タクシードライバーのお悩み

タクシードライバーに転職して後悔や不安に思うことは?タクシードライバーとして続かない理由は何?

タクシードライバーに転職して後悔や不安に思うことは?タクシードライバーとして続かない理由は何?

タクシードライバーとして働きたいと考えていても、ドライバーの経験がないとどういった仕事なのか不安に感じる人もいるでしょう。
そこで、この記事ではタクシードライバーの転職で後悔した人はどのような理由なのかをご紹介していきます。
また、働いてはみたけれど長く続かなかった人の特徴も合わせて解説していきますので、是非参考にしてみてください。

タクシードライバーの転職で後悔する理由

タクシードライバーの転職で後悔をする理由は人によって様々あります。基本的には、自分が想定していたことと実際の環境が違った場合がほとんどです。

#想定していたよりも給料が少なかった
タクシー会社によって給与形態に違いがありますが、中には固定給が少なく歩合制の割合の方が多い会社もあります。そういったタクシー会社で働く場合は、実力があってお客様をたくさん獲得できるなら稼げます。しかし、タクシードライバーとして初めて働く人で仕事そのものに慣れていない初心者だと、多くのお客様を獲得するのは難しいのが実情です。そのため、歩合制のタクシー会社で働くと想定よりも給与が少なくなってしまい、後悔をする人もいるでしょう。

#拘束時間が長い
タクシードライバーは一般的な会社のように8時間勤務ということは無く、隔日勤務といって出庫準備から帰庫処理、車の洗車までを1人で行い、長時間の拘束をされることがほとんどです。また、長時間の運転で腰に負担が掛かり、疲れが溜まりやすいと感じる人もいます。前職にもよりますが、同じような姿勢を続けるのが苦痛で後悔をする人も少なからずいるようです。

#年中無休で休みが取れない
タクシードライバーは一般的な社会人とは違い、土日祝日が休みというわけにはいきません。特にゴールデンウィークやお正月休みなど普通の人が休んでいる期間は稼ぎ時で働いていることが多く、思い通りに休みを取ることが難しくなります。そのため、働いてみたら休みが取りづらくて後悔してしまう人もいます。

タクシードライバーが続かない人の特徴とは

タクシードライバーとして働いてみても、長く続かなくて辞めてしまう人もいます。最初は頑張っていても途中で限界になると、転職を考える人もいるでしょう。

#接客が苦手でお客様の対応ができない
タクシードライバーは、お客様を乗せて運転をするだけではありません。運転そのものは1人ですが、基本的には接客業になります。無口なお客様であれば車内での会話は最低限で済みますが、お話が好きなお客様の場合、相手に合わせて会話をする必要があります。また、クレームなどがある場合はその対応もしなければいけません。そのため、コミュニケーションを取るのが苦手な方や人見知りをする人はタクシードライバーとして働き続けるのは難しいでしょう。

#体調管理が大変
タクシードライバーは運転をする前に飲酒チェックなどを行います。これは飲酒運転を防止し事故を未然に防ぐ目的がありますが、お酒が好きな人にとっては辛いことでもあります。何故なら、運転をする前の日から飲酒を控えて自己管理をしなければいけないからです。飲酒チェックで引っかかってしまうとその日の運転はもちろん、タクシー会社によっては罰則を設けている場合もあります。また、飲酒だけではなくインフルエンザが流行している時期は体温を計測する会社もあります。そのため、日頃から自己管理を徹底して体調を管理する必要があります。それが面倒になり、タクシードライバーが続かない人もいるようです。

転職後に後悔しないために事前の準備をする

転職をした後に「こんなはずではなかった」と後悔をしないためには、事前の準備が重要です。

#口コミなどをチェックする
転職先の会社がどんな所なのかを調べる方法は限られますが、実際に働いていた人の声であれば信憑性が高いと言えます。特に口コミサイトなどにある投稿はチェックする価値が十分にあり、余程小さい会社でなければ、ほとんどの会社に対しての口コミは見つけられるでしょう。もちろん、口コミがすべて正しいというわけではないため、悪い口コミばかりだったとしても参考程度に留めておくのがおすすめです。

#面接での社風を見る
実際に面接に訪れた際に、会社の雰囲気をチェックする方法があります。例えば、従業員同士の会話などコミュニケーションがしっかりと取れているのか、訪れた際にあいさつがしっかりとできているのかなどです。1回見ただけでその会社のすべてを把握するのは難しいですが、少なくとも会社の雰囲気は掴めるでしょう。

転職して後悔したらどうすればいい?

転職をする場合、転職先がどのようなところなのか不安なため、ほとんどの人は入念にその会社を調べるでしょう。しかし、実際に働いてみないと分からない部分もたくさんあるため、働き出してから後悔をする人もいます。もし、転職後に後悔をした場合もとりあえずは一定期間続けて様子を見るのが良いでしょう。もちろん限度はありますが、タクシードライバーのスキルを身に着けておけば、次の転職活動で有利になる可能性もあるからです。研修をしっかりと受けて、基本的な接客スキルや地理の知識などを身につけておけば今後の仕事に生かせるでしょう。

また、転職回数が多いと再就職をする際に応募先の企業から「またすぐに辞めてしまうのでは」と思われる可能性があります。そのため、すぐに転職を考えずに数年程度は働き続けた方が良いでしょう。しかし、あまりにもストレスが大きくて耐えられそうに無いのであれば、無理をして続ける必要はありません。体を壊してしまっては意味が無いからです。もし、耐えるのが難しい職場なら新たな転職先をすぐに探すことを検討しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー運転手に転職するメリットとデメリットとは?採用のポイントは?

タクシー運転手に転職するメリットとデメリットとは?採用のポイントは?

タクシー運転手は優良な転職先として注目を集めています。
タクシー業界は慢性的な人手不足のため、積極的に求人を募集しています。
採用のハードルは比較的低く、待遇も良いというメリットを持っています。

では、タクシー運転手に転職するデメリットはあるのでしょうか?
タクシー運転手に転職するメリットとデメリット、また採用のポイントなどに関して詳しく解説します。

タクシー運転手の業務とは?

