転職先の見つけ方、良い方法はあるか?

転職をしようと思った時、どんな方法が良いでしょうか。学校では、転職先の見つけ方なんて教えてくれません。あなたが後悔しない転職をするために、良い転職先の見つけ方のプロセスやポイントをご紹介していきますので参考になさってください。

転職先の見つけ方、良い方法はあるか?

楽な転職先の見つけ方と考えていませんか

女性
あなたは、転職先を見つけるときにまず何をしますか。
恐らく、下記ような行動をとる方が多いのではないでしょうか。

・自分の行きたい企業のホームページの採用情報を見る
・転職サイト(リクナビNEXT、マイナビ転職、en転職、@type、プロシーク等の大型サイト)
・転職エージェント(パソナキャリア、リクルートエージェント、マイナビエージェント等)
・ハローワークへ相談
・新聞の求人欄
・求人雑誌やタウン誌

エージェントに登録したら勝手に転職先を紹介してもらえるから楽だし、と考えていませんか。
もしくは、仲の良い人に相談をして、紹介をもらうなどの行動に出る人もいるかと思います。
ただ、これだけでは求人を見る土台を作ったというだけにすぎません。転職先を探すのに最も大切なことは他にあります。

転職先の見つけ方で大切な事

女性
1番大切なのは、自分の中の転職に関する条件を列挙する事とそれに順位付けをすることです。

【例:35歳のAさんの場合】
地元三鷹市の飲食店で、接客が好きで働いてきたけれど、収入もなかなか上がらないし、福利厚生も良くない状況で、将来が不安になってきた。この先、定年までこの仕事で働くことなんて想像もできない上に、立ちっぱなしで力仕事もあって、体力的にもう厳しいかもしれないと思うようになった。結婚して子供を持つことも考えているので
特に際立った職歴や学歴も無く、転職したいけれどもどうしていいかわからない。

【例:35歳のAさんの転職に関する条件】
Aさんの場合、転職に関する条件と大まかな順位付けは次のようになります。
1安定している
2学歴や職歴がなくても転職できること
3体力的に負担が少ない仕事
4長く働ける
5立ちっぱなしではない仕事
6高収入を目指せる仕事
7福利厚生が良い
8接客が好きだ
9地元葛飾、柴又から通える
10マイカー通勤が出来たらいいな

1が、自分にとって譲れない条件です。10になると、「~だったら嬉しいな」というレベルです。このような順位付をして自分の事を整理しておくと、無駄な求人を見ずに済みます。

転職先の見つけ方、決め方について

では、この会社自分の条件に合っているかもと思ったら、どうやって絞っていけば良いのでしょうか。ここは、有名であるとか自分の先入観(この仕事は自分にはできない、自分には合わない)ではなく、口コミなどのよりリアルに寄った意見を参考にしてみましょう。また、安定した会社が良いと考えるなら、大手のグループ会社であることなども安心材料になります。

タクシードライバーの転職

タクシードライバーの転職を考えるなら、日本交通グループの蔦交通がおすすめです。蔦交通の母体である日本交通は、サービス業【ハイヤー・タクシー部門】で7年連続1位を獲得しています。他社に比べ一人一人の売上が高い=給与額も大きいことが、高い業績に繋がっています。日本交通グループ蔦交通は、葛飾区にある会社のため、浅草や柴又、スカイツリーなどの観光地が近くタクシーを利用する方が多くいらっしゃる環境です。

ちなみに、前述の例、Aさんはこの後蔦交通に入社して活き活きと働いています。
A君が出した条件(安定している、学歴や職歴がなくても転職できる、体力的に負担が少ない、長く働ける、立ちっぱなしではない仕事、高収入を目指せる、福利厚生が良い、接客、地元葛飾・柴又から通える、マイカー通勤可能)は、蔦交通ですべて叶えることが出来たそうです。

あなたも、素敵な転職先を見つけてくださいね。

子育てママの仕事に、タクシードライバーがおすすめな理由

日本交通株式会社は、東京23区・武蔵野市・三鷹市において業界大手の飛鳥交通グループとフランチャイズ提携をすることになりました。飛鳥交通は、これまで東京無線協同組合に加盟していましたが、日本交通グループへ移行します。これにより日本交通グループは、都内最大のグループになります。東京23区・武蔵野市・三鷹市エリアにおいて、4,157台体制、都内法人タクシーのシェア約15%を占めるグル―プになります。

