ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイント

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイント

1.需要の分析ができる

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイントタクシーの営業成績が良い人は、なぜ売り上げが伸びたのか、減ったのかに対して自分で分析して考える力を持っています。例えば、大きなイベントがあるから沢山のお客様を乗せる事が出来た、や人の出入りのある会社の前で待機していたから、等です。日々タクシーの営業で廻る際に、仮説を立ててから運転することが、少しづつ着実に売り上げを伸ばしていくコツです。たとえ仮説がうまくはまらず売り上げが伸びなくても、これは稼げないという結果が分かったことになります。どれだけ考えて「やってみて」データを自分の中に貯めていくかが大切なのだそうです。事前準備として地域に何のイベントがあるか、どんな会社があるかをリサーチするのもスキルのうちです。

2.お客様を見つける集中力

根気のいる事ではありますが、運転している間は歩行者の動きに常に集中する事が大切だそうです。いつ、遠くまで乗ってくれるお客様に出会うかはわかりません。ベテランドライバーになると、手を挙げていないのにさっと近くまで来て乗せることもあるのだそうです。お客様からしてみたら、「何故分かったの?」といったところでしょうが、これは集中力と経験の賜物かもしれません。

3.道路状況の判断ができる

タクシーで売り上げを上げるには、お客様をなるべく早く送り届ける必要があります。早く送り届けた分回転率が上がり、その日の売り上げもアップします。早さを実現するためには、渋滞の少ない道を記憶しておくことに加えて、どのように車をコントロールするのかも大事です。前にゆっくりと走る路線バスやトラックが居るなら車線変更をスムーズに行って回避すると、信号待ちに当たらないように早く走ることができます。ちなみに、都内は信号が多いので信号待ちに度々当たっていると莫大な時間がとられてしまいます。

4.タクシードライバーにもチームワークが役立つ

vete3タクシードライバーの仕事は個人である程度の裁量を持って働く仕事ですが、チームワークを持って助け合いで稼ぐのも有効なのだそうです。ドライバー同士で情報を交換するグループやネットワークを作って、稼げる時間帯や場所の共有をしていることもあるようです。LINEでグループを作ったり、違う時間帯のシフトの人からの情報にも目を通したりして情報を回して個人のレベルアップに活かしているようです。

5.稼ぎたいと思う力、やる気

そもそもの話になりますが、やる気が無いと何も始まりません。やる気のあるドライバーなら、走っている最中も「あのお客様はどうかな」と常にアンテナを張りながら走ります。単にダラダラと走っているだけでは、沢山稼ぐドライバーになることは難しいのではないでしょうか。人の流れは些細な事ですぐに変わります。雨が降ったり季節が変われば、人がいなかったところに急に需要が出たりします。また、イベントのスケジュール等を調べておけば、人の流れはつかみやすくなります。

やる気が高収入に繋がる会社で働くなら

これら、5つのポイントを活かして、高収入を狙うなら、日本交通グループの蔦交通がおすすめです。蔦交通では、業界最高水準の売り上げ還元率で、やる気と頑張りを後押しします。また、葛飾区にある会社なので、浅草エリアやスカイツリー、柴又などにも出やすい環境です。人の流れがつかみやすい環境で、稼げるドライバーを目指してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

希ではあるが東京都内で働けて月給保証が1年間も最大42万円という金額が出るタクシードライバー

希ではあるが東京都内で働けて月給保証が1年間も最大40万円という金額が出るタクシードライバー

タクシードライバーは未経験では難しいのではないかと考える人もいますが、実は全くタクシーに関わる仕事をしたことがない人でも安心して働けるようになっています。
東京都内で働ける仕事なので詳細を知っておきましょう。

東京都内で働けるタクシードライバーの魅力

東京都内で働きたいけれど就職先が見つからないと嘆く人はしばしばいます。都会での生活を希望している人や、地方で仕事を探しても良いものが見つからずに上京した人など、都内で仕事探しをする人のシチュエーションは多種多様です。しかし、現実的にはなかなか採用してもらえずに苦労することが多いでしょう。求人は豊富にあっても、経験や能力に対する要求が高いものが大半を占めているからです。しかし、タクシードライバーはやや状況が異なります。東京都内での勤務ができる条件でたくさんの募集が出されているだけでなく、未経験でも大勢の人が採用されているのです。

東京都内ではタクシーの需要が高く、人材もそれに比例するようにして数を確保しなければなりません。タクシー会社としては東京都内で働いてくれる人をむしろ渇望しているのが現状です。そのため、今までタクシードライバーとして働いたことがない人でも手厚い待遇を準備して迎え入れてくれるようになっています。運転免許証を持っていることは求められるのが一般的ですが、二種免許を持っていなくても社費で取得させてもらえるほどに待遇が良くなっているのです。

未経験でも安心できる教育研修体制が有用

タクシードライバーには未経験入社をしている人が大勢います。これは単純に東京都内で働ける稀な仕事だということだけが理由ではありません。入社してからしっかりと稼げるようになるために必要な教育を受けられる体制が整えられているからです。タクシードライバーとして乗客を獲得して希望に応じるためには地理に詳しいことや接客のノウハウがあることが必須です。それに加えて、いかにして乗客を見つけるかも重要で、業界で知られている基本的なノウハウを習得することが必要になります。このような教育を入社後に速やかに実施してもらうことができ、現場で実践的に訓練しながら能力を磨けるようになっています。

また、このような準備期間が終わった後も定期的に研修を行い、いかにして営業利益を上げられるようにするか、乗客の満足度を高めるにはどうしたら良いかといったことを学べます。東京都内の勤務なら、東京の状況がどのように変化しているかに基づき、乗客獲得のための方法論を習得することが可能です。入社してから長期的に成長を遂げていくための基盤ができているので、安心して働くことができるでしょう。

