東京のタクシードライバーの平均年収や給料・稼ぐためのコツとは?

東京のタクシードライバーの平均年収や給料・稼ぐためのコツとは?

タクシードライバーは、数ある仕事のなかでも特に自分のペースで働ける、自由度の高い職業です。1人でいる時間が長く、お客さんと接することはあってもその場かぎりの関係であるため、精神的にも楽であるという声もあります。

では、タクシードライバーはいったいどのくらいの給料をもらっているのでしょうか。
ここでは、タクシードライバーの平均年収や、タクシードライバーとして稼ぐためのコツについて解説します。

タクシードライバーの平均年収はいくらなのか

タクシードライバーの平均年収は、約300万円といわれています。といっても、この金額は全国的に見た場合の平均であるため、地域によって変わってくるでしょう。

たとえば、東京の都内であればタクシーの利用者も多いため、この金額より高くなる傾向にあるようです。逆に、人があまりいないような地域では、これより低くなります。また、タクシードライバー個人によっても変わってくるでしょう。

売上があると、その50~60%ほどがタクシードライバーの取り分となり、残りは会社の売上となるのです。

タクシードライバーの年収といえば「低い」「高い」というイメージが両極端に存在しています。このようなイメージがつくのは、タクシードライバー個人の工夫や努力によって、もらえる給料の金額が大きく変わってくるからでしょう。

実は、タクシードライバーは他の仕事と比べても、個人によって年収の差が大きく出る職業なのです。
これは、自分次第ではたくさん稼ぐことができるとも言えます。

タクシードライバーが稼ぐコツ

タクシードライバーの給料は、ほとんどの場合「歩合制」となっています。なかには固定給の会社もありますが、全体としては少ないでしょう。

歩合制で稼ぐには、タクシードライバーがそれぞれに努力や工夫をすることが重要になってきます。会社に何かしてもらうのを待つのではなく、自分から動いていく必要があるのです。「どのようにすれば稼げるのか」ということを常日頃考えることが大切でしょう。

その際には、待機する場所を工夫するのがたくさん稼ぐためのコツです。これまで待機していた場所であまり稼げないのであれば、人通りが多い場所に変えてみましょう。

また、お客さんが利用しやすい場所であることもポイントです。そのためにも、日頃から周囲を観察しておくといいでしょう。

タクシードライバーとして稼ぐためには、知恵を絞ることが重要です。なかには単純に勤務日数や時間を増やして稼いでいる人もいます。それも、その人が工夫した結果と言えるでしょう。

稼げるタクシードライバーは何をしているか

タクシードライバーがもらえる取り分の割合は、ほとんどの場合は会社で決まっているものなので、自分で変えることはできません。たくさん稼ぐためには売上を伸ばす必要があり、そのために稼げるタクシードライバーはさまざまな工夫をしているのです。

それは1日の勤務がスタートするところから始まっており、その日どのように動くかをしっかりとシミュレーションします。
そして、どのように車を移動させ、どこで待機するかを計算しながら動いていくのです。

お客さんがタクシーを拾いやすい場所で待つことはもちろん、ニーズがありそうなタイミングを見逃さずに動きます。

また、そのエリアのお客さんはどのような人が多いのかということまでしっかりと把握しているのです。
たとえば、コンサートなど何か大きなイベントがあるときには、タクシーを利用する人が多くなります。

稼げるタクシードライバーは、そのような情報を事前にしっかりとキャッチして、タイミングよくお客さんの前に現れるのです。

こうした努力や工夫をしっかりとできているのが、年収の高いタクシードライバーの特徴と言えます。

もちろん、こうした判断ができるのは「長い経験があるからだ」とも言えるでしょう。しかし、たとえ経験が浅くても、努力でカバーできる部分はあるのです。

タクシードライバーになるメリット

タクシードライバーになるメリットは、まず「ややこしい職場の人間関係から解放される」ことが挙げられます。タクシードライバーは基本的に1人で仕事をするため、職場の人間同士でやりとりすることがないのです。

そのため、人間関係で悩むこともほとんどなくなります。人との関係性で悩みやすい人には、ぴったりの仕事でしょう。

また、すぐ近くに上司がいるわけではないので、気楽に働けると感じる人も多いようです。もちろん、最初のうちは先輩と一緒に行動することになりますが、研修が終われば完全に1人となります。

また「労働時間が短い」のもメリットでしょう。タクシードライバーは、基本的に24時間勤務となります。そう聞くとあまりイメージできないかもしれませんが、実際の労働時間はそれより短いのです。

そのなかには休憩時間が3時間含まれており、お客さんを乗せていない間にも休憩をすることができます。また、人によっては仮眠をとるという人もいるのです。24時間勤務と聞くと「長い」と感じてしまいがちですが、24時間ずっと働くというわけではありません。

効率よく働いてたくさん稼ぐためにも、こうした休憩時間をしっかり取ることは重要だと考えられています。また、月の出勤日数で言うと11~13日という場合が多く、他の仕事と比べても少なくなっているのです。

それから「収入が増える」のもメリットといわれています。一般的に、毎月の給料はそれほど大きく変わりません。インセンティブや残業がある場合は別ですが、そうでなければほぼ同じような金額になってくるでしょう。

しかし、タクシードライバーであれば自分のがんばり次第で翌月の給料が大きく上がる可能性があるのです。自分で努力や工夫をしていける人は、年収が上がる可能性がぐっと高くなるでしょう。

タクシードライバーはがんばり次第で稼ぐことのできる仕事

タクシードライバーは、自分の努力や工夫しだいでたくさん稼げる可能性のある仕事です。しかし、地域によって年収に差があったり、会社によって取り分の割合が違ったりするので、注意が必要です。

タクシードライバーは決められたルールのない自由度が高い仕事なので、向上心を持って仕事に取り組むことで、年収アップの可能性があります。

東京でタクシードライバーに転職するうえでよく噂される不安や心配は問題ない?

東京でタクシードライバーに転職するうえでよく噂される不安や心配は問題ない?

タクシー業界にも高齢化の波は押し寄せており、ドライバーの数は不足気味です。
特に東京は人口が多い都市なのでタクシーを利用する人の数も多く、ドライバー不足は大きな問題になっています。

しかし、これからタクシードライバーとして働くうえで「年収」や「就労環境」などは、ほとんどの人が気になるのではないでしょうか。

そこで、東京でタクシードライバーに転職する人が感じやすい不安や心配と対策について紹介します。

東京のタクシードライバーの平均年収はどれぐらい?

