タクシー運転手に転職するメリットとは?タクシー会社で働く人の実際の声も!

タクシー運転手は今や年配の人だけではなく、若者の転職先としても非常に人気が高い職種です。
今も昔もタクシー業界に進む人が後を絶たない理由は一体何なのでしょうか?
そしてこの仕事にはどのような魅力があるのでしょうか?

そこでこの記事では、タクシー運転手に転職するメリットを、タクシー会社で働く人の実際の声を交えながらご紹介していきます。

タクシー運転手は自分のペースで働けるって本当?気になる勤務体系について

#好きな働き方が選べる
タクシー運転手に転職した人がまず最初に驚くであろうことは、その自由度の高さです。
会社勤めのサラリーマンとは異なり、職場で働く時間はほとんどありません。

営業時間中は基本的に個人行動となるため、周囲に合わせる必要がなく、自分のペースで働くことができます。
勤務体系も選べるので、無理のないスタイルで仕事が続けられることもタクシー運転手のメリットと言えます。

「昼日勤」は一般的な会社員と同じように、朝出勤して夕方に帰宅する勤務形態です。
「夜日勤」はその逆で、夜間のみ働く形態です。
深夜割増料金が付くため、昼日勤に比べると売上を上げやすくなります。

そしてタクシー業界で最も主流の働き方が、「隔日勤務」という勤務形態です。
朝から夜まで約20時間ほど働き、翌日は「明番」という形で休みます。
簡単に言うと、2日分目一杯働いて1日休む、を繰り返す仕事スタイルです。

途中で「公休」という完全な休日も挟むため、月間勤務日数はおよそ12日となり、意外と休みが多くあるのが特徴です。
一見すると勤務時間が長く見えますが、間に3時間の休憩が入るので実働は17時間程度となります。

特にノルマが設けられているわけでもないので、自分の好きなタイミングで客待ちをしたり、休息時間を入れたりできます。

#「タクシー運転手は激務」は誤った認識?
法定規則によりタクシー運転手の最長拘束時間は21時間までと定められており、仕事を終えた後は必ず20時間以上休まなければなりません。
これを超過して働かせたタクシー会社は国から罰せられることもあるため、運行管理は遵守されています。

そのため隔日勤務のタクシー運転手は激務であるように見えて、本当のところはそこまでハードではないと言われています。
タクシー運転手に転職した人の実際の声としても、「前の仕事より休みが多く取れるようになった」や「勤務形態に慣れてしまえば快適」といったポジティブな反応が聞こえてきます。

丸1日働けば最大で2日連続の休日が取れるので、趣味や家族サービスの時間を作ることも容易です。
タクシー運転手は働き詰めの人生に嫌気がさしている人や、仕事に振り回されるのが嫌いな人ほどメリットを感じる職種ではないでしょうか。

また、職場で人間関係の悩みを抱えやすい人にも利点が多い転職先です。
というのも個人行動がメインのタクシー業界では他の従業員と接する機会が少なく、上司や同僚との関係に特段配慮する必要がないからです。

タクシー運転手に転職できるのは何歳まで?必要な資格は?

タクシー運転手へ転職する際に必要となるのは運転免許証のみで、特別な資格は一切不要です。
過去の職歴や学歴なども問われることがなく、年齢も若い人から高齢者まで、老若男女が採用の対象となります。

転職の求人で最もネックとなるのが年齢による制限で、40代にもなると採用される確率がかなり下がってしまいます。
しかしタクシー会社であればそのような年齢制限は設けられていないため、何歳から転職しても歓迎してもらえます。

また、一般的な会社と比べて定年が遅いので、長期間にわたって働くことができるのもタクシー運転手の魅力です。
70歳を超えるベテランドライバーも珍しくなく、元気と活力に溢れた業界と言えます。

タクシーの運転が未経験なら給与保証の付いた求人を選ぼう!

タクシー会社の給料形態は歩合制が大半なので、仕事で好成績を残せばその分だけ給与が支給されます。
つまり、本人のモチベーションと働き方次第ではいきなり前職以上の高収入が得られるようになる可能性を秘めているということです。

また、東京都のタクシー会社の場合は「給与保証」という待遇が付いているケースが多いです。
給与保証とは一定期間、仕事の売上に左右されずに定額の給与を支給する制度のことで、保証期間はだいたい3ヶ月から半年と言われています。

この給与保証があれば一定の収入を得ながら運転技術を身につけることができるため、タクシードライバー未経験の人にとってはメリットの大きな制度と言えます。

未経験の状態からタクシー運転手への転職を果たした人からは、「給与保証のおかげで安心して働くことができた」という声も挙がっています。
逆に言えば、給与保証が付いていないタクシー会社の求人は避けた方が無難でしょう。

タクシー運転手はライフスタイルに合わせた働き方ができる!

タクシー運転手は一般的なサラリーマンと比較しても自由度が高い職種であり、自分のライフスタイルに適した働き方を選ぶことができます。

隔日勤務の場合は実働17時間ですが、まとまった休みが取りやすいので自由な時間が大幅に増えることもメリットの一つです。

給与保証の待遇が付いている求人はタクシーの運転が未経験の人でも働きやすく、また歩合制なのでやりがいのある仕事となっています。