最大40万円もの月給保証を最長1年間も行ってくれる東京都内のタクシー会社でタクシー乗務員になるメリットとは

転職して稼げるようになりたいと思っている人はどんな職種を選ぶべきかで悩みがちです。大手企業で働いてきた人ももっと自由に働きたいという気持ちで転職を志すことがよくありますが、年収を維持向上させられるのかという点でためらってしまうこともよくあります。
しかし、東京都内のタクシー会社でタクシー乗務員になれば安心して稼げるようになると期待できるので、その根拠を確認しておきましょう。

タクシー乗務員は基本的には歩合制

転職して稼げる職種は何かと考えたときに、特別にスキルや資格などがなくても大丈夫なものはほとんどないというのは少し考えてみれば明らかでしょう。仮にそのような魅力的な求人があったとしたら、応募が殺到してしまって速やかに募集が終わってしまうからです。
本気で稼げるようになりたいと思ったら努力をすることは欠かせないということは覚えておいた方が良いでしょう。

タクシー乗務員が魅力的なのは歩合制になっていることです。会社によって給与規定には違いがありますが、基本的には売り上げに対して歩合が決まっていて、一定の割合を給与としてもらうことができます。必死に努力して売り上げを伸ばせば、それだけ給与も増やすことができるのです。
成果を出した分だけ稼げるのなら努力できるという人なら高いモチベーションを維持できる仕事と言えるでしょう。
割増料金の夜間などに率先して働くことも可能なので、稼げる仕事をしたいと考えているならうってつけの候補です。

転職直後の収入の悩みを克服できるか

稼げる可能性が高い職種だと知ってタクシー乗務員に興味を持ったものの、転職した途端に収入が減って困ってしまうリスクがあるならやはりやめようと思う人もいるかもしれません。
しかし、東京都内でタクシー乗務員になると安心して働ける環境が整っていることがよくあります。タクシー会社では乗務員の人材確保が大きな課題となっているため、未経験の人を獲得することを目指して制度を整えるようになりました。
未経験入社でも安心できるように月給保証をしているタクシー会社が増えてきています。東京都内では金額では最大40万円、期間では最長1年間もの月給保証を行っているタクシー会社があります。転職直後の収入の悩みはこのような会社を選べば克服できるでしょう。

歩合制の仕事で稼ぎたいと考えると営業職を抱えている企業は大半を候補にできます。しかし、タクシー会社を除くと東京都内では月給保証がある会社は珍しいのが実態です。新しい仕事にチャレンジしたときに、売り上げがなかったとしても当面の収入で困ることはないという例はあまりありません。
タクシー会社の場合には金額もかなり高めに設定されているので、大手企業で働いている人が転職してタクシー乗務員になっても遜色ない給与を受けられるケースも多いでしょう。

未経験入社でも問題ないのは一体なぜか

タクシー乗務員は経験者だけでなく未経験者もよく募集されています。これは人材不足を補うのが目的で、特に東京都や大阪府などの大都市では需要に対して供給が間に合っていないのが現状です。
観光や介護など、目的も多様化が進んでいるため、多様なバックグランドを持っているタクシー乗務員の確保が必要になっています。そのため、勤務体系の自由を与えたり、手厚い研修をしたりすることで多くの人に魅力を感じてもらえるように努力を続けているのです。
未経験入社でも徹底した研修受けてノウハウを身につけ、売り上げを出せるようになってくれれば十分というスタンスで募集が行われています。社会からのニーズに応えるための合理的な対策だと言えるでしょう。

月給保証は比較検討してみよう

東京都内でタクシー乗務員になると月給保証を受けられる可能性は十分にあります。しかし、その有無や内容は会社によって異なるので、どんな保証をしてくれるかはよく比較検討した上で入社する会社を選ぶのが賢明です。金額も期間も個々の会社が独自に設定していて相場が決まっているわけではありません。
また、未経験入社の場合には第2種免許の取得を補助してくれるかどうかも確認しておいた方が賢明です。転職直後のサポートが手厚い会社を選べば、たとえ大手企業からであっても安心して転職できるでしょう。

月給保証が十分にあるタクシー会社を選び出そう

歩合制になっていて必死に働けば稼げる可能性が高いという魅力からタクシー乗務員に転職したいと考えたら月給保証の内容を確認しましょう。
未経験入社でも安心して生活できる程度の保証があるか、ノウハウを習得するのに十分な期間があるかを考えるのが大切です。タクシー会社によって内容が異なるので比較検討してより良い会社を選びましょう。

東京都内でタクシー乗務員としての転職を目指す人が急増!寮完備や住み込みの求人は大人気

地方からの転職組にも人気の職業として知られるのが、タクシー乗務員です。運転免許証さえあれば、仕事に就くことができるという気軽さも、転職先として選ばれる理由といえます。
たくさんのタクシー会社が求人活動をしていますが、転職者に支持されるのは、寮完備や家賃補助などの住まいにかかる費用負担を軽減してくれるところです。詳細について見てみましょう。

転職者の受け入れに積極的

東京都内にタクシー乗務員として働きたいという思いを持って上京してくる人も少なくありません。現状の自分よりも一回りも二回りも成長するためのきっかけとして、タクシー乗務員への転職を目指すという人もいます。
タクシー乗務員の良さは、運転免許証さえ所持していれば、誰にでも務めることができるという点が挙げられます。特別なスキルやテクニック、ノウハウなどは持ち合わせていなくても、その役目を果たすことは可能です。

全くの異業種からの転職や定年退職したシニアの再就職者などが多く活躍するのも、タクシー乗務員の特徴といえるのではないでしょうか。多くの人のポテンシャルを引き出してくれる職業といっても過言ではありません。
従前のような終身雇用や年功序列などの慣習が完全に姿を消すことになった日本では、転職者であっても好意的に受け入れるような体制づくりが徐々に浸透してきました。タクシー会社では、いち早く転職者の積極採用に乗り出してきたことでも有名です。そういう意味では、雇用の受け皿としての役割を果たしてきたといっても良いでしょう。

意外と高額な住まいにかかる費用!寮完備なら安心

東京都内には、数多くのタクシー会社があり、常にタクシー乗務員の募集をしている会社も見られます。少子高齢化の影響もあり、生産労働人口の減少という危機的状況に直面していることも事実です。
慢性化の人手不足に悩むタクシー会社がある一方で、多くの転職希望者から人気を集めるタクシー会社もあります。できる限り多くの応募者を集めるためには、好条件を提示することが必要不可欠です。
そんな中、注目されるのが、寮完備のタクシー会社といえるでしょう。寮や家族寮を完備したり、家賃補助を支給したりすることで、応募者の数が一気に増えるというケースも少なくありません。

