東京都内の第二新卒におすすめ!キャリアパスを描いて出世も可能!タクシー乗務員としての転職

東京都内の第二新卒におすすめ!キャリアパスを描いて出世も可能!タクシー乗務員としての転職

第二新卒の転職は難しいと言われていますが、タクシー乗務員としての仕事は非常におすすめです。というのもタクシー乗務員であれば、出世への道も近く、将来的には経営者になれる可能性もあります。そこで今回は第二新卒におすすめのタクシー乗務員の仕事を紹介します。

タクシードライバーなら第二新卒でも転職可能

大変な就職活動を乗り越え入社した会社でも、自分に合わないことで悩みながら働いている人も多いようです。ただ、入社して間もないころに辞めてしまうと、転職活動では不利になると感じる人もいるでしょう。

しかし、若い第二新卒には将来の可能性が大いに秘められているのです。特にタクシー乗務員の仕事は、第二新卒の採用を積極的に行っています。大手タクシー会社においては大卒採用も多く、たくさんの大卒ドライバーが活躍中です。さらにタクシー乗務員は、基本的には個人行動であるため人間関係のわずらわしさを感じることもありません。これまでの会社において、人間関係のトラブルで悩まされていた人にとっては最適な職場であるでしょう。

また、頑張った分だけ稼ぎにつながる仕事でもあります。明確な目標を持ち、それに向かって仕事に取り組むため、常に仕事へのモチベーションが保てます。これまで目標が見つけられずただ言われるままに仕事をこなしていた日々が一転し、充実した毎日が過ごせるでしょう。頑張れば頑張った分だけ給与として評価されますので、高い年収が期待でき、自分の実力も思う存分試せる仕事です。

若いタクシードライバーが人気の秘密

これまでのタクシー業界では年配のドライバーが多く、タクシー乗務員は若者の仕事ではないと思われがちでした。しかし近年タクシー業界では新卒の採用を強化し、若いドライバーを積極的に取り入れています。若いうちから大手タクシー会社に勤務し、しっかりとしたサービス教育を受けた乗務員による接客は顧客満足にもつながっているのです。そういったドライバーは観光ドライバーとしても活躍し、キッズドライバーやケアドライバーなどといった専門的なドライバーとしての地位も確立していきます。自分の専門分野を見いだし、タクシー乗務員としての可能性を広げていけるのです。さらに英語が話せるドライバーであると、外国人観光客にも喜ばれます。若い大卒ドライバーであれば外国語にも堪能な人も多く、活躍できるチャンスが大いにひろがるといえるでしょう。

タクシー乗務員の仕事は多様化し、若いパワ―を必要としています。第二新卒で転職活動を行う人にとっても将来的に可能性の多い仕事であるといえるでしょう。接客業としてしっかりとしたサービスを身につけることで、正しい言葉遣いや振る舞いが身につき、自分磨きにもなる仕事です。

サラリーマンからタクシードライバーになるメリット

サラリーマンは常に雇われる立場であり、上司や雇用主の業務命令に従わなければいけないことも多いでしょう。さらに出世するためには周囲との人間関係を上手く保つ必要があり、ストレスを感じる人もみられます。そのうえ、出世には自分の能力だけでなく運も必要です。勤めている会社によっても将来の待遇が決まることもあり、会社が倒産してしまえば職を失ってしまいます。これまでであれば勤続年数によって上がってた給料も、最近では簡単に上がらなくなってしまっている傾向にもあります。

そんなサラリーマンとタクシー乗務員の大きな違いは、歩合制として働くことで頑張りが給与として評価されることです。年齢給こそはありませんが、どの世代においても頑張り次第で高い年収を得ることができます。そのため20代でも高い年収を得ているドライバーは多く、非常にやりがいがあるといえるでしょう。

また、勤めているタクシー会社の経営がうまくいかなくなったとしても、タクシー乗務員としてのキャリアを活かして他のタクシー会社に転職も可能です。その他にもサラリーマンと比べて休みが多い仕事であるため、趣味などを充実させることもできます。

接客が好きで運転が好きという人であれば、タクシー乗務員としての仕事は、早期の出世の可能性も見いだせます。

将来は経営も視野に入れられる

タクシー乗務員としてタクシー会社に勤務していれば、設備などの面で不安はないでしょう。しかしながら会社に所属しているタクシー乗務員は、利用客の多い東京都内でも年収1000万円を稼ぎ出すのは難しいと言われています。そのため、タクシー乗務員としてさらに可能性を広げたいと考える人は、将来的に経営者として会社の設立を視野に入れるのもいいでしょう。タクシー乗務員への転職は経営者を目指せる環境であるといえます。

タクシー会社に転職し多くの経験を積むことで個人タクシーとして独立することができます。個人タクシーであれば年収1000万円を稼ぎ出すことも可能です。会社を大きくすればさらに多くの収入も手に入るでしょう。それだけでなく経営者として自分の会社を運営できる喜びも得られます。
自分が将来タクシー業界でどのように働きたいのかをしっかりと考え、どのようなスキルや専門性を身につけるべきであるのかをしっかりと考えましょう。明確なキャリアパスを描くことで、経営者として独立する夢が実現しやすくなります。これまでにないユニークなサービスの導入や、安定した長距離の固定客を得るためのアイディアを今のうちから考えておくのもいい方法でしょう。アイディアさえあれば無限の可能性のある職業です。

タクシー乗務員への転職はさまざまなチャンスがあるため、第二新卒の転職先として最適であるといえるでしょう。

タクシードライバーの面接で気をつけること!未経験からの転職

タクシードライバーの面接で気をつけること!未経験からの転職

タクシードライバーは、「お客様を安全かつ快適な運転で迅速に送り届ける」という使命を持っています。

また近距離や遠距離に関わらず、タクシーを気軽にどんどん利用してもらうという、業界としての取り組みもなされています。

近年では、横柄な接客態度や荒っぽい運転といった、旧来のタクシーのイメージからの脱却に努めており、着実に成果を上げてきています。
そのため、「タクシーは、運輸業であり、サービス業でもある」というのが業界内外の常識となっています。

タクシーがサービス業とみなされるということは、単に運転ができれば済むという話ではなく、よりいっそうレベルの高い接客態度が求められることを意味します。採用担当者にとっての面接とは、「安全運転と丁寧な接客をしてもらえるか」を探る場であると言えます。

