タクシー運賃値下げで、ドライバーへの影響は?

タクシーの初乗り運賃が安くなることが検討されているというニュースを聞いて、タクシー業界への転職を考えていた人は複雑な思いの方もいるかもしれません。早ければ、来年2017年の4月にも施行されることになるそうです。タクシードライバーにとっては、「儲けが減ってしまうのではないか?」という疑問もわいてくるかもしれません。そんな不安な気持ちをお持ちの方も安心できるように、今回の値下げの概要と今後のタクシー業界でますます安定して稼ぎやすい会社をご紹介していきたいと思います。

タクシーの初乗り運賃が安くなる

日本の初乗り運賃は高いのか

nesage_sub
タクシーを利用する人にとって、都内のタクシー初乗り運賃730円は、やはり高くて身近ではないイメージがあったようです。バスの運賃がああまり値上げしないのに比べて、物価の高騰や増税に合わせて、タクシー初乗り運賃は度々値上げをしてきました。諸外国の初乗りの料金と比べても東京のタクシーは高いようで、ニュース等でも「外国人観光客は日本のタクシーが高いからあまり使わない」と取り上げられています。2020年の東京オリンピックに向けて、このような認識を改めたいという事やタクシー需要の低下を受けて、業界全体で値下げの提案が多数あがっています。日本交通グループでも、「もっと気軽にタクシーを使ってほしい」ということで今年2015年4月に値下げの提言をしました。業界売上ナンバー1の日本交通グループ、その他多くの事業者が提案をしたことで、タクシー運賃を値下げするための審査に入ることとなりました。

初乗り運賃が短く安くなる

では、具体的に運賃はどのようにかわるのでしょうか。日本交通グループで提案しているのは、初乗り運賃が短く・安くなるというものです。現行の運賃は、乗車してから最初の2kmを初乗り運賃で730円と設定し、その後280メートルごとに90円加算していく方式でした。新しい提案では、最初の1km強を初乗り運賃として設定して410円に引き下げて、その後237メートルごとに80円を加算していく方式です。新しい提案でも、2km走るとおよそ730円程度となります。値下げと言うことで、タクシードライバーにとってどうなのかと心配になった方もいるかもしれませんが、このように詳しく見ていくとタクシーに乗るハードルを下げるための値下げであることが推測できます。

タクシー料金値下げで、タクシードライバーの給料は?

タクシードライバーの給料は、月給プラス歩合であることがほとんどです。たくさんのお客様を乗せて空車を作らないことが大切になります。初乗り料金が下がることにより、よりたくさんのお客様が気軽に利用されることになるかもしれません。そうすると、チャンスに乗れれば成果が出やすい状況になる可能性があります。日本交通グループでは、歩合制を取っている会社の中でも高い水準で売上を社員に還元しているため、平均給与の水準が高いです。値下げのチャンスを最大限に活かして、たくさんのお客様を乗せて高収入を目指せます。

タクシー料金値下げ後のタクシー会社でおすすめは

特におすすめの会社は、業界大手で安定の日本交通グループである蔦交通です。タクシーを利用する方が増えると、その分お客様のサービスに対する目線も厳しくなりがちです。その中で、サービス業【ハイヤー・タクシー部門】で4年連続1位を受賞している日本交通グループなら安心です。また蔦交通では未経験入社後、1年間は月給35万円が保障されますので、自分のペースで成長できます。日本交通グループのLINEでタクシーが呼べるLINEタクシーや、タクシー配車アプリでの配車等、稼げる後押しがたくさんあります。営業所は、葛飾・柴又エリアにあるので「観光にちょっと利用しようかな」というお客様の需要にもすぐに答えられる立地です。蔦交通で安心安定した生活を実現して、高収入を目指してみてはいかがでしょうか。

サービス業への転職

サービス業への転職が不安

ser_top今まで一般の会社員だった場合、サービス業に不安がある方もいるでしょう。ですが、どの仕事も最初はみんな初心者です。不安に思っている分、仕事を始めてからの伸びしろも大きいのではないでしょうか。お客様からの「ありがとう」が直接頂ける場所で働いてみたいな、という純粋な気持ちを大切に、未経験からでも楽しく自分のペースで働けるお仕事をご紹介していきたいと思います。サービス業への転職が不安な方も、きっと安心できる職場です。

