タクシー会社に転職するのなら東京でのタクシー運転手としての適性を把握する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシー会社に転職するのなら東京でのタクシー運転手としての適性を把握する

タクシー運転手への転職や就職は、比較的ほかの職業と比べてしやすいといわれていますが、どのような人であっても同じ程度に働くことができるわけではありません。タクシー運転手にも向き不向きがあるので、それらを把握したうえで転職を考えることが重要です。東京でタクシー会社に転職する際に考えられる適正について紹介します。

東京の地理に詳しいかどうかは重要?!

タクシー運転手になるために必要な適正は何かと考えた場合、多くの人々がタクシー運転手としての優れた運転技術と、担当エリアにおける優れた方向感覚と地図情報を持っていることをあげます。どのような道であっても進むことができる運転技術を持っていることや東京ならば東京の主要道路以外の裏道などについて詳しいこと、方向感覚が優れていることが必要な能力と思っている人が多いです。

そのため、ごく一般的な自家用車しか運転したことがないといった人や地図を読むことが苦手な人はどうしてもタクシー運転手への転職には二の足を踏んでしまいます。しかし、タクシー運転手になるためには、必ずしもこれらの技術が必要というわけではありません。

タクシー運転手は、確かに乗客を安全に目的地に送り届けるための運転技術は必要ですが、一般よりもはるかに優れた運転技術が必要なわけではないです。タクシー運転手の運転に求められることは、素早く目的地に到着する運転技術よりも安全に目的地に到着するための運転技術です。

そのため、大丈夫だろうという過信のもと運転するのではなく、もしかしたら危ないかもしれないといった慎重な運転をすることが最も重要となります。運転技術は、はじめはつたなかったとしても感覚が徐々に身についていくものなので転職の際に必要以上に不安に思う必要はないです。また地理情報についても同様です。

地図を読むことができない、方向音痴であるといったことは、タクシー運転手にとって大きな障害になることはないでしょう。確かに担当エリアについての地理情報は必要となりますが、街中の建物の位置や景色は繰り返し走行することで徐々に覚えていくものです。

経験によって担当エリアの情報は蓄積されていくほか、カーナビなどの機器の能力も向上しているので、不安に思う必要はないでしょう。

タクシー運転手の適性はコミュニケーション力

タクシー運転手に必要となる適性とは、優れたコミュニケーション能力を持っているかどうかということです。ただし、コミュニケーション能力が優れているということは、人を楽しませる話術に優れ、話のタネを数多く持っているということではありません。

タクシーの乗客に合わせて、その人が望む接客をすることができるということです。タクシーを利用する人には、様々なタイプの人がいます。

それらの人々と乗客の目的地まで、同じ車の中で過ごすこととなるので、その時間が双方にとって苦痛にならないためのコミュニケーション能力が重要です。自分が話すことが好きな乗客もいれば、静かに目的地まで過ごしたい乗客もいます。

その人が何を望んでいるのかを見極めて対応することが優れたコミュニケーション能力といえるでしょう。そのため、洞察力が優れて、気配りができるということが、この場においての優れたコミュニケーション能力ということができます。

相手が望む対応を察し、乗客が心地よく過ごせるような気配りを見せることができれば適性があります。会話の能力は必要最低限あれば問題ありません。

しっかりと返事を返し、わかりやすい会話をすることができればいいでしょう。反対に、人との会話が苦痛で、常におどおどとした態度で接してしまうという人にはあまり向いていません。

そのほかのタクシー運転手の適性

タクシー運転手に必要となる適性は、コミュニケーション能力以外にもあります。そのひとつがまじめでやる気があるということです。タクシー運転手の給与は、おおよその場合は歩合制がとりいれられています。

そのため、どのようにタクシーを走らせれば稼ぐことができるのかということをまじめに考え、やる気をもって働くことができなければ、なかなか稼ぐことはできないでしょう。

また、自己管理ができて、ストレスに強いということも必要な適正です。タクシー運転手の勤務体制は様々ありますが、一回の勤務時間が長時間にわたることが多いです。

その長い時間の中で、いつ休憩を取り入れるのかといったことを自分で考えて配分していかなければなりません。

自分の体調と時間配分をしっかりと管理することができ、ストレスに強い人でなければ、きつい仕事となってしまいます。このほか、一人で過ごすことが苦にならないということも重要です。

タクシー運転手は、乗客を乗せている以外の時間は、基本的に一人で働くことになります。会社内で大勢の従業員と協力して仕事をするということはないので、一人の時間を苦痛に感じるようでは長く働くことは難しいでしょう。

長く働くために選ぶべきタクシー会社

タクシー運転手には、いくつかの適性がありますが、適性がなければタクシー運転手になることができないかというとそうではありません。また、適性があるかどうかわからない人はタクシー運転手になることができないということでもなく、タクシー会社をしっかりと選べば、未経験や初心者であっても転職して長く働き続けることは可能です。

タクシー運転手として長く働き続けるためには、タクシー会社の制度や待遇をしっかりと調べることが重要となります。タクシー運転手として、早く安定して働くことができるようになりたいのならば、接客研修やエリアの地理に関する研修などをしっかりと行ってくれる会社、キャリアアップの道がしっかりと確立されている会社を選ぶとよいでしょう。

また、給与保証があると、研修中も含めて安心して働くことができます。このほか、育児や介護に合わせた制度があるのか、福利厚生はしっかりしているのか、交通事故の際の対応がどうなっているのかといったことを考えて会社を選ぶと、長くタクシー運転手として活躍できます。