タクシードライバーのお悩み

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すなら教育制度充実と終身雇用で長く働けることが大切

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を目指すなら教育制度充実と終身雇用で長く働けることが大切

東京都内でタクシードライバーを目指すには、取得しなけらばならない免許があり、覚えることもたくさんあるので教育制度が充実している会社を選ぶ事が大切です。

また、長く働けるように終身雇用制度のある会社を選ぶとさらに安心といえます。
安心できる会社選びのポイントとその理由についてご説明します。

タクシー会社への転職を目指すなら教育制度が必要な理由

タクシードライバー(乗務員・運転手)になる為には、一般的に車を運転する際に必要とされる普通自動車1種免許の他にも、乗客を乗せて運転するために必要とされる普通自動車2種免許が必要です。
また、この普通自動車2種免許は、1種免許よりもさらに高度な知識を必要とします。

そのため、通常は教習所などに通いながら取得することが多いようです。
また、入社後に取得するケースが多いため、教育制度が充実している会社であれば2種免許の取得の際に必要とされる費用の補助があります。

会社によっては、かかる費用の全額を負担してくれる場合もあるので安心です。

また、教習所に通っている期間中にも、一定の給与保証が受けられる会社もあります。
さらに、東京都内の一部の地域では、公益社団法人東京タクシーセンターが実地する「新規講習」を受講して、「地理試験」に合格をすることが必要です。
「地理試験」は道路の名前や地名、駅の場所などが問題に出ますが、難易度が高く一度で合格するのも難しいといわれています。

このように、東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)になる為には、新たに取得をしなけれならない免許もありますし、合格をしなければならない試験もありますので、転職先を決める際のポイントのひとつとして、教育制度充実が挙げられます。

タクシードライバーの仕事はキャリアアップを目指すことも可能

タクシードライバー(乗務員・運転手)として勤務を続けているうちに、一定の評価をされるとキャリアアップがあるタクシー会社もあります。
とくに大手タクシー会社などでは、例えばタクシードライバー(乗務員・運転手)から、配車担当などの内勤経験などを経て、やがて昇格し責任者へステップというケースも珍しくはありません。

いずれ、責任者を目指したいという向上心のある人は、国土交通大臣指定試験機構が行っている、運行管理者試験を取得して運行管理者になりキャリアアップを目指していくことがおすすめです。

タクシードライバー(乗務員・運転手)の仕事は、基本的に歩合制の要素が強いので頑張った分だけ報酬を稼ぐことが出来るというやりがいのある仕事ではありますが、生涯現役でいるためにも、いずれは運行管理者などの責任者を目指すことが良いかもしれません。

このように、タクシー会社によっては、タクシー乗務員以外の働き方を目指せる場合がありますので、自分の考え方次第では、働き方の選択肢を増やすことが可能といえます。
また、そのためには長く働けることが重要で、キャリアアップがある会社を選ぶ事が大切です。

気になる運行管理者の仕事やその他のキャリアアップ

タクシードライバー(乗務員・運転手)からのキャリアアップといわれる運行管理者とはどういった仕事を行うのでしょうか。
運行管理者の仕事には、従業員の管理や売り上げの管理、タクシードライバー(乗務員・運転手)が起こしてしまった事故の処理、クレームの処理など幅広い業務がありますが、基本的に内勤となります。給与面では固定給が主流ですので、収入が安定するというメリットもあります。

また、運行管理者以外にも、会社の人事に関わる重要な仕事を任せられたり、会社によっては黒タクシードライバーやハイヤードライバーなどの特別なタクシーに乗車するというキャリアアップの道もあります。
特別なタクシーに乗車出来るのは、接客サービスや運転スキルなどが優れているドライバーだけですので、通常のドライバーよりも配車機会が多かったり、高級車専門に運転を行うことができます。
それによって期待できるのが収入のアップです。

このように、キャリアアップを目指すなら、そのための環境が整っていることが大切といえます。
また、教育制度充実の会社は比較的そういった環境を整えている傾向にありますので、タクシードライバー(乗務員・運転手)の転職を目指すなら、そういった会社を目指すことがポイントです。

終身雇用制度や再雇用制度のある会社で生涯現役を目指す

どんな業種でも転職をするなら、終身雇用制度がある会社を選ぶと長く働けるので安心です。
しかし、タクシー会社に限らず、いろいろな理由で終身雇用制度が必ずしも約束されているという会社は少なくなっている傾向にあります。

多くのタクシー会社では、60歳から65歳前後が定年となっていることが一般的ですが、本人の希望次第では定年後にも再雇用をしてくれる会社もあるようです。

しかし、会社によって条件が異なりますので事前に確認をしておくことが大切です。一方で、高齢になってからの運転は不安というタクシードライバー(乗務員・運転手)の方も少なくありません。
タクシー会社で生涯現役で働くことを目指すためには、キャリアアップをして内勤などの仕事が出来るように選択肢を用意しておくと安心です。

タクシードライバー(乗務員・運転手)になるためには、他の職種に比べて学歴や年齢、性別を問わないことが多いので転職をしやすいといえますが、覚えることや試験、研修もたくさんありますので簡単になれるというわけではありません。

また、こういったことを乗り越えて晴れてタクシードライバー(乗務員・運転手)になったら、生涯現役で長く働けることが理想的といえます。
また、理想を実現するためには、教育制度充実や終身雇用に着目した会社選びが大切といえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーは婚活をするときに相手にとって魅力ある仕事?結婚への不安を払拭して安定した暮らしを手に入れよう!

タクシードライバーは婚活をするときに相手にとって魅力ある仕事?結婚への不安を払拭して安定した暮らしを手に入れよう!