ほとんどの人が転職にあたって気にする項目が「平均年収」でしょう。

結論から言うと、東京のタクシードライバーの平均年収は400~500万円程度です。この金額が多いかどうかについては前職の年収にもよるので人それぞれですが、1つだけ言えるのは400~500万円程度という平均年収は比較的高いほうだということです。

東京のタクシードライバーの平均年収は、そのほかの都市よりも1~2割程度高いといわれています。

たとえば、西日本の中心都市である大阪で働いているタクシードライバーの平均年収は400万円弱だといわれているのです。一般的にタクシードライバーの平均年収は人口の少ない地域に行くほど安くなる傾向にあるので、地方都市はさらに少ない可能性があります。

その点を考えると、平均年収400~500万円程度は恵まれていると言えるでしょう。

また、平均年収はあくまで平均値でしかありません。タクシードライバーになりたての人も含まれていて、平均年収を押し下げています。

タクシードライバーの収入は一般的に「基本給+歩合給」になっているため、働けば働くほど年収アップも期待できます。

実際に東京で働くタクシードライバーのなかには年収1000万円を超える人もいるのです。
がんばっただけ年収が増えるというのは、年功序列型のサラリーマンでは味わえないやりがいのある職場だと言えます。

勤務体系はドライバーの事情に合わせてくれることも

タクシードライバーの就業環境をよく知らない人のなかには「勤務時間が不規則になって体調管理が大変そう」だと思っている人もいるでしょう。

しかし、実際にはそれほど不規則な就業体系ではありません。就業体系は勤務する会社によって異なりますが、一般的に早朝に出勤してそのまま夜勤をこなし、翌日の朝に帰宅するパターンがほとんどです。

そして、その日と翌日が休みとなって、また出勤というサイクルを繰り返します。おおよそ1日半の出勤と休みを交互に繰り返すイメージです。

このような勤務体系でも平均年収ぐらいは稼げますし、乗客が見つかりやすいエリアを知っているベテランであれば月収60万円近く稼ぐ人も珍しくありません。

また、タクシー会社によってはドライバーを確保するために、複数の就業体系を用意しているケースもあります。
たとえば、子どものいる世帯向けに「昼勤のみ」、稼ぎを多くしたい人のために「夜勤がメイン」といった具合です。

2019年時点ではタクシードライバーの需要が高い、いわゆる売り手市場になっています。

そのため、ドライバーの事情やプライベートに配慮してくれる可能性は高いので、できるだけ交渉してみるとよいでしょう。

二種免許や地理試験は難しい?

タクシードライバーになるには、二種免許を取得しなければいけません。まだ試験を受けていない人のなかには、どの程度難しいか不安を抱えている人もいるでしょう。

二種免許を取得するための流れは、一種免許を取得したときと基本的には同じです。筆記試験を合格したあとで、実技試験に臨みます。実技試験は緊張するかもしれませんが、慎重に運転すれば合格することは難しくありません。平常心を保って試験に挑むことが大切です。

また、面接時点では二種免許を取得していなくても、タクシー会社に採用してもらえるケースも多いです。その場合は、採用後に二種免許を取得することが求められますが、費用はタクシー会社が支払ってくれることもあります。求人情報をよく確認して応募しましょう。

そのほかにも、タクシードライバーになるには、タクシー会社が実施する地理試験に合格しなければいけないケースもあります。

ほとんどのタクシーにはカーナビが付いているでしょうが、運転するエリアの地理をそれなりに覚えておかないと目的地を入力できないケースもあるからです。

採用されたタクシー会社が主に活動するエリアに土地勘のない人には少し難しいかもしれませんが、暗記科目なのでがんばって覚えるしかありません。
転職するタクシー会社のエリアについては、ある程度勉強しておきましょう。

タクシー会社によって万が一のときの保障は異なるのでチェックしておこう

タクシードライバーは長時間自動車を運転しなければいけないので、交通事故のリスクは高くなります。
特に東京のような大都市では車の交通量も多く、車線の数もたくさんあるので地方都市と比べると注意しなければいけないポイントも多いです。

しかし、実際に交通事故を起こしているのはタクシーばかりではありません。大切なのは、体調を管理してスッキリした状態で運転することです。
不健康な生活をして、寝不足や頭がぼーっとしているような状態で運転すると交通事故のリスクが高まるので避けましょう。業務の合間に適度に休憩を取る柔軟さも大切です。

また、特に高齢ドライバーに多い事故例としては、突発的な発作によって意識障害を起こし、交通事故を起こすケースが挙げられます。日頃の健康診断を怠ることなく受けて、もしも問題があるようだったら医師や勤務先の上司に相談しながら業務を続けることが重要です。

そのほかにも、勤務先によって万が一のときの保険の加入有無や保障内容は違います。給与や勤務体系とともに、求人情報をチェックするときは確認しておくとよいでしょう。

条件のよいタクシー会社を探して応募しよう

タクシードライバーは、自分の努力や工夫しだいでたくさん稼げる可能性のある仕事です。

しかし、地域によって年収に差があったり、会社によって取り分の割合が違ったりするので、注意が必要です。

タクシードライバーは決められたルールのない自由度が高い仕事なので、向上心を持って仕事に取り組むことで、年収アップの可能性があります。

未経験だけど大丈夫?東京都内でタクシー乗務員に転職して成功する方法とは

未経験だけど大丈夫?東京都内でタクシー乗務員に転職して成功する方法とは

転職を決めたときはどんな職種であっても、成功するかどうかの不安が伴います。しかも、それが未経験の職種であればなおさらです。
未経験の人がタクシー乗務員に転職しようとするときも然り、本当にタクシー乗務員として成功するのか不安になるでしょう。

今回は、未経験でも東京都内でタクシー乗務員に転職して、成功する方法を紹介します。

東京都内でタクシー乗務員になるには

未経験者の人が転職して東京都内でタクシー乗務員になるには、まず普通自動車第二種免許が必要です。
これは一般の人が車の運転をするために持つ第一種免許とは違い、乗客(旅客)を運ぶために必要な免許となります。

タクシーのほかにバス、ハイヤー、民間救急車などの車を運転するために必要な免許です。

もう1つ、東京都内の特に東京都23区と三鷹市、武蔵野市の地域でタクシー乗務員として働くためには「タクシーセンター」と呼ばれる場所で講習を受けて、地理試験に合格する必要があります。
試験の内容は都内の道路の名前や地名、有名な建造物の名前などが出題されます。

講習は4日間あり、その3日目の地理試験に合格しなければなりません。

講習に対して何も対策をしていない場合は、2日間で営業エリア内に幹線道路の名前や交差点の名前、駅や有名な施設をすべて頭に叩き込まなければならないのです。

また、ある地点から目的地までに向かう最短の道のりや、その道のりの走行距離、タクシー料金、所要時間が出題されることがあります。
この地理試験の合格率は40%から50%で難しい試験となっており、何度も試験を受けたり、何度受けても受からないので地理試験の無い地域に行ってしまったりする人もいるのです。

こうして見ると東京都内でタクシー乗務員になるのは大変だと思われがちですが、ほとんどのタクシー会社で、採用されると二種免許も取らせてもらえますし、地理試験に関しても地理試験専門のスタッフがいる会社も多くあります。

また、それぞれの会社が独自の対策をして、全面的に研修生をサポートしてくれています。

タクシー乗務員として成功するには良い会社を選ぼう!

