タクシー運転手に転職すると給料は安定する?お客さん対応が得意な人におすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシー運転手に転職すると給料は安定する?お客さん対応が得意な人におすすめ

タクシー運転手への転職を検討する際、気になるのが仕事の安定性ではないでしょうか。
例えば、給与形態がどのようになっているのか、安定した給料がもらえるのかなど疑問に思う方は多いでしょう。
そこで、今回はタクシー運転手は安定した仕事なのかという点にスポットを当てて解説していきます。
タクシー運転手の安定性について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

タクシー運転手の基本的な給与形態

まずはタクシー運転手の基本的な給与形態がどうなっているか確認してみましょう。タクシー運転手の給料はおおまかに基本給と歩合給から成り立っています。
基本給は実績如何に関わらず、毎月基本的にもらうことのできる固定の給与です。一方、歩合給は実績が反映される給与を指します。つまり、タクシー運転手の給料には固定された部分と働きによって変動する部分があるということです。

安定した仕事としてタクシー運転手はアリ?ナシ?

それでは、安定性という観点からタクシー運転手の給料を見てみましょう。例えば、サラリーマンなどであれば、基本給が給与の大半を占める場合が多いでしょう。すなわち成績に関わらず、ほぼ一定額の給与を毎月受け取れるため、安定していると言えます。そのような職業と比較すると、歩合給が組み込まれているタクシー運転手の給料はやや安定しないというイメージを持つかもしれません。ただし、基本給と歩合給の割合はタクシー会社によって異なります。歩合給の割合が大きい会社なら実績を上げれば上げるほど給与に反映され、収入アップに繋がります。ですが、成績が下がれば歩合給の下げ幅が大きくなり、基本給の割合も少ないことから収入額全体が少なくなります。つまり、月によって給料の額が安定しづらい仕組みと言えるでしょう。

反対に、基本給の割合が大きい場合は成績が給与に金額として反映されにくいものの、まとまった基本給があるため、成績の良し悪しに関わらず一定の金額を毎月もらうことができます。また、成績によってアップする部分が賞与としてプールされる給与形態も存在します。この形態であれば、成績は収入に反映され、かつ月の給与は一定の金額になるため、バランスが良く安定感もあります。このように、タクシー運転手と一口に言っても給与の仕組みはさまざまですから、給与形態によっては安定した給料を得ることは可能だということです。そのためには、タクシー運転手に転職する際、転職を検討する会社の給与形態を確認し、より安定性の高い仕組みになっている会社を選ぶ必要があります。

なお、タクシー会社の中にはタクシー運転手として初めて働き始める人を対象に、給与保証の制度を設けているところもあります。
これは入社した後、一定期間は成績に関わらず一定額の給与を保証してくれるというものです。タクシー運転手初心者にとっては、最初からしっかり売上を上げられるか不安な気持ちがあるのは当然のことです。そんなとき、このような保証制度が用意されていればタクシー運転手として仕事を覚えて慣れるまでの数ヶ月間、収入が不安定になることを心配せず働くことができるでしょう。これらのことから、給与面においてタクシー運転手でもある程度安定させることは可能だと言えます。

お客さん対応が得意なら実力を発揮できてさらに安定

タクシー運転手の仕事はお客さん対応が得意な人なら自分のスキルを発揮しやすく、安定させやすいとも言えます。タクシー運転手の主な業務は、乗客を目的地まで送り届けることです。
コンスタントに乗客を見つけることは簡単ではありませんが、乗客が見つかれば後は安全運転で乗客を快適に目的地まで運ぶことがメインになります。乗車から下車までずっと乗客と一緒に過ごすため、タクシー運転手の仕事は接客サービスの側面も大きいと言えるでしょう。良い接客ができれば乗客の満足度が高まり、リピーターなどにも繋げられます。そのため、人と接することが好きな人やコミュニケーションスキルが高い人なら、自分の得意分野を活かしながら仕事ができるでしょう。多くの乗客をつかみ、安定した売り上げを上げることも不可能ではありません。また、転職当初は接客スキルに自信がなくても、しっかりお客さん対応をしながら経験を積むことで仕事を安定させていくことは十分に可能です。

60歳以上でも働けるという安定感もポイント

安定した仕事であるか考える際、給与のほかに確認しておきたいのが「年齢に関わらず働き続けられるか」という点です。いくら給与が安定していても、一定の年代しか働けないようでは安定性の高い仕事とは言えないでしょう。その点、タクシー運転手の強みとして年齢が高くなっても働き続けられることなども挙げられます。

例えば、一般的に年齢が上がるにつれ、転職は難しくなると考えられています。しかし、タクシー運転手に転職する人の年齢は非常に幅広く、若い年代以外にも40代や50代、あるいは60代で定年を迎えた後に再就職する人なども珍しくありません。また、タクシー運転手は年齢が上がっても働き続ける人が大勢います。中には70代で現役のドライバーとして働く人もいます。能力を維持し、タクシー運転手としての業務を問題なく遂行できるなら、年齢を問わず働き続けられることは大きなポイントです。元気なうちは働いて一定の収入を得たい、そう考える人にとってもタクシー運転手は安定した仕事であると言えるのではないでしょうか。