サービス業への転職なら蔦交通のドライバーが良い

サービス業と聞いて、もしかしたら意外かもしれませんが、タクシードライバーへの転職がおすすめです。なぜなら蔦交通のタクシードライバーになると、収入面でも飲食店等で働くより安定しています。そして自分の時間もしっかりと確保できる上、業界売上ナンバー1のしっかりとした接客・売上アップ研修やマニュアルがあり、やる気が成長につながる環境があるからです。とはいえ、いきなりサラリーマンや、フリーター、主婦、様々な背景で働いていた人が新しいことを始めるにあたって、「何故、蔦交通ならサービス業デビューにもおすすめなの?まだ不安!」と思う方もいるでしょう。以下は、サービス業で実現したい生活を、いかに蔦交通で実現できるかご紹介していきます。

接客が未経験

ser_subタクシードライバーは、接客サービス業です。ただ、レストランやホテルの接客と違い、お客様と接するポイントが大きく異なります。「しゃべるのが苦手で、そんなに初対面の人とお話できない」という方がいるかもしれませんが、中にはお疲れでお話をするのも苦しいお客様もいます。そんなお客様それぞれの事情に合わせて、臨機応変な態度をとれるのも良いサービスマンと言えます。実は、良いサービスマンと呼ばれるような方達には「元々は人見知りでした。」という方も多いです。お客様とのお話も、自分のペースでゆっくりと進んでいけば良いのです。笑顔は緊張してもなるべく忘れずに、楽しい雰囲気を作りましょう。蔦交通なら、未経験初心者でも同乗研修など、充実した研修がありますので安心してスタートできます。

サービス業って稼げるの?

色々調べていると、サービス業全体の給料がとても安いことに気が付くと思います。確かに、全体的にお給料が安い会社も多いようです。でも蔦交通のタクシードライバーは、稼げるドライバーになるようにフォローしていく体制なので高収入が目指せます。その証拠に、未経験入社1年間
は、月35万円の月給保障があります。これは、「1年かけて育てていきます、一緒に頑張りましょう!」ということです。一人前になっても、蔦交通は日本交通グループなのでそのバックアップを受けながら稼ぐことができます。例えば、月16万回の無線配車や、LINEでタクシーが呼べるLINEタクシー、全国1万社との法人タクシーチケット契約等、大手ならではの仕組みがたくさんあります。

運転が初心者だけれど大丈夫?

運転技術に不安を持っている人も、普通自動車免許があればチャレンジできます。教育制度で、最短18日間でプロの乗務員として乗務できるようになります。二種免許取得も、費用会社負担で取得できます。合格率は100%なので今心配している人も、大丈夫です。先輩ドライバーの中には、女性で入社前はペーパードライバーだった方や、地図や地理が苦手だった方もいます。地理に関しても研修・講習がありますし、皆が活躍できる体制を整えています。

サービス業のやりがい

サービス業では、たくさんの「ありがとう」をお客様から直接頂く事ができるでしょう。今まで社内で「毎日同じことの繰り返し」と思っていた日々が、毎回様々な人に出会える刺激的で華やかなものになります。蔦交通で、是非活き活きと毎日を楽しんでくださいね。

SEからの転職

SEからの転職でおすすめは?

sejob_topSE,システムエンジニアから転職を考える時、どのような仕事を選ぶか迷いますね。退職の理由は人それぞれだと思いますが、お仕事に疲れている方も多いのではないでしょうか。SEの仕事は、会社にもよりますが長時間労働や残業が多く、一般的にきつい仕事と分類されがちな仕事です。もしかすると、小さい会社で、制度も整っていないところで働いていた方は、サービス残業や度重なる休日出勤で身体を壊されているかもしれません。次に転職する仕事は、元気に長く働ける職場を選びたいですね。
そんなSEからの転職を考える頑張り屋な方に、活き活きと活躍できる会社をご紹介していきたいと思います。

