ベテランドライバーに学ぶ!タクシードライバーに転職して稼げるようになるための五つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベテランドライバーに学ぶ!タクシードライバーに転職して稼げるようになるための五つのポイント

タクシードライバーに転職して稼げるようになりたいけれど、一体どうしたら良いのかがわからず転職すら躊躇してしまう人もいるでしょう。

高年収になっているベテランドライバーはたくさんのノウハウを持っています。
ベテランドライバーがどんなやり方で稼げるようになっているのかを理解して転職に踏み切れるようになりましょう。

前提条件として押さえておくべき給与体系

まず前提条件としてタクシードライバーの給与体系について理解しておきましょう。
基本的にはどの会社でも歩合制で月給が支払われるようになっていて、売り上げに比例して収入が多くなります。

基本給はかなり低い会社が多いものの、歩合率が高くて売り上げの半分以上が給料になるというのが一般的です。
そのため、タクシードライバーに転職して稼げるようになりたいと思ったら、いかにして歩合を増やすかを考えるのが肝心です。

給料を上げるための三つのポイント

具体的にどのようなやり方をすれば給料を上げられるのかを知るにはベテランドライバーに学ぶのが簡単な方法です。
ベテランドライバーなら大抵の人がやっているポイントをまず三つ押さえておきましょう。

一つ目は乗客をたくさん獲得すればそれだけ稼げるので需要の分析を徹底して行うことです。
いつどこでどのくらいの乗客が出てくるかを地域の情報から推定すると稼げるようになります。

単純なのは終電後の駅前や閉店前後のデパートの前などです。
また、イベントがあるときには終了時間になると周囲でタクシーの需要が高まります。
開会少し前には近くの駅からタクシーで向かう人も多いので駅前で待機するのも効果的です。

このような需要の分析をしてどこで乗客の獲得を目指すかを判断できるようになるとコンスタントに大きな売り上げを達成可能になります。

二つ目は単価の高い働き方をすることです。
ハイヤーは貸切で長時間、長距離の走行が可能なので稼ぎやすく単価も高めになっています。
ベテランドライバーに任されることが多いのが特徴で、キャリアを積んで実績も上げていくとハイヤーを担えるようになるでしょう。

観光タクシーもまとまった売り上げを出せるので優れています。
地元情報に詳しいことが求められるので勉強して観光案内役も担えるようになるのが大切です。

また、深夜料金の時間帯に働くのも効果的な方法で、隔日勤務で働くのに人気があります。
隔日勤務では夜間の仕事をした翌日は休日になるので体を休めやすく、集中力や判断力に問題が生じにくいのがメリットです。

三つ目は勤務先の会社の選び方のコツで、歩合率が高い会社を選ぶことです。
会社によって歩合率は違うので、必死に出した売り上げを無駄にしないためにも歩合率重視で会社を選んでいるベテランドライバーも大勢います。

ベテランになってからもっと稼げるようになるために転職するというケースでもよく注目されているポイントです。

会社の環境についての二つのポイント

タクシードライバーが稼げるようになるには会社によって提供されている環境も重要な意味合いを持ちます。
その観点から二つのポイントを押さえておきましょう。

一つ目は会社が顧客からしっかりと信頼されていることです。
ハイヤーや観光タクシーなどは顧客からのオーダーがなければ需要がなく、どんなベテランドライバーだったとしても担い手になることはできません。
企業や団体、個人などから厚い信頼を得ているタクシー会社を選ぶと稼ぎやすくなります。

二つ目はやる気が出やすい職場環境があることです。
売り上げが個人の収入に直結する給与体系になっているとタクシードライバー同士がライバルになるのは確かでしょう。

互いに手の内を隠してしまうような職場もありますが、チームワークを発揮して皆で稼ごうという雰囲気があるとモチベーションが上がります。
情報共有によって誰もが稼げる環境を作り出すことができるでしょう。

このような環境を作り上げるために会社の方から定期的に地域情報を全員宛に伝えたり、研修で情報交換を促したりしている会社もあります。
社員全員でより良いタクシーサービスを提供しようという方針を掲げていると、互いに協力しようという人が集まっているでしょう。

この二つのポイントには実は関連性があります。
顧客には一般消費者が含まれているので、消費者からの信頼が厚い企業では働きたいというドライバーも多いでしょう。
結果として優秀なベテランドライバーがたくさん集まっていることが多いのです。

その間でしっかりと情報共有をしてチームワークを発揮できれば、素人だったドライバーも速やかに稼げるようになれると期待できます。
この二つのポイントには相乗効果があるということも押さえておきましょう。

やる気が出る職場でしっかりと働いて稼げるようになろう

ベテランドライバーは需要の分析をして的確な判断を下すことにより乗客をしっかりと獲得しています。
一方、チームワークを発揮できる良好な環境が整っている会社を選んで働いているのが一般的です。

このような職場環境があるとやる気が出るというメリットもあるので、ここでしっかり働きたいと思える会社を見つけて転職しましょう。