これから結婚相手を探したいと思っている人がタクシードライバーになるのを躊躇してしまうことがあります。

タクシードライバーは結婚に不利な職種なのでしょうか。
不安を払拭して安定した暮らしを手に入れられるようになれる可能性を秘めている職種だと知っておきましょう。

婚活をするときにはタクシードライバーを敬遠した方が良いの?

これから結婚相手を探したいと思っている人は自分のプロフィールについて注意を払う必要があります。
職種や給与といった仕事に係るプロフィールは相手がよく見ている点なので、婚活をするときに有利不利を決める重要な要素です。

タクシードライバーは相手にとって魅力ある仕事?
という疑問を持ち、きっと好まれないだろうと考えてタクシードライバーになるのを敬遠する人もいます。

一般の人から見るとタクシーは24時間365日体制で常に配備されていて、必要があれば電話一本で来てもらうことができるサービスです。
タクシードライバーになると過酷な労働条件になっていてプライベートを疎かにしなければならないのではないかと懸念してしまう人もいるのは確かでしょう。

また、そのような状況でも働いている人が多いということは、給料が少なくて必死に働かなければノルマを達成できないような状況下にあると想像してしまう場合もあります。
結婚生活を始めたら安定した給料を手に入れて、家族との時間を大切にできる暮らしをしたいという気持ちを持つのはもっともなことなので、結婚への不安が生まれてタクシードライバーはやめておくべきと考えてしまいやすいのです。

婚活に有利と考えられるタクシードライバーの働き方の魅力

タクシードライバーの仕事が本当に想像しているようなものなのでしょうか。
タクシーのサービスを受けているだけの立場から見ると過酷な仕事に思われてしまいがちですが、実は婚活に有利と考えられる働き方ができるのも確かなのです。タクシードライバーは確かに夜もサービスを提供しなければならないので夜勤があります。

しかし、希望すれば昼日勤と呼ばれる夜勤のない働き方も可能なので、家族とスケジュールを合わせて生活することも難しくありません。
また、隔日勤務はタクシードライバーとして典型的なもので、プライベートを大切にできる働き方としても知られています。

朝から翌早朝まで働いて、翌日は休みにするという形の勤務時間になっていて、しっかりと働く日とプライベートを楽しむ日をはっきりと区別できるのが特徴です。休みの日を取りやすいので子どもができても安心でしょう。
隔日勤務の休暇の他にも有給休暇も取得できるので、プライベートを充実させるのに困ることはありません。

まとまった休みを取って存分に家族サービスをしつつ、英気を養ってまた仕事をするというリズムを作ることもできるでしょう。

給与面からも魅力的なタクシードライバー

婚活のときに相手が自分の給与について気にかけることはよくあります。
一家を支えられる程度の給与を手に入れていることは大切だと考える人が多く、特に結婚してから離職したいと思っている人にとっては切実な希望になりがちです。
安定した暮らしができる給与を得られるのかという疑問はタクシードライバーに興味を持った人がよく抱く疑問ですが、タクシードライバーには給与面からも高い魅力があります。タクシードライバーは営業職としての性質があり、お客様をより多く獲得すると給与が上がるようになっているのが特徴です。ノルマがあるわけではなく、努力をして成果を上げるほど高い給料をもらえるというインセンティブ制度に近いシステムになっているのです。仕事や地域に慣れると効率良くお客様を獲得できるようになるので、経験を積むほど飛躍的に年収が増えていきます。

また、たとえ結婚をするという話になってからタクシードライバーに転職しても問題はありません。タクシー会社によっては就職してから当面は給与保証があり、営業成績が上がらなくても高い給与を払ってもらえます。
月収40万円も保証してくれる会社もあり、当面は安定した暮らしができるのです。

将来性もあって安心だからこそタクシードライバーは結婚に有利

タクシードライバーと結婚に関連してもう一つ問題にされやすいのが将来性です。マイカーを持つ家庭が増え、公共交通機関も充実してきているのでタクシーの需要は今後もあるのかという疑問を持つ人もいます。
しかし、日本ではビジネスではタクシーを使うケースが多いことに加え、海外からの旅行客が増えていることでタクシーの需要が高騰してきているのが実情です。日本は観光地としてもブランド品の購入場所としても世界的に着目されています。

海外の旅行客は日本の複雑な公共交通網を活用するのが難しい場合が多く、積極的にタクシーを利用しています。そのため、タクシードライバーは今後も必要性が高く、将来性のある仕事として注目を浴びるようになってきているのです。グローバル化について考慮して、英語や中国語などのニーズが高い語学に長けたタクシードライバーとなれば将来的にも安泰でしょう。

年収を十分に確保しやすいだけでなく、将来的にも不安のない職種だと考えると、タクシードライバーは結婚しやすい仕事と考えられます。
その点をしっかりとアピールして婚活をすれば魅力的な相手を射止められるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を希望する方は必見!最大40万円の月給保証を1年間もしてくれる会社があります!

東京都内でタクシードライバー(乗務員・運転手)を希望する方は必見!最大40万円の月給保証を1年間もしてくれる会社があります!

様々な事情により、これから都内でタクシードライバーへの転職を考えている方もいるはずです。
ただしドライバー未経験であったり、地方から移ってきたばかりの方にはとっては、仕事の収入や安定性など何かと不安がつきものです。

ここではそんな方に、安心と信頼ある業界最大手のタクシー会社を紹介します。

業界最大手だからこそ、給与はこんなに有利で高待遇!