ブラック企業の見分け方

se_sub仕事を選ぶのに最重要なのは、法定外の残業をきちんと禁止している会社であることですね。日本交通グループの蔦交通のタクシードライバーなら、法定外の残業はありません。日本交通グループは、業界売上ナンバー1で、業界のリーディングカンパニーです。無理なノルマも無く、しっかりとした体制があるので安心です。また、勤務態勢は1乗務14時間15分で、3時間程度の休憩をとります。休憩時間は、それぞれ自由にご飯を食べたり、ゆっくり休んだりすることができます。先輩ドライバーの意見では、普通のサラリーマンのように働くより隔日勤務でシフト制の方が慣れたら圧倒的に楽だという声もあります。勤務のスタート時間等は相談ができますので、とても守られた環境といえるのではないでしょうか。

休みの日

勤務を1回すると、次の日は基本的にお休みになります。月のうち、半分程度が自由な時間になるので、お休みも色々な事に時間を使えます。もちろん、有給休暇をつなげて長いお休みにすることも相談可能なので、融通が利きやすい仕事です。基本的に休日出勤のような事態は起こりづらいですし、SEとして働く会社の中のブラック企業にありがちな、つらい激務にはなりません。お休みの時間の充実も、仕事に良い影響を与える大事な要素です。

生活レベルを落とさない

蔦交通では、未経験からでも高収入を目指せる仕組みがあります。他社の3倍である月に16万回の無線での配車に加えて、スマホアプリからタクシーを呼べる「全国タクシー」等、業界大手の強みがあり、未経験からでも稼げるバックアップがあります。仕事に慣れるまで、勤務スタート1年間は月35万円の月額保証があり、生活レベルを落とすことなくスタートできます。

未経験からタクシードライバー

初心者でも、教育がしっかりあるので大丈夫です。普通自動車免許を持っていれば、最短18日間でプロの乗務員として乗務できるようになります。二種免許取得も合格率100%で、初心者も心配ありません。スタートの時は、皆が初心者です。緊張したりする気持ちは入社する人、皆にありますので気にすることはありません。

一生、安定して働ける仕事

蔦交通のタクシードライバーは、正社員採用で福利厚生もしっかりしています。生活の基盤ができるので、安定してはたらきたい人にはぴったりです。キャリアは、ドライバーとしてこの先経験を積んでいくと観光ドライバーやケアドライバー、キッズドライバーの専門分野に特化した道もあります。時には観光ガイドのようなことをしたり、高齢の方のお出かけをサポートしたり、お子様の成長を優しく見守ったり、経験を積んだエキスパートとしての業務は多岐にわたります。会社で経験を積みながら、東京シティガイド検定や介護や救命救急、認知症サポーター等、一生もののスキルを身につける先輩ドライバーが多くいます。SEとして、勉強をしながら働いてきた方なら、日本交通グループの「ドライバーだけにとどまらないサービス」の実現にもぴったりなのではないでしょうか。一生プライベートも大切に、楽しみながら成長し、活躍していけると良いですね。

タクシードライバーの夜日勤務ってどうなの?

driver_nightタクシードライバーの転職を考えるときに、少しだけ心配になってしまいがちなのが夜日勤務ですね。「夜に働くと稼げそうだけれど、私にできるかな。」「勤務時間が長かったりして、お休みはどうなってしまうのかな。」実際に夜日勤務のあるタクシー会社はどのような働き方をするのか、ご紹介していきたいと思います。運転が好きで興味を持ったその気持ちを大切に、自分に合った働き方ができる会社を探していけると良いですね。

夜日勤務ってそもそも何?

夜日勤務は、夜だけ勤務するという勤務体系です。タクシードライバーで一般的なのは、夕方17時ごろから午前2時ごろまでの勤務時間です。深夜割増料金や、電車の無い時間の需要で高収入の売上が見込めると言われています。特に深夜割増は、料金3割増なのでたくさん稼ぎたいドライバーにとっては重要な時間になります。