東京都内で未経験者がタクシー乗務員として成功するためには、良いタクシーが会社を選ぶことが必須となります。
まずは、やはり二種免許費用を負担してくれる会社を選ぶと良いでしょう。

しかし、免許費用を負担してくれる会社は1年から2年程度は会社を退職してはいけないというルールがあるので気を付けましょう。
万が一その期間に退職した場合は、ほとんどが二種免許取得時の費用の返却を求めてきます。

次に、タクシー乗務員の給与形態はほとんどが歩合制となりますので、未経験者だと不安になりがちです。
一定期間の給料が保障されている会社を選びましょう。

そして、車両設備や会社自体の設備が整っていることも重要となります。
未経験者の場合は試験には合格したものの地理に不安が残りやすいため、全車両にカーナビが搭載されていると安心です。

また、ETCやクレジットカード決済機能が付いていると、カードだけしか持っていない客や長距離で料金が高額となる客の対応も可能となります。会社自体の設備は、会社に仮眠室やシャワー室などが付いていると働きやすいです。

女性のタクシー乗務員のための専用施設もあると、福利厚生について前向きな会社であることの目安になります。

成功には無理のない勤務形態で働くことが不可欠!

タクシー乗務員の勤務形態は大きく3つに分かれます。
日勤と夜勤、そしてタクシー乗務特有の1日に19時間から21時間ほど働いて1日休むという隔日日勤です。
タクシー乗務員の経験のない人が、乗務員として成功するためには無理のない勤務形態で働くことが大切となります。

たとえば、タクシー乗務員に転職する前の仕事が1日8時間の日勤の場合、転職したあとに急に隔日日勤での勤務になると体への負担が大きいです。タクシー乗務員はずっと1人で運転し、さまざまな人を相手にする仕事ですのでストレスも溜まります。

それに加えて、今までに経験のない夜勤や隔日日勤での勤務が続くと体調を崩しかねません。体を壊してしまっては、タクシー乗務員としての成功以前の問題となってしまいます。

タクシー乗務員の経験のない人は、自分の体に合った勤務形態で働きましょう。

安全運転とサービス精神を忘れないことが成功への秘訣!

タクシー乗務員として働くにあたり、成功の基本的な秘訣は安全運転になります。
事故を起こしても補償してくれる会社もありますが、将来的にタクシー乗務員から個人タクシーやハイヤー、黒タクシーの運転手になることを考えている人にとって、無事故無違反は重要です。

また、事故を起こすと会社からの信用もなくなり、無線配車での仕事が回ってこなくなるおそれも。始めのうちは客を探すことに集中しすぎて運転に身が入らなくなりがちですので、気を引き締めて運転しましょう。

また、タクシー乗務員としてのサービス精神が成功の元になります。その基本が挨拶です。

多くのタクシーにはアンケート用紙が設置されています。客に対して挨拶が疎かになったり、愛想がない態度をしたりするとアンケートに書かれてしまい会社からの信用がなくなるおそれがあります。
タクシー乗務員の仕事はただの運送業ではなく、客に癒しを与えるサービス業であることも忘れてはいけません。

未経験で成功するには向上心を常に持とう!

タクシー乗務員に限ったことではなく、未経験で始める仕事で成功するには常に向上心を持ち続けることが大切です。
タクシー乗務員は一見、車を運転して客を目的地まで運ぶだけの仕事だと思われがちですが、そうではありません。
客に心地よい空間と、安らぎのひとときを与えながら目的地まで運ぶという仕事です。

未経験の仕事は始めから上手くいかないものですが、常に向上心を持ってコツコツとがんばることが成功につながります。

未経験からタクシードライバーに!タクシー業界への転職で失敗しない方法

未経験からタクシードライバーに!タクシー業界への転職で失敗しない方法

タクシードライバーは年齢に関係なくできる仕事なので、未経験でも転職先として適しています。
ただし、タクシー業界には求人が多いので、ライバルよりに採用過程で印象を残さなくてはいけません。
確実に転職できるよう、準備は入念に行いましょう。

この記事では、タクシー業界への転職を心配しない方法について解説します。

転職の山場は面接!志望動機や身だしなみに気をつけよう

タクシー業界への転職では、書類審査を経て面接が行われます。
面接は企業側に直接自己PRをできるチャンスです。

逆を言えば、面接の印象が悪いと落とされる可能性が高くなります。
企業が求める理想象を意識しながら、自分の長所を伝えましょう。

まず「志望動機」を明確にしておくのは大前提です。なぜタクシードライバーになりたいのか、はっきりと理由を説明します。
「免許があるから」「給料がいいから」程度では、志望動機として弱いと言えます。
「車の運転が好きで、やりがいを持って働けるから」などと、やる気を押し出しましょう。

また、面接では身だしなみも重要です。
なぜなら、タクシードライバーは大枠で「接客業」にあたる職種だからです。

乗客に不快な思いをさせるような人間を企業は雇ってくれません。
服装や髪型から漂う第一印象はとても大切です。シャツやネクタイにはアイロンをかけ、靴は磨いておくなど清潔感を意識しましょう。
基本ながら、散髪に行ったり髭を剃ったりするのも必須です。

タクシー業界に入社してから後悔しないために!社風を見極めよう

転職者にとって、タクシードライバーにさえなれればなんでもいいというわけではありません。
タクシー業界にはさまざまな会社があります。

自分に合った職場を選ばないと、入社後に後悔してしまうでしょう。
ありがちな失敗が「社内での孤立」です。

タクシードライバーは大半の時間を個人で過ごしているため、団結力が希薄になることも少なくありません。
新人を気づかうシステムのない会社に入ると、仕事を覚えるまでに苦労します。ま
た、人間関係の悩みも出てくるでしょう。

人あたりの厳しい先輩社員がいるような会社では、出勤するだけでストレスを抱えなくてはいけません。
こうした職場を避けるためには、企業研究を欠かさないことです。
単なる印象や給与面だけで志望先を決めず、口コミなどの評判もチェックしましょう。

また、説明会や面談で事務所を訪れる際には、社風を体感するチャンスです。
面接官の人間性、事務所の雰囲気などを観察して「やっていけるかどうか」を判断します。
面接とは、自分が会社を選ぶ場でもあるのです。