月給保証があるから焦らずに働けるのもメリット

タクシードライバーは乗客を乗せて売り上げを出さないと給料がかなり少なくなってしまうのが一般的です。未経験入社の場合にはずっと薄給のまま働かなければならないのではないかという懸念を抱く人もいるでしょう。確かにベテランに比べたら年収は低くなってしまいがちですが、給料が少なくて困るということは当面はありません。タクシー会社の中には月給保証をしているところがあるからです。希ではありますが毎月最大42万円もの月給を保証してもらうことができ、準備期間も含めて給料をもらうことができるところもあります。そして、保証期間も最長で1年にもわたっているところもあるのです。このように、じっくりと腰を据えて色々なことを学び、成長していける余裕があります。

ただし、どのタクシー会社で働くかによって月給保証の詳細には違いがあります。保証してもらえる金額が大きいけれど期間が短かったり、逆に金額は少ないけれど1年間は保証してもらえたりといった形で、金額と期間を比較してどこが良いかを考えると良いでしょう。期間が長い方が焦らずに働くことができ、金額が大きい方が当面の生活費に困らないというメリットがあるので、自分なりに魅力的な待遇のところを探すのが大切です。

大手で働けばいつまでも安心

東京都内で働けて、入社直後からベテランになるまで充実した教育研修を受けることができ、さらに手厚い月給保証があるような会社はなかなかありません。タクシー業界であっても全てが揃っているような会社は稀で、タクシードライバーになれば必ず受けられる待遇だというわけではないので注意しましょう。このような恵まれた条件を提示してくれるのは大手のタクシー会社です。大手なら資金的に余力があるからこそ長期的な視野を持って人材を成長させる方針を立てることができるからです。

それに加えて、大手だからこそ東京都内で利益を上げやすいからという理由もあります。東京では各企業がタクシーのチャーターを依頼することがよくありますが、その際に高い確率で選ばれるのが大手のタクシーです。質の高いサービスを提供することで地位を作り上げてきた大手の安心感があるからこそ依頼をたくさん獲得できるのです。いくつもの大手企業と提携していて頻繁にチャーターを依頼されている大手会社もあります。このような会社で働けば仕事に困ることもなく、タクシードライバーとしていつまでも安心して働くことができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーへの転職のポイントは教育制度充実と終身雇用で長く働ける会社を東京都内で見付けること

タクシードライバーへの転職のポイントは教育制度充実と終身雇用で長く働ける会社を東京都内で見付けること

この現代では自分の理想の働き方を求めて転職活動をする人が増えています。その中にはタクシードライバーに絞って職を探す人も少なくありません。ここではタクシードライバーとして転職をするときの大切なポイントを紹介します。

タクシードライバーの魅力とは何か

タクシードライバーと言えば、深夜でも走り続けなくてはいけないし、乗客を見つけるのも一苦労だから、ものすごく大変な仕事なのではないかと思っている人が多いのではないでしょうか。それまで営業職や事務職などをこなしてきた人たちにとっては、やはりその働き方の違いに戸惑ってしまいます。しかし、最近ではあえてタクシードライバーを志願する人も多くなりました。その理由は人それぞれ異なっていますが、この仕事に大きな魅力を感じているという点に関しては同じです。

それではこのタクシードライバーの魅力とはいったい何なのでしょうか。もちろん、車を運転することが好きな人にとってはこの仕事は天職となるでしょう。それ以外では比較的に自由な時間をつくることができるというメリットがあります。タクシードライバーという仕事は独特な勤務体系で働くことになりますから、他業種よりも休みを多くとることが可能です。勤務は一律ではなく人によって様々ですから一概には言えませんが、大体、月の半分以上は休みになる場合が多いのではないでしょうか。それからタクシードライバーは収入面でかなり魅力的だと言えます。人によっては同年代の会社員の倍の給料を稼ぎ出している例もけっして珍しいことではありません。

タクシードライバーとして転職を目指すなら東京都内の会社がおすすめ

タクシードライバーとして働く場合、やはり転職するならば利用客の多い東京都内のタクシー会社がおすすめです。言うまでもなく東京都内は都道府県の中でも人口が多いところですから、自然、タクシーの利用客も多くなります。確かに東京の他にも大阪や名古屋といった地方の主要都市がありますが、それでも東京にはかないません。新宿、渋谷、池袋などのエリアでは、日中だけではなく夜遅くまで人が絶えることがありませんから、タクシーを利用する人も多いのが特長です。タクシードライバーの初心者でも比較的に乗客を見つけやすいのではないでしょうか。

東京都内でタクシードライバーへの転職をおすすめする理由は利用客が多いという点だけではありません。もう一つの理由は自分の理想に叶った転職がしやすいということです。これは東京のタクシー業界は慢性的な人材不足に陥っていることが原因になります。東京都内ではタクシーの利用客が多いのに肝心のタクシードライバーが少ないという深刻な問題を抱えているのです。確かに現在はタクシードライバーへの転職を目指している方も増えていますが、東京都内全体から見ればそれはほんの一握りにすぎません。逆にこの状況をチャンスと見て転職活動をすれば、自分の理想に近付くことができるとも言えるでしょう。

教育制度やキャリアアップが可能な会社に転職すれば仕事にやりがいを感じることができる

何もタクシードライバーに限ってのことではないのですが、教育制度というものが十分に整っている会社を選ぶことも転職するときには必要です。特にタクシードライバーの仕事は安全が最優先されます。車の運転ではやはり事故は絶対に避けなければなりません。新人のドライバーには覚えることも多くありますので教育制度充実のタクシー会社を選ぶことが大切です。十分な技能や知識を備えるために教育研修を受けさせることになります。教育制度充実のタクシー会社ならばタクシードライバーの初心者でも安心して仕事をスタートさせることができるでしょう。

多くのタクシー会社ではドライバーに幾つかの段階があり、スキルと経験によって上を目指すことが可能です。ドライバーならば運転できる車両もどんどん良くなりますし、ドライバーでなくても人事や運行管理者に昇進することもできます。こうしたキャリアアップがあることもタクシードライバーになるメリットです。そのためには仕事を続けていくことが必要ですから、終身雇用制度のある会社に入ることが必要になります。努力次第でステップアップができますから、さらに仕事にやりがいを感じることができるでしょう。