まず東京都内で働くタクシー会社を選ぶ際に、最も重視する基準はやはり給与面ではないでしょうか。
通常、タクシードライバー(乗務員・運転手)は歩合制を採用する会社がほとんどです。

そのため世間一般では、給与面が不安定というイメージが先行しがちです。
この点、業界最大手のタクシー会社であれば、心配する必要がありません。

ある最大手の給与データを見ると、1年目の平均年収が420万円、2年目は平均450万円とアップし、入社6年目にもなると最高年収が790万円というケースも見受けられるようになります。

このように努力や能力次第で、いくらでも収入に反映できるのが、この仕事の魅力と言えるかもしれません。ただしそうは言っても、仕事に慣れるための準備期間がある入社1年目では、なかなか収入に結びつかないのもまた事実です。この点、新入社員に対して月給保証制度を採用しているタクシー会社は、東京都内には意外と多くあるものです。月給保証がある会社は珍しいというのは、都内に限っては当てはまりません。しかも業界最大手のタクシー会社になれば、最大40万円の月給をまるまる1年間も保証してくれるケースさえあります。通常のタクシー会社の月給保証が30万円クラスで、期間も3ヶ月から半年であることに比べると、いかに恵まれた給与保証であるのか理解できるでしょう。これならば未経験入社でも安心して1年目から働くことができます。

業界最大手で入社1年目から安定して稼げるこれだけの理由!

収入面において業界最大手のタクシー会社が優れているのは、月給保証だけではありません。
入社1年目からでも安定してどんどん稼げる、手厚いサポート体制が充実している点も見逃せないでしょう。

未経験者で入社した場合、最初の1ヶ月はじっくりと研修を受けることになります。
そこでは運転スキルはもちろん、タクシードライバーに必須の第二種免許の取得対策や接客サービスの習得、都内地理のマスターなどを徹底してインプットします。

ちなみに第二種免許の取得費用は会社が負担してくれるので、経済的にも余裕が生まれます。

そして何よりも注目すべき点は、単に基本的なスキルを漠然と学ぶのではなく、常に売上げ向上と結びついた研修環境があることです。

例えば地理講習であれば効率的な道順をはじめ、お客の多いエリアや時間帯まで、テキストによる座学や実地研修でしっかりマスターします。
また各営業所に配属された後も、先輩から売上げ向上のためのノウハウを学んだり、営業所独自の研究会や自主的な勉強会などで、売上げノウハウの伝授や情報共有を随時実践しています。

このように未経験入社でも1年目から安定して稼げる環境が、業界最大手のタクシー会社では研修段階から充実しています。

コンスタントに高い売上げを継続できる、恵まれた営業環境!

いくら月給保証や研修制度が充実していても、やはり何年も継続して安定的に収入に結びつかなければ意味がありません。

この点、業界最大手のタクシー会社であれば心配ありません。
最大手ならではの幅広く多彩な集客システムが整備されているので、入社1年目からでもコンスタントに効率よく稼ぐことが可能です。

例えば、都内の主要拠点に幾つもの専用乗り場を完備していることも、誇れる集客システムの1つ。大規模な駅前ターミナルや有名ホテルなど、人々の流動性が高くお客が集まりやすいエリアにあるので、流し営業のように無駄な時間を消費することなく、効率的にお客を拾うことができます。

また信頼と実績ある業界最大手では、官公庁や企業など数多くの法人とチケット契約していることが普通です。

そのため客単価の高い長距離ニーズのお客に出会える確率が、格段とアップします。さらにネット社会に対応すべく独自の配車アプリを導入しているため、ピンポイントでお客の場所へ直行して、スピーディーに売上げにつなげることもできます。

このように業界トップクラスの専用乗り場や無線配車など、未経験者でも安心して働ける営業環境がそろっています。

業界最大手ならではの、手厚い職場環境がある!

せっかくタクシードライバー(乗務員・運転手)として働くなら、いつまでも安心できる環境で長く勤めたいものです。

業界最大手のタクシー会社では、勤務体制から福利厚生サービスまで、充実した職場環境が用意されています。
例えば勤務日の翌日は必ず休めるように、明番や公休日が設定されています。また事前申告によるシフト体制を採用しているため、突発的な休日出勤などは一切ありません。

さらに営業時間中は3時間の休憩や仮眠が徹底されているので、長時間の深夜帯でも無理なく運転することができます。
これならば身体に自信のないシニアや女性の方でも、マイペースで働くことが可能です。

福利厚生サービスについても、年金保険や健康保険など各種社会保険はもちろん、年次有給休暇をはじめ育児休業や介護休業など、特別有給休暇制度も幅広く備えています。

そのうえ財形貯蓄制度や慶弔見舞い、さらにはマイカー車検修理割引制度や無事故表彰制度など、社員への経済的サポートやモチベーション向上にもしっかりと配慮されています。

日頃から社内ではサッカーや野球をはじめ、囲碁将棋や園芸など、サークル活動が活発です。

職場の仲間とプライベートでも楽しめる機会が沢山あります。
このように最大手の安心感を享受できる、充実した職場環境が用意されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京のタクシードライバー(乗務員・運転手)は転職に向いてないきつい仕事?ノルマはあるの?

東京のタクシードライバー(乗務員・運転手)は転職に向いてないきつい仕事?ノルマはあるの?

タクシー乗務員は未経験者でも歓迎され、いつの時代でも需要がある安定した職種です。そのため転職を考えている方も少なくないですが、未経験者にとって気になるのがその職場環境です。今回はタクシー業界の職場環境について紹介します。

タクシードライバーへ転職したい理由

タクシードライバー(乗務員・運転手)への転職を考えている方は、転職を希望する理由に「今の仕事の労働環境」をあげる方がいます。

仕事量の多さや拘束時間の長さに反映されない低い給料、社内の人間関係や上司のパワハラなどが辛い、という理由から転職を考えているという方が一部ではいます。
また営業職をされている方で「毎日のノルマに追われるのが嫌になったので転職を考えている」とタクシードライバーへの転職を考えている方も中にはいるようです。

ノルマが達成できないと給料にも反映され、ノルマが達成できない社員に対しては、上司の嫌がらせ、叱咤が行われている職場も営業の世界ではあるといわれています。

また各種保険制度がない、あるいは色々な必要経費が会社持ちでなく自身での負担という職場も一部にはあるようです。

タクシードライバーが転職に選ばれる理由の一つに「余計な人間関係に悩まされることはないのでは」という理由をあげる方もいます。

タクシードライバーという仕事は車の中で一人で行う仕事なので、仕事中は社内の人間に会うことはありません。

しかし他の職場同様に同僚、先輩、上司がいるのは事実です。東京のタクシードライバーは社内の人間関係で悩まされることはあるのでしょうか。

会社の人間との付き合いは、ほとんどなし!