タクシー運転手に転職を希望する人は多くいますが、タクシー運転手とはどのような仕事を行うのでしょうか?
まず一番の業務としては、乗客を乗せて目的地まで送り届けることです。

営業所から無線で連絡を受けて乗客の待つ場所まで迎えに行ったり、タクシー乗り場で客待ちをしたりと様々なパターンで乗客を乗せます。
タクシーのニーズは多方面に広がりを見せているため、高齢者の通院の送迎や妊婦の検診の送迎、子供の塾や習い事への送迎なども業務に加わってきます。
観光地ではタクシー運転手が観光客にガイドを行う観光タクシーというサービスもあり好評です。

このようなニーズの広がりに対応するために、スキルのある人材がタクシー業界には求められています。
タクシー運転手は日中働く日勤、夜に働く夜勤、一日置きに勤務につく隔日勤務という勤務スタイルがあるのが特徴です。
1日の業務は出社後、車両の点検や健康状態のチェックなどを行い営業所でミーティングをし乗務を開始します。
1日の勤務につき3時間の休憩をとることが義務付けられているため、自分のタイミングで休憩や食事をとることができるので楽です。

タクシー運転手のメリット

タクシー運転手のメリットは、転職しやすいという点があげられます。
タクシー業界ではタクシー運転手が不足しているため採用に積極的です。

一般的な企業では40代になると転職での採用が難しくなりますが、タクシー運転手は求人の年齢制限ないケースも多く、40代以上の未経験であっても転職することが可能です。
経験がなくても問題がなく、入社後にタクシー会社が二種免許取得の費用などを補助してくれることも多いため免許がなくても大丈夫です。

勤務時間の自由度も高く、プライベートがしっかりと確保できるのもメリットです。
家族との時間を持ったり、趣味を楽しむ時間を持つことができるので、メリハリのある生活を送ることが期待できます。

歩合制なので、稼ぐ意欲があればしっかりとした収入を得ることができます。
転職を機に収入を増やすことに成功したケースも多いです。
優遇も良いタクシー会社が多く、きれいな寮が完備されていたり、営業所に仮眠室やシャワー室、浴室があるタクシー会社もあります。

働きやすい環境を整備されているため、長く勤めることができるのが特徴です。

タクシー運転手のデメリット

タクシー運転手のデメリットとしては、長時間の運転を苦痛に感じる人には向いていないという点があります。
勤務中は基本的に車に乗っているので、運転がある程度好きな方が長続きします。

長時間運転することもあるため、腰などに持病がある場合には体の負担になってしまうこともあるので注意が必要です。
またタクシー業務は個人プレーのため、ほかのタクシー運転手との交流があまりないという点もあげられます。

営業所に戻った時などに、ほかの運転手と話す機会もありますが、時間が合わなければ顔を合わさないことが多いです。
一人の時間が長いので孤独を感じることもあります。

歩合制ですのでタクシー運転手は自分で積極的に業務をこなしていくことで収入を増やすことが可能ですが、逆に業務に取り組まずに怠けていると収入を伸ばすことができません。
多くのタクシー会社に採用されている隔日勤務が合わずに、体力的に限界を感じる人もいます。
多くの人はある程度、隔日勤務を続けていると慣れることができますが、中にはどうしても隔日勤務に馴染めないというケースもあります。

タクシー運転手の採用のポイントとは?

タクシー運転手は、経験や年齢などによる採用のハードルが低いため転職しやすい職業とされていますが、採用基準を満たさない場合には不採用になるケースも当然あります。
不採用になる場合には明確な理由があることが多いです。

理由として考えられるのが、事故歴や違反歴がある場合です。
小さな違反の場合には、そこまで採用に響くことは考えにくいですが、飲酒運転など重い違反をしている場合には採用に影響します。
次にタクシー運転手の業務がこなせるだけの健康な状態であるかということがポイントになります。

乗客を乗せて運転をするためタクシー運転手は健康であることが求められ、体調が思わしくなかったり持病などがあったりする場合には不採用になることがあります。
体調面に不安がある場合には、事前に健康診断を受けて自分の健康状態をしっかりと把握しておきましょう。

タクシー運転手は単なるドライバーではなく接客業でもあるので、他人と話すのが苦手な人は向いていないと判断されることがあります。
おしゃべりである必要はありませんが、乗客が気持ちよく利用できるように最低限のコミュニケーション能力が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都でタクシードライバーに転職、失敗と後悔から見出すべき事

東京都でタクシードライバーに転職、失敗と後悔から見出すべき事

自由に働ける、頑張り次第で年収がアップするなどの理由から、タクシードライバーへ転職を検討する人も増えてきています。
ただ転職をした人全てが満足している訳ではなく、中には失敗と感じている人がいます。

今回はタクシードライバーへの転職で後悔や失敗と感じる具体例、さらにはどんな点に注意して仕事を探すべきか調べてみました。

タクシードライバーへの転職が失敗だったと感じる理由

タクシードライバーへの転職後、失敗だったと感じるのは人によって理由も様々です。
例えばよく言われるのが、「思ったより給料が少なかった」という理由です。
求人票などを見ると夢のような年収が稼げると記載されていても、実際はその額には到底及ばず、前職より給料が下がってしまうケースもあります。

そもそもタクシードライバーは歩合制であり、頑張れば頑張るほど稼げるイメージがありますが、客を確保できなければ儲けられません。
地域によっても差があり、あまりタクシーの利用が無い土地であれば客を捕まえる事が出来ず、生活に困窮するほど給料が少なくなるケースもあるのです。

また長時間勤務や夜勤が辛いと感じる人もいます。
これまで日勤で働いてきた人にとっては、仕事のローテーションに慣れるまで夜勤は体に堪えます。

しかしタクシーが利用されるのは、主に終電がなくなった時間帯で夜間こそ稼ぎ時なのです。
また18~20時間の連続勤務は当たり前の仕事であり、長時間車に乗っていると腰痛や眠気に悩まされる事も多いです。

その他にも仕事が単調で飽きる、話し相手がいない、酔っぱらった客に絡まれるなど、根本的にタクシードライバーの仕事が合わないと後悔するパターンが多いですが、一方で会社選びに失敗して悩む人もいます。
会社の方針や働き方が合わないと感じれば、肉体的にも精神的にも辛く、離職を決断せざる負えない状況となります。

ブラック企業と優良企業の見極め方

東京都にはたくさんのタクシー会社がありますが、中にはブラック企業と呼ばれる会社も含まれます。
ブラック企業の見極め方としては、まず会社の売り上げだけではなく、ドライバーの歩合率や稼働率をチェックしておく必要があります。

東京にあるタクシー会社の平均的な歩合率は40~60%とされていますが、この数値より極端に低ければブラック企業が疑われます。
また稼働率も低ければ人手不足が懸念され、仕事もハードになる恐れがあります。

そして事故を起こした時にも会社によって差があり、全く補償が出ないと車の修理代も自分で出さなければいけません。
さらに事故によって自分自身が怪我をして働けなくなった場合も、休業制度が設けられていなければ退職せざるを得なくなります。