タクシードライバーの働き方は大きく分けて3種類

タクシードライバーの働き方は夜に稼ぐイメージが強いですが、勤務体系は夜日勤務だけに限りません。主に3種類あると言われています。前述の夜日勤務に加えて、「昼日勤務」もあります。一般的なのは朝7時~夕方16時まで、もしくは朝8時~夕方17時までの勤務体系です。昼間のタクシーは病院に行く方や、お子様の送り迎えの際の利用等、目的は多岐に渡っています。観光地に近い場所では、海外のお客様を乗せることも増えているようです。会社によっては、女性ドライバーを中心に昼日勤のみのシフトを組んでいる会社もあります。一般的に夜が稼げるイメージのあるタクシードライバーですが、大手日本交通グループのタクシーなら、専用乗り場の確保や業界最多の月16万回を超える無線配車により、昼間の需要も逃さず売り上げにつなげています。またタクシー業界には、3つめの働き方として、夜日勤と昼日勤を合わせた体制である「隔日勤務」があります。

タクシー会社の多くは夜日勤務だけではなく、隔日勤務を採用している

隔日勤務で一般的なのは朝8時~夜中の2時までという勤務時間で、3時間程度の休憩がとれます。休憩は、普通のサラリーマンと違い、いつ休憩を取ったり、美味しいお店に食事に車で行ってリラックスしたり、自由が多いのがタクシードライバーの良いところです。隔日勤務は、「隔勤(かっきん)」と呼ばれ、現在多くのタクシー会社で採用されている働き方です。単に夜日勤務より、一気に勤務時間が過ぎていくので、お休みや自由な時間がとても多い働き方です。慣れるとサラリーマンとしてフルタイムで働いていた頃に戻りたくないと思う人が多いです。タクシーの会社の中でも、長く元気に働いていくなら体制がしっかりしていて、より快適に働ける会社を選んでいきたいですね。

40代・50代から自然に英語も身につく高収入な仕事

国際化が進む現代において、英会話がだんだん必須になってきています。いきなり40代や50代から始めようとしても、なかなか身につかず無駄に通信教育にお金を費やしてしまったり、英会話スクールに行く勇気がなかったりして一人では難しいことも多いですよね。それならば、思い切って仕事で自然に身につけてみてはいかがでしょうか。40代・50代からでもこれから始めることができて、安定した会社で高収入が狙える仕事があります。子供との海外旅行でかっこいい姿を見せたいお父さんや、英会話ができることによって豊かな人生にしたいポジティブな方、安定した高収入な仕事に就きたい方には是非考えていただきたい会社です。

40代・50代から自然に英語も身につく高収入な仕事とは?

english_contご紹介したいのは日本交通グループ、蔦交通のタクシードライバーです。「タクシードライバーで英語?」という疑問を持たれているかもしれませんが、今や英会話の機会は本当に増えています。訪日外国人旅行者も増えていますし、蔦交通は葛飾区に営業所があるため、東京スカイツリーや浅草の周りで観光されている海外からのお客様をお乗せする機会が多くあります。また、日本交通グループの精鋭から構成されるエキスパートドライバーサービスの一環で「観光タクシー」があり、運転技術や経験を積んで行くと観光タクシーのドライバーになる可能性もあります。日本人のお客様だけではなく、利用される外国籍のお客様にも観光の案内、お勧めをご提案します。まさに働きながら英会話が身についていき、やる気も継続しやすい、英語に興味がある方には理想的な環境です。

今さら未経験から挑戦できるか不安

蔦交通のタクシードライバーは9割が未経験からのスタートです。普通自動車免許しか持っていなくても、2種免許取得の教育があり、合格率は100%です。取得にかかる費用は会社負担です。新人研修は、大手日本交通グループのしっかりとした内容を受けることができます。初めてのドライバー転職でも、最短10日で安心してデビューできます。

収入が途切れてしまわないか?

転職の時に、収入が途絶えてしまうと家計が心配になってしまいますよね。その点も、しっかりとサポ―トしてくれるので安心です。研修中も日当の支給があり、さらに乗務し始めてまだ慣れない期間は一年間の収入保証もあり、月給35万円を約束してくれます。仕事が変わる時に収入の不安なくすんなり移行できるのは嬉しいですね。

高収入が稼げるのか

日本交通グループの会社なので、稼げる仕組みが整っています。全国約10,000社と法人チケット契約を結んでいるので、日本交通グループを選ぶお客様がたくさんいらっしゃいます。タクシーチケットを使用する方は、長距離のケースが多く、金額の高いお客様が多いので売り上げアップにつながりやすいです。また、他社の3倍である月間16万回の無線配車があり、待ち時間が少なく効率の良い仕事にすることができます。最近では「全国タクシー」アプリでの配車やLINEとの提携もしていて、5年連続売り上げナンバー1の日本交通グループのバックアップを受けながら乗務できます。

英語を身つけながら充実した仕事をしてみませんか?

