転職で後悔や失敗があった東京都のタクシードライバーが教えるタクシー会社の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転職で後悔や失敗があった東京都のタクシードライバーが教えるタクシー会社の選び方

タクシードライバーになっても、思い描いていた通りになるとは限りません。高収入という情報だけで転職してしまうと、実際にはその通りに稼げずに、様々なトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

過去にタクシー会社に転職に失敗した人や、後悔している人をリサーチした情報を元に、タクシー会社の選び方を説明していきます。

タクシー会社によってドライバー人生は大きく変わります

タクシードライバーに転職して、失敗したと後悔することは、収入面です。タクシードライバーは歩合制なので、がんばった分だけ給料になるため、収入が上がることを期待しているからです。

しかし、実際には思ったほど稼げないと、低収入の状態が続くことになります。タクシー会社を退職して、良い条件の会社に移動するドライバーもいれば、途中で挫折してしまい他の業種に転職する方もいます。

努力しても報われない環境に気づかないまま、働き続けるドライバーが多く、会社を変えた途端に収入が上がるケースは珍しくないです。そのように環境を変えることに成功したドライバーだからこそ、稼げない原因は自分の営業不足ではなく、入社したタクシー会社が悪かったということが判明しました。

ですので、タクシー会社を決めるときは、慎重に行った方が良いのです。

もしタクシーで稼げない状態であれば、自分の営業努力の見直しも必要ですが、環境を変えることも大事なことだと考えてください。転職を考えるのなら他の業種ではなくタクシードライバーとして転職することをおすすめします。せっかく得たドライバーのノウハウを、利用し続けるほうが高収入に繋がるからです。

入社は避けたほうがよいタクシー会社の特徴

タクシー会社の選び方で失敗しないためには、選ばないほうがよい会社を確認しておくことです。過去に失敗だった情報をや後悔する会社の傾向を見るなど、選ばないほうがよいポイントを6つにわけて説明します。もしこの項目に該当する会社がある場合は、なるべく避けたほうが良いでしょう。

#稼働率が低い

稼働率とは、会社が所有している全タクシーが日々どのくらいの台数が動いているかの割合です。稼働率が低いという事は、全体の売り上げや利益も低く、ドライバーが少ないことを示します。原因としてはドライバーの定着率が悪いので人材が不足しているためです。そのような会社は内部に問題があるケースが多いでしょう。

#事故補償がない

ドライバーは運転するのが仕事なので、事故にあう可能性が高いです。事故を起こしたときに、全額ドライバーの自腹という会社もありますので事前に確認が必要です。

#小規模の会社

小規模なタクシー会社は大手に比べて、安定した売り上げを出すことは難しいため、財政面に不安があります。もちろん福利厚生や保障の設備がないケースが多いです。

#社員教育がない

社員教育のシステムは、ドライバーのその後の働き方を大きく左右します。もし社員教育がない会社に、タクシードライバー初心者が入社した場合、苦労することになるでしょう。

#営業車の整備・装備が悪い

営業車を見ればタクシー会社のグレードがわかるといわれています。営業車の整備をおろそかにしている会社は、社員の安全を考えていません。ドライバーは不安を感じながら運転することになるでしょう。無線やカーナビが装備されていない営業車もあるので注意しましょう。

#タクシーランクがCランク

タクシーランクは、財団法人東京タクシーセンターが、東京都のタクシーの評価をランク付けしたものです。Cランクというのは、サービスや安全面、経営などの評価が低く、タクシーランクの中でも最低評価のことです。Bランク以上のタクシーランクであれば選んでも安全でしょう。

タクシー会社の探し方のコツ

東京都には400以上のタクシー会社が存在します。その多さのため、自分にぴったりの会社を見つけるのはなかなか難しいですが、タクシー会社を調査する方法が3つあるので紹介します。

#実際にタクシーに乗ってみる

お客としてタクシーを利用すると、営業車やドライバーの質が実際に確認できます。ドライバーに話しかければ、外部の人間が詳しく知る事は通常できない会社内の事情や業界の現状や、働く環境など聞けるかもしれません。

#タクシードライバー転職支援サイトで探す

支援サイトは複数の会社を調べることができます。情報を仕入れることは大事なので活用しましょう。プロのアドバイザーに相談できるサイトもあるので、頼りになります。無料で相談できるサイトもあるので、気軽に連絡してみましょう。

#タクシー会社に直接電話してみる

気に入ったタクシー会社があれば、電話で直接連絡してみるのも良いです。求人情報や、疑問に思っていることを質問できるからです。

後悔しないタクシー会社選びをしましょう

せっかくタクシードライバーに転職してもタクシー会社選びで失敗したら、入社してから後悔します。もちろん他のタクシー会社に転職することは出来ますが、間違った会社を選んでしまうことは、時間、労力、収入のあらゆる面でロスしていることになるでしょう。

自分に合った会社に転職できれば、あとは自分の努力次第で成功できます。情報収集、比較検討をきちんと行いタクシー会社を選ぶことをおすすめします。