一方で優良企業とされるのが、会社の売り上げが良いのはもちろん、歩合率や稼働率も高い事です。
歩合率が高ければ効率良くお金を稼ぐ事ができ、余裕をもって働けるようになります。
そして万が一事故を起こした際も会社からのフォローがあり、事故補償が受けられるようになっていると安心です。

また社員が働きやすいように設備や環境が整えられているのも良い会社の特徴です。
例えば女性ドライバーの需要が高まりつつあり、積極的に女性ドライバーを受け入れる会社も増えてきましたが、女性専用の更衣室や休憩室も必須となります。

設備が整えられている会社はしっかりアピール出来ますが、中途半端な状態で済ませている会社は隠したがる傾向にあります。
給与面や福利厚生の充実などに注目しがちですが、いかに会社が社員の事を考えてくれているかに着目して会社を探す事も大切なのです。

失敗しない転職活動の方法

会社選びに失敗しないコツは、自分でしっかりとタクシー会社の情報を掴む事です。
仕事を探すためにはサイトや雑誌などが便利で、もちろん基本的な情報をチェックする事は出来ますが、細かい部分まではわかりません。

会社の事を知るためには、例えば大手の会社であれば説明会を開催している事もあるため、積極的に参加して情報収集に努めます。
仕事や勤務形態についての質問が直接会社に出来るので、自分のライフスタイルに合わせて働きやすい職場であるのかを判断する事が出来ます。

また気になる会社についてネットで評判をチェックしてみるのも1つの方法です。
特にブラック企業と呼ばれる会社は悪い噂がネット上に出回っており、これを無視するのは危険です。

もちろんネットの情報が全てではないですが、社員や元社員が書き込んでいるケースが多いので、参考にする価値はあります。
そして実際にタクシーを利用してみて、ドライバーに直接話を聞いてみると、思いがけない情報が得られるかもしれません。

どんな会社なのか、どんな人が働いているのか、またタクシードライバーの仕事は楽しいかなど質問すると、それについての本音を教えて貰えます。先輩ドライバーの声は今後の転職活動にも有意義に活かせるものなのです。

じっくり考えてから転職活動をしよう

タクシードライバーは儲かると安易に考えず、本当に自分に合っている仕事なのかを検討する必要があります。
その上で転職を決意したのであれば、慎重に会社を選び、自分が働きやすい職場に就職する事が大事です。

良い会社に就職出来れば、後は自分が頑張るだけです。
地理や接客応対などに出来るだけ早く慣れ、信頼できるドライバーと認識されれば、自ずとお給料も上がっていくものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職前にチェックしておきたいのが給与と待遇!東京都のタクシードライバーの傾向を大公開!

転職前にチェックしておきたいのが給与と待遇!東京都のタクシードライバーの傾向を大公開!

タクシードライバーに転職する場合、現場で働くドライバーたちの給与や待遇などはあらかじめ知っておいたほうが安心です。タクシードライバーの給与形態や雇用のスタイルは一般のサラリーマンとは少し異なることがあるため、求人を見比べるときに戸惑うかもしれません。

今回は、東京都の転職求人の傾向をもとに、タクシードライバーの給与や待遇について解説していきます。

タクシードライバーの給与形態には複数のスタイルがある

同じ正社員として働く場合でも、会社によって少しずつ変わることがあるのがタクシードライバーの給与形態です。東京都の求人でも、掲載されている給与形態は会社ごとに若干違いがあるようです。タクシードライバーの場合、基本給や手当、賞与のほかに歩合給と呼ばれる給料があります。

歩合給は、売上に応じて発生する給料のことです。売上が多いドライバーはこの歩合給が増えるため、収入が大幅にアップすることがあります。タクシー会社の給与形態で多いのが、定額の基本給や手当に歩合給が加算されて1カ月分の給料が支給されるスタイルです。

このような形態を取り入れるタクシー会社は、東京都にも多く見られます。基本給があるスタイルは、売上が余り伸びない月でも一定額の収入が得られるのがメリットです。

ただ、タクシー会社によっては、基本給がなくすべて歩合給で毎月の給料が支給される完全歩合制の場合もあります。完全歩合制は、ドライバーの営業力やスキルによって収入に大きな差がでます。実際、完全歩合制の求人をだしているタクシー会社は、経験のあるベテランのドライバーを募集しているケースが少なくありません。

タクシードライバーの求人に多い待遇1「給与保証」

東京都のタクシードライバーの求人では、待遇面の条件に給与保証を掲げているタクシー会社が多いです。給与保証は、売上に関係なく一定期間はドライバーに定額の収入を支給する制度です。保証の期間はタクシー会社ごとに違いますが、東京都の場合は3カ月から半年前後に設定しているところが多いようです。保証の期間中は、思うように乗客を獲得できなくても収入が減る心配はありません。

このような待遇が用意されている求人は、未経験者でも応募が可能です。

収入の保証がある間に、ドライバーにしっかりと技術を習得してもらうのが会社側の1つの狙いです。保証があれば、新米のドライバーがゆっくりとスキルを身に付けていくことができます。東京都で人気があるタクシー会社の場合、保証される給料は月額25万円から40万円前後です。

タクシー会社によっては、保証の期間を自分で選べる場合もあります。
こういった会社なら、経験やスキル、希望する収入などに合わせてドライバー自身が好きなスタイルを選択できます。

タクシードライバーの求人に多い待遇2「資格取得のサポート」

ドライバーの転職求人では、資格取得のサポートが入社後の待遇として紹介されているケースも少なくありません。東京のドライバーの求人でも、第二種運転免許などの取得をサポートしているタクシー会社が多いです。第二種運転免許は、タクシーをはじめとする旅客自動車を運転するときに必須の資格です。

このような待遇を用意するタクシー会社では、会社側が費用を負担して転職者に第二種運転免許を取得させることも多々あります。こういったサポートがあるタクシー会社なら、応募する時点で第二種運転免許をもっていなくても、ドライバーとして採用される可能性がでてくるでしょう。

運転免許以外では、旅客自動車運送事業運行管理者や東京シティガイド検定などの取得をサポートしているタクシー会社があります。運行するエリアの地理研修や英会話研修、介護研修などを用意して、ドライバーのスキルアップをサポートする会社も多く見られるようになっています。