本当に稼げる?勤務地や認知度を確認しよう

タクシードライバーの多くは歩合制で働いています。
多くの乗客に出会えるほど給料に換算されるシステムなので、努力次第で高収入も夢ではありません。

ただし、応募要項ではどのタクシー会社もプラスの側面ばかりアピールしているので注意しましょう。
実際に稼げるかどうかは、本人の実力以外でも「勤務地」や「認知度」に左右されるからです。

どんなにやる気があるドライバーでも、人気のない地域に配属されたのなら乗客を見つけられません。

たとえば関西エリアであれば、梅田、難波、京都市内といった繁華街で働きたいところです。
そのほか、終電を逃した会社員を見つけやすい、深夜帯の駅周辺なども稼げる場所です。

どんなところに配属されるのかは、面接の段階で確認しておきましょう。
次に、タクシー会社は乗客から呼び出しを受けることでも利益を上げられます。

しかし、そもそも会社の名前が浸透していないと呼び出してもらえません。
大企業に就職することがすべてではないものの、ある程度は地域に密着している会社を選びましょう。

適性を自覚していれば転職で失敗する可能性も減る

そもそも、自分にタクシードライバーの適性があるかどうかもポイントです。適性に低い職業に転職してしまうと、思うような成果を出せません。

歩合制の世界では収入も減り、生活が苦しくなることもありえます。応募要項の甘い文言を信用しすぎず、冷静に自分の性格やスキルを分析しましょう。

たとえば、タクシードライバーとして成功するには「コミュニケーション能力」が不可欠です。いろいろなタイプの乗客とストレスなく話せると、仕事が苦痛でなくなりモチベーションも高まるでしょう。

次に「根気」も大事です。短期間で効率的に稼ぎたいタイプはタクシードライバーに向きません。

長時間にわたって集中を保ち、乗客を求めて運転できる人は収入を増やせます。

そして「自己管理」も重要でしょう。タクシードライバーは基本的に1人で働く仕事です。

自分で自分のスケジュールを決め、業務に取り組まなければなりません。時には、自分に厳しくできないとタクシードライバーとして成功は難しいでしょう。

タクシードライバーに転職するならシミュレーションが大切!

転職に失敗しないためには、将来のシミュレーションが重要です。その業界でがんばれるイメージを持てるかどうかを考え、自分の適性と向き合いましょう。タクシードライバーであれば、根気強く自分に厳しい人が向いていると言えます。

そのうえで、志望先をしっかり研究するなどして入社後に後悔がないよう転職活動に励みましょう。

東京でタクシードライバーとして転職したい!失敗しないための秘訣とは?

東京でタクシードライバーとして転職したい!失敗しないための秘訣とは?

終身雇用へのこだわりが薄らいだいま、いろいろな可能性が広がってきました。
そのため、車やコミュニケーションが好きな人にとって、タクシードライバーは適職のひとつと言えるでしょう。

タクシードライバーとして働くには、失敗しないための秘訣を知ることが大切です。
また、その土地ならではの特徴を知る必要があります。

ここでは、東京でタクシードライバーとして働きたい人に役立つ情報をまとめました。

資格取得のサポートが受けられること

これまでタクシードライバーとして働いてきた人は、スムーズな転職が可能なことが大きな強みです。
一方、タクシードライバー未経験の人がタクシードライバーになるには、資格の取得から始める必要があります。

その一つ「二種免許」(第二種運転免許)の取得は避けられません。
二種免許を取るためには、一種免許を取得後3年以上経っていることが条件になります。

つまり、普通自動車の免許証を満18歳で取得した場合、最低でも満21歳まで待つ必要があるのです。
もちろん、そのあいだに免許停止期間があると、二種免許取得の機会が遅くなります。

また、東京・大阪・神奈川エリアで営業するタクシー会社で働く場合、「地理試験」の合格が必須になることもあります。
東京の場合は、23区・三鷹市・武蔵野市が地理試験の対象エリアです。

そのため、上京してタクシードライバーとして働くときは、タクシー会社の営業場所を考慮するとよいかもしれません。
地理試験なしで働けるタクシー会社のなかから仕事先を探すと、よりスムーズに仕事が始められるからです。

なお、タクシー会社の求人情報を収集するときは、二種免許や地理試験取得に必要なサポートが受けられるところを条件に入れましょう。
研修制度の充実はもちろん、二種免許取得まで日給がもらえる会社に就職できると安心ではないでしょうか。

地域の事情を把握できること

タクシードライバーとして働くためには、その地域の事情を把握することが大切です。
タクシー会社があるエリアの地理に明るいことは言うまでもないでしょう。

また、お客様から遠方までの移動を頼まれることもでてくるため、各方面の最適なルートの把握も欠かせません。
通行止めの場所や、道路が渋滞する時間帯などの情報に触れることで、お客様のスムーズな移動にもつながります。

最寄り駅や病院など、生活圏にある施設の場所も知っておきましょう。
タクシーの利用客には地域の高齢者や子ども連れの人など、いろいろな人がいます。

また、観光客を乗せることもあるかもしれません。
もし、お客様から観光名所やグルメ店などを聞かれたときは、しっかり答えられることが大切です。

東京は、ほかの地域に比べて交通量の多いことが大きな特徴です。
また、複数の車線があり、車線変更に大変な思いをするかもしれません。

テレビニュースなどで都内の道路が映し出されることもあるため、交通事情をイメージできるのではないでしょうか。
そのようななかで、目的地までスムーズに行けるためにも、日頃からルート確認を徹底しておきましょう。

体調管理ができること

どのような仕事をするにも体調管理は大きな課題になります。
体調がよくないと仕事でミスをしてしまい、取引先に迷惑を掛けることも少なくないからです。

もちろん、職場の先輩や同僚への影響も避けられません。また、体を使って仕事をする人は、常に危険と隣り合わせです。
お客様を乗せて走るタクシードライバーは、より重責を担うことを知っておきましょう。

お客様に快適な場を提供するには、接客マナーを心得るのは言うまでもありません。
目的地まで運転してお金をもらうだけでなく、お客様を笑顔にすることが大事なのです。

このような理由から、タクシードライバーにはコミュニケーション好きの人が向いているでしょう。
しかし、いくら話好きの人でも体調が悪いと会話が苦痛になります。
また、運転に集中できないため、事故を起こすリスクも高くなってきます。

タクシードライバーには夜勤もあるため、勤務時間が不規則になりがちです。
そのようななかで、常にベストな状態で仕事をする必要性がでてきます。

心身ともに余裕を持ってハンドルを握ることで、お客様を事故から守ることにもつながります。
そのためには、体調管理に徹することがタクシードライバーに課せられた条件です。
これは、東京に限らず、どこで働く場合にも通じるのではないでしょうか。

無理なく生活できること

転職先によっては引越しや単身赴任が必要なケースもでてきます。
タクシードライバーも例外ではありません。

東京でタクシードライバーとして働く場合、自宅から職場まで近い人は通勤することも可能です。
しかし、通勤による体力の消耗を避けるためには近場へ引っ越したほうがよいでしょう。