子育てママの仕事に、タクシードライバーがおすすめな理由

タクシードライバーの仕事とは

takushi01-subタクシードライバーの仕事は、ご存知の通り、お客様をタクシーに乗せて目的地まで早く安全に送り届けることです。最近では、サービスの差別化という事で、接客や車内空間の快適さに力を入れている会社が多いです。勤務時間は、一気に長く働いて翌日休みというスタイルが一般的なイメージです。実は他にも、昼勤務のみ、夜勤務のみ、パートタイムという働き方の方もいます。
収入は、頑張りが給与に反映される『歩合制』が多いです。ただ働き方によっては、固定給、時給という場合もあります。
タクシードライバーになるには、21歳以上で普通自動車免許取得後、3年経過していることが条件であることがほとんどです。配属されてドライバーとして勤務するには、二種免許の取得が必要です。ただしここは、会社が費用を負担して、研修なども行っていることが多いです。カーナビ等の普及により、道に詳しくなかった人でもドライバーになることのハードルが下がっていますので、自信のない方でも安心してチャレンジできます。

タクシードライバーが子育てママにオススメな理由

意外に思われるかもしれませんが、タクシードライバーは、子育てに合わせて働き方が柔軟に変えられます。「タクシードライバーって長時間労働でキツそう、男性の仕事じゃないの?」と思うママも多いのではないでしょうか。実は昼のみ、夜のみの勤務、子育てに合わせてパートタイム制を導入しているなどのタクシー会社も多いです。他の会社には、なかなかこういった制度のある所は少ないですよね。子育てが落ち着いたら、しっかりと働く体制に切り替えることも出来ますし、長く働ける職業ですので資格を手に一生活躍することも可能です。
また、女性ドライバーだからこそ、活躍できる場所があります。まだ現状、女性ドライバーの数は少ないです。お客様が珍しがって優しくしてもらったというお得な話も、女性ドライバーには多いようです。自分の事を指名されたりすることもあるようで、やりがいを感じるという方が活き活きと活躍されています。

国土交通省もママドライバーを支援、ママLOVESタクシー

タクシードライバーが働くママにおすすめなのは、国土交通省でも言っていることです。ママ向けに、国土交通省がフリーペーパー「ママLOVESタクシー」を発行しています。働くママドライバーの意見や、女性が活躍できるタクシーサービスの紹介等、たくさんの情報が掲載されています。一例として、子育てタクシーのサービスも紹介しています。赤ちゃんの定期健診、新生児の退院をはじめ、学校や塾への送迎など子育てで大変なお客様をサポートします。サービスをご利用されるご家族と顔なじみにもなる仕事で、子供の成長を家族同様に見守っていく、女性にぴったりの仕事です。働くママの声としては、勤務時間の管理がしやすく時間を上手に使える、収入が思ったよりも良い、というポジティブな意見がたくさん寄せられています。これからの人生計画に、わくわくする情報が詰まっています。

子育てママにオススメの会社は?

タクシードライバーでママにおすすめの会社は、日本交通グループの蔦交通です。日本交通グループでは、都内38カ所への専用タクシー乗り場の設置、他を圧倒する無線配車実績、人気沸騰中のスマートフォン配車アプリなど、お客様に「えらばれる」ための下地づくりには余念がありません。他社と比較しても、乗務開始から数年後には売上に大きな差が生まれています。

トップダウン、ボトムアップではない、
日本交通の経営

一概にどちらが良いとは言えませんが、「トップダウンでスピーディに意思決定を進めていきます」逆に「現場から変化をつかんでそれを経営陣に上げます」。それぞれメリットやデメリットがあるので、究極的にはケースバイケースです。今回は、トップダウンなのか、ボトムアップなのかそれぞれのメリットデメリットと、日本交通グループのコミュニティ経営についてご紹介していきます。

トップダウン、ボトムアップではない、日本交通の経営

トップダウン経営のメリット・デメリット

上から、経営側の意思をストレートに伝えるのがトップダウンです。双方の信頼関係があり、意思疎通がスムーズにいけば、トップダウンはスピード感があり非常に有効といえます。
一方で、トップの圧力が強ければ強いほど、信頼がなければ現場は反発し、ひどい場合はボイコットやストライキ、退職などに進んでしまいます。

ボトムアップ経営のメリット・デメリット

現場の肌感覚でないとわからないことはたくさんあります。営業であれば、顧客担当者の好みや人格、裏に抱えた問題点など。商品開発であれば、ノウハウ、開発者間の人間関係など。これらをくみ取り、ひとつに集約できれば、底から組織を持ち上げる力となり、それがボトムアップになります。
しかし、向かう方向性が一定でない場合は、気持ちもノウハウもバラバラになってしまいます。

トップダウン・ボトムアップに求められるもの

どちらの方法を採用するにしても、放置してしまうとまずい方向に向かいます。
トップダウン経営では、経営者が合理的でないと判断されれば、現場はついてきません。そのため、よりトップが有能でカリスマ性があることが求められます。
一方ボトムアップ経営は、会社の明確なビジョンと全員のコミュニケーションが強く求められます。これらが無い場合、現場は何に向けて成果を上げるべきかわかりません。
トップと現場が同じ方向を向いたとき、下からの力は、トップダウンよりも大きくなり得ます。
いずれにせよ、トップがやらねばならないことがありますし、一長一短でその組織に合った形態をとれば良いという事です。