ドライバーのスキルが上がると顧客からの評判がよくなる可能性があるため、タクシー会社側でもいろいろなサポート制度を用意しているようです。

タクシードライバーの求人に多い待遇3「独身寮や社宅を完備」

独身寮や社宅を完備している会社が多いのも、東京のタクシードライバー求人の特徴です。タクシードライバーには、日勤や夜勤、隔日勤務などの複数の勤務スタイルがあります。隔日勤務は、「夕方から翌日の昼」や「朝から翌日の深夜」といった長時間の勤務になるため、職場に近い場所に寮や社宅があることは大きなメリットになります。このような待遇が用意されている場合、すぐに入社して仕事をスタートできるのもメリットです。

入社後の数カ月間は寮や社宅の費用を無料にしているタクシー会社もあるため、お金の心配をせずに落ち着いて仕事に取り掛かることができます。

食事つきだったり、入居の際の引っ越し費用まで負担してくれたりする会社もあり、入社したドライバーが働きやすい環境を整えているのが東京のタクシー会社の傾向です。

タクシードライバーの求人をチェックするときには給与や待遇を見比べてみよう

タクシードライバーの求人には、給与や入社してからの待遇が簡単に紹介されているのが一般的です。

いろいろな求人を見比べてみると、違いもおのずと見えてきます。

自分が希望する条件に合うかどうかは、応募をする前にしっかりとチェックしておいたほうがよいかもしれません。募集要項などを比較して、働きやすいタクシー会社を見つけていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーの転職は不安だらけ?後悔しやすい・続かない人の特徴

タクシードライバーの転職は不安だらけ?後悔しやすい・続かない人の特徴

タクシードライバー―は学歴や職歴を問わないことから、年齢や性別を問わず活躍できる貴重な職業です。しかし、仕事内容をよく知らないと転職後に後悔したり、仕事が続かなかったりするのも事実です。

ここでは転職を考えているなら知っておきたい、タクシードライバーへ転職して後悔しやすい・続かない人の特徴をご紹介します。

1人での仕事が不安な人

今まで複数の人と同じ空間で働くのが普通だった場合、1人ぼっちの空間に耐えきれずに転職したことを後悔するというケースがあります。

タクシードライバーの仕事はお客さん以外、同じ会社の同僚と話す機会はなかなかありません。朝出庫したら事務所に帰るまで自分1人きりでの仕事です。仮に困ったことが起きても、同じ場所にいてすぐに手を差し伸べてくれる同僚はいません。失敗も成功も自分1人の責任という状況で、地道に頑張っていかなければならないのがタクシードライバーの仕事です。

お客さんを乗せるまではタクシーの中という狭い空間にずっと自分1人で、ふとお客さんの愚痴や出来事を話したくても車内にその相手はいません。1人きりで仕事をするのに慣れていない人にとっては苦痛に感じることがあるかもしれませんが、逆に今まで1人で仕事するのが当たり前だった人や同僚とのコミュニケーションがわずらわしいと感じていた人にとっては、タクシードライバーの仕事がしっくりくることもあります。

自分がどのような環境で働くのが最もストレスフリーなのか、考えてみると良いでしょう。

体力勝負の仕事がイヤな人

働く時間帯や日数、地域にもよりますが、タクシードライバーの仕事は体力勝負な面が大きいです。そのため、体力の有無がその日の売り上げにも影響してきます。

売り上げアップには時間帯や交通状況を把握して効率良く仕事をすることも大切ですが、絶え間なくお客さんを探したり休憩時間を削りながら走り回ったりできる方が売り上げアップにつながりやすいのが現実です。

タクシードライバーは長時間労働になりやすいこともあり、体力があって長時間労働に耐えることができるかどうかが重要になってきます。

さらに、勤務可能な時間が24時間というタクシードライバーにとって、深夜に働くことができるかどうかはとても重要な問題です。もちろん深夜に働くことができる方が売り上げアップしやすいですが、そうでなくても十分仕事は務まります。

体力に不安のある人は朝型か夜型かどうか自分のライフスタイルを見つめ直し、自分に合った時間帯に働けるようにするのも賢い方法の一つです。

ルーチンワークに飽きやすい人

毎日同じことの繰り返しに耐えられない人にとって、タクシードライバーは続きにくい仕事の一つです。ルーチンワークは数あれど、その中でもタクシードライバーの仕事は特に単調だと言えます。

タクシードライバーの仕事は、お客さんを乗せて目的地まで安全に運ぶことです。それを毎日ひたすら繰り返すことが売り上げアップへの近道です。そのため、いかに効率良く運転するか、その地域の交通事情をしっかり把握できるか等で効率アップを狙うのも仕事の一つですが、それはあくまで仕事をより良くするためのものです。

お客さんを運ぶのが第一のため、あまり重きを置くことはできません。地域によっては、どのお客さんも同じようなルートで同じ場所へ向かうため、毎日同じ道しか通らないということもあるでしょう。毎日同じことの繰り返しだからといって、気が緩んでしまうと事故やクレームの原因になります。同じ仕事の繰り返しでも決して気を緩めることなく仕事を続けていける覚悟がないと、転職したことを後悔してしまうかもしれません。

逆に、毎日同じことの繰り返しでも苦痛に感じず、真面目にコツコツと積み重ねることができる人なら続けやすい仕事と言えます。何てことのない仕事でも、普段から緊張感を持って取り組むようにすると、タクシードライバー―に転職しても無理なく続けることができるでしょう。

根気強くお客さんとコミュニケーションが取れない人

お客さんを乗せて目的地まで安全に運ぶことがタクシードライバーの仕事ですが、お客さんと適切にコミュニケーションを取ることも必要です。

特に深夜の時間帯には終電を逃してやむなくタクシーを利用する酔っ払ったお客さんが増えます。意識がはっきりとしていれば良いですが、泥酔して行き先もちゃんと伝えられず、怒鳴ったり車内で吐いたりするお客さんも少なからずいます。

そのようなお客さんを連続して乗せているとうんざりすることもあるでしょう。中には酔っ払ったお客さんの対応に疲れて、タクシードライバーの仕事が続かない人もいます。

タクシーを利用するお客さんには酔っ払い以外にも、さまざまな事情を抱えたお客さんがいます。ささいなことで文句を言うお客さんもいれば、通院や体調不良で利用するお客さんもいます。それぞれの状況に合わない対応をしていると、すぐにクレームの原因となってしまうでしょう。

タクシードライバーの仕事はそういうものだと早い段階で割り切って、1人ひとりに誠意を持って対応することが大切です。

タクシードライバー―の仕事を長く続けるために

転職後のタクシードライバー―の仕事には、転職前とのギャップが付きものです。ギャップが大きすぎて後悔していては仕事を長く続けられません。

転職してから後悔しないためにも、ある程度仕事のデメリットについては理解しておいた方が良いでしょう。後悔しやすい・続かない人の特徴を理解して、自分にタクシードライバーの仕事が向いているかどうかしっかりと見極めてから転職するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーへの転職が不安な人はまず読んでみよう!転職して続かない人と後悔する人の特徴

タクシードライバーへの転職が不安な人はまず読んでみよう!転職して続かない人と後悔する人の特徴

タクシードライバーは未経験者でも始めやすい仕事の一つです。異業種から転職することも珍しいことではありません。
しかし、その一方で転職したことを後悔する人やすぐに辞めてしまう人がいるのも事実です。

転職してから後悔しないためにも、続かない人とはどんな人なのか、特徴や転職に見られる傾向について解説していきます。

タクシードライバーを辞めたいと感じる理由で多いものとは?

