ベテランドライバーに学ぶ!転職後、稼げるタクシードライバーになるためのポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベテランドライバーに学ぶ!転職後、稼げるタクシードライバーになるためのポイントとは

タクシードライバーと聞くと世間一般的には夜中じゅう車を走らせ続けなければいけない、激務な職業のようなイメージがありますが、決してそんなことはなく、ポイントを押さえておけば普通のサラリーマンよりもずっと高収入を得ることができます。

ここではベテランドライバーにタクシードライバーが実践している、稼ぐための5つのポイントを解説します。

できれば都内への就職が理想

タクシードライバーはお客さんを乗せて指定された位置まで走行し、運賃を受け取ることによってはじめて成り立つ商売です。そのため確実に稼げるタクシードライバーになりたいのであれば、やはり人が多いところで仕事ができるかどうかというのは大きなポイントとなります。

いくらベテランドライバーだったとしても、人がほとんどいない地方での営業となるとなかなか高収入を得ることは難しいでしょう。ですから転職してタクシードライバーになろうと考えているのであれば、できるだけ人口の多いところでの勤務、できれば東京都内での就職を目指しておいたほうがいいです。

しかし東京都内ならどこでもいいというわけではありません。東京23区と一部の市以外の場所は思っているほどタクシーを利用するお客さんが多いわけではないため、なかなかお客さんを見つけられないといったことになってしまいがちです。本気で稼ぎたいのであれば、事前にタクシーの利用者が多いところを調べてから転職活動をしましょう。

需要の変化をしっかりと把握しておく

稼げるベテランドライバーはタクシーの需要というのをしっかりと把握できています。例えばいつも流しているエリアで大きなイベントが開催されているような場合は、そこにお客さんがたくさん集まります。

するとそれに比例してタクシーを利用するお客さんも増えるで、その日はそのエリアを集中してタクシーを流します。そうすることで、いつも以上の売り上げを得ることができるのです。そのほかにも季節や時間帯、天候などによってどのエリアでタクシーを利用するお客さんが多くなるのかを分析する能力を、稼げるベテランドライバーは持っています。同じ場所を同じように流していたとしても同じような収入しか得ることはできません。

転職してすぐはなかなか把握するのは難しいかもしれませんが、意識しながら仕事することによってだんだんと人の流れは把握できるようになります。

営業スタイルを臨機応変に変える

タクシーでの営業スタイルには「付け待ち営業」「流し営業」「配車」の3つに分かれます。「付け待ち営業」というのは特定の場所に停車してタクシーを利用するお客さんを待つという営業スタイルで、「流し営業」というのは走りながらタクシーを利用するお客さんを探すという営業スタイルです。

最後の「配車」はお客さんからタクシーを利用したいという要望を受け、その場所へ行ってお客さんを乗せる営業スタイルとなります。稼げるベテランドライバーは付け待ち営業ばかりではなく、その時に応じて流し営業をし、タクシーを利用したいというお客さんを分け隔てなく乗せて売り上げを確保しています。せっかく乗せたお客さんがたったワンメーターしか利用しないとついがっかりしてしまいがちですが、そういった気持ちで乗せるのではなく「乗ってもらっただけで有難いという気持ちで、精一杯のサービスをするように心がけましょう。

もちろん付け待ち営業がダメだというわけではありません。駅やホテルなど、人が多い場所や帰宅時間のオフィスビル街などで付け待ちをすることで効率よく運賃を稼ぐことができます。

稼げるタクシードライバーの心得

そのほか、タクシードライバーとしての心得をベテランドライバーに学ぶことも高収入を得るための大きなポイントです。

例えばタクシーでお客さんを乗せているとチップを受け取ることがあります。チップは、おつりの小銭が多い際に受け取ることが多く、運賃が1,700円で、お客さんが2,000円支払った際に、おつりの300円をチップとして受け取るということがよくあるシチュエーションです。渡されたチップは基本的にすべてドライバーの取り分なので、チップをもらえるドライバーになれればほかのドライバーよりも多く稼ぐことができます。チップを受け取るためにはお客さんに気持ちよく乗車してもらえるよう、きめ細かなサービスを提供するようにするのがコツです。

また、稼げるベテランドライバーは長距離のお客さんばかりを狙うのではなく、近距離のお客さんでも利用したいという人は率先して乗車させます。全くお客さんが見つからない場合は、一度休憩してリフレッシュし、集中力を回復させたりしたりしますし、ベテランドライバーというのはそれぞれ自分だけの得意なエリアというのを持っていて、そこへ行ったりしています。できるだけ早く自分の得意エリアを作っておくのも、稼ぐための重要なポイントです。

常に意識して営業するのが稼ぐための近道

ただ何も考えず同じエリアを流していたのでは稼げるタクシードライバーになることはできません。

高収入のベテランドライバーはその時の天候や季節などに応じて走行するエリアを臨機応変に変えていますし、自分の得意なエリアというのをそれぞれ持っています。

またお客さんを選り好みせず、利用したいという要望があれば乗車させるというのも大切なポイントです。