生涯現役で働ける会社を探すことも大切

現代社会では既に終身雇用が崩れて世の中は転職時代を迎えたと言われていますが、自分が本当に理想とする仕事に巡り合うことができたのであれば、生涯現役で長く働ける会社が魅力的だと言えるでしょう。タクシードライバーは長く働けることも大きな魅力になります。定年はありますが自分の都合で延長することもできるわけです。高齢でも確かな運転が可能であれば若い頃と同じような収入を得ることもできます。長く働けるようにするには転職活動の際に終身雇用制度のある会社を選ぶことが大切です。

また、タクシードライバーではなく、タクシー会社で生涯現役で働くためには、キャリアアップがある会社を選ぶことも重要になります。このような会社では内勤などの仕事ができる場合もあるのです。時代は既に高齢化社会を迎えています。そんな社会の中でいかに自分で働き、十分な収入を得るかを考えれば、終身雇用制度のある会社に転職することがベストだと言えるのではないでしょうか。もちろん、生涯現役でタクシードライバーを続けるのも理想的な働き方です。東京都内ではそのような条件での求人を出している会社が増えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地方から転職し、東京都内でタクシードライバーをするなら家賃補助がある会社がおすすめ

地方から転職し、東京都内でタクシードライバーをするなら家賃補助がある会社がおすすめ

地方から出てきて東京で働こうと考えた際、特に資格がなくても稼げる仕事の1つにタクシードライバーがあります。もし東京でタクシードライバーとして働くことを検討しているのであれば、家賃補助ありの会社を選ぶのがおすすめです。

東京はタクシードライバーとして稼ぎやすい場所

東京都内は転職してタクシードライバーとなり、集中して稼ぐにはピッタリの場所です。タクシードライバーとして稼ぎやすいとされる最大の理由は、東京都内の人口の多さです。特に週末のアフター5や土日祝日の繁華街は多くの人でごった返しています。そういった人たちの中には旅行で東京都内に来ていて次に行く場所がよくわからない観光客や、ついつい深夜まで飲み過ぎて最終電車に乗り遅れた人たちも数多くいる事でしょう。このようなことから東京でタクシードライバーをしていると地方で勤務するよりも圧倒的にお客さんを捕まえやすいです。

そして冒頭でも解説した通り、タクシードライバーとして勤務するために事前に必要な資格は一切ありません。もちろんタクシードライバーとしてお客さんを乗せて目的地まで運び、運賃を受け取るためには第二種運転免許が必要です。しかし事前に運転免許を持っていなくてもタクシードライバーになるとまずは講習を受けて第二種免許を取得することになっているので、持っていない人でも問題なく就職することが可能なのです。取得のための費用を全額会社が負担してくれるところも多いので、地方から出てきていろいろと物入りの人にとってはとてもありがたい勤務場所です。

東京都の賃貸の家賃は高い

地方から東京都内に出てくるといろいろと驚かされることがあるものですが、その中でも驚く人が多いのが東京都内の家賃ではないでしょうか。今まで住んでいた地方の賃貸物件と比べると、同じような間取りでも明らかに高いです。例えば都心に近い一等地などは単身者向けのワンルームマンションでさえ一か月の家賃が10万円を超える場合もあります。もちろん地方と同様に東京都内であっても繁華街から少し離れたところや、築年数が古い賃貸物件などは家賃が安くはなっています。

しかし都心部から離れれば離れるほど利便性は悪くなりますし、地方から出てきた人たちは周りに知り合いが全く居ない状況から生活をスタートさせることになります。いざというときに助けを求める人が居ないので自分の身は自分で守るという気概で住まなければいけない部分もあるため、セキュリティ面で不安を感じるところに住むことはあまりおすすめできません。特に地方から出てきたばかりの時は周辺の環境が良く、マンションも防犯設備が整っている比較的新しいマンションに住んだほうが良いでしょう。しかしセキュリティ面や利便性を重視すると当然家賃は高くなるというデメリットがあるので、地方から東京に出てきた人にとって住居探しはかなり難航することが多いのです。

タクシー会社は家賃補助をしてくれるところが多い

地方から東京に出てきている人たちの中にはなんらかの夢を東京でかなえるために出てきている人も多いのですが、そういった人たちに当面の収入を得るための手段として特におすすめできるのがタクシードライバーです。タクシードライバーの労働環境というのはそういった夢を実現させようとしている人たちに適している労働環境となっているのです。夢を実現させやすい理由の1つとして、タクシー会社には家賃補助を出してくれるところが多いという点があります。

人間が生きていくためには衣食住の出費はかならず発生するわけですが、この3つの中で最も大きなウエイトを占める出費が住居費です。先ほども触れたとおり東京都内の賃貸物件の家賃は軒並み高額なことが多く、地方から出てきた人たちにとっては家賃の高さが悩みの種となっているのですが、家賃補助をしてもらえる会社に就職できればその負担を大幅に減らすことが可能です。家賃補助によってお金に余裕が出来た分、夢を実現するために必要な資格の勉強などに割り当てることができます。家賃補助がいくら支払われるのかは会社によって異なりますが、業界No.1と呼ばれるタクシー会社の場合年間24万円もの家賃補助をうけることができます。

タクシーの業務は思いのほかたいへんな業務でもない

世間一般的にタクシードライバーは労働環境が極めて悪いというイメージがありますが、それは完全に間違った認識です。確かにタクシー会社の中には一部にブラックと呼ばれる会社もありますが、それはほかの職業であっても変わりありません。きちんとした会社を選ぶことが出来ればタクシードライバーの労働環境は一般的な企業とそれほど変わりありません。むしろ休日だけを考えれば一般的な企業よりもずっと休みが多いです。