タクシードライバーは、基本的に一人で行う仕事です。
仕事前と仕事を終えた後に、所属している営業所に顔を出す必要がありますが、同僚や上司との付き合いはなく営業所で顔を合わせる程度です。

接客業なのでお客様とのコミュニケーションはありますが、基本的に一人で行い自分のペースでできるのがタクシードライバーの特徴です。

他の職場のように1日中同僚や先輩・後輩、上司と顔を合わせる必要がなく、余計な人間関係に付き合う必要がない仕事がタクシードライバーなのです。
またタクシー業界は常に求人が出ていることからわかるように、いつの時代でもニーズのある仕事です。そのため常に安定している業界なので職場環境もしっかりと整備されています。

各種保険の加入や必要経費は会社がしっかりと面倒を見てくれ、万が一の事故が起きても会社が負担をしてくれます。

家庭持ちの方の場合、家族も安心している職場、という信頼が得られるのがタクシー業界なのです。
また未経験者には研修や先輩からの指導がありますが、スパルタ式、パワハラが横行する指導ではありません。

整備された職場環境による働きやすい職場で、ギスギスした人間関係や上司、先輩からのパワハラなどの心配はありません。
親切かつ丁寧に仕事のノウハウを教えてくれます。

ノルマに関して

タクシードライバー未経験者にとって「タクシーの仕事はノルマがあるのか」という不安要素を持つ方も中にはいるようです。

タクシードライバーの転職前に営業職をやっていた方は、特に不安に思う問題です。

ノルマが原因で起こるパワハラに耐えられず退社したのに、転職したタクシーの仕事でまたノルマ制度があった場合、前職と同じ苦しみを味わうことになります。
しかしタクシーの仕事では基本的にノルマはありません。

歩合制なのである程度の稼ぎがないとその分収入は低くなりますが、頑張り次第で高収入を得ることも可能です。
ノルマにストレスを感じることなく、のびのびと仕事ができるのがタクシードライバーの魅力です。

ただし一部のタクシー会社ではノルマをもうけているところもあります。
「足切り」と呼ばれる歩合制のパーセンテージに影響するタクシー業界独特のノルマ法です。

その日の売上目標である「足切り」の金額を設定し、足切りを達成できなかった場合、歩合のパーセンテージが低くなり給料も安くなるという仕組みです。
このようなノルマを設定している会社もあるので、ノルマが嫌な場合は面接前に確認することが大事です。

職場環境の良いタクシー会社を見つける方法

タクシー業界は終身雇用で働ける、あるいは定年後にタクシー会社に就職が可能という業界です。

しかし数多いタクシー会社すべてが、きついノルマなし、パワハラなし、人間関係のストレスもなしという良い職場環境ばかりとは限りません。
その際にタクシー会社を選ぶ方法として安心なのが、大手の有名タクシー会社を選び、名前も聞いたこともないタクシー会社は選ばないということです。

大手は風通しの良い環境で、あらゆる制度が整っているので安心して仕事ができます。
また大手ということはそれだけ多くのお客様から信頼をされている証拠なので、仕事量も安定しています。

そしてタクシー会社の求人を見て不安な点があったら、事前に電話などで質問をして確認をすることも重要です。
職場環境が不安定な会社ほど、求人では「高収入」など都合の良いことばかり強調して、各種保証や手当については曖昧な記述をしていることが多いです。

就職をしてから職場環境の悪さに気づくということがないように、事前の確認をしましょう。

またタクシー会社によっては会社説明会をひんぱんに行っている会社もあります。
説明会に顔を出すことで社員の方の雰囲気などをチェックできます。基本的にタクシー業界は、常にニーズがあり自分のペースで仕事ができ、面倒な人間関係、パワハラに悩まされることのない業界です。

そして努力しだいで高収入も可能なのが、タクシードライバーという仕事なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未経験から目指すタクシー業界の内側!残業なし?入社したらギャップある?

未経験から目指すタクシー業界の内側!残業なし?入社したらギャップある?

転職時の面接において、求職者に自社の良いところを伝えて魅力的に感じてもらうことはもちろん重要なことですが、転職者側からすると良いところばかり伝えられることで、入社後のギャップの要因となる誤解が生まれていきます。

では、入社後に感じるギャップとはいったいどういったことなのか、またタクシー業界は世間的なイメージもまだまだ低い現代で、働いてみたらこんなことがあったなどをご紹介していきます。

一般的な入社後のギャップ

タクシー業界を知る前にまずは、全体の未経験から転職した方々が入社後に抱くギャップを大まかにまとめてみました。

①仕事内容が違う
仕事内容というのは、仕事をする限り勤務時間を全て費やすことになるので入社前に聞いていた話と実際、入ってから全然違う仕事を任されたなど戸惑う第一歩だと思います。
しかしその仕事内容が自分にとって、楽しくてやりがいがあり、やる気次第で成長できる余地があればまずはひたすらに頑張るという考え方もあります。

②配属部署が合わない
入社前の会社のイメージは間違いではなかったけれど、本社と支店、部署により勤務や昇進など格差があり、どの部署に配属されるかによって長く勤められるか、またその人の将来が決まってしまうということがあります。
これは大手企業に多いかと思いますが、いい意味で各部署の個性がありますがそれが入社した人に合っていないとそう感じてしまう方が多いようです。