はじめに、タクシードライバーになって後悔しやすい理由について紹介していきます。

一つは、予想していたよりも給料が少なかったという場合です。
タクシー会社によって給料形態は異なるため、すべてに該当するわけではありませんが、中には歩合制を採用しているタクシー会社もあります。
そうなると乗客数に応じて給料が変動するのは当然のことです。その結果、後悔する人も出てくるでしょう。

もう一つは拘束時間の長さです。顧客が少ないときでもタクシーは待機していなければなりません。
顧客を待つ時間も仕事のうちですが、間延びしてしまい、辛いと感じる人もいます。
また、タクシーを使う時間帯は一般の人が仕事を終えた時間や休日などが多く、他人が遊んでいる時間帯に拘束されていることが辛くなる場合もあります。

他にも、理不尽なできごとに遭遇したり不安を感じたりすることも後悔する理由の一つです。
例えば事故を起こしてしまったときや、乗客のトラブルに巻き込まれたときなどがあげられます。
夜間は飲酒した顧客を乗車させることも多く、中にはタクシードライバーに愚痴をこぼす人もいるでしょう。
走行中に眠ってしまって起きない人や、泥酔して行き先がわからない人なども困るものです。
または、高圧的な態度を取る顧客を乗せてしまうこともあります。
タクシードライバーは顧客を選べない仕事でもあるので、嫌な顧客を乗せたときにはネガティブな気分になるのは仕方ないかもしれません。

タクシードライバーを辞めたいと感じたときの対処方法

身体上にも支障が出てくるような場合は早めに辞めるのも正しい選択の一つですが、辞めずに回避できる場合もあります。
「このままでは続かない」と感じたときは、いくつか対処方法を試してみましょう。

タクシー会社は一定の期間を決めて給料保証をしているケースが多いものです。
給料面で不安を感じたときには、保証されている期間を活用して自分の得意なルートを探ってみましょう。
地道な努力で顧客数アップが見込めるかもしれません。

拘束時間については、可能であればときにはシフトを変えてもらうのも良い方法です。
時間帯が少しずれるだけで辛い気分が解消されることもあります。
利用する客層も変わることが多く、理不尽な扱いをする顧客に嫌な思いをしていたときもこの方法で解決できるかもしれません。

ただし、あまりにも扱いの酷い顧客や犯罪に近いレベルの扱いを受けたときには警察や会社に相談しましょう。
まじめに対処してくれない会社なら転職を検討するのも方法の一つです。

転職前にチェック!タクシードライバーに向いていない人の特徴

タクシードライバーは接客業です。
中には車の運転が好きという理由でタクシードライバーに転職する人もいるかもしれません。
しかし、実際には運転そのものよりも顧客の世話が苦にならない人が求められます。

タクシーを利用する人には行き先がよくわからない人や、公共交通機関を1人で利用できない状況の人などが多いものです。
このいずれの場合もタクシードライバーが世話をする必要性が出てくると考えておいた方がいいでしょう。
他人の世話が面倒と感じる人はタクシードライバーには向いていません。

ストレスに弱い人もタクシードライバーに向かない人です。
顧客の中には乱暴な言い方をする人もいます。
理不尽な顧客を乗せた後もその場で流し、ストレスを溜めないような精神力がタクシードライバーには必要です。

他にも、待ち時間ができたときに1人で過ごすのが苦手な人もタクシードライバーには不向きと言えるでしょう。
すぐに誰かに電話してしまう人や、知り合いの店などにひんぱんに立ち寄りたくなってしまう人は、顧客を逃すことにつながります。

後悔しないためのタクシー会社を選ぶポイントと注意点

タクシードライバーに転職しても続かないと意味がありません。
どのような仕事に就いても、慣れるまでは不安を抱えることもありますし、後悔をすることはあるものです。
できるだけ不安に感じることがなく続けていくには、まず自分がタクシードライバーに向いているかどうかを考えてみましょう。

そして、慌てずにじっくりいろいろなタクシー会社の情報を集め、自分に合った会社を選んでみましょう。
給料保証はどうなっているのか、シフトの交替は可能なのかどうかは大切なポイントです。

福利厚生や教育体制がどうなっているかも忘れてはいけません。
万が一退職したときの退職金制度や失業保険なども押さえておきたい大切なことです。
トラブルが起こったときの対処や勤務中の事故についての対応や給料保証なども確認しておきましょう。

どんなタクシー会社がいいか自分で探す時間が作れない人は、転職サイトやエージェントを利用するのもいいかもしれません。

タクシードライバーは接客業!人の世話が苦手な人には不向きな職業

タクシードライバーは接客業です。
運転が好きである前に人の世話が面倒と感じる人には向いていないでしょう。
理不尽な言動の顧客が利用することもあるので、ストレスに弱い人も向いていないと言えます。

タクシードライバーへの転職で後悔せずに長く続けるためには、まず自分が向いているかどうかを判断し、自分に合った条件のよいタクシー会社を選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内でタクシードライバーに転職する際の安全運転に対する心構えと事故保障の仕組みについて

東京都内でタクシードライバーに転職する際の安全運転に対する心構えと事故保障の仕組みについて

タクシードライバーへの転職を考えてはみるものの、交通事故のことが心配で躊躇している人もいるかもしれません。
ここでは、タクシードライバーに転職する前に知っておきたい運転時の心構えと、交通事故に対する保障の仕組みについてお伝えします。

タクシードライバーとしての心構えとは

タクシードライバーとなるためには「普通第二種免許」を取得していることが必須です。一方で、通常私たちが自家用車を運転する際に必要な免許は「普通第一種免許」です。普通第一種免許と普通第二種免許の違いは、「お客様を乗せて走れるかどうか」という点にあります。つまり、普通第二種免許を持っていてはじめて、お客様を乗車させて目的地まで走り、運賃を得ることができるわけです。どの免許であっても、車を運転する時に安全運転をするのは当然のことですが、普通第二種免許を取得すると、自家用車を運転する時よりさらに大きな責任が伴います。交通ルールを守り、安全運転を心がけなければなりません。