1日の労働時間自体は20時間を超えるときもありますが勤務が終われば必ずまる1日休みを取ることが義務付けられているので、実質月の半分近くは休みに割り当てられます。休みの間に夢を実現したい人は資格などの勉強ができますし、趣味に費やす時間も十分に確保できるでしょう。それでいて給料も業績を上げれば一般的な企業以上にもらえるとあって、タクシードライバーは働き甲斐がある職業なのです。

地方から東京に出てきてタクシードライバーとしてずっと働こうと考えている人も、夢を実現するためのステップだと考え、限定的にタクシードライバーとして当面の収入を確保しようとしている人も、東京都内でタクシードライバーとして勤務するのであれば家賃の負担が大きく減少し、安心して働ける家賃補助付きのタクシー会社を選ぶのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーに転職したい人必見、東京都内のおすすめ休憩場所

タクシードライバーに転職したい人必見、東京都内のおすすめ休憩場所

お客様の命を預かるタクシードライバーは、休憩を取ることは重要です。
しかし安易に駐車禁止の区間に車を停車していると、道路交通法の罰則の対象になってしまいます。

ゆったりと安全に休憩をするために、休憩場所を探すことが大切です。
東京都内での休憩場所の探し方と、おすすめスポットを紹介します。

タクシードライバーの休息時間の目安は?

会社に勤務するサラリーマンの働く時間は平均約9時間で、休憩時間は平均1時間が一般的となっています。東京都内のタクシードライバーは20時間以上の乗務が平均と言われています。乗務している時間だけ見てしまうと辛い仕事だと勘違いするひともいるでしょうが、意外とそうでもないのです。タクシードライバーは隔日勤務の場合が多く、殆どの会社では乗務した分休める勤務体系が取られています。つまり、丸一日働いたら次の日は休日になるような勤務体系で、そのため1日の乗務時間が長くなっているようです。

休憩時間の長さは各会社の勤務体系によって変わってきます。上記のような場合は労働基準法に基づき休憩時間はそれぞれ決まっているようで、3時間位が目安となっています。タクシードライバーに転職したい人も、安全に乗務できると思われます。このようにタクシードライバーは、基本的に休むことも仕事なのです。タクシー会社の新人タクシードライバー研修では交通ルールの指導だけでなく、休憩を取ることを徹底して指導しています。安全安心の休憩所でキチンと休憩を取ることにより、日夜タクシー利用客の安全を守っているのです。

タクシードライバーの休憩場所はどんな所が最適?

タクシードライバーは長時間乗務しなくてはならないので、適度な休憩は必要で義務化されています。長時間の乗務により疲労が蓄積して注意力が散漫になり、最悪居眠りなどをしてしまったら重大な交通事故になりかねません。利用客にも怪我をさせ、会社にも多大な損害を与えることになってしまいます。利用客を目的地まで安全に送り届ける仕事ですから、できるだけ疲労が残らないように休憩を的確に取ることが必要です。ここで最も必要になるのが、休憩場所を見つけることです。

勤務している会社に戻って休憩するドライバーもいますが、利用客を送り届けてから、その帰りに道の駐車できる路肩にタクシーを停車させて休憩することもあります。担当エリアが営業所から近いときは、戻って休憩を取ればトイレの利用の心配もしないで済むでしょう。食事の際に休憩を長くとり無料駐車場がある大型温泉施設で、入浴した後仮眠するドライバーもいるようです。また東京都内でも都心から離れた郊外の大型スーパーやパチンコ店などは、駐車場が無料な所が多くトイレや食事などに困ることはなく、下手に路肩に停車させてお客にトントンと起こされる心配も無いでしょう。

ここがおすすめ!東京都内の休憩場所

タクシードライバーの休憩場所としておすすめなのが東京都内の青山霊園です。青山霊園がおすすめスポットの訳は、一般道の路上駐車ではなく青山霊園敷地内に駐車できるからです。霊園の周りや敷地内は木々が植えてあり、夏の暑い日は日よけに最適でトイレも困ることはありません。しかし駐車スペースは台数の制限があり、東京都内では絶好調スポットなので競争率が激しいのが現状で、運が良くないと休憩することは難しいかもしれません。短い時間にしっかり休憩を取りたい場合は、有料パーキングを利用した方が良いでしょう。2時間位であれば料金も安く、お客に起こされる心配も無く静かに休憩をすることができます。

路上駐車がやはり手っ取り早いと思うタクシードライバーは裏技があり、パーキングメーターのある場所では、表示されている時間外であれば料金が掛からず無料なのです。いずれも夜遅くから朝までなので、夜に仮眠を取りたいドライバーには最適の場所と言えます。パーキングがある区間は東京都内に数多く点在していて、中でも浅草通り、江戸川橋通り、早稲田通りなどがおすすめです。時間帯や表示を確認してトラブルにならないように、効率よく利用しましょう。

休憩場所を見つけるのに気を付けること

タクシードライバーは職業上、東京都内の地理や道路の情報を熟知しておく必要があります。最近ではカーナビやグーグルナビなどで簡単に位置情報は分かりますが、一方通行などまで詳しくは出ません。そのような情報を予め頭に入れておけば、休憩場所を見つけるのにも苦労することは無いでしょう。自分が休憩する場所の近くにトイレがり、なおかつ飲み物やお弁当などが買えるコンビニなどが近くにあれば、効率的に休憩を取ることができます。

ベテランのタクシードライバー達は、大体ゆっくりできる常連の店を何件か知っていて休息を取っているようで、道路状況や周辺地理が頭に入っているからこそ成せる業なのです。転職したばかりの新人のタクシードライバーは、まずベテランドライバーに聞いてみるのも良いのかもしれません。またタクシーが多く集まる場所を、予めリサーチしておくのも良いでしょう。タクシードライバーが集まるところは、上記の青山墓地のように好条件の休憩場所と言えます。そのような場所を数多く知っておけば、場所取りの競争率が激しくてもどこか1つ位は空いているかもしれないからです。東京都内の地理を把握して、より良い休憩場所を見つけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内でタクシードライバーに転職する際の安全運転に対する心構えと事故保障の仕組みについて