あいさつで第一印象が決まる

タクシーが接客業である以上、お客様へのあいさつは必須です。特に「ご乗車ありがとうございます」という感謝のお礼を述べることは、タクシードライバーの基本です。

お礼も言わない事務的な接客態度では、お客様に不快感を与えかねません。そのため、面接の際には、「本日は面接の機会をいただき、ありがとうございます」といったお礼をきちんと言える人物かどうかも、採用担当者からチェックされます。

自分の長所と短所を知っておくこと

面接では、ほぼ必ずと言っていいほど、応募者自身の長所や短所について尋ねられます。その際に、ネガティブな人物との印象を与えるのはよろしくありません。

よりレベルの高い接客サービスを目指すうえでは、過度に後ろ向きな性格の人物よりも、明るく前向きな性格の人物を採用したいと企業側は考えます。

ただし物静かな人物が不利で、イケイケドンドンの乗りのいい性格の人物が有利というわけではありません。何事においても、長所と短所は表裏一体です。

たとえば、「慎重な性格」は意思決定が遅くなるなど、とかく短所とみられがちですが、慎重ゆえにしっかりと吟味した状況判断を行えれば、それは長所に化けます。ですので、面接で短所を説明する際には、自覚している短所のみをストレートに伝えるよりも、「短所でもありますが、それを上回る長所でもあります」という切り口で具体的なPRができると、採用担当者に与える印象は違ってきます。

そのためには、日ごろから自分自身の性格を分析し、短所が転じて長所となる具体例を把握しておくことが大切です。
もちろん、長所についても注意が必要です。例えば「堂々とした性格」は長所とされがちですが、度が過ぎると「横柄」「自信過剰」といったマイナスイメージを与えかねないため、短所にもなりえます。長所を述べる場合も、それが欠点になると思われないよう、謙虚さを含ませた説明に努めましょう。

喫煙者も判断基準になっている?

昔はタバコの臭いが当たり前だったタクシーも受動喫煙防止の観点から、現在では全国すべての都道府県で一部タクシーを除いて、全面禁煙が進んでいます。乗客だけでなくドライバーも、タクシーの車内ではタバコを吸えないことになっています。

そのため、ヘビースモーカーのドライバーの場合は、何度も車外に降りてタバコを吸うことになり非効率的ですし、駐停車違反に該当する恐れもあります。

また衣服や呼気がタバコ臭くなることから、乗客から苦情がくる可能性もあります。こういった問題を回避するため、タクシー会社によっては非喫煙ドライバーの積極採用に加え、喫煙ドライバーに対しては禁煙を奨励するケースもみられます。

このような事情から、面接では喫煙の有無を問われる可能性がありますし、そもそも面接の段階でタバコ臭を放っている応募者は、大きなマイナスとなりかねません。
少なくとも自宅を出てから面接が終わるまでは、タバコを控えるようにしましょう。

疑問点をはっきりと書き出しておく

面接の際には必ず、最後に質問に答えてくれる場があります。

求職者から質問をするということは、相手から貴重な時間を奪っていることを自覚しなければいけません。

会社の人間も時間を有効に使って効率的に仕事をこなしていきたいはずです。そのため質問を変に長引かせてしまうと印象を悪くしてしまうことにつながります。自分で調べれば分かることは自分で調べ、どうしても分からないことについてのみ質問するようにした方が良いでしょう。

そのため時間をあまりかけずに質問をするためには、自分が疑問に思っていることについて紙に書き出しておくのがお勧めです。そうしておけば質問をした時にそのままメモとして使うこともできますし、またこちらも効率的に質問をしていくことができます。

質問をしたいけれど緊張によって上手に質問できないこともありますので、紙に書き出して聞きたいことを整理しておくのは非常に効果的です。

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイント

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイント

1.需要の分析ができる

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイントタクシーの営業成績が良い人は、なぜ売り上げが伸びたのか、減ったのかに対して自分で分析して考える力を持っています。例えば、大きなイベントがあるから沢山のお客様を乗せる事が出来た、や人の出入りのある会社の前で待機していたから、等です。日々タクシーの営業で廻る際に、仮説を立ててから運転することが、少しづつ着実に売り上げを伸ばしていくコツです。たとえ仮説がうまくはまらず売り上げが伸びなくても、これは稼げないという結果が分かったことになります。どれだけ考えて「やってみて」データを自分の中に貯めていくかが大切なのだそうです。事前準備として地域に何のイベントがあるか、どんな会社があるかをリサーチするのもスキルのうちです。

2.お客様を見つける集中力

根気のいる事ではありますが、運転している間は歩行者の動きに常に集中する事が大切だそうです。いつ、遠くまで乗ってくれるお客様に出会うかはわかりません。ベテランドライバーになると、手を挙げていないのにさっと近くまで来て乗せることもあるのだそうです。お客様からしてみたら、「何故分かったの?」といったところでしょうが、これは集中力と経験の賜物かもしれません。

3.道路状況の判断ができる

タクシーで売り上げを上げるには、お客様をなるべく早く送り届ける必要があります。早く送り届けた分回転率が上がり、その日の売り上げもアップします。早さを実現するためには、渋滞の少ない道を記憶しておくことに加えて、どのように車をコントロールするのかも大事です。前にゆっくりと走る路線バスやトラックが居るなら車線変更をスムーズに行って回避すると、信号待ちに当たらないように早く走ることができます。ちなみに、都内は信号が多いので信号待ちに度々当たっていると莫大な時間がとられてしまいます。

4.タクシードライバーにもチームワークが役立つ

vete3タクシードライバーの仕事は個人である程度の裁量を持って働く仕事ですが、チームワークを持って助け合いで稼ぐのも有効なのだそうです。ドライバー同士で情報を交換するグループやネットワークを作って、稼げる時間帯や場所の共有をしていることもあるようです。LINEでグループを作ったり、違う時間帯のシフトの人からの情報にも目を通したりして情報を回して個人のレベルアップに活かしているようです。

5.稼ぎたいと思う力、やる気

そもそもの話になりますが、やる気が無いと何も始まりません。やる気のあるドライバーなら、走っている最中も「あのお客様はどうかな」と常にアンテナを張りながら走ります。単にダラダラと走っているだけでは、沢山稼ぐドライバーになることは難しいのではないでしょうか。人の流れは些細な事ですぐに変わります。雨が降ったり季節が変われば、人がいなかったところに急に需要が出たりします。また、イベントのスケジュール等を調べておけば、人の流れはつかみやすくなります。