しかし、必要以上に安全運転を意識しすぎると、かえって事故につながることもあります。なぜならば、東京都内には道路が蜘蛛の巣のように張り巡らされ、名前のついている通りだけでも数えきれないほどです。加えて都内は、車の量も人の量も、他の地域と比べて段違いに多いです。そのような状況の中で、あまりに安全を意識しすぎて緊張すると、スムーズな走行ができなくなります。場合によってはパニックになって適切な判断力が奪われてしまい、運転操作を誤ってしまうのです。

交通ルールを遵守して、安全に運転するということは非常に大切で当たり前のことです。しかし気をつけるべきポイントをおさえたら、あとはリラックスして、お客様との会話を楽しむというような心の余裕も事故防止になるでしょう。

もし事故を起こしてしまったら

前述したように、心構えをしっかり持って気を付けていたとしても、毎日多くの時間車を運転して過ごすわけですから、タクシードライバーが事故を起こす確率はやはり高くなります。万が一事故を起こした時、まずすべきは、会社に正直に報告することです。事態にしっかり向き合って真摯に対応しないと、より状況が悪くなってしまう可能性がありますから、会社への報連相を怠らないようにしましょう。また、交通事故では金銭的な負担も心配になるかもしれません。車の修理費やケガ人を出してしまった場合の治療費など、状況によってはお金が非常にかかります。

しかし大抵のタクシー会社では、事故保障の制度が設けられているはずです。また、タクシーの営業車両には任意保険に加入することが義務付けられています。ですから事故を起こしてしまい、相手方への賠償金支払いなどが必要となったとしても、ドライバー自身がそのお金を全額負担することは、まずありません。ただし、加入している保険がどの程度の損害までをカバーするものなのか、どういった条件が課されているのか、という点については会社によって異なります。

保険に加入するための保険料をどのように負担するのかも、会社ごとに違います。全額負担してくれるという会社もありますが、月々の給与から保険料の負担分を差し引かれる場合もあります。その際の会社とドライバーの負担割合も、会社によって様々です。

ドライバー自身がケガをしてしまった時

ドライバー自身が事故でケガを負ってしまうと、ケガが治るまでの期間は仕事が出来なくなります。その場合、給料などはどうなるのでしょうか。基本的には、休業期間中の保障制度というものが設けられており、ケガが治るまでは休職が認められます。会社を辞める必要はありません。その間は、全額とはいきませんがある程度の給料も支払われます。ただし、休職はいつまででも認められるというわけではなく、最大で1年間など、期間が定められていることが通常です。

ちなみに、車同士の事故でケガを負った場合の治療費は相手方に請求することができますが、それが仕事中の事故であれば、会社で加入している労災も使えます。ただし、相手方の自賠責保険と労災とを併用して使うことはできません。どちらかを選ぶことが必要です。自賠責には労災と異なり、慰謝料の請求ができるというメリットがあるものの、保障金額には上限が設けられています。そのため、相手が任意保険に加入していないときには、自賠責だけでは治療費を賄えないことが多いです。自賠責を使っておいて後から労災に切り替えることもできますので、受け取れるはずの金額をしっかりと受け取ることができるように、制度を確認しておきましょう。

制度を確認した上で安全運転を心がけよう

これまで述べてきたように、運転中に事故を起こしてしまったとしても、基本的には会社で加入している保険で損害をカバーできることが多いようです。しかし、まれにそのような制度が整っていない会社もあります。そうした会社は基本給が高めだったり、他の手当がついていることが多いのですが、万が一事故を起こした時の金銭的な負担の大きさを良く考えた上で、選んだ方が良いでしょう。また、「事故を起こした時にスマホを操作していた」など、大きな過失がある場合には、会社が保障してくれるとは限りません。

さらに、事故とまで行かなくても駐車違反やスピード違反など、交通ルール違反による反則金は、ドライバー自身が負担することになるケースが多いようです。タクシードライバーへの転職を目指す際には、とにかく交通事故のことが心配かもしれません。しかしタクシードライバーは、お客様の行きたい場所へ案内して感謝される、非常にやりがいのある職業です。事故保障制度についてよく確認した上で、転職先の会社を選びましょう。あとは安全運転を心がければ、やりがいあるタクシードライバーとしての仕事を、きっと楽しむことができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代でも未経験歓迎で安定した働き方ができると知って飲食店アルバイトから正社員へ!成長できる環境で先を見据えた働き方ができるタクシードライバーの魅力とは?

30代でも未経験歓迎で安定した働き方ができると知って飲食店アルバイトから正社員へ!成長できる環境で先を見据えた働き方ができるタクシードライバーの魅力とは?

飲食店アルバイトをして30代にもなってしまうと今から転職先を考えようとしても候補が見つからずに苦労することもあります。

しかし、タクシードライバーに転職して5年以上も働き、順調にキャリア構築に成功している人もいるので検討してみましょう。

飲食店アルバイトをしていて生じる不安とは?

飲食店アルバイトをしてフリーターとして30代にもなってしまうと先行きが不安になりがちです。年齢を重ねてしまうといつまでアルバイトを続けられるかがわからなくなるだけでなく、家族を養うことも考えると収入が足りなくなってしまいやすいからです。
フリーターでも良いと考えていた人も、30代になるとアルバイトから正社員になりたいと考えることがよくあります。

安定した働き方ができる魅力があるからです。飲食店で働いた経験があると、能力面では接客経験が活かせるので接客業は広く候補に挙げることはできます。
しかし、30代となるとキャリア採用が多くなってしまい、未経験歓迎で募集している求人に応募してもなかなか採用してもらえないのが実情です。
アルバイトはキャリアとしては認めてもらえないことも多く、募集条件で数年間の業務経験を要求されていると書類選考で落とされてしまいがちになります。

接客経験があると自負していても、人材としての魅力をアピールできる面接にまで到達できないことが多いのです。

ところが、職種次第では30代になってもまだ十分に転職可能なので諦めないようにしましょう。

30代でもタクシードライバーへの転職を決意する魅力とは

タクシードライバーはこのような背景を持っている人にとって魅力がある仕事です。
仕事をするためには第二種運転免許が必要になりますが、多くのタクシー会社では就職する時点では第一種運転免許を持っていれば良く、就職後に取得すれば良いという仕組みになっています。

