホ決済、導入キャンペーンの実施

takushi01-sub東京23区内、対象3,500台の「Origami Pay」が導入されたタクシー車両にて、「Origami Pay」を利用してタクシー乗車料金をお支払い頂くと、2017年1月27日(金)から2017年3月31日(金)の期間、その場でOrigamiより乗車料金の10%分を優待してくれるそうです。

スマホ決済サービス、タクシーでの操作方法

タクシー内の助手席後部に設置されている「TokyoPrime」端末で、タクシーの乗車料金お支払時にお支払金額と決済方法の選択画面を表示、Origami Payを選択するとQRコードが表示され、OrigamiアプリにてQRコードを読み取ることによりお支払い完了できます。Alipayを選択する場合は、反対にQRコード読み取り画面が表示され、Alipayアプリに表示されるQRコードを読み取らせることでお支払いが完了します。
また、「TokyoPrime」端末上では、Origamiアプリのインストール方法や利用方法を紹介しています。

Origami Payとは

スマホ
スマホ決済サービス「Origami Pay」とは、スマートフォン内に財布を持つ感覚で、便利でお得な決済手段として利用できます。店舗に関してはオンライン、オフラインの区別なく販促支援をスムーズに行う仕組みとして、ご利用いただけるサービスです。
店舗での、導入も簡単です。広く流通しているPOSレジをそのまま活用できます。Origamiが独自に開発したiPadベースのアプリケーション「Origami for Business」をインストールして、かんたんな設定をするだけでサービスの導入が可能です。利用者は、「Origami」アプリに、クレジットカードを登録するだけで決済が可能になります。
今ではほとんどの人が持っているスマートフォン一つで、支払いが全て済むという形は、これから、ますます広がっていきそうです。

Alipay、アリペイとは

支付宝(アリペイ)とは世界的に有名な「アリババグループ」の中国最大のオンライン決済サービスです。中国では元々、クレジットカードも文化や習慣の違いによりそこまで浸透していませんでした。中国では、クレジットカードではなくデビットカード「銀聯」が一般的に使われていて、日本でも空港や銀座等の一部店舗では支払が可能です。そして、近年急激に普及しているのがこのAlipay、アリペイです。
Alipay、アリペイの仕組みは、チャージしたお金から支払いを行うというものです。中国の人口の多さもありますが、その取引量は今や膨大な金額になっています。

日本交通グループとは

男性
日本交通グループは、サービス業【ハイヤー・タクシー部門】で7年連続1位を獲得しています。前年比5.5%の増益となっています。一人一人の売上が高い=給与額も大きいことが、高い業績に繋がっています。(「日経MJ」2016発行掲載データより)労働環境が一流である証のサービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」に選ばれた優良企業であり、全車禁煙、カーナビ搭載・各種クレジットカード・電子マネー決済対応で働きやすさを重視しています。業界に先駆け黒タクやアイドリングストップ車を導入し車両装備も充実しています。メディア掲載実績(TBS、テレビ東京、日経ビジネス系)も多数があり、認知度も高く、高い成長性のある、いま勢いのある会社です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーの転職に向いてる人、不向きな人

タクシードライバーの方について、想像したりイメージはつきやすいですが、どんなスキルが必要でどんな人が向いているのか分からない人が多いのではないでしょうか。「タクシードライバーを目指して志す人ってどんな人なんだろう?」「タクシードライバーになろうと思ったけど、私にもできるのかな?」そんな疑問に今回はお応えしていきたいと思います。

タクシードライバーの転職に向いてる人、不向きな人

タクシードライバーの希望者は意外に多い

タクシードライバーの希望者は、意外と多いです。背景には、多様なシフトが生まれていることや、女性ドライバーの推進を、国が後押ししていることもあります。もちろん、未経験や業務で運転したことのない方もタクシードライバーに挑戦するというケースが増えています。

タクシードライバーに向いてる人とは

もちろん、タクシードライバーは運転が出来なければ仕事になりません。当然ですが、運転が好きな方が向いています。逆に、運転が嫌いな人は辞めた方が良い仕事です。今は運転が苦手だけれど、好きだから上手くなりたいというケースなら大丈夫です。タクシードライバーの研修の間や、勤務の最中にどんどん上達していきます。
また、タクシードライバーはサービス業でもあります。接客が好きな方はとても向いていますし、人当たりが良く誰とでも気兼ねなく話せるタイプの方は楽しく仕事ができるでしょう。
タクシードライバーに転職する方で、以前に他の車種のドライバーをやっていた方に覚えておいてほしいのは、運転だけにとどまらないという点です。ドライバー関係の仕事をしていたとしても、タクシードライバーは接客と運転の両方のスキルを求められるということを頭に置いておきましょう。
転職して、後悔しないコツです。

