タクシードライバー(乗務員・運転手)の転職で失敗しない方法とは?将来性ある東京のタクシー会社の見抜き方

タクシードライバー(乗務員・運転手)の転職で失敗しない方法とは?将来性ある東京のタクシー会社の見抜き方

転職はできるだけ繰り返したくないと考える人は多いでしょう。そのためには、将来性があって安定できる職場を慎重に選びたいものです。

しかし、どの会社が伸びていくか見極めるには業種によっても違いがあります。そこで、東京でタクシードライバーとして転職する際、どのような会社なら将来性があるのか見抜く方法について紹介していきます。

よいタクシー会社は労働法をきちんと守っている

よいタクシー会社は顧客が多いだけでなく、勤続年数が長い従業員が多い傾向が見られます。つまり、将来性があるタクシー会社とは、労働条件がよく従業員にとって働きやすい環境であるといっていいでしょう。そのためには、労働法をきちんと守っていることがポイントといえます。

まず、タクシードライバー(乗務員・運転手)の労働法について把握しておくことが重要です。厚生労働省労働基準局がまとめている「タクシー運転者の労働時間等の改善基準のポイント」を見ていくと、1カ月の拘束時間は299時間が限度とされています。

この拘束時間には客待ち時間も含まれており、客が乗車している間だけが労働時間ということではありません。点検などの作業時間や客待ち時間も含めた拘束時間は、1日13時間が原則です。延長する場合でも最長で16時間までとされており、継続した8時間以上の休息時間を設ける必要があります。

また、仮眠も含む休憩時間は拘束時間として扱わないことになっています。ただし、車庫待ち等のタクシードライバーの場合は、労使協定を結んでいれば1日の拘束時間を最長で322時間まで延長することは可能です。転職で失敗しないためには、これらの労働時間が守られているタクシー会社どうかを確認しておきましょう。

知名度があり創業から長く続いていると安定性が高い

将来性があるタクシー会社かどうか見極める一つに、知名度があります。知名度が高いということは、それだけ売り上げも伸びているということです。顧客から評判がよいタクシー会社はランキングの上位に入っていることが多く、普段から名前を目にしやすいといえます。

当然ながら従業員数も多く、結果として東京都内で見かける頻度も高いといえるでしょう。また、創業から長く続いている老舗のタクシー会社は今後も経営が続くことが見込まれ、将来性がある会社と考えることができます。

知名度もあり老舗のタクシー会社になると、大企業や政治家など安定した顧客を抱えていることが多いのも特徴の一つです。また、大企業などを顧客に持っているタクシー会社の場合、従業員教育にも力を入れている傾向があります。顧客の層がよく安定していれば、相応の待遇が期待できるでしょう。

タクシードライバーは接客業です。働きながら正しい接客マナーを身につけられるかどうか判断することも、将来性のあるタクシー会社を選ぶポイントです。もしも将来的に他のタクシー会社や接客業に転職を考えることが出てきても、自分のスキルとして身につけることもできます。

タクシー会社以外にも安定した事業を行っている

タクシー会社の中には、本業以外にも違う事業を展開しているケースがあります。時代の変化に左右されやすい業界であればやや心配ですが、時代に関係なく需要が高い業界なら安定性が見込めます。

たとえタクシー業界が冷え込んだときでも、別の事業で経営を維持することが可能になるでしょう。また、事業内容によっては従業員も何らかの恩恵を受けることも可能です。例えば、不動産業も営んでいるタクシー会社であれば、物件の購入や賃借が有利になるかもしれません。

グループ会社として別の事業も行っている場合、将来的に異動できる可能性もあります。はじめはタクシードライバー(乗務員・運転手)として就職していても、途中で違う業種を経験できることは十分あり得ます。

もちろん、会社の方針として異動になる可能性も出てくるでしょう。いずれにしても、タクシー事業の他にも安定した事業を展開していると景気に左右されにくいといえます。転職をする際はグループ会社にどのような会社があるのか、他に何か事業を展開しているかどうか注目することも失敗しないポイントです。

経営の範囲が広く需要が見込めるかどうかチェックする

大手のタクシー会社になると、東京都内だけでなく近隣地域へも事業所を出しているケースは少なくありません。できるだけ広いエリアをカバーしていると、それだけ業績を上げることも見込めるでしょう。

近隣県であれば東京都内まで通勤する人もいますし、ショッピングや通院などで利用する人もいます。エリアが広いということはそれだけ需要が高く、将来的にも安定しやすいといえるでしょう。対応エリアが広いタクシー会社であれば、勤務先を変更したい場合でも柔軟に対応してもらえることが期待できます。

タクシーの場合、観光での利用客も多いものです。そのため、貸し切りバスやレンタカーなど関連性のある事業展開をしている会社も見られます。観光など、一つの分野を軸に経営の範囲を広げているタクシー会社も将来性が見込めると考えることができます。

また、大企業の傘下に入っているタクシー会社も安定しやすく、転職で失敗しにくいと見ていいでしょう。ただし、その場合は親会社の経営状況がどうなっているか冷静に判断する必要があります。

東京でタクシー乗務員に転職するとノルマがきついのではないかと心配している人が知っておくべきポイント

東京でタクシー乗務員に転職するとノルマがきついのではないかと心配している人が知っておくべきポイント

タクシー会社の立場から考えると、タクシー乗務員が乗客を獲得して売上を出さなければ利益を生み出せないのは確かです。

そう考えると、ノルマがきついのではないかと思う人もいるのはもっともなことでしょう。

また、そのストレスを抱えた上司の嫌がらせもあるのではないかと考えるかもしれませんが、実態はどうなのでしょうか。

ノルマがきついのは本当なのか

東京ではタクシー会社の数も多く、タクシーの需要も高いことから競争が激しくなっています。その状況も考慮するとやはりタクシー乗務員になるとノルマがきついと考えるかもしれません。

確かにタクシー会社によってはタクシー乗務員にノルマを課していることもあります。しかし、ほとんどのタクシー会社ではノルマを設定することはなく、むしろ売上に貢献した人を評価する仕組みを取り入れています。

最低でもこの程度の売上がなければならないという形ではなく、売上に比例するようにして給与を出すという形になっているのです。

一般的には歩合制と呼ばれる給与体系になっていて、売上に歩合率をかけた金額を基本給に加えて支給してもらえるのが特徴です。

自分がこのくらいの月収が欲しいと決めている場合は、ノルマがあると言うこともできなくはありません。ただ、会社側からこれだけ売上を出せと命令されることはなく、自分なりの考え方で稼ぐために頑張るかどうかを判断することができるということは理解しておきましょう。