なかなかリスクのある転職や決断は踏み込みにくいものですが、きちんとしたバックアップや安定があれば、安心してチャレンジできます。これからの仕事・人生をもっと豊かに楽しくしていってくださいね。

高卒の転職で安定・高収入の仕事に就く方法

高卒で入った会社でこのまま働けるのか不安に思うことはありませんか?もしかしたら学校を卒業した時に、「なんとなく条件もそんなに良くないけど働けるだけ良いかな」と考えつつそのまま続けていたりしないでしょうか。採用状況は、個人の実力だけではなく会社や国全体の景気も大きく係わっています。もしかしたら不利な年だったのかもしれません。
本当は正社員で働きたかった、体力的にもっと楽な仕事に就きたかった、お金を稼ぎたい、こんな思いを抱えている今が転職のタイミングかもしれません。

安定・高収入の仕事に就く方法とは

転職するにあたって、また安月給できつい仕事、あるいは長く続けられなさそうな仕事を選んでも意味がありません。良い仕事に就く1番の方法は、まず自分の希望の条件を叶えられる仕事を見つけることです。「でも、高卒の転職は厳しいのでは?」という不安を抱える方もいらっしゃるかと思います。学歴だけではなく、今まで生きてきて学んだことをきちんと評価して採用してくれる会社を探してみてくださいね。

安定していて高収入が目指せる仕事

kosotsu_cont日本交通グループ、蔦交通のタクシードライバーは、安定していて高収入を目指したい方にぴったりの仕事です。日本交通グループは5年連続売上ナンバー1の信頼ある会社です。そして、ナンバー1だからこそ、稼ぐドライバーになるためのサポートが充実しています。六本木ヒルズや東京汐留ビル・日テレVIP玄関・東京ミッドタウン等の都内主要各所にある専用乗車場、LINEとの提携、他社の3倍以上である月間16万回以上の無線配車により、待機時間をなるべく少なく効率よく仕事をすることができます。また蔦交通は営業所が東京スカイツリーにも近く、観光・仕事でタクシーを利用されるお客様をお乗せしやすいです。入社1年間は給与35万円を保証してくれる制度もあり、慣れて安心できるようになるまでしっかり見守ってくれます。

大手グループの正社員でご家族も安心

kosotsu_cont2アルバイトや契約社員として働くことを続けていくのは、不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。社会保険がしっかりしている大手グループの正社員として働けるのは周りのご家族の安心にもつながりますね。しかも、日本交通グループは労働環境が一流である証のサービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」に選ばれた優良企業であり、全車禁煙、カーナビ搭載・各種クレジットカード・電子マネー決済対応で働きやすい環境が整っています。ご家族が気になるお休みは、事前に申請すれば相談できるので、お子様の行事なども参加しやすいです。また、サービス業に珍しく日曜日を定休にすることも可能です。

長く働けて、体力的にも自己管理がしやすい

基本的には、1日働いたら休みです。シフト制というと構えてしまいがちですが、月の半分はお休みです。定年後定期雇用としては70歳まで働ける体に優しい環境なので、安定した収入で一生家族を幸せにしたい優しいパパには特にお勧めです。今高卒で転職を考える方も、安定・高収入の将来につながる仕事で長く働いていけると良いですね。

40代・50代、最後の転職を成功させる簡単な方法

40代以降で転職を考えたときに一番考えるのは、「これを最後の転職にすること」ですね。最後の転職を成功させるには、今までの会社生活で不満に思ってきた事を改善できる道を選んでいくことです。家族と過ごす時間も取れずに働く生活、社内にこもってプレッシャーを感じながら過ごす生活は、積極的に変えていきましょう。そんなポジティブな転職希望者の方にぴったりのお仕事があります。時間も取れて、自分の裁量で稼ぐことができ、安定した生活も手に入る、そんな最後の転職にしてくださいね。

40代・50代、最後の転職を成功させる仕事とは?