タクシードライバーになるための条件とは

会社によって様々ですが、普通自動車免許を所持していること、健康で運転に支障のない事、コミュニケーションが取れる事、年齢制限などが最低条件として挙げられることが多いようです。この年齢制限については、その時々によって、あるいは会社によって変わったりするのでよく確認しましょう。

タクシードライバーになる理由

タクシードライバーになる人の理由は、様々です。大きく分けて接客、お金、運転に関する理由が多いようです。

【接客】
・昔から接客業がしたかった、ハイレベルな接客が学べるという事で入社した。
・年齢関係なく長く続けられる接客業だと思ったから。

【お金】
・自分の頑張り次第で高収入が目指せる仕事だから。
・正社員雇用で安定しているし、入社してからの給与保証もあって安心だから。

【運転】
・運転が好きで、それを仕事に出来たら嬉しいと思った。
・電車に当たらない時間にスタートする仕事やシフト制、マイカー通勤ができるところが自由で良い。

タクシードライバーになるメリット

タクシードライバーになるメリットはたくさんあります。特に、日本交通グループ蔦交通なら、月の半分は休みなので高齢になても現役で長く活躍することができます。
またスタートして1年間、35万円の月給が保証されます。転居を伴う勤務の場合は、月額家賃2万円(年間24万円)を会社が負担してくれます。タクシーは、地方より都内の方が圧倒的に稼げる環境にあるため、その環境は是非活かしていきたいですね。
2種免許取得サポートや入社後のスキルアップも充実しているので、タクシー業界が初めての方でも十分に乗務できるようになります。また2種免許を持っていなくても普通1種免許を取得後、3年経っていれば大丈夫です(AT限定も可)。入社後、提携先の公認教習所で2種免許を最短8日間で取得できます。もちろん免許取得費用は全額会社が負担なので安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー運賃、確認して乗車可能に、来年度実験

国土交通省は、タクシーの運賃を乗車前に提示するサービス導入の検討を始めました。タクシーに関しては、「運賃がいくらかかるか分からない」「ぼったくりでは」という不安がある方もいます。そんな不安要素の解消をはかるために開発が進んでいます。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、外国人観光客が安心して乗れるように、進化していったら良いですね。

タクシー運賃、確認して乗車可能に、来年度実験

世界から見た日本のタクシー

300_200_1タクシーで、1000円払うとどこまで走れるかを比較してみると。日本のタクシーは、結構高いことが分かります。タクシー料金が安い国を見ていくと、インドのデリーでは、86.960km、タイのバンコクでは、55.399km、メキシコのメキシコシティでは46.564kmという数字が出てきます。それに比べて東京は、2.896kmと短距離しか走ることができません。ただ、ヨーロッパ諸国でもタクシー代は高い傾向にあります。日本以外のアジア諸国では、ほとんどの国で1000円でかなり長い距離を走ることが出来るようです。日本のタクシーが高い理由は、タクシーのサービスをやっていくうえで定められた制度や経費にお金がかかるからです。代表的なのが、人件費、燃料費、車両価格、保険料、車検費用、メンテナンス費用、税金等の日本で事業を営む上で欠かせない項目です。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、外国人観光客にも料金に関して不安を取り除いて分かりやすくする必要がありますね。

タクシー運賃が事前に分かる

bi_sub今までは、事前に料金が分かると言えば定額制タクシーを利用することぐらいでした。地域にもよりますが、料金が5000円以上になるなら、定額制タクシーサービスを探してを利用すると良いようです。料金は、最短距離で計算して決められていることがほとんどです。渋滞、回り道、時間課金に関する不安が無くなります。または、節約するとしたら相乗りするという方法をとることです。自分と同じ乗り場から、同じ目的地へ向かう人が近くにれば実行できますね。
今回の事前に運賃を確認できる仕組みは、スマートフォンでタクシー予約をする既存の「配車アプリ」をもとに、現在地や目的地を入力すれば、運賃を自動計算して表示します。金額を見てから、利用するかどうかを決められるようになります。サービスは配車を依頼する場合でも、路上で走っているタクシーを拾う場合でも利用できるようにする見込みです。タクシー運賃は、渋滞などによって同じ区間でも運賃に差が出ることもあります。渋滞情報やGPSなどを使ってなるべく実態に近い金額を自動計算できるよう開発が進められています。