会社によっては免許取得の支援をしてくれるため、金銭的な負担を軽減することも可能です。
未経験歓迎の求人がほとんどなのでアルバイトから正社員になりたいというケースでも問題はなく、むしろ飲食店で働いてきたなら乗客とのコミュニケーションを取る上で接客経験が活かせるという点で有望な人材と考えてもらえるでしょう。

また、タクシードライバーは営業職としての性質もあり、実績に応じて給料が増える仕組みになっています。

そのため、30代からならまだまだ働けるという意気込みがある人ほど、成果を上げてしっかりと稼げるようになる可能性を秘めているのです。
30代でフリーターをしていると将来的に何をしたら良いかで悩んでしまう人もいます。

タクシードライバーの仕事はこれからやりたいことにも繋がる可能性があるという点でも魅力的なのです。

成長できる環境があるからこそ重要な選択肢

実際には未経験歓迎でも良い職種はタクシードライバーに限りません。
しかし、数ある仕事の中でもタクシードライバーが重要な選択肢になるのは、これから新たなキャリアを作り上げて成功していきたいという気持ちを後押ししてくれる環境が整っているからです。
タクシー会社では未経験の人材を年齢を問わずに受け入れて、必要な知識やノウハウを習得させるように現場の体制を整えています。

営業の仕方や地理の学習などをサポートする制度があり、成長できる環境が整っているのが一般的です。いかにして稼げるようになるかということを常に考えながら働くことができます。
0代の人はこれから30年前後は働くことができるので、先を見据えた働き方をするのが大切です。まだ若いうちに色々なことを学び、知識や経験を生かして活躍できるようになるのは合理的な考え方でしょう。

それが給料に直結する仕組みがあるのでモチベーションも上がりやすくなっています。
たとえ転職直後はあまり稼げなかったとしても会社からのサポートを受けながら着実に努力を重ねていくと年収もあがり、仕事にもますますやりがいを見出だせるようになるのです。

飲食店アルバイトから転職した人の声も聞いてみよう

実際に飲食店アルバイトからタクシードライバーに転職したという事例は決して少ないものではありません。
事例として飲食店アルバイトをして30代になってしまい、家族を支えるためにも飲食店アルバイトから正社員になって既に5年も働いている人もいます。

転職をするときには一大決心が必要になるのは確かで、収入が突然失われるリスクもあるでしょう。
しかし、タクシー会社によっては転職してから当面の間は給与保証があるので安心して転職できます。

最初はあまりお客を獲得できずに悩んでいても、地道に学びながら働いているうちに次第に稼げるようになるのが通例です。

そして、年収が上がったのを喜びにしてさらに稼げるように努力している人も多く、30代からの新たな挑戦として適しています。
努力を着実に続けていった結果として家計が豊かになり、家族からの評価も上がったという声も上がっているのも魅力です。

アルバイトを続けてきて、収入の悩みや雇用の安定性で悩むようになったときにはタクシードライバーへの転職を候補にしてみましょう。
年齢を問わず、これからも働きたいという意欲があれば成功を遂げられると期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年収アップを目指して東京でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職して稼ぐには

年収アップを目指して東京でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職して稼ぐには

タクシードライバーに転職すれば年収が上がるという噂を聞いたことがあるでしょうか。

東京を舞台として選ぶと他の職業に比べても雲泥の差で稼げるようになる人もいるのは確かです。
転職して稼げるようになるにはどうしたら良いかを知っておきましょう。

タクシードライバーはプライベートを楽しみながら稼げる職業だと知ろう

タクシードライバー(乗務員・運転手)の中には月収50万円以上をキープし続けて年収を800万円以上にまで引き上げている人も大勢います。転職してすぐにそんなに稼げるようになるわけではありませんが、だんだんと稼ぎ方がわかってくると飛躍的に年収が増えるのが魅力です。一般的にタクシードライバーは売上を上げることによって収入が増える仕組みになっています。毎月固定給が支払われるわけではなく、売上に比例する形で上乗せがあるのです。歩合制と呼ばれる仕組みで、売上のうちの一定の割合が給与に加算されます。たくさん働いて大勢の乗客を集めるのに成功するとそれだけ稼げることになるのです。

深夜料金もあるので夜に働くとさらに稼ぎやすくなります。ただ、夜勤ではプライベートの生活があまり充実しなくなるのではないかと懸念する人もいるでしょう。しかし、タクシードライバーには隔日勤務もあるので心配はいりません。朝から翌早朝まで働き、翌日は休みにするという形で働けるのです。休みの時間を十分にプライベートに使って楽しみながら稼げるでしょう。タクシードライバーはワークライフバランスの面からも優れていると言えます。

給与体系を確認しておくのが必須

転職して稼げるようになるためにはどんな給与体系になっているかを確認した上で求人に応募することが大切です。実は給与体系がタクシー会社によってかなり違うため、同じように売上を上げていても手に入る給料にはかなりの差が生じます。まず、固定給のところ、完全歩合制のところ、一定額の基本給に歩合制で上乗せするところがあります。売上を上げるほど完全歩合制の方が年収は上がりやすいですが、転職したてでノウハウがないうちは収入がゼロになりかねないので注意しましょう。

収入の観点から安心して転職できる職場を選び、さらに稼げるようにもなる可能性が高い給与体系の会社を選ぶのが賢明です。給与保証があって入社直後は一定の給与をもらうことができ、その後も万が一、売上が乏しかったときのことを考えて基本給がある会社を選んだ方が良いでしょう。そして、できるだけ歩合率が高い会社を選べば売上を上げるモチベーションが高まります。歩合率も会社によって違い、高い場合には60%以上にもなっているのが現状です。年収を大幅に引き上げるためには歩合制を取り入れていることが重要なので固定給のところは避けておきましょう。

稼げる環境が整っているエリアと会社を選ぶのが肝心

歩合制で売上に応じて稼げる会社に転職できたら、いかにして稼ぐかを考えることが重要です。環境要因ですぐに稼げるようになるか、いつまでも売上が上がらずに困るかは異なります。東京はタクシードライバーにとって理想的な場所の一つで、日夜を問わずにタクシーの需要があります。夜間は特に利用者が多いので隔日勤務や夜勤を選ぶと割増で稼ぎやすいでしょう。穴場を見つけて付け待ちをしているだけで十分に月収50万円以上位に到達できるのが東京の魅力です。

しかし、ただ漫然と付け待ちをしていても乗客の獲得競争があるのであまり効率よくは稼げないかもしれません。会社の環境も重視して転職すればこの問題も克服できます。教育研修をしっかりと行い、社内での情報共有もしている優良な会社で働けば速やかに稼げるようになるでしょう。また、歴史や実績があって東京の企業との提携をしているタクシー会社の場合にもハイヤーのオーダーがよく来るので魅力的です。ハイヤーは料金が高めなので大きな収入源になります。東京でネットワークを築き上げてきているタクシー会社に転職すれば、一人前になる頃には年収800万円以上稼げる環境があるでしょう。

