タクシードライバーのお悩み

タクシーの臭い対策!ファブリーズタクシー登場!

f_top日本交通グループでは通称「ファブタク」、ファブリーズとコラボレーションしたタクシーサービスを開始しました。8月31日より1万3,500 台のタクシーが走行開始しています。沢山の斬新な取り組みをする日本交通グループの新しいサービスについてご紹介します。

タクシーの臭い対策!ファブリーズタクシー登場!

ファブリーズタクシーのサービス概要

ファブリーズとのコラボレーションの概要は以下の通りです。

・運行事業者 :日本交通株式会社並びに全国タクシーアプリ加盟会社(一部を除く)
・運行期間 :2016 年 8 月 30 日(火)~9 月 29 日(木)
・運行エリア :全国
・運行台数 :1 万 3,500 台
・料金 :各地のタクシー運賃・料金に則る

ファブリーズタクシーに乗るには?

hai_sub02都内であれば、たくさんタクシーが走っていますのでその中から探すこともできますが、一番早いのはタクシー配車アプリの「全国タクシー」です。このアプリは、ファブリーズタクシーを選んで配車することが出来る上に、事前に料金がわかったり経路を登録しておくことが出来たりします。タクシーをたくさん利用したり、同じ経路を繰り返し利用する人には使っておいて損は無いアプリです。この機会にダウンロードしてみても良いかもしれませんね。

ファブタクのニオイ対策7箇条

hai_sub03日本交通グループがファブリーズタクシーにあたって乗務員の教育として設定した7箇条は以下です。
① クルマ用ファブリーズでニオイを根本から消臭
② 乗務員は清潔な制服、洗いたてのYシャツを着用
③ 出車前の衣服のニオイチェック
④ フロアマット・ゴミのない車内・濡れた雑巾を持ち込まない
⑤ できるだけ車内での食事をしない
⑥ 喫煙休憩後、最低3分の間をあけ、制服をはたいたり、うがいや深呼吸するなど車内にタバコのニオイを持ち込
まない
⑦ こまめな車内換気
設備だけではなく、乗務員にも徹底することで快適な空間を作り出すサービスです。

日本交通グループのタクシーサービス

日本交通グループでは、今までにも斬新なコラボレーションをたくさん実施してきました。きゃりーぱみゅぱみゅさんのアルバム「KPPBEST」とコラボレーションした「KPPベスト号」は、ピンクの車体が印象的な可愛いタクシーでした。SNSでも話題になり、たくさんの方が写真を投稿していました。都内を走る姿は、かなり個性的で目立ちました。
大塚製薬ポカリスエットとコラボレーションしたこともあり、黄色いタクシーに行灯がポカリスエットの缶に似せたデザインになっていました。サービスは、乗車した方に動画を流し、見た方にポカリスエットを一本プレゼントするというものでした。
最近では、2016年夏にサントリーの伊右衛門とコラボレーションした「伊右衛門タクシー」を運行していました。車体は緑色で、中には暖簾があったりして内装伊右衛門仕様になっていました。

転職するなら日本交通グループの蔦交通

これからは、タクシー業界も競争がますます高まることが予想されます。タクシーの質が重視されるようになるこれからの時代、残っていく会社はお客様をいかに満足させるかという事を真剣に考えている会社なのではないでしょうか。日本交通グループは、6年連続業界売上ナンバー1の会社です。これからも斬新な取り組みを続けていくことでしょう。タクシードライバーへの転職を考えている方は、安定して楽しく働きたいなら日本交通グループの蔦交通を選んでみてはいかがでしょうか。日本交通グループで、営業所は葛飾区にあるので浅草エリアやスカイツリーにも出やすく、大手グループながらアットホームな会社です。安定した高収入と仕事のやりがいを目指してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー業界の課題とは

タクシー業界に就職を考えたりするときに、
業界について調べていくと、業界全体の課題につきあたって不安に思う人もいるのではないでしょうか。どの業界にも課題はあるものですが、今回はあえてタクシー業界が抱える課題について考えていきます。
今後長く働いていきたい方も、タクシー業界の今後についてポジティブな考えを持てると思います。

タクシー業界の2つの課題

よくテレビや雑誌等で言われているのが、タクシードライバーの高齢化です。
これは、別業界を定年してからでも始められる、長く続けられる等のメリットが業界にあることの裏返しですが、悩みを抱える会社は多いです。
また、ドライバーのサービス品質の向上という課題もあります。一度タクシーに乗ってコミュニケーションが困難だったという経験をしてしまうと、イメージが下がってしまいます。多くの会社が接客スキルの向上ができる会社を目指しています。

ドライバーの高齢化について

最近は、タクシー業界全体で新卒採用にも力を入れようという流れになっていて、若い人材が増えてきています。そもそも若者が少ない原因は、若い世代を中心に「仕事がきついのでは?」という誤解が多いことです。タクシードライバーは、基本的には歩合制の会社がほとんどです。その点で、「たくさん働いても稼げないのでは」という誤解が起こっています。ここで忘れてはいけないのは、ほとんどのタクシー会社が月給+歩合(成果報酬)という形を取っていて、考えてみるとその給与体系は優良なホワイト企業の営業職等と同じです。そればかりか、1年目の給与を保証してくれる会社もあります。日本交通グループの蔦交通では1年目の給料、月35万を保証しています。
これから、きちんと未来を見据えた大手タクシー会社には若い人材はどんどん増えていき、高齢化解消に向かっていくでしょう。タクシー業界への転職を考えるなら今、若い人材の受け入れ態勢が良いしっかりとした会社に入って、長く働き続けるのが一番良いのではないでしょうか。

ドライバーのサービスについて

タクシー業界全体を見ると、個人タクシー等もあるのでサービスにばらつきが起こります。その中で、接客がとてもしっかりしているタクシーに乗ると印象に残りますね。タクシー会社が多数ある中で、サービスにも力を入れていて、かつお客様からの信頼が厚い会社が、結局選ばれて残っていくのではないでしょうか。蔦交通の母体である日本交通は、サービス業(ハイヤー・タクシー部門)で4年連続1位を獲得しています。そして、「観光」・「ケア」・「キッズ」の3部門の専門的な知識に長けたエキスパートが乗務するエキスパート・ドライバー・サービスを取り入れて、更なる品質向上に努めています。

業界のこれから

2つの課題について紹介しましたが、課題に対して手を打って考えている会社は、これからもお客様から選ばれ、愛されていくと思います。
タクシー業界就・転職を考える方は、長く前向きに輝ける会社を選びましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未経験者ってタクシードライバーに転職できるの?

タクシードライバー未経験者が転職を希望されることが多いかと思います。
職種未経験って転職する前から不安ですよね。
そんな方でも心配はいりません、大丈夫です!
これを読んで不安を解消してください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加