上司の嫌がらせは本当にあるのか

どの業界でも部下への上司の嫌がらせや、新人へのベテランからの嫌がらせなどが起こっていることがしばしば問題になっています。

タクシー乗務員の場合にも上司の嫌がらせで苦しめられてしまうのではないかと懸念する人もいるでしょう。特に転職する理由が上司からいじめられていたというような場合には切実な問題だと考えるのももっともなことです。

上司の嫌がらせが全くないと言い切ることはできませんが、タクシー会社では良好な職場環境と人間関係を作り上げることで、一致団結して上質なタクシーサービスを提供することを目指している現場が多くなっています。そのため、嫌がらせが起こるようなリスクはかなり低くなっています。

上司から厳しいことを言われる現場もあるのは確かですが、その内容は冷静になって考えてみると新人教育のためだったという場合がほとんどです。もっと売上を出せるようにするにはこうしたら良いというアドバイスをしているつもりでも、口下手で叱責しているような口調になってしまったというのが典型例です。

同僚として迎え入れて成長させようとしてくれているという気持ちを持って接してみると不器用だけれど自分のためを思ってくれている上司だと考えられるようになるでしょう。

前向きに働ける環境と待遇のある転職先を選ぼう

タクシー乗務員として東京で働こうと考えて転職先を探すときには念のためノルマがないか、上司との関係は良好かといった点で情報収集をしておくと良いでしょう。それと合わせて調べておくと良いのが前向きに働けるような環境や待遇が整っているかということです。

もしも前向きな気持ちを維持できるようであれば、多少のノルマがあっても、上司との喧嘩があっても頑張る気力が湧いてきます。例えば、同じ歩合制のタクシー会社だった場合、歩合率が高い方が売上を出そうという気持ちが強まるでしょう。東京なら観光タクシーや空港送迎タクシーのニーズもあり、単価が高いので稼ぎやすくなる魅力があります。

また、上司との交流の機会が設けられている職場を選ぶのも良い方法です。定期研修があって上司とじっくり話をしながら、いかにして互いに売上を増やせるようにするかを考えられると良好な関係を築き上げられるでしょう。

互いに成長の機会になるので、この職場で働き続けたいという気持ちも湧きやすくなります。上司も部下の能力を評価できる機会が手に入るので、いつまでも新人ではないというのを早い段階で認識してくれるようになると考えられます。

充実した成長の機会がある転職先を選ぼう

成長の機会という視点では上司との交流機会があるだけでなく、もっと積極的に会社が教育に力を注いでくれると安心です。それが結局はノウハウを培うことにつながるからです。そのノウハウに基づいて働いていけばスムーズに乗客を獲得できるようになって売上も伸ばしていけます。

ノルマがあったとしても達成するのが容易になるので心配はいらないのです。上司からも一人前のタクシー乗務員として認められるようになり、嫌がらせを受けるようになるリスクもなくなっていきます。万が一、ノルマや嫌がらせが問題になるような職場を選んでしまったとしても、成長を通してすぐに解決できるのです。

ただ、いかに成長できる環境が整っていたとしても、転職した直後は売上が伸びずに悩んでしまうのが一般的です。歩合制では売上がないと収入が少なくて辛い思いをすることになりがちですが、給与保証があれば問題はありません。入社してから一定期間は給与を一定以上支給してくれるのが特徴で、多くのタクシー会社が取り入れています。

正社員として営業経験のある人がタクシー乗務員になると平均年収よりも稼げるのか?

タクシー乗務員は、営業成績次第で多額の収入を得ることができる仕事ですが、ある程度の経験を積まないと好成績をあげるのは難しいのではないかと思われがちです。

もっとも、業績アップのためには営業力が必要という点では、他の業種と変わりはありません。

そのため、これまで経験がない人でも他業種で営業として活躍してきた経験があるのであれば最初からタクシー乗務員の平均年収よりも稼げる可能性があるのです。

タクシー乗務員の平均年収とは?

営業経験がある人がタクシー乗務員として平均以上に稼げるかどうかを検証するためには、乗務員の平均年収を知っておく必要があります。

実はタクシー乗務員の年収については、全国ハイヤー・タクシー連合会が定期的に統計データを公表しており、2017年に公表された統計調査結果によると全国の男性ドライバーの平均年収は約333万円とされています。

この数字は地域によって偏りがあり、もっとも金額が高い東京のドライバーの場合には約420万円となっています。

サラリーマンの平均年収とそれほど変わらない金額ですので、これだけ見てもタクシー乗務員の収入はそれほど悪くはないということが分かるのではないでしょうか。

他業種の営業職にはどういったものがあるか?

一口に営業職といっても、世の中には様々な職種が存在しています。

まず一つ目のタイプは、顧客の元に直接赴いて、自社の商品やサービスを売り込むという訪問販売です。この職種は、顧客に商品やサービスの良さやそれを利用するメリットを正しく理解してもらう必要があるため、分かりやすく丁寧な説明力とともに、顧客の懐に飛び込んで話を聞いてもらうという高いコミュニケーション能力が求められます。

また、二つ目のタイプとして、自分で開拓した潜在顧客に対してノンアポで自社の商品やサービスの購入を勧めるという飛び込み営業があります。訪問販売がこれまでに何度か訪れたことのある顧客を相手にするのに対し、飛び込み営業の場合には初めて会う人を相手にするものだけに、コミュニケーション能力に加えて、誰とでも物おじせずに会話できるというある種の胆力が必要となります。

さらに、三つ目の営業職のタイプは、今までに何度か取引したことがある顧客に対して商品等の販売を行うルート営業です。すでに顔見知りであるだけにスムーズに商談に入れるはずですが、その反面、相手もこちらのやり方を知っているだけに毎回同じ営業トークでは通用しなくなるという難しさがあります。そのため、このタイプの営業職として成功するためには、様々な話題を自ら切り出して顧客との会話を盛り上げる高度なトーク力が大切です。

他業種での営業経験はタクシー乗務員の仕事に活かせるのか?