東京でどんなニーズがあるかを学ぼう

転職してから他のタクシードライバーに負けまいと頑張って稼ぐためには、東京でタクシーがどんなときによく利用されるかを知る必要があります。夜の駅前で終電を逃した人たちがタクシーを利用するという程度であれば誰もがわかっているでしょう。このような競争率が高い場所ではなく、穴場を自分で開拓して付け待ちをするのが大切です。

例えば、毎日決まって乗客が多い場所は大勢集まってしまいますが、この日だけはタクシーの需要があるといった場所を選ぶと稼ぎ放題になるでしょう。今日は有名な歌手のライブがあるから会場周辺ではタクシーを使う人が多いはずだと考えるのは賢い方法です。あるいは学会のシンポジウムの会場の近くも開会時間や終了時間の前後にはかなりの需要があります。このような催し物が多いのは東京の特徴なので有効活用するのが売上を上げるコツです。

他にも土日と平日では需要がある場所が違う場合もあります。東京には会社員や公務員のように働いている人だけでなく、観光に来る人もいます。今日はどの集団をターゲットにすれば稼げるだろうかとよく考えて付け待ちをすると効率よく稼げるようになるので需要がどう変化しているかを常に気にかけるようにしましょう。それが年収を高い水準で維持し続けるための基本的な方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内のタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職したい方必見!タクシードライバーって本当にノルマがきついの?

タクシードライバーへ転職を考えているけれど、きついノルマがあるのではないかと不安に思ってしまうことはないでしょうか。
確かにタクシーは早朝から深夜まで街中を走っているので、一体いつ休んでいるのか気になるでしょう。

今回はそんなタクシードライバーの働く環境について紹介します。

タクシードライバーのノルマとは?上司の嫌がらせはある?

営業職を経験した方であれば、ノルマを達成させるのが大変なことをご存知でしょう。
ノルマを達成できなければ上司の嫌がらせを受けることもあるのではないでしょうか。

タクシードライバー(乗務員・運転手)の場合、ノルマという言葉ではなく「足切り制度」というものがあります。

足切りとは会社が設定した売上の目標金額のノルマラインのことです。
この足切りの金額を上回れば歩合制が発生し、売上に応じて給料がアップします。逆に足切りの金額を下回った場合は、給料が0になるわけではなく、最低限の固定給をもらうことができます。この足切り制度はすべてタクシー会社が導入しているわけではありません。

サポート体制が充実している東京都内の大手タクシー会社の中には、入社後3ヶ月間の月給を40万円以上保証してくれるところもあります。

この月給保証制度は、タクシードライバー未経験の方や養う家族がいる方とって安心感を与えてくれるでしょう。
入社後3ヶ月が過ぎても大手のタクシー会社はきついノルマや足切りが発生することはありません。ノルマがないので上司の嫌がらせなどはなく、配車システムが充実した環境で、安定した収入が得ることができます。

タクシードライバーの働く環境はどんな感じなの?

きつい仕事と思われがちなタクシードライバーですが、意外にも休みが多い職種です。
タクシードライバーの勤務形態は隔日勤務という形態が多いです。隔日勤務だと勤務時間が20時間程と多いのですが、勤務日の翌日は必ず休みになります。

この休みのことを明番といい、出勤日を出番といいます。隔日勤務だとこの出番と明番を2~3回繰り返した後に公休になることが多く、シフト制であれば自由に組み合わせることも可能です。したがって家族の予定や自分の趣味に合わせて休むこともできます。また勤務時間中も必ず3時間の休憩や仮眠をとらなければならないなどの指導があります。

「そうはいっても、本当はそんなに休めないんじゃないの?」と疑いたくなりますが、タクシードライバーの労働時間は厚生労働省によって厳しく管理されているので、従業員を長時間労働で働かせるブラック企業のような会社は、タクシー会社にはありません。

他にも大手のタクシー会社であれば、タクシードライバーを正社員で雇用し終身雇用で働ける環境です。
したがってタクシードライバーとして働くことによって家族も安心していることが多いです。

未経験でタクシー会社に転職するなら大手が最適

未経験でタクシードライバーに転職しようと考えている場合、ちゃんと働くことができるのか不安になるのではないでしょうか。
特に東京都内のタクシードライバーになろうと考えた場合、複雑な都内の道に迷わないか不安に思うでしょう。

そんな不安を解消させたいのであれば、大手タクシー会社に転職するのが最適です。

大手タクシー会社であれば研修制度が充実しているので、タクシードライバー未経験でも安心して働くことができます。
研修内容は、地理講習会やマナー講習会を行うことが多いです。営業所に配属されてからも都内の道を実際に運転しながら教えてもらったり、売上を上げるためのノウハウを教えてもらったりしてもらえます。

タクシードライバーになりたいけど、タクシードライバーになるために必要な第2種免許を持っていないと悩んでいるのであれば、やはり大手タクシー会社に転職するのがいいでしょう。大手タクシー会社では第2種免許を取得するためのサポート体制が充実しており、免許取得費用の全額負担や教習期間中の手当てをもらうこともできるのです。

このように大手タクシー会社は研修制度や手当が充実していますが、それ以外にも大手は風通しの良い環境です。未経験の方には働きやすい職場だといえるでしょう。

大手なら女性ドライバーも働きやすい環境です

女性でタクシードライバーを目指すのであれば、女性ドライバーが働きやすい大手タクシー会社がいいでしょう。
大手タクシー会社であれば設備から勤務体制まで女性に働きやすい職場になっていることが多いです。

例えば、営業所に更衣室などの女性専用スペースがあるので、勤務前後にゆったり過ごすことができます。
また車内には防犯カメラや緊急通報システムが設置されているので、安心して乗務することが可能です。

タクシー業界には、乗務員がペアになって同じタクシーを利用する相乗り制度があるのですが、大手であればなるべく女性同士をペアにしてくれるので、ニオイなどを気にせず乗車することができます。また大手は福利厚生もしっかりしているので、育休や産休を取っても復帰しやすく子育て中も働きやすい環境です。

最近では女性ドライバーのニーズが高く、特に女性客が安心して乗車できる女性ドライバーを希望することが多いです。また女性ドライバーのきめ細かな気遣いが、高齢者の方にも好評です。

これからますます女性ドライバーの需要が増えていくと思われる中で、女性ドライバーに働きやすい大手で働くのはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加