地方から上京してタクシー会社に転職や就職をする際には、当然ながら住まいの確保が必要です。都内に親戚などがいる場合を除けば、自ら不動産会社に足を運んで賃貸マンションや賃貸アパートを探す必要があります。
部屋を見つけて住むにあたっては、どんなに少なく見積もったとしても、敷金や礼金、不動産手数料などで10万円前後の費用がかかります。
人によっては、更に引っ越し費用や家具、電化製品などの購入で追加の資金がかかる人もいるのではないでしょうか。これだけの費用を用意するために金融機関から借金をするという人もいます。

重要視される福利厚生面!会社選びのポイント

東京都内に事務所を構えるタクシー会社の中には、寮完備や家賃補助などといった取り組みで、転職者を強力にサポートするところも増えています。
そのようなタクシー会社は「かかる生活費を少しでも抑制したい」という思いを持つ転職希望者にも人気です。
タクシー乗務員への転職を目指す人には、まだまだ若い人はもとより、人生経験豊富な中高年やシニアに至るまでの幅広い世代がいます。当然ながら独身で一人暮らしもいれば、家族を養わなければならないという人もいます。とりわけ、小さな子どもを持つ人にとっては、家族寮があることは極めて大きなメリットといえるのではないでしょうか。
家賃や住宅ローンがないことにより、生活費の負担感は大幅に軽減されます。

転職先選びは慎重に

タクシー乗務員を募る求人情報の中には、「ブランクや未経験者も歓迎」などといった謳い文句も散見されます。このように転職希望者に訴えかけることで、より多くのタクシー乗務員を確保したいというタクシー会社の思惑を読み解くことができます。
一部の転職希望者にはタクシー乗務員以外の働き方を目指せる会社を求めるケースもあります。タクシー会社の業務としては、ドライバー以外にも配車担当や整備士などの職種もありますので、自分に合った働き方を見つけることも可能といえるのではないでしょうか。

タクシー会社への転職を目指すのであれば、高収入や休日が多いなどの条件だけで安易に決めることは避けた方が良いでしょう。さまざまな待遇や条件を総合的に判断することが大事です。残念ながら東京都内で営業するタクシー会社にも、ブラックと呼ばれるような待遇のところも存在します。また、長時間労働や休日出勤などを強要するような会社もあります。
多くの評判や口コミを参考にしながら、より良い転職先を見つけることが何よりも大切です。

やっぱり重要なのは待遇面の良さ

転職先としてタクシー乗務員を目指すなら、少しでも好待遇の会社を探すことが重要です。高収入であるというだけで決めるなどということは決してお勧めすることはできません。大切なのは、将来まで安心して見据えることができるような会社です。寮完備や家賃補助などの待遇面の充実は、従業員への配慮ということができます。

東京都内でタクシー乗務員に転職するなら家賃補助のある会社がおすすめ

タクシー乗務員の仕事は、初心者・未経験者でもしやすい仕事であり、かつ技術や知識次第では大きく稼ぐことができるため、多くの人々に人気があります。しかし、どのタクシー会社へ就職しても、そのように恵まれた環境で働くことができるわけではありません。
東京都内でタクシー会社へ転職する際に見るべき、家賃補助に関して紹介します。

東京都内でタクシー乗務員として働くということ

タクシー乗務員として働くならば、地方で働くよりも断然東京都内をはじめとした都市部で働くことをおすすめします。
タクシー乗務員の仕事は、乗客を目的地まで乗せて運ぶということが主のものであり、当たり前ですが乗客がいなければ始まりません。
その点、東京都内をはじめとした都市部には、地方に比べて多くの人々が活動しています。ビジネス街や繁華街も数多く存在しているため、タクシーを利用する人々が多く、その分稼ぐ機会が多くなり、タクシー乗務員としてよりよく稼ぐことができるといえます。
都心部には大型施設もあり、様々なイベントが開催されます。

地方から来た人々が、それらのイベントの参加のためにタクシーを利用する機会も多いでしょう。
また、東京都ではタクシー会社ごとの工夫だけではなく、タクシー業界で初乗り運賃を安くするなどといった様々な対策を行っており、稼ぐための積極的な行動が見られます。これらのことから、タクシー乗務員に転職するのならば、地方よりも東京都内で勤めることがおすすめです。
しかし、東京都内で働くことは、メリットばかりではありません。東京都内は家賃が高いというデメリットがあります。東京都内に転職したならば、東京都内、あるいは郊外に居を構えなければなりません。

東京都内ではワンルームであっても家賃相場はおよそ8万円から10万円です。地方ならば、ワンルームはおよそ5万円前後なので、場合によっては2倍近い家賃を支払うことになります。
場合によっては家族で引っ越してきてファミリータイプを選ぶ必要があり、家賃につき10万円以上を支払わなければならなくなります。いくらタクシー乗務員として稼いでいても、これは大きな負担となります。そのため、家賃補助などの福利厚生があるタクシー会社をしっかりと選ぶことが重要です。

タクシー乗務員と住宅の充実

単身で東京都内のタクシー会社に転職・就職するならば、環境にこだわらず、家賃ができるだけ安い住宅を選べば家賃に関する問題に悩まされることがないと思う人がいますが、そのようなことはありません。タクシー乗務員は、乗客のためにも、周囲の人々のためにも、安全に運転することが必要であるため、健康管理は重要なことです。
しっかりと休日を休めば、疲れも取れて、しっかりと稼ぐことができるでしょう。休日にしっかりと体を休めることができる環境をそろえておくことは、安全のためにも、かつ効率よく稼ぐためにも必要なことといえます。

また、タクシー乗務員は休日も長い仕事です。タクシー乗務員の勤務形態は様々で、日勤・夜勤のほかに隔日勤務などといったものがあります。
1回の勤務時間が長い代わりに、そのあとの休みも通常のサラリーマンよりも長い時間とれることが多いです。
場合によっては、育児や介護などといった個々の事情に合わせて働き方を選ぶことができる会社もあります。住宅を適当に選んで快適に過ごすことができないと、体をしっかりと休めることができません。これらのことからも、住宅の質を落とすことはなくとも家賃の負担を減らすことができる家賃補助の制度は重要です。