では、このように様々なタイプが存在する他業種の営業経験者がタクシー乗務員に転職した場合に、これまでに培ったスキルをどのように活かすことができるのでしょうか。

まず、一つ目の訪問販売の経験を積んできた人であれば、高い説明力とコミュニケーション能力を身に着けているはずですので、その能力を使ってタクシーの乗客とスムーズにやり取りを行えるでしょう。

はじめてタクシー乗務員として働く者にとって、見知らぬ乗客と円滑に会話するというのは思ったよりもハードルが高いことですので、そのような経験をすでに積んでいるというのはそれだけで大きなアドバンテージになるというわけです。

また、二つ目の飛び込み営業としての経験を積んできた人は、胆力に優れているため、はじめて経験するタクシー乗務員としての仕事にも物おじせずに取り組めるはずです。

自信なさげな乗務員よりも、自信たっぷりに接客できる乗務員の方が乗客の印象が良いのは間違いなく、それだけ多くの利用者に乗車してもらえるはずですので、飛び込み営業の豊富な経験とノウハウを有している人は、タクシー乗務員としても成功できる素地があるといえるのではないでしょうか。

最後の、ルート営業として活躍してきた人も、タクシー乗務員として好成績を上げられるスキルを十分に備えているケースが珍しくありません。豊富な話題を提供できるだけに、乗客を会話で楽しませてリピーターを増やすことができるからです。

ただし、話題豊富で面白いというだけでは必ずしもタクシー乗務員として成功するためには十分ではありません。顧客の質問に答えたり、リクエストに柔軟に対応できるコミュニケーション能力を有しているかどうかがポイントになるでしょう。

他業種での営業経験者はいきなり稼げるのか?

このように、正社員として他業種で営業経験を積んできた人は、これまでに培ってきたスキルを活用してタクシー乗務員として成功できる可能性が高いわけですが、それだけで確実に平均以上の高給を得られるというわけではありません。

タクシー乗務員として成功を収めるためには、営業エリアにある街の情報を詳細に把握している必要がありますが、他業種の営業経験者は必ずしもそのような情報が頭に入っているわけではないでしょう。

そのため、営業経験者がタクシー乗務員として高給を稼ぐようになるには、まず最初に街を隅々まで移動してどこに何があるのか、より効率よく目的地まで到達できるルートなどを頭に叩き込む努力が求められます。それさえできれば、早期にタクシー乗務員の平均年収よりも稼げるようになるでしょう。

転勤なし・長く働くことができる・転職に失敗しない・週3回の出勤もOKなメリットいっぱいのタクシー乗務員

転勤なし・長く働くことができる・転職に失敗しない・週3回の出勤もOKなメリットいっぱいのタクシー乗務員

今の職場に給与や働き方で不満がある場合、転職を視野に入れる人も数多くいます。その際に気になるのが、どの職種や業界へと転職するのかということです。

今と同じ業界に転職するのかほかの業界へと転職するのかは、今後の大きな分岐点といえます。様々な人々の転職先候補となりうるタクシー乗務員に関するメリットを紹介します。

頑張りしだいで高収入を目指すことができる

転職する際に気に掛けることのひとつが、収入がどのようになるのかということです。明確な目標や経験を積むために転職をするというのならば、前職よりも収入が下がってしまっても、将来的なメリットを期待することができますが、そうでないならばできるだけ高収入を得られる転職先を希望する人がほとんどでしょう。そのような人にとってもタクシー乗務員は非常にメリットが大きいです。

タクシー乗務員の給与は、基本的には歩合給と基本給とを組み合わせて支払われます。乗客を乗せて働けば働くほど給与を稼ぐことが可能です。自分の工夫と頑張りしだいでどんどん稼ぎ、高収入を目指すことができることは、やる気のある人にとってモチベーションのアップにつながります。人によっては平均的なサラリーマンよりも稼ぐ人もいるほどです。

また、多くのタクシー会社では、基本給の支払いや給与保証の仕組みがあり、なかなか稼ぐことができない時期であっても、タクシー乗務員が生活に困窮することを防いでいます。タクシー乗務員は、ノウハウや知識を溜めるまではなかなか稼ぐことができないうえに、交通事故にあって休業しなければならないこともあります。そのような際にも生活が守られる仕組みがあるので、安心して働き続けることが可能です。

転勤なしで自分のペースで働くことができる

タクシー乗務員転職のメリットのひとつは転勤なしの残業なし、自分のペースで働くことができるということです。人によっては転勤などの引っ越しを含む働く環境の変化を嫌う人もいて、そのことが転職先選びのポイントとなる人もいるでしょう。

大手のタクシー会社によっては転勤があることもありますが、基本的にはタクシー会社の支社によって営業するエリアが定められており、その範囲内を出て働くことはほとんどありません。転勤なしと求人情報に記載されている会社であれば、あくまでもエリア内での拠点の移動程度にとどまるでしょう。転勤がなければ、家族と離れる心配も少ないので、独身から働き、家族を持っても安心して長く働くことができます。

タクシー乗務員の働き方は、働き方が比較的自由で、週3日の出勤もOKなうえに、残業は基本的にありません。自分のペースで働くことができて、プライベートな時間を確保することができる働き方も大きなメリットです。

タクシー乗務員の働き方は、主に日勤のみ、夜間のみ、隔日勤務に分けることができ、1回の長い勤務をすれば週3日の出勤でも十分に稼ぐことができます。この働き方では法律上残業を科すことができないので残業はありません。計画的に働くことができて、有給も取りやすいのでプライベートを充実させることもできます。

転職に失敗しにくい

タクシー乗務員の転職は、初心者やタクシー乗務員未経験であっても転職に失敗しないということもメリットです。

タクシー乗務員の採用条件は、おおよその場合で第一種自動車免許を取得して3年以上経過していることで、初心者や未経験者であっても転職することができます。働くために必要となる第二種自動車免許は、タクシー会社からの支援で取得できることも多いため応募しやすいです。雇用形態もアルバイトやパートばかりではなく、正社員雇用も多く、長く安定して働くことを期待することができます。

未経験や初心者の場合、タクシー乗務員としての知識や技術がないため、稼ぐことができないと不安に思う人も多いですが、タクシー会社に研修制度があることがほとんどなので安心できます。研修制度では、外国の乗客を想定した英会話やタクシー内の機器の操作、担当エリアの地理に関する知識や接客に関する知識・技術などを教えてもらうことができるでしょう。

働きはじめの数か月に給与保証を設けている会社もあるので、初心者が低収入で生活が苦しくてすぐに辞めなければならないといった事態になることも少ないです。

キャリアアップで長く働くことができる

タクシー乗務員は、キャリアアップを重ねて長く働くことができるという点もメリットです。

タクシー乗務員は、常に街中を走るだけで、昇級することはないと思っている人もいますが、そのようなことはありません。タクシー乗務員として働き、経験を積んでいけば、ハイクラスのドライバーとなり、待遇もよく、昇級することも可能です。優先的に配車をしてもらえるようになるほか、給与の高いハイクラスの専属ドライバーへとなることができたり、観光ドライバーになったりと仕事の幅を広げることができるでしょう。