ドライバーの技術は

ただ、精度の高いシステムを開発すると言っても、タクシーなど自動車は渋滞や事故などそのときの交通状況、環境要素が関わってきますので、限りなく正確に算出することはかなり難しいことです。ドライバーとしての経験、判断で裏道ルートを辿ったほうがお客さんにとっても良かったということもあるでしょうし、タクシードライバーのプロとしてのスキルは、重要であることに変わりはないでしょう。最悪でもメーターがその金額を超えても安いほうを選択できる制度なのは、先に納得してもらうことで揉め事が起きるリスクが低くなるからかもしれません。人は納得できないものには、お金を払いたくないものですよね。

安定のタクシードライバーなら蔦交通

日本交通グループ蔦交通は、葛飾区にある会社のため、浅草や柴又、スカイツリーなどの観光地が近くタクシーを利用する方が多くいらっしゃる環境です。
日本交通グループの蔦交通なら、定年後も定時制雇用として70歳まで雇用することができます。若い人にはない視点からのサービスがお客様に大変ご好評で、みんなが活躍しています。 まだまだ働けるのに、年齢を理由にあきらめてしまうのはもったいないことです。年を重ねてきたからこそできる気配りや仕事への取り組みがきっとあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花王めぐりズム タクシー、期間限定運行。

ほっとやわらぐ、ひとときを通して、調子のいい毎日をサポートするヘルスケアブランド「めぐりズム」と、Japan Hospitalityをテーマに快適な移動空間を追求し続ける日本交通が、コラボレーション。「めぐりズム タクシー」を通して、がんばる皆さまに「ほっとやわらぐ」ひとときをご提供いたします。そのサービス概要について今回はご紹介します。

花王めぐりズム タクシー、期間限定運行。

めぐりズム タクシー 概要

運行事業者:日本交通株式会社
運行期間 :2016年11月21日(月)~12月25日(日)
運行エリア :都内23区・武蔵野市・三鷹市
運行台数 :400台
料 金 :タクシー運賃・料金に則る
サービス内容 :
長距離移動をご利用の皆さま、空港へ向かわれる方を中心に「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 1枚」をプレゼント致します。プレゼントは数に限りがあります。予めご了承ください。

眼精疲労で頭痛も起こる

300_200今や、国民病になりつつある眼精疲労です。まず疲れ目というのは、休憩によって回復するのが眼疲労。休憩をとっても目の痛みや霞(かすみ)、頭痛などの症状が残るのを「眼精疲労」と言います。一般的に疲れ目と言っているのは前者で,眼精疲労はそれよりも重い慢性的な症状を指します。眼精疲労の主な自覚症状は充血、かすみや視力の低下などがあげられます。また目以外でも、身体の痛み、胃痛や食欲不振、便秘などが起こることがあります。さらに進行してしまうと、イライラや不安感、抑うつといった症状へも発展することがあります。早めにケアして治しておきたいですね。

めぐりズム 蒸気でホットアイマスクとは

働き続けた目を心地よい蒸気で温めるアイマスク。つけた瞬間から、約40℃の心地よい蒸気が大切な目と目元をやさしく包み込みます。一日の緊張感から解き放たれて、気分まで奥からじんわりほぐれていきます。伸縮性のあるやわらかなアイマスクなので、負担が無く顔にフィットします。ホットアイマスクで目の筋肉の緊張を解いてあげることで、疲れ目による目のトラブルはかなり減らす効果があります。また、目の疲れだけではなく、全身疲労にも効果的です。人の目の動きをコントロールしているのは、動眼神経で、人をリラックスさせる働きがある副交感神経だと言われています。目を温めると、副交感神経が働いて、体内の血流の循環を良くし全身疲労を和らげてくれる効果があります。寝ても疲れが取れない方も、ためしてみる価値がありそうですね。