ただし、東京は家賃が高いことを考える必要があります。
独身者はワンルームマンションから探せますが、同じ条件の物件でも地方都市よりは高くなります。

東京で無理なく生活するには、少しでも給与のよいタクシー会社を探しましょう。
タクシー業界は歩合制のところが少なくありません。
つまり、営業成績が収入に直結するのです。

もし、仕事で伸び悩む時期が続くと、生活への支障は避けられません。
そうならないためにも、給与保証のあるタクシー会社に就職すると安心です。

なお、タクシードライバーの求人を探すときは、会社情報をきちんと確認することが転職に失敗しないための秘訣です。
そのためには、タクシー会社の求人を扱うサイトの利用も検討しましょう。

東京ならではの事情を把握しよう

タクシードライバーとして東京で働くためには、東京ならではの事情を把握することが大切です。
たとえば、交通量の多さや家賃の高さは、東京にみられる大きな特徴と言えるでしょう。
また、タクシードライバーならではの注意点も見逃せません。

タクシードライバーとしての転職に失敗しないためにも、ここで紹介した秘訣について確認をおすすめします。

最大40万円もの月給保証を最長1年間も行ってくれる東京都内のタクシー会社でタクシー乗務員になるメリットとは

転職して稼げるようになりたいと思っている人はどんな職種を選ぶべきかで悩みがちです。大手企業で働いてきた人ももっと自由に働きたいという気持ちで転職を志すことがよくありますが、年収を維持向上させられるのかという点でためらってしまうこともよくあります。
しかし、東京都内のタクシー会社でタクシー乗務員になれば安心して稼げるようになると期待できるので、その根拠を確認しておきましょう。

タクシー乗務員は基本的には歩合制

転職して稼げる職種は何かと考えたときに、特別にスキルや資格などがなくても大丈夫なものはほとんどないというのは少し考えてみれば明らかでしょう。仮にそのような魅力的な求人があったとしたら、応募が殺到してしまって速やかに募集が終わってしまうからです。
本気で稼げるようになりたいと思ったら努力をすることは欠かせないということは覚えておいた方が良いでしょう。

タクシー乗務員が魅力的なのは歩合制になっていることです。会社によって給与規定には違いがありますが、基本的には売り上げに対して歩合が決まっていて、一定の割合を給与としてもらうことができます。必死に努力して売り上げを伸ばせば、それだけ給与も増やすことができるのです。
成果を出した分だけ稼げるのなら努力できるという人なら高いモチベーションを維持できる仕事と言えるでしょう。
割増料金の夜間などに率先して働くことも可能なので、稼げる仕事をしたいと考えているならうってつけの候補です。

転職直後の収入の悩みを克服できるか

稼げる可能性が高い職種だと知ってタクシー乗務員に興味を持ったものの、転職した途端に収入が減って困ってしまうリスクがあるならやはりやめようと思う人もいるかもしれません。
しかし、東京都内でタクシー乗務員になると安心して働ける環境が整っていることがよくあります。タクシー会社では乗務員の人材確保が大きな課題となっているため、未経験の人を獲得することを目指して制度を整えるようになりました。
未経験入社でも安心できるように月給保証をしているタクシー会社が増えてきています。東京都内では金額では最大40万円、期間では最長1年間もの月給保証を行っているタクシー会社があります。転職直後の収入の悩みはこのような会社を選べば克服できるでしょう。

歩合制の仕事で稼ぎたいと考えると営業職を抱えている企業は大半を候補にできます。しかし、タクシー会社を除くと東京都内では月給保証がある会社は珍しいのが実態です。新しい仕事にチャレンジしたときに、売り上げがなかったとしても当面の収入で困ることはないという例はあまりありません。
タクシー会社の場合には金額もかなり高めに設定されているので、大手企業で働いている人が転職してタクシー乗務員になっても遜色ない給与を受けられるケースも多いでしょう。

未経験入社でも問題ないのは一体なぜか

タクシー乗務員は経験者だけでなく未経験者もよく募集されています。これは人材不足を補うのが目的で、特に東京都や大阪府などの大都市では需要に対して供給が間に合っていないのが現状です。
観光や介護など、目的も多様化が進んでいるため、多様なバックグランドを持っているタクシー乗務員の確保が必要になっています。そのため、勤務体系の自由を与えたり、手厚い研修をしたりすることで多くの人に魅力を感じてもらえるように努力を続けているのです。
未経験入社でも徹底した研修受けてノウハウを身につけ、売り上げを出せるようになってくれれば十分というスタンスで募集が行われています。社会からのニーズに応えるための合理的な対策だと言えるでしょう。

月給保証は比較検討してみよう

東京都内でタクシー乗務員になると月給保証を受けられる可能性は十分にあります。しかし、その有無や内容は会社によって異なるので、どんな保証をしてくれるかはよく比較検討した上で入社する会社を選ぶのが賢明です。金額も期間も個々の会社が独自に設定していて相場が決まっているわけではありません。
また、未経験入社の場合には第2種免許の取得を補助してくれるかどうかも確認しておいた方が賢明です。転職直後のサポートが手厚い会社を選べば、たとえ大手企業からであっても安心して転職できるでしょう。

月給保証が十分にあるタクシー会社を選び出そう

歩合制になっていて必死に働けば稼げる可能性が高いという魅力からタクシー乗務員に転職したいと考えたら月給保証の内容を確認しましょう。
未経験入社でも安心して生活できる程度の保証があるか、ノウハウを習得するのに十分な期間があるかを考えるのが大切です。タクシー会社によって内容が異なるので比較検討してより良い会社を選びましょう。

東京都内でタクシー乗務員としての転職を目指す人が急増!寮完備や住み込みの求人は大人気

地方からの転職組にも人気の職業として知られるのが、タクシー乗務員です。運転免許証さえあれば、仕事に就くことができるという気軽さも、転職先として選ばれる理由といえます。
たくさんのタクシー会社が求人活動をしていますが、転職者に支持されるのは、寮完備や家賃補助などの住まいにかかる費用負担を軽減してくれるところです。詳細について見てみましょう。

転職者の受け入れに積極的

東京都内にタクシー乗務員として働きたいという思いを持って上京してくる人も少なくありません。現状の自分よりも一回りも二回りも成長するためのきっかけとして、タクシー乗務員への転職を目指すという人もいます。
タクシー乗務員の良さは、運転免許証さえ所持していれば、誰にでも務めることができるという点が挙げられます。特別なスキルやテクニック、ノウハウなどは持ち合わせていなくても、その役目を果たすことは可能です。