また、タクシードライバーは長く車に乗り続けるため腰を傷めることもあります。このようにタクシーに乗って働くことができなくなったとしても、内勤勤務でキャリアアップを目指すことが可能です。培った技術や知識を研修で教える立場となることもあれば、配車スタッフや運行管理者となる道もあります。

様々なキャリアアップの道があり、20年先も、定年まで働くことができるのがタクシー乗務員という仕事です。

タクシー乗務員になりたい!転職成功となるおすすめ労働条件とは?本当に良いタクシー会社の選び方

タクシー乗務員になりたい!転職成功となるおすすめ労働条件とは?本当に良いタクシー会社の選び方

タクシー乗務員に転職したいけど、求人を見てもどの会社を選んだら良いかわからない。特にタクシー業界未経験の人なら、何が良くて何が悪いのか、判断するのが難しいと思います。

条件の良し悪しをよくわからないまま決めてしまうと、就職後に後悔してしまうかもしれません。今回はタクシー会社を選ぶ際、どんな所を見て行けばいいのかお伝えします。

会社の規模や業務形態で選ぶ

会社の規模

タクシー業界は大手ほど稼ぎやすくなっています。大手タクシー会社だと知名度があるため、無線配車も多く待機しているだけでも仕事が入る可能性が高くなっています。また駅前や繁華街に専用の乗り場を設けている所もあり、安定してお客さんを獲得出来ます。

大規模なタクシー会社は、未経験の方でも安心して働ける環境が整っています。ですがその分タクシー乗務員の応募倍率も高く、採用が厳しかったりもします。中規模・小規模のタクシー会社は大手ほど便利ではありませんが、採用率が高いことがメリットです。

業務形態が選べるか

タクシー会社は、日勤・夜勤・隔日の3種類の業務形態があります。日勤は朝~夕方までの勤務、夜勤は夕方~朝方までの勤務です。

隔日は特殊な雇用形態で、朝~翌朝までの勤務となっています。多くのタクシー会社がこの隔日勤務形態をとっています。隔日勤務だと1回の労働時間がほぼ20時間を超えてしまいますが、その分休みが多い勤務形態なので、月の半分は休みとなっています。ですが長時間労働は、こまめな休憩時間をとっても体力の消耗が激しくなります。

自分の体力と都合を考え、一番ぴったりな働き方が出来る会社を選びましょう。

給与形態やノルマもチェックしておく

給与形態

タクシー会社の給与形態は大きく2種類に分かれます。「完全歩合制」と「固定給+歩合制」です。

完全歩合制は稼げば稼ぐほど給与が高くなっていくシステムです。自分の努力やスキルが直接給与に反映されるため、やりがいが出てきます。ですが反対に、売り上げが悪いと給与も低くなっていくというデメリットがあります。

固定給+歩合制は、一定の給与+売上の分が給与に上乗せされていくシステムです。多くのタクシー会社がこちらを採用しています。

どの給与形態を採用しているか、タクシー会社を選ぶ際にしっかりと確認しておきましょう。

ノルマ

タクシー業界は売上ノルマを設定している会社が多いです。このノルマを達成出来ないと歩率が下がってしまい、給与が減ってしまいます。ノルマがプレッシャーになってしまう人は、ノルマが無い会社を選びましょう。

保証制度や定年制度の有無

給与保証

未経験や慣れないエリアだと、最初はなかなかお客さんが獲得出来ず給与が低くなってしまうことがあります。そんな危機を避けるため、最初の3か月~数か月は給与保証期間を設けている会社があります。

会社によって金額は変わりますが、およそ25万前後が保証されます。求人に載っている保証期間や金額も、重要なチェックポイントです。

事故の保証制度があるか

タクシー乗務員は安全運転が基本ですが、毎日車を運転していると、交通事故に遭う確率も高くなってしまいます。この交通事故に対して、保証制度を設けている会社があります。事故の際の対応を引き受けてくれたり、車両が破損している場合は修理代を補償してくれます。

事故後の対応に不安がある人は、この保証制度の有無を確認しておきましょう。

定年制度があるか

一般的に定年は60歳~65歳です。ですがタクシー業界は定年後に再就職として働く人も多いため、定年制度無しを採用している所があります。長く働きたいと考えている人は、この定年制度無しの会社を選びましょう。

会社からのバックアップがしっかりしているか

研修制度

未経験で働く場合、この研修制度の有無はとても重要なポイントになって来ます。お客さんへの接し方、機材の使い方、走行ルートなどを何も知らないままいきなり職場に出ても、とまどってしまうばかりです。ほとんどのタクシー会社が研修制度を設けていますが、無いところもあるので、確認しておきましょう。

二種免許取得のバックアップ

タクシー運転手として働くには、二種免許の資格が必須です。この二種免許の取得には数十万円かかってしまい、転職費用としてはかなり痛手になってしまいます。

この二種免許の取得費用を払ってくれる会社があります。別業界からの転職を考えている人は、この二種免許取得制度を採用している会社を選ぶと、支出を抑えながらタクシー運転手として働けます。

会社の設備

隔日勤務だと、20時間以上の長時間勤務を行うことになります。休憩時間に帰宅出来ない場合、会社で仮眠をとったりシャワーを浴びたりして、身だしなみや体調を整えます。

こうした設備が整った会社を選ぶと、より働きやすくなります。またタクシー会社によっては、自社の洗車機を導入していることもあります。会社で洗車が出来れば、洗車のためにわざわざ遠出することがなく、手軽にきれいな車両を維持出来ます。こうしたちょっとした便利ポイントもチェックしていくことをおすすめします。

タクシードライバーに転職して後悔や不安に思うことは?タクシードライバーとして続かない理由は何?

タクシードライバーに転職して後悔や不安に思うことは?タクシードライバーとして続かない理由は何?

