タクシードライバーへの転職で失敗しないための給料や待遇に関する求人の見極め方

タクシードライバーへの転職で失敗しないための給料や待遇に関する求人の見極め方

タクシードライバーに転職しようと考えている人は、失敗しないための秘訣を知っておくことをおすすめします。タクシードライバーの求人には大きな特徴があります。その見極めができないと入社してしばらくしてから別の求人に応募すれば良かったと後悔してしまうかもしれません。

何をきちんと確認しておけば、転職して成功の道を歩めるのでしょうか。

タクシードライバーの給与は歩合制!注意すべき点とは

タクシードライバーの給与体系は売上に応じて決まる歩合制になっているのが一般的です。基本給が低めでも、しっかりと売上を出せば月収はかなり高くなる仕組みになっています。

ただ、売上に対してどのくらいの金額が給料に反映されるかは会社によって違います。求人の給与に関する規定を見るときには歩合率がどのくらいかを確認しましょう。高い歩合率になっていれば、それだけ売上を伸ばしていくことに対してモチベーションを上げられます。

一方、タクシー会社でもボーナスを出しているところはたくさんあります。ボーナスを年に何回出していて、総額が給与何ヶ月分くらいになっているかを確認しておくことは大切です。

基本給が低い会社であっても、ボーナスがたくさん出るのであれば安定して収入を得られます。単純に基本給が高いかどうかで求人を選んでしまうと、後々しっかりと計算してみたら実は別の会社の方が稼げたということはよくありますので気をつけましょう。

勤務体系についても意識しよう

タクシードライバーの求人を選ぶときには勤務体系の確認をしておくことも大切です。タクシードライバーは一般的な会社員とは違い、特殊な時間の使い方をして働いていることが多いからです。

よく行われているのが隔日勤務と呼ばれる勤務体系で、朝から夜を経て早朝まで働き、その日は休日になるという働き方です。勤務している間も休むことなく働かされるわけではなく、長時間の連続勤務は避けて途中で数時間の休憩を取れるようになっているのが基本です。

隔日勤務は一日おきに働く形になるため、仕事のない日をたくさん確保できる点で優れています。それに加え、夜中の深夜料金時間帯に十分に働けるため、売上が伸びやすいのも特徴です。

その他、タクシードライバーの求人をよく探してみると昼日勤、夜日勤という勤務体系のものも見つかります。昼日勤は一般的な会社員と同じ働き方で、朝から夕方まで働きます。生活リズムを普通の社会人と同じようにしたいという希望がある人に向いているでしょう。

夜日勤は一般には夜勤と呼ばれているもので、夕方から朝まで働く形になります。昼間は別のことをしたい、深夜料金の時間帯を中心にして働きたいといった考え方を持っている人に適している働き方です。

このような勤務体系の中から好みのものを選んで転職することで、成功したという実感が得られるでしょう。

入社直後の待遇について比較しよう

タクシー会社に転職するときに気をつけておきたいのが入社直後の待遇です。売上が伸びず、知識や経験もなくて苦労することは珍しくありません。また、第二種免許をまだ持っていない人もいるでしょう。

入社後の数ヶ月間は給与保証があり、売上にかかわらず一定以上の給料を出してくれる会社なら稼げない時期も生活費の工面で困ることはないでしょう。また、入社後に社費で第二種免許を取得させてくれる制度が整っていると、免許不保持の人も安心してタクシードライバーになれます。

そして、入社後は徹底した研修を実施してもらうことができ、一人前のタクシードライバーに育て上げてくれる環境が整っているのが理想です。このような制度について求人で確認し、他社とも比較してより良いものを選び出すことが肝心です。

安心してキャリアアップできるかを確認しよう

入社直後の不安な時期に手厚い待遇があるのはとても重要なことですが、その後も高いモチベーションを持ってタクシードライバーとして働いていける環境が整っているかも確認しておきましょう。

求人を見ると定期的に社員研修が行われていて、地域情報や業界の動き、利用者の動向などについて情報提供をしてもらえるシステムが整っている会社も見つかります。また、タクシードライバーとして何年か働いてベテランとなった暁にはハイヤーの担い手となったり、観光タクシーのドライバーとなったりすることができるケースもあるでしょう。

漫然と街中でタクシードライバーをしているだけでは年収も伸び悩んでしまい、仕事へのやりがいもだんだんと失われてしまうことは否めません。もっと稼げるようにするためのノウハウを伝授してくれたり、稼げるサービスの担い手として活躍する機会を与えてくれたりするタクシー会社を選ぶとずっと意欲的に働いていくことができます。その社内体制が整っているかを求人から確認しておきましょう。

失敗しないためには求人の特徴を理解しよう

タクシードライバーへの転職で失敗しないためには求人の特徴を理解し、自分にとってメリットを最大化できるように転職先を選び出すことが肝心です。

歩合率の高さを重視してモチベーションを上げられるようにし、給与保証があって研修も充実している会社を選ぶことで初心者でも成長できる環境を手に入れるのが基本と考えておきましょう。

未経験からでも稼げる?タクシードライバーへの転職を考えている人必見!タクシーの歩合など給与形態について

未経験からでも稼げる?タクシードライバーへの転職を考えている人必見!タクシーの歩合など給与形態について

タクシードライバーは経験や年齢、性別を問わず比較的採用されやすい職種であるため、転職先として検討している人も多いのではないでしょうか。しかし、タクシーの歩合制の仕組みがよくわからない、未経験でも稼げるのかなど疑問や不安の声もよく聞かれます。

ここでは特に東京都内でタクシードライバーとして転職を検討している人を対象に、歩合の仕組みなどについてご紹介します。

歩合給って何だろう?タクシー会社の給与形態について

タクシー会社の求人票を見ると、給料の項目の中に「基本給+諸手当+歩合給」または「AB型賃金」、「B型賃金」と書かれていることがあります。歩合給とは、個人の成績や売り上げに応じて計算した給与のことです。

タクシーの売り上げはタクシードライバーの能力によるところが大きいので、ほとんどの会社で歩合給制度を採用しています。タクシー会社の給与形態は、この歩合給を給与計算に組み入れたA型賃金、B型賃金、AB型賃金の3種類のうちのいずれかを採用しているところが多くなっています。

A型賃金は、基本給に歩合給や諸手当、賞与が加わった給与形態です。月収のうち基本給の割合が高くなっており安定していますが、その分歩合率(歩率)が低く設定されています。成果報酬の考え方が浸透したことや基本給が高いと不況や燃料代が高騰した際に会社の負担が大きくなることから、都内のタクシー会社ではほとんど採用されていません。

B型賃金は、ほぼ完全歩合給制の給与形態です。売り上げに歩合率を乗じた歩合給が給与になるため、タクシードライバーの能力次第では高い給与を狙うことができます。ただし、不況などでタクシーの利用者数が減少すると月収が大幅にダウンすることもあります。

また、完全歩合制を採用していても、実際に労働した時間があるにもかかわらず給料がまったく支払われなかったり、時間に換算した額が地域別最低賃金額に達していなかったりする場合は労働基準法上違法となるため、転職する際によく確認しましょう。

AB型賃金は都内の多くのタクシー会社で採用されている給与形態です。基本給に歩合給や諸手当、賞与が加わったA型賃金と似たような形態ですが、基本給を抑えてその分歩合率を高くしています。