充実した家賃補助

東京都内でタクシー乗務員として転職・就職する際には、家賃補助などの福利厚生が充実している会社を選ぶことがおすすめです。
家賃補助制度が導入されている会社に就職すれば、家賃負担が軽減され、趣味を充実させたり貯蓄したりして、将来の不安の軽減につながります。精神的な余裕が生まれることによっていっそう稼ぐことが可能です。
都内の多くのタクシー会社では、家賃補助制度が実施されていますが、すべての会社で実施されているわけでもなく、どの程度の補助があるのかは会社ごとに異なります。月々数千円程度の家賃補助しかない会社もありますが、業界No.1といわれているタクシー会社では年間24万円の家賃補助があります。

また、家賃補助以外にも福利厚生として、給与保証が設けられている会社もあります。
タクシー乗務員は初心者・未経験者であってもなることができる仕事ではありますが、はじめから稼ぐことができるわけではありません。はじめのうちは研修を受けたり、知識や技術を身に着けることが優先となり、稼ぐことまでいけない人が多いです。
そのような際に給与保証の制度があれば、しっかりと学ぶことができて、将来を見据えて安心して働くことができるようになります。このような様々な福利厚生があれば、都内の家賃が高くても安心して働くことが可能です。

家賃補助以外の住宅手当

住宅に関する福利厚生は家賃補助ばかりではありません。
タクシー会社の中には、都内の不動産会社と契約をして、様々な補助を行っている場合があります。そのような場合、不動産会社から優先的に良い物件を紹介してもらえる契約を結んでいたり、借り上げ寮がある可能性が高いです。
内定が決まった後で入寮することになるので、入寮時期の確認が必要となりますが、家賃は2万円から8万円となり、家賃負担が大幅に軽減されます。
また、自社寮を用意しているタクシー会社もあります。会社で不動産を所有して、従業員に貸し出しているというものです。
従業員を補助するためのものなので、家賃は借り上げ寮よりも安いこともあるほか、会社までの距離が近くて通勤が楽になるといった様々なメリットがあります。
寮というと、独身者向けのものを想像する人が多いですが、家族向けの家族寮を用意している会社もあります。部屋数も面積も広いです。ただし、寮全体の特徴として、部屋数や間取りを自分で決めることができないので注意が必要です。

住宅補助で快適に働く

東京都内で働く際のネックは家賃が高いということです。これらの問題を解決し、家賃負担を減らすために家賃補助や寮を用意しているタクシー会社は数多くあります。
安心して、将来を見据えて働くためにも、これらの福利厚生は非常に重要です。タクシー乗務員に転職する際には、家賃補助などの福利厚生が充実しているかどうかを確認し、快適に働ける環境をそろえてください。

東京でタクシー乗務員への転職を考えている人へノルマの有無など現状について解説

現在東京に住んでいて転職を検討している人で、タクシー乗務員になってみようかと考えている人はいないでしょうか。
募集広告を見ると魅力的な文章が記載されてはいるものの、書かれている文章が本当か不安を感じる部分もあるでしょう。
ここではそういった不安を解消すべく、タクシー乗務員の現状について詳しく解説していきます。

タクシー乗務員は現在人手不足になっている

現在、タクシー業界が抱える問題の1つに人手不足があります。タクシー運転者の数はピーク時であった平成17年の37万人と比べると平成27年には30万人と7万人も少なくなっています。
それに比例して法人のタクシー事業者の数もピーク時と比較するとおよそ10パーセント近く減少していて、個人タクシーも同じく10パーセント程度減少していることから、業界全体の人員が減少してきているといえます。
ところが一方でタクシー乗務員に対しての需要は依然と比べるととても高まっているのです。その理由の1つが外国人観光客の増加です。外国人観光客は毎年増加の一途をたどっており、2011年ごろはおよそ600万人だったのが2016年には2400万人とわずか5年でおよそ4倍の増加になっています。

外国人観光客全員がタクシーを利用するわけではありませんが、やはり旅行をする人はその地域に住んでいる人と比べればタクシーの利用頻度は高くなります。東京ももちろんたくさんの観光スポットがあるため多くの外国人観光客が訪れており、タクシーの需要は高まっています。
乗務員の数が減少しているのにタクシーを利用する人が増えているというのは人手不足に拍車をかけている原因となっていることは間違いありません。こういった現状を解消しようと、タクシー会社は人材確保に試行錯誤を繰り返しています。
必ずしもすベての会社にあてはまるというわけではありませんが、転職をしてタクシー乗務員になれば大歓迎で迎えてくれるでしょう。

タクシー乗務員のメリットは頑張れば頑張った分だけ稼げること

タクシー乗務員になると毎月厳しいノルマを課せられるというのが世間一般のイメージですが、実際にはそれほど厳しいノルマを課せられるようなことはないですし、タクシー会社によっては一切ノルマが存在しないようなところもあります。
理由としてはタクシー乗務員に安全運転を心がけてもらうためだと考えられます。厳しいノルマを課すとどうしてもそのノルマを達成しなければというプレッシャーからか一人でも多くお客さんを乗せようという意識が強くなり、早く目的地にお客さんを届けようとします。
焦りが生じれば安全確認がおろそかになって事故を起こす確率が高まるでしょう。そういった危険を少なくするため厳しいノルマは課さないようにしているのです。

ただし、売上が少なくなれば収入は少なくなるのがタクシー乗務員の現状です。収入をたくさん得たいのであれば人一倍努力しなければいけないとも言えるでしょう。ある意味実力主義の業界であるため、生半可な気持ちで転職はしない方がいいです。
タクシー乗務員を辞めることになった人たちの退職理由で多いのが「拘束時間が長い」「歩合制であること」「サービス業であること」の3つですが、勤務する時間が普通の人と大きく異なるだけで拘束時間に関しては一般のサラリーマンとそれほど変わりありませんし、タクシー業界の利益確保の仕組みを考えれば歩合制であるのは当然でしょう。

またタクシー乗務員は黙って人を目的地にまで連れていけばいいだけの仕事ではありません。お客さんに不快感を与えない適度な距離感での対応や言葉遣いをしなければいけませんし、観光客からは観光情報について聞かれることもあるでしょう。
また周辺の交通情報を常に把握することが目的地へスムーズに乗客を届けることに繋がりますから、地域の情報や周辺道路について日々研究や勉強が必要な職業であるといえます。
安易に転職した人はそういったことを考慮せずにタクシー業界へ入るため、長続きせずすぐに辞めていくことになります。

このように努力が必要な職業ではありますが、努力したらした分だけ稼げるというのがタクシー乗務員の大きなメリットです。働き始めは大変ですが、得意な地区を作って他のタクシー乗務員よりも良質なサービスを提供できれば必ず収入はアップしていくでしょう。

