歩合給で稼ぐタクシードライバーが多い日本交通グループなら年収アップも夢じゃない!メリットと魅力を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歩合給で稼ぐタクシードライバーが多い日本交通グループなら年収アップも夢じゃない!メリットと魅力を徹底解説!

転職をするにあたって、年収アップが見込める仕事を探している人もいるかもしれません。このような目標を持つ人から人気があるのが、日本交通グループのタクシードライバーです。タクシードライバーの場合、働き方や給与体系などで年収が大きく変わります。ここでは、日本交通グループを例に挙げてタクシー会社で働くメリットや魅力を紹介していきます。

タクシードライバーの給与の種類

東京都の場合も、タクシードライバーの給与体系は所属するタクシー会社によってそれぞれ決まっています。タクシードライバーの給与を構成しているのが、基本給や歩合給です。

タクシー会社では基本給と歩合給を合算して給与を支払っているケースが多いですが、なかには歩合給だけの完全歩合制のタクシー会社もあります。

#基本給

基本給は、業績に関係なく支給される固定給です。思うように乗客を獲得できずに業績が上がらない月でも、基本給は通常通り受け取れるケースが多いです。

基本給があるタクシー会社は、歩合給でなかなか稼げないドライバーでも安定した報酬を得て働くことができます。

#歩合給

歩合給は、ドライバーの売上に応じて支払われる給与です。売上が多いドライバーは歩合給が増えて多くの収入が得られますが、売上が少ないドライバーは収入が減ります。

自分の仕事ぶりが給与に反映されやすいところは、歩合給のひとつの特徴です。

日本交通グループでは基本給と歩合給を導入している

基本給に歩合給を足して給与を支払うケースが多いのが、日本交通グループのタクシー会社の特徴です。

#入社1年目のタクシードライバーの平均給与

日本交通グループのタクシー会社は、入社1年目のドライバーの平均年収が高いです。平均年収が400万円以上となるケースも多く、新人ドライバーでもおおむね高い給与を得ています。

ちなみに、同グループのタクシー会社で働く新人ドライバーの平均月収は35万円前後です。入社して数年たつと、平均年収はより上がります。

多くの場合、基本給は入社1年目と余り変わりませんが、歩合給が増えることで平均月収がアップします。入社してすぐに400万円以上の年収が得られるところは、転職で稼ぎたい人にとっても大きなメリットになるかもしれません。

#新人ドライバーは給与保証がある

日本交通グループのタクシー会社では、入社したばかりの新人ドライバーを対象に3カ月から1年前後の給与保証の期間を設けています。歩合給がある場合、業務に不慣れな新人ドライバーが高収入を得るのは難しいのが現実です。

しかしながら、日本交通グループのタクシー会社のように一定期間の給与保証があると、新人ドライバーでも予想を上回る高収入が得られることがあります。転職した後の給与が心配な人も、このような制度があるタクシー会社なら、幸先のよいスタートが切れるでしょう。

歩合給が稼ぎやすい工夫をしている日本交通グループ

業界でも高収入とうわさがある日本交通グループのタクシー会社は、いろいろな工夫をして歩合給が稼ぎやすい環境を整えています。

#病院やホテル、テレビ局などに専用の乗り場を用意

同グループのタクシー会社は、東京都内でもタクシーの利用者がとくに多い総合病院や高級ホテル、テレビ局などに専用の乗り場を設けています。専用の乗り場があると、ドライバーはその場所で待機しているだけでスムーズに乗客を獲得することができます。

同グループの専用であれば、他のタクシーは基本的に乗り入れができません。そのため、半ば独占的に営業をすることが可能です。このような環境が整っていることは、タクシードライバーの歩合給が増える一因と言えます。

#多数の企業と法人チケットの契約を結んでいる

法人とのチケット契約が多いことも、歩合給が稼ぎやすい理由に挙げられるでしょう。

同グループのタクシー会社では、多くの法人とチケット契約を結んでいます。タクシーチケットを利用する法人からコンスタントに予約が入れば、タクシードライバーたちの稼働率も格段にアップする可能性があります。

#教育制度を充実させてドライバーを育てる

同グループのタクシー会社では、新人ドライバーでもしっかりと歩合給が得られるような教育制度を用意しています。たとえば、入社したドライバーは、自社の研修センターなどで接客や運転を基礎から学びます。

初営業の際に先輩の同乗指導が受けられるなど、新人ドライバーが仕事に早くなじめる工夫をしているのが同グループのタクシー会社です。周辺の地理や車両の流し方を学ぶ機会があることも、魅力のひとつです。

タクシードライバーの職場環境

日本交通グループのタクシー会社は、ドライバーの職場環境にも気を配っています。タクシー会社によっては、女性にとっても働きやすい環境が整っているようです。

#法定外の残業がなく働きやすい

同グループのタクシー会社の場合、法定外のドライバーの残業は基本的に行っていません。労働基準法のルールを意識して労働時間を決めているため、ドライバーが過重労働に陥る心配は少ないです。

隔日勤務を選んだ場合、1回の勤務時間は増えますが、1カ月に働く回数は少なく抑えられます。連休をたびたび取ることが可能になるため、タクシー会社への転職は旅行が好きな人にとってもメリットが期待できます。

#キャリアパスが用意されている

日本交通グループのような大手のタクシー会社は、ドライバーのキャリアパスがしっかりと用意されているケースが少なくありません。実際、同グループのタクシー会社には、一般のドライバーとして入社してから本社の管理部門に移動するまでのさまざまなキャリアパスがあります。

人事や総務の仕事をしたいと思っている人も、タクシー会社への転職がきっかけで希望する仕事に就けるケースがあるかもしれません。