日本交通のコミュニティによる意思決定

takushi01-subトップダウン・ボトムアップではない、日本交通のコミュニティ経営を例にとって見てみましょう。日本交通ではFacebookを通じて意見交換や意思決定がなされていきます。トップが意思決定を行う一方で、現場がからのボトムによる意思決定も多く存在します。情報の回転スピードの速さもあります。Facebook上では常に情報が上がり、トップもボトムも関係なくコメントを挟んでいきます。このようなことから、トップダウンなのかボトムアップなのかは関係なく、情報を素早く回転させることにより、全員のコミュニティで意思を決めている、と言う形に見えます。これからの経営には、双方の良さを利用したこのような形がふさわしいのかもしれませんね。働く身として、何も意見が言えないのも辛いですし、会社側も貴重な意見になるかもしれない声を聴く機会を損失しています。
日本社会は、大手で古い体質であるほど出る杭は打たれるという風潮があるように思います。日本交通のような経営スタイルの会社で、活き活きと仕事をしてみたいですね。

自分が活躍できる会社なら日本交通グループの蔦交通

未経験の方でも、最短18日間でプロの乗務員として乗務できるようにサポートがあります。二種免許取得合格率は100%なので、きっと合格できます。介護や救命救急、認知症サポーターなど、普段の生活に活かせる研修や東京観光に関する知識の勉強など乗務をサポートする知識や売上に直結するスキルを学べます。

トヨタ自動車、次世代タクシーを共同開発!

トヨタ自動車とタクシー業界が共同開発、事故防止のための自動ブレーキ等が目玉となっている次世代タクシーについて、詳しくご紹介していきます。未来のタクシーへ、自動車業界大手のトヨタ自動車はどのような変革をもたらしてくれるのでしょうか。

トヨタ自動車、次世代タクシーを共同開発!

ロンドンタクシーにも負けない世界最先端のタクシーとは

ロンドンのブラックキャブ、ニューヨークのイエローキャブと言えば、世界中で有名なタクシーです。日本のタクシーサービスが、これに匹敵するようなものになるように変わり始めています。次世代タクシーは、高齢者・障害者にも使いやすい構造であるうえ、一般客にとっても日常のタクシー利用が大幅に便利になりそうです。さらに2020年開催の東京五輪に向けて訪日外国人客が増えている状況にも、サービス向上で対応します。都内を中心に、街の景観も大きく変わることになりそうです。

タクシーの自動ブレーキ、ハイブリッド、ウオークスルー方式とは

次世代タクシーの概要の中で特に注目されているのが、自動ブレーキです。この自動ブレーキは走行中に障害物などをセンサーで感知し、自動的に停止・減速するシステムです。この搭載により安全性の向上、事故の被害の抑制を期待しています。
次世代タクシーでは、LPガスのハイブリッドエンジンを搭載して燃費を向上させることもポイントになっています。たくさんの人が利用することを考慮して、ウオークスルー方式を採用しています。ウオークスルー方式とは、車内の床を低く平らにした方式です。背の高いワゴン型でウオークスルー方式のタクシーは、欧米でも増えつつある人気の高い車体です。乗客の乗り降りや荷物の出し入れ、高齢者や障害者の利用などの利便性が大幅に増します。

トヨタが開発する理由とは

この次世代タクシーの開発は、実はトヨタ自動車にとって「採算が取りにくいプロジェクト」と言われていたそうです。車輌自体を売っても購入者がタクシー会社のみであれば、買い替えの時期を考慮しても市場規模が小さく儲けに繋がりにくいのではないかということだったのだそうです。
しかしながら、広告効果、対外PR効果の大きさがこの不安要素を上回ると考えたようです。特にこれから東京五輪開催に向けて国内外の注目が東京の都内に集まりやすい時期です。日本と言えばトヨタ車、というイメージ基盤をしっかりと固めてアピールしていきたいのではないでしょうか。

日本交通グループとトヨタの関係

kosotsu_highincome
実は、業界売上高7年連続ナンバー1の日本交通グループと、トヨタ自動車は密接な関係がありました。日本のタクシー会社は創業時に、技術面で上回っていた外国産の自動車を使うことが多く、日本交通では川鍋秋蔵氏が創業した時には米国車(ビュイック)を使っていました。その際に、外国車ではなく国産車を向上させようということから、タクシー業界がトヨタと手を組みトヨタ車をタクシー車両として使い始めました。そのため、タクシー業界とトヨタ自動車には深いつながりがあるのです。現在のタクシー車両に至るまで、タクシーの厳しい走行条件に耐えられるように技術革新をくり返して進歩してきたという想いが強くあるようです。実際に、トヨタ自動車の豊田章男社長が「タクシー業界との長年の協力関係」という事を主張されていますので企業の技術として成長する道において欠かせない存在であったと考えられます。