やる気が高収入に繋がる会社で働くなら

これら、5つのポイントを活かして、高収入を狙うなら、日本交通グループの蔦交通がおすすめです。蔦交通では、業界最高水準の売り上げ還元率で、やる気と頑張りを後押しします。また、葛飾区にある会社なので、浅草エリアやスカイツリー、柴又などにも出やすい環境です。人の流れがつかみやすい環境で、稼げるドライバーを目指してみてくださいね。

給料のいい業界ランキングトップ10

稼げる仕事

給与が高い仕事は実はたくさんあります。
みんなが知っているお仕事や会社はもちろんのこと、「え?あの仕事が!?」と意外性のあるものまであります。

1位 総合商社

■平均年収
1,129万円

■どんな企業があるの?
5大商社と呼ばれる、三菱商事・三井物産・伊藤忠商事・丸紅が総合商社の主要企業。ほかにはトヨタ系大手商社の豊田通商や2003年に日商岩井とニチメンが統合した双日という企業があります。

■一口メモ
20代で年収500~800万円、30代で年収1000万円を超える方が多いようです。ただし高給な業界だけあって、仕事内容も厳しいのも事実です。全国転勤・海外赴任は当たり前の仕事。発展途上国や治安の悪い国にいかなければならない仕事でもありますので、家族がいる場合は家族の理解が必要となるでしょう。英語を使った仕事をしたい人、億単位のお金を動かすダイナミックな仕事がしたい人にはおすすめの業界です。

2位 コンサル

■平均年収
1,063万円

■どんな企業があるの?
日系企業であれば野村総合研究所、船井総合研究所、三菱総合研究所、外資系企業であればGCAサヴィアン、アクセンチュア、デロイトトーマツコンサルティングなどが有名なコンサルティング会社です。

■一口メモ
高給な反面、労働環境は厳しいです。徹夜・週睡眠時間10時間なんてこともざらにあります。業界としては、2008年のリーマンショック後に企業の経費削減のあおりを受け売上が下落しましたが、2010年以降は増加傾向にあります。このように景気に左右される業界であるため、各社海外展開や販路拡大など次の一手を模索している状況です。

3位 メガバンク

■平均年収
1,004万円

■どんな企業があるの?
一般的にメガバンクは、三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行の3社を指します。銀行は合併・統合の歴史を繰り返している業界ですので、今後もメガバンクの名称が変わることがあるかもしれません。

■一口メモ
40歳での年収は1,000万円を超える高給ですが、20代・30代のころからここまで年収が高いかというとそうでもありません。20代で約400~500万円、30代で約500~800万円が相場で、40代になると年収1,000万円以上になる人が多くなります。働いている人もこの業界が年功序列であることを理解しているため、多少の不平不満があっても転職せず、キャリアを着実に積む中で年収が上がるのを待っている方が多いです。年次を重ねるにつれ、年収・役職をこつこつ上げていきたい方にはおすすめの業界です。

4位 生保・損保

■平均年収
948万円

■どんな企業があるの?
・生保企業:日本生命、第一生命、明治安田生命、アフラック、メットライフアリコなど
・損保企業:東京海上日動火災、三井住友海上火災、損保ジャパン日本興亜損保など

■一口メモ
年収の上がり方は日系企業・外資系企業で大きく異なります。日系企業は年収ランキング3位のメガバンクと同様、年次を経るごとに年収も上がっていきます。一方、外資系企業は業績次第で年収が大きく異なります。30代で年収が低い人だと400万円の人もいれば、年収が高い人だと1,500万円を超える人もいます。自分の努力・実績を年収にダイレクトに反映させたい人は外資系企業に進むことをおすすめします。

5位 放送・新聞・出版

■平均年収
906万円

■どんな企業があるの?
・放送:フジテレビ、日本テレビ、TBS、テレビ朝日、テレビ東京など
・新聞:朝日新聞社、読売新聞グループ本社、日本経済新聞社、毎日新聞社など
・出版:KADOKAWA、集英社、講談社、小学館、日経BP社、文藝春秋など

■一口メモ
放送・新聞・出版ともに業界としては、スマホが普及した影響もあり売上が減少傾向で、今後の見通しも厳しい状況です。ではなぜ今も年収が高いのか?それはテレビや新聞からわかるとおり、参入障壁が高い、つまりやろうと思ってすぐにできるビジネスではないからです。そのため競合が少なく、ある程度の利益は確保できるのです。ただ今後も売上減少が続けば年収も下がっていくと予測されます。

6位 通信キャリア

■平均年収
893万円

■どんな企業があるの?
NTTドコモ、KDDIやソフトバンクなどの携帯電話事業者とNTT東日本やNTT西日本などの固定電話・インターネット回線事業者がこの業界に含まれます。

■一口メモ
20代で400~600万円、30代で600~700万円ほどの年収の人が多いです。通信キャリア事業者の年収が高い理由は、5位の放送・新聞・出版と同様、この業界の参入障壁が高く、競合が寡占状態だからです。この寡占状態を政府は問題視しているため、今後新たな事業者が参加することで、売上・年収に変化があるかもしれません。

7位 石油

■平均年収
859万円

■どんな企業があるの?
「エネオス」を展開しているJX日鉱日石エネルギー、出光興産、コスモ石油や昭和シェル石油など

■一口メモ
石油資源は今のペースで使い続けると残り約50年分しかないといわれています。そのためシェールガスや水素など石油に代替する燃料の利用されはじめており、石油業界は右肩下がりの産業だという論調もあります。ただ、現状まだまだ石油が活用され、業績も高いので給料のいい業界といえます。

8位 医薬品

■平均年収
836万円

■どんな企業があるの?
武田薬品、アステラス製薬、第一三共、ファイザー、ノバルティス、メルクなど

■一口メモ
医薬品業界の特徴は
・新薬の製造が許認可制であること
・新薬には特許権があること
が挙げられます。これらにより医薬品業界では莫大な利益をあげ、年収も高く維持しています。

ただ、2010年ごろに大型新薬の特許が続々と切れ、それ以降新薬の開発ペースは低調です。そのため各社生き残りをかけて、合併・統合を繰り返しています。新薬の開発状況によって売上が大きく異なるため、今後新薬をうみだしそうな企業に入ることで高い年収を得ることができる可能性が大きいです。