サービスなら蔦交通

日本交通グループの蔦交通では、このようにお客様に喜んでいただけるサービスを次々に展開しています。蔦交通の母体である日本交通は、サービス業【ハイヤー・タクシー部門】で7年連続1位を獲得しています!直近の業績では、前年比より5.5%の増益となっています。他社に比べ、売上は乗務開始から数年後に大きくリードしています。一人一人の売上が高い=給与額も大きいことが、高い業績に繋がっています。(「日経MJ」2016発行掲載データより)労働環境が一流である証のサービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」に選ばれた優良企業であり、全車禁煙、カーナビ搭載・各種クレジットカード・電子マネー決済対応で働きやすさを重視しています。業界に先駆け黒タクやアイドリングストップ車を導入し車両装備も充実しています。メディア掲載実績(TBS、テレビ東京、日経ビジネス系)も多数があり、認知度も高く、高い成長性のある会社です。サービス業でありながらも、珍しく日曜日をお休みにすることができます。プライベートな時間を大切にできる環境です。ご家族のため、自分のために是非時間を有効にお使いください。一日出勤したら、次の日はお休み。月間16日の勤務でOKという事です。月の半分(50%)がお休みで、たくさん稼げて、自分のサービスを磨くことが出来る会社が蔦交通です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉄道業界からの転職、男女共に強みを活かして働くコツとは?

tetsu_top鉄道業界から転職を考える方は、意外と多いようです。ただ、一般の会社と少し違うところもあるかと思いますので転職に向いている職業をご紹介していきたいと思います。今よりもやりがいも待遇もアップするような転職が出来ると良いですね。

鉄道業界からの転職、男女共に強みを活かして働くコツとは?

鉄道の仕事の特徴

鉄道業界の仕事は、時間にきちんとしていて、お客様を確実に送り届けるという特徴があげられます。また、時刻表を読むのが好きな方や電車や車の車体が好きな方が多いようです。駅で働くお仕事をされている方なら、お客様の対応で窓口業務を担当していた方もいて、接客に慣れている方も意外と多いそうです。普通の接客業と違うのは、迅速で的確な仕事がより求められるという点です。急いでいる方や、長距離の切符や定期が欲しい等要望も多岐に渡ります。鉄道業界で経験を積まれている方は、大変貴重な経験を積まれていると言えそうです。

鉄道業界からの転職ならタクシードライバーがおすすめ

taxi_sales_tokyo01-2鉄道業界からの転職で、ドライバーに転職しようと考え、頑張りが収入に直結する仕事が良いならタクシードライバーがおすすめです。ドライバー業界の中で、売り上げが給与に結び付く仕事は少なく、タクシードライバーは珍しい仕事です。また、しっかりした大きな会社が多いので、長く働くための福利厚生が整っている事が多いです。鉄道業界で頑張ってきた方なら、すぐに仕事を楽しむことが出来るのではないでしょうか。
鉄道業界の方で勤務後の明け休みに魅力を感じている方は意外と多く、「次も明け休みのある仕事が良い」と転職先を探す方がいるようです。タクシードライバーは、1回働いたら次の日は休みです。1ヶ月のうち半分が休みと言う計算になり、自由な時間にプライベートも充実させることができます。

自分にしかできない仕事ができる

鉄道業界とタクシードライバーで大きく違うのは、目的地に送り届けるまでの選択肢がいくつもあることです。電車であれば、線路が繋がっていて経路が決まっています。きちんと管理されているので渋滞もありません。しかし、タクシーはお客様の目的地やご希望、道路状況によって経路を自分の裁量で変えることができます。今の時代に、なかなか自分にしかできない仕事に巡り合うことは無いかもしれませんが、タクシードライバーであればそれを実現することが出来ます。中には、裏道に詳しくなったり、渋滞回避のプロになったり、乗り心地にこだわったりと工夫を凝らしている方もいるそうです。

女性ならではの優しさを活かせるサービス

driver_night_subタクシードライバー業界では、女性ならではの優しさを活かせる職場があります。一般的に男性ばかりの職場と考えられがちですが、女性も多く活躍しています。特に日本交通グループで言うと、キッズドライバーやケアドライバーといったホスピタリティが活かせる場所で、お客様のお役に立ってお褒め頂くといった事例が多数上がっているそうです。男性では気付きにくい細かい体調の変化や、車内温度への気遣いが出来る細やかな部分がお客様の満足度に繋がります。元鉄道業界の方も「私の強みや能力を活かせるところはここだった!」と毎日生き生きと仕事をされているそうです。