給与保証もあり、休日もちゃんと休める

歩合制とはいえ、最低限の給与保証をしてくれるところがほとんどです。
タクシー会社の給与体系としては歩合の取り分が大きい代わりに基本給が少ない所と取り分の比率が少ない代わりに基本給を高めに設定しているところがあります。就職する際はどちらが自分に適しているかをよく考えるようにしましょう。
そしてタクシー乗務員は夜中の業務が多い代わりに休日はしっかり確保できます。夜勤がメインのタクシー乗務員は一般的なサラリーマンよりもひと月あたりの実働日数は少ないです。

無賃乗車の対処法

タクシー乗務員に常につきまとう悩みが無賃乗車です。無賃乗車の対処法に関しては各タクシー会社で異なります。
タクシー乗務員として勤務していると必ずといっていいほど遭遇するトラブルなので、無賃乗車に遭遇した時の対処法については事前に確認しておいた方が良いでしょう。

タクシー業界は人手不足であり、向上心があればしっかり稼げる仕事

タクシー業界は現在全体的に人手不足でありながら一方で外国人観光客の増加によってその需要は高まっています。
世間一般で言われているような厳しいノルマもないですし、過酷な労働環境ではありません。確かに歩合制なので努力が足りなければ収入は下がりますが、需要が高まっていることもあって頑張れば頑張った分収入に反映しやすい状況になっていると言えるでしょう。

失敗しないタクシードライバー(乗務員・運転手)の転職!東京で将来性のある優良大手会社の探し方

東京には様々なタクシー会社があります。優良大手会社がある一方で、利用者からの評価が低いタクシー会社もあるので注意が必要です。
失敗しない転職をするために、まずは転職に必要な知識を身につけましょう。
ここでは、将来性のある優良なタクシー会社の探し方を紹介していきます。事前にタクシー会社を選ぶポイントを把握して、転職活動をスムーズに進めていきましょう。

タクシー会社のホームページをチェックする

タクシー会社のホームページを見れば、その会社が大企業かどうか、将来性があるかどうかを簡単に把握することができます。
タクシー会社のホームページには、会社の従業員数や保有車両台数が記載されています。大企業であれば、他社よりも多くの従業員を抱えており、保有車両台数も多い傾向にあります。
タクシー会社の売上高にも着目してみましょう。競争が激しい東京で売上高が多い会社というのは、それだけ顧客から信頼されている証しでもあります。そのような会社は、売上が高い優秀なタクシードライバー(乗務員・運転手)を多く抱えているため、会社の将来性も高いと言えます。このような会社に就職することができれば、後悔することもないでしょう。
失敗しない転職をするには、タクシー会社の比較が欠かせません。会社の求人情報に「高給優遇」と書かれていても、実際は他社より待遇が悪い場合もあります。会社の謳い文句だけを見て判断するのではなく、事前に各会社の数字を調べて比較することが大切です。売上高や従業員数などを比較して、どの会社が優れているのか調べておきましょう。

タクシーランクがBランク以上の会社を選ぶ

東京でタクシー会社を探すときは、タクシーランクをチェックしましょう。タクシーランクとは、公益財団法人東京タクシーセンターが東京都内のタクシー会社を対象に行った評価付けランクのことです。100点満点中、61点未満の会社はCランク、61点以上76点未満の会社はBランク、76点以上の会社は優良ランクとなります。
Cランクを付けられたタクシー会社は、接客・サービス、安全・運行管理、経営姿勢の各評価項目において点数が低く、優良会社と言うには程遠い存在だと言えます。このような評価の低い会社は避けて、タクシーランクBランク以上の会社を転職先に選ぶようにしましょう。
タクシーランクは東京タクシーセンターの公式サイトに公開されているため、誰でも簡単にチェックすることができます。優良ランクに選ばれた会社は、専用のタクシー乗り場が設けられるなど何かとメリットが多く、売上が高くなりやすい傾向にあります。優良ランクのタクシー会社に転職できれば、安心して働き続けることができるでしょう。

今まで一度もタクシードライバーとして働いたことがない人は、研修体制が確立している会社に転職しましょう。
未経験のタクシードライバーが東京の道を一から覚えるのは大変です。道を覚えるだけでなく、接客技術なども身につけなければならず、初心者がやることは多岐にわたります。タクシードライバーに必要な知識と技術を身につけるためにも、十分な研修期間がある会社を選びましょう。
タクシードライバーとして働くには、第二種免許が必要になります。免許取得費用を負担してくれたり、研修中に日当を出してくれる会社であれば、未経験者でも安心して働くことができます。
東京には様々なタクシー会社がありますが、研修体制は会社ごとに異なります。研修内容も会社によって異なるので注意が必要です。タクシーの利用客が多いスポットを研修中に教えてくれる会社であれば、初心者でも早い段階で高い売上を出すことができます。各社の研修体制もよく比較してから転職先を選ぶようにしましょう。

設備が十分に整っているかチェックする

転職先を探すときは、会社設備が充実しているかどうかをチェックしておきましょう。1日運転し続けるタクシードライバーは疲労がたまりやすい仕事なので、休憩室や浴場、仮眠室が備えられている会社を選ぶことが大事です。
タクシードライバーがろくに休憩もせずに毎日働き続けると、交通事故を起こす危険性が高まります。そのようなリスクを避けるためにも、設備が十分備えられている会社を選ぶ必要があります。女性の場合は、女性専用の休憩室や更衣室があるかどうかを事前に確認しておきましょう。
車内設備が充実しているかどうかも、転職先を選ぶ際の大事なチェックポイントになります。タクシードライバーとして働いていると、タクシー強盗に遭遇する可能性があります。あらかじめ防犯カメラが備えられていれば安心ですが、会社によって車内設備の充実度は異なるので注意が必要です。
会社設備と車内設備の両方が充実しており、さらに福利厚生も充実している会社であれば、優良会社だと言えるでしょう。

下調べが大事

失敗しない転職をするには、下調べが欠かせません。タクシー会社の研修体制や設備などを調べて、他社と比較してみましょう。複数の会社を比較することによって、客観的な判断ができるようになります。
優良会社を探し出す方法は、決して難しいものではありません。タクシー会社の謳い文句に惑わされず、自分で一から調べるようにしましょう。

東京都内では数少ない1年間で最大40万円もの月給保証があるタクシー乗務員の求人を探し出そう

東京都内でタクシー乗務員の募集を探しているときに給与保証に着目する人も多いでしょう。未経験の人がタクシー乗務員に転職しようと考えているときに重要な観点ですが、どのくらいの期間、どの程度の金額を保証してくれるかは会社によって異なります。その事情をよく理解した上で、どのようにして求人を選んだら良いかを検討しましょう。