9位 プラント

■平均年収
784万円

■どんな企業があるの?
日揮、千代田化工建設、東洋エンジニアリング、東芝プラントシステム、粟田工業など

■一口メモ
20代で450万円、30代で550万円ほどの年収の人が多いです。年収は高めですが、年収以外の待遇はいいとはいえません。休みは日曜日のみが当たり前ですし、転勤は日本全国、時には海外に2年間赴任ということもあります。企業によっては転勤のない働き方ができるところもありますので、各社の情報を調べてみてはいかがでしょうか。

10位 映画・アニメ・音楽

■平均年収
764万円

■どんな企業があるの?
・映画:東宝、東映、松竹、ワーナー・ブラザーズ、ソニー・ピクチャーズなど
・アニメ:東映アニメーション、IGポート、サンライズ、シタジオジブリなど
・音楽:ソニー、エイベックス、ユニバーサルミュージック、ワーナーミュージックなど

■一口メモ
この業界の収益はヒット作がでるかどうかに依存しているのが現状です。そのため企業によって売上に大きな開きがあります。各社の過去の実績を確認し、よりヒット作をうみだす可能性の高い企業に入ることで高い年収を得ることができるかもしれません。

また、スマホの台頭により、Youtubeで一部映画やアニメが気軽にみることができるようになったり、ガラケー時代に人気のあった「着うた」が利用されなくなったりと変化の激しい業界です。このような動きに対応できる企業かどうかも、今後売上をあげることができる企業かの見極めポイントですので、各社の動きは要チェックです。

引用先:転職HACKShttps://ten-navi.com/hacks/salary-3437

日本交通のタクシードライバーは、年収790万円を目指せる環境です。

上記のランキングでいくと、8位、9位の位置に入れる好成績を残せます。
タクシードライバーって実は年収が高いんです。稼げる仕事なんです。

日本交通の中でも蔦交通の場合は、浅草やスカイツリーなど観光地へのアクセスが早いため観光需要で稼ぎやすい環境でもあります。

稼げる環境で活躍するチャンスです!

【すぐわかる!】転職の志望動機、例文と作り方

転職の志望動機、考えるときに迷いますよね。空白の履歴書を前に頭を抱えていませんか。人事採用担当者は、中途採用であれば職務経歴書を中心に見た後、志望動機をしっかり確認するという人が多いそうです。今回は、転職における志望動機の書き方や例をご紹介していきます。

転職の志望動機、例文と作り方

志望動機を聞く理由

志望動機を聞く理由は、転職者のその企業に対する認識が正しいものか、この仕事で自己実現できるのか確かめることです。事前にミスマッチを防ぐことも狙いです。たとえ熱意があったとしても、その会社で出来ることと転職者がしたいことが違う場合は辞められてしまったりする可能性があるからです。
また、これは新卒採用にも共通ですが、転職希望者の意欲を確認し、内定を出した後に辞退せずに本当に入社してくれるかを知る狙いがあります。企業のコストを割いているため、もし内定辞退や選考辞退があると、時間もお金も無駄になってしまいます。
新卒の時と違うのは、転職希望者の場合、面接担当者は新卒とは違う目線で志望動機を聞いています。なぜ前職を退職する(した)のか、この会社で働いていける人材なのかを見極めようとしています。できれば、具体的な話を頭に入れておいて、面接の際に話すようにしましょう。

志望動機の例文

志望動機の例文を使って、具体的に志望動機の作り方をご説明していきます。自分で作成してこその志望動機なので、このまま転用して利用するのはやめましょう。

【タクシードライバーの志望動機の例】
私は「選ばれるタクシードライバー」になりたいと思い、タクシードライバーを志望いたしました。以前貴社のタクシーを利用した時、ドライバーさんの接客対応が非常に良く、感動いたしました。これをきっかけに、元々運転が好きだった私は、安全運転だけではなく、お客様にとって快適な空間を提供する仕事がしたいと考えるようになりました。
私は前職で接客業をしておりました。毎日違うお客様とお話をする仕事なので、延べ1000人を超える方とお会いしてきました。前職で培った、初対面のお客様とすぐに打ち解けてお話しができるというスキルをタクシードライバーとして更に磨いて活かしていける考えるため、貴社を志望いたしました。

この例では、タクシードライバーになろうと思ったきっかけ、自分の培ってきた今あるスキルでタクシードライバーに関係があるもの、を中心に構成しています。ポイントは、志望動機でありながらも自己PRの要素を少し交えるというところです。企業側としても、なるべく優秀で自社で活躍してくれる存在が欲しいと考えるため、「私はこんなに~できて、御社にピッタリの人材なんですよ」というメッセージをこめることが大事です。その仕事に必要な要素は何でしょうか。分かりにくい場合は、まずはその洗い出しから始めるのも良いでしょう。
タクシードライバーであれば、安全運転と接客の二軸なので、その要素には触れていくと良い志望動機ができます。
こういった接客業関係の志望動機に意外とありがちなのが、接客ばかりに偏った自己PRや志望動機になってしまう事です。タクシードライバーは接客業ですが、それはまず安全運転あっての事です。公共交通に従事する者として、安全に関する意識は常に高いものである必要があります。安全に対する意識の有無は、面接官によっては合否を左右するポイントにもなります。

志望動機の注意点

前述の例では、志望動機を書面に書く時の物を想定しました。面接などの口語は「御社」、書類では「貴社」と使い分けをしましょう。また志望動機に関する注意点として、以下が挙げられますので注意してみてください。

・「前職の経験が生かせると思いました」「御社の事業内容に興味を感じました」のみの記載
具体的に前職のどのような経験なのか、事業内容のどこに興味を感じたのかを記載しましょう。

・御社でなら、いろいろ学び、成長できると思いました
会社で勝手に成長させてくれるような言い方や書き方は、良くないです。自分でどのように成長したいかを言う方が好印象です。

・会社の将来性。福利厚生にひかれ、志望しました
とても自己中心的な印象になります。会社は、スキルや能力を活かして活躍してくれる人材を求めていますので、待遇が良かったからというような理由の人は避けます。本音がそうだったとしても、そこは言わずに別の角度からの志望動機を考えましょう。

最長で1年間もの期間にわたって月給保証をしてくれるタクシー会社に転職して東京都内のタクシー乗務員として活躍しよう

最長で1年間もの期間にわたって月給保証をしてくれるタクシー会社に転職して東京都内のタクシー乗務員として活躍しよう

転職してからは給与が下がってしまうことはよくあります。
歩合制になっているとしっかり稼げるまで時間がかかりがちで、タクシー乗務員になると歩合制だから収入がほとんどなくなりそうで怖いという人もいます。
しかし、月給保証があれば心配はないのでどんな仕組みになっているのかを確認しておきましょう。