皆さんは、タクシードライバーのお仕事について知っていますか?あまり知られていないかもしれませんが、実は前述のような「時間も取れて、自分の裁量で稼ぐことができ、安定した生活も手に入る」お仕事です。

タクシードライバーになったら実現できる生活

40_contents_right
日本交通グループの蔦交通では、乗務の日は1乗務が14時間で月間12回です。これは、一度出勤したら次の日はお休みなので月のうち約50%がお休みということになります。日曜は定休にすることも可能です。普通の会社員であれば月曜日から金曜日まで毎日出勤が基本なので、今までの会社員生活より時間的な拘束も自由になり、家族と過ごせる時間もしっかりと確保することができます。
もちろん、収入面でも稼げる環境が整っています。
タクシードライバーは歩合制でお給料が増えていきますので、それを後押しする仕組みがたくさんあります。例えばスマートフォンアプリ「全国タクシー」での配車や、LINEとの提携「LINE TAXI(ラインタクシー)」、六本木ヒルズ・東京ミッドタウン・日本テレビタワーなどの日本交通専用乗車場の確保、ポカリスエットとのコラボレーション・ポカリタクシー、ファブリーズで本格消臭した「ファブタク」のような取り組みがされています。蔦交通は葛飾エリアに営業所があり、東京スカイツリー周辺の観光地にも近く、お客様をお乗せしやすい条件です。それでも収入面が不安な転職者の方に嬉しいのが、入社して1年間は最低月給月給35万円を保証してくれる制度があることです。慣れるまできちんと助けてくれるので、不安無く転職ができますね。

40代・50代が転職しやすいのか?

今までの社会人生活で培ってきた効率的に段取りを考える力や、丁寧な応対や、20代にはない気配りの力や、人生経験を営業とお客様とのお話に活かす事ができるので、40代・50代も歓迎の職場です。定年後も定時性雇用としては、70歳まで働いている環境です。年齢を考えて、躊躇してしまうのは勿体無いですね。40代で転職活動をしていると正社員の会社が少なくなっていく中、蔦交通のタクシードライバーなら安定の正社員雇用です。また、タクシードライバー未経験からのスタートが8割という状況ですので、二種免許の取得から売り上げをサポートする教育まで手厚くサポートしてくれます。5年連続業界売り上げ1位の日本交通グループなので、安心して働くことができます。

タクシードライバーは長くモチベーションを持って働ける仕事なのか?

40dai_contents_left蔦交通では新人乗務員の定着率が90%と非常に高く、72歳のベテランドライバーまで勤務しています。長く働ける環境があるからなのですが、仕事にモチベーションを持って長く続けるためには、給与・勤務時間などの待遇面に加えて目標があることも大切です。
日本交通グループでは、エキスパート・ドライバー・サービスという精鋭達がつくるサービスがあります。都内の観光地を中心にご案内をする観光タクシードライバーの部門・お子様の習い事のなどの送り迎えのお手伝いや妊婦さんを送迎をする部門・介護用のタクシーを運行したり、ご高齢の方のお買い物をアテンドする部門、に分かれたサービスのプロとしてお客様に接しています。蔦交通には、エキスパート・ドライバーになるために、東京観光の知識をつけたり、介護や救命救急、仕事でも日常生活でも輝けるような知識を身につけて、自己成長し続ける社員が居ます。仕事に慣れてからも、ただ運転するだけには留まらず、モチベーションを持って長く働ける仕事です。

この転職を最後で最高の転職にするために

今までの仕事で実現出来なかった、家族との時間や安定した将来像をしっかりと持てるような仕事・会社を選んでいきたいですね。蔦交通なら、そんな皆様にぴったり合う環境が整っています。