日本交通グループ蔦交通で、新しいタクシードライバーのカタチを実現

歴史、そして売り上げも7年連続ナンバー1の日本交通では、今までにない新しいタクシードライバーとして働くことができます。エキスパートドライバーサービスというサービスがあります。このサービスは、「キッズ」「ケア」「観光」という3チームに分かれ、送迎だけでなくそれ以上の付加価値の高いタクシーサービスです。 時間制運賃を導入することで、ご依頼があると安定してまとまった収益を得ることができます。また、乗務員自らがコースを考えご案内する東京観光タクシーは、自分の好きなコースをお客様に紹介して売上を作ることができるため、とてもやりがいのある仕事になります。あなたがこれまで重ねてきた年齢が経験となり、お客様に喜んでもらえるチャンスになります。

タクシー運賃、確認して乗車可能に、来年度実験

国土交通省は、タクシーの運賃を乗車前に提示するサービス導入の検討を始めました。タクシーに関しては、「運賃がいくらかかるか分からない」「ぼったくりでは」という不安がある方もいます。そんな不安要素の解消をはかるために開発が進んでいます。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、外国人観光客が安心して乗れるように、進化していったら良いですね。

タクシー運賃、確認して乗車可能に、来年度実験

世界から見た日本のタクシー

300_200_1タクシーで、1000円払うとどこまで走れるかを比較してみると。日本のタクシーは、結構高いことが分かります。タクシー料金が安い国を見ていくと、インドのデリーでは、86.960km、タイのバンコクでは、55.399km、メキシコのメキシコシティでは46.564kmという数字が出てきます。それに比べて東京は、2.896kmと短距離しか走ることができません。ただ、ヨーロッパ諸国でもタクシー代は高い傾向にあります。日本以外のアジア諸国では、ほとんどの国で1000円でかなり長い距離を走ることが出来るようです。日本のタクシーが高い理由は、タクシーのサービスをやっていくうえで定められた制度や経費にお金がかかるからです。代表的なのが、人件費、燃料費、車両価格、保険料、車検費用、メンテナンス費用、税金等の日本で事業を営む上で欠かせない項目です。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、外国人観光客にも料金に関して不安を取り除いて分かりやすくする必要がありますね。

タクシー運賃が事前に分かる

bi_sub今までは、事前に料金が分かると言えば定額制タクシーを利用することぐらいでした。地域にもよりますが、料金が5000円以上になるなら、定額制タクシーサービスを探してを利用すると良いようです。料金は、最短距離で計算して決められていることがほとんどです。渋滞、回り道、時間課金に関する不安が無くなります。または、節約するとしたら相乗りするという方法をとることです。自分と同じ乗り場から、同じ目的地へ向かう人が近くにれば実行できますね。
今回の事前に運賃を確認できる仕組みは、スマートフォンでタクシー予約をする既存の「配車アプリ」をもとに、現在地や目的地を入力すれば、運賃を自動計算して表示します。金額を見てから、利用するかどうかを決められるようになります。サービスは配車を依頼する場合でも、路上で走っているタクシーを拾う場合でも利用できるようにする見込みです。タクシー運賃は、渋滞などによって同じ区間でも運賃に差が出ることもあります。渋滞情報やGPSなどを使ってなるべく実態に近い金額を自動計算できるよう開発が進められています。

ドライバーの技術は

ただ、精度の高いシステムを開発すると言っても、タクシーなど自動車は渋滞や事故などそのときの交通状況、環境要素が関わってきますので、限りなく正確に算出することはかなり難しいことです。ドライバーとしての経験、判断で裏道ルートを辿ったほうがお客さんにとっても良かったということもあるでしょうし、タクシードライバーのプロとしてのスキルは、重要であることに変わりはないでしょう。最悪でもメーターがその金額を超えても安いほうを選択できる制度なのは、先に納得してもらうことで揉め事が起きるリスクが低くなるからかもしれません。人は納得できないものには、お金を払いたくないものですよね。

安定のタクシードライバーなら蔦交通

日本交通グループ蔦交通は、葛飾区にある会社のため、浅草や柴又、スカイツリーなどの観光地が近くタクシーを利用する方が多くいらっしゃる環境です。
日本交通グループの蔦交通なら、定年後も定時制雇用として70歳まで雇用することができます。若い人にはない視点からのサービスがお客様に大変ご好評で、みんなが活躍しています。 まだまだ働けるのに、年齢を理由にあきらめてしまうのはもったいないことです。年を重ねてきたからこそできる気配りや仕事への取り組みがきっとあります。

花王めぐりズム タクシー、期間限定運行。

ほっとやわらぐ、ひとときを通して、調子のいい毎日をサポートするヘルスケアブランド「めぐりズム」と、Japan Hospitalityをテーマに快適な移動空間を追求し続ける日本交通が、コラボレーション。「めぐりズム タクシー」を通して、がんばる皆さまに「ほっとやわらぐ」ひとときをご提供いたします。そのサービス概要について今回はご紹介します。