③組織の特徴や社風について
実際に働いて仕事をしてみるとその会社にいる人たちの特徴や社員に対する仕事の評価方法が思っていたものと違うと感じるようです。そのため結果なのか過程なのか、数字なのか内容なのかを見極めるということも予めしっておくと良いでしょう。

④その他
上記3つの他には、ワークライフバランスや勤務時間や給与や待遇・福利厚生などの条件面があります。また企業の将来の展望や景気についても入社してみて違ったと、自分とのズレがあるそうです。

タクシー会社はブラック企業というのは勘違い

タクシードライバー未経験の方だと、
「タクシーって残業が多そうで嫌だ」
「ブラック企業で過酷そうだから転職するか迷っている」
というようなことを思っている方も多いはずです。

実際はどうかというと、全くそんなことはありません。

タクシー会社の労働時間は、厚生労働省によって厳しく管理されていてそれを違反したときには厳しい罰則があるため、どこのタクシー会社であっても、その法律の範囲内で労働条件が決められているのが当たり前なのです。

そういった意味ではいわゆる「ブラック企業」というものに当てはまるタクシー会社は存在しないのかもしれないということです。

タクシー会社の労働時間の法定規則は、1ヶ月の拘束時間は262時間が限度で、労使協定があるときには、1年のうち6ヶ月までは270時間まで延長することが出来ます。
また暦日(隔日勤務のこと)の拘束時間は21時間以内とし、勤務終了後20時間の休息時間が必要と決まっています。

隔日勤務の場合は、一回の出番あたりの最長の拘束時間は21時間以内と決められており、それ以上働き続けることはできません。

また一回の出番が終わったら、最低20時間以上の休みを取ることが必須ということです。そのため1ヶ月のうち、最大でも13日は出番で、残りは明け番の休日、もしくは公休で1日お休みとなるため、比較的自由な時間が多いというのが、タクシードライバーの働き方の特徴なのです。

タクシードライバーはプロのドライバーでお客様の命を預かる大切なお仕事なので、休みの日には次の出番のために体調管理を徹底する必要があります。休みの日の時間をすべてが自由に使ってよいというわけではありませんが、皆さんが思っている以上にしっかりと勤務時間が決められているため、 慣れてくると働きやすいと仕事をいわれています。

タクシードライバーのメリット

タクシー運転手の仕事には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

【メリット】
・誰でも始められる…運転免許以外の資格や経験の有無、年齢などがほとんど問われない
・人間関係のストレスが少ない…業務中は個人行動のため、同僚や上司との関係に悩むリスクが低い
・長く勤めることができる…定年が一般的な会社勤務に比べて遅いまたは、定年後も働ける制度もある

【デメリット】
・身体的な問題…長時間運転をするため、身体的な負荷が大きい
・勤務時間が長い…隔日勤務の場合は、その分1日の勤務時間が長くなる
・お客様とのトラブル…接客業と運転業のため、乗客とのトラブルや交通事故のリスクが必ずつきもの

実際のタクシードライバーのギャップ

タクシードライバーになった方で、よく聞くのがタクシードライバーを目指して入ったわけではないということです。ではなぜ入りたいと思ったのかというと会社の説明会に参加して、人事担当の方の話が印象的でこの会社で働いたら楽しそうだと感じて入社を決めたとのこと。

ただ入社してから感じることは、やはり世間とのギャップである。タクシー業界は、今業界変革を各会社考えており、世間的なタクシーやタクシードライバーのイメージをより良いものにしたいと考えています。

その魅力を感じたからタクシードライバーとして入社したのに、まだまだそれが多くの人にわかってもらえないとうギャップを痛感するとのことです。
業界内では、各タクシー会社との明確な差別化ができていないということです。

ただそういった業界改革をしていくには、業界全体で売上や社会的地位を上げていくことに尽きると感じている方も多くいます。

マイナスなイメージもありますが、入社後のプラスのギャップもあります。
それは、素敵なお客さまにお会いできる喜びを感じることや、営業所で一緒に働く仲間に恵まれていること。

また、以前の仕事と比べて自由な時間が多くなるということです。タクシードライバーは隔日勤務の勤務形態も少なくないため、体が慣れるまできついこともあるけれど慣れてくると趣味や家族との時間を作れるようになったという方が多いのです。

体力と売上など労働条件が大変なタクシードライバーですが、実際に働いてみると案外楽しいと思うことも沢山あります。

そのため就職や転職で入社後にこんなはずじゃなかったとミスマッチを防ぐためにも、きちんとその職業や企業をチェックすることが大事といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未経験から始めるタクシードライバー!土日休みはあるの?

未経験から始めるタクシードライバー!土日休みはあるの?

街中で見かける黄色い車。そういわれるとタクシーとすぐ思いつくでしょう。
そして駅まで、たくさんのタクシーが止まっていて車から降りて話しているドライバーのおじちゃんたちはいったいどういった仕事をしているのか。

ただの車を走らせてるだけ?そんな一般的なイメージからタクシードライバーってどういった仕事をしているのか、基本的な情報をご紹介いたします。

そもそもタクシードライバーって何やってる?