タクシードライバーでおすすめの会社

タクシードライバーの中でも、待遇面で特におすすめの会社があります。それは、日本交通グループの蔦交通です。6年連続業界売上ナンバー1である日本交通グループとあって、教育体制がしっかり整っていて、未経験からでも安心してスタートすることができます。地図が苦手という方にも、充実した地理研修が用意されているので安心です。また蔦交通では、アットホームな雰囲気で観光名所の浅草エリアや東京スカイツリーも近く、売り上げを伸ばしやすい環境です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本交通、川鍋一朗会長の経歴

最近メディアでも話題の日本交通株式会社社長の川鍋一朗会長ですが、どのような経歴の持ち主なのでしょうか。日本交通グループは、業界6年連続売上ナンバー1の、最大手企業です。東京の大手タクシー会社、4社を引っ張るリーディングカンパニーです。気になる社長の経歴を見ていきたいと思います。

日本交通株式会社、川鍋一朗会長の経歴

日本交通株式会社の3代目川鍋一朗会長

慶應義塾大学経済学部を卒業し、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院修了されました。コンサルタントとしてマッキンゼー日本支社勤務を経て2000年、家業である日本交通に入社します。専務、副社長を経て、2005年より社長に就任します。日本交通株式会社の3代目の社長です。 2009年10月には、元内閣総理大臣中曽根康弘の孫である文子さんと結婚されています。

ガイアの夜明けにも出演、日本交通の快進撃

日本交通に入社してから、負債1900億円を抱える危機的な状況だという事を知り、建て直しの道を奔走しました。バブル期のしわ寄せで経営状態が悪化していて、必死なあまり社員にきつい言葉を浴びせてしまったり、リストラやコスト削減に走る辛い時期を耐え忍びました。社長自ら「暗黒の5年」という名前を付けるほど必死だったようです。社員に背を向け続けてしまっていた当時、「アメリカ帰りのエコノミスト」と言われ、現場で汗を流す人の気持ちがわからないという意味で辛辣に揶揄されていました。こうした時期に転機が訪れたのは、経営者として追い詰まってギリギリの状態で、もう後がない時に実行したある取り組みでした。

タクシー王子、東京を往く

それは、2007年大晦日から2008年1月28日までの1カ月間タクシードライバーとして乗務することです。このことをまとめた「タクシー王子、東京を往く」という本も出版されています。社長が乗務することに対して、社員からは反対の声がほとんどだったそうですが、考えるよりもまず行動だというスタンスで実行されたそうです。川鍋会長曰く、この経験で得たことで1番価値があったのは、社員からの共感だったそうです。社長自ら乗務するという取り組みは、川鍋会長を一気に世に知らしめるものにもなりました。

川鍋一朗会長の打ち出したサービス

kaicho_subスマートフォンでタクシーが呼べるアプリの開発や、日本交通グループのエキスパートドライバーサービス等様々な事を打ち出しました。特に、日本交通グループのエキスパートドライバーサービスは、「観光」「キッズ」「ケア」に特化したプロフェッショナルを育成してお客様に高品質なサービスを提供する話題のサービスです。具体的には、観光ドライバーは東京の観光名所を一緒にまわってガイドのようなことをしたり、キッズドライバーはお子様のお稽古事等の送り迎えで成長を一緒に見守っていく、運転だけにとどまらないサービスを確立させました。ケアドライバーはご高齢であまりお出かけができなくなってしまった方のサポートをしたりして、お客様からたくさんの感謝の言葉を頂いています。

日本交通グループで働いてみたくなったら

日本交通グループの蔦交通がおすすめです。経験を積んでいくと前述のエキスパートドライバーに成長できる可能性も十分にありますし、未経験からでも安心して働くことができます。未経験スタートなら、入社後1年間は月給35万円の給与保証があります。教育も大手日本交通グループのしっかりしたものが受けられますので、免許があって車の運転が好きなら大丈夫です。6年連続売上ナンバー1の日本交通グループ、蔦交通はこれからも沢山の価値を世の中に提供していける職場です。蔦交通で、毎日活き活きと活躍してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サービス業への転職

サービス業への転職が不安

ser_top今まで一般の会社員だった場合、サービス業に不安がある方もいるでしょう。ですが、どの仕事も最初はみんな初心者です。不安に思っている分、仕事を始めてからの伸びしろも大きいのではないでしょうか。お客様からの「ありがとう」が直接頂ける場所で働いてみたいな、という純粋な気持ちを大切に、未経験からでも楽しく自分のペースで働けるお仕事をご紹介していきたいと思います。サービス業への転職が不安な方も、きっと安心できる職場です。