花王めぐりズム タクシー、期間限定運行。

めぐりズム タクシー 概要

運行事業者:日本交通株式会社
運行期間 :2016年11月21日(月)~12月25日(日)
運行エリア :都内23区・武蔵野市・三鷹市
運行台数 :400台
料 金 :タクシー運賃・料金に則る
サービス内容 :
長距離移動をご利用の皆さま、空港へ向かわれる方を中心に「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 1枚」をプレゼント致します。プレゼントは数に限りがあります。予めご了承ください。

眼精疲労で頭痛も起こる

300_200今や、国民病になりつつある眼精疲労です。まず疲れ目というのは、休憩によって回復するのが眼疲労。休憩をとっても目の痛みや霞(かすみ)、頭痛などの症状が残るのを「眼精疲労」と言います。一般的に疲れ目と言っているのは前者で,眼精疲労はそれよりも重い慢性的な症状を指します。眼精疲労の主な自覚症状は充血、かすみや視力の低下などがあげられます。また目以外でも、身体の痛み、胃痛や食欲不振、便秘などが起こることがあります。さらに進行してしまうと、イライラや不安感、抑うつといった症状へも発展することがあります。早めにケアして治しておきたいですね。

めぐりズム 蒸気でホットアイマスクとは

働き続けた目を心地よい蒸気で温めるアイマスク。つけた瞬間から、約40℃の心地よい蒸気が大切な目と目元をやさしく包み込みます。一日の緊張感から解き放たれて、気分まで奥からじんわりほぐれていきます。伸縮性のあるやわらかなアイマスクなので、負担が無く顔にフィットします。ホットアイマスクで目の筋肉の緊張を解いてあげることで、疲れ目による目のトラブルはかなり減らす効果があります。また、目の疲れだけではなく、全身疲労にも効果的です。人の目の動きをコントロールしているのは、動眼神経で、人をリラックスさせる働きがある副交感神経だと言われています。目を温めると、副交感神経が働いて、体内の血流の循環を良くし全身疲労を和らげてくれる効果があります。寝ても疲れが取れない方も、ためしてみる価値がありそうですね。

サービスなら蔦交通

日本交通グループの蔦交通では、このようにお客様に喜んでいただけるサービスを次々に展開しています。蔦交通の母体である日本交通は、サービス業【ハイヤー・タクシー部門】で7年連続1位を獲得しています!直近の業績では、前年比より5.5%の増益となっています。他社に比べ、売上は乗務開始から数年後に大きくリードしています。一人一人の売上が高い=給与額も大きいことが、高い業績に繋がっています。(「日経MJ」2016発行掲載データより)労働環境が一流である証のサービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」に選ばれた優良企業であり、全車禁煙、カーナビ搭載・各種クレジットカード・電子マネー決済対応で働きやすさを重視しています。業界に先駆け黒タクやアイドリングストップ車を導入し車両装備も充実しています。メディア掲載実績(TBS、テレビ東京、日経ビジネス系)も多数があり、認知度も高く、高い成長性のある会社です。サービス業でありながらも、珍しく日曜日をお休みにすることができます。プライベートな時間を大切にできる環境です。ご家族のため、自分のために是非時間を有効にお使いください。一日出勤したら、次の日はお休み。月間16日の勤務でOKという事です。月の半分(50%)がお休みで、たくさん稼げて、自分のサービスを磨くことが出来る会社が蔦交通です。

日本交通グループに飛鳥交通が加盟、都内最大のグループ誕生

日本交通株式会社は、東京23区・武蔵野市・三鷹市において業界大手の飛鳥交通グループとフランチャイズ提携をすることになりました。飛鳥交通は、これまで東京無線協同組合に加盟していましたが、日本交通グループへ移行します。これにより日本交通グループは、都内最大のグループになります。東京23区・武蔵野市・三鷹市エリアにおいて、4,157台体制、都内法人タクシーのシェア約15%を占めるグル―プになります。

日本交通グループに飛鳥交通が加盟、都内最大のグループ誕生

日本交通グループに飛鳥交通が加盟した背景

images日本交通グループは、「Japan Hospitality」をテーマに、たくさんの人を幸せにできる移動空間の提供を目指し、臨機応変に様々な取り組みを行っています。飛鳥交通も、同様にサービス品質を重視しつつ、新しい取り組みを生み出し続けてきました。
そのような中で、飛鳥交通1,410台が、2016年4月から日本交通のグループ会社であるJapanTaxi株式会社のサービス、「全国タクシー」アプリに参加したのを契機に、一気に距離が近くなりました。日本のタクシーサービスの向上や、将来への展望につき意見の交換を重ね、これまで以上に安全・安心、価値ある移動サービスを提供していくことが重要であると共通認識を持つに至りました。力を合わせ、タクシーの仕組みやサービスを進化させて、新しいタクシーの時代を創るために手を結ぶ運びとなりました。

