東京都でタクシードライバーに転職!後悔から学ぶ失敗しない会社の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京都でタクシードライバーに転職!後悔から学ぶ失敗しない会社の選び方

仕事内容こそ変わらないものの、待遇面、給料の額、働きやすさなどは務めるタクシー会社によって大きく変わります。「失敗したな」と思ってしまい、転職を考えてしまうのは、実は会社選びを間違っていたということがほとんどです。
会社選びで失敗することのないよう、今回は後悔から学ぶタクシー会社の選び方について紹介しましょう。

タクシー会社ごとの違いについて

利用者の立場であれば、タクシー会社の違いを意識することはほとんどないでしょう。しかし、働き手となって会社に勤める場合、ダイレクトに違いの影響を受けるため、タクシードライバーとして生計を立てるならば「自分に合った働き方ができる場所」を探す必要があります。まず、タクシー会社ごとの大きな違いに、給与の額があります。
タクシードライバーの給与体系は3つあり、1つ目が「固定給+歩合+賞与」のA型賃金、2つ目が「完全歩合給」のB型賃金、3つ目がA型賃金とB型賃金を合わせたAB型賃金です。
安定性を求めるならば固定給の割合が高い会社を選ぶ、自分の力を信じてより高い収入を目指すなら完全歩合制を選ぶなど、自身のスタイルに合った給与体系の職場を選ぶことが大切です。

タクシードライバーの給与に影響を与えるのは、何も給与体系に限ったことではありません。会社によって営業の対象エリアが決まり、この営業エリアによっても収入は大きく上下します。
また、東京大手のタクシー会社に勤めた場合、タクシーチケットや専用乗り場といった営業面での恩恵があり、安定した収入が得られる環境が整っています。事故後のタクシードライバーの保護や、怪我で長期間働けなくなった時の保証、福利厚生の充実度も、会社によって大きな差がある部分です。
このように、タクシー会社ごとに様々な違いがあるので、「家に近いから通勤が楽」というような安易な理由だけで選ばないようにしましょう。

タクシー転職でよくある失敗と対策について

誰かの失敗を元に、同じ轍を踏まないように次の行動にいかす。そうすることにより、間違ったタクシー会社へ転職をするリスクは大きく減ります。ひとつの会社で長く快適に働けるよう、タクシー転職でよくある失敗や後悔、そして対策について紹介しましょう。

#教育制度が充実していない

タクシー業界というのは、情け無用の実力主義社会です。未経験から挑戦する場合、社員教育の充実度によってドライバーの稼げるか稼げないかに大きな影響を与えるのは間違いありません。
社員教育が充実しておらず、稼ぐ力を身につけることができなくて、「転職に失敗した」と考える社員は多いようです。稼ぎ方がわからず営業に出るというのは、地図を持たずに大海原へ航海に出るのと同じようなものです。
「社員を一人前にする」という考え方を持っている会社は、社員一人ひとりを大切にする傾向があります。
早期離職を防止するため働きやすい環境を整えていることも多いので、未経験からタクシードライバーに転職するならば、会社選びの際に教育制度の充実度は要チェックです。

#事故補償がうすい

タクシー会社によって、ドライバーが事故を起こしてしまった時の補償内容や条件は様々です。補償がほとんどなされない会社に転職し、事故を起こしてしまった場合、「会社選びを間違えた」と必ず後悔することになるでしょう。
一度の事故で多額の賠償金を払わなければいけなくなってしまったら、今まで稼いだ額以上のお金を失うことになってしまいます。隔日勤務という勤務体系では、3時間の休憩を挟みながら20時間ほど働くことになります。
勤務を終える頃には、心身の疲れによって木の影が人に見えたり、木の枝が人が手を挙げているように見えたりすることもあるようです。タクシードライバーである以上、事故のリスクは常につきまとうことになります。
万が一の時に備え、事故補償の内容を吟味しながら会社を選ぶようにしましょう。

東京都のタクシー会社の探し方のコツ

転職情報を得るための定番はハローワークですが、求人情報が多すぎて探しにくいでしょう。
そんな時は、タクシー専門の転職サイトを利用しましょう。タクシー専門の転職サイトには、会社情報、そして給与体系や勤務体系など、タクシードライバーが知りたい情報が細かく記載されています。
東京都で転職したいならば「東京版」のタクシー専門の転職サイトもあるのでそちらを活用してみましょう。地域を絞りながら自分に合った会社を効率よく探すことができます。

会社を選ぶ時は、実際に関心のある会社のタクシーに乗り、ドライバーに聞いてみるのも1つの手です。そこで働いている人の生の声は、後悔のない転職活動をするにあたり、大変参考になるものです。
働く環境についてや、不満に感じることはないかなど、自分の知りたいことを話しの流れに乗ってさりげなく聞いてみるようにしましょう。

会社選びは時間をかけて慎重に

東京都のタクシー会社選びの失敗の原因を一言で表すならば、「軽率短慮」という言葉に尽きます。タクシードライバーとして働ければどこでも良いと、適当に選ぶといずれ後悔することになります。
未経験者の人が長期的に安心して働けるかどうかは、会社選びに全てがかかっていると言っても過言ではありません。転職に失敗することのないよう、会社選びは時間をかけて慎重におこないましょう。