年収アップを目指して東京でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職して稼ぐには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年収アップを目指して東京でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職して稼ぐには

タクシードライバーに転職すれば年収が上がるという噂を聞いたことがあるでしょうか。

東京を舞台として選ぶと他の職業に比べても雲泥の差で稼げるようになる人もいるのは確かです。
転職して稼げるようになるにはどうしたら良いかを知っておきましょう。

タクシードライバーはプライベートを楽しみながら稼げる職業だと知ろう

タクシードライバー(乗務員・運転手)の中には月収50万円以上をキープし続けて年収を800万円以上にまで引き上げている人も大勢います。転職してすぐにそんなに稼げるようになるわけではありませんが、だんだんと稼ぎ方がわかってくると飛躍的に年収が増えるのが魅力です。一般的にタクシードライバーは売上を上げることによって収入が増える仕組みになっています。毎月固定給が支払われるわけではなく、売上に比例する形で上乗せがあるのです。歩合制と呼ばれる仕組みで、売上のうちの一定の割合が給与に加算されます。たくさん働いて大勢の乗客を集めるのに成功するとそれだけ稼げることになるのです。

深夜料金もあるので夜に働くとさらに稼ぎやすくなります。ただ、夜勤ではプライベートの生活があまり充実しなくなるのではないかと懸念する人もいるでしょう。しかし、タクシードライバーには隔日勤務もあるので心配はいりません。朝から翌早朝まで働き、翌日は休みにするという形で働けるのです。休みの時間を十分にプライベートに使って楽しみながら稼げるでしょう。タクシードライバーはワークライフバランスの面からも優れていると言えます。

給与体系を確認しておくのが必須

転職して稼げるようになるためにはどんな給与体系になっているかを確認した上で求人に応募することが大切です。実は給与体系がタクシー会社によってかなり違うため、同じように売上を上げていても手に入る給料にはかなりの差が生じます。まず、固定給のところ、完全歩合制のところ、一定額の基本給に歩合制で上乗せするところがあります。売上を上げるほど完全歩合制の方が年収は上がりやすいですが、転職したてでノウハウがないうちは収入がゼロになりかねないので注意しましょう。

収入の観点から安心して転職できる職場を選び、さらに稼げるようにもなる可能性が高い給与体系の会社を選ぶのが賢明です。給与保証があって入社直後は一定の給与をもらうことができ、その後も万が一、売上が乏しかったときのことを考えて基本給がある会社を選んだ方が良いでしょう。そして、できるだけ歩合率が高い会社を選べば売上を上げるモチベーションが高まります。歩合率も会社によって違い、高い場合には60%以上にもなっているのが現状です。年収を大幅に引き上げるためには歩合制を取り入れていることが重要なので固定給のところは避けておきましょう。

稼げる環境が整っているエリアと会社を選ぶのが肝心

歩合制で売上に応じて稼げる会社に転職できたら、いかにして稼ぐかを考えることが重要です。環境要因ですぐに稼げるようになるか、いつまでも売上が上がらずに困るかは異なります。東京はタクシードライバーにとって理想的な場所の一つで、日夜を問わずにタクシーの需要があります。夜間は特に利用者が多いので隔日勤務や夜勤を選ぶと割増で稼ぎやすいでしょう。穴場を見つけて付け待ちをしているだけで十分に月収50万円以上位に到達できるのが東京の魅力です。

しかし、ただ漫然と付け待ちをしていても乗客の獲得競争があるのであまり効率よくは稼げないかもしれません。会社の環境も重視して転職すればこの問題も克服できます。教育研修をしっかりと行い、社内での情報共有もしている優良な会社で働けば速やかに稼げるようになるでしょう。また、歴史や実績があって東京の企業との提携をしているタクシー会社の場合にもハイヤーのオーダーがよく来るので魅力的です。ハイヤーは料金が高めなので大きな収入源になります。東京でネットワークを築き上げてきているタクシー会社に転職すれば、一人前になる頃には年収800万円以上稼げる環境があるでしょう。

東京でどんなニーズがあるかを学ぼう

転職してから他のタクシードライバーに負けまいと頑張って稼ぐためには、東京でタクシーがどんなときによく利用されるかを知る必要があります。夜の駅前で終電を逃した人たちがタクシーを利用するという程度であれば誰もがわかっているでしょう。このような競争率が高い場所ではなく、穴場を自分で開拓して付け待ちをするのが大切です。

例えば、毎日決まって乗客が多い場所は大勢集まってしまいますが、この日だけはタクシーの需要があるといった場所を選ぶと稼ぎ放題になるでしょう。今日は有名な歌手のライブがあるから会場周辺ではタクシーを使う人が多いはずだと考えるのは賢い方法です。あるいは学会のシンポジウムの会場の近くも開会時間や終了時間の前後にはかなりの需要があります。このような催し物が多いのは東京の特徴なので有効活用するのが売上を上げるコツです。

他にも土日と平日では需要がある場所が違う場合もあります。東京には会社員や公務員のように働いている人だけでなく、観光に来る人もいます。今日はどの集団をターゲットにすれば稼げるだろうかとよく考えて付け待ちをすると効率よく稼げるようになるので需要がどう変化しているかを常に気にかけるようにしましょう。それが年収を高い水準で維持し続けるための基本的な方法です。

タクシードライバーへ転職しよう!

タクシードライバーへの転職って不安ですよね?
そんな方にも安心して働ける会社がココにあります!

蔦交通株式会社(日本交通グループ)

〒125-0041 東京都葛飾区東金町5-37-12

蔦交通では、未経験者やブランクがある方など多くの方が活躍されています。
タクシードライバーで終わりではありません。
キャリアアップの道も用意されていますよ!

環境の整った会社で、新しい扉を開けてみませんか?

会社説明会へ参加する!