タクシードライバーに転職する際の参考に!東京で働くタクシードライバーの給料や平均年収について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシードライバーに転職する際の参考に!東京で働くタクシードライバーの給料や平均年収について

仕事選びは人生で最も力を入れるべきポイントです。
人々の生活は給料や年収によって支えられているので、就職先を選ぶ時は平均年収を重視する人も多いでしょう。

タクシードライバーの平均給与を知ることで、自分がタクシー会社に就職した時にどれくらい稼げるのかある程度把握することができます。
今回は、タクシードライバーに転職する際の参考になるよう、東京で働くタクシードライバーの給料や年収について紹介していきます。

タクシードライバーの気になる平均年収について

政府の統計によると、2018年のタクシードライバーの平均年収は、348万円となっているようです。
これを月給換算すると、29万円になります。
これは、一般のサラリーマンと比べるとかなり低めになっています。
ただ、タクシードライバーは働く地域によって稼げる額が大きく変わるという特徴があるのです。

人口や観光地が少ない地域だと戦略を立てないと稼ぐのは難しいですが、東京などのインバウンドが多い所では年収も高くなります。
東京のタクシードライバーの給料は他の都道府県と比べて一番高く、平均年収は470万円となっており、これを月収に換算すると約39万円になります。

タクシードライバーの年収を紹介しましたが、タクシードライバーの給料は歩合制を採用しているので、給与は人によって非常に差が大きくなるのが特徴です。
現に、東京で働いているタクシードライバーの中には、年収が800万を超えている人も少なくありません。

タクシードライバーが年収を上げるために大事なのは、向上心を持ち、売上を上げる努力をひたすら続けるということです。
「やってやる」という気持ちを持つことで、それが成果に繋がり、タクシードライバーの平均年収を大きく上回ることも可能になってきます。

タクシードライバーが年収を上げるためにできること

タクシードライバーの年収は地域によって異なります。
タクシードライバーの年収が最も高いのは東京、次いで神奈川県、愛知県、岡山県、岐阜県の順に高くなっています。

これらの県に共通しているのは、人気の観光地があったり、人口が多かったり、タクシーニーズが高かかったりということです。
「年収を上げたい」、そんな時はニーズや利用者数が多い地域で転職することで、自然と給料は上がっていくでしょう。

また、給料を上げたいのならば、「稼げる会社を選ぶ」ということも必要になります。
当たり前ですが、就職先のタクシー会社によって、待遇や福利厚生の内容は違ってきます。
給料の歩合率も業界で50%~65%と差が生じており、適当に選ぶと「歩合率が低くてあまり稼げない」ということになってしまうこともあるでしょう。

大手のタクシー会社に就職すれば、専用乗り場があったり、一定数の固定客がついていたりなど、営業面での恩恵を受けられる場面も多いです。
同じ時間、量の仕事をこなしても、タクシー会社によって給料は異なります。
タクシードライバーになって給料を多く貰いたいというのであれば、できるだけ優良なタクシー会社を選ぶようにしなければなりません。

都心に近いと家賃が高くなる傾向があるので、首都圏でタクシードライバーの就職先を探す時は、寮付きの求人を狙うのもおすすめです。
寮完備ならば生活費を抑えることができるだけでなく、寮はタクシー会社に近い所に建てられることが多いので交通費も節約できます。

稼いでいるタクシードライバーの特徴とは

タクシードライバーは実力主義の世界です。
働く地域や会社によって給料が変わりますが、タクシードライバーとして成功するために一番大切なのはやはり「実力」。
実力がなく、稼ぎたいという気持ちがなければ、いつまでたっても年収は低いままでしょう。

稼ぐタクシードライバーは情報収集に余念がなく、何時から何時の間にどの地域にお客さんが集まるのかというのをしっかりと把握しています。
稼げるタクシードライバーは、乗車率が高いというのが特徴です。
タクシーの利用率が高い場所や、地域のイベントなどを調べておくことで効率よく乗車率をあげ、給料アップにつなげることができます。

また、稼げるタクシードライバーは道をしっかりと覚えています。
道を覚えることで近道を通ってお客さんの密集している所に素早く移動したり、渋滞を避けたりということに繋がり、「効率の良い立ち回り」を行うことができるのです。
向上心を高く持ち、売り上げを上げるための努力を怠らない、それが高収入を得ているタクシードライバーに共通していることです。

歩合制のタクシードライバーは自分次第でいくらでも稼げる

タクシー業界は年功序列の業界ではないので、タクシードライバーは同じ会社に長く勤めても給料が上がることはありません。
その代わり給料は年齢に関係なく、頑張り次第では入社一年目から平均を大きく上回る年収を稼ぐことも可能です。

稼ぐための知識をしっかりと身につけていけば、結果に波がなくなり、年をとっても安定して高い営業収入を得ることができるでしょう。
タクシードライバーの給料は結局の所自分次第であり、工夫や努力すればどんな人でも年収を上げていくことは可能です。

そして、タクシードライバーの平均を大きく上回った高年収を獲得するためには、東京エリアでの転職を考えたり、稼ぐタクシードライバーを参考したりすることが大切です。