全くの異業種からの転職や定年退職したシニアの再就職者などが多く活躍するのも、タクシー乗務員の特徴といえるのではないでしょうか。多くの人のポテンシャルを引き出してくれる職業といっても過言ではありません。
従前のような終身雇用や年功序列などの慣習が完全に姿を消すことになった日本では、転職者であっても好意的に受け入れるような体制づくりが徐々に浸透してきました。タクシー会社では、いち早く転職者の積極採用に乗り出してきたことでも有名です。そういう意味では、雇用の受け皿としての役割を果たしてきたといっても良いでしょう。

意外と高額な住まいにかかる費用!寮完備なら安心

東京都内には、数多くのタクシー会社があり、常にタクシー乗務員の募集をしている会社も見られます。少子高齢化の影響もあり、生産労働人口の減少という危機的状況に直面していることも事実です。
慢性化の人手不足に悩むタクシー会社がある一方で、多くの転職希望者から人気を集めるタクシー会社もあります。できる限り多くの応募者を集めるためには、好条件を提示することが必要不可欠です。
そんな中、注目されるのが、寮完備のタクシー会社といえるでしょう。寮や家族寮を完備したり、家賃補助を支給したりすることで、応募者の数が一気に増えるというケースも少なくありません。

地方から上京してタクシー会社に転職や就職をする際には、当然ながら住まいの確保が必要です。都内に親戚などがいる場合を除けば、自ら不動産会社に足を運んで賃貸マンションや賃貸アパートを探す必要があります。
部屋を見つけて住むにあたっては、どんなに少なく見積もったとしても、敷金や礼金、不動産手数料などで10万円前後の費用がかかります。
人によっては、更に引っ越し費用や家具、電化製品などの購入で追加の資金がかかる人もいるのではないでしょうか。これだけの費用を用意するために金融機関から借金をするという人もいます。

重要視される福利厚生面!会社選びのポイント

東京都内に事務所を構えるタクシー会社の中には、寮完備や家賃補助などといった取り組みで、転職者を強力にサポートするところも増えています。
そのようなタクシー会社は「かかる生活費を少しでも抑制したい」という思いを持つ転職希望者にも人気です。
タクシー乗務員への転職を目指す人には、まだまだ若い人はもとより、人生経験豊富な中高年やシニアに至るまでの幅広い世代がいます。当然ながら独身で一人暮らしもいれば、家族を養わなければならないという人もいます。とりわけ、小さな子どもを持つ人にとっては、家族寮があることは極めて大きなメリットといえるのではないでしょうか。
家賃や住宅ローンがないことにより、生活費の負担感は大幅に軽減されます。

転職先選びは慎重に

タクシー乗務員を募る求人情報の中には、「ブランクや未経験者も歓迎」などといった謳い文句も散見されます。このように転職希望者に訴えかけることで、より多くのタクシー乗務員を確保したいというタクシー会社の思惑を読み解くことができます。
一部の転職希望者にはタクシー乗務員以外の働き方を目指せる会社を求めるケースもあります。タクシー会社の業務としては、ドライバー以外にも配車担当や整備士などの職種もありますので、自分に合った働き方を見つけることも可能といえるのではないでしょうか。

タクシー会社への転職を目指すのであれば、高収入や休日が多いなどの条件だけで安易に決めることは避けた方が良いでしょう。さまざまな待遇や条件を総合的に判断することが大事です。残念ながら東京都内で営業するタクシー会社にも、ブラックと呼ばれるような待遇のところも存在します。また、長時間労働や休日出勤などを強要するような会社もあります。
多くの評判や口コミを参考にしながら、より良い転職先を見つけることが何よりも大切です。

やっぱり重要なのは待遇面の良さ

転職先としてタクシー乗務員を目指すなら、少しでも好待遇の会社を探すことが重要です。高収入であるというだけで決めるなどということは決してお勧めすることはできません。大切なのは、将来まで安心して見据えることができるような会社です。寮完備や家賃補助などの待遇面の充実は、従業員への配慮ということができます。

東京都内でタクシー乗務員に転職するなら家賃補助のある会社がおすすめ

タクシー乗務員の仕事は、初心者・未経験者でもしやすい仕事であり、かつ技術や知識次第では大きく稼ぐことができるため、多くの人々に人気があります。しかし、どのタクシー会社へ就職しても、そのように恵まれた環境で働くことができるわけではありません。
東京都内でタクシー会社へ転職する際に見るべき、家賃補助に関して紹介します。

東京都内でタクシー乗務員として働くということ

タクシー乗務員として働くならば、地方で働くよりも断然東京都内をはじめとした都市部で働くことをおすすめします。
タクシー乗務員の仕事は、乗客を目的地まで乗せて運ぶということが主のものであり、当たり前ですが乗客がいなければ始まりません。
その点、東京都内をはじめとした都市部には、地方に比べて多くの人々が活動しています。ビジネス街や繁華街も数多く存在しているため、タクシーを利用する人々が多く、その分稼ぐ機会が多くなり、タクシー乗務員としてよりよく稼ぐことができるといえます。
都心部には大型施設もあり、様々なイベントが開催されます。

地方から来た人々が、それらのイベントの参加のためにタクシーを利用する機会も多いでしょう。
また、東京都ではタクシー会社ごとの工夫だけではなく、タクシー業界で初乗り運賃を安くするなどといった様々な対策を行っており、稼ぐための積極的な行動が見られます。これらのことから、タクシー乗務員に転職するのならば、地方よりも東京都内で勤めることがおすすめです。
しかし、東京都内で働くことは、メリットばかりではありません。東京都内は家賃が高いというデメリットがあります。東京都内に転職したならば、東京都内、あるいは郊外に居を構えなければなりません。

東京都内ではワンルームであっても家賃相場はおよそ8万円から10万円です。地方ならば、ワンルームはおよそ5万円前後なので、場合によっては2倍近い家賃を支払うことになります。
場合によっては家族で引っ越してきてファミリータイプを選ぶ必要があり、家賃につき10万円以上を支払わなければならなくなります。いくらタクシー乗務員として稼いでいても、これは大きな負担となります。そのため、家賃補助などの福利厚生があるタクシー会社をしっかりと選ぶことが重要です。

タクシー乗務員と住宅の充実

単身で東京都内のタクシー会社に転職・就職するならば、環境にこだわらず、家賃ができるだけ安い住宅を選べば家賃に関する問題に悩まされることがないと思う人がいますが、そのようなことはありません。タクシー乗務員は、乗客のためにも、周囲の人々のためにも、安全に運転することが必要であるため、健康管理は重要なことです。
しっかりと休日を休めば、疲れも取れて、しっかりと稼ぐことができるでしょう。休日にしっかりと体を休めることができる環境をそろえておくことは、安全のためにも、かつ効率よく稼ぐためにも必要なことといえます。