飛鳥交通とは

1949年創業のタクシー、ハイヤー、貸切バスの会社です。東京・神奈川・埼玉・千葉において、タクシー車両2,208台、ハイヤー車両38台、貸切バス車両33台、乗務員約4,200名で営業しています。2016年をタクシー事業活性化元年とし、「出産送迎タクシー」、「観光タクシー」等の10大活性化事業を掲げて、タクシー事業の新たな発展を図っている会社です。
飛鳥交通で有名なのは、マスコミでも多数取り上げられている「飛鳥交通ドリームプロジェクト」ではないでしょうか。

美人すぎるタクシー運転手、飛鳥交通ドリームプロジェクトとは

o0480036013786309943ニュースや雑誌にも「美人すぎるタクシー運転手」として多数取り上げられた飛鳥交通ドリームプロジェクト。読者モデルや女優としても活躍する、生田佳那さんはとても有名になりましたね。生田佳那さんも、飛鳥交通ドリームプロジェクトで入社、飛鳥交通で働くドライバーです。東京都23区内で約週3日間の日勤勤務をしているそうです。こんな可愛い方がタクシードライバーだなんて、お客さんもびっくりしますね。美人すぎるタクシードライバーのタクシーに一度乗車してみたいものです。
飛鳥交通ドリームプロジェクトとは、芸能界デビューを目指す人、夢を追いかけている役者、タレント、お笑い芸人、ミュージシャン、アイドル等。 タクシードライバーとしてアルバイトしながら、夢を追う若者を応援するプロジェクトだそうす。メディア出演依頼や芸能に関する無料レッスン、タクシーの売上アップ勉強会など、飛鳥交通がさまざまな角度からバックアップします。
タクシードライバーのカリスマ下田大気さん(直木賞作家 志茂田景樹さんの息子さん)がゼネラルマネージャーをつとめています。下田大気さんは、タクシー業界ではとても有名なカリスマ的存在の方です。お客様の流れや働き方を考え、人の命を預かる責任感を胸に働くことで、タクシードライバーに転職してから圧倒的な大成功を収めた方です。「がんばればその分稼げて、しかも時間の自由度も高いタクシー運転手は、夢や目標がある人間にとってはメリットが大きい」という、自身の体験から得たことを、夢を持つ下の世代に受け継いでいきたいのかもしれませんね。

日本交通も過去に可愛いきゃりーぱみゅぱみゅタクシーを出していた

13331045_999712986773605_3228955843978991667_n
「KPPベスト号」と名付けられた、きゃりーぱみゅぱみゅさんの新しいアルバム「KPPBEST」をモチーフにしたタクシーです。ピンク色の車体にアルバムの写真が大きくプリントされているものです。都内を走る姿は注目の的でした。

日本交通グル―プ、飛鳥交通、
フランチャイズ提携でタクシー業界が変わる

この業界大手の提携により、タクシー業界はますます活気がついていきそうですね。夢を持つ人は、日本交通グループで働きながら将来の目標を目指してみるのも良いかもしれません。

日本交通、富士急行と初連携、富士山観光のスペシャリストとは?

日本交通株式会社では、富士急行株式会社と初めて連携し、新しいサービスをリリースしました。タクシーを貸し切り、都内から富士山エリアを満喫できる日帰り観光パッケージ商品「都内発着 富士山1DAYタクシー」を10月21日(金)から販売開始します。

日本交通、富士急行と初連携、富士山観光のスペシャリストとは?

富士山タクシー、時間、内容

・取扱開始日:2016年10月21日(金)~
・販売:富士急トラベル
・料金:ご利用人数による
・所要時間:10~11時間(富士山エリアでの観光は8時間)
※出発地及び最終到着地は東京23区・武蔵野市・三鷹市に限る
・予約方法、料金、詳細は下記ホームページへ
 http://www.fujikyu-travel.co.jp/fujiq/taxi.html

日本交通と富士急行がコラボしたタクシー、サービスとは

pixta_18854512_xl
お客様が予約した後、事前に電話にて打ち合わせを行い、お客様オリジナルの観光プランが作成できます。タクシーサービス当日は、東京都内の駅・ホテル・自宅や、指定の場所にお迎えが来ます。東京都内から富士山エリアまで、荷物を持って移動することなく、楽にまわることができます。ご高齢の方、小さなお子様がいる方等、皆さまに安心してご旅行いただける内容になっています。
担当乗務員になるのは、日本交通グループの選抜ドライバーから構成される、エキスパート・ドライバーの中から、さらにこの商品のために特別研修を受けた精鋭です。外国語対応可能で、海外からの大切なお客様の接遇にもピッタリです。また接客スキルも鍛えられているので、国内外のVIPの方へも安心です。観光エキスパート・ドライバーがご紹介するコースであれば、富士山エリアのまだ知られていないこだわりのスポット、豊富な知識・経験を活かした観光ガイドをお楽しみいただけます。このコースの昼食には、富士山を眺めるために建てられた山中湖畔の「ホテルマウント富士」で、限定のスペシャルランチをご提供、富士山を一望できる特別席を確約いたします。