この給与形態ではタクシードライバーの売り上げに応じて歩合給が高くなり、かつ売り上げが少なかった月でも基本給の分は保証されるので給与が安定するというメリットがあります。また、毎月の売り上げのうち数パーセントを積み立て、年数回賞与という形で支給するのもAB型賃金の大きな特徴です。

未経験者でも安心!給与保証について

前述したように、都内のタクシー会社の多くでは基本給を抑えて歩合率を高く設定したAB型賃金を採用しています。しかし、歩合給はタクシードライバーの能力や経験によるところが大きく、売り上げがなかなか上がらない未経験者には大変不利な制度です。

そこでタクシー会社によっては乗務開始から一定期間の間、給与を保証する給与保証制度を導入している会社もあります。

給与保証期間中はかなり高い固定給が支給されるので、タクシードライバーはその期間中に生活を安定させて売り上げを出すノウハウをゆっくり学ぶことができます。保証期間は数カ月~1年のところが多く、保証期間を過ぎると基本給はぐっと下がり、代わりに歩合給が支給されます。

未経験からタクシー会社に転職する場合、この給与保証期間がどれくらいあるか、またひと月あたりどれくらい支給されるのかは確認しておいた方が良いでしょう。未経験者であれば、半年~1年以上の給与保証があると安心です。

未経験者でも大丈夫!東京都内のタクシードライバー年間平均給与

未経験からタクシードライバーとして転職する場合、給与保証制度や研修制度がしっかりとしたタクシー会社に入社しても自分は果たして稼げるのかどうか不安になるものです。

しかし、東京都内に限っていえば、平成29年度の東京都のタクシードライバーの平均的な年間給与(推計額)は418万5,100円であり、全国平均の333万2,900円を大きく上回っています(全国ハイヤー・タクシー連合会「平成29年タクシー運転者の賃金・労働時間の現況」より)。

これは都内ということもあり、駅前や病院で待つ付け待ちでもタクシーを利用するお客さんを探す流しでも、お客さんを乗せる機会が他の地方よりも圧倒的に多いためと言われています。そのため、未経験者であっても都内であればある程度稼げるものと推測されます。

未経験者でも稼ぐ秘訣とは?何事も情報収集から

このように未経験者であってもある程度は稼げる可能性があることはわかりましたが、給与をアップするためには営業努力が不可欠です。未経験者であってもベテランであっても、タクシードライバーとして活躍するためには一人でも多くのお客さんを乗せ、売り上げをどれだけ上げられるかがカギになります。

そのためには電車の終電時刻や人が集まるイベント、飲み屋が多い場所などについての情報収集を欠かさないこと、タクシーを必要としているお客さんをすばやく見つけることなどが大事です。

情報収集については、どの時間帯のどの場所にタクシーの需要があるのか把握しておけば、流しでお客さんを乗せることにつながります。例えば、駅の終電時刻をあらかじめ調べておけば電車に乗り遅れた人を乗せることができますし、ビッグイベントがあるとわかっていれば電車やバスの混雑を避けてタクシーを利用したいお客さんをつかまえることもできます。

また、なるべく広い地域で情報収集をしておくとお客さんを長距離乗車させた際に別のお客さんを乗せて戻ってくることもできるでしょう。

流しでお客さんをすばやく見つけるコツは、なるべく速度を落として歩道のお客さんを見逃さないようにすることです。ただし、過去には歩道に気を取られて重大事故につながったこともあるため注意が必要です。タクシードライバーにとって無事故無違反は重要なことであり、事故を起こすと会社によってはかなり厳しいペナルティを課されることもあります。

働いた分だけ給料がアップするのがタクシードライバーの魅力ですが、タクシーに乗車したお客さんを目的地まで安全に送迎することが使命と心得て、常に安全運転を心がけましょう。

未経験でもタクシードライバーとして成功することは十分可能!

今回紹介したように、一定期間の給与保証制度を導入しているタクシー会社もあること、また東京都内はタクシー利用者が多いことなどから、都内であれば未経験者でも稼げると言えるでしょう。

ただし、給与保証制度の内容や福利厚生、稼ぐためのノウハウを学ぶ研修制度は会社によって異なるため、転職する際はその点についての情報収集をしっかりと行いましょう。自分に合ったタクシー会社を選ぶことが転職を成功させる秘訣です。

給与や待遇は?東京都でタクシードライバーに転職する際に知っておきたいことをご紹介!

給与や待遇は?東京都でタクシードライバーに転職する際に知っておきたいことをご紹介!

タクシードライバーが東京都内で転職を検討している場合、給与や待遇については事前に知っておくことが大切です。接客業になることから新人研修やマナー講座などもあり、しっかりとタクシードライバーとして働ける環境も整っています。

また、給与を計算する際は歩合を採用している会社もありますから、算出方法も知っていると良いでしょう。ここでは、タクシードライバーの給与や待遇についてご紹介します。

タクシードライバーの平均給与はどのくらい?

平成29年に行われた全国ハイヤー・タクシー連合会の調査によると、男性のタクシードライバーの平均年収は約333万円です。月給だと約27万円~28万円になります。

全国の中でも東京都で働くタクシードライバーの給与は高く、平均年収が約418万円、平均月収は約35万円になっています。そのため、タクシードライバーに転職したい場合は全国で1番平均年収が高い東京都を選択するのも良いでしょう。

東京都で働くタクシードライバーの平均年収が高いのは利用者が多いからです。東京都は居住している人も多いですが、地方や近隣県から働きに来る人、観光客なども多いです。

また、東京都に住んでいる人は、他の都道府県よりも車の保有率が少なくなっています。つまり、車を保有していない人は東京都内の移動で電車だけでなく、タクシーを選択することもあるでしょう。そのため、東京都でのタクシー稼働率は高く、それに伴いタクシードライバーの平均年収も高くなっています。

タクシードライバーは社会保険や福利厚生も充実している!

東京都で働くタクシードライバーの平均年収は約418万円ですが、手取り額ではありません。その中から社会保険料や住民税・所得税などを差し引くため、実際の手取り額は2割ほど低くなります。

ただ、しっかりと社会保険に加入していて、充実した福利厚生なども用意されていることが多いです。また、怪我をした時の労災保険、事故を起こした時の自動車保険などにも加入しています。タクシー会社が加入していることから、事故やトラブルがあってもタクシードライバーが自己負担することは少ないでしょう。

タクシードライバーの給与形態とは?