東京都内でタクシードライバーに転職する際の安全運転に対する心構えと事故保障の仕組みについて

タクシードライバーへの転職を考えてはみるものの、交通事故のことが心配で躊躇している人もいるかもしれません。
ここでは、タクシードライバーに転職する前に知っておきたい運転時の心構えと、交通事故に対する保障の仕組みについてお伝えします。

タクシードライバーとしての心構えとは

タクシードライバーとなるためには「普通第二種免許」を取得していることが必須です。一方で、通常私たちが自家用車を運転する際に必要な免許は「普通第一種免許」です。普通第一種免許と普通第二種免許の違いは、「お客様を乗せて走れるかどうか」という点にあります。つまり、普通第二種免許を持っていてはじめて、お客様を乗車させて目的地まで走り、運賃を得ることができるわけです。どの免許であっても、車を運転する時に安全運転をするのは当然のことですが、普通第二種免許を取得すると、自家用車を運転する時よりさらに大きな責任が伴います。交通ルールを守り、安全運転を心がけなければなりません。

しかし、必要以上に安全運転を意識しすぎると、かえって事故につながることもあります。なぜならば、東京都内には道路が蜘蛛の巣のように張り巡らされ、名前のついている通りだけでも数えきれないほどです。加えて都内は、車の量も人の量も、他の地域と比べて段違いに多いです。そのような状況の中で、あまりに安全を意識しすぎて緊張すると、スムーズな走行ができなくなります。場合によってはパニックになって適切な判断力が奪われてしまい、運転操作を誤ってしまうのです。

交通ルールを遵守して、安全に運転するということは非常に大切で当たり前のことです。しかし気をつけるべきポイントをおさえたら、あとはリラックスして、お客様との会話を楽しむというような心の余裕も事故防止になるでしょう。

もし事故を起こしてしまったら

前述したように、心構えをしっかり持って気を付けていたとしても、毎日多くの時間車を運転して過ごすわけですから、タクシードライバーが事故を起こす確率はやはり高くなります。万が一事故を起こした時、まずすべきは、会社に正直に報告することです。事態にしっかり向き合って真摯に対応しないと、より状況が悪くなってしまう可能性がありますから、会社への報連相を怠らないようにしましょう。また、交通事故では金銭的な負担も心配になるかもしれません。車の修理費やケガ人を出してしまった場合の治療費など、状況によってはお金が非常にかかります。

しかし大抵のタクシー会社では、事故保障の制度が設けられているはずです。また、タクシーの営業車両には任意保険に加入することが義務付けられています。ですから事故を起こしてしまい、相手方への賠償金支払いなどが必要となったとしても、ドライバー自身がそのお金を全額負担することは、まずありません。ただし、加入している保険がどの程度の損害までをカバーするものなのか、どういった条件が課されているのか、という点については会社によって異なります。

保険に加入するための保険料をどのように負担するのかも、会社ごとに違います。全額負担してくれるという会社もありますが、月々の給与から保険料の負担分を差し引かれる場合もあります。その際の会社とドライバーの負担割合も、会社によって様々です。

ドライバー自身がケガをしてしまった時

ドライバー自身が事故でケガを負ってしまうと、ケガが治るまでの期間は仕事が出来なくなります。その場合、給料などはどうなるのでしょうか。基本的には、休業期間中の保障制度というものが設けられており、ケガが治るまでは休職が認められます。会社を辞める必要はありません。その間は、全額とはいきませんがある程度の給料も支払われます。ただし、休職はいつまででも認められるというわけではなく、最大で1年間など、期間が定められていることが通常です。

ちなみに、車同士の事故でケガを負った場合の治療費は相手方に請求することができますが、それが仕事中の事故であれば、会社で加入している労災も使えます。ただし、相手方の自賠責保険と労災とを併用して使うことはできません。どちらかを選ぶことが必要です。自賠責には労災と異なり、慰謝料の請求ができるというメリットがあるものの、保障金額には上限が設けられています。そのため、相手が任意保険に加入していないときには、自賠責だけでは治療費を賄えないことが多いです。自賠責を使っておいて後から労災に切り替えることもできますので、受け取れるはずの金額をしっかりと受け取ることができるように、制度を確認しておきましょう。

制度を確認した上で安全運転を心がけよう

これまで述べてきたように、運転中に事故を起こしてしまったとしても、基本的には会社で加入している保険で損害をカバーできることが多いようです。しかし、まれにそのような制度が整っていない会社もあります。そうした会社は基本給が高めだったり、他の手当がついていることが多いのですが、万が一事故を起こした時の金銭的な負担の大きさを良く考えた上で、選んだ方が良いでしょう。また、「事故を起こした時にスマホを操作していた」など、大きな過失がある場合には、会社が保障してくれるとは限りません。

さらに、事故とまで行かなくても駐車違反やスピード違反など、交通ルール違反による反則金は、ドライバー自身が負担することになるケースが多いようです。タクシードライバーへの転職を目指す際には、とにかく交通事故のことが心配かもしれません。しかしタクシードライバーは、お客様の行きたい場所へ案内して感謝される、非常にやりがいのある職業です。事故保障制度についてよく確認した上で、転職先の会社を選びましょう。あとは安全運転を心がければ、やりがいあるタクシードライバーとしての仕事を、きっと楽しむことができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

観光ガイドなど訪日向けに仕事ができるタクシードライバーは好きを仕事にできるからおすすめ

観光ガイドなど訪日向けに仕事ができるタクシードライバーは好きを仕事にできるからおすすめ

 タクシードライバーの仕事の基本は、乗客を目的地まで安全に運ぶことです。
 しかし、タクシー会社によっては、観光ガイドができたり語学が堪能であったりするとさらに有利な仕事となっています。

 得意なことや、好きなことを仕事にできるタクシードライバーの仕事の魅力についてご紹介します。

海外観光客の増加とタクシー業界

 ここ数年、観光やショッピングを目的として日本を訪れる外国人の数が急増しています。東京都内でも、外国人を見かける機会が一段と増えました。外国人観光客が増加した理由としては、社会的背景などもありますが、その他にも、日本の由緒ある観光地を見学することをはじめとして、アニメやゲームなど日本の商品に対する興味などがあります。加えて、健康にも良いとされている日本の食文化への関心が高まっていることなども追い風となっています。