タクシードライバーとして働きたいと考えていても、ドライバーの経験がないとどういった仕事なのか不安に感じる人もいるでしょう。
そこで、この記事ではタクシードライバーの転職で後悔した人はどのような理由なのかをご紹介していきます。
また、働いてはみたけれど長く続かなかった人の特徴も合わせて解説していきますので、是非参考にしてみてください。

タクシードライバーの転職で後悔する理由

タクシードライバーの転職で後悔をする理由は人によって様々あります。基本的には、自分が想定していたことと実際の環境が違った場合がほとんどです。

#想定していたよりも給料が少なかった
タクシー会社によって給与形態に違いがありますが、中には固定給が少なく歩合制の割合の方が多い会社もあります。そういったタクシー会社で働く場合は、実力があってお客様をたくさん獲得できるなら稼げます。しかし、タクシードライバーとして初めて働く人で仕事そのものに慣れていない初心者だと、多くのお客様を獲得するのは難しいのが実情です。そのため、歩合制のタクシー会社で働くと想定よりも給与が少なくなってしまい、後悔をする人もいるでしょう。

#拘束時間が長い
タクシードライバーは一般的な会社のように8時間勤務ということは無く、隔日勤務といって出庫準備から帰庫処理、車の洗車までを1人で行い、長時間の拘束をされることがほとんどです。また、長時間の運転で腰に負担が掛かり、疲れが溜まりやすいと感じる人もいます。前職にもよりますが、同じような姿勢を続けるのが苦痛で後悔をする人も少なからずいるようです。

#年中無休で休みが取れない
タクシードライバーは一般的な社会人とは違い、土日祝日が休みというわけにはいきません。特にゴールデンウィークやお正月休みなど普通の人が休んでいる期間は稼ぎ時で働いていることが多く、思い通りに休みを取ることが難しくなります。そのため、働いてみたら休みが取りづらくて後悔してしまう人もいます。

タクシードライバーが続かない人の特徴とは

タクシードライバーとして働いてみても、長く続かなくて辞めてしまう人もいます。最初は頑張っていても途中で限界になると、転職を考える人もいるでしょう。

#接客が苦手でお客様の対応ができない
タクシードライバーは、お客様を乗せて運転をするだけではありません。運転そのものは1人ですが、基本的には接客業になります。無口なお客様であれば車内での会話は最低限で済みますが、お話が好きなお客様の場合、相手に合わせて会話をする必要があります。また、クレームなどがある場合はその対応もしなければいけません。そのため、コミュニケーションを取るのが苦手な方や人見知りをする人はタクシードライバーとして働き続けるのは難しいでしょう。

#体調管理が大変
タクシードライバーは運転をする前に飲酒チェックなどを行います。これは飲酒運転を防止し事故を未然に防ぐ目的がありますが、お酒が好きな人にとっては辛いことでもあります。何故なら、運転をする前の日から飲酒を控えて自己管理をしなければいけないからです。飲酒チェックで引っかかってしまうとその日の運転はもちろん、タクシー会社によっては罰則を設けている場合もあります。また、飲酒だけではなくインフルエンザが流行している時期は体温を計測する会社もあります。そのため、日頃から自己管理を徹底して体調を管理する必要があります。それが面倒になり、タクシードライバーが続かない人もいるようです。

転職後に後悔しないために事前の準備をする

転職をした後に「こんなはずではなかった」と後悔をしないためには、事前の準備が重要です。

#口コミなどをチェックする
転職先の会社がどんな所なのかを調べる方法は限られますが、実際に働いていた人の声であれば信憑性が高いと言えます。特に口コミサイトなどにある投稿はチェックする価値が十分にあり、余程小さい会社でなければ、ほとんどの会社に対しての口コミは見つけられるでしょう。もちろん、口コミがすべて正しいというわけではないため、悪い口コミばかりだったとしても参考程度に留めておくのがおすすめです。

#面接での社風を見る
実際に面接に訪れた際に、会社の雰囲気をチェックする方法があります。例えば、従業員同士の会話などコミュニケーションがしっかりと取れているのか、訪れた際にあいさつがしっかりとできているのかなどです。1回見ただけでその会社のすべてを把握するのは難しいですが、少なくとも会社の雰囲気は掴めるでしょう。

転職して後悔したらどうすればいい?

転職をする場合、転職先がどのようなところなのか不安なため、ほとんどの人は入念にその会社を調べるでしょう。しかし、実際に働いてみないと分からない部分もたくさんあるため、働き出してから後悔をする人もいます。もし、転職後に後悔をした場合もとりあえずは一定期間続けて様子を見るのが良いでしょう。もちろん限度はありますが、タクシードライバーのスキルを身に着けておけば、次の転職活動で有利になる可能性もあるからです。研修をしっかりと受けて、基本的な接客スキルや地理の知識などを身につけておけば今後の仕事に生かせるでしょう。

また、転職回数が多いと再就職をする際に応募先の企業から「またすぐに辞めてしまうのでは」と思われる可能性があります。そのため、すぐに転職を考えずに数年程度は働き続けた方が良いでしょう。しかし、あまりにもストレスが大きくて耐えられそうに無いのであれば、無理をして続ける必要はありません。体を壊してしまっては意味が無いからです。もし、耐えるのが難しい職場なら新たな転職先をすぐに探すことを検討しましょう。

転職先として大注目!タクシードライバーは20代や新卒にも人気!

転職先として大注目!タクシードライバーは20代や新卒にも人気!

タクシードライバーは定年を65歳に設定しているタクシー会社も多く、長く働けるため転職先として人気です。
採用に関しても年齢が不問のケースがほとんどで、50歳や60歳からの転職もできます。タクシードライバーは高い年齢層だけではなく、20代や新卒にも人気です。
20代や新卒がなぜタクシードライバーという職業に魅力を感じているのか、その4つの理由を解説します。

人気の理由その1・スキルを活かせる

タクシードライバーは運転が業務ですから、基本的な運転技術が必要です。しかし、単純にドライブスキルを活かせるだけではありません。タクシーは乗客を目的地まで運ぶのが仕事ですが、そこから派生して様々な新しいサービスが生まれています。移動手段としてタクシーを利用するだけではなく、そこに付加価値をプラスすることでタクシーの利用率を向上しようという試みです。取り組んでいるサービスは各タクシー会社によって異なりますが、具体的な例を挙げると高齢者や介助が必要な方の通院や外出のサポートを行うケアタクシーなどがあります。タクシーの乗り降りを手伝ったり、病院の受付まで付き添うといったサービスです。