日本交通と富士急行、連携の理由

日本交通と、富士急行が連携したのは、双方の共通点があったからだと言えます。
日本交通グル―プは、「Japan Hospitality」をテーマに皆様を幸せにできる移動空間の提供を目指しています。
富士急行は、創業精神「富士を世界に拓く」のもと、富士山周辺に事業を展開しています。
この二社が協力して、増加する訪日外国人やご高齢者など幅広いお客様へ、富士山の新たな楽しみ方を提供していく見込みです。

日本交通グループの観光タクシー、エキスパートドライバーサービスとは

sub23
主に、都内の東京観光タクシーを取り扱っていますのでご紹介します。
専門知識を持った精鋭乗務員が、東京をガイドいたします。ご乗車には、家族・友人など最小単位でタクシーを貸切り、タクシーならではの細やかな移動で東京の観光スポットを巡ることができます。多くの担当乗務員が、東京シティーガイド検定を取得済で、英語・中国語など、語学堪能な乗務員も多数在籍しています。
東京観光タクシーを、お得に使う方法として増えているのが、空港送迎と兼ねて利用するという方法です。都内から羽田空港までタクシーだと、空港定額割引を利用して10,000円近くかかります。それならば、帰りのフライトの時間に合わせて都内観光をして、そのまま空港で降ろしてもらうという合わせ技が有効です。4時間使っても19,790円で、差額が9,000円くらいです。2人か3人で希望の観光地を回り、荷物もトランクに預かれます。歩かないで手軽に観光できるのが嬉しいですね。東京観光タクシーを空港行と兼ねて使えば、余計な疲れ・ストレス無く、観光バスよりも安上がりになったりします。

日本交通グループの新しいサービスのカタチ

日本交通グループでは、たくさんの新しい取り組みをしています。新しい時代を創るタクシーサービス、これからますます需要が増えていきそうですね。

運行管理者へのスキルアップと給与体系

運行管理者に興味があり、ゆくゆくは仕事をしてみたい方、またはドライバーとして働いて、違う仕事もチャレンジしてみたい方、色々な考えをお持ちの方がいると思います。タクシー業界売り上げ6年連続ナンバー1の日本交通グループでは、どのようなキャリアが考えられるのでしょうか。

運行管理者へのスキルアップと給与体系

運行管理者とは

運行管理者とは、トラック、バス、タクシー等、事業用自動車の運行の安全確保のためにも設けられた国家資格です。交通事業に携わる会社のうち、一定の数以上の事業用自動車を有している営業所ごとに、一定の人数以上の運行管理者をおくことが義務付けられています。原則、この試験に合格しなければ運行管理者として働くことはできません。

運行管理者の仕事内容

運行管理者として定義されている仕事内容は以下の内容であることが多いです。

・乗務員の配車を組むこと
・睡眠休憩所の維持管理をする
・乗務員指導
・点呼
・健康状態を把握する
・運行状況管理

とにかく、運行する車両の安全を担う大切な仕事です。

運行管理者へスキルアップするには

まずは、ドライバーとして経験を積んで資格をとってという流れが一般的なのではないでしょうか。日本交通グループでは、最初ドライバーとして経験を積んだ後、運行管理者へスキルアップするという道があります。大手なので、教育や保障面でも安心ですし、自分もスキルアップができます。日本交通グループでは、タクシードライバー、プロジェクトリーダー、運行管理者を経験して、今は日本交通のグループ会社を経営しているという人もいます。

運行管理者の給与体系

運行管理者の給与は、その会社によるというのが現状のようです。運行管理者の給与水準は、中小企業も含めると高くないようです。もし、給与を高水準で安定と仕事内容もしっかりしたところということなら、大手を選ぶしかありません。

運行管理者に女性はいるのか

女性の運行管理者合格者数は公表されていません。しかし、受験会場には女性の姿も多いようです。意外かもしれませんが、これからは、運行管理者も女性が求められる時代になりそうです。なぜなら、運行管理者という仕事は、ドライバーの健康状態、気持ちを察して、配車し、心身の気遣いが必要です。ドライバーとしてキャリアを積んで、セカンドキャリアとして考える方も増えているようです。