 急激な海外観光客の増加に伴い、ホテルやデパート、飲食店などの接客サービス業においては、比較的早い段階から外国人対策を講じてきました。それに対してタクシー業界においては、やや出遅れた感がありました。

 しかし最近では、タクシー会社によっては、英語や中国語などの外国語を得意とするタクシードライバーに対して特別な手当を支給するという制度を導入したり、語学力を活かせるタクシードライバーの雇用や育成に力を入れたりしているケースも見られるようになりました。したがって、他の業界と同じように、タクシー業界においても、訪日向けに仕事をしたいという人がドライバーとして求められてきていると言えます。

外国語を得意とするタクシードライバーの必要性

 外国人観光客が日本を訪れた際、道行く人に分からないことを尋ねても十分には伝わらないことがあり、コミュニケーションの面について不便を感じるケースも少なくないありません。また、観光案内のパンフレットや地図などを見ても多言語表示がない場合は、無事に目的地にたどり着くことができるか不安になることもあるでしょう。

 そのような状況の中、スムーズに目的地へ移動するためにタクシーを利用することが少なくありません。なぜなら、タクシーは、ドライバーに目的地まで連れて行ってもらえるという安心できる方法であると言えるからです。そのような場合に、乗車したタクシーのドライバーが外国語を話すことが出来たら、目的地まで連れて行ってもらえることに加えて、会話を通じて質問に答えてくれたり、観光ガイドをしてくれたりすることができるため、外国人観光客の乗客にとって、有意義な時間を過ごすことができます。

 したがって、外国語を得意とするタクシードライバーは、より多くの外国人観光客に必要とされる仕事であるといえます。この事から、これから需要が増える仕事であり、語学力を持つ人にとってタクシードライバーはおすすめです。

旅行が好きな人におすすめ観光タクシーの仕事

 世の中には、旅行が好きという人が多いですが、タクシードライバーは旅行好きが活かせる仕事でもあります。タクシー会社によっては、運転をメインとしながらも、東京の観光スポットなどを案内することができる観光タクシーを運転する「観光ドライバー」という仕事があるからです。観光ドライバーになるために特別な資格を設けていない会社もありますが、観光ドライバーとしての信頼を得るために、認定制度を受けることも出来ます。認定制度を受けることによって、観光ドライバーとしてのより高いスキルを目指すことが可能ですので、勤める会社によっては給与アップの可能性もあります。

 さらに、観光タクシーは多くの場合、予約制や貸し切りの利用であることが一般的です。したがって、一日に何人もの乗客を乗せる必要がないため、乗客が捕まらないという心配がありません。また、お客様に集中して向き合うことができるため、感謝をされることも多くやりがいがあるといえます。通常のドライバーの仕事に比べて報酬が高いケースも少なくありません。旅行が好き、日本の歴史や建造物が好きで詳しいという人は、好きを仕事にできるタクシードライバーがおすすめです。

長く働くためにタクシードライバーがおすすめ

 語学力を活かせたり、歴史や建造物の知識や旅行好きを活かせたりと、運転をすること以外にも仕事の可能性が広がっているタクシードライバーの仕事ですが、長く働ける仕事としてもおすすめです。

 一般企業では、およそ60歳で定年退職になるということが多いですが、タクシードライバーの仕事は、一般企業の人たちの定年退職後の再就職先として選ばれることも少なくありません。したがって、タクシードライバーとして就職をすれば、年齢を重ねても長い期間働くことが可能です。このように、好きなことを仕事にしながらも、定年を気にすることなく安心して働けるタクシードライバーの仕事はとても魅力的と言えるでしょう。そのため、ある程度の年齢を過ぎても、健康なうちは長く働きたいという人は、タクシードライバーとして活躍してみることも良いかもしれません。

 このような理由によって、タクシードライバーの仕事は、今後も活躍の場を広げることができる可能性があると考えられています。また、観光ガイドとして訪日向けに仕事がしたい人などにとっては、需要が増える仕事の一つとして期待されている業種であるとも言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

売れっ子タクシードライバーに聞く!高収入を稼ぐポイント!

img0908
タクシー運転手には稼げる人間と、稼げない人間がいます。稼げる人は年収500~1000万以上貰える人がいます。なぜそんなに差が出来るのでしょうか?この記事では、稼げない方と稼げる方の違いを書いていきたいと思います。

情報・考え方・根気の3原則

アンテナを張り、仕掛ける

taxi_3運転手で稼げる人というのは、自分を仕掛けられる人。タクシーで言う【仕掛ける】というのは、「お金を多く使ってくれるお客さんが沢山集まる場所で、効率良く立ちまわる」という事です。仕掛けるとは、『都会のオフィス街』といった人が集中しているような場所など情報にアンテナを常に張り巡らせ利用客が多く集まる所へ移動をする。車がお客様待ちの時間帯を作らないようにする。
このように、お客様が多くいる場所で常に待っているor走る事。とにかく、お客様が乗ってくる可能性を上げる事。そのために自分が仕掛けるポイントを常に考える事。こういった基本的な考え方が重要になってきます。

効率の良い立ち回り方とは?