サービス業への転職なら蔦交通のドライバーが良い

サービス業と聞いて、もしかしたら意外かもしれませんが、タクシードライバーへの転職がおすすめです。なぜなら蔦交通のタクシードライバーになると、収入面でも飲食店等で働くより安定しています。そして自分の時間もしっかりと確保できる上、業界売上ナンバー1のしっかりとした接客・売上アップ研修やマニュアルがあり、やる気が成長につながる環境があるからです。とはいえ、いきなりサラリーマンや、フリーター、主婦、様々な背景で働いていた人が新しいことを始めるにあたって、「何故、蔦交通ならサービス業デビューにもおすすめなの?まだ不安!」と思う方もいるでしょう。以下は、サービス業で実現したい生活を、いかに蔦交通で実現できるかご紹介していきます。

接客が未経験

ser_subタクシードライバーは、接客サービス業です。ただ、レストランやホテルの接客と違い、お客様と接するポイントが大きく異なります。「しゃべるのが苦手で、そんなに初対面の人とお話できない」という方がいるかもしれませんが、中にはお疲れでお話をするのも苦しいお客様もいます。そんなお客様それぞれの事情に合わせて、臨機応変な態度をとれるのも良いサービスマンと言えます。実は、良いサービスマンと呼ばれるような方達には「元々は人見知りでした。」という方も多いです。お客様とのお話も、自分のペースでゆっくりと進んでいけば良いのです。笑顔は緊張してもなるべく忘れずに、楽しい雰囲気を作りましょう。蔦交通なら、未経験初心者でも同乗研修など、充実した研修がありますので安心してスタートできます。

サービス業って稼げるの?

色々調べていると、サービス業全体の給料がとても安いことに気が付くと思います。確かに、全体的にお給料が安い会社も多いようです。でも蔦交通のタクシードライバーは、稼げるドライバーになるようにフォローしていく体制なので高収入が目指せます。その証拠に、未経験入社1年間
は、月35万円の月給保障があります。これは、「1年かけて育てていきます、一緒に頑張りましょう!」ということです。一人前になっても、蔦交通は日本交通グループなのでそのバックアップを受けながら稼ぐことができます。例えば、月16万回の無線配車や、LINEでタクシーが呼べるLINEタクシー、全国1万社との法人タクシーチケット契約等、大手ならではの仕組みがたくさんあります。

運転が初心者だけれど大丈夫?

運転技術に不安を持っている人も、普通自動車免許があればチャレンジできます。教育制度で、最短18日間でプロの乗務員として乗務できるようになります。二種免許取得も、費用会社負担で取得できます。合格率は100%なので今心配している人も、大丈夫です。先輩ドライバーの中には、女性で入社前はペーパードライバーだった方や、地図や地理が苦手だった方もいます。地理に関しても研修・講習がありますし、皆が活躍できる体制を整えています。

サービス業のやりがい

サービス業では、たくさんの「ありがとう」をお客様から直接頂く事ができるでしょう。今まで社内で「毎日同じことの繰り返し」と思っていた日々が、毎回様々な人に出会える刺激的で華やかなものになります。蔦交通で、是非活き活きと毎日を楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーの夜日勤務ってどうなの?

driver_nightタクシードライバーの転職を考えるときに、少しだけ心配になってしまいがちなのが夜日勤務ですね。「夜に働くと稼げそうだけれど、私にできるかな。」「勤務時間が長かったりして、お休みはどうなってしまうのかな。」実際に夜日勤務のあるタクシー会社はどのような働き方をするのか、ご紹介していきたいと思います。運転が好きで興味を持ったその気持ちを大切に、自分に合った働き方ができる会社を探していけると良いですね。

夜日勤務ってそもそも何?