葛飾や金町、松戸エリアで稼げる仕事をするための3つのポイント

転職を考えた時、前職より時間的に余裕があって稼げる仕事に就きたいですよね。月曜日から金曜日まで、会社にこもって残業続きの毎日や、土曜や日曜も休日出勤になってしまったりで休む時間も家族との時間もない。
肉体労働で毎日身体はぐったり、休みは寝てばかり、家で休まないと身体がきつくて趣味の時間も楽しめない。そんな毎日は嫌ですね。
そこで、シフトや隔日勤務、昼だけ夜だけと働く時間を選べる仕事はいかがでしょうか。働く時間を選べるということは休みの時間も選べるということです。
実はタクシー会社へ勤務するとこの選べる勤務を実現することができるって知っていましたか?
基本は出勤した次の日は、お休みというのがタクシードライバーの働き方です。
ということは、「月の半分以上がお休み!」なのがこの仕事の魅力です!
今回は葛飾、金町・松戸エリアで、「安心・安定して働けて」、「しかも稼げる」タクシードライバーの仕事のポイントをまとめてみました。

葛飾・松戸エリアで稼ぐための3つのポイント

転職を考えている方は、是非参考になさってみてくださいね。

1.時間単価を上げつつ、長距離のお客様も狙う

松戸市には工場があるので都心から工場に向かう人や、工場から都心へ戻る人も居ます。そのお客様達をお乗せすることができれば、長距離の移動を確保することができます。また流しのタクシーでは、人のにぎわうエリアで車を走らせなくては意味がありません。その点松戸市は、駅前には商業施設が立ち並び、にぎわっています。JR常磐線が通っているため、夜には仕事帰りの需要も見込めます。国勢調査によると、千葉県内の市では浦安・市川に次ぐ第3位の人口密度であるベッドタウンです。
タクシードライバーとして売り上げを上げるには、長距離移動のお客様を獲得して、空車で走る時間を無くすことが良いと言われています。

2.観光客でにぎわうエリアを狙う

皆さんにも、「観光で違う地方に来ている時の方がタクシーやハイヤーを使うかな?」という経験はありませんか。葛飾区には寅さんで有名な柴又エリアがあり、観光客も多く来ています。柴又の観光エリアは河原の近くまで広がっていて、勾配がある道や長距離の道もあります。記念館等の施設の中はバリアフリーが整っているため、外の長距離移動が困難な高齢者の方もこのエリアに多く観光に訪れます。駅の近くから、観光のお手伝いをするように寄り添ってくれるタクシーはとても重宝されます。
葛飾区は、東京スカイツリーや浅草・浅草寺にも近いですので観光で来られたお客様をお乗せしやすい環境にあります。

3.安定した会社を選んで安心して稼ぐ

お客様から信頼のあるタクシー会社で走ることは、売り上げのアップにも欠かせない大事なポイントです。日本交通グループは、ハイヤー・タクシー部門で5年連続売上高1位を獲得しています。個人の才能や、ノウハウ、テクニックが高いことに加えて会社の強力なバックアップがある環境だと、より一層稼ぐことができます。初心者でも安心して稼ぐことができるように、入社後1年間は月給35万円を保証する制度もあります。業界最高の専用乗車場の確保率で、効率的にお客様を確保することができます。
スマートフォンのアプリで配車ができるサービスがあったり、LINEとの提携もしているため、働きやすい環境を保証してくれています。

葛飾・松戸エリアで正社員を目指すなら、蔦交通!

蔦交通は、東京都葛飾区にあるタクシー会社です。
正社員に就・転職が難しくなってきている昨今において、
就・転職活動中の方に嬉しい待遇や、安定感のある体制が整っています。
今より良い環境で自由な時間も収入もアップということも期待できるかもしれません!
どのような点が求職者にとって嬉しいポイントなのか、見ていきたいと思います。

葛飾区・松戸エリアで、正社員に転職したい人にぴったり

学歴不問・年齢不問

タクシードライバーになるために、普通免許取得後3年以上(21歳以上)であれば学歴・年齢不問です。全車両AT車なので、AT限定の免許保持者でも大丈夫です。実際に勤務する前に、2種免許は独自の教育システムにより最短8日間で取得できます。取得費用はもちろん無料です。定年後の中高年の方も勤務可能です。
もし介護の仕事についていてヘルパーや介護福祉士資格があればさらに優遇されます。