タクシー会社で働くと月給保証を受けられることがある

転職をしようと思っている人にとって、新しい職場でどの程度の収入が得られるのかは大きな問題でしょう。今までよりも稼ぎたい、少なくとも同じ水準で給与が欲しいという人が多いのは確かです。そのような理想的な転職を遂げられる人もいますが、なかなか好待遇の求人が見つからずに苦労する人も多いでしょう。東京都内となるとさらに状況は切実で、好待遇の求人は優秀な人にほとんど取られてしまいがちです。しっかりと稼ぎたいという人にとって魅力的なのが歩合制の仕事で、十分に習熟して売り上げを伸ばせれば年収は飛躍的に上がるでしょう。しかし、歩合制は入社直後にほとんど給料をもらえないこともあり、転職をためらう原因になっています。

その点でタクシー会社には魅力があり、会社によっては充実した月給保証があります。売り上げがどのくらいであっても関係なく、少なくともこの程度は月給を出すという契約をしてくれるのです。いつまでもその月給というわけではなく、入社してから一定期間のみに限定はされますが、十分な能力を身につけるための準備期間があると考えられるでしょう。このような制度があれば安心して転職することができます。

東京都内では稀な好待遇が得られる

東京都内で探してみると歩合制の仕事は他にもあります。しかし、月給保証がある会社は珍しいのが実態で、あったとしてもあまり高い金額設定になっていなかったり、たった1ヶ月程度だったりするのが通例です。ところが、タクシー乗務員として働くと状況が違います。タクシー会社によってどのような月給保証をしているかには違いがありますが、最大40万円もの月給保証をしている会社もあるのです。期間でも長いところなら1年間もの保証をしています。未経験入社でも安心してノウハウを学び、売り上げを出せるようになるような期間があると言えるでしょう。

さらに好待遇な会社の場合にはこの給与保証の期間中に社費で第二種免許の取得をすることもできます。東京都内の入り組んだ交通網を理解したり、観光スポットなどの位置を把握したりできる地理研修も受けられる会社が多くなりました。ただ給与保証によって準備期間があるだけでなく、その期間に必要なことを学べる下地も整っているのは未経験の人にとって大きな魅力でしょう。逆に、安心して働けるようになるためには転職先で受けられる待遇をよく比較吟味することが重要です。

大手を選んでおくと安心

どのタクシー会社でも月給保証をしているわけでもなければ、充実した研修などを行っているわけでもありません。東京都内にはかなりの数のタクシー会社があり、それぞれの会社が入社してきた未経験者に対して違う待遇を整えています。ただ、どのタクシー会社でも乗務員が不足しがちなので求人を出しているでしょう。そして、未経験の人も歓迎するという売り文句になっているのが通例です。ただその言葉に惹かれて決めてしまうのではなく、細かな待遇まで比較してより良い会社を選び出した方が安心です。理想的には実際にタクシー乗務員として働いている人の話も聞いて納得した上で転職した方が良いでしょう。

ただ、そこまで行おうとすると苦労も大きくなりがちです。人によってはすぐにでも転職先を決めたいと考えていることもあるでしょう。悩んだなら大手を選んでおくと安心できます。大手のタクシー会社なら経済的にも余力があり、給与保証を行っていることが多いからです。また、未経験入社の人にも手厚い待遇を出して多くの乗務員を確保し、充実したサービスを世の中に提供できるように心がけています。このような姿勢を持っているので大手の安心感を感じ取ることができるでしょう。

新しいことに東京都内でチャレンジするならタクシー乗務員

未経験のことにチャレンジしたいと思って転職を検討する人は大勢います。しかし、そのときにネックになりやすいのが給与の問題で、転職直後はかなり給料が下がってしまいがちです。職種によってはその後も年収が伸びる保証はなく、いくら努力をしても収入が少ないままになってしまうこともあります。歩合制が標準になっているタクシー乗務員の場合には現場経験を積み、新しい知識をつけることによって着実に売り上げを伸ばすことが可能です。

東京都内ではタクシーの需要が高く、ビジネスでも観光でもよく利用されています。転職して新しいことにチャレンジしたいと思っている人にはうってつけな職業でしょう。自分の成長が給与に直結するのでモチベーションを上げやすいからです。自力で稼げるようになるまでに時間がかかることを考慮して月給保証を充実させているタクシー会社が多くなっています。最初は学ぶことが多くて大変でも、板についてしまえばベテランとして活躍できるようになります。十分な月給を長期にわたって保証してくれる会社を選び、満足できる準備期間を経てタクシー乗務員として活躍できるようになりましょう。

東京都内でタクシー乗務員を希望するなら長く働ける終身雇用で教育制度充実のタクシー会社がおすすめ

東京都内でタクシー乗務員を希望するなら長く働ける終身雇用で教育制度充実のタクシー会社がおすすめ

様々な業種の仕事から転職してタクシーの乗務員を希望する人はけっこう増えています。
タクシードライバーとして働くなら、やはり東京都内がベストでしょう。

また、教育制度も充実し、長く働けるような終身雇用のタクシー会社がおすすめです。

タクシー乗務員の仕事では東京都内は稼ぎやすい地域だと言える

タクシー乗務員として働くには東京都内がベストだという理由は、都道府県の中でも東京はタクシー利用者が多いということです。やはり日本の首都と言われるだけあって人が集まっています。特に企業が集中している地域ではどうしてもタクシーを使わなければ仕事にならないという人もいるわけです。簡単に言ってしまえば、タクシー乗務員の仕事は乗客を探し出してタクシーに乗せるということになりますから、比較的に利用者の多い東京都内では乗客を見つけやすいということが言えるでしょう。タクシー乗務員の仕事であれば東京都内は稼ぎやすい条件が整っています。これからタクシー乗務員へ転職を考えるのであれば稼ぎやすい東京都内がおすすめです。

また、ここ東京都内には実に様々なスタイルで暮らしている人がいます。たとえば、大都市に会社があるサラリーマンたちは仕事で残業などをすれば最終電車に間に合わないことだってあるでしょう。仕事のお客様との打ち合わせに間に合わせるためにタクシーを使うことだってあります。さらにプライベートでもタクシーを使うシチュエーションはあるわけです。言ってしまえば東京都内では昼でも夜でもタクシー利用客は多いということになります。収入面にしても東京都内で働いているタクシードライバーは高いです。これは前述したように比較的に乗客を見つけやすいという好条件な場所だという点が大きいでしょう。確かに大阪や名古屋といった主要都市もありますが、タクシーの利用者の数やタクシードライバーの収入面では東京には及びません。

