タクシードライバーにも向き不向きがある!初めてタクシードライバーへ転職する人の不安や転職後の後悔とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシードライバーにも向き不向きがある!初めてタクシードライバーへ転職する人の不安や転職後の後悔とは?

タクシードライバーへの転職を考える場合、初めてタクシー業界で働く人は不安もあるでしょう。自分はタクシードライバーとして働くことができるのかと悩むかもしれません。

そこでこの記事では、タクシードライバーに向いている人にはどんな特徴があるのかを説明します。また、タクシードライバーになって後悔したり、タクシードライバーで活かせたりする経験なども合わせて紹介します。

タクシードライバーになるには

タクシードライバーとして転職をするには、「普通自動車第二種運転免許」の資格が必要です。この資格を取得できないと、タクシードライバーにはなれません。

また、すべてのタクシー会社というわけではありませんが、東京などの一部の地域では、「地理試験」の合格が義務づけられている場合もあります。必要な資格は、基本的にこの2つと言っていいでしょう。

後は、初心者でもタクシードライバーになれるように、タクシー会社で運転技術や接客マナーなどを学びます。この研修に合格ができれば、タクシードライバーとしてデビューできるでしょう。タクシードライバーとしての経験がなくて不安に感じる人でも、しっかりとした研修をしてくれるので安心できます。

タクシードライバーに向いている人とは

タクシードライバーの経験が無い方にとって、自分が本当に向いているのか悩む人もいるでしょう。タクシードライバーに向いている人には、いくつかの特徴があります。

運転が好きな人

タクシードライバーの仕事は、お客様を目的地まで運ぶことです。仕事の時間のほとんどを車の中で過ごして運転するため、長時間運転をしても苦にならない人が良いでしょう。もし、車の運転があまり好きでないなら、タクシードライバーには向いていません。

一人で過ごす時間が苦痛にならない人

運転は自分一人で行うのが基本で、同僚などと会話をすることはほぼありません。もちろん、お客様と会話をする場合もありますが、それ以外は一人になります。そのため、一人で過ごすのが好きな人は、タクシードライバーに向いていると言えるでしょう。

体調管理ができる人

タクシードライバーは基本的に一人で業務を行うので、休憩などは自分で決める必要があります。しっかりとした休みを取らないと疲労が蓄積してしまい、体調を崩す場合があるため、休憩などをしっかりと取るなど、体調管理ができる人でないといけません。

コミュニケーションが得意な人

タクシードライバーの業務は一人ですが、様々なお客様を乗せて触れ合うこともあります。人見知りをするなど、会話が苦手な人は難しいでしょう。コミュニケーションが得意で、お客様と触れ合うのが苦痛では無い人に向いています。

真面目でやる気がある人

タクシー会社にもよりますが、給料が歩合制になっている場合もあるので、成果によってはその収入に差が生じてしまいます。一人になってもサボらないで真面目に働ける人でないと、収入が減ってしまうリスクがあります。一人でも計画的に動ける人が向いているでしょう。

タクシードライバーに向いていない人とは

タクシードライバーになったとしても、後で後悔をしてしまう人もいます。その結果、続かないで辞めてしまう人もいるので、タクシードライバーになる前に、どんな人が後悔をしてしまうのかを知ることも必要です。

座り続けるのが辛い人

タクシードライバーは運転をするのが基本となり、仕事中は休憩以外の時間は歩くことがほとんどありません。そのため、長時間座り続けるのが苦痛な人には向きません。

方向音痴な人

お客様を目的地まで送り届けるのが仕事なので、指定された場所へスムーズに行けない人には向きません。ただし、タクシー会社によってはカーナビを装備している場合もあるため、地理などに自信が無いなら、カーナビを標準装備しているタクシー会社を選ぶのもひとつの方法です。

安全運転ができない人

タクシードライバーは車を運転するのが基本で、お客様を安全に目的地へ送り届ける必要があります。運転が荒かったり、周囲への配慮ができなかったりする人には向きません。運転中は常に集中する必要があり、精神的にも疲れます。その集中力が持続できない人も、タクシードライバーには向かないでしょう。

タクシードライバーで活かせる経験

タクシードライバーの経験が無かったとしても、過去の仕事の経験が活かせる場合もあります。例えば、飲食店などの接客業や営業職です。タクシードライバーは、お客様をただ乗せるだけではなく、接客もかねているため接客業をしていた方は、その経験を活かせるでしょう。

言葉遣いや態度もタクシードライバーにとっては重要なので、接客に慣れている人にはおすすめの職業です。また、地理などが趣味で周辺の地域に詳しい場合も、その経験を活かすことができるでしょう。

タクシードライバーには向き不向きがある

タクシードライバーへの転職を考えているなら、この仕事の特徴を理解して、自分に向いているのかどうかを判断する必要があります。特に車を運転するのが仕事となるため、お客様のことを考えて事故を起こさずに安全運転ができる人でないと難しいでしょう。

また、転職前に自分が向いていない人の特徴に当てはまっているなら、その部分を克服するために努力もできます。