正社員採用である

正社員で働いているということは、わかりやすく社会的な信用を示すことが出来ますし、安定して働くことができるので精神的にもとても楽になります。
有給休暇制度があったり、相談次第で家族との行事にも参加できます。

高水準で安定収入

平均年収は475万円で、頑張りによってはもっと上がります。それでも不安な方も安心してください。入社後1年間は月給35万円が保証されます。(乗務時間条件あり)
実際に営業マンから転職した30代男性は「出来高で多少の差はあるが、時間に余裕も出来一番少なくても前職よりも遥かに稼げるようになった。」と言っています。世の中には残念ながら、大変で時間的な拘束も多いのに収入が少ない仕事もたくさんあります。そんな現代社会で、タクシードライバーは運転スキルを活かして高い給与水準で働ける仕事だと言えます。

日本交通ブランドで、長く働くことが出来る

次に転職する会社で転職は最後にしたいと誰もが考えます。
蔦交通は、5年連続業界売上高ナンバー1である日本交通グループなので、安心して長く働くことが出来ます。新人乗務員の定着率はなんと90%以上です。また、東京タクシーセンターから優良事業社と認定されていることからも、教育・接客サービスもしっかりしていることが伺えます。

葛飾・松戸エリアのならではのメリットもある

営業所のあるこのエリアは、柴又帝釈天・浅草浅草寺・東京スカイツリー等主要観光地にも近いため、初めてのドライバーでもお客様を見つけやすい環境にあります。
観光客のも多くいらっしゃるため、仕事でお疲れのビジネスマンの方々だけでなく、幅広くお客様との会話を楽しむことができますね。

正社員で、自分の時間を持ってしっかりと稼ぐ、
自分をがらりと好転させる転職になると良いですね!

東京で観光タクシーのドライバーになるには

最近話題の観光タクシー、
「ドライバーになったら、東京のいろいろな所に行けて刺激的で楽しそうだな」と思いませんか?
今回は観光タクシードライバーの仕事について、どうやったらなれるのかについてご紹介します。

東京の観光タクシー

観光タクシードライバー

現在、ドライバーは一日に3~4件の定期または臨時の輸送を行っています。
日本交通では、お客様の観光プランに沿って動くこともありますし、いくつかのモデルコースが用意されていて、その中から選ぶお客様もいます。
期間限定で桜を巡るプランや、スカイツリーやショッピングのプランなどがあります。
ドライバーは案内をしたり、会話をしながらご一緒します。3~5時間程度と、お客様のプランによって時間は変わってきます。
これからオリンピックに向けて、訪日外国人旅客も増えます。
日本らしさを感じられる場所に案内したり、コミュニケーションを取ることも増えていくことが予想されますね。

やりがいってどんなところ?

日本交通の精鋭から構成される、エキスパートドライバーサービス(EDS)の観光部門のドライバーからは「東京の観光と出会いの一期一会を楽しめるところ。日々、食・文化・歴史など新しいネタを仕入れています。」との声が上がっています。
ただ送迎するだけではなくご案内してお話をして、お客様の思い出の一部になれる喜びがあります。中には、外国語を話せるドライバーもいたり、業界大手の日本交通グループのエキスパートドライバーは、とてもレベルが高くお客様からの評判も良いです。

観光タクシーのドライバーになるには?

日本交通グループの蔦交通では、エキスパートドライバー候補として、ドライバーを募集しています。
スタートは普通免許しか持っていない初心者でも大丈夫です。
2種免許を会社負担で取得でき、研修を受講(接客・カーナビ操作・地理・同乗教習)して現場に配属されます。最初はドライバーとして経験を積みます。日本交通グループなので、スマートフォンアプリからの配車等もありますし、営業所が観光地から近いのでお客様を乗せやすい環境にあります。観光タクシードライバーになるために必要な東京シティーガイド資格の費用も会社が負担してくれます。ここでドライバーとしての経験を2~3年しっかりと積んで、観光のエキスパートドライバーを目指します。観光が好きな方なら、楽しみながら日々勉強しそれが仕事に活かされて、とても充実感のある毎日がすごせるようになるはずです。