タクシー運転手は、タクシーに人を乗せて目的地まで運ぶ仕事です。

タクシーには、大きく分けて「法人タクシー」と「個人タクシー」の2種類があります。

前者はタクシー会社が保有するタクシーで、運転手は会社の社員として働きます。後者の場合は運転手個人が所有するタクシーであり、身分は個人事業主となります。

個人タクシーの運転手になると、経済的自由と時間的自由を得ることができますが、なるためには一定期間以上の乗務経験や無事故無違反であることなどが求められるため、まずはタクシー会社の運転手として経験を積む必要があります。

タクシー会社に運転手として勤務する場合、以下のような仕事内容になります。

・営業所に出社後、朝礼や車の点検を実施
・出庫後は営業エリアで送迎を行い、状況に応じて駅などで待機
・勤務終了後は営業所に戻り帰庫

一方、タクシー会社の従業員ではなく、個人タクシーの運転手として営業を行う人もいます。
個人タクシーの事業者として勤務する場合は、自宅と営業所が同一となるため、会社に出勤する必要がなくなります。

タクシードライバーの仕事の流れを教えて

タクシー運転手の生活は、オフィスで事務などを行う一般的な会社員のそれとはだいぶ異なるものとなっています。

タクシー会社に勤務する場合、1日あたり15時間〜20時間働くことが一般的で、出勤日と休日を交互に繰り返します。1日の勤務時間は長いですが、もちろんずっと運転し続けるわけではありません。お客さまありきの仕事ですから、タクシーに乗りたいと考えているお客さまを見つけることも仕事の一部です。

たとえば、走りながらお客さまを探す「流し営業」のほか、駅・ホテルなどのタクシー乗り場に付けてお客さまを待ったり、会社から入る無線に従ってお客さまを迎えに行くこともあります。
電車やバスの運行がない深夜から早朝にかけての時間帯は、タクシー運転手の稼ぎどきとなります。

タクシー運転手は「歩合給」となっていることが多いため、限られた時間内に、できるだけ多くのお客さまを乗せる努力が必要になります。

タクシードライバーの給料と年収は?

『タクシーは給料が安い』ってアナタも聞いた事があるとは思うんですけど、 僕はそれが不思議でしょうがなくて色々と調べてみました。 その結果、この業界特有の事情が平均年収を大きく下げている事がわかりました。

タクシー会社によってですが、収入は売上の約半分で売上は日勤(朝7時頃から夕方6時頃まで)で平均20,000円、夜勤(夜7時頃から午前4時頃まで)は平均30,000円、いずれも5日乗務で1日休まなければならないので月25日位がMAX隔日勤務(本当はこれがタクシードライバーの本来の勤務態様)で平均50,000円となり、月12乗務が基本で更に1乗務OKです。
成績の悪いドライバーは平均の7割くらい(正規の人はだいたいやめます)良い人は1.5倍位稼ぎます。

ボーナスは年3回出ますが一部の稼ぐ人は年間100万超えますが、悪い人は雀の涙です。売上の折半って事はワンメーターの客しかつかなかったら税金引いて日給300円なんて事もあるのでしょうか。理論上はありえますが、普通にやっていれば新人でも日勤で1万以上稼ぎますね。年収ベースでは一部カリスマと呼ばれる人でも700万~800万、大半が500万以下、平均350万と言われています。

収入的には魅力のある仕事ではありませんが、わずらわしい職場での人間関係がない、車庫を出ればあとは自分のペースで仕事ができる、ある程度の売上があれば帰庫時間は自由、休みも取りやすく休んでも誰にも気兼ねしなくて良いし、休み中に仕事が気になったり、出てきたら仕事が山積みなんてこともありません。

一番良いのは運転に支障がなければ、何歳までも働けます。

ちなみに平均年齢はなんと54歳、70歳以上のドライバーが10%を越すそうです。
タクシー会社に従業員として勤務する場合と、個人タクシーの事業者として勤務する場合は仕事内容に相違点がありますが、年収に違いはあるのでしょうか。タクシー会社に従業員として働く運転手の給与形態は、固定給+歩合制(乗客の数や距離に比例)が基本です。

また、歩合制における売上の一部は、会社の経費として納める仕組みになっています。

一方、個人タクシー事業者の場合は経費を会社に納める必要がなく、営業収入が全て自分の収入に。そのため売上が多くなればなるほど、年収はタクシー会社の従業員よりも高くなるといわれています。
ただし、ガソリンや車検などにかかる費用はすべて自己負担です。

ちなみに、個人タクシーの運転手になるためには年齢によって様々な条件があり、65歳未満であることや、タクシー運転手として法人タクシー事業者に雇用されていた期間が10年以上であることなどを必要とします。

残業や休日はどうなってるの?

タクシー運転手の勤務形態は、以下のような3種類に分けられます。

・昼日勤(早朝から夕方頃まで) 
・夜日勤(夕方頃から明け方頃まで) 
・隔日勤務(昼日勤と夜日勤を合わせたスタイルで、勤務時間は20時間程度)

タクシー業界では、隔日勤務がスタンダードな勤務形態といわれています。
隔日勤務の際は、早朝から翌日の明け方頃まで乗車。そのうち3時間は休憩となるため、勤務時間は20時間程度となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未経験で正社員を目指す!タクシー運転手に向いている人の特徴を分析してみました

未経験で正社員を目指す!タクシー運転手に向いている人の特徴を分析してみました

未経験で正社員のタクシー運転手になりたいと思うと、本当にこの仕事は自分と適性があるのか?ということがあると思います。

タクシーという業種は、第一義的にはサービス業です。

その最前線で働くタクシードライバーは、「お客様を安全かつ快適な運転で迅速に送り届ける」という使命を持っています。一般的にタクシー運転手の特性を考えた場合に、思い浮かぶのは以下のようなものが挙げられるかと思います。

・運転が上手い
・地理や道に詳しい
・雑談の話題が豊富

これは、仕事に直接かかわる向いているスキルと言えます。では、性格適性的にどういう方が合っているのか今回はそこに焦点を当てて分析したものをご紹介いたします。

目標に向かって、勉強できる

タクシー運転手の仕事の1番の特徴は、頑張った分に比例して売上が上がり、サボった分に比例して売上が下がると言うことです。
多くの仕事は頑張ったからといって、成果が出るわけではありません。

成果を出す人たちは少なからず努力をしていると思いますが、中には全然頑張らなくても容量良く成果を出している人たちもいます。しかし努力をしたからといって必ずしも成果がでるわけではないのが、世の中にある数多くの仕事の現実的な側面であると思います。