東京都内のタクシー会社を選ぶときはしっかりとした教育制度があるところが望ましい

タクシー乗務員に転職を考える場合、そこで必要となる資格は普通自動車2種免許です。取得するのはけっこう大変かもしれませんが、この資格を持たなければお客様を車に乗せて走らせることができません。資格を取得するためには教習所などに通うことになります。自費で資格を取ろうとするとかなり厳しいでしょう。たとえば、教育制度充実のタクシー会社に転職すれば、この普通自動車2種免許の取得のための費用を補助、あるいは全額負担してくれるところもあります。

初めてタクシー乗務員の仕事に転職するという場合には、知らないお客様を安全に乗せて走るということにどうしても不安を持つものです。これは仕方のないことなのですが、入社してから乗務員になるまでの十分な研修期間と研修体制さえ用意されていれば安心して入社することができるでしょう。特に東京都内で仕事をするタクシー会社では、この点を最重要課題にしているところも多いです。さらに、どうすれば稼げるのか、という教育を施しているところも決して珍しいことではありません。兎角、タクシードライバーとして稼げるようになるにはそれなりの期間と経験が必要になります。そのフォローは重要です。

キャリアアップが目指せるタクシー会社に転職するという道

タクシー乗務員の仕事というものは、体が元気で運転も確かならば年齢は関係ないと言えます。安全に走ることができるならいつまでもドライバーとして活躍することも決して難しいことではありません。生涯現役で走り続けたいという方もいます。そういう方にはこのタクシー乗務員という仕事は天職になり得るのではないでしょうか。世の中は高齢化社会に突入して久しいですが、年を重ねてもまだまだ働きたいと願う人は本当に多いです。ドライバーとしてキャリアアップを目指したいというのであれば、黒タクシードライバーやハイヤードライバーなどに乗車するというキャリアアップの道もあります。ドライバーという仕事自体を愛する人は、こうした特別なタクシーに乗ることができる喜びも大きいのではないでしょうか。

タクシー乗務員として生涯現役を貫くという考え方もいいですが、タクシー乗務員以外の働き方を目指せるタクシー会社ならばキャリアアップも可能です。そのためにも転職先を選ぶときにはキャリアアップがあるタクシー会社にすることが重要でしょう。注目されているのは運行管理者というものです。いったいどういう仕事なのかと言えば、従業員や売り上げの管理などを始め、事故の処理やお客様からのクレーム処理など幅広い業務となります。運行管理者の他にも人事に関わる仕事に就くことも可能です。こうした人事の仕事はかなり責任もありますから、やりがいという面では大いに期待できるでしょう。

タクシー乗務員でも終身雇用制度で長く働きたいという人が増えている

自分が選んだ仕事や大好きな仕事というのは、やはり生涯現役で働きたいと誰もが思うものです。この高齢化社会の中では特に年を重ねてきた人たちがこうした望みを持って仕事に就いている方が多いです。ですから転職してタクシー乗務員の仕事を選択するときには、この長く働ける終身雇用制度のあるタクシー会社を選ぶことが大事でしょう。これは何もタクシー乗務員の仕事に限ったことではなく、世の中の全ての仕事に対しても言えることです。

タクシー会社以外の多くの企業でも定年の年齢は60歳から65歳前後となっています。タクシー業界でもこれは同じなのですが、タクシー乗務員という仕事は本人の希望次第で再雇用という道も十分に可能です。また、ある程度の高齢になったら車の運転は不安になってしまう、と言う方も少なくありません。タクシードライバーの責任はかなり大きいものになりますから、少しでも運転に不安があれば定年の年を待たずにタクシーの乗務は控えた方が無難です。しかし、だからと言って会社を退社するということではなく、キャリアアップを目指すという選択肢もあります。こうした内勤の仕事でも生涯現役で働くことが可能です。

東京都内でタクシー乗務員に転職するなら家賃補助の出る会社がおすすめ!

taxidriver_tensyoku_yachinhojo

タクシー乗務員は、転職して東京で新しい仕事を見つけたい人におすすめの職業です。
タクシー乗務員というと「仕事が大変そう」「福利厚生がちゃんとしているか心配」と思う人もいるかもしれません。
しかし、多くのタクシー会社は安心して働ける制度が整っています。

タクシー乗務員の働き方

多くの人がタクシーを利用したことがあると思いますが、タクシー乗務員の勤務体系についてご存知でしょうか?日勤のみ、夜勤のみという働き方もありますが、一般的には朝から深夜まで休憩をはさみながら働き、その翌日は一日休むという隔日勤務が多いです。一日の労働時間は長いですが、次の日は必ず休みになるため、月の半分は休むことができます。そのため、プライベートを充実させることも可能です。隔日勤務のリズムに慣れるまでは少し大変かもしれませんが、慣れてしまえば規則的な生活リズムをキープでき、健康管理もしやすいでしょう。

タクシー乗務員として働く上で大切なのは、運転技術とホスピタリティです。とはいっても、転職時に特別なスキルを持っている必要はありません。旅客運送に必要な第二種自動車免許は入社後に取得すればOKで、普通自動車免許を取得してから3年以上経っていればタクシー乗務員に応募することができます。ほとんどはAT車なので、AT限定でも問題ありません。また、ホスピタリティに関しても、接客の経験は必須ではありません。入社後の研修にて接客サービスの心得を学ぶことが可能です。

東京でタクシー乗務員として働くメリット

東京で働くタクシー乗務員は、地方のタクシー乗務員と比較すると稼ぎやすいと言えるでしょう。なぜなら東京は人口がとても多く、タクシーの利用者数が地方より格段に多いからです。特に金曜日の夜や土日・祝日は、飲み会で終電をなくした人たちや遊びに出かけていた人たちが帰りにタクシーをよく利用しています。さらに、近年は海外からの観光客が増えており、さまざまな観光地へのアクセスにタクシーが利用されています。都心では地方よりも車の所有率が低いのも、タクシーの利用者が多い理由のひとつでしょう。