その他にも、保護者に変わって塾や習い事に子供を送迎するキッズタクシーなどがあり、これは担当のタクシードライバーが家まで迎えに行き、目的地に着いたらタクシーから降ろして子供を確実に送り届けるので、共働きの保護者に好評です。このようにタクシーサービスは多様化してきているため、自分のスキルを活かせるチャンスが増えています。東京都内は海外からの観光客も多く、英語などの語学スキルを十分に活用することが可能です。観光客以外にも海外からビジネスで来日している方も多数いるため、語学スキルがあれば企業から指名を受けることも期待できます。観光の知識や歴史の造詣が深ければガイドすることができるため、観光タクシーのドライバーとして活躍することも夢ではないでしょう。

人気の理由その2・採用の可能性が高い

タクシードライバーが転職先として注目されているのは、採用条件が厳しくないからというのも理由にあります。定年後の再就職先としてタクシードライバーを選ぶ人も多くいます。しかし、その反面でタクシードライバーの高齢化が問題となっています。ドライバー高齢化の影響を受け、タクシードライバーは慢性的な人材不足を起こしている状態です。そのため、多くのタクシー会社は積極的に採用を行っています。採用条件に関して年齢・性別・学歴・経験を問わないケースが多いです。さらに新卒や20代であれば将来性が期待されるため、採用されやすい傾向にあります。

タクシードライバーとして乗務するためには、二種免許が必要です。タクシー会社によっては二種免許取得のための費用を負担してくれる会社もあるため、その場合には免許がなくても不採用の理由にはなりません。タクシー会社の採用試験に落ちる主な理由は、健康面や事故歴です。タクシードライバーは乗客の命を預かる仕事ですから、安全な乗務が求められます。また、重篤な事故や違反を起こしている場合にも、安全な運転ができるのかという不信感を抱かれて不採用になるパターンが多いでしょう。これらの問題点がなければ、タクシー会社はフレッシュなドライバーを切望していることが多いため、採用率は高いと言えます。

人気の理由その3・自分の時間を持てる

タクシードライバーは、勤務スタイルが独特です。主に昼間勤務に就く「日勤」、夜間勤務に就く「夜勤」、1日おきに勤務に就く「隔日勤務」の3つのスタイルがあります。家族との時間を持ちたい場合やプライベートの時間を確保したい場合に、勤務スタイルを選べるのがメリットです。タクシードライバーで最もポピュラーな勤務スタイルは、隔日勤務です。休憩を含みますがほぼ丸一日勤務につき、次の日が明番といって仕事が終わり次第休みになるのが特徴です。1日おきに勤務があるというのが基本的なパターンになります。

この隔日勤務であれば、一般的に月の出勤日数は11~13回程度となり、自分の時間をしっかりと持てるのが人気の理由の一つです。
また、大きなメリットとしてタクシードライバーには残業がありません。勤務形態が隔日勤務の場合には、1回の乗務の拘束時間が21時間以内というルールが厚生労働省より決められています。そのため、このルールを違反して残業を行うことはできません。他にも、隔日勤務は1回の乗務終了後には20時間以上の休息が義務付けられていますので、連続出勤もありません。勤務表以上の労働がないことから、体調管理もしやすいです。

人気の理由その4・人間関係のストレスがない

タクシードライバーは、業務中は基本的にタクシーの車内に1人です。職場の人間関係に悩まされたりすることが少なく、のびのびと乗務をこなしているタクシードライバーも多数います。タクシードライバーは、客待ちの時間など1人の時間を楽しめる性格の人に向いている職業と言えます。仕事でストレスを感じる原因は様々ですが、そもそもタクシードライバーはストレスの原因が少なくなっています。車内の温度は自分が好きなように調節できますし、お気に入りの曲やラジオを聞くことも可能です。
上司や同僚と顔を合わせる時間が短いことから、快適さを感じるタクシードライバーも多くいます。

東京都のタクシードライバーは転職に向いている?給与や待遇がどうなっているか徹底解説

東京都のタクシードライバーは転職に向いている?給与や待遇がどうなっているか徹底解説

タクシードライバーへの転職を考える際に、気になるのが給与や待遇に関してではないでしょうか。
少しでも給与水準が高く、待遇も良いタクシー会社で働きたいと考えるのは自然なことです。
色々なエリアがありますが、東京都はタクシードライバーが稼ぎやすいという話を聞いたことがある方もいるかもしれません。
今回は東京都がタクシードライバーの転職に本当に向いている場所なのか、平均年収や待遇に関して詳しくご紹介します。

タクシードライバーの給与事情はどうなっている?東京都は給与水準が高い!

#タクシードライバーの平均年収は?
平成29年のデータでは、タクシードライバーの全国平均年収は330万円程度となっています。これは月収換算すると約28万円程度となるため、他の職業と比べても見劣りしない給与水準と言えるでしょう。ただし、これは全国平均ですから、エリアによって給与水準には差があります。例えば、北海道は約260万円、大阪は約320万円と数十万円の差があることから、給与水準の高さを重視して転職する場合はどのエリアで転職活動をするかが重要になるでしょう。

#東京都は全国でもトップクラスの給与水準
東京都だけに絞ってタクシードライバーの平均年収を見てみると、約420万円となっています。全国平均が約330万円ですから、100万円近く高い数字です。タクシー業界は、利用者が多くなればなるほど給与水準も高くなります。東京は地方に比べると利用客が多いため、他のエリアよりも平均年収が高くなっているというわけです。また、タクシー会社によっても給与水準は変わりますし、腕のあるタクシードライバーはより多くのお客さんを乗せることができるため、平均以上の年収を得ている方も多くいます。中には1000万円近く稼ぐドライバーもいるため、東京都はタクシードライバーが転職するには最適なエリアと言えるでしょう。

収入は給与体系によっても変わるため注意が必要!

東京都内で働くタクシードライバーの給与水準は高いですが、注意しなければならない点があります。それが給与体系についてです。タクシードライバーは一般的な職業とは違い、基本的に歩合制になっています。歩合制ということは、成果次第で給与が大きく変わってくるということです。東京都のタクシードライバーの平均年収は高いですが、お客さんをたくさん獲得できなければ収入が下がってしまうという点には注意した方が良いでしょう。また、同じ歩合制でもタクシー会社によってその割合などが違うため、どのような給与体系の会社に就職するかでも得られる収入が変わります。

一般的には、A型賃金もしくはB型賃金という給与体系のタクシー会社が多いです。A型賃金というのは歩合制と固定給を合わせた給与体系で、歩合給以外に基本給やその他の手当、賞与などを受け取ることができます。タクシードライバーになりたての人の場合、なかなかお客さんを獲得できず歩合制だけではまとまった収入が得られないケースもあります。そういう人にとって、成果に関わらず固定給が貰えるのは大きなメリットでと言えるでしょう。ただし、固定給が貰える反面、歩合の割合は小さくなってしまう点には注意が必要です。

B型賃金というのは完全歩合制のことで、タクシードライバーの中では一般的な給与体系で毎月の売上次第で収入が決まります。固定給は貰えませんが、頑張り次第で大きく稼ぐことができる料金体系です。ただし、当然売上が少なければ給与も少なくなるため、人によっては安定して稼ぐのが難しい場合もある点は知っておいた方が良いでしょう。他にも、A型賃金とB型賃金を組み合わせたAB型賃金を取り入れているタクシー会社もあることから、給与体系がどうなっているのかしっかりチェックしてタクシー会社を選ぶことが大切です。

タクシードライバー未経験の方には嬉しい待遇!