運行管理者の国家資格

unkou_sub
運行管理者の国家資格には、次のような内容が出題されます。

・道路運送法
・道路運送車両法
・道路交通法
・労働基準法
・その他運行管理者の業務上必要な知識・能力

60%以上の正答率で合格とされています。

運行管理者になるなら日本交通グループの蔦交通

運行管理者を目指すなら、大手日本交通グループの蔦交通でスタートするのがお勧めです。サービス業では珍しい日曜日をお休みにすることができ、プライベートな時間を大切にできます。ご家族のため、自分のために是非時間を有効にお使いください。一日出勤したら、次の日はお休み。月間16日の勤務でOKです。未経験の方でも、最短18日間でプロの乗務員として乗務できるようになります。蔦交通は、葛飾区にある会社のため浅草や柴又、スカイツリーなどの観光地が近くタクシーを利用する方が多くいらっしゃる環境です。流し営業の場合もすぐにお客様をお乗せすることができ、初めての方でも十分に稼ぐことができる環境です。安心して働けるように、蔦交通では入社1年間は月給35万円を保証しています。全員がすぐに稼げるようになるのは難しいかもしれません。だからこそしっかりと稼げるようになる期間を設けるために、1年間の保証制度があります。少しずつ経験を積み、先輩社員からアドバイスをもらう中でマイペースに成長しましょう。

デジタルサイネージ「Tokyo Prime」、 動画広告、日本交通タクシー全車両 へ

都内最大手のタクシー会社である、日本交通グループのJapanTaxi株式会社と、株式会社フリークアウトの合弁会社である「株式会社IRIS」は、動画広告などを配信するデジタルサイネージ「Tokyo Prime」端末を、都内タクシー全車両 に増設するそうです。また、これに伴ってタクシー内の広告の形が大きく変わっていく可能性があります。
今回は、デジタルサイネージ「Tokyo Prime」についてご紹介していきます。

デジタルサイネージ「Tokyo Prime」動画広告、日本交通タクシー全車両へ

株式会社フリークアウト、JapanTaxi株式会社とは

JapanTaxi株式会社は、「IT×交通、モビリティ・イノベーション」をテーマに、タクシーを中心とした交通・モビリティ分野のソフトウェア・ハードウェア開発を行う企業です。代表として有名なのが、JapanTaxiが提供する「全国タクシー」アプリは、タクシーのご注文をアプリのみで完結できる日本初の、タクシー配車アプリです。全国47都道府県、3万台のタクシーが呼べる日本最大のタクシー配車アプリとして利用されています。「移動」で人を幸せにすることを目指して、ソフトとハードの両面で「タクシーの乗車体験」というユーザ満足を徹底的に追求しています。タクシー産業の新しい明日を創る会社です。
フリークアウトは、ブランドマーケティング、認知拡大、需要喚起、新規見込み顧客の獲得を目的とした「FreakOut」と、モバイル上での顧客獲得、販促活動を効率化する「Red」を展開するマーケティングテクノロジーの会社です。
現在、120社を越える広告代理店の技術インフラの提供を行い、通信キャリア、航空会社、飲料メーカー、トイレタリー企業をはじめ10,000アカウントを超える顧客に利用されています。

タクシーのマーケティングを利用した、新しい広告のカタチ

fuji2_sub
今回の増設にあわせ、前から予定されていた新しい機能が追加されました。「Tokyo Prime」広告配信サービスに、性別、走行エリア、時間帯、曜日のデータから絞って、ターゲティング配信ができる機能が搭載されます。ターゲットを絞ることにより、無駄がなく購買等に結びつきやすい広告を打つことができます。お客様情報をどう判断するかというと、性別は、プライバシーに配慮し、画像データを残さない形で、端末搭載のカメラから顔認証により推定されます。走行エリアは、端末搭載のGPS機能により、「銀座周辺」や「表参道周辺」など、細かいエリアの絞り込みが可能です。
広告の商品には、期間保証型「Pure Ads」(純広告)に加えて、新た「Programmatic」メニューが追加されました。これは、インターネット広告でいうリスティング広告と仕組みが似ています。オークション方式での広告自動買付けで、予算を無駄にせずに広告を打つ効果があると想定されます。この「Programmatic」メニューは、OOH(屋外メディア)広告において国内初のオークション方式の広告とです。「Tokyo Prime」は、交通広告でありながら運用型広告という全く新しい広告のカタチを実現しています。
タクシーに乗車する方は、場所によっては富裕層の方が多かったりするので、そのマーケティングに訴えるという発想はとても斬新で、広告業界でも注目を集めています。

タクシーマーケティングを利用した動画広告は大人気

大手企業が続々と参入しているのでご紹介します。この事業では、コンプレックス商法と呼ばれる人の悩みや弱みに付け込んだ商品や商法の物を受け入れない方針だそうです。そのフィルターがあることも、結果的に大手の場だたる企業が参加する広告メディアになることを後押ししています。
今までに掲載した企業は、全日本空輸株式会社、ネスレ日本、P&Gジャパン、メルカリ、タイ国際航空、等の実績があります。