夜日勤務は、夜だけ勤務するという勤務体系です。タクシードライバーで一般的なのは、夕方17時ごろから午前2時ごろまでの勤務時間です。深夜割増料金や、電車の無い時間の需要で高収入の売上が見込めると言われています。特に深夜割増は、料金3割増なのでたくさん稼ぎたいドライバーにとっては重要な時間になります。

タクシードライバーの働き方は大きく分けて3種類

タクシードライバーの働き方は夜に稼ぐイメージが強いですが、勤務体系は夜日勤務だけに限りません。主に3種類あると言われています。前述の夜日勤務に加えて、「昼日勤務」もあります。一般的なのは朝7時~夕方16時まで、もしくは朝8時~夕方17時までの勤務体系です。昼間のタクシーは病院に行く方や、お子様の送り迎えの際の利用等、目的は多岐に渡っています。観光地に近い場所では、海外のお客様を乗せることも増えているようです。会社によっては、女性ドライバーを中心に昼日勤のみのシフトを組んでいる会社もあります。一般的に夜が稼げるイメージのあるタクシードライバーですが、大手日本交通グループのタクシーなら、専用乗り場の確保や業界最多の月16万回を超える無線配車により、昼間の需要も逃さず売り上げにつなげています。またタクシー業界には、3つめの働き方として、夜日勤と昼日勤を合わせた体制である「隔日勤務」があります。

タクシー会社の多くは夜日勤務だけではなく、隔日勤務を採用している

隔日勤務で一般的なのは朝8時~夜中の2時までという勤務時間で、3時間程度の休憩がとれます。休憩は、普通のサラリーマンと違い、いつ休憩を取ったり、美味しいお店に食事に車で行ってリラックスしたり、自由が多いのがタクシードライバーの良いところです。隔日勤務は、「隔勤(かっきん)」と呼ばれ、現在多くのタクシー会社で採用されている働き方です。単に夜日勤務より、一気に勤務時間が過ぎていくので、お休みや自由な時間がとても多い働き方です。慣れるとサラリーマンとしてフルタイムで働いていた頃に戻りたくないと思う人が多いです。タクシーの会社の中でも、長く元気に働いていくなら体制がしっかりしていて、より快適に働ける会社を選んでいきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葛飾・松戸エリアで正社員を目指すなら、蔦交通!

蔦交通は、東京都葛飾区にあるタクシー会社です。
正社員に就・転職が難しくなってきている昨今において、
就・転職活動中の方に嬉しい待遇や、安定感のある体制が整っています。
今より良い環境で自由な時間も収入もアップということも期待できるかもしれません!
どのような点が求職者にとって嬉しいポイントなのか、見ていきたいと思います。

葛飾区・松戸エリアで、正社員に転職したい人にぴったり

学歴不問・年齢不問

タクシードライバーになるために、普通免許取得後3年以上(21歳以上)であれば学歴・年齢不問です。全車両AT車なので、AT限定の免許保持者でも大丈夫です。実際に勤務する前に、2種免許は独自の教育システムにより最短8日間で取得できます。取得費用はもちろん無料です。定年後の中高年の方も勤務可能です。
もし介護の仕事についていてヘルパーや介護福祉士資格があればさらに優遇されます。

正社員採用である

正社員で働いているということは、わかりやすく社会的な信用を示すことが出来ますし、安定して働くことができるので精神的にもとても楽になります。
有給休暇制度があったり、相談次第で家族との行事にも参加できます。

高水準で安定収入

平均年収は475万円で、頑張りによってはもっと上がります。それでも不安な方も安心してください。入社後1年間は月給35万円が保証されます。(乗務時間条件あり)
実際に営業マンから転職した30代男性は「出来高で多少の差はあるが、時間に余裕も出来一番少なくても前職よりも遥かに稼げるようになった。」と言っています。世の中には残念ながら、大変で時間的な拘束も多いのに収入が少ない仕事もたくさんあります。そんな現代社会で、タクシードライバーは運転スキルを活かして高い給与水準で働ける仕事だと言えます。

日本交通ブランドで、長く働くことが出来る

次に転職する会社で転職は最後にしたいと誰もが考えます。
蔦交通は、5年連続業界売上高ナンバー1である日本交通グループなので、安心して長く働くことが出来ます。新人乗務員の定着率はなんと90%以上です。また、東京タクシーセンターから優良事業社と認定されていることからも、教育・接客サービスもしっかりしていることが伺えます。

葛飾・松戸エリアのならではのメリットもある

営業所のあるこのエリアは、柴又帝釈天・浅草浅草寺・東京スカイツリー等主要観光地にも近いため、初めてのドライバーでもお客様を見つけやすい環境にあります。
観光客のも多くいらっしゃるため、仕事でお疲れのビジネスマンの方々だけでなく、幅広くお客様との会話を楽しむことができますね。

正社員で、自分の時間を持ってしっかりと稼ぐ、
自分をがらりと好転させる転職になると良いですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加