タクシー会社の多くが給与で歩合制を採用しています。歩合制とは、売上を出せば出すほどそれに見合った給与がもらえることです。歩合制だけでは仕事がない時に給与が少なくなるため、基本給は支払われるタイプもあります。

一般的にタクシー会社の給与形態は3つあり、1つ目が基本給と歩合制+賞与です。この方法は基本的には基本給のみが支払われます。例えば、約30万円の基本給が保証されているところもあります。

もし、多くの売上を出した時や表彰されることを行った時には基本給にプラスして、歩合給と賞与が上乗せされます。固定された基本給が多ければ、経験が浅いタクシードライバーでも一定の給与がもらえるでしょう。

2つ目の給与形態が、完全歩合型です。給与を算出する時は、基本給+月間売上×歩合率になります。歩合率はタクシー会社によって異なりますが、約60%が多いです。この方法では、基本給は約5万円など低く設定されています。そして、歩合率をかけて出た数値を足して給与を計算しているのです。

例えば、基本給が5万円で月間売上は30万円だった場合、5万円+30万円×60%で23万円の給与になります。完全歩合型のメリットは、売上を出したら出しただけ給与が上がることです。もし、100万円の売上があった場合は歩合として約60万円が入ってきます。完全歩合型の場合、賞与はないことが多いです。

3つ目が基本給と歩合制+賞与、完全歩合型の2つを合わせたものです。東京都にある多くのタクシー会社ではこの給与形態を採用しています。

会社を運営する側は歩合制にすれば、損をすることはありません。なぜなら低い基本給を支払い、それに追加する歩合給は売上から支払えるからです。ただし、基本給が低いと給与が少ししかもらえない人も出てきます。給与保証をするためにも、2つを合わせた方法を採用しているのです。

この方法では一定の基本給が保証され、働けば働くほど歩合給も追加されます。また、歩合として支払う分を賞与に回せるため、賞与も保証できることが特徴です。

頻繁に研修を行っているため、タクシードライバーとしての技術を上げられる!

新人タクシードライバーや転職したばかりの人には、研修会などで知識や技術を習得する機会があります。例えば、座学や実技演習による勉強会を開き、運転マナーや交通ルール・接客マナーなどを学べるようにしています。

特に交通ルールは違反すると仕事を継続できなくなる場合もあるため、しっかりと勉強する必要があります。また、地域によっては「この時間帯にこの道は通れない」などのルールがあり、それも理解しておくことが大切です。具体的には、学校近くの通学路は通れない時間帯を設定していることもあるので知っておくと良いでしょう。

給与形態や待遇を確認してから、転職先を探してみよう!

東京都内のタクシードライバーは全国でも平均年収が高く、しっかりと働いていれば一定の年収は期待できます。ただし、それぞれの会社で給与形態や待遇は異なるため、応募する前に確認しておきましょう。

それぞれの働き方やスキルによって、合う給与形態があります。これを参考に、タクシードライバーへの転職を成功させてみてください。

タクシードライバーの転職は不安だらけ?後悔しやすい・続かない人の特徴

タクシードライバーの転職は不安だらけ?後悔しやすい・続かない人の特徴

タクシードライバー―は学歴や職歴を問わないことから、年齢や性別を問わず活躍できる貴重な職業です。しかし、仕事内容をよく知らないと転職後に後悔したり、仕事が続かなかったりするのも事実です。

ここでは転職を考えているなら知っておきたい、タクシードライバーへ転職して後悔しやすい・続かない人の特徴をご紹介します。

1人での仕事が不安な人

今まで複数の人と同じ空間で働くのが普通だった場合、1人ぼっちの空間に耐えきれずに転職したことを後悔するというケースがあります。

タクシードライバーの仕事はお客さん以外、同じ会社の同僚と話す機会はなかなかありません。朝出庫したら事務所に帰るまで自分1人きりでの仕事です。仮に困ったことが起きても、同じ場所にいてすぐに手を差し伸べてくれる同僚はいません。失敗も成功も自分1人の責任という状況で、地道に頑張っていかなければならないのがタクシードライバーの仕事です。

お客さんを乗せるまではタクシーの中という狭い空間にずっと自分1人で、ふとお客さんの愚痴や出来事を話したくても車内にその相手はいません。1人きりで仕事をするのに慣れていない人にとっては苦痛に感じることがあるかもしれませんが、逆に今まで1人で仕事するのが当たり前だった人や同僚とのコミュニケーションがわずらわしいと感じていた人にとっては、タクシードライバーの仕事がしっくりくることもあります。

自分がどのような環境で働くのが最もストレスフリーなのか、考えてみると良いでしょう。

体力勝負の仕事がイヤな人

働く時間帯や日数、地域にもよりますが、タクシードライバーの仕事は体力勝負な面が大きいです。そのため、体力の有無がその日の売り上げにも影響してきます。

売り上げアップには時間帯や交通状況を把握して効率良く仕事をすることも大切ですが、絶え間なくお客さんを探したり休憩時間を削りながら走り回ったりできる方が売り上げアップにつながりやすいのが現実です。

タクシードライバーは長時間労働になりやすいこともあり、体力があって長時間労働に耐えることができるかどうかが重要になってきます。

さらに、勤務可能な時間が24時間というタクシードライバーにとって、深夜に働くことができるかどうかはとても重要な問題です。もちろん深夜に働くことができる方が売り上げアップしやすいですが、そうでなくても十分仕事は務まります。

体力に不安のある人は朝型か夜型かどうか自分のライフスタイルを見つめ直し、自分に合った時間帯に働けるようにするのも賢い方法の一つです。

ルーチンワークに飽きやすい人

毎日同じことの繰り返しに耐えられない人にとって、タクシードライバーは続きにくい仕事の一つです。ルーチンワークは数あれど、その中でもタクシードライバーの仕事は特に単調だと言えます。

タクシードライバーの仕事は、お客さんを乗せて目的地まで安全に運ぶことです。それを毎日ひたすら繰り返すことが売り上げアップへの近道です。そのため、いかに効率良く運転するか、その地域の交通事情をしっかり把握できるか等で効率アップを狙うのも仕事の一つですが、それはあくまで仕事をより良くするためのものです。

お客さんを運ぶのが第一のため、あまり重きを置くことはできません。地域によっては、どのお客さんも同じようなルートで同じ場所へ向かうため、毎日同じ道しか通らないということもあるでしょう。毎日同じことの繰り返しだからといって、気が緩んでしまうと事故やクレームの原因になります。同じ仕事の繰り返しでも決して気を緩めることなく仕事を続けていける覚悟がないと、転職したことを後悔してしまうかもしれません。

逆に、毎日同じことの繰り返しでも苦痛に感じず、真面目にコツコツと積み重ねることができる人なら続けやすい仕事と言えます。何てことのない仕事でも、普段から緊張感を持って取り組むようにすると、タクシードライバー―に転職しても無理なく続けることができるでしょう。

根気強くお客さんとコミュニケーションが取れない人

お客さんを乗せて目的地まで安全に運ぶことがタクシードライバーの仕事ですが、お客さんと適切にコミュニケーションを取ることも必要です。

特に深夜の時間帯には終電を逃してやむなくタクシーを利用する酔っ払ったお客さんが増えます。意識がはっきりとしていれば良いですが、泥酔して行き先もちゃんと伝えられず、怒鳴ったり車内で吐いたりするお客さんも少なからずいます。

そのようなお客さんを連続して乗せているとうんざりすることもあるでしょう。中には酔っ払ったお客さんの対応に疲れて、タクシードライバーの仕事が続かない人もいます。

タクシーを利用するお客さんには酔っ払い以外にも、さまざまな事情を抱えたお客さんがいます。ささいなことで文句を言うお客さんもいれば、通院や体調不良で利用するお客さんもいます。それぞれの状況に合わない対応をしていると、すぐにクレームの原因となってしまうでしょう。