給与保証があれば未経験でも安心

タクシー乗務員は未経験の人が転職して働き始めても、比較的短期間で稼げるようになる可能性が高いことが知られています。しかし、給与保証がないタクシー会社に転職してしまうとかなり厳しい状況に置かれてしまいがちです。タクシー会社に転職してから稼げるようになるまでには月日が必要となることが多いからです。いかにして乗客を獲得するかはノウハウとテクニックに基づいて考えられるようになるものであり、エリア情報の分析力や活用力によってさらに差が生じます。未経験で入社してからすぐに売り上げを伸ばせるわけではないのです。タクシー乗務員の給与は売り上げによる歩合制になっているのが通例なので、ベテランにならないとなかなか稼げないのも確かでしょう。

しかし、月給保証があれば十分に能力を伸ばせる時間を確保できます。一定期間は最低月給が定められているのが月給保証制度の特徴で、その間に十分に知識や技術を身につけ、ノウハウを習得して稼げるようになれば問題ありません。転職してから生活費に困ってしまうようなことがなくなるどころか、その保証額が高ければ年収アップになってしまうことすらあります。未経験の人が安心して働けるようにするには月給保証が充実しているタクシー会社を選び出すことが肝心です。

東京都内で高い待遇を得るのは簡単ではない

現実的な問題として東京都内では手厚い月給保証があるタクシー会社を見つけるのは簡単ではありません。全国的に見ると金額で言えば最大40万円もの月給保証をしているタクシー会社もありますが、20万円前後にしているタクシー会社もあり、金額については千差万別なのです。また、月給保証をしてくれる期間についても同様で、最長で1年間も保証してくれるタクシー会社もある一方、三ヶ月程度しか保証してくれない会社もあります。実は東京都内では月給保証がある会社は珍しいのが実態で、1年間にわたって最大40万円もの保証をしてくれる会社に転職するのは簡単ではありません。ただ、必死に探せば見つけられないこともないので、諦めずに求人を参照してみましょう。

準備期間がある大手を選び出そう

月給保証を行うためには経済的な基盤が十分にできていなければなりません。一般的な傾向として企業規模が大きくなるほど月給保証が手厚くなる傾向があり、特にタクシー乗務員を大勢確保して社内で成長させようという方針を立てている会社ではかなり高い金額と長い期間を保証しています。つまり、未経験入社でも安心できるタクシー会社は基本的には大手だと考えられるのです。確かに東京都内には多くの大手会社があるので、タイミングが良ければ手厚い月給保証を受けられる求人を見つけられる可能性があります。

大手の安心感はただ準備期間があることだけではありません。新人として働き始めてなかなか売り上げが増えていかないというときにサポートを受けられたり、定期的に研修で能力向上を図れたりするのも一般的です。また、大手として多くのハイヤーなどの依頼を受けられるというメリットもあり、ベテランになってからもかなり稼げるようになると期待できます。働き始めた直後も、ベテランになってからも満足できる給与を獲得できると考えられるのが大手の魅力です。どのタクシー会社に転職すべきかで悩んだなら、まずは大手の会社から候補にして応募していくのが賢明と言えます。

どうしても見つからないときにはどうするか

大手会社からのタクシー乗務員の募集を探していても、東京都内ではなかなか40万円もの月給保証をしている会社を見つけるのは困難です。もう少し月給が低くても期間が長ければ良いという人も、1年間も保証してくれる会社が見つからずに苦労することもあります。特に未経験の場合にはこのような悩みに直面してしまいがちですが、少し方針を転換すれば良い企業が見つかる可能性もあるので諦めないようにしましょう。

東京都内ではもともとタクシーのニーズが高く、初心者でも比較的短期間で売り上げを伸ばせるようになる傾向があります。そのため、給与保証をあまり手厚くしていない企業も多いのです。しかし、他のエリアになるとノウハウを手に入れるのが重要になる傾向が強く、手厚い月給保証をして長く働いてもらおうと考えている企業がたくさんあります。ただ、あまり地方になってしまうと需要が低く、やはり売り上げを伸ばすのが難しくなりがちです。関西エリアでは40万円、1年間といった手厚い月給保証をしている会社もあり、大手会社も少なくありません。東京都内で保証が充実しているタクシー会社が見つからないときには関西エリアにも目を向けて候補を探してみるようにしましょう。

東京都内で寮への住み込みができるタクシー乗務員への転職を検討する際のポイント

タクシー乗務員への転職を検討する際、賃金や拘束時間などの他、寮への住み込みができるかどうかが会社選びのポイントになります。特に遠隔地からの転職は居住地の確保が最優先事項なので、寮を利用できる仕事に人気が集まるのが普通です。東京でタクシー乗務員として働くために、求人広告の読み方や待遇の違いについて学びましょう。

地方からの転職者に向いている寮付きの仕事の詳細

東京都内でタクシー乗務員として働く人はすべてが東京生まれではなく、地方から上京してきた人も含まれています。そのような人の中にはタクシー会社が用意している寮に住み込んで働いているケースもありますが、寮の利用については毎月の賃金から入居費を引かれる形になるのが普通です。そのため、手取りの金額は寮を利用していない人と比べると少なくなるので、その分だけ生活費なども減る傾向があります。特に家族と一緒に地方から転職した人は家族寮に住むことになりますが、部屋数が多い分、入居費も嵩みます。東京都内のタクシー会社は他の地域と比べると時給単価が高く、給与保証も充実している所が多いので待遇は決して悪くありません。しかし、寮完備を謳う会社は地方からの転職希望者には便利ですが、入居費が賃金から引かれて手取りが減ってしまうことを考慮するのが転職先の会社を選ぶ際の注意点になります。

また、タクシー会社は慢性的な人手不足であることから未経験者でも積極的に採用する所が多数です。タクシーの運転には二種免許が必要ですが、会社によっては二種免許を持っていない人でも雇用するケースがあります。この場合、入社してもすぐに業務に従事するのではなく、会社のお金で二種免許を取得するのが普通の流れです。自動車学校などの施設が手掛けている合宿免許を利用して短期間で取得するパターンが多く、試験に合格して免許が発行されたら晴れてタクシー乗務員として働くことができます。