また、東京都23区、武蔵野市、三鷹市のタクシーは2017年1月に初乗り運賃の見直しを行っています。それまでは初乗り2キロで730円でしたが、見直しによって1.052キロで410円になりました。これは、短い距離の「ちょい乗り」でもタクシーを気軽に利用してもらえるようにと講じられた施策です。このように、東京は地方よりタクシーの利用者が多い上に、さらに利用者を増やすための施策も講じています。東京でタクシー乗務員として働けば、安定して多くのお客様を乗せることを期待でき、集中して稼ぐことができるでしょう。

地方から出てきても家賃補助があれば安心

地方から東京に出てきて生活する上で一番の懸念事項は、東京の家賃の高さではないでしょうか。都心は地方に比べて地価が高く、ワンルームでも家賃が10万円を超えるところもあります。いくら東京のタクシー乗務員が稼ぎやすいといっても、稼いだお金が毎月の家賃に消えてしまっては意味がありません。そこでおすすめするのが、家賃補助制度を導入している会社への就職です。現在、多くのタクシー会社で家賃補助制度が導入されています。補助金額は会社によって異なりますが、例えば業界No.1と言われる会社では、年間24万円の家賃補助があるのです。手厚い家賃補助を受けられれば、都内の家賃が高くても安心して生活することができるでしょう。家賃が節約できた分、将来に向けて貯金することもできますし、趣味や旅行などにお金を使うこともできます。

また、家賃補助以外にも、独身寮を完備している会社もあります。独身寮の場合、自分で間取りを選んだり住むエリアを選んだりする自由はありませんが、その分家賃をかなり安く抑えることができるのが魅力と言えます。まだ同居者がいない場合は、独身寮を活用するのもよいでしょう。

未経験者でも安心して働ける仕事

タクシー乗務員は、未経験者でも安心して働ける仕事です。多くの会社は、普通自動車免許さえ持っていれば就職でき、第二種自動車免許については入社後に会社側で費用を負担して取得を支援する仕組みが整っています。自動車教習所の受講費用は高額なので、会社が負担してくれるのはとても助かります。また、東京に慣れておらず地理に詳しくないという人でも大丈夫です。会社が地理の研修をしてくれますし、それでも道がわからない場合はカーナビを使用することも可能となっています。お客様に一言、「このあたりに詳しくないので、カーナビを使ってもいいでしょうか?」と断れば、ほとんどのお客様は許容してくれるでしょう。

また、歩合制なので初めは稼げるか心配な人もいると思いますが、入社してから一定期間は会社が月給を保証してくれるため、慣れるまでの間もしっかり収入を得ることができます。アプリを使用した配車サービスを取り入れている会社もあり、より効率よくお客さんを乗せることができる点も安心です。
地方を出て東京都内で仕事がしたい!という場合には、ぜひタクシー乗務員を検討してみてはいかがでしょうか。

ノルマがきつい職場もある東京でタクシー乗務員への転職で成功するには

ノルマがきつい職場もある東京でタクシー乗務員への転職で成功するには

東京での転職先としてタクシー会社が良いかもしれないと思ったものの、よく考えてみると現場環境が厳しくてきついのではないかと思う人もいるでしょう。
それはあながち嘘ではありませんが、成功するための転職の仕方もあるので確認しておきましょう。

タクシー乗務員はノルマがきついのではないかという懸念

タクシー乗務員に転職すると辛くなりそうだと思ってしまう原因の一つとして挙げられるのが会社からの要求が大きいことです。働き方を考えるとノルマがきついのではないかと懸念する人は多いでしょう。タクシー乗務員の給与は一般的には歩合制になっていて、売り上げの50%から60%程度が給与に加算されます。数字で必ず評価を受けることになるため、一定以上の売り上げを要求されるのではないかと心配するのはもっともなことでしょう。

実際には現場によって状況がかなり違います。大らかな現場の場合には特にノルマの設定はなく、売り上げがなかったら本人の収入が減るだけという場合もあるのです。逆に大きな売り上げがあったときに表彰されるケースもあります。仕事にどれだけエネルギーを費やしたいかによって働き方を変えられる環境が整っている現場もあるので探してみましょう。ただ、どの現場でも大抵は営業目標は定められています。会社としては売り上げを増やして利益を獲得するのは大命題だからです。それをノルマとして課せられず、その数字に到達できるように努力するように促される程度で済む現場もあるのだと考えましょう。

職場環境も辛いのではないかという心配

たとえ制度上はノルマがなくても職場環境が厳しくて辛いのではないかという心配をする人もいます。売り上げが伸び悩んでしまうと上司から罵倒されてしまったり、休憩室でお茶汲みをさせられたりといった形の上下関係が生まれている現場はどの業界でも多かれ少なかれあるでしょう。実力主義の考え方が人間関係にまで浸透していて、利益を生み出している人ほど偉そうにできる現場もないわけではありません。しかし、これも現場による違いが大きいので転職先を厳選すれば問題はないでしょう。

タクシー会社の現場環境は会社の持っている方針によって大きく左右されます。新人も含めて全体でサービスを向上させ、結果として利益が上がるようにしようといった方針を立てている会社なら安心でしょう。逆に個人の活躍を優先し、会社としての利益を得ることを最優先している会社の場合には上下関係が生まれやすくなります。新人としてタクシー会社に所属し、タクシー乗務員の経験がないと最初はほとんど売り上げがないのが通例です。それが原因で上司の嫌がらせを受けるリスクもあるでしょう。しかし、そのような会社を除外して転職先を決めれば大丈夫なのです。

転職先として大手を選ぼう

実際にはどのタクシー会社を選んだら良いのでしょうか。働きやすい職場ができあがっている会社としてまず挙げられるのが大手です。大手になると経済基盤がしっかりとしていることに加え、顧客となる企業との契約もたくさん持っています。知名度も高いので他のタクシー会社に比べて優先して利用してくれる人もいるため、会社としての利益の大きさは中小企業ほどには懸念する必要がありません。そのため、サービスの質を向上させることを重視した方針を立てることができます。

タクシー乗務員にノルマを課すのはストレスをかけることになり、サービスの質を低下させることにつながります。ノルマをなくしてタクシー乗務員に余裕を持たせるのが重要で、売り上げはただ給与に反映させるだけの仕組みにしているケースが多いのです。また、上司からの嫌がらせが発生しないように現場のケアをしている大手も見られるようになりました。個々の乗務員から話を聞くようにしたり、管理職教育を行ったりして現場環境の改善に努めているのが大手では典型的になっています。大手は風通しの良い環境が整っているので安心して働けるでしょう。