タクシードライバーの仕事はそういうものだと早い段階で割り切って、1人ひとりに誠意を持って対応することが大切です。

タクシードライバー―の仕事を長く続けるために

転職後のタクシードライバー―の仕事には、転職前とのギャップが付きものです。ギャップが大きすぎて後悔していては仕事を長く続けられません。

転職してから後悔しないためにも、ある程度仕事のデメリットについては理解しておいた方が良いでしょう。後悔しやすい・続かない人の特徴を理解して、自分にタクシードライバーの仕事が向いているかどうかしっかりと見極めてから転職するようにしましょう。

タクシードライバーに転職したい!東京都で後悔しない転職をするなら会社選びが重要

タクシードライバーに転職したい!東京都で後悔しない転職をするなら会社選びが重要

中には、今の仕事を辞めてタクシードライバーに転職したいと考えている人もいるでしょう。しかし、何も考えずに転職先を選んでしまうと後悔してしまう可能性が高くなります。

この記事では、東京都でタクシードライバーに転職したい人に向けて、失敗や後悔をしてしまう原因や転職する際の会社選びなどについて解説していきます。

タクシードライバーに転職して感じる後悔1「思ったように稼げない」

タクシードライバーに転職して後悔してしまうポイントとして挙げられるのが、思ったように稼げないことです。タクシー業界は一般的に固定給ではなく、歩合給で稼ぐ仕事だと言われています。

つまり、売上が上がれば上がるほど月の給料も増えていくということです。しかし、売上を上げることができなければ思ったように稼げず、給料が少なくなってしまう場合もあります。タクシーに乗ってくれる人が見つからなければ、給料の大部分は固定給ということになるでしょう。

タクシードライバーとしてのノウハウがなければ、うまくお客さんを捕まえられないことも多いです。歩合給が積み重ならないと、前職よりも給料が安くて生活が厳しくなることも考えられます。

夜勤をしないと稼ぎにくいのも後悔しやすいポイントです。タクシーは夜間や終電の時間が過ぎた時間帯に需要が高まります。また、夜間になれば割増料金が発生します。そのため、夜勤をすることで効率的に稼ぐことができます。逆の見方をすれば、夜勤をしないとなかなか稼ぎにくいと言えるでしょう。

昼に稼ぎたいと思っても東京は鉄道網が発達しているため、割高なタクシーはあまり利用されません。夜に働くのが辛い人にとっては、苦痛を感じてしまうケースも多いようです。

タクシードライバーに転職して感じる後悔2「長時間の勤務になりがち」

タクシードライバーは長時間勤務になることも珍しくありません。中には18~20時間程度の連続勤務が入る場合もあります。もちろん、連続勤務の場合には数回の休憩時間が設けられますが、慣れない間は休憩があったとしても辛く感じてしまうでしょう。

また、お客さんを乗せて走るという性質上、神経を使って運転することになります。そのため、タクシードライバーにまだ慣れていない時期は8時間程度の勤務でも疲れを感じやすいようです。

勤務時間が不規則であることから、睡眠不足になりがちなのも気になる点でしょう。夜勤をする回数が増えたり、連続勤務が増えたりすれば売上は増えますが、睡眠時間が思ったように取れなくなります。連続勤務の場合には昼時や深夜を迎える前に仮眠を取ることにはなりますが、しっかりと眠ることは難しいでしょう。

夜勤の場合には昼夜逆転の生活になりますから、慣れるまでは睡眠不足に悩まされる人も多いです。質の高い睡眠が取れないことによって、疲れが抜けにくいといった弊害もあります。

他にも、タクシードライバーは勤務時間のほとんどを座って過ごします。同じ姿勢が長時間続くので、腰痛や肩こりを発症してしまうケースも珍しくありません。

大手タクシー会社を選ぶ

タクシードライバーに転職して後悔しないためには、会社選びが重要になります。稼ぎやすい環境で働きたいと思うのなら、大手のタクシー会社を選ぶと良いでしょう。効率よく稼ぐためには、多くのお客さんを乗せなければいけません。大手タクシー会社は単価の高いお客さんを捕まえるための対策を取っているため、効率良く稼ぐことが可能です。

まず、大手のタクシー会社はタクシーチケットを発行しています。都内には大手タクシー会社と業務契約を結び、役員や社員などのタクシーチケットを配布している企業も多いです。そのため、タクシーチケットを保有している人は大手タクシー会社を選んで利用することが多くなります。タクシーチケットを利用する人は長距離の移動に使うことも多いので客単価が上がり、効率よく売上をアップさせることが可能です。

専用の乗り場があることもポイントの一つです。大手タクシー会社は都内に専用のタクシー乗り場を保有しています。人が多く乗る場所に設けられているので時間帯にもよりますが、待っているだけでお客さんを捕まえられることも少なくありません。そのため、タクシードライバーに転職したてでもある程度稼ぐことができるような仕組みになっています。

また、空港やホテルといった長距離移動をする人が多い場所にも専用の乗り場があるので、長距離移動のお客さんを捕まえやすいこともメリットでしょう。

待遇面や設備がしっかりしている会社を選ぶ

待遇面を確認することも大事です。例えば、二種免許取得制度あり、研修制度がしっかりしているなどが判断基準になります。タクシードライバーになるためには二種免許が必要になります。二種免許取得制度ありの会社なら、会社が費用を立て替えて提携の教習所で取得することが可能です。

夜勤が辛い場合には、日勤と夜勤で分かれている会社を探すのも良いでしょう。中には、日勤のみも勤務可といった求人もありますから、自分のライフスタイルなどに合わせて探してみるのも1つの方法です。

設備面もしっかりとチェックすることが大切です。タクシードライバーは長時間勤務になることも多いため、仮眠室などの設備が整っていた方が働きやすくなります。また、早朝に帰社することも少なくありませんから、勤務先近くに寮があると出社時や帰宅時に便利です。

車両設備についても確認しておくと安心でしょう。カーナビ全車搭載の会社なら、未経験からの転職でも地理の面での不安が減らせます。

良いタクシー会社を見つけて、後悔の少ない転職を!

タクシードライバーはうまくいけば収入を増やすことができる職業です。しかし、お客さんを捕まえられなければ売上はアップしません。また、不規則な勤務や夜勤なども多くなります。

後悔しない転職をするためには、タクシー会社選びが重要です。しっかり稼げるシステムが整っているか、待遇や設備に力を入れているかどうかなど、自分が重視するポイントをチェックして選ぶようにしましょう。

転職なら給料が安定しているタクシー運転手になろう!お客さん対応もコツを掴めば安心!

転職なら給料が安定しているタクシー運転手になろう!お客さん対応もコツを掴めば安心!

タクシー業界に転職を考えるにあたって、不安を持っている人もいるでしょう。給料が安いのでは?あるいは、難しい客の相手をしなければならないのでは?と…。

意外にも都内のタクシー業界は、安定した所得を得られる仕事なのです。また、お客の対応も色々な「コツ」があります。タクシー業界に対する疑念が払拭できるように、以下で、それらを少しでも説明しましょう。

タクシー運転手の給料は、安定している公務員並み?