上京は転職先の選択肢が多いのが魅力

地方から上京してタクシー乗務員の仕事に就いている人の中にはタクシー乗務員以外の働き方を目指せることを理由に上京してきたケースもあります。世の中には様々な仕事がありますが、東京は日本で最も人口が多い地域であると共に、日本とは異なる価値観を持つ外国人も多数居住しています。そのため、他の地域にはない特殊な仕事が多数存在するのが東京ならではの特色です。また、人口が多いことは市場規模も大きいことを意味します。他の地域では斜陽産業に含まれる仕事も東京なら未だに隆盛期であるケースも少なくありません。そのため、仕事が無い他の地域での暮らしに見切りをつけ、生活を立て直す目的で上京する人が東京への定住の足掛かりとしてタクシー乗務員の仕事に就くケースがあります。

タクシー乗務員の仕事は他の業種と比べて採用条件が緩い傾向があります。これはタクシー業界が慢性的な人手不足に陥っているのが大きな理由です。最低限の給与保証が付いているとはいえ、賃金は基本的には歩合制なので場合によっては生活費が圧迫されるほどの少ない金額になることがあります。また、業務の性質上、長時間拘束になりやすいうえに腰痛や目の疲れなどの不具合に見舞われやすいのも人手不足の一因です。そのため、上京してまでタクシー乗務員として働いている人の中にはあくまでタクシー乗務員以外の働き方を目指せるという理由で、割り切って仕事に従事しているケースもあります。

寮完備のタクシー乗務員の仕事に就くメリット

寮完備の仕事は賃金から入居費を引かれるので、その分だけ手取りは減少します。寮はタクシー会社が管理する物件なので一般の賃貸住宅より安価で利用できる利点はありますが、その一方で自宅のように好き勝手に扱うことはできません。人によっては息苦しさを感じることもある寮付きの仕事ですが、地方からの転職者にとっては生活費を貯めながら東京都内の風土や地理に早く慣れることができるメリットがあります。タクシー乗務員は街中を走り回る仕事なので、地域の地理に熟知していなければいけません。面積が広く道路も入り組んでいる東京都内の地理に早く慣れるには、車を毎日運転するタクシー乗務員の仕事が最適です。

また、東京都内の会社は他の地域より時間当たりの待遇は良いので、寮の入居費を引かれることを踏まえても上手に蓄財することができます。そのため、東京都内での生活基盤を整えるにはタクシー乗務員として働くのが最良の方法と言えます。

安全に仕事を続けるための注意点

タクシー乗務員の仕事は車を運転することなので、安全の確認を最優先することを心がけます。東京都内は人口が多いので道路が混雑していることは珍しくありません。また、狭い地域に建物が林立しているので極端に道幅が狭い所もあります。万が一でも事故を起こしてはいけないので、法定速度を遵守すると共に、周囲の状況を常に確認するのが安全運転の条件になります。タクシー乗務員は仕事の性質上、運転中は常に緊張しているので心身の疲労が溜まりやすいのが問題です。疲れが溜まった状態での運転は非常に危険なので、十分に休息を取って体調を良好に保つのが優良ドライバーに求められる姿勢になります。

東京都内でタクシー乗務員に転職するなら家賃補助のある会社がおすすめ

老若男女だれであっても働くことができるタクシー乗務員に転職する人は数多くいます。タクシー乗務員の仕事は、福利厚生が心配だという人もいますが、そのようなことはありません。様々な福利厚生があるほか、働きやすい環境をそろえているタクシー会社が多いです。この中でも特に都内で働く際に大いに役立つ家賃補助について紹介します。

東京都内の家賃事情とタクシー乗務員

東京都内で暮らすうえで、最もネックになることは、家賃が高いということです。これは、タクシー業界に転職するのではなくとも、都内で働く人のだれであっても悩む問題です。地方に比べると、東京都内ははるかに地価が高いため、時に地方の倍以上の家賃を支払わなければならないということも間々あります。地方でのワンルームの家賃相場がおよそ5万円前後であることに対して、東京都内のワンルームの家賃相場はおよそ8万円前後で、高ければ10万円を超すことも珍しくありません。ファミリータイプの物件に暮らせば、家賃は安くても10万円程度で、上を見ればどんどん高くなっていきます。家族連れで転職したならば、大いに負担となります。

タクシー乗務員は一日中タクシーに乗って働き、家に帰る時間はそれほどないと考えて、物件の質にこだわらなければ大した負担にならないと考えている人もいますが、そのようなことはありません。タクシー乗務員の働き方は、日勤と夜勤のほかにも隔日勤務など様々ありますが、そのいずれにおいても一回の働く時間は長くても、次に勤務するまでの休日・休憩時間も長いということが特徴です。一度に働く時間が長いからこそ、休憩・休日で体をしっかりと休めて備えることが重要となるので、物件の質を侮ってはいけません。そのこともあり、東京都内でタクシー乗務員として働くと、家賃の負担は大きいです。

タクシー乗務員になるならば都会で

東京都内で働くと家賃負担が大きいならば、東京都内で働かずに地方で働く方がよいと感じる人もいますが、おすすめできません。多く稼ぐためには東京都内をはじめとする都心部を担当することを選ぶことがおすすめです。というのも、東京都内・都心部は地方に比べて圧倒的に人が多く、それに比例するようにタクシーを利用する人も数多くいるからです。東京都内に住んでいなかったとしても、東京郊外に住み、終電やバスを逃したためにタクシーを利用する人は多くいます。金曜日の夜などは特に顕著でしょう。

また、東京都内には様々な施設があり、多種多様なイベントも行われるため、土日祝日などはそれを目的とした人々もタクシーを大いに利用します。観光客の増加もあり、都内でのタクシー利用者は増加することは予想されています。
このほか、東京都内ではタクシーの初乗り運賃の見直しなども行われています。会社のみならず、業界全体でタクシーの利用を気軽に行えるように対策を立てているようです。
これらのことから、タクシー乗務員に転職するならば、地方ではなく東京都内がよいといえます。

家賃補助のあるタクシー会社

東京都内でタクシー乗務員となり、どんどん稼ぎたいとしても、都内の高価な家賃の負担をなるべく避けたいと思うものです。いくら稼いでいたとしても、家賃で給料の大半を消費してしまっていては、結局のところ稼げていないということになります。そのような場合には、家賃補助制度のあるタクシー会社を選んで就職することがおすすめです。タクシー会社の多くは、都内で就職している人々の家賃負担を軽減させるために、家賃補助制度を備えています。どの程度の家賃補助がなされているかは、タクシー会社によって異なりますが、家賃補助が業界No.1の会社では、年間24万円の家賃補助があるとされています。