東京を舞台に大手のタクシー会社で働く魅力

東京でタクシー乗務員として大手に採用してもらうことができれば想像している以上に働きやすい環境が手に入ると期待できます。転職直後から売り上げを求める必要はなく、一定期間は給与保証をしてもらえる会社もあります。その間に第二種免許を取得したり、地理研修や営業研修などを受けたりする準備を整えることが可能です。東京ではタクシーのニーズが大きいのでベテランになるほど売り上げが増えやすく、歩合制のメリットを生かせます。大手ならハイヤーの依頼も多いので収入が高い水準で安定しやすく、家族も安心しているケースが多いのです。

タクシー会社に転職すると終身雇用で働けるのも魅力です。売り上げを必死に伸ばすには体力も必要ですが、年齢を重ねてもノウハウがあれば可能な範囲で働いて大きな売り上げを上げることが可能です。大手ではキャリアアップを考えてくれることも多く、長年現場で働いてきた人は管理職に昇進させてもらえることもあります。タクシー乗務員として働くのが辛いと感じたとしても、培ってきたキャリアを生かしてタクシー会社に貢献できるでしょう。企画や宣伝など様々な職種が求められているので、将来的には違う働き方をして定年を迎えることも可能なのです。

東京で将来性のあるタクシー会社にタクシードライバー(乗務員・運転手)として失敗しない転職をするためのポイントを知っておこう

東京で将来性のあるタクシー会社にタクシードライバー(乗務員・運転手)として失敗しない転職をするためのポイントを知っておこう

東京では「高給優遇」を謳い文句にしているタクシー会社が多いため、タクシー会社への転職を検討している人が多いことでしょう。
しかし、失敗しない転職をするためには将来性のあるタクシー会社を選ぶことが必要ですので、選ぶポイントを説明します。

大企業であるか

タクシー会社のホームページで会社情報を確認しましょう。従業員数、保有車両台数、売上高に着目することにより、大企業であるかわかります。タクシー会社の競争が激しい東京で、「多数の従業員を雇用している」「車両をたくさん保有している」「売上高が多い」のは、数多くの得意先を抱えているためです。得意先が多いのは、タクシードライバー(乗務員・運転手)の質が高いためです。質が高いタクシードライバーは一朝一夕では育ちませんので、その会社に長い間勤務しているタクシードライバーが多いことが推測されます。すなわち、会社の労働環境の良さに期待できるのです。

そして、会社の売上高が多いのは、売上が高いタクシードライバーが多いからです。それは高い給料を支給されているドライバーの多さに直結しており、会社の将来性の高さが見込めます。加えて、その会社の設立年月日も確認しておくといいでしょう。設立年月日が古く、歴史ある企業であれば、他のタクシー会社との競争を勝ち抜いてきた証明になります。「高級優遇」という謳い文句にだけ惹かれてタクシー会社に就職すると、「こんなはずではなかった。」と後悔することになりかねません。失敗しない転職をするために、実際に数字の裏付けがあるかを事前にしっかり確認しておきましょう。

福利厚生が充実しているか

タクシードライバーは、一旦勤務が開始すると勤務終了までの時間が長いため、疲労がたまりやすい職業です。疲労のために交通違反を犯したり、交通事故を起こしたりすることがあるかもしれません。また、客を装った悪人がタクシー強盗を働いたというニュースがたまに見られるように、危険な目に合う可能性もある職業です。そこで、タクシードライバーのための福利厚生として、会社と車両の設備が十分備えられていることと、交通違反や交通事故への対処がしっかりしていることを確認しておきましょう。

会社設備としては、「休憩室」「浴場」「仮眠室」「食堂」「ガソリンスタンド」「洗車機」といった設備があるかどうかを確認します。女性の場合は、「託児所」「更衣室」「女性専用の休憩室」があるかどうかも確認しておきましょう。車内設備としては、「カーナビ」「防犯カメラ」が備え付けられているかがポイントです。また、交通違反や交通事故の際の事故補償制度の有無も確認しておきましょう。事故補償制度があったとしても、全額補償なのか補償金額に上限があるのかは会社によって異なりますので、詳細は会社に確認が必要です。これらの設備や補償制度があれば、会社がタクシードライバーを大切にしていることがわかります。

タクシーランクがBランク以上であるか

タクシーランクとは、公益財団法人東京タクシーセンターが都内のタクシー会社に対して評価付けしたランクのことです。接客・サービスを50点、安全・運行管理を30点、経営姿勢を20点とした100点満点で評価を行い、バリアフリー対応や環境美化運動といった要素が評価されれば加点される仕組みです。76点以上が優良ランク、61点以上76点未満がBランク、61点未満がCランクとなります。評価付けは毎年行われており、優良ランクになったタクシー会社名と、2年以上連続してCランクとなったタクシー会社は、社名が東京タクシーセンターのホームページ上で公表されます。

優良ランクと評価されたタクシー会社の保有するタクシーには優良であることを示すシールをフロントガラスの内側やダッシュボードといった利用者に見えやすい箇所に貼ることができます。また、優良ランクのタクシー会社だけが乗り入れることのできる専用のタクシー乗り場が設けられていますので、利用者は安心して乗車することができ、売上が高くなりやすいというメリットがあります。一方で、Cランクの会社は、各評価項目の評価が低いため、利用者にとっては敬遠したいタクシー会社になります。転職先としては、少なくともタクシーランクBタンク以上の会社を選ぶようにしましょう。

研修体制が確立しているか

東京の道は複雑に入り組んでいます。初めてタクシードライバーになる人や、これまでタクシードライバーをしていたとしてもそれが他府県だった人には道を覚えるのは大変です。また、初めてタクシードライバーになる人にとっては道を覚えるだけでなく、利用者に対する接客技術を身に付けることが必要です。それらに加えて、高齢者向けの介護タクシー、観光客向けの観光タクシー、妊婦向けの陣痛タクシーといった特別なサービスを行っているタクシー会社では、それらのサービスに対応した知識と技術も必要になります。こういった諸々の知識や技術を身につけるための研修期間を十分設けていることを確認しておきましょう。

ただ、知識や技術を身に付けたとしても、利用者が少なければ売上を高くすることができません。そのため、利用者が多いスポットや売上単価が高い利用者が多いスポットを研修期間中に教えてもらえることも重要な要素です。それらに加えて、タクシーの運転に必要な第二種免許取得費用や研修期間中の日当を負担してくれる会社はドライバーを大切にしてくれる会社ですので、研修体制の内容と一緒に確認しておきましょう。