タクシー運転手の給料は、安くて不安定なイメージがあるでしょうか。タクシー運転手は、固定給ではありません。業績によって差が出る、「歩合給」になります。つまり、売上によって給与に差が出るシステムです。

タクシー運転手の手取額は、売上の60~65%程度になるのが一般的だそうです。仮に、1ヵ月の手取りが売上の60%に設定されているとしましょう。1日に3万円分お客を乗せることができ、1ヵ月に20日間働いたとします。すると、月の給与は以下のようになるでしょう。

3万円×20日間×0.6(60%)=36万円

しかし、東京ハイヤー・タクシー協会によると、都内のタクシー運転手の平均年収はおよそ400万円だそうです。タクシー業界全体の平均年収は300万円前後と言われています。

しかし、これは地方を含めた平均値です。タクシー業界でも、都心が高給取りで、地方が低いという傾向があるのです。もちろん、平均よりも高い給料をもらう人もたくさんいます。

タクシー業界では高額所得になる人は、年に1千万円以上稼ぐことができているというデータもあるのです。

総務省の「公務員給与システム」によると、都道府県別で年収などを比較しますと、1位は福島県です。月の給与はおよそ、37万4千2百円です。これにボーナスなどが加わって「年収」となりますが、月収だけで比べると、タクシー運転手の一般的な手取額とさほど差がないようです。

さらに最近では、勤め始めてからおよそ半年にわたって、一定額の給与を保証してくれるタクシー会社も増えました。その額は企業によりますが、大体28万円~35万円程です。その間に、タクシー運転手としての準備や研修などを積むことができるシステムといえるでしょう。

待遇の安定感を求めるなら、タクシー運転手!将来性もある!

日本への観光客が増えていることから、最近のタクシー業界は業績が上向きです。帝国データバンクでは、2015年と2016年のタクシー会社の収入高を比較しました。すると、東京都では、33.5%の収入増加が確認できました。

自由な働き方ができることから、最近は大学卒のドライバーも珍しくなくなってきました。タクシー運転手になるなら、まさに「今」といえるのではないでしょうか。

給与だけでなく、待遇面も大切です。タクシー運転手はシフト制のため、働く時間も自由が利きます。最近は女性ドライバーを積極的に採用する会社も増えてきました。子育て中の主婦も働くことができる現場ではないでしょうか。

また、大手でも64歳くらいまでは、経験・学歴などを不問で働かせてくれる企業もあるのです。週末だけタクシー運転手をする、あるいは1ヵ月の前半に仕事を固めて後半に休日を増やす、といった変則的な働き方も可能です。総じて休日が多いというのも、職場として魅力的なところでしょう。

タクシー運転手は、基本的には歩合給です。ですので、働いた分だけ、高い給料を受けとることができるのです。もし、1ヵ月に80万円の売上があったとしましょう。売上の6割が給料になるのであれば、その月の給与は、48万円ということになります。それだけでも、公務員の給料を超える給与です。

たとえば、東京都内ですと、タクシー1台につき1日の乗車客数は、32人に上るというデータもあります。都内はタクシー需要があります。やる気があり、工夫できれば、売上アップを見込めることでしょう。

お客さん対応はコツをつかめば良い

タクシー運転手になると、お客の対応をしなければならない、その自信がないと思っている人もいるでしょう。タクシー運転手は「接客業」です。しかし、接客業には秘訣があるのです。そして、コツさえ掴めば、意外と対応できるものなのです。

まず、無理に笑顔でいる必要はありません。これを知っただけでも、気が楽になる人がいるのではないでしょうか。自然な笑顔でなければ、かえって逆効果になることもあるからです。

また、お客との距離感に気を配りましょう。人には不快に感じる距離、「パーソナルスペース」というものがあります。接客での「適度な距離」とは、120センチほどだといわれます。それを考慮すると、お客にかける声などもあまり大きな声でない方が好ましい、ということになります。少し聞き取りにくいくらいの声の方が、相手はこちらの話を一生懸命聞く、という心理テクニックもあるようです。

さらに、接客の際には、言葉遣いにも気をつけましょう。これは「上級者テクニック」になりますが、お客だからといって、むやみやたらと丁寧すぎる言葉を使う必要はありません。その都度、相手やその場の雰囲気を感じて、あわせて話をしてみましょう。

大切なことは、「相手が不快に感じない言葉」、そして「相手が馴染みやすい言葉」を使うことだそうです。「マニュアル」に沿うことよりも、臨機応変に構えましょう。お客さん対応には、表面的な言葉よりも、相手の気持ちを考えた配慮が大事だといえるでしょう。

中高年&シニアの転職は、意外と難しい?

まだ若い人であれば、転職の道は多いかもしれません。しかし、中高年やシニアとなりますと、なかなか新しい仕事へ飛び込むことが難しくなります。たとえば、賃金や労働条件の面で納得のいく仕事が得にくいといえるでしょう。

中高年で、未経験の仕事でも歓迎してくれる職種とはどんなものがあるでしょうか。1つには、介護業界があります。無資格からできる仕事でもあります。また、警備員という業種もあります。警備員は一定の簡単な研修を受ければ、就くことができる仕事です。

しかし、両方とも、収入面で十分とはいえない状況です。介護士の平均月収は約15~26.8万円、そして警備員の平均月収は18万円程度というデータがあります。

しかし、未経験でもOK、人生のセカンドチャンスがあると言えるのが、タクシー運転手なのです。タクシー業界は引く手あまたです。会社によっては、未経験者を積極的に採用しています。

タクシー運転手には普通免許の他に、二種免許が必要です。二種免許取得のためには、20万円ほど経費がかかるといわれます。しかし、これも、バックアップをしてくれるタクシー会社があるのです。

将来的な客の増加も見込まれています。高齢者の送迎や、訪日する外国人も増えていることから、市場は今後ますます広がっていくといえるからです。

東京都内のタクシー業界は、転職の穴場といえます!

東京都内でのタクシー業界は、今注目の業界です。外国人客などのインバウンド需要が見込めることや、高齢者の送迎に利用されることなど、将来的な展望もある職種だからです。

また、特に中高年になると、転職が難しくなります。しかし、タクシー業界ならば自分の頑張り次第で、さらに「もう一花」咲かせることも可能なのです。

企業による様々なフォロー体制もあります。この機会に東京のタクシー業界にチャレンジしてみませんか。

タクシードライバーの給料と平均年収!東京で稼ぐタクシードライバーとは?

タクシードライバーの給料と平均年収!東京で稼ぐタクシードライバーとは?