#未経験からの転職に嬉しい給与保証
タクシー会社によって待遇は変わりますが、未経験からタクシードライバーへの転職を考えている方が注目したいのが給与保証です。タクシー会社は基本的に歩合制となりますが、中には給与保証が受けられるタクシー会社もあります。これは入社してから数ヶ月間は一定の給与を保証するというものです。例えば、入社してから4ヶ月間は売上に関わらず35万円の給与が保証されるといったもので、期間や金額はタクシー会社によって違います。新人のタクシードライバーは安定して稼ぐことが難しいため、給与保証があるかないかは重要なポイントになるでしょう。東京都には給与保証が受けられる大手のタクシー会社が多いというのも魅力の1つです。

#資格取得をサポートしてくれる会社も多い
タクシードライバーとして働くためには二種免許を取得しなければなりません。まだ持っていないという方は働く前に二種免許を取得することになりますが、この費用を負担してくれるタクシー会社もあります。通学や合宿で免許を取得するためには20万円程度の費用が必要です。これを会社側で負担してもらえるのは大きなメリットになるでしょう。
他にも、衛生管理者や運行管理者など様々な資格取得のサポートをしてくれる会社が都内には多くあるため、そういった資格取得に関する福利厚生が充実しているかもチェックしておくと良いでしょう。

他のエリアから都内へ転職する時に嬉しい寮完備のタクシー会社

都内のタクシー会社には、寮を完備しているところも多くあります。都内は家賃相場が他のエリアに比べると高いため、都内でタクシードライバーとして働きたいけれど、気軽に引っ越すことができないという方もいるでしょう。
そういった場合も会社が寮を用意してくれていれば、安心して都内のタクシー会社に転職できます。

東京都内は大手の優良企業が多い?都内で転職をする時のタクシー会社の選び方!

東京都内は大手の優良企業が多い?都内で転職をする時のタクシー会社の選び方!

東京都内には数多くのタクシー会社があります。給与水準が高い、お客さんを獲得しやすいなどの理由で、都内でタクシードライバーとして働きたいと考えている人も多いかもしれません。
その時に重要になるのが、どのタクシー会社で働くかということです。この記事では、都内で転職する時のタクシー会社の選び方について詳しく解説していきます。

優良企業を探しているならまずは大手タクシー会社からチェック!

優良企業で働きたいと考えているなら、まずは大手のタクシー会社からチェックしてみると良いでしょう。大小様々なタクシー会社がありますが、大手には大手ならではのメリットがたくさんあります。まず、大手の大きなメリットになるのが知名度の高さです。タクシードライバーが稼ぐためには、たくさんのお客さんを獲得しなければなりません。給料が歩合制となっているため、お客さんを獲得できなければ収入がアップしないからです。知名度が高ければ利用客も多くなるため、安定して稼ぎやすくなるでしょう。

また、大手のタクシー会社は専用のタクシー乗り場を持っているということもメリットの1つです。専用のタクシー乗り場は、決められたタクシー会社だけしか利用できません。競争率が低くなるため、新人のタクシードライバーでもお客さんを獲得しやすくなります。タクシーチケットを発行しているのも大手タクシー会社が稼ぎやすい理由の1つです。タクシーチケットは様々な企業に対してタクシー会社が発行しているチケットで、それを利用すればお客さんはその場で料金を支払う必要がありません。契約している企業が後から運賃をタクシー会社に対して支払う仕組みになっており、タクシーチケットを持っている人は積極的に契約先のタクシー会社を利用しようとするため、お客さんを獲得しやすくなります。

経営が安定しているのも大手タクシー会社で働く魅力でしょう。タクシー業界は景気に左右されやすいため、経営が安定しているタクシー会社を選ぶことが重要なポイントになります。大手タクシー会社はタクシー以外にハイヤーなど他の事業を行っていることも多く、リスクヘッジがしっかりとできています。経営が安定していれば給与や待遇面が悪くなる心配も少なくなるため、安心して長く働くことができるでしょう。こういった魅力的な大手タクシー会社が多くあるのも都内で働く大きなメリットですから、東京都内で会社選びする時はしっかりとチェックしましょう。

未経験の方は教育制度がしっかりしているタクシー会社を選ぼう

未経験からタクシードライバーへの転職を考えている方は、教育制度がしっかりしているかという点もチェックすることをおすすめします。タクシードライバーが稼ぐためには接客術を身に付けることはもちろん、地理を覚えたり、運転技術を身に付けるなど色々な知識やスキルが必要になります。自分自身で日々勉強することも大切ですが、会社で研修などを行っていればスムーズに必要な技術を身に付けることができます。どのような研修制度を設けているかはタクシー会社によって変わります。未経験の方はタクシードライバーに必要な基本的な知識や技術が身に付けられるように、教育制度や研修制度が充実している会社を選ぶと安心です。

タクシー会社の中には、二種免許の取得費用を負担してくれるところもあります。タクシードライバーとして働くために欠かせないのが二種免許です。自分で取得することも可能ですが、20万円程度はかかってしまうため、自分で支払うとなるとかなりの負担になってしまいます。教育制度が充実しているタクシー会社は二種免許の取得費用を負担してくれるところも多いため、そういった会社を選べば未経験の方も転職しやすくなるでしょう。

通勤時間も考慮して選ぶことも大切

東京は給与水準が高く、タクシー会社も多いということで他のエリアから東京都内へ転職しようと考えている方もいるでしょう。中には、近隣エリアから通勤するつもりで会社選びをしている方もいるかもしれません。その時は、通勤時間もしっかり考慮しておく必要があります。例えば、片道1時間かかる営業所に通うとなると、毎日往復2時間は通勤のために時間を使うことになってしまいます。身体的な負担も増えますし、勉強するための時間がなくなってしまうこともありますから、なるべく自宅から近い営業所を選ぶ方が良いでしょう。

