東京都でタクシードライバーに転職すると年収が高くても大変だというのは本当なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京都でタクシードライバーに転職すると年収が高くても大変だというのは本当なのか

タクシードライバーとして働くときには東京都は大変だから避けたいという印象を持っている人もいるでしょう。確かにイメージとして仕事が忙しくて厳しいのではないかというのが先行してしまいがちですが、本当につらい現場なのでしょうか。
この記事では東京都でタクシードライバーになるとどうなるのかについて実態を紹介します。

東京都ではタクシードライバーは大変と思われている根拠

東京都でタクシードライバーになるときついと考えられているのには明確な根拠があります。都内における利用客の状況について東京ハイヤー・タクシー協会が行った調査によると、東京都では1日に約87万人、年間にすると3億人以上もの利用者がいることが判明しています。
日本の人口が1憶3千万人くらいということを考慮しても莫大な数の人がタクシーを利用していることがわかるでしょう。これはあくまで述べの利用人数なので同じ人が何度も利用していることもあります。
東京都の法人タクシー数がおよそ3万程度で推移していることを考慮すると、1台あたり1日29人ほどの輸送を担わなければならないということになります。

東京都でこのように大勢の利用客がいるのはただビジネスや観光、学業や医療などの拠点として人が大勢集まっていることだけが理由ではありません。昼間のタクシー利用については確かにその影響が大きいですが、東京都では夜遅くまで人が絶えないという事情もあります。
飲食店産業も発達していて夜中まで飲んでいる人も少なくありません。観光のために訪れた人の場合には夜中に夜景を楽しんでいることもあるでしょう。
ビジネスでは深夜過ぎまで働いて終電を逃してしまうこともあります。このような事情があるため、夜間のタクシーの需要も高いのが東京都の実態です。そのため、タクシードライバーになると夜の仕事も増えるから大変だという印象が持たれています。

東京都では本当に仕事がきついのか

都内の状況を考えると確かにタクシードライバーになるときついと考えることもできるでしょう。しかし、本当に大変なのかどうかは今一度よく考えてみる必要があります。
タクシードライバーは一般的には隔日勤務を取り入れていて、朝から働き始めて翌早朝か深夜過ぎまで働き、夜勤明けの日は休日になるという仕組みになっています。
長時間の勤務にはなるものの、三時間の休憩を取ることが認められているので休憩をしながら働くことが可能です。また、この勤務時間内にどのくらい必死に働くかも個人に委ねられている場合が多く、必ずしも大勢の乗客を乗せて売り上げを出さなければならないわけではありません。

基本的に東京都内に限らずタクシードライバーの給与は歩合制になっていて、売り上げを出した人は収入が大きくなり、あまり売り上げを出せなかった人は相応の給与になります。必死に稼ぎたいという気持ちがある場合には大変かもしれませんが、ほどほどに働いて必要な収入を得られれば良いという場合には希望する水準の給与をもらえるように働けば良いと考えられるでしょう。そのため、きついと感じたら勤務負担をもう少し軽くするといった調整をすることができます。
タクシードライバーは東京都内では利用客が多くて仕事を得やすいのは確かですが、必死に乗務をこなさなくても問題はなく、自分なりのペースを守れるようになっています。

東京都のタクシードライバーは稼ぎやすい

考え方を変えると東京都では自分なりの働き方を確保しながら稼ぎやすい環境が整っていると言えます。地域によっては利用客が少なく、稼ぎたいけれど利用客が見つからなくて苦労するということも少なくありません。しかし、東京都では利用客が溢れているので、コツをつかんでしまえば比較的簡単に乗客を獲得できます。
つまり、効率的に売り上げを出して稼げる基盤ができている地域と考えられるのです。実際に東京都で働いているタクシードライバーの平均年収は都道府県別で見ると全国一位の地位をずっと維持し続けています。これは、うまく働いて稼ぐのに成功しているタクシードライバーが多いということを意味していると考えられるでしょう。

実は業務を強いられていて結果的に年収が高くなっているのではないかと考える人もいるかもしれません。業務環境が厳しいとタクシードライバーとして働き続けるのが体力的にも精神的にも難しくなってしまいます。
しかし、実際にはタクシードライバーに転職してからずっと働き続けている人が多く、安定して自分のペースで稼げる仕事として選ばれています。
他の地域でタクシードライバーとして働いていた人が東京都で職場を探して転職している事例もあるので、魅力が大きい地域だと考えられるでしょう。

東京都ならタクシードライバーは効率的に稼げる

東京都はタクシーの利用者が多く、夜間も乗務を求められているので大変だと考えられてしまいがちです。しかし、自分のペースで働ける環境が整えられていて、自分なりに納得できる稼ぎ方を実現できます。需要が高いことから乗客を獲得しやすく、効率的に稼げる点でも魅力があるので東京都でタクシードライバーを目指してみましょう。