「お客様が乗車してくれる可能性が高い場所に、如何に効率よく仕掛けることが出来るのか?」
田舎町のような人通りの少ない場所で待つよりも、港区や高級住宅地で待つほうが、お金をたくさん使ってくれるお客様が集まる場所で待つほうが効率が良いに決まってます。時間帯・交通状況によって場所を変え、よりお客様の多い場所を考えて移動する。常に、効率を踏まえた行動をすることが最も大事なことです。

どんな人が向いてるの?

taxi_2・釣りが好き
理由:待ち時間などイライラしない
どんな魚が釣れるかなとワクワクしながらできる方。

・ゲームをしているのが好き。
理由:一人でもくもくと考えてゲームをしている時の頭の使い方と、タクシーで売上を追いかけている時の頭の使い方はほぼ同じです。
現に、若いタクシードライバーの方にはゲーマーが多いですね。

・分析思考・戦略思考の人
理由:常に、何処にどんな人がいて、
どうやって動けば効率的に売上を伸ばすことが出来るかをしっかりと考えられる事ができるので。
囲碁とか将棋とか、あとはパズルゲームが得意な人とかはセンスが良く、稼げる人が多いように感じます。

・瞬発力がある。
理由:瞬発力がある人は沢山のお客さんに反応が出来るからです。
この業界あるあるなのですが、おじいちゃんが多い為にお客様が手を上げているのに反応できないという事も多々あります。
逆に若くて反応の良い方はサッとお客様を乗せる事ができるので、売上を高く持っていく事が出来ます。

転職は日本交通グループの蔦交通で決まり

タクシー業界も競争が激化が予想されます。タクシーのサービス面や質が重要視されるようなり、常にお客様の目線に立ったサービスを考えなくてはなりません。日本交通グループは、8年連続業界売上ナンバー1の会社です。これからもお客様目線を持ち、良質なサービスの提供に取り組みます。タクシードライバーへの転職を考えている方は、安定・安心で働きたいなら日本交通グループの蔦交通を選んでみてはいかがでしょうか。大手のグループでありながら、アットホームな雰囲気で楽しく働ける蔦交通では、一緒に働く新たな仲間をお待ちしております。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サラリーマンの平均年収より高い仕事に最短で就職したいならタクシードライバー!高収入を目指せる環境があるから転職者が多い業界

サラリーマンの平均年収より高い仕事に最短で就職したいならタクシードライバー!高収入を目指せる環境があるから転職者が多い業界

 タクシードライバーは、サラリーマンよりも平均年収が高く、転職先として人気のある職業です。転職者がスムーズに業務を開始できる体制が整っており、未経験者でも1年目から安定して稼ぐことができます。
 今回は、タクシー会社への転職の流れや未経験者でも安心な転職先である理由について解説します。

研修が充実しているのでペーパードライバーでも問題なし!

 タクシードライバーとして働くためには、普通二種免許の取得と東京タクシーセンターが実施する地理試験に合格する必要があります。わざわざ転職のために教習所へ通って二種免許を取得するのは時間もお金もかかるという理由から、タクシードライバーへの転職を最初から諦めてしまう方もいます。でも実は、ほとんどのタクシー会社は二種免許を保有していることを入社条件としていません。充実した研修制度と社内設備が整っている会社が多く、未経験者でも業務に必要な技術や知識を身に着けることができるからです。普通免許を一定期間以上持っているならペーパードライバーでも大丈夫ですし、地理がわからなくても大丈夫です。

 二種免許の取得については、指定された教習所であれば会社が費用を負担してくれる場合がほとんどなので、経済面での不安もありません。また、研修期間中でも給料を払ってくれるタクシー会社も多いです。

 実際に一人で業務をするにあたっては、運転技術だけでなく接客スキル、地理的な知識などを身に着けなければなりません。タクシー会社の研修は実務的な部分についても丁寧に実施されます。そのため、タクシードライバーは転職者が多い業界でその9割以上が未経験者ですが、ほとんどの方が問題なく業務を開始することができています。

転職後、すぐに稼ぎたいならタクシードライバー!

 タクシードライバーは、給料が完全歩合制である会社が多いです。つまり、人によって年収が異なります。当然、タクシードライバーとしての能力が上がれば、たくさん稼ぐことができますが、一方で収入が安定しないというリスクはあります。となると、まだまだ技術が未熟な1年目のタクシードライバーは経済的に苦しくなると思われがちですが、タクシー会社には一定の期間、給与保証を定めているところが多いのでそのシステムがある会社を選んで入社できれば心配ありません。もちろん、頑張り次第で収入は増えていきます。この給与保証の制度の影響もあり、タクシードライバーには1年目で430万円以上の年収を得る人も少なくありません。給与保証を受けている間にしっかりとコツをつかむことができるのでその後の収入を安定させることも難しくありません。数はあまり多くありませんが事実として、1,000万円以上の年収を稼ぐタクシードライバーも存在します。

 転職後の収入が不安なので、なるべく、最初から安定して稼ぎたいと考える人にこそタクシードライバーは適していると言えます。前職の年収を超えるところに最短で就職したいならタクシードライバーがおすすめです。

隔日勤務でプライベートもしっかり!

 タクシードライバーは、過酷な労働環境で働いているというイメージを抱いている人は少なくありませんが、実際はライフスタイルに合わせて働き方ができる職業です。平均勤務日数を見ると、月々11~12日と決して多くありません。タクシードライバーの特殊な勤務体系がそれを可能としています。それが「隔日勤務」という働き方です。

 隔日勤務とは、ある日の午前から、その日が明けた深夜まで働き、仕事を終えた日はそのまま休みになるという働き方です。当番の日を終えたら、次に働き始めるのは最短でも次の日の朝ということになります。フリーな日中の時間帯を多く作ることができる働き方なので、趣味を楽しんだり、家族との時間を満喫したりすることも可能です。また、公休日もあるので例えば、土日を連休にするといったシフトの組み方も交渉次第では可能になります。

 休日が多い分、1日の勤務時間が長い働き方ではありますが、ランチタイムの休憩や、会社によっては義務付けられている仮眠の時間もあるので体力的に隔日勤務が難しくなるというケースはあまりありません。多くのタクシードライバーが隔日勤務という働き方を選んでおり、満足のいくプライベートを送ることができているのが事実です。

自分のペースで高収入を目指せる!