自宅の近くに営業所がない場合は引っ越すことも選択肢として考えられますが、東京都内は家賃相場も高いため気軽に引っ越しはできないという方もいます。
そういう時は、寮を完備しているタクシー会社を選ぶのも1つの方法です。寮が完備されていれば家賃の負担が少なくなりますし、他のエリアからの転職もしやすくなります。都内には寮を完備しているところや家賃を負担してくれるようなタクシー会社もあるため、チェックしてみましょう。

給与保証があるタクシー会社もおすすめ

タクシードライバーへの転職を考えている人の中には、収入面で不安がある方もいるかもしれません。タクシードライバーは基本的に歩合制で仕事をするため、仕事に慣れないうちは安定した収入を得るのが難しい場合もあります。
そういう場合は、給与保証があるタクシー会社がおすすめです。給与保証があれば、数ヶ月は売上に関係なく一定の給料が貰えるので、生活面の不安も少なくなるでしょう。安定した収入を得ながら都内の地理を覚えたり、営業術を身に付けるなど仕事に慣れることができるので、未経験の方は給与保証があるタクシー会社を選ぶのがおすすめです。

タクシー運転手に転職すると給料は安定する?お客さん対応が得意な人におすすめ

タクシー運転手に転職すると給料は安定する?お客さん対応が得意な人におすすめ

タクシー運転手への転職を検討する際、気になるのが仕事の安定性ではないでしょうか。
例えば、給与形態がどのようになっているのか、安定した給料がもらえるのかなど疑問に思う方は多いでしょう。
そこで、今回はタクシー運転手は安定した仕事なのかという点にスポットを当てて解説していきます。
タクシー運転手の安定性について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

タクシー運転手の基本的な給与形態

まずはタクシー運転手の基本的な給与形態がどうなっているか確認してみましょう。タクシー運転手の給料はおおまかに基本給と歩合給から成り立っています。
基本給は実績如何に関わらず、毎月基本的にもらうことのできる固定の給与です。一方、歩合給は実績が反映される給与を指します。つまり、タクシー運転手の給料には固定された部分と働きによって変動する部分があるということです。

安定した仕事としてタクシー運転手はアリ?ナシ?

それでは、安定性という観点からタクシー運転手の給料を見てみましょう。例えば、サラリーマンなどであれば、基本給が給与の大半を占める場合が多いでしょう。すなわち成績に関わらず、ほぼ一定額の給与を毎月受け取れるため、安定していると言えます。そのような職業と比較すると、歩合給が組み込まれているタクシー運転手の給料はやや安定しないというイメージを持つかもしれません。ただし、基本給と歩合給の割合はタクシー会社によって異なります。歩合給の割合が大きい会社なら実績を上げれば上げるほど給与に反映され、収入アップに繋がります。ですが、成績が下がれば歩合給の下げ幅が大きくなり、基本給の割合も少ないことから収入額全体が少なくなります。つまり、月によって給料の額が安定しづらい仕組みと言えるでしょう。

反対に、基本給の割合が大きい場合は成績が給与に金額として反映されにくいものの、まとまった基本給があるため、成績の良し悪しに関わらず一定の金額を毎月もらうことができます。また、成績によってアップする部分が賞与としてプールされる給与形態も存在します。この形態であれば、成績は収入に反映され、かつ月の給与は一定の金額になるため、バランスが良く安定感もあります。このように、タクシー運転手と一口に言っても給与の仕組みはさまざまですから、給与形態によっては安定した給料を得ることは可能だということです。そのためには、タクシー運転手に転職する際、転職を検討する会社の給与形態を確認し、より安定性の高い仕組みになっている会社を選ぶ必要があります。

なお、タクシー会社の中にはタクシー運転手として初めて働き始める人を対象に、給与保証の制度を設けているところもあります。
これは入社した後、一定期間は成績に関わらず一定額の給与を保証してくれるというものです。タクシー運転手初心者にとっては、最初からしっかり売上を上げられるか不安な気持ちがあるのは当然のことです。そんなとき、このような保証制度が用意されていればタクシー運転手として仕事を覚えて慣れるまでの数ヶ月間、収入が不安定になることを心配せず働くことができるでしょう。これらのことから、給与面においてタクシー運転手でもある程度安定させることは可能だと言えます。

お客さん対応が得意なら実力を発揮できてさらに安定

タクシー運転手の仕事はお客さん対応が得意な人なら自分のスキルを発揮しやすく、安定させやすいとも言えます。タクシー運転手の主な業務は、乗客を目的地まで送り届けることです。
コンスタントに乗客を見つけることは簡単ではありませんが、乗客が見つかれば後は安全運転で乗客を快適に目的地まで運ぶことがメインになります。乗車から下車までずっと乗客と一緒に過ごすため、タクシー運転手の仕事は接客サービスの側面も大きいと言えるでしょう。良い接客ができれば乗客の満足度が高まり、リピーターなどにも繋げられます。そのため、人と接することが好きな人やコミュニケーションスキルが高い人なら、自分の得意分野を活かしながら仕事ができるでしょう。多くの乗客をつかみ、安定した売り上げを上げることも不可能ではありません。また、転職当初は接客スキルに自信がなくても、しっかりお客さん対応をしながら経験を積むことで仕事を安定させていくことは十分に可能です。

60歳以上でも働けるという安定感もポイント

安定した仕事であるか考える際、給与のほかに確認しておきたいのが「年齢に関わらず働き続けられるか」という点です。いくら給与が安定していても、一定の年代しか働けないようでは安定性の高い仕事とは言えないでしょう。その点、タクシー運転手の強みとして年齢が高くなっても働き続けられることなども挙げられます。

例えば、一般的に年齢が上がるにつれ、転職は難しくなると考えられています。しかし、タクシー運転手に転職する人の年齢は非常に幅広く、若い年代以外にも40代や50代、あるいは60代で定年を迎えた後に再就職する人なども珍しくありません。また、タクシー運転手は年齢が上がっても働き続ける人が大勢います。中には70代で現役のドライバーとして働く人もいます。能力を維持し、タクシー運転手としての業務を問題なく遂行できるなら、年齢を問わず働き続けられることは大きなポイントです。元気なうちは働いて一定の収入を得たい、そう考える人にとってもタクシー運転手は安定した仕事であると言えるのではないでしょうか。