このような家賃補助があれば、都内の家賃が高くても安心して働き続けることができます。家賃補助以外にも様々な補助・福利厚生を備えている会社があり、その代表例が寮の完備です。独身者に向けての独身寮があるほか、家族向けの家族寮が設置されている場合もあります。寮の場合、自分で選んだ物件とは異なり、間取りの自由などは少ないですが、その分家賃を大きく安く抑えることが可能です。また、寮の場合、タクシー会社の拠点との位置が近く、通勤が楽になるといったメリットがあることもあります。

その他の福利厚生も忘れずに

タクシー乗務員に東京都内で転職する場合は、生活の負担を抑えるために家賃補助のある会社に勤めることがおすすめですが、家賃補助にばかりとらわれてはいけません。求人情報をしっかりと確認して、給与や待遇においてどのような条件があるのかをしっかりと確認してから転職することが重要です。いくら家賃補助があっても、完全歩合制の給与形態ならば、初心者・未経験のうちは稼ぐことができないといった問題に突き当たる可能性があります。研修制度・資格支援制度がなければ、稼ぐことができるようになるまで、長く時間がかかってしまうかもしれません。

これらのことを考えて、固定給と歩合給を組み合わせた給与形態で、給与保証がある会社を選んだり、二種免許の資格取得の支援・研修制度がしっかりとある会社を選んだりすることが必要です。また、体を壊してタクシー乗務員をできなくなった場合も考え、内勤もできる会社を選ぶという道もあります。将来と働き方のこだわりを考えて、しっかりと求人情報を精査することをおすすめします。

東京でタクシー乗務員に転職したい人必見!ノルマがきついのは本当か

転職先として東京のタクシー乗務員を選んだものの、求人内容を調べていくうちに、ノルマがきついのではと不安になっていませんか。また、上司の嫌がらせが多いような話を聞いたりすると、ますます二の足を踏んでしまうのではないでしょうか。タクシー業界でのノルマや嫌がらせについて説明すると共に、失敗しない転職のポイントも紹介します。

東京のタクシー乗務員はノルマがきつい?

タクシー乗務員の給与形態は、完全歩合制と基本給+歩合(ここに賞与が加わる場合もあります)という2つのタイプに大きく分けられます。2つのタイプを取り入れた、混合型もありますが、ややこしくなるのでここでは完全歩合制と基本給+歩合について説明します。タクシー業界ではノルマのことを足切りと呼んでいます。タクシー乗務員は、この足切りを目標に仕事をしますが、完全歩合制の場合、売上に歩合率を掛けた分がドライバーの給料になります。基本給+歩合の場合ですが、基本給はノルマを達成した・しないに関係なく支払われます。ここでの歩合は、足切りと売上の差額分に歩合率を掛けて出されます。

歩合率は会社によって変わってきますが、50%前後が相場です。足切りも会社によって差があります。東京など大都市の相場は1日3万円前後と言われています。タクシー乗務員に課せられるノルマはきついと言われるのはなぜでしょうか。考えられる理由として、予めノルマを高めに設定されているということが挙げられます。売上の半分が自分の取り分になると考えれば、条件は悪くないと思うかもしれませんが、完全歩合制の場合、ノルマを達成しなければ歩合率が低くなり、収入に大きく影響します。基本給+歩合の場合は、ノルマを達成できなければ歩合ゼロになり、収入は基本給のみとなります。基本給は低めに設定されている場合が多いので、目標を達成できなければつらいノルマを課せられていると感じるでしょう。

上司の嫌がらせは多いのか

タクシー会社は他の会社よりも上司の嫌がらせが多いのでしょうか。入社して研修期間を受けている時は、毎日のように上司と顔を合わせるかもしれませんが、タクシー乗務員となった後は一緒に仕事をする機会も減るので、他の職業より嫌がらせが多いとは考えにくいです。東京にはタクシー会社が多くあるため、嫌がらせなどのトラブルを聞く機会が多くなるのかもしれません。もし、タクシー会社で嫌がらせがあるとしたら、研修期間中に飲み込みが遅いと見なされたとか、ノルマを達成できないといったことが原因と考えられます。

嫌がらせを受けやすいかどうかはタクシー会社だからというよりも、会社の方針や上司の性格が影響しています。そのタクシー会社が実力主義を掲げ、数字を一番に考えていたとしたらどうでしょうか。ノルマを達成できないドライバーに辛く当たったり、いろいろと小言を言う可能性が高くなります。そうした会社の上司であれば、上司の上司から数字を達成するよう圧力をかけられるかもしれません。そうなれば、仕事を覚えるのが遅かったり、足切り未達成が続くような部下に対して、嫌がらせという態度に出ることも考えられます。会社ではなく上司が利益を優先させる傾向があれば、嫌がらせを受けるリスクも高くなります。

トラブルを避けるための転職選びについて

タクシー会社に転職した時、想定できるトラブルにノルマのきつさや上司の嫌がらせがありますが、回避することは充分可能です。タクシー業界では、足切りは当たり前のように存在していますが、すべてのタクシー会社が足切りを設定しているわけではありません。会社の中にはノルマをゆるくしたり、掲げていないところもあります。また、すべてのタクシー会社の職場環境が厳しいというわけではありません。数字が全てという会社もあれば、働きやすい職場作りを目指している会社ももちろんあります。そうした会社を選べば、転職は成功するでしょう。

どういう会社を選べばいいか、一つの目安になるのが大手のタクシー会社かどうかということです。大手のタクシー会社は経済的に安定していますし、営業に有利な立地条件や独自の顧客ルートなど、乗客を見つけやすい条件も揃っています。また、大手は風通しの良い環境が整っているところが多いです。利益追求とサービス向上のバランスを考えるため、タクシー乗務員に過剰なノルマを課すことなく、上下関係にも節度があります。ドライバーの育成や雇用を考えた制度を採用しているというのも大手タクシー会社の傾向の一つです。ドライバー未経験で仕事が間もないと、とまどったりノルマ達成が難しいというのは当たり前です。そうした問題に対応するため、雇用した初めの何ヶ月間は一定額の給料を保証する給与保証制度を取り入れたり、働き続けたいドライバーに対して終身雇用で働ける制度を取り入れている会社もあります。こうした安定感のある会社に務めると、家族も安心している場合が多くなります。

転職を成功させるもう一つのポイントは、興味のあるタクシー会社に関する情報収集を徹底することにあります。ネットでその会社の評判などを調べることもいいですが、より有益な情報が得られやすいのは、会社説明会に参加したり、会社訪問をすることです。疑問に感じていることを質問する機会があったり、その職場の雰囲気を肌で感じることができるでしょう。また、実際にそこで働いているドライバーに質問するというのも、現場の声という貴重な情報を引き出せる方法です。

