地方と都心で給与に差が出る!タクシードライバーに転職するなら平均年収が高い東京都がおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
地方と都心で給与に差が出る!タクシードライバーに転職するなら平均年収が高い東京都がおすすめ

タクシードライバーへの転職を考えている人は勤務地を慎重に選ぶことが大切です。特に、給与面に好待遇を求める場合はなおさらです。

タクシードライバーは都心部と地方で給与に差が出る傾向があります。もっとも給与がよいのが東京になります。

そこで今回は、東京のタクシードライバーがしっかりと稼げておすすめな理由を紹介していきます。

タクシードライバーの給与は歩合制

タクシードライバーの給与が東京と地方で差が出る理由は、タクシー運転手の給与には基本給のほかに歩合給が含まれるためです。歩合給は自分が稼いだ一ヵ月の売上×歩合率で決まる給与です。

そのため、お客さんを多く乗せて売上を伸ばしていけば、給与も上がっていきます。1年目であっても順調に売り上げを伸ばしていけば高い年収を得ることができます。

タクシーというのは接客サービスなので、たくさん人がいる土地であれば、多くの売上が見込めます。日本でもっとも人口が多い都道府県はもちろん東京です。特に、朝から晩まで人が行きかう都内でタクシードライバーをやれば、他の勤務地よりも高い給与が望めるのです。

東京と地方でどれだけ差がある?タクシードライバーの平均年収

それでは、タクシードライバーの全国の平均年収と東京の平均年収ではどれほどの差があるのか見ていきましょう。

交通新聞社が発表した統計データでは、2018年の全国のタクシードライバーの平均年収は約348万円でした。対して東京のドライバーの平均年収は約470万円で、120万円以上の開きがあります。

しかも、全国の平均年収は東京を含めた額なので、実際のところは東京と地方ではもっと年収に差があることになります。

これほどの差が生まれるのはただ単に人口の関係だけではありません。東京のタクシードライバーが稼げる理由は他にもあるのです。

流し営業がしやすい

東京はオフィス街や観光地など人が集まる場所がたくさんあります。人が集まる箇所では流し営業がしやすくなり、売上アップにつながるのです。なぜ流し営業で売上が上がるかというと、流し営業はつけ待ちに比べて効率がいいからです。

つけ待ちはタクシー乗り場にタクシーを停めてお客さんを待つ営業です。タクシー乗り場は駅などの人が多い場所にあり、お客さんを乗せやすいと思うかもしれません。

しかし、タクシー乗り場には他のタクシーも数多く停まっているため、お客さんを乗せるためには他のタクシーと並んで順番待ちをしなければなりません。タクシーが長い列をなしているタクシー乗り場では、お客さんを乗せるまでに1時間かかるというのも珍しくはないのです。

しかも、長い間待っていたからといって、必ずその時間に見合った売上になるとは限りません。自分の番のお客さんの行き先が近場であれば、1時間待って売上が1000円にもならないということになります。

一方で、流し営業はつけ待ちよりも数をこなせる可能性が高く、近距離のお客さんであっても回数を重ねることで売上を伸ばしていけるのです。地方では効果的な流し営業ができる場所は限られますが、都心では流し営業で稼げる場所がたくさんあります。

県外から通勤している人も多い

東京は県外から通勤している人も多く、そうした人が飲み会などの帰りでタクシーを利用することもあります。その場合は、東京から県境を越えた長距離の移動となります。

タクシーは短距離よりも長距離のほうが効率的に稼げるので、こうしたお客さんはドライバーにとってはありがたい存在です。移動に高速道路を使うとしても、タクシードライバーの帰りの分の高速料金もお客さんが負担するので売上には影響を及ぼしません。

東京都内の会社ならどこでもいいの?タクシー会社はココを見て選ぼう!

タクシードライバーでしっかり稼ぎたいなら東京がいいと説明してきましたが、転職の際は会社選びを怠らないことが大切です。タクシー会社選びで見るべきポイントは次の通りです。

歩合率は低すぎないか?

歩合率はタクシー会社によって異なります。多くのタクシー会社では歩合率が50%程度に設定されています。東京のタクシー会社では高いところでは、歩合率は60%前後に設定されています。歩合率は給与に直結する数値なので、相場を知ったうえで会社選びをするようにしましょう。

研修制度が整っているか?

タクシードライバーになるためには第二種運転免許が必要です。二種免許を持っていない場合は、タクシー会社の研修に免許の取得が含まれているか、その費用は会社負担になっているかどうかチェックしましょう。

また、タクシードライバーは土地を熟知していなければ務まらない職業です。営業所に配属される前に、実際に車を走らせる路上研修がある会社ならば、配属されたあとのトラブルが少なくて済みます。

ハイテク技術を導入している会社は狙い目

東京のタクシー会社には、乗車率を高めるためにIT技術の導入を進めているところもあります。2018年3月にはビッグデータとAIを利用したタクシー配車アプリが登場しました。

そのアプリでは人口動態や気象といったデータを分析し、エリアと時間帯ごとのタクシー需要を予測します。そのアプリを試験導入した会社は、アプリを利用したタクシーの1日当たりの売上高が、前の月よりも20.4%向上したと発表しました。

タクシードライバーになりたての頃は、どこでお客さんを見つけやすいのかわからず手探り状態ですが、こうした情報技術によるサポートがあることで、最初から売上を伸ばしていくことが望めます。

東京でしっかりと稼げる優秀なタクシードライバーを目指そう

東京のタクシードライバーの平均年収は全国1位です。歩合率の高い会社やハイテク技術を導入している会社もありますが、しっかり稼ぐためには優秀なタクシードライバーを目指しましょう。

流し営業を真面目にやり、短距離・長距離関係なくお客さんを送り届けましょう。そうすることで毎月の売上にムラがなくなり、社内での評価も上がります。また、安全運転ができるように、休憩をしっかりととって身体を休めるのも大切です。