タクシー運転手に興味がある人必見!タクシー会社へ転職するメリットや魅力とは

残業や飲み会で終電が無くなってしまい、タクシーを利用した事のある人も多いのではないでしょうか。
普段何気なく利用しているこのタクシー会社、実は転職先として人気が高いのです。

一般的なサラリーマンとは違った働き方をするタクシー運転手という職業には、この仕事にしかない様々な魅力が詰まっています。
今回はタクシー会社へ転職する事で期待出来るメリットや、タクシー運転手という仕事の魅力を見ていきましょう。

タクシー運転手は働き方の幅が広い

タクシー運転手は始業時と終業時に営業所へ立ち寄る必要こそあるものの、勤務時間中は基本的に自分のペースで仕事する事が出来ます。
バリバリ稼ぎたい時には積極的に働けますし、調子が悪い時にはペースを抑える事も可能です。

運転中は上司や同僚とも顔を合わせる機会がほとんど無いので、職場の人間関係や上下関係に悩まされたくないという人には働きやすい環境であると言えるでしょう。

タクシーは深夜営業も行っているため世間的に残業が多いというイメージがありますが、これは誤解です。
タクシー運転手の勤務スタイルは一日中働き次の日を休みにするという「隔日勤務」という形式が一般的となっています。

勤務翌日の休みは「明番」とも呼ばれ、公休とは別にカウントされるのです。
明番と公休を合わせると月の半分以上が休みとなり、出勤日数は11~13日程度になります。

隔日勤務は慣れるまで少し時間がかかりますが、仕事とプライベートの切り替えがしやすく時間を有効に使える働き方なのです。
趣味や資格の勉強、家族サービスなどにかける時間が作りやすいという点はタクシー運転手という仕事の大きな魅力と言えるでしょう。

もちろん、タクシー会社によっては日勤や夜勤を募集しているところもあるので自分のスタイルに合わせる事は可能です。

観光名所や穴場スポットに詳しくなれる

タクシー運転手は日々、様々な乗客を目的地まで送り届けています。
中には運転手が知らない土地まで乗せて行って欲しいという乗客も少なくありません。
そういった場合はカーナビを駆使して目的地まで行く事になりますが、こうした機会が多ければ多いほど自分の土地感が磨かれ、地理的な知識が増えるとも言えます。

特に東京のような観光名所が多い地域では、頻繁に観光客を乗せる事で観光スポットに詳しくなるというケースも珍しくありません。
仕事で知った観光名所へ休日に出かけてみるも良し、経験と知識を積んで観光タクシー会社へ転職するという道もあるでしょう。

頑張った分だけ給与が上がる

一般的なサラリーマンは月給制で働いているため、毎月安定した収入を得る事が出来ます。
しかしその反面、昇給・昇進がなければ大幅な年収アップが見込めないというデメリットも挙げられるでしょう。
これに対してタクシー運転手の収入は、乗客を乗せた数やメーター数に応じて給与が決まる歩合制を採用している企業が多いです。

歩合制と言っても完全な出来高制ではなく、ある程度の基本給に歩合制で得られる収入が加算されるというケースが一般的になっています。
自分が頑張れば頑張った分だけ給与に反映されるので、仕事のモチベーション維持もしやすいと言えるでしょう。

タクシー運転手の年収は初乗り料金や人口密度など様々な要素によって地域差が生じます。
最も平均年収が高いのは東京都で、約418万円となっています。

日本人全体の平均年収が420万円程度と言われているので、一般的なサラリーマンと比較しても遜色ない収入が得られると言って良いでしょう。
また、中には年収800万円を超えるタクシードライバーも居るので、頑張り次第では高給取りとなる事も十分可能です。

未経験からタクシー運転手に転職する場合には、最初のうちは歩合制で稼ぐことが出来ないのではないかと不安に思う人も多いでしょう。
しかし一般的なタクシー会社では「最低給与保証」という制度を設けている場合が多いです。

最低給与保証とは新人として配属されたドライバーに対して、一定期間歩合制の他に固定給として収入を保証するという内容になっています。
月々の保証額や保証期間は企業によって異なるため、応募前によく確認しておく事が重要です。

また、給与保証ばかりに気を取られてしまうのも考え物と言えます。
歩合制の給与を左右する「歩率」や福利厚生など、待遇面をしっかりと見極めて就職先を選びましょう。

未経験や中高年でも積極的に受け入れている

日本企業の多くは35歳以下という条件を設けて採用活動を行っています。
また、職種によっては実務経験やスキル・資格がないと面接にすら辿り着けないというケースも珍しくありません。

その点でタクシー運転手の求人はほどんど年齢制限が設けられておらず、60歳の人でも未経験から仕事を始める事が出来ます。
特殊なスキルが必要になる事もなく、普通免許を取得して3年以上であれば原則的に年齢や性別に関係なく応募出来るのです。

また、タクシー会社の多くは未経験者に対して手厚い研修制度を用意しています。
タクシー運転手として働くにあたっては第二種普通運転免許が必要になりますが、取得費用はタクシー会社が負担するというケースが一般的です。

第二種普通運転免許を取得する期間は研修期間として見なされるため給与が発生します。
タクシーに搭載されているメーターや無線の使い方、電子マネーやクレジットカードを含む決済方法、車両点検の方法などはそれぞれのタクシー会社で教育制度が整っているので安心です。

また、東京・大阪・神奈川の一部で道路事情が複雑な地域においては地理試験による研修が行われる事もあります。
このようにあらゆる側面から未経験者をサポートする体制が整っているのも、タクシー業界の魅力と言えるでしょう。