働きやすい職場を見つけるために

タクシー業界にはノルマがありますし、上司の嫌がらせもないとは言えません。と言ってもノルマや嫌がらせが横行しているわけでもなく、働きやすい職場を提供している会社も多く存在しています。そうした職場を見つけることで、トラブルは避けられます。大手のタクシー会社が多くあり、タクシーの需要も高い東京での転職は、恵まれた職場環境のもとで、大きく稼げる可能性を秘めています。

東京でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職で失敗しないために必要な将来性のある会社の見極め方

タクシードライバー(乗務員・運転手)は、工夫次第で多くの給与を稼ぐことができる仕事です。しかし、それらは転職の際にしっかりと将来性のある会社を見つけることができた場合です。将来性のない会社に勤めてしまうと、給与も安く、長く働くことはできません。将来性のあるタクシー会社の見極め方のポイントを紹介します。

給与形態を確認する

転職をする際に非常に重要な要素は、給与をいくらもらうことができるのかといったことです。タクシードライバー(乗務員・運転手)は、長く働き続ける割に、思っていたよりも給与がもらえず、仕事がきついといったイメージがあります。しかし、必ずしもタクシードライバー(乗務員・運転手)は、給与が低いとは限りません。数多くの職種がある中で、タクシー乗務員の平均年収は、下位に位置しているわけではなく、むしろ技術や知識が豊富なタクシー乗務員は月に50万円以上、60万円以上稼ぐ人も少なくなく、高給取りとなる人も多いです。

しかし、どのようなタクシー会社でも売上が高いというわけではありません。将来性がありしっかりと稼ぐことができるタクシー会社に転職するためには、しっかりとした給与体系が取られているかどうかを求人情報から見抜くことが必要となります。タクシー会社の給与の支払い方法は、主に3通りあります。ひとつが固定給のみの給与体系です。通常のサラリーマンと同様に、あらかじめ決まった金額が毎月支払われるというもので、タクシー会社の業績や規模に大きく影響を受け、安定した給与がもらえる一方で、自身の努力で給与を伸ばすことはできません。

二つ目が、完全歩合給です。タクシードライバー(乗務員・運転手)は、それぞれのどれだけの乗客を乗せて、どれだけ稼ぐかは異なります。多く乗せればそれだけ稼ぐことができ、給与も高くなっていくという給与の支払いであり、努力によって給与が大きく伸びる可能性があります。しかし、正社員になったばかり、研修中、初心者・未経験者にとって、最初は稼ぐことができないこともあり、続けることが難しいかもしれません。そして、最後が固定給と歩合給を合わせた給与体系です。ある程度の給与が保証されたうえで、稼ぎに応じて給与が増えていく支払方法となります。

研修中も給与がもらえることになり、努力次第で多く稼ぐことができるので、タクシードライバー(乗務員・運転手)未経験・初心者でも高い売り上げを目指すのならば、こちらの給与体系を採用している会社への転職を目指すことをおすすめします。

待遇を確認する

タクシードライバー(乗務員・運転手)に転職するうえで失敗しない、将来性のある会社を見つけるためには、給与体系も重要ですが、待遇などもしっかりと確認することが重要です。タクシードライバー(乗務員・運転手)は、会社によってさまざまな制限がかかることもあれば、待遇も大きく異なります。よく知られているものとしては、クレジットカード決済の際の手数料が、タクシー乗務員の給与から引かれるというものです。クレジットカードの利用が進む現代において、この負担は非常に大きなものとなります。また、タクシーを運転するうえで必要不可欠となるガソリンの補給を会社が指定したガソリンスタンドでなければ、乗務員の負担となるという制度を設けている会社もあります。

このほか、避けては通ることができない交通事故の負担をタクシー乗務員が負わなければならない会社もあるので、求人情報を確認したうえで、会社にもしっかりと確認をとることが必要です。内定をもらった後でも、確認を怠らず、安心して働くことができる環境を作らなければなりません。
タクシー会社によっては、様々な待遇を設けている会社があります。子育てや介護に関する特別な制度や各種手当、場合によっては引越祝い金を設けている会社、ドライバーが利用できる設備が十分も整っている会社もあり、こちらも給与に大きく関係するので確認が必要です。

おおよその場合、これらの待遇は大企業であればあるほど整っています。

勤務体制を見る

タクシードライバー(乗務員・運転手)の勤務体制は、通常のサラリーマンのように毎日決まった時間に出社・退社するというものではありません。変則的な勤務体制であることと歩合給であることが、常に働き続けなければ稼ぐことができないというイメージにつながっているのですが、必ずしも休日が取れないわけではありません。タクシードライバー(乗務員・運転手)の勤務体制は、日勤や夜勤、隔日勤務などが主な勤務体制です。一回の働く時間は長いですが、その分しっかりと休日も確保されていることが多いです。この勤務体制がしっかりと守られているのかを、求人情報を確かめるほか、社内の様子も見て確認することをおすすめします。

このほか、育児や介護をする人でも働きやすい勤務体制、過ごしやすい設備が十分整っているかを確認することが、長く快適に働き続けるためのポイントです。

研修体制を見る

将来性のある会社に転職したいのならば、会社に研修体制がしっかりとあるのかを確認することが重要です。タクシードライバー(乗務員・運転手)は、未経験・初心者であっても転職・就職しやすい職種ではありますが、何の知識も技術もない状態で、すぐに稼ぐことができるようになるわけではありません。東京で転職したのならば、東京の担当エリアの地理情報やイベント情報をはじめ、乗客を探し・乗せるための技術を身につけることが必要となります。これらをしっかりと身に着けさせてくれる研修体制が整っているかが、長く働き、かつ稼ぐことができるようになるためのポイントです。

将来性のあるタクシー会社は、接客などもレベルが高く、それらを研修で身に着けることができます。タクシーランクBタンク以上がつけられている会社を選ぶとよいでしょう。
研修体制のほかに内勤への転向ができるのかも確認することが重要です。タクシードライバー(乗務員・運転手)は、長く車に乗車することから、体を壊す可能性もあります。健康状態によっては、ドライバーを続けていくことにストップをかけられる可能性もあります。ドライバーとして働き続けることが難しくなった場合に、内勤として働き、しっかりと稼ぐことができる体制が整っている会社を探すことも、安定して働き続けるためのポイントです。