タクシードライバーの全国平均年収は、およそ300万円ほどとなっています。
もちろん、勤務するタクシー会社や地域によっても大きく異なってきますが、例えば東京では平均年収で400万円ほどあります。
タクシードライバーは収入の個人差が極めて大きな職種です。

稼ぐことができるタクシードライバーはどのように働いているのかを確認していきます。

タクシードライバーの年収事情と給与体系

タクシードライバーの全国平均年収に比べて、東京都内で勤務しているタクシードライバーの平均年収は100万円ほど高くなっています。
地方と比べて東京都内はタクシー利用率が高いことなどがその要因として考えられます。

タクシードライバーの給与体系は大きく2種類に分けられます。

1つは固定給制度、もう1つは歩合制です。
とりわけ多くのタクシー会社で導入されているのが、歩合制の給与体系です。
歩合制といっても完全歩合制というわけではなく、毎月基本給は最低限保証されていて、その上に頑張った分だけ上乗せされていくという仕組みです。

ですからタクシードライバーとして転職を考えているのなら、まずこの給与体系をしっかりと確認することが大切です。
基本給はいくら保証されるのか、上乗せされる歩合の取り分が50%なのか、60%なのかをきちんと確認しなければなりません。

稼ぐタクシードライバーは場所と時間を見極めている

タクシードライバーの給料を左右するのは、上乗せされる歩合の部分です。
つまりより多くの売り上げを獲得したタクシードライバーがより多くの給料を手にすることができるというシンプルなシステムです。
ということは、より多くの人数を乗せることができれば自分の収入アップに直結しますから、どの場所で客待ちをするのか、どの時間帯で働くのか、といった勤務内容を自分の裁量で考える必要があります。

終電以降の時間帯の方がタクシー利用率は高まりますから、働く時間帯に深夜を選択することが収入アップの近道のようですが、当然そう考えるライバルも多いので、タクシーを利用しようとする客の争奪戦になります。
特に都内でも激戦になるエリアでは、タクシーを利用する人がたくさんいても、タクシーの数も多いので単位時間あたりに乗せることができる客の人数は決して多くはなりません。
それであれば逆に昼間の都内で買い物客などを見込んで客待ちをしている方が結果として売り上げが上がる場合もあります。

稼ぐタクシードライバーは天気予報も見逃さない

降雨の方が晴天時よりタクシー利用率が高まります。
ですから天気予報をまめに確認して、どの時間帯から雨が降り始めるのかを予測し、そこへ合わせて出勤することも有効な手段です。

ただし朝から雨が降っている、もしくは前日から引き続き雨が降っているなどといった場合は多くの人が傘を持っていて雨のなか帰宅する前提ですから、タクシーを利用する客の数は多くないかもしれません。

逆に急に降り出したというときには手持ちの傘がない人も多く、また終バス以降の時間帯であれば、たとえ駅から徒歩20分から30分といった近距離圏内でもタクシーを利用しようとする人の数は普段より多くなる可能性があります。

むしろこの距離ならワンメーターほどでタクシーを利用することができますから、気軽にタクシーを使ってくれる利用者が増えることが期待できます。
たとえ短い距離でもピストン運動のように何度も往復すれば単位時間あたりの乗車率が上がり、結果として売り上げの向上に結びつくこともあります。

稼ぐタクシードライバーは状況変化を先読みする

稼ぐタクシードライバーは常に頭を使って、自分の仕事を行っています。
以前うまくいった方法が、いつまでも変わらずに通用するわけではありません。
街の中に企業や工場などが移転してくると移動する人たちの層が変わります。

また大型のショッピングセンターやモール、映画館などの複合施設が開業したり、テーマパークやアウトレットモールなどが新規に営業を始めると、人の流れは一変します。
もちろんスポーツイベントやコンサートなどがある日とない日とでも状況は大きく異なります。

稼ぐタクシードライバーになるためには常に情報収集を怠らずに、それが自分の売り上げアップにどう影響するのかを考えていかなくてはなりません。

このような状況の変化からタクシー利用者の心理や行動を先読みする能力が、稼ぐことができるタクシードライバーになれるかどうかの決め手となります。
もちろんこの素質ははじめから備わっているものではありません。
先輩ドライバーに話を聞いたり、自分で試行錯誤をして徐々に感覚として身についていくものです。

特に東京は街の状況が目まぐるしく変わる都市ですから、その変化を見逃さずに、その日最も稼ぐことができる働き方を選択していく必要があります。

稼ぐタクシードライバーは常に考えながら仕事をしている

稼ぐことができるタクシードライバーは、タクシーを走らせる場所や時間帯を考えながら勤務しています。

また降雨や酷暑など天気の変化にも柔軟に対応してタクシー利用率が高まるタイミングを逃さないようにしています。
とくに東京ではイベントなども数多く行われていますから、そのような情報にも敏感に反応して、需要を先回りして稼いでいます。

タクシードライバーへの転職が不安な人はまず読んでみよう!転職して続かない人と後悔する人の特徴

タクシードライバーへの転職が不安な人はまず読んでみよう!転職して続かない人と後悔する人の特徴

タクシードライバーは未経験者でも始めやすい仕事の一つです。異業種から転職することも珍しいことではありません。
しかし、その一方で転職したことを後悔する人やすぐに辞めてしまう人がいるのも事実です。

転職してから後悔しないためにも、続かない人とはどんな人なのか、特徴や転職に見られる傾向について解説していきます。

タクシードライバーを辞めたいと感じる理由で多いものとは?

はじめに、タクシードライバーになって後悔しやすい理由について紹介していきます。

一つは、予想していたよりも給料が少なかったという場合です。
タクシー会社によって給料形態は異なるため、すべてに該当するわけではありませんが、中には歩合制を採用しているタクシー会社もあります。
そうなると乗客数に応じて給料が変動するのは当然のことです。その結果、後悔する人も出てくるでしょう。

もう一つは拘束時間の長さです。顧客が少ないときでもタクシーは待機していなければなりません。
顧客を待つ時間も仕事のうちですが、間延びしてしまい、辛いと感じる人もいます。
また、タクシーを使う時間帯は一般の人が仕事を終えた時間や休日などが多く、他人が遊んでいる時間帯に拘束されていることが辛くなる場合もあります。

他にも、理不尽なできごとに遭遇したり不安を感じたりすることも後悔する理由の一つです。
例えば事故を起こしてしまったときや、乗客のトラブルに巻き込まれたときなどがあげられます。
夜間は飲酒した顧客を乗車させることも多く、中にはタクシードライバーに愚痴をこぼす人もいるでしょう。
走行中に眠ってしまって起きない人や、泥酔して行き先がわからない人なども困るものです。
または、高圧的な態度を取る顧客を乗せてしまうこともあります。
タクシードライバーは顧客を選べない仕事でもあるので、嫌な顧客を乗せたときにはネガティブな気分になるのは仕方ないかもしれません。

タクシードライバーを辞めたいと感じたときの対処方法

身体上にも支障が出てくるような場合は早めに辞めるのも正しい選択の一つですが、辞めずに回避できる場合もあります。
「このままでは続かない」と感じたときは、いくつか対処方法を試してみましょう。

タクシー会社は一定の期間を決めて給料保証をしているケースが多いものです。
給料面で不安を感じたときには、保証されている期間を活用して自分の得意なルートを探ってみましょう。
地道な努力で顧客数アップが見込めるかもしれません。

拘束時間については、可能であればときにはシフトを変えてもらうのも良い方法です。
時間帯が少しずれるだけで辛い気分が解消されることもあります。
利用する客層も変わることが多く、理不尽な扱いをする顧客に嫌な思いをしていたときもこの方法で解決できるかもしれません。

ただし、あまりにも扱いの酷い顧客や犯罪に近いレベルの扱いを受けたときには警察や会社に相談しましょう。
まじめに対処してくれない会社なら転職を検討するのも方法の一つです。

転職前にチェック!タクシードライバーに向いていない人の特徴

タクシードライバーは接客業です。
中には車の運転が好きという理由でタクシードライバーに転職する人もいるかもしれません。
しかし、実際には運転そのものよりも顧客の世話が苦にならない人が求められます。

