タクシードライバーのお悩み

タクシー業界の課題とは

タクシー業界に就職を考えたりするときに、
業界について調べていくと、業界全体の課題につきあたって不安に思う人もいるのではないでしょうか。どの業界にも課題はあるものですが、今回はあえてタクシー業界が抱える課題について考えていきます。
今後長く働いていきたい方も、タクシー業界の今後についてポジティブな考えを持てると思います。

タクシー業界の2つの課題

よくテレビや雑誌等で言われているのが、タクシードライバーの高齢化です。
これは、別業界を定年してからでも始められる、長く続けられる等のメリットが業界にあることの裏返しですが、悩みを抱える会社は多いです。
また、ドライバーのサービス品質の向上という課題もあります。一度タクシーに乗ってコミュニケーションが困難だったという経験をしてしまうと、イメージが下がってしまいます。多くの会社が接客スキルの向上ができる会社を目指しています。

ドライバーの高齢化について

最近は、タクシー業界全体で新卒採用にも力を入れようという流れになっていて、若い人材が増えてきています。そもそも若者が少ない原因は、若い世代を中心に「仕事がきついのでは?」という誤解が多いことです。タクシードライバーは、基本的には歩合制の会社がほとんどです。その点で、「たくさん働いても稼げないのでは」という誤解が起こっています。ここで忘れてはいけないのは、ほとんどのタクシー会社が月給+歩合(成果報酬)という形を取っていて、考えてみるとその給与体系は優良なホワイト企業の営業職等と同じです。そればかりか、1年目の給与を保証してくれる会社もあります。日本交通グループの蔦交通では1年目の給料、月35万を保証しています。
これから、きちんと未来を見据えた大手タクシー会社には若い人材はどんどん増えていき、高齢化解消に向かっていくでしょう。タクシー業界への転職を考えるなら今、若い人材の受け入れ態勢が良いしっかりとした会社に入って、長く働き続けるのが一番良いのではないでしょうか。

ドライバーのサービスについて

タクシー業界全体を見ると、個人タクシー等もあるのでサービスにばらつきが起こります。その中で、接客がとてもしっかりしているタクシーに乗ると印象に残りますね。タクシー会社が多数ある中で、サービスにも力を入れていて、かつお客様からの信頼が厚い会社が、結局選ばれて残っていくのではないでしょうか。蔦交通の母体である日本交通は、サービス業(ハイヤー・タクシー部門)で4年連続1位を獲得しています。そして、「観光」・「ケア」・「キッズ」の3部門の専門的な知識に長けたエキスパートが乗務するエキスパート・ドライバー・サービスを取り入れて、更なる品質向上に努めています。

業界のこれから

2つの課題について紹介しましたが、課題に対して手を打って考えている会社は、これからもお客様から選ばれ、愛されていくと思います。
タクシー業界就・転職を考える方は、長く前向きに輝ける会社を選びましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未経験者ってタクシードライバーに転職できるの?

タクシードライバー未経験者が転職を希望されることが多いかと思います。
職種未経験って転職する前から不安ですよね。
そんな方でも心配はいりません、大丈夫です!
これを読んで不安を解消してください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加