また、タクシー乗務員は休日も長い仕事です。タクシー乗務員の勤務形態は様々で、日勤・夜勤のほかに隔日勤務などといったものがあります。
1回の勤務時間が長い代わりに、そのあとの休みも通常のサラリーマンよりも長い時間とれることが多いです。
場合によっては、育児や介護などといった個々の事情に合わせて働き方を選ぶことができる会社もあります。住宅を適当に選んで快適に過ごすことができないと、体をしっかりと休めることができません。これらのことからも、住宅の質を落とすことはなくとも家賃の負担を減らすことができる家賃補助の制度は重要です。

充実した家賃補助

東京都内でタクシー乗務員として転職・就職する際には、家賃補助などの福利厚生が充実している会社を選ぶことがおすすめです。
家賃補助制度が導入されている会社に就職すれば、家賃負担が軽減され、趣味を充実させたり貯蓄したりして、将来の不安の軽減につながります。精神的な余裕が生まれることによっていっそう稼ぐことが可能です。
都内の多くのタクシー会社では、家賃補助制度が実施されていますが、すべての会社で実施されているわけでもなく、どの程度の補助があるのかは会社ごとに異なります。月々数千円程度の家賃補助しかない会社もありますが、業界No.1といわれているタクシー会社では年間24万円の家賃補助があります。

また、家賃補助以外にも福利厚生として、給与保証が設けられている会社もあります。
タクシー乗務員は初心者・未経験者であってもなることができる仕事ではありますが、はじめから稼ぐことができるわけではありません。はじめのうちは研修を受けたり、知識や技術を身に着けることが優先となり、稼ぐことまでいけない人が多いです。
そのような際に給与保証の制度があれば、しっかりと学ぶことができて、将来を見据えて安心して働くことができるようになります。このような様々な福利厚生があれば、都内の家賃が高くても安心して働くことが可能です。

家賃補助以外の住宅手当

住宅に関する福利厚生は家賃補助ばかりではありません。
タクシー会社の中には、都内の不動産会社と契約をして、様々な補助を行っている場合があります。そのような場合、不動産会社から優先的に良い物件を紹介してもらえる契約を結んでいたり、借り上げ寮がある可能性が高いです。
内定が決まった後で入寮することになるので、入寮時期の確認が必要となりますが、家賃は2万円から8万円となり、家賃負担が大幅に軽減されます。
また、自社寮を用意しているタクシー会社もあります。会社で不動産を所有して、従業員に貸し出しているというものです。
従業員を補助するためのものなので、家賃は借り上げ寮よりも安いこともあるほか、会社までの距離が近くて通勤が楽になるといった様々なメリットがあります。
寮というと、独身者向けのものを想像する人が多いですが、家族向けの家族寮を用意している会社もあります。部屋数も面積も広いです。ただし、寮全体の特徴として、部屋数や間取りを自分で決めることができないので注意が必要です。

住宅補助で快適に働く

東京都内で働く際のネックは家賃が高いということです。これらの問題を解決し、家賃負担を減らすために家賃補助や寮を用意しているタクシー会社は数多くあります。
安心して、将来を見据えて働くためにも、これらの福利厚生は非常に重要です。タクシー乗務員に転職する際には、家賃補助などの福利厚生が充実しているかどうかを確認し、快適に働ける環境をそろえてください。

東京でタクシー乗務員への転職を考えている人へノルマの有無など現状について解説

現在東京に住んでいて転職を検討している人で、タクシー乗務員になってみようかと考えている人はいないでしょうか。
募集広告を見ると魅力的な文章が記載されてはいるものの、書かれている文章が本当か不安を感じる部分もあるでしょう。
ここではそういった不安を解消すべく、タクシー乗務員の現状について詳しく解説していきます。

タクシー乗務員は現在人手不足になっている

現在、タクシー業界が抱える問題の1つに人手不足があります。タクシー運転者の数はピーク時であった平成17年の37万人と比べると平成27年には30万人と7万人も少なくなっています。
それに比例して法人のタクシー事業者の数もピーク時と比較するとおよそ10パーセント近く減少していて、個人タクシーも同じく10パーセント程度減少していることから、業界全体の人員が減少してきているといえます。
ところが一方でタクシー乗務員に対しての需要は依然と比べるととても高まっているのです。その理由の1つが外国人観光客の増加です。外国人観光客は毎年増加の一途をたどっており、2011年ごろはおよそ600万人だったのが2016年には2400万人とわずか5年でおよそ4倍の増加になっています。

外国人観光客全員がタクシーを利用するわけではありませんが、やはり旅行をする人はその地域に住んでいる人と比べればタクシーの利用頻度は高くなります。東京ももちろんたくさんの観光スポットがあるため多くの外国人観光客が訪れており、タクシーの需要は高まっています。
乗務員の数が減少しているのにタクシーを利用する人が増えているというのは人手不足に拍車をかけている原因となっていることは間違いありません。こういった現状を解消しようと、タクシー会社は人材確保に試行錯誤を繰り返しています。
必ずしもすベての会社にあてはまるというわけではありませんが、転職をしてタクシー乗務員になれば大歓迎で迎えてくれるでしょう。

タクシー乗務員のメリットは頑張れば頑張った分だけ稼げること

タクシー乗務員になると毎月厳しいノルマを課せられるというのが世間一般のイメージですが、実際にはそれほど厳しいノルマを課せられるようなことはないですし、タクシー会社によっては一切ノルマが存在しないようなところもあります。
理由としてはタクシー乗務員に安全運転を心がけてもらうためだと考えられます。厳しいノルマを課すとどうしてもそのノルマを達成しなければというプレッシャーからか一人でも多くお客さんを乗せようという意識が強くなり、早く目的地にお客さんを届けようとします。
焦りが生じれば安全確認がおろそかになって事故を起こす確率が高まるでしょう。そういった危険を少なくするため厳しいノルマは課さないようにしているのです。

ただし、売上が少なくなれば収入は少なくなるのがタクシー乗務員の現状です。収入をたくさん得たいのであれば人一倍努力しなければいけないとも言えるでしょう。ある意味実力主義の業界であるため、生半可な気持ちで転職はしない方がいいです。
タクシー乗務員を辞めることになった人たちの退職理由で多いのが「拘束時間が長い」「歩合制であること」「サービス業であること」の3つですが、勤務する時間が普通の人と大きく異なるだけで拘束時間に関しては一般のサラリーマンとそれほど変わりありませんし、タクシー業界の利益確保の仕組みを考えれば歩合制であるのは当然でしょう。

またタクシー乗務員は黙って人を目的地にまで連れていけばいいだけの仕事ではありません。お客さんに不快感を与えない適度な距離感での対応や言葉遣いをしなければいけませんし、観光客からは観光情報について聞かれることもあるでしょう。
また周辺の交通情報を常に把握することが目的地へスムーズに乗客を届けることに繋がりますから、地域の情報や周辺道路について日々研究や勉強が必要な職業であるといえます。
安易に転職した人はそういったことを考慮せずにタクシー業界へ入るため、長続きせずすぐに辞めていくことになります。