タクシーを利用する人には行き先がよくわからない人や、公共交通機関を1人で利用できない状況の人などが多いものです。
このいずれの場合もタクシードライバーが世話をする必要性が出てくると考えておいた方がいいでしょう。
他人の世話が面倒と感じる人はタクシードライバーには向いていません。

ストレスに弱い人もタクシードライバーに向かない人です。
顧客の中には乱暴な言い方をする人もいます。
理不尽な顧客を乗せた後もその場で流し、ストレスを溜めないような精神力がタクシードライバーには必要です。

他にも、待ち時間ができたときに1人で過ごすのが苦手な人もタクシードライバーには不向きと言えるでしょう。
すぐに誰かに電話してしまう人や、知り合いの店などにひんぱんに立ち寄りたくなってしまう人は、顧客を逃すことにつながります。

後悔しないためのタクシー会社を選ぶポイントと注意点

タクシードライバーに転職しても続かないと意味がありません。
どのような仕事に就いても、慣れるまでは不安を抱えることもありますし、後悔をすることはあるものです。
できるだけ不安に感じることがなく続けていくには、まず自分がタクシードライバーに向いているかどうかを考えてみましょう。

そして、慌てずにじっくりいろいろなタクシー会社の情報を集め、自分に合った会社を選んでみましょう。
給料保証はどうなっているのか、シフトの交替は可能なのかどうかは大切なポイントです。

福利厚生や教育体制がどうなっているかも忘れてはいけません。
万が一退職したときの退職金制度や失業保険なども押さえておきたい大切なことです。
トラブルが起こったときの対処や勤務中の事故についての対応や給料保証なども確認しておきましょう。

どんなタクシー会社がいいか自分で探す時間が作れない人は、転職サイトやエージェントを利用するのもいいかもしれません。

タクシードライバーは接客業!人の世話が苦手な人には不向きな職業

タクシードライバーは接客業です。
運転が好きである前に人の世話が面倒と感じる人には向いていないでしょう。
理不尽な言動の顧客が利用することもあるので、ストレスに弱い人も向いていないと言えます。

タクシードライバーへの転職で後悔せずに長く続けるためには、まず自分が向いているかどうかを判断し、自分に合った条件のよいタクシー会社を選ぶようにしましょう。

東京都内でタクシー乗務員に転職を考えている人はメリット・デメリットについて知っておこう

東京都内でタクシー乗務員に転職を考えている人はメリット・デメリットについて知っておこう

少子高齢化の影響などで人手不足が顕著になってきた日本では、タクシー乗務員の求人も多く募集されています。
そのため、転職先としてタクシー乗務員を考えている人もいるでしょう。
しかし、転職するときはその業界のことを知っておかないと、後悔する可能性もあります。

そこで、この記事では転職を考えている人に向けて、タクシー乗務員のメリットとデメリットを紹介します。

タクシー乗務員のメリット1:年齢に関係なく転職活動しやすい

タクシー乗務員に転職するメリットとして、まず挙げられるのは「運転免許さえあればだれでも応募できること」です。
一般的に転職にあたっては過去の経歴や保持している資格の有無、年齢などが重要視されます。

しかし、タクシー乗務員では、それらの能力を重視する会社はそれほどありません。
なぜなら、タクシー乗務員として働くうえで大切なスキルは、「乗客とコミュニケーションを取りつつ、目的地まで安全に運ぶこと」だからです。
そのためには、特別な資格や年齢などはほとんど関係ないといえます。

転職者にとって特に大きなメリットとして挙げられるのは、「年齢要件に制限がないケースが多いこと」でしょう。
一般的な会社員として転職を考えるケースでは、求人に「35歳未満」などの年齢要件が付いている場合が多いです。

しかし、タクシー乗務員では40代や50代でも問題なく、求人を出している会社が多いのが特徴だといえます。
実際にタクシー乗務員として働く人のなかには、40代以上で未経験から転職をした人も多くいるのです。
ある程度の年齢になると一般的に転職先を探すのに苦労することが多いですが、そういう心配をしなくてよいというのはタクシー乗務員ならではのメリットです。

タクシー乗務員のメリット2:歩合給があるので働けば働くほど稼げる!

東京都内のタクシー乗務員の平均年収は全国平均に比べると、基本的には高いです。
そのため、タクシー乗務員として転職することを考えているなら、年収の高い東京都で働くのは合理的だといえます。

株式会社交通新聞が公表している資料によると、2018年のタクシー乗務員の推定年収は全国平均で348万円です。
しかし、東京都だけに限ると、タクシー乗務員の推定年収は470万円となっています。
全国平均に比べるとおよそ35%も高い年収を稼げる可能性があるのです。

また、タクシー乗務員の給与体系は一般的に「固定給+歩合給」です。
歩合給が導入されているということは、働けば働くほど収入をアップさせるチャンスがあるといえます。
実際に東京都で働くタクシー乗務員のなかには、年収800万円以上稼いでいる人もいるぐらいです。
「働いた分だけ手取り収入が上がる」というのは、仕事をするうえで大きなモチベーションになることでしょう。

ただし、タクシー会社によって固定給と歩合給の割合が異なる点には注意が必要です。
希望するタクシー会社の給与体系については、よく調べてから応募するようにしましょう。

タクシー乗務員のメリット3:プライベートを充実させやすい!

タクシー乗務員は夜勤が多くて激務だと考えている人もいるのではないでしょうか。
しかし、タクシー乗務員の勤務体系は比較的しっかり決まっているので、その気になればプライベートな時間を多く確保できるのもメリットだといえます。
タクシー乗務員の働き方には、大きく分けて昼勤と夜勤がありますが、基本的には丸1日働いたあとの翌日は休日になるケースが多いのが特徴です。
いわゆる隔日勤務と呼ばれる働き方で大変そうに思えるかもしれませんが、実際には休憩時間がしっかりと確保されているので、慣れてしまえば問題ないという人も多いです。

歩合給との兼ね合いもあるので、どれぐらい休みを取るかは人それぞれですが、月の半分程度を休日にしている人もたくさんいます。
一般的なサラリーマンと比べると休日の数は増えることが多いでしょう。

また、サラリーマンでは休日にすることが難しかった平日に休みを取りやすくなることもメリットです。
平日に休みが取れることで公的機関の手続きがしやすくなりますし、観光地や商業施設などで混雑する土日を避けて遊べるようになります。

タクシー乗務員はプライベートを充実させやすいという点を覚えておきましょう。

タクシー乗務員のデメリットは「事故のリスク」と「最初のうちは収入が不安定になりやすい」

タクシードライバーのデメリットとして挙げられるのは、「事故に遭うリスクがある」「給与が安定しない可能性がある」の2つです。

休憩時間が適切に確保されているといっても、長時間に及ぶ自動車の運転は判断ミスにつながりかねない疲労を蓄積させることがあります。
歩合給だからとあまり頑張りすぎると、取り返しのつかない事故を起こしてしまう危険性があるのは十分認識して、常に安全運転を心がける気持ちが大切です。
また、万が一事故を起こしてしまった場合に備えて、必ず事故補償をしてくれるタクシー会社を選ぶようにしましょう。

2つ目のデメリットである「給与が安定しない可能性」については、歩合給が影響しています。
歩合給は働けば働くほど収入がアップするという点ではメリットですが、タクシー乗務員の場合、いくら働いても乗客が見つからないと売り上げにつながりません。
特に転職してすぐは乗客が見つかりやすい場所や時間帯などのノウハウがない状態なので、給与が不安定になりやすいです。

タクシー会社によっては採用してから実際に業務をこなす前に、しっかりとした研修を実施しているところもありますので、未経験者はそのような会社に応募するとよいです。

デメリットはタクシー会社の情報を確認することで補える!

