タクシードライバーへの転職が不安な人はまず読んでみよう!転職して続かない人と後悔する人の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシードライバーへの転職が不安な人はまず読んでみよう!転職して続かない人と後悔する人の特徴

タクシードライバーは未経験者でも始めやすい仕事の一つです。異業種から転職することも珍しいことではありません。
しかし、その一方で転職したことを後悔する人やすぐに辞めてしまう人がいるのも事実です。

転職してから後悔しないためにも、続かない人とはどんな人なのか、特徴や転職に見られる傾向について解説していきます。

タクシードライバーを辞めたいと感じる理由で多いものとは?

はじめに、タクシードライバーになって後悔しやすい理由について紹介していきます。

一つは、予想していたよりも給料が少なかったという場合です。
タクシー会社によって給料形態は異なるため、すべてに該当するわけではありませんが、中には歩合制を採用しているタクシー会社もあります。
そうなると乗客数に応じて給料が変動するのは当然のことです。その結果、後悔する人も出てくるでしょう。

もう一つは拘束時間の長さです。顧客が少ないときでもタクシーは待機していなければなりません。
顧客を待つ時間も仕事のうちですが、間延びしてしまい、辛いと感じる人もいます。
また、タクシーを使う時間帯は一般の人が仕事を終えた時間や休日などが多く、他人が遊んでいる時間帯に拘束されていることが辛くなる場合もあります。

他にも、理不尽なできごとに遭遇したり不安を感じたりすることも後悔する理由の一つです。
例えば事故を起こしてしまったときや、乗客のトラブルに巻き込まれたときなどがあげられます。
夜間は飲酒した顧客を乗車させることも多く、中にはタクシードライバーに愚痴をこぼす人もいるでしょう。
走行中に眠ってしまって起きない人や、泥酔して行き先がわからない人なども困るものです。
または、高圧的な態度を取る顧客を乗せてしまうこともあります。
タクシードライバーは顧客を選べない仕事でもあるので、嫌な顧客を乗せたときにはネガティブな気分になるのは仕方ないかもしれません。

タクシードライバーを辞めたいと感じたときの対処方法

身体上にも支障が出てくるような場合は早めに辞めるのも正しい選択の一つですが、辞めずに回避できる場合もあります。
「このままでは続かない」と感じたときは、いくつか対処方法を試してみましょう。

タクシー会社は一定の期間を決めて給料保証をしているケースが多いものです。
給料面で不安を感じたときには、保証されている期間を活用して自分の得意なルートを探ってみましょう。
地道な努力で顧客数アップが見込めるかもしれません。

拘束時間については、可能であればときにはシフトを変えてもらうのも良い方法です。
時間帯が少しずれるだけで辛い気分が解消されることもあります。
利用する客層も変わることが多く、理不尽な扱いをする顧客に嫌な思いをしていたときもこの方法で解決できるかもしれません。

ただし、あまりにも扱いの酷い顧客や犯罪に近いレベルの扱いを受けたときには警察や会社に相談しましょう。
まじめに対処してくれない会社なら転職を検討するのも方法の一つです。

転職前にチェック!タクシードライバーに向いていない人の特徴

タクシードライバーは接客業です。
中には車の運転が好きという理由でタクシードライバーに転職する人もいるかもしれません。
しかし、実際には運転そのものよりも顧客の世話が苦にならない人が求められます。

タクシーを利用する人には行き先がよくわからない人や、公共交通機関を1人で利用できない状況の人などが多いものです。
このいずれの場合もタクシードライバーが世話をする必要性が出てくると考えておいた方がいいでしょう。
他人の世話が面倒と感じる人はタクシードライバーには向いていません。

ストレスに弱い人もタクシードライバーに向かない人です。
顧客の中には乱暴な言い方をする人もいます。
理不尽な顧客を乗せた後もその場で流し、ストレスを溜めないような精神力がタクシードライバーには必要です。

他にも、待ち時間ができたときに1人で過ごすのが苦手な人もタクシードライバーには不向きと言えるでしょう。
すぐに誰かに電話してしまう人や、知り合いの店などにひんぱんに立ち寄りたくなってしまう人は、顧客を逃すことにつながります。

後悔しないためのタクシー会社を選ぶポイントと注意点

タクシードライバーに転職しても続かないと意味がありません。
どのような仕事に就いても、慣れるまでは不安を抱えることもありますし、後悔をすることはあるものです。
できるだけ不安に感じることがなく続けていくには、まず自分がタクシードライバーに向いているかどうかを考えてみましょう。

そして、慌てずにじっくりいろいろなタクシー会社の情報を集め、自分に合った会社を選んでみましょう。
給料保証はどうなっているのか、シフトの交替は可能なのかどうかは大切なポイントです。

福利厚生や教育体制がどうなっているかも忘れてはいけません。
万が一退職したときの退職金制度や失業保険なども押さえておきたい大切なことです。
トラブルが起こったときの対処や勤務中の事故についての対応や給料保証なども確認しておきましょう。

どんなタクシー会社がいいか自分で探す時間が作れない人は、転職サイトやエージェントを利用するのもいいかもしれません。

タクシードライバーは接客業!人の世話が苦手な人には不向きな職業

タクシードライバーは接客業です。
運転が好きである前に人の世話が面倒と感じる人には向いていないでしょう。
理不尽な言動の顧客が利用することもあるので、ストレスに弱い人も向いていないと言えます。

タクシードライバーへの転職で後悔せずに長く続けるためには、まず自分が向いているかどうかを判断し、自分に合った条件のよいタクシー会社を選ぶようにしましょう。