タクシードライバー仕事がしたい!タクシー運転手に転職するメリット・デメリットとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシードライバー仕事がしたい!タクシー運転手に転職するメリット・デメリットとは

超高齢社会を迎える日本では移動困難者が増え、移動のニーズが高まっています。求人募集をするタクシー会社の数が増えているので、「タクシー運転手として働いてみたい」と考えている人もいるでしょう。タクシー運転手になる際は、メリットやデメリットについて理解することで「こんなはずじゃなかった」と後悔することがなくなります。

今回は、タクシー運転手に転職するメリット・デメリットをいくつか紹介しましょう。

タクシー運転手に転職するメリット

#人間関係のトラブルが少ない

会社勤めをしていると、上司や先輩、同僚などとの仕事の人間関係で悩んでしまうことも少なくありません。雰囲気が悪い最悪な職場にあたってしまえば、人間関係に疲れて仕事を辞めたいと思ってしまうこともあるでしょう。タクシーの運転手は個人行動が基本なので、だれかに指示されることもありませんし、常に自分のペースで仕事をすることができます。ほかの業務に携わる従業員と関わる機会があまりなく、同僚や上司との人間関係で悩むリスクが低いのです。会社内の複雑怪奇な人間関係に悩まされないというのは、タクシー運転手の大きなメリットです。

会社に縛られずのびのびと自由に働きたい人にとっては、タクシードライバーはうってつけの仕事と言えるでしょう。

#やる気があればどんどん稼げる

タクシー運転手は、歩合制という給料形態を採用している会社がほとんどです。歩合制とは、自身の成績や売り上げに応じて給与が支給される仕組みのことです。タクシーの運転手は一般的な会社員のように毎月決まった額の給料をもらうわけでなく、たくさん売上を上げるとそれが自身の給料アップにつながります。

そのため、タクシー運転手という職業は、やる気や働き方次第で高収入が狙える仕事です。この歩合制という制度によって、年収800万円以上を稼ぐ凄腕の運転手もいます。誰でもこれぐらい稼げるようになるわけではありませんが、挑戦しがいのある仕事だということには間違いありません。

また、歩合制という制度は学歴や経験年数に関係なく、20代などの若い年齢層からでも高収入を目指せるというのも魅力的な部分です。タクシードライバーは根気とやる気さえあれば、年齢や性別に関係なく誰でも高収入を目指すことができます。

#学歴や経験、職務歴などが問われない

タクシーの運転手になるために必要になるのは、車を運転する資格である運転免許のみです。学歴や資格などを持っていなくても、運転免許さえ持っていれば応募することができます。タクシーの運転手やバスドライバーのように人を乗せて料金をいただく場合は「二種免許」が必要になりますが、これはタクシーの運転手として採用された後でも取得することができます。就職活動の成否を決める重要な要素である学歴や経験などが問われず、未経験でも転職しやすいのがタクシードライバーのメリットです。

また、タクシー運転手は基本的に年齢制限がありません。28歳~35歳の年齢が転職する最後のチャンスと言われており、この年齢を超えると転職先を探すのがとても大変になります。
しかし、タクシーの運転手の求人は年齢制限が緩く、中高年の人でも採用で不利になることはあまりないです。他の職種に比べて長く働けますし、経験を積んで個人タクシーを開業してしまえば老後の収入も確保することができます。

タクシー運転手に転職するデメリット

#交通事故や乗客とのトラブルが起こる場合がある

ドライバーとして働いている場合、交通事故に遭遇する危険性がどうしてもつきまといます。交通事故は自分自身だけでなく相手の人生も狂わせてしまうので、決して事故を起こすことがないように常に安全運転を心がけなければなりません。乗客を安全に届けるためには、徹底的な健康管理や適切な対処法を身につけることが大切でしょう。

また、タクシードライバー仕事は接客業であるため、客とのトラブルが起きるリスクがあります。丁寧な接客を心がけることでトラブルは起きにくくなりますが、中には常識が一切通じないタチの悪い客もいるので注意しなければなりません。

#収入が安定しない

上記で紹介したように、多くのタクシー会社は歩合制を多く採用しているため、一般的な会社員と比べ生活が安定しません。売り上げを伸ばせなければ、平均年収よりもかなり下回ってしまうことも考えられます。「稼いでいる運転手はえらい」という風潮があるため、成績が悪いと肩身の狭い思いをしてしまうこともあるでしょう。

また、タクシーの運転手になりたての頃はまだあまり道を覚えてなかったり、乗務員として必要なスキルがそんなに身についてなかったりするため、給与が安定しない可能性が高いです。

タクシー運転手になる時は会社選びも重要

タクシー運転手にはメリットやデメリットがありますが、それらは会社によって大きく変わることもあります。例えば研修制度が充実している会社では、様々なノウハウが身につけられるので収入の安定や高収入につなげることができるでしょう。

また、会社によって事故後の保証がしっかりしている所とそうでない所があります。万が一事故を起こしてもしっかり対処、補償してくれる会社を選べば、安心して長い間働くことができるはずです。働きやすい会社を選べば、タクシーの運転手になった時に生じるであろうデメリットも少なくなります。就職してから後悔しないために、会社を比較しながら自分に合う会社を選んでみましょう。

タクシー運転手を目指す時はメリットだけでなくデメリットも押さえておこう

その仕事の良いところばかり見て選ぶと、就職してからミスマッチに気づき「この仕事は自分に合わないな」と後悔することになります。タクシー運転手を目指す時はメリットだけでなくデメリットの部分も理解し、仕事選びの参考にしてみましょう。

また、会社の選び方によってはタクシー運転手のデメリットをカバーすることができる場合もあるので、タクシー会社は慎重に選ぶことが大切です。