タクシー乗務員として働くメリットには、「年齢に関係なく転職しやすい」「働くほど収入アップが期待できる」「プライベートを充実させやすい」の3つがあります。
一方で、デメリットは「事故のリスク」と「歩合給なので収入が不安定になりやすいこと」の2つです。

タクシー会社によっては補償や研修などで、デメリットを減らす努力をしている企業もあるので、情報をよく確認したうえで応募先を選びましょう。

タクシードライバーに転職すると未経験でも稼げるの?タクシーの歩合給の仕組みとは

タクシードライバーに転職すると未経験でも稼げるの?タクシーの歩合給の仕組みとは

転職を考えている人にとって年収はとても重要な項目でしょう。
ただし、タクシードライバーは歩合給を採用している会社も多いので、注意が必要です。
タクシードライバーに転職を考えている人は歩合給の詳細について知っておくとよいでしょう。

そこで、この記事ではタクシーの歩合についての解説と、未経験者でも稼げるのかどうかについて紹介します。

タクシー会社の給与体系にはA型とB型がある

歩合とは簡単にいうと成果報酬制です。
つまり、売上を上げれば上がるほど、手取り収入が上がる給与体系だといえます。

一般的な会社員は自分がどれだけの成果を上げても、決められた基本給が毎月支払われる固定給制度を採用している会社が多いです。
それに対して、歩合給は自分が稼げば稼ぐほど収入も増えるので、働きがいのある給与体系だといえます。

とはいうものの、タクシー会社に勤務する場合、完全歩合制というのはあり得ません。
雇用主と従業員という雇用関係にある以上、タクシードライバーは最低時給をもらう権利があるからです。
つまり、どれだけ歩合の割合が大きいタクシー会社でも「最低時給+歩合制」という給与体系になります。
タクシー会社におけるこの給与体系を一般的にB型賃金と呼びます。

それに対して、「基本給+歩合給」といった給与体系をA型賃金と呼ぶので覚えておきましょう。
タクシー会社によって基本給の内容は異なりますが、なかには一般のサラリーマンと同様に基本給が毎年昇給していくパターンもあります。
A型賃金のメリットはなんといっても、働くうえで安心感があることです。

転職直後は乗客の多い場所や時間帯といった知識があまりなく、売上が安定しないこともあるでしょう。
しかし、基本給がしっかりと払われるタクシー会社を選んでおけば、そのような心配は軽減されるはずです。
ただし、基本給がしっかりしている会社ほど、歩合における取り分は少ないケースが多いです。
タクシードライバーに転職後、すぐの段階から稼げる自信のある人は歩合給の割合が高い会社を探すとよいでしょう。

タクシー会社によって歩合率や待遇は全然違うので気を付けよう

タクシードライバーの給与体系には大きく分けてA型とB型の2つがあります。
しかし、同じ給与体系でもそれぞれのタクシー会社によって歩合率は異なるので、気を付けましょう。

たとえば、A型賃金を採用しているタクシー会社A(基本給17万円+歩合給60%)と、タクシー会社B(基本給18万円+歩合給55%)があったとします。
基本給部分についてはB社のほうが高いですが、歩合給はA社のほうが高い状況です。
このケースでは、毎月20万円を超える売上を稼げれば、B社へ転職したほうが有利になります。
希望する会社へ応募するときは、できるだけ事前に給与体系を調べておき、どちらが有利になりそうかをイメージしておくほうがよいでしょう。

また、給与面からタクシー会社を選ぶときは、待遇も加味して考えることが重要です。
タクシー会社の求人では入社祝い金がもらえたり、2種免許の取得費用を会社が負担してくれたりするケースも多いです。
入社祝い金や資格に取得費用を会社が負担してくれることは、実質的に収入と変わりません。
それらと給与のトータルを合計して、総合的に判断することが重要だといえます。

タクシードライバーは未経験者でも稼げるの?

結論からいうと、タクシードライバー未経験者でも最初からたくさん稼いでいる人は多くいます。
なぜなら、タクシードライバーの仕事は、安全に目的地まで乗客を乗せていくことだからです。
つまり、タクシードライバーの仕事には特別な知識や資格は必要なく、乗客を見つけるノウハウさえあれば、だれでも最初から稼げる可能性はあるといえます。

ただし、全員が稼げるというわけではありません。
タクシーを利用する乗客の多い場所や時間帯というのは、ある程度決まっているからです。
それらの知識もなく、闇雲に街をさまよっていても、効率よく稼ぐことは難しいでしょう。
しかし、転職してすぐのタクシードライバーにはその知識がありません。

そこで、大切になってくるのが、タクシー会社の研修です。
タクシー会社によっては、採用後に顧客対応だけでなくベテランドライバーから稼ぐためのノウハウを教えてもらえる講習を実施しているケースがあります。
未経験者で最初から稼ぐ自信がないという人は、しっかりした研修体制が整っているタクシー会社へ応募するとよいでしょう。

タクシードライバーで稼ぐための3つのポイント

タクシードライバーとして稼ぐための1つ目のポイントは「勘だけの流し営業はしないこと」です。
流し営業はタクシーを運転しながら乗客を探す営業方法で、運よく乗客が見つかることもあります。

しかし、このような営業方法を取っていると、乗客が見つかるかどうかは運に大きく左右されるでしょう。
確実性を高めるためにも流し営業ではなく、人通りが多くて、いつもタクシーを利用する人の多いポイントを見つけて待つ方が得策です。

2つ目のポイントは「周辺のイベントにアンテナを張っておくこと」が挙げられます。
コンサートや野球、サッカーの試合などは、開場前と終わった後に多くの人が移動を開始します。
タクシードライバーにとって、そのときが乗客を見つけるチャンスです。
興味のないイベントであっても仕事につながる可能性はないか、常にアンテナを張っておく姿勢が必要だといえます。

最後のポイントは「長距離の乗客にこだわらないこと」です。
タクシードライバーのなかには効率的に稼げるというメリットがあるので、長距離を利用する乗客を狙う人もいます。
たしかに、長距離利用の乗客というのは、時給ベースで考えると非常に魅力的です。
しかし、実際にはそんな都合の良い乗客に出会える確率はそれほど高くありません。
そのため、売上が不安定になる可能性が高くなります。安定して稼ぐためには距離にこだわらず、乗客をこまめに乗せて走るほうがよいでしょう。

タクシードライバーは未経験でも稼げる可能性はある!歩合給をどう考えるかは自分次第

タクシードライバーで稼ぐためには、特別な資格は必要ありません。
乗客を安全に目的地まで送り届ければ売上が稼げるので、未経験者でも収入を増やすチャンスは大いにあります。

歩合制には大きく分けてA型賃金とB型賃金の2つがありますが、どちらがいいかは人それぞれです。

基本的には最初から稼ぐ自信のある人は歩合給の割合が多いB型賃金、あまり自信のない人はA型賃金を採用しているタクシー会社を選ぶようにしましょう。