このように努力が必要な職業ではありますが、努力したらした分だけ稼げるというのがタクシー乗務員の大きなメリットです。働き始めは大変ですが、得意な地区を作って他のタクシー乗務員よりも良質なサービスを提供できれば必ず収入はアップしていくでしょう。

給与保証もあり、休日もちゃんと休める

歩合制とはいえ、最低限の給与保証をしてくれるところがほとんどです。
タクシー会社の給与体系としては歩合の取り分が大きい代わりに基本給が少ない所と取り分の比率が少ない代わりに基本給を高めに設定しているところがあります。就職する際はどちらが自分に適しているかをよく考えるようにしましょう。
そしてタクシー乗務員は夜中の業務が多い代わりに休日はしっかり確保できます。夜勤がメインのタクシー乗務員は一般的なサラリーマンよりもひと月あたりの実働日数は少ないです。

無賃乗車の対処法

タクシー乗務員に常につきまとう悩みが無賃乗車です。無賃乗車の対処法に関しては各タクシー会社で異なります。
タクシー乗務員として勤務していると必ずといっていいほど遭遇するトラブルなので、無賃乗車に遭遇した時の対処法については事前に確認しておいた方が良いでしょう。

タクシー業界は人手不足であり、向上心があればしっかり稼げる仕事

タクシー業界は現在全体的に人手不足でありながら一方で外国人観光客の増加によってその需要は高まっています。
世間一般で言われているような厳しいノルマもないですし、過酷な労働環境ではありません。確かに歩合制なので努力が足りなければ収入は下がりますが、需要が高まっていることもあって頑張れば頑張った分収入に反映しやすい状況になっていると言えるでしょう。

失敗しないタクシードライバー(乗務員・運転手)の転職!東京で将来性のある優良大手会社の探し方

東京には様々なタクシー会社があります。優良大手会社がある一方で、利用者からの評価が低いタクシー会社もあるので注意が必要です。
失敗しない転職をするために、まずは転職に必要な知識を身につけましょう。
ここでは、将来性のある優良なタクシー会社の探し方を紹介していきます。事前にタクシー会社を選ぶポイントを把握して、転職活動をスムーズに進めていきましょう。

タクシー会社のホームページをチェックする

タクシー会社のホームページを見れば、その会社が大企業かどうか、将来性があるかどうかを簡単に把握することができます。
タクシー会社のホームページには、会社の従業員数や保有車両台数が記載されています。大企業であれば、他社よりも多くの従業員を抱えており、保有車両台数も多い傾向にあります。
タクシー会社の売上高にも着目してみましょう。競争が激しい東京で売上高が多い会社というのは、それだけ顧客から信頼されている証しでもあります。そのような会社は、売上が高い優秀なタクシードライバー(乗務員・運転手)を多く抱えているため、会社の将来性も高いと言えます。このような会社に就職することができれば、後悔することもないでしょう。
失敗しない転職をするには、タクシー会社の比較が欠かせません。会社の求人情報に「高給優遇」と書かれていても、実際は他社より待遇が悪い場合もあります。会社の謳い文句だけを見て判断するのではなく、事前に各会社の数字を調べて比較することが大切です。売上高や従業員数などを比較して、どの会社が優れているのか調べておきましょう。

タクシーランクがBランク以上の会社を選ぶ

東京でタクシー会社を探すときは、タクシーランクをチェックしましょう。タクシーランクとは、公益財団法人東京タクシーセンターが東京都内のタクシー会社を対象に行った評価付けランクのことです。100点満点中、61点未満の会社はCランク、61点以上76点未満の会社はBランク、76点以上の会社は優良ランクとなります。
Cランクを付けられたタクシー会社は、接客・サービス、安全・運行管理、経営姿勢の各評価項目において点数が低く、優良会社と言うには程遠い存在だと言えます。このような評価の低い会社は避けて、タクシーランクBランク以上の会社を転職先に選ぶようにしましょう。
タクシーランクは東京タクシーセンターの公式サイトに公開されているため、誰でも簡単にチェックすることができます。優良ランクに選ばれた会社は、専用のタクシー乗り場が設けられるなど何かとメリットが多く、売上が高くなりやすい傾向にあります。優良ランクのタクシー会社に転職できれば、安心して働き続けることができるでしょう。

今まで一度もタクシードライバーとして働いたことがない人は、研修体制が確立している会社に転職しましょう。
未経験のタクシードライバーが東京の道を一から覚えるのは大変です。道を覚えるだけでなく、接客技術なども身につけなければならず、初心者がやることは多岐にわたります。タクシードライバーに必要な知識と技術を身につけるためにも、十分な研修期間がある会社を選びましょう。
タクシードライバーとして働くには、第二種免許が必要になります。免許取得費用を負担してくれたり、研修中に日当を出してくれる会社であれば、未経験者でも安心して働くことができます。
東京には様々なタクシー会社がありますが、研修体制は会社ごとに異なります。研修内容も会社によって異なるので注意が必要です。タクシーの利用客が多いスポットを研修中に教えてくれる会社であれば、初心者でも早い段階で高い売上を出すことができます。各社の研修体制もよく比較してから転職先を選ぶようにしましょう。

設備が十分に整っているかチェックする

転職先を探すときは、会社設備が充実しているかどうかをチェックしておきましょう。1日運転し続けるタクシードライバーは疲労がたまりやすい仕事なので、休憩室や浴場、仮眠室が備えられている会社を選ぶことが大事です。
タクシードライバーがろくに休憩もせずに毎日働き続けると、交通事故を起こす危険性が高まります。そのようなリスクを避けるためにも、設備が十分備えられている会社を選ぶ必要があります。女性の場合は、女性専用の休憩室や更衣室があるかどうかを事前に確認しておきましょう。
車内設備が充実しているかどうかも、転職先を選ぶ際の大事なチェックポイントになります。タクシードライバーとして働いていると、タクシー強盗に遭遇する可能性があります。あらかじめ防犯カメラが備えられていれば安心ですが、会社によって車内設備の充実度は異なるので注意が必要です。
会社設備と車内設備の両方が充実しており、さらに福利厚生も充実している会社であれば、優良会社だと言えるでしょう。

下調べが大事

失敗しない転職をするには、下調べが欠かせません。タクシー会社の研修体制や設備などを調べて、他社と比較してみましょう。複数の会社を比較することによって、客観的な判断ができるようになります。
優良会社を探し出す方法は、決して難しいものではありません。タクシー会社の謳い文句に惑わされず、自分で一から調べるようにしましょう。