冒頭のにも挙げた運転の技術や地理、接客トークなどタクシー運転手は毎日同じことは起こらないため、日々勉強して吸収できる人は成長できます。

広い視野が持てて気配りができる

運転手だと運転が好きだったり、得意だったりすればなれる仕事だと考える人もいるかもしれません。
そのためお客様にマンツーマンで対応するタクシー運転手は、運転にだけ集中していれば良いというわけではありません。ですが、実際はサービス業としての自覚を持ち、お客さまに快適に過ごしていただくための気持ちが強く求められる仕事です。

たとえば、運転に集中しながらも常にお客さまの様子には気を配り、場合によっては「車内は寒くないですか?」などと声をかけることも大切です。
あくまでもお客さまのために運転をするのがタクシー運転手ですから、さりげない気配りや心配りができる人にこそ向いているのです。日々さまざまなお客さまと接するだけに、コミュニケーション能力も必要とされます。「運転は好きだけれど人が嫌い」という人には、あまり向いている仕事とはいえません。

またお客様に行き先を尋ねて希望する道順を確認する、支払いについてスムーズに説明する、明るい挨拶をかかさないなど、サービス業として基本的な行動はタクシー運転手にとって必要不可欠です。
誰とでも世間話を弾ませることができるというほど話のスキルが高い必要はありませんが、まともに話をすることができないような内向的な性格ではタクシー運転手はやっていけません。

おとなしい性格でも、たとえ愛想がなくても、しっかりはっきり話すことができるならタクシー運転手向きの性格です。

1人で過ごすことが苦にならない

自分だけで過ごす時間も長い仕事であるだけに、一人の時間が苦にならない人に向いている仕事だといえます。毎日、会社からタクシーを出庫してからの1日の過ごし方は、基本的に個々の運転手に任されます。
その日の営業が終わるまでは自分でお客さまを見つけながら走ることが基本となるため、会社で大勢の仲間と協力して物事に取り組む、という仕事とは性質が異なります。一人で過ごす時間を退屈に感じてしまうような人だと、タクシー運転手としては厳しいかもしれません。

ストレス耐性に強い

タクシー運転手の仕事は、基本的に1日の拘束時間が15時間程度と、とても長くなります。その分休みもしっかりととることができますが、運転中は安全運転のために常に集中している必要がありますし、精神的なプレッシャーもかかりやすいです。

そして長く仕事を続けていると、中には酔っぱらって暴言を吐くお客さまがいたり、理不尽な文句を言ってきたりと、接しにくさを感じるお客さまとの出会いもあるはずです。それでも、仕事を投げ出すわけにはいかないのです。そのためタクシー運転手は、ちょっと嫌なことがあったときにすぐにイライラするような人ではなく、我慢強い人やストレスに強い人に向いているといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地理がわからなくてもタクシードライバーになれますか?

初めは地理や道路、駅や名所などわからない方が多いことがほとんどです。
わからないことが多く、不安な方もいらっしゃると思います。
しかし、はじめのうちはわからなくてもタクシードライバーになることができます!
なぜ大丈夫なのかを見ていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動が苦戦している時に考える解決策とは

転職活動をしていて、なかなか内定が取れないと、落ち込んでしまうことが良くあると思います。長引いてしまうと負担も増えてしまいます。ズルズルと負のスパイラルに落ちていかないよう、ここで冷静に見つめ直してみてはいかがでしょうか。

転職活動が苦戦している時に考える解決策とは

面接で「企業が聞きたいこと」に答えられているか考える

面接で面接官が何を求めているのかを考えることは、営業のスキルに似ています。自分に何を求めているのかを読んで元気良く簡潔に答えていきます。とはいえ、営業が得意な人ばかりではないし、迷ってしまいますね。
ただ、なかなか面接を突破できなくて困っている人多いのが、面接官の聞きたいことをきちんと把握してないケースです。例えば、「あなたの名前は?」と聞かれたら「山田一郎です」とか、シンプルに聞かれたことを答えればよいのです。それが、なぜか「うちの会社を志望する理由は何ですか」と聞かれると余計なことを話す人が多いのです。転職した理由に、前職を退職した(する)理由ばかり答えてしまい、長々と話して前職のグチのように捉えられてしまい悪印象、というケースが非常に多いです。転職理由を聞かれている場合には、あなたが『これから』『この会社で』何をしたいのか、という「転職で実現したいこと」というポジティブな意味で理由を聞きたいからです。面接における質問の真意をしっかり理解したうえで答えられるように心得ておきましょう。

転職理由の答え方

b_sub
前述のとおり、転職理由とは、「○○が嫌だったから、転職します」ということを聞いているわけではありません。それは退職理由であり、「転職によって実現したいこと」を含んだ「転職理由」とは違います。退職を決めたきっかけという過去の話ではない、これから何をしたいと考えているのかという未来の話をする必要があります。そのため、この回答だと「うちでも残業が発生したらすぐに辞めてしまうのでは?」と企業に捉えられ、活躍の可能性を信じてもらえないばかりか、マイナスの印象を与える可能性があります。

転職理由は、退職理由からポジティブに自己分析して考える

・なぜ残業を減らして早く帰りたいのか?
・なぜ会社に長く働き続けたいのか?
・自分にとって長く働ける会社とは?