 タクシードライバーの業務は、基本的に一人で行います。研修の段階で、基本的な業務の流れや、稼ぐための簡単なノウハウなどは教えてくれますがその後の工夫は自分次第となります。日々の経験から学び、次に活かすことができる職業なので、やりがいを求めて転職を検討している人におすすめです。また、人間関係に悩んだ末の転職でタクシードライバーになった人も多いです。タクシードライバーは、先輩から技術を学ぶことはあっても仕事の時は1人なので複雑な人間関係の中で働くという環境からは逃れることができる仕事です。その分、自分のことにしっかり責任を持てる人が適しています。

 タクシードライバーは、歩合給の割合が多い職業で、中には完全歩合制というところもあります。収入面での安定を求めるよりは高収入を目指せる環境がある職業であると言えるでしょう。ただ、研修制度も充実しているうえに、給与保証期間が設けられているなど、未経験者による新規参入も難しくない職業です。平均収入も東京都内のタクシー会社の中にはサラリーマンの平均年収より高いデータも出ており、転職してから、安定して稼ぎつつ仕事以外の自分のための時間も作れるようになって満足しているという人は数多くいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーは婚活をするときに相手にとって魅力ある仕事?結婚への不安を払拭して安定した暮らしを手に入れよう!

タクシードライバーは婚活をするときに相手にとって魅力ある仕事?結婚への不安を払拭して安定した暮らしを手に入れよう!

これから結婚相手を探したいと思っている人がタクシードライバーになるのを躊躇してしまうことがあります。

タクシードライバーは結婚に不利な職種なのでしょうか。
不安を払拭して安定した暮らしを手に入れられるようになれる可能性を秘めている職種だと知っておきましょう。

婚活をするときにはタクシードライバーを敬遠した方が良いの?

これから結婚相手を探したいと思っている人は自分のプロフィールについて注意を払う必要があります。
職種や給与といった仕事に係るプロフィールは相手がよく見ている点なので、婚活をするときに有利不利を決める重要な要素です。

タクシードライバーは相手にとって魅力ある仕事?
という疑問を持ち、きっと好まれないだろうと考えてタクシードライバーになるのを敬遠する人もいます。

一般の人から見るとタクシーは24時間365日体制で常に配備されていて、必要があれば電話一本で来てもらうことができるサービスです。
タクシードライバーになると過酷な労働条件になっていてプライベートを疎かにしなければならないのではないかと懸念してしまう人もいるのは確かでしょう。

また、そのような状況でも働いている人が多いということは、給料が少なくて必死に働かなければノルマを達成できないような状況下にあると想像してしまう場合もあります。
結婚生活を始めたら安定した給料を手に入れて、家族との時間を大切にできる暮らしをしたいという気持ちを持つのはもっともなことなので、結婚への不安が生まれてタクシードライバーはやめておくべきと考えてしまいやすいのです。

婚活に有利と考えられるタクシードライバーの働き方の魅力

タクシードライバーの仕事が本当に想像しているようなものなのでしょうか。
タクシーのサービスを受けているだけの立場から見ると過酷な仕事に思われてしまいがちですが、実は婚活に有利と考えられる働き方ができるのも確かなのです。タクシードライバーは確かに夜もサービスを提供しなければならないので夜勤があります。

しかし、希望すれば昼日勤と呼ばれる夜勤のない働き方も可能なので、家族とスケジュールを合わせて生活することも難しくありません。
また、隔日勤務はタクシードライバーとして典型的なもので、プライベートを大切にできる働き方としても知られています。

朝から翌早朝まで働いて、翌日は休みにするという形の勤務時間になっていて、しっかりと働く日とプライベートを楽しむ日をはっきりと区別できるのが特徴です。休みの日を取りやすいので子どもができても安心でしょう。
隔日勤務の休暇の他にも有給休暇も取得できるので、プライベートを充実させるのに困ることはありません。

まとまった休みを取って存分に家族サービスをしつつ、英気を養ってまた仕事をするというリズムを作ることもできるでしょう。

給与面からも魅力的なタクシードライバー

婚活のときに相手が自分の給与について気にかけることはよくあります。
一家を支えられる程度の給与を手に入れていることは大切だと考える人が多く、特に結婚してから離職したいと思っている人にとっては切実な希望になりがちです。
安定した暮らしができる給与を得られるのかという疑問はタクシードライバーに興味を持った人がよく抱く疑問ですが、タクシードライバーには給与面からも高い魅力があります。タクシードライバーは営業職としての性質があり、お客様をより多く獲得すると給与が上がるようになっているのが特徴です。ノルマがあるわけではなく、努力をして成果を上げるほど高い給料をもらえるというインセンティブ制度に近いシステムになっているのです。仕事や地域に慣れると効率良くお客様を獲得できるようになるので、経験を積むほど飛躍的に年収が増えていきます。

また、たとえ結婚をするという話になってからタクシードライバーに転職しても問題はありません。タクシー会社によっては就職してから当面は給与保証があり、営業成績が上がらなくても高い給与を払ってもらえます。
月収40万円も保証してくれる会社もあり、当面は安定した暮らしができるのです。

将来性もあって安心だからこそタクシードライバーは結婚に有利

タクシードライバーと結婚に関連してもう一つ問題にされやすいのが将来性です。マイカーを持つ家庭が増え、公共交通機関も充実してきているのでタクシーの需要は今後もあるのかという疑問を持つ人もいます。
しかし、日本ではビジネスではタクシーを使うケースが多いことに加え、海外からの旅行客が増えていることでタクシーの需要が高騰してきているのが実情です。日本は観光地としてもブランド品の購入場所としても世界的に着目されています。

海外の旅行客は日本の複雑な公共交通網を活用するのが難しい場合が多く、積極的にタクシーを利用しています。そのため、タクシードライバーは今後も必要性が高く、将来性のある仕事として注目を浴びるようになってきているのです。グローバル化について考慮して、英語や中国語などのニーズが高い語学に長けたタクシードライバーとなれば将来的にも安泰でしょう。

年収を十分に確保しやすいだけでなく、将来的にも不安のない職種だと考えると、タクシードライバーは結婚しやすい仕事と考えられます。
その点をしっかりとアピールして婚活をすれば魅力的な相手を射止められるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加