ポジティブに退職理由に対して自問して考えてみましょう。「残業を減らして早く帰った分、社外の人脈を持って刺激にしたい。そこで得た経験を自社の仕事に還元していきたい」「長く働き続けることで、より高い専門性を身に付け、会社に貢献し続けることができる」転職によって実現したい理想の自分の姿がだんだん見えてきます。これは、本音のあなたの転職理由になります。
志望動機や企業でやりたいことに関しても、転職理由と転職で実現したいことがしっかり考えきれていれば、派生して簡単に答えることができます。

本音を語ろう あなたが仕事において何を重視しているのか

転職理由をする動機が何であっても、前職を辞めたということは、そこではあなたが仕事に対して求めるものに相違があったということですよね。
同時にそれが、次の仕事で叶えたいことでもありますよね。
面接官は、あなたの仕事に対する考え方を知り、応募している企業・職種とマッチするかどうかを判断しようとしているのと、実際に雇用したときに活躍してくれるかを見ています。

仕事に責任感を持って取り組めるか

転職先でも責任感をもってしっかり仕事をしてくれる人材かどうかは重要なポイントです。
具体的に分解すると、

・業務に支障が出るような問題を起こさないか
・仕事にきちんと取り組み、いい加減な仕事をしないか
・組織適応力があるか
・ストレス耐性があるか
・すぐに辞めてしまわないか

つまり面接官は、仕事に責任感を持って向き合い、企業に貢献してくれる人材かどうかを見極めています。
前職を辞めた理由から仕事に対するいい加減な態度が透けて見えるような人材には、次の職場でも信頼して仕事を任せることはできません。そのため、例えば「人間関係のトラブル」や「前職の仕事に飽きた」など、この点が不安に思われるような転職理由はそのまま話すべきではなく、言い方に工夫が必要です。

日本交通グループの蔦交通では人柄や可能性を重視して採用

vete2
初心者でも安心して働けるように、蔦交通では入社1年間は最大月給42万円を保証しています。しっかりと稼げるようになる期間を設けるために1年間の保証制度を用意しています。少しずつ経験を積み、先輩社員からアドバイスをもらう中でマイペースに成長してください。その間のフォローは会社がしてくれます。2種免許取得サポートや入社後のスキルアップも充実しているので、タクシー業界が初めての方でも十分に乗務できるようになります。これまで重ねてきた年齢が経験となり、お客様に喜んでもらえるチャンスになります。イベントや地域柄に特化して乗務したらお客様と仲良くなり、それ以来指名していただけたという嬉しい事もあります。 それぞれ個性に合わせて、誰でも伸ばすことができる長所があります。蔦交通で、安定して長く活躍していきませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシーの臭い対策!ファブリーズタクシー登場!

f_top日本交通グループでは通称「ファブタク」、ファブリーズとコラボレーションしたタクシーサービスを開始しました。8月31日より1万3,500 台のタクシーが走行開始しています。沢山の斬新な取り組みをする日本交通グループの新しいサービスについてご紹介します。

タクシーの臭い対策!ファブリーズタクシー登場!

ファブリーズタクシーのサービス概要

ファブリーズとのコラボレーションの概要は以下の通りです。

・運行事業者 :日本交通株式会社並びに全国タクシーアプリ加盟会社(一部を除く)
・運行期間 :2016 年 8 月 30 日(火)~9 月 29 日(木)
・運行エリア :全国
・運行台数 :1 万 3,500 台
・料金 :各地のタクシー運賃・料金に則る

ファブリーズタクシーに乗るには?

hai_sub02都内であれば、たくさんタクシーが走っていますのでその中から探すこともできますが、一番早いのはタクシー配車アプリの「全国タクシー」です。このアプリは、ファブリーズタクシーを選んで配車することが出来る上に、事前に料金がわかったり経路を登録しておくことが出来たりします。タクシーをたくさん利用したり、同じ経路を繰り返し利用する人には使っておいて損は無いアプリです。この機会にダウンロードしてみても良いかもしれませんね。

ファブタクのニオイ対策7箇条

hai_sub03日本交通グループがファブリーズタクシーにあたって乗務員の教育として設定した7箇条は以下です。
① クルマ用ファブリーズでニオイを根本から消臭
② 乗務員は清潔な制服、洗いたてのYシャツを着用
③ 出車前の衣服のニオイチェック
④ フロアマット・ゴミのない車内・濡れた雑巾を持ち込まない
⑤ できるだけ車内での食事をしない
⑥ 喫煙休憩後、最低3分の間をあけ、制服をはたいたり、うがいや深呼吸するなど車内にタバコのニオイを持ち込
まない
⑦ こまめな車内換気
設備だけではなく、乗務員にも徹底することで快適な空間を作り出すサービスです。

日本交通グループのタクシーサービス

日本交通グループでは、今までにも斬新なコラボレーションをたくさん実施してきました。きゃりーぱみゅぱみゅさんのアルバム「KPPBEST」とコラボレーションした「KPPベスト号」は、ピンクの車体が印象的な可愛いタクシーでした。SNSでも話題になり、たくさんの方が写真を投稿していました。都内を走る姿は、かなり個性的で目立ちました。
大塚製薬ポカリスエットとコラボレーションしたこともあり、黄色いタクシーに行灯がポカリスエットの缶に似せたデザインになっていました。サービスは、乗車した方に動画を流し、見た方にポカリスエットを一本プレゼントするというものでした。
最近では、2016年夏にサントリーの伊右衛門とコラボレーションした「伊右衛門タクシー」を運行していました。車体は緑色で、中には暖簾があったりして内装伊右衛門仕様になっていました。

転職するなら日本交通グループの蔦交通

これからは、タクシー業界も競争がますます高まることが予想されます。タクシーの質が重視されるようになるこれからの時代、残っていく会社はお客様をいかに満足させるかという事を真剣に考えている会社なのではないでしょうか。日本交通グループは、6年連続業界売上ナンバー1の会社です。これからも斬新な取り組みを続けていくことでしょう。タクシードライバーへの転職を考えている方は、安定して楽しく働きたいなら日本交通グループの蔦交通を選んでみてはいかがでしょうか。日本交通グループで、営業所は葛飾区にあるので浅草エリアやスカイツリーにも出やすく、大手グループながらアットホームな会社です。安定した高収入と仕事のやりがいを目指してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加